アインシュタイン
特殊相対性理論(質量について)



もしも、ロケットに無限のエネルギーがあって、絶えず一定の力が発生できるとする。ニュートンの運動の第2法則
「加速度=力/質量」
より、一定の加速度が出て、ロケットは速くなり、ロケットはいつのまにか光速度を越えてしまします。
「力」が一定ならば、「質量」の解釈が変わらなければなりません。
ロケットが光速に近い速さになれば、加速度はほぼ0にならなければならないから、質量が無限大にならなければなりません。
質量の増加する式は、下記になります。

:相対的に運動している質量
:同じ物が静止している場合の質量
:相対速度
:光速度


「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|