2004/02/26

今日のけんきうてーま:

はかせはチョイノリにのっています。
チョイノリ、リアサスペンションがないためか、テールランプが振動のせいかもしれませんがよく切れます。
と、いうわけなので、テールランプ用のLEDを作ってみました。

しかし・・・・・・。

まあ、とりあえず、ご覧ください。


4000mcdの電球色というLEDが手持ちに15個あったので、9個つけてみました(ちなみに実験で(後述)3個殺しました)。
ちなみに、どこのメーカーの物なのかわかりません。ちなみに、3.6V20mAということでした。通常の白系LEDとほぼ同じですね。


試作品なので空中配線の上もちろんネチョ固定(C)ハンダでGO。切れた電球のガラスをブチめいで(激しく壊して)直接フィラメント電極にハンダ付けして配線しております。昔豆電球を壊して遊んでいた時ハンダがつきにくかったなということを思い出しました。これもかなり高温にしないとうまくつきません。ガラス部分を完全に取り去って口金だけ使った方がいいかも。


純正品(12V18W/5W球)との比較。ちょっと長くなっています。
回路的にはLEDを3個直列+560Ω1/4Wの抵抗3本並列(適当な抵抗がなかったので)を3連(テール1連、ブレーキ2連)並列という構成です。
なお直結だとLEDが過電流で焼き切れますので、なにかしら電流制限措置(抵抗か、定電流ダイオードか)をかまさないとダメです。

今日のけんきうの成果:

_| ̄|○→暗いよママン・・・・・
しかも、スロットル操作で明るくなったり暗くなったり、バッテリがないバイクだと抵抗式はつらげ。

=□○_→全くもって9個じゃ全然足りな・・・・・
あと、なぜかブレーキ側が点きっぱなしになるんですよね。テール極とブレーキ極それぞれにもスイッチングダイオード入れないとだめかしら?

けんきうを終えての感想:

適当で間に合わせではだめぽ。
定電流ダイオードでの電流制限(明るさの変動が小さくなるようです(過電圧はあまり問題にならないもよう))とさらにLED+10個くらいはつけないとダメかも。

私:畜生!部品を調達してもう一度だ。
妻:でもー、そもそも電球2個で355円なんでしょ?再々切れてもそれつかってたほうが楽で確実なんじゃ・・・・・。

だってだってー切れなくなるんだよ?半永久的(魅惑の言葉)に使えるんだよー。