Mailing List for "Conversations with God"
「神との対話」メーリング・リスト

あなたは 人目です

「神との対話」メーリング・リストへようこそ!

このメーリング・リスト(以下MLと略)は、「神との対話」のためのMLです。

ここで、「神との対話」と言っているのは、書物(原書および訳書) のタイトルであると同時に、文字通り「神と対話すること」「神とコミュニケートすること」という意味も兼ね備えています。

従って、必ずしも書物にこだわる必要はありません。いわゆる「スピリチュアリティ」(精神世界)に関することであれば、何でも話題にして下さって結構です。

管理人といたしましては、本MLが、様々な「出会い」や「学び」や「気づき」や「悟り」や「癒し」のきっかけとなりますことを(←欲張りすぎ?)、心から願っております。

なお、このページの後ろに、ML登録用コマンドを含む 各種コマンドについての簡単な解説 を載せましたので、参考にして下さい。また、このMLに実際に参加登録を希望される方は、MLサーバ利用規約抜粋管理人からのお知らせ などについてもよくお読みいただき、その内容について了承しておいて下さい。

まあ、余り堅苦しいことは抜きにいたしまして、本MLを末長くご愛顧戴ければ幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

− 管理人による「神との対話」MLへの投稿記事は こちら  −
− お問い合わせは 管理人 (owner-god@iijnet.or.jp) までどうぞ −

「神との対話」ホーム・ページ (ReCreation)
「神との対話」ホーム・ページ (Neale Donald Walsch)
Millennium Legacies, Inc (Neale Donald Walsch)
「神との対話」ホーム・ページ (日本語) (by BeYou)
「神との対話」&「魂と愛の学校」(日本語) (by 武津文雄さん)
「神との対話」ホーム・ページ (日本語) (by ゆたかさん)
「神との対話」出版社 (Hampton Roads Publishing)
「神との対話」(日本語訳) 出版社 (サンマーク出版)
「神との対話」CD (Windham Hill Group)
「神との対話」ML登録ページ (by Spirit-WWW)
「神との対話」チャット・掲示板他 (by Yahoo! Clubs)
「神との対話」オンライン・スタディ・グループ (by Yahoo! Clubs)
「神との対話」掲示板 (by Lightworker)
「神との対話」フォーラム (by Delphi Internet)
良書についての掲示板 (Good Books Discussion)
最もインスピレーショナルな本 (The most inspirational books ever written)
宗教と精神世界・今週のベストセラー (amazon.com)
スピリットWEB (Spirit WEB)
ニューエイジ イン USA (New Age in USA)
MLサーバ・ホーム・ページ (IIJ-MC)
MLサーバ・公開ML一覧 (MLOnline)
当ML過去記事のアーカイブ (要パスワード)


【1】コマンドについての簡単な説明

    多くのMLに当てはまることですが、当MLにおいては、登録・退会などの各種コマンド(MLサーバに対する指示です)を送るメール・アドレス(request@iijnet.or.jp)と、記事を投稿するメール・アドレス(god@iijnet.or.jp)は異なりますので、注意して下さい。
    また、コマンドを送る際に、本文の末尾に署名(シグニチュア)が付いてしまうと、コマンドの解釈に支障を来たす場合がありますので、下の説明はすべて end というコマンドを本文の最後に付加した形になっています。署名を付けなければ、このコマンドを付加する必要はありません。さらに、コマンドを送るためのメールのタイトルに関しては、指定はありません(何でも構わない、ということです)。
    なお、当MLにおきましては、メール・アドレス以外の本名その他のプライバシーの提示は不要です。

  1. 「神との対話」MLに登録を申し込む場合
    宛先 request@iijnet.or.jp へ、本文として
    subscribe god
    end
    という2行だけを書いたメールを送ります。
    通常数分以内にMLのサーバから、「IIJ-MC Mailing-list server Status report」というタイトルの確認のメールが送られて来ますので、そのメールに書かれている指示に従って、承認のメールを送り返して下さい。具体的には、送られてきたメールの中から、「confirm XXXXXXXX god」(ここで XXXXXXXX は数字)という行を1行だけ取り出して、request@iijnet.or.jp に再送付する(すなわち返信することになる)ことになります。ちょっと分かりにくいのですが、この confirm で始まる行は、送られてきたメールの冒頭10行以内に必ずあります (^^;)。それ以降に書かれている内容は、すべて説明に過ぎません。このように、登録希望者からメールを送り返してもらうことは当MLのサーバの仕様でして、登録希望者の側で、正しいメール・アドレスを使用しているかどうかを確認するためのものです。ここまで、うまく事が運びますと (^^;)、再度「IIJ-MC Mailing-list server Status report」というタイトルのメールがMLサーバから送られて来ますが、その本文には、「god メーリングリストへの登録の確認作業の手続きが完了しました。」という1行が含まれているはずです。このメールを受け取ったら、あなたの側の作業は終わりです。
    最後に、管理人の承諾を得て、登録が完了いたします。早ければ数分、遅い場合でも数日以内に終るはずです。この操作は管理人の手作業になりますが、匿名メーラからの申し込みなどを拒否するためのステップであり、やはり当MLのサーバの仕様です。MLに正しく登録されれば、その旨メールで通知されます。何だか複雑に思えますが、やってみますととても簡単です。
    また、1週間ほど経過してもMLからのメールが配送されてこない場合など、どうしても登録がうまくいかない方は、遠慮することなく、その旨、管理人 宛に直接メールにて状況をお知らせ下さい。登録したいアドレスを教えて頂ければ、私の方で手作業で登録することも可能です。

  2. メールの配送を一時停止する場合 (オフ・コマンド)
    宛先 request@iijnet.or.jp へ、本文として
    off god
    end
    という2行だけを書いたメールを送ります。
    長期に渡ってメールをチェック出来ないなど、一時的にメールの配送を止めたい時に使います。管理人の承諾なしに、各参加者が自分でコマンドを発行できます。次のオン・コマンドとセットで使います。

  3. 一時停止したメールの配送を再開する場合 (オン・コマンド)
    宛先 request@iijnet.or.jp へ、本文として
    on god
    end
    という2行だけを書いたメールを送ります。このオン・コマンドも、オフ・コマンド同様に、管理人の承諾なしに、各参加者が自分で何度でも自由自在にコマンドを発行できます。

  4. 「神との対話」MLから退会する場合
    宛先 request@iijnet.or.jp へ、本文として
    unsubscribe god
    end
    という2行だけを書いたメールを送ります。
    但し、この操作を行った後に、再度当MLに参加する場合には、再び参加申込を行って管理人の承諾を得る必要があります。従って、一時的にメールの配送を止めたい場合には、上記のオフ・コマンドをお使い下さい。

  5. コマンドに関する詳しい説明が欲しい場合
    宛先 request@iijnet.or.jp へ、本文として
    help
    end
    という2行だけを書いたメールを送ります。
    なお、送られてきたマニュアル中で、<list>もしくは aaaml という部分は、god に置き換えて下さい。

  6. 「神との対話」MLへ記事を投稿する場合
    god@iijnet.or.jp へ、その記事をメールとして送ります。但し、そのためには、貴方のメールアドレスが既に当MLに登録されている必要があります。登録されていない場合、そのメールの受け取りはMLサーバによって拒否されます。

  7. 「神との対話」MLから送信されてきた記事に対してコメントする場合
    本MLから送信されてくる記事の返信アドレスは、MLサーバにより自動的に god@iijnet.or.jp となっています(このアドレスが、Reply-To:フィールドに自動的に書き込まれるということです)ので、通常の電子メールと同様に、ソフトウェアの「返信」コマンドを用いて送信して下さい。

【2】IIJ メーリングリストサーバ利用規約抜粋(全文はこちら

    第13条(禁止される行為)

     IIJ-MC では、ユーザの利益・権利を保護し、有益なサービスを提供するために IIJ メーリングリストサーバ上での以下の行為を禁止させていただきます。
    (1) 公序良俗、法令に違反する行為を目的とした利用。
    (2) 犯罪的行為に結びつく行為。
    (3) 他のユーザまたは第三者の著作権を侵害する行為。
    (4) 他のユーザまたは第三者の財産、プライバシーを侵害する行為。
    (5) 他のユーザまたは第三者に不利益を与える行為。
    (6) 他のユーザまたは第三者を誹謗中傷する行為。
    (7) IIJ およびIIJ-MC のサービス業務の運営・維持を妨げる行為。
    (8) お申込時の目的と異なる目的での利用。

    第27条(情報の著作権)

     IIJ メーリングリストサーバ上での著作権等については以下の通りとします。
    (1) ユーザが IIJ メーリングリストサーバ上で交換した著作物については、ユーザに帰属するものとします。
    (2) ユーザが IIJ メーリングリストサーバ上で交換した著作物については、ユーザが著作権を有するものとします。
    (3) ユーザが IIJ メーリングリストサーバ上で、第三者との契約または第三者が著作権を有する等の理由で、公表・複製等が禁じられている著作物の違法な公表、複製、翻訳等の権利侵害行為を行った場合は、一切の責任は当該行為を行ったユーザに帰属するものとします。
    (4) ユーザが IIJ メーリングリストサーバ上で交換した他のユーザの著作物を使用するにあたっては、本規約、ユーザが所属するメーリングリストでの取り決め、および著作権法が定める事項を遵守していただきます。

【3】「神との対話」ML管理人からのお知らせ

  1. 「神との対話」ML管理人(以下、管理人とする)は「神との対話」ML(以下、本MLとする)の利用により発生した問題に対し、以下のとおり対処するものとします。
    (1) ユーザの損害・不利益
     管理人は本MLの利用により発生したユーザの損害・不利益に対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
    (2) 第三者の損害・不利益
     管理人は本MLの利用により、ユーザが第三者に与えた損害・不利益に対し、いかなる責任も負わないものとし、ユーザが第三者に損害・不利益を与えた場合は、ユーザの責任と費用をもって解決し、管理人に損害をあたえることがないものとします。
    (3) 本MLの存続を危うくするような行為
     ユーザがIIJ メーリングリストサーバ利用規約などに違反する行為を行うなどして、本MLの存続自体が危険に晒された場合には、管理人は当該ユーザの登録を抹消することがあります。

  2. 記事を投稿するに当たっては、いわゆる「ネチケット」を遵守して頂くようにお願い申し上げます。参考までに、幾つか気が付いた点を以下に列挙します。
    (1) 添付ファイルの禁止
     MLに投稿する記事にファイルを添付しないようにして下さい。ファイルを添付する必要がある場合には、個人メールなどの他の手段を用いて下さい。
    (2) 使用文字種の制限
     いわゆる「半角カナ」は使用しないで下さい。また「機種依存文字」も、使用をできるだけ控えて下さい。
    (3) 記事の書式
     これは強制ではありませんが、引用する際の便宜を考えますと、1行の長さは全角文字にして35文字以内程度が望ましいと考えられます。
    (4) 転送アドレスの設定
     転送先のアドレスとして、ニフティサーブなどのように、受信可能なメールの数に上限があるメール・ボックスを設定することは、避けて下さい。これは、万一そのメール・ボックスでエラーが生じた時に、管理人がその原因を正しく突き止めることがほとんど不可能となるためです。

  3. このホーム・ページに付きましてはご自由にリンクをお張り下さい。また、本MLに付きましてはご自由にご宣伝下さい。いずれにしましても、管理人 といたしましては、ご一報いただければ有り難いことですが、そのことは義務ではありません。

【4】参考文献

  1. Conversations with God - an uncommon dialogue - Book 1
    「神との対話」原書第1巻

    Author: Neale Donald Walsch (November 1996)
    Publisher: G. P. Putnam's Sons, First Hardcover Edition 1996, Originally published by Hampton Roads Publishing Company, Inc., 1995
    ISBN: 0399142789

  2. Conversations with God - an uncommon dialogue - Book 1 Guidebook
    「神との対話」原書第1巻のガイドブック

    Author: Neale Donald Walsch (July 1997)
    Publisher: Hampton Roads Publishing Company, Inc.
    ISBN: 1571740481

  3. Meditations from Conversations with God - an uncommon dialog - Book 1
    Author: Neale Donald Walsch (Semptember 1997)
    Publisher: Berkley Publishing Group
    ISBN: 0425161692

  4. Conversations with God - an uncommon dialogue - Book 2
    「神との対話」原書第2巻

    Author: Neale Donald Walsch (May 1997)
    Publisher: Hampton Roads Publishing Company, Inc.
    ISBN: 1571740562

  5. Meditations from Conversations with God - an uncommon dialog - Book 2: A Personal Journal
    Author: Neale Donald Walsch (December 1997)
    Publisher: Hampton Roads Publishing Company, Inc.
    ISBN: 1571740724

  6. The Little Soul and the Sun - A Children's Parable Adapted from Conversations with God
    「小さな魂と太陽」(子供向けの絵本)

    Author: Neale Donald Walsch (April 1998)
    Illustration: Frank Riccio
    Publisher: Hampton Roads Publishing Company, Inc.
    ISBN: 1571740872

  7. Conversations with God - an uncommon dialogue - Book 3
    「神との対話」原書第3巻

    Author: Neale Donald Walsch (November 1998)
    Publisher: Hampton Roads Publishing Company, Inc.
    ISBN: 1571741038

  8. Stephen Lives!: My Son Stephen - His Life, Suicide and Alterlife
    「スティーブンは生きている!:わが息子スティーブンの人生、自殺、そして死後の世界」
    注意:この本は「神との対話」第3巻原書148頁において紹介されているが、訳書においては、この部分はカットされているため、この本に関する記述も失われてしまっている。

    Author: Anne Puryear (April 1997)
    Publisher: Pocket Books
    ISBN: 0671536648

  9. A Course in Miracles: Combined Volume
    「奇跡の学習コース」

    Author: Foundation for Inner Peace (May 1996)
    Publisher: Viking Penguin
    ISBN: 0670869759

  10. 神との対話−宇宙をみつける 自分をみつける− (訳書第1巻)
    ニール・ドナルド・ウォルシュ著, 吉田利子訳, サンマーク出版, 1997年9月30日初版発行
    ISBN4-7631-9199-3 C0030

  11. 神との対話2−宇宙を生きる 自分を生きる− (訳書第2巻)
    ニール・ドナルド・ウォルシュ著, 吉田利子訳, サンマーク出版, 1998年7月6日初版発行
    ISBN4-7631-9217-5 C0030

  12. 神との対話3−宇宙になる 自分になる− (訳書第3巻)
    ニール・ドナルド・ウォルシュ著, 吉田利子訳, サンマーク出版, 1999年6月1日初版発行
    ISBN4-7631-9261-2 C0030

【5】ウォルシュさんが選んだ「世界を変える8冊の本」 (「神との対話」第3巻の原書後書き参照)

  1. The Healing of America
    「アメリカを癒す」マリアン・ウィリアムソン著

    Author: Marianne Williamson (September 1997)
    Publisher: Simon & Schuster
    ISBN: 068484270X

  2. The Last Hours of Ancient Sunlight: Waking Up to Personal and Global Transformation
    「古代の陽光の最後の数時間:個人的地球的変容への目覚め」トム・ハートマン著

    Author: Thom Hartmann (March 1998)
    Publisher: Mythical Books
    ISBN: 0965572811

  3. Conscious Evolution: Awakening the Power of Our Social Potential
    「意識的進化:社会が持つ潜在能力を目覚めさせる」バーバラ・マルクス・ハバード著

    Author: Barbara Marx Hubbard (January 1998)
    Publisher: New World Library
    ISBN: 1577310160

  4. Reworking Success: New Communities at the Millennium
    「成功への再度の取り組み:新千年紀における新しい共同体」ロバート・テオバルド著

    Author: Robert Theobald (October 1997)
    Publisher: New Society Pub
    ISBN: 0865713677

  5. The Celestine Vision: Living the New Spiritual Awareness
    「聖なるヴィジョン:新しい霊的な気づきに生きる」ジェームズ・レッドフィールド著

    Author: James Redfield (October 1997)
    Publisher: Warner Books
    ISBN: 0446522740

  6. The Politics of Meaning: Restoring Hope and Possibility in an Age of Cynicism
    「意味の政治学:シニカルな時代における希望と可能性の回復」マイケル・ラーナー著

    Author: Michael Lerner (June 1997)
    Publisher: Perseus Pr
    ISBN: 0201154897

  7. The Future of Love: The Power of the Soul in Intimate Relationships
    「愛の未来:親密な関係における魂の力」ダフネ・ローズ・キングマ著

    Author: Daphne Rose Kingma (February 1998)
    Publisher: Doubleday
    ISBN: 0385490836

  8. Diet for a New America: How Your Food Choices Affect Your Health, Happiness and the Future of Life on Earth
    「新しいアメリカのための食餌療法:どんな食事を摂るかにより、あなたの健康と幸福と、そしてこの地球上の生命の未来が決定される」ジョン・ロビンス著

    Author: John Robbins (August 1998)
    Publisher: H J Kramer, Paperback - 448 pages Reprint edition
    ISBN: 0915811812

【6】管理人が是非とも皆さんにお薦めする本

  1. 黎明(れいめい)
    葦原瑞穂著, (株)コスモ・テン発行, 太陽出版発売, 1998年12月1日初版発行
    ISBN4-87666-064-6 C0014
    素晴らしい本です。「神との対話」と内容が一致するところが多々あります。見かけに反してとても読み易く、かつ著者にユーモアのセンスがあって、信じられないほど面白い本です。以下に一部引用します。
    本書の内容も少し前の時代であれば、極くわずかの人達を別にすればほとんど理解されなかったでしょうが、今日では地球の精神階層にも充分な受容体制が創られつつあります。またこの本を読まれたり、この本の内容について思索されることに因って、読者の方々のひとりひとりがこの想念形態にチャネルし、想念形態を成長させ、さらには人類全体の理解力を深めて、意識を進化させるはたらきが生じます。つまり読者の方々は、地球人類が普遍意識に目覚めるための大いなる仕事を、現に今、手伝って居られるわけです。(「黎明」183頁)

  2. 四つの約束
    ドン・ミゲル・ルイス著, 松永太郎訳, コスモス・ライブラリー発行, 星雲社発売, 1999年4月25日第1刷発行
    ISBN4-7952-2371-8 C0011
    これはトルテックという名前のマヤに伝わる教えについての解説ですが、とても分かり易く書かれています。「神との対話」と共鳴するところが多々あります。薄い本なのですぐに読めますが、書かれてある内容は深遠です。ちょっと長いですが、以下に一部引用します。
    あなたが私について何を考えようと、それは重要ではない。そして私はあなたの考えを自分のこととして受け取らない。他の人が、「ミゲル、君が一番だよ」と言ったとしても、「君は最悪の奴だよ」と言ったとしても、個人的には受け取らない。あなたが私に「ミゲル、君はまるで天使のようだ」と言う時には、あなたが気分の良いことがわかる。しかしあなたが怒っている時には、「ミゲル、君はまるで悪魔だ。いやな奴だ。なんで、あんなことが言えるんだ」と言うだろう。どちらにしろ、私はあなたの言ったことに影響されない。私は、自分が誰であるか知っているからだ。私は、他の人から受け入れられる必要はない。私は、誰かから「ミゲル、君はうまくやっている」とか「なんで、そんなことをするんだ」などと言われる必要を感じない。

    全てを個人的に、自分のこととして受け取らないからである。あなたが何を考え、何を感じても、私は、それがあなたの問題であって、私の問題ではないことを知っている。それは、あなたの世界に対する見方なのである。そこに私に関するものはなにもない。そこであなたが関わっているものは、あなたであって、私ではない。他の人は、その信念のシステムに従って、意見を作る。したがって、他の人が私について考えることは、私のことではなくて自分たちのことなのである。

    あなたは、こうも言うかも知れない。「ミゲル、あなたの言うことは、私を傷つける」。しかし実際は、私の言うことが、あなたを傷つけているのではない。それは、あなたが私が言ったことによって触れられるような傷を持っているからなのである。あなたは、自分で自分を傷つけているのだ。ここには、私が個人的に受け取らなければならない理由はない。あなたを信用していないとか、信頼していないというわけではない。私とあなたとは、違った目で世界を見ているということなのだ。(「四つの約束」42〜43頁)
    なお、同一著者の The Mastery of Love もお薦めです。これは原書が出版されたばかりなので、翻訳はまだありません。

【7】履歴

1997/12/XX 某所で「神との対話」MLを開設しようとする動きが始まった。
1998/01/14 IIJ-MC に本MLの契約申込書を郵送した。
1998/01/21 IIJ-MC から登録完了のお知らせが郵便で届いた。
1998/01/27 IIJ-MC からMLの設定がすべて完了した旨の電子メールが届いた。
1998/01/29 幾つかの場所(聖なる予言ML, 気づきのML, fj.mail, fj.mail.lists, fj.life.religion)で、本MLがスタートする旨、PRした。
1998/01/30 参加者の一括登録(第1回目)を行い、本MLを正式にスタートした。
1998/01/31 月刊ML紹介 に登録をお願いし、掲載された。分類は取りあえず[趣味/本]とした。参加者の一括登録(第2回目)を行った。「気づきのML」オフにて、PR活動を行った (^o^)。
1998/02/03 参加者が20人になったので、何だか嬉しい。なお、参加者の登録は随時行うことにしたので、以後いちいち書かない(笑)。infoseek Japan に本HPを登録した。
1998/02/05 本MLのPRのために、私的投稿記事 を公開することにした。いつまで続くことやら(笑)。
1998/02/07 goo に本HPを登録した。
1998/02/10 「神との対話」に関するページを検索した結果、アメリカにも「神との対話」MLがあることを発見した。つい先月、開設されたようである(まさに共時性!)。登録はこちらAltaVista に本HPを登録したが、これは英語版ページを作らんとほとんど無意味であるなあ(笑)。
1998/02/17 本ML始まって以来初めての公式行事として(^0^)、ジェームズ・レッドフィールド (「聖なる予言」の著者), ニール・ドナルド・ウォルシュ (言わずと知れた「神との対話」の著者), マリーアン・ウィリアムソン (「A Course In Miracles」の教師) の3人が主催する「イラク危機を解決するための祈りと瞑想」(日本時間で2月22日(日)から28日(土)までの7日間の毎朝8時から5分間) に参加することにした。詳細はこちら
1998/02/18 上記の「イラク危機を解決するための祈りと瞑想」のための掲示板にこのMLのことを投稿しておいたら、マリーアンお姉さんから直接コメントを貰った。このMLのことをニールおじさんに伝えてくれるとのことである。とっても嬉しい。
1998/02/20 某パソコン通信の某フォーラムの某会議室にてさりげなく宣伝した。また、当HPを 佐藤賢治 さんがリンクしてくれていることに気が付きました。一本釣りの成果です (^O^)。でも彼はMLには入ってくれません (;;)。
1998/02/21 アメリカでは定評のあるニューエイジ系のサイト Spirit-WWW でも、ごくごく最近「神との対話」メーリング・リストが始まったようである。登録はこちら。「イラク危機を解決するための祈りと瞑想」への参加要請をいくつかのMLに流した。
1998/02/22 「イラク危機を解決するための祈りと瞑想」の初日です。日本時間で朝8時から5分間です。寝坊しないようにしましょう。詳細はこちら。当MLのメンバーの一人である みっちー さんが、この「祈りと瞑想」に対する神からのメッセージを投稿してくれた。
1998/02/23 NTT Directory に本HPが登録された。
1998/02/24 ニュース速報によれば、取りあえず「イラク危機」は回避されたとのことです。世界中で同時に行われた「祈りと瞑想」のパワーを感じました。
1998/02/26 本日、瞬間風速的ではありますが、1日当たりの投稿数が100通を超えてしまいました。今日は何か特別な日だったかな〜 (^o^)。
1998/02/28 「祈りと瞑想」週間の最終日です。ご協力頂いた皆様には、心より御礼申し上げます。
1998/03/02 大したことではありませんが、最近当MLにおきましては、チャネリングによるメッセージを投稿することが、流行っております。
1998/03/11 Yahoo! JAPAN に本HPが登録された。
1998/03/13 これもまた大したことではありませんが、最近当MLにおきましては、elle さんのご協力により、「クイズ・100人(霊)に聞きました」が流行っております。
1998/03/17 みかりんお姉様 のご協力により、当MLの参加者 (顕界と霊界の両方ですが) 名簿を作成中です。
1998/03/18 日木流奈くんのHPは こちら。もう一つの「神との対話」です。
1998/03/19 elle さんのところから、10人(霊)ほどの方々が、ぴよちゃん宅を訪問しました。ぴよちゃんは見えないネックレスを貰ったそうです。
1998/03/20 当ML始まって以来、初めてのオフが、わこさんのお店で開かれました。ふうちゃん、幹事役ご苦労様でした。なお「第1回怪しの人大賞」は、下馬評どおり、みっちーさんに決定いたしました (管理人の独断による)。当MLの別名を「怪しのML」にしようかと思案しております。
1998/03/23 かよこさんのご協力により、「神との対話」の日本語訳の出版社であるサンマーク出版 とお友達になろうと企んでおります (現在進行形)。
1998/03/26 本日の投稿数は170通であった。本ML始まって以来の最多記録となった。これ以後、当MLは第二期へとシフトする (と管理人だけが勝手に言っている (^^;))。
1998/03/31 当MLのメンバーであるゆたかさんによる「世界の子供にワクチンを」のHPは こちら
1998/04/03 千鳥ケ淵にて、当MLにおける第2回オフ(花見オフ)が開かれました。桜がとっても奇麗でした。
1998/04/05 「気づきのML」新宿ミニオフに乱入^H^H闖入^H^H合流し、布教^H^H洗脳^H^HPR活動を行った。
1998/04/06 みかりん&るり御姉様方のご協力により、当MLの名簿が作成されつつあります。
1998/04/07 当MLにおいては、「神との対話」を読んだ人の数よりも、「ガイアシンフォニー」を観た人の数の方が多いような気がします (^^;)。上映予定を知りたい人は こちら
1998/04/26 怪しの荘ちゃん毒演会(ゲゲゲの妖怪集会とも言う)が、東京は府中で開かれました(第3回オフ)。みかりん姐御が送ってくれた、そしてふうちゃんが持ってきてくれた「ハテナちゃん」の下で瞑想したり、かよちゃん持参のサイババさんのビブーティとアムリタを皆で味わったり、荘ちゃんに怪しの技をかけてもらったりして、とっても楽しい一時を過ごしました。
1998/05/07 一日当たりの投稿数が189通となり、記録を更新した。目指せ一日200通!
1998/05/09 わこさんのお店で「朝まで生バトル・オフ」が開かれました(第4回オフ)。が、三木さんの登場により、荘ちゃんと三木さんの二人(わらいたけブラザーズと命名)による大漫才大会となってしまいました(この二人は、互いにアツアツのソウル・メイトです)。笑いすぎて、疲れました。その結果、このオフの当初の目的が何だったのか、誰も分からなくなってしまいました(笑)。というわけで、これ以降、当MLは第三期にシフトします(おお、着実に次元上昇しておるぞ、と管理人だけが言っている(笑))。
1998/05/11 いあや、なんとなんと本日一日当たりの投稿数は291通となってしまい、大幅に記録を更新した。全ては祝福である。目指せ一日300通!
1998/05/12 昨日↑のように書いたそばから、本日は一日当たりの投稿数が328通となってしまいました。思ったことがこんなに早く実現するなんて汗汗です。ですから、もう、二度と目標は言いません(笑)。
1998/05/15 「某出版社(正確に書いた方がいいかな)の齋藤さん&フィンドホーン・フラワーエッセンス」オフが、東京は新宿にて開かれました(第5回オフ)。幹事はMLに入ったばかりのようこさんでした。ようこさんと tetra さんがオフ新人でした。
1998/05/26 猫八さん上京記念オフが、怪しのわこ亭で開かれました(第6回オフ)。アンケイさんがオフ新人でした。
1998/06/04 当MLの独身女性陣による(などと書くと怒られるかなあ)「運命の人に出会うオフ」が開かれました。
1998/06/14 九州オフが開催されました。参加者は全員オフが始めてでした。また、「神との対話」勉強会の第1回目が、当MLのメンバーである武津さんにより東京は新宿で開催されました。
1998/06/25 当MLの発言総数が一万通を越えました。発足以来ほぼ5カ月経ちましたので、平均して月に二千通の投稿があったことになります。一日あたり約70通になりますね。
1998/07/06 アセンションが近づいているせいでしょうか f(^^;)、当MLにおきましても、様々な気づきや浄化のプロセスが加速度的に進行しているように思われます。
1998/07/11 怪しのタコハシさんにより、「波動を高める瞑想会オフ」が開催されました。ゆうこさんがオフ初参加でした。
1998/07/12 武津さんにより、「神との対話」勉強会の第2回目が開催されました。
1998/07/26 「一日300通以上の投稿がある」ということを5月12日に書きましたが、このトラフィックの凄まじさに怖れをなして、参加を見合わせている方が多いようです。皆様、どうぞ御安心下さい。現在は、だいぶ落ち着いて来まして(?)、だいたい一日20通ほどとなっております。
1998/07/27 Tatsuo さんより、「リンクを張りました」とのメールを頂きました。彼のHPのタイトルは、Tatsuo's Spiritual World といいまして、精神世界系の情報が満載のオススメHPです。
1998/08/09 武津さんにより、「神との対話」勉強会の第3回目が開催されました。
1998/08/30 椎ちゃん夫妻の自宅で作戦会議が開かれました。とてもユニークな方々が集まった模様です。当ML関係では、かじりんさんが初参加でした。
1998/09/01 インターネット環境が変化したため、管理人は一時的にMLの流れについていけなくなりました f(^^;)。そのため、いろいろな出来事を見落としている可能性があります。誰か気がついたことがありましたら、管理人宛にメールを下さい (^^;;;)。
1998/09/06 あみさんの呼び掛けで、レイキ・オフが開かれました。
1998/09/08 「ダ・ビンチ」10月6日号で「神との対話」の特集がありました。当MLも取材を受けました。
1998/09/13 武津さん主催の第4回「神との対話」勉強会が開かれました。
1998/09/26 渋谷にて管理人帰国歓迎オフが開かれました。幹事はようこさん、椎ちゃん夫妻と美穂子さんが初対面でした。
1998/10/11 武津さん主催の第5回「神との対話」勉強会が開かれました。
1998/10/23 第1回ハワイ・オフが開かれました。宇宙豆 さんが初参加でした。
1998/10/24 ウォルシュさんのワークショップの参加者に対して、「神との対話」第3巻がリリースされた模様です。かじりんさん宅で関西オフが開かれました。
1998/10/30 アマゾン・ドット・コム において、「神との対話」第3巻が発売されました。
1998/11/08 武津さん主催の第6回「神との対話」勉強会が開かれました。
1998/11/20 発言総数が一万五千に達しました。
1998/11/21 第2回ハワイ・オフが開かれました。ジモティ(笑)に評判の良い中華料理の店に、皆で行きました。詳細は秘密なのです(といっても実は全然妖しくない(笑))。
1998/11/24 第3回ハワイ・オフが開かれました。もう一つ別のおいしい中華料理の店を発掘しました。
1998/11/26 高橋荘介さん宅にて、ミニオフが開かれました。
1998/11/28 KAZE さんのお宅で、九州オフ(福岡編)が開かれました。
1998/12/01 「神との対話」MLフェスティバルのスタッフ会議が、カスケードホールにて開かれました。
1998/12/10 管理人の気分により、突如として、京都オフ(笑)が開かれました。かじりん、ひとみちん、たまちゃん、風鈴ちりん さん、そして管理人が集まりました。
1998/12/13 テトラっち さん他の皆さんの企画で、第1回「神との対話」MLフェスティバル『律動の月〜Rhythmic Moon』が、千代田区一番町の「いきいきプラザ」地下一階カスケードホールにて18:30から開催されました。70名ほどの方々が参加して下さいました。すべての皆様に感謝いたします。
1998/12/20 武津さん主催の第7回「神との対話」勉強会が開かれました。
1998/12/31 「神との対話」第3巻のカセット・テープが発売されています。Spirit-WEB 上の「神との対話」ML のメンバーである Mike Beebe さんから入手することが出来ます。但し、まだ、アマゾン・ドット・コムでは発売されていないようです。
1999/01/01 1999年の幕開けです。今年はどんな年になるでしょうか。
1999/01/02 九州オフ(長崎編)が開かれました。幹事はちっくんでした。
1999/01/17 武津さん主催1999年第1回「神との対話」勉強会が開かれました。
1998/01/30 DNS に本MLを登録した。
1999/01/31 かじりんさん宅で京都オフが開かれました。
1999/02/04 管理人の苦労の甲斐があって(笑)、当MLのことが、ウォルシュさんの非営利団体である リクリエーション のHPに載りました。スタディ・グループのページ で、Online Chatsというタイトルの表の中の Discussion site located in Japan と書かれた項目が、当MLのことです。注:その後、リクリエーションのHPの構造がちょっと変わりまして、現時点では当MLは、オンライン・チャットのページ に載っています。
1999/02/12 ハワイ州ホノルル市のワイキキ・ビーチにあるハワイアン・リージェント・ホテルで、マリーアン・ウィリアムソンニール・ドナルド・ウォルシュ の二人により、「聖パレンタイン・デーの祭典」が開催されまして、管理人はこれに参加しました。休憩時間に、管理人は、「私は神との対話MLを日本で運営している者です」とニールのおっちゃんに自己紹介し、握手をして貰い、「神との対話」第3巻にサインを書いて貰い、さらにハグハグをしたところを写真に撮ってもらいました。ニールのおっちゃんは、大柄で、慈愛とユーモアに溢れるとっても素敵な人でした。また、マリーアンお姉様にも、「1年ほど前のイラク危機の時に、メールを頂いてどうも有難うございました」と挨拶いたしました(1998/02/18 の項目参照)。
1999/02/14 サークルネットのMLリンク! に本MLを登録した。
1999/02/21 武津さん主催の1999年第2回「神との対話」勉強会が開かれました。
1999/02/23 infoseek に本MLを登録した。
1999/03/07 当MLのメンバーである 安部芳裕(愛称:オズ魔)さんにより、「神との対話」ワークショップが開催されました。
1999/03/14 武津さん主催の第10回「神との対話」勉強会が開かれました。
1999/03/27 虹の祭り東京事務局 による「虹の祭りオープンフォーラム」が開催されました。
1999/04/03 高橋全 さんにより、東京花見オフが企画されましたが、ボツになりました。 花見オフというのは毎年どういうわけかなかなか人が集まらないようです (^^;)。
1999/04/04 当MLのメンバーである 安部芳裕(愛称:あべっち)さんにより、「神との対話」ワークショップが開催されました。代々木公園にて、春風「THE "花見" GATHERING」 がありました。
1999/04/18 武津さん主催の第11回「神との対話」勉強会が開かれました。
1999/04/28 「光のネットワーク」についての議論が始まりました。
1999/05/12 「神との対話」第3巻の日本語訳が店頭に出ました。
1999/05/16 武津さん主催の第12回「神との対話」勉強会が開かれました。
1999/05/22 Vivienne さん主催で、「神との対話」ML関西オフが京都にて開かれました。参加者は、「ひとみちん」「さっちゃん」「かじりん」「まゆまゆ」「さとみっち」「ちぃたん」「HAPPY PRINCEさん」「たまさん」「しんちゃん」「とも彦さん」「風鈴ちりん」「大空さん」「川口くん」「domっす」「プリのおっちゃん」「藤川さん」「直山っち」「ひとみ家のおとーさん」に主催者のヴィヴィアンを加えて、総勢19名でした。それと差入れ参加が「まゆひらっち」さんでした。それから、本日メール投稿総数が2万通を越えました。ここまでやって来れたのも参加者の皆様のお陰です。
1999/05/23 アースデイこどもの国で、『虹の学校』が開かれました。詳しくは、こちら。当MLからは テトラっち さんと あべっち さんと典子さん が企画に参加しました。
1999/05/30 鞍馬寺でウエサク祭が開かれます。これは元々はシャンバラのお祭りです。満月です。晴れると良いですね。
1999/06/20 武津さん主催の第13回「神との対話」交流会が開かれます。詳しくは こちら
2000/01/01 さて、2000年問題はどうなりますでしょうか。
2000/01/02 いやあ、大した混乱もなく、無事に、我々人類は、20世紀最後の年を迎えることができたようです。
2001/01/01 いやあ、なんとなんと21世紀を迎えることができました。有り難いことです。

このページを編集したい人は こちら
アクセスカウンターを調整したい人は こちら