タイトルドクター

ここは形成外科医、野崎敏彦の HP です。


フレームを使わない方はこちらをクリック





当ホームページ開設者である野崎敏彦は,平成11年2月7日,モーターグライダーによる墜落事故で急逝いたしました.このため,今後治療のご相談にのることができなくなりましたので, ご了承ください.

妻 野崎貴世美




目次

ワキガ、多汗症・ ワキガ症例写真・ ワキガに関する質問・

ピアスのトラブル・ ピアストラブル症例写真・ ホクロは治療するべきか・

切り傷を考える・ 少し深めのヤケドの治療・湯たんぽにご用心・ ヤケドの治療、植皮・

皮膚の脂肪のかたまり?・ 本当の脂肪腫・ 手足のガングリオン・

”しみ”を考える・ あざの治療・ 深爪にご用心、陥入爪・

形成外科基本手技、植皮・ 紫外線(日焼け)の恐怖・ 局所麻酔の実際・

野崎医院へのアクセス・ 自己紹介・ リンク集・

形成外科とは

形成外科は比較的新しくできた診療科です。以前は外科や耳鼻科や眼科や皮膚科で別々に行われることの多かった、体表面の外傷、先天奇形、腫瘍(できもの)、あるいは腫瘍を切除した後の外見、機能の再建などの治療を専門的に行なっています。美容外科も形成外科の1分野です。

大学病院の形成外科

大学病院のような大きな病院の形成外科では、癌などの術後に残った顔や体の欠損や変形を治すために、体のほかの部分の組織を移植したりする、大がかりな手術も多く行なわれています。意外なところでは、生体肝移植の現場でも、細かい血管を縫合するのは形成外科医が担当していることが多いのです。
しかしここではこのような形成外科の最先端については、ほとんど取り上げるつもりはありません。

このホームページでは

このサイトでは、開業医の私が実際に診療に携わり、経験することの多いありふれた形成外科疾患について述べてみたいと考えています。
ここで取り上げる病気は、ワキガ、あざ、ホクロ、しみ、ピアストラブル(特に耳たぶのケロイド)、皮膚腫瘍(皮膚のできもの)、陥入爪(まき爪)、外傷後の瘢痕(きずあと)、ヤケドなどの予定です。

形成外科と美容外科

形成外科では見た目や機能の病的な異常を、手術などの治療で正常に近づけることが主な目標になります。一方美容外科では、病的でない正常な外観を更に改善するために手術を行います。手術方法はお互いによく似ていますが、その対象となる疾患も目的も少しづつ異なります。しかし形成外科的な手術、具体的には交通事故の外傷、乳がん切除後の乳房の再建などの治療をする場合にも、そこにはやはり美容外科的な要素を要求されることが多いものなのです。そして美容手術の手技はそのほとんどで形成外科のテクニックが基礎になっています。つまりこの二つの外科領域は、お互いに持ちつ持たれつ、車の両輪のような関係にあるといえるのです。

このホームページの目的

ところで美容外科はもちろん、形成外科についても一般の人々の間では、聞いたことはあってもその内容(対象疾患、治療法)となるとあまり理解されていない、という印象を私は持っています。形成外科という言葉も多くの人に知られるようになってきましたが、まだまだ十分ではないのです。また一部の美容外科クリニックなどが行っている派手な宣伝等が、美容外科のみならず、形成外科に対しても誤解を招いている面があるように感じています。その様な問題を少しでも減らしていくためには、まず形成外科医自身が、自らの情報を公にすることも無意味ではないと思います。
このホームページを通して、個人開業形成外科医の医療の実際を、私の私見になりますが、述べていきたいと思います。

手術方法について

ここで私が述べる手術の方法は、本や学会等で勉強しながら、私なりに結果を求めて改善してきたものです。ありふれた皮膚腫瘍をひとつとるにしても、よりよい結果を目指してメスを握るよう心がけてきたつもりですが、それでもそれが常に正しいものであったという自信はありません。
手術のしかたは医療機関により、また医師一人一人で、少しずつ微妙に違います。形成外科手術の目標は、正しい機能ときれいで目立たない手術痕になると考えますが、そこにいたる過程はひとつではありません。手術法が少しずつ異なっても、きちんと形成外科を修練した医師の手術であれば、結果にはそれほど差がでないことが多いようです。でもやはり傷の治りやきれいさには、術者の心がけが微妙な違いを生むことも確かなことです。ですから少しでもよい結果を得るために、手術法 (術後のアフターケアも含めて) の改善に向けた努力を、今後も惜しまないようにしたいと思っています。

ご意見、ご質問をお待ちしています。
(ja2402@geocities.co.jp)メール





進む