UFOの飛行原理の推測


[前提条件]

 私はUFOを見たことがありません。ただ、テレビの特集番組で、UFOは高速飛行から急に停止状態になることができる、逆に停止状態のから急に高速飛行ができる、と報道されていますから、これだけを真実と仮定して飛行原理を推測してみます。なお、信憑性はまったくありません。

[実験]

実は、だれもが地上でこの飛行方法を体験することができます。できますが、絶対にしないでください。
方法は、まず車で高速自動車道を時速100qで走行します。次に料金所の建物の中央につっこみます。そうすれば一瞬で停止することができます。しかし、搭乗者は当然即死でしょう。

[推論]

上記実験から、UFOの中にいる宇宙人は、たえずUFOの中の側面に衝突していなくてはなりません。衝突は、体がつぶれるくらいの激しさを持っていますから、命がいくつあってもたりません。

一瞬の速度の変化を感じさせない方法(装置)が、UFO内にほどこされているはずです。

いわゆる重力制御でしょう。
UFO本体を、なんらかの推進装置で加速度αで飛行させたと仮定します。αは、一瞬だけとんでもない数字になると思いますが、飛行と同時に、UFOの中もαに対抗するだけの重力を制御しなくてはなりません。

UFO本体を推進するための制御、UFO内部の重力の制御をするわけです。そもそも重力を制御できるのであれば、わざわざ2種類の制御をするのは無駄だと思いますから、UFO全体を重力制御で飛行させれば合理的と思います。

仮に、UFOの外に強力な重力源を作れるとしたら、UFOはそこへ引っ張られます。それも、自由落下と同じですから無重力です。UFOが高速になったら、重力源を消滅させます。UFOはそのまま高速で飛行するでしょう。かつUFOの中は無重力で。

しかし、重力源ができれば、UFOの他にまわりの空気も集まります。重力源を一瞬にして消滅させれば、集められた空気は解放され、たぶん大爆発のような音がするはずです。

UFOは音をたてずに飛行するらしいですから、矛盾します。

結局、飛行原理は今の物理では説明できない、という結果にいたりました。


「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|