MacOS X
親指シフト道場

PowerBookG3
最終更新日: 2005年1月29日
(Tesla-plusのソースをショートカットが効くものに変えました)

 このページは、MacOS Xで親指シフト入力をおこなうためのソフトウェアTeslaの改変ソースを置くために作りました。加えて、MacOS XでのTips集や親指シフト全般に ついての話題も扱っていくつもりです。

ソフトウェア・ダウンロード

Built_for_MacOSX 【10.1, 10.2】Tesla-plus2_source.tgz 【10.3テスト版】Tesla-plus3_source.tgz
10.3対応版より下記の「半濁音の機能」はTesla本体に取り込まれました。よって以降はなるべく本体版をご利用ください。

Teslaは、Shibata Seijiさんが作られた、MacOS Xで親指シフト入力をおこなうための ソフトウェアです。内部ではijectというキーチェンジャーの 機能を利用しています。ここでは、このソースを改造し、よりオリジナルの親指シフトに近い入力を可能にしたバージョンを配布しています。(文字キー+小指シフトキーによる半濁音の入力、最上段のキーの配置など)また、omeletと併用することもできます。ソースをダウンロードしてコンパイルしてください。(READMEおよびHOWTO参照)
(必ずそれぞれのOS X10.* バージョンに対応したDeveloper(Xcode) Toolsを使用してください。kextの扱いが異なるため、対応したDev.Toolsでコンパイルしないと 動作しません)

Tips集

Tesla自体がもともとキーチェンジャーを基礎にしているため、 いろいろなカスタマイズや改造が比較的容易に行なえます。そのような実例やヒントを 集めてみました。

親指シフト一般の話題


OS X一般の話題

◎Emacsの設定法(以下はemacsでことえりが使えるように なったことを反映していないので、やや古いです)
EmacsはUNIX一般で用いられる万能エディタですが、OS Xで使用する場合は、 X環境とは違った工夫が必要です。そんなヒントを集めてみました。
◎日本語の使えるvi
日本語(EUC)が編集できて、FreeWnnでインライン入力もできるjvimをコンパイルしたものを ここに置いておきます。(これはローマ字入力です)
◎Proxy Serverの設定法
多機能なプロキシサーバーをローカルで立ち上げるためのノウハウです。

〈超お薦めフリーソフト〉
〈お薦めフリーソフト〉

掲示板

使い方は特に指定しません。感想、質問、Tipsの報告、リンク、ゲストブック、なんでもどうぞ。 (休止中)
Discussion Bord

 Author of this page: まつだ まさお ( e-mail: matsuda(at)nicola.club.ne.jp )〈開設日: 2003.02.19〉

OASYS   Nicola Consortium