アインシュタイン
特殊相対性理論(光の速さについて)



Aが光り、0.1秒後にとなりのBが光ったとする。AとBの光は遠くのCに届き、Cは「Aが光り、0.1秒後Bが光った」と言います。


ここでBの光りが倍の秒速60万kmと仮定します。上記実験を行った場合、Bの光りはAを追い越してしまいます。Cは「Bが光り、そしてAが光った」と言うはずです。


もしも光速の秒速30万kmを超えるものが存在した場合、因果関係に矛盾がでます。


「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|