ブラックジャック

おもしろ画像のピンポイントストリートビュー


[はじめに]

正式な名称はわすれました。

[遊び方]

2人(例AとB)で遊びます。
まずAは、「1」または「1」・「2」と言います。次に、BはAが最後に言った数字の次の数字を言います。次に、AはBが最後に言った数字の次の数字を言います。交互に言い続けるわけです。
数字の言い方は、たとえば「10」のみでもいいですし、連番の「10」「11」でもいいです。なお、連番は2個までです。
2人で数字を言いあいながら、最後に「21」と言った方が負けです。
ルールはこれだけです。

[必勝法]

後ろから、つまり「21」から「1」までの推移、で説明します。
ようするに、自分が最後に「20」と言えばいいのです。
さて、自分が「20」と言うためには、相手が「18」または「19」で終わる言い方をしてくれればいいわけです。そのためには、自分が「17」で終わる言い方をしなくてはなりません。
自分が「17」と言うためには、相手が「15」または「16」で終わる言い方をしてくれればいいわけです。そのためには、自分が「14」で終わる言い方をしなくてはなりません。

これを続けると、「20」「17」「14」「11」「8」「5」「2」となります。3飛びの数字になります。
当然、相手はこの必勝法を知らないでしょうから、「8」「5」「2」くらいはいいとして、「11」あたりから必勝パターンに誘い込めば、絶対に勝ちます。

[追記]

「21」と言ったら負け、を変更して、たとえば「47」でもかまいません。また、連番は2個まで、を変更して、たとえば5個まででもかまいません。上記必勝法を応用すれば、絶対に勝ちます。



不等式 関数 図形と方程式 軌跡と領域 微積分―整関数 公式集

「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|