アポロ8号ミッションとは

「月へ有人飛行成功」

アポロ8号の打ち上げ
アポロ8号の打ち上げ


この宇宙船は、月に到着する最初の有人宇宙船でした。
目的は任務達成操作上の経験および月の軌道、月の周回任務においてクルー性能の評価が与えられることにおいて通信を含む、追跡および生命維持のためアポロ宇宙船司令室システムのテストだった。
クルーは、未来のアポロ着陸に必要な科学的情報だけでなく月の表面、および目印となる地点の写真をとりました。
また、クリスマスイブを含む任務期間中に、テレビトランスミッションセッションがクルーによりなされました。
すべてのシステムは、許されるパラメータ内で動作し、任務のすべての目的は達成されました。
フライトには3の人クルーを運びました。
司令官フランク・ボ−マン、宇宙船司令室パイロットジェームズA。
および月着陸船パイロットウィリアムA。

先端部にドッキングのためのハッチが装備された以外はアポロ7号と同様な宇宙船司令室から成り、このハッチは後の任務において月着陸船とのドッキングに使われることとなります。

月着陸船はアポロ8号の任務において使われなかったけれども、月着陸計画のため宇宙船/打上げロケットアダプターに設置されました。
宇宙船は1968年12月21日12時51分00秒UT(午前7時51分EST)に打ち上げ後、88.2分間、地球中継軌道に乗りました。
15時41分37秒UTに、アポロ宇宙船を月横断弾道に投入しました。
軌道投入は、12月24日09時59分20秒UTに長円形の310.6km×111.2km月軌道に乗りました。
12月27日15時51分42秒UT(午前10時51分42秒EST)に太平洋へ無事に帰還しました。
着水ポイントは、8deg7.5min N、165deg1.2min W、1000マイルSSWのハワイ沖。

アポロ8号宇宙船司令室は現在、シカゴ美術館にあります。


アポロメニューに戻る