詩人の紹介萩原朔太郎

   萩原 朔太郎        はぎわら さくたろう

                                     ・朔太郎の作品

                                   ・郷土望景詩

                                   ・郷土望景詩の後に

 

                                   明治19年〜昭和17年(1886−1942)

                                   詩人。父密蔵は前橋の開業医。前橋中学校卒業後、熊本の第五、岡山の第六高等学校に学んだが中退。1917年詩集『月に吠える』によって、日本近代詩に不滅の金字塔をうちたてた。朔太郎の詩業は、近代的思想を感覚的にうたいあげ、我が国における口語自由詩を確立した。『青猫』『氷島』などの詩集のほか、多くの評論集がある。墓所は市内田口町政淳寺にある。               

 

萩原朔太郎の詩

                                                                                             広瀬川詩碑

                                                                                            −広瀬川−

   

                      広瀬川白く流れたり

                      時さればみな幻想は消えゆかん。

                      われの生涯(らいふ)を釣らんとして

                      過去の日川辺に糸をたれしが

                      ああかの幸福は遠きにすぎさり

                      ちひさき魚は眼(め)にもとまらず。

  

  

 

                      純情小曲集(1925年刊)郷土望景詩より

                      1970年5月設置

 

 

                                                                                              

 

−月 夜−

   

           重たいおほきな羽をばたばたして

           ああ なんといふ弱々しい心臓の所有者だ。

           花瓦斯のやうな明るい月夜に

           白くながれてゆく生物の群をみよ

           そのしづかな方角をみよ

           この生物のもつひとつのせつなる情緒をみよ

           あかるい花瓦斯のやうな月夜に

           ああ なんといふ悲しげな いぢらしい蝶類の騒擾だ。

  

  

 

青猫(1923年刊)より 1987年10月 利根川治水100年を記念して記念碑・ガス灯とともに設置

 

                                                                                            才川町詩碑                                                                                             −才川町−

                                                                                          − 十二月下旬 −

                     空に光つた山脈(やまなみ)

                      それに白く雪風

                      このごろは道も悪く

                      道も雪解けにぬかつてゐる。

                      わたしの暗い故郷の都会

                      ならべる町家の家並のうへに

                      かの火見櫓をのぞめるごとく

                      はや松飾りせる軒をこえて

                      才川町こえて赤城をみる。

                      この北に向へる場末の窓々

                      そは黒く煤にとざせよ

                      日はや霜にくれて

                      荷車巷路に多く通る。

  

                      純情小曲集(1925年刊)郷土望景詩より

                      1986年9月生誕100年を記念して設置

                                                         

                                                                                                       

 萩原朔太郎の詩

                                                                                            敷島公園詩碑

                                                                                                −帰郷−

  昭和四年の冬、妻と離別し二児を抱へて故郷に帰る

    

                    わが故郷に帰れる日

                    汽車は烈風の中を突き行けり。

                    ひとり車窓に目醒むれば

                    汽笛は闇に吠え叫び

                    火焔(ほのほ)は平野を明るくせり。

                    まだ上州の山は見えずや。

                    夜汽車の仄暗き車燈の影に

                    母なき子供等は眠り泣き

                    ひそかに皆わが憂愁を探(さぐ)れるなり。

                    鳴呼また都を逃れ来て

                    何所(いづこ)の家郷に行かむとするぞ。

                    過去は寂寥の谷に連なり

                    未来は絶望の岸に向へり。

                    砂礫(されき)のごとき人生かな!

                    われ既に勇気おとろへ

                    暗憺として長(とこし)なへに生きるに倦みたり。

                    いかんぞ故郷に独り帰り

                    さびしくまた利根川の岸に立たんや。

                    汽車は曠野を走り行き

                    自然の荒寥たる意志の彼岸に

                    人の憤怒(いきどほり)を烈しくせり。

   

                    氷島(1934年刊)より

                    1955年5月13回忌に設置

                    1983年9月現在地へ移転

 詩篇小解

帰 郷 昭和四年。妻は二児を残して家を去り、杳(よう)として行方を知らず。我れ独り後に残り、蹌跟(そうろう)として父の居る上州の故郷に帰る。上野発

  七時十分、小山行高崎廻り。夜汽車の暗爾(あんじ)たる車燈の影に、長女は疲れて眠り、次女は醒めて夢に歔欷(きよき)す。声最も悲しく、わが心すべて

  断腸せり。既にして家に帰れば、父の病とみに重く、万景悉く蕭条たり。

                                                                                                大渡橋碑

                                                                                              −大渡橋−

   

        大渡橋(おほわたりばし)は前橋の北部、利根川の上流に架したり。鉄橋にして長さ半哩にもわたるべし。前橋より橋を渡りて、群馬郡のさびしき村落に

        出づ。目をやればその尽くる果を知らず。冬の日空に輝やきて、無限にかなしき橋なり。

  

          純情小曲集(1925年刊)

        「郷土望景詩の後に」より

        1983年2月 大渡橋改築を記念して設置

 

萩原朔太郎の詩

                                                                                            新前橋駅詩碑

                                                                                            −新前橋駅−

                                                       

                  野に新しき停車場は建てられたり                                                        

    便所の扉(とびら)風にふかれ             

     ペンキの匂ひ草いきれの中に強しや。                                                          

  烈々たる日かな

 われこの停車場に来りて口の渇きにたへず

 いづこに氷を喰(は)まむとして売る店を見ず

ばうばうたる麦の遠きに連なりながれたり。

いかなればわれの望めるものはあらざるか

憂愁の暦は酢え

心はげしき苦痛にたへずして旅に出でんとす。

ああこの古びたる鞄をさげてよろめけども

われは瘠犬のごとくして憫れむ人もあらじや。

いま日は構外の野景に高く

農夫らの鋤に蒲公英の茎は刈られ倒されたり。

われひとり寂しき歩廊(ほうむ)の上に立てば

ああはるかなる所よりして

かの海のごとく轟ろき 感情の軋(きし)りつつ来るを知れり。

      純情小曲集(1925年刊)郷土望景詩より

                               1987年11月

   前橋ライオンズクラブ結成25周年を記念して設置

                                                      

                                                                                           郷土望景詩の後に

                                                                                                新前橋駅

  朝、東京を出でて渋川に行く人は、昼の十二時頃、新前橋の駅を過ぐべし。

  畠の中に建ちて、そのシグナルも風に吹かれ、荒寥たる田舎の小駅なり。

 

                                                                               前橋子ども公園 文学の小道

                                                                                          −利根の松原−

     

                  日曜日の昼

                  わが愉快なる諧襷(かいぎゃく)は草にあふれたり。

                  芽はまだ萌えざれども

                  少年の情緒は赤く木の間を焚(や)き

                  友等みな異性のあたたかき腕をおもへるなり。

                  ああこの追憶の古き林にきて

                  ひとり蒼天の高きに眺め入らんとす

                  いづこぞ憂愁ににたるものきて

                  ひそかにわれの背中を触れゆく日かな。

                  いま風景は秋晩くすでに枯れたり

                  われは焼石を口にあてて

                  しきりにこの熱する 唾(つばき)のごときものをのまんとす。

    

                      純情小曲集(1925年刊)郷土望景詩より

                  1975年11月設置

    

                                                                                           郷土望景詩の後に

                                                                                                小出松林

   小出の林は前橋の北部、赤城山の遠き麓にあり。我れ少年の時より、学校を厭ひて林を好み、常に一人行きて瞑想に耽りたる所なりしが、今その林皆

   伐られ、楢、樫、ぶなの類、むざんに白日の下に倒されたり。新しき道路ここに敷かれ、直として利根川の岸に通ずる如きも、我れその遠き行方を知らず。

 

                    純情小曲集(1925年8月新潮社刊)

                                                                               萩原朔太郎 郷土望景詩

                                                                                          −中学の校庭−

  

            われの中学にありたる日は

            艶(なま)めく情熱になやみたり

            いかりて書物をなげすて

            ひとり校庭の草に寝ころび居しが

            なにものの哀傷ぞ

            はるかに青きを飛びさり

            天日(てんじつ)直射して熱く帽子に照りぬ。

                                                                                         

 −波宜亭−

              少年の日は物に感ぜしや

            われは波宜亭(はぎてい)の二階によりて

            かなしき情歓の思ひにしづめり。

            その亭の庭にも草木(さうもく)茂み

            風ふき渡りてばうばうたれども

            かのふるき待たれびとありやなしや。

            いにしへの日には鉛筆もて

            欄干(おばしま)にさへ記せし名なり。

 

                                                                                          −二子山附近−

            われの悔恨は酢(す)えたり

            さびしく蒲公英(たんぽぽ)の茎を噛まんや。

            ひとり畝道をあるき

            つかれて野中の丘に坐すれば

            なにごとの眺望かゆいて消えざるなし。

            たちまち遠景を汽車のはしりて

            われの心境は動擾せり。

 

                                                                                             −才川町−

                                                                                                十二月下旬

  

            空に光つた山脈(やまなみ)

            それに白く雪風

            このごろは道も悪く

            道も雪解けにぬかつてゐる。

            わたしの暗い故郷の都会

            ならべる町家の家並のうへに

            かの火見櫓をのぞめるごとく

            はや松飾りせる軒をこえて

            才川町こえて赤城をみる。

            この北に向へる場末の窓々

            そは黒く煤にとざせよ

            日はや霜にくれて

            荷車巷路に多く通る。

                                                                                           

 

 

−小出新道−

  

            ここに道路の新開せるは

            直(ちょく)として市街に通ずるならん。

            われこの新道の交路に立てど

            さびしき四方(よも)の地平をきはめず

            暗鬱なる日かな

            天日家並の軒に低くして

            林の雑木まばらに伐られたり。

            いかんぞ いかんぞ思惟をかへさん

            われの叛きて行かざる道に

            新しき樹木みな伐られたり。

 

 

 

                                                                                           −新前橋駅−

            野に新しき停車場は建てられたり

            便所の扉(とびら)風にふかれ

            ペンキの匂ひ草いきれの中に強しや。

            烈々たる日かな

 

            われこの停車場に来りて口の渇きにたへず

            いづこに氷を喰(は)まむとして売る店を見ず

            ばうばうたる麦の遠きに連なりながれたり。

            いかなればわれの望めるものはあらざるか

            憂愁の暦は酢え

            心はげしき苦痛にたへずして旅に出でんとす。

            ああこの古びたる鞄をさげてよろめけども

            われは瘠犬のごとくして憫れむ人もあらじや。

            いま日は構外の野景に高く

            農夫らの鋤に蒲公英の茎は刈られ倒されたり。

            われひとり寂しき歩廊(ほうむ)の上に立てば

            ああはるかなる所よりして

            かの海のごとく轟ろき 感情の軋(きし)りつつ来るを知れり。

 

                                                                                              −大渡橋−

 

            ここに長き橋の架したるは

            かのさびしき惣社の村より 直(ちょく)として前橋の町に通ずるならん。

            われここを渡りて荒寥たる情緒の過ぐるを知れり

            往くものは荷物を積み車に馬を曳きたり

            あわただしき自転車かな

            われこの長き橋を渡るときに

            薄暮の飢ゑたる感情は苦しくせり。

 

            ああ故郷にありてゆかず

            塩のごとくにしみる憂患の痛みをつくせり

            すでに孤独の中に老いんとす

            いかなれば今日の烈しき痛恨の怒りを語らん

            いまわがまづしき書物を破り

            過ぎゆく利根川の水にいつさいのものを捨てんとす。

            われは狼のごとく飢ゑたり

            しきりに欄干(らんかん)にすがりて歯を噛めども

            せんかたなしや 涙のごときもの溢れ出で

            頬(ほ)につたひ流れてやまず

            ああ我れはもと卑陋なり。

            往(ゆ)くものは荷物を積みて馬を曳き

            このすべて寒き日の 平野の空は暮れんとす。

 

                                                                                              −広瀬川−

  

            広瀬川白く流れたり

            時さればみな幻想は消えゆかん。

            われの生涯(らいふ)を釣らんとして

            過去の日川辺に糸をたれしが

            ああかの幸福は遠きにすぎさり

            ちひさき魚は眼(め)にもとまらず。

    

                                                                                     −利根の松原−

  

            日曜日の昼

            わが愉快なる諧謔(かいぎやく)は草にあふれたり。

            芽はまだ萌えざれども

            少年の情緒は赤く木の間を焚(や)き

            友等みな異性のあたたかき腕をおもへるなり。

            ああこの追憶の古き林にきて

            ひとり蒼天の高きに眺め入らんとす

            いづこぞ憂愁ににたるものきて

            ひそかにわれの背中を触れゆく日かな。

            いま風景は秋晩くすでに枯れたり

            われは焼石を口にあてて

            しきりにこの熱する 唾(つばき)のごときものをのまんとす。

 

                                                                                          −公園の椅子−

  

                   人気なき公園の椅子にもたれて

                   われの思ふことはけふもまた烈しきなり。

                   いかなれば故郷(こきやう) のひとのわれに辛(つら)く

                   かなしきすももの核(たね)を噛まむとするぞ。

                   遠き越後の山に雪の光りて

                   麦もまたひとの怒りにふるへをののくか。

                   われを嘲けりわらふ声は野山にみち

                   苦しみの叫びは心臓を破裂せり。

                   かくばかり

                   つれなきものへの執着をされ。

                   ああ生れたる故郷の土(つち)を蹈み去れよ。

                   われは指にするどく研(と)げるナイフをもち

                   葉桜のころ

                   さびしき椅子に「復讐」の文字を刻みたり。

 

                                                                                          −監獄裏の林−

   

            監獄裏の林に入れば

            囀鳥高きにしば鳴けり。

            いかんぞ我れの思ふこと

            ひとり叛きて歩める道を

            寂しき友にも告げざらんや。

            河原に冬の枯草もえ

            重たき石を運ぶ囚人等

            みな憎さげに我れをみて過ぎ行けり。

            暗鬱なる思想かな

            われの破れたる服を裂きすて

            類(けもの)のごとくに悲しまむ。

            ああ季節に遅く

            上州の空の烈風に寒きは何ぞや

            まばらに残る林の中に

            看守の居て

            剣柄の低く鳴るを聴けり。

 

郷土望景詩の後に

 

                                                ■  前橋公園

                                                                           

  前橋公園は、早く室生犀星の詩によりて世に知らる。利根川の河原に望みて、堤

防に桜を多く植ゑたり、常には散策する人もなく、さびしき芝生の日だまりに、紙屑

など散らばり居るのみ。所々に悲しげなるベンチを据ゑたり。我れ故郷にある時、ふ

ところ手して此所に来り、いつも人気なき椅子にもたれて、鴉の如く坐り居るを常と

せり。

 

 

   

■  大渡橋

   

大渡橋(おほわたりばし)は前橋の北部、利根川の上流に架したり。鉄橋にして長さ半

哩にもわたるべし。前橋より橋を渡りて、群馬郡のさびしき村落に出づ。目をやれば

その尽くる果を知らず。冬の日空に輝やきて、無限にかなしき橋なり。

 

■  新前橋駅

 

 

朝、東京を出でて渋川に行く人は、昼の十二時頃、新前橋の駅を過ぐべし。畠の

中に建ちて、そのシグナルも風に吹かれ、荒寥たる田舎の小駅なり。

 

■  小出松林

 

 

小出の林は前橋の北部、赤城山の遠き麓にあり。我れ少年の時より、学校を厭

ひて林を好み、常に一人行きて瞑想に耽りたる所なりしが、今その林皆伐られ、

楢、樫、ぶなの類、むざんに白日の下に倒されたり。新しき道路ここに敷かれ、直と

して利根川の岸に通ずる如きも、我れその遠き行方を知らず。

 

■  波宜亭

 

 

波宜亭、萩亭ともいふ。先年まで前橋公園前にありき。庭に秋草茂り、軒傾きて

古雅に床しき旗亭なりしが、今はいづこへ行きしか、跡方さへもなし。

 

■  前橋中学

利根川の岸辺に建ちて、その教室の窓々より、浅間の遠き噴煙を望むべし。昔は

校庭に夏草茂り、四つ葉(くろばあ)のいちめんに生えたれども、今は野球の練習はげ

しく、庭みな白く固みて炎天に輝やけり。われの如き怠惰の生徒ら、今も猶そこにあ

りやなしや。

                                                   HOMEホームへ゜ージヘ戻る