MEX
MASA Pavilion3 CG Experiment

ここは試験的に作成したCGやデータを紹介するページです。
| Entrance| Planets| Ringworld| Sci-Fi| Guest| About| MEX| My Favorites| BBS|

Bryceプリミティブによる宇宙建造物

 きちんとモデリングすればいいのでしょうが、私のモデルはほとんどの場合惑星が主役なので、宇宙船はどうしてもファイルサイズが軽いプリミティブに頼ってしまいます。(^^;)また、巨大な構造物では、曲線をきれいに出すためにはプリミティブで作った方が有利な場合がほとんどです。
 と、いうわけで、つまらないものですがm(_ _)m、これまでのパノラマ作成で使用した宇宙船や構造物のファイルを公開します。下記のファイル形式はBryce3Dファイル、圧縮形式はZIP形式です。

ソレッタ(26.4KB Zip)
K.M.ロビンソン「グリーンマーズ」に登場する太陽光集光システム「ソレッタ」のモデルです。当サイト「サイエンスフィクションの世界」で公開したパノラマから、恒星、太陽、宇宙船を削除し、火星のテクスチャをプロシージャルに置き換えてあります。当サイト「My Favorites」で紹介しているSolor System Simulatorなどで火星のテクスチャが入手できますので、お好みでダウンロードしてご使用下さい。
 カメラ視点のメモリドットは、#1〜#6が画角112.5度のキュービックパノラマ描画用、#7が画角60度の標準的設定です。
展開後のサイズ:215KB B3D
2003.06.21掲載It's NEW!!

火星シャトル(巡航形態)(46.1KB Zip)
K.M.ロビンソン「グリーンマーズ」に登場する火星シャトル(地球、火星、金星を結んで運行する定期宇宙船)のモデルです。当サイト「サイエンスフィクションの世界」で公開した「クラーク」のパノラマで使用したものです。火星軌道投入時に火星大気上層に突入するので、傘のようなシールドを船首に着けています。作中には具体的な寸法が出てきませんが、かなり巨大な宇宙船のようです。
展開後のサイズ:766KB B3D
2003.06.21掲載It's NEW!!

火星シャトル(降着形態)(56.9KB Zip)
K.M.ロビンソン「グリーンマーズ」に登場する火星シャトルのモデルです。上記と同じシャトルですが、火星赤道上の軌道エレベーター先端にあるアンカー小惑星「クラーク」に降着するために、太陽電池パネルを収納し、降着装置を展開しています。
展開後のサイズ:912KB B3D
2003.06.21掲載It's NEW!!

プロシージャルテクスチャによる惑星表層

 実在の惑星を描くときは、ふつうNASA等で公開されている表面画像を使いますが、Bryce、Vue'd Espritの手続き型テクスチャ(Procedual Texture)でそれっぽい表面模様をつくってみました。
 下記のファイル形式はBryce3Dファイル、圧縮形式はLZHまたはZIP形式です。

地球もどき(103KB Zip)
「Blue Venus」のモデルのうち、ピクチャマップにより表現していた地表の模様、標高グレースケールを、直接生成(プロシージャル)テクスチャに置き換えたものです。テクスチャを調整したりピクチャマップに置き換えたりすることで、任意の地形を生成できます。
展開後のサイズ:138KB VUE
2003.03.10掲載

惑星系(土星もどき)(68KB Zip)
「惑星への旅」に掲載した「Rushing into the Battle field」から宇宙船を取り去ったモデルです。惑星、リング、衛星群はすべてVue4のプロシージャルテクスチャです。
展開後のサイズ:94KB VUE
2002.10.22掲載

惑星(土星もどき)(11KB Zip)
リングは二つの球体によるブーリアンオブジェクトです。テクスチャは例によってプロシージャルですが、色チャンネルと透明度チャンネルで繰り返し周波数の方向を変えて、リングのスポーク構造もどきを表現しているのがミソです。
展開後のサイズ:248KB B3D
200210.21掲載

惑星(月もどき)の夜景(16KB Zip)
プロシージャルテクスチャで表現した惑星の夜景第2弾で、地球もどきの夜景を改造したものです。地球もどき同様、昼側球体は放射状ライトをトラックするようにしてありますが、明かりは投影モードの関係からトラックさせていませんので、昼側の角度を変えた場合は夜側を手動で調整させてやる必要があります)。
 作例はBryce3Dで作ってあり、地上の明かりがつぶれないようにアンチエイリアスをオフにしてあります。Bryce4以降ではオブジェクト別にアンチエイリアスのオンオフができるので、地表の明かりのみオフにするといいでしょう。
展開後のサイズ:293KB B3D
2002.09.14掲載

惑星(地球もどき)の夜景(18KB Zip)
プロシージャルテクスチャで表現した惑星の夜景です。海陸の分布は「白黒」のテクスチャを調整して表現しています。昼側と夜側はそれぞれ別のマテリアルを与えた別の球体で表現しているため、必ず昼側球体に光が当たるように、太陽光をオフにした上で、全ての球体が放射状ライトをトラックするようにしてあります(従って惑星を回転させるには、放射状ライトを動かしてやる必要があります)。
 作例はBryce3Dで作ってあり、地上の明かりがつぶれないようにアンチエイリアスをオフにしてあります。Bryce4以降ではオブジェクト別にアンチエイリアスのオンオフができるので、地表の明かりのみオフにするといいでしょう。
展開後のサイズ:308KB B3D
2002.09.04掲載

星と太陽(14KB)
「Orbital Crane」のBryce3Dファイルから、宇宙船と惑星を削除した背景だけのファイルです。太陽の逆光フレアはカメラと同様にワールドセンターに置いた球体に雲のテクスチャを与えて表現しています。
展開後のサイズ:276KB B3D
2002.03.05掲載

星と太陽(逆光フレア)(267KB)
「Ares」のBryce3Dファイルから抽出した星、星雲、逆光フレア(レイ)に、手前にもれる光を追加したモデルです。2002.4月のMOMO展出典作で用いた方法です。上記「星と太陽」では、物体を太陽に近づけると光の重ねあわせが不自然になってしまいましたが、このバージョンでは物体の前後にフレアを置くことで軽減しています。フレアと物体の重ねあわせの用例として、惑星を1つ配置してあります。
展開後のサイズ:1460KB B3D
2002.04.07掲載

木星もどき(12KB Zip)
本体は、雲のテクスチャに斑点フェイズを加えて雲の渦を表現しています。明暗境界線付近を青く染めるために、本体とは別の球体に青い半透明のテクスチャを与えています。
展開後のサイズ:244KB B3D
2002.03.02掲載

地球もどき・近景用(13KB Zip)
海陸の分布は、「白黒」のテクスチャにきつめのフェイズをかけていますが、ちょっと液体っぽい質感になってしまいました。海の色は、浅海で淡く、深海で濃くなっています。
展開後のサイズ:250KB B3D
2002.03.02掲載

火星もどき(12KB Zip)
クレーターは斑点ノイズの重ねあわせです。大シルチスのような暗部を表現するため、凹凸と色は別のテクスチャで対応しています。
展開後のサイズ:235KB B3D
2002.03.02掲載

Vue4質感による毛の表現


羊の毛(366KB Zip)
「Shepherd on the "Pan"」で使用した羊のVue4オブジェクトです。形はかなり適当なので、あくまで質感設定の参考と言うことで・・。(^_^;)
展開後のサイズ:927KB VUE
2003.01.07掲載

食べ物&縁起物

■プリン
Shadeでモデリング(・・・というほどモノではありませんが・・。)したプリンを、Bryce3Dでレンダリングしました。2002年6月〜7月にBBSに掲載したものです。マテリアルは全てプロシージャルテクスチャです。同じモデルをVue4でも同じ要領で質感付けしてレンダリングしてみましたが・・・。Bryceとは頭を切り替えないといけないようです。(^_^;)
Bryce3D|Vue4

■門松
Vue4のプリミティブオブジェクトと植生で作った門松です。竹は円柱と立方体とトーラス、松飾はもみの木と枯れ木と桜草(葉は透明化)、土台は三角錐と円柱(テクスチャは椰子の木からコピー)でできています。実は、2003年新年画像は最初、「軌道樹」のモデルの樹をこの門松に差し替えたもの(女の子はおっさんか何か)にする予定でした・・・。(^_^;)
門松

2003.01.07掲載

軌道エレベーターの湾曲

2002.7.6
 以前、MASA Pavilion3 BBSでJunkYard Choro-PooのChoro-Pooさんと軌道エレベーターの湾曲について話題になった際に試作した画像です。
球面鏡をつかった擬似的な魚眼レンズ表現
軌道エレベーターが40キロ程度の振幅で振動した場合の見え方

擬似コースティクス

2002.7.6
 Bryceで以前試作したものです。Shadeには、ガラスなど透明な物体を光線が通過する際の波長ごとの屈折率の違いをシミュレートする機能があります。これをBryceで再現するための実験画像です。
位置をずらしたRGBライト3灯による表現
屈折率を変えながら3枚描画して、画像のRGBチャンネルを合成した例
fufuさん指導によるブーリアンダイヤモンド

Shadeソリッドテクスチャによる惑星

Shadeパノラマセット(98KB) myShade3でキュービックパノラマ用ソース画像をレンダリングするためのセットです。画像サイズを正方形にしないと上手くj働きません(初期状態では320x320)。テストレンダ用の背景とオブジェクトを仕込んでありますので、実際に使うときはこれらを削除して任意のシーンをインポートして使用してください。
展開後のサイズ:250KB
2002.06.13掲載

Shade地球もどき(3KB)
myShade3のソリッドテクスチャだけで作った地球型惑星です。
展開後のサイズ:32KB SHD
2002.06.13掲載

Shade地球もどき(R4対応)(12KB)
myShade2(R4シリーズ)のソリッドテクスチャだけで作った地球型惑星です。myShade3(R5シリーズ)で搭載された「雲」テクスチャや属性の混在などの機能は使用していません。R5ほどテクスチャが自由にならない分、雲を2層を増やして厚みを持たせています。
展開後のサイズ:70KB SHD
2002.06.13掲載

Shadeによる惑星・宇宙の表現

 Shadeの長所であるピクチャマッピング(特にバンプ)の美しさを何とか活かして宇宙の景観を描くための実験です。
Shadeソリッドテクスチャによる惑星と宇宙

Vue4デモ試用レポート

 e-oneの景観描画ソフトVue'd Esprit 4について、ふだんBryceで使っている機能や描画方法などが使えるかどうか試用しています。これは、BBSに掲載した試用レポートをまとめたものです。
Vue4デモ試用レポート

Bryce5メタボールによる触手


触手(93KB)
Bryceプリセットのモーションパス「蛇の道」にメタボールをリンクさせて作った触手です。触手の先から飛び出ているパス先端部をクリックしてからコントロールポイントを動かすことにより、触手の形をぐにゃぐにゃ変形させることが出来ます。本体部もメタボールで、触手は頭部の子オブジェクトになっています。
展開後のサイズ:846KB B3D
2002.04.24掲載
Sample Movie(1.0sec. 41KB mpeg)
2002.04.28掲載

Back to Enterance