▼SARSウイルスと治療法研究最前線 
   ---このウイルスはいったい何者か?各国研究者の報告


新型coronavirus説に確定。 paramyxoviruses説、human metapneumovirus説 most closely resembles that of the murine hepatitis virus 説 (0401UP) クラジミア関連説復帰0405  
現場の防護服写真@ ドイツ人の宇宙的防護服写真A 
▼リバビリン、ステロイドと治療
▼医療従事者向け情報Topics
▼世界各国の院内感染の反省点と対策
▼サイレント・キャリアと、スーパー・スプレッダー
▼N99以上のマスクに推奨規格がかわりました。重要な注意
▼SARSウイルスの写真は感染症情報センターのサイトからリンクしています。レントゲン写真などもUP
▼空気感染するのか?
★SARS対策専門委員会の検討結果に関しては http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1h9.html
★国内症例の報告状況に関しては http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1c.html


注)訳は掲示板有志による。お役所の発表とは違い、現地報道や公式ではない裏情報など、可能性のあるものは全て早急に掲載していきますので、原文とソースも必ず確認ください。
感染症情報センター発行の最新版はお持ちですか?ここにも抜書きしておりますが、頻繁に更新されておりますので毎日直接HPを確認ください。
どんどん更新されておりますので抜書きをやめます。SARSコロナウイルスの消毒剤や家庭職場の消毒、検査対応などやウイルス分離マニュアル、ウイルスの安定性と抵抗性に関する最新情報など。直接ページを確認ください。感染症情報センターのHPへ
P100マスク写真参考HPhttp://www.msajapan.com/products/rsprtr.html http://www.mmm.co.jp/ohesd/particulate/6000_4.html

▼N99以上のマスク詳細


最近更新が遅れております。最新情報はこちらから。。(今週中に改装予定です)
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7663/#SAISIN

イスラエルのベンチャー会社がSARSとの戦いに参加ttp://www.haaretzdaily.com/hasen/pages/ShArt.jhtml?itemNo=295246&contrassID=2&subContrassID=2&sbSubContrassID=0&listSrc=Y
Dimona startup finds itself in forefront of SARS battle
ディモナにあるベンチャー会社Medex ScreenがSARSなどの診断を行う装置を開発した。シンガポールの病院で、SARS患者に対する診断のテストを進めているが、会社の副社長に拠れば、シンガポールの産業システムのコングロマリットでであるシンガポール・テクノロジーズが共同開発を打診中とか。同社は中国と台湾の保健大臣にテストを申し込んでいる。この装置はイスラエルの病院で過去一年テストされ、8分ー10分で診断が出来る。同社は昨日、フィリピンの医療機関と保健会社に契約を締結し、合弁事業で免疫システムの診断を行うセンターを創設する。診断装置の価格はUS$2500である。ーーーーーーーーもひとつあやすいような


★アメリカ:政策当局や専門家には、SARSの将来に慎重な意見が多い
ttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&cid=571&ncid=751&e=2&u=/nm/20030521/hl_nm/sars_warning_dc
Experts Warn SARS Threat Is Here to Stay
アメリカではSARS患者は67人の可能性例があるだけで、死者はひとりも出ていない。しかしこの状況について、NIAID所長で感染症の権威であるアントニオ・フッシ博士は「われわれはラッキーだった」と言う。現在までのところSARSはアジアで猛威を振るい西欧には限定的な患者発生があるだけだが、医療環境の充実していないアジアからの患者の輸出は、今後とも何年も続くのではないかとする見方がある。ミネソタ大学の感染症研究所のオスタフォム博士は「我々は、多分季節性によって、そのうち患者の増加に見舞われるだろう」という。博士はその見解を議会の上院専門員会で述べている。「私の推測では、我々はまだSARSの最悪の場面を見ていない」CDC所長のガバーディン博士は「オスタホム博士の予想が外れてくれることを望んでいるが、彼が正しいかもしれないと心配だ」という。オスタホム博士はHIVが発見された20年前のことを参照している。当時はHIVはそのうち消滅すると予想され、大きな感染を引き起こすとは予想されていなかった。SARSにもHIVにも予防の決め手になるワクチンは開発されていない。オスタホム博士に拠れば現在のSARSはHIVが発見された1983年当時に似た状況だという。氏によればカナダのトロントで起こったような大きな感染が北アメリカのいくつかの都市で将来起こる可能性がある。

★SARS、今冬大流行の可能性を警告

【ワシントン=吉田透】米上院が21日開いたSARSに関する公聴会で、出席した米専門家らが今冬には北半球で今以上に深刻なSARSの流行が起きる可能性があると警告した。ミシガン大感染症センターのオスターホルム所長は「今冬には北半球でSARSが再び流行すると確信している。現在よりはるかにひどい事態も起き得る」と証言した。米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長も同意見で「深刻な事態に備えておかねばならない」と述べた。専門家らはSARSウイルスが風邪ウイルスの新種であることから、インフルエンザなど他の風邪ウイルスが流行する冬季に大規模な感染を起こしやすいとみている。しかも初期症状では他の風邪との識別が難しいことから、混乱が起きやすくなると警告した。早期にSARSウイルスの検査キットを実用化し、一般の医療機関の行き渡るようにする必要があると指摘している。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20030522AT2M2200P22052003.html

WHO:SARSウイルスは世代を経ても、無害化する傾向はないttp://abcnews.go.com/wire/Living/ap20030522_1425.html
Experts: SARS Not Losing Power Over Time
WHOのハイマン氏はSARSウイルスが世代を経て人から人に感染を繰り返しても、他のウイルスに見られるような無害化したり感染力を失ったりする傾向はないと述べた。SARSウイルスは15世代を経ても依然として凶暴さを変えていない。例えばhuman monkeypoxウイルスは人に感染して、1−2世代感染の連鎖を経た後には感染力を失って消えてゆくが、SARSウイルスにはそういう傾向がないので今後も今と同じ猛威を振るうものと予想される。そのため、感染者の隔離などによって感染の連鎖を断ち切らない限り、SARSを抑制することができないとハイマン氏は述べた。
仮説では、ある一人の人に感染したSARSが今世界中の8000人以上に感染してきたことになり、多くの世代を経ているが依然として感染力は衰えていない
台湾では20000人を隔離しているが医療関係者は隔離のための場所が必要だと話している。

★「SARS今冬に大流行か」専門家が警告

新型肺炎SARSは、 世界での感染者数が 8000人を超えました。 こうした中、専門家の間からは「この冬にSARSが 猛威をふるう」 との指摘も出ていて、さらに緊張が高まっています。止まらないSARSウィルスの猛威。全世界の感染者数は ついに8000人を突破、 死者も682人に達しました。 患者の増加に歯止めがかからない台湾では、飲食店でマスクの着用を義務化。 衛生当局が指導に乗り出しました。 ある屋台の女性店主は、マスクをずらしていたため 違反と見なされました。罰金は日本円で11万円です。 そうした中、アメリカの感染症の専門家が議会でこんな発言を行いました。 「これから半年たって冬になれば、今よりもさらに急速にSARSが拡大すると思います」(ミネソタ大学感染症研究センター・オスターホルム所長) SARSウィルスの性質は まだ解明されていませんが、低温で空気が乾燥する冬場に 急速に広がる恐れが強いというのです。  「SARSはまだ進化中の病気です。恐ろしい潜在能力を持っていて死亡率は極めて高い」(国立アレルギー感染症研究所 ファウチ所長) また、台湾では一度治ったSARS患者が1週間後、再びSARSを発症するという ケースが起きました。一度感染すれば ウィルスへの抗体が できるはずですが、なぜ2度続けて 症状が出るのか専門家も首をひねります。   「普通なら抵抗力がつくはずなんですが、免疫系統が何らかの作用で乱されてしまったかも知れません」(台湾の医師)   中国本土や香港では、拡大が落ち着きを見せ始めていますが、油断が出来ない状況が続きます。(23日 17:07)http://www.excite.co.jp/News/vnews/story_v?vid=754117&genre=world

★潜伏期間中の女性から感染 3時間の会食で8人に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030523-00000193-kyodo-int
【北京23日共同】中国広東省の広州市で今年3月、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)を発症する前の潜伏期間中の女性が、個室で約3時間食事を共にした8人に感染を広げ、全員が発症していたことが分かった。同市疾病対策センターが23日、共同通信に明らかにした。 世界保健機関(WHO)は、新型肺炎の感染は、発熱などの症状が出ている人との接触で起きるとしてきた。今回の例は、感染から最長10日とされる潜伏期間中でも、相当の感染力がある可能性を示している。 調査の結果、感染源となったのは30代の女性工場技術者と判明。既に新型肺炎を発症していた父親の見舞いに行き、感染したとみられるが、会食の時点では症状はなかったという。他の8人はこの女性の同僚や友人(20−30代)と同僚の子供(10代)で、過去2週間以内に新型肺炎患者と接触した人はいなかった。(共同通信)[5月23日20時30分更新]

●こうもり、ヘビからもSARSウイルス検出 中国で報道
http://www.asahi.com/special/sars/TKY200305240289.html

●WHO Links SARS to Three Small Mammals
http://abcnews.go.com/wire/World/ap20030523_706.html
Researchers from the University of Hong Kong examined 25 animals representing eight species in a live animal market in southern China and found the virus in all six masked palm civets they sampled, as well as in a badger and a raccoon dog.
国内報道はハクビシン一色だが↑の記事によればウイルスを発見したのは、ハクビシン、アナグマ、タヌキの三種類となっている。広東省の野生動物市場ではこの3種類は売られていて手に入るし食用にされている、といっている。さらに、この記事ではウイルスが人間の排泄物から肥料を経由してこれ等の動物に感染したかもしれないので、この3種類がオリジナルではない可能性もある、と言っている。

●Evidence of SARS in 3 Mammals at Market
http://www.ajc.com/health/content/shared/health/ap/ap_story.html/Health/AP.V4046.AP-SARS-Virus.html
広東の動物市場で売られている3種類の哺乳類からウイルス検出(香港大学、WHO)

◎香港大学の研究者は広東の動物市場で売られていた(生きている)25匹の動物のウイルスを検査し、ハクビシン(6匹)のすべてにウイルスを検出した。このほかにタヌキ(1匹)の糞からウイルスを検出した。
◎ハクビシンは(糞でなく)体内でウイルスを検出し血液に抗体を発見。タヌキとアナグマからも抗体を検出した。
◎動物から発見されたウイルスのゲノム解析は人間から発見されたSARSコロナウイルスとたいへん良く似ていて、違いは、追加の29のアミノ酸があるだけ。
◎動物の血液には実験室で培養したSARSウイルスの増殖を抑える働きがあり、動物のウイルス培養に人間のSARS抗体のある血液を与えると増殖を抑える働きが見られた。これから両者のウイルスは極めて近しいと判断される。
◎香港大学のYuen Kwok-yungは、この結果からハクビシンが寄生主でウイルスがハクビシンから人間にジャンプしたと考える。
◎WHOのFrancois MeslinなやKlaus Stohrどはハクビシンが寄生主と判断するのは早急すぎると考えていて、香港大学の考えに懐疑的である。Meslinによれば、それらの動物が中継的な役割を果しているだけかもしれない。ウイルスの真の寄生主かどうかを判断するには、もっと多くの動物などの詳しい調査が必要である。
◎Meslinに拠れば、これ等の動物は鼠などの小動物を食べるが、それらを介してウイルスが移っている可能性もある。あるいは広東の動物市場で与えられた餌からウイルスに感染した可能性もある。理論上は市場の動物のケージの前でSARS患者が咳をして感染という事もありえる。だから、別の市場の動物や、別の種類の動物の調査が必要。

★SARSウイルスの変異する可能性を否定するのは早すぎる、とドイツの専門家(5月12日ごろ)
http://www.canada.com/health/story.html?id=FF2BAA6A-1771-4498-ABC4-A13828117466
Leading expert says SARS virus could yet mutate significantly
先ごろ医学雑誌ランセットにシンガポールとカナダの研究者の論文が発表され各地の14種のSARSウイルスのゲノム解析の結果では大きな変異は起こっていないとする結論が得られた。しかし、専門家の中には、この研究で使われたSARSウイルスは数週間しか時期の異なっていないものだから、そんな短期間の比較で結論を出すわけには行かないとする意見がある。欧州で開かれた臨床微生物学・感染症学会で発言したドイツの熱帯医療研究所のクリスチャン・ドロスティン博士は「HIVウイルスなどは十年以上の時間をかけて変異しており、SARSウイルスにそういう可能性がないとはいえない」とした。また同博士は「ウイルスと寄生主との間には相互作用が起こり、ホストのゲノム的な条件が異なれば違った結果が出る。例えばアジア人にジャンプしたウイルスが、アフリカのサハラ地方の人種に移ればどうなるか、といった問題」「ウイルスには変異して適応しようというプレッシャーがある。それは我々が多くのウイルスについて今まで見てきたことだ」

◆(関連)鳥インフルエンザウイルスH5N1型の鶏肉日本に上陸(5月12日ごろ)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20030513i501.htm
中国から輸入されたアヒル肉から、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことが12日、農水省の抽出検査でわかった。H5N1型ウイルスは、香港で人間に感染した例も報告され、少なくとも7人が死亡している。日本国内で検出されたのは初めてだが、検疫段階で見つかったため流通していない。 (略・原文をどうぞ)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20030513so13.htm

◆治療薬とワクチンについて (5月12日ごろ)
★Medarex社、聴聞会でSARS治療における完全ヒト抗体の有用性を説明米国Medarex社は、5月7日にWashington, D. C.で行われた、米国下院エネルギー商業委員会の監視・調査小委員会が主催したSARSに関する聴聞会「SARS:評価、展望とこれまでに得られた重要な知見」で、同社の上席副社長であるNiles Lonberg氏が発言を求められたことを明らかにした。(URL参照)
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/prom/246208

★ カナダ:リバビリンの毒性を指摘、投与の49%にヘモグロビン減少、JAMA誌公開(日経MedWave)
「Clinical Features and Short-term Outcomes of 144 Patients With SARS in the Greater Toronto Area」
全文 http://jama.ama-assn.org/cgi/content/full/289.21.JOC30885v1
MedWavehttp://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/246233※【著者らは、現在のSARSの定義が、発熱、SARS患者との接触履歴、肺浸潤がありながら、呼吸器症状がない患者を排除していることに警鐘を発している。】

★日本SGI、治療薬開発に向け、北里大とSARSのタンパク質立体構造を予測
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030513-00000098-myc-sci

★SARSタンパク質構造提供サービスのご案内(5月12日ごろ)
http://www.pd-fams.com/ja/product/sarsmodeling.html

★新型肺炎治療に有望物質 独チームがウイルス解析で
新型肺炎(SARS)の原因であるSARSウイルスが作る酵素の立体構造を独リューベック大などのチームが解析、治療薬となりうる物質が分かったと13日、米科学誌サイエンスの電子版に発表した。解析したのは、ウイルスの増殖にかかわるタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)。研究チームは、従来知られていたコロナウイルスとSARSウイルスの塩基配列を比較して、立体構造を解析した。その結果、SARSウイルスの酵素は、風邪を起こすライノウイルスの酵素と構造が似ていることが判明。ライノウイルスの酵素を阻害する薬として臨床試験中の「AG7088」を改良して用いれば、SARSウイルスの増殖を抑えることができ、新型肺炎の治療薬になりうるという。研究チームは「SARSウイルスとライノウイルスの酵素は微妙に立体構造が違うためAG7088は直接の治療薬にはならないが、これをもとに薬を設計することができる」としている。
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20030514/20030514a4610.html
http://news.lycos.co.jp/topics/science/sars.html?cat=2&d=14mainichi1415e028

★【台湾】台湾大学、SARSワクチン開発へ一歩(5月12日ごろ)
http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/free/tokuhou/030318_tyo/331_340/b332.html
台湾大学医学院の研究チームがワクチンの開発につながる可能性のあるタンパク質を確定することに成功。ただし、楽観的に見ても早くて1年後。間もなく動物実験に着手。(略)「遺伝子組み換えタンパク質」を使えば、感染を阻む「中和抗体」の生成を促すことができる。従来の毒性を抑えるタイプのワクチンとは違って毒性がないため、比較的安全だという。(原文参照)

★【香港】エイズ治療法が有効?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030512-00000003-yom-int
香港大などの研究チームは11日、SARSに対して、エイズウイルスの増殖を防ぐ抑制剤を応用すると効果がある可能性があり、新薬開発に向けて研究中。SARSとエイズは、人体の細胞を破壊する仕組みに類似点が多いという。エイズウイルスの増殖を防ぐ効果がある複数のアミノ酸の合成物を使って実験したところ、SARSウイルスが細胞に侵入することを阻止することができたとしている。今後は、動物実験などを経て、新薬開発を目指す。研究チームはエイズ研究の第1人者である米国のデビッド・ホー博士も参加。HIV治療薬の別ニュース
http://www.sankei.co.jp/news/030511/0511kok085.htm

★WHOの北京エキスパートチームに日本人がいる:Keiji Fukuda氏
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A51624-2003May13.html

★日本もSARSの本格的調査研究へ 5/12日
日本も、SARSに関する本格的な調査研究に乗り出し。国立感染症研究所や国立国
際医療センターなどが中心、厚生労働省など関係省庁が連携して、迅速かつ正確な診
断方法やワクチンの研究・開発などを行う。予算は約1億円で、来年3月研究結果発
表予定。
日本テレビ http://www.nnn24.com/2204.html
動画 
http://www.ntv.co.jp/news/wmtram/news.cgi?cont=wmt&movie=21-G2.cgi.real
※米国はとうの昔に製薬会社に42万ドル援助してワクチン作成を依頼しているそうで
すが

★中国:SARS治療背成果をあげる漢方医療(インターファックス)
http://www.interfax.com/com?item=Chin&pg=0&id=5636345&req=
Traditional Chinese medicine being put to use against SARS virus
漢方の医療が中国、特に広東省で広く使用され、政府公認でSARSの治療がすすめられ
て効果を現している(という)広東省の伝統的な漢方医療病院では1月以来112人
のSARS患者を治療し105人が回復し、死者は7人と少ない。この病院では全ての患
者が漢方で治療された。
インターファックスはこの広東省の病院を取材し漢方治療の権威であるDeng Tietao
教授に独占インタビューすることが出来た。教授に拠れば、漢方治療はウイルスを認
識したりウイルスを殺したりはしないが病に苦しむ体を癒し、ウイルスを追い出すこ
とが出来る。
教授に拠ればSARSの病状は、初期、中期、ピーク時期、終息時期の4つのフェーズに
別れ、体の反応もそれぞれ異なるので、漢方処方も別のものが必要である。初期の患
者にはhuo pu xia cen tang (soup of the leaf of wrinkled giant hyssop)を使
い、中期患者にはxia shen tang(adenophora root soup) あるいはmai dong tang
(dwarf lily turf tuber soup)を処方する。
患者の症状によっては静脈注射の手法を用いる場合がある。yu xing cao zhen
(cordate honttuynia), dan shen zhen (salvia mitiorrhiza), deng zhan xi xin
zhen (fleabane), あるいは shuang huang lian zhen (coptis chinensis franch)
などである。
教授に拠ればSARSは広範囲の症状を引き起こし、患者によって症状の現われ方が様々
に異なるので、標準処方はあるのの、それはガイドラインであって、患者と症状ごと
に個別の検討が必要である。

★関連? 免疫のスイッチを解明、京大
http://www.kahoku.co.jp/news/2003/05/2003051101000211.htm
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1052692128/

★NYT:次のSARSを防ぐために、中国には、新種ウイルス発生を監視する体制が必要だ
http://www.nytimes.com/2003/05/12/opinion/12EMAN.html?ex=1053316800&en=aa92e0159e58462d&ei=5062&partner=GOOGLE
Preventing the Next SARS
NYTにバイオエシックス(生命倫理学)の専門家が意見を寄せている。19世紀には
西欧では上下水道はじめ都市の衛生環境改善などで感染症に対抗する体制を作った。
あたらしいウイルスに対抗するには、感染症が広まったあとに大騒ぎして封じ込める
のではなく、新種の発生を監視(サーベイランス)する体制が有効だ。中国南部でそ
うした取り組みを始めなくてはならない。


G◆検査キットについて
★スイス:製薬大手のロシュが6月末、SARS検査キット出荷、価格は$10−$15
http://www.upi.com/view.cfm?StoryID=20030511-112657-5145r
Roche SARS test kit to be priced at $10-15
スイスの製薬大手であるロシュは、現在開発とテストを進めているSARS診断用のテス
ト・キットについて6月末には信頼できるキットを出荷出来る見込みと語った。この
テストではSARS感染患者が発症していなくてもウイルスを検知できる。同社はキット
の価格を$10−$15程度と見込んでいるが「これは商業的な採算を考えた価格で
はなく、我々はテクノロジーを保有する製薬会社としてのモラル的な義務として、危
機にある社会に貢献しなければならないと考えている」 この検査キットでは1時間
程度でウイルス診断が出来るが、FDAの承認を得ていない。FDAの認可には18ヶ月か
かるので、当面は研究用キットとして出荷する。ロシュは世界中のSARSのサンプルを
集めてドイツの研究所で研究を進めているがシンガポールのゲノム研究所ともつなが
りがある。

★5月6日〜13日までの情報はこちらを。。 

WHO指針変更:上記参照(5月5日も改定あり)

WHO:アモイガーデンなどは排泄物からの感染の疑いが強い。患者のトイレ消毒必要(5月5日)
Feces May be Key in Spreading SARS
ttp://www.ajc.com/health/content/shared/health/ap/ap_story.html/Health/AP.V8205.AP-SARS-Virus.html
WHOのクラウス・ストー氏はアモイガーデンなどの感染経路の調査に関連して、日曜日 に発表された調査結果で、下痢患者の場合(酸性の度合いが少ないので)ウイルスが常温 の排泄物中で4日程度生き続ける事がわかり、排泄物を経由した感染が疑わしいと述べた 通常SARS患者の10%が下痢症状があるがアモイガーデンではこれが60%になり、 排泄物経由の経口感染を疑わせる要因のひとつになっている。香港大学の研究では通常の 消毒剤でウイルスは5分程度で殺すことが出来ることもわかった。ストー氏は感染者のいる病院や家庭のトイレを消毒することで問題が解決できるだろうとのべた。 日本の研究ではウイルスは華氏40度(摂氏4.4度)では4日生きつづけることがわか った。ストー氏は、
これは冷蔵庫の中の温度だが、ウイルス汚染した手で冷蔵庫の中に触れると、そこで4日くらい長生きするという事だ、と語った。


★科学者の推測:60歳以上でSARS感染なら、半分は死亡する
ttp://www.dailytelegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2003/05/07/wsars07.xml&sSheet=/news/2003/05/07/ixworld.html
Half of over-60s who get Sars will die, say scientists
ランセット掲載の、香港とロンドンの科学者の死亡率の推測記事から。老人がこれを読んだらどんな気分になることかと。そういえば、「実力政治家」は大体高齢者。
★WSJ:老人(60歳以上)のSARS致死率は55%に上る
ttp://online.wsj.com/article/0,,SB105227087656641900-search,00.html?collection=wsjie%2F30day&vql_string=SARS%3Cin%3E%28article%2Dbody%29
SARS Death Rate as High As 55% in Older People
既出のランセット掲載記事の紹介だが、WSJらしい、短いが山葵の利いた文章で掲載。企業の幹部などには結構WSJの購読者がいるから(以下略)
60歳以上の致死率43% 新型肺炎で患者調査
新型肺炎(SARS)の致死率は60歳未満だと13・2%、60歳以上では同43・3%に上るとの研究結果を英ロンドン大などのグループがまとめ7日、英医学誌ランセット電子版に発表した。世界保健機関(WHO)の集計では、全体の致死率は現在7%程度だが、今後上昇する可能性があることを示した。香港で4月28日までに報告された1425人の患者について調べた。調査結果によると、感染から発症までの潜伏期間は平均6.4日と推定され、発症から入院までは3−5日で、流行初期は入院は遅かった。現在入院している人の今後の病状の推移などを考慮すると、致死率は60歳未満だと最大で13.2%、60歳以上では同43.3%に上る。別の計算方法では、それぞれ6.8%と55.0%。入院から死亡までは、平均で35.9日。回復する場合は同23.5日で退院した。(共同通信)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030507-00000078-kyodo-soci

退院した人の記憶力減退
香港におけるSARS感染者が病院を退院した後もいろんな影響がでているようです。そのひとつは記憶力の減退。それと肺臓に傷が残っている人もいます。香港中文大学内科及び薬物治療学系沈主任は「これらは薬の副作用によるものと考えられるが現状では仕方のないこと」とコメントしています。命を救うのが先決ということでしょう
http://www.zaobao.com/special/pneumonia/pages1/pneumonia060503zd.htmltyachaさんのメーリングリストから

基準満たさない感染者も うつす可能性否定できず
 38度以上の発熱がないなど、新型肺炎(SARS)の診断基準を満たさない人でも、原因となるSARSウイルスに感染しているケースがあることが、6日分かった。国立感染症研究所(東京都新宿区)で開かれた、全国地方衛生研究所の担当者者向けの検査講習会で、感染研の感染症情報センターの谷口清洲第一室長が報告した。 谷口室長は「他人にうつすという証拠は無いが、可能性は否定できない。病気の性質を詳しく把握するためにも『疑い例』や『可能性例』の患者から広く検体を集めて検査を行う必要がある」としている。 谷口室長によると、ウイルスが検出されたのはベトナムの男性。
微熱程度の症状しかなく世界保健機関(WHO)が定義した「疑い例」の基準よりも軽症だった。だが、検査ではSARSウイルスが検出されたという。
河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2003/05/2003050601000481.htm 
注:この記事は間違いで、ウイルスが検出されたのは韓国の方からです。

SARS治療薬、世界から40社参加し開発急ピッチ
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20030507AT2M0601206052003.html
この日経の記事は誤っていないが、他の外電記事が散々報道しているUSARMIIDのコメント、最近の発見ではインターフェロンと、システリン・プロテアーゼ阻害剤にウイルス増殖を止める効果が見られた、という部分を削除するのか不思議 Army lab hunts for SARS cure
ttp://www.orlandosentinel.com/news/custom/science/orl-asecsarscure04050403may04,0,5078612.story?coll=orl-news-headlines


★ドイツのウイルス学者:中国にはSARSの封じ込めは無理かもしれない
ttp://quote.bloomberg.com/apps/news?pid=10000100&sid=a23Orn_XOfCc&refer=germany
China May Never Be Able to Constrain SARS, Virologist Says
さきごろWHOメンバーとして北京を訪問していたウイルス学者のウォルフガング・ プレイザー氏が中国のSARSの状況に関連して「もし我々がラッキーなら中国のSARS は6ヶ月くらいで封じ込められるかもしれない」「だがアンラッキーならばそれは 無理で、そうなると先進国は自己で封じ込めが出来るだろうが、アフリカや南アジ ア地域には脅威になるだろう」
#ということではどういう対策を取らなくちゃいけないんだろ。

アメリカNASDAQ:シクローン製薬の株価急騰、中国がSARS治療に採用との発表で
SciClone Jumps as China Uses Drug for SARS May 06, 2003 4:33:00 PM ET
NEW YORK (Reuters) - Shares of SciClone Pharmaceuticals Inc. (SCLN) jumped 17 percent on Tuesday after the company said its antiviral drug Zadaxin is being used in China to combat SARS. シクローン製薬社の株価が17%高騰した。これは同社の製品である
抗ウイルス剤 Zadaxin を中国がSARS対策に使用との発表を受けて人気化したため。この薬品はリバビリンなどと同様に免疫機構の改善をねらったもので、体内のプロティンを真似て合成された薬品だが欧米では市販が認可されていない。リバビリンのような副作用は少ないとされている。同社は米国内ではこの薬品をC型肝炎の治療薬としてインターフェロンとの併用で使えるようにしたいとしてきた。ttp://news.moneycentral.msn.com/breaking/breakingnewsarticle.asp?feed=OBR&Date=20030506&ID=2525062

昨年2月に米国でSARS患者か・香港紙
 【香港6日共同】6日付の中国系香港紙、文匯報によると、米国ニュージャージー州で昨年2月、女性(45)が新型肺炎(SARS)に似た症状を訴え、入院した病院で死亡した。ロイター、AP両通信の報道を基に伝えた。 それによると女性は昨年2月9日、同州のホテルで開かれていた自分の勤務する会社の年次総会で突然倒れ、病院に運ばれたが翌日死亡。医師は細菌性の肺炎による死亡と診断した。 地元当局はホテルを8時間封鎖、女性と接触した可能性のある80人が検査を受けた。7人がほぼ同時に風邪に似た症状を訴え、そのうち死亡した女性と接した女性1人が肺炎の症状を示し、入院したという。 (19:43)http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20030506AT3K0603B06052003.html
※このほか、広東で昨年7月にSARS患者がいたという報道もありましたが。どこまでさかのぼるのでしょう。

JETRO 日本防疫振興会HPから(5月3日)
 http://www.jetro.go.jp/re/j/sars.html
 例:上海の予防対策 
『(ホテル)全館空調を停め』 『(公共機関)風通しや換気を保証』
 SARS対策を本格化(台湾) <国内線、長距離バスで体温測定を強制> ほかにもいろいろありますので直接ご覧ください。

CDCのMMWR、5月2日にアメリカ国内の可能性例についての報告
ttp://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5217a4.htm
Update: Severe Acute Respiratory Syndrome --- United States, 2003
◎アメリカで報告された289の中で「疑い例」81%、「可能性例」が19%だった
◎ラボテストのウイルス検知で60件をテスト、6件の陽性確認と54件の陰性確認
◎56人の可能性例患者の66%が入院治療、4%(2人)が人工呼吸器治療
◎可能性例患者の中の一人(だけ)がケアに当たった看護士、一人が患者の家族
◎可能性例の96%が外国旅行による一次感染なので旅行者への警告などが重要
#投稿者談:これで見るとアメリカの可能性例患者の34%は入院さえしていないから軽症なのだろう。日本だと、シビアのSではないから、疑い例にも入れてもらえないかも

治癒患者の再発問題続報(5月3日の記事)
このところ香港医師団が「大胆発言、新発見」を盛んにやっていて
http://sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/news/a/2003/05/02/international1614EDT0697.DTL
SARS virus mutating 'like a murderer changing fingerprints,' researcher says
@SARS回復患者にSARS再発
ASARS退院、回復患者が(症状が無いが)ウイルスを排出している
Bコロナウイルスは急速に変異しているからワクチンや検査手法は開発困難
これ等についてWHOやCDCや西欧の専門家は批判的で、香港のニュースは何処かで追試でもしてコンファームしないといけないのかもしれない。このSFC記事では、いくつかの「香港ネタ」にWHOそのほかのコメントをつけて報道している。

Bについて、WHOは現在では証拠がない。変異はありえるとしても確認が必要。アメリカのコロナウイルス専門家ディビッド・ブライアンは、変異があるとしても何処の変異かが問題で、ウイルスの外郭の形を変えるような変異ならワクチン開発に影響するので詳しい研究が必要。

@AについてWHOのハイマン氏はがっかりさせられるニュース、といい、しかし香港以外からはそういうニュースは聞いたことがないとコメント。詳しいデータが提供されていないので、一体どういう事が起こっているのかを正確に調査しないと判断できないと述べた。ハイマン氏に拠れば感染症では症状が治まった後もウイルス排出があるのはありえることで驚かないが、再発があるとすれば重大関心事、とコメント。

シンガポールではSARS回復患者の再発などはない
シンガポールの医師:シンガポールではSARS回復患者の再発などはない
http://www.channelnewsasia.com/stories/singaporelocalnews/view/38892/1/.html
No SARS relapses in Singapore so far: Dr Balaji 香港の医師が先に発表した「SARS回復患者の再発事例」について、シンガポール保健省のバラジ博士が記者会見で、シンガポールにはそういう事例はないと発表。「
香港ではステロイド剤を使っているが、それが症状をマスクしている。そして患者を退院させて、ステロイド剤を与えている。シンガポールではステロイド剤をそういうふうに使用することはない」

WHOへの各国の報告内容要望が少し厳しくなりました。(5月3日の記事)
NYT:WHOは昨日、各国に対して報告の範囲を広げ、疑い例や可能性例の患者数だけでなく、何処で起こって、誰から感染したのか、を報告するよう求めた。
http://www.nytimes.com/2003/05/03/science/sciencespecial/03INFE.html?ex=1052539200&en=af445cef743e5626&ei=5062&partner=GOOGLE
W.H.O. Urges More Detailed SARS Reports  By LAWRENCE K. ALTMAN
The World Health Organization announced yesterday that it would broaden its reporting standards for SARS, calling on all countries to report not just the number of suspected or confirmed cases but also where they were occurring and from whom they were contracted.

NYT:SARSウイルスについて、新しい発見が報告されるhttp://www.nytimes.com/2003/05/05/science/sciencespecial/05INFE.html?ex=1052712000&en=df0a23943e3feae6&ei=5062&partner=GOOGLE
New Findings on Weapons to Combat Deadly Virus
The findings lead to a hypothesis that if contamination of objects in the environment plays a greater role than scientists have believed, then seasonality will be an important factor in future outbreaks, Dr. Sthr said. But if face-to-face spread of respiratory droplets plays the more important role in transmission, then the hypothesis holds that SARS is less likely to be seasonal.
NYTのこの記事はWHOの発表した「ウイルス生存時間」のあたらしいデータを紹介したもので内容的に既出だが、気になることが書いてある。
この発見で、モノがウイルスで汚染されて感染が広がってゆくという仮説が、従来科学者が考えていたよりは大きな比重を持つことになれば、SARSの将来のアウトブレークの可能性にとって「季節性」が大きなファクターになる、とWHOのストー博士は言う。しかしSARS感染があくまでフェイス・ツー・フェイスの飛まつ感染が主流であるのならば、
SARSは「季節流行型」ではないだろうということになる。

5月5日:WHO研究施設ネットワークが集積したSARSコロナウイルスの安定性と抵抗性に関する最初のデータ
が感染症情報センターからも出されましたが、その件についての各社報道をいくつか。
★「SARSウイルスはトイレの便座で4日間生きます」 CNN−TV
★新種ウイルスは消毒液が有効 WHO研究(毎日)http://news.lycos.co.jp/topics/science/sars.html?cat=2&d=06mainichiF0506e027
★SARSウイルス、人体外で最長4日間生存(日経)http://www.nikkei.co.jp/news/main/20030506AT1G0600506052003.html
★4℃下では少なくとも4日間、との評価なので、冷蔵庫を触るときはとくに注意かも、なんてTVの報道もありました。番組名失念。失礼。

EUの動き:イタリーの保健大臣「ヨーロッパ共通のSARS対策が必要」
http://www.agenziaitalia.it/english/news.pl?doc=200305051226-0064-RT1-CRO-0-CR06,NF82&page=0&id=agionline-eng.italyonline
SARS: FOR SIRCHIA NECESSARY TO FILL EUROPEAN HEALTH GAPS イタリー保健省大臣のジラルモ・シルチア氏は、明日からのブラッセルでの保健大臣会議で「ヨーロッパ共通のSARS対策のプロセジュア」を策定するよう求めると語った。イタリーには当面の大きな危険は無い、と前置きした上で、大臣は「我々はSARSの診断メカニズムについて話している。遅かれ早かれ、感染がやってくることになれば事態が悪化する」
「現在の診断テストでは、正解率は70%とか、場合によっては50%とか言われていたりするので対策が必要。秋になってインフルエンザが流行してSARSと見分けがつかなくなれば最悪だ」

世界中で10億人以上のSARS感染者が1年以内に広がる恐れがあるとイギリスの科学者が警告。
http://www.heraldsun.news.com.au/common/story_page/0,5478,6341637^661,00.html
だそうですが。

アメリカ:ルイジアナ大教授などがSARSのウイルス外郭のモデルを開発
ネットで公表。ペプチドミミックスなど治療薬開発に期待が。 LSU Health Sciences Center Research Sheds Light On SARS
http://www.sciencedaily.com/releases/2003/05/030505084559.htm
ルイジアナ大学・健康科学センターの疫学、微生物学教授であるウイリアム・ギャラハー博士とツーラン大学・健康科学センターの微生物学、免疫学教授のロバート・ギャリー博士が共同研究の結果、SARSウイルスの外郭蛋白質のモデルを開発した。これは抗ウイルス剤の開発に寄与するものと期待されている。ギャラハー博士はエボラ出血熱やHIVのウイルスの細胞侵入過程の発見などで知られており、今回の研究結果をwww.virology.netに発表した。ウイルスの外郭の蛋白質はスパイク・グリコプロティンと呼ばれ、ウイルスが体内細胞に侵入するために重要な働きをする。両博士はコロナウイルスのスパイク蛋白質の全体的な構造をモデル化した。SARSウイルスのゲノム解析の完成をうけて、両氏は314個のアミノ酸によるスパイク・グリコプロティンを解析した。これはウイルスのエンベロープになる前のもの。この部分は対のヘリカル・ファイバーを形成する傾向があり、それはウイルス表面のスパイクのロリポップ様の構造の茎の部分を形成する。ギャラハー博士に拠れば「エボラ出血熱とHIVとSARSは分子構造などが大きく異なっているのだが、グリコプロティンについてみれば、これ等はいとこ同士のようなものだ」という。「そういうわけで、SARSウイルスについて少々は解っていることがあって、我々はその構造のペプチドミミックスのようなペプチド剤を開発でき、そうした抗ウイルス剤には高い効能が期待できる」ペプチドミミックスとはペプチドの鍵になる機構を真似て合成した小さな分子構造のもので、ペプチドそのものよりは安価で容易に合成できる。「過去20年間ウイルスについて研究してきたことが役に立てば、SARSウイルスに対抗する阻害剤を短期間に開発できるかもしれない」
記事にある、発表された論文
ヒトSARSコロナウイルスのスパイク・ヒュージョン・グリコプロティンの・・・抗ウイルス療法への意味
http://www.virology.net/sars/s2model.html
MODEL of the PRE-INSERTION REGION of the SPIKE (S2) FUSION GLYCOPROTEIN of the HUMAN SARS CORONAVIRUS: IMPLICATIONS FOR ANTIVIRAL THERAPEUTICS
#翻訳者さんより:読んでみたのだが、正確に要約する自信はとても無いのでパス。興味ある人は原文を。

中国:結核感染四億人、B型肝炎1億2000万人(ちょっと古いニュースですが。中国の抱えている問題はSARSだけではないようです。)
http://news.searchina.ne.jp/2002/0123/general_0123_004.shtml
中国:B型肝炎感染者数は1億2000万人 発信:2002/01/23(水) 18:13:35
『中新網』北京21日付報道によると、衛生部の張文康部長は同日、『2002年全国中医薬工作会議』の席上で、「現在、中国の重病予防は厳しい局面を迎えている。特に流行性の伝染病に対する有効的抑制策の欠如は深刻な問題である。」と述べた。統計によれば、現在の中国にはB型肝炎に感染する患者が1億2000万人以上おり、世界の感染者数の3分の1を占めている。また、結核に感染する患者は約4億人にも上り、インドに次いで世界第2位である。その他、エイズ患者の急増や寄生虫病の蔓延も依然として深刻な状態である。中国の病気予防に関しての課題は非常に多く、衛生部では重病に対する予防政策を今年は一層強化して行く方針であり、政府も国債を用いて各地方に病気予防センターの建設を予定するなどと積極的に取り組む姿勢。(※編集部)
※B型肝炎致死率は5%といわれておりますし、HIVの罹患は百万単位との報道もありました。上記の報道によれば、人口が10億として結核患者は5人に2人の割合となります。中国大丈夫なんでしょうか? また、B型肝炎の方が罹患すると死亡率が高いという報道もありましたが。。

ウイルスの生存時間についてWHOから発表がありました。
0506に更新しています。

院内感染対策情報さらに更新

フィットテストとは何か博多インフェクションコントロールフォーラム 0502
CDC:SARS感染防止のためのマスク使用に関する暫定的ガイダンス翻訳博多インフェクションコントロールフォーラム 0502

複数のウイルスを確認 新型肺炎で香港中文大
 【香港2日共同】香港中文大は2日、新型肺炎(SARS)の研究チームが
、SARSウイルスの遺伝子を解読したところ、香港では複数種類のウイルスが存在していることが明らかになったと発表した。同チームは感染力や症状の違いに関連しているかどうかを調べている。同チームは、新型肺炎患者が大量に発生したプリンス・オブ・ウェールズ病院の患者11人からウイルスのサンプルを抽出、遺伝子を分析した。その結果、違った配列が見つかり、香港で現在、複数のSARSウイルスが存在していることが裏付けられたという。また、同ウイルスが急速に変異する科学的な証拠もつかんだとしており、複数種類のウイルスは、変異の結果生じたとみている。(共同通信)[5月2日22時44分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030502-00000164-kyodo-int

ニュージーランドの新聞のQ&Aから
ウイルスが糞便から発見されたことから、下水や排泄物経由の経口感染の可能性が指摘されている。これはコレラやポリオなどと同じ感染経路である。
The virus has been found in faecal matter so it is possible it can be spread by what is known as the faecal-oral route or in sewage - like cholera and polio.
ttp://www.nzherald.co.nz/storydisplay.cfm?storyID=3451583&thesection=news&thesubsection=world

SARSに対抗するための、ワクチンや治療薬の開発競争U.S. Pushes For Drugs to Fight SARS(4月30日)
ワシントンポストがSARSに対抗するためのワクチン開発や治療薬開発をめぐる 現状報告をまとめた記事を掲載。こうした分野になるとアメリカのメデイアは 科学専門の記者やライターが充実しているように見えて興味深い。 ワクチンに第一優先順位があって、開発は可能だろうと考える研究者が多い。従来の、ワクチン開発手法は時間も手間もかかるが、全く新しい遺伝子操作手法を 使って、アデノウイルスにSARSのゲノム情報を追加して、ワクチンとして機能す る(免疫系が働く)ようにするアイデアなどがあり注目を集めている。 治療薬の分野では、AIDS治療薬の開発よりはやさしいだろうし、AIDS治療薬の開 発のノウハウが役立つかも。さらにこの分野でも、抗体を遺伝子操作して治療薬 を作るなどの新しい手法に注目が。
ttp://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A56974-2003Apr29.html

★とくだねやってる。 (4月30日)
香港の病院の医師で感染した、内科医の楊應歓さん
症状:
体中の節々がいたむ、40度の熱 時折息苦しくなる 二言三言話すだけでも非常に苦しい  激しい嘔吐 下痢、寒気、だるさ (頭痛、目が眩しい などの症状が出る方もいる)
感染源はこのことしか考えられない:
熱と腹痛をうったえたSARS患者を5分見た(そのときはSARSとわからなかった) おなかに触った。触ったのはお腹だけ
治療はいろいろ試したが、何がきいたかわからない
6日で熱は下がったが隔離は21日
・・・・症状で、飛沫感染源の「咳」という言葉は出てきていないのだが。。。
接触感染はもちろんのこと、ですね。。。

★中国(広東省)では、AIDS患者がSARSに感染しなかった? 侃々諤々の議論が(4月29日ニュース)

Some of China's AIDS Patients Resist SARS
中国の医師らにより、広東の病院でAIDS患者とSARS患者が同じ病院に収容されていたが AIDS患者がSARS感染しなかったとの報告をしたため、議論が巻き起こっている。欧米の AIDS専門家の中にはAIDS患者がSARS感染すれば重症になるのではとの予想がある。 今年の冬SARS大流行を見た広東省の第8人民病院では、エレベータ・バンクをはさんで 片側にAIDS患者、他の側にSARS患者が収容されていた。看護士などは両者の世話をして おり、さらに一部の医師や看護士はSARS感染していた。医師に拠れば、この状況にもか かわらずAIDS患者へのSARS感染は見られなかった。理由はわかっていない。 ひとつの説明はAIDS患者に投与される薬がSARS感染予防に効果があったのでは、という もの。しかし、広東省ではアメリカなどと異なってプロテアーゼ阻害剤などは一般的に 使われてはいないので疑問が残る。いずれにせよ報告された例は限定的なものなので、 これによってAIDS感染者にSARS感染のリスクが低いと結論付けできるわけではない。
ttp://www.newsday.com/news/health/ny-sars0430,0,4719489.story?coll=ny-health-headlines
AIDS研究の専門家達が、SARSは騒ぎすぎ、バランスを欠く、AIDSのほうが深刻とAIDS researchers criticize world's 'overreaction' to SARS
ウイルス感染の研究で1975年のノーベル医学賞を与えられたディビッド・ボルティモア 博士は、SARSの報道についてメディアは過剰反応では、と述べた。AIDS研究や治療の専 門家にはそうした見方をする人が多い。SARSが新しい未知のウイルスで脅威があること は充分認めたうえで、AIDSなどの深刻な感染症に対するメディアの態度と差が大きいこ とを批判するもの。 しかし専門家のなかには、メディアの関心が高まっている背景には、中国政府の隠蔽事件 があるからで、ウイルスの脅威よりもそうした政治的な関心が大きいからだという意見も ある「もともと、中国政府が隠さなければ、SARSがこんな(世界的な)規模の感染に広ま る事もなかったわけだ」
ttp://www.boston.com/dailyglobe2/119/nation/AIDS_researchers_criticize_world_s_overreaction_to_SARS+.shtml

SARSはすでに日本に上陸している!? (夕刊フジ)4月29日のニュースです。すみません。このニュースの後にWHOが判定基準について改定を行いました。
医師で山野美容芸術大学教授の中原英臣氏は「感染者が出ていないのは奇跡 に近い」と指摘。 38度以上の発熱や咳が特徴のSARSだが、最新の研究では「こうした症 状がない感染者もいる」との報告もある。また、SARS致死率は5%前後 で「気づかず、自然治癒してしまった人がいても不思議ではない」(中原氏)。
【ゼロの理由】
感染者ゼロの背景として、診断方法が確立していないこともありそうだ。 診断法には、ウイルスを検出するPCR法、感染者の体内にできた抗体を 検出する方法としてELISA法とIFA法の2種類がある。 PCR法について、国立感染症研究所(感染研)の吉倉廣所長は「評価は たくさんの臨床検体でやってみて初めてできる」と説明。つまり、十分な 精度や安定性が得られるまで、しばらく時間がかかるのだ。ELISA法 が実用レベルになるまで時間が必要で、現時点で信頼性が高いというIFA 法も「設備が要る」(吉倉所長)。 しかも、抗体検査は感染初期には使えず、容態が悪化する急性期と回復期の データを比較する必要もあり、判定には3週間ほどがかかる。 http://news.msn.co.jp/articles/snews.asp?w=460044

WHO「SARSウイルス陽性なら隔離を」
【ジュネーブ=清水真人】世界保健機関(WHO)は1日、新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)感染の疑いがある場合の隔離基準の強化を加盟国に勧告した。従来は38度を超す高熱、激しいせきに加え、X線検査で肺にカゲが出ると隔離してきたが、今後はSARSウイルスの遺伝子検出試験も判断材料に加える。陽性と出ればX線で肺炎の所見がない段階でも早期隔離を求める。WHOはこれまで流行地域への渡航歴、高熱とせきをサーズ感染の「疑い」とし、さらにX線検査で肺炎の所見があれば「ほぼ確実」と隔離を要請してきた。SARSウイルスの遺伝子を増やして検出する方法は国ごとに方法に違いがあり、WHOは「診断法としてまだ完全とは言えない」と参考資料として位置づけている。ただ、旧来型の診断方法を補強する狙いから、隔離基準の一つとして採用を勧告することにした。信頼性強化には遺伝子検出に使う試薬などを絞り込む必要があり、WHOと主要国の感染症研究機関によるサーズ対策の国際ネットワークで診断方法の統一を急いでいる。 (01:20)ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20030501AT2M0102A01052003.html

WHO: Update 44 - Situation in China, revised case definition, support to national labs
1 May 2003 http://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_05_01/en/
  1)中国の状況
  2)WHOのSARS「定義」改訂
  3)WHOの診断テスト較正支援
  4)患者・各国の最新情報
2)診断テストの現状では擬似陰性が出る恐れがあるため、従前の臨床的定義を保持すべきである。一方、十分な品質管理を経たテストの結果、陽性とされた患者は「可能性」として報告されるべきである。すなわち、今回の「定義」改訂の要点は、患者認定の基準を増やす一方、否定の基準は増やさないという点にある。技術的な事柄が多々あるので、正確を期すために、下のページをあわせて読まれたし。 Case Definitions for Surveillance of Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS) ‘Case definitions (revised 1 May 2003) ’
 http://www.who.int/csr/sars/casedefinition/en/
4)英国・合衆国は域内感染例発生以後20日を経過したため、「感染地域」リストから除外。

★ランド・インスツルメント社:小型の体温測定用スキャナ発売
New Human Body Temperature Monitoring System From Land Instruments International
いくらか怪しげな新製品発売のプレス・リリース
ttp://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=SVBIZINK3.story&STORY=/www/story/05-01-2003/0001938324&EDATE=THU+May+01+2003,+01:36+PM
この会社のHPでみると、これは小型のビデオカメラのような赤外スキャナをPCにつなげて使う温度スキャナ+インターフェイス+ソフトのよう。なにか玩具みたいな感じもする。
ttp://www.landinst.com/infr/newprods/n-ftimv.html の説明によればPCインターフェイスがRS422(!)とか。


★SARSウイルス、発生源などは依然不明=科学者
[ワシントン 1日 ロイター] 新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスの遺伝子配列を解読した科学者らは、発生源や感染経路などについては、手掛かりが依然掴めないことを明らかにした。 類似したウイルスがないため、解明には時間がかかる、としている。 ただ、これにより、診断法や治療薬の開発が加速する、としている。 米疾病対策センターのマーク・パランシュ氏は、電話会見で、「ほかのウイルスと全く異なることが、解明を難しくしている」と指摘した。 SARSによる感染者数は、世界で約6100人、死亡者は390人以上。中国南部の広東省で2002年11月に発生したとされている。(ロイター)[5月2日13時56分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030502-00000973-reu-int


写真は1日、完全防護の服を着て、感染が疑われる人からサンプルを採る医療スタッフ P100つけてますね。3MのURLも掲載しておきます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030502-00000001-reu-int.view-000
http://www.mmm.co.jp/ohesd/particulate/6000_4.html

受け入れ病床1千確保 うち陰圧600余 192病院
しかし、福井、愛知、三重の各県は「厚労省の指定した病院へ運ぶ」などとしており、受け 入れ病院がはっきりしていない。 ttp://www.kahoku.co.jp/news/2003/05/2003050101000229.htm


★香港医師:SARS回復患者の肺に後遺症(の恐れ?)発見と語る
Lung Scarring Found in Hong Kong SARS Victims
プリンス・オブ・ウエールズ病院でSARS患者の治療に当たっているアニール・アウジャ医師は 「20人の肺を観察した結果、いくつかのケースで長期(または永久)的な傷があることがわ
かった」とのべた。同僚の、グレゴリオ・アントニオ医師も「肺にパッチのような傷痕がある ケースがあり後遺症になる可能性が高い」と述べた。 この見解には疑問も提示されていて、肺に傷が残ったとしても、病気のせいなのかステロイド や多量の酸素などの投与を受けているからその副作用のせいなのか不明」という意見も。 ttp://asia.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=scienceNews&storyID=2664918

★掲示板から。。
香港の下水からというのは、 香港の浴室+トイレというのがいわゆる洋風タイプで (ホテル式のやつ) トイレのトラップにはちゃんと臭気を防ぐ為の封水が溜まってたけど 外の洗面所辺りの排水溝の封水が切れていて それがトイレの排水管と直に繋がっていたために そこから菌が上がってきた。 ちなみに、洗面所の床をちゃんと水で洗っていたら封水も自然と 溜まったはずらしんだけど、香港の人にはその習慣が無かったらしい。 まあ、日本のマンションとは一緒にはならないと思う。 封水は切らさないようにしようねえ。 長期の旅行で家をあけていたりすると、自然蒸発で封水が切れてしまう事が あります。 あと、高層マンションで上階が大量の水を流した時に排水管内の気圧が 下がって吸い出されてしまうことがある。 時々、排水溝に水を流し込んであげましょう。
#それプラス  下水管が故障して漏れた汚水が風でビル側面を昇ったらしい。トンネル効果とか。 くわしくは横浜市のSARS情報ページにあります。 香港がWHOに提出した報告書をまとめたやつの翻訳みたいです。

輸血・血液製剤情報

【SARS速報】香港から小児と成人の臨床経過が報告 ・小児は成人より軽症、他者への感染力も弱い可能性 ・成人ではリバビリン・ステロイド併用後に症状が再燃、2割はARDSへと進展
【SARS速報】SARSウイルスの全塩基配列が論文化
 

SARSワクチン「数年要する」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030430-00000819-reu-bus_all

★WHOのPCRテストの判定基準
ttp://www.who.int/csr/sars/labmethods/en/ 詳細は▼医療従事者向け情報Topicsへ
Laboratories performing SARS specific PCR tests should adopt strict criteria for confirmation of positive results , especially in low prevalence areas, where the positive predictive value might be lower.
SARSのウイルス検知のためのPCRテストは、陽性の確定のためにために厳密に用いられるべきであり、特に(SARSの)流行の少ない地域ではそうである。そういう地域では陽性の期待値が低いわけであるから

WHOの新しいケース・デフィ二ション
ttp://www.who.int/csr/sars/casedefinition/en/
Those suspect cases in whom recovery is adequate but whose illness cannot be fully explained by an alternative diagnosis should remain as "suspect".
疑い例の患者に症状の回復が見られたとしても、その病因がSARS以外のものであると診断によって完全に説明できないのであれば、患者は疑い例として残すべきである
ーーーーーーーーーーーーーー
こういうのは、どこかの国では、完全無視だな 
加地祥文・感染症情報管理室長「SARSのSは重症のS」だもんな〜

サイエンス:ゲノム解読結果公開 http://www.sciencemag.org/
米科学振興協会が発行する科学誌サイエンスは1日、カナダ国立微生物学研究所などのチームと米疾病対策センター(CDC)などのチームがそれぞれ新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)ウイルスの全遺伝情報(ゲノム)を解読した成果を、インターネットの電子版に緊急掲載し、無料で公開した。 同誌の編集者は「これにより、研究者が新型肺炎の診断・治療法やワクチンを開発するのに役立つたんぱく質を絞り込めるだろう」と話している。 (時事通信)[5月1日23時5分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030501-00000781-jij-soci

★アモイガーデンの患者症状続報
:中国の新聞から(番朝掲示板有志訳)2003年4月30日 09:42
http://www.chinanews.com.cn/n/2003-04-30/26/299020.html
中新網が30日伝えたところによると、香港では最近、アモイガーデン住民の患者が毎日のように死亡している。昨日は12名の患者が亡くなったが、そのうち3人はアモイガーデンの住民だった。ひとりはブロックEの住民で、現在アモイガーデン住民のSARS感染者の死亡例は27件、死亡例全体の18%を占める。昨日は15名の感染者があり、可能性例は24件だった。
香港「文匯報」の消息によれば、アモイガーデンでの集団感染発生後、全ての新たな感染例は、初期の患者よりも病状が重く、またその症状も異なっていると、多くの医学専門家や香港衛生福利及食物局の楊永強局長が相次いで発表。今迄使ってきた薬物の反応がなくなってきており、4%程度であった死亡率が9.5%近くまで急上昇している要因であるという。香港中文大学微生物学科のタム教授の説明で、このウイルスの怖さがわかる。
教授は、現段階では肺炎患者の病状悪化とウイルスの異変との関連性は証明できないが、最近、患者が下痢などの症状を起こしていることから考え、ウイルスは患者の食道から侵入し、そのまま腸まで達するのではないかと考えているという。胃酸の酸性度は極めて高いので、一般のウイルスは胃に達すれば死んでしまう。然るに、この肺炎ウイルスは胃を通り抜け、腸に到るまで生存している。これはウイルスが極めて強力だということを示している。香港で昨日亡くなった12名の患者は40歳から91歳で、そのうち9名は慢性の持病があった。ここまでの死者のうちアモイガーデン住民の累計は27名。これには最年少の死者も含まれ、15名はブロックEの住民。また昨日は49名が退院し、現在、退院の見込みがある患者は112名。
#ウイルスが狂暴化したのか、それとも水などで、消化器管を通じてウイルスに暴露したのか、大量にウイルスに暴露したのか。。

★SARSの死亡率が上昇中、10%に達する可能性=WHO

http://news.goo.ne.jp/news/reuters/kokusai/20030501/JAPAN-112827.html
[ジュネーブ 30日 ロイター] 世界保健機関(WHO)で感染病を担当するマーク・サルター氏は、現在6%となっている重症急性呼吸器症候群(SARS)の死亡率が上昇しており、10%に達する可能性がある、との見方を示した。ただ断言するのは時期尚早、と述べた。同氏は、記者団に対し、「死亡率は上昇している。懸念しているが、意外ではない」と述べた。同氏は、SARSはまだ発生して初期の段階にあり、そうした状況では死亡率が上昇するのは普通だ、としている。同氏は、「SARSは発生後まだ6週間だ。集中治療を受けても改善しない人が大勢いる。こうした人の多くが死亡するだろう」と述べた。また、同氏は、カナダやシンガポールのように医療サービスが発達した地域で死亡率が高い傾向があるが、その理由は不明だ、としている。WHOの統計によると、カナダでは感染者148人に対して死亡者20人、中国では感染者3460人に対し死亡者159人となっている。注:中国感染者の内訳は医療関係者が727人

子供はSARS感染でも重症になりにくい(香港の医師の論文)SARS Has Less Severe Outcome Among Young Children In Hong Kong
香港中華大学のDr Tai Fai Fokの論文の要約。論文はランセットに載ったものらしいこのテーマは既出だが、この論文では子供のSARS患者に与えたステロイド、リバビリン抗生物質などの詳しい情報がある。リバビリンやステロイドの副作用は見られなかった何故、子供が重症化しないのかについては触れていない。
ttp://www.docguide.com/news/content.nsf/news/8525697700573E1885256D1700548EB3?OpenDocument&id=48DDE4A73E09A969852568880078C249&c=SARS&count=10

★香港で退院後に12人が再発

 香港の衛生当局は30日、新型肺炎(SARS)から回復して退院した人のうち、症状が再発した人が12人いることを明らかにした。医療関係者からは、
(1)退院前にウイルスが完全に消滅していなかった
(2)ステロイド剤の投与中止が免疫反応を強め、肺が新たな損傷を受けた――
などの可能性が指摘されている。(毎日新聞)[4月30日22時14分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030501-00002113-mai-int
再発率&再発時の症状&予後(ヘラルド誌(英語)
http://www.heraldsun.news.com.au/printpage/0,5481,6360520,00.html
★追加情報 12 SARS Patients Report Relapses
香港のSARSの再発患者12名の報道への波紋(NYT)
昨日伝えられて話題になった、香港の退院したあとSARS再発の患者12名のフォロー記事。WHOのコメントは「そういう報告を、まだ香港から受け取っていない」「もしそういう事があるのなら、当然ながら重大関心事」  CDCのガバーディン所長は、報道は知っているが詳細な報告が無いので解釈できないと述べた。理想的にはその12人の患者が最初の入院でウイルス陽性の確認をしておくべきだし、再発後にウイルスが検知されるかどうか、肺炎の症状がどうなのか診断が必要とコメント。再発のニュースは、SARSの確実な診断(テスト)の早期開発の必要性を高めるものと考えられている。この問題は患者がどのくらいの期間、感染力を持つかとか、患者の回復後に免疫性が出来るのかといった(今は答えが未知の)疑問にもつながるところがある。現状では、病院は症状がなくなれば患者を退院させているが、ウイルスの検知や感染力の有無を調べる手立てがない。香港の医師団は、SARS患者をステロイドとリバビリンで治療しているが、そうした処方で早期に治療を止めたときに、症状が悪化するのかどうかなどはわかっていない。さらに香港では、退院後もステロイドの投与を続けているが、アメリカの医師のなかには、それが症状を抑えていて、(退院患者の)ウイルスが退治されていないのではないかとの疑いを持つ人もいる。
ttp://www.nytimes.com/2003/05/01/science/sciencespecial/01INFE.html?pagewanted=2&ei=5062&en=50fccab95d8d9466&ex=1052366400&partner=GOOGLE

病院職員は挿管時に感染か
【香港30日共同】三十日付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、香港中文大の医師の話として、新型肺炎(SARS)は人工呼吸器などを気管に挿管する際に感染する危険性が高く、特に病院職員が緊急に挿管する際には五割近い確率で感染するとみられると伝えた。 香港では感染者全体の約22%が病院職員。院内感染の拡大防止が緊急課題となっており、衛生当局が調査を始めた。 同紙によると、医師や看護師は挿管の際、患者から三十センチ以内に寄って、のどを開けて作業するため、ウイルスを含んだ飛まつを浴びる危険性が高い。同大では挿管作業用の特別のフードを二週間前から職員に配り始めたという。http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2003/sars/news/0430-266.html この件に関しては院内感染対策情報に詳細を掲載

★8割が再発熱 WHOが香港の臨床データを公表

世界保健機関(WHO)は30日、香港の研究チームがまとめた新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)患者75人の臨床データ報告書を公表した。いったん熱が下がっても再度発熱するケースが全体の85%に達し、患者の20%は人工呼吸器の装着が必要なほど症状が悪化していた。高齢者やB型肝炎の感染者は、症状が悪化しやすいことも分かった。これらの患者は、いずれも抗ウイルス剤「リバビリン」とステロイド剤を3週間併用する治療を受けていた。報告によると、治療の初期段階では発熱や肺炎症状の抑制に効果があったが、症状が出てから4〜18日目には、患者の85%で再び熱が高くなった。73%の患者に下痢の症状があり、45%は発症後5〜19日の間に呼吸機能が低下した。さらに、X線写真で肺炎の症状を詳しく調べた結果では、発症後3〜13日の患者の80%で症状が悪化していた。患者の20%は、呼吸機能の急激な低下で、人工呼吸器の装着が必要になった。一部患者の鼻やのどの粘膜からウイルスを採取して調べたところ、症状が出てから10日間はウイルスの増殖が続き、明らかに減り始めるのは15日を経てからだった。治療の開始から10日後の患者では、全員の便からウイルスが検出され、5割の患者の尿からもウイルスが検出された。同3週間後になると、便からウイルスが検出された患者は全体の3分の2、尿からは同2割に低下していた。また、WHOは「
年齢やB型肝炎ウイルスの感染の有無が、重症化する重要な要因になっている」と指摘している。 【江口一】[毎日新聞5月1日] ( 2003-05-01-19:56 )ttp://www.mainichi.co.jp/news/selection/20030502k0000m040082000c.html
★この記事はWHOのサイトにある↓のことを言っていると思われ
http://www.who.int/csr/sars/prospectivestudy/en/index.html
Prospective study of the clinical progression and viral load of SARS associated coronavirus pneumonia in a community outbreak
これは、香港の患者の中でも、重症者の多いといわれる、アモイガーデンの患者について、医師団がまとめたものを、医学雑誌ランセットの発表したもので、WHOはそのサマリーを掲載。WHOのサイトにはグラフなどの表示あり。

★遺伝子操作によるワクチン開発について

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A56974-2003Apr29.html
The NIH is putting high hopes in a method that involves inserting SARS genes into a mild germ called adenovirus. The resulting hybrid should be incapable of causing disease, but it will look enough like SARS to the immune system that it might elicit a strong response. The government just awarded more than $400,000 to GenVec Inc., a small biotechnology company in Gaithersburg, and signed two contracts to enlist the company's technology for this effort. "We' re very impressed by what it does in animal models," said Gary Nabel, director of the NIH's Vaccine Research Center.
ワクチン開発について、従来の手法が時間がかかりすぎるので↑のWP記事にあるような遺伝子操作を使ってワクチンを作ろうという新しいアイデアがあって、アメリカ政府の支援を受けてNIHや民間会社が開発を進めようとしている。これは危険の低いウイルスにSARSウイルスの情報を遺伝子操作で入れてやるというもの。

★元感染症研究所呼吸器系ウイルス室長 元WHOインフルエンザ呼吸器ウイルス協力センター長根路銘国昭先生のコメント
 週刊ポスト4/25日号
SARSはコロナウイルスの新種と考えられているが、もともと風邪の原因であるコロナウイルスは、日本では6月以後、感染はおさまり、翌冬に本格的に流行する。SARSも同じ動きを見せるはずです。しかし、今後、きちんとした防疫体制を築かないまま冬を迎えた場合、日本全国で数十万人に感染し、数千人の死者が出る事態も考えられます。 かって、日本でスペイン風邪が猛威をふるい、39万人の死者を出したのは、つい80年前のことでしかないことを思い起こすべきです。根路銘先生の著書 http://club.carenet.co.jp/Books/525/23061_4.asp?SID=
根路銘先生はTVでこのような説も。。
テレビ朝日ニュースより 元WHOインフルエンザウイルスセンター長 ねろめ先生談(日本のインフルエンザウイルスの権威です)
SARSウイルスの欠点 SARSウイルスの表面数十%は脂肪でできている。消毒剤より石鹸での手洗いが効果は高い。手洗いは3時間おきぐらい。薄い石鹸液をスプレー容器に入れて部屋の中にスプレーするとウイルスのほとんどは死ぬだろう。 マスク表面に石鹸液を定期的にスプレーするのも有効。 このウイルスは空気感染するとの発言あり。これはめろめ先生の仮説かどうかは番組からは不明。
(掲示板の方の閲覧なので間違いがあるかもしれないことをご承知おきください。なお、今清掃にハイターなどの塩素系漂白剤が推奨されておりますが、これは環境毒性が強いため大量に使用された場合の環境の影響が心配です。香港でも問題になりつつあるようです。この説が本当なのであれば、石けん(脂肪酸カリウム)を主体にした清掃用消毒剤をねろめ先生と共同開発してください、というメールを石鹸メーカーに送っておきました。)

WHOの4・28のディリーレポートttp://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_28/en/
Viet Nam removed from list of affected countries, more than 5000 probable cases worldwide
べオナムをSARS感染地域から除外する。コングラチュレーションというめでたい文章。ただし、ベトナムは現在の高い警戒を続けるべきである。一人の感染者が(中国国境を越えて)やってくればアウトブレークが起こりかねない。ベトナム衛生省は国境封鎖を提案したが、そういうふうにはなっていない。  これはこれで結構なのだが、インドやアフリカに散見される感染疑惑者、欧州に高まる感染国の渡航前の厳格なスクリーニング要求などに全く触れないのは考え物。


★アメリカが、カナダみたいでないのは「ラッキーなだけ」CDC所長TVで。
Doctors say U.S. lucky in outbreak of SARS
"We haven't had the kind of long chains of transmission that we've seen in some other countries, but there is no reason why that couldn't happen here," Julie Gerberding, head of the Centers for Disease Control and Prevention, said on "Fox Sunday News."
FOXテレビのサンデー・ニュースに出演のCDC所長、ジュリ・ガバーディン博士は「アメリカには(カナダや香港のような)感染の連鎖は起こっていないのですが何故そうなのかといっても、アメリカでそれが起きない理由は、何もない」ttp://www.trivalleyherald.com/Stories/0,1413,86~10669~1355871,00.html


WSJ:アジア諸国で「熱い」人気の、SARS疑惑者発見用の赤外線カメラAsia Adopts Thermal Imaging To Spot Travelers With SARS
WSJが、シンガポール、台湾、成田、香港、北京などに導入のSARS患者スクリーニング用の赤外線カメラの現状を報告している。
シンガポールは空港とマレーシア国境に設置。37・5度以上の高熱の人ハケーンならば、別の隔離室に案内。ここで患者(候補)は30分放置して「熱さまし」のあと再度体温測定。問題あれば医者の診断というプロセスになっているらスイ。赤外線カメラ装置は、成田のものは日本アビオニクス製、中国のものはShenzhen Tsinghua-Sensory Equipment Co., の製品、台湾製もある。シンガポールのものはST Electronics 製で、値段は$85000である。中国と香港は15台導入済。さらに5月に400台導入予定。シンガポールも大量導入の予定。シンガポールのチャンギ空港で、4月11日から26日までの間に257人が赤外線カメラで高温と判断され、このうち病院で診察となったのが25人、一人の観察中を除いて残りの人はSARSではないとされ開放された。シンガポール以外の東南アジア各国でも検疫への関心は高まっている。ttp://online.wsj.com/article/0,,SB105148535546154300-search,00.html?collection=wsjie%2F30day&vql_string=sars%3Cin%3E%28article%2Dbody%29

★オーストラリア:白血病の研究者が免疫療法を提案
Experts close in on SARS cure
メルボルン、モンシャ大学で白血病の治療に当たっているチームは、体内の性ステロイの生成を遮断する薬を使って効果を挙げている。テストでは感染症と戦う白血球を生産する胸腺の活性化が観察された。ボイド教授はこの方法が免疫をre-bootし、白血球の生産を促すからSARS治療に使えるのではと話しているttp://www.heraldsun.news.com.au/common/story_page/0,5478,6353404%255E421,00.html

#(掲示板投稿者のつぶやき)連想するんだけれど、胸腺の退縮が始まるのが15歳くらいでしょう?ttp://www.proj.ehime-u.ac.jp/project/mafas/bacteria/bac-2.html
SARSで15歳以下の死が殆どないことと、これ、関係ないかなあ...

★ワクチン開発に向けた競争が始まる
Race is on to discover SARS vaccine
SARSワクチン開発が急務だという記事。この記事の中の専門家はウイルスの今までゲノム解析されたデータには大きな変異はないからワクチン開発有望といっている。何よりも、中国、インド、アフリカなどの国ではそれ以外に効果的な対策が考えられない。ttp://www.nationalpost.com/national/story.html?id=1968C8F0-9808-4ADF-8ABA-7E884DBB6976

SARS防止新薬、臨床試験中
新華網北京4月24日発 SARS予防に用いられる新薬・インターフェ ロンα―2bスプレーは先日、中国国家食品薬品監督管理局の承認を得て臨 床試験を行っており、間もなく医療関係者などの罹病の可能性の高い人々に 用いられる。 これは国家食品薬品監督管理局がSARS防止「グリーンルート」を使用 後批准された初めての罹病の可能性のある人々に向けて使用できる臨床試験 薬品である。 国家食品薬品監督管理局薬品登録司の曹文庄司長は「試験により、α―2 bスプレーは呼吸感染の防止に一定の役割を果たすことが証明され、また、 抗ウィルスの効果ももつため、臨床での応用が安全だ。しかし、この薬品の 利用はすべての感染ルートを断ち切ることを意味せず、有効性評価の中で広 く応用することはできず、限られた範囲で臨床試験を行い、その有効性を証 明するほかはない。 同司長は「国家食品薬品監督管理局はこの新薬の臨床試験に高い要求を設 定し、統計学専門家、流行病専門家、臨床研究機関、科学研究機関が協力し て罹病の可能性の高い人々の中で試験を行い、できるだけ短期間に評価の結 論を得て、この新薬の広範囲での応用できる科学的依拠を提供し、その他の 薬物に対する選択を早めるよう期待している」と述べた。 国家食品薬品監督管理局は最近、「グリーンルート」を開拓し、基準を引下げず、手順を減らさないことを前提に審査を早め、SARS防止薬品の早 期販売を促進する狙いである。
http://www.xcnjp.com/news/news_body/20/20030425105230_20_01_1.html

★ニューヨークタイムズ24日 続報 52段落〜(名前は実名、訳者エヴァーさんががイニシャルにしました。)
「カナダの超感染者」というタイトル。
(1)最初の中山医学院教授LJと同じ3月21日メトロポール・ホテル9階に滞在したSK(78歳女性・香港からの移民)が始まり(超感染者)。
(2)LJは広州GuandongのSun Yat-sen Memorial Hospital で治療中SARSに感染した。
(3)SKはスカボロー・グレイス病院で死亡。43歳の息子CKTは2日後同病院で死亡。
(4)CKTの横で治療を受けたJP(76歳・男)はその後死亡。
(5)JPの妻(生存中)は同病院でフィリピンからの老移民に感染させた。
(6)老移民の息子が、((フィリピン移民が大多数のカトリック))礼拝グループに、父親の葬式の時感染させた。
4月29日のCNNニュースTV11:40-50に見た内容からHP管理人補足いたします。
CNN 香港の原因の広東教授の報道。
前日に母親が死亡していた。教授は、病院にいったがまる一日隔離されず。まず同室の2名が感染、それから待合室にいる人達が次々と感染。最初はTB(テーベ)結核と診断されていたそうな。
カナダの患者は病院来院後、2時間で隔離されたにもかかわらずそこから、感染が広がっていった。

★読売新聞4月18日 第27面の2/3「いきいきサイエンス」 (番朝エヴァーさん訳:UP遅くなり申し訳ありません)
「新型肺炎ウィルス 遺伝子組み換え起きた?」
(1)国立精神・神経センター神経研究所(小平市) 田口文広室長
    ( http://www.ncnp.go.jp/nin/ モデル動物開発部 産経ENAKに記事ttp://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2003/april/kiji/0416sars.html)
  (あ)コロナウィルスが遺伝子の複製中にはがれ落ちることがある。それが複数起こると組み替えが起こりやすい。
  (い)猫だけは、人間や鶏など様々な動物のコロナウィルスに感染する。
  (う)解読された遺伝子は既知のものと違うので、野生動物などが宿主かも知れない
2)岩手医大元助教授 松本一郎
  (あ)かぜのコロナウィルスの培養法を開発したが、引き継ぐ人がいなく、6年前定年。
  (い)しかし野村隆士・藤田保健衛生大講師らが材料を譲り受け「かぜのコロナウィルスの一つが細胞表面の『カベオラ』というくぼみから内部に侵入することを突き止めた。」
〈主なコロナ〉ヒト呼吸器229EとOC43、イヌ、ネコ、ブタ呼吸器、ウシ、ニワトリ、マウス肝炎、ウサギ、ブタ流行性下痢

★体温チェック 
こういうおば○さんもいるそうです。真似しようとする方へ。早期治療をしなければ死亡者の10人(もしくは7人)のうちの一人に入るかもよ。
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003042908018
28日現在、SARS感染の疑い患者は、27日、解熱剤を飲んで入国するところを摘発された20代の女性一人が新たに発見され、合わせて13人に増えた。

★治療薬開発情報 
調べてたらこんな情報が。掲示板投稿から
http://www.agonist.org/archives/001859.html
http://www.wired.com/news/medtech/0,1286,58635,00.html
いろいろ効く薬剤テストしてるみたいですが、ここではアンチセンス医薬品(人工的に合成したDNAで遮断(阻害)する方法)が有望視されているようですコロナウィルスのRNAのなかの「リーダー部分、ポリメラーゼ遺伝子あるいは恐らくE2蛋白質(コロナウイルスの毒性の多くに責任を負う。) 用の遺伝子のような重要な遺伝子」などを阻害するようになっているそうな。普通のコロナウィルスでのテストは良好、今後SARSと推測されるウイルスで試験するそうです
#といいつつ、コロナウィルスかどうかも少々怪しいわけですが。

★イスラエル、SARS感染地域からの渡航者に入国前診察を義務づけ
[エルサレム 27日 ロイター] イスラエル保健当局は、重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染が報告されている中国、香港、シンガポール、カナダからの渡航者に対し、テルアビブのベングリオン国際空港到着時に
検温などの診察を受けることを義務づける、と発表した。
ttp://news.www.infoseek.co.jp/Content?arn=reut_inter_JAPAN-112595&sv=SN&svx=300502&sec=inter&ud9=-7&ud10=A&pg=article.html

★北京、SARSで7000人の在留邦人の1割すでに帰国 
北京では感染が拡大していますが、帰国者の健康管理はきちんと行政指導でなされているのでしょうか?韓国では空港に大幅な人員を導入する計画や移動式診療所の設置、1000人規模の隔離施設の建設計画を進めています。帰国者のケア(心身ともに)を早急に行政で対応していただきたいです。
 【北京=泉宣道】阿南惟茂駐中国大使は28日、日本人記者団と会見し、SARS感染拡大に伴う在留邦人の一時帰国について「大使館員の子弟が帰っては行けないということではない」と述べ、日本大使館員の家族も帰国し始めていることを認めた。大使館によると、北京の在留邦人約7000人のうち1割は既に帰国したもようだ。 同大使館の調べでは北京日本人学校の児童・生徒約460人のうち200人弱が帰国。北京市内の大学に在籍している日本人留学生は3000人程度いるが、うち約300人は帰国、このほか約400人が帰国のための再入国ビザの取得手続きを進めているという。阿南大使は大使館員の家族が自主的に一時帰国する場合の航空機の費用を「国が負担することは恐らくない」と述べた。日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20030428AT2M2801M28042003.html

WHOのウオルフガンク・プライザー(?)語る「SARSでフィリピン人死亡、台湾病院封鎖」記事からFri April 25, 2003 08:16 AM ET By Benjamin Kang Lim(番朝エヴァーさん訳)
ttp://asia.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=worldNews&storyID=2630499
(1)フィリピンでは保健婦nursing assistant とその父親の二人が死亡。
(2)台湾ではTaipei Municipal Ho Ping Hospital で25人の疑い例。1100人(医者、看護婦、見舞客など)が2週間以内の足止め。
(3)WHOのウオルフガンク・プライザー(?)語る「中国諸省、インドやバングラデシュの様なところに感染したらとんでもないことになる。もしかするとすでに・・・」
 引用:A World Health Organisation official said SARS could become a horrifying epidemic if it spread in China's provinces or in nations like India and Bangladesh, where people live cheek by jowl and medical facilities are poor. "There will be various countries in the world where we would be really concerned because we don't think they have the capacity to stem the tide once it is introduced," WHO official Wolfgang Preiser told reporters in Shanghai."It may have happened already. We don't know."

★ 「カナダのウィルスはアメリカより強いらしい」 ニューヨークタイムズ27日ローレンス・オルトマン記者(4月25日の記事です。3日前)番朝エヴァーさん訳 ttp://www.nytimes.com/2003/04/25/science/sciencespecial/25INFE.html?pagewanted=print&position=
(1)ソースはロバート・ウェブスター香港政府顧問(メンフィスSt.Jude Children Hospital)インフルエンザ・ウィルスの専門家
(2)アモイのウィルスは他のどの香港のものとも違っているように見える。
(3)しかしCDCのガーバーディング所長は記者会見で、その見解を額面通り受け取らないように注意を促した。

★「考えられていたより危険」ロイター=ロンドン Sat April 26, 2003 10:30 AM ET 番朝エヴァーさん訳 ttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/nm/20030426/sc_nm/sars_research_dc_1
(1)感染症の権威・・ロンドン・インペリアルカレッジ教授ロイ・アンダーソンがWHOのデータを検討した結果
(2)[悪いニュース]死亡率は10%(WHOは6%と言っているが)
(3)[良いニュース]香港の例から、恐れられたより伝染性は低い、ので先進国のほとんどでは効果的に抑圧される。英国が良い例だ。
(3)訳を短くしすぎました。どうも、接触感染の危険性の少なさを考えているみたいです。超感染者の存在をどう考えているのか不明です。次週どこかの医学雑誌に載るのを待ちましょう。
原文 the virus was more difficult to pass from one person to another than had been feared. This is not a highly transmissible infection,"

米バイオ医薬品会社のメダレックスとマサチューセッツ大学医学部の生物研究所はSARSに対する
完全ヒト抗体を共同開発する契約に調印した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030428-00000016-dwj-biz DJ-メダレックス、マサチューセッツ大学とSARS抗体を共同開発へheadlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030428-00000016-dwj-biz

★BSE問題のときに情報を提供くださった池田正行先生のHP SARS問題のページ http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/sars.html
 池田先生のHPには実はインターネットの彼方で私ずいぶんお世話になりました。7年〜5年前頃、牛の血液扱っていたので。

★ついで:過去の疾病(スペイン風邪、ペスト)の死亡率などらしい
http://www.google.com/search?q=%83X%83y%83C%83%93%95%97%8E%D7%81%40%8E%80%8E%D2&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5

掲示板投稿者のまとめ CDCとWHOは懐疑的な問題ですが、RNAウイルスは非常に変化しやすいと某最前線の研究者さんに伺ったこともあるので掲載
@短時間での変異の可能性
ソース> ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030426-00000401-yom-soci
抜粋…「カナダ・米国・香港・シンガポールの4か所で採取したウイルスの全遺伝情報を分析した結果、少しずつ違いのあることが分かった」
ソース> ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030427-00000081-mai-soci
抜粋…「ウイルスが自らを複製する際に働く酵素の遺伝子と、表面の突起をつくる際に働く遺伝子が違っていた。この酵素が変異すると、繁殖力に変化が起きる可能性がある。又、突起が変異する と、従来と異なる臓器を攻撃する事が有る」
懸念…インフルエンザが何度も流行するのは変異も一因。上記が事実なら、一度に何種ものインフルエンザ株・型が上陸する以上に深刻ではないか。

A従来ウィルスと同列に出来無い可能性

ソース> ttp://www.rense.com/general37/strange.htm 
(医者版:裏街道的HPから 神経系統の問題を起こすというニュースは香港でも見たと思いました。献血は世界で対策が取られてます)
抜粋…「いくつかのコロナウィルスの断片を含んでいるが、同時にDNAも持っている。これは、知られているどんなウィルスにも当てはまらない。これは推測だが、このウィルスはある特定の人々に対して感染しやすく、また、血液製剤などによっても感染するように思う。世界の感染者と死亡者のなかにはこのような形で感染した人もいると考える。今後は、感染して回復した人がひき続きウィルスを保持することがなく、感染源にならないのかということを見極めるのは非常に重要。また、これは確かなことではないが、私はこの病原が患者に神経系統の問題を起こすのではないかと疑っている」
ソース> ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/7663/hujitasense.html
抜粋…「発見されたものは従来のものとDNAが大きく異なる新種。私は、これは既知のものが変異したものではなく、全く新しいものだと思う。〜WHOは動物を疑っているが、家畜や鳥のウイルスがこういうアウトブレイクを起こすとは思えない。知られている限りでは、エマージング・ウイルスというのは、親密な物理的接触で感染する。こんなに簡単に人から人に感染するのは、我々が今まで知っていたものと全く違い、ショッキングだ」

懸念…メディアでは、コロナウィルスの新種と断定され、それを前提の情報ばかりだが、実際は専門家が訝る程の病原体だ。カナダの研究者は、患者からコロナウィルス未検出としている。

注:4割の患者からしか検出できなかった、というニュースだったと思います)

提案:既存の情報のみで判断(楽観・悲観)せず、今の内に出来る事をやっておいた方が後悔が無い。例えば、清潔に注意する等の実践は、慣れてい無いと難しい。今回の件でも、治療にあたった
医師が、折角のマスクを汚れた手で弄って感染、という事例も有る様だ。この際、うがい・手洗いの励行からでも初めてみては?

オーストラリア:白血病の研究者が免疫療法を提案
Experts close in on SARS cure
メルボルン、モンシャ大学で白血病の治療に当たっているチームは、体内の性ステロイドの生成を遮断する薬を使って効果を挙げている。テストでは感染症と戦う白血球を生産する胸腺の活性化が観察された。ボイド教授はこの方法が免疫をre-bootし、白血球の生産を促すからSARS治療に使えるのではと話している。ttp://www.heraldsun.news.com.au/common/story_page/0,5478,6353404%255E421,00.html

★SARSウイルスがNeuramidaseのコードを持っているらしいという、新しい意見が出現
しました。(2ch医者版 裏街道的HPから)
http://www.rense.com/general37/knjown.htm
既知のどのコロナウイルスもNeuramidaseを持っていない。Neuramidaseはインフルエンザウイルスに存在する。SARSは恐らくインフルエンザ:オルソミキソウイルスとコロナウイルスのハイブリッドであるように見える。・・・・つうものです。
The neuramidase is likely here:
25253..26077
/codon_start=1
/evidence=not_experimental
/product="putative uncharacterized protein"
/protein_id="< http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/viewer.fcgi?val=NP_828852.1  >NP_828852.1"
/db_xref="GI:29836497"
/translation="MDLFMRFFTLGSITAQPVKIDNASPASTVHATATIPLQASLPFG
WLVIGVAFLAVFQSATKIIALNKRWQLALYKGFQFICNLLLLFVTIYSHLLLVAAGME
AQFLYLYALIYFLQCINACRIIMRCWLCWKCKSKNPLLYDANYFVCWHTHNYDYCIPY
NSVTDTIVVTEGDGISTPKLKEDYQIGGYSEDRHSGVKDYVVVHGYFTEVYYQLESTQ
ITTDTGIENATFFIFNKLVKDPPNVQIHTIDGSSGVANPAMDPIYDEPTTTTSVPL"
CLUSTAL W (1.82) multiple sequence alignment。. 
ほかにも情報ありますので直接ご覧ください。2ch医者版 http://society.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1047794399/l50


★米国のメーカーのSARS対策製品のページだそうです
。参考にしてください。 http://www.anisafety.com/dp/

SARSウイルスの生存時間情報 0428UP NEW 24時間説についてCDCが触れています。ページつくりました。

★ヴェトナム
=中国の「国境封鎖」について、正確を期しておきます。掲示板投稿者さんの情報)保健省が提案しているのは
Vietnam's health authority has proposed that its northern land border with China be temporarily shut to prevent Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS) from spreading into the country. (4・19)ttp://www.channelnewsasia.com/stories/southeastasia/view/37866/1/.html
で、一時的な封鎖(台湾も同じ)だが、正式に国の決定にすれば外交問題になりかねないから政府の決定は保留にして、地方で独自にやるという型を取っている。そういう狙いで始めているわけで、ベトナム人は中国のやり方は熟知している。
ベトナム社会主義共和国在日大使館
http://www.vietnamembassy.jp/japanese/embassy/embassy.html
★How Vietnam beat the bug (CNN) 
ttp://edition.cnn.com/2003/WORLD/asiapcf/east/04/28/sars.vietnam/

アジア諸国の厚生大臣会議:全ての国で出発旅客のSARSスクリーニングをWRAPUP 4-SARS death rate seen higher as Asis seeks screening
ASEAN+日中韓の厚生大臣級会議の結論のひとつは、全ての国での「SARS患者の輸出阻止(スクリーニング)」これはもっともなことなので、本来WHOが「SARS感染地域」に「勧告」したスクリーニングがそうあるべきだったはず。 この会議では「全ての国」になってるのでアメリカとかでは非現実的かもしれないがアジアでは現実的な話。ただしスクリーニング手法の具体論が書いてない。#WHOのようなカウンターでの言葉だけのチェックが無意味なのは実証済。最低限、検温必要。http://www.forbes.com/business/newswire/2003/04/26/rtr952566.html
#中日新聞の報道はこちら。やっぱり検温とは書いてないですね。。うーむ。http://www.chunichi.co.jp/00/kok/20030427/mng_____kok_____001.shtml

掲示板4月27日の投稿から:
#CDCの記者会見記録の中に、PCR診断装置とかに関連して a dozen companies contact us for additional assistance で、それはまだ一部に過ぎないみたいなことを言ってるから、アメリカの会社はそういう診断装置の市場があるかも、と思っているところがありそう。SARS関連ビジネスはマスクだけではないttp://www.cdc.gov/od/oc/media/transcripts/t030424.htm
#WSJに論説を書いていた大学教授は、もしSARSがインフルエンザ並に広まったら全国各地に診断装置(PCR法とか)をばら撒いておかないと、普通の風邪と見分けがつかないから大変なことになる。今から準備シル、と言ってますた。
(ごめんなさい、WSJのほうはソース見つけてません。27日近辺のWSJを確認ください)

★バイオ・テロリズム対抗で作られた体制と医療ネットをSARS患者発見に利用

Anti-terrorism planning being used on SARS investigation
アメリカでは9・11以降に、連邦や州のテロリズム対応体制の整備が進められたが、バイオテロに備えて作られた医療機関の緊急ネットワーク(HERDS)やその体制がSARS患者の発見や追跡に利用されていて、効果をあげている。 ttp://www.newsday.com/news/local/wire/ny-bc-ny--sars-newyork0426apr26,0,458937.story?coll=ny-ap-regional-wire

★4月26日WHOのディリーレポート(これは傑作、あるいは微妙作)

◎上海について:意図的な患者の数のごまかしは発見できなかった・・
The team found no evidence of systematic underreporting of cases, and concluded that the level of preparedness and response was good. Reporting of cases appeared to be open, frank, and accurate. と上海の体制に合格のお墨付きを与えているのだが
Many questions remain about why Shanghai has been spared a SARS outbreak on the scale of that seen in Beijing. Had a larger number of cases occurred, it is not certain whether the systems presently in place would have been able to cope.
何故、上海が北京に見られるスケールのアウトブレークから逃れられているのかは不思議である。現在のシステムが(感染拡大が起こったときは)充分対応できるか否か良くわからない。
#これは、思うに、将来もし上海でもアウトブレイクが起こる事態になったときのために備えてWHOがあらかじめ、免責条項を(証拠物件!)組み込んでおいたのではないかしらん
◎香港について、この日に死んだ28歳のアモイガーデン患者に注目しているらしい記述。アモイガーデンと類似の(ただし小規模)
Tung Tau アパート事件を記述。これも垂直方向の連なった部屋に患者が出ているとして、大きな関心。WHOの本件調査の専門家が到着。
◎ベトナム:新規患者なし18日達成。WHOはベトナムを封じ込め成功のショーケースにして宣伝。しかし、2月に起こったように一人の患者が入国して感染拡大が始まることがありえるからベトナム政府は最高度の警戒。ttp://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_26/en/

★ロンドン・バイオテロ・カンファレンスで専門家:SARSは奴らには歓迎されそうだ
  
Terrorists 'will be gladdened by Sars'
ロンドンで開催されたバイオ・テロリズム対策のカンファレンスで、国立血液銀行のフランク・ボルトン氏は「SARSの及ぼした影響は、テロリスト組織には大く心に訴えたことだろう。極東各国の経済に与えた影響の大きさから見て、たいへんなものがあるわけだら」
ttp://icwales.icnetwork.co.uk/0100news/0600uk/page.cfm?objectid=12893859&method=full&siteid=50082&headline=Terrorists%20'will%20be%20gladdened%20by%20Sars'
#SARSの自殺攻撃をやるようなテロリストが現れたら、イスラエルもCIAも真っ青?

香港で最年少のSARS死者、持病なし28歳のアモイガーデン住民
SARS claims 28-year-old man, youngest victim in HK, death toll now at 121
香港で28歳という最年少のSARS死者が出て衝撃が。立法府の(反体制)議員、アルバート・チャン氏は、来月の議会に、トン・チー・ファC.E.の辞職勧告案を提出すると発言している。
ttp://www.channelnewsasia.com/stories/eastasia/view/38397/1/.html

WHOも(ある程度)SARSが当初の想定より凶悪との反論を認める(?)
WHO accepts 'more deadly' findings over Sars
ロンドンのインペリアル・カレッジの教授で感染症の権威でもあるロイ・アンダーソン博士の主張「WHOのいうような5%とか6%の致死率は間違いで、10%」について、WHOのトンプソン氏がコメント「論文を詳しく見ていないが、トップクラスの研究者の研究、その数字は正確なものと思う」ttp://www.ananova.com/news/story/sm_774464.html

死亡率8−15%の恐れ 新型肺炎感染で英教授分析
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030426-00000143-kyodo-int
【ロンドン26日共同】26日の英BBC放送によると、ロンドン大学のロイ・アンダーソン教授が香港での新型肺炎の感染状況を分析した結果、感染者の死亡率はこれまでの推定5−6%から大きく上昇し、8−15%に達する恐れがあることがわかった。 感染症の世界的権威とされる同教授の研究では、新型肺炎のウイルスは他のウイルスと比べて感染力を長期間保持することも判明したという。 同教授は「感染力はそれほど強くないので、監視体制が整った先進国では感染拡大を防止できているようだ」と述べ、パニックにならないよう注意した。 しかし教授は、中国、インド、インドネシアなど感染症の通報体制が未整備の人口大国の状況については、なお懸念があると指摘した。(共同通信)[4月26日21時9分更新]
http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/2977035.stm BBCのニュース 元記事かな?

香港マンション群のウイルス、遺伝子が変異か 
WHOは否定してるけどどっちなんだろ
 【香港・成沢健一】香港大学の研究チームは、新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の集団感染が問題となった九竜地区の高層マンション群「淘大花園(アモイガーデン)」の患者2人から検出したSARSウイルスの遺伝子を比較した結果、2カ所で遺伝子に違いがあることを突き止めた。26日付の香港各紙が伝えた。SARSウイルスの遺伝子が急速に変異している可能性を示すものだという。 研究チームによると、ウイルスが自らを複製する際に働く酵素の遺伝子と、ウイルス表面の突起をつくる際に働く遺伝子が違っていた。この酵素が変異すると、ウイルスの繁殖力に変化が起きる可能性がある。また、ウイルス表面の突起が変異すると、従来と異なる臓器を攻撃することがあるという。 同チームは、ウイルスの変異が重症化をもたらすのかについてさらに詳しく調べている。 淘大花園ではこれまでに330人の感染が確認され、20人が死亡した。特に、26日に最年少事例として報告された28歳の男性をはじめ比較的若い患者の死亡が目立つ。重症化する割合も他の地区のほぼ2倍で、下痢などの症状を伴うケースが多いことが分かっている。(毎日新聞)[4月26日20時50分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030427-00000081-mai-soci

★広東省の最初の死亡者は1月23日との記事が出ています。広東省のページにUPしました。

★余談:30秒に1人がマラリア死 国際援助、極めて不十分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030426-00000048-kyodo-soci

★SARS May Be Unstoppable
 
http://www.sltrib.com/2003/Apr/04262003/nation_w/51598.asp
米国疾病対策センターの前センター長は主要な科学者による最良の努力をもってしてもこの疾病が、恐らく、根絶されないだろうと言いました 

★WHO、新型鳥インフルエンザにも警戒警報
 複合感染なんかしたらたまったもんじゃないのであげておきます。
http://health.nikkei.co.jp/news/top/topCh.cfm?id=20030425d1g2502g25
【ジュネーブ=清水真人】世界保健機関(WHO)は25日までに、オランダやベルギーの養鶏場の鳥で流行する新型の鳥インフルエンザが人にも感染し83人が発症、1人が死亡したことを確認した。現段階で明確な証拠はないが、人同士の感染も否定しきれないとみており、各国に早急な解明と予防に取り組むよう警戒を呼びかけた。
 WHOによると、鳥インフルエンザの新型ウイルスを検出した83人のうち79人が結膜炎にかかり、さらにそのうちの13人が軽いインフルエンザの症状を示している。死亡したのはオランダ人獣医師(57)。養鶏場で治療に当たった後に急性肺炎の症状を示して17日に死亡した。


医者版でいうところの裏街道的HPからだそうです。(読んで山内一也先生のインタビューを思い出した。http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7663/hujitasense.html)
http://www.rense.com/general37/SARStreatmentideas.pdf  http://www.rense.com/general37/strange.htm
ハイ、ジェフ・・SARSの核酸およびゲノム構造が公表されてきているようですね。私もこのところ、今知られているウィルスとSARSのDNAコードを比較してみたのですが、その結果をお知らせしておきます。私の行った比較作業から言えることは、SARSというのは全く通常のウィルスではないということです。これは、いくつかのコロナウィルスの断片を含んでいますが、同時にDNAも持っているのです。これは、知られているどんなウィルスにも当てはまりません。これは推測ですが、このウィルスはある特定の人々に対して感染しやすく、また、血液製剤などによっても感染するように思います。4月12日現在、世界の2960人の感染者と119人の死亡者のなかにはこのような形で感染した人もいると考えます。今後は、感染して回復した人がひき続きウィルスを保持することがなく、感染源にならないのかということを見極めるのは非常に重要なことになるでしょう。また、これは確かなことはではありませんが、私はこの病原が患者に神経系統の問題を起こすのではないかと疑っています。状況は厳しいものと言えるでしょう。現時点ではこれが生物兵器とも人工操作されたものとも言えませんが、この複数のコロナウィルスの断片とDNAを持ち、既知のどんなウィルスとの関連もない病原が発見されるというのは奇妙というほかはありません。ボブ・リー

WHO: Update 39 - Optimism in Viet Nam, caution urged when using diagnostic tests 25 April 2003
http://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_25/en/
  1)ヴェトナムがSARSを封じ込める最初の国になるか
  2)診断テスト使用上に注意が必要
  3)患者・各国の最新情報
1)ヴェトナムでは、17日間連続で新たなSARS患者が発見されていない。最後に発見された「可能性」患者は4月8日で、4月30日までに新患者が現われなければ(つまり、潜伏期間×2を経過すれば)、「感染地域」リストから外され、SARSのアウトブレイクの封じ込めに成功した最初の国になるだろう。
患者の早期発見・入院、中国との国境封鎖がその要因である。
Viet Nam’s northern Quang Ninh province recently began barring Chinese tourists at its overland border with China in an effort to prevent importation of SARS. This move comes ahead of any decision by the Vietnamese national government to seal its border with China indefinitely, as has been recommended by the country’s ministry of health.
2)現在のPCR法を用いるテストは、擬陰性の患者を見逃してしまう危険がある。各国の保健・衛生当局はテストの結果に依存せず、従前の臨床的・疫学的定義に基づいて疑い・可能性患者を判定し、すべての患者を厳密に隔離・感染管理することが求められる。
3)患者数4,649(前日比+210)、死者数274(+11)、報告国数26。新たな死亡は、中国5、香港6。

人工呼吸時の感染予防手引 新型肺炎対策で名古屋大
新型肺炎(SARS)が疑われる患者に人工呼吸器を装着する際の注意点や具体的な対処方法を盛り込んだ手引を、名古屋大病院が26日までにまとめた。 新型肺炎の代表的な症状は呼吸困難のため、人工呼吸器の使用が予想される。装置の扱い方によっては医療従事者が感染する危険も大きくなるとして、武沢純教授(救急医学)が中心になって急きょ作成した。 
手引は全16項目。新型肺炎の感染経路を「飛沫(ひまつ)感染に加え、空気感染の可能性も否定できない」とし、人工呼吸器から出る患者の呼気はフィルターを通してから病室内に排気することを求めている。 また「(人工呼吸器ではなく)酸素マスクを着ける場合は、医療用のマスクの上から」「患者と接触したら手袋をしていても手を洗う」などと細かい注意点も列挙した。 手引は、全国約40カ所の国立大病院に配布された。(共同通信)
[4月26日5時37分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030426-00000019-kyodo-soci
★名古屋大学病院のHPhttp://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/mainmenu.html

シンガポール在日本人大使館HPから
いくつかの感染例に、症状が典型的でないケースがこれまでありました。この発生は、患者が以前から心臓病や、バクテリアによる感染などのSARSの症状の出始めを隠してしまう慢性の病気を持っている場合に見られます。このような場合、
初期の熱が微熱の場合もありえます。肺の感染の兆候が現れるのは、病気の進行の中でとても後になってからです。このようなケースの場合、早期発見が大変困難になります。http://www.sg.emb-japan.go.jp/index-j.html (原文参照。ほかにも情報やまもり)

★127 :名無しさん@3周年 :03/04/26 02:27
 掲示板から
セキスイさん〜!! 住宅メーカーさ〜ん!!日本の危機じゃ〜〜。負圧+空気清浄機付きのモジュール組み立て式プレハブ病棟作ってくれ〜〜!!ユニットバスの要領で作るんや〜〜!!建物丸ごと陰圧にするのは難しいが、ユニットバスより大きめの空間を密閉にするのは簡単じゃ!!それを合体させれば、あっという間にSARS対応の病院が完成じゃ!!ココ見てる住宅メーカーの社員の人は、一刻も早く上申書を提出しる!! 進退賭けてでも提案すべし!!

★最近5週間の国内 マイコプラズマ肺炎の推移(宮城県作成)
http://www.miyagi.med.or.jp/sisetu/survegrp.htm

SARS感染者の肺組織(写真)
http://j.people.ne.jp/2003/04/25/jp20030425_28295.html

SARS・お札も消毒
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030425-01304596-jijp-dom.view-001

★(参考:余談)厚生科学審議会感染症分科会感染症部会 大規模感染症事前対応専門委員会報告書 〜生物テロに対する厚生労働省の対応について〜平成14年3月
http://www.mhlw.go.jp/topics/2002/05/tp0531-2.html

★新型肺炎 食べ物から感染…例はない 念のため洗浄、加熱
 
(参考)感染症情報センター岡部先生のQ&Aで食物について触れています。WHOの見解はこのHPの下のほうに。。 http://www.pubanzen.mofa.go.jp/c_info/info/sars_k_1.html
(記事)中国からの輸入農産物は大丈夫か――。新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)がアジアを中心に猛威を振るう中で、食品に対する不安の声が挙がっている。米国に次いで食料輸入量が多い中国だけに、なおさらだ。厚生労働省は「食品からの感染は限りなくゼロに近い」として、慎重な対応を呼びかけている。 「生協が扱う中国産冷凍ギョーザは安全?」 日本生協連に、組合員からこんな質問がきた。 同生協連は今月四日、中国や東南アジアから輸入した食品の安全性について、ホームページで情報を掲載。「食品から感染する危険性は低いものの、念のために洗浄・加熱して調理するように」と勧めている。 厚労省は「食品を通じてSARSに感染した例は報告されていない」として、輸入食品の検疫で特別な対応はとっていない。 SARSウイルスは人間の肺に寄生。感染者の唾液や体液に直接ふれることで感染するとされる。 厚労省結核感染症課は「ウイルスは食品を栄養分としないので、仮に野菜や肉に付着しても数時間で死滅する」と話し、日本で食品による感染が広がる恐れはないという。 世界保健機関(WHO)も食品媒介説を否定する。世界的にも、食品から感染した例はこれまでに報告されていない。 同省は食品の輸出時には洗浄や消毒を行うので基本的に問題はないとするが、SARSウイルスの感染経路や原因はまだ特定されていない。日本農業新聞 http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash03042504.html

★バンダイ、SARS対策で中国生産のおもちゃ消毒

(略)バンダイ香港では現地の関連会社や協力工場など数十社に商品の出荷前の紫外線による消毒に加えて施設内の定期消毒、作業員の工場出入り時の手洗いの励行、マスク・手袋着用など15項目にわたる指導を始めた。さらに実施状況を写真などで報告させて徹底を図っている。また、今後、流行が長期化した場合をにらんで中国ではなくタイの工場に生産を移すことも検討。年末商戦に繰り出す玩具の生産は秋がピークとなるため、SARSの感染動向を見て、対応する方針だ。 (04/25 16:49)http://www.asahi.com/national/update/0425/015.html

★カナダ国立微生物研究所

http://www.nml.ca/nml.htm
カナダ国立微生物研究所が「コロナウイルスが原因は疑問」との研究結果を発表(既出ですがHPをUPしました)

WSJ:SARSは季節流行型と予想されるから、次の冬に向けて準備が必要 Six Months to Act
ttp://online.wsj.com/article/0,,SB105123092912099900,00.html?mod=opinion%5Fmain%5Fcommentaries
WSJのコメンタリー欄に掲載の、ジョン・ホプキンス大学教授の論で、SARS季節流行論とでも呼ぶべきもの。この教授が何故SARSを季節流行型と予測するかといえば、以下のような理由:
@咳やクシャミで人から人に感染するウイルスは、インフルエンザがその代表だが季節によって流行するのが基本的な性質で天然痘出さえそういう性格がある
A季節型というのは、温度が問題なわけではなく、
屋内で多数の人が同じ空気を吸うような環境で感染しやすい
BSARSが中国で2月、3月に大流行して、今は広東省でおさまる傾向というのも季節型を疑わせる(他地域への感染で患者の絶対数は増え続けているが)
1918年のインフルエンザはその年の春には穏やかな流行だったが、秋から冬になって猛威を振るった。SARSが季節型であるなら、夏にかけては感染が最も少なくなるから感染者を見つけて隔離することを進める絶好のチャンス。この機会に封じ込めないと冬に酷いことになる可能性がある。SARSウイルスを検知して診断する装置は多量生産して地方自治体に設置し、無料検診できる体制を作らなければならない。さらに、初期に患者を発見し治療し隔離する体制を整備することも、冬までの課題である。

ウイルスの変異ない=新型肺炎の死亡率上昇でWHO どっちだ
 【ジュネーブ25日時事】世界保健機関(WHO)は25日、新型肺炎の死亡率が発生当初の4%から5〜6%に上昇したことについて「ウイルスがさらに悪性なものに変異したわけではない」との見解を示した。上昇は、医療関係者以外の感染で高齢の患者らが増えたためとみている。時事通信 http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=030426052733X740&genre=int

★新型肺炎のウイルス、遺伝子が急速に変異か

カナダ、米国、香港、シンガポールの4か所で、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の患者から採取した病原ウイルスの全遺伝情報を分析した結果、それぞれ、少しずつ違いのあることが分かった。英科学誌「ニューサイエンティスト」電子版が伝えた。遺伝子が急速に変異している可能性があり、一部の地域だけでSARSの被害が大きい理由を説明できるかもしれないという。(読売新聞)[4月26日3時7分更新] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030426-00000401-yom-soci


★(中国)国内初のSARS予防薬を認可
ttp://j.peopledaily.com.cn/2003/04/25/jp20030425_28321.html
中国食品薬品監督管理局はこのほど、重症急性呼吸器症候群(SARS)の予防に効く新薬、
遺伝子組み換えヒトインターフェロンα―2b噴射薬を認可した。医療現場の第一線で感染の危険性が最も高いとされる病院関係者などの間で臨床実験が行われる。遺伝子組み換えヒトインターフェロンα―2b噴射薬は呼吸器官の感染予防に一定の効果があり、全身に抗ウイルス作用をもたらし、臨床での応用が安全とされている。しかし、この薬品の使用によってすべての感染ルートを根絶できるわけではなく、効果の評価過程にある現段階は幅広く応用することはできない。そのため限られた範囲で臨床実験を行い、予防効果を実証していく。「人民網日本語版」2003年4月25日

★WHOのディリーレポート
は、北京のアウト・オブ・コントロールに近い混乱状態を書いているが、意識的に抑えた書き方になっている。学校閉鎖について書いているが校内の感染事件や、教授の感染や、大学生などの故郷への脱走、留学生などの帰国などの「大脱走」には触れていない。中国国内の院内感染の多さについても触れているが、北京大学人民病院の閉鎖事件、2000人余の職員隔離にも触れていない。政府の打ち出した戒厳令みたいな隔離政策にも触れていない。上海について明日結果発表とだけ書いて、外電の伝える上海の当局との状況認識の違いにあえて触れないようにしている。北京と上海で起こっているSARS関連の状況の政治的インプリケーションが大きすぎるから、そういう問題に立ち入らないという態度なのであろうが、ここまで大きくなった事態を、そういう態度のWHOが正しく指導できるのか、かなり疑問。今の中国の状況は、大規模な感染爆発であろうけれど、もう一面では国内の政治闘争になってきた事は明白なので、WHOが何に何処まで踏み込めるか、微妙。ttp://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_24/en/

WHOの医療機関での感染者の取り扱い基準が改定されて、より厳しくなっている
ttp://www.who.int/csr/sars/infectioncontrol/en/
可能性例のところに、エアコン・ユニットについて、特別アドバイスをすぐに打ち出すと書いているのがちょっと気になる。院内感染がこれだけ多くて、カナダなどでは防御体制をとっていた医療関係者が感染したと伝えられるから、危機感は当然だが。

★タイと日本の水際での対応の差
935 名前:名無しさん@3周年 投稿日:03/04/24 22:24 ID:8xucltxz
今日タイから帰国しました。入国時は入国審査前に体温検査と問診があり滞在先のホテル名を書かされました。体温が37.5℃以上だと強制送還のようです。一方日本への帰国時は自己申告のみなのでフリーパスでした。

★医師らたたえ愛国心鼓舞 2次感染続出の中国
 
(これが中国の現状なので載せます。日本の甘すぎる水際、国は何やってんだ?中国からいま日本へは帰国ラッシュです。日本のホテルを隔離に使う企業もあるようですが、ホテル側の対応はなされているんだろうか?)
北京24日共同】中国では、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)で医療関係者の二次感染が続出し、指導部や官製メディアは一線の医師らを「英雄」とたたえて愛国心を鼓舞、治療態勢の堅持に躍起となっている。 二十三日発表の感染者二千三百五人のうち、医療関係者は五百十七人。北京市は二十四日、感染拡大防止のため市内の病院を閉鎖し、患者と接触した医師や看護婦も隔離する措置を取ったため、医療関係者の間では恐怖心が高まっている。 胡錦濤国家主席や温家宝首相ら指導者は次々と病院を訪れ、医療関係者を激励。二十四日付の中国各紙も「危機の中、人民は団結を」と題する記事を一面に掲載し「戦争に遭遇した兵士と同様に優れた医師は最前線に突入するべきだ」と話す医師の妻の発言などを紹介し、医療関係者を持ち上げた。 メディアは肺炎対策を「せん滅戦」と表現するなど「戦争」に例える表現が目立ち、連日「最前線」で肺炎と闘う勇敢な看護婦を特集している。 それでも、北京市内の病院で働く看護婦は「新型肺炎の病棟に回されるのを嫌がる看護婦が大半で、担当を命じられて病院を辞めたケースも出ている」と話した。 愛国心を鼓舞する背景には、市場経済の進展で一部に拝金主義がはびこるなど、利己主義的な傾向が強まっていることもあるようだ。共同通信 http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2003/sars/news/0424-202.html

★2003.4.24国立感染研、疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例を改訂

国立感染症研究所感染症情報センターは4月22日、重症急性呼吸器疾患(SARS)の疑い例や可能性例、およびその接触者の管理例で改訂版を掲載した。11日の初版発表、15日の2改訂に続くもの。2改訂との主な
違いは、「可能性例」の管理で、コロナウイルスの検査を追加した点。「原則として国立感染症研究所へ検体を送付してコロナウイルスの検査を行う」と明記した。また「飛沫感染」を強調。これに対して、医療従事者の個人予防策を促す内容となっている。このほか、「可能性例」の管理の注意書きに、「重複感染の頻度と意義については明らかではない」との文言が加わった。 このガイドラインは、「疑い例」の外来での管理、「可能性例」の管理、「疑い例」や「可能性例」との接触者の管理と、それぞれの項目ごとに詳細に解説している。SARSの可能性例に対する院内感染対策についても触れ、新たに「米国CDCによる学校におけるSARS管理」「家庭・職場における消毒の指針」を追加している。
(略) 3改訂の詳細は、こちらへ。 http://idsc.nih.go.jp/others/urgent/mgmt-03.html  MedWave  http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/243658

★新型肺炎SARS 初期症状ない人からも感染。香港の衛生局が発表

http://www.tbs.co.jp/daycatch/today.htm

★食材の野生動物が発生源か…新型肺炎で中国紙

 【香港=関泰晴】新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の発生源は、中国南部・広東省で地元住民が好んで食べている野生動物ではないかと疑う見方が出ている。 中国系香港紙「文匯報」は24日、広東省政府が「野味(野生動物を材料とする料理)」を売り物にするレストラン全店の営業許可証を取り消す考えだと報じた。 野生動物に最初に疑惑の目を向けたのは、香港大の研究チーム。今月16日にSARSの原因となるコロナウイルスの遺伝子配列を解読したと発表した際、動物、中でも、食用にされる野生動物から人間に感染した可能性を指摘した。 研究チームの袁国勇教授は、「ウイルス発生源の動物を特定することはワクチン開発に近づく。広東省の人々が食べる色々な野生動物の血清で抗体を調べたい」と話す。 同省での初期の感染者は、「野味」の材料の野生動物を扱う業者や調理師が多かったとの報道もある。 「食在広州」(食は広州にあり)と言われ、同省の人々は「野味」を食文化の一つとして珍重、イタチ科の肉食獣であるクズリのほか、センザンコウなどを食べている。生息数の減少が心配される動物もあるが、広州の市場などでは自由に売られている。レストランで「野味」は、1品1000元(約1万6000円)前後の高級料理になっている。読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20030424i112.htm

台湾】SARS感染者が出国、初のケース
(略)この女性は香港人で、4月7日に来台し、17日に台中市の台中栄民総医院でS
ARSの可能性があると診断され入院した。しかし、入院後4日間発熱がなかったため、栄民総医院は21日に退院させ、女性は翌日香港に戻ってしまった。この問題に関して衛生署は同病院に対し警告するとともに、全国の医療施設に対し、患者を退院させる場合は必ず衛生署に同意を求め
るよう通達
した。女性が搭乗したのは長栄航空(エバー航空)857便で、衛生署は同便を乗員・乗客の行方の追跡が必要な「危険便」に指定した。
http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/free/tokuhou/030318_tyo/241_250/b247.html

Vol.41 「重症急性呼吸器症候群(SARS)について2」 感染した恐れのある症状と対処法。竹田努先生@米国ロードアイランド大
http://www.rescuenow.net/get_close/michibata/41_030423.html

英国のAIDS専門家:SARSはAIDSよりも酷いことになる可能性
t
tp://www.eveningtimes.co.uk/hi/news/5014984.html  Outbreak 'could be worse than Aids'
AIDSは過去20年間にゆっくりと広まって8千万人を感染させたがSARSはそれに比べて感染力が高く危険。広域感染の可能性もある。この問題の対応は厚生大臣とかでなくて、国や世界のトップの指導者が行うべきだ。英国のパトリック・ディクソン博士の提言。#感染地域に行く人や航空機に乗る人は読んでおくこと。

★SARS対策「陰圧管理病室」を簡単に、荏原実業が開発

http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/food/241414
★「空気感染対策用」新製品発売のお知らせ
http://www.ejk.co.jp/ir/ir01_068.html


★シンガポール医師:リバビリンはSARS治療効果あり
ttp://www.channelnewsasia.com/stories/todaynews/view/617/1/.html
Virus killer: Most Sars patients take well to Ribavirin
何かと議論の多いリバビリンなのだが、各国の反応を見ると:
CDC=X,WHO=X,カナダ=X,米陸軍感染症研=X,NIH=X、香港=○、シンガポール=○、台湾=X、

★世界のSARS死者250人突破・WHO

 【ジュネーブ=清水真人】世界保健機関(WHO)の発表によると、重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)による死者は23日夕(日本時間24日未明)までに世界で251人に達した。感染者(疑いも含む)は27カ国・地域で4228人に上り、当初は4%程度だった死亡率は5.9%まで上昇している。 WHOのヘイマン感染症対策部長は同日、滞在先のバンコクで記者会見し、中国の北京やカナダのトロントなど計五地域に広げた渡航延期勧告について「
リストに追加しなければならない恐れがある国がさらに1カ国ある」と対象国・地域の拡大の可能性を示唆した。感染情報を確認中で、結論を出すのは「数日中になろう。遅くとも28日」だと述べた。 ヘイマン部長はWHOの専門家チームが調査中の上海の状況に触れ「同チームは伝えられる以上に多くの症例が存在するという感触を明確に知らせてきた」と感染が予想以上に広がっている可能性を明らかにした。日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20030424AT2M2303N24042003.html

SARSへの懸念につけこんだ新型コンピュータウイルス(ご注意ください)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030424-00000008-zdn-sci
メールの件名、 本文、添付ファイル名はさまざまだが、「Severe Acute Respiratory Syndrome」 「SARS Virus」「Hongkong.exe」などの名称でユーザーにダブルクリックを促す

この記事はカナダの専門家が、カナダのSARS患者の40%にしかコロナウイルスが発見されないから、それが原因かどうか疑わしい、といっているというもの。この問題は、4・22のCDCの記者会見でも質問されていて、CDCは検査方法(PCR法の使い方や感度)や時期によって、そういう事はありえるから、コロナウイルス原因説を変えないといっている。http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/2970075.stm

朝鮮日報の記事に拠れば、韓国の専門家の特別委員会もDNAテストで陽性が出てもSARS患者を否定してるらしい。記事では科学者が政治家の言いなりになっているのは正直ではないと怒っている。これで見ると、SARS報道では日本の新聞より朝鮮日報が信頼できそうにも思える。ttp://srch.chosun.com/cgi-bin/english/search?did=58691&OP=5&word=SARS%20&name=english/National&dtc=20030423&url=http://english.chosun.com/w21data/html/news/200304/200304230007.html&title=Health%20Agency%20Guarding%20Secrets%20
Health Agency Guarding Secrets (2003.04.23)
On April 16, when I got and confirmed information that three persons had already tested positive for the SARS virus, the institute repeatedly denied the fact throughout the day. Only after my story ran in the newspaper the next day did the agency admit the fact.

SARSの診断法未確立・厚労省対応急ぐ
 新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)の疑いがあるとして厚生労働省に報告された患者は23日までに56人に上る。SARSと認めた患者はゼロだが、診断方法が未確立のまま症状で判断しているのが現状だ。同省は患者発生時の準備を急ぐが、「早く患者を確認する方法はないのか」との指摘も出ている。 22日午前に都内で開かれた厚労省の対策専門委員会は報告された患者中、2人について「SARSでないと言い切れない」と初めて判断を保留した。2人とも細菌性肺炎に効果がある抗生物質で症状が3日以内に改善しないなど、SARSを含むウイルス性肺炎感染の可能性が否定しきれなかった。 4日目以降に2人とも症状が改善、同委も「SARSとは別のウイルス性肺炎の可能性が高い」としている。同省の
加地祥文・感染症情報管理室長は「SARSの最初の“S”は重症」と話し、委員の1人も「結果的に重症にならなければ、SARSとは言えない」と判断保留の根拠を説明する。日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20030424AT1G2302923042003.html
掲示板の意見:
#ううむ。。。SARSでも自然治癒する患者がいるという情報は厚生労働省にはなかったことになってるのか。。。
#SARSの診断基準が「重症」かどうかって、頭お(略)。重症化しなかったり、治ったりするSARS患者をカウントしないための、ひどい官僚的詭弁だ。
#これは、
厚生労働省の加地祥文・感染症情報管理室長の「歴史に残る名言」でしょ。CDCのケース・デフィ二ションに、何処に重症がある(ryhttp://www.cdc.gov/ncidod/sars/casedefinition.htm
#なるほど、厚労省のSARS判断基準が良くわかる発言だ。これが日本の危機管理体制なのですね。

The N. Y. Timesの記事:カナダ
http://www.nytimes.com/2003/04/23/international/americas/23CND-CANA.html
トロントでは2週間前にはSARSを押さえこんだと思ってたのに、また新たに患者が発生、医療関係者は何がなんだか分かんなくなってきてるみたい。
"The virus follows no rules or regulations of epidemiology," said Dr. Donald Low, chief of microbiology at Mount Sinai Hospital in Tronto. "It's so highly contagious. There is no precedence for this kind of disease."
当初言われてた感染力が低いってのはmisleadingだね。患者に近ついたり、接触した人は高率で感染してるのだ。トロントも一人から感染したんだよね。(略


「ウィルス急速に変異中−−中国の遺伝子解析」ワシントン・ポスト(番朝エヴァーさん訳)
北京支局23日ジョン・ポンフレ記者ttp://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A17363-2003Apr22.html
(1)ソースは科学アカデミー付属北京遺伝研究所のヤン・ハンミンYang Huanming氏。
(2)
広東省などの試料と、北京の試料の遺伝子がかなり変異しているhas shown significant difference
(3)同研究所のSiqi Leu氏によると「
変異は知られている5つの機能遺伝子座全てに起こっている
(4)解析結果の原稿Draftはウェブに公開されているhave been posted on apublic Web site
(5)他のいくつかの試料でもさらに解析中。
(6)「変異は、毒性を弱める方に働く時も、強める方に働く時もある」Wang Jian氏の言葉

★↑この記事の元ネタは北京のゲノム研究所の発表で、4・22のFTも取り上げていた。
4・22のCDCの記者会見でも質問が出ていたが、
CDCは変異の可能性を否定はしないが、スピードや変異の程度については、今のところ「確かめられていない」と慎重な立場をとっている。
理由@アメリカで解析したDNAとカナダで解析したDNAは良く一致するが、わずかに差がある。しかしそれは誤差でないと断定できるほどではない。
理由ASARSウイルスはRNAだから変異は起こりやすいが、それほどの速さで起こるとする証拠がみつからない。
WP記事では 
significant differences between virus samples となっているがフィナンシャルタイムズでは"A few nucleotide differences among individual genomesで、この記述の差は気になるところ。FTの記事はhttp://news.ft.com/servlet/ContentServer?pagename=FT.com/StoryFT/FullStory&c=StoryFT&cid=1048313920582
#北京のゲノムサイエンス研究所のURL(英語)はhttp://210.83.138.51:8080/bgi/english/2.htm
ちょっと見てみると、4・16のSARSのDNA解析完了の記事はあるが変異について書いたものがどこにあるのかよくわからん


★シンガポール:空港に加えてマレーシア国境にもSARSスクリーニング装置設置 5月中旬から入出国者は100%スクリーニング;
体温37・5度でttp://www.informationweek.com/story/showArticle.jhtml?articleID=8800575
Singapore Scans People's Body Heat To Spot SARS Apr. 23, 2003
シンガポールは、「SARS感染国(シンガポールを含む)からの感染者輸出阻止」を目標にして、熱戦スキャナによる体温監視装置を空港とマレーシア国境に設置。37・5度以上の体温の旅客は健康チェックに。シンガポールでは5月中旬をメドに入出国者の100%スクリーニングを実施する計画。

★SARSの死亡率上昇、WHOは「5%前後」

世界保健機関(WHO)は23日会見し、新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS)の死亡率が5%前後に達することを明らかにした。当初、SARSの死亡率は、3〜4%と見られていた。 23日までにWHOへ報告のあった感染者は、27カ国・地域で4288人、死亡者は251人だった。最近は、死亡者の増加率が高い。同日現在、感染者数に占める死亡者の割合は5.9%で、今月中ごろに比べ、1%以上上昇している。朝日新聞 http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304240166.html

北京市、大病院を「封鎖」 SARS隔離強化の第一弾
 新型肺炎の重症急性呼吸器症候群(SARS)による感染者が北京市で増え続けているなか、北京市政府は24日、北京大学人民病院などいくつかの病院の診察を停止する措置をとった。同時に病院職員を一斉診察するなど、感染を防ぐための「封鎖」措置といえる。市政府は23日、市民に対して、感染の危険のある場所を隔離するとの通告を出しており、この第一弾と見られる。 北京大学人民病院は1200床。同病院は診察停止を認めた。 通告は
(1)感染者
(2)感染の疑いのある人
(3)これらの人と密接に接触した人――それぞれの隔離
(4)SARS汚染を受けた病院、工場、建設現場、ホテル、オフィスビル、住宅、村落、学校などの封鎖
(5)汚染された動物や物品の処分、などを定めている。
 違反者に対しては、衛生部門が阻止するが、必要に応じて警察機関が協力し、強制措置をとるとしている。また、隔離期間中、政府の担当部門は、隔離者に対する指導や、生活必需品の確保などを求められている。 北京市の感染者は696人、死者は35人。このほか、疑いのある人が782人に達する(22日夜現在)。これまでも、感染者を隔離したり、建物を消毒したりしているが、不十分だと判断した結果の通告と見られる。 北京市の人口は約1300万人だが、地方から流入している流動人口が200万〜300万あり、合計で1500万人前後に達する。中心地では住宅が密集している。朝日新聞 http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304240184.html

CDCの電話記者会見、4・22
ttp://www.cdc.gov/od/oc/media/transcripts/t030422.htm
CDCのがバーディン女史が、SARSについて、今良くわかっていなくて調査研究などを進めている課題」としてあげた問題点
●スーパーインフェクーはいるのか否か。いるとすれば感染力が強いのはなぜか
●感染した人が、他への感染力をもつのは、いつからいつまでなのか (サイレントキャリアの問題)
●重症者と軽症者がいるが、それがなぜそうなるのか
●回復者の長期的な影響はどうか、彼らは本当に回復したのかどうか
●常識や公衆衛生にもとづき、CDCのような機関がパニックや不必要な恐怖を避けながら国民に効果的に情報を伝える上で、どういうやり方が宜しいのか
●感染事件に関連したコミニティに汚名やバイアスを与えないように何が出来るのか
A:これらについては、現時点で正確な解答が出来ないが研究によって確かめられ答えが見つかる事が重要。(この日のQ&Aには余り面白いQがないみたい)
#翻訳者注:この電話記者会見は、マスコミの記者を対象にしたもので、CNNやWSJやWPや各種のメディアがCDCの説明のあとにQ&Aしたもの。これを元に4.23付けのWSJの記事↓が書かれている(つまり記事のオリジナルはCDC会見記録)
ttp://online.wsj.com/article/0,,SB105103526046417100-search,00.html?collection=wsjie/30day&vql-string=%28%28sars%29%3Cin%3E%28article%2Dbody%29%3Cor%3E%28article%2Ddoc%2Dtype%3CCONTAINS%3Esars%29%29
Here Are Some Answers To Biggest SARS Questions
記者会見のトランスクリプトと記事を比較するとWSJなりの省略やバイアスのかかり方が伺える。同じことは国務省のアーカイブや会見記録とメディアの記事を比較すればメディアの透明性をある程度推測できる。それにしても、CDCの会見にカナダや香港や、そういうメディアは参加しているようだが日本のメディアは参加しているのかしら


★SARS対策専門委員会の検討結果に関しては 
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1h9.html
★国内症例の報告状況に関しては 
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1c.html

★2003.4.23 【SARS速報】 シンガポール、医師の複数病院勤務禁止など、院内感染防止策を強化

 4月21日現在で184人と、香港、中国に次いで患者数が多いシンガポールでは、院内感染による感染を押さえ込むため、医師の複数病院勤務を原則禁止するなど、新たな対策に乗り出した。
 シンガポール政府は21日、私立病院間で感染が発生するリスクを減らす目的で、22日から、
私立病院に勤務する全医師に対し、勤務する病院を1カ所に限定して登録するよう指示した。自営、または派遣看護師、および代診医(英国特有の制度)も同じ措置が適用される。 また、患者についても、病院間の入院患者の転送は禁止、21日以内の再入院の場合、同じ病院の利用が義務付けられる(既に公立病院では実施中)。ただし、経済的理由がある場合に限り、公的病院への転院を許されることとした。ただし、専門医が緊急に必要とされる場合など、緊急の必要性がある場合は例外となる。 シンガポールから世界保健機関(WHO)に報告された累計患者数は184人、死亡者16人(うち二人は確定検査待ち)だが、このほかに疑い患者が82人、自宅隔離者が793人にのぼる。人口約400万人で東京都ほどの面積の都市型国家で、貿易と観光を収入源にしているだけに危機感は強い。4月21日に入院した新規患者は6人だが、そのうち5人は病院における見舞い、または別の病気で来院中にSARSに感染しており、院内感染対策が急務になっていた。 本件に関するシンガポール政府のプレスリリースはこちらまで。 http://app.moh.gov.sg/sar/sar0301.asp?id=1&mid=6341 MedWavehttp://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/243319

★サイレント・キャリアについての記事(WSJ)
SARS感染者の全てが発症するかどうかというのはクリティカルな疑問で、科学者はこの点について確認するために大急ぎで試験をしている。もしも誰かが症状無しでウイルスのキャリアになり、他人を感染させられるのなら重大なことだ。この疑問は、まもなく解決されよう。科学者がウイルスを検知できる感度の良い方法を手に入れることが出来る見込みである。試験で、感染したかもしれない症状の無い人がウイルスを出しているかどうか確かめられる。これは防疫の上で重大なこと。ttp://online.wsj.com/article/0,,SB105103526046417100,00.html?mod=sp%2Dsarsholdingbreath%5F1
One critical question is whether everyone exposed to SARS gets sick. Scientists are rushing to figure out if someone can carry the virus,not be sick, and still expose others. This may be answered soon, as researchers expect to have a very sensitive test that can detect the virus in asymptomatic people who may have been exposed to the virus. Knowing how the virus spreads is crucial to containing it.


SARSとにてるのでマイコプラズマ肺炎
http://health.nifty.com/drug/q_a/drug_104.htm
今年は例年に比べて多いので、直ったSARS患者もマイコプラズマ肺炎に?なんて思う人もいるみたい。 どうなんだろう??

ウイルスがどのくらい生存するかの掲示板の論議:食品については:岡部先生のQ&A参照 http://www.pubanzen.mofa.go.jp/c_info/info/sars_k_1.html
#CDCのスライドに拠ればコロナウイルスの対外での生存は: 229E 3時間(ドライサーフェス)  6日(サスペンション)  OC43 1時間以下
#サスペンジョン=水溶液じゃないの?どんな水溶液で試験したのかは知らないけど食品とかにvirusが付着していれば、加熱処理なしで(以下略)わからん。
#こんな感じ?
dry surface=表面が乾燥してるもの?
suspension=懸濁液 固体の微粒子が液体中に分散している混合物。粒子の大きさはコロイド粒子程度かそれよりも大きい。泥水や墨汁など。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=suspension&kind=ej&mode=0
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B7%FC%C2%F9%B1%D5&kind=ej&mode=0&jn.x=42&jn.y=10

★4月24日現在:感染症情報センター:「ガイドラインおよびその他詳細情報」 
たくさん翻訳あがってますのでお知らせします。お手元のものが最新か直接ご確認を。 http://idsc.nih.go.jp/others/urgent/update.html
WHO

診断検査の入手状況と検査方法の実際(4/17発表4/21/2003UP
WHOのSARS診断に関する多施設共同研究(4/7発表4/9/2003UP
 -SARSの病因と診断に関するWHO の多施設共同研究ネットワークの参加施設による、コロナウイルスについての主な研究成果の要旨
  -WHOネットワーク研究所が開発したSARSのPCRプライマー
 -多施設共同研究ネットワーク:SARSの検査を行っている研究施設
WHO加盟国へのSARS伝播確認地域から到着する物品および動物に関する情報(4/11発表)4/14/2003UP
家庭・職場における消毒(例) (感染症情報センター)NEW4/24/2003U
SARSの管理例(3訂)(感染症情報センター)NEW 4/22/2003UP
SARSに関する検査対応について4/21/2003UP
CDC:
SARSに曝露した児童・生徒・学生の管理に関する米国の暫定的国内指針
NEW (4/12発表4/22/2003UP

【中国】来月に2度目ピーク?北京SARS感染
香港紙星島日報は23日、北京市政府筋からの情報として、同市は来月初めに新型肺炎SARSの2度目の感染ピークを迎えると伝えた。同紙によると、この情報は、北京市が来月に予定している科学技術の国際交流イベント「2003年北京科技週」の準備委員会で「専門家の意見」として紹介された。SARSが初めて見つかってから今月20日に感染者数を大幅修正するまでの約1カ月半、感染者の隔離や予防などの対策がおろそかにされていたことから、連休明けの来月6日ごろに2度目のピークが訪れるとしている(略)。http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/free/tokuhou/030318_tyo/221_230/b221.htm

SARSの死亡率は低すぎる? 計算方法に疑問の声 
http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030423303.html

★医者版掲示板から。。ソースもないけど、今までの総括って結局これだと思うのであげておきます。

症状軽快後もウイルスが残るかどうか、再発や再感染があるかどうか、感染後(初期症状軽快後)時間がたってから別の予期しない症状が出るかどうか、など何にも判っていません。

★「第2のSARS」が現れる日 家畜と人間が「同居」する中国南部の環境が新たな病原体を培養する?(ニューズウイーク先週記事)
http://www.nwj.ne.jp/public/toppage/20030423articles/WA_sar.html

香港:WHOは香港の調査に満足せず、アモイガーデン事件の調査へ
ttp://thestar.com.my/news/story.asp?file=/2003/4/23/latest/11556WHOteamt&sec=latest
WHO team to probe SARS at Hong Kong apartment
先週、香港の衛生当局は、アモイガーデン集団感染事件について詳細な調査報告をWHOに提出した。しかし、WHOは報告書の出した結論に確信がもてないとして、さらに調査を行う。「これは香港のチームへの批判ではない。感染原因に誰もが確信を持てることが必要」

『隠れSARS症状』により多数の医療関係者に感染
http://hk.news.yahoo.com/030422/12/rcdg.html
昨日(4/22)、衛生福利・食物局長より、SARS症状が現れ難い『隠れSARS』がある事が報告。2人の老人が入院時、骨折や大便出血があるだけで、
発熱症状はみられなかった。が、最終的に多くの医療関係者に感染させていた。現在、大埔が感染被害大な地区となっているが、7割がこのケースによるものである。免疫力の弱っている老人及び長期病人に関しては、『隠れSARS症状』になりうるハイリスク族とされ、感染をより防ぎ難いものにさせている。通常、発熱によって感染するとされているが、一部の人は発熱がないまま、感染させる場合があり、特に老人及び長期病人に比較的多くみられる。数週間前には、発熱が無くても感染させる可能性がある症状は認識されていた。下痢症状で入院、後日発熱し、レントゲンにて事実上感染したと認められたケースである。しかし、このハイリスク族の場合、はっきりとしたSARSの症状が現れず、例えば普通の肺炎といった症状だけがあり、発熱もなし、白血球を検査してもほぼ正常という具合である。これは珍しいケースではあるが、SARSの感染力が高く、医療従事者は注意する必要である。 また、この『隠れSARS症状』が容易に感染させる可能性があるのでは?と、老人ホームで懸念されてる。

CDCのがバーディン所長、CNNのインタビューで、アメリカのSARS対策について:
ttp://www.cnn.com/2003/HEALTH/04/22/sars.canada/
"One of the advantages we have is that of time," she told CNN."We have been able to see what's going on in Canada and, more importantly, see what's going on in Asia and pre-emptively take the steps here to really do everything possible to contain this.
アメリカの場合、一つ良いことは、カナダで何が起こっているかを知ることが出来るし、さらに良いことには、アジアで何が起こっているかを知ることが出来るわけで、我々はSARSを封じ込めるために、先制攻撃的に、出来ることは何でもやる
 
←余談:日本は企業が中国帰りの社員をホテル側に黙って10日間宿泊させて様子を見るなんてモラルのないことをやろうとしているところがあるようです。日本人であることが恥ずかしくなる。日本ホテル連盟?さんのほうに連絡しておきました。お役所のやることを待っていたら感染拡大です。自衛ください。

WHO: Update 36 - Situation in Singapore and China 22 April 2003
http://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_22/en/
1)シンガポール 2)中国 3)患者と各国の最新情報
1)と2)の結論部分をそれぞれ全訳しておく。WHOが言いたいことが集約されている。「
患者が接触した人々の特定・追跡調査、そして患者を単一のSARS専用病院の特定の病棟に隔離したことが、(封じ込めに成功した)シンガポール政府のSARSに対する反応の枢要な特徴である。」  「(明日行なわれる北京・香港・台湾・マカオの官僚の)会合は、SARSのアウトブレイクの国際的規模を裏書きしている。このアウトブレイクは、ますます、ある一つの国の政府が単独で行動することでは抑制できない問題と考えられつつある。」

【北京】SARS検査試薬を量産へ、1時間で結果が判明
中国科学院の北京基因組(ゲノム)研究所と軍事医学科学院などの研究機関は19日、重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスに感染しているかどうかを検査する酵素免疫測定試薬の研究開発に成功した。この試薬はSARS患者の診察に用いられ、約1時間で検査結果がわかる。専門家によると、正方形の箱のパッケージに試験管8〜9本と酵素免疫測定キットが入っている。検査方法は、患者の静脈から採血し、血液を測定キットで検査する。陽性になり、せき、発熱などの症状がある場合、SARSウイルスに感染している。この試薬は1日に1万箱生産される予定で、近く10万人以上が試薬を使って検査できるようになる。北京市の一部の病院ではこの検査試薬がテスト使用されている。人民網日本語版 2003年4月22日 http://j.peopledaily.com.cn/2003/04/22/jp20030422_28186.html

★(抜粋)こうした変化について岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長は「
コロナウイルスのようなタイプのウイルスは変異しやすい。変異が事実とすれば、今までは知られていない性質のウイルスだと言える。多くの感染症は子どもに広がることが多いのに、新型肺炎はそれが少ないなど、従来のものと違い、さらに詳しい調査が必要だ」と話している。http://www.sankei.co.jp/news/030422/0422kok005.htm http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/2966117.stm

中国中央電視台、コロナウイルスの写真を公開 「人民網日本語版」2003年4月22日
http://j.peopledaily.com.cn/2003/04/22/jp20030422_28204.html

★SARSの死亡率上昇について、CDCとWHOの見解
:変異と決めつけるのは早杉  (記者会見で、CDCガバーディン所長とWHOが見解を求められて)
http://asia.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=worldNews&storyID=2607807
○CDC:死亡率は今後高くなる可能性があり、それはSARSの診断が正確になってきたことが影響するかもしれない。SARSでなかった患者が統計数字から除外されるために。
○CDC:死亡率が上昇したからといって、それが必ずしもウイルスが変異して凶悪になった事を意味するとは限らない
○WHO:今後の臨床医療の進歩で、死亡率の下がる可能性もある
○CDC:香港は、感染が続いている地域のひとつで、そこでは当局と医療関係者が、とても、とても(繰り返して発言)適切なステップを踏んでいるのだが残念ながら感染が止められていない

治療の関係者、4割が感染=減少しても「危険水域」−SARSで中国の病院
 【北京22日時事】新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の感染が急拡大している中国国内で一時、SARS治療に直接携わった医師ら医療関係者の約4割が感染していたことが分かった。現在は24%前後に減少したが、なお院内感染は「危険水域」にとどまっている実態が浮き彫りになった。中国の医療関係者が22日明らかにした。時事通信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030422-00000766-jij-int

【4月18日:日本感染症学会速報】
◆国立感染症研究所感染症情報センター長 
岡部信彦氏:SARS流行の全体像と国内の医療・防疫体制の紹介
◆国立国際医療センターエイズ治療研究開発センターの
照屋勝治氏:ベトナムの状況報告(ハノイに派遣・帰国)
◆杏林大学医学部第一内科の
小林治氏:香港の状況報告(香港に派遣・帰国)
MedWave原文 http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/243193

◆岡部氏:国内のSARS病原診断体制概要。感染症専門医に協力を呼びかけ
▼一般的な診断と病原診断→個々の病院が担当  ▼コロナウイルスの病原診断→国立感染症研究所とP3施設を持つ一部の地方衛生研究所が分担
 診断内容 1.PCRによるコロナウイルスの遺伝子診断、 2.コロナウイルスの分離・同定、 3.血清診断
 組織培養用細胞は既にP3施設を持つ地方衛生研究所に分与中、PCRプライマーは信頼性に問題があるため、当面、コロナウイルスの同定作業は国立感染研で実施する予定

◆照屋氏:ベトナム 患者のトリアージがカギ
ベトナムから学べる教訓
1.無防備で暴露された場合、SARSには恐るべき感染力がある。
2.しっかり感染防御をすれば、感染を防ぐことが可能
このため、患者のトリアージ(重症度による振り分け)がカギになる」という。
ベトナムでは、最初の患者がハノイのFrench病院に入院したあと、1週間で医療スタッフが次々に発症、2週間ほどで同病院は閉鎖に追い込まれた。患者はすべて隣接するBach Mai病院の一般病棟とは離れた熱帯医学研究所に収容された。 ただ収容先となった熱帯医学病院では、医療スタッフへの感染は1例も起きていない。
ベトナムが感染制御に成功したのは、初期の患者全員を一般病棟から離れた準隔離環境に置いたこと、基本的な感染防御対策(マスク、ガウン、グローブなど)を徹底したこと、患者を3段階の重症度別に収容したことなど、ごく基本的な注意が徹底されたことにあった。
◆小林氏:香港、SARS診療体制構築・ネブライザーによる院内感染の可能性
香港では組織的な「SARS体制」が構築され、機能し始めている
 Queen Mary病院では、一般病床のほかに、SARSと診断された重症患者を収容する25床の陰圧のICU、SARS疑い患者専用に300床を用意している。院内感染防止のため、
訪問禁止、患者も含めたマスク着用、入院病棟以外の場所への患者移動禁止、妊娠中の医療スタッフの就労免除などの体制をとっている。また、感染制御看護師、微生物学者、放射線技師、呼吸器専門医、小児科医、救急医から成る「コアSARSチーム」が結成されているという。 
香港の医療スタッフが感染拡大を招いた可能性がある反省点にあげるのが、呼吸器に陽圧をかけるBiPAP、CPAPとネブライザーの使用。ウイルスを含む患者の体液をエアロゾル化して拡散させるため、SARS患者には決して使ってはならないようだ。Prince of Whales病院における大規模な感染発生の主因の一つがネブライザーである可能性が高いという。

アメリカ:SARSの治療薬を求めて、テストは続く Search Narrows for SARS Treatment
ttp://www.kansascity.com/mld/kansascity/news/breaking_news/5690450.htm
アメリカ軍・感染症研究所やNIAIDで進められている、SARS治療に効果のある薬捜しの、現状報告;
○リバビリンには否定的な結果が出ている。副作用の大きなのも関心事。しかし一部の専門家に、試験管の中のテストだけでは不十分かもしれない、猿とかを使ったテストをしないと完全なテストではないのでは、という声。
○手に入る抗ウイルス剤を全部テストする予定。16種類のAIDS薬、13のヘルペス薬、および7種類の風邪そのほかのウイルス薬。
○このほかテストを計画しているのは、FDAが販売は許可していないが、試験の許可を出している、AIDSウイルスなどのために開発された30種類の薬。

薬の副作用による合併症で死亡も 香港紙 
 【香港・成沢健一】22日付の香港紙「文匯報」は、慢性疾患にかかっていない30〜50歳代の人が新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)で死亡している問題で、
薬の副作用による心臓や腎臓の合併症が原因となっている可能性があると報じた。 SARS患者を治療している総合病院の医師の話として伝えた。同病院には毎日4、5人の重症患者が他の病院から転送される。SARSは抗生物質が効かないことから、抗ウイルス薬「リバビリン」とステロイド剤を治療のために投与している。 
齢が比較的若い患者で死亡するケースは、肺よりも心臓や腎臓の機能不全が死因となるケースが目立つという。この医師によると、皮膚の病気に使うステロイド剤は1日150ミリグラム程度だが、SARS患者には同500〜600ミリグラム、多い場合には1グラムを使用しており、大量投与により臓器が他の病原体に侵される恐れもあるという。(毎日新聞)[4月22日22時29分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030423-00000098-mai-soci

博多インフェクションコントロールフォーラムさんのHP
「院圧個室を簡単に作る方法(CDC結核のガイドラインより)」の翻訳がUPされています。いつ患者さんがいきなりくるかわかりません。確認ください。但しSARSの場合、排気も安全とはいえませんので、本当に最終手段かという情報も。。。

★香港で今日増えた感染者32人の内、10人が医療関係者だそうだ。(写真あり 雅虎新聞)
http://hk.news.yahoo.com/030422/12/rca1.html

★timeのSARS特集より。
掲示板から。香港の死亡率は6.7%になったそうです。カナダはもっと高かったと思うので気になります。
Unmasking A Crisis
http://www.time.com/time/asia/covers/501030421/story.html
英語読める奴は読んでおけ。北京の隔離病棟は地獄だ。既にSARSに感染した医療関係者が、ぎゅうぎゅう押し込まれている。
一部抜粋:They say it's a deadly disease with 4% mortality? Are you kidding me? The death rate is at least 25%. In this hospital alone, there are over 10 patients dead already."
「政府の連中が、この致死性の病気の死亡率が4%って言ってるって? ふざけてんのか?死亡率は最低25%だ。この病院だけでも、既に 10人以上の患者が死んでいるぞ。」
もうちょっとだけ訳してもらいました。原文もご覧ください。
・北京の人民解放軍301号病院には100人以上の患者が押し込まれている。
・隔離室の出入りは禁止。トイレも御飯も、その部屋でする。
・患者の半数は医療に従事していた医師及び看護婦
・抜粋したインタビューの相手も医療従事者
・当初、政府によりSARS対策の支持が医療関係者にあったが、 SARS患者は北京では存在していないと発表していたので政府は医療関係者にマスクをすることを禁じた(!)
・同様の事はAIDSのときもあった。献血で汚染された器具を用いたせいで中国農村部で爆発的にAIDS感染者が広がった。
・当時、政府はAIDS患者は中国に3万人しか居ないと発表していたが、正確な感染者数の公表を迫られて、いきなり100万人と発表した。 

★ガーディアン:SARS+AIDSのダブル感染=死亡率増加
ttp://www.guardian.co.uk/sars/story/0,13036,941006,00.html
100 more Sars cases in Beijing
中国の状況を伝えるガーディアン記事。大方は既出の内容。ガーディアンも上海やそのほかの地方で、患者の追加がなければおかしいという見方。この記事はロイターやAPのような共通ソースではなくて独自の駐在員が書いているのでそういう特色は見られる。AIDSの専門家、モンターニエ(?)教授が(たしか東京の)記者会見でした発言に注目して紹介している。ガーディアンは中国で増加中のAIDSと、新しいSARSがダブル感染になると、被害が大きくなる可能性があるとして警鐘を鳴らしている。教授によれば、そういうウイルスのカクテルは死亡率を高めて破滅的なことになりかねない。

★フィナンシャルタイムズが中国の北京ゲノム・インスティチュートでSARSの変異をDNA解析で証明したという記事を掲載している。初期の広東省のSARSと今の北京のSARSのウイルスに
 A few nucleotide differences があるという。 この研究機関は稲のDNAや人のDNA解析計画に参加した中国のトップクラスの研究所とある。うむ、しかし、追試が待たれる。ttp://news.ft.com/servlet/ContentServer?pagename=FT.com/StoryFT/FullStory&c=StoryFT&cid=1048313915870
Mutation discovery raises fears over Sars vaccine

余談:ソースなし、掲示板の方のご意見。感染者の免疫機能を無くしていく働きも有るようです。(21日夕刻のNHK放送分による)確か人間と猿の遺伝子の違いは20%以下じゃなかった?今回のサーズは50〜60%も遺伝子が違うからコロナとは別のウイルスと考るのが生物学の常識だと思う。外見ならエイズも突起持っていますよ。
(山内一也先生のご意見を思い出しました。)東京大学 山内一也先生のSARS概要説明 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7663/hujitasense.html

掲示板投稿から。。台湾が途中までWHOの人数にカウントされてなかったのは知ってましたが、PCR抗体の提供も拒否されたというのは本当でしょうか?ソースURL探索中。
今日の読売の社説でも触れていたし、おまいらも知ってると思うが、台湾は中共の妨害にあってWHOの加盟もオザーバー参加も認められていない。恥ずかしながら、俺は2年程前に台湾人からその話しを聞かされて初めて知った。このため台湾はWHOの恩恵を受けられない唯一の国なのだ。SARSの対応でも大変苦労してるらしい。英国の科学専門誌「Nature」4月17日号のニュース欄でその事に触れている(David Cyranoski, Nature, 42: 652, 2003)。
WHOにサンプルや情報の問い合わせをしても拒否され、WHOが診断用に世界中に配付してる抗体の提供も拒否されたらしい。これは米国下院のSherrod Brownが言うように「unjustified violation of the basic human right to healthcare」以外の何物でもない。中国の極悪非道と中国の政治的圧力に屈して本来の使命を忘れたWHOの腰抜け振りが良く分かるのだ。

★アメリカ:北京訪問の上院議員団に、ネルソン団長は「毎時間に手洗い!」ttp://www.heraldtribune.com/apps/pbcs.dll/article?Date=20030421&Category=APN&ArtNo=304210757&Ref=AR&cachetime=5
Nelson, other senators press Chinese on SARS, North Korea
アメリカの上院議員7人の北京訪問に当たって、ネルソン団長は団員に充分な感染防止対策をとるようにと指示した。一時間毎に手を洗うように、という指示も含まれる。
※川口さんや菅さんはどうしてたんでしょう。。

新型肺炎が突然変異?香港のマンションは高率で重症化
新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の集団感染が確認されている香港・九竜地区のマンション街「アモイ・ガーデン」の患者は、他地域より2倍も重症化する割合が高いことが世界保健機関(WHO)の調べでわかった。WHOは、原因のSARSウイルスが毒性の強いものに突然変異した可能性もあると見て調べている。同マンションでは患者全体の約2割が重い呼吸器障害になり、通常は2―7%にしか見られない下痢症状が約65%の患者から見られたという。 
国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は別の病原体に感染した可能性も考えられる。現在、調査を進めているところだ」としている。(読売新聞)[4月22日1時24分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030421-00000315-yom-int

カナダ、トロントで深刻化するSARSとの戦い(ワシントンポスト)
ttp://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A7426-2003Apr21.html
Canada Widens Inquiry Into Spread of SARS
内容的にはこのページに既出。医療関係者が発症を知りながら、お葬式に参列した事件、SARS疑惑の看護士のラッシュアワーの地下鉄利用事件、トロントのサニーブロック病院でのマスク+グローブ+ガウン防備でも感染事件、などの記述。最後の、防御方法が問題があるかも、という事件のために、この病院ではCDCの調査チームに支援要請するとともに、
フルフェイス・マスクとダブル・グローブという重装備に切り替えたとか。戦場も凄いことになりつつあるような。

★カナダ:カナダはアメリカCDCの専門家を迎えて対策強化
ttp://www.ctv.ca/servlet/ArticleNews/story/CTVNews/1050923217942_22/?hub=Health
U.S. disease experts to help Toronto fight SARS
カナダ・トロントでは、アメリカCDCから疫学の専門家や環境管理の専門家を迎えて病院内感染などの問題を解析し対策にあたる。
最近、マスク、グローブ、ガウンなど規定された防御をしていた医療関係者の感染事件があり、その謎を解明する必要がある。

★若くて健康な人が亡くなっている

 【香港21日共同】新型肺炎(SARS)が流行している香港では「慢性の持病があった高齢者」に加え、
「健康だった中年層」の死者の割合が増えつつある。症状の悪化が早くなるなどの変化が報告されており、新型肺炎の原因となる新種のコロナウイルス(SARSウイルス)が流行当初から変異して凶暴化したとの見方も出始めた。 治療に当たっているプリンセス・マーガレット病院の医師は「最近の患者は病状の悪化が早く、薬も効きにくくなっている」と指摘。世界保健機関(WHO)の報告でもウイルスの変異の可能性に言及した。 香港では21日までに94人が死亡。1日当たりの死亡者が初めて5人を超えた13日ごろから、30−50代の死亡が目立ち始めた。13日以降の死亡者計59人のうち、感染前に健康だった同年代は19人で32%を占めている。(共同通信)[4月21日23時24分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030421-00000208-kyodo-soci


★AIDSに感染している人が、さらにSARSに感染すれば、免疫機構にダメージを受けているので死亡率が高まるといっているAIDSの専門家がいます。

SARS is caused by another virus (from HIV), and it does not kill lots of people ? around four to five percent (of those infected). But if the immune system is depressed by Aids, the toll would be much higher," Luc Montagnier said at a press conference in Tokyo.  ttp://iafrica.com/news/worldnews/230560.htm
SARSの死亡率は4−5%程度でさほど高くはないが、AIDSによって免疫システムが被害を受けていれば、死亡率はさらに高くなるだろう。ル・モンタニエ氏が東京での記者会見で発言。


2003.4.21 【SARS速報】香港のSARSマンション集団感染、下水から浴室へのエア逆流が主因か
4月20日午後1時現在で急性重症呼吸器症候群(SARS)の累積患者数が1380人、死者が88人に達した香港で、患者総数の4分の1を占めるマンション集団感染事例の詳細な解析結果が発表された。香港衛生省は、感染拡大の主因は下水溝内の空気が浴室に逆流し、ウイルス粒子が撒き散らされたためと推定した。 さらに、このマンション以外のSARS患者居住建物の管理者に対しても、1.他の居住者にSARS患者が同じ建物に住んでいたことを伝える、2.建物を滅菌する−−の2点を行うよう通知。併せて、SARS患者居住建物の実名をホームページ上に公開、居住者に注意を促した。 香港最大の集団感染事例となった現場は、九龍地区の大規模マンション群「アモイガーデン」。4月15日までに321人のSARS患者が発生している。香港衛生省など8省庁の合同調査団の調べで、1.発端者は33歳男性、2.患者の41%は全15棟のうちE棟に集中しており、発症のピークも他棟より3日早い、3.E棟の八つあるユニットのうち二つで高い感染率(感染の縦方向への拡大)、4.上層階の方が下層階より感染率が高い−−との特徴が明らかになった。建物内の検査から、洗面所や台所などの排水パイプには全て、下水などの逆流を防ぐU字トラップが設置されていることが判明。しかし、多くの家庭では浴室の床掃除はモップ拭きのみで、浴室の床に水を流さないためU字トラップは乾燥していたことがわかった。U字トラップが乾燥している場合、浴室のドアを閉めて換気扇を回すと、下水溝内の空気がウイルス粒子を含んだまま浴室に逆流し得ることも確かめられた。 このほか、下水管の換気パイプの亀裂(いわゆる“煙突効果”で微粒子状の下水が上層階にまで到達し得る)も確認。マンション内のネズミの糞やゴキブリの体からもSARSウイルスが検出されたが、合同調査団は「感染拡大のパターンを考慮すると、ウイルス粒子を含む微粒子状の下水が、浴室内に逆流したことが主因」と結論付けている。 なお、アモイガーデンにおけるSARS集団感染患者の特徴は、下痢の合併者が極めて多いこと。発端者を含め3分の2が下痢を合併しており、特にE棟の下水からは多量のSARSウイルスが検出されている。糞便中ではウイルスが他の環境中よりも長く活性状態を保てると報告されており、この点も集団感染の遷延化に寄与した可能性があるようだ。 この調査報告書のタイトルは、「Main Findings of an Investigation into the Outbreak of Severe Acute Respiratory Syndrome at Amoy Gardens」。
現在、全文をこちら(PDF形式)で閲読できる。http://www.info.gov.hk/info/ap/pdf/amoy_e.pdf  MedWave  http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/243013

2003.4.21 【SARS速報】「リバビリンの推奨投与法」が論文化、カナダ医師会雑誌がオンライン公開
重症急性呼吸器症候群(SARS)の実験的な治療法として、カナダや香港で試みられている、抗ウイルス薬リバビリンの推奨投与法が発表された。カナダ医師会の学術誌、Canadian Medical Association Journal(CMAJ)誌上で、このほど論文がオンライン公開された。 リバビリン(わが国での商品名:レベトール、経口剤のみ)は、C型慢性肝炎の治療(インターフェロンαとの併用)のほか、海外では呼吸器合胞体ウイルス(RSウイルス)感染症の治療薬としても使われている抗ウイルス薬。SARSの症状が、RSウイルスの下気道感染で起こる病態と似ていたため、ステロイドと併用する形で実験的な投与が行われていた。 論文では、成人・小児のそれぞれについて、現時点で推奨されるリバビリンの投与量や投与方法を紹介。成人にはまず静脈内投与を3日間行った後、経口剤を7日間投与。小児では静脈内投与またはエアロゾル化剤の吸入を行うよう推奨した。成人の推奨投与量は、腎機能(クレアチニン・クリアランス値)により3段階に分かれている。さらに、リバビリンが禁忌あるいは慎重投与となる患者として、妊婦(妊娠の可能性がある女性を含む)、リバビリンへのアレルギー歴を持つ人、異常血色素症や不安定狭心症、痛風がある人、腎機能が悪い人を挙げた。 ただし、リバビリンが本当にSARSに効くかどうかは現時点では不明。試験管内の感受性試験ではネガティブな結果が出ており、カナダ及び香港での使用経験からも、「効く」と結論付けられるほどのデータは得られていない。 こうした現状を踏まえ、論文を執筆したカナダ病児病院のGideon Koren氏らは「リバビリンの効果やSARSの最適な管理法に関し、より詳しい情報が得られるまでは、リバビリンの投与は比較的重症な患者に限定するべき」との見解を提示している。 この論文のタイトルは、「Ribavirin in the treatment of SARS: A new trick for an old drug?」。現在、こちら(PDF形式)で全文を閲読できる。http://www.cma.ca/cmaj/early_releases/practice_koren.pdf  CMAJ誌ホームページ http://www.cmaj.ca/
MedWave http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/243010

★社説:SARS判定、口にできない事情でもあるのか
保健当局が決めた「重症急性呼吸器症候群(SARS)」患者の判定基準に反発した諮問委員3人が辞任した後に復帰した。 SARS判定をめぐりどんな事情があるからこのような事まで起こるのか不思議でならない。先日、陽性反応を見せた類似SARS患者の例を発表した時、SARS事態の縮小にだけこだわるような印象を受けたが、ついに事態はここまできた。 感染内科の専門医である諮問委員は、SARS判定は世界保健機関(WHO)が提示した基準である「肺炎症状の段階」だけでなく、高熱、咳、気管支炎など、様々な症状を見せる段階でも下ろされる可能性があるという見解を国立保健院に幾度も伝えたという。 しかし保健院はこれらの言葉に従わず、WHOの基準を掲げながら「国内にはSARS患者がいない」という言葉だけを繰り返し、専門委員の反発を買った。このため保健院がここまでSARS患者の判定基準を狭く解釈することには何かほかの理由があるのではないかという疑問を感じざるを得ない。 中国はSARS患者の数を縮小・報告し、状況を隠蔽した政府の衛生部長と北京市長に責任を問い、辞退させたという。初期の対応を誤り事態が大きくなったのを問題にしたのだ。 韓国も現在のように「SARS患者と判定するには肺炎症状が出るまで待たなければならない」というやり方で対応していれば、中国の二の舞いになるのは目に見えている。 更に、SARSの原因となる菌が、WHOが明らかにした新型のコロナウイルスだけではない可能性もあるというカナダ側の発表まで考慮すれば、WHOの基準に従ったからといって問題が解決する訳でもない。 保健院は国内のSARS患者の発生に対する懸念が大きくなっているのに、なぜ専門委員が辞任までしながら自分の見解を明らかにしようとしたのかその理由を考えてみるべきだ。 何よりも、当局が国民に事態を縮小させたように映れば、それがかえって事態を収拾がつかないまでに拡大させるという事実を肝に銘じなければならない。朝鮮日報 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/04/21/20030421000064.html

★香港:衛生当局がSARS治療に、漢方処方も許可の意向
ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/HKG196993.htm
21 Apr 2003 11:50:07 GMT  HK allows hospitals to try Chinese herbs for SARS
「われわれは漢方薬の使用にまえむきであるが、患者の意向も聞く必要がある。それに、どういう症状にどういう漢方を処すかとか、みてみる必要がある」

★横浜市のSARS情報ページ。まん中あたりにアモイガーデンの下水管の調査結果あり
http://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/sars1.htm

★これまでの人生において、研究者がこんなに素早くデータや意見を集められることはなかった」細菌学教授、Kathryn Holmes氏(抜粋)
インターネットのおかげで、SARSはこれまで(の伝染病への対応)とは違っている。特に香港の最前線の医師からの投稿や、その意見を見られるという点で、インターネットは優れている。CDCやWHOのWebサイトの情報は、ほとんどがインターネットで入手済みのものだ(ZDNN) 
この記事のリンク先に貴重なニュースソース源がありそうなので原文を確認くださいhttp://www.zdnet.co.jp/news/0304/17/ne00_sars.html http://www.zdnet.co.jp/news/0304/17/ne00_sars_2.html

カナダは新型肺炎のコントロールで悲観的に=次々に新規感染者出る
http://news.msn.co.jp/articles/snews.asp?w=454855
カナダ本当にまずいことになっているようです。(抜粋)最近まで衛生当局はSARSのすべてのケースについて、特定の1人の女性からどういう経路で伝染したかを捕捉できたが、今月15日、トロントのフィリピン人のカトリックの祈祷グループ500人の中に、この経路とは無関係の29人の感染者が出た。このグループ全員に隔離措置が取られた。さらに、この祈祷グループの会員1人が参加した会議に出席した450人の財務アドバイザーのグループに対しても予防的隔離措置が取られた。会議はこれまでSARSとは無縁だったケベック州のモントリオールで開かれていた。〔AFP=時事〕

SARS患者の判定基準に反発 諮問委員3人が脱退
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/04/21/20030421000000.html
脱退したA教授は、「感染学専攻の大半の諮問委員が今月10日、典型的なSARS症状を見せていたイム某(女/27)さんをSARS患者に判定しなければならないと主張したが、
保健当局がSARS患者ではないと発表するのを見て14日から会議に参加せず、17日脱退した」とした。B教授は、「SARSに感染しても風邪や気管支炎、肺炎といったいろんな段階の症状が現れる可能性があるのに、肺炎だけに拘わっていては隔離や防疫のタイミングを逃がしかねないと数回にわたって指摘したが受け入れられなかった」とし、「先週に1回諮問委員会に出席して以来参加していない」と述べた。脱退を翻意したと伝えられたC教授は、「国内にSARSウイルスが侵入したかどうかが重要であって、WHOの基準を満たす患者かどうかは重要ではない、という不満を数回も明らかにした」としながらも(略)A教授は「諮問委員会に再参加し、保健当局を監視する方が国のために役立つものではないかと、悩んでいる」と述べた。  どこぞの国の話のような。。。

★SARSの将来を予想すると・・
(ワシントンポスト)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A64351-2003Apr20.html
SARS Virus Seen as Long-Term Threat Whether Disease Will Cause Crisis or Sporadic Outbreaks Is Hard to Predict
専門家へのインタビューで、SARD感染の行方が、この先どうなるのかと質問すると
○短期的に大きな感染のなるかどうかは予想不能、長期的には絶滅せず残るだろう
○現時点で、香港や中国のSARSの撲滅はを期待できない。他の国は可能では?
○感染拡大する可能性も、消える可能性も、インフルエンザみたく季節感染になる可能性もある
○我々は肺結核も、うまく管理できているとはいえない、感染力はつよくないのに
○SARSが野生動物由来なら、この先何度でも、やってくる可能性がある
○一旦、ある数の人口に感染すると新感染症はそこに場所をみつけて・・
○中国と香港でカナーリの地域感染、この先各地に飛び火する可能性。ある国では対応可能だろうし別の国では対応不可能になって地域感染ということになるかも
ーーーーーーーーーーー
全部の専門家の発言を、とても正しく要約はできないので興味あれば原文を。多数意見は、消えてしまわずに、残り続けるということらスイ

★韓国SARS情報
(掲示板の書きこみから)
SARS患者の判定基準に反発 諮問委員3人が脱退
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/04/21/20030421000000.html
重症急性呼吸器症候群(SARS)患者の判定をより正確にするために今月初め構成された「SARS諮問委員会」の中核メンバー3人が
保健当局のSARS患者判定基準に反発し、最近諮問委員会を脱退したことが明らかになった。
(あと注意)
韓国ではSARSで休校になった中国・香港の留学生15000人ほどの帰国を想定して仁川国際空港でのSARS検査を始めたそうです。また韓国では6人ほどSARS陽性患者は居るようですが、なぜかWHOのNEWSでは0人になってます。GWに韓国に出かけられる方は、事前にNEWSをチェックすることをお薦めします。韓国情報はこちらに蓄積

★(中国、人民日報の記事):SARS検査が2時間で 軍事科学医学院が新技術(写真) 
ちょっと古い記事。PCR法のことか?。
ttp://j.peopledaily.com.cn/2003/04/17/jp20030417_28058.html
重症急性呼吸器症候群(SARS)の研究を続けている軍事医学科学院微生物流行病研究所は16日、2時間以内で結果が出せる検査技術の開発に成功した。同研究所はさきにSARS病原体の新型コロナウイルスの検出に成功している。軍事医学科学院微生物流行病研究所・微生物検査センターウイルス室で検出作業を行うスタッフ(写真下)ーーーーーーーなんかよくわからんのだが

★The Standard 4月21日のトップストーリー
Cocktail `is best'
http://www.thestandard.com.hk/thestandard/topstory.cfm
政府は、何人かの新しい患者はそれに応答していませんがリバビリンとステロイドのカクテルがウイルス性肺炎の最良の治療法であると昨日主張しました。

★CNNの今朝(4月21日)のSARS番組、専門家にQ&A 
(すみません、掲示板の書きこみで専門家のお名前もわからないのですが、もっともな意見なので掲載)
Q:SARSは、今後どうなるのだろか? 入国制限とかが必要になる可能性は?
A:SARSは、全く新しい感染症のウイルスで、今の時点ではまだ早期すぎてどんな予測も立てられないし、予測すべきではないとも思う。大きな感染が起こるかもしれないし、消滅するかもしれない、必要なのは患者の早期発見や隔離、早期治療といったことであって予測ではなく、注意深いモニタリングだと思う。

SARSの感染源はコウモリか:中国科学院専門家
【香港20日深川耕治】十九日付の中国紙「北京青年報」によると、中国科学院のコウモリ研究専門家、張樹義氏は新型肺炎(SARS)の感染源として野生のコウモリに付着しているウイルスの可能性を指摘(ry  ttp://www.worldtimes.co.jp/ 


4月19日にCDCが旅行者へのガイドラインを改変しました。予防のための7つ道具などの紹介→ ▼CDCの一般市民向け感染対策ガイドライン翻訳紹介

香港総領事館HPから:SARS予防・対策:電話、FAX等による医務官相談の追加概要 http://www.hk.emb-japan.go.jp/setumei_1.htm ここで情報を得てる人にはツッコミ所満載。
例)「握手では移りません」「香港では既に診断方法や治療方法が確立している」「潜伏期間中に他人に飛沫感染させてしまう恐れはありますか?→ありません。ウィルスをばらまくのは発症してからです」
←このまま掲載しているのは担当者にも気の毒だと思うのだが。。参考:感染症情報センター岡部先生のQ&Aと比較 http://www.pubanzen.mofa.go.jp/c_info/info/sars_k_1.html

カナダ:都市鉄道利用者にSARS感染の危険と発表 重要なのでトピックスのページ作成。▼公共機関の乗り物での感染の可能性
4月20日、カナダ衛生当局は、都市部の鉄道を利用している住民らが、SARS感染の危険にさらされていた可能性があると発表。
[トロント 20日 ロイター] カナダ衛生当局は、都市部の鉄道を通勤に利用している住民らが、「重症急性呼吸器症候群」(SARS)感染の危険にさらされていた可能性がある、と発表した。SARSが医療機関外にも拡大しているのではないか、との懸念が広がっている。 トロントの保健当局者は、感染が疑われている看護士が、先週2回にわたってGO線を利用し、周囲の乗客を感染させていた可能性があることを明らかにした。 同当局者は記者会見で、「この人物の近くに乗り合わせていた6人について、懸念している」と語った。 そのうえで、「公衆衛生の上で、非常に重要」として、同線の利用者らは症状に注意するよう呼びかけた。カナダはアジア以外の国としては唯一、SARSによる死者が出ている。これまでにトロント市内および近郊で14人が死亡、数千人が隔離された。(ロイターhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030421-00000847-reu-int
トロント市HPから該当ページhttp://www.city.toronto.on.ca/health/sars/sars_002.htm

SARS患者発生で卸売市場を閉鎖=シンガポール (卸売市場で発生したわけですが、広東では食品工場、食品店の発生が多いと報道がありましたのでこちらにも載せておきます)
【シンガポール20日時事】シンガポール保健省は19日夜、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の感染者発生を受けて、同国の主要卸売市場の1つを同日から3日間、閉鎖すると発表した。時事通信 http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=030420142918X360&genre=int

香港のSARS感染者・死者とも増加。アモイでは「病状悪化が急激に速い」http://www.asahi.com/international/update/0420/012.html
SARS感染者を収容している公立マーガレット王女病院の余衛祖内科顧問は19日、記者会見で「アモイガーデンの発病者は従来の病例と比べて重い。最近取り扱ったケースも全体的に病状の悪化が速い。
アモイの感染者は6割が下痢を起こしており、流行が始まったころの病状と違う」と指摘。「下痢で抵抗力を奪われているせいか、ステロイド剤を与えても病状は改善せず、一部は急に悪化する」と語った。世界保健機関(WHO、本部ジュネーブ)の同日の報告でもアモイの事例に言及しており、大量のウイルスを浴びたか、ウイルスがより毒性の強いものに変異した可能性がある、とみている。 (04/20 20:13)

台湾:感染源不明の患者見つかる 患者は「空気の悪かった電車」を推定しているが専門家は慎重台湾ニュースを参照

★4月15日時点のJATA主催 国立国際医療センター 厚生労働技官 源河いくみ医師の講演会から  http://www.jata-net.or.jp/sars/sars_rec.htm
SARSの感染経路(まだ完全にわかっていない)
・Most likely ─ Deroplet(飛沫感染) ─Contact(接触感染) direct (Contamination of skin, clothing) ・indirect (Contaminated fomites)
Possible ─ Airborne(空気感染)

台北で初のSARS国際会議 日米など参加、中国不参加
 新型肺炎SARSの感染状況や治療法など医学的側面と経済的影響などを検討する初の国際会議が、20日から2日間の日程で台北で始まった。会議には日米、香港など12カ国・地域の専門家を含む約300人が参加した。ただ、感染源とされる中国は参加しなかった。 香港の専門家は
SARSウイルスは全く新しいコロナウイルスで伝染力と毒性が強く、ヒトの肺の他に骨髄、脾臓(ひぞう)、筋肉、神経系統などを侵すと報告した。http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304200160.html

★例のILO局長の病状経過
「アロー氏は3月23日にタイから北京入りした。同28日に発熱し、今月2日になってSARSと診断された。北京市内の病院で専門家による治療を受けていたが、5日になって状態が悪化したという。」
入国・・・(5日)・・・発症・・・(5日)・・・診断・・・(4日)・・・死亡  計14日

★2003年2月20日−新界 (古いニュースですがあげておきます)
父子から鳥インフルエンザ−香港福建省旅行以後に父娘死亡新型ウイルスに戦々恐々 【香港20日深川耕治】十九日、香港の九歳男児から鳥のインフルエンザウイルスが検出され、男児と同居する新界地区青衣(チンイー)の家族六人のうち二人が死亡した。http://www.worldtimes.co.jp/w/asia/news/030220-220555.html
ついで:鳥インフルエンザについてhttp://idsc.nih.go.jp/iasr/19/215/fr2151.html

好んで食べる野生動物が原因か SARSで香港大チーム
 重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスを研究している香港大学の研究チームは、中国・広東地方の人々が好んで食べる野生動物がSARSウイルスの発生源ではないかとみて調べている。18日付の香港紙明報などが報じた。研究チームの袁国勇(ユン・クックヨン)教授(微生物学)はイタチ科の肉食獣、クズリを調べる意向という。 袁教授は「発生源の動物を特定できればワクチンの開発に近づく。広東省で食べられているさまざまな野生動物の血清で抗体を調べたい。これまでのところ、SARS患者のウイルスの遺伝子配列の3割はウシ、ネズミのウイルスと似ていた」と話す。 広東人は、栄養や精力がつく、と野生動物を食べる食習慣がある。広州の市場では家畜の肉のほか、ウサギ、ネコ、ハト、センザンコウなどが生きたまま売られている。クズリもそうした動物の一つ。 同紙は、SARSが流行した広東省の地方都市の医師の話として、早期の感染者にはこうした食肉用の野生動物を扱う動物商や調理師が多かった、と報じている。http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304180278.html

イギリス:中国と香港からの帰国者に献血規制、14日間 
(日本はどうなってるのじゃ)
ttp://www.sundayherald.com/33216 British travellers barred from donating blood
米国、カナダ、オーストラリアに続いてイギリスも規制。期間は14日間。

★内務部の長官、パトリック・ホー氏はゴキブリのいるところ、詰まって水漏れした配管、ゴミの山などを昨日の香港清掃作戦で視察して、「恥ずかしい、香港がこんなに汚いとは、条件はもう最悪」ttp://straitstimes.asia1.com.sg/singapore/story/0,4386,184245,00.html
Home Affairs Secretary Patrick Ho, who walked past cockroach-infested sites, clogged drains and heaps of rubbish in backlanes during a clean-up blitz yesterday, said: 'I feel ashamed at how dirty Hongkong is. Conditions are terrible!'

SARSは何故、若い健康な人を殺すのか? これはミステリーだが感染症の専門家や微生物学者は多くの可能性があるという。(患者の)遺伝的な性質とか、免疫機構が過度にはたらく人とか。
http://www.sunspot.net/news/health/bal-te.sars16apr16,0,7072120.story?coll=bal-health-headlines
Why SARS would kill younger people with no other apparent health problems remains a mystery. But infectious-disease experts and virologists said possibilities are numerous, from genetic predispositions to overly aggressive immune-system responses.

カナダ・トロントで新たに病院閉鎖、院内感染の恐れ トータルで7000人を隔離、その後もブレイクが続いているカナダ情報はこちらへ集積

WHOのディリー・レポートから(4.19)
http://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_19/en/
◆香港で12人が死亡した日なので、香港の特に問題の多いアモイガーデンのケースを取り上げている。このクラスターに若くて健康であった人の死亡が目立ち、重症者が多い。ICU必要率は従来の10%に比べて20%、また下痢の症状が66%に見られるが従来は2%。はたしてこれが、アモイ患者が特に多量のウイルスに晒されたためなのか、あるいはウイルスの変異なのかは不明である。コロナウイルスが変異しやすい事は知られているが、そうした仮説は憶測の域を出ない。
◆カナダの特定のカソリック宗派のお葬式感染事件と、高層アパート感染疑惑についてもふれて前者に強い懸念表明、後者は、今のところ発生した4件が4月初旬で今は新しい感染がでておらず潜伏期間からみてリスクはすくないだろう、と。
◆ベトナムについては、最後に感染者が出た日から一週間が過ぎたが、新しい発生は無く、状態が安定化した。べトナム政府は中国との国境(1150Km)を感染防止のために封鎖する事を検討している。WHOのベトナム担当は今週、ベトナムがSARSの封じ込めに成功しても、なお中国からの感染者の流入の脅威に瀕していると述べた。
◆今日の報告の冒頭ではウイルス研究で、患者の時期によるウイルス排出の違いや、体外でのウイルスの生存期間や体液や排泄物にどのくらい感染力のあるウイルスがいるかなどの研究が進められているとある。アモイガーデンにはWHOも真剣な取り組み。

感染経路として糞便が浮上 SARSで香港当局
http://www.cnn.co.jp/science/K2003041702613.html

鳥ウイルスで男性死亡 オランダ
【ブリュッセル19日共同】アムステルダムからの報道によると、オランダ保健省は19日、鳥インフルエンザに感染していた獣医師の男性(57)が17日、肺炎で死亡したと発表した。発表によると、男性の肺から鳥インフルエンザウイルスが検出され、同ウイルスが原因で死亡した可能性が高いとしている。同省は同ウイルスが変異して新型肺炎(SARS)ウイルスになったのかどうかは明らかでないとして調べている。男性は、ウイルスで汚染された農場で作業した2日後に体調が悪化した。オランダでは最近、鳥インフルエンザが流行し、鶏など約150万羽を処分。人への感染も報告されていたが、いずれも軽症だった。(共同通信)4月19日23時56分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030419-00000137-kyodo-soci
↑状況似てるそうです。
http://www.worldtimes.co.jp/w/asia/news/030220-220555.html

★香港:「マンションなどで最近感染した患者の病状は重い。悪化が早く、薬に対する反応も良いとは言えない」と明らかにした。
死亡した患者の67%は心臓や肝臓に慢性の持病があったといい、年齢が高いほど死亡率が高いとしている。 また、香港中文大の医師によると、同大ではまず抗生剤を投与し、効果がなければ合成抗ウイルス剤のリバビリンを投与、1週間後に回復しなければさらに大量のリバビリンを用いる方法で、これまで138人の患者のうち95%に効果があったという。(共同)(抜粋)ttp://www.sankei.co.jp/news/030419/0419kok096.htm

日本や韓国にSARSが少ないのは、家の中では靴を脱ぐからである説 
(考えうる説はなんでものせちゃう)
台湾の先生の言ってる仮説らスイ: 来湾の、リ・チ・ウェイ医師のとなえる仮説では、日本や韓国では90%以上の人が家の中では靴を脱ぐが、中国や香港やシンガポールはそうしないで、家の中でも街中ではいていた靴を脱がないせいだという。
So far Japan and Korea have not been affected to any significant extent. A Taiwanese doctor, Lee Chi Wei, has a hypothesis. He suggests more than 90% of people there take off their street shoes before entering their apartments, while those in China, Hong Kong and Singapore wear their street shoes into their apartments. ttp://www.nbr.co.nz/home/column_article.asp?id=5695&cid=17&cname=

75歳以上の3割近くが死亡 新型肺炎、香港の医師が発表
 【香港19日共同】香港プリンセス・マーガレット病院の余衛祖医師は19日記者会見し、新型肺炎(SARS)に感染し、死亡する割合は高齢になるほど高く、75歳以上では3割近くの感染者が死亡していることを明らかにした。 発表によると、14歳以下ではこれまで死亡例がない。
死亡率は15−34歳で0・4%、35−54歳で3・6%、55−64歳で6・5%、65−74歳で18・9%、75歳以上で28・6%と、65歳以上の死亡率が極めて高い。 また、同医師がデータをまとめた数日前の段階では感染者全体の死亡率は4・6%だったが、19日の政府発表では約6・0%に上った。(共同通信)[4月19日21時53分更新] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030419-00000123-kyodo-soci

いまやSARSは若い人をも殺す病になった・・カナダの医師、香港の症例で。
香港で最近報告された若い持病のないSARS患者の死について、カナダ、トロントのシナイ山・市民病院の医師で微生物学者のドナルド博士が、記者会見で「これまで知られていたSARS死者は70歳台や80歳台で持病のある人だった。香港の最近の報告は、そういう者と異なる」と述べた。「新しい例では
30歳台や40歳台の持病のない人が死んでいる。これはまことに厄介なことだ」「ウイルスが人から人へと感染を重ねることで毒性が弱まってゆくという事は起こっていなくて、まるで悪質になったかのようだ」「我々は、このニュースを聞いて、2週間前よりも、今ではもっとSARSに警戒しなければいけない、という事だと思う」
ttp://canada.com/national/story.asp?id=3005DB13-059A-46AE-AD2B-E3EDC780828A
SARS now a threat to young: MD
As the virus mutates, it appears to be gaining potency, specialists note

オランダ:鳥インフルエンザの肺炎で死者発生、警戒が強まる
これはSARSではないのだが、欧州で流行している鶏のインフルエンザの感染拡大で、人間が感染して肺炎で死亡する例が発生したので、警戒感が高まっている
ttp://www.cnn.com/2003/WORLD/europe/04/19/birdflu/
Bird flu link to Dutch vet death

WHO、4月18日のディリーレポート
ttp://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_18/en/
◆香港のアモイガーデン・ミステリーについて、香港の出した詳細な報告書を検討してWHOの出した結論は“This is a plausible hypothesis,”これは、訳が難しいが、個人的には「もっともらしい(が嘘のようにもみえる)仮説だ」という感じなのでは
◆さらに検討が必要とも言っている。ただし、
トイレにウイルス発見、排泄物が感染経路の重要な要素であることを認識している様子。報告書には空気、水、粉塵のエアロゾル経由の感染を否定する実験結果があるので、ハイマン氏は、これで空気感染が否定されたと。
◆北京について、当然ながら共産党中央のSARSへの積極対策姿勢の表明、人民日報や新華社報道に見られる一斉放送的なメッセージに注目している。政府と党が本件にアカウンタブルになるであろう。北京の従来の可能性例の定義変更で、報告数が増えそうだという記述もある。トーンとしては中国の態度変化を期待と懸念を持って見守るという感じではないかしらん。
◆インドで始めての患者発見を大きく扱っていて、
WHOがインドを大いに心配していることが良くわかる。この発見と報告は良いニュースだ、という。何故ならインドで感染監視が働いている証拠であるから。新しい患者の早期発見、正しい管理と効率的な追跡調査を巧くやれば、個別感染を感染拡大に広げることはない。(この最後の文章は祈りのようにも聞こえる)

死者数の推移(香港・中国・全体) 4月17日まで
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs_image/medwave/242806_image_01.jpg

シンガポール:空港の新しいルール
シンガポール空港が導入した、新しい規則:エレベーターのボタン、浄水器やドアのノブやプッシュ・プレートは一時間毎に消毒する。動く歩道の手すりはSARS感染国からの到着便のあとは必ず清掃。ttp://www.msnbc.com/news/901618.asp?0cv=HB10
The airport at Singapore also has changed its procedures, Boyd says.“Elevator buttons, water coolers doors and push plates are being disinfected hourly,” he adds. “And the handles for the moving sidewalks are cleaned after the arrival of a plane from a SARS affected country.”

カナダ:アングリカン教会も(カソリックに習って)聖杯禁止を決める。病院は見舞い客の訪問禁止を厳守の方針(4月18日) 
ttp://www.canada.com/ottawa/story.asp?id=35253284-D2C2-43AF-9CF8-1C18C476BBFA
Anglicans won't use cup for communion
Follows Catholic move to stem spread of SARS; hospital keeps visitor restrictions in place

日本のSARS認定の現状(4月18日現在)
SARS認定の前提には、軽症で自然に軽快するものもSARSには結構あるということを、無視?してることがあるようです。明らかに他の原因が特定できたもの以外は、SARSを否定する根拠がないのに、無視されているとの話。

インドで初のSARS感染者、シンガポールから帰国後
http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304180194.html
PTI通信によると、インド保健省は17日、同国で初めてSARS(重症急性呼吸器症候群)の感染者を確認したことを明らかにした。南西部ゴアに住む32歳の男性で、シンガポールを旅行して帰国後、発熱とせきの症状が表れ、10日に入院した。
X線検査で「SARSではない」と判断されて一度は退院したが、インド国立ウイルス学研究所がSARS感染を確認した。

★アメリカ国務省の海外旅行の警告;香港が更新されて厳しいものに
ttp://travel.state.gov/hongkong_warning.html
4月16日現在で、香港の外国人旅行者や外国人在住者がSARS症状を発症すれば、専用の病院に収容される。症状の続く限り、家族やかかりつけ医を含めて面会は禁止。SARSの治療方法は確立されたものが無く、ワクチンなどの治療は不可能である。こうしたことから(外国での)治療には多くの不安があるが、アメリカへの移送処置は確立されたものがない。
地域によってはSARSであることを認めない場合があり、憂慮される。こうした事情を考慮して、アメリカ政府・国務省は、ノン・エッセンシャルな旅行の延期を勧告し、アメリカ政府公務員の不可欠以外の職員と家族の自主的な帰国を許可する。

★The Standard
Amoy Gardens outbreak linked to sewage leak
http://www.thestandard.com.hk/thestandard/news_detail_frame.cfm?articleid=38354&intcatid=1
アモイガーデンのアウトブレイクは、漏れた下水に因るもの

検査キットの信頼性に懸念 新型肺炎でWHO(共同通信)
[4月18日11時57分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030418-00000076-kyodo-soci
この共同通信のニュースは、半端な情報だと思う。
懸念はあっても、現段階ではこれより優れたテスト法が無いのだから、とりあえずこれを使うしかない。
詳しくはWHOのサイトを参照。
http://www.who.int/csr/don/2003_04_15/en/
http://www.who.int/csr/sars/primers/en/
これに限らず、日本の海外報道は英語圏情報に偏りすぎ。SARS研究では世界各国のラボが協力しあっていると同時に、先陣争いをしている。各国の企業の思惑も絡んでいるし、政治的意図や利権争いの側面もある。ドイツのBNIが先行すると米国のCDCにとってはおもしろくない、ということも考えられる。逆にEU諸国は、CDCに対抗できるEUの機関を作ろうとしているなど、米vs欧の対立がSARS関連ニュースにもうかがわれる。(翻訳者有志談。しかしはやく確実なキットができますように。。)

★Fearing SARS, Ontario Urges Wider Quarantines
ttp://www.nytimes.com/2003/04/18/science/sciencespecial/18INFE.html?ex=1051243200&en=c0c66bc035169a16&ei=5062&partner=GOOGLE
NYTの、カナダ、米国のSARSの現状展望といった感じの記事。メインにしているのは最近カナダで急速にコミニティ・アウトブレークの危機感が高まってきたこと。イースター休日に、体調不良の人は自主的に自宅隔離するよう呼びかけていることを報道。記事の内容の多くは、このスレに既出。新しい話としてはアメリカの「可能性例」の35人のなかに、ウイルス確認を済ませた人が5人というもの。日本的に言えば。確定=5、可能性=30、疑い=173、ということになる。35人の中で33人が旅行者、一人が医療関係者、もう一人が患者の家族。これで見ると、
カナダやシンガポールにくらべて、(米国は)医療関係者も家族も、たいへん被害が少ない。

米、SARS対策で献血時に問診強化
 米食品医薬品局(FDA)は17日、新型肺炎の重症急性呼吸器症候群(SARS)が輸血で広がるのを防ぐため、献血者への問診を強化する方針を明らかにした。 健康状態を尋ねる通常の問診に加え、感染地域を訪れたことがないか質問する。発病前の感染者が、知らずに献血するのを防ぐためだ。 SARSウイルスの輸血による感染は報告されていない。ただ、米疾病対策センター(CDC)によると、感染者の血液からウイルスが検出された例はあるという。 また、献血ずみの血液の安全性を確保するため、献血後28日以内に発病した人には、発病を連絡するよう求めた。朝日新聞 http://www.asahi.com/international/update/0418/013.html

CDCのFAQに最近追加された質問(4・16)
ttp://www.cdc.gov/ncidod/sars/faq.htm
Q:リバビリンとか、他の抗ウイルス剤はSARS治療に効果はある?
A:現時点でSARSの治療に効果があると明確に言えるものは知られていない。いくつかの場所でoseltamivir(オセルタミール?)やribavirin(リバビリン)のような抗ウイルス剤がつかわれステロイド剤の経口、あるいは静脈経由での投与も同時に行われる。しかし(薬効を確かめる)管理された臨床調査で行われているわけではないので、こうした投薬治療の有効性を判断することができない。初期の実験室でのテストで、一種類の分離されたコロナウイルスについては、リバビリンはウイルスの成長や、細胞から細胞への拡大を止められなかった。引き続き、リバビリンや他の抗ウイルス剤の有効性のテストを行っている

★CDCのFAQから (4月16日)
Q:患者は、いつまで感染力があるの?  
A:現時点の情報では、患者に症状のある期間に感染力があるというのが、最もありそうにみえる。症状とは咳やくしゃみや高熱のこと。しかし、症状の出る前、症状のおさまった後に、どのくらいの期間、感染力があるかという可能性については、よくわかっていない ttp://www.cdc.gov/ncidod/sars/faq.htm

WHO:4月17日付け、ディリー・レポート ttp://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_17/en/
◎今日の報告は、最初に「問題の」中国・北京の隠蔽をとりあげていて、中国の面子をできるだけ壊さない配慮をしながら不正確な報告を糾弾する、という面白い微妙な文章になっている。WHOもいろいろ苦労しながら報告を書いてると思われ。
◎今日の北京からのSARS患者の数字の報告は、軍の病院を含んでいない。中国の法律は、軍の報告が衛生省にはゆかないことを許している。しかし広東省では軍の病院のSARS患者も含めて衛生省経由でWHOに報告されているので、そうすることを望む。隠蔽が憂慮すべき噂を呼ぶことにもなる。中国政府がSARSの脅威について調査に真摯にに取り組む姿勢であるのは歓迎すべきことである、云々。
◎香港のアモイ・ガーデン感染経路調査については、報告書がWHOに出されたのでこれを検討する、というコメントにとどめていて、U字パイプウイルス吸い上げ室内拡散説には態度保留というところ。ただしアモイ患者に(異常に)下痢が多いことをティク・ノートしている
◎報告の後半でSARSのDNA診断(PCR法の診断)について、WHOが何を期待して何をやろうとしているかを書いているのが興味深い。患者のウイルスの時系列分析とか、世界各地のウイルスのデータベースとかについて論じている。PCR法を現場で使える精度(信頼性)にするのにまだやるべきことがあるという冷静で厳しい見解も

WHO: Update 32 - Situation in China and Hong Kong, status of diagnostic tests (要点のみ) 17 April 2003
http://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_17/en/
(抜粋)
 3)診断テストの現状
 4)患者と各国の最新情報
3)15日の“Update 30”で紹介された、ドイツの研究所とバイオ企業が開発したPCRテスト・キット(日本でも近日配布される)は、SARSの初期段階にある患者のウイルス検出ができない可能性あり、結局、病院では「疑い」患者を隔離せざるをえなくなる。
4)「可能性」患者数3389(前日比+96)、死者数165(+6)。患者を新しく報告した国は、
オーストラリア(3)とモンゴル(3)。(合衆国の報告基準変更(35名に)はまだ反映されておらず、199とされている。明日は前日比−になると思われ・・・)

★アメリカ:アメリカはWHO報告の基準を「可能性例」に変更、数字が208→35と激減ttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story2&cid=570&ncid=753&e=1&u=/nm/20030417/sc_nm/health_pneumonia_usa_dc
U.S. Reclassifies SARS Cases, Number Drops
WASHINGTON (Reuters) - The United States changed the way it classifies patients with the deadly respiratory virus SARS on Thursday, and said the number of probable cases dropped to 35 from 208
CDCは、最初は取りこぼしを恐れて、意図的に広範囲に患者の定義を行った、といっている。いまはウイルス診断手法が開発出来たので、より正確に患者を診断できる、とも。
#掲示板のご意見:やっぱりアメリカの対応が正しい。 それに引き換え、日本の厚生官僚ときたら・・・ 国益とはこのように喪われてゆくのですね。

★数ヶ月先らしいですが、白血病を救えスレみたいな形でSARSへの化合物テストを計算するプロジェクトが始まるらしいです。
数ヶ月・・・しかもこれから・・:
炭疽菌・天然痘・エボラ出血熱プロジェクトを行うSengent社のD2OL、SARS(新型肺炎:重症急性呼吸器症候群)へ化合物をテストするプロジェクトを表明。まだプロジェクトのスタートは確認できず。
SARSプロジェクト内容詳細:3つの周知のコロナウイルス群から50〜60%ずつ分岐するSARSに対し、コロナウイルス間の変化のため、人と動物種の間で高い保全を持つ1つのコロナウイルス蛋白質をターゲットにすることで、全ての種族で同じ官能性と活動部位を持つと予想され、全てのコロナウイルス種に対して広範囲の活性を持つ化合物を選抜し、人に有益な可能性を確証するため病気の細胞と動物のモデルで信頼できる「hit」をテストする。
(多分)http://www2.117.ne.jp/~mat/dcomp/shrepla.htm

CDCの行動基準:SARS感染者と接触したかもしれない人はどうする?
CDCの作った一般の人のための、判断基準。フロー・チャートで、わかりやスイ。これに拠れば、「高熱だけ」があるなら、まずは隔離して72時間様子を見ろと。
http://www.cdc.gov/ncidod/sars/exposuremanagementframe.htm

★本日(17日)16時に記者会見が行われ、淘大花園SARS集団感染源は33歳の深センに住む男性(持病有り)が3月14日にSARSに感染。3月14日及び19日に淘大花園に住む弟を訪ねたことからだとの政府の公式発表があった。当時、下痢の症状がありトイレを使用。その後、弟夫婦及びプリンスオブウェールズ病院の看護にあたった看護婦(?)2名が感染。
http://hk.news.yahoo.com/030417/12/r9ns.html
<関連記事>-↓原文(訳がありましたら差し替えます)
http://hk.news.yahoo.com/030417/12/r9o1.html
http://hk.news.yahoo.com/030417/12/r9og.html
http://hk.news.yahoo.com/030417/12/r9nw.html

好んで食べる野生動物が原因か SARSで香港大チーム
 重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスを研究している香港大学の研究チームは、中国・広東地方の人々が好んで食べる野生動物がSARSウイルスの発生源ではないかとみて調べている。18日付の香港紙明報などが報じた。研究チームの袁国勇(ユン・クックヨン)教授(微生物学)はイタチ科の肉食獣、クズリを調べる意向という。 袁教授は「発生源の動物を特定できればワクチンの開発に近づく。広東省で食べられているさまざまな野生動物の血清で抗体を調べたい。これまでのところ、ウイルスの遺伝子の配列の3割はウシ、ネズミと似ていた」と話す。 広東人は、栄養や精力がつく、と野生動物を食べる食習慣がある。広州の市場では家畜の肉のほか、ウサギ、ネコ、ハト、センザンコウなどが生きたまま売られている。クズリもそうした動物の一つ。 同紙は、SARSが流行した広東省の地方都市の医師の話として、早期の感染者にはこうした食肉用の野生動物を扱う動物商や調理師が多かった、と報じている。(04/18 20:55)http://www.asahi.com/international/update/0418/021.html

香港:アモイ・ガーデン、下水管系に問題、Uパイプが乾燥してウイルスが室内に
ttp://www.channelnewsasia.com/stories/eastasia/view/37740/1/.html
HK Amoy Gardens SARS outbreak likely spread through sewage pipe
これは、アモイ・ガーデン事件の報道の、ロイターやAP以外のソースによる報道。
@アモイ感染者の家のバスルームやキチンで排水管周辺にウイルス汚染発見
A同上家庭の排水管のUパイプが乾燥して水がためられていないのを発見
B排水管系から、ウイルスを含む飛まつが、室内に流れ込んだ恐れがある
というような香港政庁の説明。しかし、WHOの否定にもめげず、相変わらずゴキブリ汚染関係ある説を言っていて、ちょっとこれは信じらぶるでないような・・

団地のSARS集団感染、排水管の水蒸気が原因 香港
http://www.asahi.com/international/update/0417/017.html
香港・九竜湾の民間団地アモイガーデン(淘大花園)で発生した新型肺炎の重症急性呼吸器症候群(SARS)の集団感染で、香港政府は17日、SARSウイルスを含んだ水蒸気が排水管を通じて下水管から浴室に流れ込んだのが原因とみられる、と発表した。同衛生署によると、排水管にはU字に曲がった部分があり、水がたまって害虫や臭気を遮断する仕組みになっている。しかし、水がない状態で浴室を密閉し、換気扇を回すと、気圧の変化によって下水管内の空気が浴室に入ることを確認した。 感染者の排泄(はいせつ)物にもウイルスが確認されていることから、下水管から水しぶきや水蒸気に混じって各戸の浴室にウイルスが拡散したらしい。 これを防ぐには、あまり使わない排水口にも薄めた消毒液を流すなど、U字部分に水を切らさないことが重要という。発生源となったのは郊外の病院に通院していた深セン在住の男性とみられる。男性はアモイガーデンE棟の中層階に住む弟をしばしば訪れていた。 同じ下水管を使っているE棟7、8号室に多くの感染者が出ている。 香港政府は17日、新たな感染者が29人報告され、累積感染者数が1297人となったと発表した。4人が死亡し、死者は65人になった。 (04/17 21:56)ここではすでに既出の推論が断定に変わったようです。、という掲示板の意見もあったりして。。一体なんなんだろう。感染源。

欧羅巴:鳥インフルエンザの拡大で懸念広がる
ttp://reuters.com/newsArticle.jhtml?type=scienceNews&storyID=2585543
Bird Flu Spreads in Europe, Human Health Concerns
日本では全く報道されていないが、オランダに始まった鳥インフルエンザがベルギーなどに拡大、ドイツに迫っているので懸念が高まっている。イギリスやフランスは今のところ大丈夫と見ている。アジアでのSARSの発生もあって、鳥インフルエンザが豚の中でミックスして変異し、人間に感染するようになるのでは、という恐怖が。パリのOIEはそういう不安は無い、と発表しているが鳥インフルエンザの拡大を止められないと懸念が解消しない。

うーん。。ソースと文献がないので真偽がわからず申し訳ないのですが、載せておきます。興味ある方は検索ください。
1997年3月――香港の片田舎である新界地区の養鶏場で、ニワトリが短期間に病死するという怪現象が起こっていた。その後数ヶ月の間に、このインフルエンザによって死亡したニワトリの数は6,500羽――致死率75%にも達した。トリ型インフルエンザウイルスは、トリと人間のウイルスがブタで遺伝子融合しない限り、人間に感染することはない。ところが――。1997年11月、このトリ型インフルエンザウイルスは13歳の少女に感染した。ttp://www.johos.com/joho/report/0061.html

アメリカ:ワクチン開発に、様々な事情と思惑
ttp://www.iht.com/articles/93452.html
U.S. urges drug makers to develop a vaccine
アメリカでは保健省、CDC、NIH などが製薬会社をあつめてSARSワクチン開発のプロジェクトが出発したが、メンバーの思惑は様々、という記事。NIHやCDCの科学者は積極的なのだが、製薬会社は多大な時間と費用のかかるワクチン開発にどこまでコミットすべきか迷っている、という。理由は単純で、SARSがどうなるものか予想できず、ワクチンや抗ウイルス剤の市場もどのくらいあるのか無いのか、よくわからない。大きな投資計画を決定するのは情報が不足し過ぎている、という事らスイ

防護服の新しい市場=病院@SARSttp://ichuddersfield.icnetwork.co.uk/0100news/0100localnews/page.cfm?objectid=12861562&method=full&siteid=50060&headline=Chemical%20suits%20for%20hospitals
Chemical suits for hospitals
英国・ハダーズフィールドのローカル・ニュース;当地にある軍用の化学・生物兵器対応の防護服を作っているメーカー、エアー・シェルターでは、防護服がSARSに対応するための病院や救急隊員などに利用でき、新しい需要が見込めるのでは、と考えている。重役のリチャード氏の話「わが社の製品は、スエーデンの研究所でSARSのウイルスに対応出来ることが証明されている」「今後需要が増えるのでは、と心配している

★ちょっと余談ですけど、どこの国でも隠したいのが本音なところで。。医療従事者の方、さらにご注意ください。
:韓国:国内の3人が新種コロナウイルス検査で「陽性」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/04/17/20030417000000.html
重要急性呼吸器症候群(SARS)と疑われる患者を調査した仁川(インチョン)空港検疫官1人と、最近香港と中国を旅行した男性2人の3人が、SARSの原因とされる新種コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことが分かった。(中略)国立保健院は国内で新種コロナウイルスの陽性反応者が発生した事実を公表せず、保健福祉部にだけ対外秘で報告したと伝えられた。

トピック:朝日英文サイトの山内一也先生のインタビュー(掲示板の有志訳とコメント)
ttp://www.asahi.com/english/op-ed/K2003041800324.html
INTERVIEW/ Kazuya Yamanouchi: Assume the worst-case scenario for SARS
朝日のサイトにある英文記事で、日本語版がないもの。こういう記事にかぎって優れたものが多いのは不思議だ。(↑)山内教授にSARSのインタビュー可笑しいのは、朝日の誘導尋問的な妙な質問に、たいへん説得力のある、教え諭すような反論のあること。質問者の馬鹿さ加減がたまらなく可笑しい。

Q:欧米の科学者はSARSの原因がコロナウイルスといっているが、教授の意見は?
A:コロナウイルスは風邪や下痢を起こすもので、人間や豚や鳥に感染する。しかし発見されたものは従来のものとDNAが大きく異なる新種。私は、これは既知のものが変異したものではなく、全く新しいものだと思う。

Q:野生の動物が元のウイルスを持っていたのでは?
A:WHOは動物を疑っているが、家畜や鳥のウイルスがこういうアウトブレイクを起こすとは思えない。知られている限りでは、エマージング・ウイルスというのは、親密な物理的接触で感染する。こんなに簡単に人から人に感染するのは、我々が今まで知っていたものと全く違い、それがSARSのショッキングなところだ。

Q;SARSは日本に到達するのか?
A:危機管理では常に最悪を想定すべきだ。すでにSARSはアジアの外まで、カナダとか広がっており、日本が例外ではない。


カナダ・トロントで、高層アパート住民に感染の恐れ?
ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/N17244936.htm
17 Apr 2003 22:58:39 GMT
SARS fears hit Toronto apartment complex
トロントで、252戸の入居する高層アパートの住民の何人かがSARSに疑わしい症状を示したので、警戒体制が敷かれている。これらの人はSARSと診断されてはいないが、当局は住民に警戒を呼びかけ、健康状態に注意して、異常があれば即時に通報するように呼びかけている。

カナダ・トロントの高層アパート住民に、3件の「疑い例」発生
ttp://www.canada.com/ottawa/story.asp?id=1C8A7ECA-012A-4FCD-A181-19C3FCD87D47
Public health officials scramble to explain unlinked Toronto SARS case
トロントのアパート事件の別ソースの報道。アパートの住民で疑いがあるのは3人のようで「疑い例」の扱い。問題は、これらの3件が、既知のSARS感染クラスターのどれともつながりが見つからないこと、および3件同士のつながりもみつからないこと。つまり、何処でどうして感染したか不明なので、コンタクト・トレースできない。市の当局は、懸命に調査中なので「時間が欲しい、今は説明できないが、やがて解明できるはず」という。

コロナウイルス変異した可能性 香港大チーム示唆
 【香港・成沢健一】香港大学の研究チームは16日、新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の集団感染が起きた高層マンション群「淘大花園(アモイガーデン)」の原因ウイルスについて、新種のコロナウイルスがさらに変異している可能性を示唆した。 淘大花園ではこれまで約320人の感染が確認され、7人が死亡している。研究チームによると、淘大花園の感染者のうち2割が今も集中治療を受けており、香港全体の1割弱と比べて重症化する割合が高い。特に、高齢者や慢性疾患患者以外には有効とされた抗ウイルス薬「リバビリン」が効かないケースが目立ち、何らかの原因でウイルスが変異した可能性があるという。 一方、香港の衛生当局は16日、SARSの香港での感染者が36人増え、計1268人になったと発表した。死者も5人増え、計61人となった。(略 (毎日新聞)[4月16日22時42分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030417-00000090-mai-int
その毎日の記事は香港発、ロイターが元ネタと思われ。
しかし、ロイターが報道しているのに、毎日が報道していないことがあって:
@香港医師の「ウイルスが変異」をCDCやWHOは賛成していない。それは誤りとしている。
A香港で行ったDNA解析もCDCやカナダのラボと殆ど同じ結果なので、ウイルスが違うという科学的根拠はない。
Bアモイ・ガーデンの感染経路について調査中だが解答が得られていない。
ロイターの記事はこちら。ttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story2&cid=570&ncid=753&e=1&u=/nm/20030416/sc_nm/health_pneumonia_hongkong_dc
HK Scientists Detect Signs of Deadlier Form of SARS

SARSは水・空気を媒介しない=香港政府(ロイター)
ttp://news.www.infoseek.co.jp/Content?arn=reut_inter_JAPAN-111613&sv=SN&svx=300502&sec=inter&ud9=-7&ud10=A&pg=article.html
4月17日 18:48 [香港 17日 ロイター] 香港政府は、九龍地区のマンション「アモイ・ガーデン」で起きた新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の集団感染について、飲料水や空気を介して感染が広がったことを示す証拠はないと述べた。 政府が、報告書で指摘したもの。 政府はその上で、SARSの原因ウイルスは水や空気を媒体しないとの見解を示した。香港では1268人がSARSに感染しているが、その約4分の1に当たる324人が同じマンション地区の住民だった。
★Report: SARS likely spread through sewage pipes HONG KONG (AP) ?
ttp://www.usatoday.com/news/world/2003-04-17-sars-spread_x.htm
Yeoh said that once the virus got into the waste pipe in Block E, droplets that carried it apparently moved up through people's bathroom drains when U-shaped water seals dried out. Fans apparently helped suck the virus particles into homes, he said.
アモイ・ガーデン集団感染事件の原因についてAPでは香港政庁は(↑)のように言っていて:患者の体液飛まつが下水管から上層に上がり、U字管に水がないとバスルームなどを汚染する。換気がウイルスを含む微粒子を家庭内にばら撒く、という事らしいが、どうも和気若布。

729 :卵の名無しさん :03/04/15 09:40(2ch医者版からそのままコピーしただけで未確認ですがあげておきます。)
これは既出かな
SARS Coronavirus Sequencing
The CDC coronavirus sequencing team has completed and assembled 17.5 kilobases of nucleotide sequence of the Urbani strain of SARS associated coronavirus.
http://www.cdc.gov/ncidod/sars/sequence.htm
734 名前:卵の名無しさん:03/04/15 23:48
SARSの核酸配列が公開されている。
http://mkweb.bcgsc.ca/sars/TOR2_genome_shotgun_120403.fasta.gz
このファイルはどう読むのかわからないけど、こっちに解説がある。
http://www.rense.com/general37/SARSnucleotidesequenceblast.pdf
鳥伝染性気管支炎ウイルス、ウシコロナウイルス、ブタ伝染性下痢ウイルス そしてヒトコロナウイルス229Eのエレメントを持った変なウイルスで、特定のヒトに 持続性感染を生じたり、血液を介して感染する可能性があると推測させるそうだ。 また、神経系に問題を引き起こす可能性もありそうだと言う。
The above are those viruses that show the largest sequence homology to some of the SARS nucleotides released for public record on 4/12/03. These data suggest to me that we are seeing a not-normal coronavirus that has elements of avian infectious bronchitis virus, bovine coronavirus, porcine epidemic diarrhea virus, and human coronavirus 229E. However, SARS is not any one of those ? it is a mixture of all of them. Moreover, there are some elements in SARS that suggest it may cause persistent infection, e.g., some small relationship to herpesvirus, HIV, SIV, and Stealth virus. With a 4% mortality rate, this highly contagious virus is really different than anything seen before in the coronavirus family. Moreover, there are fairly large portions of DNA in SARS that have NO known relationship to any viral DNA known to date. There is no understanding whatsoever, at this time, what those unknown DNA might be doing relative to disease, transmission, etc. It would be a prudent strategy to:
1) Stop all air-traffic and sea-traffic to-and-from infected areas. Quarantine infected nations from any non-infected nation.
2) Quarantine all infected individuals and any individuals that may have had contact with an infected person within any infected nation.
3) Institute procedures to insure that the blood supply is safe from SARS infection.
4) Continue to increase quarantine measures and maintain existing quarantine measures for the foreseeable future.
注:>>729 はCDCの公式ページですが、>>734は裏通り系サイトの解説です。 怪しげなサイトではありますが、隠された真実の一部が垣間見える可能性も 無くはないです。
http://www.rense.com/general37/strange.htm
参考:
1.有害生物名  
豚流行性下痢ウイルス 学名:豚流行性下痢ウイルス(Porcine epidemic diarrhea virus)
2.生物学的特徴
 豚流行性下痢ウイルスはコロナウイルス科コロナウイルス属に分類されるプラスで一本鎖のRNAウイルスで、エンベロープを保有している。同じような病態を引き起こすブタコロナウイルスである豚伝染性胃腸炎ウイルスとは抗原的な共通性はない。感受性動物は豚、いのししである。ウイルスを含む糞便に、直接あるいは間接的に接触して経口感染する。このウイルスの病原性については、不明な所がある。本病が初めて報告されたヨーロッパでは、離乳豚、育成豚に一過性の下痢を起こすのみで本病は問題視されていない。しかし、韓国やわが国では、豚伝染性胃腸炎ウイルスと同様に哺乳豚に致死率の高い急性下痢症の原因ウイルスとして注目され、1996年10月に届け出伝染病に指定された。冬季に発生が多く、水様性下痢、脱水が主な臨床症状である。小腸絨毛の萎縮が特徴的な病変である。
1.有害生物名
 鶏伝染性気管支炎ウイルス 学名:鶏伝染性気管支炎ウイルス(Infectious Bronchitis Virus:IBV)
2.生物学的特徴
  鶏伝染性気管支炎ウイルスはコロナウイルス科に属する1本鎖のRNAウイルスで、エンベロープを保有している。鶏が自然宿主であり、監視伝染病の対象である。多くの血清型が存在すると考えられているが、その性状は不明な点が多い。感染鶏から鼻水、涙、排泄物に多量のウイルスが排泄されて、鶏群内で急速に伝播する。鶏が感染した場合潜伏期間36時間で、呼吸器症状や産卵低下などの産卵障害、さらに腎炎を起こす。不顕性感染に終わることも珍しくない。6週齢以下では致死率は高くなる。組織学的には、気管、腎臓、卵管等の上皮細胞が変性破壊される。血清型と病型の間には明らかな関係は認められていない。

★747 :Dr. Lee ゲノム解析続報 :03/04/17 01:36 ID:Py94/zKK(2ch医者版から)

Dr. Robert Lee によるSARSウイルスのゲノム解析のまとめですが、他の報告と大きな齟齬はなさそうです。下記pdfの末尾部分の抄訳。
この報告の4/14/03現在の発見の要約:
1. SARSゲノムは、CDCによって公表されました。
2. SARSは、新しいコロナウイルスのようです。
3. SARSは、その他のコロナウイルスに似ているのと同じくらい、おそらくはネズミ唾液腺炎(SDA)ウイルスに類似しているように見えます。
4.SARSに感染して回復した後では、おそらくウイルスを保有してないでしょう。
(すなわち、彼らは持続感染はしていない) しかし、彼らがウイルスの永久的な免疫を得たのでなければ、SARSに再感染する可能性があり、再感染時の症状は初回感染時ほどひどくないでしょうし、再感染の患者は再び感染力を持ち、未感染の人が感染するかも知れません。たとえSARSから回復したとしても、誰も永久的な免疫ができないことを示唆すると同時に、SARSのワクチンを製造することが極めて難しいだろうことを示唆します。
5. SARSは、感染しても無症候性で不顕性感染となるケースもありえます
6. 多くの科学者がこの病気を理解する必要があります。以下は感染者数を最小限にするためにどうすべきかを決定する挑戦です。
(a)感染しても無症候性で、しかし感染力はある可能性;
(b)病気にかかり、回復しても再感染を繰り返し、未感染者を感染させる可能性
(c)その際の死亡率は4パーセント
(d)ラットの類似した病気では永久的な免疫を獲得しないことから、ワクチンの開発は、極めて難しい可能性があること

http://www.rense.com/general37/blasst.htm
http://www.rense.com/general37/SARSCDCsequenceblast.pdf

コロナウイルス新種と断定 SARSウイルスと命名
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2003041601000607
 【ジュネーブ16日共同】世界保健機関(WHO)のヘイマン感染症対策部長らは16日、ジュネーブで記者会見し、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の原因はコロナウイルスの新種であると断定したと発表した。ウイルスを「SARSウイルス」と命名したことを明らかにした。 WHOは同日、日本の国立感染症研究所や米疾病対策センター(CDC)ら新型肺炎の対策ネットワークに参加している専門家を招いて検討会議を開催、結論に達した。WHOは今後、新型肺炎の診断方法やワクチン、有効な治療方法の開発に全力を挙げる。

★香港は、すでに開始した空港での出発便の乗客の体温チェックに加えて、来週から到着便の乗客の体温チェックも行う予定。また海や陸上の越境にも考慮する。
ttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story2&cid=570&ncid=753&e=9&u=/nm/20030416/sc_nm/health_pneumonia_hongkong_visitors_dc
HK to Check Temperatures of Arriving Air Travelers

★シンガポール:空港にSARSスクリーニングの新兵器、熱検知イメージング装置
ttp://reuters.com/newsArticle.jhtml?type=healthNews&storyID=2579834
Singapore Deploys New Weaponry in SARS Battle
シンガポール空港では最新の熱検知装置を設置した。航空機からおりた旅客がゲートを通り過ぎる際にセンサーで人体の熱を検知、コンピュータ処理して医者や看護婦の見ているディスプレーに温度の状態を赤いドットで表示する。この装置は、もともと軍事用途に開発されたものだが、政府の補助を受けて、シンガポール・テクノロジーズが製作した。先週金曜日から、中国と香港からの到着便のくるエリアに設置されて旅客を迎えている。係員の話「あなたはここを通り抜けるだけです。もし高熱があれば、レッド・ビームが」

アメリカ・ワシントン:SARSワクチン開発の製薬会社と研究者の検討会議
ttp://reuters.com/newsArticle.jhtml?type=businessNews&storyID=2578724
U.S. Urges Drug Firms to Tackle SARS
アメリカのトップの科学者達、CDCやNIH、それに保健省と西欧の大手製薬会社が集まってSARSのワクチン開発のための会議を行った。製薬会社は Merck & Co. Inc, Wyeth, Chiron Corp, Vical Inc. Avant, GlaxoSmithKline Plc, Aventis, PowderJect Pharmaceuticals Plc ,Berna Biotech ,Johnson & Johnson,Baxter International Inc.などである。ワクチン開発には時間がかかるので、科学者達は最短時間で可能なストレートな方法で注射薬を開発するよう提案したが、メルク社などはより安全な経口ワクチンの開発を提案している。ワクチン開発は多くの手間を要し、それら作業が厳密な安全管理下で行われなければならない。最大のワクチン・メーカー、アヴァンティス社はすでに研究グループにワクチン培養の装置(猿の臓器の細胞でワクチンを培養するもの)を供与して研究を支援している。アヴァンティス社はいくつかの危険なウイルスを扱うラボを持っているが、その中のひとつかそれ以上をSARSワクチン研究に使えるかもしれない。

「SARS、動物から人間に伝染」 香港研究チーム発表
http://www.asahi.com/international/update/0416/023.html
重症急性呼吸器症候群(SARS)による肺炎で、香港大学医学部の研究チームは16日、ウイルスは人間のものでなく、動物から人間に伝染したと考えられる、と発表した。同チームはコロナウイルスの遺伝子配列を解読した結果、人間のものではない、との結論が出たとしている。具体的な動物の種類はまだ特定できていないという。香港紙の報道では、中国広東省での初期の病例には野生動物の食肉を扱う業者や調理師が含まれており、動物から感染したとの見方は以前から強かった。
#(掲示板有志追加)朝日もずいぶん程度の(略) 今までの人間にも動物にも見られなかったウイルスだから「新種」だし、ニューヨーク・タイムズ他が書いているように、今の段階でわかっていないのに「動物から」などという結論が出せるわけはない。
But the new genome differs significantly from those of other coronaviruses known to infect humans or animals. It is not immediately apparent whether the virus might have jumped from an animal or bird to its first human victims.http://www.nytimes.com/2003/04/15/opinion/15TUE5.html?ex=1050984000&en=147b6a13666dcd2b&ei=5062&partner=GOOGLE(ニューヨークタイムズ)

オランダ:SARSに考慮して、豚の移動禁止措置Dutch control pig movements as SARS fear spreads
ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/L16340325.htm
オランダ政府はSARS発生に鑑み、水曜日に新たな豚の移動の禁止措置をとる。これは、鳥インフルエンザ・ウイルスを宿す数少ない動物である豚が、新しい危険なウイルスをーSARSのようにー発生させる恐れがあるため。科学者は、SARSは中国・広東省のような動物と人間が近接してくらす環境で、鳥と人間のウイルスがミックスしたためかも知れないと考えている。オランダは欧州の家禽の最大の輸出国で、鳥インフルエンザのアウトブレイクの危険に瀕している。今までの最台の被害は養鶏業者で、国内一億羽の鶏の内1500万羽が廃棄処理された。鳥インフルエンザの抗体がいくつかの豚に発見されており、このウイルスが変異して、人間にジャンプすることが恐れられている。豚はウイルスを宿すが、それ自身は発症しない。「豚は人間のウイルスのキャリアで、鳥ウイルスとのミックスが起これば、人間が免疫をもたない新しい(変異)ウイルス発生の危険がある」と農業省のスポークスマン、ブルッギング氏が説明した。科学者達は検討を進め、数日中に勧告を出す。必要ならば豚の処分などの追加措置を考慮する。オランダでは先月、農家に鳥インフルエンザのワクチン投与を行った。インフルエンザは軽症であり、大きなトラブルはなかった。鳥インフルエンザH7N7の抗体をもつ豚が、中央ゲルダーランド地方の5つの農家で発見されたが、そこは鳥インフルエンザの発生の地である。そういうわけで、政府はこの地方と、その南の地方で、豚とその肥料の移動禁止を決めた。鳥インフルエンザ感染の豚は218頭で、さらに18頭が感染と見られている。このインフルエンザの被害は一日当たり2百万ユーロに上ると見られている。水曜日にはベルギーの東の国境地帯で最初の鳥インフルエンザ感染が発見された。

オーストラリア:SARS感染地域を旅した人は帰国後10日間は緊急意外は病院にいく事禁止
ttp://www.heraldsun.news.com.au/common/story_page/0,5478,6297797%255E662,00.html
Ban on SARS travellers By MANDI ZONNEVELDT, health reporter 17apr03
AUSTRALIANS who travel to SARS-affected countries will be banned from getting hospital treatment except in an emergency.
これは、SARSの危険性を持つ人が不必要に病院を訪問し、感染拡大となることを防止するためとのことで、10日間の献血禁止に次ぐ措置。

★(抜粋) SARSの原因ウイルスのゲノム解読(WIRED)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030416-00000003-wir-sci
 「残念ながら、動物のウイルスとの比較からは役立つ情報を得ていない」とガーバーディング所長は話す。「発生源はネズミかブタか(それ以外か)、まだ何とも言えない。(どの動物のウイルスも)結論を出せるほど似ているわけではないからだ」 だが、ハーバード大学医学部のヘンリー・ナイマン氏によると、今回発表された塩基配列の一部は、鳥類に感染するある種のウイルスに似ているという。SARSが鳥類から人間に感染した可能性があることは、これまでの報告で指摘されていた。「SARSのウイルスのゲノムを調べていると、最後のほうに、鳥類のコロナウイルス2種と同じ塩基配列が見つかった」とナイマン氏。「SARSのコロナウイルスと、鳥の気管支炎ウイルス、七面鳥のコロナウイルスは、32の http://www.genome.gov/glossary.cfm?key=nucleotide ヌクレオチドがぴったり一致している」 この配列は現在のところ、SARS以外にはこれら2種類の鳥コロナウイルスにしか見られないため、重要な手掛かりになる可能性があるとナイマン氏は話す。同じ配列を持つ哺乳類のコロナウイルスは発見されていない。 ナイマン氏はさらに、もう1つの興味深い点として、アストロウイルスという別種のウイルス群のほぼすべてにも、この特徴的な配列が含まれていると述べた。アストロウイルスは、鳥と、ブタや人間など哺乳動物に感染する。つまり、最近のある時点で、
コロナウイルスがアストロウイルスと結合し、SARSの原因とされる新種のコロナウイルスが生まれた可能性があることになる。(抜粋)

新型肺炎検出キットを無料配布 タカラバイオ、国内と中国で
 宝ホールディングスの事業子会社、タカラバイオ(大津市)は16日、香港などで集団発生している新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の原因とみられる新種のコロナウイルスを約2時間で検出できる検査キットを国内と中国で無料配布する、と発表した。有効性を確認した後、販売を始める予定で、商品化されれば世界初となる。 検査キットは、同ウイルスの遺伝子配列を10日に発表したドイツの国立熱帯医学研究所と同国の製薬会社「アータス」が共同開発した。タカラバイオは、アータス社製品の国内独占販売権を持っており、来週中にも国立感染症研究所や指定医療機関に数10セットを提供する。中国でも研究機関などに配る。 患者のだ液などに含まれるウイルスの遺伝子を「PCR法」と呼ばれる方法で増幅して検出する。キットを使えば、遺伝子を増幅するために複数の試薬を混合する手間が省け、検出時間が大幅に短縮できる。夏までに販売する予定で、価格は24回分の検査ができる1セットが10万円前後になる見込み。(京都新聞)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030416-00000100-kyt-kin

胎内で感染した疑いも■(4/16 SCMP抄訳) 番朝 hiyokoさん訳
Babies may have been infected before birth
中文大学小児科のHon Kam-lun教授は「母親のSARS感染が確認されてから帝王切開で生まれた赤ちゃん3人が重症呼吸器疾患にかかっている」ことを明らかにした。いずれも、SARS治療薬の副作用を避けるため、妊娠28〜32週で人工早産したケース。Hon教授は、どの赤ちゃんもSARS判定検査では陰性が出ているため、肺疾患の原因がSARS感染か未熟児で生まれたためなのか判断できないとしている。

★214 名前: hiyoko 投稿日: 2003/04/16(水) 14:36
子供のSARS感染について■(4/16 SCMP抄訳:213後編)
ところで、香港のSARS患者1232人中、16才未満の患者は約100人。子供の死亡例はまだない。Hon教授は、一般に13才未満の子供は大人よりも症状が軽く、熱と咳だけで終わってしまう子も多いため、SARSを見逃しているケースもあるのではないか、と考えている。香港大学小児科主任教授のLau Yu-lung氏は、ウィルスに対する免疫反応が大人と子供で違うのではないかと考えている。また、子供のSARS患者が大人と同様の感染力を持つかどうかについては、まだわからないと述べている。

新型肺炎:検査キットを各国に無料配布 独製薬会社など
(既出だけれど日本語詳細)
 世界保健機関(WHO)は15日、新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の原因とみられる新種のコロナウイルスを数時間で検出できる検査キットを、ドイツの製薬会社「アルタス」社とベルンハルト・ノッホ研究所が開発し、各国に無料配布を始めたと発表した。WHOによると、このキットはまだ患者を見逃す可能性があるが、各国でテストを重ねることで精度の向上が期待できるという。 同社によると、患者ののどの粘液やだ液、排せつ物などに含まれるウイルスの遺伝子を増幅して検出する。 WHOは、SARSに対するワクチンなどがない現時点では、患者がウイルスに感染しているかどうかを迅速に判断し、隔離する必要があるとしている。このため、ノッホ研究所や日本の国立感染症研究所など世界の11研究機関が検査キットの開発を進めていた。毎日新聞 http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20030416k0000e040032001c.html

NYT:SARS・モンキー・第一号、感染実験成功 Experiments on Monkeys Zero In on SARS Cause
ttp://www.nytimes.com/2003/04/16/science/sciencespecial/16INFE.html?ex=1051070400&en=7cc739a3aa89fe1c&ei=5062&partner=GOOGLE
WHO/CDCの研究ネットのオランダで行われた、お猿をSARSにする実験が成功。お猿の肺に肺炎症状を確認、ウイルス製造への第一歩が。この記事にお猿の写真はないが微妙にお猿を思わせるWHOハイマン氏の写真はある。

◆ 2003.4.15 【SARS速報】CDCが新種コロナウイルスのゲノム解読
 (既出ですが詳しいので再掲)
 米国疾病対策センター(CDC)は4月14日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の原因と考えられている新種コロナウイルスのゲノムを解読し、インターネット上で公開した。これによって、SARSの治療薬や予防薬、診断テストなどの開発に弾みがつくことが期待される。 CDCが解明したコロナウイルスの遺伝子配列は、2万9727のヌクレオチドから成る。CDCに先駆け、12日にはカナダの研究グループが新しいコロナウイルスのゲノムを解明しているが、それと比べてヌクレオチドの数が15多い点などを除き、ほぼ同一のものだという。このことは、両者の解明したウイルスが、出所が同じである可能性が高いことを示す重要な点だとしている。両研究グループはそれぞれ、異なる国のSARS患者からウイルスを採取している。 CDCはまた、コロナウイルスは短時間に変化するため、今回ゲノムを解明したコロナウイルスが、実際にSARSの原因となるウイルスと同一かどうかを見極める必要があるとしている。 詳しくは、CDCによる、ニュース・リリースまで。http://www.cdc.gov/od/oc/media/pressrel/r030414.htm  MedWave  http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/242193

香港;香港の医師たち:アモイ・ガーデン患者は今までのSARS患者とは違うttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story2&cid=570&ncid=753&e=1&u=/nm/20030416/sc_nm/health_pneumonia_hongkong_dc
HK Scientists Detect Signs of Deadlier Form of SARS
香港の医師団は、アモイ・ガーデンの患者達には、今までのSARS患者とは違う症状が見られ、より致死的だと話している。しかしこれを裏づける科学的根拠はなく、米国などの専門家は同意してはいない。香港大学の微生物学者コック・イェン氏は、新しい患者達に見られるのは「より悪性の高いウイルス」だという。香港のSARS患者の約四分の一を占めるアモイ・ガーデンの患者は、従来の患者より症状が重い。それらは症状も従来と異なっており、ビバビリンとステロイドのカクテルが効果を示さない。
アモイ・ガーデン患者の20%がICU治療を必要としているが従来の患者は10%である。さらに、アモイ患者には下痢が多くみられ60%余りだが従来は20%程度である。そうした理由からイェン氏は、ウイルスが変異したのではという。火曜日には香港チームの進めているウイルスのDNA分析が完成し、それは先週末に発表されたアメリカのチームの分析と殆ど同じである。イェン氏はDNA解析からSARSをよく理解でき、対処が出来るようになると考えている。医療専門家たちはアモイ・ガーデンのキッチンのシンクやトイレのシートで糞便の微粒子が運んだと見られるウイルスが発見されたとして、アモイ・ガーデンの下水システムが問題視されているが、320人に及ぶ集団感染がおきた原因は今も調査中である。 ※4月16日21時訂正記事と差し替えました。

★CDCの電話記者会見記録からのQ&A
 ttp://www.cdc.gov/od/oc/media/transcripts/t030414.htm
質問:香港の医師が、初期に比べて現在のSARS患者の症状は異なっていると発言した。これは、ウイルスの変異と考えて宜しいか? そうした変異があるのならば、それはウイルスのDNA解析で確かめられているものか否か?
答え:私(ガバーディン)は感染症の医者だが、感染症は全て広範な症状を含むもので香港の患者が示している症状は、そういう感染症に現れる症状の範囲の中に含まれると思う。香港でも、初期から感染力の強い患者やそうでない患者がいて、それはいまでもそうなので、急速に何かが変わったとは思わない。アメリカで行ったDNA解析結果はカナダなどのほかのラボの結果とよく一致している。これは、大きな変異が起こってはいないことを示唆すると思う。一方、SARSはRNAウイルスだから変異の可能性は他のものより高い。HIVもそういうウイルスで、こういう種類のウイルスは時間の経過とともに変異したものが出てきてもおかしくはない


問い:HIV感染者とSARS感染に何か特別の事はあるか?
答え:SARSが新しいウイルスなので、解っていないが、HIV感染者がSARSに感染すれば症状が重くなることが予想される。

問い:SARSの今後のシナリオについてはどうか
答え:ベスト・シナリオはSARSがなくなる事で、全く不可能という事ではないかもしれない。特に北半球がこれから夏になるので・・・しかし、そういう楽観に頼ることは出来ないし、そうなりそうだとも思えないので、治療薬やワクチン開発を進めなくては。


アメリカ:医療従事者組合がSARS準備のため、より強い規制を政府に求める ttp://www.forbes.com/work/newswire/2003/04/15/rtr940734.html
U.S. health workers seek precautions against SARS
全米の5000の病院はSARS感染に備えて、各自準備を進めているが、そうした準備態勢は政府が基準を決めて病院に義務つけるべきだとして、医療従事者組合が政府に求めている。組合は特に、SARS患者の隔離室やCDCの薦めている呼吸器の設置を病院に義務つけるべきとしている。
(日本はどうなってます?)

WHO: Update 30 - Status of diagnostic test, significance of “super spreaders”, situation in China  15 April 2003
http://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_15/en/
 1)WHOネットワークのメンバーにSARS診断テスト・キットを配布
 2)いわゆるSARS「スーパースプレッダー」の説明
 3)中国
 4)患者と各国の最新情報
1)ハンブルクのベルンハルト=ノホト研究所が開発したウイルス検知用の「PCR」テスト・キットが、WHOの共同ネットワークのメンバーに提供(無償)されることが書かれている。これまでのキットよりも使いやすく、品質管理にすぐれている。 
2)
「スーパースプレッダー」という現象は、医学的に認められた症状ではなく、初期の感染管理の甘さが原因、としている。現在では、単一の患者から感染する新たなSARS患者の数は減っている。
3)中国に派遣されたWHOの調査チームが、人民解放軍の病院を一つ訪問した。今後、他の軍病院も訪問の予定。胡錦涛国家主席がTVでSARSへの「懸念」を表明。 
4)累積患者数3235、死者数154、報告国22。前日比で患者+66、死者+10(香港9、シンガポール1)。

ブリティッシュコロンビア州癌機関 (4月12日の記事、infoseekキテレツ訳から

ゲノム科学センターのウェブサイト上でこの情報(ウイルスのゲノムの資料)が記入したことが期待されます。www.bcgsc.bc.ca それが生成されると直ちに、SARSに対する決定的な診断のテストの開発に結びつくでしょう。より長期的なものでは、これらの結果が、なぜSARSウィルスがそれほど致命的か、有効なワクチンの開発を助けてもよいか、科学者が理解することを可能にするかもしれません。(略)Genome科学センター用の次のステップはなぜこれがそのような有毒な病原体かのために手掛かりを見つけようと努めるためにウィルスが生産する蛋白質を分析することです。「シーケンス・データの公のリリースで、世界中の科学者は、さらにこの努力に寄与する機会を持つでしょう」 http://www.bccancer.bc.ca/
Genome Sciences Centre sequences the SARS-associated coronoa virus
Scientists at the Genome Sciences Centre, located in the BC Cancer Agency, completed the first publicly-available draft sequence for a coronavirus implicated in SARS
http://www.bccancer.bc.ca/ABCCA/NewsCentre/2003/GenomeSciencesCentrecrackstheSARSvirusgenome.htm
翻訳
http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http://www.bccancer.bc.ca/ABCCA/NewsCentre/2003/GenomeSciencesCentrecrackstheSARSvirusgenome.htm&wb_lp=ENJA&wb_dis=3&wb_co=excitejapan
http://honyakuinfoseek.infoseek.co.jp/amiweb/browser.jsp?langpair=1,2&url=http%3A//www.bccancer.bc.ca/ABCCA/NewsCentre/2003/GenomeSciencesCentrecrackstheSARSvirusgenome.htm&lang=JA&toolbar=yes&c_id=honyakuinfoseek&translate=%CB%DD%CC%F5

Getting a Grip On Sars ttp://allafrica.com/stories/200304150746.html
南アフリカ・ヨハネスブルグで香港から帰った人がSARS疑惑で大騒ぎになったがいまのところ一次検査は陰性のようで、「可能性例」として二次検査を待っているという。医療資源の充分ではないアフリカ大陸にはSARSは脅威。市民のパニック化を恐れて、政府は早速24時間週7日のホットライン設置で質問に答える。それにしても、
世界中どの国でもこういうホットラインは24時間営業が当然なのだが何故か日本はそうでないような。

★ワシントン発、ロイターの記事だがSARS関連の最近のディベートの焦点のひとつ、
スーパー・インフェクターについてインタビューとかを加えた解説記事。 
Uncertainty hobbles scientists in SARS quest  ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/N15283138.htm
ロイターは「スーパー・インフェクターはウイルス変異である論」の立場のようでコロナウイルスがRNAでDNAのような二重螺旋構造ではないからコピーのときにエラーの起こる確率は高いとかいった解説をつけて、SARSウイルスはがんがん変異する論。
もうひとつが「発症しないSARSウイルスのキャリアー」の問題。中国で、SARSウイルス陽性だが発症はせず,健康に見える人がいるらしい。こういう人がSARS感染力があるのかどうか解っていないらしいが、他のウイルスでは発症無しで感染力のあるウイルスをばら撒く例はあるという。
中国の発症しないSARS患者について、WHOのハイマン氏「いったいこういう人たちはどう(治療)すべきなのだろう。発症するまで待つべきだろうか?」

★感染症研究の大先生、山内一也先生の放送がありました。 NHK・視点・論点 4月15日NHK教育の掲示板有志さんの要約です。短くて微妙だったが・・・
「エマージング感染症の中でSARSは特に注意を要する感染症です
過去のエマージング感染症は濃厚な接触が感染の要因だったが今回のSARSは接触が無くても(飛沫・空気とは言及せず)移ってしまうという今までに経験した事の無い新しいタイプ。
ゆえに簡単に感染し広がってしまう。今までの感染パターンと違うので注意が必要。 今回このウイルスをコロナウイルスと特定するまで1ヶ月かかったこの早さは評価できる。今までに無い早さだった。さらにネットで情報を公開するなど対応が早かった。 これらの経験を踏まえ、今後出るであろう新たなエマージング感染症にも対処できるようにしていかなければならない
#要約者の声:先生はSARSより先を見つめております。さすがです・・・
人獣共通感染症講座@日本獣医学会 (山内一也教授)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/ProfYamauchi.html
人獣共通感染症Zoonoses講義 山内一也 東大名誉教授
http://www.anex.med.tokushima-u.ac.jp/topics/

★SARS認定ではなく、出席禁止、搭乗禁止、強制検診などの基準ですが、各国のスクリーニング体温のようです。原文確認ください。
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story2&cid=553&ncid=751&e=8&u=/ap/20030415/ap_wo_en_he/as_gen_singapore_sars_virus_front_line
シンガポール・病院:38度
http://www.brunei-online.com/bb/tue/apr15w7.htm
シンガポール・学校:37.5度
http://www.etaiwannews.com/Taiwan/2003/04/11/1050022652.htm
台湾・空港:37・5度
http://www.channelnewsasia.com/stories/singaporelocalnews/view/37225/1/.html
シンガポール・空港:37.6度

★(抜粋:UP遅くすみません)沙田のプリンス・オブ・ウェールズ病院8A病棟の胡志遠・内科主治医は9日、SARSをまだ発症していない感染者からもウイルスが広まる可能性があるとして、「完治」後も一定期間隔離を続ける必要があるとの見方を示した。
隔離されている一部の感染者の糞尿からコロナウイルスがまだ検出されることから、発症していないにもかかわらずウイルスは体内で大量に繁殖している可能性があるという。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030410-00000029-nna-int

NYT:トロントの、お葬式での集団感染事件、500人の自宅隔離 Exposure to SARS in Toronto Raises Chance of Its Spread
ttp://www.nytimes.com/2003/04/16/science/sciencespecial/16TORO.html?ex=1051070400&en=65af2819a9a614d5&ei=5062&partner=GOOGLE
これはきのうカナダの新聞が速報でつたえていたもの。NYTはまとまった記事にしていてこちらのほうが解りやすい。
トロントに住むフィリピン系の人の所属するカソリックの一派に、SARS感染者が多発。調査の結果、4月初めに死亡した人のお葬式で感染したらしい。死亡者もSARS感染者で、列席した人に感染者がいたらしい。このグループから29人の「可能性例」SARS患者が出たので、グループ全体に自宅隔離の命令が出た。さらに、協会での儀式について州の衛生当局が規制を指示。キスなし、握手なし、聖杯なし。この事件では、初期に患者を見逃したのがたたって、大規模な感染や隔離になったもの。トロントは封じ込め成功と確信していたので、この大規模隔離でショボーン。カナダの微生物学者は「このウイルスは今までに私の知っている、どれとも違うものだ」
★カナダの記事から抜粋 ttp://www.ctv.ca/servlet/ArticleNews/story/CTVNews/1050363196324_22/?hub=CTVNewsAt11
"Some of these cases were initially given a diagnosis other than SARS despite multiple visits to hospital emergency rooms," according to a Sunday memo by Basrur.
"This was due to the apparent lack of a clear epidemiological link to a known SARS case."
このの記事は情報が余り整理されずに記述されていて、和気若布だが、ちょっと怖い(↑)事が書いてあって、
患者の何人かは以前に病院でSARS陰性の診断を受けていた。これは、以前に流行した患者との明確な関連がなかったからでは。epidemiological link というのがよくわかりませんが、感染者との接触と解釈すれば。
掲示板から:#例は少ないが大量感染の原因が解決するまで油断は禁物だな。特にカナダの葬儀での大量感染何が原因だったんだろう?
#棺に横たわる故人に、ひとりひとりおわかれのキス(ほっぺたや額かな)とか…(想像です。)
#キリスト教徒は亡くなった人の顔に触れたり、お別れのキスをする習慣があります。その後、参列者同士のハグやキスで感染した?または、患者さんからお見舞いの家族や近親者、友人に感染後、お葬式で大量に感染?
#そのカナダのケースは診断の失敗。亡くなった(お葬式の)人も、死亡時はSARSとは診断されていなかった。お葬式に出席したひとのなかに、すでに何人かの患者がいたことが、後になって判明。患者の一部は何度も病院で診察を受けてSARSではない、と診察されたが、これはアジア旅行はしておらず、身のまわりにSARS患者認定の人がいなかった(と誤解していた)ため。
#ある集団に何人かの感染者が発生すると、例えば教会の儀式で握手したり、キスしたり、同じ盃のワインを何人もが飲んだりすると危険なことになりかねないとカナダの新聞が警告していたが。
#CNNの報道では見舞いの時に感染したわけでは無いと言っていた。 遺体にキスか。 感染した中には医者も2人いたはずなんで止めさせればよかったのにと思う。
#聖杯 やめたんでしょ
#ローマン・カソリックは規制、抵抗している宗派(アングリカンとか)もあるらスイ


中国本土感染者10万人説でました。「香港も戒厳令(全世帯に、SARS病原体の潜伏期間である10日間の外出禁止を課す)を敷くべき」
香港中文大学の水戸孝道教授(政治経済学)による。。長いので原文を確認ください。 http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/freetop/top/free_hkd_daily.html 2003年04月15日 香港NNA

ドイツの私企業がSARSの迅速診断キットを14日から無料頒布しはじめたそうです。なお、この診断法はハンブルクの熱帯医学研(BNI)が開発したものですが、まだまだ正確な診断ができるとは言えないようです。参照サイトは以下など。
■診断キットの写真とキャプション Montag 14. April 2003, 18:42 Uhr
Detection test for the highly contagious pneumonia Severe Acute Respiratory Syndrome(SARS) at the biotechnology company artus in Hamburg, northern Germany, on Monday, April 14, 2003. Artus on Monday began distributing a two-hour test for the mystery illness that has killed at least 137 people worldwide, claiming it will make it easier to diagnose people quickly and slowthe spread of the virus. (AP Photo/Christof Stache) (Bild 1)  http://de.news.yahoo.com/030414/12/3ec7m.html
■BNIが迅速診断法を開発(ハンブルク夕刊新聞の記事の抜粋) BNI entwickelt Schnelltest
Weltweit haben sich mehr als 2000 Menschen mit SARS infiziert. Angesichts dieser Besorgnis erregenden Situation hat das Hamburger Biotechnologie-Unternehmen artus GmbH zusammen mit dem Bernhard-Nocht-Institut fur Tropenmedizin ein Erregernachweis-System entwickelt, das am Montag auf den Markt kommt. Der Test weist innerhalb von zwei Stunden Bestandteile des neuartigen Coronavirus nach. (cw) erschienen am 12. Apr 2003 in Hamburg  http://www2.abendblatt.de/daten/2003/04/12/145142.html
■独ヤフー・ニュースの関連記事 Freitag 11. April 2003, 21:53 Uhr Mehr als 1000 SARS-Falle in Hongkong Hongkong (dpa)
・・・Das Hamburger Biotech-Unternehmen artus stellt Laboren nach eigenen Angaben von Montag an ein SARS-Testsystem zur Verfugung, das Coronaviren nachweisen konne. Ob die mit dem Hamburger Tropeninstitut entwickelte Methode immer SARS anzeige, sei wissenschaftlich allerdings noch nicht sicher geklart.
BNIが開発した方法によってSARSを確定できるか、まだ科学的に証明されているとは言えない。 http://de.news.yahoo.com/030411/3/3e7ub.html
■ドイツの企業がSARSテストを全世界に配布(ロイター・アラート・ネットの記事) 14 Apr 2003 15:43:01 GMT German firm distributes first SARS test worldwide
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/L14286033.htm

若い患者の死亡目立ち始める 香港
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030415-00002045-mai-int
新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の感染拡大に歯止めがかからない香港では、比較的年齢の若い患者の死亡が目立ってきている。これまでの治療法で効果が出ないケースも相次ぎ、医療当局は14日、「
発熱がなくてもせきや呼吸困難の症状が出たら早めに診察を受けてほしい」と呼び掛けた。(毎日新聞)

香港の肺炎拡大止まらず 1日で7人死亡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030414-00000191-kyodo-soci
 【香港14日共同】香港の衛生当局は14日、新型肺炎による死者が前日から7人増えて47人になったと発表した。1日に7人死亡したのは新型肺炎が流行して以来、初めて。感染者数は40人増えて1190人に上った。 新たに死亡したのは40代1人、60代2人、70代3人、90代1人。うち3人は他の病気を
持っていなかった。 また、3月11日に感染者2人が初めて報告されてから、今月11日に1000人を突破するまで1カ月かかったのに比べ、同日から14日までで131人増加した。感染拡大に歯止めがかからないうえ、
医療関係者の感染が280人に達し、病院などの受け入れ体制に影響が出ることも懸念されている。(共同通信)[4月14日21時43分更新]

★TIMEがSARSの最新情報、というタイトルで、スーパー・スプレッダーのことを記事にしている。The latest SARS science
ttp://www.time.com/time/asia/covers/501030421/superspreader.html
That means identifying potential superspreaders is vital to halting SARS?except that scientists don't know what makes a superspreader super. "That's the $64,000 question," says Dr. Osman David Mansoor, a WHO scientist. "It's probably a spectrum of biological variation." That means genetic aberrations within patients?which could help explain why some SARS sufferers barely show symptoms while others become mortally ill?or within the viruses themselves.
SARSの感染防止には、スーパー・スプレッダーになりそうな人を見つけられると都合が良い。しかし、今のところ科学者は、何故スーパースプレッダーが出来るのかわかっていない。「それが解れば、大きな賞金の出るような難しい問題」とWHOのディビッド・マンソ−ルは言う。「それは多分、生物学的なバリーエーションの範囲の問題だろう」つまり、
患者の遺伝的な変異か、あるいはウイルス自身の遺伝的な変異が、何故、ある場合は軽症ですんで、別の場合は死にいたる病になるのか、を説明することになりえるだろう。

NYTのスーパースプレッダーはウイルスの変異ではない論 How One Person Can Fuel an Epidemic
ttp://www.nytimes.com/2003/04/15/health/15SPRE.html?ex=1050984000&en=8b4805194f6aa740&ei=5062&partner=GOOGLE
NYTがスーパースプレッダーについて、遺伝子の変異で感染力の強いものが出来る という仮説の反対である、外因説を掲載。これは以前のWSJなどで書かれていたも のと基本的には同じ。
アモイガーデンの感染について、下水管のパイプがつまり、漏洩して、歩道の水溜りを汚染、これが住民の靴について部屋に運ばれ、靴を脱ぐときに手が汚染され、 それが口に、という説を紹介。ミステリーの謎解きみたくなってきた。

英国:ガーディアン;香港では若いSARS患者が死亡 Sars claims young victims in Hong Kong
ttp://www.guardian.co.uk/sars/story/0,13036,936967,00.html
Most of the fatalities so far have been older people, or ones with existing chronic problems. Some experts are afraid that the virus may be mutating.
この件については報道機関によって、かなりニュアンスの違う報道をしている。いろいろな意見があって、どれを掲載するかは報道機関にゆだねられているわけだが。ガーディアンは:ある専門家はウイルスの変異を疑っている、と報道。

★The Standard Heavy doses for patients
http://www.thestandard.com.hk/thestandard/news_detail_frame.cfm?articleid=38270&intcatid=1
病院の集中治療室が患者で一杯なので、SARSの
初期の患者にステロイド系の強い薬を医者が処方し始めることによる副作用の心配を香港政府がしているらしい。

★SARS、香港で1日に7人死亡 抗ウイルス薬効かず
http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304140263.html
「香港政府は14日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者が前日から40人増え、1190人になったと発表した。1日あたりの数としては最多の7人が亡くなり、死者は47人となった。効果が高いとされる
抗ウイルス薬リバビリンが効かないケースが多く、衛生当局は別の治療法の開発を急いでいるという。 」 (04/14 22:09)

★先週末に香港で死亡した若い持病のないSARS患者について、中国大学の化学微生物学の専門家、ステファン氏は、ある種の患者が他に比べて受ける打撃が大きいと述べたこれは、
イルスの変異を示唆したもので、より危険なウイルスを意味する。「我々はウイルスが異なるのかどうか知りたいと思う。それが解れば、どの患者がより重症になりそうか予想できる
ttp://news.independent.co.uk/world/science_medical/story.jsp?story=397380
Stephen Tsui, a biochemist at the Chinese University of Hong Kong, said early investigations showed some patients had been harder hit than others, suggesting the virus had mutated, which would make it even more dangerous. "We want to find out whether it's because the virus is different," he said. "If we can figure that out, we can predict which patients will be afflicted more severely."

ZAKZAKの金融コンフィデンシャルから抜粋。ほんまかいな。そんな可能性があるなら、なんでマスコミに流して、現場に医療従事者にその可能性を伝えないの? http://kabu.zakzak.co.jp/kinyu/kiji/kinyu0414.html
政府関係者が絶対匿名を条件にこう指摘してみせる。 「SARSに感染、発症した場合、かなり高い確率で死亡することが徐々にわかってきたのです−」しかしちょっと待っていただきたい。SARSに感染した場合、その治癒率−といっても自然治癒に近い形−は90%、死亡率は4%、という形で一般的には説明されてきたはずだ。「ええ。確かにそう説明されてきたことは事実です。しかしその後の研究、調査では、治癒したとみられる90%の大部分が、そもそもSARSに感染していたのではなかったのではないか、という見方が、専門家の間では有力になってきているのです…」SARSは、風邪などの症状を引き起こす16種類のウイルスの一つ、コロナウイルスの変異種に感染したことが原因で発症することがここへ来てようやくわかってきた。「つまりこれまでSARSに感染したのではないか、と疑われたケースでも、実際には単なる風邪やインフルエンザに感染しただけという場合も数多くあったのです。そうしたケースを除いていくと、実際にSARSに感染したケースは大きく減少していくようなのです…」(前述の政府関係者)そしてこのことはSARSに感染した場合の発症率、死亡率が飛躍的に増加していくことを意味する。「政府部内では−というよりも厚生労働省内部では、SARSが発症した場合、その死亡率は40〜50%にのぼるのではないか、という見方も出ているのです」(前述の政府関係者)  この「死亡率40〜50%」という数字は、あまりにも驚異だと言えよう。「実は我々のところにもその種の情報が入ってきている。そして仮にそうした数字が事実だとしたら、中国経済が壊滅的な打撃を受けることは必至だという。そしてそのことはとりも直さず、中国経済と結びつきの強い日本企業を直撃することになる」(米系大手証券会社首脳)

新型肺炎は生物兵器かもしれない=ロシアの専門家――おたふく風邪とはしかのミックスとの見方も http://news.msn.co.jp/articles/snews.asp?w=449663
【モスクワ】ロシアの専門家たちは、致死性の肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)は人間がつくった生物兵器である可能性もあるとの見方を最近のロシアの新聞に明らかにした。モスクワの疫病対策局のニコライ・フィラトフ氏は、このウイルスに効くワクチンがなく、ウイルスの組成がよく分からず、非常に広範に広がっているわけでもなく、住民に免疫がないことなどを理由に、これは人工のウイルスだと思うとの見方を示した。(写真はSARSと闘うために消毒薬を配布する香港の保健当局者)ただしフィラトフ氏は、これまで感染者の4%くらいが死亡しただけで、致死性が低いことと、直接の接触あるいは吸入によっても比較的病気が移りにくいことを挙げ、生物兵器説には若干の留保をつけたいと言っている。一方、ロシア医学アカデミーの会員、セルゲイ・コレスニコフ氏は最近シベリアのイルクーツクで開催された会議で、SARSがおたふく風邪とはしかのカクテルだとの見解を表明した。おたふく風邪とはしかのミックスは自然の状態では起こり得ず、研究所でしかつくれないという。コレスニコフ氏は、このウイルスのミックスが何らかの事故で研究所から漏れ出て広がった可能性があると述べている。〔AFP=時事〕
2003 年 4月 14日

★NYT:若くて持病がなくても、SARSで死ぬことがある
ttp://www.nytimes.com/2003/04/14/international/14HONG.html?ex=1050897600&en=abfbe09876ae9f24&ei=5062&partner=GOOGLE
Youth and Fitness Offer Little Defense Against Disease
こちらも、香港で
死んだ比較的若い6人の患者を中心に、香港の現状を知らせる記事。このなかに、(他の新聞にない)気がかりなことが三つほど書いてあって:
@
のケースを含めリバビリンとステロイドが効かない場合があることを香港医師団が(はじめて)明確に認めた。
 World Health Organization and other overseas agencies had already been skeptical of the effectiveness of the ribavarin and steroid treatment.
 と書いていて、WHOやCDCが半信半疑で見ているらしいことを伺わせる。
A
回復した患者の血清を使う方法に、危険性があることを香港医師団が明確に認めた。この治療法は、極めて限定された、実験的なものと香港医師団も認識している。
B全く別の問題として、中国本土の各地から、香港でSARS治療を求めて越境して来て入院する患者がかなりの数、存在することを香港当局が認めた。これも統計上は香港の患者数になっている。

<新型肺炎>若い患者の死亡目立ち始める 香港 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030415-00002045-mai-int
新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の感染拡大に歯止めがかからない香港では、比較的年齢の若い患者の死亡が目立ってきている。これまでの治療法で効果が出ないケースも相次ぎ、医療当局は14日、「発熱がなくてもせきや呼吸困難の症状が出たら早めに診察を受けてほしい」と呼び掛けた。(毎日新聞)

(ウイルスとは関係ないですが,重要な問題なのであげておきます。)マレーシアで、SARSの患者が出た旅客船に、乗客・乗員のべ2000人がいたのだが、これら患者との接触の「あったかもしれない人」の扱いをめぐって、10日間の隔離をしなくて良いのか(政府は発熱のない人はしないとした)と大騒ぎに。潜伏期間を考えると政府のやり方は無責任という追求が。 #日本で感染者が出て、地下鉄やJRで通勤していたことが判明したら、どうなることやら。このマレーシアのケースは、万一、大量感染がでれば、今やSARSは国内問題ではすまない(他国に感染を輸出しかねない)国際問題になるので、シンガポールやタイの注目も。ttp://thestar.com.my/news/story.asp?file=/2003/4/14/nation/fplearns&sec=nation  Press struggles to explain SARS to public

体温によるSARS疑惑者のスクリーニングでは、37.5 度がひとつの目安らスイ
→すみません、訂正です。シンガポールのテレビ局の話でした。0415訂正
ttp://asia.news.yahoo.com/030413/5/singapore37371.html
Sunday April 13, 10:17 PM
Nurses screen crowds at NKF Charity show If their temperature is below
37.5 degrees centigrade, which is 36.5, then they will be given a light stick to go over to the studio for a night of fun and entertainment.

原因ウイルスのゲノム解読 新型肺炎で米CDC
 中国・広東省、香港を中心に流行している新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の原因ウイルスとされる新種のコロナウイルスのゲノム(全遺伝情報)を、米疾病対策センター(CDC)などが14日までに解読した。 同日中にも公開される見通しで、信頼性の高い診断キットの開発や、どこから出現してきたかなどの解明につながる成果として注目されそうだ。 CDCによると、新種のウイルスのゲノムは、約1万7500塩基対で構成。これまで知られているコロナウイルスが3万塩基対前後だったのに比べ、塩基数が大幅に少なかった。 このウイルスがもともと、人間に感染するタイプだったのかや、ほかの動物を宿主としていたかなどは、特定できていないという。 国立感染症研究所の田代真人ウイルス第3部長は「治療薬やワクチン開発には時間がかかるのではないか」としている。(産経新聞)http://www.sankei.co.jp/news/030414/0414kok056.htm
ほか、時事通信社の記事→ ttp://news.www.infoseek.co.jp/Content?arn=jiji_inter_030414X009&sv=SN&svx=300502&sec=inter&ud9=-7&ud10=A&pg=article.html
この記事は、間違ってはいないが落ち度があるそうです。カナダの研究所がDNA解析を週末に発表し、Webに公表した。それど同時期(少し早いらしいが)に完成していたCDCが、その発表を見て、CDCの解読完了を発表。この経過は、例えば:http://timesargus.nybor.com/Story/63766.html などはじめアメリカのメディアは正確に伝えているのだが
ttp://www.cdc.gov/ncidod/sars/sequence.htm SARS Coronavirus Sequencing
コロナウイルスのDNA解析完了を伝えるCDCの記事。
これにはカナダの研究所やそのほかの協力して仕事を進めた研究所について、ちゃんと記述がある。DNAシーケンスは、このページから参照できるPDFファイルに。

★The virus is considered unlikely to go away.
ttp://www.thewest.com.au/20030411/news/latest/tw-news-latest-home-sto94590.html
This week the United States Centres for Disease Control and Prevention suggested SARS may begin to show a seasonal pattern, as do other respiratory diseases such as colds and influenza.
仮説のひとつとして、SARSがインフルエンザのように定着して、流行の季節に猛威を振るうようになるのではないか、というようなことをいう人もいるようですが、まだ1年たってないので、確かめようがないわけで。

カナダの研究所が、SARSウイルスのDNAシーケンスを解析したとしてWebサイトでそのシーケンスを公表。ダウンロード可能。
Genomic Sequence Availability  ttp://www.bcgsc.ca/bioinfo/SARS/
 ★カナダの研究所のSARSウイルスのDNA解析について、これが進展したおかげで、SARS検査薬や抗ウイルス薬やワクチン開発が進展するだろうという、楽観的な記事がロイターにでている。
 Canada lab's SARS gene to speed vaccine--researchers 13 Apr 2003 19:49:25 GMT ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/N13394089.htm 
"This will allow people who design specific antivirals, of which I admit there aren't that many out there, but they have the basic information they need to design those and test to see if they work," said Caroline Astell, projects leader at the Genome Science Centre.
(DNA解析は)今は市場に少ない抗ウイルス薬を開発する上で、その薬の設計のための基本的な情報になる。また薬が効きそうかをテストするためにも重要。とゲノム科学センターのプロジェクト・リーダーであるキャロライン・アステル氏が語った。

★WHOマニラ地域アドバイザー、押谷氏:検査法まもなく、動物モデル開発中
ttp://www.theage.com.au/articles/2003/04/13/1050172467078.html
Rapid SARS test on the cards: WHO
WHOのマニラ地域アドバイザーの押谷さんのインタビュー記事。
@SARSウイルスの検査方法はまもなく確立して使用できるようになる
ASARS研究のための動物モデル開発中、ラットが使えないので大型の動物ーー猿とかを使うことになるかも。

香港大学教授、感染でも発症しない可能性を指摘4月6日) 古くてすみません。
 香港大学微生物学部の黄世賢・副教授は、すべての伝染病は感染しても発症しないケースがあり、SARSもその可能性があるとした。『明報』ウエブサイトの4月6日付報道が伝えた。
 世界保健機関(WHO)のデビッド・ヘイマン感染対策部長はスペイン紙『ElPais Daily』のインタビューに答え、「発症しないSARS感染者の存在が考えられ、だとすれば、感染者も自分が感染していると知らないままに他人と接触するため、かつてのエイズのようにすでに世界に拡散している可能性もある」などと述べた。
 黄教授はこの報道を受けて、その可能性を認める一方で、「エイズは10年、20年のうちに必ず発症するが、SARSは必ずしも肺炎になったり、死亡しない」と語った。
http://www.weeklyhk.com.hk/news.htm

★906 名前: hiyoko投稿日: 2003/04/11(金) 12:06(番朝掲示板 SCMP)
アモイ感染は排水管経由■(4月11日SCMP抄訳)
衛生福利及食物局長・楊永強氏は10日、アモイガーデン・ブロックEの流しやトイレから比較的高密度のコロナウィルスが検出されたことから、詰まった排水管を通してSARS感染が広まった可能性が高いと考えていることを明らかにした。既に香港大学と衛生署の研究でSARS患者の排泄物からコロナウィルスが発見されており、アモイガーデン・ブロックEの感染源と見られる12階住民の親戚は下痢をしていたことがわかっている。
この調査結果は、飛沫感染ルートに次ぐ、患者の糞便という第2の感染ルートを示唆するものである。
※SCMP→South China Morning Post (http://www.scmp.com/)アクセス有料 SCMPは香港の大手英字新聞

★SARSの原因は新型コロナウイルスの可能性
 アジアを中心に猛威を振るう新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)の原因は、新型のコロナウイルスである可能性が極めて高いことを、オランダ・エラスムス大学の研究チームがサルを使った動物実験で初めて確認した。 世界保健機関(WHO)によると、同大学の研究チームはSARSの患者から採取したコロナウイルスをサルに接種。サルの血液から、SARSに感染したことを示す抗体が見つかった。 コロナウイルスは風邪などを起こすウイルスとして知られているが、SARSを起こすのは遺伝子の一部が異なる新型とみられ、米疾病対策センターなど海外の研究機関が感染拡大直後から有力視していた。 原因としてコロナウイルスが濃厚となったことで、今後は迅速な診断法や治療法の開発が焦点になる。日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20030412AT1G1202V12042003.html

SARS:コロナウイルス原因説、望まれる慎重な報道姿勢
(抜粋)第1に、肺炎に直接感染した肺などの細胞組織中にコロナウイルスが存在することを示さなくてはならない。第2に、コロナウイルスに感染させた動物を使った実験を行なって、コロナウイルスがSARSの症状を引き起こすことを実証し、その後で実験動物からコロナウイルスを分離しなくてはならない。 原文参照のこと。
http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030414307.html こんな意見も:クラミジアを性感染症と断じている。なんかホットワイアドそのものが流言流布サイトになってるね

強烈な感染例:今後どこまで交友関係を追跡調査するかにもかかわってくる問題。満員電車などはどうするんだろう。。(原文参照のこと)
このような場合、日本の現行の新感染症法では対応できないので、変更の可能性がありますね。 http://www1.odn.ne.jp/~cak40870/m-kansenshou.html
Businessman becomes first to contract Sars in Britain(英『インディペンデント』紙)
要約:香港のビジネスマンが感染源、ロンドンでの
ビジネス・ミーティング(2時間)で、出席していたイギリス人のビジネスマンに感染させた。現在、この香港人と接触した人間をすべて洗い出そうと努力しているらしい。http://news.independent.co.uk/uk/health/story.jsp?story=396368
第1パラグラフ:この香港ビジネスマン、3月30日から4月5日までに、7つのルフトハンザ便を乗り継いだらしい。ロンドンのほかに、バルセロナ、ミュンヘン、フランクフルトに立ち寄っているらしい。
これらの便の乗客・クルーに香港保健省は診察を受けるよう呼びかけている。第2パラグラフ:今後、英国に入国する極東からの旅客機乗客は厳格にモニターされる可能性あり。
★番板掲示板より 5 名前: ■ヨーロッパ線7便にのった感染者■ 投稿日: 2003/04/10(木) 23:24 RTHK2003-04-10 21:36
本日SARSに感染した48歳の男性は3月30日から4月5日にかけて、航空機便を7つ乗り継いでいた。以下の便に乗った人は至急衛生署のホットライン:187-2222まで連絡をしてほしいと呼びかけている。
3月30日:香港→ミュンヘン LH731
3月31日:ミュンヘン→バルセロナ LH4316
4月 2日:バルセロナ→フランクフルト LH4303
4月 2日:フランクフルト→ロンドン LH4520
4月 3日:ロンドン→ミュンヘン LH4671
4月 4日:ミュンヘン→フランクフルト LH265
4月 4日:フランクフルト→香港 LH738
この男性は31日にバルセロナに到着後発症。4月8日に東区病院に収容されていた。

対策として「アルコール消毒」を専門家が指摘
 (一般向けで申し訳ないですが載せておきます。)
外務省は2003年4月11日、東京都内で企業関係者を集めて、SARSに関する緊急セミナーを開いた。セミナーの開催告知が出されて2日間しかたっていなかったものの、会場には企業経営者や海外業務担当者など約300人が駆けつけて満席となった。企業の対応を迫られているセミナー出席者と、講演した国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長との間で、最新の情報や企業としての対応策に関するやるとりが熱く繰り広げられた。 岡部センター長は、SARSについて、「現段階ではあくまでもコロナウイルスという可能性が高いだけで、確定したわけではない」ことを強調。「原因をコロナウイルスと確定するには、数々の動物実験などをこなすなど、さらなる時間を必要とする」との見方を示した。 また、一般の人に対する予防策としては「マスクをする、手を洗う、うがいをするなどを励行することなどは予防策として大きく期待できる」と答えた。しかし、SARSの原因が特定されていないことから、最近出回っているコロナウイルス感染の有無を試す検査については、「検査結果が陰性だからといって安心はできない。別な微生物が引き起こすことが判明されれば、根本的に別な検査を実施しなければSARS感染の有無はわからない」と指摘した。 あくまでもSARSの原因がコロナウイルスと仮定するならば、「コロナウイルスはアルコールに弱い。アルコール成分を含む一般の消毒薬を塗るのも予防策として効果が期待できるだろう。最近ではアルコールを塗った張り薬のようなものが薬局などで市販されているので、それらを使うのもよいだろう」。 また、SARSの感染方法の一つとして可能性が指摘されている、つばなどの飛沫感染に対する予防策として、「飛沫が付着した可能性があるものは乾燥させるのが効果的。飛沫で広がるウイルスは、水滴で覆われている。乾燥状態におけば、半日もたたないうちに数時間で死滅する」などと、来場者にアドバイスした。
■関連情報・国立感染症研究所のWebサイト http://www.nih.go.jp/niid/  BizTech http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/medi/241718

「子供は重症化しないという説」
これまでの例では、子供は感染しにくく、たとえしても重症化しないと、中国広州の医師が語った。広州の子供病院では、死者も出ていないし、呼吸器を必要とする患者もいない。また、300人いる医師への感染もないという。他の国の例を見ても、シンガポールでは木曜日の当局発表によると、126の症例のうち、18歳以下は2.4パーセントしかいない。香港健康局も子供の症例は少ないと認めている。・・・ (ロイター・アラート・ネットの記事の要約4/11)
11 Apr 2003 02:43:59 GMT Evidence shows children may escape worst of SARS virus
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/HKG183478.htm

CDCのアメリカ国内の統計のスライドでは: 
0−4歳 9%、 5−17歳 5%、 18−64歳 76%、 65+歳 10%
とあって、子供が少ない割には幼児の感染が多いという事になっているのだが
ttp://www.cdc.gov/ncidod/sars/pdf/domesticsars.pdf ←PDFバージョン
ttp://www.cdc.gov/ncidod/sars/ppt/domesticsars.ppt ←MSパワーポイント・バージョン

年齢と患者との関連については、これも興味深い。
‘Most SARS cases to date have occurred in young adults. This transmission pattern largely reflects the age of health care workers, their family members and social contacts, and international travellers. On the basis of present data, children appear to be less likely to present with SARS than adults.’ (“SARS epidemiology to date” http://www.who.int/csr/sars/epi2003_04_11/en/ )
★同じページから:
‘The current cumulative number of cases of SARS is 2781 cases with 111 deaths, officially notified by ministries of health. The global case-fatality rate for probable SARS is 4%. ’

衛生部 SARS治療法の参考案を発表 更新時間:2003年04月10日16:48(北京時間) 「人民網日本語版」2003年4月10日
http://j.peopledaily.com.cn/2003/04/10/jp20030410_27854.html
中国衛生部はこのほど、重症急性呼吸器症候群(SARS)に関する治療方法と退院の判断基準について、次のように発表した。
A 推奨する治療法
(1)一般的な治療
休養、適度な水分・ビタミン補給。力んだ激しいせきは避ける。病状の変化を細かく観察 (多くは発病後14日間、病状が悪化する可能性がある)。定期的な胸部レントゲン・心機能・肝機能・腎機能の再検査(早期再検査は3日間以内に)。体表面の血中酸素飽和度を毎日測定。
(2)対症療法
38.5度以上の高熱がある患者、激しい全身筋肉痛のある患者には、解熱鎮痛剤の使用が可能。 高熱のある患者には冷却マット・アルコール塗布などの物理的な解熱手段をとる。せきやたんの出る患者には鎮咳・去痰剤を与える。心機能・肝機能・腎機能が低下した際は、適切な処置をする。激しい息切れや、軽度の低酸素症の患者には早急に鼻カテーテルで酸素吸入させる。子供のアスピリン服用は禁止。
(3)治療には早い時期にマクロライド系抗生物質やテトラサイクリンを選択する。
(4)糖皮質ホルモンの使用の目安は、重度の中毒症状を示す場合や重症の場合とする。正しく使用し、服用量は病状に応じて調整する。子供は服用を控える。
(5)抗毒素剤の使用可。
(6)免疫機能賦活剤の使用可。
重症患者の対処・治療には、衛生部のウェブサイトを参考にする。
B 新型肺炎患者の退院基準(参考)
次の3つの条件をすべて満たすこと。解熱剤の使用なく、7日間以上平熱が続く。 呼吸器系統の症状が明らかに改善された。胸部の影が明らかに消滅した。

WHO+FDA+WOAH:動物や製品を介したSARS感染の危険がないか検討中 Sunday, April  13, 2003  6:12:20 a.m.
WHO to probe if animal contact causes SARS
ttp://www.abs-cbnnews.com/abs_news_flash_article.asp?FlashOID=8015
WHOは土曜日に、SARSウイルスと動物との関係を研究のためFDA(米国食品医薬品局)やWOAH(国連動物健康機構)と連携して活動していると述べた。
SARSの感染経路を調査中のこれら三つの機関の最初の検討によれば、SARSが、モノや動物、製品を介した感染を示唆する如何なる情報もない。しかしながら、SARS感染地域から輸出された製品や動物に、SARS感染の危険が全くないと結論付けられる時期ではないので、引き続き検討する。
↑上記の記事訂正  WHOのサイトにオリジナルがあり記者会見で説明補足している
ttp://www.who.int/csr/sars/goods2003_04_10/en/
Information to Member States regarding goods and animals arriving from SARS-affected areas
WHOとFDAとOIEの感染経路の調査によれば、動物やモノや製品を介してSARSが感染する事を示唆する何の情報もない。従ってSARS感染地域から輸出された動物やモノや製品に危険があるとは判断しない。引き続き調査を続ける。 (記者会見の中で)鼠やゴキブリなどを介した感染はない。ペットの猫にウイルスが見つかったとしても、一時的(トランジット)な感染でウイルスは生きてゆけない。だからそういう経路の感染はないと明確に発言。

NYTのSARSの現状分析:封じ込めは成功するか?
ttp://www.nytimes.com/2003/04/12/science/12SARS.html?ex=1050724800&en=0ea1f1344390b898&ei=5062&partner=GOOGLE
Virus Called Mostly Under Control
WHOがSARS野世界規模での活動開始から一ヶ月をレビューしたまとめの記事をWHOのサイトに掲載したが、これをうけてNYTがそれを参照しながら、いくつかの専門家の見解を追加してまとめた記事。SARSの全体像のレビューといったもの。NYTはWHOのレビューを「中国と香港への留意を除いては、楽観的なト−ンで描かれている」という。NYT自身もこの見方に反対ではないものの(シンガポールやハノイやトロントの封じ込めは成功しそうだと見ているので)、まだわからないことが多すぎる、という。
この記事に気になる部分もあって
肺に後遺症の残る可能性を懸念している部分。
But, Dr. Mark Salter, a W.H.O. medical officer, cautioned that it was too soon to know how many, if any, of the SARS survivors would suffer permanent lung damage.
もうひとつは、
SARSによる死亡は免疫機構の過剰な働きによると言う医師の見解
SARS deaths are usually caused by lung damage. But pathology studies show that the principal cause of the damage is not the SARS agent but the body's immune reaction against it, Dr. Salter said.

動物からの感染を否定=WHO
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030412-00000696-jij-int
 【ジュネーブ11日時事】世界保健機関(WHO)は11日、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)は動物や物品との接触では感染しないとの見解を発表した。国連食糧農業機関(FAO)などと共同調査を行った結果、ゴキブリやネズミがウイルスを媒介しないことが分かった。また、感染地からの輸入品を取り扱っても健康上の問題はないという。 (時事通信)
http://www.who.int/csr/sars/goods2003_04_10/en/
Information to Member States regarding goods and animals arriving from SARS-affected areas
WHO発表文書:動物や製品の輸入でSARSが感染することはない(↑)
WHOの記者会見のQ&A:ゴキブリ、鼠、猫はウイルス感染経路ではない(↓)
ttp://www.who.int/csr/sars/Press_2003_04_11/en/
It’s not cockroaches, that theory did not hold up. It’s not rats. Cats get a transient infection, they get infected for may be one day but the virus can’t live in them and they shed the virus off.

新型肺炎で免疫力低下 エイズ同様と中国人研究者
 【北京11日共同】新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の感染者が集中する中国広東省の広州市呼吸病研究所の鍾南山所長は11日、北京で記者会見し、感染者は発症後、
免疫機能の強さを示すCD4の値が100以下まで極端に低下、「エイズとよく似た状況に陥る」と明らかにした。 また患者の死因は、肺炎による呼吸困難のほか、A型肝炎やメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、クラミジアなどの感染による合併症とみられると語った。 新型肺炎の病原体としては、新種のコロナウイルスが有力視されている。このほか、クラミジアなども浮上しているが、これらは免疫不全の結果侵入した、副次的な病原体の可能性もありそうだ。 これまでの症例では感染場所の大半は家庭と病院で、年齢別では青壮年層が中心。高齢者は一部にすぎないが、死亡率は特に高いという。(共同通信)[4月11日19時55分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030411-00000179-kyodo-soci

★カナダ:SARS感染の危険のある人の献血を中止
ttp://canada.com/national/story.asp?id=34D8B292-960D-4B43-ABCB-3B09C95BB220
SARS scare prompts blood donation ban: Those at risk of virus not accepted as a 'precaution': Health Canada says
カナダ保健省は、国内の献血事業者に対して、SARS感染地域を旅行した人、及びSARS感染者と接触のあった人の潜伏期間内(10日)の献血を受け付けないように指令した同様の措置を検討中のアメリカの防止政策に習ったもの。

★CDCが4月10日付けで作成した、アメリカ国内のSARSの現状のオーバービュー(英語)簡単なスライドだが、よく出来ていてわかりやすい。これでみると:
人種に関係なく感染している(白人とアジア系が半々の割合)
●圧倒的に、旅行による感染(一番多いのが香港、ついで中国本土)
Presentation: Epidemiologic & Clinical Aspects of Suspect SARS Cases
ttp://www.cdc.gov/ncidod/sars/pdf/domesticsars.pdf ←PDFバージョン
ttp://www.cdc.gov/ncidod/sars/ppt/domesticsars.ppt ←MSパワーポイント・バージョン

CDC:SARSウイルスの検出と診断方法
CDCのMMWRの4月11日のもの。このなかでSARSのウイルスの検知について書いてあるのだが、
抗体を使う方法は14日とか21日とかの感染後の抗体が出来るまでの期間は検知できないから、感染防止のうえからは問題が多い。しかし、
A reverse transcriptase-polymerase chain reaction (RT-PCR) test specific for RNA from the novel coronavirus has been positive within the first 10 days after fever onset in specimens from some SARS
とあって、早期のウイルス検知にはこれしかないことになる。厚生労働省も、SARSの疑いがなんとかかんとかむにゃむにゃむゃとばかり言っていないで、さっさとこういう方法を導入して、ほんとに疑惑者にSARSウイルスがあるのかないのか、はっきりさせるべき。 ttp://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5214a1.htm

SARS「安全宣言」を撤回=エイズ並みの免疫力低下−中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030411-00000518-jij-int
 【北京11日時事】新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)で多くの死者が出ている中国広東省の鐘南山・広州市呼吸病研究所長は11日、北京で衛生省幹部らとともに記者会見し、中国ではまだSARSを「抑え込んだ」とは言えないと言明した。衛生省はこれまで、「国内では既に、SARSを有効に抑え込んだ」とし、安全を宣言していたが、同国有数のSARS専門家による否定発言は、中国政府が従来の説明を事実上撤回したことを意味する。 鐘所長はまた、SARS発症者の中には、免疫力がエイズ並みに低下したり、心臓の機能にまで影響が及ぶケースがあることを明らかにした。 (時事通信)[4月11日17時2分更新]

◆ 2003.4.11 【SARS速報】CDC−WHOとドイツグループの「新種コロナウイルス」が一致、論文2報がNEJM誌で早期公開
 New England Journal of Medicine(NEJM)誌は4月10日、米国疾病対策センター(CDC)−世界保健機関(WHO)グループと、ドイツBernhard Nocht研究所(BNI)を中心とする研究グループによる、SARS患者から単離した新種コロナウイルスに関する原著論文2報をホームページ上で早期公開した。両グループが個別に単離した新種コロナウイルス断片の遺伝子配列は一致し、同じウイルスであることが確かめられた。 CDC-WHOグループは、香港やカナダ、ベトナムなど6カ国のSARS患者から採取した唾液や血液、組織などを検索。一人の患者の咽頭ぬぐい液からコロナウイルスを単離した。コロナウイルス科ウイルスの共通プライマーを用いた逆転写ポリメラーゼ連鎖反応法(RT-PCR法)による検討で、このウイルスが、これまで知られているどのコロナウイルスとも異なる新種であることが判明。新種ウイルスに特徴的な配列を用いたプライマーを設計、RT-PCR法で他の患者から採取した検体を調べたところ、12人から同じ新種コロナウイルスが見付かった。
 一方のBNIグループは、香港から来たSARS患者をシンガポールで診察、米国ニューヨークで発病し、飛行機の乗り継ぎ地であるドイツ・フランクフルトで入院した32歳の医師とその妻、妻の母から新種のウイルスを単離。RT-PCR法などでウイルス遺伝子断片をランダムに増幅し、遺伝子配列を調べたところ、コロナウイルス科に特徴的な配列が含まれていることを見出した。断片の配列をCDCが報告した断片配列と比較したところ、両者が一致することが判明したという。
 両グループともこの新種ウイルスが、SARSの発症に深く関与しているとみている。CDC-WHOグループは新種ウイルスを、ハノイの病院でSARS患者を診察し、SARSに感染して亡くなったWHOの医師CarloUrbani氏にちなんで「Urbani SARS-associated coronavirus」と命名するよう提唱している。
 なお、先にカナダの研究グループなどが発表した「パラミクソウイルス原因説」に関しては、両グループの見解は大きく分かれる。
 CDC-WHOグループは、
1.患者検体の大半からはヒトメタニューモウイルスを含むパラミクソウイルスは検出されなかった、
2.カナダの患者から新種コロナウイルスが検出された−−との2点を挙げ、パラミクソウイルス原因説を否定。
BNIグループは、発端者からは新種コロナウイルスのほか、クラミジア・ニューモニエとパラミクソウイルス様ウイルスが見出されたことを挙げ、現時点では後2者もSARS発症への関与を否定できないとしている。
 CDC-WHOグループの論文のタイトルは、「A Novel Coronavirus Associated with Severe Acute Respiratory Syndrome」。
BNIグループの論文のタイトルは「Identification of a Novel Coronavirus in Patients with Severe Acute Respiratory Syndrome」。
いずれもNEJM誌5月15日号に掲載予定で、現在こちらから全文をダウンロードできる。
http://nejm.org/earlyrelease/sars.asp
MedWave http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/241503

★遺伝子配列に大きな違い 新型肺炎の原因ウイルス
 【ワシントン10日共同】アジアを中心に流行している新型肺炎(SARS)の原因と されるコロナウイルスは、これまで知られているコロナウイルスとは遺伝子の配列が大きく異なる、新しい種類だとの解析結果をドイツのベルンハルト・ノッホ研究所などのグループが10日、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン電子版に発表した。 また、米疾病対策センター(CDC)は、中国やベトナム、カナダなど異なる場所から得られた12のサンプルから、ほぼ同じ遺伝子配列のコロナウイルスを検出。 「このウイルスがSARSの原因である可能性が非常に強い」と発表した。 ドイツのグループによると、SARSの患者から得られたコロナウイルスの遺伝子配列は、既知のコロナウイルスと50−60%程度しか共通の部分がなかった。 (共同通信)[4月11日9時43分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030411-00000049-kyodo-soci

WHOの4月10日付報告書:香港の感染は、ゴキブリ、鼠に関係しない
ttp://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_04_10/en/
In a separate development, ongoing investigations of the source of infection in the unusual cluster of cases in Amoy Gardens have failed to detect the virus in animals. The findings refute previous hypotheses that the SARS might have been spread by cockroaches or rodents, possibly through some common system serving vertically connected flats. Most Amoy Gardens cases have been residents in a single wing of a single building, Block E.
アモイガーデンの異常な感染事件を調査中で、疑われていた動物にウイルスを発見することはできなかった。ゴキブリや鼠などがアパートを垂直につないでいる共通のサービス系を通じてSARS感染を媒介したとの疑いを否定するもの。アモイガーデンでは一棟の一翼の部屋のみが感染した。

★「ウイルスが変化 腹痛・腰痛の症状も」 4月11日 金 08:45 更新 [雅虎新聞]http://hk.news.yahoo.com/030411/12/r5fr.html
コロナウイルスがSARSの元凶だと発見した香港大学微生物学部の袁國勇教授によると、
ウイルスはすでに変化を開始しており、病状も初期の頃は発熱、咳、悪寒、筋肉痛、鼻水などを呈していたのが、現在では腹痛・腰痛など腎臓病に似た症状を訴える患者も出てきていると語った。中には咳も熱などの病状が全くない、サイレントキャリアーも出てきていると述べた4月14日:付け加え 新しい症状として下痢なども出ているそうです。

★4・10付、CDC所長のガバーディンの、マスコミとの電話記者会見
ttp://www.cdc.gov/od/oc/media/transcripts/t030410.htm
CDC Telebriefing Transcript
CDCのサイトに↑の記録が掲載されていて、多種多様の質問に答えているので、なかなか面白い読み物に。このなかで、ガバーディンが、自らこれは憶測(スペキュレーション)だが、と前置きして普段よりは突っ込んで語っているところがあって興味深い。
アメリカは今のところラッキーなのかも。それは、シンガポールやカナダのように、一人で何十人もを感染させるような強力な感染者が、アメリカには今のところいないからだ。こういう感染者があると深刻さや被害が大きく異なる。
サイレント・キャリアーの問題について、これは重大な問題だが。今までの例では、この経路は主要な感染経路にはなっていない(ラッキー)。ウイルスチェックの体制が完成すれば、この問題をもっと解析できる。
ガバーディンは、最も初期にウイルスを確認できる手段としてPCR法によるテストに言及し、これを評価しているらしい感じがある。無論、問題はいろいろあるけれど、という前提で。
ガバーディンは、このウイルスは変化しやすいと強調しているだから感染力の弱いものとか症状の軽いものとか、いろんなヴァリアントがあってもおかしくない、といっている。もっとモニタリングを続けて確認しなければいけないが、という前提で話しているのだが
ttp://www.cdc.gov/od/oc/media/transcripts/t030410.htm
CDC所長が、このウイルスは変異しやすいので強いのいや弱いのやヴァリアントが生まれるかも、という発言をしている部分↓(CDCの電話記者会見記録、4・10)
With respect to your second question about either recombination of human viruses or cross-species transformation of the virus, this is a single-stranded RNA virus, so it's wobbly, and by that I mean when it reproduces, it's not necessarily a 100 percent capable of creating an exact clone. There are very high likelihoods of small genetic changes each time a virus like
this divides, and so we would be surprised if we didn't see ongoing evolution in this family of viruses, over time. Of course of all the different genetic variants that can be created, many may not be virulent, many may not be efficiently transmitted, so it's just impossible to predict what the future may hold. But it is something that obviously will be important to monitor, over time, as this moves throughout the population and particularly as we move toward vaccine development or antiviral treatment.


★CDCとFDAは、SARS感染地域を旅行した人からの(潜伏期間内の)献血を考慮中

ttp://reuters.com/newsArticle.jhtml?type=healthNews&storyID=2546554
Concern About Spread of SARS Growing at CDC
Gerberding also said that the CDC is working with the Food and Drug Administration and the blood banking industry to develop some "sensible guidance" about deferring donation from people who have traveled to outbreak areas and could be in the incubation period. "There is no evidence that SARS is a blood-borne infection," Gerberding emphasized. "But anytime there is a new viral infection or patients are as sick as these patients are, we have to be concerned about at least a temporary period of time where the virus could be in the blood."
ガバーディンCDC所長は、FDAや血液銀行と、新しいガイダンスの設定について作業中であると述べた。これはSARS感染地域を旅行した人の献血を、潜伏期間の終わるまでは(受け付けず)延期することを考慮したもの。「SARSが血液感染するか証拠はないが、これは新しいウイルス感染症だから、少なくともウイルスが血液にいる期間中については、気をつけないわけにはいかない」
#香港で、感染者の排泄物と血液からウイルスが発見されたというニュースがありました。ソースはこのページの下のほうにあると思う。。確認ください(ゴメンナサイ)

★ASEAN・豪州 各国でのSARS対応
http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/free/tokuhou/030318_tyo/01_10/c02_01.gif
一覧表になっているので分かりやすい。

★日本でもウイルス検査してるみたいです。WHO報告より  SARS:診断のための検査の有効性と検査方法(4月8日)
http://idsc.nih.go.jp/others/urgent/update23-2d.html
SARSの診断は依然臨床所見と暴露の有無のみに基づき行われている(Case Definitions for Surveillance of Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS) [日本語版] )。
しかしながら、カナダ、フランス、ドイツ、香港特別行政区、日本、オランダ、シンガポール、英国、米国などでは、SARSの「疑い例」あるいは「可能性例」に対してルーチンにウイルス学的検査を行うようになって来ている。この検査はまだ開発と改善の途上であり、現段階で実地にそれを用いることは、SARSとヒトコロナウイルスとの関連を理解する上で役立つ。

★The Lancetより
重症急性呼吸器症候群の可能な原因としてのコロナウイルス
Coronavirus as a possible cause of severe acute respiratory syndrome
http://www.thelancet.com/journal/vol361/iss9364/full/llan.361.9364.early_online_publication.25242.1
http://image.thelancet.com/extras/03art3477web.pdf

★2003.4.9 【SARS速報】高年齢者ほど重症化しやすい−−香港の報告から
 香港中文大学医学部のNelson Lee氏らは、香港Prince of Wales病院における138人のSARS患者について、感染の経緯、臨床所見、検査データ、胸部X線とCTによる画像所見、肺組織所見などをまとめ、4月7日付けのNew England Journal of Medicine誌(オンライン版)に発表した。そのなかで、SARSにかかった場合、重症化するリスクを高める要因として、高年齢、好中球数が多い、LDHの値が高い、の三つがあることが明らかになった。
記事の詳細と全文
MedWave http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/241112
●原文 A Major Outbreak of Severe Acute Respiratory Syndrome in Hong Kong
Abstract http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/NEJMoa030685v1
PDF http://content.nejm.org/cgi/reprint/NEJMoa030685v1.pdf

★2003.4.8 【SARS速報】香港ではSARSの重症者116人に、医療スタッフの感染報告も続く
 香港では重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行が収まる気配がなかなか見えない。3月末に、九龍地区のマンション「アモイガーデン」における大規模な感染が報告された後、4月2日から4日にかけては1日当たりの新規感染者報告が20人台に下がったが、5日に39人、6日に42人、7日には41人が入院しており、心配な状況が続いている。4月7日現在、累計患者数883人のうち、退院者は127人で、733人が入院中。うち116人がICUで手当てを受けている。死亡者と合わせると累計患者数の約16%が重態化している。
 不安なのは、医療スタッフの感染が続いていることだ。4月1日から7日までの1週間で44人の医療スタッフが入院している(3月12日からの累計では208人)。香港のSARS患者数は世界全体の3分の1であり、医療スタッフは患者との接触の機会が極めて多い。わずかな不注意や継続して飛まつを浴びることで、防護措置にもかかわらず、感染者が発生している可能性がある。
 268人という大量の患者が発生したアモイガーデンでは、住民を別の場所に移して封鎖されているE棟で7日から消毒処置が開始された。7日にエレベータを含む共同施設、8日以降に個々の住居を消毒する。これは糞便を介した環境汚染が疑われているためだが、WHOによれば、今のところ、環境汚染による感染が発生したかどうかについては何も判明していない。
MedWave http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/240769

★2003.4.8 【SARS速報】患者数2601人うち死者98人に、診断キットに限界
 世界保健機関(WHO)は4月8日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の患者数が2601人、うち死者が98人になったと発表した。また、開発された3種類の診断キットは使用可能だが、感染後すぐには検出できないなど、それぞれに限界があるという。WHOはまた、これまでに感染が報告されている主要国の現状について、これまでの状況をまとめている。
 WHOの共同研究チームが開発した診断キットは、当初の期待よりも問題があり、そのためにSARSの迅速なコントロールが難しくなっているという。
◆ELISAと呼ばれるキットは、臨床症状が出てから約20日後以降でないとSARS抗体を検出できない。また
◆免疫蛍光検査法(IFA)検定によるキットは、感染10日後から検出できるものの、ウイルスの培養を要し、結果が出るまでに時間がかかってしまう。
◆ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)分子テストは、早期検出が可能だが、疑陰性が多い。

MedWave http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/240891

★新種ウイルスの可能性強まる SARS、データで裏付け
 新型肺炎(SARS)の原因とみられているコロナウイルスの遺伝子分析結果を香港大などのチームが9日までに、英医学誌ランセットに発表。香港の患者から分離されたウイルスは、従来知られていたコロナウイルスの3グループのどれにも属さず、新種コロナウイルスの可能性が強いことをデータで裏付けた。 分析したウイルスは、53歳の男性患者の肺組織と42歳の女性患者ののどから分離。同ウイルスの遺伝子であるRNAのうち数%の塩基配列を調べ、ほかのコロナウイルスと比較した。 その結果、マウスや牛のコロナウイルスが含まれるグループに最も近かったが、香港大などは、3グループのいずれにも属さないと結論を出した。このウイルスのRNAは、当初の患者50人のうち22人から検出されたという。河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2003/04/2003040901000388.htm

★医師2人を広州に派遣 SARS対策として外務省
ttp://www.asahi.com/national/update/0409/025.html
外務省は9日、新型肺炎の重症急性呼吸器症候群(SARS)の対策として、国立国際医療センターの医師2人を中国・広州に派遣することを決めた。10日から15日まで滞在し、日本人向けに健康相談などを行う予定だ。同省はすでに香港にも医師を派遣しており、香港と広州の在留邦人を対象にマスク計1万枚を配布する。また、11日には東京都内で、企業向けに専門家の講演会を開く。 (04/09 20:44)

★ゴキブリ犯人説にウイルス学者が反論

ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/SP181394.htm
Sneezing seen more a SARS risk in HK than cockroaches "But I don't think (cockroaches) are a major route of transmission. Droplet infection, direct contact, indirect contact, and also the faecal route, that is sewage, those could be important routes." Guan Yi, another virologist, said it was more likely that residents in Block E caught the disease by inhaling contaminated microscopic droplets left behind by an infected person in the tiny lift or lift lobby.
香港の衛生当局の高官が、アモイ・ガーデンのSARS感染に関連して、ゴキブリの媒介を示唆する発言をしたが、専門のウイルス学者からは反論が。ウイルス学者のマリク・ぺイリスによれば、そういう事はありえないことはないとしても、主要な感染経路にはなりえないという。「飛まつ感染、直接及び間接の接触感染、それに汚物による感染ルートが主要なものになり得る」別のウイルス学者、ギャン・イもゴキブリ犯人説に懐疑的で、エレベータやエレベータ・ロビーでの飛まつ感染のほうが疑わしいという。


<新型肺炎>香港・九竜の飼い猫からウイルス 人への感染調べる(ちと日付が古いけれど。)
 【香港・成沢健一】4日付の香港各紙によると、重症急性呼吸器症候群(SARS)の集団感染が確認された九竜地区の高層マンション群「淘大花園(アモイガーデン)」で、飼い猫がSARSに感染していた可能性があることが分かった。SARSの主因とされるコロナウイルスは動物とのかかわりが指摘されており、香港の衛生当局は検出したウイルスを詳しく調べている。 この猫は、隔離されたE棟で飼われており、飼い主の家族がSARSに感染していた。猫の便を調べた結果、コロナウイルスが検出されたという。衛生当局は、飼い主と猫のウイルスが同一かどうかの確認はできておらず、ヒトと動物の感染の可能性について慎重に調べている。[4月4日22時11分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030405-00000088-mai-int


製薬会社大手のロシュが、SARS検査キット開発、6週間で出荷できると発表
ttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story2&cid=570&ncid=753&e=4&u=/nm/20030410/sc_nm/health_sars_roche_dc
Roche Says Could Make SARS Test in Six Weeks
検査キットの内容や方法についての情報は記事にないので、よくわからないのだが。

★快復後も体液に感染力−SARS 香港衛生署が指摘
【香港9日深川耕治】香港衛生署はこのほど、新型肺炎(SARS)に感染しながら無自覚のまま発病していない人や感染後に治療して治癒・回復した人の場合、三ヶ月から六ヶ月の期間は排せつ物や体液(だ液や鼻水、涙など)に感染力が残り、他人に伝染する可能性があるとの見解を示した。衛生署によると、その場合、感染力が残っているとしても、徹底した隔離と完全消毒が必要とされるのではなく、マスクの着用や手洗いに努め、衛生面での自己管理に配慮する程度で通常の日常生活が可能としている。 この見解を示したのは衛生署顧問の謝麗賢医師。謝医師は「SARSの病原体は感染者自身には大きな影響を及ぼさないが、注意しないと他人へ伝染する機会が多い。快復したとしても部分的に病原菌が身体に残っている場合もあり、体液や排泄物処理などの最低限の衛生管理が各個人に求められる」と強調している。 この問題で懸念されているのが、集団感染が発生した九龍地区牛頭角の高層マンション「淘大花園(アモイガーデン)」住民の隔離後の処理。E棟一棟が隔離され、感染が判明した住民は入院、治療を受けているが、いずれ、自宅に帰って日常生活を送ることになる。 香港大学微生物学系の黄世賢助教授は「SARSの感染者および治癒後の快復者は病原菌を保有して伝染させる力を残しており、かりにE棟の住民百人以上が自宅に戻れば感染が一〇〇%なくなるとの保証はない。衛生当局はアモイガーデンの汚水系統の衛生管理問題を速やかに解決し、定期的に各住民宅のトイレの消毒管理を行なう必要がある」と指摘している。
http://www.worldtimes.co.jp/

★症状無き感染者(asymptomatic carriers )4月9日か10日
ttp://online.wsj.com/article/0,,SB104984174248812900,00.html?mod=opinion%5Fasia%5Freview%5Fand%5Foutlooks
Yesterday brought news that some people may be asymptomatic carriers of the disease. In an apartment complex with hundreds of cases, 16 people have now tested positive for the virus but haven't fallen ill. On one level this may be encouraging news that the disease may be less deadly than initially thought, but from the standpoint of containing its spread it is hardly reassuring.
One or two "typhoid Marys" could undo all the containment work completed so far at great expense. Already there have been several reports of people checking into hospital with a fever, being discharged after SARS was ruled out and then being readmitted later with full-blown cases. Until there is a quick and reliable diagnostic test, authorities have to err on the side of caution.
香港で何百人ものアパートの住民が感染したケースで、昨日16人のウイルス・テストで陽性でも発症はしない人が確認された。ある意味ではこれ(感染しても発症せず)は勇気付けられることで、思ったよりSARSが酷い病気ではないともいえるが、またある面では(発症しないから)感染の封じ込めには重大な問題を提起している。大変な努力をして封じ込めた感染が、簡単に破られてしまいかねない。また、発熱などの症状が出て病院で検診をうけてSARSではないとされた後で、そういう人がSARSを発症するケースがすでにいくつもある。迅速で信頼の置ける診断テストが開発されるまでは、当局は慎重な取り組みをする以外にない。(ウオールストリート・ジャーナル)

★SARSは性交渉で伝染?
台湾大学公衆衛生学の教授は、SARSはセックスで伝染するとの大胆な仮説を展開している。発病していない女性の分泌物にウイルスが大量に含まれている疑いがあるという。教授は、中国に行った人は「やましいこと」をしていないか聞き取り調査をすべきだと意味深長なことを述べ、近く学会に自説を発表するという。衛生署は仮説の根拠がどこから出ているのか分からないとしているが、どんな説でも拝聴してみる価値はあるとしている。http://www.naruhodo.com.tw/

★SARS、潜伏期にも伝染?

世界に恐怖に陥れた重症急性呼吸器症候群(SARS)は、潜伏期にも感染するのだろうか。世界保健機関(WHO)をはじめ、ほとんどの専門家らは、その可能性について「極めてまれだ」と主張している。しかし一部ではその可能性も提議されており、論議が続いている。韓国の保健当局はWHOの意見を尊重しながらも、まだSARSの原因ウイルスが解明されていない点を勘案し、潜伏期の伝染に注視している。インターナショナル・ヘラルドトリビューン紙は8日付の香港発記事で「高熱などSARSの主要症状が現れない状態でも感染する可能性がある」と報じた。同紙は、ベトナム・ハノイ南部ニンビン地域に住む家族4人が娘婿から集団感染した事例をその理由に挙げた。しかし国内の専門家らはこの可能性を否認している。国立保健院の金文G(キム・ムンシック)院長は「せきをするとだ液と一緒に病菌が出るが、せきは主要症状の一つであるため、発病しない状態で病菌が移る方法はないとみている」と話した。WHOも4日、SARSガイドラインで、潜伏期間には感染しないという公式立場を明らかにした。仁川(インチョン)空港検疫所のイ・ジョング所長は「米国疾病管理センター(CDC)も初期にこうした立場を明らかにしており、今でも同じ判断だと理解している」と語った。しかし国立保健院は潜伏期伝染の可能性を完全に否認しているわけではない。SARSの感染源が明らかになっていないため、発病前後にどれだけ伝染力があるのかも分からないからだ。
中央日報 http://japanese.joins.com/html/2003/0408/20030408194732400.html

香港のSARS患者の、病院でのICU必要の比率は15・4%
ttp://online.wsj.com/article/0,,SB104984174248812900-search,00.html?collection=wsjie%2F30day&vql_string=sars%3Cin%3E%28article%2Dbody%29
Fighting a Potential Catastrophe
Above all else, SARS is scary because of the damage it does to the human body. There are 765 SARS patients still in Hong Kong's hospitals, and 118 of them, or 15.4%, are in intensive care. Moreover, a higher percentage will need intensive care at some point during their treatment; the NEJM study of 138 cases found that 23.2% of patients needed intensive care and 13.8% had to be put on a mechanical ventilator. While the SARS mortality rate sounds low at 3.5%, as Madeline Drexler wrote, that is higher than the mortality rate of a virulent strain of influenza which killed 40 million people world-wide in 1918-19.
香港の765人のSARS患者についての統計では、118人、つまり15・4%がICU治療を必要とする。さらに、ある時期をとればより高いICU必要率もありえるのだ。NEJMに発表された138人のケース・スタディでは23・2%がICUを必要とし、13・8%は人工呼吸器を必要とした。致死率の3・5%は4000万人を殺した1918−19年のスペイン風邪よりも高い。(ウオールストリート・ジャーナル)
上記論文をリンク 日本医師会サイトより
医学雑誌New England Journal of Medicineが、4月7日付けで、香港での大規模なSARSのアウトブレイク報告を緊急に、無料公開したので、ご参照ください。
*lA Major Outbreak of Severe Acute Respiratory Syndrome in Hong Kong
N. Lee and Others  http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/NEJMoa030685v1  http://www.med.or.jp/kansen/sars/index.html


NEJMに新たな発表:潜伏期間は最大で16日と香港医師団が報告
ttp://online.wsj.com/article/0,,SB104980528594426800-search,00.html?collection=wsjie%2F30day&vql_string=sars%3Cin%3E%28article%2Dbody%29
In a study published Monday in the New England Journal of Medicine based on a sample of 138 local SARS cases, 14 Hong Kong scientists and medical researchers report that SARS appears to have an incubation period of as many as 16 days. That is significantly longer than the 10- to 12-day surveillance period the World Health Organization and the U.S. Centers for Disease Control and Prevention recommend health authorities use. Among the study's contributors are Gavin Joynt, head of the intensive-care unit at Prince of Wales Hospital, and Paul Chan, a professor of microbiology at Chinese University of Hong Kong.
月曜日に医学雑誌NEJMに発表された138人のSARS患者のケース・スタディに拠れば、SARSの専横区機関は最大では16日にも及ぶという。これは従来の定説である10日ー12日と比べて長いもので、監視機関の根拠になっているデータとは異なる。この研究はプリンス・オブ・ウエールズ病院のICU部長のガビン・ジョン氏と香港大学の微生物学教授のポール・チャン氏などが行った。(ウオールストリート・ジャーナル)

★1人の患者から112人も=すさまじいSARS院内感染−香港中文 時事通信ニュース速報
 1人の新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)患者から、医師や看護師、周辺の患者らの2次感染者が112人、その家族ら3次感染者が26人−。香港中文大学の研究グループは9日までに、今年3月に付属のプリンス・オブ・ウェールズ病院(約1360床、職員約4000人)で発生したすさまじい院内感染の実態を米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの電
子版に発表した。[時事通信社][2003-04-09-05:41]
→ ttp://content.nejm.org/cgi/content/abstract/NEJMoa030685v1
A Major Outbreak of Severe Acute Respiratory Syndrome in Hong Kong
(上記のページは摘要)
本文はpdfファイルで、摘要も入れて9ページ。X線写真の図もあり。 レポートの最後に、「この報告を、我々の同僚やその家族でもあった患者たちに捧げたい」とあった。
★SARS院内感染 1人の患者から112人に激増(ゲンダイネット)
 香港中文大学の研究グループは9日までに、今年3月に付属のプリンス・オブ・ウェールズ病院(約1360床、職員約4000人)で発生したすさまじい院内感染の実態を米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの電子版に発表した。 発端は3月4日に高熱や筋肉痛、せきの症状で入院した26歳の男性患者と判明。この患者は抗生物質を使った治療を1週間受けた後、快方に向かったが、治療に当たった医師、看護師らがSARS(新型肺炎)を発症。結局、同月25日までにこれら2次感染患者は112人、その家族ら3次感染患者は26人に上った。 一方、米誌タイム(電子版)は8日、中国当局がSARSの発症者数を過少に報告している疑いがあると報じた。北京の人民解放軍病院の医師が、市内の病院1カ所だけでも60人の患者が入院、うち7人が死亡したことを明らかにする告発文を同誌に送ってきたという。 告発文によると、3月上旬の全国人民代表大会(全人代)開幕ごろ、同医師の勤務する病院にSARSと疑われる高齢の男性が入院。男性は別の病院に移送されたが、医師にSARSの知識がなかったため、医師や看護師10人が感染した。 男性は2日後に死亡、その妻も直後に死亡した。


WHO:SARS検査(診断)の開発済の三つの手法には問題もある(4月8日)
ttp://www.bangkokpost.com/News/09Apr2003_news09.html
Available tests to detect Sars not fully reliable, says WHO
これは他の記事中にもあって既出だが、タイの新聞がこれだけを取り上げた記事にしているので:
@PCR法は、感染の初期の患者を検知できるが、誤診が多く正確性に問題がある
AELISA法は、正確だが抗体を使うので発症後20日後でないと検知できない。だから、初期の患者の診断には使えない
BIFA法は、10日で抗体を検知できるが、ウイルスを培養するなどの手続きに時間と手間がかかる。
現在開発された三種類の検出方法では、早期に正確な検査を確実に行うことは困難とWHOは話している。
#DNA診断チップのような全く新しい方法でも実用化されないと不安が解消されそうもない悪寒


アメリカ:CDC:SARS患者認定の基準が「幅広い」のは意図してそうしている
ttp://abclocal.go.com/wpvi/health/04082003_hk_sarscalls.html
CDC: Record Calls on SARS
She said the U.S. cases, on average, may be less serious than those in other parts of the world because the CDC is using a very broad case definition in hopes of capturing all real cases. Someone doesn't have to have severe pneumonia to be listed as suspect SARS here, she said.
アメリカ議会(上院、聴聞会)でCDC所長のガバーディン女史が、「アメリカ国内のSARS患者の症状は他の国に比べれば軽い。これは患者の定義を幅広くしているからで、それは意図的にSARS患者をみのがさないためにしている。アメリカ基準では重い肺炎の症状がみられなくても患者にしている」と国会議員に説明した。 
#日本がゼロでアメリカが100人を超えても楽観できない・・

★2 Die As More SARS Cases Rattle Hong Kong
ttp://abcnews.go.com/wire/Living/ap20030408_803.html
Dr. Samson Wong, who teaches microbiology at the University of Hong Kong, said SARS might infect 80 percent of the population within two years, and the remaining 20 percent after that.
香港大学の微生物学教授・サムソン・ウオン氏は、SARSが2年で香港の80%の市民に その後では残りの20%に感染するかもしれないとした。
(はやく治療法見つかりますように。投稿者談:)物凄いことをいう先生が・・香港の人口が約700万人だから致死率4%なら28万人

★SARSの原因が、新種のウイルスとの疑いが深まる(ロンドン発、ロイター)
ttp://asia.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=scienceNews&storyID=2528604
Evidence Mounts SARS Linked to New Virus Strain
SARSの原因とされるコロナウイルスが新種である可能性が高まったという記事。コロナウイルスが原因とする考え方はほぼ確定。しかし、このウイルスは新種で今まで知られている人間の(風邪を起こすような)コロナウイルスとは異なるが動物のコロナウイルスとも一致しない。さらにDNA分析などを続行する必要がある.この記事の中に、
SARSのウイルスは排泄物とともに体外に出る事がテストで確認されたとある。しかしそういう状態(や経路での)のウイルスに感染力があるかは確かめられていないという。

SARSはゴキブリが病原体運搬か・香港ラジオ
【香港8日共同】香港公共ラジオによると香港政府当局者は8日、新型肺炎(SARS)感染が大量に発生したマンション地区アモイガーデンでの感染経路について、ゴキブリがウイルスを運んだ可能性があることを明らかにした。同地区では250人以上の感染が確認され、感染経路については、下水道から広がった可能性があるとだけいわれていた。当局者は、下水道管を通ったゴキブリが、ウイルスの付着した汚物を家庭内に運び込んだ可能性があるとみている。 香港の8日までのSARS感染者は、前日から45人増えて928人に、死者は2人増えて25人になった。  (21:24)http://www.nikkei.co.jp/news/main/20030408AT3K0804N08042003.html
★ゴキブリがウイルスを運んだかも アモイガーデンEブロックで 
Cockroaches may have carried virus  http://www.thestandard.com.hk/thestandard/news_detail_frame.cfm?articleid=38162&intcatid=1

新型肺炎ウイルス、新種「コロナ」と確認して命名
新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の主因とみられるウイルスが新種のコロナウイルスであることを、日本など9か国の11機関が参加している世界保健機関(WHO)の研究協力ネットワークが確認し「SARSウイルス」と命名した。 サルの培養細胞にこのウイルスを感染させると、ウイルスが増殖して細胞が変形するが、SARSから回復して体内に免疫のできた患者の血清が、この変形を抑制することなども確認した。この血清が治療に使える可能性も出ている。 SARSウイルスの増殖を様々なコロナウイルスに対する強力な免疫物質が抑制したことや、遺伝子の部分的な解析から、コロナウイルス属の一種であることが確かめられた。 ただ遺伝子の配列は、3グループに大別される既知のコロナウイルスとは異なるため、新種と判明した。 ネットワークは、SARSウイルスを検出するための検査方法を、すでに3種類開発したが、それぞれ長短があって、実用水準には達していない。今後、3種類の検査を実際の患者に適用しながら、精度を高めていくという。(読売新聞) [4月8日14時36分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030408-00000206-yom-soci

SARS患者の臨床分析結果より(Apr-8 South China Morning Post)ソースURL確認中
香港大学の微生物研究学者チームが、2月下旬〜3月下旬にSARSに感染した患者50人の臨床分析結果を発表した。これによると、
患者の症状は、発熱(100%)、悪寒(74%)、乾いた咳(62%)、
筋肉痛と倦怠感(約50%)、鼻水(24%)、のどの痛み(20%)、下痢(10%)
など。SARSが重症化する主要なリスクファクターは、高齢、持病、肝機能低下、および抗ウィルス薬リバビリンとステロイドの併用の遅れである。集中治療を受けた患者が、最初に症状が出てから重症化するまでの平均日数は、8.3日であった。なお、90%のSARS患者からコロナウィルスが検出された。

★ 110 名前: 4月8日よりアモイガーデンE座を消毒 投稿日: 2003/04/07(月) 23:52
RTHK2003-04-07 22:22
衛生署は、あす8日よりアモイガーデン(淘大花園)ブロックEの消毒を開始すると発表(※訳注:夕方の時点で全部の世帯と連絡がとれた)。食環署職員がキッチン、トイレ、とくに洗面所、バスタブ、下水管などウイルスが長時間生存しそうなところを重点的に消毒する。現在隔離されている住民は、家の鍵を当局に渡すか、1名代表をだして消毒に立ち会わせることができる。隔離条例前に引っ越した住民の家は、明日の午後からあさっての午前にかけての指定時間に消毒する。またブロックEのエレベータなどは、管理会社が既に消毒している。

サイレント・キャリア:スーパースプレッダー(超感染性患者)0408

★肺炎患者の多く 飲食店関係者
世界保健機関の調査チームは、中国・広東省のウイルス性肺炎の患者の多くが飲食店などで働いていたことを突き止めました。感染ルート解明につながるかどうか注目しています。中国の患者は1268人で、53人が死亡しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/2003/04/07/k20030407000138.html

WHO@広東省:SARSの感染は減っている、ウイルスの世代が進むと感染力低下か?
ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/PEK172388.htm
07 Apr 2003 08:28:37 GMT INTERVIEW-WHO sees SARS slowing in Guangdong
北京発、ロイター:中国広東省でSARS調査を続けているWHOの専門家はインタビューに答えて、広東省の感染率が明らかに低下していると語った。ロイターの電話インタビューに答えて、WHOは、感染率が低下しているが、もちろん、まだSARSが感染し続けている、と答えた。SARSのウイルスが感染してゆく間に世代交代で、感染力が弱まるのではないかという仮説が議論されているが、現象的な感染の効率低下をWHOが認めたことになる。SARSウイルスが動物からのジャンプではないかとする仮設については、WHOは何も新しい発見はなかったと答えた。WHOは、いま、多くのデータを収集している段階であり、さらに多くのデータが必要であるとした。今回の調査で、この論点について、結論が出るところまではゆかないだろうとしている。
この記事で、議論の多そうな部分の原文は(↓)
"We've seen more and more evidence of subsequent generations of the disease out here being less severe and people, as they move further on in the generation cycle, transmit it less efficiently," he added.

★新しい手法でSARSウイルスを検知:DNAチップ
ttp://www.globeandmail.com/servlet/ArticleNews/TPStory/LAC/20030407/UGENEN/TPHealth/
Researcher's new process targets suspected SARS virus
UCLA系のベンチャーの進めている、DNASチップでの病気診断がSARSウイルスの検知に利用できそうだという記事。解説的なものが多くて、SARSそのものの情報が少ないが、SARSは動物からのジャンプだろうという。こういう新しい手法の「ウイルス・チップ」ができると検診を自動化できる可能性があるという。(サンフランシスコ、AP)

香港:SARSの最悪事態に備えて、病院の体制強化へ(香港発、ロイター)

ttp://asia.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=scienceNews&storyID=2518008
HK Hospitals Brace for the Worst as SARS Spreads April 7, 2003 02:53 AM ET
香港病院行政を預かるレオン・チェ・ハンは日曜夜のTVの会見で、最悪の事態を想定して体制を固めるとした。「我々は、封じ込めがうまく言って欲しい、最悪の事態には至らないと思うが」と語った。香港は最悪の場合3000人の患者に耐えられる体制を固める。日曜日時点の患者は842人、死者22人である。患者のおよそ4分の1は医療関係者で、政府は民間の医師や看護婦を雇用する計画を進めてきた。香港で最近起こった、ユナイテッド・クリスチャン病院の院内感染では12人以上の医師や看護婦が感染した。
香港で開発されたSARSの診断・検査方法に疑問が寄せられている。行為の病院関係者がこのテストで陰性になった後でSARSに倒れたためである。

SARS、動物から感染か=WHOと中国専門家が指摘
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030407-00000391-jij-int
 【北京7日時事】中国英字紙チャイナ・デーリーは7日、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の原因について世界保健機関(WHO)と中国人専門家の話として、動物を媒介して感染する可能性があると報じた。 この専門家は、ウイルス学を専門とする広州・中山医学院の研究者で、「SARSで死亡した人の検体から、動物から採取されたのと同じウイルスが見つかった」と指摘。WHO調査団のメンバーも同じ意見を述べ、調査団が感染源解明に向けて広東省で多くの検体収集を進めていることを明らかにした。 (時事通信)[4月7日13時6分更新

似た症状の肺炎を中国で17種類確認 香港紙報道
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20030407k0000e040020000c.html
【香港・成沢健一】中国系香港紙「文匯報」(5日付)は、中国疾病予防対策センターの李立明主任の話として、新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)と似た肺炎が中国でこれまでに17種類確認されていると報じた。 報道によると、中国では細菌などによる一般的な肺炎と区別し、ウイルスやクラミジアによる肺炎を「非典型肺炎」と呼んでいる。SARSも症状などから非典型肺炎としているが、既に確認されている17種類とは異なる。致死率は3.8〜3.9%で、従来の非典型肺炎の4%前後より低く、過度に不安になる必要はないと強調している。[毎日新聞4月7日] ( 2003-04-07-10:24 )

新型肺炎 未発症者からも感染
新型のウイルス性肺炎の広がりが問題となっている香港では、 ウイルスを保有していてもまだ発症していない人からも感染が 広がっていた実態が明らかになり、検査体制や予防対策の見直しが 迫られています。
04/06 20:59 http://www3.nhk.or.jp/news/2003/04/07/k20030406000105.html

<新型肺炎>検体から新型コロナウイルス検出 国立感染研も確認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030407-00000085-mai-soci
 国立感染症研究所(東京都新宿区)は6日までに、香港などから送られてきた新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の患者の検体から新型のコロナウイルスを検出した。米疾病対策センター(CDC)や香港大などがSARSの患者から検出していたコロナウイルスと構造がほぼ同じだった。今回の結果は、世界保健機関(WHO)が示していた「コロナウイルス主因説」を補強することになりそうだ。感染研は、WHOが9カ国の11研究所で組織したSARSの対策ネットワークに参加している。 香港やベトナムなどから送られてきたSARS患者の血液やのどの粘膜などを調べたところ、新種のコロナウイルスが見つかった。遺伝子などを詳しく調べたところ、香港や米国で見つかった新種のコロナウイルスと構造がほぼ一致した。
 香港やドイツではパラミクソウイルス、中国・広東省の患者からはクラミジアが確認され、「二重感染」で重症化したのではとの指摘もある。
 しかし、日本国内の専門家の間では
(1)パラミクソウイルスが検出されずに、重症化した患者がいる
(2)クラミジア感染による肺炎の大規模な流行は過去にない――などの理由から「コロナウイルス以外の原因は考えにくい」との意見が強い。
仮に新種のコロナウイルスが原因と特定された場合、ウイルスの遺伝子を増殖するPCR法を使えば、24時間以内に感染の有無が判定できるようになるという。
 しかし、長崎大医学部の片峰茂教授(感染分子解析学)によると、予防のためのワクチン開発などには少なくとも2、3年かかる。
 ワクチンを作るには
(1)ウイルスの構造を解明した上で、大量に増やす
(2)ウイルスの毒性を弱めたワクチンを試作する
(3)動物実験や臨床試験で効果や安全性を確認する――などの手順が必要で、現状ではまだ(1)の段階も終えていないためだ。
 このため、片峰教授は「まずは、SARSを引き起こす病原体を特定し、それを踏まえた検査法の確立を急ぐ必要がある。その上で患者を特定し、2次感染の予防に全力をあげるべきだ。ワクチンの作製は、その後の問題になる」と話している。 【江口一】(毎日新聞)[4月6日21時50分更新]

SARSは動物から発生―WHO広東省調査チーム  「ある特定の動物」ってなんでせう
http://www.worldtimes.co.jp/w/asia/news/030406-010359.html
 【香港5日深川耕治】重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染源解明に向けて広東省への現地調査入りをしている世界保健機関(WHO)の専門家チーム五人は五日、広州市内の中山大学医学部を訪問して同大の微生物学専門家と情報交換し、SARSの最初の感染源はある特定された動物の体内から発生したもの、との見解を示した。 WHOの調査チームによると、SARSの病原体は呼吸器疾患などの病原体であるクラミジアの一種と家畜に広く感染してかぜの原因となるコロナウイルスが混合して組織されたもので、最初はある特定の動物の体内から発生した、とし、最初の病原体を特定するにはなお調査時間がかかるという。
 中国政府はこれまで、SARSの病原体がクラミジアの一種と発表。一部の英科学誌や台湾紙の報道では、広東省在住の初期SARS感染者が感染以前に野生の鳥やアヒルなどの家きん類を捕獲したり、食肉処理していたとの理由から感染源として野生動物や家きん類などの可能性を指摘していた。


日米でSARS患者からコロナウイルスを検出
新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)診断法の開発を進めていた米疾病対策センター(CDC)は6日までに「世界保健機関(WHO)の研究協力ネットワークに参加している研究施設の大半で、主因とみられる新しいコロナウイルスの検出に成功した」と発表した。ネットワークの1つ、日本の国立感染症研究所(感染研)でも同日、香港などから送られてきた患者の肺組織などから、このウイルスの遺伝子を検出した。 SARSは現在、発熱や肺炎などの症状で診断され、普通のかぜなどとの区別が困難だった。診断精度が向上すれば、早期に実用化できそうだ。 診断法は、新種ウイルスの遺伝子の一部を化学的に増幅する「PCR法」を利用。感染研でも、流行地から送られてきた数十人の患者の肺組織や分泌物などの検体を分析した。その結果、発症した患者のほか、潜伏期に採取した検体の一部からも、ウイルスの遺伝子が見つかった。 国内で感染が疑われた患者からは、今のところ、ウイルス遺伝子は見つかっていない。5日現在、患者は20か国・地域で2416人、死者は89人。(読売新聞) [4月6日23時57分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030406-00000411-yom-soci ←読売って同じURLで記事変わっていくのね?

国立感染研が新種コロナウイルス検出、診断応用へ期待
新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の患者の肺組織などを分析していた国立感染症研究所は6日、SARSの主因とみられる新種のコロナウイルスを検出したことを明らかにした。米疾病対策センター(CDC)も、「世界保健機関(WHO)の研究協力ネットワークに参加している研究施設の大半で検出に成功した」と発表。中国の専門家が「クラミジアが原因」と主張する中、主因がコロナウイルスであることは一層確実となり、診断への応用が期待される。
同研究所は、ウイルスの遺伝子の一部を化学的に増幅して検出する「PCR法」を利用。香港などSARS流行地から送られてきた数十人分の患者の肺組織や分泌物などを分析した。その結果、すでに発症した患者のほか、潜伏期に採取した検体の一部からも、ウイルスの遺伝子が見つかった。
SARSは、発熱や肺炎などの症状で診断されており、普通のかぜなどとの区別が困難だった。今後、コロナウイルスの遺伝子や、体内にできる免疫物質(抗体)の検出精度が上がれば、確実な診断法につながる。同研究所が、感染が疑われた国内の患者についてPCR法で調べたところ、感染は否定されたという。WHOによると、5日現在、患者は20か国・地域で2416人、死者は89人に上っている。(読売新聞) [4月6日21時12分更新]
[Yahoo-読売] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030406-00000411-yom-soci


余談:WHO団長「SARSの呼称は不適切
 【北京=泉宣道】中国国営の新華社電によると、広州入りしている世界保健機関(WHO)調査団のロバート・ブレイマン団長は5日、新型肺炎を「SARSと呼ぶのは必ずしも適切でない」との見解を示した。同団長は「さらに調査し、研究する必要がある」とも述べたとしている。中国では新型肺炎を「非典型肺炎」と呼んでいる。 (07:00)http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20030406AT2M0502E05042003.html


★250 :名無しさん@3周年 :03/04/06 07:35 ID:lmnmusW/↓ソース確認中。 ソース確認次第UPします。
さっきNHKのニュースでビルの集団感染は配水管の破裂で水浸しになったのが原因の可能性って言ってたけど水の中で増えるのか?
余談:シンガポールの病院で100セット導入されたという(在シンガポール大使館HPから)PAPRフッドなるものを検索してみました。(4月6日1時追加)
http://www.msajapan.com/products/papr.html  http://www.sts-japan.com/J.HTM/22/32_2.htm

http://www.biomedcentral.com/news/20030404/03
Latest SARS evidence

SARS研究の現状 (ザ・サイエンティスト) 掲示板有志訳。原文も確認ください。
●ウイルスの中国起源は90−95%確かなことで、新型のコロナウイルスだろう(WHO)
●ウイルスは三種の既知のコロナウイルスから50−60%の変異(独逸、熱帯医学研究所)
●コロナウイルスを説明するために、まだしなければいけないことがある。ひとつは動物モデルでのウイルスの症状の発現を確かめること。人間については感染につれてIgMの変化のカーブを観察すること(WHO)
●CDCはSARS診察のためのコロナウイルス検出のfluorescent antibody and ELISA tests for antibodies発見。見通し明るい。
●DNA分析では独・熱帯医療研究所で進んでいる例で良いマッチ発見。何処から来たかがわかるかも。しかしこれはウイルスがゆっくり変異しつつあるからかも。
感染経路について、親密な接触以外の感染チャネルがあることは状況証拠的に確か。しかし空気感染には大多数が否定的。ドアノブとかに付着したウイルスが多数に感染するとか、そういうチャネルが。
●世界的な感染についてWHOは、アフリカへの感染が心配。それがおこると只でさえ足りない現地の医療資源に決定的なダメージを受けかねない。
#有志注:原文が専門的な文章なので↑日本語訳はミス多いと思われ。お医者さん、治してね。この仮訳は一般人が少しだけ研究のイメージを理解するための捨石。

★<新型肺炎>死亡患者臓器から新種の病原体検出 中国系香港紙
 【香港・成沢健一】4日付の中国系香港紙「文匯報」は、北京の研究者の話として、新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)で亡くなった患者の臓器から呼吸器疾患などの病原体であるクラミジアの新種が検出されたと報じた。世界保健機関(WHO)などが原因ウイルスとして指摘しているコロナウイルスの新種と同時に作用した可能性を指摘している。 報道によると、中国疾病予防対策センターの専門家が、SARSの死者5人の肺や肝臓などの臓器を調べた結果、多くのサンプルからクラミジアを検出した。回復期にある患者を調べたところ、この新種のクラミジアの抗体反応があり、発症後の経過が長い患者ほど反応が強かったという。 クラミジアは球菌状の微生物で、大きさは細菌とウイルスの中間に位置する。鳥を介して感染するオウム病や性感染症、呼吸器感染症などの病原体とされる。 SARSの病原体をめぐっては、WHOや香港大学の研究グループがコロナウイルスと断定している。一方、香港中文大学の研究グループが、麻しんなどを引き起こすパラミクソウイルスの一種を検出したほか、ドイツや台湾でも同様のウイルスが確認されており、複数の病原体が作用する可能性も指摘されている。(毎日新聞)[4月5日14時50分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030405-00001031-mai-soci


ウイルス学者竹田努先生@ロードアイランド大学 がアモイガーデンの件を推察する
(抜粋)まず予想される感染経路ですが、空気感染が予測されています。しかし感染拡大状況を見ますと、空気感染よりももう少し確実に侵入する流れがありそうです。一般には感染症は、空気、水、昆虫、食品、そして少数ですが接触などによって感染が起こります。今回の感染では、同一の建物内で感染が起こっているので、森林に近い地域に散発する「昆虫」と食品流通を周辺に見られる「食品」は除外できます。したがって、疑うべきは空気、水、接触になります。
http://www.rescuenow.net/get_close/michibata/39_030404.html
★CNN.comにもクラミジア云々の記事が出てるよ。4月4日付です。以下非常におおまかなまとめ↓
WHO→中国内の感染についてはクラミジアが関係あるかも?
   患者の肺からクラミジアが見つかったよ。
アメリカのhealth officials→クラミジアは関係ないかもよ? だって珍しいバクテリアじゃないし。たまたまクラミジア持ちだろ。
どっちもはっきりした根拠はない模様。
tp://www.cnn.com/2003/HEALTH/04/04/sars.std/index.html
中国のSARS蔓延は「性感染症と関連」とWHO
2003.04.05 http://www.cnn.co.jp/science/K2003040500069.html
Web posted at: 07:38 JST
  - CNN  香港(CNN) 世界保健機構(WHO)のスポークスマンは4日、少なくとも中国においては、性感染症の一種クラミジアが、致命的な新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS)の発症に関連している疑いがあると発表した。  WHOのクリス・パウエル氏は「SARSウィルスは他の何かと共に作用する。中国ではたまたまそれがクラミジアだった」と述べた。クラミジアは女性の不妊の原因となる骨盤炎を引き起こす性感染症だが、肺炎の原因になることもある。クラミジアとSARSウィルスの明白な関係は、2月に中国当局が、SARS感染者の肺にクラミジアを発見したと発表したことによってわかった。  WHOによれば、これまで世界16カ国で2300人以上がSARSに感染し、79人が死亡している。

★CDC:クラミジアがSARSを起こすとは思われない
http://reuters.com/newsArticle.jhtml?type=politicsNews&storyID=2512418
Chinese doctors said they had found evidence of a very common microbe, chlamydia pneumoniae, in some of the SARS patients and suggested that this might be the main suspect. But Hughes noted that chlamydia is a common cause of pneumonia as well as sexually transmitted infections. "I don't think it will be playing a role here," he said.
中国の医師が、SARS患者に、大変よく知られている肺炎の病原体であるクラミジアを発見し、これが主要な犯人ではないかと疑っている。しかし、CDCの感染症対策部長のヒューズ氏は「私はそれが主要な働きをしているとは思わない」とのべた
★掲示板のご意見 ttp://www.cnn.co.jp/science/K2003040500069.html
CNNもいい加減なことやるね! [中国のSARS蔓延は「性感染症と関連」とWHO香港(CNN) 世界保健機構(WHO)のスポークスマンは4日、少なくとも中国においては、性感染症の一種クラミジアが、致命的な新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS)の発症に関連している疑いがあると発表した。]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本語サイトの↑の記事はいまだに読めるのだが、英語サイトで検索バッファーに残
っているこの記事の元ネタ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
WHO: SARS infections in China appear linked to chlamydia
The World Health Organization suggested Friday that the common bacteria chlamydia may have teamed up with SARS
は、読もうとすると404になる。消されたわけだが、この記事より古い記事が今でも残っているから、これは明らかなCNNの情報隠蔽。まあ、チョンボと気づいて改めるのは改めないよりは良いが

タイムズ:SARSがクラミジア肺炎などという事は有り得ないのに
ttp://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-634977,00.html(4月5日)
Chinese scientists said yesterday that they had evidence that Sars was caused by a chlamydia organism. Chlamydia is a common cause of atypical pneumonia, so it appears unlikely to have been missed by laboratories around the world trying to find the cause of Sars. WHO said that it remained “99 per cent certain” that the cause is a coronavirus. (ロンドン・タイムズ)
中国様のおっしゃることなら、何でも最大級の尊敬をもって押し頂く共同とか日本のマスコミが、SARSクラミジア説を報道してるが、外電では全く相手にされていない。中国の科学者はきのう、SARSがクラミジアで起こされた証拠があると述べた。クラミジアは肺炎を起こすよく知られた病原体なので、今、世界中のラボで研究されているSARSの研究者がそれを見落とすという事は、起こりそうにない。WHOはSARSがコロナ・ウイルスによって起こされたことは「99%確かなこと」と再度のべている。


★新型肺炎: 死亡患者臓器から新種の病原体検出 中国系香港紙
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20030405k0000e040031000c.html
> クラミジアの新種が検出されたと報じた。
> 世界保健機関(WHO)などが原因ウイルスとして指摘しているコロナウイルスの新種と
> 同時に作用した可能性を指摘している。
294 :名無しさん@3周年 :03/04/06 11:59 ID:+GMixre0(下記ソース不明)
クラミジアは性感染症だけではありません。問題になっているのはクラミジア・ニューモニエの新種ではないかということです。
クラミジアは、0.3ミクロン程度の大きさで、細菌とウイルスの中間的な病原体です。
クラミジアは、現在3種類ありますが、最近性感染症の原因として注目を集めているのはクラミジア・トラコマチスという種類です。
ク ラ ミ ジ ア Chlamydiaの種類
クラミジア・トラコマチス
C.trachomatis
性感染症(STD)として、尿道炎、子宮頸管炎、新生児肺炎などを起こします。またトラコーマや封入体結膜炎などの眼感染症を起こします。
オウム病・クラミジア
C.pssittaci
オウムやインコなどの鳥類からヒトに感染し、オウム病(上気道炎程度の症状から肺炎で死亡する例まで様々)を起こします。
クラミジア・ニューモニエ
C.pneumoniae
上気道炎や肺炎などの呼吸器感染症を起こします。
米国:CDC/NIH/FDA合同のSARS会議、ワクチン開発計画始まる
アメリカで木曜日に、CDC、FDA, NIHに製薬メーカも加わるという豪華絢爛のSARS会議。ほとんどこの分野のトップを集めたわけで、保健省長官のトンプソンが旗を振って、メーカーを巻き込んだワクチン計画が発足する。しかし、ワクチンは一年先の話。この会議では、ワクチン以外の治療薬も検討され、今後さらに研究が進む予定。
ttp://abcnews.go.com/wire/Living/ap20030404_1410.html
U.S. Working on Mystery Illness Vaccine

FDA Looks Into Availability of Potential SARS Drugs
米国:米国食品医薬品局(FDA)、SARSの対応薬の準備を始める
http://smartmoney.com/bn/ON/index.cfm?story=ON-20030402-001171-1719
FDAはSARSの感染者増加に備えて、対応のための薬品の準備を始めていることを明らかにした。しかし、SARSの病原は未だ確かめられておらず、どんな薬品が効果的かの確証は無い。従ってFDAはCDCなどの研究の進展にあわせて、必要な場合に素早く動けるように準備を進める。
ICN薬品は、水曜日にFDAやCDCを含む政府機関から、リバビリンIV の在庫状況について問い合わせがあったことを認めた。ICNの霧状投与のリバビリンはRespiratory Syncytial Virusに効果のあるもので、研究用に医療機関や医師を限定して提供されている。水曜日午前中現在、アメリカのSARS疑惑患者は85人だが、生命の危機にさらされているような例は無い。27の州に及び、最大患者数を持つのはカリフォルニアだが、多くの患者が回復しつつある。 
掲示板有志注: I.V. = Intravenous でつ
Wednesday that various government agencies including the FDA and CDC have contacted the company regarding the availability of ribavirin I.V. to treat the deadly mystery disease.
は静脈(注射)リバビリンの在庫を・・・とすべきでしょうか?


ロシア人感染者の話だが、一旦治った後、再発したらしいよ。この男性は中国でSARSに感染し入院治療を受け快方に向かい、中国政府の定める手続きを経て四月一日に退院。その後ウラジオストクに向かったものの、飛行機内で再び発病したという。
http://www.worldtimes.co.jp/w/rosia/news/030404-204233.html

★新型肺炎の疑いでロシア人男性隔離=中国から空路ウラジオストク着
【モスクワ4日時事】インタファクス通信によると、中国のハルビン発の航空便でロシア極東のウラジオストクに到着したロシア人男性の乗客1人が4日、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の疑いがあるとして隔離された。時事通信 http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=030404210700X006&genre=int



病原菌はクラミジアか 中国の研究機関が分析 (クラジミアは以前の広東の集団感染で2例しか見つからなかったっていってなかったっけ?)
 【北京5日共同】新華社電によると、中国疾病予防コントロールセンターの責任者は5日までに、猛威を振るう新型肺炎(SARS)の原因について「クラミジアに似た病原体、あるいはその突然変異体の可能性が極めて高い」と述べた。 同センターは、2月から全国各地で死亡した患者から採集した組織を分析、5つのサンプルから「クラミジアに似た病原体」を検出した。一般のクラミジアとは別種で、肺炎やトラコーマを引き起こす細菌だという。 最終的に断定するには動物実験や血清分析などが必要だが、責任者は「これが原因の1つだろう」と自信を示した。 コロナウイルスの新種が原因とみられていることについては、同センターもサンプルから3例の痕跡を見つけたが、直接の原因とは考えにくいとして、追加分析はしていないという。
 同センターの研究者は世界保健機関(WHO)が広東省で実施している調査に同行、協力して原因解明に努める方針だ。
河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2003/04/2003040501000010.htm

参考:2月のニュースでも
原因はクラミジアとほぼ断定、広東省の異型肺炎
http://www.china-news.co.jp/society/2003/02/soc03022101.htm

★かぜの病原微生物 クラミジア
http://www.nagasaki.med.or.jp/byouki_f/kbyougen.html

216 : ◆YAAUC3DlN6:03/04/05 04:10 ID:UDWoS4NT
ひとえにクラミジアといっても
クラミジア肺炎のクラミジア(Chlamydia pneumoniae)
オウム病クラミジア(Chlamydeia psittaci)と
性感染のクラミジア(Chlamydia trachomatis)
はそれぞれ種が違います。
★中国のSARS蔓延は「性感染症と関連」とWHO
香港(CNN) 世界保健機構(WHO)のスポークスマンは4日、少なく とも中国においては、性感染症の一種クラミジアが、致命的な新型肺炎、重症 急性呼吸器症候群(SARS)の発症に関連している疑いがあると発表した。 WHOのクリス・パウエル氏は「SARSウィルスは他の何かと共に作用す る。中国ではたまたまそれがクラミジアだった」と述べた。クラミジアは女性 の不妊の原因となる骨盤炎を引き起こす性感染症だが、肺炎の原因になること もある。クラミジアとSARSウィルスの明白な関係は、2月に中国当局が、 SARS感染者の肺にクラミジアを発見したと発表したことによってわかった。 WHOによれば、これまで世界16カ国で2300人以上がSARSに感染 し、79人が死亡している。
http://www.cnn.co.jp/science/K2003040500069.html

クラミジア感染症
http://www3.johac.rofuku.go.jp/infection/bacteria/chlamydia.html
クラミジア肺炎(オウム病を除く)
http://idsc.nih.go.jp/kansen/k02_g1/k02_07/k02_07.html



香港の感染経路
・A Cluster of Cases of Severe Acute Respiratory Syndrome in Hong Kong. K.W. Tsang and Others
  http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/NEJMoa030666v1

696 :名無しさん@3周年 :03/04/04 14:28 ID:GxFm5ya/(番朝ソースだと思いますがすみません、ソースは後程)
アモイ・ガーデンでは計242人が感染。100人以上の感染者が見つかったE棟から約15メートル 離れた場所にビルの建設現場があり、工事の請け負い業者は、作業員の1人がSARSと診断され たことを明らかにしたという。
ただし現場にいたほかの作業員約200人は感染しておらず、衛生当局は排せつ物のサンプルを採 取して分析するなど調査を進めている。

SARSに2種類の治療法」
これまで治療剤が確認されていなかった重症急性呼吸器症候群(SARS)に、2種類の治療法が浮上している。香港大微生物学科の国連教授チームは最近、抗体注入治療法とリバビリン・ステロイド併合療法を感染者に試し、後者の治療法から治療効果が得られたと発表した。国連教授チームは「およそ700人の感染者を対象に併合療法を実施した結果、症状を緩和させる効果が得られた」と明らかにした。 特に感染初期に併合療法を実施した場合、95%が完治したという。抗体注入治療とは、SARS感染から回復した人の血液から抗体を抽出し、他の感染者に注射する治療をいう。しかしこの方法で得られた抗体は感染事実を知らせるだけで、実際の効果は非常に小さいことが分かった。
中央日報 http://japanese.joins.com/html/2003/0403/20030403200525400.html


95 名前: お節介 投稿日: 2003/04/04(金) 10:28(番朝)
■SARS患者が淘大花園E棟を訪問していた■(4月3日付けSCMPより抄訳)
この人はSARSに合致する症状があったので、3月15日にプリンス・オブ・ウェールズの8A病棟に入院した。ところが単なる風邪と診断され帰されていた。その後、彼は淘大花園のE棟の兄弟宅を訪れ1泊した。3月22日に再度病院に行ったところ、その場でSARSと認定され入院することになった。淘大花園の患者数は268で、香港全体の患者数の3分の1にも上るが、この患者が兄弟宅に泊まり、3月24日にその家の夫婦がSARS患者となって以降に発症している。初回の入院時には胸部のレントゲンを撮ったのか、との記者の問いに対して病院側は「患者のプライバシーに関わることなので話せない」としている。実は彼は
腎臓疾患があり、腹膜透析の器具を身体に取り付けている。体内の老廃物を貯めるバッグが感染原因となった可能性もある、とされている。(以上)

動物から感染の可能性も 新型肺炎のウイルス
 新型肺炎(SARS)調査のため中国広東省入りしている世界保健機関(WHO)の専門家チームは4日までに、SARSの原因とみられるコロナウイルスは家畜などの動物から最初の患者に感染した可能性がある、との見方を明らかにした。 最初の患者が昨年11月16日に確認された同省仏山で調査を行い、感染ルートを解明する計画だ。 WHOによると、SARSの原因をめぐるこれまでの検討では(1)もともと家畜などに感染するコロナウイルスが人間に感染した(2)人間に感染し風邪の原因となるコロナウイルスがより毒性の強いタイプに変わった−という2通りの見方が出ている。 WHOの集計では、SARSの患者数は3日までに18の国・地域で計2270人と前日から47人増加。死者数は香港で1人が死亡したため、計79人となった。
共同通信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030404-00000079-kyodo-soci


64歳男性から感染広がる 香港大、患者10人で調査
 中国広東省や香港を中心に患者の発生が続いている新型肺炎(SARS)が、1人の患者からどう広がったかを示す調査結果を香港大のチームが、4日までに米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに発表した。 チームは香港での流行初期に発病した患者10人(うち2人が死亡)について、病状や患者同士の接点などを検討した。 最初の患者は中国南部の病院に勤務し、2月21日に香港入りした男性(64)=死亡。SARSはこの男性から義弟(53)=死亡=や男性が治療を受けた病院の看護師(35)ら3人に広がり、そこから別の看護師ら6人が感染したとみられる。 チームによると、患者と密接な接触がない人でも感染、発病することがある一方、ホテルで何日も同じ部屋にいて何の症状も出ない例もあるなど、感染力をめぐっても不明な点が多い。
共同通信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030404-00000021-kyodo-soci


◆ 2003.4.4 【SARS速報】NEJM誌、オンラインでSARS関連の原著2編とエディトリアル2編を先行掲載
 重症急性呼吸器症候群(SARS)患者が香港で発生し、世界中に飛び火してから1カ月余だが、早くも、詳細な臨床経過を報告した二つの原著論文が、New England Journal of Medicine(NEJM)誌のホームページに掲載されている。主要な感染地域である香港とカナダにおいて連鎖的に感染した患者群に関する臨床報告で、これまで正確な情報が手に入らなかった感染の経緯や臨床的経過、投与薬剤について知る貴重な手がかりになりそうだ。 香港大学医学部のKenneth W. Tsang氏らは、中国広東省から香港に来訪して九龍地区のホテルに滞在した香港最初の患者とこの患者から感染した9人について、感染の経緯、症状、微生物学的検査、CTと胸部X線像、抗生剤や抗ウイルス剤による治療とその反応などをまとめている。
Tsang氏らは、クラミジア、レジオネラ、マイコプラズマ、アデノウイルス、インフルエンザなど多数の検査を行い、これらの関与を否定した。
 彼らの知見から、SARSの名前の由来となった短い潜伏期間や発症後の急速な増悪、そして新興ウイルス関与の可能性などが明らかになったことが分かる。
 一方、
Toronto医学研究所・Mount Sinai病院微生物学部のSusan M. Poutanen氏らは、香港から帰国後発症した夫婦とその家族、担当医などを中心にカナダのSARS患者について報告している。こちらの報告では、感染の経緯、臨床像とともに、PCR法による病原ウイルス探索について詳しく述べており、ヒトメタニューモウイルスを最有力とした経緯を知ることができる。
 ここで紹介した2編の原著論文と2編のエディトリアルは、雑誌掲載に先行してオンラインで全文が提供されている。タイトルは下記のとおり。原文はこちらまで。 http://nejm.org/earlyrelease/sars.asp
 香港の臨床例を報告した論文のタイトルは、
「A Cluster of Cases of Severe Acute Respiratory Syndrome in Hong Kong」。
カナダの臨床例を報告した論文のタイトルは、
「Identification of Severe Acute Respiratory Syndrome in Canada」。
 疾患に対する世界保健機関(WHO)と各国の研究機関−特に米国疾病対策センター(CDC)の活躍を簡潔に紹介したエディトリアル、
「Faster…but Fast Enough? Responding to the Epidemic of Severe Acute Respiratory Syndrome」と、
上記2編の原著を概観した
「Case Clusters of the Severe Acute Respiratory Syndrome」も閲覧することができる。
MedWave http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/240217


◆【明報】ウィルスをを含む小便により拡散? 調査に新たな方向性(番朝掲示板翻訳から)
感染した工事現場作業員が立ち小便 空気感染の可能性も排除できない[03:59]
アモイガーデンは240人を超える住民がSARSに感染しているが、その調査において驚くべき進展がみられた。当局によると、ウィルスの空気感染の可能性を調査中とのこと。
アモイガーデンブロックの向かい、距離にして50フィート(約15メートル)に工事現場があるが、そこの作業員がSARSに感染している。調査スタッフによると、その作業員が現場で立ち小便をし、それに含まれていたウィルスが、工事現場の砂塵とともに向かいのB・C・D・Eブロックに風で運ばれた疑いがあるとのこと。当局はすでに工事現場の排泄物のサンプルを採取し、分析を行なっている。
 衛生署では、空気による伝播を立証するものは特に発見されていないとしているが、微生物の専門家によると、その可能性は排除できないということだ。
ペットの猫からコロナウィルス発見 動物による伝染を調査
 この他に、調査スタッフはEブロックの家庭で飼われていた猫の便からコロナウィルスを発見した。この家庭では、数人がSARSに感染しており、当局では動物による伝染の可能性に焦点をあて、一昨日からネズミを捕獲し分析している。 しかし、微生物の専門家によると、猫の便からのコロナウィルスの発見の重要度はそれほど高くないとのことだ。猫からウィルスが発見されたからといっても、その家庭の感染との関係性は不明である。なぜなら、猫・犬・ネズミには恒常的にコロナウィルスが存在しており、すでに明らかになっているコロナウィルスは猫間の感染に限られ、人間には伝染しないからだ。ゆえに、重要なことはその猫から新種のウィルスが発見されるかどうか、という点である。
*この記事はまだ続くんですけど、ひとまずここまで。この他に、「専門家曰く:おしっこ砂ぼこり論には3つの疑問点が」という記事もあるんですが、それはのちほど時間的余裕があれば。
2003年04月04日(金)
土ぼこりで感染拡大説も・香港
【香港・共同】4日付の香港紙、明報などは香港政府衛生当局者の話として、新型肺炎(SARS)の感染が爆発的に拡大した香港のマンション地区「アモイ・ガーデン」の感染経路について、近くの建設現場で感染した作業員が立ち小便し、ウイルスを含んだ土ぼこりが風で運ばれた可能性があると伝えた。 http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20030404/20030404ta021.html

◆朝日新聞写真特集 SARS このページにこんなニュース写真が載ってました。
http://www.asahi.com/special/sars/photo/index.html
 韓国の仁川空港で
SARS感染をチェックする試薬を扱う検疫職員=4月3日、AP 日本にも着いたんだろうな、この試薬。4月3日に政府がかなり動いた理由がわかったよ。。
香港から到着した機体の座席やテーブルを消毒する作業員=4月3日、成田空港で この写真に写ってる作業員は使い捨てマスク、手袋なしなんですけど。

birdって鶏?仲買人やシェフが最初の患者?このネタ外出ですか?
http://www.newscientist.com/news/news.jsp?id=ns99993587
Bird vendors or chefs were the first people to fall ill with Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS), the vice-director for viral diseases at the Chinese Centre for Disease Control and Prevention has revealed

◆ (略)「これは特別な病気だ。私を隔離しろ」――先月26日付香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」によると、香港の病院で同月4日に死亡した広東省広州市の医学教授(64)は、診察を担当した医師や看護師に症状を説明した後、こう警告した。教授は2月下旬に香港のホテルに宿泊、香港にSARSを持ち込んだ感染源と特定された。(略)(読売新聞)[4月4日0時28分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030403-00000315-yom-soci

◆番朝【SARS】淘大花園でSARS集団感染 から
92 名前: ..... 投稿日: 2003/04/04(金) 01:05 TVBの23:50ニュースより
*広東省入りしたWHOチームは、基本的に中国専門家の見解に賛成:今回のSARS蔓延は、
一つのウイルスではなく、何種類かのウイルス、およびクラミジアなどの混在により、異常な拡散力を持ったという考え。
*アモイガーデン(淘大花園)の患者の
尿と血液からもウイルス検出
*アモイガーデンの
ペットからコロナウイルス検出、飼主もSARS感染
*アモイガーデン隣接の工事現場、調査のため工事中止

4月3日
少し前のNYTに、SARSの感染力は、「誰がうつすか」によって、感染の強さに大きな違いがあるという記事を書いていました。
@非常に重症の患者は、感染力の強いケースが多い(中国・ベトナム旅行の米国人ビジネスマンの例などで、何十人もこの人から感染。ベトナムの感染のもと)
A一見元気そうでも、「スーパー・スプレッダー」とあだ名のつく凄い感染力を発揮する患者が、ごくたまにいる。広東省の病院を何箇所か回ったある男性患者のせいで病院の医師と看護婦が、バタバタと軒並み倒れてしまった。(いつも翻訳くださるNYTさんから。「スーパー・インフェクター」と報道しているところもありましたね)

米疾病対策センターが渡航自粛を勧告
ガーバーディン所長は、香港の集合住宅で患者が集団発生した例などを挙げ、
空調機器を通じた空気感染やウイルスが付着した物を通じた感染の可能性を指摘。「ある条件下では非常に感染率が高くなるとの証拠がある」と警告した。http://www.sankei.co.jp/news/030403/0403kok065.htm

香港大など、SARS患者拡大ルートを解析
 世界で患者が多発している重症急性呼吸器症候群(SARS)について、香港で流行の発端になった患者から10人目までの感染経路を香港大学などが解析した。病気の感染拡大を防ぐ有力な情報だとして、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンは報告を電子版で緊急掲載した。 報告によると、患者は38〜72歳の男女各5人。2月22日から3月22日の1カ月間に香港の3カ所の病院に入院し、うち2人が死亡した。発端者は中国・広東省からきた64歳の男性。この男性から3人に広がり、さらに6人が感染する形で患者が
増えていった。 一日中一緒に観光した義理の弟や、数日間看護を受け持ったスタッフら患者と密接なかかわりを持った人だけでなく、
単にホテルや病室ですれ違う程度の人も感染していた。一方、患者と一緒に行動した妻でも感染していない例もあった。マスクやガウンなどをしないまま看護にあたり感染したスタッフが4人いた。
 研究チームは「わずかなかかわりしかないのに感染した人がおり、極めて強い感染力だ。しかし、一方で濃厚な接触があるのに感染していない人もおり、謎は多い」とする。
 国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は「原因不明の段階では、病原体を探すだけでなく、このような疫学調査で感染経路などを絞り込む努力が重要だ。予防への大きな手がかりになる」と話している。朝日新聞 http://www.asahi.com/special/sars/OSK200304030046.html

299 名前: 擬古牛φ ★ 投稿日: 03/04/03 17:03 ID:???
米CDC、SARSの検査法開発 中国で本格調査へ
 謎の肺炎」といわれる重症急性呼吸器症候群(SARS)が広がっている問題で、米疾病対策センター(CDC)は2日、短時間で感染を診断できる検査法を開発したと発表した。世界保健機関(WHO)は3日、感染者(1153人)、死者(40人)とも最も多く病気の発生源とみられる中国・広東省で本格調査に乗り出す。 SARSの主因は、風邪を起こすコロナウイルスの変種と見られている。CDCが開発した検査器具は、患者の血液から分離した同ウイルスに対する免疫抗体と、感染の疑いがある人の血液を反応させて診断する。 健康な人たち約400人を検査した結果、全員が「陰性」となった。反対に数人の患者では、全員を正しく「陽性」と判定できたという。 これまでは、危険地域への渡航歴や発熱、呼吸器系の異常などから感染の疑いの有無を判断するしかなかった。CDCのガーバーディング所長は「早期に正確に診断できれば、感染の広がりを抑えられる」と期待。一両日中に各州の衛生当局に検査器具を配る。
朝日新聞 http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304030187.html
米CDC、SARSの患者を見分ける検査器具を試作
米疾病対策センター(CDC)は2日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の患者を見分ける検査器具を試作したと発表した。SARSの主因とみられる新種のコロナウイルスに対する抗体を血中から検出するもので、「患者がSARSか他の病気かを判断する参考になる」と期待している。 抗体は、体内に侵入した病原体を攻撃する免疫物質で、病原体ごとに特有の抗体が、感染者の体内にできる。この検査で、SARSの症状が出ていた患者は陽性だったのに対し、症状がない約400人はすべて陰性だったという。http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20030403i417.htm

人獣共通感染症
SARS、初期の死者は野生の鳥類を摂取・処理=香港紙
 [香港 3日 ロイター] 香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、重症急性呼吸器症候群(SARS)による初期の死者は、野生の鳥類を摂取ないしは処理していた中国広東省の住民だ、と伝えた。 中国の保健専門家によると、死亡したこれらの住民は、鶏、アヒル、ハト、フクロウなどを日常的に取り扱っていた。 中国の保健当局者 Bi Shengli氏は、「SARSが野生の鳥類から人に感染したのかどうか、さらに調査が必要だ。広東省の人々は野生鳥獣などの摂取を好むことで知られているが、これはあまり健康的な習慣とは言えない」と語った。 SARSは広東省で発生し、旅行者などを通じて香港、ベトナム、シンガポール、カナダなどに拡散したとみられている。
ロイター http://www.reuters.co.jp/news_article.jhtml?type=worldnews&StoryID=2499100

米CDC、SARSの検査法開発 中国で本格調査へ
http://www.asahi.com/international/update/0403/015.html
CDCが開発した検査器具は、患者の血液から分離した同ウイルスに対する免疫抗体と、感染の疑いがある人の血液を反応させて診断する。
CDCのガーバーディング所長は「早期に正確に診断できれば、感染の広がりを抑えられる」と期待。一両日中に各州の衛生当局に検査器具を配る。
カナダでは、政府機関や大学、病院が協力して研究。一部の患者だけが重症化する理由について、喫煙歴や呼吸器系の病歴、年齢などが関係していることを解明しつつある。
(04/03 14:07)

SARS治療:リスクは高いが、効果のある薬を求めて、現場の治療は進む
ttp://online.wsj.com/article/0,,SB104931357878332400-search,00.html?collection=wsjie%2F30day&vql_string=sars%3Cin%3E%28article%2Dbody%29
SARS Treatments Make Progress by Taking Risks
ウオールストリート・ジャーナルがSARSの治療に使う薬について、香港の医療チームとCDCの権威達の見解の違いを説明する記事を掲載。記事そのものはどちらかの支持をすると言うのではなくて、両者の言い分を記載。
CDCの見解は、散々既出で「SARSに有効などんな薬も未だ見つかっていない」というもの。香港の医療チームは
「リバビリンとステロイドのカクテルを早期の患者に与えれば、治療効果は大きくて95%までくらいの患者が回復する」と主張する。また回復した患者の血清を使う治療法も重症患者には試みられて効果があるという。
CDCのような国家機関では治療薬は効果を確かめるためにも、安全性を確認するためにも正式の手続きが求められるから、現場で治療の最前線にいる香港医師団とは立場も手法も全く異なる。だからそういう意見の違いは不思議ではない。リバビリンにもステロイドにも見逃せない大きな副作用があるから、この治療はリスクが高い。血清ならばもっとリスクがある。
香港の医師団が嘘を言う理由は全く無いが、彼らの治療法が科学的な厳密さで、確かに有効であると確かめられたわけではない。今の香港の治療の最前線では、それは無理だ

◆637 名前: う東 投稿日: 2003/04/02(水) 17:30
【明報】「食環署」淘大花園で大規模なネズミ捕獲作戦[14:50]
食物環境衛生署の虫害・鼠害予防チームのスタッフ数十名は、全身に防護服をまとい、午後淘大花園に到着してネズミ取りを設置し捕獲作戦を開始した。チームはマンション内の花壇や階段、物陰などに数十個のネズミ取りを設置。さらに、多くのガラス瓶を用意しネズミの糞を回収した。チームの袁銘志主任によると、ネズミはウィルスを拡散する媒体となり得、SARSのウィルスを伝播する恐れもあるため、ネズミを捕獲し化学的チェックを行なうとのこと。

◆88 名前: ■アモイE:感染は一日で■ 投稿日: 2003/04/02(水) 21:58 楊永強・HKSAR衛生福利及食物局長は、(←ここまで辞書登録した「よー」)
アモイガーデン(淘大花園)ブロックEのSARS伝染経路は、他のブロックと異なっており、ブロックEで爆発的に発症した人が出た時間と潜伏期を考えると、おそらくは一日の内に大勢が感染したのだろうとの見解を示した。(星島4月2日 HKT: 19:38/番朝訳)

SARS、空気感染の危険性浮上
http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304020277.html
 ところが3月下旬、香港のマンションで集団感染が発生。100人が垂直の位置にある部屋に住んでいた。もし換気系統を通じて病原体が広がったなら、「空気感染」が現実味を帯びる。WHOは水道など新たな感染源の可能性を指摘する。(中略)WHOは上下水道など環境中の何らかのルートの可能性を指摘し、空気感染を否定した。 ただ専門家の間には空気感染の疑いを排除すべきではないという意見もある。
国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は「空気感染だとすると、感染者のすそ野がより広がり、致死率が低くても死者数が増える」と心配する。(中略)岡部さんは「動物から人に感染し、複数の人に徐々に広がるうちにウイルスが体内で変化し、病原性が強まる可能性も否定できない」と話す。 (04/03 01:03)

生活環境が感染源の可能性 WHO、空気感染は否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030402-00000179-kyodo-soci
世界保健機関(WHO)のヘイマン感染症対策部長は2日の記者会見で、アジアを中心に流行している新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)について、香港では上水や下水システムなどの生活環境が感染源となっている可能性があると語った。空気感染の可能性は否定した。中国・広東省と香港に対する渡航延期勧告を出した理由については、広東省では3月に新規感染者が361人発生し、うち9人が死亡したことや3月15日以降に香港から戻ってきたシンガポールのビジネスマンら計9人がSARSに感染していたことなどを挙げた。ヘイマン部長は、渡航延期勧告について「(内容を)変更する必要があるかどうかを毎日検討する」と述べ、感染拡大の封じ込め確認など情勢に変化があれば、勧告の取り消しはいつでもあり得るとの認識を示した。(共同通信)[4月2日21時15分更新]

SARS、様々に浮かぶ感染経路 空気感染疑う意見も
http://www.asahi.com/special/sars/TKY200304020277.html
WHOは上下水道など環境中の何らかのルートの可能性を指摘し、空気感染を否定した。ただ専門家の間には空気感染の疑いを排除すべきではないという意見もある。国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は「空気感染だとすると、感染者のすそ野がより広がり、致死率が低くても死者数が増える」と心配する。一方、病原体についてWHOなどは、複数の患者から検出されたとしてコロナウイルスの新型との見方を強める。これまで知られているコロナウイルスは人や動物に風邪の症状を起こすが、1週間程度で快復する。 岡部さんは「動物から人に感染し、複数の人に徐々に広がるうちにウイルスが体内で変化し、病原性が強まる可能性も否定できない」と話す。
(04/03 01:03)


◆231 :途中報告 :03/04/02 23:51 ID:NzqatOLW
WHO:潜伏期は最大14日、感染経路はニワトリ、ブタ、カモなどか? (以前も広東で口蹄疫、汚染鶏肉などがありました...)感染者の多くは広東省に集中。職業別では屠殺業、コックが多い。
情報源:台湾BBS経由 香港情報
http://www.8king.com.tw/gov/read.php3?num=3&id=127469&loc=0&thread=127469


◆663 名前: エヴァー 投稿日: 2003/04/02(水) 23:26
ニューヨークタイムズにとてもわかりやすい感染経路図が載っていたのでURL書きました。英語です。
http://graphics7.nytimes.com/images/2003/04/01/science/030401_sci_DOCSch.gif

SARSの原因はコロナウイルスの新種 CDC見解
ジョージア州アトランタ(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は1日、アジアを中心に流行中の重症急性呼吸器症候群(SARS)について、コロナウイルス科(Coronaviridae)の新種が原因なのはほぼ確実だとの見解を明らかにした。CDCによると、SARSの原因解明に時間がかかっているのは、実験室でのウイルス培養が難しいため。コロナウイルスの新種が原因だと特定できれば、SARS治療に向けた大きな前進となる。コロナウイルスは、表面に冠(Corona)状の突起物があるためその名が付いたウイルスで、ヒトや動物に広く感染して風邪や呼吸器疾患を引き起こす。一般的な風邪の原因のうち、3分の1をコロナウイルスが占めるとされる。また、風邪の特効薬がないと同様、コロナウイルスに対する特効薬もない。世界保健機関(WHO)が1日までにまとめたSARS感染者数は、世界15カ国・地域で計1804人で、うち62人が死亡している。
CNN http://www.cnn.co.jp/science/K2003040201303.html

◆<謎の肺炎>主因は「コロナウイルス」 WHOが初見解
 重症急性呼吸器症候群について、WHOは1日、「コロナウイルスが主因」との見方を初めて明らかにした。患者の大半から、このウイルスの本体やウイルスに対する抗体が検出された。WHOはワクチン開発に期待を寄せる一方、「パラミクソウイルスとの同時感染が重症化に関係しているかもしれない」と指摘している。
(毎日新聞) [4月2日19時47分更新]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030403-00002051-mai-soci

◆ 2003.4.2 【SARS速報】香港のマンション集団感染、新たなパターンの感染か
 (略)世界保健機関(WHO)は3月31日、従来の密接な接触による感染とは異なるパターンで感染が拡大していることを示唆するものだとしている。WHOでは疫学専門家の見解として、ウイルスを含む体液が、部屋や住居を結ぶ共通のシステムに入り込んだのではないかと推定している。アモイガーデンでは感染形態の解明を目指して、汚染があった住居の環境サンプルが採取されつつあるという。 香港では、もう一つ不可解な感染が起きている。
メトロポールホテルで7人が感染し、各国に感染者を送り出すプラットフォームになったにもかかわらず、従業員には感染者が発生していない点だ。 一方、北京に派遣されたWHOのチームは、隔離施設の設置、検査体制の確立、ホットラインの設置などの体制作りを進めている。北京では10人のSARS患者が発生したが、うち8人は香港と山西省太原からの旅行者、2人は医療スタッフだったという。
詳しくは、WHOのUpdates「Severe Acute Respiratory Syndrome(SARS)-multi-country outbreak-Update 15 へ。
http://www.who.int/csr/don/2003_03_31/en/
MedWave http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/239616

◆81 名前: ■アモイE民全員に内服薬支給■ 投稿日: 2003/04/02(水) 09:18 RTHK2003-04-02 02:56
 楊永強・HKSAR衛生福利及食物局長は、アモイガーデン(淘大花園)ブロックEの住民すべてに、内服薬を支給すると発表した。 しかし、昨晩の記者会見では。この薬は副作用があり、妊娠6ヶ月以下の妊婦や体の弱い人には向かず、服用した場合は避妊すべきだと付け加えた。4月4日追加:支給された薬はVirazole、SARSの治療に使われている抗ウィルス薬Ribavirin(リバビリン)の商品名のようですね。

Scientists seek to solve puzzle of SARS pathogen
ttp://www.globeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20030328.uscie0328/BNStory/National
Health Canada warned yesterday that the drug should not be used as a preventive treatment, and that is it now monitoring ribavirin prescriptions to ensure the drug is not being misused.
カナダ厚生省は昨日、SARSの予防のための薬品を使うことは、されるべきではないとのべた。またリバビリンの処方については観察中で、この薬は乱用されてはいけないとした

◆624 名前: ■WHO:空気感染はない■ 投稿日: 2003/04/02(水) 14:39 ソース:香港の星島4月2日 HKT: 13:08
WHOはジュネーブで会議、SARSは空気感染するのではなく、香港・アモイガーデン事件は汚水によるものだという見解を示した。

飛沫以外にも感染の可能
大量の感染者を出した九竜半島牛頭角の「淘大花園」について31日、府衛生福祉食物局の楊永強・局長は、今回の感染経路がこれまでとは異なり、感染者の排泄物が媒介した恐れがあるとの見解を発表した。従来コロナウイルスの感染経路は、口から直接飛び散るウイルスがもたらす飛沫感染のみ、と見られてきたが新たなリスクが広がった訳だ。調べによると、最も多くの感染者を出した淘大花園E棟では、腎臓病でプリンス・オブ・ウェールズに入院中SARSに感染した人が、退院後、E棟の兄宅に4回訪問した間に、トイレを利用した。この排泄物がE棟地面に埋められている下水管へ下り、この下水管と空間的につながっている通気孔からコロナウイルスが外へ排出されたと予測されている。このため
政府衛生当局は、感染経路は近距離の飛沫感染のみ、との見方からコロナウイルスが空気感染する可能性があるとの見方を強めつつある。  全記事タイトル一覧→[http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/free/bm/](NNA)
↑これって一旦回復した人からも2次感染する可能性があるということでつか?

◆これが話題の(コロナウイルス)スライドの写真じゃ
http://www.affrc.go.jp/AVEM/Japanese/atlas/virus/corona/ppc5.jpg
おそらくこのドイツ人は、グーグルのイメージ検索でcoronavirusと入れてこの写真を選んだだけだと思われる。(著作権者の農水省に許可を得ているかどうかは知らないが)
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&c2coff=1&q=corona+virus&sa=N&tab=wi&lr=
黒塗りの部分には、pocine respiratory cornavirusと書いてある。横文字だから隠したんだね。ドイツのプレスはこれをSARSのウィルスと思ってるよ、きっと。ニュース写真に使ってるもん。
キャプションでもそう説明してる。 Der Chefarzt der Lungenklinik Hemer, Lutz Freitag, steht bei einer Pressekonfernz in Hemer vor einer Projektion, die das Corona-Virus zeigt.
ヘルマーでの記者会見で”その”コロナ・ウィルスを示す画像の前に立つヘルマーの呼吸器病院の医長、ルッツ・フライターク氏。


◆Hemerの呼吸器病院の医師がスライドの前にいる写真。やはりキャプションは日本語。「豚呼吸器のコロナウィキルス・・・」とあって、・・・の部分が黒塗りなんだけど、なんで?

http://de.news.yahoo.com/030401/3/3djwc.html
◆A slide of a SARS lung tissue sample is shown on Tuesday, April 1, 2003, on a HDTV at a Center for Disease Control in Atlanta. The Severe Acute Respiratory Syndrome outbreak has become one of the CDC's top priorities and prompted the activation of their new emergency operations center. (AP Photo/Erik S. Lesser)
http://de.news.yahoo.com/030401/12/3dk7i.html

NYタイムズに、SARSのため各国の研究所がチームを組んで仕事をしていることが書かれています。日本の貢献についてもふれています。
ttp://www.nytimes.com/2003/04/01/health/01DOCS.html?pagewanted=2&ei=5062&en=becd71dde68aa820&ex=1049778000&partner=GOOGLE

[香港 31日 ロイター] 世界各地で猛威をふるっている謎の肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)について、
当地の医師や専門家らは、回復中の患者の血清を使って一部重症患者の治療に成功したことを明らかにした。 これはSARSウイルス感染で、血清抗体が生成されていたことを意味する。 一部の専門家は先に、新たなウイルスに対する抗体が容易に生成されない可能性を指摘していた。 しかし、香港で最初に感染例が相次いで確認されたプリンス・オブ・ウェールズ病院の医師によると、順調な回復過程にある約20人の患者の血清を、ここ2週間重い症状を示していた患者に投与したところ、症状が大幅に改善したという。 SARSによる死者は全世界で61人。感染者は1600人を超えている http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/medi/239428
↑(これについての掲示板有志注:)
患者の血清を使う方法は、エボラなどでも試みられた例がありますが、問題が多いとして、通常はまず使われない(少なくとも西欧では)ようです。下記のように一般的には否定された治療法として(専門家のコメントをつけて)伝えるほうがまっとうではないかと。国内には薬害AIDS事件もあったわけですから。
http://www.nationalpost.com/national/story.html?id=%7BBB69F6B0-6626-41DF-9B96-4A2DBAAD4296%7D
Many cured with survivors' blood serum Hong Kong treatment: Tactic utilizing human antibodies considered risky Doctors have used this technique in the past to fight such diseases as Lassa
fever and Ebola, but the tactic is considered risky because the blood serum may contain other pathogens (以下略)

【マニラ1日】これまでに60人以上の死者を出し、世界を不安に陥れているナゾの
肺炎ウイルスは中国南部の家畜が感染源である可能性が大きい、と世界保健機関(WHO)に近い筋が1日語った。同筋によると、WHOはこのウイルスが中国南部の家畜から伝染したとの理論について研究しているという。「重症急性呼吸器症候群」(SARS)と名付けられたこの病気は中国南部の広東省で発生した後、香港に飛び火し、航空旅客によって世界中に拡散した。(写真はマニラのWHO西太平洋代表部の伝染病研究者たち) (中略)マニラのWHO西太平洋代表部のスポークスマンを務めるピーター・コーディングリー氏はSARSと中国南部の家畜の関連についての問い合わせに対し、「現段階では、我々はこれが原因だとは言わないが、注目していることは確かだ」と述べた。〔AFP=時事〕(以上、2003年4月2日のMSNニュースより一部引用―全文は引用元を参照)
引用元: http://news.msn.co.jp/articles/snews.asp?w=436804

4がつ1日
http://www.news.com.au/common/story_page/0,4057,6221669%255E1702,00.html
SARS 'probably' from livestock
"WHO is working on a theory that the virus has its source in farm animals
in southern China," a source close to the Geneva-based body told AFP.
SARSは、家畜起源?
WHOはSARSが中国南部の農家の家畜から来たという仮説にたって作業中と、WHOに
近い情報源がAFPに述べた

Rise in Mystery VirusLeads to Hong Kong Quarantine
香港のアモイ・ガーデン事件の、ニューヨークタイムズ記事(下水道原因説?)
ttp://www.nytimes.com/2003/04/01/health/01INFE.html?ex=1049778000&en=aba87eed7530c072&ei=5062&partner=GOOGLE
事件の経過は散々既出だが、空気感染説ではなくて、WHOの専門家の説として人間の分泌物か排泄物が、アパートの部屋をつなぐ共通部分を介して広がったのではないか、というコメントを紹介。つまり下水道配管系の不具合とかがあればというようなことらしい。ただし下水道などに紛れ込んだウイルスが感染可能かどうか確かめられてはいないとか。

552 名前: 見解1:
ブロックE 7、8号室に感染集中の仮説 投稿日: 2003/04/01(火) 01:01 TVB深夜ニュースより:
*なぜブロックEの7号室、8号室に感染が集中しているのか
都市環境専門家の現場調査によると、汚水処理施設の排気ダクトがブロックEとFの脇にあり、風向きの影響で7号室と8号室の中層階に吹きつけている。糞便を処理する過程で、排気中にウイルスが生存し、風にのってブロックEに吹き付けられ窓はめ込み式クーラーから吸い込まれて多くの人に感染したのではないか。
60 名前: ■大便からウイルス■ 投稿日: 2003/04/01(火) 00:29 RTHK2003-03-31 22:07(香港ラジオ局)
 楊永強・HKSAR衛生福利及食物局長は、今回のSARSの伝染経路は主に飛沫感染だが、その他下水管などの経路も可能性があり調査中すると述べた。このウイルスが大便の中でも発見されていることを理由としてあげた。このほか、楊永強氏は、SARSの蔓延状況はいまだもって不確定要素が強く、一部のグループでの感染者数は減っているが、「蔓延は抑えられた」といえる状況にはないと話した。 同氏はさらに、アモイ・ガーデンでのSARS蔓延は沙田のプリンス・オブ・ウェールズ病院(威爾斯親王醫院)のそれより大規模であり、なんとしてもウイルス蔓延を沈静させなければならないとコメント。(RTHK/番朝訳)
==========
Step by Step, Scientists Track Mystery Ailment SARSウイルス追求の現状(ニューヨークタイムズ)
ttp://www.nytimes.com/2003/04/01/health/01DOCS.html?ex=1049778000&en=becd71dde68aa820&ei=5062&partner=GOOGLE
研究所などでの発見と今の作業、課題などをまとめた読み物。日本の研究機関も一役買っていることがわかる。DNA解析が完成するには、まだ二週間ぐらいかかるが、部分的に解析されたデータは:
most closely resembles that of the murine hepatitis virusこの研究は危険なウイルスを扱うから厳重に管理された研究所 以外には広げるつもりじゃないとWHOはいう。
※文章は、3ページにあります。記事の下のほうに、次のページに行くクリッカーがありますから、それで3を選んでください

Murine hepatitis virus, マウス肝炎ウイルス
マウス肝炎ウイルス感染の分子機構:ウイルスと受容体の相互認識機構
 マウス肝炎ウイルス(MHV)はコロナウイルス群に属するウイルスで,病原性,組織親和性を異にする多くの株が存在する。。。。
http://www.clea-japan.co.jp/animals/b9-1.htm
ウイルス 経口・気道 肝炎 ヒトへの感受性×
そのほか ぐぐる
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E8%82%9D%E7%82%8E%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&inlang=ja&c2coff=1&start=10&sa=N
=======

MANILA, March 31 (Reuters)

"We believe at this stage that it is more infectious than a disease like Ebola," he added.
・・・エボラ出血熱より感染性が強い・・・
WHO experts say killer bug may come from animal
ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/MAN102956.htm
(掲示板からこういう声もあるけれど:エボラは、血液触らないと感染しないから、感染力はそんなにたいしたことないでしょ。しかも致死率があまりに高いので、感染が広まる前に感染者が死んでしまうし...←(HP管理者注:でもエボラは食べものや水からの感染もあったそうです。普段でない症状、下痢がでていたので調べたらそういうルートだったそうな。新種の感染症ですからね。。)

546 名前: エヴァー 投稿日: 2003/03/31(月) 23:33
ロイターアラートネット 31日11:05GMT
押谷仁(1959年4月生まれ・前新潟大学講師)WHO西太平洋事務局顧問 談
(1)2,3日中に原因がはっきりする
(2)ウィルスは、動物由来だろう
(3)SARSはエボラより感染性が高い



謎の肺炎、血清中の抗体で治療可能=医師
 3月31日、香港の医師は、SARS患者の血清による治療が成功したことを明らかにした。写真は集団感染で1棟が隔離された九竜地区のマンション
(2003年 ロイター/Kin Cheung)(ロイター)23時05分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030331-00000631-reu-int.view-000

数日中にも病原体を特定へ SARS
 世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(マニラ)は31日、アジアを中心に流行している肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の病原体について、早ければ数日中に特定できるとの見通しを明らかにした。 肺炎の原因をめぐっては、患者からこれまで、風邪の原因となるコロナウイルスの新種や、はしかの原因ウイルスの仲間のパラミクソウイルスが見つかっている。
 会見した同事務局の押谷仁・感染症対策課長は「病原体はコロナウイルスもしくはパラミクソウイルス、あるいは両方とみられるが、現時点では最終特定できていない。しかし数日中、遅くとも数週間以内には特定できる」と述べた。 WHOによると、29日現在、この肺炎の患者数は1550人、うち54人が死亡した。(共同)
http://www.sankei.co.jp/news/030331/0331kok150.htm
↑上記の記事注: 
WHO experts say killer bug may come from animal
ttp://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/MAN102956.htm
MANILA, March 31 (Reuters) - The World Health Organization said on Monday the pneumonia virus that killed nearly 60 people worldwide may have come from an animal and is more infectious than the Ebola virus that ravaged parts of Africa. "We can identify the causative agent within a few days but we are not sure if we can develop the cure in such a short time," he told a news conference. "The virus genome data shows that this virus might be coming from an animal." "If this is an animal virus, we can probably have an animal model for the experiment," he said. "If this is just a human one, it's difficult to develop a human model."
共同の記事を複数の外電と読み比べると、カナーリ印象が違う。押谷さんはgenome dataから動物由来だろうと言っていて、ロイターなどもそういう見解として伝えているのだが。

Mar 31, 4:18 AM EST
香港はウイルスを抑制しようと先を争います(AP)
Hong Kong Scrambles to Contain Virus
http://customwire.ap.org/dynamic/stories/M/MYSTERY_ILLNESS?SITE=NYMID&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT

[香港 31日 ロイター]
世界各地で猛威をふるっている謎の肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)について、
当地の医師や専門家らは、回復中の患者の血清を使って一部重症患者の治療に成功したことを明らかにした (ソースは↑に)


3月30日
▼CDC:SARSは思ったより容易に感染し、有効な薬はない 0329
香港:
治療に用いられているリバビリンの副作用 妊婦は使用禁止ほか

3月28日
香港大学の研究者たちは27日、SARSの原因とみられるウイルスを今週になって特定し、テストを重ねるたびに確証が強まっているようだと述べた。
 香港大学の研究者たちとジョージア州アトランタにある http://www.cdc.gov/米疾病管理センター(CDC)は、一般的な風邪を引き起こすコロナウイルスの一種がSARSの主な原因と思われるとしている。 しかし
香港の別の科学者たちによると、ウイルスが他のウイルス――麻疹(はしか)を引き起こすことでも知られているパラミクソウイルス類――とともに作用して、症状をさらに悪化させているという研究者のマリク・ペイリス氏によると、コロナウイルスは空気中でも数時間生き続け、握手や、感染者の押したエレベーターのボタンを次に触っただけでも伝染してしまう可能性があるという。
 しかし、このウイルスは、アルコールで洗浄すれば簡単に殺菌できるとペイリス氏は説明している。(中略)ウイルスはおそらく動物からのものだろうと研究者のペイリス氏は述べたが、香港の研究者たちはどんな種類の動物なのか確証を得ていない。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030328-00000005-wir-sci
===============
WHOによる重症急性呼吸器症候群(SARS)
多国同時集団発生の報告
(3月27日、更新第12報)
SARSウイルスの確定は近く、新しい迅速診断法の確立も間近
http://idsc.nih.go.jp/others/urgent/update12.html
===============
SARSは当初考えられていたほど(ドイツにとって?)危険ではないというドイツの専門家の意見  Donnerstag 27. Marz 2003, 15:54 Uhr Mediziner: Keine weltweite SARS-Epidemie zu befurchten
ハンブルクの熱帯医学研究所(Hamburger Bernhard-Nocht-Instituts fur Tropenmedizin (BNI)の所長フィッシャー氏は、SARSは今後数週間以内に沈静化に向かうだろうと語った。また同研究所では、SARSの原因であると考えられるウィルスに感染しているかどうかを一、二時間内に確認する方法を開発中であるとのこと。この検査は、
咽頭粘膜採取検査(Rachenabstriche)もしくは痰の分析(die Analysevon Hustensekret)によっておこなわれる。
独ヤフーのメディア・ニュース記事(ロイター)を要約しました。#ドイツは今のところSARSの押さえ込みに成功しているから、、、。アジアの医療後進国では危ないと思っているかも。
http://de.news.yahoo.com/030327/71/3d9el.html
追加、ロイターの記事には以下のようにも書いてあるそうです。
Hamburg's Bernhard Nocht Institute の熱帯医学のフィッシャー先生は曰く「
熱や息切れの症状が出てくる前は(接触)伝染性はそれ程高くない、他のウイルスは感染した時(症状が出る前)から高い伝染性をもつのに」 http://asia.news.yahoo.com/030327/3/uoxz.html


ウイルスは空気中で数時間生存、アルコールで即殺可能
Researchers at Hong Kong University said Thursday that(中略) One of the researchers, microbiology professor Malik Peiris, said the virus can survive in open air for a few hours and during that time can be transmitted through such contact as handshakes or even to someone pressing an elevator button previously touched by a disease victim. However, the virus can easily be
killed by alcohol, Peiris said. http://abcnews.go.com/wire/Living/ap20030327_515.html
香港大学の微生物学教授、マリック・ペイリスに拠れば、ウイルスはオープンエアー の中で数時間、生き続けることが出来る。その間に接触によって感染することが出来る。患者との握手とか、患者が触ったエレベータのボタンに触るとかいう感染はあり得る。 しかしウイルスは、アルコールなどで簡単に殺すことができる。

コロナウイルスが病原体 SARS、香港大が特定
【香港27日共同】香港大は27日、東南アジアを中心に流行している原因不明の肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)は、新種のコロナウイルスが原因と発表した。世界保健機関(WHO)11カ所の研究室との合同調査の成果という。 香港大は抗体、ウイルスの遺伝子の検査後3、4時間で感染の有無を判定する方法を開発しており、ウイルスの特定により初診で感染を診断できるようになる。 コロナウイルスには合成抗ウイルス薬「リバビリン」が有効で、治癒率は9割に上る。 同ウイルスには3メートル以内の咳(せき)などによる飛まつ感染と、手や指にウイルスが付着し鼻や目、口から感染する2つの感染経路がある。早期に発見すれば症状は軽いといい、同大ではアルコール消毒や手洗いの励行を呼び掛けている。(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030327-00000202-kyodo-soci

↑ですが、掲示板有志から、以下のご指摘。。
Scientists Identify Deadly Pneumonia Virus  Thu March 27, 2003 04:53 AM ET HONG KONG (Reuters) -
Chances of recovery should be about 90 percent, if the victim was not suffering another dangerous disease, and was treated early. Victims were responding well to a cocktail of anti-viral drugs and steroids, the team added.
http://asia.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=topNews&storyID=2457575
の記事を複数の外電でチェックすると、共同の元ネタは(↑)のようだが無茶苦茶な捏造がはいっている。相変わらず共同は全く信用できない。
患者がSARS以外の病気にかかっていなくて、かつ、早期に手当てされた場合、患者に与えたステロイドと抗ウイルスカクテルの治療で、回復率は90%を上回る」
中国広東省の報告でも、回復率75%といっていたわけだ。持病のない患者の早期治療ならば回復率は高くて当然。

※3月28日追加:共同の報道では省かれたけれど、ロイター元記事には、以前から華南の人獣が接近した環境は新しいウイルスの発生源となると言われていた、ということもかいてあるそうです。ソースご確認ください。

謎の肺炎、香港大が原因ウイルスを特定◇ロイター 写真つき
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/medi/238781
朝日の記事
http://www.asahi.com/international/update/0327/028.html

====================================
アジアに流行する「謎の肺炎」、原因は風邪ウイルス?
http://www.hotwired.co.jp/news/print/20030327305.html
Kristen Philipkoski
2003年3月26日 2:00am PT
 アジアでは致死性の高い謎のウイルスが感染をひろげているが、研究者はその正体の解明に近づいている――少なくとも研究者たちはそう考えている。世界中で500人近くを感染させ、50人近くを死亡させたとされる(米疾病管理センター(CDC)の報告では死亡者数は17人のみ)このウイルスは、今まで、おたふく風邪やはしかと同じパラミクソウイルスの一種だと考えられていた。だが24日(米国時間)に、CDCのジュリー・ガーバーディング所長が記者会見で、CDCでの検体の調査ではパラミクソウイルスとの関連性は見つからなかったことを明らかにした。 現在、謎のウイルスが実は風邪ウイルスと同種ではないかとの見方が出ている。ガーバーディング所長によれば、最先端の検査により、風邪の症状を起こすコロナウイルスが犯人である可能性が高いことが判明したという。 「(謎のウイルスは)コロナウイルスだという非常に有力な証拠が出てきた」とガーバーディング所長は述べ、より詳細しい調査が必要だと語った。専門家はこのウイルスによる肺炎を、重症急性呼吸器症候群(SARS)と呼んでいる。 CDCによるSARSの原因究明に一役買ったのが、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のデリシ研究所だ。


====================================
319 名前: ☆(星島日報)27日 HKT: 17:17投稿日: 2003/03/27(木) 18:23 
香港大学醫學院・裴偉士教授は、SARSを引き起こすと思われるコロナウイルスの抗体テスト、ウイルス遺伝子検査はあと数時間で完了し、今日中に結果を報告できるだろうと発表。

====================================
■■■アルコールで消毒可能!!■■■投稿日: 2003/03/27(木) 20:27
港大微生物學系の袁國勇教授は、SARSを引き起こすコロナウイルスはアルコールで拭くことで消毒可能であると発表した。このウイルスは空気中で3時間活動能力をもつため、指で目や、鼻、口をいぢる癖のある人は感染しやすいだろうと警告した。同氏は、消毒方法として、70%のアルコールを濡れティッシュに含ませて拭く事で、間違いなくウイルスを消毒できると述べた。洗剤を含んだ濡れティッシュでも消毒効果はあるが
、間違いない効果があるのは70%濃度のアルコールであると結論付けた
http://hk.news.yahoo.com/030327/12/qvqe.html


====================================
There is no government-approved treatment for the common cold or SARS, but CDC head Dr. Julie Gerberding said the Defense Department is testing the virus against all known antiviral drugs. There has been progress with antivirals against other respiratory viruses and some of those drugs have been effective in studies against some coronaviruses, she said.
http://www.trivalleyherald.com/Stories/0,1413,86~10669~1271324,00.html
CDC:コロナウイルスに、効き目のある薬が全くないというわけでもないらしい。(軍との共同研究で成果が出つつあるという)


====================================
ドイツ
のウィルス専門家たちも、米国のCDCの見解に同調し、今回のウィルスはコロナウィルスの変異種が関係している可能性があると考えている。
フランクフルトで入院中のSARS患者からもコロナウィルス類が見つかったとのこと。しかし、SARSの詳細はまだ不明であると。
26日11時49分のAP通信(独ヤフーより) http://de.news.yahoo.com/030326/12/3d5s3.html



「謎の肺炎」 鳥のウイルスが原因の可能性高まる 朝日新聞3月26日
「謎の肺炎」とされてきた重症急性呼吸器症候群(SARS)は、鳥類に病気を起こすウイルスが原因である可能性が高まった。世界保健機関(WHO)などが対策を進めているが、今月に入り、アジアを中心に感染者は約460人にのぼり、このうち20人近くが死亡した。感染経路ははっきりしておらず、ワクチンや治療薬開発もこれからの課題。国内外の対策を追った。
風邪ウイルスの新種説も

 WHOによると、SARSの原因はパラミクソウイルスの一種、「メタニューモウイルス」の可能性が高い。 ベトナムで最初に「謎の肺炎」が報告された今月上旬から、わずか2週間足らずでここまでわかった。世界の研究者間の電子メール網で、患者発生や検査結果をほぼ同時に共有できたからだ。WHOのクラウス・ステューア博士は「普通なら数カ月かかる調査が数日単位で進んだ」という。 北海道大の喜田宏教授(獣医学)によると、このウイルスはもともと七面鳥や鶏に病気を起こす。人に病気を起こすことが分かったのは最近のこと。01年、オランダで気管支炎や肺炎になった28人の子どもから見つかったのが最初だった。 一方、米疾病対策センター(CDC)は24日、「風邪症状を起こすコロナウイルスの新種が患者から見つかった」と発表した。CDCの責任者は、少なくともSARSの原因の一部がこのウイルスとみている。 これらのウイルスがなぜ凶暴化して今回の大流行を起こしたのか、分からない点は多い。(以下略 )
http://www.asahi.com/health/medical/TKY200303260191.html
香港大学が発見したウイルスは、豚などの家畜からのコロナウイルスであった。 (番朝掲示板有志訳 ソースもご確認ください))
香港大學微生物學系が発見したコロナウイルス(冠状病毒:Coronavirus)は、人間にも動物にも見られるありきたりのものであるが、今回SARS患者の体内から発見されたウイルスは、通常豚に感染するタイプのもので、おそらくは変異により「宿主」がヒトになったウイルスが、人体にこれまでにない病状を起こさせるのだろうと見られている。
香港大学では「ウイルスの遺伝子構造の解明は一刻を争う。なぜならウイルスの遺伝子は不安定で、どんどん変化していく。解明が遅れれば、そのときにはヒトからヒトへの伝染の過程で、変異しているかもしれない」とコメントしている。
抄訳記事のソースは:
http://hk.news.yahoo.com/030325/10/qumk.html


謎の肺炎:
原因ウイルスは複数の可能性 米疾病対策センター
3月25日 11:19
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/kokusai/20030325k0000e030026001c.html

 【ワシントン斗ケ沢秀俊】米疾病対策センター(CDC)は24日、SARS(重症急性呼吸器症候群)の原因ウイルスは新種のコロナウイルスである可能性が高いと発表した。香港中文大などは、パラミクソウイルス科のウイルスとの調査結果を公表しており、原因ウイルスが複数ある可能性も出てきた。 CDCによると、米国では同日までにSARSの疑いのある患者が39人発生している。これらの患者やアジアの患者の組織を取り寄せ、遺伝子解析や電子顕微鏡による観察をした結果、2人からコロナウイルスの仲間のウイルスが検出された。 コロナウイルスはヒトや動物に感染するウイルスで、CDCによると、かぜの約3分の1は同ウイルスに起因する。 岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長の話 コロナウイルスはパラミクソウイルスと形状が似ている。病原体の調査過程では、さまざまなウイルスが検出されることがよくある。何が本当の原因か、一層の調査が必要だ。[毎日新聞3月25日] ( 2003-03-25-11:16 )

=======
コロナ様ウイルスの日本での発生例です
http://idsc.nih.go.jp/iasr/19/225/dj2255.html
コロナウイルスの説明です。

http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/lab/2/celltech/dbhome/dvim.html
=======
★謎の肺炎は風邪ウイルスが原因か

米疾病対策センター(CDC)は24日、ベトナムや香港を中心に流行する原因不明の肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)は、風邪の原因ウイルスの一つであるコロナウイルスの一種が原因とみられると発表した。
CDCによると、コロナウイルスは、人間の呼吸器などに感染してのどの痛みや発熱などを起こす。風邪の3分の1はコロナウイルスが原因だとされる。今回のウイルスはこれまで知られていない新たな種類のコロナウイルスとみられる。CDCはアジア各地から送られてきた感染者の血液や組織を分析、複数のサンプルからコロナウイルスを検出した。コロナウイルスの仲間では、人間の呼吸器症状のほか、腸炎による下痢などを起こすウイルスが知られている。ほ乳類や鳥類にも感染する。SARSの病原体の可能性があるウイルスとしては、香港大などが患者からパラミクソウイルスの一種を検出したと発表しているが、断定はできないとされていた。世界保健機関(WHO)によると、2月1日から3月24日までに、15カ国で456人がSARSにかかり、17人が死亡している。
http://www.sankei.co.jp/news/030325/0325kok071.htm



The case for a coronavirus appears to be stronger than that for a paramyxovirus,which was the leading -- and only -- contender as the cause last week. "There's evidence [for a coronavirus] in a variety of forms, " Gerberding said. "We can culture it. We can see it on an electron microscope in respiratory fluids, we have specific assays that are picking it up in a variety of tissues and specimens." The evidence also shows that one patient who had tested negative to coronavirus antibodies at the beginning of the illness developed antibodies and tested positive by the end of the illness. "This could still be an incidental finding, but that's looking increasingly doubtful," Gerberding said. "The challenge is, we have a pretty nonspecific illness and we are dealing with families of viruses that are ubiquitous."
http://www.healthcentral.com/news/NewsFullText.cfm?id=512398
掲示板有志訳。ソースもご確認ください。
SARSの原因となるウイルスに、先週来言われているパラミクソと、CDCの言い出したコロナウイルスが主要な候補みたいだが、コロナウイルスが肺などの組織内で見つかる事をCDCは強調。パラミクソ説については、鼻などから採取した体液に見られても、肺にみられないのは不思議というのが(コロナ発見前から)CDCの提出していた疑問だった。


上の記事では抗体反応との関連でコロナ説が裏付けられるという。この論争は新しい証拠とか出てこないと長引きそうに見えるけど。

==============
★アジアで流行の急性肺炎 原因ウイルスを分離

ジュネーブ(CNN) 世界保健機関(WHO)は22日、アジアを中心に流行中の急性呼吸器症候群(SARS)について、香港大学の研究チームが同日、原因とみられるウイルスの分離・培養に成功し、ウイルス感染の有無を見分ける検査方法を開発した、と発表した。香港大の研究チームは、すでにSARSで死亡した患者2人の肺組織から原因ウイルスを分離・培養し、これを使って患者の血液から感染を示す抗体(生体内たんぱく質)を検出する検査方法を開発した。検査法の信頼度は高く、SARS感染の疑いのある患者に対し、適切で速やかな治療ができるとしている。
一方、WHOはウイルス分離には成功したが、特定はまだだと注意を促し、各研究機関と協力して同定を急ぐとしている
これまでにドイツや香港などの医療機関が、SARSの患者からパラミクソウイルス科(Paramyxoviridae)のウイルスを検出したと報告。さらに21日には、カナダの研究者が同科メタニューモウイルス属(Metapneumovirus)のウイルスが、SARSの原因ウイルスである可能性を指摘している。
CNN http://www.cnn.co.jp/science/K2003032300393.html



SARSの原因ウィルス特定…WHO発表

 世界保健機関(WHO)は22日、正体不明の肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)について、香港大学の研究チームが原因ウイルスを特定し、感染の有無を見分ける検査法の開発に成功した、と発表した。 SARSの初期症状は発熱とせきなどで、普通のかぜなどとの区別が難しかったが、検査法の開発によって、迅速に患者を診断し、適切な時機に入院させることが可能となる。 原因ウイルスの特性は引き続き分析中だが、麻疹(ましん)など様々な病気を引き起こすパラミクソウイルス科の新種ウイルスの可能性も強まっている。治療・予防法はまだ見つかっていないが、抗ウイルス薬リバビリンが有効と、一部で報告されている。 研究チームは、死亡した患者の肺組織から原因ウイルスを見つけ出し、試験管内で培養。このウイルスを使って、患者の血液から感染を示す抗体(生体内たんぱく質)を検出することが可能となった。検査法の信頼度は高いという。
 パラミクソウイルスは、1994年にオーストラリアで、また98―99年にはマレーシアで、新種ウイルスが出現し、脳炎などで100人以上の死者が出た。今回は、このウイルスの中でも、小児の気管支炎の原因として2001年にオランダで見つかったメタニューモウイルスとの類似性を指摘する声がある。 SARSは患者が航空機で各国に移動したことから被害が急速に拡大。22日時点でアジア、欧州、北米など14か国・地域から、患者386人、死者11人が報告された。昨年末から先月にかけて中国・広東省で報告された肺炎患者約300人、死者5人もSARSの疑いが濃厚だ。(読売新聞)


=======
最新の投稿から。。SARSの原因に coronavirus 説との書きこみがありました。ソースを直接ご確認ください。
942 :名無しさん@3周年 :03/03/25 09:00 ID:EHuGj/8n
SARSの原因に coronavirus 説、これはCDCの言い出したものだが・・どうも人間の体にウイルスなんかうじゃうじゃいるらしいから、いろんなのが見つかって、決定打にかけるような。

CDC: SARS may be Caused by Cold Virus Last Modified: 3/24/2003 6:13:55 PM
ATLANTA (AP) -- The mysterious and deadly flu like illness from Asia that has stymied health officials around the world appears to be caused by a new variety of a common cold virus, U.S. health officials said Monday. The head of the U.S. Centers for Disease Control and Prevention said a number of tests had revealed traces of a form of microbe known as a coronavirus in the tissue of people infected with the unidentified disease. "There's very strong evidence to support coronavirus" as the cause, said CDC director Dr. Julie Gerberding at a news conference. However, she cautioned that more testing is needed before experts can be certain.
http://www.11alive.com/news/news_article.asp?storyid=29488
コロナ様ウイルスの日本での発生例です。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/19/225/dj2255.html
コロナウイルスの説明です。
http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/lab/2/celltech/dbhome/dvim.html

□■□香港の研究□■□ 
(香港の情報は、番朝掲示板から。(もくじに戻り、世界のニュースリンクから番朝掲示板とニュースソースにもアクセスできます。)

198 名前: RTHK2003-03-23 00:00 投稿日: 2003/03/23(日) 01:07
香港大學醫學院は、非典型肺炎のウイルス培養に成功したと発表。この成果は病原ウイルスの検査、予防ワクチンの製造に役立つとみられる。
醫學院微生學系系・袁國勇主任は、同学院は既に患者の血液検査でSARS感染をすばやく確かめられる方法を編み出したと語った。
このほか、同氏は、現在行われてる治療方法は正確であり、治療を受けた75%の患者の病状は好転しているとコメントした。
http://www.rthk.org.hk/rthk/news/expressnews/
港 大 聲 稱 找 到 測 試 非 典 型 肺 炎 的 快 速 方 法
2003-03-23 00:00  画像は番朝掲示板からどうぞ。
199 名前: @ランタオ大仏下投稿日: 2003/03/23(日) 12:24
(Yahoo香港ニュースより)
香港大学は中文大学に負けじと、3月17日に広州中山医学院教授の妹の夫(すでに死亡)の肺組織でウイルスを培養に成功。先日中文大学で発見したというウイルスと同じかどうかは不明。 一方、中文大学では、SARSを引き起こすウイルスには7つの遺伝子があることを突き止めており、2つまで解析が終了している。残る5つを調べ、最終的にウイルスの「素性」が判明する。
http://hk.news.yahoo.com/030322/10/qsn0.html
 
721 :名無しさん@3周年 :03/03/23 16:15 ID:Fl9Ys0pa
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20030323AT3K2302523032003.html
香港大、肺炎のウイルス培養に成功 
 【香港23日共同】23日付の香港各紙によると、香港大は22日夜、香港などで流行している肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の原因ウイルス培養に成功したと発表した。 病原体をめぐっては、既に香港の中文大などが、
パラミクソウイルスの一種を検出したと発表。香港大はウイルスの特定には至ってないとしたが、培養成功により、治療法開発などが大きく前進するとみられ、世界的流行に歯止めがかかる可能性が強まってきた。
 報道によると、同大は培養ウイルスを使った血清検査により、約1時間で感染の有無の確認が可能になったとした。これまで16人に検査を実施、8人の感染を突き止めたとしている。
 同大では、香港の感染源となった広東省の医大教授の細胞を使ってウイルスの培養に取り組んでおり、今回の研究成果は世界保健機関(WHO)にも報告された。 一方、WHOによると、この肺炎の感染や感染が疑われるケースが発生した国は、22日の段階で計14カ国で、患者数386人、うち11人が死亡している。(16:11)

567 :名無しさん@3周年 :03/03/22 16:51 ID:vKLGiJ2W
Scientists Create Possible Test to Diagnose Mysterious Asian Illness
http://www.voanews.com/article.cfm?objectID=69227B5C-6690-4592-A3503D5F68D25167

謎の肺炎に対する、検出(診断)方法に手がかりを発見 (ボイス・オブ・アメリカ)

A laboratory in a WHO global network investigating the new ailment has created a method that might determine who is infected and who is not.
Researchers found that antibodies in blood from recovering SARS patients stopped test tube growth of a virus extracted from the noses of other patients. The WHO calls the finding the first important step towards the creation of a diagnostic test, but notes that much more work must be done to develop it.

WHOの組織したSARS研究ネットワークの科学者達が、感染の有無を診断・検出する方法につながる発見をした。
SARSから回復した患者の血液中の抗体が、他の患者の鼻から採取して試験管で培養中のウイルスの成長を停止させる事がわかった。WHOではこれは診断の手法の開発につながる最初のステップとしているが、さらに研究が必要と述べている。
568 :名無しさん@3周年 :03/03/22 17:02 ID:vKLGiJ2W
Crude Test Offers Hope for Tracking Mystery Virus
謎のウイルスの追跡に希望の光:テスト手法の開発 (ニューヨークタイムズ)

Then one laboratory was able to develop the crude test, known as an immunofluorescence test. In the small-scale study that followed, the laboratory took blood from four ill SARS patients and from four healthy people, as scientific controls, and tested the eight specimens without
knowing the identity of any. The test was positive in all four who had SARS and negative for the four healthy people.
http://www.nytimes.com/2003/03/22/health/22INFE.html?ex=1048914000&en=52e4c393d982747e&ei=5062&partner=GOOGLE

WHOのSARS研究ネットワークのある研究所でimmunofluorescence testと呼ばれる
方法で4人の健康な人と4人のSARS患者の血液から採取した検体を用いて試験した
ところ、健康者に陰性、患者に陽性の結果が得られた。
575 :名無しさん@3周年 :03/03/22 17:54 ID:+N87sCaz
>>574
蛍光抗体法immunofluorescence testってのはいわゆる免疫染色法なんだけどウイルスのエンベロープ抗原とかが同定できたのかな?
よくわからん。
685 :擬古牛φ ★ :03/03/23 11:17 ID:???
一方SARS共同研究チームは、病原体と思われるウイルスを培養後、回復しつつあるSARS患者の血清と、同数の健康な人の血清を、培養細胞に添加した。すると、SARS患者の血清ではウイルスの成長が止まったのに対し、健康な人の血清ではウイルスに変化はなかった。WHOのウイルス学専門家であるKlaus Stohr氏は、「これは、トンネルの先に光が見えた程度のことではない。真の太陽光線だ」と、この発見を評価している。
 なお、このウイルスはパラミクソウイルスに形態が似ているものの、特定はできていない。
 WHOはまた、5人の感染症専門家を中国に派遣し、昨年11月に広東州で発症した異型肺炎の流行について、病原体の特定や、SARSにあてはまる症状の患者がいたかどうかなどについて、研究支援を行うとしている。

MedWave  http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/a015/237686

========

□■□カナダの研究□■□
21 Mar 2003 23:14 ロイター・アラート
Canadian researchers identify virus in SARS cases
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/N21349050

カナダの国立ウ二ペグ・マイクロバイオロジー・ラボの研究者が発表。
The researchers said six Canadian victims of the infection, known as severe acute respiratory syndrome (SARS), contained evidence of the
human metapneumovirus, part of a family of viruses called paramyxoviruses

→ふうん 
human metapneumovirus これは、反論のありそうな。(掲示板に情報を寄せていただいた方のつぶやき)

=========

兵器説だそう

SARSウイルス=中国製のバイオ兵器、というのはロシア人のニコライ・フィラトフだのセルゲイ・コルシニコフだのといった人たちが少し前に言い出してあちこちのメディアに出たけれど、全く相手にされていない。当然だけど。(とのこと。掲示板から。諸説でてきますな。とにかく治療を確立してほしい)
http://sf.indymedia.org/news/2003/04/1599707.php  http://news.independent.co.uk/world/science_medical/story.jsp?story=400800
http://www.expressindia.com/fullstory.php?newsid=20498  
http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/top_news/20030503/top_1/main.html
http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/top_news/20030503/top_1/main2.html

> 記事は、ロシア医学アカデミーのセルゲイ・コレスニコフ委員が、3月27日にイルクーツクで行った記者会
>見に基づいて書かれたものだった。

ここんとこよく見んしゃい。
まだSARSウイルスの原因が何だかも確定していない時の会見なのよ。