インターネットトラブルの部屋

インターネットでこんな事があって困った という時に便利です。
ただし、自己責任の上で行ってください。管理人は責任を追わないこととします。

TOP PAGE

Outlook Express
  • URLをクリックしてもIEが起動しない (2000/1/13)
  • 添付ファイルをクリックするとファイルが開いてしまう (99/10/13)
  • OE4 からOE6にアップするとメールが消える (2001/10/1)
  • メールデータのインポートができない (2000/6/7)
  • Folders.dbxファイルがない (2000/8/15)
  • 登録したアドレスを宛先にしても表示名がでない (2000/3/15)
  • デスクトップにメールフォルダーができた (2000/9/25)
  • デスクトップなどのショートカットが編集できない (2000/9/25)
  • POPサーバーがlocalhostになっている (2001/1/29)
  • 起動時のめがねとペンの画面がでない (2002/1/7)
  • メールのパスワード画面が隠れる (2001/5/21)
  • メールのパスワードが保存できない (2001/9/10)
  • Hotmailのフォルダー名が文字化け (2001/5/21)
  • Hotmailのフォルダーがエラーで表示できない (2001/12/10)

    メール作成

  • メッセージ作成ウィンドウがエラーで開かない (2000/1/8)
  • 作成画面に送信者のアドレス欄がない (2001/7/9)
  • 作成画面の本文で日本語入力が解除される (2002/2/11)
  • HTML形式で画像の挿入でエラーが出る (2001/10/9)
  • IEの"メール"ボタンよりOEが起動できない (2002/5/8)
  • 宛先欄にアドレスの頭文字を入れても候補がでない (2002/4/15)

    送受信

  • 送受信後にダイヤルアップが切断されない (2000/1/8)
  • 送受信やOEを起動すると回線が切断される (2001/6/21)

    受信

  • 同じメールを受信する (2001/7/23)
  • メールを受信しても音が鳴らない (2000/9/11)
  • メールを受信すると削除済みに移動する (2000/10/23)
  • メールを受信するとOEが反応しなくなる (2001/7/2)
  • メールを受信すると損傷しているとメッセージが (2002/4/15)
  • メール受信時にKERNEL32.DLLやMSHTML.DLLのエラ (2001/3/12)
  • OE6でメールがタイムアウトにて受信できない (2001/11/12)
  • OE6 添付ファイルが削除される (2002/2/25)
  • Badtrans.Bを受信してから受信できない (2002/1/28)

    送信

  • メールを送信すると"デジタルIDがありません" (2000/12/29)
  • メールを送信すると強制終了する (2001/3/5)
  • メールを送信するとエラーメッセージがでる (2001/7/9)
  • メールを送信すると"送信トレイが開けない"とメッセージがでる (2002/5/7)
  • 起動
  • 起動できない (2001/7/9)
  • Msimn のページ違反がでる (2002/4/22)
  • 起動や送信時にエラーメッセージがでる (2001/7/9)
  • "通常使用するメールクライアントとして選択されていません"
       (2000/3/18)
  • "MSOE.DLLを読み込めなかったため、Outlook Expressを
       起動できませんでした。"
     (2001/7/2)
  • "MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Expressを
       起動できませんでした。"
     (2001/6/18)
  • "Outlook Express を起動できませんでした"  (2001/10/9)
  • "エラーが発生したため、msimn.exeを終了します" (2002/3/25)
  • OE4 からOE6にアップすると起動できない (2002/3/4)
  • IE/OE でKernel32.dll のエラーがでる (2000/9/11)
  • 起動がおそくなった (2002/5/7)
  • 起動後もHDDからアクセス音がする (2000/6/4)
  • OEを起動すると回線が切断される (2001/6/21)
  • 受信トレイが消え"Outlook Express へようこそ" が (2001/11/5)

    使用中

  • OE6 添付ファイルが開けない (2002/1/7)
  • OE6 保存フォルダーの変更ができない (2002/1/7)
  • OE6 動く雛形が見れなくなった (2002/5/7)

    終了

  • Msimn のページ違反がでる (2001/11/12)
  • 終了時に エラーがでる (2001/3/19)
  • 終了時にOEがハングする (2001/7/16)

    ユーザー切換

  • 切換が異常に遅い (2000/11/6)
  • 切換時に"他のOutlookExpressのインスタンス"のエラーがでる (2002/3/11)
  • 他のユーザーに切換ができない (2003/1/14)

    印刷

  • 指定したフォントサイズにならない (2001/4/16)
  • メールを印刷すると余白がおかしい (2001/7/23)
  • 送信日時の"時刻"が印刷できない (2001/4/16)
  • IEをアップするとOEで印刷できなくなる (2001/7/9)
  • Internet Explorer
  • IEをインストールできない (2001/9/25)
  • IE5.5SP2をインストールできない (2001/11/5)
  • IE5.xを再インストールできない (2001/8/13)
  • Iexplore のページ違反がでる (2001/9/25)
  • [インターネットオプション]が開けない (2001/6/4)
  • アドレスボックスに入力で"アクセスは禁止されています" (2000/2/25)
  • Web閲覧で"スクリプトエラー"がでる (2000/10/30)
  • Webのソースがみれない (2000/12/5)
  • Jpg形式の画像を保存するときにJpegとなる (2002/1/14)
  • 画像がBMP形式しか選択できない (2000/12/5)
  • メールアドレスをクリックすると既定のメールクライアント・・・のエラーがでる (2002/1/14)
  • IEの履歴が消える (2002/2/18)

    起動

  • 起動が遅くなった (2001/7/23)
  • 起動すると接続オプションが変わる (2000/12/11)
  • 重要な更新の通知がでてしまう (2000/1/25)
  • IE5.5 エラーがでる、または起動できない (2000/10/30)
  • "コンテンツアドバイザの設定を確認してください"がでる (2000/11/20)
  • アドレス帳
  • エラーで開かない (2000/9/17)
  • 新規フォルダー作成メニューがない (2000/7/10)
  • アドレスデータがインポートできない (2001/2/19)
  • インポート・エクスポートメニューが選択できない (2002/3/11)
  • 最後のフィールドがインポートできない (2000/7/16)
  • 個人情報の変更ができない (2000/7/16)
  • データが消えた (2002/5/20)

    ダイアルアップ接続

  • ダイアルアップネットワークのパスワードが保存できない
  • ダイアルアップ接続で時間がかかる (2000/8/20)
  • "ユーザー名とパスワードを確認しています"が二度表示する
     (2000/8/20)
  •  OE5 が起動できない
     OEを起動させるとエラーがでたり または、起動できなくなったことはありませんか?
     色々な原因が考えられますので下記を参考にしてください。

    エラーメッセージがでるときは
    OE5 起動時に Msimn のページ違反がでるを参照
    IE/OE 起動時にKernel32.dll のエラーがでるを参照
    OE 起動時に "通常使用するメールクライアントとして選択されていません" がでるを参照
    OE 起動時に "MSOE.DLLを読み込めないため、Outlook Expressを起動できませんでした" がでるを参照
    OE 起動時に "MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Express を起動できませんでした" がでるを参照
    OE 起動時に "Outlook Express を起動できませんでした" がでるを参照
    OE ユーザーの切換時に"他のOutlookExpressのインスタンス"のエラーがでるを参照
    OE 起動や送信時に "Outlook Express: メッセージは送信できませでした。"を参照
    OE 起動や送信時に "不明なエラーが発生しました。"を参照
    OE 起動時に "ユーザーの切り替え"のエラーがでるを参照
    OE 起動時に "エラーが発生したため、msimn.exe を終了します"を参照

    1. OE4 のPGP (Pretty Good Privacy) をインストールしている
    これは実はPGPのOutlook Express Plugin をインストールしたためです。
    PGP はOE4で作動しますので OE5 では不具合がでます。(msoe.txtを参照してください。)
    対処方法はまずOE5をアンインストールしたあとでPGPをアンインストール。
    OE5を再インストールして正常かどうか動作確認してください。
    PGPをインストールする時にOutlook Express Plugin を外してから行ってください。

    2. OE5でデータファイルが壊れた時
    フォルダーの最適化や何かの原因で、OE が強制終了してから起動できないときは
    フォルダーなどのファイルが壊れている可能性もあります。
    スキャンディスクをオプション"完全"で実行してください。
    エラーでOE関係がでていれば修正してください。(自動修正のほうがベターです。)
    OE が起動できるか確認してください。

    スキャンディスクしても直らない場合はファイルが壊れている可能性があります。
    この場合すべての情報がある "Folders.dbx" だけが壊れている時と、
    メール関係のその他の "***.dbx" が壊れている時があります。
    4のファイル属性が読取専用になっていないか確認して(なっていれば解除してOE起動を確認) データフォルダーすべてのファイル(メール・ニュース・その他)をバックアップしてから削除して下さい。
    これで OE5 が起動するか確認してみてください。

    起動できる場合
    どれかのファイルが壊れているだけですのでインポートで復旧して下さい。
    方法は OE5のメールデータのバックアップ・リストアを参照

    エラーがでるときは一つずつインポートしてください。
    あとでニュースデータもリストアしてください。(これについては復旧できないときもあります。)

    起動できない時
    OE5 関係に問題があると思われます。"3. レジストリが原因の時" を確認して正常であればOEをアンインストールして再インストールしてください。(データのバックアップしてから)

    3. レジストリが原因の時
    症状として、アイコンが2〜3秒砂時計となるが起動できない。
    原因はマルチユーザー設定でユーザーの変更にて強制終了となった場合に多いようです。
    危険を伴いますのでレジストリをバックアップして自己責任で行ってください。

    次の場所のキーを捜して下記の緑色の記述を残してそれ以外の赤い項目がある場合は削除してください。
    念のためレジストリの書き出しを行ったほうがいいかもしれません。

    HKEY_CURRENT_USER\Identities\
       標準      =(値の設定なし)
       Default User ID ={********-****-****-****-************}
       Migrated5    =0x00000001(1)
       Start As    ={********-****-****-****-************}
       Last User ID  ={********-****-****-****-************}
       Last Username  =******

       OutgoingID   =******
       Changing"    =******
       IncomingID   =******

    上記にて削除して駄目だった時や、エントリーが無い場合は、下記のエントリーも削除。(2000/6/23)
       Start As    ={********-****-****-****-************}
       Last User ID  ={********-****-****-****-************}
       Last Username  =******

    これで OE5 が起動するか確認してみてください。

    起動できない時
    レジストリエディターで次のキーをリネームしてください。
    HKEY_CURRENT_USER\Identities
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Account Manager

             ↓
    HKEY_CURRENT_USER\Identities_
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Account Manager_

    方法はIdentitiesを選択して右クリック-名前の変更で"_"を追加して、もうひとつのキーも同様にしてください。
    "_"については何を入れてもいいです。(日本語は入れないでください。)
    Shiftキーを押しながら左横の"ろ"で入力できます。
    これで起動できるときはレジストリに異常があるか、間違った設定が原因と考えられますのでOEの設定を新たに行ってください。

    4. バックアップ等でファイル属性がreadonlyになっている時 (2000/5/04)
    Outlook Express のデータファイルは属性がアーカイブでないといけません。
    属性の変更をしてください。
    下記のエラーメッセージが表示されます。

    Folders.dbx の場合
     Windows98
     Msimn このプログラムは不正な処理を行ったので強制終了されます。
     終了しない場合は、プログラムの製造元に連絡してください。

     Windows2000
     エラーが発生したため、msimn.exe を終了します。
     プログラムをもう一度開始する必要があります。
     エラーログを作成しています。

    Offline.dbx の場合
     Outlook Express を起動できませんでした。正しくインストールされていない可能性があります。
     ディスクに空き容量があり、メモリ不足でないことを確認してください。Microsoft サポートに連絡してください。(0x800C012E,5)

     MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Express を起動できませんでした。
     Outlook Expressが正しくインストールされていない可能性があります。

    その他データ "*.dbx" の場合
     プレビューウィンドウに下記のメッセージがでます。

     フォルダーを表示できませんでした。
     このフォルダーを開けませんでした。
     ----------------------------------
     考えられる原因
       空きディスク容量が不足しています。
       メモリ不足です。

     OE5 起動時に Msimn のページ違反がでる
     OEを起動させたり、メールを受信すると Msimn のページ違反のエラーがでて、困っていませんか?
     色々な原因が考えられますので下記を参考にしてください。

    エラーメッセージおよび原因
    エラーメッセージ                    原因      その他
    MSIMN のページ違反です。モジュール: "unknown"     1       メール受信時
    MSIMN の c0000006H 例外です。モジュール: DIRECTDB.DLL 1       メール受信時
    MSIMN のページ違反です。モジュール: DIRECTDB.DLL    1・2      メール受信時
    MSIMN のページ違反です。モジュール: MSOE.DLL      1・2・3 その他 メール受信時
    MSIMN のページ違反です。モジュール: 不明         1・2・3    メール受信時
    MSIMN のページ違反です。モジュール: KERNEL32.DLL    1・3・4・5・6  メール受信時
    MSIMN のページ違反です。モジュール: MSHTML.DLL      6        メール受信時
    MSIMN のページ違反です。モジュール: DIBENG.DLL     5・12
    
    MSIMN のページ違反です。モジュール: WAB32.DLL     7・8
    MSIMN のページ違反です。モジュール: MSOEACCT.DLL    9
    MSIMN のページ違反です。モジュール: WININET.DLL     10
    
    MSIMN のページ違反です。モジュール: MCSCAN32.DLL     11
    
    MSOE.DLLを読み込めなかったため、Outlook Expressを起動できませんでしたを参照
    MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Express を起動できませんでした。を参照

    原因1. Folders.dbx (2001/10/1)
      Folders.dbx ファイルが壊れたり、ファイル属性がリードオンリーのときにエラーがでます。
      スキャンディスクをオプション"完全"で実行してください。直ることがあります。

    1. [スタート]-[検索]で "Folders.dbx" があるフォルダーに移動する。
    2. "Folders.dbx" ファイルの属性がリードオンリーであれば解除。これで様子を見てください。
    3. 上記で方法で直らないときは、"Folders.dbx" ファイルを削除してOEを起動して確認。

    OEの環境にHotmailを設定している場合は、Hotmailのアカウントを削除してから、3の"Folders.dbx" ファイルを削除。
    正常を確認して再びHotmailの設定をしてください。

    Hotmailのアカウントがある状態でFolders.dbxを削除するとHotmailのデータが壊れ同期できなくなることがあります。

    原因2. Symantec Noton CleanSweep をインストールしている
      スタートアップに "Smart Sweep" が登録されているときにエラーがでます。

    1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行]で "msconfig" を入力して "OK"。
    2. [スタートアップ]タブで、CSINJECTの項目からチェックをはずす。
    3. "OK" をクリックして、再起動。

    ただし、この作業をすると、Windowsを起動しても "Smart Sweep" は起動しません。手動で行ってください。

    原因3. メッセージルールに矛盾がある (2001/1/9)
      OEのオプションで "起動時にメッセージの送受信を実行する" にチェックがあり、
     メッセージルールの中で "サーバーからダウンロードしない"・"サーバーから削除する" がある。
    1. メッセージルールの変更または削除をしてください。

    OEが起動できない時は下記のレジストリを確認。
    HKEY_CURRENT_USER\Identities\{**-**-**-**-**}\Software\Microsoft\Outlook Express\5.0\Mail

    エントリー "Check Mail on Startup" のDWORD値が0x00000001(1) の時は、右クリック-変更 で 0 を入力。
    起動できるか確認してください。起動できればメッセージルールの変更または削除をしてください。

    参考: メッセージルールのレジストリ(これからも変更および削除可能)
    HKEY_CURRENT_USER\Identities\{**-**-**-**-**}\Software\Microsoft\Outlook Express\5.0\Rules\Mail\00x\Actions\000

    Type がDWORD値で 0x00000008(8) または 0x00000009(9)のルールを探す。
    メッセージルールをいくつか登録している場合は、00x すべて確認する。"00x" は数字になっています。
    見つかれば、"00x" を選択してレジストリの書き出し(バックアップのため)を行い、右クリック-削除。
    OEが起動できるか確認する。

    ただし、この作業は危険です。自己責任で行ってください。

    原因4. ダイアルアップ接続が損傷 (2001/1/9)
      ダイアルアップネットワーク接続の現在設定している接続アイコンを削除し、名前を変えて新規に作成してください。

    原因5. ディスプレィアダプタ・ドライバーが原因(2001/10/9)
      ハードウェアアクセラレータを落とすか、ドライバの入れ直しをしてください。
      デスクトップで右クリック-プロパティ。
      [グラフィックコントロール]タブ、または[設定]-[詳細]ボタンをクリック。(パソコンのグラフィックボードにより場所は違う)
      "ハードウェア アクセラレータ"のスライダーを左にしてレベルを下げる。

      #DIBENG.DLLの場合
      ただし、一時的な対処で、再び出る可能性が高いです。その時はOSからのクリーンインストールをしてください。

    原因6. 起動時や受信時にKERNEL32.DLL,MSHTML.DLL (2001/3/12)
      IE4.x,IE5.0 の環境の方
       IEのアップで5.01以上にしてください。(WindowsUpdate及び雑誌の付属CDより)

      すでにIE5.01以上の方
       メールデータの損傷およびメッセージルールの損傷等が考えられます。

     1.保存フォルダーにあるすべてのファイル(*.dbx)を別のフォルダーに移動。
      これで受信等が可能か確認して正常であれば、移動したデータをインポートで戻す。
     2.メッセージルールをすべて削除する。
      起動できない人は原因3の方法のレジストリの変更にて起動できるようにする。

    原因7. アドレス帳が壊れている時

    1. エクスプローラ等で次のファイルを実行して、起動できれば "WAB32.dllが壊れている時" を調べてください。
      Program Files\Outlook Express\wab.exe
    2. 起動しないときはアドレスデータファイルが壊れています。検索で "*.wab" とタイプして探してください。
      普通デフォルトでは、次のフォルダーにあります。
      Windows\Application Data\Microsoft\Address Bookでファイル名は "ユーザー名.wab" です。
    3. ファイル名を "backup.wab" などの名前に変えてOutlook Express を起動して、アドレス帳を開いてください。
      アドレス帳が新規に作成されます。
      注意: 拡張子は変えないでください。(後でインポートして戻すため)
    4. 正常になればアドレス帳をインポートしてください。
      方法は[ファイル]-[インポート]-[アドレス帳(WAB)]
      先ほどリネームした "backup.wab" ファイルを選択して、[開く] をクリック。
      インポートでエラーがでるときは修復不可能です。

    原因8. WAB32.dllが壊れている時

    1. 検索で "WAB32.dll" とタイプして探してください。
      普通デフォルトでは、次のフォルダーにあります。
      Program Files\Common Files\System
    2. ファイル名を "wab32dll.bak " などの名前にリネームして、IEの再インストール。
      注意: インストールの選択画面で、すべてのコンポーネントを再インストールするかどうかがでる場合
      [すべてのコンポーネントを再インストールする] を選択してください。

    原因9. アカウント情報が壊れている時(2000/7/4)
     メール・ニュースなどのアカウント情報が壊れている時に、エラーがでます。

     以下の方法を行うとニュースのデータは削除されます。
    1. 下記のレジストリ "000000xx" をすべて削除。(バックアップして)
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Account Manager\Accounts\000000xx
    2. OE5が起動できるか確認してください。
      このキーはメールやニュースのアカウント情報です。
    3. 起動ができればメールやニュースのアカウントを設定。

    ヒント
     データ(*.dbx)をバックアップして、レジストリをそれぞれ書き出してから削除。
    正常にOE5が起動できればどれかのアカウントが壊れている。
    ひとつずつレジストリの結合を行いOEの起動を確認して、壊れているアカウントを調べる。
    壊れたアカウントが特定できれば、壊れているレジストリのキーを削除し、OE5から新たにアカウントを作成する。
    OE5を終了して、作成したアカウント情報のレジストリキー番号を以前と同じにする。
    データファイル(*.dbx)を元に戻す。

    原因10. インターネット一時ファイルなど履歴情報が壊れている時(2001/3/5)
    下記の方法のどの順でも行い正常になるのを確認してください。

    1.ダイアルアップ接続を新規に作成する。
    2.IEの[ツール]-[インターネットオプション]-[全般]タブの"インターネット一時ファイル" の[ファイルの削除]ボタンをクリック。
    3.IEの[ツール]-[インターネットオプション]-[全般]タブの"履歴" の[履歴のクリア]ボタンをクリック。
    4.Wininet.dllファイルを[スタート]-[検索]より探して Wininet.old にファイルネームを変更(リネーム)する。

    原因11. McAfee VirusScanが原因(2001/9/3)
    McAfee VirusScanをインストールしている環境でサポートが終了したエンジンバージョンに最新DATをインストールした時に、エラーがでます。
    新しいエンジンバージョンにアップ(有料)するか、アンインストールしてください。

    ただし、アンインストールするとウィルスから防御できなくなります。
    アンインストール後には必ず"Imagehlp.dll"をシステムに抽出作業を行ってください。

    修正方法 システムファイルの復元方法 を参照

    原因12. Microsoft OfficeXPが原因(2002/4/22)
    WindowsMe環境でOfficeXPの[手書き]入力をインストールしている場合にエラーがでます。
    1.[画像の位置]の設定を[拡大して表示]以外に設定する
     何も無いデスクトップを右クリック−プロパティ。[画面のプロパティ]-[背景]タブの[画像の位置]を[拡大して表示]以外に設定。
    2.画面の解像度を変更する
     画面の解像度を1280x1024より低い値に設定。
    3.手書きをアンインストールする
     [スタート]-[設定]-[コントロールパネル]の[アプリケーションの追加と削除]からOffice XP を選択し、[追加と削除] をクリック。
     [機能の追加/削除]を選択して、[次へ]。[インストールするアプリケーション] から、[Office 共有機能]-[入力システムの拡張]の下にある[手書き]をクリックし"インストールしない"を選択して、[更新]。

     OE5 起動や送信時にエラーメッセージがでる
     OEを起動させたり、メールを送信するとエラーがでて、困っていませんか?
     色々な原因が考えられますので下記を参考にしてください。

    エラーメッセージ
    Outlook Express: メッセージは送信できませでした。ディスク領域が足りません。
    
    不明なエラーが発生しました。
    プロトコル : SMTP, ポート : 0, セキュリティ (SSL) : なし, エラー番号 : 0x800c0131 
    

    原因
      Folders.dbx ファイルが壊れたり、ファイル属性がリードオンリーのときにエラーがでます。
      スキャンディスクをオプション"完全"で実行してください。直ることがあります。

    1. [スタート]-[検索]で "Folders.dbx" があるフォルダーに移動する。
    2. "Folders.dbx" ファイルの属性がリードオンリーであれば解除。これで様子を見てください。
    3. 上記で方法で直らないときは、"Folders.dbx" ファイルを削除してOEを起動して確認。

     OE 起動時に "通常使用するメールクライアントとして選択されていません" がでる
     OE 起動時に "Outlook Express は通常使用するメール クライアントとして選択されていません" のエラーメッセージがでて困っていませんか?

    IEの[ツール]-[インターネットオプション]-[プログラム]タブの、電子メールに Outlook Express が表示されてない場合に起こります。(IE5の場合 IE4の時は読み替えてください。)

    原因はOffice 97 または、Outlook 97 をアンインストールした場合にこの問題が起こるようです。
    Outlook Express を再インストールしてください。

     OE 起動時に "MSOE.DLLを読み込めなかったため、Outlook Expressを起動できませんでした" がでる
     OE 起動時に "MSOE.DLLを読み込めなかったため・・・" のメッセージがでて困っていませんか?

    "MSOE.DLLを読み込めなかったため、Outlook Expressを起動できませんでした"

    原因1
    違うバージョンのOEをインストールやアンインストールを行った時におこります。
    Outlook Express のファイルを削除して Outlook Express を再インストールしてください。

    対処

    1. エクスプローラで C:\Program Files\Outlook Express\ のフォルダーごと削除。
    2. Outlook Expressを再インストール。

    同ドライブのデュアルブート環境では両方のOEは同じバージョンにしてください。

    原因2 (2001/7/2)
    WindowsMe環境でアドレス帳がインストールされていないときにエラーメッセージがでます。
    Windows アドレス帳を再インストールしてください。

    対処

    [スタート]-[設定]-[コントロールパネル]-"アプリケーションの追加と削除"。
    [Windows ファイル]タブの"アドレス帳"にチェックを入れ OK。Windowsを再起動。

     OE 起動時に "MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Express を起動できませんでした" がでる
     OE 起動時に "MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Express を起動できませんでした" のメッセージがでて困っていませんか?

    エラーメッセージ1
    MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Express を起動できませんでした。
    Outlook Expressが正しくインストールされていない可能性があります。

    対処
    1.保存フォルダーにあるOffline.dbx のファイル属性が読取り専用の場合
     [スタート]-[検索]で *.dbx を入力して "Offline.dbx" の場所を探しエクスプローラで右クリック-プロパティで"読取り専用" のチェックを外す。
    2.Microsoft Office のOutlookをインストールしている場合
     Outlookを一度起動する。[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]にあるアドレス帳が起動できるか確認する。
    3.アドレス帳のシステムが壊れている場合
     C:\Program Files\Outlook Express\wab.exe をダブルクリックして起動できるか確認する。
     [コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]-[Windowsファイル]でアドレス帳がある場合はチェックを外してWindowsを再起動後にふたたびチェックしてインストールする。

    エラーメッセージ2 (2001/6/18)
    MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Expressを起動できませんでした。
    Outlook Express を起動できませんでした。 アプリケーションはインターネット アカウント マネージャを開けませんでした。
    メモリ不足かディスクの空き領域が足りません。Microsoft サポートにお問い合わせください。 (0x80007114)

    対処
    原因はユーザー情報のレジストリが壊れたためです。
    1. 下記のレジストリを削除。
      HKEY_CURRENT_USER\Identities
    2. OE5が起動できるか確認してください。
    3. 起動ができればメールやニュースのアカウントを設定。

    ユーザーをいくつか作成している場合はすべての情報が削除されますので1のレジストリを削除する前に正常なユーザー情報をバックアップしてください。
      HKEY_CURRENT_USER\Identities\{***-***}
    {***-***}をクリックして[レジストリ]-[レジストリファイルの書き出し]でユーザー名が分かるように名前をつけて保存してください。(***.regになります。)
    問題が解決していれば "***.reg" ファイルをダブルクリックするとレジストリが結合され元に戻ります。

     OE5 起動時に "Outlook Express を起動できませんでした" がでる
     OE 起動時に "Outlook Express を起動できませんでした" のメッセージがでて困っていませんか?

    エラーメッセージ1
     Outlook Express を起動できませんでした。アプリケーションはOutlook Expressメッセージストアを開けませんでした。
     メモリ不足かDiskの空き容量が足りません。MSサポートに連絡してください。

     MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Expressを起動できませんでした。
     Outlook Expressが正しくインストールされていない可能性があります。

    対処
    レジストリエデッターで下記のエントリーを確認。
    キー   :HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
    エントリー:ProgramFilesDir

    ProgramFilesDirがインストールしたドライブでなければ変更。
    通常CドライブのProgram Filesとなっています。

    マルチブート環境等で間違ったドライブとなっている場合などはインストールしたドライブに変更してください。
    例: D:\Program Files

    エラーメッセージ2 (2001/10/9)
     Outlook Express を起動できませんでした。フォントオブジェクトを作成できませんでした。
     メモリ不足かDiskの空き容量が足りません。MSサポートに連絡してください。

     MSOE.DLLを初期化できないため、Outlook Expressを起動できませんでした。
     Outlook Expressが正しくインストールされていない可能性があります。

    対処
    原因はインストールしているバージョン情報が、正しくレジストリに記述されていないためです。
    1.OEをアンインストール。
    2.レジストリエデッターで下記のキーを削除。
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\
       Installed Components\{44BBA840-CC51-11CF-AAFA-00AA00B6015C}]

    3.OEをインストール。

     OE5 起動時に "エラーが発生したため、msimn.exe を終了します" がでる
     OE 起動時に "エラーが発生したため、msimn.exe を終了します" のメッセージがでて困っていませんか?

    エラーメッセージ
    エラーが発生したため、msimn.exe を終了します。プログラムをもう一度開始する必要があります。
    エラーログを作成しています。

    または
    MSIMN のページ違反です。モジュール: MSOE.DLL

    対処1
    メールデータファイルの属性がリードオンリーのときにエラーがでます。
    1. [スタート]-[検索]で "*.dbx" があるフォルダーに移動する。
    2. ファイルの属性がリードオンリーであれば解除。これで様子を見てください。

    対処2
    レジストリにダメージがある場合にエラーがでます。
    レジストリエデッターで下記のキーを削除。
    [HKEY_CURRENT_USER\Identities]

     OE4 からOE6にアップすると起動できない
     OE4 からOE6にアップすると"ユーザーの切り替え"のエラーで起動できなくなり困っていませんか?

    エラーメッセージ
     現在使用中のアプリケーションのため、現在のユーザーを変更できません。
    他のアプリケーションで開いているダイアログボックスをすべて閉じてからやり直してください

    対処
    レジストリエデッターで下記のキーを削除。
    [HKEY_CURRENT_USER\Identities]

    OEを起動してアカウントなど初期設定をして、メッセージをインポート。
    OE4の時のメールデータは"*.idx","*.mbx" で、 C:\WINDOWS\Application Data\Microsoft\Outlook Express\Mail\にあります。

    OE4 からOE6にアップするとメールが消える
    メールデータのインポートができないを参考にしてインポートしてください。

     IE/OE 起動時にKernel32.dll のエラーがでる
     IEやOE の起動中にページ違反、モジュール Kernel32.dll のエラーメッセージがでて困っていませんか?

    症状  下記のようなエラーメッセージがでる
    Explorer のページ違反です。モジュール: Kernel32.dll
    Iexplorerのページ違反です。モジュール: Kernel32.dll
    Commgr32 のページ違反です。モジュール: Kernel32.dll
    Msgsrv32 のページ違反です。モジュール: Kernel32.dll
    Mprexe  のページ違反です。モジュール: Kernel32.dll
    Guide  のページ違反です。モジュール: Kernel32.dll
    

    原因
    パスワードリストファイルが壊れた可能性があります。

    対処
    Windows のフォルダーにある "*.PWL" ファイルを削除する。
    Windows を再起動してパスワードの設定をする。(設定しない場合は "OK" のみ)
    ダイアルアップ接続などのパスワードも再登録してください。

    IE5.5において、REGET 1.6 がインストールされている場合 (2000/9/11)
    Regetの[オプション]-[プログラムオプション]-[連携]-[ブラウザのクリック]の"Internet Explorer"のチェックを外してください。
    または、REGET 1.7 以上にすると解消されます。

     OE5 の起動がおそくなった
     OE5 の起動がおそくなって、困っていませんか?
     OEの起動とIEの入力フォームなどテキストボックスで入力に時間がかかる場合は6以下の原因が考えられます。

    1. リソース不足の時
    常駐プログラムが多いとリソースが少なくなりシステムが不安定になります。そのため、起こることもあります。
    使えるリソースはWin9x系では64KBしかなく、物理メモリーを増やしてもリソースは増えません。
    リソースを確保するには、不必要な常駐プログラムを起動させなくし、資源を消費させない方法しかありません。
    OE に限らず他のアプリにも影響が出ますから極力リソースは減らさない(使わない)ほうが良いです。

    2. OE5 のデータが大きい時
    OE5のデータはニュースなど購読しているグループや記事が多かったり、または、メールを移動したりすると、知らず知らずにデータファイルが断片化され、読み込みに時間がかかるようになります。
    この場合は、フォルダーの最適化を行うことで、起動がすばやくなります。
    方法は、OE5 を起動して[ファイル]-[フォルダー]-[すべてのフォルダーを最適化]をクリック。

    3. 受信トレイにメールが多い時 (2000/7/20)
    OE5の[ツール]-[オプション]-[全般]タブの "起動時に[受信トレイ]を開く" にチェックがあり、受信トレイにメールが多いと起動に時間がかかるようになります。
    この場合は、受信トレイのメールを別のフォルダーに移動するか、オプションのチェックをはずしてください。

    4. アドレス帳ファイルが大きい または、壊れている時
    アドレス帳に登録している情報がかなり大きい時や、壊れている時に OE5 の起動が遅くなります。
    アドレス帳単体を起動して遅いときはこれが原因です。

    [スタート]-[検索]で *.wab ファイルを探して別のフォルダーに移動させ、アドレス帳を起動して確認。
    アドレス帳の[ファイル]-[インポート]-[アドレス帳]でインポートしてください。
    直る場合もあります。

    5. Windows Messengerがインストールされている (2002/5/7)
    OEとWindows Messengerが連携されている時にOE5 の起動が遅くなります。
    OEの[ツール]-[オプション]-[全般]タブの"自動的に Windows Messengerにログオンする"のチェックを外してください。

    起動させたくない時はこちらを Windows Messengerを起動したくない を参照

    6. "Imagehlp.dll" ファイルが削除、または壊れている時
    何らかのソフトにより "Imagehlp.dll" が削除されたり、壊れている時に OE5 の起動が遅くなります。
    "Imagehlp.dll" ファイルはWindows\System フォルダーにあります。

    こちらにて修正 システムファイルの復元方法 を参照

    7. インターネット一時ファイルが多い時 (2001/8/6)
    IE5.5の環境で、OEでプレビューしたメール、ニュースのテンポラリファイルがインターネット一時フォルダーに作成されます。
    OEの終了で通常は削除されますが、IE5.5以上のブラウザーをインストールしている場合、削除されず残ります。(バグ)
    エクスプローラではこのファイルを見ることができず、Winfileや別のファイラー等で確認できます。
    対処はIEの[ツール]-[インターネットオプション]-[全般]タブの"インターネット一時ファイル"で"ファイルの削除"ボタンをクリック。
    "すべてのオフラインコンテンツも削除する"にもチェックを入れてください。(IE5.5以上の時は必ず)

    8. オートコンプリート履歴が、壊れている時 (2000/7/20)
    IEを起動して[ツール]-[インターネットオプション]-[コンテンツ]タブの "オートコンプリート" ボタンをクリック。
    "オートコンプリート履歴のクリア"にある「フォームのクリア」「パスワードのクリア」ボタンをクリック。

    9. "pstores.exe" 関係のレジストリが、壊れている時 (2000/7/20)
    1. 下記のレジストリ を削除。(書き出してから)
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ProtectedStorage]
    2. [スタート]-[プログラム]-[MS-DOSプロンプト]でコマンドラインより下記を打ち込む
      C:\windows\system\pstores.exe -install
    3. Windows を再起動する。
    4. これで、pstores.exeに関するレジストリ情報が再構築されます。

     OE5 起動後もHDDからアクセス音がする
     OE5 が起動して、いつまでもHDDからアクセスしている音がしたり、動かなくなり、困っていませんか?

    保存フォルダーにある "Folders.dbx" ファイルが壊れたときに起こります。
    "Folders.dbx" ファイルのサイズが 1MBを超えている(メール・ニュースなどの容量にもよります)場合は削除してください。

    1. OE を終了してエクスプローラより"Folders.dbx" を削除。
    2. OE を起動して確認する。("Folders.dbx" は自動的に作成されます)

    "Folders.dbx" ファイル削除による初期化
    1. ローカルフォルダー以下にメールフォルダーを階層で作成している場合は階層情報が無くなります。
      フォルダーを元の場所に移動してください。
    2. ニュースグループでサーバーにある記事については、未ダウンロードとなります。
      [編集]-[キャッチアップ]で購読したことにできます。

    "Folders.dbx" ファイルについてOE5 のデータファイル構造を参照

     OE 受信トレイが消え"Outlook Express へようこそ" が
     OE を起動すると、受信トレイのメールが消え、"Outlook Express へようこそ"のメールだけになり、困っていませんか?

    原因1 受信トレイにアクセスする時に読めきれずにOEが初期化して新たにデータを作成したためです。
    OEを終了して[スタート]-[検索]で *.dbx を探し、保存フォルダーに"受信トレイ.dbx"以外に"受信トレイ (1).dbx" などの数字があれば復旧可能です。

    対処1 "受信トレイ.dbx" と "受信トレイ (1).dbx" のファイルサイズを確認すると、"受信トレイ (1).dbx"が小さいと思います。
    これが現在のデータです。
    1.OEを起動して、新たにフォルダー(Aとします)を作成して、一度フォルダーを開いてからOEを終了。
    2.保存フォルダーに作成した名前のファイル(A.dbx)が作成されます。
    3."A.dbx"を削除して"受信トレイ.dbx"を"A.dbx"にリネーム。
    4.OEを起動してAフォルダーにあるメールをすべて受信トレイに移す。
    5.Aフォルダーを削除。

    原因2 Win2000環境でMcAfeeのVirusScanをインストールしている

    対処2 VirusScan4.5.1の場合修正プログラムがでています。  [ソースネクスト]を参照

    対処2-2 対処2でインストールできない場合
    OEのプログラム本体は、次の"C:\Program Files\Outlook Express\msimn.exe" にあります。(環境により違う場合も有り)
    通常、デスクトップやクイック起動バーにあるアイコンは、"msimn.exe"のショートカットファイルで、アイコン左下に矢印があればショートカットです。
    "msimn.exe"をデスクトップにコピーして、このファイルから起動してください。

     OE6 添付ファイルが開けない
     添付ファイルを開こうとしてもエラーがでて開けず、困っていませんか?

    エラーメッセージ
    次の添付ファイルは安全でないため、メールからのアクセスが削除されました

    原因および対処
    OE6からセキュリティがアップしました。そのためにでるメッセージです。
    ウィルスの可能性もありますからアンチウィルスソフトにて確認してから設定を変更してください。
    OEの[ツール]-[オプション]-[セキュリティ]タブの"ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない"のチェックを外す。

    添付ファイルを開いた後に設定を元に戻すことをお奨めします。

     OE6 保存フォルダーの変更ができない
     オプションメニューより保存フォルダーを変更しても変更できず、困っていませんか?

    原因および対処
    通常、[ツール]-[オプション]-[メンテナンス]タブの[保存フォルダ]ボタンより保存場所を変更すると、
    "新しいストアの場所は Outlook Express の再起動後に有効になります"と表示され、次回OE起動すると変更されます。
    しかし、OE6で変更されないことがあります。

    OE6のバグのようで、ユーザーをログオフするか、Windows を再起動すると変更されます。

     OE6 動く雛形が見れなくなった
     OE6にしてから 動く雛形等が見れなくなり、困っていませんか?

    原因および対処
    OE6より、セキュリティーがアップしました。

    対処法はこちら OE5 HTML形式で画像の挿入でエラーがでる を参照

     OE5 終了時に Msimn のページ違反がでる
     OEを終了させると、Msimn のページ違反のエラーがでて、困っていませんか?

    エラーメッセージおよび原因
    エラーメッセージ                原因
    MSIMN のページ違反です。モジュール: KERNEL32.DLL   1 2
    MSIMN のページ違反です。モジュール: Unknown      2
    
    原因1. ATOK12を使用している場合
    ATOK 12 for Windows アップデートをダウンロードしてください。
    justsystem

    原因2. McAfee VirusScan 5を使用している場合
    McAfee VirusScan 5のメールスキャンを停止させてください。

    ただし、ウィルスからの防御は出来なくなります。自己責任にて行なってください。

     OE5.5 終了時に エラーがでる
     Windows Me環境でOEを終了させると、エラーがでて、困っていませんか?

    OE を終了しても、実際は実行したままとなり複数のOEが起動したことにより、OE 終了時にエラー メッセージがでます。

    この現象はWindows MeにMcAfee Virus Shield 4.0 がインストールされている場合に起こります。
    McAfee Virus Shield 4.0 を削除(自己責任)か、更新ファイルがあればインストールして確認してください。

     OE5.5 終了時にOEがハングする
     Windows Me環境でOEを終了させると、ハング。タスクマネージャで"msimnの応答なし"がでて、困っていませんか?

    この現象はWindows MeのOE5.5とMcAfee Personal Firewall との相性問題が原因で起こります。
    McAfee Personal Firewall を削除(自己責任)、OEをアンインストールし、Microsoftのレジストリクリーンプログラムをインストール後にOEをインストールしてください。

    1.McAfee の Personal Firewall をアンインストール。
    2.OEのデータファイル(*.dbx)をバックアップ。(バックアップ編を参照)
    3.[スタート]-[設定]-[コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]-[Windowsファイル]タブにある"Outlook Express"を選択して削除。
    4.C:\Program Files\Outlook Express (環境によりドライブが違います。)フォルダーを削除。
    5.OE5Regclean.exe をインストール。
    6.[スタート]-[設定]-[コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]-[Windowsファイル]タブから"Outlook Express"と"Internet Explorer"をインストール。
    7.WindowsMeを再起動後にOEのアカウント等を設定。

     OE ユーザーの切換が異常に遅い。
     OE を起動して、メインユーザーやその他のユーザーの切換がいつまでたっても切り換わらなく強制終了になって、困っていませんか?

    McAfee VirusScan3.16がインストールされている時にこの症状となります。
    アンインストールして正常となるか確認してください。
    正常の場合はセキュリティの問題がありますからバージョンアップするか、別のアンチウィルスソフトにて保護してください。

    McAfee VirusScanをアンインストールするとシステムファイル"Imagehlp.dll"が削除されOE の起動が異常に遅くなります。
    こちらにて修正してください。 システムファイルの復元方法 を参照

     OE6 ユーザーの切換時に"他のOutlookExpressのインスタンス"のエラーがでる
     OE6 を起動して、ユーザーの切換がいつまでたっても切り換わらなく強制終了になったり、エラーがでて困っていませんか?

    エラーメッセージ
    他のOutlookExpressのインスタンスが実行されているため、OEを起動できませんでした。
    WindowsからログオフしてOEを再実行してください。
    問題が解決しない場合は、作業を保存してコンピュータを再起動してください。

    原因および対処
    WindowsXPには標準でWindows Messengerがインストールされています。
    Windows MessengerがOEの起動に連動し起動され不具合を起こすようです。

    Windows Messengerの連動解除
    OEの[ツール]-[オプション]-[全般]タブの"自動的にWindows Messenger にログオンする"のチェックを外す。
    タスクトレイにあるWindows Messengerのアイコンを右クリック-"開く"より[ツール]-[オプション]-[設定]タブにある
    "Windows起動時にこのプログラムを実行する","常にこのプログラムをバックグランドで実行する"の二つのチェックを外してください。

    Windows Messengerの常駐解除
    エラーがでる場合は、[スタート]-[ファイル名を指定して実行]で msconfig を入力。
    [スタートアップ]タブより"msmsgs"のチェックを外してWindowsを再起動してください。

     OE6 他のユーザーに切換ができない
     メインユーザーやその他のユーザーの切換ができずに、困っていませんか?

    WindowsXP SP1 が原因でこの症状となります。
    IE6.0 SP1では正常です。

    回避法
    WindowsUpdateより、Q328310 : セキュリティ問題の修正プログラム (Windows XP)をインストール。
    または、こちらから Windows WM_TIMER メッセージ処理の問題により、権限が昇格する (328310) (MS02-071) をインストール。

    上記以外での方法

    回避法2
    OEの[ファイル]-[ユーザー]-[ユーザーの管理]タブの"プログラムを起動するときは、次のユーザーを使用する"のチェックを外す。

    回避法3
    根本的な回避とは違いますが、OEのヘルプダイアログを表示させておくことで、ユーザーの切り替えが可能となります。
    方法はOE起動後に[ヘルプ]-[目次とキーワード]、または"F1"キーを押す。

     OE5.5 指定したフォントサイズにならない
     OE でメールなど印刷時にフォントのサイズを指定しても大きくなったり、小さくなって、困っていませんか?

    原因はプリントドライバーとテキストのフォントサイズ(デフォルトは"中")に相違があるためです。

    簡易方法
        IE の[表示]-[文字のサイズ]を現在の設定より変更してください。
    この方法ではIEの表示も変わります。

    解決方法
    1.OEの[ツール]-[オプション]-[読み取り]タブの"フォント"ボタンをクリック。
     フォントサイズを"最小"にセットしてOEを終了。
    2.1の方法でフォントサイズを"中"にセットしてOEを終了後に必ずWindowsを再起動する。
    3.IEの[表示]-[文字のサイズ]を"最小"にセットしてIEを終了。
    4.3の方法でフォントサイズを"中"にセットしてIEを終了後に必ずWindowsを再起動する。

    印刷して確認してください。

     OE5 メールを印刷すると余白がおかしい
     OE でメールなど印刷時に余白の設定ができずに、困っていませんか?

    OEの印刷設定はIEに有ります。IEの設定で変更してください。
    IEの[ファイル]-[ページ設定]-"余白" にて変更してください。

     OE5 送信日時の"時刻"が印刷できない
     OE でメールを印刷すると日時だけで時刻が印刷されず、困っていませんか?

    [コントロールパネル]-[地域]-[日付]タブの長い形式を下記のように入力。
    yyyy/MM/d
    ただし、印刷は 2001/04/16 1:24のようになります。

     OE IEをアップするとOEで印刷できなくなる
     IE4.x からIEをアップグレードするとOEのメールなどが印刷されず、困っていませんか?

    原因
    オプションでOEを選択せずにアップグレードすると印刷されなくなる時があります。(IE5.x/OE4.x の時)
    OE5をアンインストールした場合も同じです。

    対処
    OEもアップしてください。
    [スタート]-[設定]-[コントロール パネル]-[アプリケーションの追加と削除]で
    "Microsoft Internet Explorer 5 とインターネット ツール"を選択して、[追加と削除]ボタンをクリック。
    [コンポーネントを追加する]を選択して、[OK]をクリック。
    Outlook Expressのコンポーネントをクリックして、指示に従いインストール。


    ふりぃのかうんた
    Since 2000 7.10