小学生向けゲーム(数当て)





[はじめに]

私が子供の頃に見た、ある本の中に掲載されていた数当て
ゲームです。小学生でもできますので。ぜひ挑戦してみてく
ださい。

[用意するもの]

右図を紙に印字し、7枚のカードを作ってください。用意
するものは他にはありません。

[遊び方]

数を考える人(A)と、その数を当てる人(B)の2人で行
います。

Aは、1から127までの数字の中で、好きな数字を1つ考
えます。できれば1や2などよう小さい数字ではなくて、2
桁以上の数字がいいと思います。当然、その数字をBに教えて
はいけません。

Bは、用意した7枚のカードを1枚づつAに見せて、考えた数
字がカードにあるかどうかを聞きます。見せ方は、1・2・3
の順番通りでもいいですし、順番通りにしなくてもかまいませ
ん。

7枚すべて見せ終わったら、BはAの考えた数字を当てます。

(注)Bの能力により、考える人(A)が2人・3人でもかま
いません。

[数字の当て方]

Aが「ある」と答えたカードの1番左上の数字をたしてゆくと、
Aの考えた数字になります。たとえば、カード2・4・5にあ
れば、2+8+16で26となります。したがって、カードを
Aに1枚づつ見せて、「ある」と答えたら、暗算で1番左上の
数字をたしてゆけばいいのです。

[原理]

数字を2進法で表現しました。

[応用編]
右図に3進法のカードを作ってみました。
右図に10進法のカードを作ってみました。


不等式 関数 図形と方程式 軌跡と領域 微積分―整関数 公式集

「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|