風見猫屋敷 伝承部屋



内容について

このページではサークルStreet.Master.Dragon(S.M.D.)で頒布している情報誌について紹介及び一部データ公開等してます。

これらのデータは、数多くの文献や言い伝え、聞いた話しなどを元に作っています。それゆえ、間違いや意味の取り違え、矛盾など数多くあると思います。
また、「古いアメリカの伝承では」のように細かい地方も特定ができていない所もあります。詳細不詳という記述もありますが、これは現地レベルで不詳の場合と、私の知識不足からくる不詳がありますが、文章上分けられていません。
また、基本的に断定的には書いていないつもりですが、記述によってそのように感じる事もあると思います。基本的にそのように言われている、そのように信じられているといった程度で読んで頂ければ幸いです。
もし、間違いを見つけた方はメール下さい。また、間違いに限らず、掲載している内容や系統について、少しでも情報があればお気軽にメール下さい。自分の住んでいる地方で聞いたことがあるなど些細なことでも構いません。

しかしながら、実際の伝承や言い伝えに基づくデータを集めたく思っています。情報の中には、宝石の付加価値を上げるため独自の内容や、あたかも昔から言われてきたような創作した情報を呈示している場合も少なくありません。故に、メール等で集まった情報を闇雲に載せるのではなく、こちらでの判断が加わる事を明示します。

間違った情報は削除し、新たに入手した情報は追加していきます。今まで約10数年、そのスタンスで情報を集めてきました。今後もそのようにするつもりです。そのため、「生きている情報」として逐一、版を重ねています。



免責事項

このページ(および頒布している情報誌)は風見猫個人で作成しています。
情報の間違いはできるだけ早く直すつもりではいますが、義務でない事をご了承下さい。
また、このデータや内容により被った如何なる損害に対しても保証しかねます。
時に伝承を触れる際に、歴史的、民族的、宗教的な内容が含まれることもありますが、これらの如何なる物事を肯定または否定するつもりは無いことを明記します。
同様に、宝石店、オカルトショップ、特定の宗教とのつながりが無いことも明記します。
基本的にリンクフリーですが、HPを登録しているYahooジオシティーズの特性上、これらのショップや企業とのリンクはお断りする場合があります。予めご了承下さい。 なおリンクは基本的にトップページか各部屋(伝承部屋、非科学部屋)にして下さい。(直接データのページには張らないで下さい)



もともとこれらのデータはテーブルトークなどのゲームに使おうとまとめたものです。だものでゲームよりな内容が含まれている事があります。
また、焦点は「〜と言われていた」という歴史的な事実に向いており、オカルト的な内容は信じていません。同様「絶対に宝石には魔法が存在する」とか「真実は一つ」とか「オカルトグッズを売る」などといった確固たる(余計な)信念はないため、矛盾している情報でもそのまま載せています。とにかく情報は多く載せ、判断は読者に委ねようと思っています。このあたりに、書籍やショップでの情報と違い、個人がまとめた意味があると考えています。

ある例を出すと、護符について日本では肯定本しか存在していません。単純に「否定的な内容は売れないため」という理由で出版されないのですが、そうすると同じ内容の護符を並べる事すらできません。写本(写生)での移り変わりは見ていて面白いのですが、「護符は正しく書かねば効果がない」と書いている肯定本ではそれができないのです。

宝石データの「魔法的伝承」というのも改めて見ると何かマヌケな響きがありますが、既に20年ちかくこの言葉を使ってきた為に私個人は違和感ないのですが…初めて見た人は「何だ?」と思うかもしれません。まぁこのあたりもご了承下さいませ。

これらのデータを参考にし、ゲームや小説等に利用した場合、スペシャルサンクス欄にハンドルネーム(風見猫)でも入れていただければ幸いです。できればメールにてご連絡下さい。相互リンクにて応援(?)します。


サンプルデータはPDF[Portable Document Format]形式にて仮掲載しております。ファイルを開くには Adobe Systems社の「Adobe Acrobat Reader」(閲覧用ソフト)が必要です。お持ちでない方は、このボタンをクリックして、Acrobat Reader(無償)をダウンロードしインストールしてからご覧下さい。

以下、一部データのサンプル掲載をしています。現在、自費出版にて発行している冊子は COMIC ZIN 様にて委託販売をしております。





「魔道書「グリモリウム・ウェルム」[Grimorium Verum] 真正奥義書 翻訳」

魔道書翻訳ですが、単純な翻訳ではなく、 同じ題名(若しくは同じ内容の近い題名)の本数冊より、 図の比較などを載せています。 本編第三部の後に、希少な魔法の秘密[Rare & Suprising Magical Secrets.]として、 色々な魔法が載っています。

※2018年08月(コミケ)より、\300にて頒布。

「The Armored Horse in Europe 1480-1620.
(1480-1620年のヨーロッパの 装甲馬(アーマードホース)翻訳」

馬の鎧についてのみ書かれている本の翻訳です。 本文中でも「人の鎧は多くの研究の対象となっていますが、 馬の鎧はほとんど注目されていません」と書かれています。
ゲステッチやレンネンなど、 日本語で検索しても出てこない単語などもあり興味深い内容です。

※2018年08月(コミケ)より、\300にて頒布。

「古銃・古砲 資料2-2 「THE COMPLETE HANDGUN 1300 TO THE PRESENT」翻訳」

古銃・古砲の資料の翻訳物の第二弾、2-1の続きです。 迷走期で変わった銃が沢山でてくる面白い時期の翻訳です。 ペッパーボックスやダックスフット、 ターレットガンやブーツレッグなどなど。

※2018年08月(コミケ)より、\300にて頒布。

「古銃・古砲 資料2-1 「THE COMPLETE HANDGUN 1300 TO THE PRESENT」翻訳」

古銃・古砲の資料の翻訳物の第二弾です。 資料1とかぶる部分がありますが、より詳細です。
ただ、言い回しがアメリカ的な回りくどい内容で翻訳に手間取りました。

基本的に1冊の資料を写すだけでは資料として同人誌を出す意味がないと思っています。 複数資料を見比べる事で見えてくる事が多々ありますので。

※2018年05月(comitia124)より、\300にて頒布。

古銃・古砲 資料1-2 「HANDGUNS OF THE WORLD A THE MILITARY HANDGUN,1350-1870」翻訳

古銃・古砲 資料1の翻訳の続きです。 訳してみたらコルトさんについての内容しか有りませんでした。 古銃資料というより伝記みたいになっちゃってます。 同時期のペッパーボックスやダックスフットなどは面白いのですが〜。 とはいえ、サークルに来ていただいた方からも要望があったため頒布しました。

※2018年02月(comitia123)より、P24、\300にて頒布。

古銃・古砲 資料1-1 「HANDGUNS OF THE WORLD A THE MILITARY HANDGUN,1350-1870」翻訳

古銃・古砲の資料として翻訳しました。 本来自分用の資料だったのですが興味深い内容であったため、 そのまま本にしました。
古銃の分解図(展開図)があり、部品ごとの説明まで入っています。

※2017年12月(冬コミ)より、\P24、300にて頒布。

古代エジプトの服飾 「LE COSTUME DANS L'EGYPTE ANCIENNE」翻訳
本当は中世ヨーロッパの服飾を調べる予定だったのですが、 遡って資料を集めた結果、古代エジプトから調べることに。
本来自分用の資料だったのですが興味深い内容であったため、 そのまま本にしました。

※2017年12月(冬コミ)より、P24、\200にて頒布。

大正時代に信じられた魔法・魔術1
大正6年(1917年)に発行された「極意皆傅 魔法と忍術」(奥村 繁次郎 著)の紹介です。 当時信じられた国内外の様々な魔法について記述されており、忍術はほとんど載っていません。 当時の雰囲気を伝えたいため、現代でも通じるよう、 ところどころ意訳していますがほぼ原文です。

※2017年11月(comitia)より、P16、\100にて頒布。

魔道書ソロモンの大いなる鍵

有名な魔道書の翻訳です。 マグレガーメイザース氏による1888年の英訳 (ラテン語→英語)が入手できたのでそのまま掲載しました。 ソロモン文書の種類や写本の説明、長い長い詠唱の内容 (市販の本では大抵省略されています)、魔法陣の列挙 (通常、市販の本ではメイザース氏の綺麗な図しか載っていません。) 等を載せています。

※2016年12月、P66、\600にて頒布。

鉱石と魔法的伝承 Ver1.1

「宝石」誌はあまりに分厚くなってしまった為、鉱石と分けました。
こちらはマイナーな鉱石、金属の伝承を歴史や伝承、言い伝えについてまとめました。 また歴史上現れる架空の鉱物の伝承などもこちらに掲載しました。

2006 08月初版、\300にて頒布。
2008年08月Ver1.1、\300にて頒布
2015年12月ver1.2、\500にて頒布

占術・占師 関連データ

数々の占術(塩占いや鳥占いなど)を掲載。このデータもずいぶんと長く調べています。
当初の目的はゲームに出す職業を増やそうと調べたら数々見つかったといった具合です。
2004年当初は他のデータ誌「魔法・魔術」や「錬金術」と混ざった状態で 1冊でしたが分離して今に到っています。

今でもゲームやアニメに出る占い師は「水晶占い」か「タロット占い」などオーソドックスなものが多いので、変わった占い師を出してストーリーに味付けするには面白いのではないかと思います。

2004年08月ver-up、\300にて頒布
2012年12月ver3.2、\300にて頒布
2015年08月最終ver、\300にて頒布



妖怪うそっち

ええ…某アニメに出てくる妖怪は本当はこんな感じ…という紹介です。 某アニメの妖怪は妖怪じゃない、と誰でも分かる事ですが、 それらの妖怪等が元々はどの地方でどのように信じられたかをまとめました。

2015年02月、\100にて頒布



沈黙の書

錬金術の書で、題名が表しているよう、文章が一切有りません。 ですが、そのまま図版のみだと手抜き過ぎるので、 最後に考察を載せています。

2015年02月、\100にて頒布



日常会話で使えない?「クトゥルフの呼び声−全文翻訳−」で学ぶ英会話

ラブクラフトの「クトゥルフの呼び声」の全文翻訳です。 御存知のとおり、言い回しがかなり特殊で翻訳し難いため、 英会話を学べると称して、英文を訳しています。 英語本文、日本語訳、単語の3列にて構成しています。

※2014年12月、P58、\500にて頒布。

「古代ローマのレシピ アピキウスの料理書 [De re coquinaria] 全文翻訳」

題名の通りですが、古代ローマの美食家、 アピキウスの料理書の翻訳です。 レシピ一つ一つに番号が振って有り、複数資料からの統合翻訳をしました。
レシピというものの、保管法なども載っています。

※2013年08月、P68、\500にて頒布

「魔道書アルマデル The Grimoire of Armadel」

魔道書として最も綺麗な形で残っているアルマデルを、 マグレガー・メイザース氏の英語原文と共に掲載しました。
天使召喚、タリスマン作成の書です。

※2010年12月初版頒布。
 2013年08月 P46、\500にて頒布

「タロット アルカナ -TAROT Arcana- ver1.0」

タロットの歴史、大アルカナ・小アルカナの図版と説明、 スプレッド(カードの並べ方)が多数掲載された用語集の構成になっています。 また、見難い表(笑)が付いてるので本だけで占うことができます。

2002年12月 ver0.5として初版頒布
2012年12月 ver1.0頒布
2014年 8月 ver1.1頒布

「酒 ver1.2」

酒の歴史と醸造について、 世界各地の古酒から現代酒、ワインの等級からブドウ品種、 カクテル道具や製法など関連用語を幅広くまとめています。 後半はオマケとしてカクテルの製法を約120種紹介。

2005年12月初版300円にて頒布
2007年12月VER1.1、\500にて頒布
2012年12月VER1.2、\500にて頒布

「魔道書ゲーティア -ソロモンの七十二柱の精霊-」

18世紀のフランスで最も多く広く出回った魔道書の一つ、ゲーティアの素人翻訳。 マグレガー・メイザースとアレイスター・クロウリーによる 英語翻訳原文に限りなく近いものを掲載。全72種類の魔法陣と翻訳を紹介しています。 悪魔召喚の書です。


※2012年08月、\500にて頒布。

「国名の由来+海の由来 Ver1.2」

全く持って趣味の本となってしまっていますが、国名の由来+海の由来です。
ゲームにせよオリジナル小説にせよ、国が舞台になることあり、 オリジナルの場合はそのまま現存している国名は使えませんが、 国の名前をつける際の由来の参考になるのではないかと思います。

※ver1.0では文章による説明だけでしたが、ver1.1は全てに地図を入れ、首都の由来を追加しました。

※ver1.2にてできるだけどうしてそう言われているか?の経緯を入れました。  また海の由来を追加しました。

※2003年夏初版
※2004年夏ver-up(1.1)
※2012年夏ver-up(1.2)頒布


「古銃・古砲 ver1.1」

明らかになっているようでいて実はまだまだ不明な点が多い、銃についてまとめてみました。 黒色火薬の起源など、錬金術・ロケット・銃と、視点を変えると内容ががらりと変わる点など包括的に解説。

黒色火薬の歴史からハンドキャノンを介し、サーペンタイン、マッチロック、ホイールロック、スナップハンス、バルチック、ミュケレット、フリントロック、パーカッションなど歴史順に紹介。後半は用語集を掲載しました。

文章による紹介、用語集、歴史順に図解。初期のハンドキャノンの一覧など壮観です。

※ver1.1にて歴史順に図を追加。

※2008年12月初版
※2011年12月ver-up(1.1)\500にて頒布。

魔法・魔術と施術師 ver1.5

元々は占いや錬金術と混ざった状態で1冊でしたが分離して今に到っています。
魔法陣や神・デモニズム系の情報などを別にまとめているため、 現在頒布しているものはそれらの情報を載せていませんが、 徐々にフィードバックしてデータの充実化を図れればと思っています。


※2001年初版
※2002年Ver1.1
※2007年Ver1.3
※2011年夏ver1.5 \400にて頒布。

ワイン -wine- ver0.5

題名はワインとなっておりますが、実際のところワイン用ブドウ品種をまとめました。 実際に探してみると、ブドウ品種のみ網羅している本がありません。

因みに…別で活動している「ワイン娘」の企画のためにまとめた経緯もあります。

※2009年冬、\300にて頒布。

「ヨーロッパの城 資料 外観と平面図ver1.0」

ヨーロッパの城の見取り図を30以上掲載。 様々な資料に点在している見取り図を収録。 オリジナルストーリー・オリジナルゲームの参考や そのままテーブルトークのマップなどにご利用下さい。


※2009年夏、\300にて頒布。

「宝石と魔法的伝承 Ver3.7」

宝石について、世界中の言い伝え、伝承をまとめました。 身に着けた時の効果から、中世ヨーロッパの医学にて どのような効果が期待されて服用されたかなど収録。
20年かかり今回のverで完結。最も古くからまとめているデータ誌です。

過去、「宝石」誌はあまりに分厚くなってしまった為、 「鉱石」と分けました。「鉱石」誌は今後もver-upしていくつもりです。

出典が明らかなものに対して、いつごろ誰がどのように記述したかを歴史順に並べました。 地域や時間の推移でどのように伝承が移り変わったかが見えると思います。



※1989年初版
※2006年08月VER3.6
※2009年08月VER3.7、\500にて頒布。

中世の食卓 −食料の歴史− Ver1.1(PDF)

題名は「中世の食卓」となっていますが、内容としては食の起源から中世ヨーロッパ圏への広まり、今に到るまでを食材、料理ごとにまとめてみました。
中世ヨーロッパに無かったものも「無い」と確定できる意味で資料的な価値はあると思います。
※2003年12月初版。
※2008年12月\400にて頒布。

宝石・鉱物 アクセサリー用語辞典 ver1.0

「宝石」誌はあまりに分厚くなってしまった為、鉱石と分けたのですが…更にこちらで用語などを掲載しました。 宝石3部作となっています。

※2008年08月、\100にて頒布

護符・式符・霊符 Ver1.1(PDF)

「靈(霊)仙飛虹法霊符」という比較的有名にも関わらず、 日本語訳した物を(すくなくとも私は)見たことがないため、 片言ながら156符について素人翻訳してみました。
156符の図柄と翻訳を掲載。

※2005年08月初版
※2006年08月VER1.1
※2008年冬増刷、\500にて頒布。

ゲーム用マップ 建物1.0

例えばテーブルトークのゲーム中、「狭い酒場のほうが有利だから逃げ込もう」とか、 「敵の寝首を掻くために教会に侵入しよう」など、突然言い出した際でも大丈夫なように、 色々な建物の見取り図を掲載したゲーム用マップです。
実在する建物を参考にしたため、一般資料としても使用できます。

2007年08月初版発行

錬金術関連データ Ver.3.4

錬金術特有の用語や、ある用語の錬金術としての見方、実在したといわれる錬金術師をまとめました。
雰囲気を感じたい人は拾い読みを、深く知りたい人は解らない用語を追っていただければと思います。 錬金術は奥が深くて面白いです。ある一点に着目、あるいは一方向からの見方だけで1冊の本ができてしまうため、全般を広く見渡せるよう、箇条書き&用語解説となっています。


'99/12月初版?
'02/08 verup
'04 08 verup
'05 08 verup
※2006年冬 vere3.4、\500にて頒布。


音楽 Ver1.0

「音楽」誌は曲・歌をまとめました。例えばよく耳にするレクイエム(鎮魂歌)や、ラプソディー(狂詩曲)からあまり耳にしないバルカロール(舟歌)やパストラーレ(牧歌)など。 吟遊詩人の魔法やオリジナル魔法のネーミング、小説やゲームの題名、その中に登場する人名や機器名、また雑学や知的興味を満たす為などにお使いいただければ幸いです。

※2006年夏、\300にて頒布。

版権フリー背景集 1

題名通り「版権フリー」の背景集です。今回は城を中心にまとめてみました。
漫画・イラストの制作からゲームの背景、テーブルトーク時のイメージ画、 挿絵、表紙・裏表紙、ポスター、パッケージ、便箋やハガキ、投稿や出版まで 自由にお使いいただけます。(あくまで使えるのであれば、という事が前提ですが…)

戯言ですが、ホームページなどフリー素材が点在してますが、漫画や同人誌の世界でも、こういったフリーで使えるお手軽な『素材』が点在していてもいいのではないかなぁと思います。野望として、背景が手抜きがちになりやすい同人誌全体のクォリティ向上が図れたりするといいなぁと思う次第。

※2005年冬、\200にて頒布。

陰陽鎮宅七十二霊符 Ver1.0(Now Printing)

恐らく日本で一番有名な御札(おふだ)です。今更まとめる必要はないと思う方は多いと思いますが、自費出版なので一般の出版物では出せない(と考えられる)形式を取っています。

鎮宅七十二霊符の原典といわれている「正統道蔵」(太上秘法鎮宅霊符)、陰陽道で使われたという符、江戸時代より陰陽鎮宅神社に残っているといわれる符(木版)、現在様々な本で使用されている符の4つを見比べられるよう並べました。(とはいえ、陰陽道系は全てがそろっていないため、最低3つとなってます。陰陽道系の符の歴史的見解やいわれがみつからないため、便宜上江戸時代より前の扱いとしました。)

今までこういった見比べができる本がなかった事は「符のいい加減さ」が浮き出てしまうためと考えられます。符の否定本は一般書籍としては売れないため、大抵の本が必要以上に肯定しています。また効果を出す為には厳密に書く必要があり、正確に写さねばならない、正確でないととんでもない事体が起こる等としています。

並べてみるとあまりに元の形からかけ離れている為、わざと元と違う符を一般に出しているのかもしれません。効くと考えられていた正しい府は、一部の人で独占し、一般の人にはわざと移し間違いをしているものを提供する。…ただ、これは私の勝手な考えの為、本文中に見解や考察は載せていません。そのあたりは見た人にゆだねようと思います。

(閑話休題、並べると本来見えなかった事実が見えてしまうという事は、現代でも往々にしてあると思います。諸外国では五十音順である新聞の株価欄が、日本ではそうでない理由など考えると見えない事実が見えてきたり…)

※2003年冬より\300にて頒布。

※2003年夏、2.2
宝石・鉱石と、その魔法的伝承、宗教的伝承 ver.3.5

※ver.3.3のサンプル(PDF)

宝石オマケ
shadeによる各宝石のレンダリング画像(PDF)

※現在、「宝石と魔法的伝承」「鉱石と魔法的伝承」の2冊に分割しています。

サークルSMDにて一番長く調べているデータです。
元々は宝石の語源として、1989年ごろにレジュメとしてまとめたものが始まりでした。
90年後半のパワーストーンブームになると情報がかなり曲げられている点が見受けられますが、その前からまとめ始めているため、後から加わったと思われる「販促の為の伝承」は除いています。(あるいはその旨を書き添えています。)

てっきり入れていると思って入れていなかった情報の開示。
ルチルクォーツを検索すると香港・台湾・中国(あるいはひっくるめて風水)で古くから金銭のお守りになっているとでてきます。
台湾に旅行に行き、玉市にいきました。そこで見かけたルチルクォーツは日本で金運のお守りになっておりました。(台湾は英語より日本語が通じる国だったりします。)
さて、香港旅行に行ったときツアーの決まりで宝石工房に突然つれていかれました。その際も日本語の堪能な店員と話す機会があり、これらのことに付いて聞いてみました。
さて、調べるとどうやらルチルクォーツの針のような内容物を指し「金の線」が入っていることから「きんせんがはいる」つまり金銭が入るとなった様子。そこから見ると日本が先の様子です。
どちらも売るために互いの国で有名な…としている事がわかった一例です。

※こちらは現在、宝石誌、鉱石誌、用語集の三種類に分けています。

陰陽道・陰陽師 ver1.1 (now printing)

陰陽道に関するデータを集めました。 読んだ人が(自称)陰陽師になれるよう今後充実化を図っていこうと思います。

本誌中でも触れていますが、陰陽道自体、死後の世界観などを持たず、何をもって陰陽師と言えるという明確な点はありません。(よく言えば問題解決の為柔軟に、悪く言えば他の宗派の真似事で成り立っています。) 陰陽師になるには特別なものは要りません。だもので読んだ人が陰陽師になれるようにと願っています。
(一部で陰陽師の免許を交付しているところがありますがアレもどうかなぁと思います。)
2002年8月初版発行
????ver1.1発行

今後の予定&HTMLによる情報提供および情報開示
※まとめきってないデータ及び過去頒布していた情報です。

象徴学・SYMBOL (HTML)

昔、無料配布していた冊子です。
バラエティー番組などでよくある、連想ゲーム等にも使えるかと思います。その分、データ的な価値はあまり無いと思われます。

※現在サークルSMDで頒布している「SYMBL」誌はサークルメンバーの雷夢氏の著書であり、このデータとは関連はありません。

トップページに戻る