おかしくてた"めになるこどもかがくしつもんきょうしつ



 もともとこのQ&Aは子供のために、子供による質問と答えを集めたページです。しかし、現在、子供のふとした疑問に答えられない大人が増えてきていると聞きます。 大人のイゲンを保つためにも是非、このページで正しい科学知識を身につけていただければ災いです。

同ページ内リンク

天体・天文
気象・地球
生物
生活
乗り物・建物
コンピュータ
その他


■天体・天文

Q.月が欠けるのはどうしてですか? どうしてちゃんと戻るんですか?

A.欠けたように見えますが、実際に欠けている訳ではなく、見掛け上の問題なのです。月は半分は黄色で、残りの半分は真っ黒なのです。これがゆっくり回転しているので、まるで欠けたように見えるのです。

Q.月食はどうしておこるのですか?

A.月の裏側が黒いという話は前述した通りです。月食はいん石などにより回転速度が一時的に速くなるためです。

Q.日食はどうしておこるのですか?

A.黒点が一時的に大きくなるためです。

Q.星がちかちかと瞬くのはどうしてですか?

A.光化学スモッグの影響です。瞬き方があまりに明確で動いている場合、飛行機やヘリコプターである可能性もあります。

Q.火星人は居ますか?

A.居ます。探すのはそんなに困難ではありません。私はたしか水星人九紫だと思います。運勢はあまり良くないようです。

Q.僕が大人になったとき宇宙旅行は可能ですか?

A.10年ほど前に男性と女性をのせたボイジャー2号という宇宙船がうちあげられて、現在宇宙旅行の実験がされています。彼らが無事に帰還したら宇宙旅行が可能といわれています。

■気象・地球

Q.どうして空は青いのですか?どうして夕焼けは赤いのですか?

A.光の波長の問題です。原理はすこし難しいのですが、ドップラー効果は聞いたことがありますでしょうか?救急車が来るときと、去っていくときで音が変わる事が顕著な例です。これが光にも同じ事がいえるのです。地球が回る際に、朝や昼は光が押されて来るので青くなり、夕方は光が伸びるため赤くなります。これを難しい言葉で赤方偏移といいます。新幹線の後方のライトが赤く見えるのも赤方偏移によるものです。

Q.どうして1年の間に暑い夏と寒い冬があるのですか?

A.地球は1年かけて、太陽の回りを1周します。これを公転といいます。 その際、楕円軌道をとっているため、太陽に近づいたときが夏、遠ざかったときが冬になります。

Q.北極や南極の氷はなぜ溶けないんですか?

A.地球は自転しているため、回転エネルギーは赤道のほうが大きく、北極や南極におけるエネルギーは小さくなります。このため、氷が浮けるエネルギーが小さく、溶けないのです。

Q.どうして海には波があるのに、湖や池にはないんですか?

A.津波はすべて地震によって起きています。海は遠くの地震が伝わってきています。湖は陸の中にあるのであまり揺れないのです。

Q.山や高いところに登ると耳が痛くなるのはどうしてですか?

A.耳はバランス感覚などを感知しています。山など高い所に登ると地球の遠心力(トルク)が強くかかるため、それを耳が感知しているのです。

Q.ダイアモンドは世界で一番硬いと言われていますがどうやって削っているのですか?

A.ダイアは熱に弱いので、一度溶かして型にいれて固めています。

■生物

Q.クジラはどうしてあんなに大きいのですか?

A.難しい質問ですが、進化の結果、あのような形態をとったとしか言えません。 クジラは元々深海魚で、深海ではものすごい水圧がかかってるため、深海では普通の魚と同じ大きさです。それがたまたま水面まで来てしまったため大きくなるのです。 同じ深海魚の仲間であるリュウグウノツカイも深海ではメダカくらいの大きさといわれています。 全ての深海魚が水面に上がってくると、海抜が50mあがると言われています。

Q.ビーバーは何のためにダムをつくるのですか?

A.内需拡大の為です。また、この作業のために動くお金が、一部の天下り企業の大切な売上になっています。また、ダムを氾濫させて、殺した生き物の死肉を漁るための共同作業でもあります。

Q.捕まえたカブトムシが動かなくなったのですが、電池のカバーがみつかりません。

A.使い捨てですので電池を補充するためには地面に返却した後、新しいものを購入してください。

Q.カブトムシを捕まえる方法を教えてください。

A.デパートにて毎年新製品が発売されています。

Q.カエルにおへそがないのはどうしてでうすか?

A.雷に撃たれたからです。雷に撃たれた際に遺伝子に影響が出るという事は自然界ではよくあります。

■生活

Q.電子レンジで卵を温めると爆発するって本当ですか?

A.本当です。電子レンジのエネルギーが卵に多く含まれる引火性物質タマゴニンと反応し、爆発してしまうのです。先日、私の勤めている研究所のパートさんが、電子レンジでお弁当を温める際、ゆで卵の半切りを別に分けてました。実に賢明です。みんなも気を付けましょう。

Q.電子レンジはどうやって物を暖めているのですか?

A.強力ライト、低周波、テーブルの回転エネルギー全てを使ってます。

Q.FAXはどうやって紙を送っているのですか?

A.いくらFAXでも、紙をそのまま送っている訳ではなく、情報として電話回線で送っています。ですから、いくら送っても紙が戻ってくるのは当然ですので注意しましょう。
送信側がFAXに紙を入れると、読取装置が原子配列を読み取り、そのデータを受信側で復元させています。ハエなど、紙以外の物を同時に送ると危険なため、薄い物しか送れないような作りになっています。

Q.お母さんがゲームは一日2時間までと言ってますが、どうしてですか?何が悪いんですか?

A.それはあまりにゲームにのめり込み、将来ゲーム業界に就職するとお母さんが悲しむからです。何が悪いかというと困りますが、ゲーム業界の体系が悪いのでしょうか。(シャレになってません)

Q.除夜の鐘は何回つくのですか?

A.人間の煩悩の数です。しかし、あまりに数が多いため108回に押さえられています。つまり、108つは煩悩を持ってても良いという事です。

Q.クラッカーはどうして紐を引っ張ると破裂するんですか?

A.それは円錐の形に意味があります。紐の先にくっついている不安定な物質が円錐の尖がりに向かうにつれ、自重を維持できなくなり、原子崩壊する際にエネルギーが前方に放出されます。ですから、人に向けて撃ってはいけません。

Q.消しゴムで字が消えるのはどうしてですか?

A.鉛筆で書いた文字と消しゴムの間で化学反応が起こっているからです。消しゴムは非常に反応しやすい物質で、擦るときの熱により炭素を吸収して離しません。だからいつもスベスベでまるで赤ちゃんの肌みたいなのです。

Q.お風呂に入ったときに、寒くも無いのに震えるのはどうしてですか?

A.武者震いというものです。今から体中の雑菌を大量殺戮してやると、意識していなくても身体がそれを解っているので震えてしまうのです。

Q.テレビでネズミが実験に使われてました。 人間が飲む新しい薬の実験だったのですが、なぜネズミが使われるのですか? ネズミに効いたら人間にも効くんですか?

A.安心して下さい。ラット(ネズミ)を使っての実験は大手の一部だけです。ラットを買うだけの予算がない研究所は、直接人間に投与してます。なお、ラットの身体は人間に近い構成をしており、MッキーMウス、Nズミ男、人語を理解するPカチューなどが顕著な例としてあげられます。
もう一つの質問ですが、ラットに効いたからといって全ての人に効くわけではありません。中にはネズミ以下の人もいるからです。

Q.ハエがガラス窓にとまってました。どうして落ちないでとまってられるのですか? あと、どうして手をこするのですか?

A.ハエの顔の拡大図を見てみましょう。吸盤のような口がありますね。ハエはあれでくっついているのです。神話や昔話で、悪いことをするとハエに転生するといわれます。だから、ハエは「次は人間になれるように」と手をこすり祈っていると言われています。

Q.ブルーベリーとかクランベリーとかありますが、どうちがうのですか?

A.ミントなどと同じく、交配しやすい植物は非常に種類が増えます。また、香りが近いという意味で、全く別の植物に似た名前が付く事も少なくありません。(ローズマリー、ローズウッド等)
ブルーベリーは「とても青い」のです。ブラックベリーは無論「とても黒い」という意味です。ストロベリーは「とても藁みたい」で、クランベリーは「とてもクランク状態」なのです。

Q.望遠鏡はなんで遠くのものが大きく見えるのですか?

A.重力子によって遠くの光を近くに持ってきているからです。望遠鏡は主に重量レンズとその支えで構成されています。重力レンズは重いため、てこの原理を利用して動かす機構を持ったものが望遠鏡です。

Q.冷蔵庫はどうやって物を冷やしているのですか?

A.冷蔵庫の中の光が冷凍光線です。冷凍庫の光が見えないのは、強い冷凍光線のため周波数が高く人間の目には見えないためです。

■乗り物・建物

Q.飛行機はどうして飛べるのですか?

A.物を投げると落ちますね。これをすごく遠くに投げる所をイメージしてください。地球は丸いので、ある速度以上になると地球の丸みに沿って落ち続けます。この速度を第一宇宙速度といいます。

Q.リニアモーターカーはどうしてあんなに早い速度がでるのですか?

A.リニアモーターカーは磁石の力を使って動いています。出発点に同じ極、目的地に反対の極が置いてあり、反発する力と引き合う力によって動いています。

Q.船は重たいのになんで沈まないのですか?

A.船は通常斜め上に進んでいます。つまり、沈む前に上に進んでいる訳です。波止場に停船している時にロープで繋いでいるのは沈まないようにするためです。

Q.都庁はどうして2つに分けたのですか?

A.片方は予備です。

Q.サンシャイン60の上のほうの窓はどうやって拭いているのですか?

A.拭いてません。あれはガラスに見えますが透明な洗剤でできているので大丈夫なのです。およそ100年に一度交換すれば大丈夫といわれています。

Q.ピラミッドは何のために作られたのですか?

A.スフィンクスの家です。

■コンピュータ

Q.コンピュータウィルスってなんですか?

A.コンピュータに寄生するウィルスで、これらを媒介に人間に移ります。 一般的に精密電気製品が海外への持ち出し禁止になっているのは、これらのウィルスの蔓延を防ぐ為です。コンピュータを搭載している機械を使った後は、手をよく洗いうがいをしましょう。また、感染防止のためキーボードカバーはきちんとつけましょう。

Q.2000年問題について教えて下さい。新聞にこれで、ミサイルが落ちると書いてあります。不安でしょうがないです。

A.質問者のとしひろ君にFAXを送ってもらいました。N刊K業新聞98/11/09ですね。
確かに見出しにもそのように大きく書かれてますし、文章もよく読まなければそのように解釈できます。良く読むと、ミサイルを管理しているコンピュータの2000年問題に対処しきれないかもしれない、対処しきれないとパニックになるかもしれない、パニックを乗じてテロ事件がおこるかもしれない、テロ事件を防ぎきれないかもしれない、結果ミサイルが飛ばされるかもしれないといった、遠大な内容です。
もう一つの質問の「2000年問題(Y2K)」ですが、これは2000年になっても手元のコンピュータが使えるか不安だという問題と思って差し支えありません。

Q.受信トイレとは何ですか?

A.通常、MS-WINDOWS(C)には受信トレイが入っているはずですが、誰かのいたずらでそのようにリネームさせられているケースがあります。なお、私の研究所では共用の機器にてリネームしましたが、7ヶ月たった今でも誰も気が付いてくれません。

Q.インターネットってすごいっていわれてますが、何がすごいんですか?

A.Hなサイトがすごいです。

■その他

Q.フリーエネルギーは実在しますか?

A.勿論実在します。あともう少し資金提供があれば私の研究所で見せる事ができます。

Q.生きる気力がなくなりました。人生ってなんですか?

A.難しい質問ですが、私の友人に人生は何かを聞いてみました。
 「猫耳」
 「綾波のふくらはぎ」
 「沙っちゃん」
生きる気力が出てきましたか?

Q.どうして青虫はキャベツを食べるのにマヨネーズを使わないのですか?

A.文明レベルがマヨネーズを作るに達していないためです。まず、言語と火の獲得、自分が食べる以上の資産の確保、それによる貧富の差、そして流通と進めていけば、数億年後にはマヨネーズくらい作れるようになる筈です。ニワトリは天敵な為、彼らの養鶏は困難を極めると考えられます。

Q.ネッシーはいるのですか?

A.ネSカフェのマスコットキャラクターです。海外では有名ですが日本ではあまり知られていません。残念ながら空想上の生き物です。

Q.サンタは存在しますか?

A.サンタはアメリカで有名な盗賊です。煙突からの進入がばれた際に子供をプレゼントで買収することで有名です。 また、Cカコーラ・Bトラーズ社に買収されてあの服を着たという実証も残されています。
多くの家屋への煙突からの家宅侵入により、捕まっております。このため現在買収が行われる事はありません。
スコットランドの国境付近では「レッドキャップ」として名を売っていたという記録もあります。


Q.冷凍睡眠は実現可能ですか?

A.現在、国家プロジェクトとして実験中です。日本政府は魚による実験を認可しており、実験に失敗したマグロなどが市場にでています。

Q.世の中不景気でお金が無くて困るというのなら、なんでもっとお金を印刷しないのですか?

A.印刷するお金が無いためです。

Q.こどもかがくしつもんきょうしつの質問はスタッフがボイスチェンジャーを使って子供のふりをしているって本当ですか?

A.物事には触れてはいけないことがあります。



ご意見ご要望、また日常のふとした質問などメールしていただければ力の限りお答えしようと前向きに善処します。出来れば答えまで添えていただければ幸いです。

※このページの文章は友人、Hurry Rabbit氏と共同で作成したものである事を明記します。

Email:kzmnk@geocities.co.jp
© 1998-2000 kazamineko All rights reserved.


科学のぺーじに戻る

トップページに戻る