左利きの薦め


みなさんは、ほとんど右利きだと思います。
いつも右手ですることを、たまに左手でやってみてください。
右脳を鍛えることができます。

私の場合、当然右利きです。
中学生のころ、交通事故にあいました。
1、2週間は昏睡状態、次が車椅子状態、その後立てたのですが、右肩を傷めたので、右手が肩より上へ上がりませんでした。
1ヵ月後約2週間、自宅療養。暇なので、紙でボールを作り、左手で投げて、暇つぶしをしました。
そのとき、左手でスポーツすることの楽しさを覚えました。
正常に戻ったのは4ヶ月後だったと思います。

交通事故以前の私の成績は、中の上程度で、大学なんて考えられませんでした。工業高校を志望してました。
しかし、その後成績がのびて、進学高に入学し、高校卒業時には上位にまで上り、大学に1回で合格しました。

私は当時、「左」の効能を考えたこともありませんでした。今ここで振り返ってみると、頭を使った後は、頭全体が重くなった感じがありました。

さて、日々の生活の中で、人間の脳は限られた領域しか使われていません。そこで、数%でもいいから領域を増やそう、とする手段の一つが「左」だったのかもをしれません。しかし「左」の他に、「集中力」とか「努力」とかさまざまな要因も必要なのは当然です。


「こだわりハウス」写真館| 数学公式集| ピンポイントストリートビュー| FaceBook|