式貴士と私(仮)







情報募集中!【掲示板泌沖】



SF作家、式貴士。
またの名をSM作家、蘭光生。
またの名をミステリ評論家&雑学研究家、間羊太郎。
またの名を風俗研究家、小早川博。
またの名を西洋占星術師、ウラヌス星風。
またの名を……(あと2つか3つぐらい、別名があったらしい)

本名・清水聰。
1933年2月6日、東京生まれ。
千葉大学文理学部英文科卒業後、
早稲田大学大学院に編入、文学研究科(英文学専攻)修士課程修了。
ワセダミステリクラブの創設メンバー。
出版界には、ものすごく幅広い人脈を持っていた人物。
(日本推理作家協会会員でもあった)

中学・高校の英語科教員を経て後、該博な知識を活かし、
さまざまなペンネームを駆使して、
さまざまなジャンルで健筆をふるう。

旧「宝石」連載、間羊太郎【ミステリ百科事典】とか。

(もちろんオレが生まれたばかりの頃の連載だから、知りゃしなかったけど。)
少年マガジン連載、間羊太郎【へんな学校】とか。
同じく少年マガジンの小早川博【マガジン・ジョーク】とか。
(これは読んでた。好きだった。永美ハルオの、みんなヘチマみたいな顔で描くイラストを今でも覚えている。)
週刊プレイボーイの今東光【極道辻説法】構成とか。
(シバレンの【円月説法】は違うのかな? もう式貴士でデビューしていた後だが…)
同じ週プレの巻末でやっていた、「ウラヌス星風」の星占いのページとか。
(週プレには「宝瓶宮黒人」って名前の占い師もいたが、それは違うのかな?)←違わないみたいです。
いかにもインチキ臭い軽文化人・小早川博として、《11PM》など、テレビ番組にも幾度となく登場。
数は少ないながら、間羊太郎名義でミステリやSFの短篇小説も、いくつか発表していた。
そして蘭光生名義でSMポルノの短篇・連作長篇を、これは世間の目から隠れて大量に発表。
(もっと他にも、いろいろあったようだけど、とてもその全貌は掴めない)

小説家専業を決意してからの1977年、
「奇想天外」でSF作家・式貴士として本格的デビュー。

(念願のSF作家デビューに向けては、本人よっぽど気合いが入っていたのだろうか。
 この頃、44歳にして【小池一夫・劇画村塾】第1期生となって、
 物語づくりをイチから勉強していたらしい…という、イイ話も。)
1979年、短篇集『カンタン刑』を出版。一躍、SF界の話題をさらう。

埼玉県志木市の高層マンション最上階近くに住み、
「しき・たかし」のペンネームは、ここから来ている。
(ちなみに間羊太郎の「羊太郎」の名は後年、乱歩賞作家・大谷羊太郎に譲った、とのこと。)

エロとグロとナンセンスと奇想とユーモアとペーソスと叙情とペダントリイと
「長いあとがき」が同居した、独特の作風で、
ごく一部に数少ない熱狂的なファンを持っていた。
(オレとか。)
自称「スーパーSF作家」(その「SF」とは「Strange Fiction」の略らしい)。
'80年代前半までは活躍していたが、気がつけば、
いつの間にかSFを発表しなくなっていた。(「奇想天外」の休刊のせいもあって。)

と、思ったら、実はその頃、ハードバイオレンスの第一人者、
SMレイプ作家・蘭光生として、
ポルノ文庫の隆盛とともに大ブレイクしていたのであった。

ブレイクしながらも、
1991年2月18日、食道癌のため逝去。58歳。



ここは、そういう、特異な生き方をした、
今は亡き特異な作家について、
故人とも、故人の人脈とも、早稲田とも、縁もユカリもない単なる一読者が
「だって高校の時に、『連想トンネル』の読者カードを志木市の自宅宛てで送ったら、 
 いきなりオレん家に
〈式貴士です。〉って電話がかかってきたんだもんよ〜ォ」
という一本刀のみで、研究してみよう…としている、
そういうページです。



このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ



式 貴士『カンタン刑』1979.05(CBSソニー出版)#1982.04(角川文庫【緑 五○九 -1-】
ポロロッカ(初出:【奇想天外】1979.02)
おてて、つないで(初出:【奇想天外】1977.07/渡辺東:イラスト)
ドンデンの日(初出:【奇想天外】1977.12/藤英毅:イラスト)
カンタン刑(初出:【奇想天外】1977.09/渡辺東:イラスト)
バックシート・ドライバー(初出:【奇想天外】1978.04)
ルパンと竜馬とシラノと(【奇想天外】1977→不採用/書き下ろし)
日本が眠った日(【奇想天外】1977→不採用/書き下ろし)
不思議の国のマドンナ(初出:【奇想天外】1978.01/渡辺東:イラスト)
Uターン病(初出:【奇想天外】1977.10/渡辺東:イラスト/原題「折返点」)
長ァ〜いあとがき #(文庫版では一部加筆訂正)
オビ推薦文/中島梓(単行本のみ)
オビ推薦文/星新一
(初出:【週刊文春】1979.05.24→抜粋)(単行本・重版のみ)

式 貴士『イースター菌』1979.10(CBSソニー出版)#1982.07(角川文庫【緑 五○九 -2-】
窓鴉(初出:【奇想天外】1979.04/原案:詩画『窓鴉』渡辺啓助
ユリタン語四週間(初出:【奇想天外】1979.05)
東城線見聞録(書き下ろし)
涸いた子宮(書き下ろし)
チンポロジー(氈@椿先生の金太郎飴(初出:「ブラックユーモア・ポルノ 読切連載小説 チンポロジー」連載【えろちか】29号 1971.11「第1話」/小早川博名義←この号の目次では間羊太郎名義)
        アニマル・パーティーの夜はふけて(初出:【えろちか】31号 1972.01「最終回」/小早川博名義)
       。 案山子の手が抜けた(初出:【えろちか】30号 1971.12「第2話」/小早川博名義)
イースター菌
(初出:【奇想天外】1979.09/桜井一:イラスト/原題「イースター菌がふくらんだ」)
ふたたび、長いあとがき #(文庫版では一部加筆訂正)
Tふたたび、長いあとがきUのための長いあとがき(文庫版のみ)

式 貴士『連想トンネル』1980.05(CBSソニー出版)#1982.11(角川文庫【緑 五○九 -3-】
連想トンネル(書き下ろし)
見えない恋人(書き下ろし)
ロボット変化(書き下ろし)
首吊り三味線(書き下ろし)
文明破壊作戦(書き下ろし)
猫は頭にきた(【ヒッチコック・マガジン】1961?「猫は頭にきた」不採用/間羊太郎名義?→改稿:書き下ろし)
マスカレード(初出:同人誌【?】195?「?」/間羊太郎名義?→改稿:書き下ろし)
おなじみ、長いあとがき #(文庫版未収録)
#解説/斎藤融(文庫版のみ)


式 貴士『吸魂鬼』1980.08(集英社)#1983.10(角川文庫【緑 五○九 -5-】
SF作家倶楽部(初出:【はつらつ】1980.03「百面相」+1979.12「永遠のアイドル」+1979.08「同相会」→改稿)
吸魂鬼(初出:【奇想天外】1980.05/楢喜八:イラスト→改稿)
エイリアン・レター(初出:【月刊PLAYBOY】1980.05)
海の墓(初出:【ヒッチコック・マガジン】1962.01/特集「これがショート・ショートだ!」/間羊太郎名義)
カメレオン・ボール(初出:【小説推理】1980.05→改稿)
触覚魔(初出:【小説春秋】1980.02.20「SFシンドローム」Part3「超能力・痴漢術」+1980.06.20「SFシンドローム」Part11「触覚魔」+「SFシンドローム」Part13「触覚息子」1980.07.20→改稿)
シチショウ報告(初出:【週刊プレイボーイ】1979.07.10→改稿)
あとがき #(文庫版未収録)
#解説/大宮信光(協力/中村英司)(文庫版のみ)


→(参考)【ヒッチコック・マガジン】1962.01/特集「これがショート・ショートだ!」
     星新一「専門家」
     戸倉正三「軍隊酒場」
         「カンニング教室」
         「社会方程式」
         「海浜の曲」
     眉村卓「晩秋」
     広瀬正「もの」
(初出:【宇宙塵】48号 1961.09)
        「Once Upon a Time Machine」
(初出:【宇宙塵】49号 1961.10)
     光瀬龍「乗客」
     加納一朗「パロディ・シート1/火星地帯 ─大藪春彦調」
(初出:【宇宙塵】46号 1961.07)
         「パロディ・シート2/新釈金色夜叉 ─尾崎紅葉調」
(初出:【宇宙塵】49号 1961.10)
         「ある神話」
     筒井康隆「訪問者」
(初出:【NULL】)
     櫟沢美也
(筒井康隆)「きつね」(初出:【NULL】)
     杉山祐次郎「特許申請」
     宮尾修「亡命」
        「電話」
     
間羊太郎「海の墓」

→(参考)【小説春秋】連載「SFシンドローム」
     鏡明「悪魔講」
(1980.01.25)
     高井信「最後の大魔術」
(1980.02.05)
     式貴士「超能力・痴漢術」
(1980.02.20)
     かんべむさし「嘘ひきずって」
(1980.03.05)
     横田順彌「息子よ……」
(1980.03.20)
     梶尾真治「三つの願い」
(1980.04.05)
     岬兄悟「ダリ光線」
(1980.04.20)
     津山紘一「殺戮のバラード」
(1980.05.05)
     藤井青銅「北海道株式会社」
(1980.05.20)
     高井信「不条理特急、東へ」
(1980.06.05)
     式貴士「触覚魔」
(1980.06.20)
     新井素子「週に一度のお食事を」
(1980.07.05)
     式貴士「触覚息子」
(1980.07.20)
     横田順彌「地球滅亡」
(1980.08.05)
     岬兄悟「エレベーターハウス」
(1980.09)
     津山紘一「下水道の怪獣」
(1980.10)
     藤井青銅「夢みる瞳」
(1980.11)
     高井信「それは〈森〉から始まった」
(1980.12)
     森下一仁「コピー」
(1981.01)
     二宮由紀子「触らぬ神に」
(1981.02)
     吉沢景介「予知能力」
(1981.03)
     佐々木清隆「呪い師」
(1981.04)
     津山紘一「空飛ぶビニ本」
(1981.05)
     式貴士「血の海」
(1981.06)
     二宮由紀子「江ノ電の東」
(1981.07)
     高井信「宿命の日」
(1981.08)
     杉江秋典「心理試験」
(1981.09)
     麻柴朋貴「地獄アルバイト情報」
(1981.10)

式 貴士『虹のジプシー』1980.11(CBSソニー出版)#1983.11(角川文庫【緑 五○九 -4-】
プロローグ
紫の章 πの哲学
藍の章 Down,down,down
青の章 ヤコブの梯子
緑の章 マリー・セレステの幻影
黄の章 狂った向日葵
橙の章 ジベレリンの精
赤の章 血まみれのアンドロギュノス
エピローグ
赤外の章 日輪の大団円

(初出:同人誌【アステロイド】連載「虹のジプシー」創刊号 1961.05「第一部 πの哲学」+第2号 1962.04「第二部」中絶/間羊太郎名義→改稿:【奇想天外】分載「虹のジプシー」1980.10「(前) 地底の巨猿」+1980.11「(後) 地球がいっぱい」→改稿)
ほどほどに長いあとがき #(文庫版未収録)
#解説/土屋裕(文庫版のみ)


式 貴士『ヘッド・ワイフ』1981.05(CBSソニー出版)#1985.11(角川文庫【緑 五○九 -6-】
マイ・アドニス(初出:【小説推理】1981.01/原題「蔦の蔓は伸びたり」/原案:歌集『未青年』より「緑素粒」春日井建/竹宮惠子:イラスト) +「短いあとがき」
ホーデン・ベビィ
(初出:【小説CLUB】1981.03/原題「新版・故事つけことわざ辞典/吸引茎の怪」→改稿) +「短いあとがき」
スペース・エロス
(初出:【問題小説】1980.11→改稿) +「短いあとがき」
スカトロ・エレジー
(初出:【小説現代】1981.04/永美ハルオ:イラスト→改稿) +「短いあとがき」
エイリアン・ラブコール
(初出:【小説CLUB】1980.12) +「短いあとがき」
ホルモン・フィルム
(初出:【小説CLUB】1981.01/原題「新版・故事つけことわざ辞典/ホルモン肉写真」→改稿) +「短いあとがき」
ソウル・スネイク
(初出:【小説新潮】1981.05/原題「スワップ奇談」) +「短いあとがき」
アンタッチャブル
(初出:【小説CLUB】1981.02/原題「新版・故事つけことわざ辞典/全身性感帯」→改稿) +「短いあとがき」
ヘッド・ワイフ
(初出:【小説現代】1980.10→改稿) +「短いあとがき」
お待たせ、長いあとがき
 シ首 忠之:写真(単行本のみ)
日本一長いあとがき(全「短いあとがき」+「お待たせ、長いあとがき」→一部改稿/文庫版のみ)

式 貴士『怪奇日蝕』1981.11(CBSソニー出版)#1986.02(角川文庫【緑 五○九 -7-】
怪奇日蝕(初出:【小説現代】1981.11/ふじい旭:イラスト)
懐中幻燈(初出:【問題小説】1981.10/原題「妄想地獄絵巻」)
犬が嗤う(初出:【奇想天外】1981.08/池田雅彦:イラスト/原題「犬は嗤う」←誤植)
血の海(初出:【小説春秋】1981.06/「SFシンドローム」Part24→改稿)
おれの人形(初出:【問題小説】1981.04→改稿)
落語ワールド(初出:【BRUTUS】第6号 1980.10.15/「BRUTUS SHORT SUBJECTS」B/原題「落研ワールド」)
われても末に(初出:【小説推理】1981.07→改稿)
なんとなく、長いあとがき #(文庫版未収録)
#解説/長谷邦夫(文庫版のみ)


→(参考)【BRUTUS】連載「BRUTUS SHORT SUBJECTS」
     片岡義男/内藤忠行 写真「ハイビスカス・ジャム」
(第4号 1980.09.15)
     W・C・フラナガン/小林信彦 訳/河村要助 画「素晴らしい日本野球」
(第5号 1980.10.01)
     式貴士「落研ワールド」
(第6号 1980.10.15)
     デヴィッド・イーリー/青木日出夫 訳/堀内誠一 画「グルメ・ハント」
(第7号 1980.11.01)
     荒木経惟/渡辺和博 画「ラブホテルで楽写」
(第8号 1980.11.15)
     橋本治/谷岡ヤスジ 画「芸能界美女連続殺人事件 貴女にもっともふさわしい死にかた」
(第9号 1980.12.01)
     田中小実昌/長友啓典 画「ぼくがブルータス?」
(第10号 1980.12.15)
     レスリー・チャーテリス/小菅正夫 訳/真鍋立彦 画「悪漢セイント/名優青髭に御用心」
(第11号 1981.01.01&01.15)
     長谷邦夫/千葉督太郎 画「濡れた円盤」
(第12号 1981.02.01)
     筒井康隆/島田達雄 画「一について」
(第13号 1981.02.15)
     W・C・フラナガン/小林信彦 訳/河村要助 画「素晴らしい日本文化」
(第13号 1981.02.15)
     片岡義男/佐藤秀明 写真「結婚記念日」
(第13号 1981.02.15)
     津山紘一/北田哲哉 画「ハンブルク物語」
(第14号 1981.03.01)
     村上春樹/佐々木マキ 画「ニューヨーク炭鉱の悲劇」
(第15号 1981.03.15)
     佐々木譲/真鍋太郎 画「エリの伝説」
(第16号 1981.04.01)
     石堂淑郎/加藤裕将 画「エジプトを夢見て」
(第17号 1981.04.15)
     虫明亜呂無/サイコ・オカダ 画「スペインの革財布」
(第18号 1981.05.01)
     中村誠一/今村直道 画「取りみだしの美学」
(第19号 1981.05.15)
     ハロルド・ブロドキー/青木日出夫 訳/金沢靖 写真「イノセンス」
(第20号 1981.06.01)
     夢枕獏/佐藤三千彦 画「深山幻想譚」
(第21号 1981.06.15)
     中井英夫/出崎大視 画「光あれ」
(第22号 1981.07.01)
     寺井澄/安西水丸 画「はぐれ鳥」
(第23号 1981.07.15)
     亀和田武/本くに子 画「ぼくが回転ベッドに乗った日」
(第24号 1981.08.01)
     オキシロー/ペーター・佐藤 画「グッドバイ」
(第25号 1981.08.15)
     夏文彦/黒田征太郎 画「B級アクション やさしく死にたい」
(第26号 1981.09.01)
     山川健一/阿部かずお 画「ラプソディで殺して」
(第27号 1981.09.15)
     村崎健太/冨沢天 画「コンピューターに薔薇を」
(第28号 1981.10.01)
     巻上公一/秋山育 画「神の免許証」
(第29号 1981.10.15)
     樋口修吉/小森誠 画「狸穴スペイン村のサキ」
(第30号 1981.11.01)
     西木正明/河根徹 画「いけにえ」
(第31号 1981.11.15)
     谷恒生/中州ざざ 画「雪の妖精」
(第32号 1981.12.01)
     篠原勝之/三浦憲治 写真「ミラクル・ウォーター装置」
(第33号 1981.12.15)
     小泉喜美子/高橋哲史 画「陽光の下のスポーツ」
(第34号 1982.01.01&01.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱」
(第35号 1982.02.01)
     楠周志/谷口ジロー 画「盗まれたビデオ・ディスク」
(第36号 1982.02.15)
     真崎義博/峰岸達 画「ザ・ゲイム(前編)」
(第37号 1982.03.01)
     真崎義博/峰岸達 画「ザ・ゲイム(後編)」
(第38号 1982.03.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱A」
(第39号 1982.04.01)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱B」
(第40号 1982.04.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱C」
(第41号 1982.05.01)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱D」
(第42号 1982.05.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱E」
(第43号 1982.06.01)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱F」
(第44号 1982.06.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱G」
(第45号 1982.07.01)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱H」
(第46号 1982.07.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱I」
(第47号 1982.08.01)
     横田順彌/藤原義夫 画「秘録〈八百安号〉の冒険」
(第48号 1982.08.15)
     松本隆/三好和義 写真「白い港」
(第49号 1982.09.01)
     ジュリアン・シモンズ/井上一夫 訳/トム・アダムス 画「シャーロック・ホームズの復活(上)」
PLAY IT AGAIN Series:1(第50号 1982.09.15)
     ジュリアン・シモンズ/井上一夫 訳/トム・アダムス 画「シャーロック・ホームズの復活(下)」
PLAY IT AGAIN Series:1(第51号 1982.10.01)
     都筑道夫「銀座の児雷也(上)」
PLAY IT AGAIN Series:2(第52号 1982.10.15)
     都筑道夫「銀座の児雷也(下)」
PLAY IT AGAIN Series:2(第53号 1982.11.01)
     生島治郎/今野絢 画「短い短いお別れ(上)」
PLAY IT AGAIN Series:3(第54号 1982.11.15)
     生島治郎/今野絢 画「短い短いお別れ(下)」
PLAY IT AGAIN Series:3(第55号 1982.12.01)
         「消えた名画(上)」
PLAY IT AGAIN Series:4(第56号 1982.12.15)

     原田真人/日比野克彦 画「蒼白きドジャー・ブルーを見よ(上) 刑事トロンボ/大リーグ捜査網」
PLAY IT AGAIN Series:5(第58号 1983.02.01)
     原田真人/日比野克彦 画「蒼白きドジャー・ブルーを見よ(下) 刑事トロンボ/大リーグ捜査網」
PLAY IT AGAIN Series:5(第59号 1983.02.15)
     井上一夫/神田忠夫 画「007:アルバトロス作戦(上)」
PLAY IT AGAIN Series:6(第60号 1983.03.01)

     ジョン・H・オハラ/田中小実昌、高田恵子 訳/ピーター・ブレイク 写真「再会・そのタイミング」
(第62号 1983.04.01)
     山田正紀/荻原新 画「狐ガ丘分譲住宅」
(第63号 1983.04.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第2部」
(第64号 1983.05.01)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第2部」
(第65号 1983.05.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第2部」
(第66号 1983.06.01)

     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第2部」
(第68号 1983.07.01)

     楡俊一/沢野ひとし 画「僕、ここにいるよ」
(第74号 1983.10.01)
     ティナ・グレース/内藤忠行 写真「島の女」
(第75号 1983.10.15)

     藤田宜永「トライアングル・ゲーム」
(第77号 1983.11.15)

     新田たつお/砂川しげひさ 画「スラプスティック池田屋の変」
(第80号 1984.01.15)

     アンディー・ウォーホール/堤雅久 訳「群青色の朝」
(第82号 1984.02.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第3部」
(第83号 1984.03.01)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第3部」
(第84号 1984.03.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第3部」
(第85号 1984.04.01)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第3部」
(第86号 1984.04.15)
     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第3部」
(第87号 1984.05.01)

     村上龍/内藤忠行 写真「テニスボーイの憂鬱 第3部」
(第92号 1984.07.15)
     樋口修吉/小森誠 画「タイム・トンネル」
(第93号 1984.08.01)

     松山猛/原田治 画「飽食記」
(第97号 1984.10.01)
     有為エィンジェル/ペーター佐藤 画「シャーマの恩返し」
(第98号 1984.10.15)
     船戸与一/真鍋太郎 画「猟犬殺し」
(第99号 1984.11.01)
     マルシオ・ソーザ/旦敬介 編 訳/内藤忠行 写真「アマゾンの皇帝」
(第100号 1984.11.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹@」
(第101号 1984.12.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹A」
(第102号 1984.12.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹B」
(第103号 1985.01.01&01.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹C」
(第104号 1985.02.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹D」
(第105号 1985.02.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹E」
(第106号 1985.03.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹F」
(第107号 1985.03.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹G」
(第108号 1985.04.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹H」
(第109号 1985.04.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹I」
(第110号 1985.05.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹J」
(第111号 1985.05.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹K」
(第112号 1985.06.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹L」
(第113号 1985.06.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹M」
(第114号 1985.07.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹N」
(第115号 1985.07.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹O」
(第116号 1985.08.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹P」
(第117号 1985.08.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹Q」
(第118号 1985.09.01)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹R」
(第119号 1985.09.15)
     中上健次/田巻照敏 写真「野性の火炎樹S」
(第120号 1985.10.01)
     東郷隆/真鍋太郎 画「上海魚水石」
(第121号 1985.10.15)
     井上淳/北村公司 画「驟雨」
(第122号 1985.11.01)
     佐藤正午/岸井勲 画「恋売ります」
(第123号 1985.11.15)
     沢木耕太郎「奇妙な航海」
BRUTUS SHORT SUBJECTS SPECIAL(第124号 1985.12.01)
     寺井澄/中州ざざ 画「かまきり米兵パラシュート」
(第125号 1985.12.15)
     永倉万治/吉間ゆかり 画「キティの朝とジェーンの夜」
(第126号 1986.01.01&01.15)

     川西蘭/三ノ上和子 画「ビリアード物語」
(第128号 1986.02.15)
     山川健一/上野宏介 画「頑張れよ、キース」
(第129号 1986.03.01)
     新井満「千眼病」
(第130号 1986.03.15)
     鈴木雅/百田良 画「ハロー、アー・ユー・ハッピー?」
(第131号 1986.04.01)

式 貴士『なんでもあり』1982.10(CBSソニー出版)
なんでもあり(初出:【週刊プレイボーイ】1980.12.09/永美ハルオ:イラスト)
壁抜けコック(初出:【問題小説】1982.02/原題「二間魔羅」)
翔んだカップル(初出:【小説宝石】1982.08)
夢精子(初出:【小説CLUB】1982.10)
夢で逢いましょう(初出:【小説春秋】1982.03+1982.04+1982.05/原題「D・T・Pシリーズ」)
名器(初出:【週刊小説臨時増刊】1982.05.14)
変身綺談(初出:【小説CLUB別冊】1982.02 増刊号)
視線(初出:【問題小説】1982.04/原題「オナニー劇場・妄想篇」)
秘航物体X(初出:【週刊小説】1982.05.07/原題「翔んで秘に入る……」)
マスターキー(初出:【小説CLUB別冊】1981.12 臨時増刊号/原題「マスターキーの顔を持つ男」)
ザ・カントマン(初出:【小説CLUB】1982.04)

式 貴士『天・虫・花』1983.04(CBSソニー出版)
夢の絆(初出:【ショートショートランド】8号 1983.01/原題「あの日のつづき」)
水中花(初出:【小説CLUB】1983.04)
虹の橋(初出:【東京新聞】1981.冬/原題「虹から落ちた親子」)
二人静(書き下ろし)
肉の蝶(初出:【小説新潮】1982.04)
面影抄(初出:同人誌【みすてりい】2号 1962.09/原題「幽霊には足があった」/間羊太郎名義)
猫の星(初出:【東京新聞】1981.夏/原題「だっこちゃんネコ」)
天虫花(初出:【小説推理】1982.04)
時の雫(初出:【ショートショートランド】5号 1982.春号)
日記風・長いあとがき

式 貴士『アイス・ベイビー』1984.12(CBSソニー出版)
金縛記(初出:【月刊小説】1984.11 増刊号)
イルカになった中年(初出:【小説宝石】1982.03)
男殺し(初出:【月刊小説】1984.04)
キャッチホン(初出:【問題小説】1984.08)
スカイ・ラヴ計画(初出:【週刊小説】1983.04.12)
妄想ギャル(初出:【週刊小説】1983.01.14)
四羽のトキ(初出:【歴史読本】特別増刊スペシャル号 1983.08)
動く指はかく(初出:【問題小説】1983.12)
ボカーン・パ(初出:【別冊小説宝石】1982.初冬特別号)
一億総痴漢(初出:【週刊小説】1984.05.04)
神に似せしもの(初出:【潮】1983.03)
ベッド・ワイフ(初出:【小説CLUB】1983.02)
鉄輪の舞(初出:【小説新潮】1982.02)
餅肌娘(初出:【小説CLUB】1983.01)
血の絆(初出:【ショートショートランド】13号 1983.11)
かわいそうなママ(初出:【ショートショートランド】18号 1984.09+10)
リリパット症候群(初出:【別冊小説宝石】1984.初夏特別号)
アイス・ベイビー(初出:【週刊プレイボーイ】1983.06.07)

式 貴士『鉄輪の舞』1993.04(出版芸術社:ふしぎ文学館)
カンタン刑
涸いた子宮
チンポロジー
首吊り三味線
海の墓
マイ・アドニス
スカトロ・エレジー
犬が嗤う
肉の蝶
面影抄
夢の子供
(初出:同人誌【みすてりい】1号 1962.07/間羊太郎名義)
緑の星のアダムとイブ(初出:【小説ジュニア】増刊号 1979.11)
飾窓の少女(初出:【月刊カドカワ】1984.12)
小指(初出:【東京新聞】1982.冬)
鉄輪の舞
あとがき
(既刊本「あとがき」からの抜粋・再構成)
式貴士著書リスト
オビ推薦文/宮部みゆき


式 貴士『カンタン刑/式貴士 怪奇小説コレクション』2008.02(光文社文庫【し-32-1】
カンタン刑
首吊り三味線
涸いた子宮
ヘッド・ワイフ
おれの人形
マイ・アドニス
血の海
アイス・ベイビー
メニエール蝉
(初出:【はつらつ】1980.07)
塵もつもれば
(初出:【問題小説】1985.06)
鉄輪の舞
東城線見聞録
仕置猫
(間羊太郎 原作/上村一夫 画(初出:【週刊プレイボーイ】1975.12.09)(劇画)
巻末エッセイ/平山夢明(作家)「破壊されて嬉しかった日」
解題/五所光太郎(式貴士研究家)
オビ推薦文/平山夢明(巻末エッセイより抜粋)




* *

『恐怖小説コレクション。 夢』1989.10(新芸術社)
式貴士「Uターン病」収録
作品解説/関口苑生


新人物往来社 編『歴史ショートショート劇場』1991.09(新人物往来社)
式貴士「四羽のトキ」(山下勇三 画)収録

高橋克彦 編『現代ホラー傑作選 第7集 愛の怪談』1999.08(角川ホラー文庫【H403-2】
式貴士「われても末に」収録

七北数人 編『猟奇文学館1 監禁淫楽』2000.11(ちくま文庫【り5-1】
式貴士「おれの人形」収録
解説/七北数人

井上雅彦 編『異形アンソロジー タロット・ボックス。 吊された男』2001.06(角川ホラー文庫【H32-8】
式貴士「首吊り三味線」収録
編者解説/井上雅彦「解題 ──もうひとつのリーディング──」

瀬名秀明 編『贈る物語 Wonder2002.11(光文社)
 #瀬名秀明 編『贈る物語 Wonder すこしふしぎの驚きをあなたに2006.11(光文社文庫【せ-4-1】
【第一章 愛の驚き】(編者解説/瀬名秀明)
式貴士「窓鴉」(エドワール・マネ/アラン・ジェイムズ・ロビンスン/ギュスターヴ・ドレ 画)収録
【第三章 おかしな驚き】(編者解説/瀬名秀明)

#編者解説鼎談/綾辻行人:瀬名秀明:宮部みゆき(『贈る物語』シリーズ【3冊入りスペシャル・セット・ボックス】にのみ封入の附録ブックレットに収録)

 #(光文社文庫『カンタン刑』解題(五所光太郎)で言及)



スコラ編集部 編『スコラスクランブル 随文博覧会』1984.12(講談社/スコラ)
式貴士(SF作家)「大東亜戦争に散った僕の初恋」(テーマ別エッセイ)(初出:【スコラ】第3号 1982.05.27「スコラ・スクランブル」欄【表テーマ/幸福、絶頂、エクスタシー】)
式貴士(SF作家)「ブラック・ユーモアもT・P・Oをはずすとひどいことになる」(テーマ別エッセイ)(初出:【スコラ】第9号 1982.08.26「スコラ・スクランブル」欄【表テーマ/ボクのブラック・ユーモア】/原題「処女こそはオメデタイ席には関係なし!!」/蘭光生名義)
蘭光生(レイプ作家)「拝啓 桜田門殿 これからもがんばってね」(テーマ別エッセイ)(初出:【スコラ】第6号 1982.07.08「スコラ・スクランブル」欄【表テーマ/私、××の味方です】)収録



文藝春秋 編『とっておきのいい話』1986.06(NESCO/文藝春秋)
 #文藝春秋 編/いしいひさいち 画『とっておきのいい話 ニッポン・ジョーク集1989.09(文春文庫【編-2-5】
式貴士(作家)「ぼやき三題」(エッセイ)(初出:【週刊文春】「わたしの好きなジョーク」欄)収録



文藝春秋 編『大アンケートによる ミステリー・サスペンス洋画ベスト150』1991.09(文春文庫ビジュアル版【V50-9】
式貴士(SF作家)「回答者の一言/作品編・第10位『悪魔のような女』
                     第66位『007は殺しの番号』(映画寸評:アンケート回答から抜粋)収録
(集計結果発表?:【週刊文春】1991?)

(参考)【ミステリー・サスペンス(スリラー)映画ベスト10】式貴士・57歳(SF作家)の回答(未発表・遺稿より)
     (順位なし)
『恐怖の報酬』〈スリル〉
           『太陽がいっぱい』〈ラストシーン〉
           『情婦』〈法廷もの〉or〈ドンデン返し〉
           『第三の男』〈BGM〉
           『大時計』〈追いつめられる〉
           『007は殺しの番号』〈スパイ〉
           『六番目の男』〈西部劇〉〈犯人の意外性〉
           『ダーティー・ハリー』〈刑事〉
           『泥棒成金』〈泥棒〉
           『悪魔のような女』〈恐怖〉
     
【監督ベスト3】
     (順位なし)
アルフレッド・ヒッチコック
           アンリ・ジョルジュ・クルーゾー
           ロジャー・コーマン
     
【密かに偏愛している映画】
     
『七つの月のマドンナ』




このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ



紀田順一郎:間羊太郎 編『これが日本一 記録がなんでもわかる本1967(竹内書店)

(関連書)ノリス・マクワーター:ロス・マクワーター 編/武富紀雄:井上哲也 訳『これが世界一 記録がなんでもわかる本 刀x1966(竹内書店)
      
ノリス・マクワーター:ロス・マクワーター 編/武富紀雄:井上哲也 訳『これが世界一 記録がなんでもわかる本 普x1967(竹内書店)

 #紀田順一郎:間羊太郎 編『記録の百科事典 日本一編1971.07(竹内書店)
序/編者
第1章 人間
第2章 動物
第3章 植物
第4章 自然界
第5章 政治
第6章 経済
第7章 産業
第8章 交通・通信
第9章 文化
第10章 社会
第11章 犯罪
第12章 人間の業績
第13章 建造物
第14章 機械・技術
第15章 スポーツ
付 エキスポ'70の記録
索引

(関連書)#ノリス&ロス・マクワーター/土肥耕三 訳『記録の百科事典 世界一編』1971(竹内書店)

 #紀田順一郎:間羊太郎 編/生頼範義:杉尾輝利:たかはしきよし 画『記録なんでも日本一』1972(講談社:ふくろうの本 少年少女講談社文庫【C-17】

(関連書)#ノリス&ロス=マクワーター/講談社 訳 編/石川美枝子 ほか 画『ギネス版 記録なんでも世界一』1976.05(講談社:ふくろうの本 少年少女講談社文庫【C-26】

 #間羊太郎/松下ちよし:しのだひでお 画『びっくり日本一 世界一』1972.12(立風書房:ジャガ−バックス)

 #間羊太郎『新びっくり日本一 世界一 新記録・珍記録1978.04(立風書房:ジャガ−バックス)

(関連書)大谷要三/しのだひでお ほか 画『スポーツ日本一世界一 』1976.11(立風書房:ジャガ−バックス)

      #
ノリス&ロス・マクワーター 編/青木栄一:北詰洋一 訳『世界一の世界 刀x1975(講談社)
      #
ノリス&ロス・マクワーター 編/北詰洋一 訳『世界一の世界 煤x1975(講談社)
      #
ノリス&ロス・マクワーター 編/青木栄一 訳『世界一の世界 普x1976(講談社)

      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一 訳『ギネスブック 世界記録事典 1979』1978.11(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一 訳『ギネスブック 世界記録事典 1980』1980.03(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一:大出健 訳『ギネスブック 世界記録事典 1981』1981.02(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一:大出健 訳『ギネスブック 世界記録事典 1982』1982.03(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一:大出健 訳『ギネスブック 世界記録事典 1983』1983.03(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一:大出健 訳『ギネスブック 世界記録事典 1984』1984.05(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編『ギネスブック 1984/ジュニア版』1984.05(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一:大出健 訳『ギネスブック 世界記録事典 1985/ポピュラー版』1985.03(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一:大出健 訳『ギネスブック 世界記録事典 1985/デラックス版』1985.03(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一:大出健 訳『ギネスブック 世界記録事典 1986/ポピュラー版』1986.01(講談社)
      #
ノリス・マクワーター 編/青木栄一:大出健 訳『ギネスブック 世界記録事典 1986/デラックス版』1986.02(講談社)



間羊太郎/渡辺東 画『ミステリ博物館』1971.08(三崎書房:バニーブックス
第一巻 人体(眼(初出:旧【宝石】連載「ミステリ百科事典」1963.03)
       手(初出:旧【宝石】1964.04)
       血(初出:旧【宝石】1963.04)
       首(初出:旧【宝石】1963.09)
       首(初出:旧【宝石】1963.10)
第二巻 生物(猫(初出:旧【宝石】1963.12)
       犬(初出:旧【宝石】1964.03)
       虫(初出:【推理ストーリー】連載「ミステリー博物館」1966.08)
       花(初出:【推理ストーリー】1966.07)
第三巻 風物(雪(初出:旧【宝石】1964.01)
       氷(初出:旧【宝石】1964.02)
       クリスマス(初出:旧【宝石】1963.01)
第四巻 事物(電話(初出:旧【宝石】1963.07)
       時計(初出:旧【宝石】1963.08)
       人形(初出:旧【宝石】1963.11)
       蝋燭(初出:旧【宝石】1963.02)
       手紙(初出:旧【宝石】1963.05)
       郵便(初出:旧【宝石】1963.06)
       遺書(初出:旧【宝石】1964.05/原題「遺書氈v)
解説/大谷羊太郎「「ミステリ博物館」と私」
カバー推薦文/大坪直行「著者についてひと言」


 #間羊太郎/渡辺東 画『ミステリ百科事典』1981.01(社会思想社:現代教養文庫【1041/D-209】
第一巻 人体(眼
       手
       血
       首
       首
第二巻 生物(猫
       犬
       虫
       花
第三巻 風物(雪
       氷
       クリスマス
第四巻 事物(電話
       時計
       人形
       蝋燭
       手紙
       郵便
       遺書
別巻 あらかると(宝石(初出:光文社【宝石】連載「ミステリ百科」1965.10「宝石氈v+1965.11「宝石」)
          たばこ(初出:光文社【宝石】「話のドライブ・イン」1966.01)
          ギャンブル(初出:光文社【宝石別冊・小説宝石】連載「ミステリ・ジョッキー」1968.01「ギャンブル」+1968.04「続 ギャンブル」)(文庫版のみ)
大坪直行「著者について一言」#(文庫版では一部加筆訂正)
大谷羊太郎「「ミステリ博物館」と私」
#解説/新保博久「『ミステリ百科事典』解説」(教養文庫版のみ)
#索引(教養文庫版のみ)


 #間羊太郎/渡辺東 画『ミステリ百科事典』2005.11(文春文庫【は-31-1】
#まえがき対談/北村薫×宮部みゆき「ミステリ好きが二人集まると、お天気の話をするように、『ミステリ百科事典』の話をしていました。」(文春文庫版のみ)
第一巻 人体(眼
       手
       血
       首
       首
第二巻 生物(猫
       犬
       虫
       花
第三巻 風物(雪
       氷
       クリスマス
第四巻 事物(電話
       時計
       人形
       蝋燭
       手紙
       郵便
       遺書
別巻1 ミステリ・ジョッキー(宝石
                写真(初出:光文社【宝石】連載「ミステリ百科」1965.12)(文春文庫版のみ)
                たばこ
                自動車(初出:光文社【宝石別冊・小説宝石】連載「ミステリ・ジョッキー」1967.04)(文春文庫版のみ)
                飛行機(初出:光文社【宝石別冊・小説宝石】1967.06)(文春文庫版のみ)
                海(初出:光文社【宝石別冊・小説宝石】1967.08)(文春文庫版のみ)
                毒薬(初出:光文社【宝石別冊・小説宝石】1967.09)(文春文庫版のみ)
                衣服(初出:光文社【宝石別冊・小説宝石】1967.11)(文春文庫版のみ)
                ギャンブル
                レジャー(初出:光文社【宝石別冊・小説宝石】1968.06)(文春文庫版のみ)
                野球(初出:光文社【宝石別冊・小説宝石】1968.09)(文春文庫版のみ)
別巻2 妖怪学入門(わが愛しの吸血鬼(初出:浪速書房【推理界】連載「妖怪学入門」わたなべ あずま:イラスト 1968.10「第一課/わが愛しの吸血鬼」)
           猫がしゃべる(初出:浪速書房【推理界】1968.11「第二課/猫がしゃべる」)
           首のない馬(初出:浪速書房【推理界】1968.12「第三課/首のない馬」)
           鬼の褌(初出:浪速書房【推理界】1969.01「第四課/鬼の褌」)
           河童の皿(初出:浪速書房【推理界】1969.02「第五課/河童の皿」)
           河童の屁(初出:浪速書房【推理界】1969.03「第六課/河童の屁」)
           天狗誕生(初出:浪速書房【推理界】1969.04「第七課/天狗誕生」)
           天狗の爪(初出:浪速書房【推理界】1969.05「第八課/天狗の爪」)
           狸の八畳敷(初出:浪速書房【推理界】1969.06「第九課/狸の八畳敷」)
           狸の腹鼓(初出:浪速書房【推理界】1969.07「第十課/狸の腹鼓」)
           海の妖怪(初出:浪速書房【推理界】1969.08「第十一課/海の妖怪」)
           竜とその息子たち(初出:浪速書房【推理界】1969.09「第十二課/竜とその息子たち」)
           竜とドラゴン(初出:浪速書房【推理界】1969.10「第十三課/竜とドラゴン」)
           蛇が結婚する(初出:浪速書房【推理界】1969.11「第十四課/蛇が結婚する」)
           蛇への供物(初出:浪速書房【推理界】1969.12「第十五課/蛇への供物」)
           狐と髑髏(初出:浪速書房【推理界】1970.01「第十六課/狐と髑髏」)
           狐のロマンとロマンス(初出:浪速書房【推理界】1970.02「第十七課/狐のロマンとロマンス」)
           狐の恩讐(初出:浪速書房【推理界】1970.03「第十八課/狐の恩讐」)
           妖怪本あれこれ(初出:浪速書房【推理界】1970.04「終章/妖怪本あれこれ」)(文春文庫版のみ)
大坪直行「著者について一言」#(教養文庫版と同一)
大谷羊太郎「「ミステリ博物館」と私」
#解説/新保博久(文春文庫版のみ)
#索引/五所光太郎(文春文庫版のみ)


(関連書?)山村正夫/渡辺東 画『推理への挑戦! トリック・ゲーム あなたの探偵能力をテストする』1971.09(日本文芸社:TEST SERIES【B042】
        #
山村正夫『ぼくらの探偵・トリック教室』1973.07(日本文芸社:少年百科シリーズ【9】
        #
山村正夫『あなたが名探偵 殺人トリック!』1995.07(日本文芸社:にちぶん文庫【A-10】

       
山村正夫 編『犯人対読者──頭脳の対決! 新トリック・ゲーム 37編のナゾがあなたに挑戦する!』1976.01(日本文芸社)

       
獅騎一郎『スパイ暗号ゲーム 国際謀略に挑戦する』1973.10(KKベストセラーズ:ワニの本【222】
        #
獅騎一郎『秘密情報 暗号スパイ大作戦』1974.08(学研:ジュニアチャンピオンコース)
        #
獅騎一郎『スパイ暗号作戦 解読の方法とトリック』1978.06(KKベストセラーズ:ワニの豆本【P163】
        #
獅騎一郎『暗号スパイ・なぞなぞクイズ』1979.01(講談社:ふくろうの本 少年少女講談社文庫【C-50】

       
梅田晴夫/藤本蒼 画「宝石博物館」(新書館【ペーパームーン】連載) #(単行本未収録)
        「紫色の石と化したギリシャの少女 アメシスト」
(第1号 1976.03)
        「エメラルド」
(第2号 1976.06)
        「オパール」
(第3号 1976.09)
        「ダイヤモンド」
(第4号 1976.12)

       
松田道弘/永美ハルオ 画『トリック・とりっぷ』1982.06(講談社)
        #
松田道弘/永美ハルオ 画『トリックのある部屋 私のミステリ案内』1985.12(講談社文庫【ま-15-1】
       
(初出:【小説現代】連載「トリック・とりっぷ」1980.01〜1981.12)



間羊太郎/ふじい旭 画『へんな学校』1972.10(立風書房:ジャガーバックス)
オール・トイレのぞき歩き
おならをバッチリ楽しもう
ふんどし、パンティー・下着のすべて
自由自在に夢を見るなら
トランプはこうして遊べ
最新カンニング22手
これが正統派やくざだ
妖怪チャンピオン全かいぼう
ダイヤモンドはなぜ高い?
ひと目でピッタシ・手相術
(初出:【週刊少年マガジン】連載「雑学シリーズ・へんな学校」1968.09.22 第39号「おなら学入門@」
    【週刊少年マガジン】1968.09.29 第40号「おなら学入門A」
    【週刊少年マガジン】1968.10.06 第41号「おなら学入門B」
    【週刊少年マガジン】1968.10.13 第42号「推理・探偵学入門@」
    【週刊少年マガジン】1968.10.20 第43号「推理・探偵学入門A」
    【週刊少年マガジン】1968.10.27 第44号「推理・探偵学入門B」
    【週刊少年マガジン】1968.11.03 第45号「推理・探偵学入門C」

    【週刊少年マガジン】1968.11.17 第47号「妖怪学入門@」
    【週刊少年マガジン】1968.11.24 第48号「妖怪学入門A」
    【週刊少年マガジン】1968.12.01 第49号「妖怪学入門B」
    【週刊少年マガジン】1968.12.08 第50号「妖怪学入門C」

    【週刊少年マガジン】1969.01.01 第1号「クリスマス学@」
    【週刊少年マガジン】1969.01.05 第2号「クリスマス学A」
    【週刊少年マガジン】1969.01.12 第3号「いかさま学@」
    【週刊少年マガジン】1969.01.19&01.26 第4&5号「いかさま学A」
    【週刊少年マガジン】1969.02.02 第6号「いかさま学B」
    【週刊少年マガジン】1969.02.09 第7号「ゆめ学入門@」
    【週刊少年マガジン】1969.02.16 第8号「ゆめ学入門A」
    【週刊少年マガジン】1969.02.23 第9号「ゆめ学入門B」
    【週刊少年マガジン】1969.03.02 第10号「ゆめ学入門C」
    【週刊少年マガジン】1969.03.09 第11号「ゆめ学入門D」
    【週刊少年マガジン】1969.03.16 第12号「ゆめ学入門E」
    【週刊少年マガジン】1969.03.23 第13号「トイレ学入門@」
    【週刊少年マガジン】1969.03.30 第14号「トイレ学入門A」
    【週刊少年マガジン】1969.04.06 第15号「トイレ学入門B」
    【週刊少年マガジン】1969.04.13 第16号「ダイヤモンド学入門@」
    【週刊少年マガジン】1969.04.20 第17号「ダイヤモンド学入門A」

    【週刊少年マガジン】1969.05.11 第20号「ねこ学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.05.18 第21号「ねこ学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.05.25 第22号「詐欺学入門@」
    【週刊少年マガジン】1969.06.01 第23号「詐欺学入門A」
    【週刊少年マガジン】1969.06.08 第24号「詐欺学入門B」
    【週刊少年マガジン】1969.06.15 第25号「詐欺学入門C」
    【週刊少年マガジン】1969.06.22 第26号「詐欺学入門D」
    【週刊少年マガジン】1969.06.29 第27号「詐欺学入門E」

    【週刊少年マガジン】1969.07.13 第29号
    【週刊少年マガジン】1969.07.20 第30号
    【週刊少年マガジン】1969.07.27 第31号「カンニング学入門」

    【週刊少年マガジン】1969.08.10 第33号「暗号学入門@」
    【週刊少年マガジン】1969.08.17 第34号「暗号学入門A」
    【週刊少年マガジン】1969.08.24 第35号「暗号学入門B」
    【週刊少年マガジン】1969.08.31 第36号「暗号学入門C」
    【週刊少年マガジン】1969.09.07 第37号
    【週刊少年マガジン】1969.09.14 第38号
    【週刊少年マガジン】1969.09.21 第39号
    【週刊少年マガジン】1969.09.28 第40号「●●学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.10.05 第41号「●●学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.10.12 第42号「●●学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.10.19 第43号「●●学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.10.26 第44号「毒薬学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.11.02 第45号「●●学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.11.09 第46号
    【週刊少年マガジン】1969.11.16 第47号「●●学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.11.23 第48号
    【週刊少年マガジン】1969.12.01 第49号
    【週刊少年マガジン】1969.12.07 第50号
    【週刊少年マガジン】1969.12.14 第51号「●●学入門」
    【週刊少年マガジン】1969.12.21 第52号「●●学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.01.04 第2号「トランプ学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.01.11 第3号「トランプ学入門」

    【週刊少年マガジン】1970.02.01 第6号「トランプ学入門」

    【週刊少年マガジン】1970.02.22 第9号「仁侠学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.03.01 第10号「仁侠学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.03.08 第11号「仁侠学入門」

    【週刊少年マガジン】1970.03.22 第13号「仁侠学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.03.29 第14号「仁侠学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.04.05 第15号「仁侠学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.04.12 第16号「仁侠学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.04.19 第17号「仁侠学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.04.26 第18号「仁侠学入門」
    【週刊少年マガジン】1970.05.03 第19号「手相学入門@」
    【週刊少年マガジン】1970.05.10 第20号「手相学入門A」
    【週刊少年マガジン】1970.05.17 第21号「手相学入門B」
    【週刊少年マガジン】1970.05.24 第22号「手相学入門C」
    【週刊少年マガジン】1970.05.31 第23号「手相学入門D」
    【週刊少年マガジン】1970.06.07 第24号「手相学入門E」
    【週刊少年マガジン】1970.06.14 第25号「手相学入門F」
    【週刊少年マガジン】1970.06.21 第26号「手相学入門G」
    【週刊少年マガジン】1970.06.28 第27号「手相学入門H」
    【週刊少年マガジン】1970.07.05 第28号「手相学入門I」
    【週刊少年マガジン】1970.07.12 第29号「手相学入門J」
    【週刊少年マガジン】1970.07.19 第30号「手相学入門K」
    【週刊少年マガジン】1970.07.26 第31号「手相学入門L」
    【週刊少年マガジン】1970.08.02 第32号「手相学入門M」
    【週刊少年マガジン】1970.08.09 第33号「手相学入門N」
    【週刊少年マガジン】1970.08.16 第34号「下着学入門@」
    【週刊少年マガジン】1970.08.23 第35号「下着学入門A」
    【週刊少年マガジン】1970.08.30 第36号「下着学入門B」
    【週刊少年マガジン】1970.09.06 第37号「下着学入門C」
    【週刊少年マガジン】1970.09.13 第38号「下着学入門D」
    【週刊少年マガジン】1970.09.20 第39号「下着学入門E」
    【週刊少年マガジン】1970.09.27 第40号「下着学入門F」
    【週刊少年マガジン】1970.10.04 第41号「下着学入門G」
    【週刊少年マガジン】1970.10.11 第42号「下着学入門H」

    【週刊少年マガジン】1970.10.25 第44号「あるこーる学入門@」
    【週刊少年マガジン】1970.11.01 第45号「あるこーる学入門A」
    【週刊少年マガジン】1970.11.08 第46号「あるこーる学入門B」
    【週刊少年マガジン】1970.11.15 第47号「あるこーる学入門C」
    【週刊少年マガジン】1970.11.22 第48号「あるこーる学入門D」
    【週刊少年マガジン】1970.11.29 第49号「あるこーる学入門E」
    【週刊少年マガジン】1970.12.06 第50号「あるこーる学入門F」
    【週刊少年マガジン】1970.12.13 第51号「あるこーる学入門G」
    【週刊少年マガジン】1970.12.20 第52号「あるこーる学入門H」
    【週刊少年マガジン】1971.01.03 第1号「あるこーる学入門I」
    【週刊少年マガジン】1971.01.10 第2号「あるこーる学入門J」
    【週刊少年マガジン】1971.01.17 第3号「あるこーる学入門K」
    【週刊少年マガジン】1971.01.24&01.31 第4&5号「あるこーる学入門L」
    【週刊少年マガジン】1971.02.07 第6号「あるこーる学入門M」

    【週刊少年マガジン】1971.02.21 第8号「マジック学入門」
    【週刊少年マガジン】1971.02.28 第9号「マジック学入門」
    【週刊少年マガジン】1971.03.07 第10号「マジック学入門」
    【週刊少年マガジン】1971.03.14 第11号「マジック学入門」

    【週刊少年マガジン】1971.04.18 第17号「マジック学入門」
    【週刊少年マガジン】1971.04.25 第18号「マジック学入門」
    【週刊少年マガジン】1971.05.02 第19号「マジック学入門」
    【週刊少年マガジン】1971.05.09 第20号「マジック学入門」
    【週刊少年マガジン】1971.05.16 第21号「マジック学入門」
    【週刊少年マガジン】1971.05.23 第22号「マジック学入門」

    【週刊少年マガジン】1971.06.06 第24号「マジック学入門O」
    【週刊少年マガジン】1971.06.13 第25号「マジック学入門P」
    【週刊少年マガジン】1971.06.20 第26号「江戸っ子生態学入門@」
    【週刊少年マガジン】1971.06.27 第27号「江戸っ子生態学入門A」
    【週刊少年マガジン】1971.07.04 第28号「江戸っ子生態学入門B」

    【週刊少年マガジン】1971.07.25 第31号「江戸っ子生態学入門E」
    【週刊少年マガジン】1971.08.01 第32号「江戸っ子生態学入門F」
    【週刊少年マガジン】1971.08.08 第33号「江戸っ子生態学入門G」
    【週刊少年マガジン】1971.08.15 第34号「江戸っ子生態学入門H」
    【週刊少年マガジン】1971.08.22 第35号「さよなら座談会」最終回)


(関連書)滝沢てるお『びっくり知識 0から100』(立風書房:ジャガ−バックス)

      
パンパカグループ(木乃美光:田渕秀明 構成/しのだひでお:峯たろう 絵)『パンパカ学園@』1969.07(講談社:マガジンブックス)
      
パンパカグループ(木乃美光:田渕秀明 構成/しのだひでお:峯たろう 絵)『パンパカ学園A』1969.12(講談社:マガジンブックス)

      
中富尚志 原案/峯たろう 絵・構成『お笑い頭の体操』1969?(講談社:マガジンブックス)
      
古田久三郎 案/しのだひでお 絵『パズルさんクイズくん』1969?(講談社:マガジンブックス)
      
都筑卓司/永美ハルオ 絵『ふしぎ科学パズル』1970(講談社:マガジンブックス)

      
峯たろう『なぞなぞ・クイズの本』1972(講談社:ふくろうの本 少年少女講談社文庫【C-11】
      
篠田ひでお『なぞなぞ・野球クイズ』1973(講談社:ふくろうの本 少年少女講談社文庫【C-21】
      
田淵秀明『なぞなぞ・ちえくらべ』1977.09(講談社:ふくろうの本 少年少女講談社文庫【C-46】

      
このみひかる 作・絵『ワイワイなぞなぞクイズ』1990.11(講談社KK文庫)
      
このみひかる 作・絵『まんが なぞなぞクイズ学校』1991.12(講談社KK文庫)



間羊太郎 編/あべまりあ:居村真二:篠田ひでお:松下ちよし 画『知らないとそん500 くらしのちえ百科1973.11(講談社:ふくろうの本 少年少女講談社文庫【C-23】
第一章 学用品・日用品も使いよう
第二章 工作・大工 ─ アイディアでオーケー
第三章 家具・調度品なんでも百科
第四章 台所・浴室のアイディア革命
第五章 食べ物・料理のこつ百科
第六章 衣類・せんたく ─ たのしいアイディア
第七章 からだ・健康 ─ 予防と応急ちりょう
第八章 ペットの飼い方、園芸のこつ
第九章 海・山のレジャーと冒険
おわりに/間羊太郎

 #間羊太郎/あべまりあ ほか 画『おもしろゼミナール・知らないとそん500 ものしりは一生のとく!1983.02(講談社:おもしろシリーズI)

 #?講談社 編/藤原良二 画『知らないとそん500 とくするおもしろ情報!1991.11(講談社KK文庫【B18-1】
べんりな学用品のアイディア
知っておきたい道具・日用品の使い方
ひと味ちがう食べものの知識
たいせつな体・健康・応急治療の方法
もっと楽しくなる遊び・趣味
安全、快適なレジャー・旅行の知識
こんなにべんりな生活の知恵
おぼえておこうペット・園芸の豆知識


(関連書?)ホームライフセミナー 編/モンキー・パンチ 画『頭のいい743の実用集 考えても見なかった方法』1972.08(青春出版社:PLAY BOOKS【P-110】
       
ホームライフセミナー 編/モンキー・パンチ 画『続 頭のいい583の実用集 考えても見なかった方法』1972.12(青春出版社:PLAY BOOKS【P-114】
       
ホームライフセミナー 編/モンキー・パンチ 画『続々 頭のいい673の実用集 考えても見なかった方法』1973.06(青春出版社:PLAY BOOKS【P-117】



間羊太郎/篠田ひでお:松下ちよし:居村真二 画『ビックリ新知識! 昆虫のふしぎ』1973.10(朝日ソノラマ:ぼくらのもの知り百科)

間羊太郎『人体のふしぎ』1973.10(朝日ソノラマ:ぼくらのもの知り百科)



*

D・ホイトリイ 原作/間羊太郎 訳/平井呈一 監修/柳柊二 画『恐怖の黒魔団』1972.12(朝日ソノラマ:少年少女世界恐怖小説 G)
平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
恐怖の黒魔団【原書:DENIS WHEATLEY『The Devil rides out』1935】(ジュヴナイル版・抄訳)
訳者解説/間羊太郎「原作者と作品について」

(全訳)デニス・ホイートリ/平井呈一 訳/赤穴宏 画『黒魔団』1959.05(東京創元社:世界恐怖小説全集 第6巻)
     
(改訳)デニス・ホイートリ/平井呈一 訳/山下昌也 画『黒魔団』1976.07(国書刊行会:ドラキュラ叢書 第1巻)
          #
デニス・ホイートリー/平井呈一 訳『黒魔団』1983.09(国書刊行会:デニス・ホイートリー黒魔術小説傑作選 第1巻)

→(参考)平井呈一 監修《少年少女世界恐怖小説》全10巻(朝日ソノラマ)
     @ 
E・A・ポー 原作/久米穣 訳/生頼範義 画『黒ねこ』1972. 07
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      「黒ねこ」
      「アッシャー家の崩壊」
      「長方形の箱の秘密」
      「死の大渦巻」
      「ちんばガエル」
      「落とし穴と振り子」
      訳者解説/久米穣「原作者と作品について」
     A 
ブラム・ストーカー 原作/石上三登志 訳/柳柊二 画『吸血鬼ドラキュラ』1972. 07
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      訳者解説/石上三登志「原作者と作品について」
     B 
A・メリット 原作/団精二 訳/金森達 画『恐るべき魔女』1972. 07
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      訳者解説/団精二「原作者と作品について」
     C 
H・G・ウェルズ 原作/南山宏 訳/斉藤壽夫 画『透明人間』1972.09
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      訳者解説/南山宏「原作者と作品について」
     D 
マダム・シェリー 原作/矢野浩三郎 訳/柳柊二 画『フランケンシュタイン』1972.09
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      訳者解説/矢野浩三郎「原作者と作品について」
     E 
レ・ファニュ 原作/中尾明 訳/岩田浩昌 画『女吸血鬼カーミラ』1972.11
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      訳者解説/中尾明「原作者と作品について」
     F 
シャーリー・ジャクスン 原作/仁賀克雄 訳/生頼範義 画『なぞの幽霊屋敷』1972.11
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      訳者解説/仁賀克雄「原作者と作品について」
     G 
D・ホイトリイ 原作/間羊太郎 訳/柳柊二 画『恐怖の黒魔団』1972.12
     H 
R・L・スチブンソン 原作/各務三郎 訳/斉藤壽夫 画『ジキル博士とハイド氏』1973. 01
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      訳者解説/各務三郎「原作者と作品について」
     I 
ガイ・エンドア 原作/北村良三 訳/武部本一郎 画『狼男の怪』1973. 01
      平井呈一「監修者のことば」 #(全巻共通)
      訳者解説/北村良三「原作者と作品について」




* *

『怪奇ファンタジー 特集 世界の魔女・吸血鬼1979.05(創明社:月刊SFビック増刊)
間羊太郎「わが愛しの吸血鬼」(初出:浪速書房【推理界】1968.10/連載「妖怪学入門」第一課)収録


栗本薫:連城三紀彦:井沢元彦ミステリー・ルネッサンス! 新探偵小説三人集』1981.06(講談社:臨時増刊小説現代)
式 貴士(間羊太郎)モーリス・ルブランの 八点鐘」(コラム/『ミステリーこの一冊』欄)収録



復刻版 少年マガジン大全集 第B巻 なつかしの感動名作編1991.04(講談社:KCDX【214】
間羊太郎 構成/ふじい旭 絵「へんな学校 マジック学入門P(最終回)/応用問題編(下)(初出:【週刊少年マガジン】1971.06.13 第25号)収録
第3巻収録作品解題/杉田健一



柴野拓美 編『宇宙塵傑作選 日本SFの軌跡1997.12(出版芸術社)
間羊太郎「空が泣いた日」(初出:【宇宙塵】51号 1961.12)収録



?????????

復刻版 少年マガジン大全集 第@巻 栄光の熱血ヒーロー編1990.12(講談社:KCDX)

復刻版 少年マガジン大全集 第A巻 不滅の黄金シリーズ編1991.02(講談社:KCDX)



?????????
?????????

週刊少年マガジン編集部 編『復刻「少年マガジン」カラー大図解 ヴィジュアルの魔術師・大伴昌司の世界1989.07(講談社)

大伴昌司 企画・構成/水木隆義 絵『REMIX 少年マガジン大図解 @ 未来世界1992.04(講談社)

大伴昌司 企画・構成/水木隆義 ほか 絵『REMIX 少年マガジン大図解 A 人は情報1992.06(講談社)

大伴昌司 企画・構成/南村喬之 ほか 絵『REMIX 少年マガジン大図解 B SF怪奇1992.08(講談社)

荒俣宏:高山宏『荒俣宏の少年マガジン大博覧会』1994.05(講談社)

内田勝『「奇」の発想 みんな『少年マガジン』が教えてくれた1998.06(三五館)

週刊少年マガジン編集部 編『少年マガジンの黄金時代 〜特集・記事と大伴昌司の世界〜2008.09(講談社)

週刊少年マガジン編集部 編『「週刊少年マガジン」五〇年 漫画表紙コレクション』2008.09(講談社)



?????????
?????????
?????????

鮎川哲也 編『鉄道推理ベスト集成3 復讐墓参』1977.09(徳間書店:トクマノベルス)
 #トラベル・ミステリーD レールは囁く』1983.06(徳間文庫【134-7】
迫羊太郎(さこ・ようたろう)「昇華した男」(初出:【別冊宝石】74号『新人二十五人集』1958.02)収録
解説/鮎川哲也

鮎川哲也 編『鉄道ミステリー傑作選 下りTはつかりU』1975.06(光文社:カッパ・ノベルス【18-10】)#1983.06(光文社文庫【あ-2-3】
解説/鮎川哲也「編纂を終えて」(迫羊太郎「昇華した男」に言及)




?????????
?????????
?????????
?????????

ミステリー文学資料館 編『甦る推理雑誌G 「エロティック・ミステリー」 傑作選』2003.09(光文社文庫【み-19-18】
山前譲 編「「エロティック・ミステリー」「エロチック・ミステリー」「ミステリー」総目次」(間十三郎「濡れてみたけりゃ」
(初出:【エロチック・ミステリー】1963.04)のタイトルを掲載)
山前譲 編「「エロティック・ミステリー」「エロチック・ミステリー」「ミステリー」作者別作品リスト」(間十三郎「濡れてみたけりゃ」のタイトルを掲載)





このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ



小早川 博/上村一夫 画『門外不出 オトナのいたずら 欲求不満をふっ飛ばす1968.07(青春出版社:PLAY BOOKS【P-72】
馬も敬礼した男の持ち物(初出:光文社【宝石】連載「話のドライブ・イン」 1966.02)
           (  〜光文社【宝石】 1967.07)

小早川 博/上村一夫 画『持出厳禁 いたずらの秘本 相手をいじめよう1968.12(青春出版社:PLAY BOOKS【P-75】
1 女の凄い悪趣味 誘惑されたいとき
2 奪われたい官能 欲望がもえるとき
3 放出されたい本能 せつなくなるとき
4 抱いて悶絶させるカエル 衝動がおこるとき
狂ったいたずら
5 欲求をはたすチャンス 歓びが欲しくなるとき
6 あなたをプロにする秘中の秘技 ソノ知恵がほしくなるとき
7 興奮をそそるいたずら 「おカマ」を知りたいとき
8 興奮のオモチャ 体の充足が欲しいとき
9 異様なしあわせに包むレス 指と舌が虚しいとき
触りのいたずら
10 狂った感覚 恥ずかしくなるとき
11 吸いつきの逸品 欲求が充たされないとき
12 熱烈なテクニック 愛の証を示したいとき
13 しのび込みのいたずら 冒険したいとき
14 陰門の妖怪 気分を鎮めたいとき
愛の挑戦
食欲の挑戦
15 息をのむ至上の悦楽 悦びを知りたいとき
16 オトナのオモチャ 侵したいとき
17 女のすごい想像力 破目に追い込まれたとき
18 これは猛烈なショック 眠気をさましたいとき
19 異常の極致 気が狂いそうなとき
いたずらの演出
いたずらの実験 (1)
いたずらの冒険
いたずらの実験 (2)
いたずらの探求
いたずらの実験 (3)
いたずらの奥秘
いたずらの実験 (4)
20 パパのいたずら 女性にひけ目を感じたとき
21 快楽の秘戯び もてあそびたいとき
22 穴があったら入りたくなる秘話 ほんとに泣きたいとき
23 ショックと屈辱の知恵 ケイレンが止まらないとき
24 キミならどこまで耐えられるか 卒倒させて見たいとき
狂ったいたずら
25 巨根と女陰のいたずら うっぷんを晴らしたいとき
26 不満をふっ飛ばすトンプク剤 あいつが恨めしいとき
27 脳天がクラクラする禁話 憎いやつを忘れたいとき
コンプレックスの挑戦
欲望の挑戦
28 とんでもないTいたずらU なぐりたくなったとき
29 密かなる絶品の味わい モリモリさせたいとき
30 長びかせる数々の秘法 強くなりたいとき
31 糞で儲けるグッドアイディア たまらないとき
妖しいいたずら
32 のぞきの楽しみ 秘密を知りたいとき
33 度胆をぬく怪事の連続 叫んでみたいとき
34 どうすりゃ儲かる? 金が欲しいとき
35 妖しい感触を集めよう 自分だけが所蔵したいとき
いじわるジョーク
36 みんなビクビクした怪事 突然おそわれたいとき
37 男と女の感触 不安にかられたとき
38 脱いで寝るべからず 女の機能を知りたいとき
(初出:光文社【宝石】連載 1967?〜1968?)

小早川 博『悦楽のタネ本 バレ句で夜を楽しもう1969(明文社:ナンバーワン・ブックス

小早川 博/山藤章二 画『知らない自分の考察 トイレで読む本 扉を閉めた神秘の世界1970.06(青春出版社:PLAY BOOKS【P-94】



* *

テディ片岡/及川正通 画『テディ片岡ゴールデン・デラックス 愛と真実を追求するメチャクチャ小説1971.03(三崎書房:バニーブックス【105】
 #『テディのナンセンス小説集』1972.08(三崎書房)
口上
2DKテレビの下取り
春宵一刻価何金
小説・小説家
テレビを見た夜
どちら様がおみえになりました
あゝ、移植大成功!
空飛ぶ10円玉
(初出:双葉社【推理】1970.10「これがSFだ 空飛ぶ10円玉」/秋吉 巒:画)
黒いラーメン
ポーノグラフィカメリカ
ゴーイング・ノーホエア
皆殺しの歌
(初出:双葉社【推理】1970.05)
パサディナ・フリーウェイの大虐殺
エスキモー・ブルー・デー
メチャクチャ解説/小早川 博



?????????

(小早川博のジョーク収集に協力?)
星新一『進化した猿たち』1968.02(早川書房)
(初出:【エラリィ・クイーンズ・ミステリ・マガジン】連載「進化した猿たち」1965.07〜1965.12+【ハヤカワ・ミステリ・マガジン】連載「進化した猿たち」1966.01〜1967.05)
星新一『新・進化した猿たち』1971.03(早川書房)
(初出:【ハヤカワ・ミステリ・マガジン】連載「新・進化した猿たち」1968.12〜1970.07)
 #『進化した猿たち1』1975.04(ハヤカワ文庫JA【51】 #(『進化した猿たち』前半部分を再編集)
 #1982.01(新潮文庫【草 九八 =23= W】 #(再々編集)
 #『進化した猿たち2』1975.05(ハヤカワ文庫JA【52】 #(『進化した猿たち』後半部分+『新・進化した猿たち』前半部分を再編集)
 #1982.03(新潮文庫【草 九八 =24= X】 #(再々編集)
 #『進化した猿たち3』1975.05(ハヤカワ文庫JA【53】 #(『新・進化した猿たち』後半部分を再編集)
 #1982.04(新潮文庫【草 九八 =25= Y】 #(再々編集)

(関連書)森田拳次『1コマ1/2』1981.05(東京三世社:マイコミックス)
      序文/星新一 #(集英社文庫→新潮文庫
『きまぐれフレンドシップ PART2』に再録/「森田拳次 ──抜群のヒトコマ物」)

      
森田拳次/星新一 選『森田拳次のヒトコマ・ランド』1983.10(新潮文庫【草 三一八 =1= A】
      対談/星新一×森田拳次「ヒトコマの話をしよう」

      
河出書房新社編集部 編『漫画集 13人の金曜日』1985.02(河出文庫【745-A】
      西村晃一
      所ゆきよし
      千葉督太郎
      多田ヒロシ
      矢尾板賢吉
      鮎沢まこと
      山田紳
      松本覚
      牧野圭一
      秋竜山
      水野良太郎
      篠原ユキオ
      森田拳次
      解説/星新一「漫画の原点」




?????????
?????????

常盤新平 編『パーティジョーク PART1』1983.10(集英社文庫【131-B】
常盤新平 編『パーティジョーク PART2』1983.11(集英社文庫【131-C】
構成/武市好古:礒野秀和:三村淳+元橋晟(初出:【月刊PLAYBOY】連載「PARTY JOKES」1975〜)



開高健:島地勝彦『水の上を歩く? 酒場でジョーク 十番勝負1989.03(TBSブリタニカ)
(初出:【サントリークォータリー】連載「酒場でジョーク 十番勝負」第22号 1985.10〜第31号 1988.10)
 #1993.01(集英社文庫【か-5-9】
#島地勝彦「開高健 ──研ぎすまされた哄笑 先生から頂いた「編集者マグナ・カルタ九章」」(初出:【文藝春秋】1990.02)(文庫版のみ)

(関連書)開高健『食卓は笑う』1982.12(新潮社)#1986.08(新潮文庫【か-5-13】
      (初出:【毎日新聞】サントリー広告・月1回連載1981.01.01〜1981.12.13)

      開高健/週刊プレイボーイ 特別編集『知的な痴的な教養講座』1990.03(集英社)#1992.05(集英社文庫【か-5-8】
      (初出:【週刊プレイボーイ】連載「男になるための教養講座」)




このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ



第1期【奇想天外】連載《タローカード論争》(お互いに単行本未収録)


ウラヌス星風/タローカード入門 @(1974.07)

ウラヌス星風/タローカード入門 A(1974.08)

ウラヌス星風/タローカード入門 B
種村季弘/ウラヌス星風に答える(1974.09)

ウラヌス星風/タローカード入門 番外編 種村季弘を葬る
種村季弘/善は急げ ――ウラヌス星風に (詩?)(1974.10 休刊号)

(関連書?)種村季弘『影法師の誘惑』1974.09(冥草舎)#1991.12(河出文庫【126-J】
       【 少女】「小妖精アリス」
             「シンデレラの靴」
             「少女論」
             「アリスの肖像画家たち」
             「遊戯の規則」
       【 人形】「人形幻想」
             「人形貴種流離譚」
             「器具としての肉体」
             「ある人形破壊者の白昼夢」
             「人形の解剖学者」
       【。 幻燈】「魔術時代の終焉」
             「影法師の誘惑」
             「幻想の時計師」
             「暗箱の花咲ける洞窟」
       【「 玻璃】「タロットの秘密」
             「現代の妖怪」
             「和洋怪談比較考」
             「面白い小説のからくり」
             「つげ義春の退行的ユートピア」
             「一枚の銅版画から」
       【」 幼年】「長広舌讃」
             「十二階の崩れた日から」
             「文字以前の世界」
       【、 睡眠】「求む装飾用隠者」
(初出:第1期【奇想天外】連載「奇人変人の系譜/求む装飾用隠者」1974.01)
             「睡眠者の全知」
             「赤い靴」
       「あとがき」 #(思わせぶりな記述アリ)
        #(『種村季弘のラビリントス(2) 影法師の誘惑』1979.04(青土社)には思わせぶりな「あとがき」未収録)

       
種村季弘『詐欺師の楽園』1975.05(學藝書林)#1979.04(白水社:白水叢書【35】)#1985.05(白水社)#1990.08(河出文庫【126-I】)#2003.01(岩波現代文庫【B66】
       「はじめに 表層の人」
       氈u贋エチオピア皇帝の訪れ 英国艦隊をコケにした悪漢ヴェア・コール」
(初出:第1期【奇想天外】連載「奇人変人の系譜/お伽噺の国の皇帝」1974.07)
        「バルムベックの王様 大盗賊団長アドルフ・ペーターセン」
(初出:第1期【奇想天外】連載「奇人変人の系譜/バルムベックの王様 盗賊騎士団長アドルフ・ペーターセン」1974.10)
        「ルーマニアの泥棒英雄 貴婦人総ナメのゲオルク・マノレスコ」
(初出:【流動】連載「奇人変人の系譜 第二話(上)/ルーマニアの英雄 泥棒大公 ゲオルク・マノレスコの場合」1975.01+「奇人変人の系譜 第二話(下)/ルーマニアの英雄 泥棒大公 ゲオルク・マノレスコの場合」1975.02)
        「モナ・リザ泥棒 無頼の王様アポリネール」
(初出:【新評】臨時増刊号 1974.05/原題「モナリザをめぐる三人の泥棒」)
       「詐欺師の哲学 薔薇十字団大幹部カザノヴァ」
(初出:第1期【奇想天外】連載「奇人変人の系譜/詐欺師の哲学 カザノヴァとデュルフェ夫人」1974.06)
        「華やかな鉄仮面 女装の剣士デオン・ド・ボーモン」
(初出:第1期【奇想天外】連載「奇人変人の系譜/華やかな鉄仮面 女装の騎士デオン・ド・ボーモン」1974.03+「奇人変人の系譜/続・華やかな鉄仮面 女装の騎士デオン・ド・ボーモン」1974.04)
        「大革命の時計師 国家陰謀の技師ボーマルシェ」
(初出:【流動】連載「奇人変人の系譜1/フランス革命の時計師 ピエール・オーギュスタン・ド・ボーマルシェの場合」1974.12)
        「夢の機械魔術師 史上最大の魔術師ローベル−ウーダン」
(初出:【流動】連載「奇人変人の系譜 第三話/暗殺された機械魔術師の夢 ローベル−ウーダンの場合」1975.03)
       。「悪魔博士の正体 オカルト怪人シュレンク=ノッチング」
(初出:第1期【奇想天外】連載「奇人変人の系譜/悪魔博士の正体 シュレンク・ノッチング男爵の霊媒実験」1974.05)
        「二十世紀に蘇る救世主 奇蹟かペテンか ブルーノ・グレーニング」
(初出:【流動】連載「奇人変人の系譜 第四話/ブルーノ・グレーニングの場合」1975.04)
        「顔のない男 詐術と煽動のスーパー・カメレオン」
(初出:第1期【奇想天外】連載「奇人変人の系譜/顔のない男 あるスーパー・カメレオンの生涯」1974.02)
        「史上最大の贋金造り ポルトガル乗っ取りのアルヴェス・レイス」
(初出:【流動】連載「奇人変人の系譜 最終話/経済理論を駆使した贋金作り アルヴェイス・レイスの場合」1975.05)
       「「詐欺師の楽園 トリックスターたちの肖像」 #(思わせぶりな記述アリ)


(さらに関連書?)辛島宜夫『タロット占いの秘密』1974.10(二見書房:サラ・ブックス)
          推薦文/作家 都筑道夫「日本で初めてのタロット・カードに注目」 #(タイトルに相違して、本文中では「タロウ・カード」と表記)

          
辛島宜夫『大アルカナタロット占い』1976.11(二見書房)
          
辛島宜夫『恋の十字架占い プチ・タロット』1979.06(二見書房)
          
辛島宜夫『ホロスコープ占いによる 占星タロット入門』1980.01(二見書房)
          
辛島宜夫 編『タロット占い事典』1987.09(東京堂出版)
          
辛島宜夫『影絵のモーツァルト ホロスコープ・ファンタジー』1987.11(音楽之友社)
          
辛島宜夫『タロット占いの秘密 カバラの秘教術』2006.06(二見書房)



* *

倉俣史朗『倉俣史朗の仕事 1967─1974』1976.04(鹿島出版会)
ウラヌス星風「   」(ホロスコープによる倉俣史朗の性格分析?)



&&&&&&&&&

中島梓『あずさのアドベンチャー'80』1981.06(文藝春秋)#1985.02(文春文庫【379-1】
ウラヌス星風へのインタビューを含むルポ「あずさと淋しい占い師たち」(初出:【文藝春秋】連載「あずさの現代風俗探偵帖」1980.03)収録



?????????

柴田錬三郎『眠狂四郎異端状』1975.08(新潮社)#1982.07(新潮文庫【草 一五○ =24= X】
(初出:【週刊新潮】連載「眠狂四郎異端状」1974.04.11〜1974.12.26) ホロスコープ作成協力:宝瓶宮黒人



柴田錬三郎『眠堂醒話 地べたから物申す』1976.05(新潮社)
小説「黒い島」(初出:【月刊PLAYBOY】1975.11) (ホロスコープ作成協力?:宝瓶宮黒人?)
小説「真紅の夜」(初出:【月刊PLAYBOY】1976.02/池田満寿夫:イラスト)収録
あとがき/「読者へ」

吉行淳之介 編『プレイボーイ傑作短篇集』1977.09(集英社:PLAYBOY BOOKS)
吉行淳之介「立っている肉」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.07)
ロアルド・ダール/田村隆一 訳「スワッピング決行」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.08)
筒井康隆「老境のターザン」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.09/吉田カツ:イラスト)
ジュリアス・ホーウィッツ/高見浩 訳「グランド・セントラル発17時30分」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.11)
立原正秋「埋れ水」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.10)
ジョン・コリア/池澤夏樹 訳「いや電話をきらないで」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.07/「いや 電話きらないで」改題)
小松左京「オフー」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.08)
テネシー・ウイリアムズ/河野一郎 訳「ミス・コインテの熟れた部屋」
(初出:【月刊PLAYBOY】1976.02)
小林信彦「JELLIES
(ジェリーズ)(初出:【月刊PLAYBOY】1976.01)
ウイリアム・クーンズ/中田耕治 訳「フルハウスにはかなわない」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.10)
野坂昭如「痒みの研究」
(初出:【月刊PLAYBOY】1976.03)
アルベルト・モラヴィア/大久保昭男 訳「侮辱」
(初出:【月刊PLAYBOY】1975.12)
都筑道夫「高所恐怖症」
(初出:【月刊PLAYBOY】1976.04)
ウラジーミル・ナボコフ/大津栄一郎 訳「二十五本の蝋燭」
(初出:【月刊PLAYBOY】1976.04/「25本の蝋燭」改題)
柴田錬三郎「黒い島」


日本ペンクラブ 編/眉村卓 選『幻覚のメロディ』1981.06(集英社文庫【85-M】
柴田錬三郎「黒い島」収録

柴田錬三郎『柴田錬三郎選集 第17巻 後期短篇集1990.07(集英社)
「黒い島」収録



?????????
?????????

柴田錬三郎『うろつき夜太』1974.06(集英社)
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「うろつき夜太」1972〜1973/横尾忠則 画)

 #柴田錬三郎『おれは侍だ/明治一代男/うろつき夜太』1974(集英社:柴田錬三郎自選時代小説全集・25)
『おれは侍だ』(初出:【週刊公論】連載「おれは侍だ・運命篇」1961.04.10〜1961.08.21)
『明治一代男』(初出:【文芸朝日】連載「明治一代男」1962.05〜1963.05)
『うろつき夜太』

 #柴田錬三郎/横尾忠則 画『絵草紙 うろつき夜太』1975.05(集英社)

 #柴田錬三郎『うろつき夜太』1976(集英社:コンパクト・ブックス)

 #柴田錬三郎『うろつき夜太刀x1985.12(集英社文庫【19-Q】
 #柴田錬三郎『うろつき夜太普x1985.12(集英社文庫【19-R】
 #横尾忠則/柴田錬三郎 原案絵草紙 うろつき夜太』1992.12(集英社文庫【よ-5-1】



?????????
?????????
?????????

ルル・ラブア『ホロスコープ入門 自分の一生の全てを頼る占星学1972.07(青春出版社:PLAY BOOKS【P-108】
 #改訂新版 ホロスコープ入門 あなたの過去・現在・未来を証す1977.11(青春出版社:PLAY BOOKS【P-108】




このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ



今東光『極道辻説法』1976.10(集英社)構成:清水聰 #1983.06(集英社文庫【163-A】
第一章 青春と学生生活
第二章 異性と恋と結婚と
第三章 性についての悩み
第四章 精神と肉体の悩み
第五章 人間らしく生きるために
第六章 肉親と社会問題
第七章 職業と夢と
第八章 文学と宗教と
第九章 生と死と
第十章 和尚の人物論とそのほか

(初出:【週刊プレイボーイ】連載「今東光和尚の極道辻説法」1975.09.09〜1976)

今東光『続 極道辻説法』1977.07(集英社)構成:清水聰
序文/柴田錬三郎「八面六臂」(文庫版未収録)
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
第七章
第八章
第九章
第十章

(初出:【週刊プレイボーイ】連載「今東光和尚の極道辻説法」1976〜1977)

今東光『最後の極道辻説法』1977.12(集英社)構成:清水聰
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「今東光和尚の極道辻説法」1977)
清水聰「あとがき」(文庫版未収録)

 #今東光『毒舌 身の上相談』1994.05(集英社文庫【こ-9-3】
氈@恋愛とセックスの悩み
 学生生活、家庭生活、そして職業
。 人生とは
「 芸術・宗教について
 #(『続 極道辻説法』の一部+『最後の極道辻説法』の一部を抜粋・再編集)
#解説/樋口進「毒舌の舌の根」(文庫版のみ)




* *

週刊プレイボーイ編集部 編『プレイボーイの人生相談 1966─20062006.10(集英社)
まえがき/島地勝彦(元【週刊プレイボーイ】編集長) #(式貴士に言及)
「柴田錬三郎」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「キミはやれ、俺がやらせる」1966.10〜1969.03/「円月説法」1978.05〜1978.11→抜粋)構成:?
「柴田錬三郎」解説/北方謙三(作家)

「松本人志」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「プレイぼーず」2000.05〜2001.10→抜粋)構成:麻生香太郎
「松本人志」解説/麻生香太郎(エンターテインメント・ジャーナリスト)

「岡本太郎」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「にらめっこ問答」1979.01〜1981.05→抜粋)構成:?
「岡本太郎」解説/平野暁臣(岡本太郎記念館館長)

「リリー・フランキー」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「エロ話だっていいじゃないか!」2006.05〜2006.09→抜粋)構成:吉田豪
「リリー・フランキー」解説/吉田豪(コラムニスト)

「アントニオ猪木」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「風車の如く」2001.10〜2004.01→抜粋)構成:Show(大谷泰顕)
「アントニオ猪木」解説/劇団ひとり(芸人・作家)

「大沢在昌」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「鮫と飲みあかそう」1996.01〜1996.05→抜粋)構成:?
「大沢在昌」解説/福井晴敏(作家)

「開高健」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「風に訊け」1982.06〜1985.10→抜粋)構成:菊谷匡祐
「開高健」解説/菊谷匡祐(作家・翻訳家)

「武田鉄矢」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「バカチンたちに捧げるバラード」2004.09〜2005.10→抜粋)構成:モリタタダシ
「武田鉄矢」解説/神足裕司(コラムニスト)

「赤塚不二夫」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「これでいいのだ!!」1994.06〜1995.12→抜粋)構成:高平哲郎
「赤塚不二夫」解説/リリー・フランキー(作家・イラストレーター)

「野坂昭如」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「神保町の父、かく宣まいき」1986.01〜1987.01→抜粋)構成:?
「野坂昭如」解説/リリー・フランキー(作家・イラストレーター)

「吉本隆明」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「悪人正機頁」1999.05〜2000.01→抜粋)構成:糸井重里
「吉本隆明」解説/糸井重里(コピーライター)

「遠藤周作」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「よろずぐうたら相談室」1974.01〜1974.10→抜粋)構成:?
「遠藤周作」解説/リリー・フランキー(作家・イラストレーター)

「宇梶剛士」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「既製品より不良品」2004.02〜2004.04→抜粋)構成:?
「宇梶剛士」解説/李闘士男(映画監督)

「松山千春」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「天下無敵」1996.12〜1999.04→抜粋)構成:佐々木徹
「松山千春」解説/神足裕司(コラムニスト)

「坂井三郎」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「大空に訊け!」1994.02〜1994.05→抜粋)構成:世良光弘
「坂井三郎」解説/劇団ひとり(芸人・作家)

「石原裕次郎」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「スーパーライヴ直伝」1981.05〜1981.12→抜粋)構成:?
「石原裕次郎」解説/劇団ひとり(芸人・作家)

「今東光」(初出:【週刊プレイボーイ】連載「極道辻説法」1975.09〜1977.08→抜粋)構成:清水聰
「今東光」解説/福田和也(評論家)
あとがき/山森利之(現【週刊プレイボーイ】編集長)




* * * * *

LPレコード 今東光:語り『極道辻説法』1977(CBSソニー)構成:清水聰
A-1「人間死んだらどこへ行くか。
    短小のなやみ。
    うちの子供は勉強ぎらい、どうしたら……。
    退屈な夫婦生活。」
A-2「明治の女と現代の女について。
    和尚の一生で一番印象に残った言葉。」
A-3「ドン底生活から立ち直るには。」
B-1「どうしたら親友ができるか。
    サラリーマン出世の秘訣。」
B-2「たくさんの女を知ることで男は磨きがかかるか。
    女にもてる方法。
    中尊寺の拝観料は高すぎる!」
B-3「美人の先生を口説く方法。
    男の生きがいとは何か。
    ガンの家系が心配で夜も眠れない。
    試験勉強のコツはないか。
    結び。」
ライナーノーツ/横尾忠則

LPレコード 今東光:語り『和尚の遺言 続・極道辻説法1977(CBSソニー)構成:清水聰
A-1「説法とは」
A-2「醜面の悩み」
A-3「将来の進路について(医者か画家か)」
A-4「結婚前に女を知るべきか」
A-5「ケンカに勝つ方法は」
A-6「もう一度政界で活躍してほしい」
B-1「酒乱の父を殺したい」
B-2「ガールフレンドの口説きかた」
B-3「若ハゲの悩み」
B-4「毛深い悩み」
B-5「どうしたら悔いのない人生を送れるか」
B-6「元気なムスコの処理方法は」
B-7「オナニーのしすぎが心配」
B-8「努力すればひとかどの人間になれるか」



?????????

PLAYBOY日本版編集部 編『PLAYBOY日本版 特別編集 プレイボーイ・インタビュー セレクテッド 比類ない人たちとの、極上の時間1990.10(集英社)
「PLAYBOYインタビュー 小田実」(初出:【月刊PLAYBOY】1975.10)
「PLAYBOYインタビュー 今東光」(初出:【月刊PLAYBOY】1976.10) 構成:清水聰?
「PLAYBOYインタビュー 村上龍」(初出:【月刊PLAYBOY】1976.11)
「PLAYBOYインタビュー 王貞治」(初出:【月刊PLAYBOY】1977.02)
「PLAYBOYインタビュー 立花隆」(初出:【月刊PLAYBOY】1977.03)
「PLAYBOYインタビュー 長島茂雄」(初出:【月刊PLAYBOY】1978.02)
「PLAYBOYインタビュー 落合信彦」(初出:【月刊PLAYBOY】1978.06)
「PLAYBOYインタビュー 高倉健」(初出:【月刊PLAYBOY】1978.07)
「PLAYBOYインタビュー 植村直己」(初出:【月刊PLAYBOY】1978.12)
「PLAYBOYインタビュー 堤義明」(初出:【月刊PLAYBOY】1979.02)
「PLAYBOYインタビュー 中内功」(初出:【月刊PLAYBOY】1979.11)
「PLAYBOYインタビュー 手塚治虫」(初出:【月刊PLAYBOY】1980.04)
「PLAYBOYインタビュー 田中清玄」(初出:【月刊PLAYBOY】1981.03)
「PLAYBOYインタビュー 糸井重里」(初出:【月刊PLAYBOY】1981.06)
「PLAYBOYインタビュー タモリ」(初出:【月刊PLAYBOY】1981.08)
「PLAYBOYインタビュー 丸山千里」(初出:【月刊PLAYBOY】1981.10)
「PLAYBOYインタビュー 田中角栄」(初出:【月刊PLAYBOY】1983.07)
「PLAYBOYインタビュー 坂本龍一」(初出:【月刊PLAYBOY】1983.08)
「PLAYBOYインタビュー 桑田佳祐」(初出:【月刊PLAYBOY】1983.12)
「PLAYBOYインタビュー 本田宗一郎」(初出:【月刊PLAYBOY】1984.03)
「PLAYBOYインタビュー 浅田彰」(初出:【月刊PLAYBOY】1984.08)
「PLAYBOYインタビュー 松任谷由実」(初出:【月刊PLAYBOY】1985.10)
「PLAYBOYインタビュー 久米宏」(初出:【月刊PLAYBOY】1985.11)
「PLAYBOYインタビュー 松田優作」(初出:【月刊PLAYBOY】1985.12)
「PLAYBOYインタビュー 吉永小百合」(初出:【月刊PLAYBOY】1986.02)
「PLAYBOYインタビュー 堤清二=辻井喬」(初出:【月刊PLAYBOY】1986.12)
「PLAYBOYインタビュー 土井たか子」(初出:【月刊PLAYBOY】1987.03)
「PLAYBOYインタビュー 清原和博」(初出:【月刊PLAYBOY】1987.04)
「PLAYBOYインタビュー 荒俣宏」(初出:【月刊PLAYBOY】1988.01)
「PLAYBOYインタビュー 景山民夫」(初出:【月刊PLAYBOY】1989.01)



柴田錬三郎『柴錬人生相談 キミはやれ、俺がやらせる』1968(集英社:プレイボーイ・ブックス
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「柴錬のプレイボーイ人生相談 キミはやれ、俺がやらせる」1966.11.15 創刊号〜1968?)

柴田錬三郎『柴錬人生相談 ズバリ問答無用』1969(集英社:プレイボーイ・ブックス
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「柴錬のプレイボーイ人生相談 キミはやれ、俺がやらせる」?〜1968〜1969.03)



柴田錬三郎『円月説法 柴錬のダンディズム指南1978.12(集英社)
「回答者の弁」
PART
PART
PART 。
PART 「
PART 」
円月流・星占い 
(ホロスコープ作成協力?:宝瓶宮黒人?)
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「円月説法 柴錬のダンディズム指南」1978.05.23〜1978.11.14)



?????????
?????????

今東光『毒舌日本史』1972.07(文藝春秋)#1996.08(文春文庫【こ-20-1】

今東光/聞き手:梶山季之『毒舌文壇史』1973(徳間書店)

今東光『毒舌心経』1976.05(実業之日本社)

今東光『毒舌 仏教入門 苦楽は一つなり1990.08(祥伝社:NON BOOK)
 #『毒舌・仏教入門』1993.03(集英社文庫【こ-9-2】
(初出?:【月刊PLAYBOY】1978.10「今東光一周忌特別企画/一世一代の名スピーチ『戸津説法』貴重録音テープ全文公開」横尾忠則:イラスト)



柴田錬三郎『柴錬 艶笑エッセイ 女どもと俺』1970(集英社:プレイボーイ・ブックス

柴田錬三郎『柴錬 艶笑エッセイ 続 女どもと俺』1970(集英社:プレイボーイ・ブックス



柴田錬三郎/岩田専太郎 画『どうでもいい事ばかり』1974.03(集英社)
(初出:【夕刊フジ】連載「どうでもいい事ばかり」1973.07.17〜1973.12.09)

柴田錬三郎『眠堂醒話 地べたから物申す』
(初出:【中央公論】連載「眠堂醒話」1974〜1975)

柴田錬三郎『柴田錬三郎選集 第18巻 随筆・エッセイ集1990.08(集英社)
『どうでもいい事ばかり』抄 #(『どうでもいい事ばかり』の一部を抜粋)
『地べたから物申す』収録


 #柴田錬三郎『地べたから物申す』1995.11(集英社文庫【し-1-38】
 #(『地べたから物申す』の一部+『どうでもいい事ばかり』の一部を抜粋・再編集)

 #柴田錬三郎『柴錬ひとりごと』2003.11(中公文庫【し-8-3】
 #(『どうでもいい事ばかり』の一部+新潮社『地べたから物申す』の一部+『柴田錬三郎選集 第18巻』の一部を含めて再編集)



!!!!!!!!!

島地勝彦『乗り移り人生相談 柴田錬三郎・今東光・開高健、降臨!!2010.03(講談社)



→(参考)遠藤周作『君たちの悩みにまじめにお答え致します』1975.03(集英社)
     
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「よろずぐうたら相談室」1974.01〜1974.10)

     
遠藤周作『身上相談』1975.05(毎日新聞社)
      #
遠藤周作『小説 身上相談』1978.04(文春文庫【120-3】
     
(初出:【サンデー毎日】連載「身上相談」1974.06.23〜1975.03.23)

     
岡本太郎『人生相談・にらめっこ問答』1980.04(集英社)
     
岡本太郎『人生は夢 人生相談・にらめっこ問答』1981.07(集英社)
     
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「岡本太郎の原色の眼・人生相談 にらめっこ問答」1979.01〜1981.04)
      #
岡本太郎『太郎に訊け! 岡本太郎流爆発人生相談』2001.05(青林工藝舎) #(『にらめっこ問答』前半部分を再編集)
      #
岡本太郎『太郎に訊け!2 岡本太郎流熱血人生相談』2001.07(青林工藝舎) #(『にらめっこ問答』後半部分+『人生は夢』前半部分を再編集)
      #
岡本太郎『太郎に訊け!3 岡本太郎流激突人生相談』2001.09(青林工藝舎) #(『人生は夢』後半部分を再編集)

      #
岡本敏子 編著『芸術は爆発だ! 岡本太郎痛快語録』1999.11(小学館文庫【Rお-12-1】) #(『にらめっこ問答』?の一部から抜粋・引用)

     
石原裕次郎『太陽の神話 体験的人生問答』1982.08(集英社)
     
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「元祖太陽族・人生問答 石原裕次郎のスーパーライヴ直伝」1981.05.19〜1981.12.08〜1981.12)

     
開高健『風に訊け ライフスタイル・アドバイス』1984.12(集英社)
      #
開高健『風に訊け ライフスタイル・アドバイス』1986.06(集英社文庫【122-D】
     写真:立木義浩/コピーライト:菊谷匡祐/装丁・レイアウト:江島任
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「開高健のライフスタイル・アドバイス 風に訊け」1982.06.15〜1982)
     
開高健『風に訊け2 ライフスタイル・アドバイス』1985.09(集英社)
      #
開高健『風に訊け ザ・ラスト』2003.10(集英社文庫【か-5-11】
     写真:立木義浩/コピーライト:菊谷匡祐/装丁・レイアウト:江島任
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「開高健のライフスタイル・アドバイス 風に訊け」1983.11.08〜1985.09.10〜1985?)

     
半村良『人生ごめんなさい』1984.01(集英社)
     
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「半村良の人情説話問答・人生ごめんなさい」1983.01.01 第1号〜1983.05.10 第20号)

     
『さまざまな風に訊け 各界有名21人の金言名言アドバイス』1985.02(集英社)
     横山やすし「ボートに訊け」
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     タモリ「訊いていいとも!」
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     千昌夫
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     山本晋也
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     江本孟紀
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     落合信彦
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     荒木経惟
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     C・W・ニコル
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     アントニオ・猪木
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け@」1983.06.07 第24号)
     立木義浩
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     内藤陳「訊かずに死ねるか!」
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     落合博満
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     たこ八郎
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     青木功
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     横尾忠則
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     愛染恭子
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     五月みどり
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     田村隆一
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     岡崎聡子
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     大屋政子
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)
     小田実「何でも、訊け」
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「リレー人生相談 さまざまな風に訊け」1983)


     赤塚不二夫『赤塚不二夫の「これでいいのだ!!」人生相談』
1995.12(集英社)
      #
赤塚不二夫『人生これでいいのだ!!』1999.02(集英社文庫【あ-34-1】
     協力:高平哲郎
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「赤塚不二夫の人生相談「これでいいのだ!!」」1994.06.21〜1995.12.05〜1995.12)

     
松山千春『松山千春の人生相談 天下無敵』1997.11(集英社)
     
松山千春『松山千春の人生相談 天下無敵2』1999.05(集英社)
     構成:佐々木徹
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「松山千春の人生相談・天下無敵」1996.11.26〜1999.05.04)

     
松山千春『第2巻 SAGA 夏 〜人物論〜』2005.01(扶桑社SPA!文庫【ま-12-2】)構成:佐々木徹
     「文庫版まえがき・夏を語る」
     「第三章 人生相談 天下無敵」
(初出:アミューズブックス【月刊松山 SAGA】連載「人生相談・天下無敵」第5号 2001.06〜第12号 2002.02)収録

     
坂井三郎/世良光弘 編『大空に訊け! 戦いに勝つための至言集』2000.12(光人社)
     
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「坂井三郎の大空に訊け!!」1994.02〜1994.05)

     
吉本隆明/聞き手:糸井重里『悪人正機 Only Is Not Lonely』2001.06(朝日出版社:カルディア・ブックス)
      #
話し手:吉本隆明/聞き手:糸井重里『悪人正機』2004.12(新潮文庫【よ-20-2】
     
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「吉本隆明・悪人正機頁」1999.05.11&18〜2000.01.01&11)

     
松本人志『松本人志の人生相談 プレイ坊主』2002.12(集英社)
     構成:麻生香太郎
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「松本人志の人生相談・プレイぼーず」2000.05.23〜2001.10.16)

     
アントニオ猪木『アントニオ猪木の人生相談 風車の如く』2003.02(集英社)
     構成:Show(大谷泰顕)
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「アントニオ猪木の人生相談・風車の如く」2001.10.23 第43号〜2002.12.03 第49号)

     
武田鉄矢『武田鉄矢の人生相談 バカチンたちに捧げるバラード』2005.07(集英社)
     構成:モリタタダシ
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「武田鉄矢の人生相談・バカチンたちに捧げるバラード」2004.09.21 第38号〜2005.07.05 第27号)

     
宇梶剛士『転んだら、どう起きる? 壁を打ち破る人生論』2006.08(大和書房)
     
(書き下ろし/【週刊プレイボーイ】連載「宇梶剛士の人生相談・既製品より不良品」2004.02〜2004.04→再構成?)

     
リリー・フランキー『リリー・フランキーの人生相談』2009.10(集英社)
     構成:吉田豪
(初出:【週刊プレイボーイ】連載「エロ話だっていいじゃないか!」2006.05〜2008)

     
瀬戸内寂聴『寂聴辻説法』2010.06(集英社インターナショナル/集英社)
     構成:中村裕





このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ



星新一『きまぐれフレンドシップ』1980.03(奇想天外社)
 #『きまぐれフレンドシップ PART2』1986.01(集英社文庫【230-B】 #(『きまぐれフレンドシップ』後半部分を再編集)
『カンタン刑』書評/「式 貴士 ──あれよあれよの面白さ」(初出:【週刊文春】1979.05.24+書き下ろし)収録
 #(CBSソニー出版『カンタン刑』オビ推薦文(重版のみ)に一部抜粋)
 #(『ヘッド・ワイフ』「アンタッチャブル/短いあとがき」→「日本一長いあとがき」に一部抜粋)
 #(再々編集版『きまぐれフレンドシップ PART2』1989.04(新潮文庫【ほ-4-42】)には未収録)

星新一『きまぐれ読書メモ』1981.06(有楽出版社/実業之日本社)
『カンタン刑』書評(初出:【奇想天外】連載「きまぐれ読書メモ」1979.07)収録



阿刀田高『脳味噌通信』1981.08(時事通信社)
 #『まじめ半分』1984.10(角川文庫【緑 五七六 -2-】
「小説の題名」(初出:【週刊時事】連載「脳味噌通信」?/1980?)収録(式貴士「カンタン刑」に言及)



東京アートディレクターズクラブ 編『年鑑広告美術 1981』1981.12(美術出版社)
今井俊展/『カンタン刑』(CBSソニー出版・1979.05)『イースター菌』(CBSソニー出版・1979.10)『連想トンネル』(CBSソニー出版・1980.05)装画収録



呉智英『インテリ大戦争』1982.03(JICC出版局)#1995.02(洋泉社)
「趣味としての摘発 ──誤記・誤字・誤植をあげつらう」収録(間羊太郎「へんな学校」にすべからく言及)



小松左京『小松左京の SFセミナー』1982.06(集英社文庫【32-K】
「第四講 花ざかり、日本のSF」収録(式貴士に1行分だけ言及)



伊藤典夫 責任編集『世界のSF文学総解説 増補改訂版1982.09(自由国民社)
深萱進之助/『カンタン刑』作品解説収録



大谷羊太郎『死の部屋でギターが鳴った』1982.11(徳間文庫【132-2】
二上洋一/解説収録(大谷羊太郎ペンネームの由来として間羊太郎『ミステリ博物館』および式貴士に言及)

大谷羊太郎『長編サスペンス小説・書下ろし ダブル・フェイス』1984.10(光文社文庫【お-2-1】
二上洋一(文芸評論家)/解説収録(大谷羊太郎ペンネームの由来として間羊太郎に言及)



椎名誠『赤眼評論』1984.02(文藝春秋)#1987.03(文春文庫【334-2】
「めくそみみくそはなくそ」(初出:【オール讀物】連載「全日本賛否両論型録」?/1982〜1983?)収録(式貴士「カンタン刑」に言及)



内藤陳『読まずば二度死ね!』1985.09(集英社)#1988.01(集英社文庫【227-B】
「読書日記1983/3 第1回日本冒険小説協会大賞発表!!」(初出:【月刊PLAYBOY】1983.06)収録(日本冒険小説協会会員として式貴士の名前だけ登場)
「著者名索引」



かんべむさし『むさし日曜笑図鑑』1985.10(新潮文庫【か-15-1/422-1】
「あとがき考」(初出:【大阪新聞 日曜版】連載「えんぴつDJ・日曜巷談」最終回 1985.04)収録(式貴士「長いあとがき」に言及)



館淳一『姦られる』1985.12(マドンナ社:マドンナメイト文庫【た1-1】/二見書房)
関口苑生/解説「館淳一について僕が知っている二、三の事柄」収録(蘭光生のエピソードを紹介)



文藝春秋 編『東西ミステリーベスト100』1986.12(文春文庫【217-13】
(集計結果発表:【週刊文春】1985.08.29〜1985.09.05)

「週刊文春」編集部 編『週刊文春 傑作ミステリー・ベスト10 ─最強の300冊─1996.09(NESCO/文藝春秋)

週刊文春 編『傑作ミステリーベスト10 20世紀総集完全保存版2001.05(文春文庫+PLUS【P50-5】



仁賀克雄『海外ミステリ・ガイド』1987.03(ソノラマ文庫:海外シリーズ・別巻)
「〈付表〉五、海外ミステリ・ファン・クラブ紹介」(ワセダ・ミステリ・クラブ「マスコミ界で活躍中のOB(会員)名」として式貴士の名前だけ登場)



横田順彌 編『SFなんでも講座』1987.11(草土文化:ジュニアSF選・別巻)
會津信吾/「日本のSFの歴史/雑誌・文庫全盛期」収録(式貴士に1行分だけ言及)



竹内博 編『OHの肖像 〜証言構成 大伴昌司とその時代〜1988.10(飛鳥新社)
取材協力:式貴士



夢枕獏 ほか「奇想天外」傑作選 てめえらそこをどきやがれ!』1988.12(大陸書房:TAIRIKU NOVELS)
伊藤典夫/解説「雑誌『奇想天外』小史」収録(式貴士に1行分だけ言及)



星新一 ほか『占いミステリー傑作選』1989.05(河出文庫【226-A】
新保博久/解説「易占トリックはお好き?」収録(式貴士=ウラヌス星風に言及)

新保博久『推理百貨店 本館』1989.08(冬樹社)
「花のミステリ 13 SFの中の植物」(初出:【グリーン日本】1980.08)収録(式貴士「マスカレード」に言及・引用あり)

新保博久『推理百貨店 別館』1989.08(冬樹社)
「易占トリックはお好き?」(初出:河出文庫『占いミステリー傑作選』1989.05/解説)収録(式貴士=ウラヌス星風に言及)
「索引」

新保博久『日本ミステリ解読術』1996.03(河出書房新社)
「新保博久解説本リスト」(現代教養文庫『ミステリ百科事典』の書名を掲載、『占いミステリー傑作選』の書名も)



プランニングOM 編『トイレは笑う 歴史の裏側・古今東西1990.03(TOTO 出版)
 #『トイレで笑える雑学の本』1997.05(講談社+α文庫【E 10-1】著作:古川愛哲
「これは意外! トイレ用品/フィンガーボール
「世界のビックリ・トイレ/
移動水洗式トイレ」ほか収録(参考資料:小早川博『トイレで読む本』)



中井清美『わたしのエロ本考察 寂しい男と悲しい女1994.09(柘植書房)
(蘭光生作品に多く言及・『淫鎖』→「終わりなき肉祭」
                →「情熱の淫舞」
            『生贄ロリータ』
            『レイプ・レイプ・レイプ』→「レイプ宅配便」
                         →「女教師孕み腹地獄」
            『肉牢』
からの引用多数



鏡明 編『日本SFの大逆襲!』1994.11(徳間書店)
森下一仁/「日本SFの歩み」収録(式貴士に1行分だけ言及)



土屋隆夫『傑作推理小説 寒い夫婦』1995.02(光文社文庫【つ-2-15】
権田萬治(文芸評論家)/解説収録(間羊太郎『ミステリ博物館』に言及、一部引用)



『性メディアの50年 欲望の戦後史ここに御開帳!1995.12(宝島社:別冊宝島【240】
北原童夢「ポルノ小説、不滅の論理方程式!」収録(蘭光生作品に言及)



北村薫『謎物語 あるいは物語の謎1996.05(中央公論社)#1999.05(中央公論新社:中公文庫【き-26-1】)#2004.10(角川文庫【き-24-6】
「第二回 トリックについて(続き)わたしの好きな仕掛け」(初出:【小説中公】連載「謎物語」1995.02)収録(間羊太郎『ミステリ百科事典』に言及)
「書名索引」

北村薫『謎のギャラリー』1998.07(マガジンハウス)
 #『謎のギャラリー 名作博 本館2002.02(新潮文庫【き-17-3】 #(マガジンハウス版を加筆訂正)
「第六会場 謎解き物語について/第四室」(初出:【鳩よ!】連載「謎のギャラリー」1998.01「謎解き物語について その4」)収録(間羊太郎『ミステリ百科事典』に言及)
「索引(書名・作品名)」

北村薫 編『謎のギャラリー 特別室1998.11(マガジンハウス)
解説「第七会場 収録作品について」収録(間羊太郎『ミステリ博物館』に言及)
北村薫 編『謎のギャラリー 特別室。1999.05(マガジンハウス)
解説「第八会場 収録作品について」収録(間羊太郎『ミステリ百科事典』に言及)
 #(北村薫 編『謎のギャラリー 特別室』1998.07(マガジンハウス)には言及ナシ)
 #(北村薫 編『謎のギャラリー 最後の部屋』1999.05(マガジンハウス)には言及ナシ)

 #『謎のギャラリー 謎の部屋2002.02(新潮文庫【き-17-4】 #(マガジンハウス版・全4巻を全3巻に再編集)
解説対談/宮部みゆき:北村薫「『謎の部屋』の愉しみ」収録(間羊太郎『ミステリ百科事典』に言及)
 #『謎のギャラリー こわい部屋2002.03(新潮文庫【き-17-5】 #(マガジンハウス版・全4巻を全3巻に再編集)
解説対談/宮部みゆき:北村薫「『こわい部屋』の愉しみ」収録(間羊太郎『ミステリ百科事典』に言及)
 #(再編集版『謎のギャラリー 愛の部屋』2002.03(新潮文庫【き-17-6】)には言及ナシ)

北村薫『ミステリは万華鏡』1999.05(集英社)#2002.09(集英社文庫【き-13-1】)#2010.03(角川文庫【き-24-7】
「第14章 《73》の謎」(初出:【小説すばる】連載「ミステリは万華鏡」1998.12)収録(間羊太郎『ミステリ博物館』(『ミステリ百科事典』)に言及、一部引用)
「第15章 仕事の鬼」(初出:【小説すばる】連載「ミステリは万華鏡」1999.01)収録(間羊太郎『ミステリ百科事典』に言及)
「書名索引」



綾辻行人『アヤツジ・ユキト 1987─1995』1996.05(講談社)
 #1999.06(講談社文庫【あ-52-9】
 #『アヤツジ・ユキト 1987─1995 復刻版2007.08(講談社)
アンケート回答/「あなたにとって「恐怖」とは?」(初出:【野性時代】1993.11+書き下ろし脚註)収録(式貴士「カンタン刑」に言及)
 #(光文社文庫『カンタン刑』解題(五所光太郎)に一部抜粋)

綾辻行人『セッション 綾辻行人対談集1996.11(集英社)#1999.11(集英社文庫【あ-37-2】
鼎談/綾辻行人:瀬名秀明:篠田節子「SESSION8 with 瀬名秀明 and 篠田節子」(初出:【ダ・ヴィンチ】1996.05「ミステリーな人々のちょっぴりホラーな座談会」)収録(瀬名秀明が式貴士「カンタン刑」および蘭光生に言及)

綾辻行人『殺人鬼  逆襲篇1997.02(新潮文庫【あ-36-3】
東雅夫/解説収録(式貴士『カンタン刑』に言及、綾辻行人「あなたにとって「恐怖」とは?」にも言及)
 #(綾辻行人『殺人鬼  逆襲篇』1993.10(双葉社)には解説未収録)
 #(綾辻行人『殺人鬼  逆襲篇』1995.08(双葉社:FUTABA NOVELS)にも解説未収録)



「宇宙塵40年史」編集委員会 編『塵も積もれば  宇宙塵40年史1997.11(出版芸術社)
 #『塵も積もれば  宇宙塵40年史改訂版 いつまでも前向きに』2006.12(宇宙塵)



清水義範『青二才の頃 回想の'70年代1999.09(講談社)#2003.05(講談社文庫【し-31-28】
「やっとデビュー作が世に出る」(初出:【週刊現代】連載「あの頃ボクも若かった」1998.03.21)収録(式貴士『カンタン刑』に少し言及)



『おすすめ文庫王国 '99』1999.12(本の雑誌社:本の雑誌増刊)
日下三蔵「〈これを文庫にしろ!〉埋もれた名作はたくさんあるぞ」収録(式貴士作品に言及)
 #(光文社文庫『カンタン刑』解題(五所光太郎)に一部抜粋)

権田萬治:新保博久 監修『日本ミステリー事典』2000.02(新潮社:新潮選書)
日下三蔵/【間羊太郎】人物解説収録



仙田弘『総天然色の夢』2000.11(本の雑誌社)
「サドマゾ入門」収録(蘭光生らしき人物?に言及)



『戦後セクシー雑誌大全 実話と画報・篇2001.10(まんだらけ出版:あかまつ別冊【01】
井上ヒトシ:竹内さおり「21世紀に残したいエロ雑誌50 昭和艶楽館/第23話・エロの新表現を模索する鋼鉄の騎士」(初出:【S&Mスナイパー】1998.03)収録(【えろちか】評で蘭光生に一行分だけ言及)



高橋源一郎官能小説研究会 編『この官能小説がスゲェ!』2002.01(KKベストセラーズ)
「ジャンル別作品群/レイプ」(蘭光生『人妻官能検査 凌辱魔の肉奴』からの抜粋あり)
「ベスト・セレクション50 Part.2[25人+1]/蘭光生」(蘭光生『人妻官能検査 凌辱魔の肉奴』等からの抜粋あり)収録
「ブック・リスト」



小森収『小森収インタビュー集 はじめて話すけど…』2002.07(フリースタイル)
石上三登志へのインタビュー「札つきファンのミステリの接し方 評論家への足どり」収録(間羊太郎ほか「ある作家の周囲」に言及)



宮部みゆき 編『贈る物語 Terror2002.11(光文社)
 #宮部みゆき 編『贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き2006.12(光文社文庫【み-13-7】
編者解説/宮部みゆき「COFFEE BREAK 2」収録(現代教養文庫・間羊太郎『ミステリ百科事典』に言及)



鯨統一郎『ミステリアス学園 本格推理小説2003.03(光文社:カッパ・ノベルス)#2006.04(光文社文庫【く-10-4】
第一話「本格ミステリの定義」
第二話「トリック」
第三話「嵐の山荘」
第四話「密室講義」
第五話「アリバイ講義」
第六話「ダイイング・メッセージ講義」
最終話「意外な犯人」

(初出:季刊【GIALLO】連載「ミステリアス学園」第4号 2001.夏号〜第10号 2003.冬号)(参考文献:社会思想社・間羊太郎『ミステリ百科事典』)
#解説/乾くるみ(作家) #(文庫版のみ)(間羊太郎『ミステリ百科事典』に言及)

本格ミステリ作家クラブ 編『本格ミステリ 03 二〇〇三年本格短編ベスト・セレクション2003.06(講談社ノベルス【ホA-03】
 #本格ミステリ作家クラブ 編『論理学園事件帳 本格短編ベスト・セレクション2007.01(講談社文庫【ほ-31-5】
鯨統一郎「ミステリアス学園」(初出:季刊【GIALLO】第9号 2002.秋号「第六話/ダイイング・メッセージ講義」)収録



唐沢俊一『裏モノ日記』2003.09(アスペクト)
(式貴士に言及)



ミステリー文学資料館 編『甦る推理雑誌H 「別冊宝石」傑作選』2003.11(光文社文庫【み-19-19】
山前譲 編「「別冊宝石」総目次」(間羊太郎「宮野村子さんへ」のタイトルを掲載)
山前譲 編「「別冊宝石」作者別作品リスト」(間羊太郎「宮野村子さんへ」のタイトルを掲載)

ミステリー文学資料館 編『甦る推理雑誌I 「宝石」傑作選』2004.01(光文社文庫【み-19-20】
山前譲 編「「宝石」作者別作品リスト」(間羊太郎「香山滋論」「ミステリ百科事典」「有馬頼義論」のタイトルを掲載)



SFマガジン編集部 編『SFが読みたい! 2007年版2007.02(早川書房)
川又千秋(作家)/「マイ・ベスト5[国内篇]アンケート全回答」(間羊太郎『ミステリ百科事典』を1位に! 式貴士にも言及)
「2006年度◎SF関連書籍目録 書評外作品・周辺書リスト」
「2006年度◎SF関連書籍目録 著者名索引」
「2006年度◎SF関連書籍目録 書名索引」




日下三蔵『日本SF全集・総解説』2007.11(早川書房)
「[第3期]第10巻/式貴士」(初出:【SFマガジン】連載「日本SF全集[第三期]」2005.10「連載●14『第十巻 式貴士』」→加筆訂正)収録
「日本SF全集[第1〜3期]収録作品・底本一覧」

→(参考)日下三蔵 選『日本SF全集[第3期]第10巻/式貴士』ラインナップ
     「Uターン病」
     「窓鴉」
     「東城線見聞録」
     「イースター菌」
     「マスカレード」
     「連想トンネル」
     「見えない恋人」
     「吸魂鬼」
     「ヘッド・ワイフ」
     「怪奇日蝕」
     「血の海」
     「われても末に」
     「時の雫」
     「天虫花」
     「カンタン刑」
     「涸いた子宮」
     「チンポロジー」
     「首吊り三味線」
     「海の墓」
     「マイ・アドニス」
     「スカトロ・エレジー」
     「犬が嗤う」
     「肉の蝶」
     「面影抄」
     「夢の子供」
     「鉄輪の舞」
     『虹のジプシー』



SFマガジン編集部 編『SFが読みたい! 2009年版2009.02(早川書房)
川口晃太朗(編集者・レビュアー)/「マイ・ベスト5[国内篇]全アンケート回答」(光文社文庫『カンタン刑』に言及)
「2008年度/SF関連書籍目録 Japan」
「2008年度/SF関連書籍目録 著者名索引」
「2008年度/SF関連書籍目録 書名索引」




金原瑞人『翻訳のさじかげん』2009.03(ポプラ社)
「タロットをめぐる「大論争」」
「タロット、ふたたび」収録
(ウラヌス星風×種村季弘の論争に深く言及、「タローカード入門」から一部引用)



※※※※※※※※※

姫野カオルコ『ガラスの仮面の告白』1990.05(主婦の友社)#1992.09(角川文庫【ひ-8-1】
「虹にねがいを」(『極道辻説法』に投稿、掲載された過去を告白)
「レモンとサクランボ」
(柴田錬三郎についての相談を『極道辻説法』に投稿、今東光の回答についても言及)収録



清水義範『主な登場人物』1991.05(実業之日本社)#1994.05(角川文庫【し-11-6】
「問題は何ですか」(初出:【小説奇想天外】1990.02)収録(『極道辻説法』のパスティーシュあり)



松浦理英子『おぼれる人生相談』1998.12(角川書店)#2001.04(角川文庫【ま-19-1】
「後書き」収録(『極道辻説法』に言及)



爆笑問題『爆笑問題の世紀末ジグソーパズル』1999.12(集英社)#2001.08(集英社文庫【は-29-1】
「あとがき」収録(太田光が『極道辻説法』に言及)

爆笑問題『爆笑問題の死のサイズ』2000.06(扶桑社)
 #『爆笑問題の死のサイズ普x2002.07(扶桑社文庫【は-6-2】 #(『爆笑問題の死のサイズ』後半部分を再編集)
「毒舌一代 ● 今東光」収録(太田光が『極道辻説法』に深く言及)




このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ



企画:間羊太郎/構成とえ:秋吉 巒/参考図書:小栗虫太郎『人外魔境』(桃源社)
SF恐怖特集 人外大魔境」(巻頭グラビア)(【週刊少年キング】1969.03.09 第11号)
湖上の魔神殿(『人外魔境』原作)
巨獣の塩地獄(『有尾人』原作)
奇獣の楽園峡(『畸獣楽園』原作)
暗黒の水蛇城(『大暗黒』原作)
魔海の奇岩墓地(『人外魔境』原作)
太平洋漏水孔(『「太平洋漏水孔」漂流記』原作)
アマゾンの化木人(『第五類人猿』原作)
水生人の沼(『水棲人』原作)



(関連記事)企画構成:大伴昌司/絵:柳柊二
       「完全カラー画報 大秘境 ─怪奇と幻想の世界─ 香山滋のふしぎな世界」
(巻頭グラビア)(【週刊少年マガジン】1969.02.16 第8号)

       
『復刻「少年マガジン」カラー大図解 ヴィジュアルの魔術師・大伴昌司の世界』
       「香山滋のふしぎな世界 大秘境」

       
柳柊二 画/大橋博之 編『柳柊二 怪奇画帖』2006.12(ラピュータ)

(関連記事)監修:中島河太郎/企画構成:大伴昌司/絵:小松崎茂、生頼範義 ほか
       「完全カラー画報 大魔境 ─神秘の怪世界─ 小栗虫太郎の世界」
(巻頭グラビア)(【週刊少年マガジン】1969.04.06 第15号)

(関連記事)監修:中島河太郎/企画構成:大伴昌司/絵:会津久三
       「完全カラー画報 妖異パノラマ館 江戸川乱歩の怪美な世界」
(巻頭グラビア)(【週刊少年マガジン】1969.06.15 第25号)


(関連記事)構成:斎藤守弘/絵:石原豪人
       「怪奇恐怖特集 大魔境人」
(巻頭グラビア)(【週刊少年キング】1969.04.27 第18号)

       中村圭子 編『石原豪人 「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター』
2004.07(河出書房新社)
       「化木人」(村上信彦『永遠の植物』原作)




?????????

【週刊少年キング】連載「人外魔境シリーズ」企画:間羊太郎?

手塚治虫/虎人境(1969.08.03 第32号) #再録(虫プロ商事【ベストコミック〈手塚治虫大特集〉】1971.06&07)
水木しげる/化木人のなぞ(小栗虫太郎『人外魔境/第五類人猿』原作)(1969.08.10 第33号)
桑田次郎/水せい人(小栗虫太郎『人外魔境/水棲人』原作)(1969.08.17 第34号)
横山光輝/大暗黒(小栗虫太郎『人外魔境/大暗黒』原作)(1969.08.24 第35号)
手塚治虫/黄色魔境(1969.08.31 第36号)
松本零士/有尾人(小栗虫太郎『人外魔境/有尾人』原作)(1969.09.07 第37号) #再録(【週刊少年キング】1979.09.13 増刊号)
桑田次郎/人類ならぬ人間(小栗虫太郎『人外魔境/火礁海』原作)(1969.09.14 第38号)


【週刊少年キング】連載「江戸川乱歩・恐怖シリーズ」企画:間羊太郎?/企画協力:東京12チャンネル《江戸川乱歩シリーズ・明智小五郎》

横山光輝/白髪鬼(江戸川乱歩『白髪鬼』原作)(連載 1970.04.05 第15号〜1970.05.10 第20号)
桑田次郎/地獄風景(江戸川乱歩『地獄風景』原作)(連載 1970.05.17 第21号〜1970.06.07 第24号)
古賀新一/屋根裏の散歩者(江戸川乱歩『屋根裏の散歩者』原作)(連載 1970.07.19 第30号〜1970.08.09 第33号)
石川球太 と Qプロダクション(藤堂貞夫:谷ジロー)/人間椅子(江戸川乱歩『人間椅子』原作)(連載 1970.08.16 第34号〜1970.08.23 第35号)
石川球太 と Qプロダクション(藤堂貞夫:谷ジロー)/芋虫(江戸川乱歩『芋虫』原作)(1970.08.30 第36号)
石川球太 と Qプロダクション(藤堂貞夫:谷ジロー)/白昼夢(江戸川乱歩『白昼夢』原作)(1970.09.06 第37号) #再録(【ヤングキング】2008.08.14 増刊号『ハルマン』Vol.1)
石川球太 と Qプロダクション(藤堂貞夫:谷ジロー)/お勢地獄(江戸川乱歩『お勢登場』原作)(1970.09.13 第38号)



手塚治虫『大海洋冒険コミックス 海のトリトンC』1973.04(秋田書店:サンデーコミックス【SC-259】
「黄色魔境」

手塚治虫『SF★ファイブ』1978.01(大都社:STAR COMICS【28】)#1989.08(大都社:STAR COMICS)
「虎人境」
「黄色魔境」


手塚治虫『大暴走』1981.07(講談社:手塚治虫漫画全集【MT66】
 #『大暴走』1996.10(秋田文庫【1-50】 #(手塚治虫漫画全集版を再編集)
「虎人境」
「黄色魔境」

あとがき/手塚治虫 #(文庫版未収録)
#解説/鈴木輝一郎(秋田文庫版のみ)


手塚治虫『手塚治虫恐怖短編集B 消滅の世界編2001.06(講談社漫画文庫【て1-21】
「黄色魔境」
解説/藤野千夜「それでも夢がある」

手塚治虫『手塚治虫 THE BESTP 新・聊斎志異2001.11(集英社:ジャンプコミックス)
「虎人境」

手塚治虫『手塚治虫怪奇短編集 夜よさよなら2004.04(講談社:KPC 講談社プラチナコミック【KPC-209】
「虎人境」
「黄色魔境」


手塚治虫『手塚治虫怪奇短編集B 忘却の彼方の真実編2004.11(講談社漫画文庫【て1-42】
「虎人境」
解説/水野英子「未来の黄金の空」


水木しげる『妖怪水車』1971.09(朝日ソノラマ:サンコミックス【SCM-170】
「化木人のなぞ」

水木しげる『人面草 水木しげる短編傑作集《恐怖編》1985.05(朝日ソノラマ:サンワイドコミックス)
「化木人のなぞ」

水木しげる/呉智英 編愛蔵版・水木しげる作品集@ 異界への旅』1990.05(中央公論社)
 #水木しげる作品集 異界への旅@』1996.11(中公文庫コミック版【Cみ1-1】 #(『愛蔵版・異界への旅』を再編集)
 #水木しげる妖怪傑作選@ テレビくん』2007.11(中公文庫コミック版【Cみ1-14】 #(『愛蔵版・異界への旅』を再編集・新装版)
「化木人のなぞ」
編者解説/呉智英「この世の確からしさへの懐疑」(文庫版では加筆/週刊少年キング巻頭グラビア「人外大魔境」にも言及)


桑田次郎『桑田次郎名作選D 大魔境』1980.02(朝日ソノラマ:サンコミックス【559】
「大魔境」(初出:【別冊冒険王】1969.11 秋季号/原題「呪われた森」)
「地獄風景」
「人外魔境
 ─人ならぬ人─(「人類ならぬ人間」改題)

桑田次郎『SF大傑作短篇集 人外魔境』1981.01(東京三世社:マイコミックス)
「人外魔境 ─水棲人─(「水せい人」改題)
「手の中の顔」(初出:【別冊少年キング】1968.04)
「殺人許可証」(初出:【週刊少年キング】1969.07.13 第29号)
「カミさまのおなら」(初出:【少年少女SFマンガ競作大全集 PART7】1980.09)
「八十万年後の世界」(H・G・ウェルズ『タイムマシン』原作)(初出:【ぼくら】1969.04/原題「タイムマシン」)
「西はどっち?」(初出:【別冊アニメージュ リュウ】Vol.7 1980.09)
「同胞(はらから)(初出:【プレイコミック増刊号】1970)

桑田次郎『桑田次郎SF短編傑作集 悪夢の使者』2005.08(マンガショップ:マンガショップシリーズ【28】
「悪夢の使者」(初出:【月刊マンガ少年増刊号】1978.11)
「人外魔境 水棲人
「人外魔境 人ならぬ人
「大魔境」
「暗闇の眼」(初出:【別冊少年マガジン】1969.08+1969.09)
「地獄からきた少年」(初出:【別冊少年キング】1971.03)
「八十万年後の世界」
「カミサマのおなら」
「西はどっち?」


横山光輝『原作・江戸川乱歩/小栗虫太郎 白髪鬼』2008.03(講談社漫画文庫【よ1-90】
「白髪鬼」
「大暗黒」
「魔界地帯」(初出:【別冊少年マガジン】1972.01)
「邪神グローネ」(初出:【小学六年生】1977.09+1977.10)
「俺はだれ?」(初出:【月刊プレイコミック】1980.04)



手塚治虫:水木しげる:横山光輝:松本零士:桑田次郎『ホラーコミック傑作選 第4集 人外魔境』1999.12(角川ホラー文庫【H601-15】
手塚治虫「虎人境」
水木しげる「化木人のなぞ」
横山光輝「大暗黒」
手塚治虫「黄色魔境」

松本零士「有尾人の夢」(初出:【プレイコミック】1975.09.13)
桑田次郎「人類ならぬ人間」
カバー表4コピー/(無署名)#もしかして?



横山光輝:桑田次郎:古賀新一『ホラーコミック傑作選 第5集 江戸川乱歩・原作 白髪鬼』2000.03(角川ホラー文庫【H601-16】
横山光輝「白髪鬼」
桑田次郎「地獄風景」

古賀新一「陰獣」(江戸川乱歩『陰獣』原作)(初出:講談社:コミックノベルス No.8『陰獣・人でなしの恋』1984.04)



?????????
?????????

【週刊少年マガジン】不定期連載「橘外男シリーズ」企画:?

さいとう・たかを/チャブロ原人境(橘外男『死の蔭探検記』原作)(1969.01.12 第3号)
大倉元則/ベイラの獅子像(橘外男『ベイラの獅子像』原作)(1969.03.16 第12号)
阿部兼士/感動怪奇劇画 女豹ドクター(橘外男『女豹の博士』原作)(1969.04.06 第15号)
池上遼一/海洋怪奇まんが ウニデス潮流のかなた(橘外男『ウニデス潮流の彼方』原作)(連載 1969.04.13 第16号〜1969.04.20 第17号)
???【覆面作家】/人を呼ぶ湖(橘外男『人を呼ぶ湖』原作)(連載 1969.05.18 第21号〜1969.05.25 第22号)



さいとう・たかを『劇画座招待席N チャブロ原人境』1982.02(リイド社:SPコミックス)
「チャブロ原人境」
「野ざらし鳴弦」
「バラのTRIGGER」
(初出:【プレイコミック】1979)
「砂を咬む野郎ども」
(初出:東京トップ社【刑事】1965)
「こんばんはチャミーちゃん」
(初出:【 】1974)
「虚空をつかむ」
(初出:【リイドコミック】1979)

さいとう・たかを『さいとう・たかをヒーロー劇画コレクション 【アクション編】2004.05(リイド社:SPコミックス)
「挑戦野郎 挑戦!ワイアレ火山(初出:【ボーイズライフ】1967)
「チャブロ原人境」
「魔海」
(初出:【冒険王増刊】1965)
「パクリ屋お六
 うしろから一発!(初出:【ヤングコミック】1967)
「ザ・シャドウマン
 どろ沼作戦(初出:【少年】1967)
「挑戦」
(初出:【顔・別冊】1961)
「グループ"銀"
 おれたちはやる!(初出:【週刊少年サンデー】1969)
「捜し屋はげ鷹登場!!
 おねがい、けだものになって!(初出:【ビッグコミック】1968)

さいとう・たかを『さいとう・たかをセレクション【アドベンチャー編】 魔海』2005.10(リイド社:リイド文庫)
「魔海」
「挑戦」
「チャブロ原人境」
「ダイナマイトヒッチ」
(初出:【別冊少年マガジン】1967)
「鮫狩り」
(初出:【別冊少年マガジン】1966)


池上遼一『池上遼一珠玉作品集2 強力伝/ウニデス潮流のかなた』2003.03(講談社:KCDX【1690】
「強力伝」(新田次郎『強力伝』原作)(初出:【週刊少年マガジン】連載 1968.12.15 第51号〜1968.12.22 第52号)
「ウニデス潮流のかなた」
「狼は海で死ね!」
(初出:【週刊少年マガジン】連載 1969.11.02 第45号〜1969.11.16 第47号)



【週刊少年マガジン】連載「異色作家サキ・短編傑作シリーズ」企画:?

解説/訳者 中村能三「短編の神 サキとは?」(1970.06.28 第27号)

真崎・守/運命(サキ『運命』原作)(1970.06.28 第27号)
松本零士/妄想鬼(サキ『スレドニ・ヴァシュタール』原作)(1970.06.28 第27号) #再録(虫プロ商事【ベストコミック〈きみのためのまんが名作選集〉】1971.09)
上村一夫/灰色の森(サキ『狼少年』原作)(1970.07.05 第28号)
辰巳ヨシヒロ/人猫(サキ『トバモリー』原作)(1970.07.05 第28号)
川本コオ/古井戸におちた悪魔ちゃん(サキ『物置小屋』原作)(1970.07.12 第29号)
池内誠一/おせっかい(サキ『おせっかい』原作)(1970.07.19 第30号)
石原春彦/ひとでなし(サキ『贖罪』原作)(1970.07.26 第31号)



松本零士 ほか『妄想鬼 サキ短編傑作集1979.06(奇想天外社:奇想天外コミックス)
松本零士「妄想鬼」
真崎守「運命」
辰巳ヨシヒロ「人猫」
上村一夫「灰色の森」
川本コオ「古井戸におちた悪魔ちゃん」
いけうち誠一「おせっかい」
石原はるひこ「ひとでなし」
解説/中西秀男


復刻版 少年マガジン大全集 第A巻 不滅の黄金シリーズ編
松本零士「妄想鬼」

復刻版 少年マガジン大全集 第B巻 なつかしの感動名作編
川本コオ「古井戸におちた悪魔ちゃん」
第3巻収録作品解題/杉田健一



【週刊少年キング】連載「異色短編シリーズ O・ヘンリーの世界」企画:?

矢代まさ子/黒衣のおもわく(O・ヘンリー『善女のパン』原作)(1970.10.25 第44号)
矢代まさ子/警官と賛美歌(O・ヘンリー『警官と讃美歌』原作)(1970.11.01 第45号)
村岡栄一:池上純史/おくりもの(O・ヘンリー『賢者の贈りもの』原作)(1970.11.08 第46号)
村岡栄一:池上純史/キューピット(O・ヘンリー『黄金の神と恋の射手』原作)(1970.11.15 第47号)
あすなひろし/さいごの一葉(O・ヘンリー『最後の一葉』原作)(1970.11.22 第48号)
あすなひろし/妻の肖像(O・ヘンリー 原作)(1970.12.01 第49号)
林ひさお/夕暮れのロールス・ロイス(O・ヘンリー『自動車を待つ間』原作)(1970.12.06 第50号)
林ひさお/心と手(O・ヘンリー『心と手』原作)(1970.12.13 第51号)




このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ



蘭光生/池田雅行 画『SM博物館』1972.02(三崎書房:バニーブックス
 #蘭光生/池田雅行 画『猟奇博物館』1973.07(三崎書房)
猿ぐつわ (1)(初出:【えろちか】連載「猟奇博物館」9号 1970.03)
猿ぐつわ (2)(初出:【えろちか】10号 1970.04)
鞭 (1)(初出:【えろちか】11号 1970.05)
鞭 (2)(初出:【えろちか】12号 1970.06)
浣腸 (1)(初出:【えろちか】13号 1970.07)
浣腸 (2)(初出:【えろちか】14号 1970.08)
切腹 (1)(初出:【えろちか】15号 1970.09)
切腹 (2)(初出:【えろちか】16号 1970.10)
磔 (1)(初出:【えろちか】17号 1970.11)
磔 (2)(初出:【えろちか】18号 1970.12)
褌 (1)(初出:【えろちか】19号 1971.01)
褌 (2)(初出:【えろちか】20号 1971.02)
縄 (1)(初出:【えろちか】21号 1971.03)
縄 (2)(初出:【えろちか】22号 1971.04)
縄 (3)(初出:【えろちか】23号 1971.05)
あとがき

 #蘭光生『SM博物館』2008.08(河出i文庫【iら1-1】編集協力:五所光太郎、新保博久
猿ぐつわ

浣腸
切腹



あとがき

#解説/館淳一(SM・官能作家)「蘭光生「SM博物館」の時代」(文庫版のみ)

(関連書?)高倉一 編『秘密の本棚氈E縛りと責め 幻の雑誌1953〜1964の記録』1998.09(徳間文庫【た41-1】
       
高倉一 編『秘密の本棚・マゾヒストの歓び 幻の雑誌1953〜1964の記録』2000.03(徳間文庫【た41-2】

       
高倉一 監修『幻の艶本・風俗草紙』2000.12(二見書房:幻の秘本文庫)

       
北原童夢:早乙女宏美『「奇譚クラブ」の人々』2003.04(河出文庫【き3-2】)#(河出i文庫【iき1-2】
       
濡木痴夢男『「奇譚クラブ」の絵師たち』2004.07(河出文庫【ぬ-1-28】)#(河出i文庫【iぬ1-2】
       
濡木痴夢男『「奇譚クラブ」とその周辺』2006.06(河出i文庫【iぬ1-3】



蘭光生『女教師犯す』1981.04(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 172】)#1986.09(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-7】/二見書房)
女教師 犯す
飼育
エレベーター・バイオレンス
(初出:【SMアブハンター】1975.03/秋吉巒:画/原題「被虐のエレベーター」)
復讐は青白き肌に
(初出:【S&Mスナイパー】1979.12)
ハイエナの生贄
(初出:【S&Mスナイパー】1980.04/原題「ハイエナの贄」)
美囚はむごく愛せ
(初出:【S&Mスナイパー】1980.02)
妖しきマリオネット

カバー推薦文/SF作家・式 貴士「麻薬の魅力を持つレイプ小説」

蘭光生『美姉妹犯す』1981.06(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 179】)#1986.11(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-8】/二見書房)
獣たちの輪舞(初出:【SMフロンティア】1979.03)
引裂かれた昼顔
(初出:【SMファン】1978.08/原題「引き裂かれた昼顔」)
尾行の収穫
(初出:【SMフロンティア】1978.12/原題「尾行者の収穫」)
狼は碧空に散る
(初出:【別冊SMファン】1976.03/原題「淫花碧空に散る」)
内診
(初出?:【SMファン】1979.04/原題「内診台の令夫人」)
繭の中の愛奴
(初出:【SMファン】1978.09/原題「繭のなかの性奴」)
美姉妹・犯す

カバー推薦文/写真家・荒木経惟「読んだらおもわずフォトレイプ」

蘭光生『教え娘犯す』1981.08(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 191】)#1987.04(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-11】/二見書房)
鏡のなかの悦楽(初出:【別冊SMファン】1976.02/原題「鏡の中の悦楽」)
狼たちの熱い午後
真夜中の狩人
(初出:【別冊SMファン】1975.08)
盲目の俘囚
(初出:【別冊SMファン】1973.07)
悪魔の棲む病棟
(初出?:【SMファン】1979.03/原題「獣色病棟」)
蠍座の男
(初出?:【SMアブハンター】1974.07/原題「蠍座の女」)
教え娘犯す

カバー推薦文/作家・団鬼六「異端の旗手、蘭光生」 #(文庫版未収録)

蘭光生『人妻輪姦す』1982.05(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 221】)#1986.02(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-2】/二見書房)
人妻・輪姦す
密猟者の森
(初出?:【SMフロンティア】1978.09/原題「生贄の森」)
闇に消えた女
(初出:【別冊SMファン】1975.02/原題「蒸発」)
白昼の衝動
天使を裂く!
花嫁狩り

カバー推薦文/『ブルータス』編集コーディネーター・寺崎央「電車の中では決して読まないでください」 #(文庫版未収録)

蘭光生『女教師輪姦す』1982.10(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 245】)#1986.04(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-4】/二見書房)
女教師・輪姦す
濡れたザイル
(初出:【SMフロンティア】1976.04/原題「雪山惨花」)
流れる
(初出:【別冊SMファン】1975.03)
肉書の戯れ
(初出:【SMファン】1979.06)
地獄の猟人
(初出:【別冊SMファン】1973.12)
誘拐暴行

カバー推薦文/俳優・犯し屋 こと 港雄一「これぞ男の本だ!」 #俳優・港雄一「これぞ男の本だ!」(文庫版)

蘭光生『奪われた教室』1983.05(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 274】 女教師シリーズA)#1986.03(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-3】/二見書房)
奪われた教室
お兄さま、縛らないで……
(初出:【別冊S&Mスナイパー】1982.01)
恥辱の僧衣
獣たちの季節
夏服を着た少女
暗闇のキッドナッパー

カバー推薦文/イラストレーター・斎藤融「スポーツ・ポーノで汗をかく!」

→(参考)《女教師シリーズ》全3巻
     @ 
麻耶十郎『犯された教室』1982(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 261】)#1985.12(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ま-1-1】/二見書房)
      犯された教室
      やさしく、そして残酷に
      凌辱の鍵言葉
      女たちに捧げるラプソディ
      陰翳の森
      ソルティドッグ
      ほとばしる!
       あとがき
       カバー推薦文/劇画家・石井隆「この一冊で読者は緊縛される」
     A 
蘭光生『奪われた教室』
     B 
安芸蒼太郎『恥辱の教室』1983(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス】)#『恥辱の教室』1986.02(マドンナ社:マドンナメイト文庫【あ-1-1】/二見書房)#(改題)『恥辱の教室 屈辱の開股縛り』(マドンナメイト文庫)
      恥辱の教室
      揺らぐ 軋む 熱る
      午前三時の暴姦者
      ストーム・ジャッカー
      暴発の瞬間
      授業は性餐のあとで
      食虫植物 ──追いつめられて


蘭光生『義母輪姦す』1983.09(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 294】)#1986.05(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-5】/二見書房)
義母・輪姦す
悪魔のようにもう一度
危険な色に濡れたバカンス
群・盗・塁
喪失ゲーム
死にゆく者への鎮魂歌

カバー推薦文/画家・日影 眩「絵にも描けないマドンナの大股開き」 #「絵にも描けないマドンナ大股開き」(文庫版)

蘭光生『愛奴を狩れ』1983.12(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 310】 ラブ・ハンター@)#1987.02(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-10】/二見書房)
愛奴を狩れ(氈@妹・望美 ──高校二年・十七歳
       恋人・希未子 ──OL・二十二歳
      。 詩子と愛 ──女教師と女子高生
      「 終章)
凌辱はフーガに似て……
(初出:【別冊SMファン】1983.08/原題「凌辱のフーガ」)
彩られた獣道
(初出:【SMファン】1979.08/原題「彩られた獣禍」)
キャット・ダンシング
夢魔島
(初出:【SMフロンティア】1978.11/原題「夢魔の島」)
微熱のある午後

カバー推薦文/漫画家・いがらしみきお「長いながーいスイセン文 ──あんたはエライッ!」

蘭光生『新妻を狩れ』1984.03(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 323】 ラブ・ハンターA)#1987.06(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-12】/二見書房)
凌辱の架台(初出:【別冊SMファン】1973.08)
蕾は濡れた
(初出:【別冊SMファン】1974.10/原題「菊の花は薫る」)
契りきぬ
(初出:【小説CLUB】1984.02 臨時増刊号)
女探偵 雅映の場合
牝犬への扉
(初出:【SMファン】1979.02)
新妻を狩れ

カバー推薦文/日本冒険小説協会会長・内藤陳「立てずに読めるか!!」

蘭光生『美獣を狩れ』1984.05(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 327】 ラブ・ハンターB)#1988.02(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-16】/二見書房)
嬲り人形
帰りのない旅路
(初出:【SMフロンティア】1974.11)
引きちぎられた映像
堕ちゆく贄
(初出:【SMフロンティア】1980.02)
散りぬるを
女教師 美夏の夏
美獣を狩れ

カバー推薦文/漫画家・高信太郎「大人のメルヘン」

蘭光生『暴姦(獣たちの宴@)1984.09(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 348】)#1987.08(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-13】/二見書房)
暴姦氈@羞らう花(初出:【別冊SMファン】連載「凌辱者たち(1)恋着の白い花」1984.04+「凌辱者たち(2)続・恋着の白い花」1984.05)
暴姦 色は匂へど
(初出:【別冊SMファン】連載「凌辱者たち(4)色は匂へど」1984.07)
暴姦。 魔風が囁く
(初出?:【別冊SMファン】連載「凌辱者たち(3)媚の調律」1984.06)
暴姦「 哀獣の記
(初出?:【SMファン】1984.06/原題「哀獣日記」)
暴姦」 秘繩のデュエット
(初出:【別冊SMファン】連載「凌辱者たち(5)恥縄のデュエット 前編」1984.08+「凌辱者たち(6)恥縄のデュエット 後編」1984.09)
カバー推薦文/作家・丸茂ジュン「女も時には、犯されたい」

蘭光生『淫魔(獣たちの宴A)1985.03(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 367】)#1987.10(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-14】/二見書房)
淫魔氈@硬質のスリット
淫魔 哀蝶の部屋
淫魔。 ブルー・パイレーツ
(初出?:【別冊SMファン】1976.08/原題「八月の海は汚れた」)
淫魔「 喪心 ──ビデオ・スレイブ
淫魔」 浅き夢みし
淫魔、 影の猟人
(初出:【SMフェニックス】1985.03/原題「影の狩人」)
カバー推薦文/過激美人作家・斎藤綾子「かくしてT犯しの美学Uに犯されて……」

蘭光生『禁猟(獣たちの宴B)1985.04(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 370】)#1988.04(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-17】/二見書房)
第一章 背徳のとき(初出:【SMフェニックス】連載「背徳の縄」1984.09)
第二章 熱悶のとき
(初出:【SMフェニックス】1984.10)
第三章 凌花のとき
(初出:【SMフェニックス】1984.11)
第四章 羞恥のとき
(初出:【SMフェニックス】1984.12)
第五章 哀姦のとき
(初出:【SMフェニックス】1985.01)
第六章 暴縛のとき
(初出:【SMフェニックス】1985.02)
第七章 淫錯のとき
(初出:【SMフェニックス】1985.03〜1985.04)

蘭光生『蠍 闇を切り裂く狂魔たち1985.08(二見書房:SARA NOVELS【サラブレッド・ブックス 390】 シティ・バイオレンス@)
 #『蠍 マドンナ犯す1988.06(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-18】/二見書房)
闇の翼
ぼくのレイプ
水中銃の鏃が
もう、やめて……
復讐の贄
緋縄のマドンナ
(初出?:【SMフェニックス】連載「緋縄の街」1985.06〜1985.07)
カバー推薦文/「蘭光生作品群への熱き讃辞 ──ラン流バイオレンスはこう読め!」(初出:【ELLE JAPON】1985.05.20【サムアップ】1985.05【マンスリー平凡パンチ】1985.06【週刊プレイボーイ】1984.03.27【月刊小説】1985.06 からの抜粋)



蘭光生『淫獣』1982.11(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【1】/大洋図書)#1987.11(フランス書院文庫【0153】
巻頭グラビア/撮影:山木隆夫(ノベルズ版のみ)
第一章 淫獣の罠(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「淫獣」1982.02/原題「淫獣地獄」)
第二章 ジュスティーヌの部屋(初出:【別冊S&Mスナイパー】1982.04/原題「美砂子よ、アヌスに哭け」)
第三章 女教師陥落(初出:【別冊S&Mスナイパー】1982.05/原題「女教師が涙に濡れる時」)
第四章 人妻への鎮魂歌(初出:【別冊S&Mスナイパー】1982.06/原題「犯される人妻への鎮魂歌」)
第五章 完膚なき凌辱(初出:【別冊S&Mスナイパー】1982.07/原題「股縄に濡れて泣く」)
第六章 悪魔の囁き(初出:【別冊S&Mスナイパー】1982.08/原題「乱れ花が卍にからまる」)

蘭光生『俘囚』1983.02(ミリオン出版:スナイパーノベルズ/大洋図書)#1987.04(フランス書院文庫【0116】
第一章 俘囚(初出:【別冊SMファン】連載「永遠の囮/妖夢館十夜」1972.11→改稿:【小説S&Mスナイパー】再録連載「永遠の囮」1980.05)
第二章 操り人形(初出:【別冊SMファン】連載「永遠の囮」1973.03→改稿:【小説S&Mスナイパー】再録連載「永遠の囮」1980.06)
第三章 剥かれた令嬢(初出:【別冊SMファン】連載「永遠の囮」1973.04→改稿:【小説S&Mスナイパー】再録連載「永遠の囮」1980.07)
第四章 麗しき変身(初出:【別冊SMファン】連載「永遠の囮」1973.06→改稿:【小説S&Mスナイパー】再録連載「永遠の囮」1980.08)

蘭光生『 淫獣』1983.06(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【6】/大洋図書)#1987.11(フランス書院文庫【0154】
巻頭グラビア/撮影:山木隆夫(ノベルズ版のみ)
第一章 肉の楔(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「淫獣外伝」1982.12/原題「悲縄は血に濡れて 前編」)
第二章 夢の蟻地獄
(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.01/原題「悲縄は血に濡れて 後編」)
第三章 飼育
(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.02/原題「宗像先生の飼育教室」)
第四章 野獣の報復
(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.03/原題「ハイエナ」)
第五章 絢爛たる獣宴
(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.05/原題「絢爛たる獣宴」)

蘭光生『俘囚 肉奴隷』1983.10(ミリオン出版:スナイパーノベルズ/大洋図書)
 #『肉奴隷 俘囚1987.05(フランス書院文庫【0124】
第一章 白い馬(初出:【小説S&Mスナイパー】連載「永遠の囮」1980.09)
第二章 花びら蹂躙(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「永遠の囮」1980.10)
第三章 美しき殉教者(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「永遠の囮」1980.11)
第四章 磔美女(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「永遠の囮」1980.12)
第五章 炎の淫裂(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「永遠の囮」1981.01)
第六章 肉奴隷(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「永遠の囮」1981.02)

蘭光生『蟻地獄』1984.03(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【13】/大洋図書)
 #『奴隷妻』1988.07(フランス書院文庫【0193】
第一章 奪われた新妻(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「蟻地獄」1983.06)
第二章 美しき虜囚(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.07)
第三章 汚辱の花嫁(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.08)
第四章 隷女・美花(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.09)
第五章 嬲獣地獄(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.10)
第六章 生血を吸う女(初出:【別冊S&Mスナイパー】1983.11)

蘭光生『凌辱花』1984.07(ミリオン出版:スナイパーノベルズ/大洋図書)
 #『肉襲』1989.09(フランス書院文庫【0266】
第一章 淫狼の罠(初出:【別冊S&Mスナイパー】連載「淫狼の贄」1983.12)
第二章 漆黒のデルタ
(初出:【別冊S&Mスナイパー】1984.01)
第三章 牝姦レッスン
(初出:【SMスピリッツ】連載「バースト フルスロットル/淫狼の贄」1984.02)
第四章 肉人形
(初出:【SMスピリッツ】1984.03)
第五章 しゃぶり花
(初出:【SMスピリッツ】1984.04)
第六章 悶羞のかなた
(初出:【SMスピリッツ】1984.05)

蘭光生『美肉市場』1984.12(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【28】/大洋図書)
 #『ハードレイプ!』1990.05(フランス書院文庫【0307】
第一章 箱詰の人妻(初出:【SMスピリッツ】連載「美肉市場」1984.06)
第二章 指木馬
(初出:【SMスピリッツ】1984.07)
第三章 毛芝焼き
(初出:【SMスピリッツ】1984.08)
第四章 泣き叫ぶ白い肉蝉
(初出:【SMスピリッツ】1984.09)
第五章 撞木責め
(初出:【SMスピリッツ】1984.10)
第六章 溶ける氷柱花
(初出:【SMスピリッツ】1984.12)
第七章 挿入図鑑
(初出:【SMスピリッツ】1985.01〜1985.02?)

蘭光生『淫獣学園』1985.09(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【39】/大洋図書)
 #『淫獣学園刀x1989.05(フランス書院文庫【0246】
第一章 白濁の破瓜(初出:【SMスピリッツ】連載「淫獣学園」1985.03)
第二章 恐怖の剪毛式(初出:【SMスピリッツ】1985.04)
第三章 展翅板の美蝶(初出:【SMスピリッツ】1985.05)
第四章 美形の誑惑(初出:【SMスピリッツ】1985.06)
第五章 教壇の倒錯劇(初出:【SMスピリッツ】1985.07)
第六章 緋桜団私刑(初出:【SMスピリッツ】1985.08)

蘭光生『 淫獣学園』1986.05(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【45】/大洋図書)
 #『淫獣学園普x1989.05(フランス書院文庫【0247】
第七章 淫靡なる再会(初出:【SMスピリッツ】連載「淫獣学園」1985.09)
第八章 凶刃の標的(初出:【SMスピリッツ】1985.10)
第九章 紫君悶絶(初出:【SMスピリッツ】1985.11)
第十章 炙られる生贄(初出:【SMスピリッツ】1985.12)
第十一章 黒革の救世主(初出:【SMスピリッツ】1986.01)

蘭光生『淫獣無頼』1987.11(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【65】/大洋図書)
 #『淫獣無頼刀x1990.09(フランス書院文庫【0329】
第一章 忍び寄る影(初出:【SMスピリッツ】連載「淫獣無頼」1987.04)
第二章 恥毛の匂い
(初出:【SMスピリッツ】1987.05)
第三章 朱唇の喘ぎ
(初出:【SMスピリッツ】1987.06)
第四章 隔壁の痺痛
(初出:【SMスピリッツ】1987.07)
第五章 義姉妹結合
(初出:【SMスピリッツ】1987.08)
第六章 菊花撩乱
(初出:【SMスピリッツ】1987.09)

蘭光生『 淫獣無頼』1988.05(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【68】/大洋図書)
 #『淫獣無頼普x1990.09(フランス書院文庫【0330】
第七章 組長の娘(初出:【SMスピリッツ】連載「淫獣無頼」1987.10)
第八章 最後の切り札
(初出:【SMスピリッツ】1987.11)
第九章 報復の刃
(初出:【SMスピリッツ】1987.12)
第十章 愛人嬲り
(初出:【SMスピリッツ】1988.01)
第十一章 緊縛の鎖
(初出:【SMスピリッツ】1988.02)
第十二章 女教師凌辱
(初出:【SMスピリッツ】1988.03)
第十三章 巧妙な取引き
(初出:【SMスピリッツ】1988.04)

蘭光生『レイプライダー』1988.12(ミリオン出版:スナイパーノベルズ【70】/大洋図書)
 #『トリプルレイプ』1991.04(フランス書院文庫【0361】
第一章 媚肉の乱舞(初出:【SMスピリッツ】連載「レイプ・ライダー」1988.05)
第二章 三姉妹堕つ(初出:【SMスピリッツ】1988.06)
第三章 ならず者たち(初出:【SMスピリッツ】1988.07)
第四章 追われる獲物(初出:【SMスピリッツ】1988.09)
第五章 白い十字架(初出:【SMスピリッツ】1988.10)
第六章 深夜のレズビアン(初出:【SMスピリッツ】1988.11)



蘭光生『蝕まれた薔薇 女をひらくシリーズ@1983.06(黒田出版興文社)
 #『情熱の淫舞』1984.06(黒田出版興文社:VIOLENCE NOVELS)
 #『淫鎖(くさり)1986.02(フランス書院文庫【0042】)#1993.04(フランス書院文庫【8044】:蘭光生エクセレント・コレクション)
終わりなき肉祭(初出:【SMファン】1978.10)
淫虐の成人式
(初出:【別冊SMファン】1974.02)
情熱の淫舞
(初出:【別冊SMファン】1976.01)
蝕まれた薔薇
(初出:【別冊SMファン】1975.11)
見えない鎖
(初出:【別冊SMファン】1976.05)
悪の華咲く街
(初出:【別冊SMファン】1976.04)

蘭光生『地獄の淫鬼』1983.12(黒田出版興文社:VIOLENCE NOVELS)#1985.04(黒田出版興文社)
地獄の淫鬼(初出:【別冊SMファン】1974.07)
獣処女
(初出:【SMフロンティア】1980.01)
淫虐教室
(初出:【別冊SMファン】1975.01)
泣き濡れたアイドル
(初出:【SMファン】1979.01)
恥縄に震えるプリマドンナ
(初出:【S&Mスナイパー】1980.03/原題「恥縄にふるえるプリマドンナ」)
俎上に開く羞恥花
(初出:【別冊SMファン】1975.09)
 #『肉刑』1986.04(フランス書院文庫【0049】)#1993.06(フランス書院文庫【8049】:蘭光生エクセレント・コレクション)#1999.04(フランス書院文庫【0883】
淫虐教室
地獄の淫鬼
泣き濡れたアイドル
恥縄に震えるプリマドンナ
獣処女
俎上に開く羞恥花




蘭光生『三匹の淫狼』1984.01(現代ジュゲム・プロ:VIOLENCE NOVELS/駿河台書房)
肉菖蒲が池畔に咲く(初出:【SMキング】1973.07→改稿:【小説S&Mスナイパー】1980.03/改題「レモン色のお点前」→原題)
獣道に黄菊が谺した
(初出:【SMキング】1973.09→改稿:【S&Mスナイパー】1980.05/改題「獣道散華」→原題)
汚辱の海
(初出:【SMキング】1973.10→改稿:【S&Mスナイパー】1980.08/改題「汚された海」→原題)
落花の舞
(初出:【別冊SMファン】1975.04)
磔の美少女
(初出:【別冊SMファン】1975.05)
白き美畜の檻
(初出:【別冊SMファン】1975.06)
 #1984.03(現代ジュゲム・プロ:VIOLENCE NOVELS/駿河台書房)
三匹の淫狼(第一話 肉菖蒲が池畔に咲く
      第二話 獣道に黄菊が谺した
      第三話 汚辱の海)
蒸発(第一章 落花の舞
   第二章 磔の美少女
   第三章 白き美畜の檻)



蘭光生『凌辱教室』1984.11(駿河台書房:駿河台文庫【SMロマン図書B】
オリンポスの汚辱(初出:【SMキング】1973.11/原題「アポロンの汚辱」)
落花の舞
眠れる白雪姫
(「磔の美少女」改題)
白き美畜の檻
SM講座
(鞭
     浣腸)#(『SM博物館』より抜粋?)

 #蘭光生『監禁』1985.10(フランス書院文庫【0026】)#2002.07(フランス書院文庫【1118】:センチュリー・ルネッサンス)
蒸発(「闇に消えた女」→原題)
流れる
落花の舞
磔の美少女
(「眠れる白雪姫」→原題)
白き美畜の檻


 #蘭光生『青狼』1986.07(フランス書院文庫【0065】)#1996.01(フランス書院文庫【0666】
肉菖蒲が池畔に咲く
獣道に黄菊が谺した
八月の海は汚れた
(「汚辱の海」改題)
鉄棒に花唇が開く
(「オリンポスの汚辱」改々題)
菊の華が薫る
(「蕾は濡れた」改々題)
許嫁の前で処女が散る
(「ブルー・パイレーツ」改々題)



蘭光生『牝檻』1985.12(フランス書院文庫【0034】)#1995.08(フランス書院文庫【0637】
紙の檻
華麗なる崩壊
(初出:【別冊SMファン】1975.10)
猟色の肉市場
教え子に捧ぐバラード
(初出:【SMフェニックス】1982.05)

蘭光生『飼育』1986.05(フランス書院文庫【0054】)#1996.05(フランス書院文庫【0690】
第一章 罠(初出:【SMソドム】連載「飼育」1986.01)
第二章 姦(初出:【SMソドム】1986.02)
第三章 肛(初出:【SMソドム】1986.03)
第四章 犬(初出:【SMソドム】1986.04)
第五章 溺(初出:【SMソドム】1986.05)

蘭光生『レイプ請負人刀x1986.10(フランス書院文庫【0079】
レイプ請負人(〈女子プロゴルファー〉蠕動にパターが乱れる
       〈女医〉脈動に内診台が濡れる
       〈ニュースキャスター〉蠢動に仮面が外れる)
蘭光生『レイプ請負人普x1986.10(フランス書院文庫【0080】
レイプ請負人(〈ニュースキャスター〉蠢動に仮面が外れる (つづき)
       〈コンパニオン〉震動に花蜜が滴る)
清純歌手惨花 #(ノベルズ版未収録)
悦虐のレオタード #(ノベルズ版未収録)
 #『レイプ請負人』1995.01(フランス書院:ハードXノベルズ)
女子プロゴルファー/蠕動にパターが乱れる
女医/脈動に内診台が濡れる
ニュースキャスター/蠢動に仮面が外れる
コンパニオン/震動に花蜜が滴る


蘭光生『美教師』1986.12(フランス書院文庫【0091】)#1993.08(フランス書院文庫【8050】:蘭光生エクセレント・コレクション)
美教師
女教師・狂乱艶技
肉楔に啼く人妻
よって、たかって
拾った女
淫の系譜
おれたちの生贄
わが青春の……


蘭光生『肉牢』1987.02(フランス書院文庫【0103】
@ 三人の麗女(初出:【SMソドム】連載「貴賊の城」1986.06)
A 女教師・有希 part1(初出:【SMソドム】1986.07)
B 令嬢・日登美 part1(初出:【SMソドム】1986.08)
C 令嬢・日登美 part2(初出:【SMソドム】1986.09)
D 人妻・優香 part1(初出:【SMソドム】1986.10)
E 人妻・優香 part2(初出:【SMソドム】1986.11)
F 女教師・有希 part2(初出:【SMソドム】1986.12)
G 三人の隷女(初出:【SMソドム】1987.01)

蘭光生『むさぼる!』1987.08(フランス書院文庫【0137】)#2003.03(フランス書院文庫【1175】:センチュリー・ルネッサンス)
蝮の部屋
美肉便
画廊の女
セーラー服刑事
絹の鎖
復讐は愛妻の体で
むさぼる!


蘭光生『我に叛きし妻なれば』1987.10(フランス書院文庫【0149】
我に叛きし妻なれば
年下の継母
叔母の白い谷間
妹よ
双子の姪
処女の滴り
調教遊戯
囚われの女教師


蘭光生『猟鬼』1988.01(フランス書院文庫【0164】
肉の密猟者(初出:【SMマニア】連載「肉の密猟者」1987.11〜1987.12)
着せ替え肉人形
(初出:【SMマニア】1987.09/原題「着せかえ肉人形」)
媚少女嬲り
美母・慕縄す
淫獄・軽井沢夫人


蘭光生『レイプ仕掛人』1988.03(フランス書院文庫【0174】
第一章 蹂躙
第二章 破瓜
第三章 輪姦
第四章 許嫁
第五章 写姦
第六章 縫合
第七章 陥落
第八章 屈従
第九章 標本
第十章 逆転

(初出?:【SM秘小説】連載「レイプ仕掛人」1986.04〜1986.05)

蘭光生『凶犬 あるレイプマンの履歴書1988.05(フランス書院文庫【0183】
第一章 凶犬 誕生(初出:【SM秘小説】連載「凶犬」1987.09)
第二章 美肉 夜襲
(初出:【SM秘小説】1987.10)
第三章 恩師 姦淫
(初出:【SM秘小説】1987.11)
第四章 令嬢 猟蝕
(初出:【SM秘小説】1987.12)
第五章 白衣 肛虐
(初出:【SM秘小説】1988.01)
第六章 凶犬 逃走
(初出:【SM秘小説】1988.02)

蘭光生『肉人形 凶犬1988.09(フランス書院文庫【0205】
第一章 処女人形(初出:【SM秘小説】連載「凶犬」1988.03)
第二章 指淫人形
(初出:【SM秘小説】1988.04)
第三章 哀奴人形
(初出:【SM秘小説】1988.05)
第四章 愛玩人形
(初出:【SM秘小説】1988.06)
第五章 爛熟人形
(書き下ろし)
第六章 母娘人形
(書き下ろし)

蘭光生『哀奴』1988.11(フランス書院文庫【0217】
絶叫する女
倒錯の夜
おれが買った奴隷
血が大好き
男と女のあいだ
淫の妄執
究極の輪姦


蘭光生『性獣』1989.01(フランス書院文庫【0227】
哀奴悲しや
新妻檻禁飼育
性獣の三人兄弟
闇地獄淫ら責め
(初出:【小説官能読切】1988.11)
外人妻輪姦す


蘭光生『レイプ・レイプ・レイプ』1989.03(フランス書院文庫【0236】
レイプ宅配便
蒼い殺戮
アイドル輪姦日記
女教師孕み腹地獄
毒食わば
飼育休暇
(初出:【SMマニア】1989.03/原題「飼育休暇 前編」)

蘭光生『飼育休暇』1989.07(フランス書院文庫【0256】
飼育休暇(初出:【SMマニア】連載「飼育休暇2」1989.04+「飼育休暇 最終回」1989.06)
レイプの時間
売られたアイドル
麗人秘書監禁
(初出:【SMマニア】1989.07/原題「闇の凌辱者 麗人秘書監禁」)
生贄・黒ミサの女


蘭光生『レイプ商人』1989.11(フランス書院文庫【0276】
VOL.1 濡れた売奴令嬢
VOL.2 生娘痛姦
VOL.3 深窓妻、いじくる
VOL.4 麗女交姦す
VOL.5 美肌舌犯し
VOL.6 淑女には尺八を
VOL.7 上流人妻凶淫!
VOL.8 女教師をえぐれ!
VOL.9 愛虐プリマドンナ
VOL.10 性餓鬼たちの狂宴

(初出?:【SMスピリッツ】連載「性獣地帯」1989.01〜1989.06〜?)

蘭光生『飼育授業』1990.01(フランス書院文庫【0286】
第一課程 破瓜(初出:【SM秘小説】連載「飼育授業」1989.06)
第二課程 試食
(初出:【SM秘小説】1989.07)
第三課程 調教
(初出:【SM秘小説】1989.08)
第四課程 解剖
(初出:【SM秘小説】1989.10)
第五課程 特訓
(初出:【SM秘小説】1989.11)
第六課程 実習
(初出:【SM秘小説】1989.12)

蘭光生『レイプせよ!』1990.03(フランス書院文庫【0295】
QEでレイプせよ!(初出:【SMマニア】1989.09)
地震ホテルでレイプせよ!
(初出:【SMマニア】1989.10)
キャンピングカーでレイプせよ!
(初出:【SMマニア】1989.11)
三匹の性獣
淫爛たる復讐
乳しぼり無残
(初出:【小説官能読切】1989.09/原題「愛怨子宝船」)

蘭光生『輪姦せ!』1990.07(フランス書院文庫【0319】
新妻を輪姦せ!
女社長を輪姦せ!
恥辱の暴走
美肉、いただきます
(初出:【SMマニア】1989.12)
交換レイプ
(初出:【小説CLUB】1990.03)
悪徳の栄え
(投稿【裏窓】195?→不採用/書き下ろし) +作品解題「因縁の処女作」



蘭光生『生贄マドンナ』1985.12(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-1】/二見書房)
目には目を(書き下ろし)
生贄マドンナ(書き下ろし)
肉の牙(書き下ろし)
人魚の入江(書き下ろし)
究極のエクスタシー(書き下ろし)
解説/今野健二「タブーに囚われることなく性のアドベンチャーとなれ」(初出:【B-DASH】1982.12→抜粋)
カバー推薦文/作家・団鬼六「異端の旗手、蘭光生」 #(二見書房:SARA NOVELS『教え娘犯す』カバー推薦文より再録)

蘭光生『生贄ロリータ』1986.07(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-6】/二見書房)
生贄ロリータ
恋・暗・号 ──レイプの罠
淫夜のタクシー・ドライバー
赤い蝶
砕かれた聖夜燭

カバー推薦文/『ブルータス』編集コーディネーター・寺崎央「電車の中では決して読まないでください」 #(二見書房:SARA NOVELS『人妻輪姦す』カバー推薦文より再録)

蘭光生『生贄プリンセス』1986.12(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-9】/二見書房)
ザ・レイプ・リベンジャー(第一章・白い女体 行きずりの凌辱
             第二章・罠に堕ちた女 令嬢OL由佳
             第三章・囚われの女 同窓生由加
             第四章・肛淫に啼く女 女子大生葉子)
肉の水中花
(初出:【SM秘小説】連載「肉の水中花」1986.10〜1986.11)
処女花もよう
(初出:【SM秘小説】1986.08/原題「処女もよう」)
生贄プリンセス
(書き下ろし)

蘭光生『生贄処女(ハ゛ーシ゛ン)1987.12(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-15】/二見書房)
俺たちのペット
レイプ・ライダー
乱歩を読みすぎた男
(初出:【SM秘小説】連載「乱歩を読みすぎた男」1987.01+1987.02+1987.03)

蘭光生『レイプ 人妻 官能検査1989.06(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-19】/二見書房)
第一章 拉致 三人の獣の精を花孔に浴びせられ(初出:【SM秘小説】連載「新妻受難曲」1988.12)
第二章 聖水拝受 汚辱にまみれた美唇(初出:【SM秘小説】1989.01)
第三章 監禁 肉壺を震わす悦びに狂ったように(初出:【SM秘小説】1989.02)
第四章 嬌声 子宮が燃えあがる!(初出:【SM秘小説】1989.03)
第五章 互形 やわらかな愛撫に秘芽を濡らし(初出:【SM秘小説】1989.04)
第六章 子宮挿入 白磁の両脚が淫らにくねる(初出:【SM秘小説】1989.05)
 #『人妻官能検査 凌辱魔の肉奴2000.07(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-25】/二見書房)
第1章 拉致 淫獣の精を浴びせられ
第2章 聖水拝受 汚辱にまみれた美唇
第3章 監禁 肉壺を震わす悦び
第4章 嬌声 子宮が燃えあがる!
第5章 互形 陶酔の性具 肉穴愛撫
第6章 子宮挿入 勃起した根元を緊縛

蘭光生『蘭光生の女教師 マドンナメイト ベストセレクション1991.05(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-20】/二見書房)
暗闇のキッドナッパー
女教師・輪姦す
天使を裂く!
奪われた教室
繭のなかの愛奴
美囚はむごく愛せ
契りきぬ

カバー推薦文/作家 館淳一「女たちよ限りなく美しくあれ!」

蘭光生『蘭光生の令嬢 マドンナメイト ベストセレクション1991.10(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-21】/二見書房)
夏服を着た少女
硬質のスリット
羞らう花
盲目の俘囚
白昼の衝動
凌辱の架台
濡れたザイル

カバー推薦文/作家・団鬼六「異端の旗手による"魔のバイオレンス"力作」

蘭光生『蘭光生の女子高生 マドンナメイト ベストセレクション。1993.10(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-22】/二見書房)
密猟者の森
もう、やめて……
危険な色に濡れたバカンス
影の猟人
獣たちの季節
彩られた獣道
秘繩のデュエット


蘭光生『蘭光生の生贄 マドンナメイト・ベストセレクション1998.04(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-23】/二見書房)
凌辱はフーガに似て
飼育
流れる
ぼくのレイプ
魔風が囁く
地獄の猟人


蘭光生『蘭光生の凌辱(レイフ゜) マドンナメイト・ベストセレクション1998.09(マドンナ社:マドンナメイト文庫【ら1-24】/二見書房)
獣たちの輪舞
悪魔の棲む病棟
肉の水中花
牝犬への扉
復讐の贄




* *

庄内良助+竹熊健太郎 編著/神崎夢現 構成ひさうちみちお 図案『色単 現代色単語辞典1983.12(群雄社出版)
 #友成純一+竹熊健太郎 編著『色単 新版・現代色単語辞典1988.07(勁文社)
 #友成純一+竹熊健太郎 編著/神崎夢現 構成ひさうちみちお 図案『色単 現代色単語辞典2005.10(ポット出版)
蘭光生『淫獣』からの抜粋・一部抄録



週刊プレイボーイ 特別編集『プレイボーイの本 ['86 おんな年鑑]1986.02(集英社)
蘭光生/写真:鶴田靖人 撮影(モデル:織田倭歌・高瀬ユカ/スタイリング:森美樹)「許して! 裂けたセーラー服」(初出?:【週刊プレイボーイ】198?/原題「エロティック・フォト・ノベル セーラー服、無惨」?)収録



マドンナ社 編『マドンナメイト・カタログPart@』1988.04(マドンナ社:マドンナメイト文庫/二見書房)
蘭光生『生贄マドンナ』→「生贄マドンナ」
   『人妻輪姦す』→「人妻・輪姦す」
   『奪われた教室』→「奪われた教室」
   『義母輪姦す』→「義母・輪姦す」
   『女教師輪姦す』→「肉書の戯れ」
   『生贄ロリータ』→「生贄ロリータ」
   『女教師犯す』→「女教師 犯す」
   『美姉妹犯す』→「狼は碧空に散る」
   『生贄プリンセス』→「処女花もよう」
   『愛奴を狩れ』→「凌辱はフーガに似て」
   『教え娘犯す』→「教え娘 犯す」
   『新妻を狩れ』→「新妻を狩れ」
   『暴姦』→「羞らう花」
   『淫魔』→「硬質のスリット」
   『生贄処女
(ばーじん)
   『美獣を狩れ』→「美獣を狩れ」からの抜粋・一部抄録


マドンナ社 編『マドンナメイト・カタログPartA』1989.01(マドンナ社:マドンナメイト文庫/二見書房)
蘭光生『生贄マドンナ』→「究極のエクスタシー」
   『生贄ロリータ』→「恋・暗・号 ──レイプの罠」
   『生贄プリンセス』→「ザ・レイプ・リベンジャー 
第四章
   『生贄処女
(ハ゛ーシ゛ン)』→「乱歩を読みすぎた男」
   『女教師犯す』→「美囚はむごく愛せ」
   『美姉妹犯す』→「内診」
   『教え娘犯す』→「狼たちの熱い午後」
   『蠍 マドンナ犯す』→「ぼくのレイプ」
   『人妻輪姦す』→「花嫁狩り」
   『女教師輪姦す』→「誘拐暴行」
   『義母輪姦す』→「死にゆく者への鎮魂歌」
   『愛奴を狩れ』→「愛奴を狩れ 
氈@妹・望美
   『新妻を狩れ』→「新妻を狩れ」
   『美獣を狩れ』→「引きちぎられた映像」
   『奪われた教室』→「奪われた教室」
   『暴姦』→「哀獣の記」
   『淫魔』→「哀蝶の部屋」
   『禁猟』からの抜粋・一部抄録


マドンナ社 編『マドンナメイト・カタログPartB』1990.01(マドンナ社:マドンナメイト文庫/二見書房)
蘭光生『レイプ 人妻官能検査』→「第四章 嬌声 子宮が燃えあがる!
   『蠍 マドンナ犯す』→「もう、やめて……」
   『禁猟』
   『美獣を狩れ』→「嬲り人形」
   『生贄処女』→「乱歩を読みすぎた男」
   『淫魔』→「影の猟人」
   『暴姦』→「哀獣の記」
   『新妻を狩れ』→「契りきぬ」
   『教え娘犯す』→「悪魔の棲む病棟」
   『女教師犯す』→「ハイエナの生贄」
   『生贄ロリータ』→「恋・暗・号 ──レイプの罠」
   『生贄プリンセス』→「ザ・レイプ・リベンジャー 
第一章」からの抜粋・一部抄録

マドンナ社 編『マドンナメイト・カタログPartC』1991.01(マドンナ社:マドンナメイト文庫/二見書房)
蘭光生『奪われた教室』→「夏服を着た少女」
   『義母輪姦す』→「義母・輪姦す」
   『女教師犯す』→「妖しきマリオネット」
   『生贄プリンセス』→「肉の水中花」
   『教え娘犯す』→「盲目の俘囚」
   『暴姦』→「魔風が囁く」
   『生贄処女』
   『禁猟 獣たちの宴』
   『レイプ 人妻官能検査』→「第五章 互形 
やわらかな愛撫に秘芽を濡らし」からの抜粋・一部抄録

マドンナ社 編『マドンナメイト・カタログPartD』1992.01(マドンナ社:マドンナメイト文庫/二見書房)
蘭光生『レイプ 人妻官能検査』→「第四章 嬌声 子宮が燃えあがる!
   『蠍 マドンナ犯す』→「緋縄のマドンナ」
   『禁猟 獣たちの宴』
   『美獣を狩れ』→「散りぬるを」
   『生贄処女』→「乱歩を読みすぎた男」
   『淫魔 獣たちの宴』→「浅き夢みし」からの抜粋・一部抄録


マドンナ社 編『マドンナメイト・カタログPartE』1993.01(マドンナ社:マドンナメイト文庫/二見書房)
蘭光生『令嬢 ベストセレクション』→「盲目の俘囚」
   『女教師 ベストセレクション氈x→「繭のなかの愛奴」
   『レイプ 人妻官能検査』→「第五章 互形 
やわらかな愛撫に秘芽を濡らし
   『淫魔』→「ブルー・パイレーツ」
   『暴姦』→「羞らう花」
   『新妻を狩れ』→「女探偵 雅映の場合」
   『教え娘犯す』→「蠍座の男」からの抜粋・一部抄録


マドンナ社 編『マドンナメイト・カタログPartF』1994.01(マドンナ社:マドンナメイト文庫/二見書房)
蘭光生『女子高生 ベストセレクション3』→「危険な色に濡れたバカンス」
   『令嬢 ベストセレクション2』→「白昼の衝動」
   『女教師 ベストセレクション1』→「女教師・輪姦す」
   『生贄ロリータ』→「生贄ロリータ」
   『生贄マドンナ』→「生贄マドンナ」からの抜粋・一部抄録


マドンナ社 編『マドンナメイト・カタログPartG』1995.01(マドンナ社:マドンナメイト文庫/二見書房)
蘭光生『女子高生』→「彩られた獣道」
   『女教師』→「女教師・輪姦す」
   『生贄プリンセス』→「ザ・レイプ・リベンジャー 
第四章」からの抜粋・一部抄録



日下三蔵 編『乱歩の幻影』1999.09(ちくま文庫【え7-5】
蘭光生「乱歩を読みすぎた男」収録
編者解説/日下三蔵



永田守弘 編『奏 秘悶の女 日本性愛小説大全2004.08(徳間文庫【な-31-3】
蘭光生「淫虐教室」収録
解説/永田守弘(官能評論家)



* * *

あがた有為 画/蘭光生 原作『肉飼育』1987.10(フランス書院コミック文庫【7022】
(描き下ろし)(原作『飼育』)

叶さとる 画/蘭光生 原作『わたしは奴隷!』1988.10(フランス書院コミック文庫【7075】
(描き下ろし)(原作『肉牢』)



蘭光生 原作/間宮聖士 画『劇画・淫獣学園』1988.05(ミリオン出版:ミリオンコミックス【93】/大洋図書)
 #『間宮聖士傑作選@/劇画・淫獣学園』1990.02(ミリオン出版:ミリオンコミックス/大洋図書)
 #『淫獣学園@』1999.10(シュベール文庫)
淫獣学園 Vol.1
     Vol.2
     Vol.3
     Vol.4
     Vol.5
     Vol.6
     Vol.7
     Vol.8
     Vol.9

 #『淫獣学園A』1999.12(シュベール文庫)
淫獣学園 Vol.10
     Vol.11
     Vol.12
     Vol.13
     Vol.14
(初出:【劇画スペシャル】連載?)#再録?(【劇画スペシャル】1987.04.20 増刊号『愛蔵本・間宮聖士傑作選@ 淫獣学園』)(原作『淫獣学園』)
サオ師・愛一郎/ヤクザな女(原作なし)
       /幸福のピリオド(原作なし)
       /乱辱の館(原作なし)
お好きに責めて(原作なし)

蘭光生 原作/間宮聖士 画『劇画・淫獣@』1988.08(ミリオン出版:ミリオンコミックス【101】/大洋図書)
 #『間宮聖士傑作選B/劇画・淫獣』1990.06(ミリオン出版:ミリオンコミックス/大洋図書)
 #『淫獣氈x2001.10(シュベール文庫:MAMIYA SEIJI BEST SELECTION)
淫獣 第一章・淫獣の罠 前編
           
 後編
   第二章・ジュスティーヌの部屋
 前編
                 
 後編
   第三章・女教師陥落
 前編
            
 後編
   第四章・人妻への鎮魂歌
 前編
              
 中編
              
 後編
   第五章・完膚なき凌辱
 前編
             
 後編
 #『淫獣』2001.10(シュベール文庫:MAMIYA SEIJI BEST SELECTION)
淫獣 第六章・悪魔の囁き 前編
            
 後編(初出:【ホリディCOMIC】連載)(原作『淫獣』)
淫獣 その@ 第一章・肉の楔
     そのA
     そのB
     そのC 第二章・夢の蟻地獄
     そのD
     そのE 第三章・飼育
 #『淫獣。』2001.11(シュベール文庫:MAMIYA SEIJI BEST SELECTION)
淫獣 そのF
     そのG 第四章・野獣の報復
     そのH
     そのI
     そのJ 第五章・果てしなき性宴
     そのK
     そのL(初出:【ホリディCOMIC】連載/?〜1989.04〜?)(原作『続 淫獣』)
禁断の蜜技 前編
     
 後編(原作なし)



* * * *

『凌辱ゲーム』蘭光生 原作『凌辱花』より 1987.10(ミリオン出版:スナイパーカセットブック/大洋図書)

『美肉ハンター 聴感レイプ蘭光生 原作『美肉市場』より 1987.12(ミリオン出版:スナイパーカセットブック/大洋図書)

『女医・霞』蘭光生 原作『レイプ請負人』より 1988.07(ミリオン出版:スナイパーカセットブック/大洋図書)

『凌辱三姉妹』蘭光生 原作『レイプライダー』より 1989.12(ミリオン出版:スナイパーカセットブック/大洋図書)



VVVVVVVVV

『鏡の中の悦楽』1995.10.06(にっかつビデオ)
 (劇場公開:【にっかつ】1982.07.09)監督:西村昭五郎/脚本:桂千穂(原作:蘭光生「鏡の中の悦楽」)



『蘭光生・肉飼育』1994.06.10(にっかつビデオ)
 (劇場公開:【にっかつ】1987.01.24)監督:川崎善広/脚本:佐伯俊道(原作:蘭光生)





蘭光生・密猟者の森[特撮版] 女子校生「レイプ」』1994.07(マドンナ社:マドンナメイトビデオ【MV-105】/二見書房)
 監督:光岡文人(原作:蘭光生『密猟者の森』)



蘭光生・奪われた教室[特撮版] 野外レイプ 女教師と女校生1996.10(マドンナ社:マドンナメイトビデオ【MV-129】/二見書房)
 (原作:蘭光生『奪われた教室』)





『飼育』1995.08.04(ピンクパイナップル:フランス書院文庫シリーズ/ビデオチャンプ)
 監督:内藤忠司/脚本:高橋美幸(原作:蘭光生『飼育』)



『飼育2』1997.10.02(ピンクパイナップル:フランス書院文庫シリーズ/ケイエスエス販売)
 監督/脚本:内藤忠司(原作:蘭光生『飼育』)



『飼育3』1998.03.03(ピンクパイナップル:フランス書院文庫シリーズ/ケイエスエス販売)
 監督:久万真路/脚本:藤岡美暢(原作:蘭光生『飼育』)



『レイプ請負人』1998.07.01(ピンクパイナップル:フランス書院文庫シリーズ/ケイエスエス販売)
 監督:西村和明/脚本:西村和明、伊藤騒助(原作:蘭光生『レイプ請負人』)





『レイプ仕掛人』1997.01.21(マーメイド/ミュージアム)
 (原作:蘭光生『レイプ仕掛人』)

『レイプ商人』1997.02.21(マーメイド/ミュージアム)
 (原作:蘭光生『レイプ商人』)



(無関係?)『美姉妹・犯す』1991.06.07(にっかつビデオ)
       
 (劇場公開:【にっかつ】1982.01.08)監督:西村昭五郎/脚本:佐治乾、瀬山節雄(蘭光生『美姉妹・犯す』とは無関係?)



(完全に無関係?)『セーラー服刑事 謎の日本刀の巻』1987?(NVMC)山前五十洋:監督
           #
『セーラー服刑事1 謎の日本刀の巻』2004.07.18(INTEC/イーネット・フロンティア)
          
『セーラー服刑事2 強い味方の巻』1987?(NVMC)山前五十洋:監督
           #
『セーラー服刑事2 強い味方の巻』2004.07.18(INTEC/イーネット・フロンティア)
          
『セーラー服刑事3 悪のNINJAの巻』1987?(NVMC)山前五十洋:監督
           #
『セーラー服刑事3 忍者香港に現るの巻』2004.07.18(INTEC/イーネット・フロンティア)
          
『セーラー服刑事4 みんなで出れば怖くないの巻』1987?(NVMC)山前五十洋:監督
           #
『セーラー服刑事4 みんなで出れば怖くないの巻』2004.07.18(INTEC/イーネット・フロンティア)
          
『セーラー服刑事5 超能力にも弱点があるの巻』1987?(NVMC)山前五十洋:監督
           #
『セーラー服刑事5 超能力にも弱点があるの巻』2004.07.18(INTEC/イーネット・フロンティア)
          
『新・セーラー服刑事 SAILOR COPS』2006.10.18(INTEC/イーネット・フロンティア)山前五十洋:監督
          
『新・セーラー服刑事/聖刀と怨刀 SAILOR COPS2』2007.05.23(DK FACTORY/ビーエムドットスリー)山前五十洋:監督
          
『新・セーラー服刑事 番外編/愛しい人 SAILOR COPS3』2008.05.29(OCEAN5O)山前五十洋:監督
          
『セーラー服天使・少女のうた SAILOR COPS4』2009.06.13(OCEAN5O)山前五十洋:監督
          
 (蘭光生『セーラー服刑事』とは完全に無関係?)




このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ





「蘭光生」名義の著書リストについては、
〈紺珠〉様の主宰になるHP【紺珠の資料室】
大いに参考にさせていただきました。ありがとうございます。


参考というより、ほとんど全部、右から左に丸写しです。
こういうことをしていては、いけません。
オレもオレで、独自に調査を進めてはいますが、どうか皆さん、
式貴士(蘭光生)に興味のある方、
早急な調べものをなさっておられる方は、
こんなオレのページよりも、
遥かに詳細なデータが充実している【紺珠の資料室】を、
ぜひ御覧になってください。お願いします。
(1999.10.11)


【えろちか】バックナンバーについて、その他
【ぼくのホームページ】主宰、井上到様から
いくつか重要な情報の提供をいただきました。ありがとうございます。

井上さんのHP内にある片岡義男全著作リスト(含む・テディ片岡!)
【白い波の荒野へ】には、式貴士ファンにも見逃せない (?)
「三崎書房・バニーブックス」情報が!
(オレは専ら、「ワニの本マニア」として、見逃さなかったのですが)

一生かかっても捜し出してやるぞ、『テディ片岡ゴールデンデラックス』。
(1999.10.30)


【式貴士と私】永遠の宿題。

それは、
『極道辻説法』全項目の初出調査。

これは難しい。
難しいけれど、不可能ではない。
週プレ約3年間分の、連載中の全バックナンバーを集めてきて、
逐一、つき合わせればいいのだから。

やろうと思えば、できる。
手順だけなら、とても簡単に実行できる。

…う〜む。ってことは、
やっぱり、いつか実行しなくちゃいけない、ということだなあ。

気合い入れてこう。
(1999.12.06)


埼玉県・五所光太郎様より、
式貴士作品の初出調査および大伴昌司=少年マガジン関連、
そのほか多くの情報提供、あるいは示唆、あるいは考察…等々々、
かなりの部分で御協力をいただきました。
ありがとうございます。
(2000.01.26)

その五所さん主宰による、式貴士(他、別名)専門の研究HP
【虹星人】がオープンされております。
オレの式貴士研究などは、しょせん片手間仕事ですが、
五所さんは式貴士ひとりに絞って、全力で研究を進めていらして、
オレよりは遥かに立派な結果を出しておられます。
(故人の、生前の関係者諸氏への周辺取材…なども精力的に行っているようです。
 そんなこと、オレは、やってみようと思ったこともなかった)

皆様、五所さんの今後の研究に期待しましょう。
(2000.07.11)


ネット上での、故人への再評価が、ついに本格的に動き出したようです。
【蘭光生追悼文集】
生前の関係者諸氏による、こんな立派なサイトまで始まってしまえば、
もうオレにできる仕事など何も残っていない。
(2001.06.30)


「間羊太郎」名義で原作を担当した、どの、誰の単行本にも未収録の劇画作品、
上村一夫『仕置猫』(初出:【週刊プレイボーイ】1975年12月9日号)について、
(故人の仕事の中では、おそらく唯一の、書き下ろしオリジナル・ストーリーによるコミック作品であると思われる)
故・上村一夫氏の、ファンの方によって運営されている公式サイト【上村倶楽部】様から
貴重な情報の提供をいただきました。
ありがとうございます。
(2003.01.27)



※【単行本未収録作品メモ】




このホームページのホストはです。無料ホームページをどうぞ







どんな石つぶてでも受けよう!
kasimasi@olive.plala.or.jp