▲昭和53年分タイトルへ戻る 

#530928 塩ビ尺八  出演:中務芳郎(ゲスト)

▲中務さんは尺八の先生。尺八は高価な楽器で,練習用の安いものでも3・4万円,初心者向けには竹ではなく木製のものがあるそうですが,それでも1万円ちょっと。学生の入門用には負担が大きいと考え,塩ビパイプで尺八をつくる方法を考案されたそうです。

塩ビパイプだと材料費は数百円といったところでしょうか? 工作自体も簡単です。寸法にのこぎりで切って,ドリルで穴を開けるだけ。メモにあるような歌口のジョイントは省略可能で,そうすれば30分もかからず完成。
ただ,塩ビ尺八は音の質もそれなりで,音の張りはシロウトでも竹製のものと区別がつきます。あくまでも実験用・練習用ですね。

ニンジンや大根など野菜で尺八を作ってしまう,はたのぼる≠ウんというコメディアンの方がいらっしゃいます。調べてみたら,なんと管理人Nishiと同郷・福井県出身でした。

なお,タイトルの画像の楽器は,放送当時に私が作った,ドレミファの西洋音階版で,長さ40cmと尺八よりは短め。


(1999.10.15Nishi)
   −・−・−・−


その後,このホームページの逆リンクしてみたところ,次のようなページを発見いたしました。
塩ビ管尺八の中継ぎに関するホームページ
The joint of the polyvinylchloride(PVC) pipe shakuhachi
※登山流大師範の富士山博士のページです

(2000.09.07 Nishi)