水燃料自動車
フレーム

現在、燃料電池自動車開発が急ピッチで進められている。しかしそこに問題点はないだろうか?
まず燃料を何にするかである。そして、燃料電池自動車がいざ実用化すると、どこで燃料を供給するかなど、周辺環境の整備の問題もまだ解決していない。燃料電池自動車の燃料として有望視されているのが、水素、メタノール、ガソリンである。水素をそのまま車両に載せるのが最も効率がよいが、水素は常温では気体なので容積が大きく、また爆発性があるので搭載には注意が必要である。
搭載性の点では液体燃料が最もよいが、液体水素は冷却しなければならないし、何日か立つと徐々に気化していくのが難点である。水素を搭載する以外の方法として、水素を含む天然ガス、ガソリンなどを搭載して、成分を分解させたり、反応させたりして、車内で水素に変換しながら活用する方法などが開発されている。

さて、ここで紹介するアイデアは水燃料システムである。 図面参照
それは水を電気分解する事により、それ自身のガス混合物を生成し燃料とするというものである。過去にこのアイデアを用いて水燃料自動車を走らせる実験に成功している。この自動車には水のタンクは取り付けられてはいない。その代わりにシリンダー内に存在する酸素と水素ガス混合物によって燃料供給がなされるからである。


中東で何が起ころうと水で自動車が走ることが出来るなら燃料の心配はもういらないのである。
あなたならこの先の未来をどう創るだろうか?


トップページヘもどる