宇宙人おう答せよ!

恐怖!心霊写真 〜類像現象編〜

まずは、左の図を見て下さい。
白い楕円がバラバラに並べてあります。
これを見るかぎりは、それだけのことです。




では、これではどうでしょう?
なんとなく顔のように見えませんか?



人間の目は、三角形に配置されたものをそれぞれ、目、口として見る習性があります。
目と口は、顔の表情を作ります。
喜怒哀楽は、目と口の筋肉を動かし表情を変化させて作ります。
とても大切な部分です。
だから三角形の点と線を顔として見てしまうわけです。
これは科学的に解明されたもので、類像現象(シミュラクラ現象)と言います。
人間が出会うと、はじめに見るところが目です。
お互いを確認し、敵と仲間を見分けるためです。
これは、視覚動物の特長といえるでしょう。
人間は、視覚動物の代表的なものです。
嗅覚や聴覚は他の動物に比べると格段に劣ります。
この類像現象は、そのための習性です。

心霊写真と呼ばれる95%は、これです。
ほとんど、これです。
それを見て、
「この人は、服毒自殺です・・・」
などと、勝手に殺されているわけです。
デタラメです。

では、下の写真を見て下さい。








これは言わずと知れた、人面魚です。
これこそ、類像現象(シミュラクラ現象)の最も有名なものでしょう。
別に鯉に、人が乗り移ったわけではありません。
ただの鯉です。
ちなみに、この人面魚というものは、この斜め前の角度が一番顔らしく見えます。

その他に、こういったものもあります。






なんか、笑ってますね。
微笑ましいかぎりです。
ところが、霊能者が鑑定すると、
「この木で首を吊った人の霊です・・」
と、なります。
メチャクチャです。

では、これはどうでしょう?






んーこれも憎めない顔をしてますね。
なんだか、やさしさを感じます。
ところが、これを霊能者が鑑定すると、
「打ち首された落ち武者の霊です・・・」
などとなります。
石が・・・
ただの石が、そんな大変なことになるんです。
まったくお金のためなら、なんでも言いますよね。

じゃぁ、これはどうなんでしょうか?








「これは、ロボットの霊です・・・」
などと言い出すのでしょうか?
「レーザーガンで破壊されたものです・・・」
なのでしょうか?
とんだお笑いです。
(ちなみにこの虫は人面カメムシといいます。)

これなんて、どう言うんでしょうね?











「モーツァルトの霊です・・・」
ですか?
あっぱれです。

やってるときりが無いので、この辺でやめときます。
では最後に、なんでもない森の写真をご覧下さい。
見ようによっては、ウジャウジャ顔が見えるはずです。











(注)心霊写真などではありません。ただの森の写真です。



目次に戻る