唐突ではありますが、行列の積を求めるときには次のようにしましょう。

 例えば、2行2列の行列同士の掛算では、

とするのを、2つ目の行列を上に持ってきて、

一つ目の行列の左側、2つ目の行列の上側から順に数字を取っていって掛けて、それを順に足していきます。

このようにすれば、視覚的に分かりやすいと思います。

 

 一般の場合、

のとき[列の意味です。]、行列成分は、

個の和。)

和の記号を用いて書くと、

 

になります。

 

 

 

 

 

 

戻る