「2次方程式の解の公式」に対抗して、「連立1次方程式の解の公式」を求めてみましょう。

@にd、Aにbを掛けて

辺々引いて

同様にして、

が、求まります。

 ややこしいですね。何か規則性を見つけられますか?

最初の方程式を、行列を用いて、このようにしておくと、

これを、行列式を用いて書くと、

これが、クラメールの公式です。

昔の人はこんなことからクラメールの公式を発見し、行列の研究が進みました。

余裕のある人は、3連立方程式のクラメールの公式を同じような方法で求めてみてください。

 

 

 

 

戻る