2006/06/12

今日のけんきうてーま:

5/7にCGアニメコンテストを見に行くべく大阪にいくことになりました。船で。(日記参照)

その際、暇つぶしとして、microとPLAY−YANmicroの組み合わせで動画を見るとして、内蔵
電池での連続再生時間は3時間超で4時間未満、つまり、1クール再生できません。

船内の余剰時間は6時間以上が予想されたのでなんとか1クールくらいは補給なしで動いて欲
しいところです。

これはつまり、コンセントからの電源供給が期待できない場合では、およそ1回分のフル充電が
できるだけの外部電源が必要ということになります。幸い近所のカメクラでUSBからmicroの充電
をするケーブルが売っていることが判明したので、これを使い、あとは5Vを何とかして作れば。

Ni-MH電池は1本1.2Vなので4本直列かつ直結で4.8V。しかし、充電完了時電圧は5V程度
あるので、このまま繋いでも動きそうです。(microのACアダプタの出力は5.2Vです)

今回は補給なしでmicroはどこまで連続稼働できるか?について、外部バッテリボックスを追加
してがんばってみよう、という主旨です。


試作バッテリボックス、microといっしょ


バッテリボックスのホックとの接続

リベットは軸側に+ドライバをあてがってハンマで打つと固定できます。


ホック(?)を基板にアルミリベットで止め→パターン面と半田接続


ユニバーサル基板の穴6個分の間隔でホックを設置

ただし、微妙に電池ボックス側のホックと合いませんが、接続には問題ないです。


熱収縮チューブで絶縁と基板補強(基板だけだとしなり気味でやや頼りないので)


収縮させてから、カッターで穴を抜き、コネクタ裏は黒ホットボンドで固めて絶縁


手持ちのUSB−Aメスコネは2ポート用しかなかったので、まあいいか(笑)、と2ポート

差し込んだときにUSBコネクタが出っ張らないように、コネクタは端につけてあります。
だいたいいい感じで仕上がりました。

ぶっつけ本番はちょっと不安なので(笑、テスタを使って電圧を測りつつ、実負荷(micro繋いで)
試験です。

満充電状態での無負荷は5.4V程度でした。
満充電状態で完全放電したmicroを充電(パワーはオフ)スタート、負荷投入時5.2Vでした。
デジタルテスタを電圧モードにして、バッテリボックス出力電圧を計測(30分おき)
最低動作電圧(microが立ち上がらなくなる)はDCコンバータのマージン等から考えると内部
3.3Vでおそらく最低入力電圧は4.5Vあたりになりそう?
仮定がただしければ、これは、Ni−MHの放電終了電圧(1.0V〜0.9V)を考えれば、容量的
には問題ない程度に使い切れそう。

というところで、試験結果を以下のグラフに起こしました。


バッテリボックスの放電時間と電圧調査グラフ

充電スタート後およそ30分ほどで、4.9V程度で平衡状態に。その後の負荷放電中は4.9V
〜4.8Vを推移。(パワーオフで充電のみ)
ただ、単なる充電中も、充電しながら動作、動作のみでも、あまり電圧は変動しない。microの
作動時の消費電力はごく小さく、これらではあまり変動するほどではない、と推測されます。 

1サイクル目の満充電までの時間170分。microを完全放電して再度充電スタート。(1サイクル
目と同じくパワーオフで充電のみ)
充電終了時と再度充電開始時の電圧に変動があります。
(microの内蔵電池の放電で、結構長時間放置しているので自然放電かも?)

2サイクル目の満充電までの時間215分。
やはり、充電終了時と再度充電開始時の電圧に変動があります。(1回目より下がりが大きい)

3サイクル目の満充電までの時間250分。

4サイクル目の140分目で充電ランプ消灯(4.4V)、一度プラグを抜き、再度つなぎなおしても、
すぐ充電ランプが消灯するので、外部からの電源入力の最低電圧は4.4V付近とみていいと
思います。

この後のmicroの作動時間から、だいたい50%程度充電されていたような感触です。

結局、合計の実動作時間は、外部バッテリ(4セル2000mAh)を使うことで3.5回充電できる
ので、内蔵電池(3.5時間)と合わせて単純計算で15.75時間ということになります。

つないだままでぶっとおしで再生を続けたとしても、12時間以上は楽に持ちそうです。つまり
2クール程度は確実に見ることが可能。という結論がでます。

 

今日のけんきうの成果:

つまり2GのSDカードを買って26話入れて見ろ
ってこと?→そのとおり。

えー!それって、マジすげくない?(をぃ (※ちなみにマジで入りそうです)

でも、PLAY-YANmicro対応の2GのSDカードっ
て1種類しかないんですけど?→ぎゃふん。

えー!それって、マジやばくない?(をぃ (※ATPのカードらしいですね)

 

けんきうを終えての感想:

まあ、26話も見る暇があるような交通機関て、
事実上ほとんどないってやつですね。はふう。

妻:動作時間がのびるのは良いんだけど、その間妻子はほったらかしってことよね。旅行中。

私:・・・・・。ががーん!(結局大阪行くときも1話しか消化できませんでした。)