火星周回軌道(オリンポス上空)

Orbiting Mars ; Above Olympus Mons



*** It's still not PANORAMA! ***

Background
 高度約8,000キロの周回軌道から眺めた「青い火星」です。カメラは南東方向を向いており、宇宙船はアマゾネス海を通過し、オリンポス山上空にさしかかろうとしています。オリンポス山はタルシス高地の西端部をしめる太陽系最大の火山で、山麓の直径は600キロ、標高21229mに及びますが、粘性の低い玄武岩質マグマの噴出によって作られたと考えられるきわめて平坦な「盾状火山」で、山腹の勾配は3%ほどしかありません。ここでいう「標高」とは地球でいう「」ジオイド(海面に相当する等ポテンシャル面)」にあたる「アレソイド」をゼロmとしたときの高度です。この画像では、海水面は-3000m程度なので、海抜だと25キロ近い高度になります。
 前方には森林限界を上回るタルシス高地が広がっており、地平線近くに3つの盾状火山(北=左からアスクレウス山、パボニス山、アルシア山。いわゆる「タルシス三山」)が見えます。

Production Note
 火星および宇宙船のモデルは「マリネリス海上空」同様、「3001:Mars Orbit Insertion」の流用で、火星地表のテクスチャは解像度の高いものを使用しています。火星地表の画像、高度マップ(グレースケール)とも、前回同様
JHT'sPlanetary Pixcel Emporiumからダウンロードしたものです。
 宇宙船、火星、光源の配置は「マリネリス上空」と全く同じで、火星モデルのみ回転して表示地域を変更しています。雲の分布が「マリネリス上空」と同じなのは、雲の質感をワールド投影にしているためです。
 「マリネリス海上空」「アルギレ湖上空」と異なるのは、オリンポスの起伏を斜めから見下ろしたときの感じと、タルシス高地のスカイラインの形をより正確に再現するために、標高1キロごとに1層の球体を使用していることです。おかげで、レンダリング時間は球体一つで再現したときの数倍にのびてしまいました。
 ちなみに、雲の層は地球の大気構造を参考に、海面上3キロ〜10キロに3層の球体を配置して表現しています。

2003/01/13 公開


戻る