2002年3月
積分の関係式の評価 No2


ある理由から、数学の歴史を調べ始めました。数学の歴史書を求め、図書館に行ったり、本を買ったりしました。
調べているうち、ある一冊の本の中に、ライプニッツの作った式として∫ydx=xy-∫xdyがありました。

ということは、∫ydx+∫xdy=xyの第1発見者はライプニッツ?。私は?番目。

私が「発見した」と思っても、間違っていたり、既にだれかが発見済みだったりするのがよくあることです。今回もさほど落胆してません。

ところで、私が第三者に、証明を見せないで∫ydx+∫xdy=xyを見せると、「成り立つ訳がない」と必ず誤解されました。ということは、ライプニッツの歴史はどこに消えたのでしょうか。


「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|