―――――――――――  プログラム  ―――――――――――


セッションA : 3次元モデル構成手法
2000年1月21日、 9:00〜10:40 座長 小畑秀文(東京農業工大)

A−1:輪郭抽出と切片間位置合わせの半自動処理に基づく連続切片標本からの
    三次元再構成システム : 水田忍(京都大)、他
A−2:複数のレントゲン画像からの3D画像再構成に関する基礎検討     
    濱本和彦(東海大)、他
A−3:組織の位置情報に着目した断面位置決定 : 玉置敦子(三重大)、他
A−5:ボリュームレンダリングにおける透明度関数設定システム : 脇田 修二(大阪大)、他


セッションB : 手術支援 座長 佐藤嘉伸(大阪大)

2000年1月21日、 10:45〜12:05

B−1:Augmented Reality による脳針生検支援システム : 中島義和(三菱電機)、他
B−2:人口股関節置換手術における骨盤・大腿骨の統合化ナビゲーションシステムの構築
    笹間俊彦(大阪大)、他
B−3:術中変形を伴う内視鏡下副鼻腔手術ナビゲーションシステム
    余田貞人(大阪大)、他
B−4:拡張現実関節鏡システムの開発 : 山口鉄蔵(大阪大)、他

昼休み(12:05〜13:05)


セッションC : セグメンテーション手法 座長 鳥脇純一郎(名古屋大)
2000年1月21日、 13:05〜14:05

C−1:Pathological Color Images Segmentation For adenocarcioma of the Lung
     based on Artificial Neural Networks M.Sammouda(tTokushima Univ.)、他
C−2:Automated Segmentation of the Brain in MRI
    R.A. Zoroofi(Osaka Univ.)et al
C−3:Automated Lung Segmentation of Chest Rradiographs
    B.Keserci(Osaka Univ.)et al


セッションD : 動態画像解析 座長 田村進一(大阪大)
2000年1月21日、 14:05〜15:05

D−1:ダイナミック造影CT像による肺野小型腫瘤の3D動態解析
    高木信剛(徳島大)、他
D−2:Improving Motion Tracking of then Heart MR Tagged Images by
    Orientational and Kalman Filters : R.A. Zoroofi(Osaka Univ)
D−3:3D Measurement of Rib Motion at Expiratory and Inspiratory Phases
    Y.Park(Osaka Univ.)


セッションE : イメージング技術、システム 座長 上野滋(東海大)
2000年1月21日、 13:05〜14:05

E−1:脳機能のイメージングのための光伝播シュミレーション
    江田周平(慶応大)、他
E−2:A Technique for Reduction of MRI 3-D Affine Motion Artifacts
    R.A. Zoroofi(Osaka Univ.)
E−3:時空間多次元生体情報解析システムの構築と臨床への応用
    深尾大輔(東海大)、他


特別講演 2000年1月21日、 16:15〜17:15 座長 周藤安造(東海大)
画像処理に夢とロマンを求めて・・・坂田俊文(東海大学情報技術センター所長)

東海大学情報技術センター見学(17:20〜)


電子情報通信学会医用画像研究会 2000年1月22日、9:00〜12:00
セッションF : 画像再構成 座長 井上多門(筑波大)

F−1:周波数−距離−関係式(FDR)の不完全投影再構成問題への応用
    大沼巧(筑波大)、他
F−2:高速な画像データクラスタリングのためのブロック反復EMアルゴリズム
    橋 晃(筑波大)、他
F−3:高速な統計的CT画像再構成のための信頼領域ニュートンSOR法
    澤田慎司(筑波大)、他


セッションG : 画像解析 座長 古川功(NTT)

G−1:確率的領域膨張収縮モデルMedusaの一般化と高速化:鄭漢基(筑波大)、他
G−2:マルコフ場における柔軟な構造要素を用いた混合分布推定のための
    モル選択基準とそのX線画像理解への応用 : 萩原義裕(東京農工大)、他
G−3:陽電子断層像の動態モデルに基づいたクラスタリングによる機能画像の
    信頼性および演算速度の改善 : 木村裕一(都老人研PET)、他
G−4:3次元腹部CT像を用いた仮想胃展開像作成手法の改善
    伊達宣之(名古屋大)、他
G−5:X線CT像からの3次元的な胃壁ひだ自動抽出手法の検討
    渡辺恵人(中京大)、他
G−6:内視鏡ナビゲーションシステム実現のための内視鏡カメラの動きの推定法
    中島弘倫(名古屋大)、他

昼食(12:00〜12:50)


セッションH:遠隔医療デモ・セッション 座長 古屋好美(ふるや脳神経外科医院)
2000年1月22日(土)12:50〜14:10

H−1:遠隔診断支援システムによる医師教育 : 柳原克紀(長崎大)、他
H−2:遠隔医療における診療情報の共通データベース構築(仮題)
    古屋好美(ふるや脳神経外科医院)、他
H−3:Video Presentation:Remote Monitoring and Control of LVADs and
    other Inplantable Medical Devices using a Biotelemetory System
    Tofy.Mussivand(Univ.of Ottawa Heart Institute)
H−4:インターネットを利用した遠隔医療機関との臨床三次元画像処理ソフトウエアの開発
    周藤安造(東海大)、他


セッションI:病変候補領域検出・認識−1 座長 山本眞司(豊橋技科大)
2000年1月22日(土)、14:20〜15:40

I−1:3次元血管造影CT像からの大動脈血管構造の病変部を含めた自動抽出
   今村裕之(京都大)
I−2:肝癌リファレンスデータベースのための画像判別方式の検討
   石黒正揮(三菱総研)、他
I−3:マンモグラムCADシステムにおける腫瘤陰影の偽陽性候補の解析
   二村仁(岐阜大)、他
I−4:分布形態を考慮したマンモグラム上の微小石灰化の良悪性鑑別システム
   山田彰嗣(岐阜大)、他


セッションJ:病変候補領域検出・認識−2 座長 長谷川純一(中京大)
2000年1月22日(土)、15:00〜17:05

J−1:尾根線成分の自動認識及びその医用画像への応用 : 加藤晴夫(シーズ・ラボ)、他
J−2:形状を考慮した胸部X線画像からの肺領域抽出及び差分法適用による
    癌候補検出システムの評価 : 山本浩之(信州大)、他
J−3:胸部X線CT像の診断支援システムにおける肺がん病巣候補領域の定量的解析
    鎌野智(豊橋技科大)、他
J−4:Active Cylinder Modelを用いた胸部X線CT像からの縦隔側輪郭線抽出
    奥村俊昭(豊橋技科大)、他

17:05 閉会

トップ アイコン
トップ

This page is edited by Takatoshi.Inada.