Building linux workstations for molecular biologists not familiar with unix (like me :-)

「りぃなっくす」でないあなたにも作れる分子生物学用linuxワークステーション version 2.2

 このページは,分子生物学の解析にLinuxをインストールしたコンピュータをMacやWindowsマシンとともにインターネットに接続して使っていくことをめざして、珠玉のunix系分子生物学ソフトの情報を提供/交換することをめざして作っています。


updates

Dec 27, 2000
 Kernel 2.2.x系のVine Linux 2.x, Kondara MNU Linux 1.xに対応すべく、改装をはじめました。
ただし、従来の内容がまったく不要というわけにもいかないので、これらのページはそのまま保存することにしました。2000年12月27日現在のindex.htmlは、index20.htmlという名前で残してあり、そこから元通りすべてのページを見ることができるようにしてあります。
といっても、いまのところその内容はほとんど同一のものですが、まず格安で手に入るPentium 120MHzクラスのノートPC(ThinkPad365XD)にVine Linux 2.1をインストールするあたりから始めてみませんか。


  linuxって?
linuxが動くマシンの調達〜ハードウェア編
RedHat系linuxディストリビューション
どのディストリビューションを選ぶか?
linuxのインストール
インストール各論
あなたのLinuxを使いやすく
linuxでどこまでできる?〜分子生物学用のソフトウェア
ギャラリー
インターネット上の情報源
Linux in 1998-99 RedHat5.x(Turbo Linux 2.0-4.0 /Vine Linux 0.9-1.1)の頃のLinux
 molbio-linuxへのご意見・ご感想をお書きください 
molbio-linuxへのご意見・ご感想を読む
molbio-linux BBS


 このページはlink freeですが,リンクしたよとmailでおしらせくだされば幸いです。また,公序良俗を乱したり,他の方の著作権を侵害する意図はまったくありませんが,もしそのようにお感じになる部分があればお教えください。早急に対処させていただきます。最後に,Linusさんをはじめとする世界の,そして日本のLinuxコミュニティの方々 の無償のご尽力,ならびに,オープンソースソフトウェアを作成公開していらっしゃる分子生物学者の方々に心から敬意を表します。

webmaster:molbio-linux

Thanks for th access since: 1999/01/10 02:02:07:JST

20000アクセス目のあなたに粗品進呈します。カウンターが20000になっているところが確認できる画面コピーをe-mailください。
GeoCities Japan