図解ビデオデッキの直し方

トップへ


壊れていないのに捨てないで(ビデオデッキ篇)

多くの原因は、ヘッドの汚れ、油切れです。

ビデオデッキ壊れていませんか。取り出す時に、テープがガビガビになって出てきませんか。画面がクリーニングテープをかけてもノイズが消えないことありませんか。

これほとんどというわけではありませんが、直ります。

私は、ビデオデッキを5台所有していますが、何度もこの憂き目に合い、何度捨てようと思ったことか。

しかし、この方法で直りました。結局、ほとんどのビデオの捨てる原因ってこれだろうな。

でもね。これ、壊れているわけではなくて、汚れているだけなんだよね。

てな具合で、私は治したビデオ約6台、その秘技を一挙公開。


Q:画面がよく写らないのですが

A:やり方:回転ヘッドをイソプロピルアルコール100%(ビデオクリーナー液でもよい)をざらざらした紙(名刺でも可)につけて、軽く磨く。下記の図は、ビデオデッキの構造の模式図である。参照して欲しい。このうち、磨くポイントは下の赤色のポイントの3つだ。強く磨くと壊れるぞ。すると鉄粉がついてくる。これを紙が、黒くならなくなるまで磨と、画面が出てくて治るわけです。

      

Q:テープがガビガビになってでてくる。もしくは出てこないのですが。

A:これは、テープを回転ヘッドまで持っていくローラーみたいなのが動かないからです。これは、赤丸を参照してください。この部品は、時とともに動かなくなっていくものなのです。テープを入れる側から見て、右奥にあると思います。分解して、テープを入れればわかります。解決方法としては、このローラーにkure556等の潤滑油をかけ、手動でぐりぐりと1、2、1、2と交互に繰り返し動かし、往復させてやります。すると、フリーズしていたこの部品にも、動く気配が見られ、ぜんぜん動かなかったローラーがよみがえり動くようになります。結果、回転ヘッドへのテープの巻き込みがスムーズになり直るわけです。参考として、この時間は、私のビデオで、30分〜1時間くらい往復させました。少し動くようになるまでが、10分。それからは、少し、もう少しとよくなっていきます。最後に一言、クリーニングメンテナンス後は、きちんと潤滑油を拭き取ってくださいね。そうしないと回転ヘッドの部分でテープがすべり、大変なことになります。また、クリーニング後は、大切なビデオテープでなく、捨ててもよい、ビデオテープでお試しください。

Q3.他のビデオデッキでとったテーブの再生はできるが、自分のビデオデッキでとったビデオは、他のビデオデッキでは、再生時、ノイズが入る。

A:これは、ビデオのヘッドの寿命です。交換しましょう。また、最近のビデオではないようですが、ビデオデッキには、愛称というものがあって、A君の家ではきれいに写るが、B君の家では、ノイズが入る。なんていうことも、非常にざらですから、気を付けましょう。

Q4.テープが詰まったまま出てきません。

おそらく、これは、回路の何かが誤操作して起こったものでしょう。よく私は、この状態で、電源ケーブルの切られたビデオが捨てられているのをみます。おそらくこうなると、末期で、捨てるか、修理に出さねばなりません。


なおこの操作で、ビデオデッキが壊れたぞ。との苦情は一切受け付けません。ご自分の責任において行ってくださいませ。

トップへ