ピタゴラスの定理

おもしろ画像のピンポイントストリートビュー


[はじめに]

ピタゴラスの定理は、紀元前570年頃発見された定理です。当時の大科学者しか知らなかったことですが、今では中学生が理解するにいたりました。

[発見の由来]

発見については、次の2つの説があります。

1、 ピタゴラスが寺院で下図な敷石を見て、

たまたま、敷石を下図のように区切ってみたことが原因で、

拡張したという説。

2、 エジプト人がが知っていたことの中に、辺の長さが3:4:5ならば直角三角形で、32+42=52が成り立つというのがありました。バビロニア人がが知っていたことの中に、辺の長さが5:12:13ならば直角三角形で、52+122=132が成り立つというにがありました。そしてこれを拡張したという説があります。

私としては、1を支持します。

[裏話]

 当時、ピタゴラスの学校というものは、現代の学校と違い、閉ざされた集団でした。教えられたことを外部に漏らしていけなかったし、新しい発見があっても、個人名で発表するはできませんでした。したがって、ピタゴラスの定理(三平方の定理)が、本当にピタゴラス自身による発見かどうかはわかりません。



不等式 関数 図形と方程式 軌跡と領域 微積分―整関数 公式集

「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|