このページは改訂前のものです。
改訂後のページは下記にあります。
http://www.chinjuh.mydns.jp/hakubutu/musi/suzme31.htm
 

オオスカシバ

科名 スズメガ科オオスカシバ亜科
学名 Cephanodes hyalis
中国名 珈琲天蛾
出現期 5〜6月 7〜8月
食草 クチナシ

 
 
 オオスカシバのことは、珍獣日記珍獣お絵描きのところに色々書いたので、ここでは写真を中心にちょっとだけ。

 
2〜3齢のお子ちゃま
1999年9月29日撮影
 まだ小さい幼虫(3齢くらいかな)。
 ちょっと色が薄くて光にすけちゃう感じ。

 
終齢幼虫
1999年9月29日撮影
 こっちは終齢幼虫。
 ものすごい食欲でむしゃむしゃばりばり食べまくります。
 部屋の中で撮したものなので血色が悪いですが、実物はもうちょい緑が鮮やかで、蝋細工みたい。
 オオスカシバの幼虫には、こういう緑色の子と、茶色い体の子がいるらしいです。でも、珍獣の家のまわりには緑色型しかいません。

 この子にも尻尾がありますが、こういう尻尾のある子は、ほぼ間違いなくスズメガ科です(たまに違う科の芋虫にもあるけど)。


 
 
前蛹体
1999年9月29日撮影
 うーん、写真だと上の終齢幼虫の子と見分けつかないと思うけど、これは蛹になる直前の子。実際に見ればはっきり分かるんだけど、今まで鮮やかな緑だった子が、蛹前になると腐ったみたいにどす黒く変わってしまう。
 こうなると餌を食べるのをやめて、蛹になる場所を求めて歩き始めます。


 

蛹の抜け殻と、土の繭
 どす黒くなった芋虫は、土に潜って繭をつくります。
 この写真は、去年うちで飼ってた子が5月に出てきたあとです(珍獣日記参照のこと)。

 オオスカシバという名前は漢字にすると大透羽とでもなるのでしょうか。名前のとおり大人になると蜂みたいに翅がすきとおった蛾になります。また、高速で羽ばたくので蜂みたいにブーンという羽音をたてます
 今年もまたうちで蛹になったのがいるから、来年の春に出てきたら写真をとることにいたしましょう。

 ちなみに、中国名の「珈琲天蛾」は中国の蛾のサイトから拾ってきた単語なのですが、なぜ珈琲(本来は口へんなんですが)なのかはよくわかりません。なじぇかしら。


次のページへ