ここで、微分とその逆演算である積分の関係について考えてみます。

 となるようなを考えます。

になりますね。これは、の接線の傾きがの値(グラフでは高さ)になっていることを示しています。

 

 先ほどの式を少し変形します。

これは、での微少区間での面積が、の微少区間での値(高さ)の差になっていることを示しています。前節の議論を抜き出して、区間について足し合わせると、

 

 

での区間での面積が、になっていますね。

 を積み上げていくと、になるようなイメージを持ってください。

 

 

 

 

 

 

戻る