フラクタルと腸





フラクタルの定義
相似図形の重なりで定義された図形

フラクタルの例
正三角形の場合

各辺で、3等分した長さを辺とした正3角形を、各辺で3等分した位置に付ける。

外周の直線で、3等分した長さを辺とした正3角形を、各辺で3等分した位置に付ける。


さて、これを続けていけばどうなるか。
辺の長さをとして面積を計算する。
次に周囲の長さを計算する。
したがって、周囲の長さは発散する。
これは2次元の話だが、3次元で考えると、体積は有限なのに表面積は無限という図形を描くことが可能である。

さて、人間の腸は食物の栄養や水分を吸収する器官である。
腸の体積は腹に収まる程度、長さは7〜9m程度、しかし表面積は小腸だけでもテニスコート1枚分あり相当の広さである。腸の断面図は別サイトで検索してください。構造がフラクタルのようになってます。

不等式 関数 図形と方程式 軌跡と領域 微積分―整関数 公式集

「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|