2005/01/26

今日のけんきうてーま:

はかせはスカッとゴルフ・パンヤを遊んでいます。
以前は、JoyToKeyなどのジョイパッド等にキーボードのキーを割り当てるツールを使い、ジョイ
パッドで遊べていたのですが、先日のアップデートでキーボードからの直接入力でないと受け付
けてくれなくなりました。(チート対策のためでしょうけど)
実際パッドで遊んでいた期間は短かったのですが、最近慢性的なパンヤでない病(ジャストタイミ
ングでインパクトするショット、特殊ショット等の発動に必須)、にかかってしまい、あの・・・快適な
操作環境をもう一度、というわけで、夜なべをして作ってみました。

とりあえず、ご覧ください。


もういきなりなにをしようとしているのかバレバレのような気がしますが。
キーボードはエルゴダイバーというものです(左カーソルキーマニアなので、発売と同時にゲット、
しかし、キー配列が超変態入ってますので人を選びます。)。
SSパッドはハードオフで105円でした。(状態がいいのを選びました)


まず、適当な昔のSCSIのターミネータを分解します。(このようにかつてはピンでない物もありました)


集合抵抗を排除して、パターンを削ったり、配線を補完。


配線終わった表。この段階ではキーボードのキーマトリクス配線を解析しなくてはならなかったので、
pinソケットにして解析調査をしやすくしています。(テスタ当てながらキーを押して、どれとどれが
ショートするか調査しました。)


なにも考えずにマトリクスライン全部を引っ張り出し。全部で16本(左から1〜16(未使用2))+
8本(左からA〜Hとナンバリング)。
なおフィルムシートは熱で溶けるので、基板からはずしてから半田付けをおすすめしたいかんじ。


キーボード側改造完了。この雌側コネクタは当時(かれこれ7年前くらい)部品やさんにpinタイプ
のSCSIのコネクタ(雌)ちょうだいな、と何度注文しても注文してもこのタイプで、pinな物が全然
送ってこなくてたくさん在庫があります。
嫌がらせカヨ!とたいそうフンガーしましたが、まあ、当時はまだ、こっちのが主流でしたし、担当
者も気を利かせたのかもしれませんが、pinのっていってるやん、もー。
なにもかもなつかしさが走馬燈のように、捨てずによかった、やっと1個消費。


マトリクス表(M$Excelファイルを公開します)を作ってそれを元にSSパッドの回路をリューター
ゴリゴリと改造。
なるべく元パターンを生かすようにしたつもりですがーやっぱり結構な配線量に。まあ、GNDコモン
回路をマトリクス回路に変えるんですからこの程度で済んでいるのは実は使用キー的に運がいい
のかも。


勢い余って削りとっちゃったところ修正(笑)。削ったパターンエッジはわかりやすくマジックで縁取り。


SSパッドをお持ちの方で、興味のある方は元の基板と比較してみると、おもしろいかもしれません。


さらに動作チェックしていて配線漏れを発見して修正(笑)。男は黙って試行錯誤するのです。


SSパッドはこの部分のピッチが細かいので、USB化工事のため変換回路を入れる時もここが
一番苦労します。
試行錯誤しながら作っていたので回路図書いてません(笑)、すいません。まねする方は自己責任
で慎重にお願いします。


SSパッドに付属のコードは9芯のケーブルなんですが、数が足りないので、2つに切って束ねて使用。
このコード柔軟性をあげるために中の銅線が極細きしめんのような奴で、半田付けはしにくいです。
ここの部分は元々のをさわらずにそのままでよかった、と、パターン側の配線を完了したところで
気がつき、まったくもって後悔先にたたずで、後の祭り。


パッド完成。


どういうふうにキーを振っているかわかりやすくするためにシールを作りました。(字がでかっ!)
Escとiは入れ替えたかったんですが、この方がマトリクス回路的に楽なので、作り易さを優先して
、これで(使ってみたところ、そう問題ないような感じです)。もちろん、十字キーはカーソルキーを
割り当てます。


このCtrlのAltキーの位置がバックスピンとかトマホークとか出すのにいい塩梅なんですよ。

手持ち部品に恵まれたせいもあって、結構安価にできました。つか、新規に買ったのってジャンク
SSパッドだけですし。
キーボード側のマトリクスラインはコネクタから全部でていて、全キーを外部制御できるようにして
あるので、また別のこういうキーボードとマウス以外は受け付けないゲームがでてきた場合は、
パッド部分を作り直すことで対応できますね。(たぶんもうしないと思いますが(笑))

今日のけんきうの成果:

はたしてここまでする意味は?→考えるな感じろ。
マンマシンインターフェイスに妥協は禁物。

しかしてその実体は→絶対キーボードPAD。
ハックシールドやぶれたりー(当たり前)。なお、USBなのでPS/2キーボードとも共存できます。

 

けんきうを終えての感想:

必要性と人件費を含めたコストパフォーマンスを
よく考えて、よい子は計画的に工作しましょう。

私:よっしゃー、できたー。
妻:なにを毎晩夜遅くまで一生懸命作ってるのかと思ったらゲームのコントローラじゃないのー!
(全く正しい反応だよね。いや、そのとおりなので。)