新anti_cult掲示板過去ログ 0001->2000
これは、http://y30.net/anti_cult/cgi/cgi07/light.cgi?にある、<アンチカルト掲示板>の過去ログです。

[2000]小山壮吉という男
根絶
2005/11/12 12:52
小山壮吉 前会長・みほこの 長男・・
こいつの せいで 我が家をはじめ、
多数の 被害者が 全国に 発生しました。
末端信者の生活を、地獄にさせてしまった、張本人です。あきらかに、異常なやつでした。

精神に異常をきたしていたという噂もあります。
こいつ 40代で 原因不明の死を迎えましたが、
本当の死因は、いまだ、なぞに つつまれたままです。
誰か、壮吉の死因、ご存知の方いらっしゃいませんか?


[1999]二毛作さんへ
ロト
2005/11/12 12:16
 はははっ(笑)人格破綻の間違いでしょ。根絶さん、くもりの多さは欲の深さに通じますよね。


[1998]くもりの多さ
根絶
2005/11/12 11:52
そういえば・・
会長・資格者・助教師・世話人・一般の順に
くもりの 多さも それに 比例している。

って 資格者ども よく言ってました。

ということは 会長 小山弘子が 一番 くもり
(罪・穢れ)が 多いということですね。

自分たちで 自ら そう 認め、公に公言していますので、
秀明は、最低の 詐欺・インチキ宗教ですね。
すなわち、
ここに 籍を置いている限り、信者は、
不幸になる 一方です。

ここに訪れる 迷える 秀明の信者さん。
今すぐ このインチキ宗教から
脱会した方が いいですよ。


[1997]ロトさんへ
二毛作
2005/11/12 9:11
そうでしたか。私は今まで秀明の教師助教師は人格高潔な人たちだけがなるものだと思っていましたよ。(笑)


[1996]お光の取り扱い
ロト
2005/11/12 0:33
 笑い話として聞いてください。まだ、秀明にいたころ風俗にいきました。お光は家においてきました。その当時(今も?)お光は風呂にはいるとき以外は常に身につけておくようにと言われてましたが、大きさは違うけど同じ風呂だからいいかと思い、家においてきました。

 待合室で見たことのある人がいました。私の拠点の青年の助教師でした。初めはお互いばつの悪い感じで話もしませんでしたが、私が「お光は風呂にはいるとき以外はつけとかないといけないんでしょ」と詰問すると、彼はにやつきながら、「風呂にはいるからええねん、風呂やろ、風呂」。

 彼と思考回路が同じだったのがくやしかったのを覚えてます。下品ですみません。


[1995]お光の取扱い
あるくもり信者
2005/11/11 15:43
お光の取扱い・・・?
分け御霊だから ご無礼のないように・・・?
ただの 偽コピーなのに・・・?

こうして 信者を洗脳したんですね。
洗脳の 方法としては すごいアイデアですね。


[1994]不倫の時は慎重に?
二毛作
2005/11/11 1:09
それにしても根絶さんの言っていた一度に五人と不倫していた人は、お光の取り扱いが非常にうまかったんですね。


[1993]おはずし
東日本匿名
2005/11/10 22:17
そうですね、いろいろあります。床屋は外さないで行く人もいました。海外は外すという人もいたが、テロが怖いからかえってして行くという人もいました。
しかしこれではまともな日常生活が送れないではないですか。こんな「非常識」な宗教なんです。聖教書に「常識」というのがありましたが、どこが常識的なんでしょう。学生はもっと大変です。体育のある日にうっかりして行くと・・・。社会人も突然の健康診断でお詫びになる人が結構いたし。
また出かけた先で急に温泉に入りたくなったり、過激な遊びをしたくなったり、風俗に行きたくなっても我慢・・・。外出前に行動の計画を立てなくてはいけないなんてひどい。結局はおひかりであまり時間やお金を使わせないように縛っていたのではないかとさえ思います。


[1992]お光のお外し
二毛作
2005/11/10 14:41
特に他人のいる脱衣場、更衣室、寝室(?)。


[1991]おひかりのお外し
あるくもり信者
2005/11/10 12:15
ホテル・旅館・床屋さん・美容室・・・・


[1990]おひかりのお外し
東日本匿名
2005/11/10 11:08
おひかりを外していかなくてはいけない場所

銭湯・プール、海・風俗・デート・・・・。
他にありましたら教えてください。


[1989]びっくり
とくさん
2005/11/9 23:24
そんなにすごい人がいたんですか?私の情報も結構すごいと思っていましたが、ほんとうですか?根絶さん。ちなみにどこの拠点だったか教えてもらえますか。


[1988]不倫の宗教団体
根絶
2005/11/9 22:59
不倫ですか・・・
いやぁ・・・
秀明の 不倫は すごかったですね。

私の 知ってる 今 資格者をやってる女性なんか
一度に 5人の男性と 不倫してましたから・・。

彼女は ずいぶん 未信者を入信させたけど・・
その都度 肉体関係 やってたらしいです。
こんな 尻軽な 資格者や助教師 世話人が 不思議と
多いですね。
ノルマ達成のためには、体まで、武器にするんですね。
秀明の 特徴でもあります。 


[1987]不倫は私も知ってます
とくさん
2005/11/9 21:13
子供で生んでしまって、大問題になってました。それも助教師が絡んでましたからどうしようもないですよ。曇りですべて片付く世界なんで咎めもなく、責任を取ることもなく、うやむやになってたけどね。なんか今は宣伝だけうまくなって、中身なしって感じじゃないのかな。信者の方どうですか?中身のない人間だけが残っているんじゃないですか?


[1986]夏季布教
東日本匿名
2005/11/9 20:59
8月はお盆月だから先祖が喜ぶことをしましょう。
先祖がついているから力も強くなります・・・。
こんな言葉で自己放棄や献金、実践を迫られました。
先祖の力が強ければうそだということを知らせてくれただろうに・・・。
先祖が喜ぶ夢を見た、とかひとり歩きの話もたくさんあった。
夏季布教中にさぼる人間もいたが・・・。
暑さに耐えられずに喫茶店に入ったりとか。
会主の言葉に「秀明丸は人を救う船です。忙しいのです、物見遊山に心を奪われている暇はありません・・・。」
でも、裏で息つきしている人間はいましたよ。
聖教書にも裏表の必要のない信仰だと書いてあるが裏表はありましたね。体的な喜びを求める人もたくさんいたし、不倫や軽犯罪をする者もたくさんいましたからね。


[1985]ヨーロッパですか
とくさん
2005/11/9 20:33
フランスではカルト指定されているヨーロッパで何をやっているんですか?


[1984]アメリカの話
コンスタンチン
2005/11/9 20:14
そういえば、聞くのはクレストンだけですね。昔はアメリカの青年が本部に来てましたけど、最近は見ないなぁ。
今はヨーロッパの話題が多いです。


[1983]自己放棄の夏
二毛作
2005/11/9 18:30
 特に夏季布教の8月は書き入れ時だったんでしょうね。年間目標達成の。学生は休みですし、一大イベントになって、社会人までその期間休みを取って自己放棄させられて。遠隔地布教に行かない者でも地元で自己放棄させられたりもしましたね。
 確かこの月だけ拠点の教師が皆入れ替わるという制度もありました。一方8月1日からの布教者は7月31日に本部に集められてそこではじめて自分の行き先を知らされる。「東日本匿名」さんもいってたように1週間ずつ4期に分けられていましたが、1人も入信者がないと期間を延長させられるなんてこともありました。


[1982]アメリカの実状知っている人いませんか
とくさん
2005/11/9 18:27
アメリカの拠点に一度言ったことがあるのですけど、日本でもてはやされているのとはかけ離れた状況でがっかりしました。そういう経験とか実情に詳しい人いないかな。

[1981]自己放棄の目的
匿名希望
2005/11/9 17:21
自己放棄の目的は信者をどんどん増やし、入信献金のボッタクリとその後の献金絞り上げの金づるを作って、美術館のとてつもない、建築資金と美術品の買い物。
上層部の生活資金でしょう。
ねずみ講のようなものだと思う。


[1980]自己放棄
あるくもり信者
2005/11/9 15:15
H本支部長先生とI田から、軟禁状態にさせられたんですか?
そうですね。よくわかります。私の拠点でも同じようなことが、行われていました。
ひとりのターゲットを 数人で取り囲み、自己放棄を迫るんです・・・
アパートまで、押しかけたり、待ち伏せしていたり、拉致したり、それは、すごかった。
今なら、警察に通報すれば、すぐに逮捕でしょうね。
怖かった・・ほんとに・・トラウマに なっています。


[1979]自己放棄
葉子
2005/11/9 14:03
なつかしい言葉ですね。
私の拠点はT支部管轄でしたので、7月には毎年H本支部長先生とI田氏が来て、1ヶ月自己放棄を決めるまで軟禁状態にされてました。
そういえば青年でまともな職についている人はいなかったな。住んでる所もひどかったですね。


[1978]自己放棄
あるくもり信者
2005/11/9 11:20
自己放棄・・・
この張本人は、あの、女たらしで有名だった小山惣吉です。彼は、きっと、精神がおかしかったのでしょうね。
被害者の恨みをかって、早死にしたけど・・


[1977]自己放棄
匿名希望
2005/11/9 10:58
私の知人は折角入った1流企業を、2年目に無理矢理自己放棄とやらで、夏休み1ヶ月間休まされて首。
それでもそこの助教授とやらのおばさん、奇跡がおきて1ヶ月の休みもいただけることあるとか言ってました。
ある分けない。
結局首・・・・
ばかばかしい。
洗脳しやすい若者を集めて、生活も出来なくなるほどく
使い果たし、暑い夏の炎天下ぶらぶらと布教に歩かせた
秀明会許せない。
それでも目覚めないアホもいる。


[1976]自己放棄
東日本匿名
2005/11/9 10:09
一定の期間、一切の私事をやめて布教活動に専念することです。「自己放棄は自己解放なり」という標語もありました。学生は夏休み、社会人も休暇などをとって遠隔地布教に行くのです。夏季布教は4期ありましたが、社会人などでも休暇を利用して1期(1週間)は行きなさいと迫られ、全国どこかに送られたのです。そこでは見知らぬ者と雑魚ねで変な餌を食わされながら、朝から遅くまで実践と拠点の維持をさせられたのです。
他にも小さな自己放棄(地元で)もたくさんありましたね。


[1975]ありがとうございます
macchan [Mail]
2005/11/8 22:08
あきれますね。
指導する側も指導する側ですが、付いて行く者も付いて行く者ですね。
どちらもバカです。
何とも、秀明会という会は・・・はた目にも、恥ずかしい。


[1974]残業放棄 自己放棄
二毛作
2005/11/8 21:30
 私もあまり詳しくはないのですが、「自己放棄」とは「自己の仕事や学業を放棄して秀明会の御用をやりなさい」という意味だったと思います。どこかの支部には「残業放棄 自己放棄」などという標語が掲示してあったと記憶しています。


[1973]つい趣味が先走ってしまい、失礼しました。
macchan [Mail]
2005/11/8 19:38
秀明会がからむと、ロクなことがないようですね・・
私はただ、秀明会にお金を使って、浄霊と称して手を挙げてありもしないことを夢見たり、死んだ人の写真に向かってお礼を言っている暇があったら、
実際に本物の舞台のワンダーランドを観劇する方が、どれだけまともで健康的かと思っているだけですが、
言うは易いですが、実際はなかなかそう簡単な事態ではなさそうです。

ここの所、話題が少なそうなので、一点、詳しい方がおられましたら、ご説明いただきたく思います。
時々目にする「自己放棄」という陳腐な用語についてですが、秀明会ではどのような使われ方をしているのでしょうか?
たぶん、自己放擲とか自己犠牲の精神を意味しているのだと思うのですが、でもそれは人にすすめる種類のものでも、自分がモットーとする言葉でもないと思うのですが・・・
結果的に、客観的に他人が見て、自己犠牲的な行動だったという時に使う言葉ではないのでしょうか・・・
なんと陳腐な言葉なんでしょう・・・


[1972]宝塚
東日本匿名
2005/11/8 11:59
T支部でも昔あったな・・・。観劇会。
行事は「T支部第○回信徒大会」年に1度、月次祭を大きくしたお祭り。
なんでかと理由を聞いたら、多くの信者が集まれる施設がないからだと。そして式典をするが、場所を借り切るので宝塚を見ないわけには行かないというような説明だったような気がしますね。
その後は浦安にあるNKホールなどに会場が移ったと思うが。
その後、会場費が高くて赤字出したので外部でのイベントはやめて「記念祭」とかもっと規模が小さくなれば「記念月次祭」などをしていたね。
しかしただの月次祭と違って玉ぐしははずまなければならなかった。単に収支都合で振り回されたえらい迷惑な話や・・・・。


[1970]宝塚・・ 2
根絶
2005/11/6 18:29
宝塚観劇??はぁ??
そんなもん わざわざ 悪の宗教団体が 徒党組んで見に行くもんとちゃうやろ?
宝塚さんも いらん迷惑や。

それで??美による感化??あほちゃうか?

他に すること やるやろ??
小山さん??

しかし、資格者どもって えぇ商売やなぁ・・
50万円給料もらうんやからなあ・・・

多生の縁が 多少とちがうとか?はぁ??
誰でも 知ってることを えらそうに・・・
あの輩 社会勉強してるんでしょうか?


[1969]宝塚・・
Matsu(元信者)
2005/11/6 15:56
1. 秀明会の審美眼を疑う。
2.そんなもの見てホケ〜ッとしているより問題に取り組め。


[1968]支部の秀勉の話を
macchan [Mail]
2005/11/5 21:49
聞いてきましたね。
先生と言われる人の話で概ねつまらなかったのですが、
最後に「ご縁」という話が出て来まして、
ご縁があって仲間になっているのだから、
その中に変な人がいても受け入れ理解しよう、
という意味の話だったと思いますが、
耳が痛いと言いますか、いいことをいうなあと思いましたね。
「袖触れ合うもタショウの縁」のタショウは、
多少ではなくて他と生で他生と書くのだとの話で、
いや違う、多生だと私は連れの者に主張したのですが、
結局、書店で調べると、多生(他生)の縁と出ていてどちらでも良かったのでした。

その帰りは、本日のメインメニューであります、
梅田芸術劇場での宝塚雪組「銀の狼・ワンダーランド」を観て来ましたね。
コムちゃん良かったですね。
今日から全国ツアーですから、
全国の秀明会の宝塚ファンの皆さん、期待してください。
宝塚のワンダーランドの方がどれだけ健康的か・・・
コムちゃんも手を挙げてポーズを取りますが、
カッコいいですよ・・・


[1967]鳥インフルエンザ
ロト
2005/11/5 0:18
 鳥インフルエンザの変異態ウイルスでかなりやばいみたいですね。日本で流行すると100万人の死者がでるみたいですね(汗)
 秀明の出番です。今こそ浄霊の力で人救いです。ってまた、人心をあおらせることを言い出すんでしょうね。おかげ話とか。幹部が真っ先に倒れたらどうなるんでしょうね。


[1966]資格者どもの給料
根絶
2005/11/3 19:35
元T支部信者 さま・・。
45万円 ですか。

私の知ってる 憎いやつの給料は、50万円らしいから・・
ということは、最低額が 45万円で・・
いろいろと ランク付けが あるんでしょうね。
歩合給みたいなのが・・

しかし・・いい生活・いい商売してはるわ・・。
小山と 資格者ども・・・
口先だけの まるで 詐欺師 ペテン師の 見本です。

これじゃあ・・やめられませんでしょうね。
小山教 宗教ビジネス・・・。

ええ商売やなあ・・。

あと・・地獄に堕ちるのを・除けば・・


[1965]ちなみに
元T支部信者
2005/11/3 15:58
醜名の資格者の給料45万という額は、なぜか怨敵である世界救世教いずのめ教団の教師の給料と同額なのです。


[1964]資格者どもの給料は・・・
元T支部信者
2005/11/3 15:46
たしかに旧体制時は資格者どもの給料は驚くほど安か
ったらしいです。ダンナが働いている場合はタダ同然
だったとか。ですからその当時は「御礼」等が大きな
収入源だったと思われます。しかし新体制の変わって
話によれば資格者は一律45万支給されているらしく、
支部長になるとさらに手当てがつくとのことです。
それに伴い「御礼」は廃止されましたが・・・しかし
最近関東某支部の心優しく信仰心厚い恐らくパープル・
ヘッドで有名な元幹部のことと思われますが自分への
御礼を要求し始めたと投稿にありましたが本当でしょうか。


[1963]資格者
東日本匿名
2005/11/3 15:17
そういえば資格者の給料(特に初任給)は驚くほど安いと聞いたことがあります。それ以上に必要経費を奉仕金などから捻出していたのでしょうか?いや、そうしなければやっていけなかったでしょうね。


[1962]存在価値?
根絶
2005/11/3 12:10
秀明の やってることは・・・????
いったい?何だろう??

世界救世教へ 右へならえ・・2番せんじ・・

やれるとこといったら 美術館と 自然農法だけ・・

インターネットを通して
世間一般に あからさまにされた
偽ご神体、偽お屏風観音さま、偽お光は、
なんの 効果も無い 子供のおもちゃ同然だし・・。

偽ゴールド、偽ダイヤ、偽ムハマド君おかげ話・・

資格者たちによる信者参拝のバス代 ピンはね・・
多数の資格者が 行った 献金の私的流用・・
信者間の不純異性関係・・

数え上げると きりが ありませんね。

これほど 罪深い宗教団体って オウムの 他に見たことも 聞いたことも ありません。
 


[1961]退会
東日本匿名
2005/11/3 10:53
変わったのですか・・・。
前はなかなか退会できなかったし引き留めもすごかったですから・・・。
そういえば私も静かに自然消滅できましたよ。恐ろしい誘いなどがあると思いましたが、公式・非公式を問わずそういった接触はなかったですね。

[1960]秀明会
根絶
2005/11/3 9:57
もともと 芦屋のお嬢さんであった 小山ミホコが、敗戦後、財産を国に没収された。
普通人になってしまった。
それで、小山ミホコは、当時入信していた救世教への、年貢を、自分のものにしたかった。
そして、自分が、頂点に立ちたかった。
昔の ブルジョア階級の プライドが 彼女を 金の亡者に 変えた。
そこに、あの、女たらしで有名な 息子惣吉が 加わった。この 親子にとって、信者は、まさしく、奴隷、家畜、と同じ・・いや・それ以下かも・・
巻き上げられそうな信者からは、とことんお金を、むさぼりつくした。

こうして、救世教から、脱出に成功した・・
カルト・インチキ・詐欺教団秀明の 誕生である・・

その結果・・
サラ金借金地獄・家庭離散・退学・はてには 自殺者まで・・

いまだに 秀明は 一切の謝罪も 行っていない・・


[1959]内部で何か起きているのでは?
ロト
2005/11/3 1:33
 20年前、私がいたときも「時代が変わった」とか言う資格者、幹部はいました。しかし、やり方についてこれないなら退会せよってのは、私も初めて聞きます。退会=減収ですから。マサさんはかなり拠点で目立ち、反秀明のリーダー的存在だったのでしょうか?文面からはそこまでは推測できないのですが。

 当時は付いて来れない人間は、むりやり拉致のような感じで拠点につれていき、うんというまでみんなで取り囲むようなスタイルが一般的でしたが、時代が変わったというのはそういうことなんでしょうか?
 それとも、秀明内部で何かおきているのでしょうか?


[1958]風見鶏宗教
あるくもり信者
2005/11/2 18:20
>「今は時代が変わった。今後は集会所でどういった活動をしていきたいか明確にする様に。
> これまで通りにしか出来ないなら退会」

そうなんですね。秀明って 困ったものです。
その場その場で 態度を変える。
風見鶏みたいな・・。
どこまで 持ちこたえられるのでしょう・・
このような 信者を もてあそぶような 真似ばかりしてて・・

小山さん??資格者さん??
信者は、もう これ以上あなたたちに 
だまされないって・・
そのくらいは わかっていますからね・・


[1957]fujiyaさん、お邪魔しますよ・・
Matsu(元信者)
2005/11/2 5:23
>「今は時代が変わった。今後は集会所でどういった活動をしていきたいか明確にする様に。
> これまで通りにしか出来ないなら退会」

 そうですね。どのように「時代が変わった」のか突っ込んでやればいいのです。昔から、秀明会においてはしょっちゅう「時代が変わる」のですから!
 それに、月1、2回でも参拝している信者に対して「退会」だなんて、普通に考えれば宗教家の良心ではありません。まったくそれに反してさえいると思います。神の教え、また愛とは、少なくともその人間がその神と教会に対して明らかに、また意志的に毒を盛ろうとするのでない限り、ギリギリまで救おうとするものだろうからです。秀明会においても、その教えに従えば「御教えから離れることは"魂の滅び"を意味する」のです。霊魂の救われと滅びは小さなことではありません。むしろ宗教の存在意義、生命、神の人間に対する愛そのものが、そのことに関わっているのではありませんか。(それはその昔ある聖者*が、人一人の霊魂のためにさえその身を十字架に預けた、と言われているほどの事柄です。)それなのにその資格者はマサさんに対して「私は、あなたがあなたの行いと選択に応じて地獄に行っても一向意に介しません」と堂々と、しれっとして表明したことになります。荒んでいますねぇ、それが「宗教家」の持つ心性でしょうか? 人というものは自らの行いと選択に応じて自分の魂の行き先を決めるものだということが真実のことだとしても、そのような形での打ち出し方は宗教家としてはちょっと考えられないと思うのですが。その内容といい、助教師を通しての「伝言」 --- それはまるで官僚的な事務的冷酷な「通達」です --- という横着なやり方といい、私はそこに「宗教家の良心」を感じません。

* それは秀明会の謂いに依れば「夜の宗教」の聖者です。秀明会の指導者達、あなた方はあなた方が言うところの「格下」の夜の聖者に、「愛」においてそれほどまでに劣っているのですか?

「お上意識」もいい加減にしたらよいと思う。つまりは「神の代弁者」と自称する人達。その過った思いを血縁の血のように上から下まで連綿と継承する人達。
 思い上っている以外の何ものでもないと思います。


[1956]マサさんへ
fujiya [Mail]
2005/11/1 19:31
 マサさん、こんにちは。私はfujiyaと申します。

 退会をされたとのことで、それはそれで良かったと思うのですが、少し質問させてください。

>「今は時代が変わった。今後は集会所でどういった活動をしていきたいか明確にする様に。これまで通りにしか出来ないなら退会」

 この資格者の言葉は何を意味する言葉なのでしょう?
 特に不明なのは、「これまで通りにしか出来ないなら」という部分です。
 この命令を発した資格者は、マサさんに何を求めていたのでしょう?
 いろいろ推測できますが、秀明会では以前のような街頭布教活動を行う訳ではなし、これといった布教活動は行っていません。
 新たな信者が獲得できる可能性は、信者の二世の獲得と、信者のごく親しい人の勧誘くらいしかなく、一般信者にできる活動はごく限られています。

 秀明会内部で行われている各種行事はたくさんありますが、集会所に参拝するだけでなく、これらの行事に積極的に参加することを信者に求めているのでしょうか?
 新規入信者が見込めないので、既存の信者から出来る限りの収益を上げようとする方針なのかと推測しますが、一度つかんだ金づるからはとことん搾り取れ、ということなのでしょう。

 マサさんが、秀明の矛盾に対して秀明会のなかで意見を述べていたことが彼らにとってはマイナス要因だと判断され、「これまで通りにしか出来ないなら退会」という言葉になったのかも知れませんが、そうだとしたら彼らは大馬鹿者です。
 組織に従順な者が好ましいと言われていたのは昔の話で、現在のように価値観が多様化し、時代の変化が激しい時代にあっては、組織の中でのイエスマンは単なる無能者であり、組織の弱点や問題点等に対して積極的な意見を述べ、改善を図ろうとする者が有能な者です。
 「今は時代が変わった」と言いながらも、一番変わっていないのはその言葉を発した資格者自身であることに気付いていない、喜劇のような話です。


>所詮はその程度の団体なんですね。

 秀明という団体は、時代遅れの安物の喜劇を地で行っている団体なのかも知れませんね。やっていることは茶番ですが、被害者が多数出ていることに目を向ければ、笑って済ます訳には行きません。

 今後ともよろしくお願い致します。


[1955]この度退会した元信者です
マサ [Mail]
2005/11/1 15:24
平成に入ってすぐの頃に駅前で声を掛けられて入信して、長い間活動をしてきました。一時期は自己放棄という名目の過酷な布教活動もしましたが、気持ちも薄れ最近では月に1、2回程度集会所に行く程度。そして半年程前の事、助教師から資格者が私に対して「今は時代が変わった。今後は集会所でどういった活動をしていきたいか明確にする様に。これまで通りにしか出来ないなら退会」と伝える様にとの事。今まで嫌な思いを散々してきましたが、今回ばかりは我慢の限界と感じて退会を決意しました。他人から見ると私も洗脳されていたと思われるでしょうが、実際は活動してる頃からも矛盾には気付いていました。だからこそ納得いかない点には立場が上の信者にも意見してきました。正論では私と向き合えない信者さん達。そんな私ゆえに煙たがられたのでしょう。所詮はその程度の団体なんですね。もしも友人などを秀明会から退会させたいとお考えの方がいれば話を聞かせて下さい。力添えができたらと思います。 


[1954]いい話には
葉子
2005/10/29 15:07
会長先生、秀明会にとっていい話には食いつくけど、
悪い話にはホント、見向きもしないよね。

いい性格してるわ〜

会長先生自身、洗脳されてたりして。


[1953]ほんとの 宗教とは・・
根絶
2005/10/29 14:14
人には、やはり、心の、よりどころ、道しるべ、
が必要で・・・

そのためには、本心から、信者のことを、まっさきに
考えてくれる指導者が 必要で・・・

はぁ??小山教の どこが??
世界一の 最高の 宗教なんですかぁ??

インチキ・詐欺・カルト・西洋かぶれ・・

世界一最低の カルト教団で・・

末端信者さん・・
ほんま・・小山の 奴隷と 同じです。
あわれです・・


[1952]ささいなウソ
fujiya [Mail]
2005/10/29 13:40
 モハマド君の件は、1931のコンスタンチンさん宛の文章に書いた通り、K北J子さんのウソが発端だったようです。
 あそこに書いた、「ほんのささいなウソ」というのは、激痩せダイエットをしたことが恋人にバレそうになって、それを隠すためにイラクに行っていたことにした、ということだったようです。

 まあ、その話しもウソで、真相は会長の失墜をねらって周到に仕組まれた罠だったとしたら、これまたかなり病巣は深いことになりますが・・・。


[1951]↓の補足
コンスタンチン
2005/10/29 12:48
会長先生に対し「西洋かぶれしやがって」(←表現が古い)と言っている資格者もいます。
[1950]外国人と言えば…
コンスタンチン
2005/10/29 12:39
ちょっと話題は古いですが、モハマドくんの一件は、もしかして誰かが会長先生失墜を狙って、会長先生をハメたのでは…?思惑どおり、会長先生はこの話に食いついた。


[1949]国民性の問題
葉子
2005/10/29 8:58
外国人って、ほめるの上手いっていうじゃないですか。

それをそのままストレートに受け取って会長が喜んでる、
あるいは末端信者が喜ばせられてるんじゃないかって
よく思うんですが、どうなんでしょう?


[1948]自画自賛も甚だしい。
あるくもり信者
2005/10/28 12:34
小山は、とにかく、外国かぶれ、ミーハーと 同じ。
国内の目先の問題には、全然手をつけず、やれ、外国のVIPだれそれと会ったとか、そして、有頂天、自画自賛も甚だしい。
まるで、お遊びにしか見えない。
この小山に 毎月 献金、奉仕を強要させられている末端信者は、まさに、小山の奴隷と同じでは??


[1947]VIP
コンスタンチン
2005/10/28 12:10
次の標的(?)はチャールズ皇太子です。いつか神苑に来るのでしょうか…?


[1946]売名行為
葉子
2005/10/28 11:43
前によく名前が出てきていたアメリカのPR会社の社長・副社長親子は秀明会に入信したいと思っているが、この人たちが入信すると、秀明会にとってプラスではない、信者としてPRするより未信者としてPRする方が効果があるから、アメリカの責任者が入信を断っていると聞いたことがある。
今の会長の講話を聞くと、よく海外のVIPらしき人の名前がたくさん出てくるが、その人たちに近づいて「秀明は素晴らしい」と言ってもらって特別扱いを受けたような話をして、この先の秀明会の安定を図っているんだろうか?


[1945]ついでに
二毛作
2005/10/27 21:38
王朝や政権が変わると、前王朝や前政権を徹底的に批判して新王朝や新政権の正当性を強調するなんてことがよくありますが、そんなこともあるかも?


[1944]いつか秀明は
二毛作
2005/10/27 18:14
 今後の秀明はどうなるのか? 私は単なる末端ですので上層部の内部事情はわかりませんが、予想というか何というか、思いつくままに書きます。
 このページ等にも見られるように秀明批判が広がってきた現在、それらを無視し続けるなら秀明は変わりませんが、いつか無視できなくなったら変わらざるを得ないでしょう。変わるとしたら・・・。宗教面にこだわらないならば、宗教面は次第に縮小していき、自然農法と美術館の事業が中心になるでしょう。資金源も。おかげ話も? 現在既にそうなっているかもしれませんが。
 宗教面にこだわるならば、様々な神話が破綻しつつある現状において、救世教との和解は必至でしょう。それができるのは現会長か次の会長か? はたまたその次か? いずれにせよ、前会長ほどカリスマ性がない人物が会長をやる限り、いつか秀明はまた変わる事になるでしょう。
 変わるなら当然良い方向に変わってほしいものですが。


[1943]葉子さんへ
根絶
2005/10/26 0:50
いやぁ。結構 お金もってるんと ちゃいまっか?
あの 金に 汚い小山一族やもん。

結構 蓄えてるんとちゃいまっか?
今までの 貯蓄を・・・

それで・・お願いします。 
誰か そこらへんのことを 詳しい人 
教えてくださいませんか?
秀明の 現在の 経営状態を・・・


[1942]秀明会の経営
葉子
2005/10/25 23:33
MIHO美術館が大赤字で、秀明会自体の今はどうなんでしょう?
最近、毎年職員となる人が結構いる感じなんですが、その給料と資格者の給料、それが毎月の玉串や献金でまかなえているんでしょうか? 旧体制時代よりも収入は少なくなってきているはずなのに、不思議。
そのうち破産して一気になくなる、ってことはありえますかね。


[1941]↓1939は・
あるくもり信者
2005/10/25 14:36
ごめんなさい。
ある は あるくもり信者でした。


[1940]消滅
東日本匿名
2005/10/25 13:14
組織というものは時には意図しない方向に進んで行くこともあり、なかなか統制を取るのは難しいと思います。現在の秀明に自助努力をしろと言ってもそれは難しいでしょう。やはり外的な何らかの力が加わらないと変わることはできないであろうし、それ以前に「自爆」「自然崩壊」する可能性もあると考えられます。
構成員は自分の頭で考える力が弱くなっているのでなおさらだと思います。
まずは自分の目で多くのことを見聞きしようとする意思を持ち、広く情報を集めて考えることができるようになればと思います。
それが秀明の異常さに気づくだけでなく、会員各々が今後の自分の道をどのように切り開いて行くかということの大きな力になると思うのです。


[1939]秀明問題解決 ・二毛作さんへ
ある
2005/10/25 12:42
私は 1 秀明会消滅
これが 一番いいと思います。

実際、今、秀明会がやっていることといったら、食育の勉強と、自然農法と、子供たちの保育園みたいな、幼稚なものです。とても、宗教とはいえません。

信者さんたちは、秀明会から、独立してNPO法人などをつくり、宗教とは全然切り離された、サークル活動をした方がいいと思います。

毎月の秀明への、高額な献金が無駄です。
資格者の方たちは、この献金が、何に使われているかも、はっきり、教えてくれないです。


[1938]カルト宗教問題とインチキ宗教問題
通りすがり
2005/10/24 22:58
二毛作さんへ。

>fujiyaさんの文(1931)に「秀明問題解決」とありましたが、どうなったら解決なのでしょうか?

秀明問題には、「カルト宗教問題」と「インチキ宗教問題」のふたつがあります。

カルト宗教問題の解決は、1937 のfujiyaさんの言葉通りだと思います。

それとは別に「インチキ宗教問題」があります。

>2.救世教と和解して脱カルト化。

は、カルト宗教問題解決というより、インチキ宗教問題の解決への道のりといえるでしょう。

ただ、立教の根本がインチキだったという事と、やってきた活動がカルトだったという、2つの大問題。これを同時に解決しなくてはいけないのだとしたら、

「秀明会消滅」を選択したほうが楽なくらい、当事者にとっては茨の道かも知れませんね。



[1937]秀明問題解決の道のり
fujiya
2005/10/24 22:29
 二毛作さん、こんにちは。
 そうですね、「秀明問題解決」、どのような形で解決すべきか難しい問題ですね。

 二毛作さんが考えられた1の「秀明会消滅」は、それを望む人も多いと思いますが、秀明会にしか身の置き場がない人達のことを考えると、やや無理があるのかな?と思います。
 「秀明会のようなカルトを残しても何の利益にもならないから完全消滅させろ!」とお叱りを受けるかも知れませんが、人生の大半を秀明に捧げてしまった人たちとその家族の生活を考えると完全消滅というのはまた新たな問題を生じるようにも思います。

 秀明会の為に貴重な人生を破壊された人たちのことを考えると、そのような温情は無用なのかも知れませんが、秀明の資格者達は加害者であると同時にある意味では被害者でもあるように思います。
 秀明のような組織を信じてしまった自己責任、多くの信者の人生に壊滅的な損傷を与えた責任をご破算にするという意味ではありませんが、彼らから秀明という生活基盤を奪ってしまうことは、また新たな被害者を生むことにもつながるように思います。

 私が考える秀明問題解決は、二毛作さんの案を利用させてもらって組み立てると、上から順番に、

4.現体制の自己批判によって被害者に全面的に謝罪。
3.上層部が世代交代して民主化。
5.新新体制が構築され、新体制旧体制の問題点を認め世間に情報開示。

 といった手順での解決が望ましいのではないかと思います。

 3の、「上層部の世代交代」には、小山一族の追放が絶対条件です。併せてH本T子や、O田K子などのA級戦犯の追放も当然でしょう。追放と併せて彼らが個人的に浪費した金を秀明会に返還させることも大切です。

 4の、秀明被害者への謝罪には金銭的償いが必要とされるケースが多々あるのですが、被害額の具体的な算定は非常に困難でしょう。

 このようなことを言うと被害に遭った方から叱られるかも知れませんが、個々の被害者への金銭的償いはあきらめて、社会への還元という形で償いをしてはどうかと思います。
 社会への還元がどのような形を取るのが望ましいかは別途検討したらいいと思います。大多数の人が納得する方法を時間をかけて検討してはどうでしょう。
 さしずめ、MIHO美術館は滋賀県に寄贈すれば維持管理費が秀明会の負担にならなくなります。もっとも、大赤字の美術館を滋賀県が引き受けてくれればの話ですが・・・。


[1936]ふじやさま、コンスタンチンさまへ
りんこ
2005/10/24 21:29
  こんばんは。仕事から帰って、覗いてみますと、私の発言が物議をかもし出しているようで、疲れた体に鞭打って、書いてから寝ます。
   私の立場は、「秀明に騙されて洗脳され、その結果家族が崩壊した家庭に育ったある女性」という身上で、その結果もたらされた、自分の精神的なおかしさにもメスを入れ、時には精神科に通ったり(一回きりで、結局自分が治すしかない、と思い、行っていませんが)、数十年かかって、その「家庭の苦しみ」からやっと抜けられ、普通に幸せに暮らしている、ちょっと生意気な、はっきりものごとを言う中年のオバサン?の域に入った女性です。
   私が、曖昧な言い方に厳しいことを申し上げたのは、このような流言に純真な人が騙され、本気になり、周りを苦しめて、なおかつその生き方が正しいと思い切って、他人に進めている人に対し、悲しくなるからです。情報というのは、そこから「本当なのか」を自分で吟味し、判断することが、大人としては、本当に必要なのです。社会性がない、と決めつけているわけではなく、大人ならばそれくらいの責任がありますよ、といいたかったのです。その情報が正しいかどうかをちゃんと確かめて、その上で責任をもって、それを他人に伝える、ということは、私にとっては、とても大切な、人間としての価値観であります。社会の中の一員であるならば、当然義務と権利があるわけで、私にとって、「〜らしい」「〜だったそうだ」という情報は、情報ではなく、ましてやそれを他人にそのまま伝えるなどどは、到底出来ません。よくPTAの母親達や子供をもつ方などは、そういった話をさもあったかのように伝えますが、私には、その発言者の意図(大概は、エゴのかたまった意図)が曖昧な情報に上乗せされ、さらに自分の感情が入り込み、もはや情報とは考えません。それほど、「人の口」とは、大切にすべきものであり、言葉には「言霊」があり、生きているのであるから、宗教の如何に拘わらず、皆もっと大切にすべきだと思います。ましてや、このような「情報」を大切にする掲示板なら言わずもがな、です。
  私は、仕事や自分の立場上、多分、一般の方より言葉を大切に扱っていると思います。それは、その結果、罪に問われる人が出たり、地位を失う人がいたりする、そんな現場を見ているからです。ですから、ちょっと手厳しい意見になったかも知れませんが、反対に弁護をすると、それだけ真剣に言葉を読んでいる、そして大切にしている、という風に受け取っていただければ、幸いです。

  今日の疲れと、明日の早朝から仕事で、意識が朦朧としているので、まとまりがないかも知れませんが、また落ち着いたらゆっくり書かせていただきます。
ふじやさま、色々と心情をお汲み頂き、ありがとうございます。なんか、とっても長い友人のような気がします。   りんこ


[1935]秀明問題解決
二毛作
2005/10/24 21:17
fujiyaさんの文(1931)に「秀明問題解決」とありましたが、どうなったら解決なのでしょうか?
思いつくまま考えてみると・・・。
1.秀明会消滅。
2.救世教と和解して脱カルト化。
3.上層部が世代交代して、民主?化。
4.現体制の自己批判によって、被害者に全面的に謝罪。
5.新新体制が構築され、新体制旧体制の問題点を認め、世間に情報開示。
私も一応現役ですが、このページ等で秀明会の暗黒面?を思い知り、このままでは良くないと思っている一人です。


[1934]コンスタンチンさんへ。
根絶
2005/10/24 19:57
>それは、伝説でしょ?
嘘くさあ・・。
偽ゴールド・偽ダイア そのはては コンチタンチン君の つくり話(伝説)まで でっちあげる インチキ小山教だもの・・。
信憑性 ゼロ・・。
ごめんなさい。ね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この 言葉 撤回します・・。
どうも すみませんでした。
おまけに・・
ムハマド君の ことを コンスタンチン君って・・
間違って しゃべってしまいました・・

私は 気が短いから・・つい カッ! と・・
ついつい みさかいが 無くなって しまいます。

コンスタンチンさんは 今、迷っているんですね。
秀明に 入ってしまう人たちって・・
実は ほんと 純粋で・心の優しい人が 多いのです。

それは、素晴らしいことなんですが・・

その 純粋さに つけこんで 恐怖心をあおり、金をむさぼりつく 秀明の小山・幹部は、どうしても 許せません。

今は、新規入信者が 望めない・・

このサイトのおかげで・北朝鮮のような 情報隔離の操作ができなくなってしまいましたからね。

それで 今は 一番手のつけやすい 純粋な 末端信者の2世たちを ターゲットに していますね。

小山惣吉が かつて 純粋な青年たちに 夏期布教・・自己放棄を迫り、そのはては その青年たちの 人生をめちゃくちゃにした・・。

それと 同じようなことを 今は 信者の 2世(子供たち)に 行いだしました。

これは、絶対 やってはならないことです。


[1933]コンスタンチンさんへ、わかりやすいおきづけについて
通りすがり
2005/10/24 18:04
コンスタンチンさんへ
わかりやすいおきづけに書いてある話について。

>なんと長い髪の毛がおひかりのまわりにぐるぐると何重にも巻き付いていたそうです。

これは私も聞いたことがあります。
実は私自身も、ありえない形で毛が入っていたことがあり、おひかりにありえない形で毛が入る伝説は普通に信じていた人です。


>ちなみに、おひかりを暴いてみたら中身がティッシュだったという伝説もあります。

これは、次のような話を、月次祭で支部長から聞いたことがありますが、もしかしたら、これが「伝言ゲーム」したかもしれません。原型はとどめていませんが。



ある青年が夏期布教に参加したかったが、おひかりが、御焼却か紛失か分からないが、手元になかった。

そこで、おひかりを「手作り」して、それで夏期布教に参加した。

入浴時、おひかりかけにかかっているそのおひかりが、どうも形が変なので、青年に問うたところ、自作であることを白状した。

そのおひかりをあけてみたら、ティッシュがつめられて作られていた。



という話です。

支部長は、「そんなにまでして夏期布教に参加したいという、この青年の気持ちはくみたい」ということを言っていました。


[1932]議論しあうこと・・・
プーさん
2005/10/24 16:27
 私たちは、お互いにお互いのことを知らないので、誤解も生じることもあると思います。秀明会への思い、立場、年齢や人生経験、新興宗教の諸問題にどれだけ詳しいか、などその文章を書いている人の背景がわからないと、その人を文章で判断するしかなく、行き違いが発生するのは、ある程度はやむを得ないのではとも感じます。もちろん、何を書いてもいいというのではありませんが。
 でも以前、この掲示板で根絶さんがご自身の立場を記していらっしゃったのを拝見して、たとえ過激な(?)文章であったとしても、そのお気持ちはひしひしと伝わってきます。

 また一方、議論をしていくことは、いいことだとも思います。しかし、指摘を受けたら、素直に「詫びる」気持ちも必要だと思います。「アンチカルト」というカルト集団になっては、どこかの教団と一緒になってしまうので。

 多くの人が議論しあい、お互いの考え方を学びあうことで、新しい何かが、形が、できていくのではないでしょうか。その意味でも、もっともっと多くの人がこの掲示板を見て、参加してもらえたら、いいですね。
  


[1931]コンスタンチンさんへ
fujiya
2005/10/24 15:02
 コンスタンチンさん、私もコンスタンチンさんを誤解していたようです。ごめんなさい。
 1929の書き込みを読ませて頂き、コンスタンチンさんの気持ちがよく分かりました。

 秀明会の現役信者としてこうした掲示板に書き込みをすることはとても勇気のいることです。コンスタンチンさんが、「真実が知りたい」という気持ちから敢えて現役信者であることを明らかにした上で書き込まれたことは、コンスタンチンさんが正直な方である証拠なのだと思います。
 その勇気、その率直さはコンスタンチンさんが秀明からの脱却を図る力となっていくことと思います。

>「〜だそうです」とか「〜らしいです」という表現は、確かに無責任です。
>でも、秀明会内ではそういう表現の情報伝達が多いと思います。
>なので、あえてあのように書きました。

 私はあまり気になりませんでしたが、りんこさんはこうした曖昧な表現が少々気になったのかも知れません。同時期に「元信者さん」という方が繰り返し曖昧な内容の書き込みをされていましたので、りんこさんはそちらに対して警告を与える意味も含めて書き込まれたのではないかと思います。
 でも、コンスタンチンさんの1929の書き込みを見て、きっとりんこさんも了解して頂けるのではないかと思います。

 秀明内部では、「伝聞情報」に基づく情報(それもかなり信憑性に乏しいものが多い)が飛び交っており、人から人へと伝わっていく間に更に尾ひれがついたり誇張されたりしており、誰も真実が分からないような情報があふれています。
 例のモハマド君事件の真相というのも、話の発端はほんのささいなウソだったのですが、それが秀明会の中で伝わっていく内にあのようなイラクでの話、モハマド君への浄霊という途方もない話に発展したようです。
 誰かが真相を確かめようとすれば、ウソであることが簡単に分かる話だったのですが、秀明内では誰一人真偽を確かめようとせず、秀明紙に載り、会長講話として皆に話されるところまで発展してしまいました。
 この一件を見ても、いかに秀明内の伝聞情報が不確かなものかがよく分かります。

 コンスタンチンさんが、「〜だそうです」とか「〜らしいです」と書かれたのは真にそれを表現されていたのだと思います。


 りんこさんは秀明のために大きな被害を受けている方です。それだけに、秀明に対する見方、秀明信者の方の言動には非常に厳しい態度で臨まれるのは当然なのです。
 しかし、コンスタンチンさんが秀明の誤りに気付き、脱会をされた暁には、きっとりんこさんと同じテーブルで話が弾むのではないかと思いますので、よろしくお願いします。

 私もコンスタンチンさんのりんこさんに対する書き込みを見て少々厳しいことを書いてしまいましたが、お許し下さい。

 ぜひ、これからもこの掲示板での秀明問題解決に向けた話し合いにコンスタンチンさんも参加して頂けますようにお願い致します。


[1930]私の書いた文字を粗末にするとお気付けが
東日本匿名
2005/10/24 13:08
秀明紙や聖教書の文字は生きていて力がある。
粗末にするとお気付けがあると言われていましたね。
秀明紙の上にものを置いてはいけません。。。など。
秀明紙は以前は月次祭のバスで拠点まで運ばれていたが、ある時点から宅配業者によって届けられるようになった。ある信者が「宅配業者なんて、こんなもの蹴っ飛ばしたりして運ぶんだよな・・・」と言ったのを覚えています。かなりの矛盾ですね。


[1929]無謀だったでしょうか?
コンスタンチン
2005/10/24 12:50
まず、りんこさんに対し大変失礼であったことを深くお詫びいたします。申し訳ございません。また、fujiyaさんはじめ根絶さんや多くの方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。そもそもなぜ私がりんこさんに質問したかというと、それはりんこさんが私に対して書き込みをされたのかと勝手に思ったからです(りんこさん、本当にごめんなさい)。私は秀明会現役信者です。私がこの掲示板に書き込みをするようになったのは、皆さんの客観的な意見を知りたかったからです。秀明会の信者は本部からの情報、信者間の情報をすぐに信じます。また疑問をもったりすることが少ないと思います。私もまた、そうでした。そして非常に偏ったモノの見方をしていました。秀明会から離れていった人は明主様から裁かれた救われない人、秀明会に縁のない人は不幸な人と思っていました。たくさんのサイトを見ているうちに明主様信仰は秀明会だけではないことを知りました。すると「会主様、秀明会が特別じゃなきゃいけない理由はないんじゃないか?」と考えるようになりました。そして、秀明会の真実なるものもわかってしまいました。ショックでした。でも、私の心は揺れ動いています。どんな浮気夫でもどんな暴力夫でも離婚に踏み切れない妻の心境です(違うかな?)。真実が知りたい。とにかく、いろんな情報を得ようと思いました。そんなとき、こちらの掲示板に出会ったのです。『わかりやすいおきづけ』は現役信者らしい書き込みです。「〜だそうです」とか「〜らしいです」という表現は、確かに無責任です。でも、秀明会内ではそういう表現の情報伝達が多いと思います。なので、あえてあのように書きました。私も昔は「本当にそんなことがあるんだ。明主様はすごい!!」と思いました。今考えれば私にそのことを伝えた人も誰かから聞いたと話と思うので信憑性は低いですよね。なので、私の考えとして、“伝説”と書きました。fujiyaさんや皆さんのご意見はとても客観的で論理的なので、私は納得しています。私も知っていることをそのまま書いています。ところが、秀明会に対する客観的意見ではなく、まるで信者を社会性のない人と決めつけるような書き込みにショックを受けてしまいました。非常に興味深い書き込みが続いているところで「よこからちゃちゃを入れるような書き込みをするなよ」と思いました。でも、りんこさん、ごめんなさい。もし許されるならまたおじゃまします。


[1928]コンスタンチンさんへ
fujiya
2005/10/24 8:43
 コンスタンチンさん、1927の書き込みはりんこさんに対して失礼です。
 りんこさんを名指して、コンスタンチンさんが擁護派か反対派かを問うだけでも少々失礼ではないかと思いますが、それ以上に、りんこさんが擁護派か反対派かを問うというのはあまりにもりんこさんに対する侮辱です。

 もともとこの掲示板に来られている方は秀明会の為に何らかの被害を被った方であり、アンチカルト掲示板に秀明会擁護派が集うなどということはあり得ないことです。
 特にりんこさんはこのサイトを立ち上げた当初から参加していただいている方で、りんこさんの秀明に対する考え方は、ログを少しさかのぼっていただけばすぐに分かることです。

 コンスタンチンさんがどのような意図でりんこさんに質問されたのか不明ですが、1927の書き込みは削除、もしくは訂正をお願いします。


[1927]りんこさんへ
コンスタンチン
2005/10/24 2:25
突然ですが、りんこさんへ質問します。
りんこさんは私の書き込みを読んで、私を秀明会擁護派と思われますか?
また、りんこさんは擁護派、反対派どちらですか?
よろしければ、お答え下さい。
よろしくお願いいたします。


[1926]御尊影改造
金色のROTAX
2005/10/24 2:18
御尊影改造
 神慈秀明会が使用している明主様御尊影は、二代教主が明主様のお写真を元に変造して作った改造写真である。(手の疥癬の跡などが消されている。)
 というような情報も出回っている。

 これについては、秀研の2つの御神前の写真を比べていただきたい。
明主様御在世中の御神前
 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/katsudou/hiten/02.html
明主様御昇天後の御神前 
 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/katsudou/hiten/image/gosintai02.jpg

 明主様御在世中と昇天後で、御尊影の額の色が変わっている。わずか数年の間にだ。
 つまり、明主様御昇天直後のこの時期に、救世教二代教主が本物の写真を回収して、燃やし、変造写真にすりかえたのだ。

 二代教主が変造写真にすりかえた話は、救世教では有名である。
 秀明会も、離脱後、これを本物に戻したという話は一切ないので、秀明会の現在使用している明主様ご尊影が変造写真であることは確かである。

 ただ、私も、本物と変造をならべて比べたことがないので、具体的に現物のどこが変造されているのかについては、指摘はできない。
 また、白黒写真だから、離れて見ると、ほとんど同じである。話として、手の疥癬を消したりしたと聞いている。
 一般人が他界した場合、故人の生前の写真を多少修正したりするが、それと同じ感覚で、二代が修正したそうだ。

 明主様は、御尊影に対しても御入霊がされていたが、御尊影の変造に伴い、変造前の本物の御尊影がすべて回収、焼却されたため、明主様御自ら御入霊された御尊影がこの世からすべて消えてしまった。
 例外的に、明主様御自ら御入霊され御尊影で今現在も残っているものは、「メシヤ様」の御尊名の剥奪と同時に撤去されていたメシヤ様御神影のみである。このメシヤ様御神影とは、昭和29年6月15日のメシヤ降誕仮祝典にあわせて教会のみに御下附されていた御尊影のことである。写真自体は通常の御尊影と同じものであるが、メシヤの御神格に昇りつめられた明主様が御入霊されたものである。
 もっとも、このメシヤ様御神影が残っているといっても、実際の管理状態、所在は不明であり、これを教会の御神前に御奉斎しているのは、みろく神教のみである。
 
 明主様の本物のご尊影を現在、使用している教団は、東方之光(MOA)、世界メシヤ教会、みろく神教くらいであろう。他にもあるのかもしれないが、私が聞いている範囲では、この3団体のみである。
 この3団体は、みな、明主様御直筆の御神体を御奉斎している。
 東方之光(MOA)が、「大光明」の文字の御神体、世界メシヤ教会とみろく神教が、「大光明如来」の文字の御神体である。明主様の御神体を大切にしている人たちは、やはり、明主様のお写真も大切にしているのだ。

 明主様ゆかりのものを各教団が現在どのように大切に使っているのかという具体的な行為によってのみ、はじめて、各団体の信仰姿勢を客観的に評価できると考える。
 新興宗教の機関紙の記事というものは、最初から宣伝目的、より分かりやすく言えば、信者を騙して、組織に精神的に蹂躙(じゅうりん)する目的で作成されているので、真に受けると馬鹿を見る。

 上記の3団体の明主様御尊影の具体的な奉斎状況・方法であるが、

・みろく神教は、メシヤ様の尊称をご使用されていた昭和29年6月前後の明主様が御入霊された「メシヤ様御神影」そのものを御奉斎しているが、床の間の外に出している。この奉斎方法は、大本教信者である救世教二代教主が明主様が神ではないとの理由から定めた方式である。

・東方之光(MOA)と世界メシヤ教会は、明主様御尊影のオリジナルの写真を、明主様が定められた二位一体という、床の間の中に、掛け軸の御神体と御尊影をならべて御奉斎する方式を忠実に守っている。ただし、その写真は本物ではあるが、明主様御昇天後に、焼付けされた写真である。

 そういえば、この東方之光と世界メシヤ教会は、浄霊の方法も全く同じで、明主様御在世中と同じ方法を頑なに堅持している。
 東方之光(MOA)の場合、浄霊の名称は、宗教法人としての東方之光では、「日本医術 浄霊」、財団法人としてのMOAでは、「岡田式浄化療法」(ハワイでは、MOA式浄化療法)という。多くの人が勘違いしているが、東方之光でも、「浄霊」という言葉は、現在の正式な教義上も生きている。岡田式浄化療法の語源は、明主様が、戦後、宗教法人としての日本観音教団を設立(昭和22年8月30日)される前に、指圧の民間療法団体として「日本浄化療法普及会」というものを昭和22年2月11日に設立したことにある。

 この東方之光と世界メシヤ教会の両者は、霊統が天国会系というのも共通している。みろく神教は、霊統上は、五六七会系列であるが(光の道教会の霊線)、組織上は、大成大教会の傘下にあった。
 皆さんよくご存知のカルトのSは、霊統上は、川上吉子(よしこ)の霊線であるが、組織上は、五六七大教会の傘下にあった。

 世界メシヤ教会のような、明主様の御教えを大切にしている団体ですら、メシヤ様御神影を使用していないのであるから(所在が不明だから使用しないのであろう)、他の教会ではなおさら紛失していると強く推認されよう。

 ここだけの話しであるが、ごく最近まで、ある写真屋さんが、この明主様のご尊影の原版のネガ(本物です)を所有しており、一般人も、明主様の本物のご尊影を買うことができたのである。
 値段は2万円。高いと思うかもしれないが、ネガがガラスの巨大なもののため、このような価格になったようだ。しかし、最近、世界救世教がこの写真屋に圧力をかけたので、買うことができなくなった。  

 世界メシヤ教会も、以前に、ここから写真を購入したそうである。世界メシヤ教会は、2万円で、写真を買い、これを近所の普通の写真屋で安く複製して、信者に30万円で下付している。入霊代が高いのであろう。

 東方之光が、信者に明主様御尊影を下付する際に必要となる献金額は、6万円である。

 みろく神教は、明主様御尊影を信者には下付しているかどうかは不明である。
 また、ある秀明会信者が、みろく神教の教会に参拝しようと考え、未信者であるが参拝させてほしいとみろく神教の受付で言ったところ、参拝を拒否された。
 みろく神教は、「神人合一」の明主様直筆の掛け軸も所有しているが、信者には公開していない。隠すことに美徳を感じる性格なのであろう。
 こちらも、みろく神教には、全く興味がないので、ずっと隠していて頂いて結構である。 以上

 メシヤ様御神影については、リセットから抜粋させていただいた。
 http://reset2005suu.hp.infoseek.co.jp/index.html


[1925]アクセス拒否
fujiya
2005/10/24 1:03
 「元信者さん」は、1899に書いたように、以前「15」というハンドルネームで支離滅裂な書き込みをしていた方と同一人物です。

 その後の書き込みを見ていても、他の方の発言の揚げ足をとるだけで、この掲示板の趣旨とは相容れない発言が続いています。
 アンチ・カルトというこの掲示板の趣旨とはあまりにもかけ離れた、不毛な論議に終始しておりますので、やむを得ず「元信者さん」はアクセス拒否の対象としました。

 できればこのような規制は行いたくないのですが、アンチカルト掲示板本来の機能を保つためのやむを得ない処置とご理解下さい。


[1924]そうですか
元信者さん
2005/10/24 0:09
根絶さんが言いたいのは、秀明会の信者が出した金なのだから寄付するときには、秀明会の名前ではなくて『神慈秀明会信者有志一同』としなくてはいけないと言いたいのですね。
しかしそのお金を出した信者さん達がそこまでこだわりますか疑問ですよ。
それに被災者の人達から見たらどっちが出したというのはそれほど問題ではないのではないのでしょうか。


[1923]もう しゃあないね。元信者さん。
根絶
2005/10/23 23:30
一般の法人(宗教法人も含む)が、災害義援金を 出すとき、いちいち 社員から、寄付は募りませんよね。

 法人の 経費として、出します。
そのときは ちゃんと 理事会とかを 通して、承諾を得てね。
自分の金じゃないんですから・・。
わかりますか?元信者さん?それが、組織というものです。

秀明の 場合は 違いますね。
義援金は、通常の 献金の他に、集めた。
これは、組織でいえば、有志一同からの お金となりますね。
秀明でいいかえると、信者有志一同のお金となるわけ・。
ですから・・義援金は、秀明(小山)が、あたかも、出しているようにみえますが、正式には、信者有志一同として、計上されるべきものなのですよ。

それが、問題なのです。わかるかな?


[1922]根絶さん
元信者さん
2005/10/23 23:07
名誉を得るだけというのは違うと思います。
根絶さんの言い方だと、全ての団体が団体名で寄付したら秀明会と同じだと言っているのですよ。あくまでも団体が団体名で集めた物を寄付するのですから団体名を出しても良いのじゃありませんか?
もし小山家が名誉を得んが為に寄付しているのであれば小山の名前で寄付すればいいことですしNGOとしての面目を保とうとしているのでもないと思います。
もし強制的にお金を集めたのであれば根絶さんの言うとおりだと思いますがね。個人的に義捐金を現地に寄付するのも大変ですからたまたま秀明会で集めているのを知って寄付した物だと思います。


[1921]お答えしましょう・・元信者さん。
根絶
2005/10/23 22:39
義援金ですね。お答えしましょう。
これこそが、元信者さんが 望んでいる 信者の真心のこもったお金なのですよ・・
金の亡者である 小山・幹部は、さすがに この金だけは、ピンハネできなかったんでしょうね。
良心のカケラが ちょっと だけ残っていたのかもね。

しかし、たかだか 300万円だもの・・。
名誉を得るためには、安い金額ですね。
小山一族・幹部に とっては。
いちお・NGOに はいってるから・・。
自分の腹を 痛めずに 信者に その300万を
別途 負担させて・・
おいしいところ まるかじり・・。
NGOと しての 面目は 保てたというわけです。

まさに 渡りに船 ですね。

うーーん。
わかるかな?元信者さん?


[1920]事実です
東日本匿名
2005/10/23 22:29
以前はおひかりの上3箇所だけを縫うやり方で毛が入り放題でお詫びラッシュだったので、続けて縫うやり方に変わってお詫びが減ったということはあった。会主の意向でそうなったというが、たぶん平成5年頃であったと思う。しかし夏季はお詫びが多い。汗で服の色が移ってもお詫び。安物や派手な色の服は着られません。安物を買うと数十倍のお詫び料がかかるから。
汗はいくらかいてもいいと言われていたがみなさんのところはどうか?雨に当たるのはどうでしたか?ずぶぬれでなければいいとか・・・。
他にも他人にひもに触られた場合とか、血がついた場合とか、まあいろいろグレーゾーンはあったと思う。
首にかけたままおひかりに毛がついていたのを手で払うのはいいのか?
あ、おひかり掛けにおひかりがない状態で虫が止まったらそのおひかり掛けは交換しないと使えない。場合によっては想念のお詫びをさせられる。


[1919]通りすがりさんへ
元信者さん
2005/10/23 22:11
私は単純に通りすがりさんが今でも新たに入信している人達がどうゆう理由で入信していると考えているのかお聞きしたくて質問させていただきました。通りすがりさんが今の子供達が感動する心を失っていると書いていましたのでそれならば感動して入信しているとは考えられないのですよね?
あと一つお聞きしたいのですが、義捐金についてですが一般的に考えて、団体が集めたのならばその団体が代表として団体名で寄付をするのが普通です。
秀明会だけが信者の真心の寄付金を騙し取って団体名で寄付しているわけではないのです。根絶さんが仰っていることは少し違うんじゃないでしょうか。それとも団体で集めた物でも寄付した本人の名前で納めなければいけないのですか?一般の人は、団体名で寄付されたとき、その寄付金は団体の会員の皆さんの寄付だと考えると思います。


[1918]とにかくお詫びを強制
金色のROTAX
2005/10/23 22:07
 T支部では、旧体制の頃、秀明会のことをまだよく理解していない新しい信者が、他の手かざし教団に参拝したケースで、お詫びを強制し、10万円の献金をむしり取っていた。
 なんでも、いちゃもんをつけて、金を収奪するのが秀明流だ。


[1917]コンスタンチンさんへ
根絶
2005/10/23 21:10
>前に聞いた話です。
ある信者さんが、おひかりの袋を替える度に髪の毛が入ってお詫びになるので、怒って袋の上のところを隙間なく厳重に縫ったそうです。
ひと安心と次の月、袋からおひかり本体をとり出してみたところ(もちろん袋交換のためです)、なんと長い髪の毛がおひかりのまわりにぐるぐると何重にも巻き付いていたそうです。
伝説です。
ちなみに、おひかりを暴いてみたら中身がティッシュだったという伝説もあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは、伝説でしょ?
嘘くさあ・・。
偽ゴールド・偽ダイア そのはては コンチタンチン君の つくり話(伝説)まで でっちあげる インチキ小山教だもの・・。
信憑性 ゼロ・・。
ごめんなさい。ね。


[1916]お久しぶりです。
ロト
2005/10/23 21:03
事務局の方から秀明会に関するアンケートが届いていたので遅ればせながら出させてもらいました。でも、もっと色々書きたかったのですが、興奮して、支離滅裂な文章になってしまいました。担当の方ごめんなさい。

 やはり、かなりのトラウマですね。

今はおひかりのお詫びの話で盛り上がってますね。入信当初は私もびくびくでした。落としたり、髪の毛が入っていたりしたらお詫びでしないと地獄に落ちると言われてましたから。髪の毛はなかったのですが、落としたことはあります。お詫びの金がかなりとられると聞かされたので誰にも言わなかったのですが、何も起きませんでした。
 一番印象に残っているのが、誰かのお光をかえるときに小さいゴキの死骸がはいっていてその人は金額は聞いてませんでしたがかなりの金をとられて、自己放棄で何ヶ月も出張所の御用をさせられていました。でも普通ゴキがはいりますかね?たまたま、変えている助教師が変なことしたんじゃ? 


[1915]一部の発言を削除しました
fujiya
2005/10/23 19:53
 他人の発言を誹謗するだけの書き込みはしないようにお願いします。
 批判は結構ですが、批判と誹謗は違います。

 不適切な書き込みがありましたので、3件の書き込みを削除しました。

 この掲示板の趣旨を理解した上で発言をお願い致します。


[1914]常に頭の中は金・金・金・・
根絶
2005/10/23 18:56
小山一族・および 幹部の 頭の中は、常に 金・金・
どうやって 末端信者から・・金を まきあげるか。
そればかりの ようですね・・

秀明教会時代・救世教への年貢の 多額の中間搾取詐欺(ピンハネ)・・
偽お光による 霊感商法詐欺・・
偽神体による 霊感商法詐欺・・
偽お屏風観音様による 霊感商法詐欺・・
桃の実献金 霊感商法詐欺・・
偽お光の お詫びとしての 霊感商法詐欺・・
ボリバス事件 バス代 中間搾取・・
お中元・お歳暮の 強要・・
みその献金 ピンハネ・・
H本 T子の 献金私的流用・・
O田 K子の 献金私的流用・・
小山 英二の 経営する豊和商事との 金銭流用・・

お光のお詫び代 くらい 小山一族・幹部にとっては、
大した問題じゃ ないかもしれませんね。

非常に おぞましい・・
とても・・聖職者(小山の自称ですよ。)のなせる 業じゃありませんね。

その したたかさ 冷酷さは マフィア以上ですね。
愛情の かけら ひとつも ありませんね。


[1911]戒律改造
金色のROTAX
2005/10/23 17:18
戒律改造
 おひかりのお詫びの取り扱いも、いわば、戒律改造なのでしょう。

・明主様が生きている時は、おひかりに毛が入っていても、問題なし。お詫びにはならない。
   ↓ 改造
・秀明会の小山家が、おひかりに毛が入るとお詫びという戒律を独自に作る。

 明主様は、御神体にハエのフンがついても、問題ないとご垂示の中で明言しています。
この点、岡田茂吉さんのほうが、小山家の人たちより、常識的で寛大といえます。

S28.5.15
質問
「田舎でございますが、ハエが多くて御神体にたかりますので申し訳ないと思いますが、セロファンかなにかで覆いをいたしますのはいかがでございましょうか。」
明主様の御垂示
「 そういうことは必要ありません。ハエのクソでも、鳥でも、人間以外のものは御無礼にはなりません。そういうことを言うと、神社の屋根に鳥がクソをかけるからと、カワラに何かしなければならないことになります。」


[1910]...そうです、は事実とは違うので
りんこ
2005/10/23 16:15
いや〜白熱しておりますね。拝見させていただいております。
ところで、秀明会擁護の立場の方は、必ず「...そうです。」「〜だったらしい」という発言が多いのですが、普通、社会のルールでは、こういう公の発言の場では、確認のとれていない事は、それらしく当たり前のように発言しません。ちゃんと確認をとって、そのニュースのソースが誰かくらいは、特定してください。読んでいて、全く共感がもてません。
「まぁ〜、そうだったの、大変ね」でも「それ本当の話????」って思ってしまうのは、私だけでしょうか?
 大人として話す、一般教養をもって話してください。
そのほうが説得力があると思いますよ。


[1909]そもそもおひかりは毛が入らないように出来ていない
通りすがり
2005/10/23 16:13
御在世当時、おひかりにうぶげや髪の毛が入っても、まったくお詫びではありませんでした。だから御在世当時のおひかりは、毛が入らないような工夫はなされていません。

神慈秀明会は、御在世当時のおひかりを踏襲しています(大きさだけは小さくなっている)

だから、神慈秀明会は、「髪の毛やうぶげが入らないようにはつくっていない」おひかりを使いながら、「毛が入ったらお詫び」という戒律を付け足したという、方手落ちな状態なのです。

で、小山美秀子氏は女性で体毛が少ないから、これでうぶげは入り放題ということは理解出来なかった。

それより下の人は、小山美秀子氏に直訴できる人はいなかったから、この状態がおかしいと伝える人がいなかった。

だから、ある時の祭典で、小山美秀子氏は「なぜこんなにお詫びが多いんですか?おひかりのポケットをつけていないんじゃないですか」などととんちんかんな発言をしたことがあります。


[1908]元信者さんへ お詫び??
根絶
2005/10/23 15:19
>トトロンさんは他人が替えるのを判っているのに隙間が空いていても何も言わないのですか?皆さんが気を付けていればある程度はお詫びは少なくできると思います。少なくとも私は隙間が空いていたら言いましたし、私も毛は多い方なのですがお詫びはしたことはありませんでした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これも、ほんとに 支離滅裂な 文章ですね。
毛が 入るのは 神様の お気付けだから
お光の袋を 隙間なく 縫い合わせても 毛は侵入?(おかしな文章)してくるのと 違いますか??
神さまの なせる業ですから・・ね。
すくなくとも 資格者たちは 末端信者たちを そういって脅迫してたけど・・

この文章だと、縫い目を、ゆるくしていたから、毛が侵入した・・それを、お気付けといって、それをえさにして資格者どもは、お金を、あさりとる・・。
お光の袋を わざと 毛が 入るようにして、資格者どもは、オコヅカイ稼ぎをしていたのかも・・。

そうとれる文章ですね・・・


[1907]恐怖のお詫び
金色のROTAX
2005/10/23 15:05
恐怖のお詫び
 おひかりの中のプラスチックの板が折れていたため、先生から、「命が危ない。100万円献金しなさい」と言われ、しぶしぶ、100万円献金している人も、旧体制の頃はいました。


[1906]元信者さんへ
トトロン
2005/10/23 14:09
>トトロンさんは他人が替えるのを判っているのに隙間が空いていても何も言わないのですか?皆さんが気を付けていればある程度はお詫びは少なくできると思います。少なくとも私は隙間が空いていたら言いましたし、私も毛は多い方なのですがお詫びはしたことはありませんでした

これもおかしな議論です。おひかりは服の下につけているので袋の隙間など見えるわけがありません。たとえ剥き出しになっていたとしても隙間は糸が伸びてできたわずかなものですから引っ張らないとわかりません。確かにまめに袋を変えたらお詫びは減らせます。でもゼロにはなりませんよ。支部全体では毎月相当数のお詫びがありました。自分がたまたまなかったからといって問題がないように装うのはおかしいとおもいます。それに数年信者をやっていればお詫びのない人なんて滅多にいないようにおもいます。おひかりを家に置きっぱなしで首に掛けてないなら可能でしょうけど。神様のお気付けというなら救世教のように髪の毛が絶対に入らないロケットにして、それでも入ったのならお気付けと認めます

元信者さんはどうみても現役でしよう


[1905]トトロン様
macchan
2005/10/23 13:52
意味が間違っていたようで、すみません。
いずれにしても、根絶さんのご説明どおりです。

「お詫び」については、理解に苦しみます。
急には理解出来ないと思います。
通りすがりさんの言い訳と違って、
見過ごせない問題だと思います。
もう一度よく読ませていただきたいと思います。


[1904]わかりやすいおきづけ
コンスタンチン
2005/10/23 13:13
前に聞いた話です。
ある信者さんが、おひかりの袋を替える度に髪の毛が入ってお詫びになるので、怒って袋の上のところを隙間なく厳重に縫ったそうです。
ひと安心と次の月、袋からおひかり本体をとり出してみたところ(もちろん袋交換のためです)、なんと長い髪の毛がおひかりのまわりにぐるぐると何重にも巻き付いていたそうです。
伝説です。
ちなみに、おひかりを暴いてみたら中身がティッシュだったという伝説もあります。


[1903]他人のふんどしで相撲を取る・・
根絶
2005/10/23 13:06
>他人のふんどしで相撲を取る。

  これは、秀明(小山一族・幹部)が、明主様という力  を利用して利益を 得る。

          ということですね。

>人に相撲を取らせて賞金は横取りと言うことになるわけです。

     義援金の件 いいたとえですね。

いずれに おいても 非常に 腹が立つ行為ですね。

それから・・フォーユーの件・・いまだに・・
腹の虫が おさまりませんね・・。


[1902]元信者さんへ
トトロン
2005/10/23 13:02
>トトロンさんは他人が替えるのを判っているのに隙間が空いていても何も言わないのですか?皆さんが気を付けていればある程度はお詫びは少なくできると思います。少なくとも私は隙間が空いていたら言いましたし、私も毛は多い方なのですがお詫びはしたことはありませんでした

これもおかしな議論です。おひかりは服の下につけているので袋の隙間など見えるわけがありません。たとえ剥き出しになっていたとしても隙間は糸が伸びてできたわずかなものですから引っ張らないとわかりません。確かにまめに袋を変えたらお詫びは減らせます。でもゼロにはなりませんよ。支部全体では毎月相当数のお詫びがありました。自分がたまたまなかったからといって問題がないように装うのはおかしいとおもいます。それに数年信者をやっていればお詫びのない人なんて滅多にいないようにおもいます。おひかりを家に置きっぱなしで首に掛けてないなら可能でしょうけど。神様のお気付けというなら救世教のように髪の毛が絶対に入らないロケットにして、それでも入ったのならお気付けと認めます

元信者さんはどうみても現役でしよう


[1901]macchan さんへ
トトロン
2005/10/23 12:49
>他人のふんどしで相撲を取ることを、他人に相撲を取らせて利益だけ頂くというのですよ

これは違います。人の褌で相撲を取るとは人のものを利用して自分の役に立てることです(大辞林より)。つまりあくまで自分が相撲を取るのですから苦労もいるし汗もでます。ところが信者に義捐金を出させて名誉だけは秀明がとるというのは秀明幹部には何の負担もないわけでいい所取りといえます。従って人に相撲を取らせて賞金は横取りと言うことになるわけです。


>髪の毛が入る入らないについても、私のような部外者には、そのまま捨てれば出費は必要ないではないか、と思う位です。

そんな甘いものではありません。初心者が自分で袋を変えさせてもらえるわけもなく、当番の人に頼むことになります。毛が見つかったらお詫びを強要されます。お詫びが済むまでは浄霊はできません。お詫びせずに1年もほったらかしておくとおひかりが無効となって焼却処分になります

[1900]お詫び
葉子
2005/10/23 11:52
私の拠点では、おひかりのクチは初め3ヶ所縫うだけでした。
しかし途中で「あまりにもお詫びが多いから」と、ある幹部資格者のご指導で10ヶ所縫うようになりました。
また以前は、髪の毛か何かの繊維か、上の人に判定してもらわなければならなかったのですが、今は自分で判断できるようになりました。
髪の毛が入っていたら、先生と話さなきゃならないし、お金はかかるし、献金や未信者浄霊数や日々の基本行をするって約束させられてそれを守らなきゃならないしで、金銭的にも精神的にもかなり苦痛でした。
髪の毛が入っているのを見るのがいやで、暗闇でおひかりの袋をかえている人もいました。
今は、髪の毛かな?と思ったら明主様に「次、もっとわかりやすくお気付けください」と祈ってそのままにしていますが、わかりやすいお気付けをいただいたことはありませんので、そのままにしています。気楽ですわ。


[1899]ハンドルネームは一つで
fujiya
2005/10/23 11:18
 元信者さんは、「元信者さん」というハンドルネームの割には、なぜか秀明擁護の姿勢が強いですね。
 よろしければ、元信者さんがなぜ秀明を辞めたのかをお話し頂けると他の皆さんとの接点が見つかるかも知れません。

 それとも、「元信者さん」というのはアンチカルト掲示板に参加するポーズを装うためのハンドルネームであって、実際にはバリバリの秀明役付者だったりして・・・。

 でも、以前に「15」というハンドルネームで書き込んでいた時よりは多少文章が読みやすくなりましたね。その点は学習をされたようで、よかったですね。
 なお、この掲示板では複数のハンドルネームを使って書き込むことを禁止していますので「15」か「元信者さん」のどちらかに固定願います。

[1898]元信者さんへ
根絶
2005/10/23 9:13
>遺産相続問題ですが、争いを起こしたことで末端信者に何か問題が起こったのですか?献金額が莫大なのは判りますが、途中で献金を搾取している幹部や色々な職員の給料、本部や色々な拠点でかかる経費などを考えたら小山家に残っているお金が少ないから争いが起こるのではないですか。一般の常識では、収入があれば支出もあるのですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この質問も?いまいち、理解に苦しみますね。

その献金は(小山教の収入源)、純粋な、末端信者の、汗水たらして、得た給料からなんですよ。

何も疑わず、はいはいと いわれるままに、献金をする、純粋な末端信者・・
それに、つけこんで、恐怖心を、あおり、金を要求する
小山教の幹部。お詫びが、いい例ですね。

これが、カルト教なんですよ。

fujiyaさまへの、質問でしたが、ついつい、横レスしてしまいました。


[1897]元信者さんへ
根絶
2005/10/23 8:03
>根絶さんはただのコピーだから何もないと言いますが、それは人によって価値観は違うと思います。根絶さんの言い分だと宗教は何一つ駄目だと言うことですよね?拝む物やお守りなどもコピーや人が作った仏像だから価値がないのですか?
それに全ての宗教には多かれ少なかれ献金という物は付いて回りますが、少ないから良くて多いから駄目と言うことですか?それはおかしいですよね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、宗教心とか、信仰心は、もったらだめとは一言もいっておりませんよ。
むしろ、もった方が、いいと思います。

ただ、秀明のような、詐欺・霊感商法・インチキの
カ・ル・ト・・・・カ・ル・ト・・・
この カルト宗教にだけには、入信しないほうが、いい。これを、言ってるのです。
私は、被害者のひとりです。
カルト秀明の、被害者を出したくない。
これは、このサイトの管理人fujiyaさまが、一番わかってらっしゃると、思います。


[1896]トトロン様
macchan
2005/10/23 7:08
他人のふんどしで相撲を取ることを、他人に相撲を取らせて利益だけ頂くというのですよ。
この場合、それが詐欺になるのか、ただの質の悪い活動なのか、私にはわかりません。
髪の毛が入る入らないについても、私のような部外者には、そのまま捨てれば出費は必要ないではないか、と思う位です。

部外者がどんどん秀明会に入っていけばよい、と私は思っています。
マインドコントロールについてはノープロブレムでしょう。
ちょうど、紙の裏と表のようなもので、信者には裏しか見えません。
ここは紙の表で、紙の裏と表を同時に見ながら、秀明会に入っていくという、
ナメクジを塩で溶かすような作戦も良いのではないでしょうか?


[1895]元信者さんへ
通りすがり
2005/10/23 6:36
元信者さんへ

私は、「富士山やお月様に関心をもたないような子供が秀明会に入信する」とは書いてないですよ。

「最近、雄大な富士山やきれいなお月様に、まるでそこに、何もないかのように、なんの関心も示さない子供がいるとのことですが、こういうような子供は、感性が壊れてしまっているんですよね。

「真実」を全て知りながら、「そんな物で俺の信仰は揺るがないとうそぶいている人」は、雄大な富士山を目の当たりにしても、関心をもたない子供たちと同じように、大人ではあるけど、感性の壊れている人なんです」と書いているんです。

そういうような人は、すでに大人だから、頭ではさまざまな事を考え、多くの知識もあり、いろんな理屈が言えるんです。とりあえず会話が出来るから、ちょっとめには異常さがわかりません。でも、そのような人は、実は感性の部分が壊れているんです。子供なら、雄大な富士山をみても何の関心も示さないという異常さが一目でわかるのですけどね。


会主様は忍耐に忍耐を重ねて離脱をし、純粋できれいな信仰をするために立教したと繰り返し繰り返し学びました。その立教の心と、「観音様の偽造」の事実は、どんなへ理屈をつけても絶対に両立するものではありません。

その証拠に、岡インというホームページが初めて「ご神体偽造」「観音様偽造」を公開したとき、本部幹部会は大騒ぎになったのですが、そのときH本T子氏やO田K子氏が悲鳴のように叫んだことは、「会主様がそのようなことをするはずがない!」でした。これは、ご神体や観音様の偽造を小山美秀子氏が画策したということが、幹部の人たちも考え得られない、それぐらい、それまで習ってきたことと感覚的には矛盾していることを表しています。

もちろん、観音様偽造は、自分の肉眼で確認すれば簡単に理解出来る事実です。でも、幹部らは肉眼での確認をしようとはしないでしょう

だが、肉眼でそれを確認したにも関わらず、それらの事実が、自分たちが学んできて感動してきた離脱の神意とは両立しない事なのだと言うことが、感覚的に分からない人。それどころか、自分の頭の整合性を保つために、感覚的に絶対両立し得ない二者を受け入れることが出来てしまう人は、実は人間の根本的な感性部分が壊れているんだよ、という話です。

(もしくは、「頭の整合性を保つために、自分の感性を自分で壊している」可能性があります。彼らは、長年のカルト生活の中で、「頭の整合性を保つために、自分の感性を自分で壊す訓練」を繰り返してきたのかも知れません。例えば、親が泣いてもそれを顧みずカルト活動に邁進するとか。)

繰り返しますが、「全ての信者がそうだ」という話をしているんじゃないんです。この話は、「かなりコアな信者」の精神構造について語っています。

だが、「家族を新興宗教から守ろう」などで公開している情報が信者に知られれば知られるほど、それでも残り続けている人の集まりは、時間が経つほど、「感性が壊れた人ばかりの団体」に、どんどん近づいていくことになりますよ、

そういう団体にいると、今のあなたは正常でも、やがて知らず知らず、その影響を受けることになりますよ

ということです。





もう一点、おひかりに毛がはいる話について。

おひかりのお詫びは、「髪の毛」だけではなく、「うぶ毛」でもお詫びになりました。

私は、普通にかけていて、ポケットの中にも納めていたおひかりに、髪の毛が、生地の目を通って半分つきささっていたのをみたことがあります。

毛は、口がきちんと閉じているかどうかに限らず、袋の生地の目から入ります。私の「おひかりのお詫び」は、殆どがうぶ毛でした。その際、おひかりの口の頑丈さとは関係ありませんでした。

小山美秀子氏は女性で体毛も少ないので、おひかりがいかに産毛の入りやすい形かというのをまったく認識していなかったようです。


[1894]問題は
元信者さん
2005/10/23 4:32
トトロンさんは他人が替えるのを判っているのに隙間が空いていても何も言わないのですか?皆さんが気を付けていればある程度はお詫びは少なくできると思います。少なくとも私は隙間が空いていたら言いましたし、私も毛は多い方なのですがお詫びはしたことはありませんでした。
根絶さんはただのコピーだから何もないと言いますが、それは人によって価値観は違うと思います。根絶さんの言い分だと宗教は何一つ駄目だと言うことですよね?拝む物やお守りなどもコピーや人が作った仏像だから価値がないのですか?
それに全ての宗教には多かれ少なかれ献金という物は付いて回りますが、少ないから良くて多いから駄目と言うことですか?それはおかしいですよね?
お詫びの献金は間違っていると思いますが、本人が気を付けていれば多少なりとも減るはずですよ。


[1893]恐怖のお詫び
関東B
2005/10/23 4:12
私の、所属する拠点では、お詫びは、皆恐怖でした。毛が入らない様に、薬は、いけないと言う教えに逆らい、脱毛クリームを塗ったりしていた人もいました、又男女交際が見つかれば、お詫び、自分の信者が秀勉に来ないてお詫びと、お詫びノートが有り、約束事を書かされて、先生が、納得しなければ、お詫びをしてくれません、桃、桃、御導きと、おどされて、挙げ句の果てに、先生の言葉は、明主様の言葉と言いだす、今考えると、凄い恐怖でした 出来れば、お詫びの恐怖新聞も作って下さい、夜中に学生服を着て、信者宅に配りたいと、思います


[1892]元信者さんへ
根絶
2005/10/23 2:52
1000円の壷を、ご利益があるから、といって、
騙し、100万円で、売りつける。
しかも、その壷の中に、虫が、入ると、先祖からの
お気付けだ。
すぐに、清めないと、罰があたる。
不幸が訪れます。
お清め代をして、10000円、搾取する。

 秀明のお光も・・これと 同じです。
 詐欺・霊感商法です。きっぱりと・・


[1891]元信者さんへ
根絶
2005/10/23 2:29
あなたの質問は、いまいち、よくわかりません。

お光は、ただの、コピーの紙切れです。
原価は、100円くらいでしょうか?
それを、あたかも、ご利益がある。
大事に取り扱わないと、お詫びだとかいって、
恐怖心をあおり、金を巻き上げる。
巻き上げた金の使い道はわかりません。
ネコババしてるかも?。
領収書も何も出してはくれないから・・
やろうと思えば簡単にできますね。

まさに、詐欺、霊感商法の 典型ともいえます。

お光、ただの紙切れが40,000円
しかも、落としただけで、5000円も、
とても、通常では 考えられません。

元信者さん、ここでは、それを、問題にしているのですよ。


[1890]お光りのお詫びについて
トトロン
2005/10/23 2:13
もちろん月一回は袋を取り替えていただきます。しかし元信者さん、新入信者が自分でやるのですか、当番の人に言って取り替えてもらうのではないですか。いずれにせよ月一回取り替えていても6回連続で髪の毛が入り挙句の果てはお詫びで桃までさせられその次の取替えでまた髪の毛がはいっていてついにやめた人もいます。夏でも胸毛対策に下着はつけていましたが駄目でした。大体隙間のある袋に毛が入るのはあたりまえです。気をつけていてもへらせるだけで0にはできません。そんなことで大金をむしられるのは真っ平です。かってなルールを作るのはは止めてほしい


[1889]お光りのお詫びについて
元信者さん
2005/10/23 0:36
私が入信したときには、お光りを落としたりお光りの中に毛が入ったりしないように、ある程度時間が経ったら自分の意志でお光りの袋をお取り替えするように教わりましたよ。トトロンさんが言っているのは、自分で気を付けていないのに文句ばかりに聞こえるのですがどうなんでしょうか?


[1888]義捐金
トトロン
2005/10/23 0:25
小山家が義捐金を出してない理由は、もしもだしていたら宣伝するだろうからです。秀明紙等で「会長先生みずから何百万円寄付なさいました」とかくでしょう。旧体制では寄付は無意味となっていましたが、新体制では世間体を取り繕うために支部単位で寄付しています。決して本部からの金ではありません。然るに寄付したということを世間に知らせて、さも秀明会はいいとこですとイメージアップをはかるのです。他人のふんどしで相撲を取るのではなく、他人に相撲を取らせて利益だけ頂くということです。

神戸総合支部内の本山支部ではみその会員は13万でした。一万はピンはねです

髪の毛が入ったとか落としたとかでお光のおわびは結構多いのでお詫び代はかなりの金額になるでしょう。想念のお詫びと違い高いのです。最低5000円から1万、その後の約束では桃をさせられることもよくありました。もともと上部を3箇所止めしてあるだけなので時間がたてば糸が伸びて隙間ができます。そして胸毛が入ります。しかしこれは秀明に言わせるとお気付けで神の意思らしいです。密封していても髪の毛が入るならまあそういえるかもしれないでしょうけど、元々隙間だらけでは、はいるのがあたりまえです。中越地震や福岡の地震やその他の地震では、お光が落ちたといってはお詫びさせているのでしょうか。ちょうど阪神大震災の時に大量にお詫びさせたように。当時神戸支部ではお光を落とした信者がずらっと並んでお光の再下付をうけていました。再下付には最低32000円(教習も聞きなおすので+2000円)いります。あとお詫び代もいります。人の不幸につけ込んで丸儲けです


[1887]そうではなく
元信者さん
2005/10/23 0:11
2世の人達のことではなくて、ある程度大きくなってきている人達がなぜ秀明会に入信しているかという事なのですよ。何もないのに入信するとは思えないのです。通りすがりさんは「感動が無くなった子供達」と言っているので感動してではないと言うことですよね?それなら何でかなと思ったので質問してみたのです。


[1886]秀明会の子供達
fujiya
2005/10/22 23:55
 1884の元信者さんからの問いかけの答えになるかどうか分かりませんが、下記投稿をお読み頂くと、なぜ多くの子供達が秀明会にいるのかの一つの解答になるかと思います。
 なお、一部の文章は個人特定される恐れがあるので一部を伏せ字にさせて頂きます。

【投稿1】
 私は、神慈秀明会の いわゆる 「 信仰2世 」 です。
 小学生の頃に、両親が入信し、ご神体・お屏風観音様も、家にあるのが当たり前という中で育ちました。
 夜、眠る前には ジュニア用の 明主様絵本を読み、小ひかりも 首にかけていました。
 中学校に進学すると同時に、新中生として入信し、●●では、●●の●●をしていました。
 未信者浄霊が盛んに推奨される時世に、●●で評される●●では、常に上位に入っていました。
 ●●で、当時の●●の信者としては快挙と言われた、会主様・会長先生の前での●●をし、秀明紙に載ったこともあります。
●●や ●●にも 出場しています。
 (後略。この方はこの数年後に秀明会の異常に気づき、現在では秀明会から精神的に脱会しています)


【投稿2】
 私は小学校低学年の時に母親が入信し、中学入学と同時にすぐに入信させられました。
 子供の頃、母はまったく家事をせず、家はいつもゴミだらけ。
 母は毎晩集会所へ行き、夕食はいつも姉妹でホカ弁を買って、親がいない寂しさを紛らわせながら食べていた記憶があります。
 それでも母親の機嫌を損ねたくなくて、と、いうより子供にとっては親の信じるもの、言う事は絶対でしたから、何の疑いもなく私たちも参拝に行き、中学の時は、母に報告して褒められるのが嬉しく、時々クラスメイトに浄霊もしたりしていました。
 私はクラスでいじめの対象になってしまいましたがそんな事は絶対言えませんでした。
 疥癬にかかっても薬も使えず、体中膿だらけでした。
 今思えばゾッとします。思い出したくもない事ばかりです。


【投稿3】
 私の母がこの宗教に入信してもう20年以上になります。
 母は私が小学生だった頃、同級生のお母さんに誘われて入信しました。その頃自宅に何度も勧誘に来ていたのを覚えています。
(中略)
 母は、毎日、出張所と呼ばれる所に出向き(隣の市まで1時間掛けて)朝から夕方までいません。「当番」と呼ばれる日には夜の9時過ぎまで帰りません。

 当然、家事はおろそかになり、晩ご飯はお弁当や出来合いのものばかり、何も用意していない日もあります。私の父が脱会をかなり強く勧めました。出張所にいる先生と言う人にも掛け合いました。でもダメでした。

 現在母は「世話人」という役?らしく、何かと電話がかかってきては出掛けています。
 毎月1度は滋賀県にある総本山?にお参りに行き、献金しているらしいのです。
 消費者金融にまで手を出し、何故そこまでして献金しなければならないのかと全く理解できません。
 病気になれば、「お祈りさせて」と言い、治ったら、「お祈りのおかげで治った」、「お祈りしたから軽くすんだ」と言い・・・。

 本当にこのままでは家庭が崩壊します。


【投稿4】
(前略)
 ・・・・それからは、読んで字のごとく、世話人、助教師、資格者・・・、そして神慈秀明会幹部まで父は上り詰めました。
 その間の我が家の様子は、ご想像に容易いかなと思います。
(中略)
 そのような状態の中で、いつも家はぐちゃぐちゃの有様でした。私が秀明のことをサボったときには、父母の執拗な無視攻撃がありました。お小遣いなんかもらったことありませんし、両親が入信してからは、私が何を言っても心に残らないようで、学用品も、服も、その他のものも、祖母にお金をもらって自分で買いにいっていました(小学生がですよ)。
 でも、私は、まだそのころは、家族を信じたかったし、愛を信じたかったし、いつか両親も振り向いてくれる、わかってくれる、と信じていました。
 神慈秀明会の教義は、私が中学校を卒業する頃には、「へんだ、狂ってる、間違っている」と思い始めていました。でも、そう思っても子供が家を出ても飢え死にか、暴力団のいけにえになり、食いものにされるしかありませんので、そんな家庭でも、がまんをするしかなかったのです。

-----------------------------------------------------------------

 上記4点の投稿は、親が我が子を秀明会に引きずり込んだ結果、家庭が崩壊していった様子が描かれているものです。
 同様の投稿はたくさんきているのですが、なかなか公開の同意が得られず(公開することで家族に迷惑がかかることを恐れて)、一部の投稿のみ公開させて頂いております。

 親が信ずる宗教を子供に押しつけるのは間違っています。


[1885]fujiyaさんへ
元信者さん
2005/10/22 23:18
遺産相続問題ですが、争いを起こしたことで末端信者に何か問題が起こったのですか?献金額が莫大なのは判りますが、途中で献金を搾取している幹部や色々な職員の給料、本部や色々な拠点でかかる経費などを考えたら小山家に残っているお金が少ないから争いが起こるのではないですか。一般の常識では、収入があれば支出もあるのですよ。


[1884]通りすがりさんに質問です。
元信者さん
2005/10/22 22:06
通りすがりさんは、今の子供に感動する心が無くなっていると言いましたが、それではその子供達がなぜ秀明会に入信していくのでしょうか?まさか何にも判らなくて入信しているとは言わないですよね。


[1883]FUJIYAさんへ
関東B
2005/10/22 21:51
会長先生と、兄さんの、遺産相続争いの、答えを書いて頂いてありがとうございます これからも分からない事がありましたら、質問させて貰います


[1882]1879の質問に答えて
fujiya
2005/10/22 20:25
 会主が亡くなった後、小山弘子と小山英二の間で遺産相続問題で争いがあった話は本部職員の間では有名な話です。
 小山英二が、「自分の取り分が少ない」とクレームを付けたそうです。

 会主が亡くなった後、秀明会内部では相続問題や組織継続問題で大きな騒動があったのですが、ある有力者の強力な抵抗にあい、現在の姿にかろうじて落ち着いたようです。
 この有力者の抵抗がなかったら、今頃秀明会は分裂していたでしょう。

 利権がからむと、親族間に骨肉の争いが生じるのは世間でもよくあることです。会主が亡くなり、信者から騙し取った巨額の金を前にして、兄妹間に大きな亀裂が生じたのは、彼らの素顔が表れた結果なのでしょう。

 彼ら、彼女らの脳裏には「信者の皆さんをどうするか」ということよりも、「この金をいかにたくさん自分のものにするか」という欲の方が先行したのでしょう。
 しかし、それはある意味正しい選択なのです。なぜかというと、神慈秀明会は信者の幸せを考えるような団体ではなく、金銭収奪カルトなのですから。
 彼らの目的は「金」だから、「金」でバトルが始まるのは当然なのです。

 「宗教法人」なのだから法人の資産は信者全員のものじゃないの?などと寝ぼけたことを言ってはいけないのです。
 「宗教法人・神慈秀明会」の資産は小山家で奪い合うのです。信者には借金だけが残ります。


[1881]関東B さん・それ ホント?
根絶
2005/10/22 16:47
>会主様が亡くなった後、会長先生と兄弟の間で、遺産 争いが起きていた噂が
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関東Bさん・・。
それは、じゅうぶん ありえる話ですね・・。
あの 金まみれの・・
金の亡者 小山一族ですもの・・ね。

小山教の 異様なまでの 金への 執着心・・
それは、おぞましい限り・・
とても とても 人間の なせる業では ありませんね。
非常に 冷酷・マフィア以上です・・
まさに・・

純粋な末端信者から ハイエナの ごとく金を
むさぼりつくした・・。

その結果、家庭崩壊、職場解雇、学業退学、果てには・・
自殺者まで・・・

あれほど 金のために 何でもやる 小山一族ですもの

じゅうぶん 考えられることですね。

私も 聞きたいです・・。
誰が 知っておられる方いらっしゃいましたら・
お願いします。


 


[1880]話しかけている相手が違います
通りすがり
2005/10/22 16:19
macchanさん、私は、「(このサイトに書いてあることを全て読んで知っていても、鼻でせせら笑いながら)「そんなものでは俺の信仰は揺るがない」などとうそぶいている」という非常に特殊な人に語りかけているのです。一般論を話しているのではありません。
いつかあなたが助け出したい人のことを言っているのではないのです。


[1879]誰か教えて
関東B
2005/10/22 15:35
半分くもり信者の、関東Bです、別のサイトの中で、会主様が亡くなった後、会長先生と兄弟の間で、遺産争いが起きていた噂が、ありました、本当なんでしょうか、教えて下さい

[1878]おひかりの通信販売
金色のROTAX
2005/10/22 15:16
おひかりの通信販売
 ほかの離脱教団である世界メシヤ教会は、昔、アメリカで、浄霊に関する書籍を出版した際、その中に、「浄霊を体験したい人に、おひかりを差し上げます」という内容の記事を書き、はがきで、希望すれば、航空郵便で、おひかりを送るという布教をしていました。(この時のおひかりが有料か無料かについては、私も知りません。)
 これは、なかなか柔軟な発想だと思います。


[1877]お詫びに関するローカル・ルール
金色のROTAX
2005/10/22 14:45
お詫びに関するローカル・ルール
 旧体制の頃、おひかりに毛がはいるとお詫びになるということでは、秀明会全国共通でした(今も、ほとんどの拠点では共通ですが)。
 しかし、おひかりを首からはずした時点で、おひかりのひもの部分に毛がついている場合の取り扱いは、拠点により異なり、それだけでお詫びになる厳しい拠点もあれば、全く問題なしとする寛大な拠点もありました。
 お詫びにびくびくする恐怖信仰は一日も早くやめたほうがいいと私は思います。
 なぜなら、この戒律は明主様が決めたものではなく、秀明会の小山家が独自の判断で決めたものだからです。
 実在の明主様を信仰している人はこんな恐怖信仰と縁を切るべきであり、小山家の人を神様と確信している人は一生、この窮屈な戒律に縛られていればいいでしょう。


[1876]おひかりの袋の交換
コンスタンチン
2005/10/22 14:40
私の拠点では、おひかりの袋の交換には250円かかります。ちなみに、昔は500円でした。


[1875]お詫び
東日本匿名
2005/10/22 14:17
信者が一番恐れるお詫び。
これも結局人を見ているんです。同じ事柄であっても違う対応なことがあります。片やお詫びになっても方や想念のお詫びで済んだりとか・・・。
お詫びになるところを想念のお詫びでいいから想念のお詫び玉串を多めにして減らした分の奉仕金をしなさいとか・・・。
結局利用しやすいようにされていたんですね。
悔しいが個人的なことは助教師などには話さなければよかったんですね。金がある、時間がある・・・などを知られるとつけ込まれますから。
早く税務署でも入って欲しいです。
以外や以外税務署って匿名の電話でもいちおう調べますよ。動きは早いです。それぞれの拠点を管轄する税務署に匿名電話をしましょう。その際には拠点の正確な住所を言うことです。


[1874]一見普通に見えるけど
根絶
2005/10/22 12:29
子供の美術教育をサポートする会たるものを 信者がつくりましたね。
必死に 秀明のおぞましい過去を 取り繕うと必死になっていますね。
滋賀県の 子供の美術教育をサポートする会 NPO法人 一見 素晴らしいことを やってるように 見えますね。
しかし、本心から、子供の教育を考えるんだったら、こんなことはしませんね。
所詮は 小山一族のため、褒められたいがため、結局は自分の自己顕示のためですね。

わざわざ、その活動を 本部・神苑で 発表を 行い、そのことが、秀明紙にも でかでかと 掲載されています。 

一見 まともなことを しているようですが、
所詮は、小山・・資格者のために 動かされているに
すぎません。

マインドコントロールされている見本といえます。


[1873]マインドコントロールはマインドコントロールではない
macchan
2005/10/22 9:03
マインドコントロールは、マインド(感情、思考、性格、人格)のコントロールではない、
マインドコントロールは、‘情報環境’のコントロールだ。
と私は考えています。
信者は秀明会の話以外では普通の人と変わらない。
という事実は、皆さんの方がよくご存知だと思います。
通りすがりさん、秀明信者は秀明会についての情報以外はきわめて普通人だ、と思いませんか?
真実が伝わっても・・・ではなくて、真実が伝わっていないのでしょう。
秀明信者の信仰が強いというのは、秀明会の情報コントロールに強く制限影響されている、ということですよ。
ですから、性格その他には特に問題はないと思いますよ。
多少インチキ信仰の影響で、世間が狭くなっている程度でしょう。
秀明信者について正しく認識しないことには、今後の対策に影響します。
私は、信者の情報環境に問題がある、と思うのです。


[1872]先ほどの補足
走る芸術家
2005/10/22 8:03
先ほどの書きこみ、
「交通費」=「バス代」のことです。
失礼いたしました。


[1871]1860の通りすがりさんの書き込みを見て
走る芸術家
2005/10/22 7:47
みだしの件について、「交通費」があげられていますが、その件について私なりの意見を報告したいと思います。
情報開示が当然なこのご時世に、会計報告などの情報開示を一切しないで、
ただ、ここ数年赤字が続いている、という理由だけで
最近交通費を値上げしている拠点があるとの情報を入手しました。
他の掲示板でも見ましたら、そのお金の一部は、秀明幹部、職員のこずかいになっている。だから情報開示したくなかったんですね。
情報開示のない値上げに、いまどき応じる必要ないと思います。
どうしても値上げしたかったら、何度も述べますが予算報告してくださいね。
昨日のニュースで見ましたが、あの第三次内閣の小泉首相の財政報告が報道されましたよ。
同じルート併走している高速バスのほうが、どんなにゆったりして安いのか・・・。
私なら、高速バスか、朝出て参拝できる高速鉄道使いますね。
最後に今でも秀明の方針が絶対と思ってる方々、恨むのは秀明を離れたり批判している方々ではなく、
今のこんな状況になるまで何の組織改革をしてこなかった幹部連中ですよ!


[1870]そんなものでは俺の信仰は揺るがない
通りすがり
2005/10/22 7:44
Misshaさん。はじめまして。
このサイトの情報はとても面白いでしょう?
神慈秀明会のことを真面目に勉強してきた人ほど、とても興味深い内容のはずです。

ところで、Misshaさんは、このサイトの情報を読んで、「驚く」「とても参考になる」と、とてもまともな反応をされている、きわめて普通人です。

しかし、秀明会には、たとえ「離脱の神意の嘘。霊能者の助言で離脱した事」「唯一のご神体は切り貼り拡大コピー、復活した観音様は偽造」「教義の隠蔽。神慈秀明会がやってきたことは岡田茂吉の教えの正反対」「数々の被害報告」などの真実を知っても、

「そんなものでは俺の信仰は揺るがない」などとうそぶいている人間がいるんです。

実はその人は勘違いしています。

最近、都会育ちの子供たちに、富士山を目の前にみてもなんの感動もしない。美しい月をみてもなんとも思わない人が増えています。ふーん、で、終わってしまうそうです。

つまり、それらの子供たちには感動する力がない。考える脳が無いんです。どこか壊れてしまっているんです。

神慈秀明会のことを沢山学びながら、それとは全く異なる事実をしっても、「そんなものでは俺の信仰は揺るがない」と言っている方。それは信仰が揺るがないんじゃないんです。

その人は大人なんだけど、その人が長い間受けてきた教育(秀明会の信仰)のため、基本的な感性が壊れてしまったんです。

本当に、物に感動する感性と、自分で考えられる脳があるならば、これらの事実を知ったとき、今まで通りの信仰など続けていけるはずがないのです。

信仰の根本を揺るがす事実を知っても、「こんな物は効かない」のように言っている人。効かないことが、強い信仰だと思っている人。

あなたの信仰が強いのではありません。



単 に 、あ な た の 感 性 が 壊 れ て い る だ け な ん で す よ 。




「家族を新興宗教から守ろう」で公開している情報が広がるほど、神慈秀明会には、「これらの情報を知っても、効かない人」すなわち、「感性と考える力の壊れている人」しか残らない状態になります。

「感性と考える力の壊れている人」が集まる宗教。そこが、どれほど危険な場所か、「感性が壊れていない」「考える力が残っている」方には、すぐにご理解いただけると思います。

「感性と考える力の壊れている人」が上役の宗教団体に所属し、その人の話をお説教として聞いていると、あなたの感性や考える力はどうなっていくでしょう?

人としての感性が壊されてしまう前に、その危険を察知し、まだ脳が働いているうちに、自分と神慈秀明会との関係をどうするか、

この文章を読んでいる方。もちろん、Misshaさんも、よく考えて頂きたいと思います。


[1869]とても参考になります
Missha
2005/10/21 23:28
現役の信者ですが、最近このページを知り、驚くことばかりでとても参考になっています。これからも内部の知られざる情報をどんどんお願いします。私はそれほど熱心ではないので、出張所の上層部の方々の事情は知りませんが、何かあればお知らせしたいと思います。


[1868]自分を神さまと勘違いしてる。
根絶
2005/10/21 22:40
小山一族 
岡田K子 
橋本T子

まるで・・
自分を 明主様の 申し子である
神様と 勘違いしています。

役職 とかれると ただの
おばあちゃんなのに・・。

困ったものです・・。

まぁ・・役職が ある間に がっぽり 銭儲け
といった ところでしょう・・。
あとは 死ぬまで その 金で 悠々自適・・。

ほんま カルトの幹部はやめられない!
ですわ・・・。


[1867]カルトの幹部はやめられない!
fujiya
2005/10/21 19:20
 関西地区の教師の間では、「O田K子参り」という儀式が定着化しています。
 関西地区の教師は、O田K子氏に毎年5万円の上納金を支払うことになっており、ある一人の教師(M氏)を除いてそれ以外の全員がこれに応じています。

 関西地区の教師の人数×5万円=????????円

 う〜ん、なかなかいい臨時収入ですね。
 あっ!、臨時収入じゃないか。毎年これが入ってくるのだから固定収入ですね。O田K子氏はリッチな生活ができていいですねー。
 これだから、カルトの幹部はやめられない!


[1866]お金以外のローカル・ルール(もどき)
金色のROTAX
2005/10/21 19:13
お金以外のローカル・ルール(もどき)
 おひかりの「光明」を拝受するとそれ以前の「光」は、本部宗務棟で販売している専用の桐の箱またはお屏風観音様についてくる桐の箱にいれ、それをお三方の上にのせておくこととなっていました。
 関東甲信越のM出張所の前のK先生(現在、中部地方のG出張所)は、光明に関する上記の取り扱いを知ってか知らずか、M出張所の信者に、伝達しておらず、質問されても、「そのまま、お三方に置いておけばいい」と明言していました。
 そのため、光明がお詫びになって、再び、光を使用するようになった信者は、ほこりだらけになっていた光を使用するはめになっていました。
 このK先生は、陰で、ほかの離脱教団である「救いの光教団」の急所の浄霊に関する明主様のみ教え集を読んでいますが、一応、秀明会の専従教師なのですから、秀明会の基本ルールも習得してほしいものです。
 これは、ローカル・ルールというよりも、むしろ、秀明会の先生が秀明会の基本ルールを知らなかっただけの事例というほうが適切なのかもしれません。


[1865]1864補足
金色のROTAX
2005/10/21 18:57
 1864のローカル・ルールの書き込みの前提情報を書きます。以前にも、同じようなことを書いた記憶もありますが、最近、参加されるようになった方のために、念のため、書き込みます。

・おひかりに毛が入るとお詫び
・御神体、観音様に虫がつくとお詫び

 この2つの戒律は、秀明会が独自に決めたものであり、明主様御在世中には、そんな戒律は一切ありませんでした。おひかりに毛が入るとお詫びというのは、ミコト様考案のルールです。
 関連する明主様の教え(御垂示)に次のようなものもあります。

S24.5.23
質問
「誤って御軸(ご神体)又は小観音様を汚しました場合、如何致したら宜しいでしょうか。」
明主様の御垂示
「汚したって、どういう風に汚したんですか?」
質問
「例えば、百合の花の花粉がついたり致しました場合
明主様の御垂示
「それはね、経師屋に頼んでとって貰えばいいですよ。その時には御詫びしてね、こういう訳で綺麗に致しますから、その間御許し願いたいって御断りしてやればいいです。」

S23.4.18
質問
「薪を燃やすため御軸(当時はご神体のことをこう言った)が汚れた場合は」
明主様の御垂示
「 そのままで宜しい。大したことはありません。煤(すす)が下がったらハタキではたいたらいい。」

S28.5.15
質問
「田舎でございますが、ハエが多くて御神体にたかりますので申し訳ないと思いますが、セロファンかなにかで覆いをいたしますのはいかがでございましょうか。」
明主様の御垂示
「 そういうことは必要ありません。ハエのクソでも、鳥でも、人間以外のものは御無礼にはなりません。そういうことを言うと、神社の屋根に鳥がクソをかけるからと、瓦になにかしなければならないことになります。」 
秀研 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/katsudou/hiten/07.html
百式 http://plaza.rakuten.co.jp/shumei/


[1864]お金以外のローカル・ルール
金色のROTAX
2005/10/21 18:09
お金以外のローカル・ルール
 現在、一部の拠点では、おひかりの袋の中に、毛が入っていたり、家庭の御神体、観音様に虫がついても、お詫びをしていません。想念お詫びで済ませる拠点もあります。拠点の御神床に虫の死体があっても、お詫びを一切しない拠点もあります。
 ただ、こういった寛大な取り扱いをしているのは、ほんの一部の拠点ですが。

1861のあるくもり信者さんへ。
 そのお歳暮の話ですが、本当であれば、脱税として税務調査の対象になるのではないかと思います。(税務署に申告していなければの話ですが。)


[1863]裏金天国
金色のROTAX
2005/10/21 18:01
裏金天国
 旧体制の頃、助教師や秀勉講師の試験に受かると、1万円の御礼が強要されていました。
 小山家は、一体、この表に出ない収入でいくら儲けたのでしょうか。


[1862]お金のローカルルール
通りすがり
2005/10/21 17:47
>新体制に なっても、私の拠点では
>「お中元」「お歳暮」は
>しっかり やっております。

え?それは「だれ宛」のお中元ですか?
かなりあやしいんですけど。

1856に書いた「ローカルルール」と同様、
お金に関しても拠点間に違いがあるみたいですね。


[1861]「お中元」「お歳暮」
あるくもり信者
2005/10/21 17:33
ぴんはね・着服・・すごい!の 一言につきます。
これって 立派な 詐欺横領罪ですよね。

新体制に なっても、私の拠点では
「お中元」「お歳暮」は
しっかり やっております。

一世帯 最低1万円が 相場です。

ボーナスと いうところでしょうか・・


[1860]比較
通りすがり
2005/10/21 16:49
旧体制にあって、新体制から無くなった「お金」
これが、着服の温床だった可能性がありますので、
どんなお金があったのか、このホームページで、
情報を募集するといいかもしれません。

私からは、
「家庭月次祭御礼」
「バス代(新体制から値下げ)」
「お中元」
「お歳暮」
「神苑会員継続御礼」
「記念大祭、記念祭(信徒大会)お玉串と別に出す「御礼」」

を挙げておきます。


[1859]神苑会員継続御礼
通りすがり
2005/10/21 16:44
T支部のように遠隔ですと、ボリバスで儲けることが出来ますが、関西の近い拠点ですと交通費からでは、あまり利益を抽出することが出来ません。

そこで、関西の某拠点では、「神苑会員継続御礼」というものがありました。

ご存じ神苑会員というのは、12万円の献金を年に一回7月頃にまとめ払いすることで、神苑会員カードという物をもらえて、1年間だけちょっとばかり優遇されるという制度です。

この「神苑会員」になることは、著しく霊層界が上がり、先祖が待ち望んでいると秀明会では教えられていたのですが、

神苑会員継続御礼というのは何かというと、去年、神苑会員だった人が、今年も神苑会員に継続する場合、

世間の常識でしたら、今年の会費は少し割引になるんじゃないかと思うのですが、神慈秀明会の常識は違いました。

こんなにありがたい神苑会員を、去年に引き続き、今年も継続させて頂けたのだから、感謝をしなさい。すなわち、お礼を出しなさい、ということで、会費の12万円の他に、御礼、3万円を出させていたのです。

ただ、これを、神慈秀明会全体でやっていたのでしたら、まあ、良いのですが(良いわけがないか)

なんと、これは関西の一部の拠点だけが行っていたらしく、そこの拠点に所属する人は、日本中で「神苑会員継続御礼」があるのだと信じていました。

つまり、「神苑会員継続御礼」は、本部には上がらない、その拠点だけの「収入」だったのです。ボリバス代と同じだったというわけですね。

このように、神慈秀明会では、各拠点ごとに競って、どうやって信者からお金を天引きしようかということを考えていました。

こういった天引き行為は、すべて新体制になったと同時に無くなりました。神苑会員継続御礼も、新体制から行われなくなったそうです。良かったですね。

旧体制時代、よく行われていた「想念のお詫び」お玉串これも、本部には行きません。支部にも行かないらしく、その拠点の収入になっていたそうです。

拠点ごとには「想念のお詫びお玉串」の着服。
支部ごとには、「ボリバス」や「神苑会員継続御礼」「家庭月次祭御礼」の着服。

この「着服文化」を、白紙になって眺めれば、離脱当時の秀明教会時代に、お金の着服は一切無かった。秀明会教会は純粋な信仰をしていた、などということはあり得ないと考えるのが、常識的な判断と言えるでしょう。

[1858]ボリバス
fujiya
2005/10/21 15:00
 ボリバス疑惑の中心は神慈秀明会トップではなく、拠点関係者でしょうね。

 秀明会が世界救世教から離脱する前の秀明教会時代にも世界救世教に上納金を納める際に多額の金をピンハネしていました。これに気付いた救世教中央がこうしたピンハネを阻止するために地区制という中央集権方式に変更しようとしたことから分裂騒ぎが持ち上がり、結局秀明教会等が離脱することになったのが「離脱の神意」の真相です。

 これと同じことが秀明会の中で行われていたのがボリバス疑惑でしょう。こちらの方がピンハネ金額がずっと少ないですが・・・。
 秀明教会が行っていたピンハネ金額に比べれば少ないとは言え、T支部でのボリバスによるピンハネ金額の総額は1億円を超えていたという「うわさ」もあります。

 こうした動きを放置しておくと、拠点がピンハネに味を占めて、次々と不正をし始める危険性が出てきたので、BTBという管理組織を作って中央集権方式に改めたのでしょう。


[1857]ボリバス
あるくもり信者
2005/10/21 9:03
ボリバスの話題が、出ておりますが、
いったい、上層部は、そのバス代をいくらくらいピンハネしていたのですか?
会社を創設できるくらいの金額だとは、思っていますが。


[1856]ローカルルールがたくさんある
通りすがり
2005/10/21 1:43
1854で書き忘れましたが、会葬が20日頃に行われる前、たしか15日頃までに、家族親戚による「密葬」が終わっていたと思います。さすがに記憶があいまいですが。


>今だに、生命保険の話題になると、世話人さんは、この話をしています。

このように、神慈秀明会は、「岡田茂吉のこと」以前に、自分たち独自の歴史ですら正確に伝承出来ません。

そして、資格者単位で独自な教義を作り続けています。
すなわち、神慈秀明会には、ローカルルールがたくさんあるのです。

まあ、それが功を奏し、他のカルト的な方針から離れて、多少穏やかで平和的にやっているグループもあるですが、そのようなところは少数で、多くのところは、「よりカルトに」「より戒律的に」「より独善的に」そういう方向にローカルルールを思いつき、積み重ねています。

だから、「うちのグループは違うよ。そんなひどいところじゃないよ」とか「私の周りにはそんな人はいない」などと、秀明関係の掲示板に時々書いてくる人がいるのですが、実は、単にその人のグループのローカルルールが甘いというだけなのです。


[1855]通りすがりさんへ
コンスタンチン
2005/10/20 21:24
通りすがりさん、ありがとうございます。何だか謎が解けた感じです。
昔から、あんまり説得力のない話だなぁとは思っていましたが、支離滅裂でも「命さまがおっしゃったのよ〜」の“伝家の宝刀”が出ると信者さんは何も反論できなくなってしまうんですよね。
今だに、生命保険の話題になると、世話人さんは、この話をしています。


[1854]生命保険
通りすがり
2005/10/20 21:18
BTB=ボリバス・ツーリスト・ビューロー?

私は、生命保険に入ってはいけないというのは聞いたことが無いんですけどね。

>しかし、生命保険に入れない理由が、「死んだときに司法解剖される」というのにはあきれてしまいますね。

たぶん、どこかに誤解というか伝言ゲームというか、そんなものがあるような気がします。

小山荘吉氏は、昭和59年7月11日に死亡してから、
同月中(たしか20日頃)に「会葬」を行うことが出来ました。私も参列しました。

そのころ、支部長から
「ある意味変死なのに、なぜそんなに早く葬儀が出来たのか。それは、小山荘吉氏が生命保険に入っていなかったからだ。もし生命保険に入っていたら、解剖などを行わなければならず、会葬ももっと遅くなっただろう」
という説明がありました。

その話がどこかで曲がって「解剖されるから生命保険に入ってはいけない」という話に変わったと思います。
「小山荘吉氏がそのようなことを言った」というのは、後から付け足された話ではないでしょうか。

まあ、献金させるために生命保険を解約させるためには、丁度良い話だったのかもしれません。


[1853]さすが秀明会ですね・・・
fujiya
2005/10/20 19:04
 そうですか、BTBという会社を作っていたことは知りませんでした。
 ”ボリバス”に対する不満や、その金の流れに対する疑惑が非常に大きかったので、本部も動かざるを得なかったのかも知れませんね。あるいは新たな資金環流方式を考えたのかも知れませんが・・・・。

 それにしても、バス代疑惑を追及していた人が会長に直訴しても、会長は何の返答もしないという態度はいただけませんねー。『信者無視』が露骨に表れ過ぎです。そのような信者無視の態度を繰り返していたら、ますます会長に対する反感が強まることを読めない「困った」人なのでしょうねー。小山弘子さん、人気落ちてまーす。

 真実を求めようとした人を邪神扱いして拠点から追放するとは、『さすが秀明!!』ですね。
 かねてから秀明会という組織は上からの命令に柔順であることが求められ、自ら真実を求めようとする者は邪神扱いすると聞いていましたが、真にそれを実践しているんですねー!
 この、『徹底したカルトぶり』には怒りを通り越して、感心してしまいます。

 生命保険に入れないのも知りませんでした。私もまだまだ不勉強ですね。
 私の妻は秀明信者を長く続けていましたが、生命保険には入っていました。妻は荘吉会長にはあまり良い印象を持っていなかったのかも知れません。今度聞いてみます。
 しかし、生命保険に入れない理由が、「死んだときに司法解剖される」というのにはあきれてしまいますね。さっそく生命保険会社に知らせてあげましょう。「こんなことを言っている人がいますよー」と。きっと生命保険会社の人達が神慈秀明会を見る目が変わることでしょう。

 荘吉は、自分が死ぬときは司法解剖されるような「怪しげな死に方」をすると予感していたのでしょうね。警察は死因に不審な点がある場合は司法解剖を行います。自宅で死亡した場合でも、死因がはっきりしない場合は司法解剖になる場合があります。保険に入っているかどうかは関係ありません。
 生命保険も、その加入の経過等に不審な点があれば当然疑われることになりますが、常識的な保険契約であればそれが問題視されることはありません。
 彼は自分の身にやましい点が多々あったので、その上多額の生命保険に入ると司法解剖されると思いこんでいたのでしょう。彼は原因がよく分からない状況で急死したので司法解剖された可能性が高いですね・・・。かわいそうな人です。

 それにしても、荘吉があのように若死にしたのでは、『明主様は神慈秀明会の信者を見守ってくれている』という宣伝文句がウソであることがバレバレになってしまい、会主もさぞかしガックリきていたことでしょうね。
 まあ、それまで犯してきた数々の罪のバチが当たったと思えば若死にも当然という気はしますが・・・。


[1852]1851関連
金色のROTAX
2005/10/20 17:10
1851関連
 関東のT支部建設のとき、命さまの御指導で、御用をしている信者は、生命保険の契約を解約させられて、献金させられました。


[1851]生命保険
コンスタンチン
2005/10/20 15:55
fujiyaさん、忙しいところ、宿題をさせてしまいまして、すいませんです。
もちろん全問正解です。ありがとうございました。
“問題”に書き忘れましたが、IBTBという会社をご存知でしょうか?
祭典等で各拠点から本部へ行くバスを手配する本部輸送委員会が起こした会社です。旅行代理店のようなものでしょうか。
今まで拠点それぞれでおこなっていたバスの手配を税務上の問題からBTBが一括して手配する形に変えたそうです。
「ぼりバス」に象徴される不明朗なお金の流れを絶つ目的もあったかもしれません。
私の知っている拠点でも、バス代に関して不明朗なところがありました。それに気づいた人が会長先生宛に手紙を書き、直訴したらしいのですが、何のリアクションも無かったそうです。
結局その人は、バス代に関して探りを入れていることが知れて、邪神扱いされ拠点から追放されてしまいました。
タイトルに生命保険とありますが、信者は生命保険に入れません。
命さま曰く「生命保険に加入している人は死んだときに司法解剖される」からだそうです。

[1850]ログ修正2
根絶
2005/10/19 21:28
fujiyaさま ごめんなさい。

後で やりすぎたかな?
って・・後悔しておりました。

ナイスフオローありがとうございます。

しかし、あの金の亡者小山一族・秀明だけは、どうしても許せんです。はい。

煙のないとこには 火は たちません・・。
いわずとも わかっていることですから・・。


[1849]ログ修正
fujiya
2005/10/19 20:58
 1848の書き込みには不穏当な内容がありましたので、ログを一部修正させて頂きました。

 確かな根拠を示さずに、憶測だけで個人を誹謗中傷しないように注意してください。


[1848]■■ン師どものつくった会社
根絶
2005/10/19 19:23
あの■■ン師ども 秀明会の 金 ■■して
会社まで つくりおったか。
 
あの 会社 もうじき 破産するだろう・・

フオーフー
今田 知博 (代表取締役)
橋本  晋  (取締役副社長)
玉井  博  (専務取締役)

みなさん ここに ちゃんと 名前が のってまっせー

今田 知博 (代表取締役)と
玉井  博  (専務取締役)
御明集 第122ページ 神苑大建設の 作詞者
 〃   124 〃  明主様賛歌   〃
ですよーー。

それから 橋本  晋  (取締役副社長)は
あの 裁判にかけられている橋本 孝子の 息子ですよーー・・

御明集 もってる方は 今すぐ 開いて 見てください。
この 連中も なかなかの したたかものです。
小山・および 橋本の ■■を かなり 受けている輩ですよーーー。


[1847]HT先生の講話
金色のROTAX
2005/10/19 19:05
 T支部のHT先生は、T支部の昭和63年某月の感謝報告日に、「家なんか買わなくていい。借家でいいんだ。買うお金があれば献金しなさい。」と言っていた。
 当時の私は、こんな暴論を信じていた。


[1846]救世会館破壊の真相
金色のROTAX
2005/10/19 18:59
救世会館破壊の真相
 離脱の神意の中の一項目である明主様ご設計の救世会館の破壊ですが、なぜ、当時の世界救世教がこの工事を強行したかというと、工事をすると建設会社から、救世教の当時の外事対策委員長MMのところに、ペイバックがあったからなのです。
 実際の工事代金よりも、多額の代金を救世教が建設会社に支払い、その多い分を建設会社が救世教の幹部であるMMに、裏で賄賂として渡していたのです。だから、こういう無駄な工事を救世教はしたのです。
 こういう話は、宗教の世界だけではなく、政治の世界でも噂で聞きますよね。こういうのは、よくある話なのでしょう。

 なお、外事対策委員長のMMは、救世教を去った後も、永久教師として、毎月100万円前後の給料を救世教からもらっていました。


[1845]1840関連
金色のROTAX
2005/10/19 18:47
 T支部の「ぼりバス」とフォーユーという会社との関連性についても、噂がありますが、詳しい人、よろしくお願いします。


[1844]献金をすぐにやめましょう。
あるくもり信者
2005/10/19 16:55
ここに 訪れる 純粋な末端信者さま。
私は、皆さんの 純粋な心で、汗水たらして働き、得た給料から、純粋な心で差し出された、献金が、このように、小山一族、または、資格者どもの、私利私欲のために使われている事実を知り、非常に腹がたって腹がたって、しかたありません。

献金を今すぐやめましょう。
目を覚ましましょう。


[1843]通りすがりさまへ
あるくもり信者
2005/10/19 16:31
さっそくの 貴重な 情報ありがとうございました。

と・同時に、非常に腹が立ってきました。
この腐敗した秀明の金の流れを、
純粋な献金者である純粋な末端信者に知らせてあげたいです。


[1842]私物化
通りすがり
2005/10/19 16:23
>フォーユーという会社の
> 橋本  晋  (取締役副社長)と
> 橋本 T子  東京支部長とは、
> 姓が同じですが、何か関連あるんではないですか?

もちろん関係あります。親子です。

>豊和商事は小山弘子会長の兄である、小山英二の会社
>だったんですかあ。

この英二という人、実は重要人物です。
この人の情報があつまると、さらに面白いことが
いろいろわかります。
ただし、過激な人物でもありますので、
情報の取扱は慎重に。


[1841]豊和商事=小山英二(弘子の兄)
あるくもり信者
2005/10/19 16:17
豊和商事は小山弘子会長の兄である、小山英二の会社
だったんですかあ。

それにしても、すごいですねぇ。
小山一族の 私物化って・・・

あきれてしまいますね・・・
絶句・・・


[1840]質問・フォーユーという会社
あるくもり信者
2005/10/19 16:08
フォーユーという会社の
 橋本  晋  (取締役副社長)と
 橋本 T子  東京支部長とは、
 姓が同じですが、何か関連あるんではないですか?
 それとも?偶然ですか?


[1839]コンスタンチンさんからの宿題の答え
fujiya
2005/10/19 15:24
@秀明インターナショナル = NPO法人秀明インターナショナル
 http://nposhumei.or.jp/
 対外的には神慈秀明会と秀明インターナショナルとは関係ないと公言していますが、秀明インターナショナルの人間は全て秀明会の職員です。

A秀明文化財団 = 財団法人秀明文化財団(MIHO MUSEUM)
 http://www.miho.or.jp/japanese/

BSII = 秀明国際交流センター(The Shumei International Institute)
 http://www.shumeicrestone.org/index_jp.html(クレストン)

CSNN = 特定非営利活動法人秀明自然農法ネットワーク
      (Shumei Natural agriculture Network)
 http://www.snn.or.jp/index.htm

D国連諮問NGO神慈秀明会 = 2004/8/1に会長が公表したが、当方では未確認

EShumei = 国連NGO Shumei(Dのこと?)

FSSA = Shinji Shumeikai of Amerika
 http://www.shumei.org/

G子供の美術教育をサポートする会 = 滋賀県に本部を置くNPO団体
 会のトップは秀明会役付者。構成員も秀明信者?。MIHO美術館を利用して滋賀県内の小学生を対象にした美術教育を行っている。その真意は?

H宗教法人神慈秀明会 = 本家
 http://www.shumei.or.jp/


 @〜Gは、裏から見ると皆つながっているのだけれど、対外的に、「当方はその団体とは関係ありません」という「方便」を使い分ける為に設けた神慈秀明会の「窓口」というのが実態でしょう。
 他に、秀明会の資金の流れを追っていくと登場する、「豊和商事」、「フォーユー」という会社もリストに入れておくべきでしょう。
 豊和商事の取引先は、そのほとんどが神慈秀明会という驚くべき会社です。MIHO MUSEUM内でレストランや売店を経営しているのもこの豊和商事で、そこでの売上げは全て豊和商事に入ります。しかし、MIHO MUSEUMで働いている職員の給料はレストランや売店職員も含めて神慈秀明会から支払われています。不思議ですね。
 豊和商事は小山弘子会長の兄である、小山英二の会社です。

 フォーユーという会社は、その役員構成を見ると、神慈秀明会で見かけた名前が並んでいます。ここの資金の流れに関しては色々と疑惑が囁かれているようです。
 http://www.foryou.co.jp/s02.htm


[1838]葉子さんへ
コンスタンチン
2005/10/19 12:36
こないだのトンネルの件、先生に訊いてみたら、やっぱり葉子さんの言うとおり、講堂棟と宗務棟を繋ぐトンネルでした。そうですよね、講堂棟と教祖殿の間には水晶橋があるからトンネルは無理ですよね。
それと、私も『広島青年平和会議』に参加しました。あのときはNGOのメンバーだったのだろう。


[1837]広島青年平和会議
葉子
2005/10/19 11:07
これに神慈秀明会はNGOとして参加していました。

会場やパンフレットにはNGOとして作ったロゴマークを掲げていましたよ。


[1836]問題:以下の団体を説明しなさい。
コンスタンチン
2005/10/18 23:24
@秀明インターナショナルA秀明文化財団BSIICSNND国連諮問NGO神慈秀明会EShumeiFSSAG子供の美術教育をサポートする会H宗教法人神慈秀明会
…信者の中で説明できる人、少ないと思います。というより、信者さんはみんな同じ団体だと思ってます。たぶん…。


[1835] [1834]言葉を控えて言えば、
根絶
2005/10/18 21:04
>人のふんどしで相撲を取っているわけですね。
義援金もそうですが、
基本的には、
茂吉さんのふんどしで相撲を取っていると・・
そういうことですよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさに その 一言に・・
つきます・・。

実際の 活動は????
うーーん・・。??

なに やってるんだろうか??

 そこいらの ママさん サークルですか??
 食育の お勉強と??
 子育ての お勉強と ちゃいまっか??

そんなもん 詐欺悪徳宗教秀明よりも ね。

もっともっと ましな 正常な ボランティア団体が
たくさん ありますよーー。

お金は 月 3000円くらいで 済みますよーー。

秀明の やってることは 
ただの 金取りにすぎない・・。

小山と 資格者が リッチな 生活を したいがための・・。

末端信者さん・・よーーく 考えなおしてください。

視野を もっと ひろーく・・ひろーーく・・。

 
 



[1834]言葉を控えて言えば、
macchan
2005/10/18 19:50
人のふんどしで相撲を取っているわけですね。
義援金もそうですが、
基本的には、
茂吉さんのふんどしで相撲を取っていると・・
そういうことですよね。


[1833]コンスタンチンさんへ
根絶
2005/10/18 19:19
NGO活動ですか。

まさに 小山の 表の 顔ですね・・。

裏の 顔・・・。

それはもう すごいですよーーー。

お金の 亡者・・

あの 集金の技 ただもんやない。

クレストン献金・・太鼓献金・・みその献金・・
お初穂料・・お歳暮・・お中元・・。
あと・・お光の お詫び代・・

それから 自然農法の 腐った・・どうやっても
食べられない 野菜・・米・・
無理やり 高い金額で 買わされる・・。
みな まともな 信者は 捨てています・・。

義援金は、さすがに 小山も 手は付けられません。
表の顔として・・は。
たかだか・・300万くらいの 小額のお金ですものね。

 数々の名目の献金・・・
いったい そのお金の流れは どうなっているんでしょうか?

所詮は 小山の 収入源です。
まあ・歳暮・お中元と同じです。

馬鹿殿 玉男は、ブラジルとか、世界各地で、
その金で
豪遊(世界布教??聞いて あきれる。)
しています。
親である すけべ惣吉に 似ているんでしょうか?

それで すけべ惣吉は 早死に したのでしょうね。
なぜなら・明主様の 教えに 反した・・・。
から・・。
小山家って・・
ほんと 悪の因縁の 強い 家系です。

会長の弘子も 結婚すぐ 旦那を 飛行機事故で
亡くしてしまうし・・。しゃあないな。

とにかく・・秀明の 上層部の 霊層階は、
180段ある 霊層階の 最下層の 地獄ですね。

そう そう 
曇りの多い・・地獄の 霊層階の人達こそが 資格者 助教師・世話人・・に なるんですって・・。
それで・・
小山が 一番霊層階が 低いんですって・・

自分で そう宣言してるから・・
しゃぁ ないなぁ・・。

迷える末端信者の 皆様・・。
こんな 金取り主義の 最低の 詐欺宗教団体
神慈秀明会・・即刻 脱会したほうが 身のためです。

金を 毟り取られるだけですよーー。


[1832]『別団体』の筈なのに・・・
fujiya
2005/10/18 19:04
 広島青年平和会議に参加していたのは、「秀明インターナショナル」です。

 この「秀明インターナショナル」は、滋賀県に対して秀明がNPO団体の申請を行った際にも登場した団体で、私が滋賀県に対して行ったクレームに対する秀明会側の説明では、「秀明インターナショナルと神慈秀明会は別団体であり、言われているような内容は当団体とは関係ない」という趣旨の回答をしています。

 今回の義援金募集活動を行ったのが「秀明インターナショナル」であるとするならば、そこが集めた義援金が『別団体』である筈の宗教法人・神慈秀明会の名前で登録されているのはどうしたことでしょう。

 「秀明インターナショナル」と宗教法人・神慈秀明会は一体のものであることは周知の事実ですが、こうしたことからもそれが実証されたことになります。


[1831]NGO活動
コンスタンチン
2005/10/18 14:58
私の拠点で『新潟中越地震』の義援金を集め始めたのは、確か東京のH先生の指示だったと思います。
また、集めた義援金はNGO団体として被災地へ届けると先生から聞きました。
以前に開催した『広島青年平和会議』と同じNGO活動と、とらえていました

[1830]義援金
fujiya
2005/10/18 14:04
 神慈秀明会は、公式には寄付などを行わない団体です。

 これは阪神大震災後に秀明幹部が教祖殿で秀明信者に向かって述べた、次の言葉で明らかです。

 「秀明会が行うのは永遠の『魂の救い』です。従って一時的な寄付などの活動は致しません」。

 現在、秀明会のいくつかの拠点では信者の自発的行為により災害義援金が集められているようですが、これはあくまでも信者が独自に行っていることであり、宗教法人・神慈秀明会が行っている行為ではありません。
 新潟県中越大震災義援金の募金団体名には、「宗教法人・神慈秀明会」と書かれていますが、正しくは「神慈秀明会有志一同」とすべきです。

 小山弘子会長の耳にこうした事実が入れば、「秀明会の方針に反している」として処罰される可能性もあります。「被災者に義援金を出す余裕があるのなら秀明会に献金しろ」と言われる可能性も十分あります。

 以上により、小山家が義援金を出しているか否かは明らかです。

(参考)元信者の方の証言
 阪神大震災の後、多くの宗教団体がボランティア活動などに参加し、被災者の救援を行っていましたが秀明会は全くこうした活動を行いませんでした。
 そして秀明幹部は祭典後の教祖殿で、「秀明会が行うのは永遠の『魂の救い』です。従って一時的な寄付などの活動は致しません」と明言していました。


[1829]みなさんへ まとめてすみません
葉子
2005/10/18 9:47
1819 コンスタンチンさんへ
それならば、あなたの記憶違いだと思いますよ。
今でも教祖殿へは外の道を走っているようですから。
義援金を小山家が出していないと考えるのは、各拠点で集めて300万円ぐらいになるからです。うちの拠点だけでも7万円ぐらいになったと聞きましたから。

1822 金色のROTAXさんへ
募金箱は、本部には置いてありません。拠点に置いてあります。「○○災害義援金」と書いたものが。いくら集まったか、拠点の月次祭で発表していたと思います。

1827 根絶さんへ
うちの拠点では、小山家へのお歳暮は別に集めていましたよ。それがプラスされているんだとしたら、すごい額・・・それとも、途中で消えていたのかしら。


[1828]根絶さん、こんばんは。
コンスタンチン
2005/10/18 0:10
えっ!!初穂料ってそうなんですかぁ?
12月の『感謝祭』は収穫祭。だから、「私たちは農家ではないのでお金で」と、教わりました。
昔はお歳暮とお初穂料、両方あったような気がしましたが…。


[1827]コンスタンチンさんへ
根絶
2005/10/17 22:51
毎年 お初穂料 として・・。

まぁ・・お初穂料とは、
早い話が・・小山家への お歳暮の ことです。

相場は 信者 一世帯 30,000円です。

その歳暮の総額 計算してみて下さい。

たかだか300万円の 義援金との その 金額の 差を・・・。

それだけ 小山家は 贅沢な暮らしをしていると言う訳です。
資格者の 給料は 最低50万円です。

なにせ 世界一の 宗教の 資格者ですからね。


[1826]トトロンさんへ
コンスタンチン
2005/10/17 12:33
はじめまして、コンスタンチンと申します。
秀明会の現役信者です。
新潟中越地震の募金についての質問です。
小山家はびた一文だしていないとありましたが、どうしてそれがわかるのでしょうか?
もしかして、トトロンさんは本部中枢の方なのですか?
不躾な質問をお許し下さい。


[1825]新潟県中越大震災募金について
トトロン
2005/10/17 3:10
秀明会300万というのは各拠点で募金箱を置いて寄付をつのり、それをまとめた合計です。1拠点4、5万円としてもでも70拠点くらいあるので計300万程度になります。大事なことは信者は新潟県中越大震災に寄付をしてもその他の秀明会への献金は減らないということです。額が決まっている物が多いので減らせないものが多いということです。したがって秀明本部は痛くも痒くもないということです。秀明会は300万寄付したといいますが、実際には小山家はびた一文出していません。ここが肝心です。余分な出費は信者に押し付けます

明石支部の教師は集まった献金を入信献金3万円に流用し、只で新規信者を入信させて目標数を達成していました。ばれて明石支部はつぶれました。話は別ですが献金の猫ババは教師がやろうと思えば簡単でしょう。私見としては小山家にいくよりピンはねしてもらったほうがまだましだと思います。

1993年ごろですが神戸支部に査察がはいったことがありました。横領でなく脱税容疑です。その時教師により指示がとんで献金目標達成表(営業のノルマ達成表のような物)は隠されました。「秀明会の会計にはやましいところはひとつもありません、毎回税理士が驚いています」と入信時に世話人から言われましたが、実際はこのようなものでした。年度ごとの会計報告もまったくありません。献金目標は信者一人につき年間5万ほどでした。信者数2000人の拠点で年間1億です。もちろんそれ以外にもいろいろ名目をつけては金を取ります。感謝献金、本部支部参拝のお玉串、お詫び、お初穂料3万、お中元お歳暮、みその献金12万、支部の奉仕金等々


[1824]義援金
コンスタンチン
2005/10/16 23:56
私の拠点では、『スマトラ沖地震』の時も『新潟中越地震』の時も信者さんから義援金を集めましたよ。
私が義援金箱を作りましたから。


[1823]宗旨替え
金色のROTAX
2005/10/16 20:18
宗旨替え
 ミホ美術館のグランドオープンの頃まで、秀明会の本部専従職員のリーダー格として、秀明会の御用に励んでいた方が、秀明会から離れ、新しい道を歩みだした例として、このようなケースもあります。
 http://homepage2.nifty.com/reiki/index.html
 このサイトのトップページの大黒様は、秀明会本部の大黒様の作者による作品であると噂で聞いたことがあります。別の離脱教団の人から聞きました。
 
 新体制になった直後、本部職員、奉仕者の一部の方が、秀明会から離れました。これは、秀明会の聖教書以外の明主様の御教えの流入が原因であったと聞きます。
 さらに、このとき、全国各拠点の助教師の多くの方が、助教師を降りました。これは、新体制になったことに伴う、急激な制度変更による精神的ショックが原因であったと聞きます。

 今現在、fujiyaさんのサイトの内容は、かなりの盛り上がりを見せており、秀明会本部も看過できないほどの影響力を行使し始めており、これが、秀明会の大幅な信者離れを引き起こす大きな一因になるのではないかと私は考えます。


[1822]1818の葉子さんへ
金色のROTAX
2005/10/16 20:16
1818の葉子さんへ
 本部の祭典のとき、本部施設のどこかに募金箱のようなものを置いたりして、義援金を募ったのでしょうか?
 あと、各支部などにも、募金箱を置いていたのでしょうか?
 最近の祭典実施事情は、詳しくないもので。あと、集金合計は、秀明紙などで報告したりしていたのでしょうか?


[1821]1820について
金色のROTAX
2005/10/16 19:42
 1820の「きな臭い不明瞭な資金の流れ」とは、秀明会の幹部に悪い人がいて、信者からの献金を本部の帳簿につける前に、ぬいている疑いなのでしょうか?

 昔の話ですが、京都本部のそばの喫茶店(名前もわかっています)に、秀明会の信者からの献金の一部が札束でそのまま持ち込まれ、ダンボール箱に入れられていました。
 それを当時の大幹部が私用でかってに使っていました。その人はバチがあたり、早死にしました。
 人間が神輿なんかに乗ったら駄目ですよ。


[1820]税務調査
fujiya
2005/10/16 14:05
 この掲示板の1669で、

「秀明会のある拠点に税務調査が入った」という情報をお伝えしましたが、その件に関して詳しい情報をご存じの方がありましたら掲示板かメールにてお知らせ下さい。

 この税務調査は、かなり「きな臭い」不明瞭な資金の流れに関して行われたようです。


[1819]葉子さんへ
コンスタンチン
2005/10/16 13:20
そう言われると自信が無くなってしまうんですが…。
私の記憶だと確か、講堂棟の何階かは忘れましたが、奉仕者のいるカウンター横の扉を開けると教祖殿へ向かって真っ直ぐにのびた長い通路があったような…。
前に奉仕者に訊いたら、お客様がいらしたときに、そのトンネルを走って、教祖殿へ先回りし、お客様をお迎えするんだそうです。
でも、記憶があいまいです。


[1818]災害義援金
葉子
2005/10/16 12:16
他は知りませんが、
秀明会が出す義援金は、信者さんが献金とは別に集めているものです。

ほんとに、心こもっていると思いますよ。


[1817]コンスタンチンさんへ
葉子
2005/10/16 12:12
教祖殿と講堂棟を結ぶトンネルはないように思うんですが。
講堂棟と宗務棟では?


[1816]岡田茂吉師の教えの欠落部分
金色のROTAX
2005/10/16 8:23
岡田茂吉師の教えの欠落部分

 岡田茂吉師の教えは、百科事典ほどの膨大な量(岡田茂吉全集はページ数にして、17736ページある)があるが、人間の健康を考える上で必要な情報で、欠落しているジャンルもある。

 それは、自然分娩に関する論文だ。岡田茂吉師が活動していた昭和20年代は、お産婆さんによる自宅での自然分娩が一般的であったため、この分野に関する教えが説かれていないのだ。

 確かに、岡田茂吉師の論文の自然治癒力の尊重、薬害の警告、自然農法といったメッセージの根底にある自然尊重の精神から、自然分娩の必要性、ならびに、陣痛促進剤多用、安易な帝王切開、保育器の弊害無視、超音波診断機の弊害無視といった現代型の産婦人科での出産形態の問題点をうかがうことはできるが、現実の出産機関のほとんどが、前述の現代型であるため、秀明会はもちろん、その他の岡田茂吉師関係の団体も、この点に関する明確な方針を信者に提示していない。

 もちろん、現代型の長所も多々あり、この点を無視することも偏向した物の見方と言われてしまいそうだが、弊害を主張する医師がいるのも事実だ。秀明会の御教えの話と同じような議論になってしまうが、上から提示された情報のみを鵜呑みにするという受身の生き方は、この情報化社会では、シーラカンスと評されかねないと考えるのは私だけか。

 私が既述の書き込みで紹介した秀明会の某男子教師の設立したNPO法人の啓蒙活動の大きな柱の1つが、この自然分娩に関することだ。この着眼点については、当該NPO法人を評価したいと考える。この男子教師も、公の場で、宗教法人の神慈秀明会では、このジャンルに対応できないと明言しているが、この正直な姿勢にも好感を覚える。

 ただ、こういう論調で書くと、私がこのNPO法人の活動すべてを礼賛していると早合点する人もいるであろう。しかし、私が言いたいのは、他人の言葉を鵜呑みにするのではなく、複数の情報を自力で集め、それを元に自分の頭で考えるという生き方に、早く転換してほしいのだ。
 この男子教師も、秀明会の方針に従うのみでは、人間の健康を維持することが不可能であることに気づき、秀明会の枠から勇気ある第一歩を踏み出したのだ。秀明会に盲従することなく、自分の頭で考え始めたパイオニアがこの男子教師なのだ。

 いくら岡田茂吉師の教えをすべて読んでも、秀明会に所属していたときと同じような受身の生き方では、将来、同じ轍を踏んでしまいかねないのだ。私はそんな人たちを少なからず目撃している。
 自分で主体的に情報を集め、自分で考えるという思考パターンが身につけば、秀明会というカルトに所属することがどれだけ馬鹿げており、人生の貴重な時間の無駄使いであると気づいて頂けると思うのである。
http://www2.miyako-ma.jp/gaia/artworldHP/top.html


[1815]1814関連 災害義援金
金色のROTAX
2005/10/16 8:10
災害義援金
 新潟県の公式HPに、新潟県中越大震災 義援金の寄付者一覧があり宗教法人 神慈秀明会は、
300万円と書かれています。12月11日掲載の五十音順です。
 http://www.pref.niigata.jp/suitou/saigai/saigai_200412.html
 なお、比較のために書きますと、天理教の義援金は、秀明会の10倍の3000万円です。こういう寄付は、額が問題なのではなく、気持ちが大切なのでしょうから、額のみを単純に比較するのは、控えるべきなのでしょう。


[1814]パキスタン大地震
根絶
2005/10/15 19:03
阪神大震災の 15倍ともいわれる 大地震が パキスタンで 発生し 300万人もの人が 住む家を 無くして います。
本当に かわいそうです。

私は さっそく 赤十字の救援・募金を しました。

小山さん・・
いよいよ あなたの 出番ですよ。
人類救済・地上天国をうったえている素晴らしいお方ですもの。
いますぐ・・パキスタンに 飛びなさい・・。
手かざしを して 人類救済を してきなさい。

外国かぶれですから・・
玉男なんか ぴったりの お役って 思いますけど・・

口先ばっかりの 詐欺はたらいて いる暇なんか
ありませんよ。
偽善者 小山 弘子・玉男さん・・。

いますぐ パキスタンに 行きなさい・


[1813]本当の理由?
コンスタンチン
2005/10/15 13:11
私の知っているトンネルと言えば、講堂棟と教祖殿を繋ぐ地下トンネルだけです。このトンネルの存在も知らない信者さん、多いんですよね。
“箱物宗教”の本当の理由…何なのでしょうか…?
神苑は小山家の霊廟?


[1812]悲しい現実はいつまで?
日曜日よりの使者ギルド
2005/10/15 2:25
金色のROTAX さんの文章から

>自分の保身のためと、ばれると、秀明会が組織崩壊してしまうからだ。
>秀明会の中で、本当に、信者の幸福を考えて御用をしている専従者はいるのであろうか?

今もまったく疑わないで会長、たまおさんを信じている
末端信者さんがあまりに哀れです。
真実を話しても洗脳が深くて・・・・・とても難しい。
現状をどのようにすればよいのか・・・とりあえず信者の立場で何ができるか・・・関わった以上なんとかしたい。
信者の中にも真実に気づき正しい方向に持っていこうとする人もいます。間に入る人間がいないと解決ができないのではと思います。


[1811]トンネル工事の補足
金色のROTAX
2005/10/14 23:39
 秀明会が箱物にこだわる本当の理由については、末端の職員、教師はいまだ気づいておらず、かなり上の位の一部の教師、専従者だけが、知っている。知っている人たちも、このことについては、絶対に話さない。自分の保身のためと、ばれると、秀明会が組織崩壊してしまうからだ。
 秀明会の中で、本当に、信者の幸福を考えて御用をしている専従者はいるのであろうか? [1810]トンネル工事
金色のROTAX
2005/10/14 17:14
トンネル工事
 数年前、MIHO美術館と秀明会本部の間に、地下トンネルを作る計画があったそうだ。理由は、あったほうが便利ということであったらしい。計画が立ち消えになった理由は分からない。

 宗務棟増築工事についても、未だに、秀明会に洗脳されている助教師などは、「この建設もご神意よ。」と本気で信じ、発言していた。
 秀明会が決めたことはどんなに不合理なことであっても、ご神意なのだから、こういう無駄なトンネル工事も、どんどん、するべきだと私は思う。秀明会は最初から、信者のことなど全く考えていないのであるから、箱物行政ならぬ、箱物宗教の方針を貫けばいい。秀明会が、「箱物」にこだわる本当の理由も、一部の職員は気づき出している。噂は徐々に広まりつつある。

 こういう情報を常に、外部に漏洩してくれる本部職員がいることをうれしく思う。内憂外患。この動きは、加速化しつつある。


[1809]教祖殿の背景
fujiya
2005/10/14 12:31
 反信者さん、本部参拝お疲れさまでした。
 奉仕をしている人たちは、会に奉仕することが自分を浄めることにつながると「前向き」に考えているから奉仕ができるのでしょうね。
 普通の宗教であればそれでいいのだと思いますが、秀明会のようなカルトに奉仕しても実際には何の徳も得られる訳ではないのですが、そこに気付かない「善良」な人たちがまだたくさんいるのだと思います。

 現在の秀明会を信じて活動している一般信者の人たちは、ある意味「純粋」で、「善良」な、「人を疑うことを知らない」人たちなのだと思います。
 私が秀明会に対して一番怒りを感ずるのはそこなのです。悪人にもピンからキリまであると思いますが、こうした善良な人々を騙して金を巻き上げ、その人の家庭を破壊するような神慈秀明会という団体を絶対に許すことはできません。

 高齢者所帯等を標的にした悪徳リフォーム業者が逮捕される事件が続発しています。振り込め詐欺(オレオレ詐欺)も手を代え品を代えていまだに横行しており、言葉巧みな騙しのテクニックに多くの善良な市民が犠牲になっています。
 こうした弱者を食い物にする犯罪を行う者は、悪人の中でも最も卑下されるべき犯罪者です。

 神慈秀明会の教祖殿や美術館は、徹底的に信者を騙し、「地上天国」という絵空事を信じ込ませて金を集め、建築されたものです。
 この建築に当たって信者から金を出させる際に使われた多くの嘘や脅迫行為は立派な犯罪行為です。

 秀明会幹部は「新体制」等と言って、当時の犯罪行為はご破算にしたような顔をしていますが、秀明会のために多くの信者とその家族が被った被害は当事者達は決して忘れることはできません。秀明会のために家庭を破壊され、人生を破壊された人たちの貴重な時間や人間関係は二度と元に戻すことはできないのです。
 
 秀明会にひとかけらでも良心が残っているならば、こうした人たちへの謝罪を行うべきです。それができて初めて「新体制」と言えるのです。


[1808]本部での睡眠
東日本匿名
2005/10/14 12:21
教祖殿では居眠りが多いです。
「おひかりが強いから溶けて眠くなるのだ」と聞きますが、単に遠くから夜行でやってきて座るから(いすの角度もなんとなくいいから?)そして静かだから、いや退屈だから?眠くなるのでしょう。老弱者はもとより若者にとっても難行苦行のバス修行ですから・・・。


[1807]滋賀の本部
反信者
2005/10/14 9:09
先日 10/10 滋賀の山奥(本部)に逝って参りました
本部に入る時の ガードマン 本部で奉仕している人々
何故 この人達は 奉仕しているのだろう と 不思議に思いました。

私の中の秀明会は 自然農法 の 奥様クラブの様に思っておりましたが 入り込んだら非常に善くない所だな
と 本部に逝き 実感しました

本部は確かに立派です でも 今まで大勢、犠牲になられた信者さんの汗と涙の財産で、多額な投資をして本部建設 美術館 数々の悪事を働いたから出来たのでしょうね ゾッとします。やはり 怖い団体ですね

new儲 な方々は御話を聞かず居眠りしてる人が多かったです あまり関心は無いようですが・・・安心
熱心な方も居られましたね ネズミコの演説会の様でした。


 


[1806]1805のおひかりを疑うの訂正
金色のROTAX
2005/10/14 7:34
1805のブラジルのおひかりですが、1805に書いたURLではうまく出てきませんでした。すいません。その写真があるのは、岡田茂吉インターフェイスact3
http://kyoto.cool.ne.jp/moifth/
の中の、9月17日のいづのめ教団のブラジルの会報の続きを読む
 http://moifth.blog10.fc2.com/page-0.html
の中にあります。


[1805]おひかりを疑う
金色のROTAX
2005/10/14 7:20
おひかりを疑う
 いづのめ教団のおひかりに関して、次のサイトを見ると、日本のおひかりと、ブラジルのおひかりで、形状が異なることが分かる。
 ブラジルのおひかり
  http://blog10.fc2.com/m/moifth/file/bz03.jpg
 日本のおひかり
  http://izumo.cool.ne.jp/shuken/ohikari.html
 ひもを通す部分の形が明らかに異なるが、そもそも、ブラジルのは、全体的に作りが粗いようにみえる。たぶん、ブラジルのおひかりは、作りの粗さから判断して、ブラジルの製造工場で作られているのであろう。

 となると、ブラジルのおひかりの入霊場所は、日本ではなく、ブラジルであるとか考えるのが、素直である。ブラジルで作ってから、日本に輸送して、日本で入霊して、また、ブラジルに輸送するといような煩雑(はんざつ)なことをするとは考えられないからだ。そして、教主がわざわざブラジルに行って、入霊するとは考えられない。教主がブラジルに行くという話しは聞いたことがないからだ。とすると、WT先生あたりが、教主の代理として、ブラジルで入霊しているのであろうか。ブラジルの家庭用御神体はどうなのであろうか? 
 ここに書き込んだことは、日本のものと、ブラジルのものが異なるということまでが、事実であり、それ以降は、あくまでも、推理にすぎないので、正確な情報をお持ちのいづのめ教団の信者の人がいれば、書き込みお願いします。

 別に、WT先生が入霊しているから、問題があるとか言うつもりはない。父君であられるWK先生と同様、道徳観念、貞操観念を人一倍堅持し(命様以上に堅持し)、大人格者として教団外でも、ことのほか有名なWT先生のことであるから、十分、教主様の代理は務まるであろう。

 ここで言いたいのは、こういう調子で、常に、疑いの目で情報に接してほしいのだ。秀明会の問題点に気づき、外部の団体を訪問するようになると、その団体の信者の話や機関紙の内容をまた無批判に受け入れてしまう人がいるからだ。秀明会から別の教団に移籍した人の中には、その教団で奇跡が日々数え切れないほど発生していると吹聴している人もいるが、常識的に考えてそんなことがありえるわけがない。
 全くないわけでもないし、秀明会よりは、浄霊で一定の病気が治癒するという事例があるのは事実なのかもしれない、一部の教団では。しかし、日々、奇跡が数え切れないほど発生するなどという夢のような話がありえるわけがない(あれば私もうれしいですし、祝福しますが)。
 よくよく、様々な情報を入手してみると、その団体のアメリカの専従教師が日本に来て、部外者に、「浄霊で病気が治らない」ともらしていることが分かった。このアメリカの先生も、その真面目さから、癌のような死に直結しかねない深刻な病気のケースでは、浄霊だけでは顕著な効果が出にくいという趣旨の内容を感情的に話したがゆえに、前記のような発言になったのであろう。
 日々、奇跡が〜の意味も、どんな病気も簡単に浄霊で治ってしまうという意味ではなく、タイミングよく物事が運ぶこと、偶然が重なったりすること、シンクロニシティー的なことを称して奇跡と呼んでいるだけなのだ。

 真面目に明主様信仰に取り組む団体の場合、信者の数が一定数を超えていれば、実際に奇跡の起きる割合が少なくても、そこそこ奇跡が起きているように見えるし、機関紙に掲載するネタにも困らないであろう。(ただ、真面目にやっているのに、その程度の結果すら出せずに、苦労しているところもある。秀明会のようなカルト的な運営をしていないにもかかわらずだ。)

 癌に関していえば、原因の多くが、長年の食生活(肉食多寡、アルコールの摂取など)にあるのであるから、食生活を改めずに、浄霊だけで、癌を治すのはほとんどのケースでは不可能だ。そして、浄霊を受けつつ、食生活も改めることにより、癌を克服した場合、浄霊で癌が治ったのか、食生活の変化で治ったのか、因果関係が分からなくなってしまう。両方が原因で治ったのかもしれないし、食生活の変化だけで治ったのかもしれない。
 しかし、家族や友人から日々受けていた浄霊に、プラシーボ効果があったのかもしれない。浄霊は宗教行為なのだから、因果関係など、そもそも、立証できないのであろう。立証しようと実験している団体もあるが。


[1804]ありがとうございます
初めての訪問者
2005/10/14 6:17
少ない情報の中、教えていただきましてありがとうございます。
仏所御念会であれば私も聞いたことがあるので安心ですが、もう少し友人の話しを聞いて確かめたいと思います。
先日は急に入信の話しを聞いて焦ってしまいましたが
冷静に様子を見てみようと思います。

どうもありがとうございました。


[1803]二毛作さんへ
根絶
2005/10/13 19:13
>秀明が「ファンタジー」から「絞りカス」になってしまった原因はどこにあると思いますか?また「奇跡」がなくなったのはなぜだと思いますか?差し支えなければお答えください。

これは、通りすがりさんへの ご質問ですが、私にも、言わせて下さい。

これは、ずばり、小山が、被害者への救済を何も 行っていないからです。
見栄っ張りで、外国かぶれの弘子、玉男。
その欲望のために、いったい日本中で、どれだけの被害者がでたことでしょう。

私も、その被害者の一人です。

オウム事件で、身の危険を察した小山は、さっと手のひらをかわすように、新体制に切り替えました。

それと同時に、当時の集金マシーンであった資格者たちを全て更迭しました。

なぜなら、国家公安庁の、捜査が入って、詐欺、恐喝などの悪事がおおっぴらになるのを恐れたからです。
小山という人は、かなりのしたたかものです。

奇跡がおきないわけ・・・

それは、被害者たちへの、謝罪を行っていないからです。被害者たちの、小山教に対する、憎しみが、そうさせているのです。


[1802]神格化
葉子
2005/10/13 13:52
先日、北朝鮮では金正日の奥さんを神にまつりあげるような話が出回っている、とテレビでやっていました。奥さんを神格化して、その子どもは指導者として素晴らしい、と思わせる目的だそうです。

神慈秀明会も、小山弘子さんが「会長としていかに適任であるか」ということを、教師たちが熱心に言っていたのを思い出しました。私が入信した時にはすでに小山弘子さんは会長でしたが、まわりの教師たちがそんな事を言わなければならないほど、きっと一般の人にはピンとこないものだったのでしょう。

そのうち、小山玉男さんが「会長としていかに適任であるか」ということを、言いまわる日が来るのでしょうね。


[1801]二毛作さんへの返答
通りすがり
2005/10/13 1:32
二毛作さん、はじめまして。

今回、神慈秀明会を「ファンタジー」と表現し、現在を「(ファンタジーの)絞りかす」と表現したのは、自分としても初めての試みです。私も多くの脱会工作をしてきましたが、そのときには、このような話をしてきたわけではありません。

ですから、この話がどれだけ有効か?することに意味があるのか?もしかしたらかえって害があるのではないか?よくわからないまま、思ったままを書き記したいと思います。


>通りすがりさんは秀明が「ファンタジー」から「絞りカス」になってしまった原因はどこにあると思いますか?

これは明白です。

神慈秀明会が旧体制から新体制になったことが原因です。神慈秀明会の新体制こそが、「ファンタジー路線をやめた」最大のターニングポイントでした。

もちろん、新体制になっても、教義は簡単に変えられませんので、最初のうちは、「人類救済」「地上天国建設」というファンタジックな目標は、しばらく継続していました。

しかし今はどうでしょう。いつのまにか神慈秀明会の目標は、「世界の平和を祈る」「魂の救済」という小さく、漠然とした、少なくとも夢と浪漫と冒険のファンタジーヒーロー、ヒロインたちの最終目標にはなりえないものにすりかわってしまっています。

団体としての神慈秀明会は、まだまだ人が多く、お金だって集められる、教団トップにとっては利用価値のある団体です。お金という意味では、まだまだ絞りかすではないのです。

しかし、70年〜80年代の楽しい時代を過ごしてきた者にとっては、いまの神慈秀明会は「夢と浪漫と冒険」の絞りかすにすぎません。

>「奇跡」がなくなったのはなぜだと思いますか?

離脱の神意がまったくのデタラメであったことが明白になった今日、なぜ、多数の奇跡が起きたのかということが、そもそも不思議なことと言えます。

それについては、離脱の神意や、み教えを研究している人たちは、乙姫の経綸だの、ニセメシヤだの、さまざまな仮説を唱えていますが、

ここでは、「なぜ、初めたくさんあった奇跡がだんだん少なくなっていったのか」について、私の仮説の一つをお話ししておきたいと思います。まったくの私見です。

世の中にはいろいろな団体がありますが、国家でも、会社組織でも、下にいるものたちの複雑な思惑により、そのトップが思ったとおりの団体になることは非常に少ないものです。

ところが宗教団体の場合、普通、幹部から信者までがトップに熱烈な信仰を捧げているわけですから、その団体は、「トップの思惑通り」になりやすいわけです。

神慈秀明会は、離脱の神意がデタラメだった、とか、秀明教会時代から搾取と強制の風潮があった、とか、いろいろなことはありますが、
こと、奇跡と言うことに関しては、「信徒にたくさんの奇跡が起こって欲しい。」「年々、驚くような奇跡が増えていって欲しい」「その結果、青年に、世界に飛び出すような夢を持って欲しい」と、トップが考えていたと思われます。

これは、信者の方ならご存じの通り、信徒に奇跡が起こることで、信徒の信仰心が厚くなり、宗教活動に参加するようになる。というのが、当時の世界救世教の発展パターンだったからです。
トップの小山美秀子さんも、小山荘吉さんも、奇跡に関しては、「どんどん起きて欲しい。年が重なるほど大変な奇跡が起こって欲しい」と考えていたはずです。

ところで、小山美秀子さんは平成になってから完全にボケられ、当時の本部参拝は修羅場と化し大騒ぎだったのですが、あのボケは、実は小山荘吉さんが亡くなったころから少しずつ始まっていたそうです。

小山荘吉さんが亡くなり、会主様がボケられ、神慈秀明会の運営は、事実上、いわゆる大幹部に委ねられていったと思います。

その「大幹部」たちには、「奇跡を見せて、それで信仰心を湧かせる」という想念が乏しかったのではないでしょうか。

「とにかく入信したら、すぐに新入信者会。参拝団。おひかりを落としたらお詫びで献金。カレッジでは神苑に引き留めて自己放棄を勧める」

そんなことばっかり考えている大幹部が、平成になってからの、神慈秀明会自体の想念の根源だったのだと思います。だから、神慈秀明会に起こる現象も、その想念通りに変わり、人が救われる奇跡が減ってきた、というのが、私の仮説です。

人が救われる奇跡が減ったかわりに、「自己放棄を断ったら、自動車が事故にあった」とか、「献金を断ったらお金を落とした」とか、そういう、愛のかけらもない現象が、とくに平成になってから多発しませんでしたか?私も体験しました。

当時の「奇跡」と呼ばれるものには、こういうネガティブなものも含まれていました。これは、幹部の人たちの想念が教団に反映し、発生したのだと考えられます。

もちろん、そんな大幹部を育てたのは、小山美秀子、壮吉さんですので、根本的な責任は彼らにあります。




昔の神慈秀明会は、「ものすごい奇跡が、年々増加する」「それで多数の入信者が現れる」「信者は、ヒロイックファンタジーの主人公になれる」という、小山美秀子さんと小山荘吉さんの想念通りに、昭和の時代は進んでいきました。

いまの神慈秀明会も、当然、トップの思惑通りの教団になっています。別にウチが世界を救わなくてもいい。ほどほどに、この会が維持されて行けばいい。そんな小山弘子さんの思惑通りの団体です。

では、次世代の小山玉男さんが、当時の小山美秀子さん、小山荘吉さんと同じような想念で会を運営してくれれば、昔の神慈秀明会に戻るのか?ということですが、

これは戻りません。なぜなら、離脱の神意のインチキが明白になってしまったからです。神慈秀明会は離脱の神意の勢いがあったからこそ、ファンタジー世界が作れたのです。

70年代〜80年代のファンタジー世界は、想念だけではなく、勢いも助けていたのです。いまからあの勢いをもう一度生み出すことは不可能です。

ですから、どうあがいても、誰に世代交代しても、思い出の70年代、80年代は、もはや神慈秀明会には戻ってきません。



私は、「夢と浪漫と冒険」の心は、もつならば、自分の人生、自分の未来に対して持つものだと思います。

一つの宗教に入って、みんなで同じ夢を見る。こういう事自体がすでに時代遅れになりました。

「滅びゆく、ファンタジーの絞りかす」の中に居続け、自分自体も絞りかすのように流されて生きるのでは、自分自身がだめになります。思い出を守るために残り続けているのでしょうが、残り続けることで、結局、その大事な思い出も絞りとられ、無くなっていってしまいます。

自分の人生に夢を持ち続けるため、昔のがんばって楽しかった思い出は思い出として胸に残し、その大事な思い出を守るためにこそ、絞りかすの神慈秀明会から飛び出して、自分のために新しい冒険の旅に出ることを、当時の夢を忘れられない信者さんたちにお勧めします。

またまた、アンチカルトとは無関係な論調になってしまいましたが、これで失礼いたします。

[1800]先に霊波之光関係を
通りすがり
2005/10/13 0:11
二毛作さんから私宛の質問がありますが、ちょっとそれは後回しにして、先に初めての訪問者さんの、霊波之光関係を。

霊波之光から別れた教団が、南無妙法蓮華教を称えるようになるとは考えにくいです。

霊波之光は、神道形式の祭典を行い、教義は、世界救世教と似て、ある人物を生神様としてまつる考え方だからです。(細かい話をすると、世界救世教は、生神様信仰とはちょっと違うのですが、一般人にはそれは関係ありませんので。)

霊友会ならば南無妙法蓮華教を称えますし、それと聞き間違えたということはありませんか?


[1799]ばあさんちには
ずん
2005/10/13 0:04
ばあさんちには「仏の慈悲に金銭の差別があるはずがない。ただ真心と人情あるのみ」と飾ってあります。

戦後子供を抱えて未亡人になったばあさんが心のよりどころとしてしていたものなので、お金がかかるなら続いていないでしょう。


[1798]違うかも
ずん
2005/10/12 23:44
でも日蓮系の霊友会か立正佼成会からの分派ですから
違うと思いますが。南無妙法蓮華経ですし。


[1797]ばあさんがやってます
ずん
2005/10/12 23:40
仏所御念会 

そこは大丈夫でしょう。うちのばあさまがしています。伝統宗教に近いです。時々お経をあげるだけです。
トップが厳しく組織が腐敗せぬよう目を光らせています。先代が教団を創立したのは宗教とお金の関係に嫌気が差したためだそうで、厳しくお金と宗教の関係を絶つという信念のもと活動している数少ない団体です。

 ですので本部も粗末です。支部というのも少なく
各家庭の自宅を時々開放して集まっているようです。

 トップも組織も会員の相談にのってくれる仕組みに
なっています。いい病院を紹介してくれたり、仕事や法律関係の悩みなども聞いてくれます。
 おばちゃんたちは、どこでも妄信的になりがちですが
社会的に常識のない行動があれば本部に通告すれば
すぐにトップの耳に入り、対処してくれます。それで処分された方もいたそうです。

 規模はかなり大きいですが、トップも時間を割いて
現場の会員と会ってくれるそうです。

 活動が穏やかな分、文献や会合もほとんどないですが感性が合えば、よりどころにするには無害な団体です。
会員さんによってはご利益もあるようです。ばあさんは息子が長生きできてよかったといってます。

何か障害があるとすれば、近くの神社やお寺さんと
起こるようなレベルの障害ではないかと思いますが。
伝統と現代との確執みたいな…。


[1796]仏所護念会?
fujiya
2005/10/12 22:59
 情報量が少なすぎて、あまりよく分からないのですが、初めての訪問者さんが質問されている教団は、

「霊派之光から分裂」とか、「高輪プリンスホテルの近くに本部があり」、「正式な拝み方はたすきを掛け、数珠を持ち、南無阿弥陀仏を唱える」ということから推測すると、

「仏所護念会」という団体ではないでしょうか?

 そうだとしても、情報量が少なくてよく分かりません。
 どなたか分かる方がおられましたらよろしく・・・。


[1795]質問です
初めての訪問者
2005/10/12 21:08
突然すみません。
知人が急に宗教に入信すると言いだして不安になっている者です。
知人からの情報しかなく、その宗教が良心的なものなのか確かめたいのです。
検索し続けているのですが該当する宗教が見つからず、
たまたまこちらのサイトを見つけたので、知っている方がいたら教えていただきたいと思い書き込みました。

品川の高輪プリンスホテルの近くに本部があり、高輪台に講堂のようなものがあり、霊派の光から分裂した宗教らしいのですが、
私達が今ここにいるのはご先祖様のおかげであるのだからご先祖様に拝みましょう、という教えのようです。
正式な拝み方はたすきを掛け、数珠を持ち、南無阿弥陀仏を唱えるそうです。
私もよく理解した訳ではないので、多少違うかもしれません。
入信するとなると、ご先祖様の名前を書き込んだお札のようなもの家に設置?するようなのですが、それを家まで来て、やってくれるといいます。
献金は毎月300円ほどの少額で、他には強制的な献金などはないようです。

私としては、家までくる、と言うことも気にかかります。
資産状況を見られるような気がして・・・。
頭ごなしに宗教を否定する気はないのですが、
あまり聞いたことのない宗教で、まだ友人もその宗教法人の名前が覚えられていないそうです。
家族で運営しているという点も気になりますし、
一度入信してしまったら、今の友人の心理状態ではのめりこむような気がするのです。
良い所なのであれば、心の拠り所として拝むという行為があってもいいとは思いますが、そうでないのであれば、のめりこむ前に止めたいと思っています。

どんな宗教なのか、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。


[1794]その原因
あるくもり信者
2005/10/12 19:59
豪華なインフラ建設のための 詐欺、恐喝、それによる
家庭離散、職場解雇、学業退学、借金地獄、はてには、自殺者。

その被害者の小山に対する怨念が、原因だと思います・・。


[1793]そう言えば80年代には…
江戸前寿司
2005/10/12 19:39
二毛作さんに誘発されて。私も80年代に入信してかれこれ20年以上過ぎてしまいましたが、昭和の頃は私自身も「奇跡」(奇跡と言っても金粉が出たり、身体の具合の悪い人を浄霊で良くした程度ですが…)の体験が多少なりともありました。また、周りの信者たちにも多かれ少なかれ同様な奇跡を体験した人もいました。

しかし、平成4〜5年前後辺りを境にして、以前のような病気が治ったとか言う「奇跡」の体験が減って、替わりに『ゴールドとダイヤ』やらの奇跡が異常に多くなったみたいです。そして、現在に至っては80年代に起きたような奇跡はほとんど聞いたことはありません(あくまでも、私の見聞きした範囲ですが)。何だかよくはわかりませんが、平成4〜5年前後を境にして昔のような「奇跡」がなくなったようだと個人的に感じています。

現役の信者さんでいまだに80年代のような「奇跡」が起きていると言う情報をお持ちの人はいませんかね?。


[1792]通りすがりさんへ
二毛作
2005/10/12 16:17
突然ですが、秀明会の八十年代を知る者として質問させてください。私はいわゆる秀明の末端です。通りすがりさんは秀明が「ファンタジー」から「絞りカス」になってしまった原因はどこにあると思いますか?また「奇跡」がなくなったのはなぜだと思いますか?差し支えなければお答えください。


[1791]信者の死
東日本匿名
2005/10/12 10:36
信仰をしていれば守られると言いますが、若年の突然死(病気・事故など)があまりにも多いです。もしかしたらその率は一般社会より高いかもしれないです。ご守護の話もあれば当然「浄化」もあるはずですが、その話は表に出てこないので結局「ご守護」だけが強調されるのです。
学生の頃先生の話にこういうものがありました。「お前ら採点ミスで点数が上がるものだけ持ってくるが、逆も同じ確率であるはずだ・・・」そうです。不幸も多発しているのに隠しているんですよ・・・。
みなさんも周囲で見聞きした不自然な死や不幸などを教えてください。あまりにも多いはずです。
感謝奉告日も結構だが、浄化奉告日も作って情報を共有すると良いでしょう。現実から目を背けてはいけません。


[1790]神慈秀明会はファンタジーです
通りすがり
2005/10/12 0:54
ファンタジーですか。神慈秀明会って、ファンタジーなんですよね。

いまからする話は、アンチカルト掲示板にふさわしいかどうか分からないのですが、四本脚のニワトリのことで、昔を思い出してしまったので、ちょっと書かせて下さい。

80年代、神慈秀明会は、とても楽しかったのです。そこには、自分の手に届く、すぐ目の前にファンタジーがあり、神秘があり、奇跡があったのです。

四本脚のニワトリ、うんこのチョコレートも、恐ろしい話として聞いたのですが、これも怖いと同時に、一つの楽しいファンタジーでした。四本脚のニワトリって、面白い話ですよね。布教時にこれを伝えて、相手がびっくりするのがとても面白かったのです。

当時は、こういった楽しい話がたくさんありました。奇跡話ばかりではなく、いろんな話がとても楽しかったのです。神慈秀明会で、ご神前で話される話って、単に怖いことではなく、当時としては、とても楽しくて、不思議で、興味深いものばかりだったんです。

80年代は、金粉銀粉が続出し、最後にはご存じ、ダイヤモンドも出るようになったのですが、この「出る」というのは、「日常茶飯事」に「大量」に出ていました。
今まで何もないところから目の前にみるみる金の粉が噴き出してくる。私も、何度も目撃しました。誰かが撒いているというレベルではありません。

病気も面白いように治っていました。このままでは生きていけないような人が次々治って、毎月、涙と笑いの感謝報告をするのです。特に、入ってすぐの人が劇的な奇跡を体験し、翌月には体験発表をしています。
たいていの場合、支部に普通に居る人ですから、本当かどうかはその人に聞けば分かります。私も、体験発表をした新入信者に、その体験発表の詳しい話を聞いたものです。

とにかく、当時はカルトかどうか以前に、私達は、毎日毎日、楽しくて不思議なファンタジーの世界に住んでいたかのようでした。

もちろん、その裏には、家族の悲しみがありました。それでも当人たちは、「こんなに楽しくて素晴らしいこと、分からない方がおかしい」という気持ちでいたと思います。

「こんなに楽しくて素晴らしいことが世界に広がらないわけがない。神慈秀明会が世界に広がれば、世界を救うことが出来るんだ」と、純真に思っていました。

現在、神慈秀明会の先生をやっている人たちは、みなさん、この楽しい時代を経由した人ばかりなのです。

いま、神慈秀明会には、この楽しさは全くありません。1990年代から、神慈秀明会の楽しさは減り始め、搾取と強制の面が強くなってきました。

いまの神慈秀明会には、あのころのあふれるばかりのファンタジーはありませんし、教義の奥深さも、救いの奇跡もありません。

最後に残っているのは、教祖殿と美術館だけ。これを素晴らしいと思える人だけが残っています。

神慈秀明会は、すっかり絞りカスみたいな存在になってしまいました。

私が、あのときの楽しさを知る神慈秀明会のみなさんに言いたいことは、あのときの楽しさは、もう神慈秀明会には戻りません、ということです。

そこにいても、もう楽しいことはなにも起こらないよ。外の方が楽しいよ。そこにいても、人に迷惑をかけるだけだから、離れたほうがいいよ。ということです。

この話が参考になるか、アンチカルトの役に立つか、よくわかりませんが、思うがまま、書かせてもらいました。
失礼しました。


[1789]通りすがり様
macchan
2005/10/11 21:50
上の人から聞いた話ですが、と前置きがあったので、多分その人も信じているのでしょう。
目的は、アホでない人は来ないで下さい、とアホを集めているのかも・・・
ファンタジーであれば別ですが・・・


[1788]世襲制のない離脱教団
金色のROTAX
2005/10/11 18:08
 世界救世教から離脱した教団の中では、晴明教、世界メシヤ教会が世襲制度を採用していません。
 小山玉男さんには、親の七光だけではなく、明主様信仰のリーダーといえるにふさわしい実績をこれから作り、誰もが納得する会長先生になってほしいです。


[1787]教団トップの世襲
fujiya
2005/10/11 17:16
 新たに、「教団トップの世襲」をアップしました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1786]一種の恐怖信仰
あるくもり信者
2005/10/11 17:14
今、秀明では、さかんに、マクドナルド等のジャンクフーズを例にあげ、いかに体に悪いかを説き、自然農法の素晴らしさを、訴えています。

マクドナルド等の企業もいい迷惑ですね。
このことが、企業に知れでもしたら、大きな問題になることでしょう。

秀明は、毎日、一般人が、ジャンクフードを、食していると思い込んでいるようです。

一般人は、バカだ。
秀明信者だけが、健康で、素晴らしい道を、進んでいける・・・。
まさに・・こういっているのが、聞こえてきそうですね。


[1785]マクドナルドとウンコチョコ
通りすがり
2005/10/11 16:35
神慈秀明会が「怖い食品1000種」を持ち上げたとき、
確かにその時点では、秀明会は情報の先進性を持っていたと思います。

しかし、神慈秀明会はある時点で時間が停止してしまい、
世間の風潮とまったく合わない存在になってしまいました。
世間の風潮から遅れたものを、かたくなに信じ続けているというのも、カルト宗教のひとつの特徴です。

macchanさんにその話をしてくれた秀明の方は、どのような意味でしてくれたのでしょうか。
「あなたが食べている鶏肉は、四本足かもしれないぞ」といいたかったのでしょうか?
今度お会いしたとき、「なぜ私にその話をしたのか?」「あなた自身はそれを信じているのか?」を、それとなく確認するのも面白いかもしれません。


>巷の噂「マクドナルドでは猫の肉が使われている」など、恐怖のお話は色々と聞きました。

これは昔、子供たちの間でひろまった噂です。

企業が頭を悩ませる事の一つは、このような噂に対しどのように対処するかです。

噂は売り上げや企業イメージに大きな損失を与えます。
だからといって、それを打ち消すために広告を打つなどの対策を行うことは、「噂」という目に見えない物にお金は出しにくいわけですし、

第一、その広告が、かえって「噂の存在」を人に知らしめてしまう上、「やましいところがあるからあんな広告を出したんだ」などと、あらたな噂を呼び起こす可能性もあります。

神慈秀明会が、「2ch」や「秀研」や「家族を新興宗教から守ろう」の風潮に対し、表だった対策(インターネット上のこういったサイトは邪神だから読まないように、とあまり啓蒙しない)のは、そういう理由からでもあると思います。



さてマクドナルドですが、この噂に対し、日本マクドナルド初代社長「藤田田」氏は、多数の子供たちをマクドナルド工場の見学会に招待し、その中で、マクドナルドの食肉保存用冷蔵庫の中まで見せたそうです。

当然、子供たちはマクドナルドの冷蔵庫の中にネコの首ひとつ見つけることが出来ず、噂が間違いであることを理解し、納得して帰って行きました。

その後、これらの子供たちが噂を否定する噂を流してくれ、マクドナルドがネコの肉、という噂は沈静化したということだそうです。

藤田田氏は、お金を全くかけることなく、噂の沈静化に成功したのです。

もっとも、これは、マクドナルドが本当にネコの肉などを使っていなかったから出来たことです。

神慈秀明会も、本部神殿を一般に開放し、「ほら、「大光明」の「大」は、ずれていないでしょ」というところを見せて欲しいものですが、本当にずれているのですからそれは不可能でしょう。

>「うんこのチョコレート」

「インドール」と呼ばれる物質があります。私は1980年代、秀明会で、この「うんこちょこ」の話を聞いたとき、「うんこからインドールという物質を抽出しているのだ」と聞きました。

これはにおいを発散する成分であり、「うんこのくささ」を発揮する原因物質の一つなのですが、実は「香水」の成分にも使われています。ジャスミンの香り成分のひとつでもあるそうです。

また、このインドールは「チョコレート」の香り成分でもあり、カカオに含まれています。

ですから、「うんこのにおい」と「チョコレートの香り」は、どちらもインドールという物質が関係しており、すなわち、「うんこ」から「インドール」を抽出し、それを元に「チョコレートの香り」を作り出すことは可能だということです。

確かに経済的なことを考えると、カカオの代わりにウンコを使ってチョコレートを生産することは合わないのですが、

高価で取引される香水にも使える「インドール」を、廃棄物であるうんこから生産する工場なら、昔、発展途上国のどこかに・・・・絶対無かったとは、断言出来ませんね(笑)

そんな「もしかしたらうんこから抽出されたかも知れない」インドールを添加し、チョコレートの香りを増やしているお菓子メーカー。・・・・これも絶対無かったとは、断言出来ませんね(笑)

こういう細いつながりから、「うんこで出来たチョコレート」という話題を作り出すことが出来ます。
「あなたが食べているチョコ、実はウンコで出来ています」という見出しは、とてもインパクトがあります。

食品公害を世の中から無くしたいと願う、郡司さんかだれかが、まずは注目してもらうために、
「四本足のニワトリ」や「ウンコから出来たチョコ」などのインパクトある話題を提供したのだと思います。

しかし神慈秀明会は、このインパクトを利用し、布教のために注目されたかったにすぎません。
決して、食品公害を社会から無くしたいと願っていたのではないのです。


[1784]こわい食べ物と化粧品
りんこ
2005/10/11 9:19
おはようございます。私も家族が信者であった為(今も信者です、私以外)、そのテの話を支部へしぶしぶ(寒い!!)行っていた時に、K田という青年が真剣にチョコレートはうんこで出来ている、とかねずみの肉でできたウインナーとか、はたまた巷の噂「マクドナルドでは猫の肉が使われている」など、恐怖のお話は色々と聞きました。が、仮に安価な牛肉ではなく、町中の猫を集め、たいした肉もとれない猫の肉でハンバーグを作ることが、収支上有益なのかと考えると、13歳でしたが、なんかおかしい、と思いました。そして、K田の言った「うんこのチョコレート」も、実際じゃあ、人間の排泄物を衛生的にして、それを加工して、とその費用とコストを考えると、よほどアフリカや東南アジアの半分植民地みたいな国からのカカオを使ったほうがコストが安いと思いますが。。。
聞いたときも、嘘っぽいなぁと思いましたし、そんなことが通用するほど、私はアホじゃないぞ、と思った事を覚えています。
これは、ただただ、よく考えない一般信者を不安に陥れる為の作為的に造られた「嘘」であると思います。きっと、「うんこ」ひとつ採り上げても、それがチョコレートとして世に出るまでにかかる手間と、安価なカカオ(特に国際市場での値段が暴落して久しいと思いますが)を使用することを検証すると、すぐに答えは出ると思うのですが。。。。
   また、じゃ、その話が本当だったとしましょう。でも、戦前(うんこで出来たチョコも、4本脚の鶏も居なかった頃)の日本人の寿命と今の寿命とを比べると、そのために半分になったのでしょうか?明らかに延びていますよね?
百歩譲って、現代人で添加物を全く食べない人(いないと思います)と、普通に生きている人の寿命を比べて、20年も30年も違うのでしょうか?個人別の体質や、環境、生きる姿勢、遺伝的なものが、そのような秀明会が言う「害毒」に比べ多いに影響を、人間の寿命には与えていると思いませんか?
心穏やかに、くもりや献金におびえることなく、明るくのびのびと生きている人の方が、「薬毒」「くもり」「無農薬にこだわる」生き方をしている人より、心身共に健康だと思いますよ。
私も実は、娘の為に某「無農薬の会」に入ったことがあります。けれどある日「や〜めた」と思いました。そんな事に神経をとがらせて、これだめあれだめ、と制限するストレスを抱えて生きるよりも、ちょっとくらいいいさ、みたく生きたほうが体調もよくなったし、ラクになりました。勿論、赤色○号とかいう明らかに発がん性が確認されているもの、またはグレーゾーンのものは食べません。その程度でいいと思います。要は、ほどほどに、でしょう?
  出来るだけ、産地のはっきりしたものを選ぶ、コマーシャルででかでか宣伝している食品は買わない、リストに載っている発ガン性の添加物などが入ったものは買わない、健康的な生活をする、で十分ではないでしょうか?
また女性の方へ!化粧品もそうです。大メーカーのものは保存剤が入っているので、肌によくないです。出来れば、地元の信頼の置けるサロンで相談して、出来るだけ精油などが入っていない、純粋なものを買うほうがいいです。
なんだか、アンチカルト掲示板からはそれてしまいましたが、失礼します。


[1783]ビックリした話
fujiya
2005/10/10 23:15
 四本足のニワトリの話がこれほど発展するとは、ビックリしました。

 そして、もっとビックリしたのは通りすがりさんが紹介された郡司篤孝氏の件です。
 実は私はこの郡司篤孝氏と会ったことがあり、その時、彼が書いた本をプレゼントされていたのです。

 あれは確か、いまから15〜20年位前だったと思いますが、私は出張で東京駅から新大阪行きの新幹線に乗っていました。私が席に着いて少ししてから隣の席に年配の紳士が着席しました。大きな重そうなカバンを持っていたのが印象的でした。
 最初の内はどちらからともなく普通の世間話をしていたのですが、話の途中からその紳士の話は食品添加物や化粧品の話になり、雄弁に持論を展開し始めました。話は延々と続いたが、彼は名古屋で下車する予定だったのでその手前で話は中断し、彼は「話の続きは私が書いたこの本をぜひ読んでください」と言って一冊の真新しい本を私に手渡した。
 渡された本の表題は、「続・怖い化粧品1000種」だった。


 世の中、狭いものですねーーーーー!


 四本足のニワトリの話は”まゆつばもの”ですが、こうした話題が秀明会で利用される最大の問題点は、通りすがりさんが述べておられる通り、

>神慈秀明会が、食品公害の問題に、団体として取り組むなら、存在意義もありますが、
>人に恐怖をすり込むための道具として使うのならば単なる悪用と言えるでしょう。

>少なくとも、1980年代、私達は、人の心に恐怖をすり込むために
>怖い食品1000種を利用してきました。

という点ですね。

P.S.
 パソコンの環境によっては、下記1778のアドレスをクリックしても画像が表示されない場合があるようです。その場合はアドレスをコピーしてURL欄に貼り付け、「移動」ボタンを押してください(わざわざ見るほどのものでもありませんが・・・)。


[1782]四本足その他
通りすがり
2005/10/10 22:42
四本足のニワトリに関して、WWWを検索した結果出てきた、その他の情報です。

○都市伝説としての「四本脚」

「四本足のニワトリ」という都市伝説があるそうです。
「某ファーストフード店のフライドチキンには、バイオテクノロジーによって
開発された四本足のニワトリの肉が使われている。」という話です。
もも肉の数が異常に多いことに疑問をもったファーストフード店の従業員が、
工場の倉庫を調べたら、そこで四本足のニワトリを発見してしまった。という話です。
(なぜ四本足なのかというとフライドチキンはもも肉を大量に使う商売だからです。)


macchanさんに説明をしてくれた神慈秀明会の方は、
本来は「卵を効率的に産むための四本足」の話だった
のが、この都市伝説と合体して、「食肉を大量に
得るための四本足」の話に、いつのまにか替わって
しまっているのかもしれません。



○科学としての「四本脚」

1999年3月12日付の『サイエンス』誌によれば、ハーバード大学医学部の研究者が
「ニワトリの遺伝子を操作し(胚の中にある脚を形成する遺伝子を翼になる部分に
注入することにより)翼のかわりに足を持たせる」という実験を実際におこなって
いたとのことです。。
その結果、本当に、胚が発達する過程で、本来、翼になる部分の組織が脚のような
特徴を持ちはじめたらしいです。

ちなみに、この実験はフライドチキンの効率的な製作に応用されるのではなく、
胚の形成過程や、胎児の発達の様子を調べることが目的だったようですけど。


上記2つの情報は、
http://shigeart.hp.infoseek.co.jp/KAKOS11.html
より。

○ニュースとしての「四本脚」

http://www.ananova.com/news/story/sm_1414083.html?menu=

ルーマニアで、偶然、四本脚のひなが生まれ、農家は、これをなんとか飼育して増産し、大もうけしたいと
願ったとのこと。

○教育としての「四本脚」

10数年前の話ですが、医大の新入生にニワトリの絵を描かせたところ、
4本足のニワトリを描いた学生が話題になったことがあるそうです。

http://www.h6.dion.ne.jp/~gakuhoku/jihyou9.html

いまだに、
「ニワトリは四本足で卵を産んでいる」
「チョコレートはウンコで作られている」
「ソーセージはオーストラリアのネズミの肉で作られている」
と信じている神慈秀明会の信者がいるのでしょうか。
まるで、現代版、「4本足のニワトリを描いた医学生」のようです。


[1781]郡司氏
通りすがり
2005/10/10 21:17
郡司篤孝氏のプロフィールを掲載しておきます。

1914年水戸に生まれる。
1944年日本経済新聞社広告部長
1950年東京食品原料商会社長
1962年食品添加物研究会を興し、明和女子短大、大阪市立大学講師

主要著書
『素肌の健康Q&A』(ラジオ技術社)
『健康食品の選び方』(三一書房)
『なにを食べたらいいか』(三一書房)
『怖い化粧品1000種』(ナショナル出版)
『続怖い化粧品1000種』(ナショナル出版)
そのほか多数。

現在では故人となっており、いまはご子息の
郡司和夫氏が父の遺志を継ぎ、食品公害と闘う
ジャーナリストとして活躍しておられるそうです。

私は、神慈秀明会が利用したからと言って、この方の
功績までを非難するつもりはありません。

(ちなみに、fujiyaさんが初めて現れたとき、
このカルトとの対決姿勢は、郡司さんの食品公害との
断固とした対決姿勢とよく似ているな、と感じたものでした)

四本脚のニワトリの記事が書かれた、「続 怖い食品1000種」は、1984年初版発行です。

おそらくこの時点の取材で、本当に4本脚のニワトリは
存在したのかも知れません。

しかし現在は、食品の素性に関してとても厳しくチェック
される時代ですから、少なくとも日本や米国で、このような
ことが未だに行われているとは思いません。

だが、「脚が四本」というインパクトこそありませんが、
遺伝子組み換えにより改良された作物や動物は、
「脚が四本のニワトリの肉を食べることが気持ち悪い」
のと同じ理由の気持ち悪さがあるはずです。

神慈秀明会が、食品公害の問題に、団体として取り組むなら、存在意義もありますが、
人に恐怖をすり込むための道具として使うのならば単なる悪用と言えるでしょう。

少なくとも、1980年代、私達は、人の心に恐怖をすり込むために
怖い食品1000種を利用してきました。

[1780]四本足の鶏を引用します
通りすがり
2005/10/10 20:58
なんと素晴らしいことに、押し入れの奧から「怖い食品1000種」(正、続)の発掘に成功しました。

いまから、「4本足の鶏」の部分を引用します。

「続 怖い食品1000種 P117 四本脚のニワトリ」より





二年足らずの問に一羽のニワトリが四、五○
個の卵を産んだからといって驚くにあたらな
い、というのが、経済動物で金儲けをする人
たちの考えだ。

(注:前項で、ブロイラーによる卵の大量生産
体勢のお陰で、鶏は卵を産む機械となり、
一話当たり実に450個の卵を産む話がされて
いた)

一羽のニワトリの卵子は三〇〇〇個あると
いう。飼育のしかたと、品種改良によって、
もっと沢山の卵を生産させられると、動物工
場の関係者たちは、日夜研究を重ねている。

例えば、ニワトリの頭の羽毛を長くする努
力をしている家禽学者がいる。目の下まで前
髪をたらしたロック歌手のように、ニワトリ
の前頭部の羽毛を長く垂らして、目が隠れる
ようにすると、ニワトリは気が散らないから
せっせとエサを食うことに集中するはずだ。
…:こういう発想なのだ。

同様な発想から、ついに四本脚のニワトリ
が開発された。

鳥類はみな二本脚だ。人間の手にあたると
ころは飛ぶための翼だ。ニワトリは、他の息
のように上手には飛べないが、それでも翼を
持ち、二本脚で全体重を支えている。

飼育工場で飼われているニワトリは、運動
不足と過食のため、脚が弱くなるという欠点
があった。脚が弱いと卵を産むとき、ふんば
りがきかない。ニワトリでも卵を産むときは、
全身に力を入れること、人聞とかわらない。
ただ人間よりずうっと安産ではあるが。

飼育工場で飼われて脚が弱くなったニワト
リに、より多くの卵を産ませる工夫がいろい
ろ考えられた。そのひとつが、脚を強くする
ことだった。

ニワトリには、肋骨が七本あって、八本目
は退化して痕跡のみとなっているが、脚の神
経はこの八本目のところから出ている。痕跡
だけだから神経を保護することができない。

そのためニワトリの脚は弱くなる。そこで八
本目の肋骨のあるニワトリを作り出そうと品
種改良にとり組み、成功した人がいる。

このへんまでは、ニワトリヘの愛情が感じ
られよう。ところが、その先をゆく学者があ
らわれた。

「二本だから弱い、いっそ脚を四本にしたら
ふんばりがきいて産卵もふえるだろうL

自転車ではスピードが弱い、四輪の自動車
なら安定もし、スピードも出る、と考えた発
明家、産業家と同じ発想なのだ。

四本脚のニワトリが作られた。

見本として作られたのではない。現実に、
鶏卵生産工場で、四本脚のニワトリたちが卵
を生産しているのだ。

遺伝子工学という、遺伝子の操作でこうい
うことが可能となった。

クチバシが焼かれた異様な顔で、四本の脚
でふんばったニワトリの群を想像してみよう。
はたして、ニワトリであろうか。あのおおら
かにトキを告げ、コッコッコッとつぶやきな
がらエサをついばんでいた、私たちの知って
いるニワトリとは別の物だ。

まさに生きている工場規格品。

(注:くちばしが焼かれた=前項で、畳二枚分
の広さに70羽の鶏が押し込められている状況で、
隣の鶏をつっつかないよう、あらかじめひなのうちに
くちばしを焼き切っている話をしている)

「四本脚のニワトリなんて、どこかアメリカ
あたりで作られたものでしょ」
と信じたがらない人もいるだろうが、アメ
リカで作られたものがすべて日本に入って米
ることは日常あたり前のことではないか。
ニワトリに関することだけでも、産卵シス
テムも、ブロイラーも、飼料も、すべてがア
メリカから移入されたものなのだ。

それに、ニワトリエ場だけは、アメリカの
大工場に負けないだけの規模と飼育能力を
もった企業が日本にはいくつもあるのだ。技
術的にも日米の差はない。

四本脚のニワトリは、外国の話ではない。

企業秘密という壁に守られながらいま四本脚
のニワトリが、ふんばって卵を産み続けてい
るのだ。

「四本脚のニワトリが産んだ卵なんて気味悪
くて食べられないわ」
正常な感覚なら、そんな卵は食べられない。
もし生卵なんか食べたら、こちらの遺伝子ま
でが狂いそうな気味悪さではないか。

ニワトリは二本脚でなくてはならない、と
いう法律はなかった。鶏卵は二本脚製品に限
るというきまりもない。遺伝子工学の技術は、
法律の存在など眼中になく、ものすごい早さ
で進んでいるのだ。

だから、経済動物であるニワトリは、経済
効率によって、やがて四木脚が主流になる日
も遠くないだろう。

卵は市場に出てしまえば、どれが二本脚産
で、どれが四本足産か判別しようがない。
私たちは、やがて四本脚産の卵に馴れてし
まうかもしれない。現在、穀の薄い卵に馴れ、
黄味を若色した、薬品浸けの卵に馴れてし
まったように。水っぽいブロイラーを、柔ら
かくておいしいと思ってしまったように。


[1779]懐かしい
通りすがり
2005/10/10 20:21
4本足の鶏の話は懐かしいですね。

神慈秀明会が昔、教団全体を挙げて持ち上げていた
「怖い食品1000種」ナショナル出版 郡司篤孝/著
「続 怖い食品1000種」ナショナル出版 郡司篤孝/著

という本があります。

これは、現代で言う

「買ってはいけない」 船瀬俊介/〔ほか〕著 出版社名 : 金曜日

と同じく、
商品名を名指しにして食品添加物の害を訴えた本です。

神慈秀明会は、著者の郡司篤孝氏を教祖殿に呼んで講演してもらったこともあります。

四本足の鶏の話は、この「続」のほうに書かれていたように記憶しています。
でも確か、3本足だったような気もしますが・・・


[1778]悪ふざけ
fujiya
2005/10/10 12:09
 ちょっと暇があったので、悪ふざけをしてみました。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/img/niwatori02.jpg

 元画像はこちらです。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/img/niwatori01.jpg


[1777]四本足のニワトリ?
fujiya
2005/10/10 10:41
 遺伝子操作で四本足のニワトリが・・・、ですか!
 話としては面白い話ですね。
 でも裏付けがないのが残念!
 それと・・・、手羽先が食べられなくなってしまいますね。

 「その企業は存亡にかかわるため、そのことを秘密にしている」という論調で行くと、どんな創作話でもOKですね。
 秀明会の勉強会では、相変わらずアホな話をしているようですね。

 


[1776]ある勉強会に
macchan
2005/10/10 10:09
先日、私は行って参りました。
お話をされた講師の方は、好感のもてる方で、とてもお話が上手く、最後までおもしろく聞かせていただきました。
私がそのお話の中で、特に興味深かった内容を、以下にご紹介いたします。

 ニワトリの肉の大量生産のために、
 遺伝子を操作し、
 羽の部分にも羽のかわりに足がはえるようにし、
 肉をより多く生産している企業がある。
 その企業は存亡にかかわるため、
 そのことを秘密にしている。

というものでした。
真偽のほどは現在問い合わせ中です。
面白い話でしょう?
皆さんもいかがですか?
その間、終始正座をしていなくはなりませんが。


[1775]北朝鮮
東日本匿名
2005/10/9 23:22
秀明と北朝鮮はよく似ていますね。
それは、価値観や考えが1つだということです。
この多様化した時代にチャンネルが1つしかないということです。北朝鮮には放送局は多数存在しません。複数の局があっても全国放送・地方放送・海外向け(南向け含む)で内容はどれも同じです。まさに秀明のやっていることも同じです。美術館ができてある絵本作家が良いと言えば、馬鹿のようにそればかりを持ち上げ、月次祭の始まる前にそれにちなんだ音楽(童謡風)を流していたりとかほんとうに馬鹿の1つ覚えで単純です。多様な意見や価値観があってこそ成長し発展し進化するものだと思うのですが・・・。ここは旧態依然の世界だということに気がついて退会しました。
昔は浄霊さえしていれば救われると言って、環境や平和には目もくれなかったのに、突然そうしたことをやり出した。善の仮面や受けが良いということでやり出したのでしょうが、そういうことは平和団体や環境団体がやれば良い事で秀明がやることではない。これはおかしいと思って退会の決意は強くなったのです。
自分の頭で考えない者は上の言ってるとおりにすればいいと思うでしょうが、絶対おかしいです。入信動機も不思議な力があればということでしたが、平和・環境団体に入った覚えはなかったので・・・。そうしたボランティア団体には関心もなかったし・・・。
みなさんもよく考えてみてください。


[1774]根絶さんへ
コンスタンチン
2005/10/9 21:47
あいさつが遅れました。根絶さん、はじめまして。
根絶さんの文面を読むと、現役の信者さんなんですね。
派閥…そこまで大げさではないかもしれません。革命家は本部をとっくにおりていると思いますので…。
まぁ、少なくとも拠点は平和なものです。
今日、入信がありました。


[1773]ミスりました...下の記事と合わせて下さい
Z
2005/10/9 21:02
初めてのせて えらく舞い上がってました。玉男さまが新車に乗ったという事は秀明にたいしてものすごく我が家はご縁があるとか、霊位が高くなったとか、車が霊の衣で包まれているとか...こんなこと普通の人が聞いたらなんと思うでしょうか....ちなみに母親は玉男が次期会長になることを容認しています。  あと最近の話なんですけ家庭月なみさいのとき、この宗教のことで母親と口論になったんです。  とりあえず、家庭内が険悪な感じになってきたのでそのときは家庭月なみさいはやりましたけど...そのときです!!仏さんを皆で拝み始める前に まずリンがなりました。そしておわったその瞬間にも!!もちろん誰もたたいていません。 ほかの人も聞こえていたみたいです。初めて奇跡を体験しましたが何を伝えたかったかは理解できませんでした。 こんどはリンを鳴らさずに 言葉でいってほしい!!
 


[1772]
Z
2005/10/9 20:51
なんか独裁体制っぽいですね、小山玉男が次期会長になると。
じぶんのは母親は玉男さまってよんでます。だいぶ前に新しい車を買って、玉男を


[1771]コンスタンチンさんへ
根絶
2005/10/9 7:13
>小山玉男を「〜さま」派と「〜さん」派に分かれているそうです。
・・・・・・・・・・・・・
派閥が できてるんですね。

小山 玉男を 呼ぶのに
  玉男さま派は、次期会長容認派・・
  玉男さん派は、次期会長反対派・・

ということでしょうね。

しかし、玉男が、次期会長に なるでしょうね。

次期会長対抗馬として、現在の資格者みてたら、会長としての骨のある、器の大きな資格者っていないですね。

また、今の秀明の世襲制って そう簡単に 変わらないでしょうし・・。

もっとも・・反乱者が 多数出て、クーデターでも、起きれば別ですが・・・。


[1770]秩序…。
コンスタンチン
2005/10/9 0:01
私は、小山玉男さんのことを「玉男さま」と呼ぶのは反対です。
本部でも「〜さま」派と「〜さん」派に分かれているそうです。
古い信者ほど「玉男さま」と呼ぶ傾向があります。
先日、うちの拠点に小山委員長と青年部長先生の2人が来られました。
これは恒例のことで、各拠点の青年部活動の視察というのが目的です。前の委員長もその前の委員長も来られました。
でも、本部青年部委員の話では、今回の小山委員長の青年部全国安行には、次期会長をにらんで全国の信者に小山玉男さんの顔を知ってもらうという目的もあるそうです。
今回私は、お二人の受け入れスタッフでした。
その時の象徴的な出来事です。
「委員長と青年部長先生は、どちらが上か?」とスタッフで話しあったのです。どちらが上かで、座る席などが変わるからです。
秀明会では上と下の順序がきっちりと決まっています。
年齢や社会的地位に関係なく、入信が早い方が上。入信が遅くても、お役がある方が上です。
(話合うまでもなく当然、青年部長先生の方が上ですが…)話合った末、やはり青年部長先生を上ということで準備しました。
小山玉男さんは、今までの秀明会の秩序を壊すほどの存在なのです。
でも、決して玉男さんは先生を差し置いて!みたいなことはしませんでした。
私は彼に好印象を持っていますが、今までの秩序を覆す“玉男さま”をはじめとする小山玉男さんに対する別格扱いは、私は反対です。


[1769]小山玉男おぼっちゃま
根絶
2005/10/8 21:16
コンスタンチンさま。。
はじめまして。。

玉男おぼっちゃま ですね。
現在 35歳 (おっさんの部類??)
しかし 苦労してないせいもあり、歳よりずいぶん若くみえる・・・。

この玉男おぼっちゃまは 秀明に入る気は なかったそうです。

弁護士になりたかったんですって・・。
で・・その 司法試験に受かりたい一心で ジョウレイをうけてたんですって・・。
でも・・見事 その司法試験に 落っこちて・・・。
まあ・・しかたなく 秀明の 青年部委員長に なったんですって・・。

これこそ バカトノ・・の 典型ですね。

北朝鮮の金正男と 同じです・・。

名前も 似てる・・
正男・・玉男・・。


[1768]訂正
コンスタンチン
2005/10/8 18:21
「準世話人」ではなく「準世話人会」でした。
…ていうか、みなさんには、どっちでもいいことですね。
ちなみに、内容は先生の講義、それぞれの活動の報告、座談会、ご奉仕です。


[1767]突然現れた…。
コンスタンチン
2005/10/8 18:13
北朝鮮についての本を私もよく読んでましたよ。でも、信者同士で北朝鮮について、あまり話したことないですね。北朝鮮に興味のある人は私の周りにはいません。
さて、小山青年部委員長のことですが、私は、青年大祭で新青年部委員長の発表(結構センセーショナルに発表してました)を聞いて、ビックリしました。
実は、他の人が新委員長に決まっていたからです。
私は、リーダー会でその内定者が抱負を述べているのを直接聞いてます。
ところが、実際は小山玉男さんが、新青年部委員長になったのです。
会長先生が推薦したそうです(資格者談)。
私は、小山玉男さんの名前は知っていましたが、姿を見たのは、初めてでした。
ほとんどの信者さんもそうだと思います。
一般信者からすると今まで、そんなにメジャーな人ではなかったんです。
世話人とかのお役もないと思います。

7時から「準世話人」なので、つづきはまた後で投稿します。


[1766]金正男と小山玉男
fujiya
2005/10/8 16:31
 コンスタンチンさんのポジション、了解しました。

 小山玉男氏の件ですが、神慈秀明会青年部・小山玉男氏宛に私から直接メールを出していますが、彼からは全く応答がありません。
 批判サイト主宰者からのメールに応答するのは勇気の要ることかも知れませんが、宗教法人・神慈秀明会を担っていこうとするだけの人物であるならば、それくらいの度胸はあってもいいように思うのですが・・・。

 玉男氏は小さいときから秀明紙新年号の巻頭写真に会主、会長と共に登場し続けていました。あの一連の動きは彼を将来は神慈秀明会会長にするための布石だったのでしょうが、神慈秀明会が本当に純粋な宗教団体であるとするならば、『世襲制』自体が信仰とは根本的に矛盾していることは明白です。
 これを矛盾とは捉えず、『当然のこと』として世襲制を強行するのは、神慈秀明会という団体が小山一族の私腹を肥やすための団体に他ならないことを最も明確に表している事実です。

 北朝鮮において、金日成から金正日、金正日から金正男へと政権委譲されていくのと全く同じことが神慈秀明会の中で進行しています。
 北朝鮮という独裁犯罪国家と同じことが神慈秀明会の中で進行していることに秀明信者は怒るべきです。


[1765]fujiyaさんへ
コンスタンチン
2005/10/8 14:15
fujiyaさん、早速のレスありがとうございます。
私のポジションは、「明主様は信じるけど、最近秀明会を疑い始めた感染率99%(←もう古いですか?)の信者」というところでしょうか。
サイトでは“ファインライン”が好きですね。
情報がタブらないように、こちらの掲示板を過去からずっと読んできたのですが、新掲示板の600番あたりで挫けてしまいました。
あまり現役信者は、いないようなので、投稿してみました。
最近、私が秀明会の動きの中で気になることは、会長先生はじめ一部の資格者がしきりに会主様を神格化しようとしていることと、信者(特に世話人以上)が小山玉男さんを別格扱いすること(玉男さまと呼ぶ等)です。
私は、これらの動きには、反対です。


[1764]コンスタンチンさんへ
fujiya
2005/10/8 13:42
 コンスタンチンさん、こんにちは。私はfujiyaと申します。
 そうですか、コンスタンチンさんは現役秀明信者で、なおかつ青年部、学生部の役をされており、秀勉講師もされているとのことで、「秀明会の今」を知る方ですね。

 私は色々なルートで秀明本部の方にコンタクトを求めていますが、ごく一部の方からしか応答がありません。
 コンスタンチンさんのような方と対話ができることは、本当にありがたいことです。私はこうしてアンチカルトの旗を掲げて活動していますが、だからと言って秀明の方の意見を無視しよう等とは決して思っていませんのでご安心下さい。

 コンスタンチンさんが秀明に対してどのような考え方でおられるのかがまだ分かりませんので私が先走って詮索しても仕方がないことです。これからのコンスタンチンさんの書き込みをお待ちしております。

 今後とも、よろしくお願い致します。


[1763]はじめまして。
コンスタンチン
2005/10/8 12:37
はじめまして、コンスタンチンと申します。
秀明会の信者です。
平成2年18歳の時に入信いたしました。
今も青年部に所属し、地元の青年部の中では、いちばんの先輩になってしまいました。
お役はグループリーダー、秀勉講師(今年の春から)です。学生部(中学生から高校生)にもお世話、秀勉等で深く関わっております。
毎月、本部にも参拝しています。去年までは、本部青年部リーダー会にも出ていました。
秀明会の今を知る現役信者です。
毎日、秀明会関係のサイトを見ています。
私の知っているかぎりの情報をこれからお知らせしたいと思います。
よろしくお願いします。


[1762]脱走
fujiya
2005/10/8 11:35
 多賀SAで脱走の誘惑に駆られた方は実際に多数おられたようです。
 そうした想いを綴った体験記が数件寄せられています。
 「潜在的脱走願望者」はかなりの数に昇るのでしょうね・・・。
 最初から行かないのが一番ですが、多賀SAで脱走というのも『刺激的』でいいかも知れませんね。それに触発されて第二、第三の脱走者が・・・・。


[1761]行事参加の強制
東日本匿名
2005/10/8 10:31
行きたくもない山奥に・・・。
私もそうでした。
しかしよく考えてみてください。法的に行く義務はないんです。縄でしばって連れて行くわけもないし(あったら拉致だ)行きたくないものに行くのは金と時間と労力の無駄。
しかし、そこを行かせる様に仕向けるのがカルトの恐怖ですね。ここは大きな決意と開き直り精神です。途中のサービスエリア休憩から脱走するくらいの覚悟でどうぞ!
脱走方法
@SAにタクシーを呼ぶ。
A多賀SAは路線バスのバス停がある。バスの乗客のための出入り口もある。そこから約20分歩くと近江鉄道の駅があります。道順が難しいので地元の人に聞くと良いです。
今後行事がまともに出来ないくらい脱走者が増えるといいですね。

[1760]秀明会の拠点の活動 
金色のROTAX
2005/10/8 0:57
秀明会の拠点の活動 
 秀明会信者の方が管理されているこんなサイトがありました。記事の中で、拠点の場所まで書かれています。一部を次に抜粋させて頂きます。

「ほほえみ倶楽部スタート」
 以前にも一度書いたんですが、とりのははの所属するグループの活動内容を紹介します。これは○○県○○○を中心に、無農薬栽培の農家を支援すると共に、体に良いことをみんなで実行したり、情報発信しましょう、という会です。これまでも数年間「いちごクラブ」「ほほえみ倶楽部」の名で活動していました。ただ、これまでは「神慈秀明会」という宗教団体の一部のような立場でした。
というのは、教祖が無農薬無肥料農法を研究して、人間も、人間の食べ物としての農作物も、薬を使わない自然な状態の方が良いのだと説いたからです。この宗教の信者で○○○張所に所属する人は、全員自動的に「ほほえみ倶楽部」の会員となる仕組みとなっていました。そして、宗教のお祭りの場で、自然農法を実践している農家からの報告がなされたりしていました。
 しかし、今年からは宗教と関係のない(また、すでに別の宗教をなさっている)方とも協力して活動できるように、宗教団体とは別の組織として活動することとなりました。つまり“活動したい”という意思表示をして、会費(1ヶ月300円)を納める人達を正会員とし、いきいきとした活動を行っていこうというわけです。
 今日、その第一回目の総会が行われました。これまでの流れがあるので、現在の所、会員のほとんどは信者さんのようです。でも、とりのははは、おそらくこれから「宗教には興味ないけれど、健康や環境に良いことなら、やってみよう」と考える一般の会員さんも増えていくと思います。
  http://star.fem.jp/Original/naedoko/05-05-h1.htm

 これを読まれた方は、次のような2種類の感想をお持ちになるのではないでしょうか。
@秀明会も、旧体制の頃の因習を脱皮しつつあり、秀明会という枠にとらわれることなく、信者、未信者を問わずに、明主様の教えを世の中に広める活動を開始した。
A宗教という看板を最初から出しては、未信者が警戒して逃げるので、最初は、地域サークルの仮面をかぶり、未信者とうちとけてから、秀明会に勧誘しようと企む詐欺商法だ。
 これは、秀明会本部がNPOの仮面をかぶり、滋賀県の教育委員会や小学校を騙しているのと同じ手口だ。

 私は、このサイトに紹介されている自然農法の地域サークルを主催している秀明会信者の方(サイトの管理人の方をさしてはいません)は、建前としては、@を活動目的とされているのでしょうが、本音としては、宗教というと未信者から敬遠されるので、宗教ではないフリをせざるをえないといったところではないかと考えます。そして、もし、未信者の理解を得られれば、秀明会の教修にも誘えればいいな、くらいに考えているのでしょう。(これは、あくまでも、私の推理です。上記のAの表現ほど、露骨な悪意はないといったところですか。)

 今後、旧体制の青年部を経験していない新しい青年が、秀明会の地元の拠点で活動をする場合、このようなサイトで活動を紹介するようになるのではないかと予想します。秀明会の青年が、ネットを活用した秀明会の御用をするようになると、どのような影響が出るのでしょうか?

 ネットを活用して地元の活動を秀明会のほかの拠点などに、発信するようになると、今までは、秀明会本部から発信された情報(秀明紙、聖教書、秀勉、月次祭など)しか受信できなかった構造が根底から崩れ去り(大げさか?)、情報を自由に取り扱ってよいという雰囲気が出てくるのではないかと考えます。
 そうすれば、ネット上の秀明会批判サイトや秀明会以外の明主様の教えを、秀明会の上の人間(教師、助教師、世話人)の許可を得ることなく、勝手に、閲読するような人が今よりも増えるのではないかと思います。これが、秀明会の支配体制を瓦解させる一つのきっかけになればいいと思うのですが・・・


[1759]反信者さんへ。
あるくもり信者
2005/10/7 16:15
気が重いでしょうね。

行きたくもないのに 強制的に行かされるんですね。
滋賀の山奥まで・・・

ストレスが たまることでしょう。


[1758]滋賀
反信者
2005/10/7 13:28
10月10日に 慰霊祭・新入信者会があるみたいですね。
私も逝かなければいけないらしいです・・・
気が重いです。


[1757]カルトは忙しい
fujiya
2005/10/7 12:48
 神慈秀明会の主な「動員対象行事」をピックアップしてみた。
 ”まじめ”に、これらの活動に参加していたら、家事や学業もおろそかになるだろう。
 こうした活動により、「人間として成長」できるのであればいいが、秀明信者の中にはそれほど人間的に優れた人物が現れないところを見ると、こうした活動に参加しても、時間と金の浪費に終わっているようだ。
 「○○祭」等の行事を数多く開催するのは多数の信者を集め、そこから得られる献金収入が目当てなのだろう。


平成17年の本部での主な行事予定
------------------------------
【1月】
1日 元旦祭
10日 慰霊祭
16日 成人式
------------------------------
【2月】
3日 節分大祓い
4日 立春祭
6日 日曜祭
9日 慰霊祭
10日 教祖祭
13日 学生祭
14日 助教師一次試験
   秀勉講師試験
15日 教師一次試験
22日 助教師二次試験
23日 教師二次試験
------------------------------
【3月】
1日 復活祭
6日 日曜祭・ひなまつり
10日 慰霊祭
13日 学生祭
10日 新世話人会
------------------------------
【4月】
1日 月次祭
2日 学生祭・学生部第三講
2日 人材育成研修会
2〜9日 クレストン奉仕ツアー
3日 日曜祭
10日 慰霊祭・新入信者会
9,10日 本部参拝団
------------------------------
【5月】
3〜5日 記念大祭
8,9日 香港参拝団
10日 慰霊祭
19〜26日  クレストン奉仕ツアー
------------------------------
【6月】
1日 月次祭
2日 認証感謝祭
4日 人材育成研修会
5日 日曜祭
5日 新世話人会
10日 慰霊祭
10日 光明教修
15日 地上天国祭
15〜22日  クレストン奉仕ツアー
30日 大祓い
------------------------------
【7月】
1日 月次祭
2日 人材育成研修会
3日 日曜祭
10日 慰霊祭
------------------------------
【8月】
1日 月次祭
6日 人材育成研修会
7日 日曜祭
10日 慰霊祭
------------------------------
【9月】
1日 月次祭
3日 人材育成研修会
4日 日曜祭
4日 新世話人会
10日 慰霊祭
------------------------------
【10月】
1日 月次祭
2日 日曜祭
9,10日 本部参拝団
10日 慰霊祭・新入信者会
16日 男子大祭
17〜24日  クレストン奉仕ツアー
------------------------------
【11月】
1日 月次祭
2日 人材育成研修会
3日 日曜祭
5日 新世話人会
10日 慰霊祭
20日 青年大祭
23日 特修修了式
29日 会主様2年祭
------------------------------
【12月】
1日 感謝祭
4日 日曜祭
10日 慰霊祭
23日 明主様御降誕祭
31日 大祓い
------------------------------

 上記以外にも、次のような動員対象行事がある(これ以外にも、各地域での各種行事がある)。

特修会
男子学修会
男子責任者会
地域学修会
男子推進委員会
神事行事推進委員会
聖日・次世代推進委員会
ブロック長会
リトリート研修会
男子向上交流研修会
本部青年学修会
地域青年学修会
青年部リーダー会
新春黄島錬成会
春季黄島大学生錬成会
神苑参拝団
本部奉仕体験合宿
秋季黄島青年部錬成会
新世話人会
ヨーロッパ研修、アメリカ研修
ロンドン研修、フィリピン研修、台湾研修、香港研修
クレストン奉仕ツアー
セルフディスカバリー研修
語学研修
黄島スタッフ
神苑スタッフ
学生部勉強会
太鼓研修会
自然農法勉強会
美術館勉強会

本部リーダー会
地域学生祭
所属学生講座
地域リーダー勉強会
次世代教育勉強会(年間10回)
日曜学校(小学生対象・毎月1回)
ヤングヤングスクール(小4対象・年間4回)
黄島リトルキャンプ(小5、小6対象)
黄島体験スクール(小5、小6対象)
秀明鼓笛隊
秀明バトントワリング
七五三
ジュニア担当者会
アカデミー例会
アカデミー文化教室
コンパニオン勉強会(年間10回)
ハレルヤキャンプ
秀明コーラスグループ
生産者の会交流会(毎月2回)
自然農法担当者会(毎月2回)
経理勉強会(毎月1回)
調査員勉強会(毎月1回)
通訳勉強会(年間3回)


 カルトもなかなか忙しいーーーー!


[1756]男子大祭
根絶
2005/10/6 21:17
fujiyaさま・・。

青年大祭もですが・・。

そ・そその前に 男子大祭があります。。。。。

10月16日・・。

そうです。。

男子大祭です。。。

信者の おとっちゃまたちが 全国から
集めさせられるのです。。

所詮・・お玉串の お金 集めです・・。
小山一族の 目的は・・・。


[1755]青年大祭
fujiya
2005/10/6 20:27
 11月20日は神慈秀明会の青年大祭だ。
 昨年の青年大祭では小山弘子会長が、「神慈秀明会の強力な信仰を持つ若者が10万人欲しいのです。どんな浄化も恐れず、感謝で受け止める信仰をより不動のものとなす若者の意力。とりあえず千人欲しい」と述べた。

 「どんな浄化も恐れず、感謝で受け止める信仰を持つ若者」とは、どのような人物なのだろう。
 この言葉を翻訳すると、「何があっても全ては明主様のおかげ」と無批判に受け入れ、「自分の頭で考えることをしない若者が10万人欲しい」ということなのだろう。
 このような思考停止状態の人間は、カルトにとってはまことに都合がよい存在である。

 では、10万人の若者を秀明信者にするための活動は行ってきたのだろうか?
 信者が急速に減少している現状はあるが、それを食い止め、増加に転ずる活動を何かしてきたのだろうか?
 インターフェース活動と銘打った国外でのパフォーマンスには熱心だが、肝心の日本国内でやっていることは学芸会や運動会に毛が生えたような活動程度しか行っていない。
 宗教法人として自らが信ずる教義を広く一般に知らしめ、「神慈秀明会はこのようにすばらしい宗教です。世界中のどの宗教よりも卓越した世界最高の、世界を救う宗教の中の宗教なのです」といってどうして堂々と布教活動を行わないのか。
 そうした活動を一切行わずに、10万人の強力な秀明信者の若者など集まるはずもないことは誰の目にも明白だ。

 信者を拡大する活動を一切行わずに、「10万人の信者を・・・」と絵空事のようなことを言っている小山弘子の頭の中は大丈夫なのだろうか?
 今年の青年大祭ではどのような絵空事を述べるのだろうか?


[1754]テレビの影響
fujiya
2005/10/6 17:46
 テレビの影響は大きいと思います。大学生に対するアンケートでも、「テレビが取り上げるくらいだから霊は存在すると思う」等という答えが多いのが現状です。
 日本の民法テレビ局は視聴率さえ稼げればどんな内容でも平気で放送しますので、オカルト番組や霊障を取り扱った番組がたくさん放送されています。そのどれもが低俗な内容なのですが、あまり知識のない人が見ればそれを信じてしまう人も出てくるのでしょう。
 私はテレビ局のこうした姿勢に対し、数局のキー局にメールを送り、若者に与える影響を考え、番組内容を精査して欲しいと依頼をしています。

 学校教育においても若者が安易にカルトの餌食にならないような教育を行うべきだと思います。フランスやアメリカでは実際に学校教育の中でこうした教育が行われていますし、多くの親が子供にカルト被害防止に関する具体的教育を行っていますが、日本ではそうした動きが非常に低調なこともあって、このような「カルト天国=日本」が生まれたのでしょう。
 私は自分の子供にカルトの手口や被害の実態を詳細に教え、被害者となならないように訓練しています。学校でも色々な宗教を信じている友人からの誘いもあるようで、皆さんも、まず自分の子供さんに対するアンチカルト教育をしておかれることをお勧めします。

 日本人の特性として自我が未発達な人が多く、周囲に流される傾向が強いこともカルトにとっては都合のよい土壌があります。
 神を信じ、宗教を信心することは決して悪いことではないのですが、カルトと宗教を見分けることは非常に難しいことです。
 自分の一生を賭ける信仰の道を選んだつもりが実はそれがカルトであったら、これほどの悲劇はありません。

 カルト被害から身を守るためには、やはり一人一人が賢くなることが大切です。


[1753]macchanへ(論点はみんな同じです)
プーさん
2005/10/6 16:18
 ご返事ありがとうございます。さて、本当に15さんが「秀明会が批判されることについては問題にしていません。」のなら、問題ありません。ただ、その点が文脈からはなかなか読み取れなかったのですよ。

 「問題は・・・信者が意固地になることです。」「信者には自分がだまされているという自覚がない」そこが一番の問題だと思います。私の場合は、割と早く目が覚めたので良かったと思っているのですが、信者であったときはやはり、秀明会の教えが一番と思っていました。でも、この点は誰もが一番の問題であり、悩みだと思っているのではないでしょうか?一番の論点はここではないでしょうか?本人が騙されたと思いつつ、恐怖心から抜け出せないでいるのなら、まだ救いようがあると思います。誰でもそうですが、自分が一番だと信じている事柄(宗教、思想など)が間違いだと指摘されたなら、むしろ一層思いを確立させようとするでしょうしね。だからこそ、どうしたらいいか、話し合っているんではないでしょうか?

 何度も記しますが、個々人の信仰心を否定したり、信教の自由を否定しようと思っていません。だからこそ15さんと「同じ立場ではないか」とも記しました。しかし、その後の15さんの反論などを見ると、今ひとつ、何を問題にしているのか、私には理解できなかったのです。「あなた達よりは(自分の方が)相手の気持ちを考え大事にして生きていますよ。」などと書かれると・・・ねぇ。だからこそ「批判のポイントを整理して、趣旨を理解して、落ち着いて、批判してください。」と記しました。まあ、その後15さんからは、嫌になったのか返信はありませんが・・・。

 macchanさんが「事態の深刻さ」という言葉を遣われましたが、科学が発達した現在、何故、今多くの人が新興宗教にはまるのか?何故、あの時自分が秀明会にはまったのか?

 自分の場合は友人の勧めもあったのですが、結局「ただ何となく・・・」としか言いようがありません。多分、どこかに本物の神様がいて、いつかはこの世の終わるが来るかも(あの時は1999年以前でしたので)・・・と、どことなく信じていました。

 宗教に入る(はまる)理由は人それぞれでしょう。「誰かを救いたい」「自分が救われたい」「ただ何となく」など。しかし、テレビのゴールデンタイムで、平気で占い番組や「あなたの後ろに守護霊が・・・」などと、他の人では検証できないような事柄を扱う番組があることも、原因の一つではないかと思います。でも、そこまで論点を広げたら、キリがないのですがね。


[1752]失敗したらどうなるか
通りすがり
2005/10/6 12:57
>秀明会から脱会したら、家庭が崩壊する理由(お金がなくなる、時間が取られる)がなくなるから、家庭は円満になる。

脱会が成功すればそのとおりだと思います。
ところで、失敗したらどうでしょう。

脱会工作をする。
  →成功する
    →カルトから逃れ、家庭崩壊が免れ、お金や時間が減らなくなってハッピー

  →失敗する
    →邪神扱いされ、交際が断絶される。離婚、絶交、家庭崩壊の原因になる。

確かに、いままでの議論では、失敗したらどうなるか、についてあまり注目してこなかったかもしれません。

私自身は、いくつかの脱会工作をすべて成功させてきましたが、私の周りには、脱会工作に失敗し、上層部に報告され、追い出されるかのようにやめていった人もいます。

(まあ、その人はそれが功を奏し、結果的に幸せになったのですが。なお、私の提案は、そういう失敗例を観察し、なぜ失敗したかを分析した上で書いています。)

AさんとBさんは親友である。
二人の間はとてもうまくいっていたが、気がつくとBさんがいつのまにかカルト宗教神慈秀明会に入っていた。Aさんがそれに対し脱会工作をすると、Bさんには伝わらず、Aさんは邪神扱いされ、それまでうまくいっていた交友が断絶する結果になった。

じゃあ、これは行動を起こしたAさんが悪いのか?何もしなければ二人は円満だったじゃないか。

でも、友人関係なら、とくに何もしなくても良いが、夫婦や家族となるとそうはいかないよね。

macchanさんのいう深刻さとは、工作を仕掛けたときの失敗リスクが非常に高いことかもしれません。あまりに高いリスクのため、人によっては、相手がカルトに所属しているいまの状態のままでいる方がましだ、と思うくらい。

しかも上手く出来ていることには、新体制の神慈秀明会は、旧体制とは違い、信者がつらい思いをすることがたいへん少なくなっています。そういうふうに神慈秀明会が変えたのです。(「過去はともかく、いまはなにも悪い事をしていないでしょ?」)

このことも「脱会リスク」の向上に貢献しています。信者、未信者とも、「何もしないことが一番幸せ」になるように、神慈秀明会は方針を変更し、調整したようです。

「神慈秀明会に、ただいるだけで不幸な人」なら、「秀研」や「リセット」「家族を新興宗教から守ろう」を読んで、自分の意志で勝手に脱会していくかもしれませんが、「神慈秀明会で幸福な人」や「まあ、普通な人」の場合、脱会工作は「よけいなお世話」であり、すぐに「邪神の策謀」となってしまうのでしょう。

「神慈秀明会は教義としては完全に破綻しており、それが伝わりさえすれば理解はされる」

「しかし、人によっては話が通る前に邪神扱いされ、交友を断絶されるリスクが高い」

これからの議論には、この視点が必要になるかも知れません。

この前提で、やはりそれでも、私から提案するリスクの少ない方法は、「二者の関係で楽しさと信頼を保つ」「時期をまつ」「相手の自発的な気づきを誘導する」となります。


[1751]私が思うに
葉子
2005/10/6 10:43
秀明会にいて、家庭が崩壊しそう、または崩壊しているところはたくさんあるけど、
秀明会から脱会したら、家庭が崩壊する理由(お金がなくなる、時間が取られる)がなくなるから、家庭は円満になる。
そんな気がする。

[1750]もちろん
通りすがり
2005/10/5 19:52
>そうすると、まずは家庭が崩壊するからです。崩壊してからでは何を救うのでしょう?

もちろん、「家庭を崩壊させずに脱会まで誘導するにはどうしたらいいのか」という話を、私はずーーっとしているつもりです。

[1749]もう一度よく彼の投稿を読んであげてください
macchan
2005/10/5 19:00
事態の深刻さを最もよく理解しているのが彼かもしれません。

プーさんのご投稿を取り上げてご説明しますと、
「・・秀明会を批判したとしても、何ら問題ないじゃないですか?・・」
彼は秀明会が批判されることについては問題にしていません。問題はそのために信者が意固地になることです。そのために家族が崩壊したとなっては、元も子もない、だからとりあえず、信教の自由を尊重しないといけない、と言っているのです。脱会させ救う点は、私たちと目的は同じです。彼ほどその辺の深刻さを認識している人は、いないかもしれません。

「・・批判のポイントを勘違いしないでください。」
彼は信者には自分がだまされているという自覚がないと言っているのです。

通りすがりさんの
「・・・カルト宗教の中にいるかぎり、結果は社会悪です。だから、まずはカルト宗教をやめさせてあげるのです。その人の純粋な思いを否定するのではないのです。」
については、彼はそれはやったらダメだと言うでしょう。
なぜなら、そうすると、まずは家庭が崩壊するからです。崩壊してからでは何を救うのでしょう?

とりあえずこんな所で今日は失礼します。
彼とは他でもなく、15さんです。


[1748]悪徳いんちき霊感商法
根絶
2005/10/4 22:32

世界地上建設、人助け、思いやりの心、農業革命、
美術館による美の洗脳。

そういう一見 まともらしい事をいいつつ
その裏に隠れて
「我と執着を捨て、人を幸福にすれば幸福になれる、
 奇跡、きずいが得られる、(偽ゴールド、偽ダイア)
 小山一族に対する日々の感謝として、世のため人のた め」

こうやって 詐欺をはたらき、小山一族は、多額の献金をあさりとってきました。

あくまで小山一族の説く道徳性は建て前に過ぎません。

水道水が聖水になり、模写 切り貼りの 神体お屏風観音様が供養になります。と いって・・・。

正に 神慈秀明会とは 悪徳霊感商法 そのものです。


[1747]被害者はあくまで信者とその家族
プーさん
2005/10/4 16:10
 私ももう15さんからの書き込みがないのではと思っていたので、ちょっとびっくりしました。

 さて、15さんは「信教の自由」ととも「言論の自由」も当然あると書きましたよね。だとしたら、秀明会を批判したとしても、何ら問題ないじゃないですか?ましてや、これだけ破産・家庭崩壊・病死、その他大金を騙し取られたと感じて、さらには裁判を起こしている人もたくさんいるのですから、批判をしてもいいでしょう?

 次に15さんは、「実際私もあの状態の秀明会では何も出来ないと思ったから離れています」「昔からいる古い幹部さんは(お光りや御神体、お屏風観音様の切り貼りや模造のことを)知っていたとしても現在いる信者さん達は知らずにお導きしているわけですよね。それなのにこの掲示板では、みんな知っていて騙しているみたいな言い方をしているのが違うと思っただけです」とありました。この掲示板で記していることは、秀明会の信者一人ひとりを批判しているわけではありません。よくこのHPの内容や趣旨を観てみてください。批判の対象としているのは、カルト教団である秀明会そのもの。そして、詐欺行為を行っている幹部に向けてです。被害者は秀明会の信者や元信者であり、その家族です。批判のポイントを勘違いしないでください。

 そして、何度も申し上げますが、信者を「強制的に」もしくは「逆洗脳して」脱会させようなんて考えてもいませんし、できっこありませんよ。そうでしょう?このHPはそういう目的ではありませんよ。あなたの勘違いですよ。ただ、それぞれの家庭・家族がこのHPを見て、「強制的に」もしくは「逆洗脳して」脱会を試みることはあるでしょう。しかし、それはそれで、各家庭の問題。15さんも私もそこまで批判はできないでしょう?

 15さんの愛する恋人や家族がかなり問題のありそうな宗教団体や組織に入っていたら、どうしますか?それでも「自由だ」といって認めますか?

 また、秀明会に入っていて、秀明会に「騙された」「人生を台無しにされた」と感じている人の気持ちはどう汲み取ればいいのでしょう?「お前が悪いんだ」という言葉で済ませばいいのでしょうか?

 秀明会の間違いをどんなに知っていても、それでも秀明会に残っていたいという人がいれば、それはそれでいいんですよ。その人そのものを批判しているわけではないんですよ。何度も記しますが、信教の自由もあるのですから。ただ、家族や恋人が信者であったなら、どうすればいいのか、それを考えているんですよ。方法はいろいろありますよね。「強制的に」「逆洗脳して」だけではなく、もちろん「秀明会をもっとよく研究する」「なぜその人が秀明会に入ったか気持ちを理解する」「一緒に秀明会に入信する」「本人とよく話し合う」「説得をする」などなど。ただ、どの方法を選択するかは、それぞれ個人の問題。そこまでは踏み込んではいけませんよね。

 もう少し、批判のポイントを整理して、趣旨を理解して、落ち着いて、批判してください。


[1746]りんこさんへ。
葉子
2005/10/4 13:03
>1727 
しばらくこないうちに書き込みが増えてて、びっくりしました。

りんこさんへの回答が、岡田茂吉氏の文そのままにしたのは、私の文で誤解があってはいけないかな、と思ったからです。解釈も人それぞれで、昔(旧体制時代ですが)、助教師に解釈がおかしいと、締め上げられたこともありまして。やはり読みづらかったようで、申し訳ありませんでした。特に岡田茂吉氏を神と仰いでいるから、というのではありませんよ。

りんこさんの文を読ませていただいて、私自身、自分を反省させていただきました。
私が秀明会に入信したのは、少しでも病気等で困っている人を助けたい、救ってあげたいという気持ちからでした。
それが、入信し秀明会で学ぶうちに、自分の中に未信者に対しての優越感は確かにあった、と言えます。
傲慢ですねえ。自分でも情けなくなりました。

信仰は自分の中にあったほうがいいと思いますが、どの宗教がいいかは、やはりいろいろ試した方がいいのかもしれません。岡田茂吉氏もそうやって言ってますし。それなのに他の宗教をさせない秀明会こそ「欠点がある」からかもしれませんね。


[1745]15さんへ
パン
2005/10/4 2:53
15さんは、15さんなりに、幸せに素直に生きてください。それだけです。ジョセフマーフィーの本でも読まれたらどうでしょう??


[1744]好かれるって大事です
通りすがり
2005/10/4 2:05
成り行き上こんな話になっちゃいましたが、好かれるって大事です。

ちなみに私が「通りすがり」という一時的なハンドルをいまだにやめない理由の一つは、掲示板で顔が見えない相手に好かれる自信がないからです。嫌われちゃったら話を聞いてもらえないからそのときはとっとと退散するぞ、ってことです。 どんなに良いことを言っているつもりでも、嫌われたらどうしようもありませんので。


そういえば私が脱会工作をしてきたときも、「私という人間がその人に好かれること、嫌われないこと。仲良くやっていけること」をとても大事にしてきました。
嫌われると話も聞いてもらえないからです。

(それ以前に、秀明会の場合は、邪神扱いされると好かれていても話を聞いてくれなくなるというのがあるが)

おかげさまで、脱会対象者の皆さんとは良好な関係を築いたまま、無事脱会まで誘導出来ました。


>だけど間違いなく、あなた達よりは相手の気持ちを考え大事にして生きていますよ。

これについて、面白い現象を体験したことがあります。

相手に好かれているときは、別に相手のことを特別に思いやった言葉ではなかったのですが、ある言葉をふと言ったところ、相手に涙ながらに感激された、という体験がありました。

相手のため、という気持ちがそんなにこもっていたわけではなかったのに大感激されたわけです。私もびっくりしました。ならば、本当に心から相手のことを思いやったら、好かれていた場合、もっと相手に伝わることでしょう。

しかし嫌われている相手には、相手のためとどれだけ努力しても、その気持ちはまったく伝わらなかったどころか、逆効果だったという体験もあります。

相手のことを思いやる。それはとても素晴らしいことだと思います。でも、あなたが嫌われ者だとそれは誰にも伝わらないどころか、逆効果に終わります。そういう体験、してきていませんでしたか?

しかし、あなたが好かれ者になれば、あなたが相手を思いやる気持ちが、実際に相手のためになる率は、10倍にもふくれあがるでしょう。

ですから、せっかく「人を思いやる」心があるのなら、「嫌われ者」はやめたほうがいいですよ。


似たような話で、純真な気持ちでカルト宗教の活動をする。それがどんなに純粋で真摯な気持ちであっても、カルト宗教の中にいるかぎり、結果は社会悪です。だから、まずはカルト宗教をやめさせてあげるのです。その人の純粋な思いを否定するのではないのです。

正しい宗教や、宗教でなくても一般社会で純粋で真摯に生きたら、そこでこそ、その人の純真な心は世の中に良い影響を与えるのでしょうから。



[1743]書き込み規制?
fujiya
2005/10/4 1:51
 1737の15さんの書き込みは意味不明だ。
 本当にこの人の思考回路はどこかがショートしているのかも知れない。
 15さんに対して書き込み規制をかけることもできますが、この人がどれくらい「変な人」なのかも見きわめたい気持ちもあるので、このまま放置しておきますが、皆さんそれでよろしいでしょうか?
 書き込み規制をすべきという意見が強ければ規制しますが・・・。


 1735の微妙な位置さんの書き込みですが、

 祖母にあたる方は、秀明にとってまたとない「金づる」にされているようですね。
 個人の自由と言ってしまえばそれまでなのですが、献金がカルトの活動資金に利用され、また新たな被害を発生させることにもつながっていますので、できれば何とか止めさせたいところです。

 まず第一段階として、お父様に神慈秀明会がどのような団体かを知って頂き、祖母さんへの資金提供を止めてもらう。
 第二段階として、資金提供をなぜ止めたのかをお父様と祖母さんに十分話し合ってもらう。

 というところから始めていく必要があるでしょう。
 長年、秀明会を信じてきた祖母さんに秀明会の実態を知ってもらうのは大変でしょうが・・・。


[1742]もひとつ
通りすがり
2005/10/4 1:08
>読解力がないのはあなた達だと思いますよ。
>自分たちに批判的な文章が出れば直ちに憤慨し排除に出て何も理解しようとしていないではないですか。

あなたが変わり者で嫌われ者だから、理解してあげようという気持ちがだれも起きないだけです。別に文章が批判的だからではありませんよ。

別に変わり者をやめる必要はないけど、嫌われ者はやめた方が良いですよ。変わり者で好かれ者になった方がいいです。

このサイトは、「家族を新興宗教から守ろう」ですから、「愛する家族をカルト宗教から奪回しよう」がテーマで、ここの住人は、愛する人ならば多少変わり者でも理解してあげようという気になる人たちばかりです。

家族(=好きな者)ならば、批判的な事を言ってきても一生懸命理解してあげますよ。

でも、嫌われ者のあなたを理解してあげようという気には、だれもならないんだと思いますよ。


[1741]あ、忘れてた
通りすがり
2005/10/4 0:54
>でも、馬鹿とか暴言はいてたら、どこへいっても嫌われます。まずは言葉を直したほうがいいですよ。

あ、忘れてました。2chという掲示板なら、言葉を直さなくても受け入れてくれます。馬鹿とか書くとむしろ喜ばれます。そちらに行かれたらいかがですか?


[1740]15さんへ
通りすがり
2005/10/4 0:48
>確かに私は変わり者ですよ。だから秀明会にもなじめなかったんでしょうね。

あなたは秀明会で相手にされない変わり物だった。
この掲示板でもまったく相手にされていない。

いったいどこなら、あなたの主張が素晴らしい、あなたという人間が素晴らしいって認めてくれるんでしょうね。

この掲示板はそういうところではないですが、きっとそういう場所がどこかにありますよ。
そういうところがいつか見つかるといいですね。
(ただ、インターネット上には無いかも知れませんよ)

でも、馬鹿とか暴言はいてたら、どこへいっても嫌われます。まずは言葉を直したほうがいいですよ。


[1739]皆さんですよ
15
2005/10/4 0:40
読解力がないのはあなた達だと思いますよ。自分たちに批判的な文章が出れば直ちに憤慨し排除に出て何も理解しようとしていないではないですか。それに通りすがりさんの言い方は、自分の言う通りにしていれば間違いないと聞こえました。確かに私は変わり者ですよ。だから秀明会にもなじめなかったんでしょうね。だけど間違いなく、あなた達よりは相手の気持ちを考え大事にして生きていますよ。


[1738]macchan さんとのケースの違い
通りすがり
2005/10/4 0:15
> ただ、私の経験は、あくまで「私のような人間」が「私が脱会させてきたような人間」に対して行って成功してきたものであるので、macchanさんのケースでそれがそのまま使えるかどうかは分かりません。

macchanさんと私とのケースでは、やはり大前提に大きな違いがあります。

(1)私は脱会対象者を特定していない。

例えば自分の周りに10人の人がいたとき、そのうち数人が「この人脱会対象者になるかな?」という気配を出し始めますので、その人に対し行動(自分から興味を持って質問してくるようにし向ける)をします。

それに対し、macchanさんは、特定の一人をどうするか、ということが前提ですので、ここが大きく違います。

ちなみに、私は脈がありそうな人だけに低リスクなアクションを起こしましたので、対象者は脱会し、それ以外の人は、私自身が脱会宣言するまで、私が脱会活動をしていたことも知りませんでした。

(2)私の方が詳しい人

私は、「み教え」に関しても「離脱の神意」に関しても、脱会対象者よりも詳しい人であるという関係でした。

それに対し、macchanさんよりも「彼女」のほうが、神慈秀明会に詳しいわけですから、この点も違いますね。


やはり、私とmacchanさんでは前提がかなり違うため、やり方をそのまま流用は出来ないでしょう。

しかし、それでも「低リスク」なアプローチとしての
「二者の関係で楽しさと信頼を保つ」「時期をまつ」「相手の自発的な気づきを誘導する」
といったた方法は、なんらかの参考になると信じ、お伝えしておきます。


[1737]はー?
15
2005/10/4 0:11
管理人の発言ですよ。退場すると言っておいて書き込むのは自分の言葉を守れないと言っていますよ。それに対して書き込みがあったから答えたって言ってるんですよ。日本語通じないのはあなたですよ。まー最初から相手の気持ちをないがしろにしている人間ですから仕方がないことですがね。


[1736]macchan さんへ
通りすがり
2005/10/3 23:56
> 通りすがりさんは、リスクについての配慮があるのかないのか・・・現場の者にはピンと来ません。

なかなかねえ。単位時間当たりの情報伝達量が非常に少ない「掲示板」という方法では、私が伝えたいことが少しづつしか伝わらないものですね。

リスク回避という主題では、この掲示板ではあまり書いてこなかったと思います。

私が考えるリスク回避のこつにはふたつの面があり、「もっともリスクの少ないタイミングを計る」という事と、「もっともリスクの少ない話の持ちかけ方を見抜く」ということで、これはネットの向こうにいる我々がマニュアル化する事は不可能で、現場の人だけがその場の判断でのみ可能なことではないかと思います。

ただ、私が、「二者の関係で楽しさと信頼を保つ」「時期をまつ」「相手の自発的な気づきを誘導する」ということを提案してきたのは、出来る限りのリスク回避を行いながら行動を起こす方法としての提案です。
(リスクはあるが行動は起こさなければいけない。その行動をどのように起こすか。という前提です。)

私も、いろいろな提案をしますが、私自身、オフラインで何人かの秀明信者を脱会させたり洗脳を解いてきた経験(*)があり、その経験上での提案になっています。
私のやり方は、「相手が聞きたいと思った事に対し、ひたすら返答する。」(ただし、相手が自発的に聞きたいと思うように、多少誘導する。)ということを繰り返してきただけです。

神慈秀明会の素晴らしいところは、教義が完全に破綻しているので、質問さえしていただけば簡単に疑問を持って頂けることです。

ただ、私の経験は、あくまで「私のような人間」が「私が脱会させてきたような人間」に対して行って成功してきたものであるので、macchanさんのケースでそれがそのまま使えるかどうかは分かりません。

ですから、私は、私が体験的に知っている事が、ほんの一部でもなにかの参考になれば、という思いで書いています。

最終的なリスク回避の具体的な方法は、どうしても現場の人に、現場にて「タイミング」と「方向性」を計って頂かなければいけません。こればかりは手伝えないのです。

ただ、私のやり方は非常にリスクは少なかった、と感じています。

(*)「脱会させた」などとかくと、15さんのような人には、拉致監禁して強制的にやったように見えるのでしょうね。私があつかった方は、みなさん1年以上の期間を費やし、自然な会話の連続の結果、最後には喜びを持って神慈秀明会と縁を切りました。

「采根譚講話」 良さそうな本ですね。秀明信者奪還のような殺伐とした話以外、日常生活でもとても参考になるような気がします。



[1735]これはどうなのでしょう・・・
微妙な位置
2005/10/3 23:40
ちょっと話したかったので書き込ませてもらいます。うちは今私と妻、息子、父との4人暮らしです。そして父の母(別居ですが)が熱心な秀明信者です。
過去に自分の土地を売り1千万もの献金、その後も自然食品の購入などをしています。
私が宗教嫌いなのを知ってるためか勧誘はありませんが、この間父からの話を聞いて疑問に感じてしまいました。
その疑問とは・・・祖母は現在の収入を(年金等)全て秀明に献金している。そして生活費もろもろ(光熱費・灯油代・建物購入代金・固定資産税・祖父の墓・祖父の葬式、法事)は父が負担している。
父も宗教には抵抗があるので献金などは絶対にしないが、これは間接的な献金では??と感じてしまいました。
父にとって祖母は肉親ですから面倒をみるのもわかります。しかし自分の収入を献金に使用し、父の人の良さを利用しているようでなりません。
信者にしたら「そういう親孝行的な気持ちが献金による幸せ」だとか言われてしまわれそうですが、実際父は金銭的に辛い様子です。
「親への援助」という面でやめろとも言いにくいですしね。改善するには何かいい案はあるのでしょうか。


[1734]変は変だが回路は同じ
通りすがり
2005/10/3 22:57
ただ、15さんの思考回路は秀明会の思考回路とかなり一致しています。

15さんは精神が幼く、文章の読解力や作文能力が著しく低い上、自分でそれを気づいておらず、そのくせ横暴で大いばりしており、表現も凶暴なので「変な人」扱いなのですが、この人の言っていることを非常に丁寧で上品、理知的にしたらたしかに秀明会信者になります。

秀明会信者の思考回路に関する話は、また後日、ゆっくりさせて頂きます。


[1733]変な話ですが
通りすがり
2005/10/3 22:37
fujiyaさん、私がこんな事を書くのも変な話ですが、15さんというのは、神慈秀明会の信者として見ても、そうとう変な人の部類に入ります。

こういう人が神慈秀明会の中で尊敬を集めるかというと、そんなことはありません。この人は秀明会の中でもつまはじきにされると思います。確かに秀明会はカルトなのですが、こんな人が尊敬されるほどそこまで気の狂った宗教ではありません。

仮にも、fujiyaさんの奥さんや、この掲示板のsakulaさんなどが、一度は良いと思って入った宗教なのですから、ちょっとは良いところがあるのです。

15さんのレベルの人間を、神慈秀明会の標準としてとらえてしまうと、逆に標的を見誤るかも知れません。

結論としては、15さんは、神慈秀明会と関係なくそうとう「変な人」ということです。
この掲示板をROMしている現役秀明信者も、15さんには苦笑いしていることでしょう。


[1732]奇跡
fujiya
2005/10/3 22:31
 「宗教と奇跡」に関連して少しだけ意見を述べさせて頂きます。


 宗教に奇跡を期待する気持ちが分からない訳ではありませんが、その気持ちの背景に自分自身に対する甘さがあると言ったら言い過ぎでしょうか?

 「困った時の神頼み」という諺もあるように、人間は窮地に立たされたときには他力本願の気持ちから、こうした感情を抱きがちですが、冷静に考えてみれば、これはかなり身勝手な感情なのではないでしょうか。

 もちろん世の中には自分がどんなに努力しても思うようにならないこともたくさんあります。突然の事故や災難に見舞われることもあります。このような時にはつい神様を恨んでしまう感情が生まれることもあります。

 でも、人間が本当に「その気」になって頑張れば、大抵のことは可能なのではないかと思います。問題は「その気」になれるかどうかにかかっているように思います。
 事故や災害に遭っても、その逆境をはね返し、強く生きている人たちもたくさんいます。
 最善を尽くすことなく、神様の奇跡に期待を寄せることは単なる現実逃避、自分の努力不足を神様の奇跡で補完しようとしてるだけなのではないでしょうか。


 もし「本当の神様」がいて、その神様は人々の願いを聞いて次々と奇跡を連発し、人々がそれによって幸福になったとしたら、その神様は良い神様なのでしょうか?
 私はそのような神様は人間を堕落させるだけでしかないと思います。
 人間は自分の頭で考え、自分の体を使って切磋琢磨して生きていくから発展があるのであり、神様が奇跡で幸福を安売りすることは人間から努力を奪うだけです。


[1731]日本語が通じない・・・
fujiya
2005/10/3 22:21
 15さんには日本語が通じないのでしょうか?

 私は15さんに、「ここに書くな」等とは言っていません。
 アンチカルト掲示板に意見を書くのであれば、その趣旨を理解し、「礼儀と節度」を持って書き込むべきだと言っているのです。

 他人を平気で馬鹿呼ばわりするあなたの態度は「礼儀と節度」にかなっていますか?


[1730]管理人も馬鹿ですね
15
2005/10/3 21:55
ここの書き込みで振って来たから書いただけでしょう。書き込まれるのが嫌だったら振らないでください。

[1729]自分の言ったことすら守れないとは
fujiya
2005/10/3 21:35
 本業が忙しくて、掲示板への書き込みがしばらくできませんでした。


 15さんは、1693で、「皆さんが不快を示しているので私は退場します」と宣言したのに、また戻ってきたんですか?
 自分の言ったことも守れないのは、社会人として失格ですよ。
 まあ、ここに来てアンチ批判の意見を書けば皆さんが相手をしてくれるので、寂しくはないでしょうから、その意味では15さんがここに来る意義はあるのでしょうが・・・。
 ここはアンチカルト掲示板です。誰でも自由に参加できる掲示板ですが、15さんもここの名前を見て、何を目的にしている掲示板かは分かりますよね?
 私は、カルトの実状を暴露し、カルト被害からできるだけ多くの人を守っていきたいという思いでこうしたサイトと掲示板を運営しています。

 1708に元T支部信者さんが15さんに宛てて書かれている、

>ただここのコテハンの意見を尊重した上で、礼儀と節度にのっとって秀明擁護を展開していただけるのでしたら大歓迎なんですけどね…。

 このご意見を15さんはどのように受けとめているのでしょう?
 アンチカルトの観点に立った論議を行っていく過程では、カルトの活動を知るために多くの情報を必要とします。15さんがそうした観点で、「秀明にはこんなに良い面もある」、「秀明が犯罪行為をしてきた背景にはこんな理由もあった」等と秀明を擁護する意見を書かれるのでしたら、それは意味のあることです。
 でも、あなたが書かれているのは単なる「あげ足とり」であり、この場に於いて何ら益とはならない意見です(意見といえるほどのものでもありませんが)。
 「礼儀と節度」のない人は、どこの掲示板に行っても嫌われます。

 二言目には、「批判的な意見を言う者は排除するという態度は・・・」と言って自分に対する批判をかわそうとしますが、あなたの書き込みは「批判的意見」等と言えるものではなく、単なるイチャモンをつけているだけなので、読んでいる人がうっとうしく感じるだけです。

>あなたは相手の気持ちを考えたことがあるのですか?

 15さんが1724に書かれたこの言葉は、そのまま15さんにお返ししたい言葉です。
 秀明被害に遭って苦悩している人たちの立場に立つことが少しでもできるならば、あなたがここに書き込まれたようなことは言えないでしょう。
 あなたが秀明を好きなのは勝手ですが、秀明のために多くの人たちが涙を流し、苦しんでいる事実があり、あなたがどんなに秀明を擁護しよう、秀明の責任を個人の責任に転嫁しようとしても無駄です。

 あなたはあまりそうした意識がないのでしょうが、多くの人はあなたの書き込みを見て、「秀明信者の程度はこんなものなのか・・・」と思っていることでしょう。
 あなたの一連の書き込みは、「秀明信者」の品格を落とすことには役だっていますので、その意味ではアンチカルト掲示板にたくさん書き込んだことが無駄ではなかったのかも知れません。

 ついでに言わせて頂くと、文章を書くときは適度に改行して書くと読みやすくなります。他の人に読んでもらえる文章を書きたかったら、文章の書き方ももう少し勉強しましょう。

 もう一度言いますが、ここは、「アンチカルト掲示板」であることを忘れないでください。


[1728]ご参考になれば幸いです
macchan
2005/10/3 19:15
「采根譚講話」大浦貫道著、百華苑刊から引用しました。
通りすがりさんは、リスクについての配慮があるのかないのか・・・現場の者にはピンと来ません。


第十九講 悪を攻むるに厳なることなかれ

「人の悪を攻むるに、太だ厳なることなかれ、その受くるに堪うることを思うを要す」

 この章は教育家あるいは先輩といったものに対する誡めである。
 人間を教うるについて、叱ったり鞭うったりしてはダメだというのである。
 人間の性格は多種多様である。気の速いもの、気の遅いもの、利巧なもの、鈍いもの、冷たいもの、温かいもの、器用なもの、無器用なもの、千種万態、これが人間の社会の構成である。
 さて自分はかれよりも、一日の長ありとして、これを教え導かんとすることは、まことによいことであるが、ここで誡むべきは、先輩ヅラをして、かれの未熟なところ、かれの悪僻を攻むることは大いに注意しなければならぬ。せっかく善意でやっても、教うる処が高ければ、耳に入らず、時あって反って抵抗反撥させる。
 人間の悪僻にはいろいろある。盗僻、酒僻、婬乱、貪乱など挙げれば限りがないが、人に迷惑をかけるものの第一は盗僻である、筆者の先輩が、この盗僻を矯正するについての苦心談を聴かされたことがある。それによれば最後は自分も盗僻あって困った、ということから、その更生に骨を折ったという次第を説いて聞かせてやると、心がほぐれて来て、相談をもちかけるようになったということである。
キリストは
「汝等のうち罪なき者は打て」
と叫び、聖徳太子は
「人として甚だ悪なるは鮮し、よく教うればこれに従う」
 と仰せられている。人に教うるには技術があり、ツボがある。
 崇敬する、ある感化院長の話に、
人間を教育するには漁士が鰤(ぶり)を釣るようにせよ、といっている、説明によれば、魚をとるには網と釣と二タ通りあるが、これは釣の方である、いわゆる一本釣りである。
 下手な漁士は、鰤を釣るに餌をつけ、喰いつけば、直ちに釣りあげようとするが、鰤は、魚類中の大物、その巨大な魚がうかとすれば、人間を海中に引ッ張りこむほどの力をもっている、引ッ張りこむまでもなく、糸をきって逃ぐる。そこで上達した漁士は餌に喰いついたと見るや、糸をのばしてやる、三間、五間、十間とのばされるだけのばす、のばしながら強く引くと、アギトにかかった釣針が深く喰いこむ、かくて延ばしたり、引いたりしているうちに、さしもの鰤も、だんだん力が弱くなってくる、そこを見定めて、たぐり寄せるのである、いうは易いが、これを会得することはなかなかである。そこでこの感化院長はいう。教育という、「美事美徳」もそうだ。相手の性格は千差万別である、心して取扱うことである。 


[1727]葉子様へ
りんこ
2005/10/3 10:18
  お返事ありがとうございました。明主さま信仰をしている方が、岡田茂吉氏を神と仰いで、言葉のまま回答された、と思います。内容に関しては、よくわからない事もあるのですが、ここはアンチカルト掲示板であること、そして、私の宗教観を述べる場所ではないと思いますので、これ以上の意見は差し控えたいと思います。書き込みにお時間がかかったでしょう。どうも、丁寧なおこたえ、ありがとうございました。


[1726]根絶さんの
sakula
2005/10/3 1:22
元妻さんと信者時代の私は全く同じ考えでした。今の生活、主人が健康で働いていられるのも明主様のおかげであると。
 
この事は、主人が秀明に対しての不満を私に言った時に「今の幸せ(健康とか、仕事がある事など)があるのはこの信仰しているからだと思っています。」と一度だけ言ったのです。

それを聞いた主人は猛反発。今の仕事での評価は自分自身が必死で頑張ってやってきたからだと。
当時の私は「なんて感謝のない人なんだろう。明主様申し訳ございません」みたいな(笑)。

私は本当に秀明をやめてよかったと思っています。
私の入信動悸は友人に奇跡の話しなんかを聞かされてちょっと興味を持ってしまったから。
あとたまたま体調も悪かった時などが重なって。

どうゆう宗教かもよく調べないで軽い気持ちで入信してしまい(純粋だった?)私は経済的に困難になりながらもやめて不幸になった人の話におびえ、やめるにやめられず精神的にまいっていたのです。

そんな時にこのサイトに出会って掲示板で皆さんのアドバイスを受けながら脱会出来たのです。
このサイトがなかったらやめる事は出来なかったと断言できます。

ですから、私のこの掲示板に対する希望は怖くてやめたくてもやめられない人や家族が〜とか、悩んでいる人が入りやすい雰囲気であればなぁ、と思います。

話は変わりますが、『宗教は〜』のみおしえを見てしまい気分が悪くなりました。普段は何もないのですが、これってトラウマになっているという事なのでしょうか?

葉子さんは悪意があって載せたわけではないので、気になさらないで下さいね。
あくまでも、私個人の問題なので。

P.S.
私の所属していた、拠点に資格者どうしの夫婦がいましたが、奥さんのほうは猛反対していた未信者の夫と別れて当時から行動を共にしていた信者の男性と結婚したと聞きました。その女性も3人子供がいた様です。
秀明の教えでは、不貞行為は先祖の怒りをかう許されない行為と教えられていたので、ショックを受けたのを覚えています。
まさか、根絶さんの元妻さんではないと思いますが。。。


[1725]無事到着です!
走る芸術家
2005/10/2 22:40
先ほど、無事に帰ってこれました。
今日の車内の信者たちはどちらかというと信仰の浅いおとなしい人達でしたので、仕事しやすかったです。
「参拝に来れば、天国なのに。」
って声を頂きましたが、私なりのやりかたで丁重に処理しました。
「二重就労うるさい時に宿直迫って何が天国だ!聞いて呆れるよ。」と、言いたいですが、
今日の相手は私のお客様の立場なので、当然、言える訳ありませんよね。
ついでに15さんのさっきの意見、秀明では今述べたような
世間でうるさくいわれている事を平気で宣導する動きだって起こっているのですよ。
これが元で会社くびになって、不当解雇の申し立てしたところで、会社勝つに決まってますから。
それでは、明日も早いので、おやすみなさい。


[1724]りんこさん
15
2005/10/2 22:15
あなたの仰っていることは自分の気持ちを相手に押しつけているだけですよ。あなたは相手の気持ちを考えたことがあるのですか?世間でもよく自分は外で仕事をしているのだから妻は家のことをやるのが当然という人がいますが、全く相手のことを考えていないですよね。それによって離婚や家庭が壊れている家庭はもの凄く多いですよ。それに秀明会より非道いことをやっている教団はもっとありますよ。何も知らないのはあなたですよ。


[1723]りんこさんへ 2
葉子
2005/10/2 21:35
>無で生まれて、無で死ぬと仮定すると、魂はなにも持っ ていけないわけですから、いいのではないですか?

という疑問ですが、秀明会では、死んで無になるわけではありません。霊となるのです。魂でもいいでしょう。どっちにしろ無になるわけではないのですから、霊は生きる時も死ぬ時も、どこまでも何か持っていることになります。それが、悪行を重ね曇りとなって付着していたら不幸になり、善行を重ねたら曇りが減り幸福になる。だから、今世のためにも来世のためにも善行をして曇りを減らそうとするのです。


[1722]りんこさんへ
葉子
2005/10/2 21:11
以下に、なぜ奇跡にこだわるのかの、みおしえをのせます。
長いし、少し読みにくいかもしれません。

『宗教は奇跡なり』
宗教と奇跡は切っても切れない関係にあることは、昔から幾多の文献によっても明らかである。もし奇跡のない宗教でありとすれば、それはもはや宗教とは言われない。何となれば奇跡は神が作るのであって、人間の力では一個の奇跡も作られ得ないからである。故に奇跡のない宗教は宗教としての存在価値はないわけである。ただ形式だけが如何に宗教的であっても、それは宗教的価値を喪失していると言ってもいい。
以上の意味において、偉大なる宗教ほど奇跡が多く顕われる事は当然である。奇跡とは換言すれば予期もしなかった利益が顕われる事である。それによって衷心から信仰心が湧起し、入信し不幸から救われる。これが真の宗教でなくて何であろう。百の理論よりも一の事実に如かない事はいまさら言う必要はない。今日の世相は敗戦による結果とは言いながら、社会悪の激増は勿論、特に将来の日本を担うべき青年層が不健全なる思想に禍され、混迷裡にある事実は寒心に堪えないものがある。その原因を衝けば唯物思想を金科玉条として教育された結果で、この誤謬に目覚めない限りとうていこの問題は解決され得るはずがない。然らば唯物思想を打破するにはどうしたらよいかというと、勿論宗教心に目覚めなければならないが、それには根本として見えざるところの神を認めしむる事で常にわれらが唱導するところである。とすればその方法はただ奇跡あるのみである。奇跡とは勿論人間業では不可能とされたものが可能となり、理論では絶対解釈ができ得ない事実を目の前で見せられるとすれば、いかなる疑惑も一遍に雲散霧消するのは当然である。
故に標題の如く「宗教は奇跡であり、奇跡は宗教である」と言い得るのである。従って奇跡によって神の存在を認識せしめ、唯心思想を育む以外、平和日本建設も社会悪追放も、予期の成果は挙げ得るはずはない。
―――

奇跡は神様しか起こすことはできないので、その奇跡がいっぱい起きる=神様が本当にいる、そばにいる、という証として、秀明会の人間は認識していると思います。神様は、もちろん明主様です。


[1721]背中に付いたゴミ
macchan
2005/10/2 18:07
・私は秀明会を、「背中に付いたゴミ」のようなものと考えております。
出来れば本人に気付かれないように、そっとゴミ(秀明会)を取ってあげたい。
そのために私はここにいるのです。

・敵に逃げられてしまっては、倒しようがない。
救いたい人に立ち去られては、救いようがない。
ですから、大変に繊細な神経を要する活動であると思っております。

・こつについては、ここに1冊の本がありまして、なかなか示唆に富む内容が書かれています。
その一つの章のタイプが出来次第、投稿させていただこうと思います。
どうぞお楽しみに。

以上


[1720]優越感
りんこ
2005/10/2 16:56
また、奇跡、とかこれは本当の世界一の宗教だという主張は、私にはなぜか空寒く聞こえます。その宗教に入っている自分は、人より神に近く、故に優れていると思いたい誘惑の裏返しなのか、現世で中々認められないコンプレックスの反動なのか、不安なのか、世の中の不公平へのリアクションなのか。。。
それでは、秀明にシンパシーを感じている人に聞きます。もし、これら全ての奇跡がないとして、まだ信仰心は変わらずありますか?ただ、心の平静を求める宗教であったらどうですか?どうして、そんなに声を大にして、「奇跡、超人明主さま」を説くのですか?普通にしていてはいけないのでしょうか?
こういうと、今の体制は違う、という事を言う人もいると思いますが、実際の根本は変わっていないと思いますよ。自分の霊格を上げる事以外は、したくない、という考えは変わらないはず。では、どうして霊格を上げたいのですか?来世いい生活で生まれ変わりたいから?では、そのいい生活って何ですか?くもりを恐れる理由は?病気になりたくない?貧乏がいや?死にたくない?くもりが不都合なのは、どういった根拠ですか?無で生まれて、無で死ぬと仮定すると、魂はなにも持っていけないわけですから、いいのではないですか?なにをそんなにこだわるのですか?世界滅亡?
。。。。と、秀明を他人事としてみている私は、なぞが一杯です。奇跡を論ずる前に、秀明シンパの人達に対する疑問がとってもあって、ここで聞こうと思ったのです。なにがこの世で治さなければならないことですか?
いつか死ぬ、と腹をくくれば執着もなくなると思うのですが。。。
やっぱり、その他大勢の大衆とは違うという感覚がいいのでしょうか?
私は、その他大勢の大衆なので、わかりません。


[1719]15さん、事情も知らずに言いすぎ
りんこ
2005/10/2 16:41
根絶さま
私も、公言しておりますように、自分は信じていないけど、家族が秀明の信者で、被害を被った一人として、15さんの貴方に対する「元妻は、愛情を感じなかったのかも」とか「相手を理解する努力を欠いていた」みたいに言う意見について、とっても憤りを感じます。ましてや、離婚してしまって、という事実がある夫婦間のことを、若くて何も経験をしていないような他人(実際の年齢は知りませんが、とても狭く、幼稚な意見、かたよった人間性がそう思わせます)が貴方の離婚について、後でお門違いの意見もどきを言っており、少し言わせて頂きます。
まず、企業戦士の夫をもった妻なんて、腐るほど大勢います。皆は新興宗教に入信しているでしょうか?ましてや夫がかまってくれないからって不倫なんてする人、います?これは、貴方対秀明の妻だからではなくって、偶々、根絶さんの元妻の方が人間的に幼稚だったからだと思います。私の夫も、根絶さんと同年齢で、ある企業の幹部になりました=とてもモーレツに仕事をしてきた人です。しかし、彼もやりたくてやっているのではない、家庭に帰りたいけど、養うのは自分だと思っているので、長時間仕事をしているのは、仕方ない、と思っています。また、寂しいからといって、宗教に頼るっていうことは、普通ありません。生きがいを見つけるか、友達と行動したり、また家に帰ってきたら、夫の気分がいいようにします。だから、貴方の愛情が足りなかっただの、はただの詭弁で、要するに、人間性の問題だと思います。大人の女性なら、そんな構ってくれない、なんて甘えたこと考えませんし、子供じゃないんだから、そんな事、わかるべきです。
まして、不倫をするなど、そんなこと、根絶さんのやったかも知れない(15さん曰く)ことと比べて、言語道断。3人の子供の親権が根絶さんに行った事で、どういった離婚状態であったか、はっきりしています。非がある、と認められる場合は、完全なる親権はまず、特に父親へは行きません。
ここで言いたいのは、こんなことを掲示板の対話で「元妻への対応が悪かった」などどいう独りよがりの幼稚な意見を述べる事自体、ばかばかしくってこの掲示板の品格が落ちます。
人間はなにかに頼らなくてはいけない、それが秀明だっただけ、とはなんか悲しい、お寒い意見です。そんな弱い自己中心な、他力本願な人間性や人生、でいいのですか?この世には、昔の賢人が言っているように、一人で生まれ、一人で死にいきます。病になっても1人で受ける覚悟なくしては、何も開かれません。結局は、人生全てを受け入れる、ということがなくては、なんの宗教をしようと、安心と幸福を手に入れることは絶対ありえないでしょう。じっと影で忍ぶ、という事が出来ないことが問題ではないでしょうか?
秀明の人がよくいう「奇跡」が、私は理解できません。
秀明の人に聞きますが、どうして信仰をする、つまり神を仰ぐ時に「奇跡」が必要なのですか?そんな証明と特別扱い的なことがないと、信仰ができないのですか?それは、本当の信仰ではないのではないですか?いつも私は、その疑問を持ちます。どうして、「病気が治った」り、「運が良くなった」り、「事故で助かった」りする事が、信仰をもつのに必要なのですか?そして、それを誇りに思っているのでしょうか?神を信じるということは、全てを神の手に委ね、何があっても大いなるご加護の中にあり、この身をゆだね、神をただ畏れ信じることが信仰者としての態度ではないですか?
正直言って、秀明関係者が「奇跡」と言うたびに、明主様信仰(?)がとっても安っぽく、粗野に感じるのは私だけでしょうか?まるで、バナナの叩き売りみたいに「はいはい、この病気が治った奇跡の宗教ですよ、いいですよ」って、神様を人間のように扱い、そこには畏敬の念が感じられません。「貴方に奇跡を見せたかった」といった方もしかり。神様って、秀明の人にとっては、何なのかな?と思ってしまいます。奇跡という神様からの「自分が特別待遇を受けている」という確証を得られるものがなければ、信仰って出来ないのですか?
根絶さんに戻りますが、私生活のことで、他人があやこや言うのって、とても不愉快だと思います。私にも失礼がありましたらお許しください。ただ、私も家族を失っておりますので、このことだけは本当に、思いやりのない、横からの傲慢な無神経な発言、久しぶりに腹が立ちました。お許しを。


[1718]15さんへ
根絶
2005/10/2 14:59
ありがとう。
そこが ね。
カルトの 問題点なのです。
私の前の妻は 純粋すぎた。
一般社会生活にになじめなかった。

で・・ついつい 宗教にのめりこむ。

それが たまたま 悪の 秀明だった。
人の弱み
そこに つけこんで 家庭を 崩壊させるのが
カルト宗教なんですよ。

この サイトは 自分に 強くなれ。
カルト宗教には 負けるな。

これが この管理人 fujiyaさまの 
いいたいことなんです。

他に まだまだ素晴らしい宗教はあるはずです。


[1717]根絶さん
15
2005/10/2 14:20
根絶さんが奥様をもの凄く愛していたとしても、奥様から見て愛されていると感じなかったのかもしれませんよ。お給料を献金に差し出してしまったのは行き過ぎだと思いますけど。私は皆様に本当に救っていきたいと思うのならば、相手の気持ちも考えてあげてくださいと言いたかっただけなのです。人間(日本人は特に)何かにすがっていかないと生きていけない人が多いのです。秀明の信者はたまたますがるものが秀明になっただけなのですよ。


[1716]もしよければ試してみて下さい2
通りすがり
2005/10/2 14:13
こつは、

・「なぜこの人は質問をしてくるのか?秀明会に興味があるからかな?」と思わせれば邪神扱いは避けられる。

・ただし「最終的に、私はあなたがどう考えているのかを知りたいのだ」という姿勢は崩さない。教義がどうなっているのかで質問を終えるのではなく、「その教義に対してあなたはどう考えているのか?」まで、質問を踏み込む。考え方の矛盾を引き出し、彼女の腹の奥に潜む「秀明会への不信感」の存在をつかむのが重要だからだ。


・質問を繰り返してくると、本人は自分の知識だけでは回答が出来なくなり、「上の人」に質問をするようになると思うが、この「上の人」には嫌われないようにする。もし拠点で上の人に会うことになっても、この人の前ではよけいな質問をせず、素直な自分を演じて、「あの子、いい子ね」と思われる方が良い。

なぜなら、何とかしたいのは「彼女」だけで、上の人をやりこめるかどうかなどは関係ないからだ。出来るだけ「上の人」には邪魔されない方が良い。

・あなたが質問をし、彼女が答える。この行動に対し、彼女がストレスを感じることなく、「楽しい」と感じるように調整する。楽しくメールをやりとりしているうちに、いつのまにか楽しく「自分の矛盾に気づく」というように調整してみる。


・彼女に、秀明会の真実を教え、怒濤の勢いでたたみ込むことが出来る日が来るとしても、それはずっと未来のことだと思い、そのチャンスを気長に待つ。

その際、「なぜ見るなといったのに見たのか?」と聞かれたら、「でもインターネットで「神慈秀明会」検索したら、こんな情報ばっかりだったよ。みんな信者か未信者が書いていた(救世教や真光の人が書いたのなんか一つもなかった)」と答えられることが強みである。



私からはこんな感じです。いろんな方法があると思いますが、私からはこんな方法を提案しますので、なにかの参考にしてみて下さい。



[1715]15さんへ
根絶
2005/10/2 14:09
ありがとう。15さん。
そうですね。
私は 仕事中心の 男でしたからね。

でもね。違うのです。
一生懸命 妻を 愛したつもりでも・・

私が汗水たらして 働いた給料は 献金に・・・。

『あなたが こうして 健康で働けるのも 秀明のお陰です。』って・・

まるで・・一家の主人は 秀明さんに なって しまうんです。

それで・・
今は まともな 素晴らしい 女性と 再婚していますがね。。

15さん・・。
あなたは 若すぎる・・
秀明は 家庭を 崩壊させます。
これは 結婚してみれば 必ず わかることです。 













 


[1713]追加
15
2005/10/2 13:57
そしてご家族がどうして秀明会に入ってしまったのかを考えて、その原因を一緒に解決していかなければ脱会はあり得ませんよ。


[1712]根絶さん
15
2005/10/2 13:54
奥様が秀明にはまった原因を考えたことはありますか?何もないのにはまるとは考えられませんよね?何か不安や悩みがあったはずですよ。それに気づいてあげられなかったあなたにも責任はあると思うのですがいかがですか?確かにそこに付け込んで献金させていたのは悪いと思いますがね。しかし、それをあなたは全て秀明会が悪いというのは一方的すぎると思います。ここに来て家族や身近な人が秀明会に入っているという方にも言えることですよ。


[1711]15さんへ
根絶
2005/10/2 13:47
15さんって・・。
なかなか 骨のある 人ですね。
気に入りました。

どんどん 疑問を ぶつけてください。

では・私から・・
よおく 耳の穴 かっぽじって聞いてください。
私は 45歳の公務員です。
平和な 家庭を 秀明に 崩されました。

知らない間に 妻が 300万献金していました。
妻は 家事を 育児を ほったらかしにして
秀明の 男性信者と 不倫しました。

それで 離婚しました。
3人の 子供は 私が親権を とりました。

だいたい妻は 純粋でした。
それで この 秀明の 罠に まんまと・・・。

まあ・・15さんに いっても この気持ちって・・
伝わらないでしょうね・・・。


あとは・・他の みなさまに・・
お願いします。


[1710]もしよければ試してみて下さい
通りすがり
2005/10/2 13:40
>以下に、先程彼女から来ましたメールをそのまま掲載いたします。
>「・・・明主様について調べる、との事。もしかして、世界救世教や真光に、明主様の御教え等が出てるかもしれませんが、絶対に読まないで下さい。
>..**さんは、変に思うかもしれませんが、救世教等には、絶対に触れないで下さい。くれぐれも、見たり、読んだりはしないで下さい。・・・」


この方には、「なぜですか」と質問をして、その回答を引き出させるほうがいいのかもしれませんね。

自分で言っていることが自分でおかしいと認識させるためです。本人も、言った直後は分かりませんが、話を進めていくうちにそのおかしさを自分でも自覚してくるかもしれません。

ポイントは、こちらの言っていることがおかしいと相手に思われるとこちらが邪神になってしまうので、こちらはあくまで「常識的」な「質問」をし、その質問の「回答」が「常識的におかしい」と「自覚(ここが重要。指摘ではなく自覚)」してもらう日をまつ、というやりかたです。

常識的な質問も、あまりくどく繰り返してしまうと逆にあやしまれてしまうので、ほどほどなところで引くことも重要です。

回答されたその日に自覚してもらえるとは限りません。数日後に気づくかも知れません。また、別の話題に関する質問をして、その質問の結果が、以前の質問の返答と矛盾していることで本人が気づくということがあるかもしれません。

これはとても穏やかで時間も手間もかかるやりかたですが、もしよければ試してみて下さい。


[1709]危険とは?
15
2005/10/2 13:20
オウムと同じくらい危険だとは、何を指してのことなのですか?秀明会が日本転覆を狙いクーデターでも起こそうとしていたのですか?それにそこまで危険だというなら、ここで発言している人たちを集めて、宗教法人の認証取り消しの裁判でも起こしたらどうですか?ここで小さく集まってこそこそ批判しているよりも早いですよ。あなた達がそこまでの確証を持っていたらの話ですけどね。

[1708]追加
元T支部信者
2005/10/2 13:12
ただここのコテハンの意見を尊重した上で、礼儀と節度にのっとって秀明擁護を展開していただけるのでしたら大歓迎なんですけどね…。


[1707]15さんへ
元T支部信者
2005/10/2 13:07
>批判的な意見を言う者は排除するという態度は、あなた達が嫌うカルトと同じですよ。

最初からこの掲示板の存在自体を排斥、全否定してきたあなたから言われる筋合いではないと思いますが?


[1706]15さんへ
根絶
2005/10/2 10:34
日本は 法治国家です。
悪を野放しにしていると 無法地帯になってしまいます。

秀明会は サリンのオウムと 同じくらい 危険な教団でした。
たまたま オウムが 先に 捕まっただけで・・
それを 察知した 変わり身の早い秀明は 自らが捕まる前に すばやく新体制にし、忌まわしい過去を、封印しました。

オウムは 罪の清算を 行いましたが、秀明会はそれが
まだなされていません。

これは、法治国家にあっては ならないことです。
秀明会が その罪をちゃんと認め、謝罪、弁償、慰謝料などの行為を行うまで、この サイトは 続いていきます。

わたし達は、カルトでは、ありません。
15さんが ほんとうの 秀明会を知らないだけです。
 


[1705]一つ言っておきます
15
2005/10/2 8:29
批判的な意見を言う者は排除するという態度は、あなた達が嫌うカルトと同じですよ。結局あなた達はカルトと一緒なんですよ。馬鹿なあなた達は傷を舐めあっていてください。


[1704]元某支部
パン
2005/10/2 7:33
今だに秀明会に居る友人に3年ぶりに会いました。私から試しに「秀明会批判のインターネットを見るな!とか言われていない??」って聞いたら・・・友人は「何も言われていないよ。だって、いい宗教は叩かれるからね★」と、言いました。何事も都合よく信者に説明する秀明会だ!って思いました。


[1703]お疲れさまでした
fujiya
2005/10/2 0:03
 通りすがりさん、macchanさん、sakulaさん(お久しぶりです!)、プーさん、関東Bさん、りんこさん、走る芸術家さん(お仕事ご苦労さまです!)、元T支部信者さん、元カレッジ生さん、あっちゃんさん(つくしの会は泰道の一派?)、皆さんお疲れさまでした。

 時々、15さんのような方が来られますが、せっかく来てくれたのですからもう少し頑張って「秀明擁護理論」を聞かせてもらえるとこちらも参考にできるのですが、どうも役不足のようで、視野狭窄、理論不明瞭で、ちょっと批判されるとすぐに退散してしまうのでほとんど参考になる情報が得られませんね。
 でも、長年秀明にいるとあのような視野狭窄状態になってしまうものなのかと思うと、その意味ではカルトの本当の怖さを思い知らせるようにも思います。

 皆さんの15さんへ宛てた書き込みを拝見していると、アンチカルトの思いがよく分かり、とても参考になりました。


[1702]何しにきたんでしょう?
fujiya
2005/10/1 23:34
 わーっ!何があったんだ!!
 と、思うくらい、たくさんの書き込みがあり、全部読むのにひとしきり時間がかかってしまいました。

 15さんは何をしに来たんでしょう?

>ただ皆さんがあまりにも一方的に秀明会を非難していたものですから、秀明会よりに発言しただけですよ。

 15さんはやはり秀明会が好きなんでしょうね。自分が大切にしているものを非難されたら誰でも怒りを感ずるものですからね。

 ただ、15さんはもう少し皆さんの意見をよく読んでから発言すべきですね。かなり断片的にしかサイトや掲示板をご覧になっていないようで、明らかな勘違い、認識の誤りが多数見られました。

>それと私が言いたかったことは、過去の書き込みを見ていて、金色のROTAXさんが資格者だという事が書かれていたので、それならば他の信者さんに話せる立場だと思い発言したのです。

 これは掲示板をよく読めば間違いであることはすぐに分かるはずです。金色のROTAXさんが「資格者ですか?」と根絶さんに質問された際、他の人のことを聞かれているのだと思って、「そのようなものです」と一旦答えましたが、すぐその後で答えが食い違っていたことに気づいて訂正をしています。

 アンチカルトに対する反論や批判は大いに結構ですが、それならそれでもう少しこちらのサイトや掲示板をじっくり研究してから批判をすべきです。
 そもそも、アンチカルトをアンチ宗教であるかのように受けとめているようですがカルトと宗教は全く別物です。秀明会は宗教のフリをしたカルトだから批判を受けているのであり、私たちは人が宗教を信ずる権利まで問題視しているのでは全くありません。


>それなのにこの掲示板では、みんな知っていて騙しているみたいな言い方をしているのが違うと思っただけです。

 どこをどう読んだらこのような解釈が出てくるのでしょう?
 本当に悪いのは一握りの秀明幹部であり、一般信者の人たちは秀明幹部に騙された被害者だという位置づけは繰り返し述べてきています。

>皆さんが不快を示しているので私は退場しますが、色々な人間がいるし来た人間の数だけ考え方があるはずですので色々な意見を聞いて頑張ってください。

 15さんはアンチカルト掲示板に来て歓迎されるとでも思っていたのでしょうか?
 「あんたは場の空気を読めない人間やなー!」なんて日頃から言われていませんか?
 少々批判されただけで、すごすごと退場するとは情けないとは思わないのですか?


[1701]ご参考に
macchan
2005/10/1 22:56
以下に、先程彼女から来ましたメールをそのまま掲載いたします。
「・・・明主様について調べる、との事。もしかして、世界救世教や真光に、明主様の御教え等が出てるかもしれませんが、絶対に読まないで下さい。..**さんは、変に思うかもしれませんが、救世教等には、絶対に触れないで下さい。くれぐれも、見たり、読んだりはしないで下さい。・・・」

[1700]つくしの会
あっちゃん
2005/10/1 22:39
つくしの会、ハンドパワー70万のイルミナートカレッジのHPを見つけようとしていたら何もなく、こちらのHPにただ呂つきました。突然の訪問お許しください。
NPOつくしの会はハンドパワー70万円のイルミナートカレッジの資金の隔離身のだと思います。NPOとは名ばかり。私もだまされそうになりました。
ミャンマーに学校を作っているとか言っていますが
一人分の70万円あれば沢山たちますよね。
ここはかなりよくないだんたいだとおもいます。
医療行為らしきものもしています。
だまされそうになっているひと。だまされているひと。
目を覚ましてください。(October 1, 2005 22:35:42)


[1699]バランス
通りすがり
2005/10/1 22:38
>ただ皆さんがあまりにも一方的に秀明会を非難していたものですから、秀明会よりに発言しただけですよ。

もともと、神慈秀明会は「完璧である」ことが教義であったため、神慈秀明会は過去において一切の自らの非を認めず、悪いのは救世教や世間や信者の御用を妨害する未信者である、ということをずっと言い続けてきた過去があります。

離脱35年、それを言い続けてきたのですから、今後も最低35年はそれと逆のこと、すなわち、「カルト宗教でインチキ宗教の神慈秀明会が悪い」という非難を言われ続けるだろうことも、ラーメンを食べたらラーメン代を払わなければいけないのと同じくらい当然のことといえるでしょう。



[1698]秀明会がカルト宗教とインチキ宗教をやめる方法
通りすがり
2005/10/1 21:37
>秀明会を憎むのはあなた達の勝手ですが

私は、秀明会を憎むと書いたのではなく、カルトを憎むと書いたのですが、

ところで、神慈秀明会がカルト宗教をやめる方法ってあるのでしょうか。

なぜ、秀明会が、いま新体制で穏便な活動しかしていないのに、カルト宗教であると結論づけられているのか。

神慈秀明会は、過去のカルト的活動を謝罪しておらず、被害者の存在も認めず、結局は過去をうやむやにするための新体制にすぎない。

また、宗教活動の現場では、いまだに旧体制的な無理な集金や恐喝的な強制が行われているという事実がある。

これらの事から、神慈秀明会は、過去を全く反省していないという結論を導き出します。

カルト宗教の過去を清算も反省もしていないのだから、この宗教は現在も引き続きカルト宗教です。
少なくとも、インターネットでこの状況を知った一般人は、「やはり神慈秀明会はカルトのままだな」と判断することは間違いないでしょう。

そんなカルト宗教神慈秀明会が、カルトをやめて普通の宗教になるためには、過去の反省と精算が必須といえます。

ちなみに、インチキ宗教をやめるには、教団自ら離脱の神意の嘘を白状し、宗教として新しい道を歩み始めることでしょう。

そして、実際にはどっちも出来ることではありませんよね。

神慈秀明会の隠れた教義として「神慈秀明会は完璧である」というのがあるんです。

神慈秀明会に起こることはすべて神様のご意図であり、神慈秀明会が世界に発展していくための素晴らしい事柄ばかりで、いかなるものも神慈秀明会の行くところを邪魔する事は出来ず、いかなる欠点も存在せず、非の打ち所がない素晴らしい宗教であるというのが、神慈秀明会の隠れた教義です。

聖教書にも飛天にもハンドブックにも書いていませんが、そういうことになっているんです。

なんでそうなっているのかというと、会主様が信者にそういう宗教であることを強制したからです。

信者も、「素晴らしい会主様が主催する団体なのだから、完璧であるのは当然だ」と考えています。

そんな中、旧体制最後の不祥事を月次祭で会長が涙ながらに告白したのは、神慈秀明会からするとありえない「キセキ」です。

でも、根本が完璧でなければいけない秀明会。そんな妥協はそれっきりで、後はまた「完璧な神慈秀明会は、完璧に事が進んでいる」かのように振る舞い続けています。3人の弁護士を雇って信者による訴訟を水際で止め、その報告を教団中枢まで行っていない(その結果、会長は訴訟状況を全く知らない)、というのも、「神慈秀明会は完璧」を装うためです。

神慈秀明会が完璧を装い続ける限り、神慈秀明会が自らカルト宗教をやめるのもインチキ宗教をやめるのも難しいことでしょう。

しかし、この「完璧主義」にこそ、神慈秀明会攻略の糸口がある、とも、私は考えています。


[1697]すみません
元T支部信者
2005/10/1 21:33
二重投稿になってしまいました。


[1696]白熱した議論が続いていますが
元T支部信者
2005/10/1 21:32
白熱した議論が続いていますが、まあ立場、信条が違っても真剣な論議は別に悪くはないと思います。15さんにはある意味真剣さを感じていますが、ただ15さんに言いたいのはここの掲示板のコテハンの揚げ足を取って
非難したりこの掲示板を糾弾するのもいいんですが、あなたの秀明会という組織に対するスタンス・考え方また
ネット上に晒されている誤神体、模写観音、離脱の神意
という名のフィクション等に対する考えをぜひお聞かせ
いただきたいのですが。


[1695]元カレッジ生
元カレッジ生
2005/10/1 21:29
15さんはかなり怒られているみたいですか、この掲示板は秀明会の問題点を考え、被害にあっている信者の人を助けたり、そのための情報を知らせるためのものです。15さんの書き込みはこの掲示板を楽しく見ている人にとても迷惑です。これを見ている多くの人が不愉快な気分を味わっているのが分かりませんか。多くの人が冷ややかな目であなたを見ているのが分かりませんか。あなたが怒っているのはみんな分かりましたから。もう結構です。あなたの考えが正しいのはみんな知っていますからもう書かないで下さい


[1694]白熱した議論が続いていますが
元T支部信者
2005/10/1 21:27
白熱した議論が続いていますが、まあ立場、信条が違っても真剣な論議は別に悪くはないと思います。15さんにはある意味真剣さを感じていますが、ただ15さんに言いたいのはここの掲示板のコテハンの揚げ足を取って
非難したりこの掲示板を糾弾するのもいいんですが、あなたの秀明会という組織に対するスタンス・考え方また
ネット上に晒されている誤神体、模写観音、離脱の神意
という名のフィクション等に対する考えをぜひお聞かせ
いただきたいのですが。


[1693]当然ですよ
15
2005/10/1 21:20
私の発言に不適切なところがあったことは謝ります。信教の自由や言論の自由は憲法で保障されているものですから、私も否定するものではありません。ただ皆さんがあまりにも一方的に秀明会を非難していたものですから、秀明会よりに発言しただけですよ。実際私もあの状態の秀明会では何も出来ないと思ったから離れていますし、だからといって熱心に信仰している人に駄目だと言うつもりもありません。先程の通りすがりさんの発言に会主や命は知っていたというのがありますが、昔からいる古い幹部さんは知っていたとしても現在いる信者さん達は知らずにお導きしているわけですよね。それなのにこの掲示板では、みんな知っていて騙しているみたいな言い方をしているのが違うと思っただけです。皆さんが不快を示しているので私は退場しますが、色々な人間がいるし来た人間の数だけ考え方があるはずですので色々な意見を聞いて頑張ってください。


[1692]ごめんなさい
プーさん
2005/10/1 20:57
 ミスして二度の投稿となってしまったようです。申し訳ありません。


 先ほども書きましたが、15さんとは意見が同じ点も多いと思います。「信者を脱会させる」とありますが、全信者だなんて思っていません。家族のことを言っているのです。家族をどうしていくかは、それぞれの家族が考えることで、私や15さんや他の人がそこまで言うことはできませんよね。たとえ、強制的に脱会させたとしてもそれは家族の問題。誤解があると思いますが・・・。
 
 どうして他人を強制的に脱会させてもいないのに「信教の自由を著しく破壊する行為」になるのかよくわかりません。

 それからもう一つ。「言論の自由」もあるのですから、秀明会を批判したとしても、何ら問題はないですよね。
 


[1691]これから、秀明信者相手に仕事です。
走る芸術家
2005/10/1 20:55
fujiyaさん、そして皆様。こんばんは。
以前何度かこちらへの書き込み、fujiyaさんにメールしましたが、諸般の事情により今回からこちらのHNに改めさせて頂きたいと思います。ご許可の程願います。
私はバスの運転を仕事にしている者です。
急にこれから、私は秀明本部へ行く仕事があたりました。
こういう人々相手にするの、どきどきします。
先月は高速バスを運転中、秀明の参拝ステッカーが貼ってあるバスと何台かすれ違い、
その前の月も、甲子園の応援団バスを運転中、高速道路で同じステッカーが貼ってあったバスと結構すれ違いました。
しかし、もし、理不尽なことつきつけられたら、場合によっては法的手段とることも辞さない断固たる姿勢でいどみたいと思います。
しかし、今、どんな人々が秀明に残っているのか、探れるいい機会でもありますね。
みなさん、応援よろしくおねがいします。
では、新しいHNで心機一転、いってきます。


[1690]ラーメンを食べたら代金を払うのが当たり前
通りすがり
2005/10/1 20:49
>これからも信じ続けるのでしょう?それはまったく自由です。

カルト宗教を今後も信じ続けていくのはあなたの自由ですが、当然、「あなたがラーメン屋に入ってラーメンを食べるのはまったくもって自由だが、当然、その代金を払わなければいけない」のとまったく同じ「当たり前」があります。

カルト宗教は世間から非難されるのが当然なのです。

インチキ宗教は、元信者から「詐欺呼ばわり」されるのも当然です。

神慈秀明会に残る皆さんは、当然、「ラーメン代」を支払わなければいけないというのと同じくらい当たり前の話として、世間や元信者からの非難を甘んじなくてはいけません。


[1689]詐欺だと思いませんか?
プーさん
2005/10/1 20:48
 「詐欺とはだまして金品を奪うことを言うのです」とありますが、まさにそうじゃありませんか?騙して(事実を伏せて、もしくは捻じ曲げて、嘘をついて)お金を奪っていませんか?献金を強要していますよね。多くの人が被害にあったと感じ始めていますよね?この辺はどう思われますか?

 ちなみに私は今は信者ではないので、今は明主様を信仰していません。ちなみに私はすぐに目が覚めたので、誰も勧誘していませんし、被害にあわせていません。

 15さんのおっしゃるように「一部の強欲な幹部のせいで秀明会もこのようになっている」ことを問題にしているのです。一人ひとりの信者の熱心な信仰心そのものを否定しているのではありません。ましてや「ここで書かれている事を何も知らない信者さんに言って脱会をせまる」ことをしてなんかいませんよ。それは誤解です。「やはりその信者さんが良いと思えば続けさせてあげることも必要じゃないのかと思います」とはまさに同感です。その点では15さんと何ら意見の相違はないと思うのですが・・・。むしろ同じ立場だと思いますよ。

 ただし、秀明会の行為そのものは否定します。私が学生だった頃、友達の熱心な勧誘で入信したのですが、すぐに目が覚めたのでそれほどの被害にはあっていませんが、それでも20〜30万くらいは使ったんじゃないでしょうか。今では自分が馬鹿だったと思っていますが。

 だからこそ、問題のある秀明会や似たような信仰宗教団体に家族や恋人などが入信した場合、どうしたらいいのかを考えているのです。

 「脅迫」によって脱会させられれば、一番手っ取り早いと思います。しかしもし「脅迫」よって脱会させられたとしても、失うものもあると思うのです。だからこそ、他の方法も考えているのです。

 ちなみに、秀明会の全信者を脱会させたいとも考えていませんよ。事実を全部知った上で残りたい人は残ればいいし。救いたいなって思っている人は身近な家族や友人・恋人達です。


[1688]言葉の定義をしっかりしましょう
りんこ
2005/10/1 20:45
こんばんは、お久しぶりです。いつも閲覧してて、時々登場するりんこです。このたびは、白熱しているようですが、冷静に「特に信じていない側」の人間の発言として、指摘させていただきます。
秀明会にシンパシーを感じる方は、必ず「奇跡」という言葉を使います。私はとても軽い扱いをしている、と不快感を持ちます。広辞苑での定義は、「常識では考えられない神秘的なできごと、自然法則を超越した現象」とされています。そして、それが本当の奇跡であるか、という事は、皆さんの発言されていらっしゃる事に関しては、特に証明されても、認定されてもおりません。要するに自己申告です。頻繁に使われる、その言葉にとても違和感を感じます。ある世界的宗教は、奇跡の認定をして、そしてその後、初めて奇跡、という言葉を使います。その意味では、マザーテレサですら、こんな頻繁に奇跡は起こしていません。
また、発言の中には、自分が「身辺で見聞きした事」の域を超えない事が、最近の掲示板にはあまりに多く、あまりに幼稚で、ちょっとうんざりです。訳もわからずに、奇跡奇跡、詐欺、洗脳、脅迫、という言葉を使いすぎてはいませんか?私は、明主さまとか、秀明会の是非は論ずるつもりはありません。家族をそれで失った被害者であるから、聞くだけで吐きそうになります。
しかし、閲覧している人、やむを得ず参加している人には、私のように、ただただ家族が信者であるという、明主氏だとか秀明だとかを信じない被害者もたくさんいるのだということを、念頭に少しは置いて欲しいと思います。感情的になるのは、愚かであると思います。世の中、「怒ったら負け」というではないですか?ちょっと、最近の書き込みは、極端であると思います。もっと、冷静になって、普通の会話で、ちゃんとした日本語を使って発言、意見交換をしていって欲しいと思います。
如何なる場合でも、言葉は慎重に選んで、相手を傷つけないように、掲示板を利用しましょう。


[1687]明主様を信望している人たち?
通りすがり
2005/10/1 20:42
>少なくとも現在残っている信者も明主様を信望している方達なのですよ。それともあなたは明主様自体を否定なさっているのですか?

あなたは実に運が良い。丁度先日、その答えにピッタリのページ「明主様改造」がアップされたところです。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/shumeishu.html

どうやら神慈秀明会で「明主様」と呼んでいる主催神は、たまたま単語が世界救世教の教祖「岡田茂吉」の通称と一致しているというだけで、実際には「神慈秀明会の主催神」という意味しかありません。

それで、神慈秀明会の主催神が世界救世教の主催神と一致しているかどうかということですが、インターネットを検索出来る人なら、だれでも簡単に情報を得、「これは別物だな」と判断するでしょう。

神慈秀明会の主催神である「モシヤ(模写)様」「秀明主様」は、どうやら世界救世教を立教した「岡田茂吉」とは無関係、というか、まったく正反対の性質を持った神らしい。インターネットを検索出来る人なら、だれでも簡単にその結論に到達します。

この事を知った上で、それでも神慈秀明会を引き続き信仰するかどうかは、各自の自由ですよ。

あなただって、切り貼りご神体、偽造観音、離脱は霊能者の指示、という事実を聞いても、神慈秀明会の主催神は「みろくおおみかみと岡田茂吉」であると、これからも信じ続けるのでしょう?それはまったく自由です。


[1686]関東B
15
2005/10/1 20:39
やはりあなた達は、自分たちの言うことに意見を言ってくる人間は排除に動くのですね。しかし他人の意見を聞けないのは自己満足ですよ。それでは自己満足していてください。


[1685]通りすがりさん
15
2005/10/1 20:31
秀明会を憎むのはあなた達の勝手ですが、それだけの理由で信者を脱会させるというのは、信教の自由を著しく破壊する行為ですよ。曲がりなりにも秀明会は宗教法人なのですよ。国から認められている宗教団体です。もし本当に駄目な教団なら国が取り消しをするはずだし、解散に追い込むことだって出来るはずです。あなた達が秀明会を潰したいのであれば国や、県知事に働きかけて認証を取り消しさせれば早いですよ。ここで訳判らないことを言って自己満足するより先に動かなければ始まりませんよ。


[1684]2ちやんねるに行つて
関東B
2005/10/1 20:28
15さんは、2ちやんねるみたいな、掲示板に行ったほうが、いいでしょう15さんみたいな人が沢山います、15さんは、頭がとても、いいのは、良く分かりましたから、お願いします、2ちやんねるに行ってください、出て行ってください


[1683]詐欺だと思いませんか?
プーさん
2005/10/1 20:25
 「詐欺とはだまして金品を奪うことを言うのです」とありますが、まさにそうじゃありませんか?騙して(事実を伏せて、もしくは捻じ曲げて、嘘をついて)お金を奪っていませんか?献金を強要していますよね。多くの人が被害にあったと感じ始めていますよね?この辺はどう思われますか?

 ちなみに私は今は信者ではないので、今は明主様を信仰していません。ちなみに私はすぐに目が覚めたので、誰も勧誘していませんし、被害にあわせていません。

 15さんのおっしゃるように「一部の強欲な幹部のせいで秀明会もこのようになっている」ことを問題にしているのです。一人ひとりの信者の熱心な信仰心そのものを否定しているのではありません。ましてや「ここで書かれている事を何も知らない信者さんに言って脱会をせまる」ことをしてなんかいませんよ。それは誤解です。「やはりその信者さんが良いと思えば続けさせてあげることも必要じゃないのかと思います」とはまさに同感です。その点では15さんと何ら意見の相違はないと思うのですが・・・。むしろ同じ立場だと思いますよ。

 ただし、秀明会の行為そのものは否定します。私が学生だった頃、友達の熱心な勧誘で入信したのですが、すぐに目が覚めたのでそれほどの被害にはあっていませんが、それでも20〜30万くらいは使ったんじゃないでしょうか。今では自分が馬鹿だったと思っていますが。

 だからこそ、問題のある秀明会や似たような信仰宗教団体に家族や恋人などが入信した場合、どうしたらいいのかを考えているのです。

 「脅迫」によって脱会させられれば、一番手っ取り早いと思います。しかしもし「脅迫」よって脱会させられたとしても、失うものもあると思うのです。だからこそ、他の方法も考えているのです。

 ちなみに、秀明会の全信者を脱会させたいとも考えていませんよ。事実を全部知った上で残りたい人は残ればいいし。救いたいなって思っている人は身近な家族や友人・恋人達です。


[1682]詐欺
通りすがり
2005/10/1 20:24
>詐欺とはだまして金品を奪うことを言うのですよ。
>秀明会の信者でお光りや御神体、お屏風観音様の切り貼りや模造のことを知っている人がどれだけいるんでしょうか。

確実に知っていたはずの人がいますね。
会主様、命様です。

離脱の神意は、この人たちから学んだ教義です。
しかし、ご神体の切り貼り、観音様の偽造も、この人たちが実行しました。

これは間違いなく、信徒は「小山美秀子、小山荘吉から詐欺を受けていた」と言い切れます。

[1681]15さんへ
通りすがり
2005/10/1 20:18
>それこそ明主様が嫌う増上慢ですよ。

ここに集う人は、明主様が嫌うとかそんなことは関係ありません。
「カルトを憎む。カルトから家族を守りたい」
あるのはこの一点です。

「神慈秀明会がカルト宗教である。」
すでにこの検証は終了しています。
「家族を新興宗教から守ろう」
や、
「神慈秀明会被害ネットワーク」
のサイトをみて、神慈秀明会をカルト宗教ではないと思う一般人は存在しません。

次に、「インターネットを使える人なら、信者未信者を問わず、神慈秀明会がカルト宗教でありインチキ宗教(奇跡があるとかないとかという話ではなく、離脱の神意の嘘から始まった教団であること)であることを簡単に知ることが出来る」

これも、もはや動かすことが出来ない事実です。

金色のROTAXさんが、明主様よりの発言をするのであなたは勘違いしたのでしょうが、ここは原則的に、家族をカルト宗教(=神慈秀明会)に取り込まれて困っている未信者や、自分は被害を受けていると感じている信者があつまるサイトです。神慈秀明会を信仰的にどう解釈するかということを考えるサイトではありません。

神慈秀明会をとりまく状況は、あなたの想像以上に進んでいます。「あの宗教はカルトだろうか、違うのだろうか」などと検討している段階は、とっくの昔に終わっているという事です。


[1680]追加
15
2005/10/1 19:54
それに脅迫まがいのことをして勧誘すると言っていますが、ここで書かれている事を何も知らない信者さんに言って脱会をせまる行為もまた脅迫になるんじゃないんでしょうか。やはりその信者さんが良いと思えば続けさせてあげることも必要じゃないのかと思います。ここの掲示板にしても最初から秀明会のことを否定してますが、理解していくことも大切な事じゃないですか?それとも自分たちの言っていることだけが正しいと思うんですか?それこそ明主様が嫌う増上慢ですよ。


[1679]詐欺ではないでしょう
15
2005/10/1 19:46
詐欺とはだまして金品を奪うことを言うのですよ。秀明会の信者でお光りや御神体、お屏風観音様の切り貼りや模造のことを知っている人がどれだけいるんでしょうか。あなたが信者の頃そのことを知っていて勧誘していた信者の方はいたのですか?今の熱心に勧誘している信者の方達は知らずに勧誘しているはずですよ。しかもその方達は真剣に勧誘しようとしている人たちの幸せを考えていると思いますよ。あなたはお導きはしなかったのですか?もししているのならそのとき導いた信者さんはどうしていますか?一部の強欲な幹部のせいで秀明会もこのようになっているのですよ。少なくとも現在残っている信者も明主様を信望している方達なのですよ。それともあなたは明主様自体を否定なさっているのですか?


[1678]追伸
プーさん
2005/10/1 19:39
 15さんは、金色のROTAXさんについていろいろ書かれていらっしゃいますよね。確かに文章を読むと私も正直に申し上げて、「すごいなぁ。大胆不敵だなぁ」なんて思うことはあります。

 しかし、年齢、立場、こうした問題にどれだけ詳しいのか、実際にどのくらい被害にあったのか、秀明会に対しての思い、などはお互いに詳しいことが分かり合っていません。文章でしか判断できていないのです。だからこそ誤解もあると思います。せっかくの掲示板ですから、いろいろ批判しあったり、意見を述べ合えればと思います。もちろん、節度ある「言葉」は必要だと思います。


[1677]問題の一つはそこなんです
プーさん
2005/10/1 19:23
 「御神体・お光・お屏風観音様が切り貼りや模造したもの」いったことを隠して「秀明会だけが本物の明主様信仰をしている」といったことを信者や、信者獲得の際に公言していることが問題の一つだと思うんです。いかがですか。きつい言葉を使えば「詐欺」ではないでしょうか。それらを知った上で、個々人が信仰しているのなら、まだいいのですが。

 「秀明会に入って本当に良かった」と思っている人もいるでしょう。しかし、自己破産や家庭崩壊、病死になった人もかなりいるのも事実です。そうした問題のある宗教団体に家族や友人、恋人が入信していたら、どう思うでしょうか?少しでも、何とかしたいと思わないですか?何故、秀明会に対してこれだけの批判が起こり、裁判になったりするのでしょうか? 
 
 「少なくとも今現在秀明会を信じている人たちにここで書いていることを実行するのは逆洗脳ですよね。」とありますが、どこが「洗脳」なのでしょうか。事実を述べ合っているだけです。嘘を言ったり、目に見えない現象や科学で解明できていない事柄を、一つの理論で説明しようとして、「信じ込ませる」わけではありません。

 この掲示板を読んで、家族・知人・恋人をどのように救うか、または自分自身が新興宗教にはまらないようにするかは、それこそ「自由」です。ただ、家族(友人・恋人)を新興宗教から守るにはそうしたらいいのか、を考えているだけです。そして、ここで生まれた知恵が他にも活かせればいいのです。

 もちろん「信仰の自由」はあります。どの宗教なら信仰してもよく、どの宗教ならダメという基準はなく、個人の自由な心で判断するしかありません。

 しかし、秀明会のこれまでの行為は、「献金しないと家に不幸が訪れる」「先祖が成仏しない」、さらに「御神体・お光・お屏風観音様が切り貼りや模造したもの」を隠して、これが本物だと言う、離脱の神意は作り話。
その他、嘘で信者獲得をし、献金の強要をする。いかがですか。
 「個人の自由な心」で秀明会に入信した人はどのくらいいるでしょう。ほとんどの人は「自由な心」を惑わされて入信させられたのではないでしょうか。もしくは、未だに信仰しているのではないでしょうか。

 そこが問題の一つなんです。その問題に対して、話し合っているのです。暴力や洗脳でもって個人の信仰の自由を奪おうなんて考えていません。

 ただし、心の問題だけに、難しい面はあります。いろんな意見も聞きつつ、「アンチカルト」というカルト集団にならないようにする心がけは必要だとは思いますが。
 
  


[1676]追加
15
2005/10/1 18:01
※※※※※※※
錯誤による誤った記述がされており、読者に誤解を与える恐れがあるので、削除しました。
※※※※※※※

[1675]アンチ秀明会だけなんです。
15
2005/10/1 17:42
日本の全国民には信教の自由があるのです。あなた達が秀明会が悪いと思い脱会して離れたように現在残っている人たちにも秀明会を信じる自由はあるのです。少なくとも今現在秀明会を信じている人たちにここで書いていることを実行するのは逆洗脳ですよね。本人達が進んで勉強をするようになってからでなくては間違えなく逆効果になりますよ。私は、現在秀明会から離れていますが明主様を教えていただいた秀明会には今でも感謝していますよ。御神体・お光・お屏風観音様が切り貼りや模造したものだとしても、元は、明主様のお書きになったものを加工しているんですよ。全く別の人が最初から作ったものではないんですよ。そこが肝心だと思います。秀明会が明主様と完全に離れるのであれば、全てを一から作り直すはずですよね。秀明会が明主様の教えを全て破棄していると言っているのは、インターネットの中のアンチ秀明会HPだけですよ。救世教でも全ての明主様を信望している教団は一つになれると言っていますよ。


[1674]言い方?
プーさん
2005/10/1 16:13
 確かに1671さんがおっしゃるように、この掲示板でのやり取りは、「即実行できるもの」もあれば、「空論になってしまっているもの」もあるでしょう。

 いくら、「神慈秀明会は明主様のことを教えていないどころか、まったく逆を教えているのだから、ここで明主様信仰を学ぶ価値はない。 これほどの被害者がいる宗教は悪魔が主催しているに違いない。悪魔の起こす奇跡に用はない。世界を救うどころか、神慈秀明会自体に未来がない。これから入信してくる未信者は、みんな入信前にインターネットで検索し、私と同じ事実を知り、その結果だれも入信してこないだろう。」そう言われても秀明会を信じてしまう人、すがろうとする人はいるでしょう。実際にいまだにオウム真理教(アレフ)だってこの世に存在しているのですから。
 
 そんなに間単に宗教団体(エセであっても)を潰せるものでもないし、そんな力もありません。また、信仰の自由もあるのですから、簡単に「潰す」なんてことをすることもできません。
 
 しかし、この掲示板を見る人はさまざまです。いろんな立場の人がいます。だからいろんな意見があっていいと思います。もしかしたら、ここで述べていることは「サラリーマンが居酒屋で愚痴を言っているようなもの」かもしれません。しかし、そこでいろいろ愚痴を言っているうちに、ちょっとしたアイディアが生まれたり、情報交換が行われたりもしますよね。勇気付けられたりもしますよね。いろいろな立場の人がさまざまな意見を述べ合うことで、お互いに情報の交換ができ、考えが深まり、少しでも「家族(恋人・知人)を新興宗教を守る」ことができれば成功だと思うのです。ですから、あくまで「おかしな人でもちょっとはショックがあるんじゃないかという『言い方の提案』」を誰かが見て、誰かに言えれば成功だと思います。言えなくても、いつかまたどこかで秀明会のような宗教団体に誰かが入ったときに、ここに書かれたことを思い出し、言えればいいと思います。

 今、秀明会のような宗教団体がたくさんできていますし、新興宗教を信仰する人も増えています。家族・恋人・知人が、もしくは自分自身が何らかの理由で迷ってしまって、問題のありそうな新興宗教に入ってしまったときに、どうしたらいいのでしょう。簡単に法律で解散させるわけにもいきません。強制的に脱会させる、諭す、叱る、他の宗教団体に入れる、自分も入会する、自由にさせる、マインドコントロールを解くために専門家のところに行く、教団施設にロケット弾を投げ込みぶっ潰す、など。みんな、いろいろな方法について、模索しているんです。考えているんです。どうしたらいいか、悩んでいるんです。決して「ここで言いたいことだけ言っている」のではありません。私も今は脱会しているので、秀明会の信者の前で何かを大声で叫ぶことはできません。しかし、何かの役に立てればと思って、たまに書き込みをさせてもらっています。

 人の心まで法律は守ってくれません。法律で信仰の自由を簡単に縛るわけにはいかないと思います。だとしたら、自分達の心を守るのは自分たちでしかありません。
そのために何ができるのか、よりいい方法を見出せればいいのではないでしょうか。

 ただし、さまざまな立場の人がこの掲示板を見たり書き込みをするのですから、お互いに意見や批判を尊重しあう姿勢は大切ですし、もとろん「言い方」はありますが・・・。


[1673]訂正
sakula
2005/10/1 16:08
最後の一行、消し忘れました。申し訳ございません。


[1672]15さんへ
sakula
2005/10/1 16:06
誰が誰に言う? 
高見の見物?

そういう話ではなくて、ただ上手く話せない人の為に言い方の提案を
してくれているのであって、絶対に言え!とはどこにもかいていませんよ。
それと金色のロタックスさんの書き込みに対し私は傲慢さを感じた事はありません。(受け取り方は人それぞれですが)

私は、残念ながら(いえ今は信者時代より100倍幸せですが)一年前にこのサイトのみなさんのおかげで脱会出来てしまったので、「言い方の提案」などを
実行出来ません。

でも言い方の提案等は不特定多数のひとに書かれたものであって
15さんのいう「誰が誰に」という狭い世界の話ではないと思います。
信者の時、私は2ケ所の拠点に属していました。
一つは大きな拠点で、末端信者が発言するのはかなり勇気がいる様なところでした。
もう一つはかなりの少人数の拠点。ここでは、発言出来ました。
ですから、発言出来る人は「言い方の提案」などを参考に資格者とつっこんだ話ができるかもしれません。

この掲示板を読んで参考にする人は必ず(私の様に)いる訳で「言い方の提案」などはどんどん書き込んでもらった方がいいと思います。

ところで15さんはどの様な立場の方ですか?
もしかして、世話人さんとか?
以前、私の世話人だった人に、インターネットで秀明の事が色々かかれていると教えてあげたら「インターネットでいろいろ言う人は卑怯だ」と言われたのを思い出しました。。。




>ここで言いたいことだけ言ってるのは卑怯だと思いますよ。


[1669]「言い方の提案」,いいですね
fujiya
2005/10/1 11:33
 1665に書かれた通りすがりさんの「言い方の提案」はいいですね。
 秀明信者とはいっても色々なレベルの人がいるので、脱会の勧誘を行うにしても、こうした段階的な切り分けが必要ですね。

 1648に私が書いた、「秀明汚染度99%以下の人」の意味は、「こちらの言い分にも耳を傾けてくれる人」程度の意味です。「秀明汚染度100%」ではアンチ派の言に対して全く聞く耳を持たないように思いますので・・・。

 「こちらの言い分にも耳を傾けてくれる人」にも、1665で通りすがりさんが書かれたように色々なレベルの人がいるのだと思います。
 こうした脱会の勧誘というのは、それまでに秀明流思考パターンが染みついている人を対象に行うのですからかなり困難な作業になることは間違いないのですが、これまでに秀明会を脱会された方達を見ていると、決して不可能な作業ではないと思っています。
 私たちが「手を代え品を代えて」色々な方法でアプローチすれば、いつかは心を開いてくれる、こちらの言い分にも耳を傾けてくれる日が来るのではないかと思っています。

 私の考えは楽観的すぎるかも知れませんが、悲観的に考えても仕方がないので、物事は前向きに考えていくようにしたいと思います。
 あまり難しく考えると何もできなくなってしまいますので・・・。


 ある方からメールがあり、秀明会のある拠点に税務調査が入ったようです。
 その情報が各地に伝わり、各拠点では書類整理に追われているようですが、そんなにあわてて書類を整理しなければならないほど、やましいことがあるのかな・・・?


[1668]信者を救うには
macchan
2005/10/1 1:09
秀明会を否定せず、しかも信者を秀明会から離れさせるという、‘離れ業’でなければならない、と私は思いますね。‘清濁あわせ呑む’方法以外に、さしあたって、私には見当たりませんね。


[1666]10月は離脱の神意月間
通りすがり
2005/9/30 22:42
今年の10月は、特修勉強会で、「離脱の神意」を学ぶ月です。

より効果的に、「ご神体が切り貼り」「観音様が模写」「離脱は霊能者の指示」ということが「おかしい」ということを説明するためには、絶好の月だと思います。しっかりと離脱の神意を復習してもらい、その上でこれらの事実を伝えると効果的でしょう。


[1665]言い方の提案
通りすがり
2005/9/30 22:22
1661の葉子さんと助教師との会話が、多くの秀明会信者の一般的な反応なのでしょうね。

「ご神体が切り貼り」「観音様が模写」「離脱は霊能者の指示」という事実を知っても、それを重要視しないことは、神慈秀明会という宗教の離脱の神意という教義上おかしいのですが、「おかしい」人でないと、いまの秀明会を続けることはできないという一面もあるのかもしれません。

ここから先の話は、こういう風な言い方をすれば、そんなおかしな人でもちょっとはショックがあるんじゃないかという「言い方の提案」です。

(1)まず、以下の件は、インターネット上では当たり前の事実になっていて、だれでもインターネットで検索したらこの事実を必ず目にすることになっているという状態であることを教えます。

とくに。これからの「未信者(入信対象者)」も、全員、入信前にこの事実を知る事になるという事を言います。

    (A)「ご神体が切り貼り」「観音様が模写」「離脱は霊能者の指示」「その他、神慈秀明会で教えてきたことがすべてみ教えの逆」であること。離脱の神意が嘘であること(を、未信者はみんな知っている)。
    (B) 神慈秀明会は旧体制に、借金献金、自己放棄による信者の家庭崩壊、経済崩壊を多数起こしており、現在の新体制は、旧体制の反省の結果ではなく、旧体制の事実を隠蔽するための工作であること(を、未信者はみんな知っている)。
    (C) その結果、日本においては神慈秀明会が極悪なカルト宗教であるということが決定的な事実として認識されていること(を、未信者はみんな知っている)。

(2) (1)の話をして、「あなたは知らなかったでしょ?」と聞く。もし、この話を聞いて動揺し、もっと詳しく教えて欲しいと頼まれたら、さまざまなサイトを紹介してあげればいい。もし、これらの話を聞いても、「でも私は奇跡を体験したから」とかなんとか言って揺るがない場合は、(3)に移る。

(3)以下の(A)〜(C) が、インターネットをみて私が得た結論であり、私だけでなく、信者未信者、常識的な人ならみんなが至る結論であると言う。

  (A) 神慈秀明会がカルト宗教である事は、すでに日本では常識になっていて、もはやこれをひっくり返すことは不可能な状態である事。
      (インターネットはテレビ、新聞と同格の影響力を持つメディアであり、新聞もテレビも秀明会を擁護していないから)
  (B) 離脱の神意は完全な嘘であり、明主様のみ教えとは全く違うことを教えている神慈秀明会から、明主様信仰を学ぶ事は出来ない事。
  (C) これほどの被害者を出した宗教では、そこに起こる奇跡も、聖教書「霊憑りについて」に書いてあるとおり、邪神が起こした物であると考える方が常識的な判断といえる事。

  以上の結論から、

  (a) 神慈秀明会は明主様のことを教えていないどころか、まったく逆を教えているのだから、ここで明主様信仰を学ぶ価値はない。
  (b) これほどの被害者がいる宗教は悪魔が主催しているに違いない。悪魔の起こす奇跡に用はない。
  (c) 世界を救うどころか、神慈秀明会自体に未来がない。これから入信してくる未信者は、みんな入信前にインターネットで検索し、私と同じ事実を知り、その結果だれも入信してこないだろう。

と断言し、神慈秀明会を去ることです。

この話のポイントは、単に「ご神体が切り貼り」「観音様が模写」「離脱は霊能者の指示」ということを教えるのではなく、「これがいま日本では常識で、未信者だって知っていることである」ということを伝えることにあります。
そして、「これらの情報を知った結果、私が神慈秀明会を去るのは、一般的常識的判断として当然のことで、信者未信者とわずみんながこの結論に至るだろう」ということを伝えるのです。

葉子さんが聞いた「奇跡を体験させてあげられなかったから」というのは、「奇跡を体験出来なかった葉子さんは特殊で、奇跡さえ体験すれば、みんな神慈秀明会を素晴らしいところと思い、やめるなんて思わないだろう」という考えが裏にあることを意味します。

ですから、「そうではなく、奇跡があっても、常識人ならだれも神慈秀明会には今後入らないし、今居る人もどんどん出て行くだろう」という事実を伝え、「私も常識人なので、その通り出て行きます。」とするのです。

もちろん、これをやっても「信仰厚い」助教師は揺るがないかもしれません。

しかし、身を挺して助教師などになにかを伝えるなら、「ご神体が切り貼り」「観音様が模写」「離脱は霊能者の指示」という事実の提示だけにとどまるのではなく、ここまで伝えることで相手に訴える物がより大きくなるのではないでしょうか。


[1664]1661関連
金色のROTAX
2005/9/30 20:45
 葉子さんへ。
 秀明会に都合の悪い情報(御神体、おひかり、観音様の偽造、模写)も、受け手の捉え方により、どうとでもなります。
 秀明会のあり方に満足しており、一切、疑問のない人にとっては、彼らの価値観を根底から否定する、都合の悪い情報であり、事実として認識するのは困難でしょう。それを認めてしまうことは、自分自身の否定ともなりかねないからです。
 これに対し、秀明会に疑問をもっている人や秀明会を辞めたいと思いつつ、辞めたら浄化があるのではという強迫観念にとらわれている人にとっては、大変うれしい情報であり、秀明会と縁を切るきっかけとなりえます。
 fujiyaさんと秀研の調査努力のおかげで、秀明会と真実の明主様の関係に関する情報は一通りそろったと私は考えます。ボールはこのサイト、掲示板の読者にすでに渡されており、それをどう処理するかは、読者一人一人が考えるべき問題であり、答えは様々なのでしょう。


[1663]1661関連
金色のROTAX
2005/9/30 20:26
 葉子さんへ。1661の「しかし返答は、ご神前での奇跡の体験があるから「信じられない」ということでした。そして私に対して、奇跡を体験させてあげられなかったのは申し訳ないといいました。」というご発言に関連するこのような明主様の御教えもあります。(もしかしたら、関連性がないかもしれませんが。)

奇蹟と魔術 「結局、奇蹟というものは、人間の利益になることですね。それが、幸福になるとか、得をするとか……それが奇蹟なんです。あと……不思議なことをしてみせるのは魔術なんですね。それを、よく混同するんです。ちょっと不思議なことをしてみせると、すぐありがたがって頭を下げるんですが、そういうときによく考えて……こういうことを人に見せて、どれだけ人が救われるかということを考えるんです。そうすると、一つの見世物的になります。それではいけない。宗教を看板にするなら、それに救われなければならない。よく、神霊会でやりますが、こういうのもそれですね。救われなければならないんです。霊があるということが分かっても、自分の病気が治らなければしようがないですね。その区別も良く知っておかなければならないですね。また、その区別を、良く説明してやらなければならないですね。」 (S27/01/05)

 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/mioshie/collect02.html


[1661]金色のROTAXさんへ
葉子
2005/9/30 16:07
シナリオとしてある、というお話だったんですか。
悪徳商法なみですね。怖いことです。

私は自分の導きの親(助教師)に対して、秀明会の御神体、観音様の話をしました。しかし返答は、ご神前での奇跡の体験があるから「信じられない」ということでした。
そして私に対して、奇跡を体験させてあげられなかったのは申し訳ないといいました。

こういう人が、今の秀明には、いっぱいいそうな気がします。


[1659]シナリオがあるのです。
金色のROTAX
2005/9/30 1:50
葉子さんへ。
 葉子さんの書き込みの内容から、葉子さんの拠点には、人間としての良心が残っている善良な助教師、世話人の方々がいらっしゃることが分かります。

 私が、1650で書き込んだ拠点の助教師、世話人は、残念ながら、葉子さんの拠点とは、かなり人間性に違いがあります。1650の拠点には、今でも、助教師ごとの献金ノルマがあり、それを達成するために、助教師と世話人がグルになり、信者から献金を引き出すためのシナリオに従い、芝居をするのです。(特定の助教師グループですが。) 
 そのシナリオは、助教師、世話人がそれぞれ、アメとムチの役を演じるのです。一人が信者に厳しいことを言い(「参拝団に行かなかったために、半身不随になった人がいる。」)、次に一方が優しくなだめて、信者の信頼を得て、そして、献金させるのです。
 この芝居は、献金ノルマ達成のために作られた、この助教師グループ独自のものです。

 あと、葉子さんからご指摘いただいた「参拝や献金を強く勧めなかったために、その後、ちょっと? 不幸になった人は実際いるんです。」という立論ですが、そういう事実も中にはあるのでしょう。
 ただ、1650の拠点に関して言えば、秀明会に残っている人の多くが不幸(病気、貧乏、家庭崩壊)であり、やめた人で不幸になった人は私の知る限りではいません。東京支部や京都支部のように、元々信者の数が多い拠点の場合、確率的に、「秀明会をやめたため、あるいは、参拝、献金をサボったために、不幸になる人」が発生する確率が高まるはずです。母体が大きいのですから。
 秀明会が脅しで言う「参拝団に行かなかったために、半身不随になった人がいる」という事例も過去においてあったのでしょうが、逆に、秀明会の参拝団に行ったのに、癌などで早死にする人の数のほうが、圧倒的に多いはずです。

 もし、明主様という神様が本当にいるのなら、秀明会に従属している哀れな信徒全員に、秀明会の御神体が偽造であることを啓示してほしいと私は真剣に思います。それとも、秀明会は、最初から、明主様とは一切関係ないので、明主様も秀明会信者を完全に無視しているのでしょうか?


[1658]アヒャアザラシさんへ。
金色のROTAX
2005/9/30 1:07
アヒャアザラシさんへ。
 秀明会以外の方が、この掲示板を訪問され、サイトのページの内容に基づいた 理知的な書き込みをして頂いたことをうれしく思います。
 もし、お時間があるようでしたら、このサイトの体験談の中の秀明会の行為が、刑法上の詐欺罪、恐喝罪、脅迫罪、侮辱罪等にあたるかどうかについて、判例を基にご指摘頂ければ、今後のアンチ秀明の活動の参考になります。(興味がおありならですが)
 今後も、よろしくお願いいたします。


[1657]なるほど、分かりました。
アヒャアザラシ
2005/9/30 0:19
 なるほど、そういうことでしたか。
 私は、「不作為による殺人」というキーワードで検索をかけて、ヒットした興味を持てそうなサイトを読んでいるときに、このサイトにたどり着いたのです。ですから、単純に、http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/satujin.htmlのページのみを読んで書き込みをしてしまいました。その他の事情に対する十全さを欠いていたのを申し訳なく思います。


[1656]金色のROTAXさんへ
葉子
2005/9/30 0:08
すみません。
1655は1650に対して書きました。


[1655]金色のROTAXさんへ
葉子
2005/9/30 0:04
新体制になって、昔ほどきつく言えなくなったから、
参拝や献金を強く勧めなかったために、
その後、ちょっと? 不幸になった人は実際いるんです。

そのために善良な助教師、世話人さんは、
「強く勧めなかったから!」
と責任を感じ、次から脅迫まがいになっていくのでしょう。
それが相手のためになる、そう信じ込んでいるんですよ。


[1654]具体的な訴因は私も分かりません
金色のROTAX
2005/9/30 0:02
 1652では、簡潔に書きすぎたので、誤解が生じたのかもしれませんね。
 旧体制の頃の秀明会での事件のあらましは、
・奉仕者が体調を崩し、それでも、無理して奉仕を続けてしまうため、体がむくみ始め、何もできなくなり、しょうがないので、
・本人の了解の下、浄化者室に入ることとなる。
・しかし、施設管理者である宗教法人は、病人であるこの奉仕者を病院に連れていくなどの処置を怠り、病状が悪化し、生命の危険にまで及んだ。
 つまり、本人の了解が一応あるし、鍵もかかっていないので、監禁とまではいえないのですが、本人はふらふらで少しくらいは歩けるが一人では施設の外部に出れないというケースです。1652で、事実上と書いたのは、こういう趣旨からです。

 検察官が起訴するときの訴因が、保護責任者遺棄致死罪、監禁致死罪、不真正不作為犯としての殺人罪になるのかは、個別の事件のあらましにより変わるので、具体的なことは、正直、私も分かりません。
 ただ、1651で説明して頂いたとおり、不作為の殺人罪で立件するのは、困難なのでしょうから、そうであれば、立証が容易なほかの犯罪構成要件もありうるといったことを書き込んだ次第です。
 1651に書かれているとおり、秀明会の行為を殺人罪で起訴するのは、困難であるとの理解については、この掲示板の多くの読者の皆さんが一致しているのではないでしょうか。


[1653]監禁致死だと思います
アヒャアザラシ
2005/9/29 23:19
 それはどうでしょうか・・?
 監禁真でした状態を仮定するのなら、それは最早監禁致死罪で処断するのが自然な気はします。


[1652]真正不作為犯ということも・・・
金色のROTAX
2005/9/29 22:53
 真正不作為犯の保護責任者遺棄罪や遺棄致死罪で立件するのであれば、不真正不作為犯として殺人罪の立件をするよりも、立証が容易なのでは?
 たとえば、秀明会本部や支部の浄化者室に、病者を事実上、監禁したようなケースです。


[1651]通りすがりの人・不作為の殺人の項についての意見
アヒャアザラシ
2005/9/29 22:25
 不作為による殺人についての項目を拝見しました。その項目には、一部、誤解を招いてしまうような表現があると思うので、僭越ながら意見させていただきます。
 不作為による殺人は、大審院時代に成立が認められただけというのは、少し言い方が良くないと思います。
 今まで、不作為による殺人はいくつも認められてきました。それに、学術書においても、その成立の可能性に触れる程度に止まることはなく、要件を充たせば成立するものとしていますし、先例的な意味をもつ不作為犯に関する判例なら、既にいくつも出ています。その意味では、特に画期的というほどのこともないと思います。また、殺人のほか放火や詐欺についても、不真正不作為犯の成立は昭和の時代から認められていました。
 ちなみに、ここからは申し上げることは完全に私の意見です。未熟によるミスもあると思いますが、お聞きください。
 もしも仮に、本気の本気で浄霊等の宗教的方法が医学よりも優れていると狂信し、その力で病気や怪我が治るということを寸毫の疑いもなく信じて、傷病者に医学的な治療を受けさせずに浄霊等を行っていたとしたら、その場合にこそ殺人罪が成立しない可能性があるように思います。罪、特に今回のような殺人罪などを成立させるためには、故意というものが必要なのです。『このままにしてたら、死ぬかも知れない』という意識が、殺人罪の不作為犯の成立には欠かせないのです。
 ですから、『カルト的な浄霊』や『放置したこと』ではなく、『未必の故意』こそが本当に強調して書かれていなければならないのです。そうでなければ、殺人罪という犯罪に対する判断を誤りかねません。

[1650]投稿54関連
金色のROTAX
2005/9/29 0:45
投稿54関連
 秀明会のある拠点では、今現在(平成17年)も、信者に献金を薦める際に、助教師、世話人が、「昔、参拝団に行く予定だった人が、参拝団に行くのを止めて、私事を優先させたところ、交通事故にあって、半身不随になった。」という話を信者にしています。
 このような脅迫行為によって信者からお金をむしりとる行為は、新体制になった今も、一部の拠点では、続けられているのです。投稿54の書かれているような脅迫行為(「秀明会をやめて癌になった。」)は、過去のことではなく、現在進行形の秀明犯罪です。
 fujiyaさんへ。秀明会本部にうまい形でクレームを出して、資格者会や助教師会で、こういう脅迫を今後しないよう、本部から通達させることはできないものでしょうか?


[1649]汚染度検査法
通りすがり
2005/9/28 12:47
>少し前にこの掲示板で誰を対象にしてサイトを運営すべきかといった論議がありましたが、

>1、秀明汚染度100%の人・・・・・・対象とすることは不可能
>2、秀明汚染度99%以下の人・・・・・対象とすることは可能

>なのではないかと思います。

なるほど。いいですね。

では、fujiyaさんのように、奥さんが秀明会に入っていて、ダンナさんが迷える未信者で、このサイトを発見したというケースのとき、

このサイトがその奥さんに何らかの影響を与えられるかどうかは、
その奥さんの汚染度が、100%なのか、99%以下なのかによるわけですよね。

だったら、まずはその奥さんの汚染度を測り、「何とかすることが可能なのか」を検査する方法を提供出来るといいですよね。

その場合、その奥さんがダンナさんに何らかの懐疑を持つことなく、上手に汚染度だけ検査出来る方法であるなら、さらに理想的です。


しかし、現実には99%の微妙なところを検査するには、fujiyaさん側にかなりの経験が必要となるでしょう。

だから、当初は70%ぐらいの汚染度を(懐疑を持たれることなく)測る検査法を提供し、経験を積みながらその精度を上げていく方向がいいかもしれません。


[1648]新しい投稿を2件
fujiya
2005/9/28 11:44
 体験談のコーナーに2件の新しい投稿を掲載しました。

 No.53の「あれから13年」を書かれた方も、No.54の「あ、やっぱり間違ってる」を書かれた方も、誘われるまま、あるいは両親の勧めにより一時期は神慈秀明会に入信したものの、その内容の異常性から秀明はまともな宗教ではないと気づき、秀明に近づかなくなっています。

 私は、こうした投稿を読み、「多くの人は自らの力で秀明の異常性に気付くものなのだ」と思うとともに、その一方でどこまでも深みにはまっていく人たちもいることを思ったとき、その境界はどこにあるのだろうと思います。
 その人が本来持っていた人間性がそうさせるのか、周囲の環境によるものなのか・・・。

 少し前にこの掲示板で誰を対象にしてサイトを運営すべきかといった論議がありましたが、

1、秀明汚染度100%の人・・・・・・対象とすることは不可能
2、秀明汚染度99%以下の人・・・・・対象とすることは可能

なのではないかと思います。

 秀明思想に完全に洗脳され、こうしたサイトを一切見ようとしない人は最初から対象とはなり得ませんが、少しでも本人が秀明に疑問を感じたとき、怖々であってもインターネットで「神慈秀明会」を検索し、こうしたサイトを発見すれば、最初は「恐いもの見たさ」のような気持ちで見るだけかも知れませんが、内容を読んで頂けば、本人が感じた秀明への疑問を解き明かすヒントを見つけることができるのではないかと思います。


 メイン・ページを少しだけリニューアル(項目を移動した程度ですが)しました。
 将来的にはもう少し整理して分かりやすくしようと思っていますが、今回はこの程度で・・・。


[1647]天津祝詞と大祓祝詞
通りすがり
2005/9/28 10:22
まーちゃんさん。

あなたが、なぜ天津祝詞と大祓祝詞(秀明会で言う神言)が明主様のお作りになった物と考えるに至ったのか、その理由に興味があります。

もしよろしければ、「どこに書いてあったのか」「誰から聞いたのか」などを思い出して頂けないでしょうか。
秀明会の教義や指導と関係あるのではないでしょうか?

さて、天津祝詞と大祓祝詞(秀明会で言う神言)ですが、これは神道で昔から唱えられてきたものです。

大祓祝詞(秀明会で言う神言、延喜式祝詞とも言う)は平安時代から唱えられてきた物であり、『延喜式』(927年)にも記されている日本最古の祝詞です。

天津祝詞は神道家の平田篤胤(1776年〜1843年)が、著書『天津祝詞考』(1815年)にて、古来からある数々の祝詞を整理し修訂したもので、大祓祝詞を唱える前に唱える身霊浄めの祝詞であり、禊祓詞(みそぎはらへのことば)とも言います。

なお、大祓祝詞(秀明会で言う神言)は、大日本観音会、日本観音教団、世界救世教の歴史においても、岡田茂吉教祖在世中には1度か2度しか唱えられておらず、教義上、大祓祝詞(秀明会で言う神言)は天津祝詞とは違い、重要な物としては位置づけられていないはずです。



[1645]???
根絶
2005/9/27 23:22
???

秀明会って??
神道??
仏教??
よく わかりませんです。はい。


[1644]祝詞について
GENKI
2005/9/27 23:14
 天津祝詞と神言は神道のものです。善言賛辞は明主様が、法華経を元に祝詞にされたものです。


[1642]まー様
macchan
2005/9/27 21:03
秀明会の集会所での参拝で、祝詞を奏上するという習慣は、「1640」の茂吉さんの御講話が発祥なのですか?
祝詞の奏上という習慣は、秀明会の意思ではなく、茂吉さんの意思なのですか?
私は秀明会とは無関係なのですが、熱心な信者である知人との付き合いで、集会所には週一で行っています。
以前、助教師さんから、秀明会は神道の流れを汲む団体だと聞いたことがあります。
なぜ秀明会で、神道の祝詞が出てくるのか、私にはよくわかりません。
すみません、教えてください。


[1641]N支部の思い出
金色のROTAX
2005/9/27 19:21
 兵庫県のN支部のSH先生は、旧体制の頃、月次祭などの講話で、「世の中のお金はすべて神様のものです。だから、あなたの給料もすべて神様のものです。」と公言していた。
 今考えると、すごい意見だと思う。確かに、地球上の物質はすべて最初は、神様(大自然?)のものだったのかもしれないですね、最初は・・・


[1639]薬害批判について
金色のROTAX
2005/9/27 0:02
薬害批判について
 最近、某掲示板に現代医学批判に関する記事が多数、書き込まれており、私も貴重な情報ソースとして、大変、重宝している。ただ、こういった情報も使い方を誤ると大変なことになりかねないので、くれぐれも、軽挙妄動なきよう、注意してほしい。

 私はここで、別の角度から、現代西洋医学に対する接し方について、参考となる記事を書きたい。
 ある先進国の王室は、病気になると、最初は、現代西洋医学(日本の普通の病院が行っている薬剤やメスを使う医療)ではなく、ホメオパシーという医療を受け、それでも快方に向かわない場合に、はじめて、薬剤を使用する現代西洋医学の治療を受ける。その国の宰相の妻も、同様に、ホメオパシー医療を受けている。ただし、この宰相の妻がホメオパシー医療を受けていることは、その国の国民には秘密にされている。その国の現代西洋医学を中心に構築されている公的医療体制に対する国民の不信感を招きかねないからだ。

 このように書くと、このホメオパシーは、西洋医学より利きそうだから、今度から、そっちに行こうかと早合点される方も中にはいるかもしれない。
 しかし、私が主張したかったのは、どっちのほうがよく効くかということではなく、上記の王室の臨機応変な態度をよく見てほしいということだ。この王室は、西洋医学の長所と短所をよく理解しており、その上で、病気の種類を考慮して、ホメオパシーを優先させているのであろうが、それにも固執せず、ホメオパシーが駄目なら、すぐに、薬剤を使用する西洋医学に宗旨変えするのだ。これは、当たり前のことなのだが、医療を受けようとする人の目的は、自分の生命、健康の維持にあるのであり、特定の医療の主義を信奉するか否かではない。結果が出なければ、すぐに、別の店の暖簾(のれん)をくぐるこの王室の柔軟な行動に、私は好感をもつ。最近、日本でも徐々に広まるつつあるセカンドオピニオンの観念と共通するものも感じる。

 アメリカでも、代替医療が普及しつつあるが、これは、動物性たんぱく質のとりすぎなどが原因の癌等成人病の場合、薬剤投与を中心とする西洋医学では治療に限界があるからだ。西洋医学が駄目なのではなく、西洋医学が苦手とするタイプの病気が、アメリカという特定の国に増えたことが原因だと思う。(私は西洋医学を否定していませんので、注意してください)

 これに対して、秀明会であるが、どんな病気でも、頭の2箇所に数分、手をかざすだけ。癌でも、水虫でも、骨折でも、なんでもそれだけ。それで、効果がなければ、ただ、病院に行きなさいというだけで、治療に関するほかのご指導はない。せいぜい、聖水をつけなさいか、献金しなさいか、家族が参拝、奉仕しなさいと言うだけ。これでは、あまりに無責任ではないか。
 普段、厚生省の認可を受けている薬のことを薬毒といい、信者に対し、薬を悪魔のごとく嫌忌するよう洗脳していながら、信者の病気が重くなり、痛みに耐えられなくなった段階で、急に、手のひらをかえして、病院に行かせる秀明会。秀明会の薬毒宣伝のために、病院に行くのが遅れ、症状が進行し、命を失った信者は一体、何人いるのだ?

 宗教の目的は、本来、人を幸福にすることにあるはずだ。目的が人の幸福であり、その手段が宗教でありその教えなのではないか? 秀明会の浄霊で病気が治らないのであれば、手段であるその宗教は有効な手段ではなく、目的に反するものであるから、即座に、別の手段(西洋医学、代替医療、別の宗教)に変えるべきだと思う。(私は個人的には、即刻、病院に行くべきだと思います)

 ところが、秀明会にいるとこの目的と手段が逆になり、目的が秀明会というカルトに盲従することになってしまうのだ。だから、秀明会信者はどんな病気でも我慢できるうちはやせ我慢して、病気を治そうとはしないのだ。秀明会以外の方法(薬でも、代替医療でも、明主様の真実の御教え通りの浄霊でも)で、病気を治してしまうことは、秀明会に盲従するという目的に反するので、秀明会信者はそれをできないのだ。
 秀明会信者にとって、秀明会に盲従していることこそが、最大の精神的な幸福なのであるから、たとえ、秀明会に盲従して命を縮めたとしても、それでいいではないか?という人もいるであろう。しかし、これは、何百万円もする怪しげな壷を買い、これで運が良くなると幸福観に浸っている人と同じであると思う。そういう人は、カルトに騙されて、洗脳されているだけであり、いわば催眠術にかかっているのであるから、正常な判断ではないと考えるのが世間の常識だ。

 新興宗教が、薬は毒だとか、手かざしで病気を治すだとか、そういう人間の生命、健康に直結することを軽々しく論ずるべきではない。そういう人の生死にかかわることを言うのであれば、もっと、責任感をもつ必要があるのではないか?
 確かに、薬の副作用、薬害、西洋医学の限界、医療ミス、診療費ほしさに必要のない手術をどんどんする悪徳医師といった現代医療の影の面があるのも、事実だ。しかし、多くの医師は、患者の病気を治すため、真剣に治療にあたっている。最新医療を取り入れるため日々、研究を怠らない医師もいる。患者の命がかかっているのだから、真剣なのは、当然だ。
 そういう医師と秀明会の教師の態度を比較した場合、私は、そういう医師のほうを信頼し、自分の命を預ける。秀明会の教師の日々の生活態度を冷静に、観察してほしい。
 秀明会もこういう外野の批判が嫌なら、秀明会の浄霊は、病気治療や健康維持とは関係なく、ただ、幸運になるお祈りであるとはっきり言ったらいいであろう。

 秀明会がもし、今後も、今まで通りの「薬は毒である」というような現代医学批判を続けるのであれば、もっと、責任感のある態度を示してほしい。例えば、専従教師に、
・現代医療の最新状況、現代医療を批判する側の最新情報、代替医療各種に関する書籍を学ぶ義務、
・明主様の全ての御教えを習得する義務、
・明主様が実際に行っていた病気治療の方法を習得する義務を負わせるといったことが最低限必要ではないかと思う。秀明会の現場の教師のほとんどが、事実上、文盲でそんな大量の情報を扱えないというのであれば、本部教学室を中心にプロジェクトチームをつくり、各拠点を通さずに、各信者とやり取りできるシステムを構築すればよかろう。

 もちろん、こんなことは、空絵事であり、実現は不可能だ。ただ、秀明会の教師や信者に宗教の本来あるべき姿について、一考して頂きたいと考えた次第だ。
 近い将来、秀明会幹部の総入れ替えが行われるであろう。それをきっかけに、秀明会の教学の大改革をしようと考えている秀明会教師の人たちもいるようであるが、人の生命や健康について、云々(うんぬん)するのであれば、それに伴って生じる責任もしっかり果たしてほしい。彼らの耳には、私の戯言(ざれごと)など、届かないであろうが、彼ら先生と呼ばれる方々の良心に期待したい。

 補足・・・ウィキペディアには、次のような説明が但し書きでありました。
 2005年現在に至るまで、ホメオパシーが有効であるという根拠を科学的に示すことは成功されておらず、このため実際の治療効果について多くの科学者・医者が疑問視している。このように、非科学性を問題とする立場からは、疑似科学と考えられ偽医療の一つとして扱われることも多い。一方で欧米では、多くの療法家が手掛けているもっとも広く普及した代替療法の一つである、イギリス、ドイツ、フランスにおいては健康保険の適用が認められている。


[1638]岡田茂吉師の癌に関する教え
金色のROTAX
2005/9/26 1:56
岡田茂吉師の癌に関する教え
 某掲示板で、岡田茂吉師の癌に関する教えが書き込まれていた。先日、私も、この掲示板の書き込みで、癌で他界された秀明会の某先生のことについて書いたので、この某掲示板の癌の書き込みを拝借させて頂きたい。秀明会では決して見ることができない岡田茂吉師の教えです。

昭和11年7月「胃病」『岡田先生療病術講義録 下巻(三)』
『人体内にある毒素が、自然浄化作用によって常に何れかに集溜しようとしている。』
『癌は身体が衰弱してさえいなければ必ず治るのであります。』

昭和18年10月5日「一四、癌病」『明日の医術 第二篇』
『此病気は他の病気と異なりその原因が膿ではなく癌特有の毒素であ』る。

昭和27年5月28日「癌病に就て」
『癌の病』『は甚だ簡単な原因で、肉食の毒素が溜るのである。』
『万一癌病に罹ったとしたら、直ちに菜食に切換えれば長くはかかるが必ず治るのである。然し茲に注意すべき事は、罹病するや薬を用いたり、ラジウムの療法などをすると、反って治らなくなるから請合えない。故に何等の療法もしなければ治るから心配はないのである。』

昭和28年1月1日「癌」『アメリカを救う』
『この病気は肉食病といってもいい位のもので、』
『栄養学等という飛んでもない学問を作り、皮相なる分析上から獣肉を推奨したのであるから、今日の如く肉食過多に陥ったのである。処が元来獣肉には一種の毒素が含まれており、この毒素が漸次集積し固結したものが真症癌であるから、自然はこの肉毒中和の必要からも野菜があるので、
穀類は別とし副食物としては相当量野菜を交ぜなくてはならないのである。そうすれば決して癌は発生しない。』
『次に注意したい事は、単に癌といっても真症と擬似との別がある。』
『実は擬似の方がズッと多く、』『この擬似癌の原因は、無論悪性な薬毒の一種であるから、薬を廃止する事によって無くなるのは勿論、罹病の場合薬を廃め菜食を多くすれば長くは掛かるが少しずつ治ってゆくから、左程心配はない訳である。』

昭和22年2月5日「胃癌」『天国の福音』
『真症と擬似とがあるが、』『真症癌は霊的で、特に胃癌はその代表的のものである。』
『その原因は如何というに、龍神の再生者が、前世龍神時代の罪穢に因るのである。龍神は蛇であるから、蛇の時代多くの生物を呑み、その多数霊の怨霊が残存し 、人間に再生してから執拗に苦しめる為で、その霊の物質化が癌とそうしてヌラである。勿論之等も一種の浄化作用である。故に真症胃癌患者の面貌は殆んど龍神型である。本医術による時、患者の衰弱が甚しからざる限り治癒するが、症状により相当長期間を要するものである。』

昭和18年10月23日「病気と霊 五、胃癌」『明日の医術 第三篇』
『真症胃癌の特異性としては、末期に到るに従い、頻繁なる嘔吐がある事である。』
『本医術(浄霊、浄化療法)によって腎臓治療をなし、腎臓の活動が旺盛となるに従い、癌毒が漸次軽減し、固結は柔軟となって縮小し、畢に治癒するのである。
 擬似癌に於ては、』『これは単に普通の尿毒の固結であるから、ヌラは全然ないのである。故に、治癒も普通疾患の如く容易である。』

昭和27年未発表「科学篇 主なる病気(口中の病など)」『文明の創造』
『稀ではあるが、何としても治らないのがある。即ち之が真症舌癌である。併し、之は霊的であって、原因は其人が悪質な嘘を吐いたり、舌の先で人を傷つけたりする罪の報いであるから、そこに気がつき悔改め、正しい宗教に入らなくては絶対治らないのである。』


[1637]江戸前寿司さんへ
金色のROTAX
2005/9/26 1:54
江戸前寿司さんへ
 離脱の話について、御神体などの教学面については、秀研のおかげで、情報が整理されていましたが、救世教側の妨害工作、秀明会側の妨害工作については、私自身が、自信をもってお答えしうる満足な情報を持っていないことに気づきました。

 江戸前寿司さんの希望されている秀明会の質問窓口ですが、fujiyaさんのサイトや、秀研や、この掲示板がその代わりを事実上、果たしているのではないでしょうか。

 秀明会や明主様に、たくさんの疑問をもっている秀明会の末端信者さんの方々に、このサイトの存在を教えてあげたいですね。

 これからも、よろしくお願いします。


[1636]素朴な疑問にありがとうございます
江戸前寿司
2005/9/25 21:23
”金色のROTAX” さん、”まーちゃん”さん、情報をありがとうございます。秀明会では救世教からの離脱に関しての事柄は離脱劇や講和(ほとんど一方的に救世教側が悪いと)でしか話を聞かされていなかったので、それ以外の事柄や詳細は全くどうなっているのか解りませんでした。世話人や助教師、資格者に聞いてみても各々の回答が異なり一貫性がないから、どれが本当なのか尚更解りませんでした。秀明会には統一性(または、一貫性)がないようです。例えば、ある”事柄”に対して対処の仕方や方法が、各地の拠点(北海道、東京、大阪、福岡、その他)でバラバラ、まちまちで違うと言うことをよく聞きます。

秀明会本部側に信者のどんな疑問や質問に対して答えてくれるような窓口でもあればいいのですが…。そうなれば公式見解となるので、一貫性もあるから末端の信者も困らないし理解もしやすいだろうし…。私の回りの信者(常識的、一般的な感覚をもっている人です)の中にも多くの疑問を秀明会に対して抱いてながら悶々としている人がたくさんいます。おそらく国内のほとんどの信者も同様だと思います。ただ、支部や集会所では、疑問や不満は絶対に口に出して言いませんが、支部や集会所以外の場所で気心の知れた信者同士で『あれは、おかしいよ、へんだよ。これは、ひどいなぁ。』って。秀明会の閉鎖的な体質をもっとオープンにしないとダメだと信者(元信者、未信者問わず)は解っていることでしょう。

今後も解らないことがありましたら宜しくお願いします。どうもありがとうございました。


[1635][1630]江戸前寿司さんへ
金色のROTAX
2005/9/25 5:47
[1630]江戸前寿司さんへ。
救世教側の妨害工作
 離脱直後、岡田啓子先生が、布教をしていたところ、宿泊に使用していた旅館に、世界救世教の外事対策委員長の子分である○○同の人たちが押しかけてきたそうです。
「岡田啓子はいるか?」と彼らが探していたので、岡田先生は、一般信者のふりをして、そ知らぬ顔で、旅館から脱出したそうです。これは、昔の楽苑に詳細が書かれていました。

 こういう実体験があるので、岡田先生は救世教を生理的に受け付けることができないでしょう。


[1634]T支部の思い出
金色のROTAX
2005/9/25 5:09
 T支部のHT先生は、旧体制の頃、T支部の月次祭で、「癌の人は、地獄の霊層界です。」と決め付けるように言っていた。
 今、振り返るとずいぶん酷い物の言い方だと思う。家族が癌で亡くなっている人が聞いたら、傷つくではないか。
 HT先生ご自身は、さぞかし、高い霊層界に将来行かれるのでしょう。霊界で、会主様、命様といっしょに明主様の地上天国建設の御神業に励まれるのでしょうね。がんばってください。



[1633][1630]江戸前寿司さんへ
金色のROTAX
2005/9/24 18:43
[1630]江戸前寿司さんへ
 秀研の中の霊能者 竹内崇元の記事の中に関連する記事があります。まだ、読まれていない方もいらっしゃるかもしれませんので、抜粋させていただきます。

離脱
大沼総長、松本康嗣氏は、離脱通告直後の昭和45年3月4日、大阪グランドホテルで、「秀明教会が離脱した。裏にT・S氏が絡んでいるらしい」という打ち合わせを持ったそうです。救世教の方でも秀明会の離脱の奥にT・S氏がいることは先刻承知でした。(証言者:救世教の先生)

また、昭和46年の青年大祭において「真の悪とは世界救世教である。」と御講話があり(秀明紙には掲載されていません)、このころを契機として世界救世教の信者に対して戸別訪問による積極的な「逆」布教活動が始まりました。当時の救世教はそういう秀明教会の活動にほとほと困り、元秀明教会の信者などを集めて対応を行ったそうです。

秀明会は救世教信者宅に戸別訪問をし、「救世教はこんなに悪い。朝日ジャーナルを読みましたか?日民同をご存じですか?」と救世教信者さんの不安を煽ってまわりました。その後、秀明から救世教に戻った方が不安な救世教信者さん宅に戸別訪問をし、「でも本当はこうなんですよ」とT・S氏の話などをしたのです。そうすると戸別訪問を受けた救世教信者さんは秀明会によって煽られた不安が解消され、次回の秀明会の戸別訪問を「みなさんごくろうさんなあ。わたしはいいですわ。」と丁寧にお断りするのです。

当時はこれのいたちごっこで、秀明会の救世教に対する「逆」布教活動はまったく成果がなかったとのことでした。秀明会サイドがどんなに救世教を批判して、説得を試みても、次の日に救世教サイドが来て話をすると態度がころっと変わってしまうという救世教信者さんの態度の豹変ぶりを秀明会側では、どれほど救世教が邪気を持っているかという話の原点としていたそうです。

確かに当時の救世教にもいろいろと問題があったとはいえ、その問題を回避するもっとも正しい方法が、霊能者に起因する離脱教団に移籍することだとは、当時の救世教信者さんは考えなかったのでしょう。(証言者:当時の事情を知る、元秀明信者の方)

 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/take/index.html


[1631][1630]江戸前寿司さんへ
金色のROTAX
2005/9/24 17:07
[1630]江戸前寿司さんへ
 私も限られた範囲でしか情報がありませんが、聞いている範囲では次のようになります。

>@救世教は秀明教会が離脱するにあたり、秀明教会に対して様々な妨害工作を本当にしたのでしょうか?
 これは本当でしょう。私も、色々な方から昔の話を聞きましたが、これが虚偽であるということは聞いたことがないからです。
 ただ、秀明会側も、秀明教会から救世教側に寝返ったS先生の家の前に、見張りを配置しており、S先生の家の子供が小学校の通学の途中、怖い思いをしていたと聞きます。また、S先生の家の飼い犬がうるさく吠えるので、秀明会の見張りがその犬を殺したという話を救世教の人から、聞いたことがあります。このことは、某掲示板にも書いてありました。
 もっとも、救世教の妨害工作といっても、秀明会が旧体制の頃、信者にしていた悪行に比べれば、犯罪性ははるかに低く、取るに足らないことではないかと私は思います。 

>A秀明教会が完全離脱して、秀明会になった当初も継続して救世教はいろいろな嫌がらせをしていたと聞かされていますが、事実なのでしょうか。また、嫌がらせをされていたなら、いつ頃まで続いていたのでしょうか?
 これについては、私は知りません。
 ただ、救世教が秀明教会に対する京都府の認証行為無効訴訟をしていたところ、救世教三代教主が、小山さんは小山さんで明主様のことを広めてくれているのですから、裁判はやめましょうと言い、救世教が訴訟を取り下げたと聞きます。時期は私も知りません。

>B秀明会が離脱した頃や離脱した後から救世教から分かれた(離脱した)他の教団へも同様な妨害工作をしたのでしょうか。それとも、秀明会だけを目の敵にしていたのでしょうか?
 同時期に離脱した教団の信者さんから、聞いた話では、認証がすんなり問題なく下りたそうです。また、救世教からの妨害についても、その人は、知らないと言っていました。
 秀明会と同時期に離脱した他教団とは異なり、一元化反対運動の首謀者として救世教から追放されたI先生の隆光教会だけは、救世教から出た後も、救世教から執拗に訴訟を提起され、苦しんだと聞きます。この教会は、信者の99パーセントが救世教側に行ったそうです。救世教も勝つつもりで、訴訟を提起するのではなく、I先生に対する嫌がらせ目的で訴訟をしていたと聞きます。裁判になると、弁護士費用もかかるし、そのつど、裁判所に行かなくてはならないので、経済的にも、精神的にも、零細な教会には、つらいのです。隆光教会の信者が、救世教の信者と道で立ち話をしていただけで、救世教は訴訟を起こしたそうです。救世教の信者を隆光教会に誘ったという理由が訴訟の理由だそうです。

>Cそして、何故、救世教は秀明教会が離脱することに猛反対したのでしょうか。やはり秀明教会からの多額の献上金が救世教に入らなくなるのが困るからなのでしょうか?
 当時、秀明教会は救世教の中で一番信者数が大きな教会だったので、江戸前寿司さんのご意見も理由の1つだったと思います。同時期に離脱した青光教会、黎明教会、大栄教会、五光教会に比べて、秀明教会だけがずば抜けて大きかったのです。秀明教会は、昭和42年で、1万5千人以上の信者数でした。
 当時、救世教は一元化をひかえており、一元化に反対する教会がみんな離脱してしまっては、救世教が消滅してしまうので、見せしめ的な意味合いがあったのではないでしょうか。これについて、救世教や秀明会の古い信者から、話を聞いたことがないので、推測でしかお答えできません。


[1630]素朴な疑問
江戸前寿司
2005/9/24 15:57
秀明会で離脱前後当時、世界救世教からいろいろな嫌がらせ(支部や集会所への参拝を妨害したり、信者宅へ参拝に行かないように電話したとか)を受けたと聞かされました。そこで、素朴な疑問なんですが、

@、 救世教は秀明教会が離脱するにあたり、秀明教会に対して様々な妨害工作を本当にしたのでしょうか。
A、 秀明教会が完全離脱して、秀明会になった当初も継続して救世教はいろいろな嫌がらせをしていたと聞かされていますが、事実なのでしょうか。また、嫌がらせをされていたなら、いつ頃まで続いていたのでしょうか。
B、 秀明会が離脱した頃や離脱した後から救世教から分かれた(離脱した)他の教団へも同様な妨害工作をしたのでしょうか。それとも、秀明会だけを目の敵にしていたのでしょうか。
C、 そして、何故、救世教は秀明教会が離脱することに猛反対したのでしょうか。やはり秀明教会からの多額の献上金が救世教に入らなくなるのが困るからなのでしょうか。

誰かお解かりの方、おりませんでしょうか?


[1629]fujiyaさんへ
金色のROTAX
2005/9/24 14:59
 fujiyaさんへ。色々とお心づかい頂き、ありがとうございます。
 私の提案に偏りがあるのは事実です。これは、私が秀明会の昔の知人を一人でも多く、秀明会の洗脳から救い出したいという動機がそうさせているのであり、そういった過去を引きずっている私のプランのすべてが終局的にはそこを目指したものになってしまうのです。
 どんなに時間がかかっても、カルトSの被害者を救済をしたいという思いでいっぱいです。私の普段の掲示板の書き込みに、そういう動機を匂わすものがないことを訝しく思う人もいるでしょうが、fujiyaさんとのメールのやり取りでそういった点について、色々、御願いしているのです。
 私の無理な意見をいつも最大限、尊重してくださるfujiyaさんの偏頗なき広い心に感謝いたします。


[1628]小山教信者たち・・・
プーさん
2005/9/24 14:43
 これだけ多くの人がこのHPを見るようになると、いろいろな考えや意見も出てきて、今後どうすればいいのか、何ができるのか、見失うこともあるかもしれません。

 でも、これだけの意見を持った人がいて、いろいろな体験をした人がいて・・・。貴重な財産だと思います。fujiyaさん、いろいろな考えをまとめていくのは大変でしょうけど、頑張って下さい。

 ところで、これまでの意見の中でも出てきましたが、本当に困った人たちがいるのに気付きました。それは「小山教」の信者たちです。この信者は「明主様信仰」ではなく「小山教信仰」なので、いくらご神体やお光を改造しようとも、「会主様がひどいことをすることなんて、あり得ない。何か理由があるはずだ・・・」といって、何を言っても絶対に聞かない人たちです。秀明会の信者の大半はこうした人たちではないでしょうか。だから、「このサイトは現役信者を完全に排除する論調に徹すると宣言をしている訳ではなく、今後も一定の配慮はしていくつもりですが、それには限界があるのです。」という結論になるのではないでしょうか。

 しかし、周囲の家族や恋人からしてみたら、そんな評論家みたいなことを言っている訳にはいかないでしょう。

 fujiyaさんのように家族や恋人をカルト教団から取り戻した事例を、もっともっと集めることも大事だと思います。


[1627]ありがとうございます
fujiya
2005/9/24 14:20
 「家族を新興宗教から守ろう」の編集方針等について貴重なご意見を頂き、ありがとうございます。ご意見を拝見し、私自身、身が引き締まる思いをしております。

 1621、1622、1625で、通りすがりさんから寄せられたご意見は大変示唆に富んだ内容であり、私自身、改めて自分が進むべき方向を確認させて頂いた思いです。
 金色のROTAXさんのご意見も、私に対する期待を含めた貴重なご意見と受け止めておりますので、なんらご心配には及びません。金色のROTAXさんには、いつもたくさんの情報を頂き、とても感謝しております。


 試行錯誤をしながらここまでやってまいりましたが、こうした問題に関する知識が皆無であった私としては何をどうすればよいかが全く分からず、濃霧の海原を羅針盤もレーダーも持たずに航行する船のような状態でやってきました。
 自分が何をすべきなのか、自分には何ができるのかもよく分かっていない状態でしたが、多くの方からご意見やおしかりを頂き、徐々に自分が進むべき方向が分かりかけてきたような気がします。

 掲示板だけでなく、メールで多くの方からご相談やご意見を頂いております。そのどれもがかなり深刻なものが多く、私もできる限り相談者の方の立場を理解しながら対応させて頂いてきたつもりですが、まだまだ力不足のため、全ての方のお役たてたかどうかは分かりません。微力ながらもお手伝いをさせて頂いてまいりましたが、その中でかなり数の方が秀明会を辞める決断をされたようです。相談者は北海道から九州まで全国に及んでおり、それらの方から頂くメールの数はかなりの数に上っています。こうした多数のメールを前にしたとき、秀明被害の深刻さを改めて知らされる結果ともなっております。
 相談を寄せられる方の多くは、メールをお送り頂くまでに長い期間こちらのサイトや掲示板をお読み頂いているようで、その結果として私を信用して頂き、メールをお送り頂いているように思います。こうしたことからも、私が明確にアンチカルト、アンチ秀明の旗を高く掲げ続ける必要性を強く感じています。

 メールでの相談や悩みを寄せられる方は、その多くがかなり深刻に悩んでおられる方が多く、安易な回答はできませんので、私も真剣に耳を傾け、できるだけお役に立てるように話し合いを続けております。
複数の方と、かなり長文のメールを繰り返し交換しておりますと、メールを書く作業に時間が取られ、他の作業がストップすることも多々あり、ホームページの更新が思うように進まないときもあることをご理解頂きたいと思います。
 しかし、こうした作業は私にとって苦痛とは感じておらず、多くの方と意見を交わすことにより私自身もずいぶんと勉強させらることがありますのでこれからも遠慮なくメールをお寄せいただきたいと思っております。

 数カ月にわたって意見交換をしてきた方が、やっと決意が固まり、秀明会を脱会する決意をされたり、おひかりを処分する決意をされた報告を受けた時は、本当に我が事のようにうれしく、「こうしたサイトを運営してきたことが無駄ではなかった」と、また新たなファイトが湧いてきます。

 今回、通りすがりさんや、金色のROTAXさん、そしてメールでご意見を頂いている方達から寄せられたご意見は、そのどれもが貴重なご意見であり、本当に感謝しております。
 全てのご要望を満たすことは無理かもしれませんが、最大限皆様からお寄せいただいた貴重な声を反映させるべく、これからも「家族を新興宗教から守ろう」のページを続けていきたいと思います。
 本当に皆様から貴重なご意見をお寄せいただき、感謝しております。
 今後とも、よろしくお願い致します。

fujiya


[1626]通りすがりさんへ
金色のROTAX
2005/9/24 12:54
 1611と1617で、私が、内容不明瞭な書き込みをしたために、議論がややこしくなってしまいました。すいませんでした。(特に、1617は主語、述語が不明瞭で、何かとんでもない誤解を与えてしまったと反省しています。)なお、1617で書いた予備知識とは、飛天や離脱の神意の予備知識ではなく、秀研などの予備知識をさすつもりだったのですが、はっきり書かなかったので、内容が空転してしまいました。
 fujiyaさん、これからもこのサイトの更新を楽しみにしています。また、秀明会の知人に、このサイトの存在を知らせていきたいと思います。


[1625]広くなったり狭くなったり
通りすがり
2005/9/24 10:56
金色のROTAXさんが、未信者だけではなく信者にも、ターゲットを広く向けた啓蒙を、と書き、私が、未信者、しかも家族が信者になってしまったときの対策にターゲットをもっともっと絞れば、と書く。

読んでるfujiyaさんもなかなか大変でしょうが、結局はご自身が一番やりやすい線で今後も永くがんばっていって下さい。


[1624][1622]元T支部信者さんへ
金色のROTAX
2005/9/24 5:18
 私の書き込みの不適切な部分に対するご指摘をいただき、ありがとうございます。また、不愉快な思いをさせてしまったことをお詫びさせていただきます。どうも、すいませんでした。

 私が使用した、冷静な分析力、文書作成力、実力という言葉ですが、通りすがりさんの書き込みの中で、一歩引いた遠慮のようなものを感じた(これも私が個人的に感じただけですが)ため、今までの通りすがりさんの書き込みの流れ(論理的に話を進める)からみて、もしや、ご遠慮されて、発言を控えているのではありませんか?という問いかけのために使用したものです。3つの単語も、論理的に話しを進めていらっしゃいますね、といった趣旨のことです。御遠慮されているのでは?という問いかけのために使用した言葉ですので。もちろん、掲示板というものは、ある議題に、閲覧者が様々な立場から、書き込みを行い、論理的に話を進める人、感情的に話を進める人、経験の豊富な人、ユーモアのある表現をする人、本に書いてあるような教科書的知識の豊富な人といったように、様々な人たちの書き込みが交錯することにより、妙味が増し、人をひきつけ、啓蒙効果がより発揮される性質ものであり、画一的なものさしで、発言内容を評価するのは、無粋なのは、分かっています。長い、言い訳を書きましたが、不適切な表現があったことは、本当にすいませんでした。

> こういう緊急的な場所では、そういう控えめな態度は、むしろ、犯罪者の闊歩を放任する不作為による幇助的行為と捉えかねられません。
 これも、通りすがりさんに、今までは、心の中では意見を持ちつつも、紳士的な遠慮から、書き込みを控えているのであれば、是非、今後は、ご意見を聞かせていただきたいという期待から、書いた内容です。確かに、期待の裏返しとは言いつつも、極端な表現をしてしまったことを謝罪します。通りすがりさんを批判するつもりは毛頭なかったのですが、不適切な表現が多々あったため結果的に、そのような雰囲気の書き込みになってしまいました。通りすがりさんの過去の書き込みで、私がとても感銘を受けた内容があり、私が勝手に、通りすがりさんのファンになり、一方的な要求をしていたのです。不適切な表現で。通りすがりさんと、[1622]の元T支部信者さんと、その他の方々に不愉快な思いをさせてしまったことをお詫びします。どうも、すいませんでした。


[1623]1620,1621 通りすがりさんへ
金色のROTAX
2005/9/24 4:26
 1617での私の書き込みの内容から、通りすがりさんが、1620,1621で、書き込んでくれました。
私の1617での書き込みが舌足らずだったようなので、少し、補足させてください。

>別の角度からの苦言をもらったので、報告します。
 これは、fujiyaさんに提言をした私(金色)に対する苦言です。もちろん、fujiyaさんへのものではありません。
 
>そういった配慮もした上で、記事を作らなければ、意味がない。
 これも、提案した私が配慮する必要があるという意味です。

>プランを練り直す必要があるようです。
 これも、私が提案内容を練り直す必要があるという意味です。

 私の書き方が悪いため、私の友人はfujiyaさんの記事の編集方針を批判したかのような雰囲気になってしまったようですが、彼が苦言を呈したのは、fujiyaさんに提案した私の計画内容に対してなので、この点、ご了解ください。

 御神体、おひかりの改造の記事が、純粋な秀明会信者には理解が難しい高度な内容になってしまったと私の友人の発言を書き込みましたが、このように記事内容が高度化したのは、
・すでに基本情報が別のサイト(秀研)で公開されており、それとの重複を避ける、または、新たに記事にする必要性を生む必要があったこと、
・豊富な証拠で信憑性を高める狙いがあったことに
起因するのではないかと私は拝察しております。そして、これだけの完璧な理論武装をfujiyaさんに作って頂いて、秀明会信者に説明する際に、大変助かります。私も、秀明会信者にこのサイトを紹介して、かなり、彼の洗脳が解けつつあります。まだ、一人だけですが。御神体、おひかりの記事の作成を掲示板で、fujiyaさんに御願いしたのは、私(金色)ですし、私は、fujiyaさんの(私の予想を上回る)完璧な記事内容に喜んでいます。なんだか、私がfujiyaさんの編集方針を批判していると誤解されそうなので、書き込みました。

 私の書き込みの「予備知識のない純粋な秀明会信者のため」という表現ですが、これも、離脱の神意をある程度理解している人(旧体制の助教師、秀勉講師試験に合格する程度の人)であっても、理解するのが難しいというつもりで、私と友人が話していたことを書き込みました。

 通りすがりさんから、たくさんの書き込みをいただき、私の書き込みの曖昧な表現に反省し、補足しました。もし、誤解を与えてしまったようでしたら、お詫びさせていただきます。


[1622]はじめまして。書き込みは最初で最後。
元T支部信者
2005/9/24 3:38
金色のROTAXさん
>  貴殿の日頃の書き込みを拝見させて頂いておりますと、冷静な分析力、文書作成力といい、書き込みをしている関係者の中では、実力において群を抜いていらっしゃると拝察しております。

実力って、どういう意味で使っているかよく分かりませんが、掲示板に書き込むのに、実力というのは関係ないと思います。冷静な分析力、文書作成力という表現を使っていらっしゃいますが、この掲示板に書き込む人をそのような観点からみる必要はないと思います。


> こういう緊急的な場所では、そういう控えめな態度は、むしろ、犯罪者の闊歩を放任する不作為による幇助的行為と捉えかねられません。

たいていの人は、他人に対し、そのような厳しい見方をしないと思います。


[1621]「何のために」簡単にするか?
通りすがり
2005/9/24 2:15
1620の、「「誰のために」簡単にするか? 」の話、もうちょっと掘り下げてみましょう。題して「何のために」簡単にするか?

ここに、ある夫婦がいるとします。それは、ダンナさんが「迷える未信者」、奥さんが「基礎知識のない純粋な秀明信者」です。つまりfujiya家と似たようなケースですね。

ただ、実際のfujiya家は、奥さんの基礎知識は多少高く、ダンナさんは「迷える」なんてかわいらしいキャラではなかったわけですが。

さて、ある日ダンナさんが、奥さんの秀明会入信を知り、びっくりして、あわててインターネットを検索したところ、yahooの「神慈秀明会」のすぐ下に、「家族を新興宗教から守ろう」というサイトを見つけ、藁にも縋る思いでそれを読んだ、とします。

その結果、秀明会がとんでもない宗教であることがわかりました。すぐに掲示板に投稿し、fujiyaさんのコメントをもらうことが出来ました。ここまでが、いままでの「家族を新興宗教から守ろう」の読者が体験出来たことです。

しかしその後、ダンナさんは具体的にどんな行動をすればいいのか?これが、今の「家族を新興宗教から守ろう」の読者がよく分からない部分ではないでしょうか。

「秀明改」をまく、というのはありますが、これは不特定の秀明会信者に対する活動で、自分の奥さんに対しどうすればいいのかというのとは少し違います。

いま、「家族を新興宗教から守ろう」のサイトは、秀明会に関する情報としては最大のものになりました。そしてこれから、このサイトが次のステップを上がるのなら、この「これを読んだ人は、家族に対し具体的にどうすればいいのか」の案を提供できるようになることではないかと思います。

fujiyaさんが、奥さんの脱会を勝ち取った方法は、「情報提供」「手紙」「アンケート」でした。実際に成功した方法がある、というのは、一つの大きな強みです。

今後は、「過去の自分と似たような人のため」に、「過去の自分が成功した方法」を改良し、悩める読者に具体的な方法が提案できるように研究していくのがよいでしょう。

情報は十分に集まりました。これからは具体的な作戦を実行する行程です。具体的な作戦の作り方は、「自分とよく似たケース」を想定し、「自分がとった方法」を改良して提案することから研究を始め、それを広げてより多くの例に効果を発揮するよう少しずつ改善していくのがいいでしょう。

もしこれを始めることが出来たならば、いままでの記事も、その具体的な作戦(まだ決まっていないが)に使われる材料として、適切に書き直されるでしょう。
ある場合は「未信者のため」、ある場合は「予備知識のない信者のため」に、簡単懇切丁寧に書き直すこともあるかもしれません。

題名の「何のために簡単にするか?」は、もし、「家族を新興宗教から守ろう」が、今後、具体的な作戦を提供し、それを多くの人に実行してもらうサイトに変化することになったとき、いままでの記事は、その作戦に役に立たせるために、簡単にするなり、詳しくするなりの適切な書き換えが発生するでしょう、という意味なのです。

そして、この話も、前の「「誰のために」簡単にするか? 」と同じように、目的がはっきりし、より簡単丁寧に書き換えられた各記事は、その想定対象外の人にも知識と影響を与えることになるでしょう。

ここはfujiyaさんのサイトなのだから、fujiyaさんがこれを始めた根本的な情熱と矛盾しない方向にサイトを育てていくほうが、fujiyaさんが情熱を絶やさずにすみ、結果としてその「熱と誠(笑)」が想定以上の多くの人に影響を与えるでしょう。

以上、先日、「私には「家族を新興宗教から守ろう」の改善案は特に持っていない」旨を書きましたが、今日はこのようなことを思いつき、書きました。

いまちょっと眠くて頭がぼっとしている状態で書いているのでとりとめがなく、わかりやすく書けませんが、いいたいことが伝われば幸いです。


[1620]「誰のために」簡単にするか?
通りすがり
2005/9/24 0:51
>あと、fujiyaさんからのご意見を頂いた後に、私の友人より、
>別の角度からの苦言をもらったので、報告します。

>「御神体、おひかり改造、秀明会と救世教の記事は、かなり、高度な専門知識を要する内容で、
> 予備知識のない純粋な秀明会信者にいきなり配っても、理解できる人はほとんど、いないであろう。

この件に関して。当然、仰るとおり、難しいより、簡単でわかりやすく書かれているほうがよいわけです。

ところで、その「簡単さ」ということについてなのですが、いったい、「誰のために」簡単に、親切丁寧に書くのが良いのでしょうか?

「予備知識のない純粋な秀明会信者のため」に簡単に書くのが良いのでしょうか?

そもそも、なぜご神体が切り貼りではいけないのか、ということを理解していない「純粋な秀明会信者」とやらは、ようするに離脱の神意にも秀明会立教の精神にも興味を持っていない人たちのことです。

そんな人たちに、事の次第を簡単に説明してやるには、「離脱の神意」を1から説明し、それと矛盾しているということを説明し、それがこんなに怒るべき事なのだ、ということまで説明してやらなくてはいけません。

それは、「家族を新興宗教から守ろう」の、未信者のfujiyaさんの仕事とはちょっと違うような気がします。

もともとfujiyaさんは、誰のために「家族を新興宗教から守ろう」を書いているのかというと、それはいろいろな人のためであるのでしょうが、根本は「過去の自分のような人のため」だと思うのです。

つまり、「迷える信者」ではなく、「(家族が神慈秀明会というアヤシイ宗教に入ってしまった)迷える未信者」のために書いているということです。

そうすると、「なぜご神体が切り貼りではいけないのか」を、もっと簡単に、親切に説明するなら、それは「迷っていない信者」ではなく、「迷える未信者」が理解出来るようにするのが、このサイトの主旨とあっており、fujiyaさんの立場でやりやすい仕事であるうえ、サイト継続の情熱と矛盾しない方針であると言えるでしょう。

例えば切り貼りご神体の件ならば、「もともと秀明会では、離脱の神意でこういう風に教えてきたのに、実はご神体が切り貼りだったというのはひどいよね。こんな宗教、信用出来ないよね」というような、未信者に語りかける書き方でいいでしょう。

もちろん、そんな未信者向けの文章であっても、興味のある信者なら読むでしょうし、予備知識のとぼしい信者であっても、未信者向けの丁寧な説明から、事情をよく理解してくれるでしょう。

ですから、「家族を新興宗教から守ろう」では、簡単に書くなら、「迷える未信者」のために簡単に書く。これが、fujiyaさんがやりやすく、「家族を新興宗教から守ろう」という主旨に集まってきた読者の方々が満足する内容であり、ひいては信者にも影響を与える、もっとも効果的な方法になると思います。


[1619][1366]黄島物語に関する百式での説明
金色のROTAX
2005/9/23 22:44
 以前、[1366]で、fujiyaさんが紹介された黄島物語について、百式がこのような補足説明をしていました。

 こんなサイトもあるんですね。「黄島物語」
 秀明会の旧体制の頃に、一部の支部で、配っていました、これ。私も持っています。
 オリジナルでは、秀明会の離脱の時に、救世教のほうに行くことになった青年のことを罵倒する記事が延々と続くのですが、このサイトでは、そこが政治的な配慮から削られています。
 本当はそういうところのほうが面白いのですがね。
 http://www3.pf-x.net/~ruusan/sub1/sub10/reki13.htm


[1618]修正と追加
fujiya
2005/9/23 22:42
 下記1616に書かれている件について、金色のROTAXさんから記事の修正依頼がありましたので、「明主様改造」の該当個所を修正しました。

 PDF版「秀明改」もNo.18とNo.19を追加しました。


[1617]1615 fujiyaさんへ
金色のROTAX
2005/9/23 22:41
 fujiyaさんへ。丁寧な回答をいただき、ありがとうございます。
 fujiyaさんのこのサイト運営にあったての確固たる信念、カルトの存在を絶対に許さない、カルトに一切譲歩しないというポリシーに、敬服し、そして、私も、賛同します。さらに、このサイトに貫かれているこの明確な態度が、具体的な結果、秀明会の新規入信者の激減に、結びついていると確信しています。この結果は、fujiyaさんのこのサイトを通じての啓蒙活動でなければ不可能であったと私は考えます。ほかの人には真似のできない功績でしょう。
 私が今回、提案(御願い)させて頂いた事項に関しても、このfujiyaさんのポリシーと抵触することがあってはならないことは、最初から、私なりに理解していたつもりです。
 カルトSに対する多少、ソフトともとれる表現を御願いした箇所も、
・「飛天の勉強」という表現と、
・PDF新聞に
限定されていたことからも、私のスタンスをご理解いただけるのではないでしょうか。
 PDF新聞であれば、外に配るものですから、その中で多少、ソフトな表現を用いても、このサイトのスタンス自体は崩さないと考えた次第です。私自身がそういう新聞を、現在は熱心なS信者に配りたいと考えたことがきっかけなのではありますが。

 カルトSの資金源を断つために、現役信者数を一人でも少なくする運動も、軽視できないと考えます。私の提案も、完成形ではなく、あくまでも、一つ案にすぎません。私の案をたたき台にして、より効果的なプランが出来上がれば、Sの崩壊する日が少しでも早くなるのではないかと考えた次第です。信念は固く、方法は柔軟に、今後も、カルトSを1日も早く崩壊させる運動をよろしくお願いします。

 あと、fujiyaさんからのご意見を頂いた後に、私の友人より、別の角度からの苦言をもらったので、報告します。
「御神体、おひかり改造、秀明会と救世教の記事は、かなり、高度な専門知識を要する内容で、予備知識のない純粋な秀明会信者にいきなり配っても、理解できる人はほとんど、いないであろう。秀明会信者に配るためのPDF新聞をサイトにのせるのであれば、そういった配慮もした上で、記事を作らなければ、意味がない。」という指摘でした。こういった点からも、プランを練り直す必要があるようです。


[1616]1613 通りすがりさんへ
金色のROTAX
2005/9/23 4:39
 通りすがりさんへ。丁寧なご指摘、ありがとうございます。
他教団の御神体の件なのですが、ブラジルでは宗教法人の認証をとっているが、日本ではとっていない団体で、明主様直筆の御神体を奉斎している団体もあるのですが、あまりに小さい団体まで、説明に加えてしまうと、話がややこしくなると考え、特に、加えませんでした。この明主様改造の文章については、そういった点も踏まえて、fujiyaさんにメールして、修正します。どうも、ありがとうございました。
 なお、未調査の教団が1箇所、私の確認が曖昧であった教団が1箇所あったので、この点からも、修正させていただきます。この2箇所は、通りすがりさんから、具体的なご指摘を受けた教団ではありませんので、念のため。


[1615]このサイトの目的
fujiya
2005/9/23 2:29
 「家族を新興宗教から守ろう」のトップページ改造案、ありがとうございます。
 書き足し、書き足し作っていく内に、徐々に記事が増えていき、現在のような姿になりました。
 ご提案頂いたように、記事を種類別に整理した方がいいなという思いは私自身も感じております。

 ただ、この「家族を新興宗教から守ろう」というサイトを作った目的は、その名称が示す通り、秀明会のために被害を被っている人たちのために作ってきました。神慈秀明会という団体がどのような団体なのかを知りたいと思った人が、インターネットで「神慈秀明会」を検索したとき、このようなサイトがあれば問題解決の手がかりになるのではないかという思いで作ってきました。

 私は、神慈秀明会という団体は表向きは宗教団体を装っているが、実際にはその中枢はとんでもない大嘘つきの詐欺師集団であり、多くの善良な人々を騙して金を巻き上げてきた極めて質の悪い金銭収奪型カルトの典型であると思っています。
 その実態を暴露し、そのようなインチキ宗教にあなたの家族は騙されているのだから、一刻も早く家族を救い出してあげて下さい、というメッセージをこのサイトを通して送っているつもりです。
 信者ではない人たち、特に秀明会のために被害を被っている人たちが見たときに、「ここは秀明会と戦っているサイトなのだ」ということが鮮明に伝わる態度をとり続けることが大切だと思っています。アンチカルトの旗を高く掲げ続け、秀明との対決色を色濃く保ち続けることがこのサイトには必要だと思っています。

 このように、このサイトは本来は現役信者のために作っているサイトではないので、秀明会の現役信者が見たときに拒否感を持たれないように配慮して作成するのは難しいのです。とは言っても、現実には多くの現役信者の人たちがこのサイトを閲覧しています。それが分かっているだけに、現役信者を完全に排除する論調にはならないように一定の配慮はしているつもりですが、それには限界があるのです。

 この「家族を新興宗教から守ろう」というサイトを、現役秀明信者が見たときに拒否感を感ずることなく閲覧できるサイトにすることは、アンチカルトの旗を高く掲げるという上記趣旨から外れてしまうことになります。
 現役信者が拒否感を感ずることなく読み進むことができ、知らず知らずのうちに秀明の真実を知ることとなるようにようにするためには、最初からそうした目的で新たなサイトを作成した方が無理がないように思います。
 そうした点では、「リセット」や「秀研」のような切り口での展開がよいのではないかと思います。
 私自身が秀明信者ではないため、秀明信者と同じ目線に立って論調することは実際問題としても難しいと感じている部分もあり、秀明信者の心情を理解できる方がそうしたサイトを作られる方がいいのではないかと思います。
 私は、一般信者は秀明に騙されている被害者であり、騙してきた側の秀明幹部とは全く別の接し方をすべきと思っています。そうした意味では一般信者も被害者として救済すべきと思いますが、「家族を新興宗教から守ろう」のサイト一つでアンチカルトの旗を上げつつ、現役信者にも抵抗感なく受けいれられるようにすることは困難な作業です。

 繰り返しになりますが、だからと言ってこのサイトは現役信者を完全に排除する論調に徹すると宣言をしている訳ではなく、今後も一定の配慮はしていくつもりですが、それには限界があるのです。


[1614]「トップページについての要望 」
通りすがり
2005/9/23 0:58
[1611]トップページについての要望 について。

>通りすがりさん、コメント、お待ちしております。

とありますのでコメントを入れます。

ただ、ご期待に添えないのですが、私は特に、「家族を新興宗教から守ろう」のトップページの変更案を持っていません。

せいぜい、いまのメニューでしたら、改造、離脱の神意関係の記事はまとめて、四角の枠で囲ったほうが見やすいかな、と思うくらいです。

「家族を新興宗教から守ろう」には、多くの記事が並列的に並んでいますが、内容としては次の種類があると思います。

1: 「妻への手紙」
2: 過去(旧体制)の秀明会のカルト的行動を暴き、それを批判する物
3: 現在の秀明会の不誠実な活動を批判する物
4: 離脱の神意の嘘を暴く物
5: その他 (ダイヤやゴールドの奇跡批判。岡田茂吉批判。その他。)
6: 秀明改

いまはこれらが混在している状態なので、少し整理したほうが良いかもしれませんね。


[1613]金色のROTAXさまへ
通りすがり
2005/9/23 0:39
>他の離脱教団の御神体に関する1588の質問ですが、諸事情から、ネット上では、お答えしかねます。

あの件は、質問というよりも、「ご神体が御真筆は4団体だけ」という断言は本当に大丈夫なのでしょうか?という確認の意味です。

なぜそんなことを気にするのかといいますと、これも以前述べた秀明会信者の独特な精神構造「自分に不都合なことが書いてある文章の中に、1カ所でも間違いがあると、書いてあることはすべて嘘であると判断し、それ以降読まなくなる(つまり読まない理由を探そうとする)」というのを少しでも避けるためと、もう一つは「家族を新興宗教から守ろう」のテーマとは離れますが、四教団以外の離脱団体から、「うちは御真筆だ」とクレームが来るかも知れないと思ったからです。

もちろん、全ての教団を調査した結果、4教団のみが御真筆であると確認されているという事ならば問題ありません。



[1612]御利益のないお守
通りすがり
2005/9/23 0:18
まーちゃんさん。面白いみ教えを見つけたんですね。
岡田茂吉全集を探してみたら、次の通りでした。

**************

御利益のないお守
   ニセ物に御注意下さい

 近来本教の発展につれ、各地にニセ物が頻々として現れている、下のお守もその一つで未知の入信者に少からぬ被害を与えている。

 このニセ物は本教のお守りと体裁も全くそっくりでやはりていねいに布地の袋に入れてあり、書体も類似しているが、然しよくみるとさすが霊力が欠けているだけに字に愛がない冷たい感じだ。

印判は上に「大光明」下には「天地開明」と押捺してあり、本教のものはそんなしるしと全然違うからこの点特
に注意して戴きたい。

 叉本教では全国各分会又は教導所の手を経て入信者には厳粛裡に手交され、ニセ物の如く街で「一般販売」するようなことは全くないから、この点も併せて御注意下さい。

(昭和24年10月29日)

**************

愛がない感じ、というので思い出すのは、お屏風観音様のことです。

秀研に掲載されているお屏風観音様の比較写真を見た人が何人か、秀明側の観音様の顔は「愛が無い」「愛を感じない」といいます。

切り貼りご神体についても、切り貼り行為がご神体に対して無礼な扱いであるという信仰的な問題もありますが、同時に、一連の文字として「切り貼りでは、その言葉に込めた作者の心を感じることが出来ない」という、美術上の問題もあります。

ご神体を切り貼りをすることで、岡田茂吉が筆に込めた心を排除した。これも、実在の明主様を拒否しようとする神慈秀明会の働きの結果といえるのでしょう。


[1611]トップページについての要望
金色のROTAX
2005/9/22 23:51
fujiyaさんへ。
 通りすがりさんの建設的提案の真似をして、私も、このサイトの効果を今以上に発揮させるための提言をさせてください。
 fujiyaさんが最近、記事にされている改造シリーズですが、これは、今までの記事と毛色が異なると思います。
 今までの記事・・・一般世間の常識などを元に、秀明会の具体的な活動内容を批判する。
 改造シリーズ・・・明主様の真実の御教えや直筆の御神体、おひかりなどを元に、秀明会の教義を批判する。
 どちらの方向性が優れているとか劣っているとかいう話ではなく、秀明会信者の迷妄を覚ますという最終的な効果をそれぞれ有しており、その過程としての働きが異なるのであると考えます。戦争をするのにも、爆撃機も戦車もスパイもそれぞれ働きは異なるが必要であるのと似ていると思います。
 以前、通りすがりさんが書き込まれていましたが、秀明会の熱心な信者は、離脱の神意という堅固な神学理論に裏付けられたマインドコントロールに支配されているので、どんなに、秀明会の活動を批判されても、うろたえないという分析に、私も賛成です。そういう人たちに対しては、改造シリーズがより効果を発揮するケースも少なからずあると考えます。

 ただ、このような分析を支持したとしても、現在のこのサイトのトップページの構成では、こういった点の配慮がないため、たとえ、秀明会の現役信者がこのサイトを訪問しても、最初のほうの記事を読み、これは明主様のご神格を何も知らない無知な未信者が書いた邪神のサイトであると早合点して、改造シリーズにまで到達しない可能性が少なからずあると心配しています。
 そこで、これは、私の提案なのですが、こういった現役信者対策として、トップページにこのような細工をしてはいかがかと思います。
・離脱の神意に関連する記事だけを、一個所にまとめる(改造シリーズと、救世教の本を読む教師、秀明会と救世教)。
・最初に、強調文字か色文字で、「飛天の勉強」といった現役信者から反感をもたれないタイトルをつける。離脱というよりも、飛天と書いたほうが、反感を持たれないと思います。
・タンポポの画像データのサイズの6分の1か8分の1程度の画像データで、飛天の写真をいれる。

 このように、秀明会の信者であれば誰でも見た事がある、飛天という本の写真を入れることにより、秀明会信者であれば、必ず、そこに興味を持つものです。自分の懐かしい過去を肯定されているような錯覚を抱くのです。
 これにより、今でもかなり洗脳されている現役信者の多くの人が、改造シリーズにまで、到達する可能性が高まるのではないかと考えています。(ただ、このようにするには、現在のトップページの構成を大幅に変更する必要が生じますが)

 さらに、こういう熱心な現役信者対策として、秀明改とは別の形のPDF新聞を御願いしたいのです。それは、御神体改造やおひかり改造のような詳細な証拠に基づく記事の場合、秀明改のようなA4一枚の新聞にまとめるのは、不可能ではなくても、難しいと思うのです。そこで、秀明改とは、異なる編集方針の新聞も作成してほしいのです。

・このサイトの元の記事とほぼ同じ分量にする。結果、A4のサイズで6,7枚以上になる。
・一行の字数もある程度少なくし、文字もある程度の大きさにして、読みやすい紙面にする。
・秀明会の熱心な現役信者に読ませるために、次の細工をする。
 ・秀明会、会主様、命様、会長先生の悪口はとりあえず、言わない。
 ・誹謗、中傷めいた語りはなくす。
 ・ただし、情報としては、元の記事と同様にする。
 ・秀明会の現状を嘆いているフリや悲しんでいるフリを演じる。
 ・秀明会を今まで以上によい団体に改革する目的のように演じる。
 ・御神体改造であれば、「秀明会の御神体」という風に真面目を装う。
 ・秀明改というタイトルも、皮肉めいた雰囲気があるので、使用しない。
 ・このサイトでは記事にない、お屏風観音様の模写、霊能者 竹内崇元の記事も、秀研を元に作る。(観音様模写の記事に関する秀研の記事は、まどろっこしい説明なので、もっと端的に簡潔化した記事をこのサイトで作るのも、必要なのかもしれません。)
・この新聞を作成する優先順位は次の通り。
 ・御神体改造、・おひかり改造、・お屏風観音様改造、・浄霊改造、・御神床改造、・霊能者、・秀明会と救世教、・本の読む教師 (御神床改造については、秀明改でも作成可能と思います。)
・新聞名も必要ないと思いますが、あえてつければ、「秀明ネットサークル」とか常識的なのがいいのではないでしょうか?その横に、「ネット上を飛び交う様々な秀明会情報に、私達秀明会信者はどのように接すればよいのでしょうか?」というような偽善者めいたことを書くのが無難でしょう。

 通りすがりさん、コメント、お待ちしております。上記の提案と同趣旨のプランもお考えください。
fujiyaさん、よろしくお願いします。


[1610]1588 通りすがりさんへ
金色のROTAX
2005/9/22 23:50
 通りすがりさんへ。他の離脱教団の御神体に関する1588の質問ですが、諸事情から、ネット上では、お答えしかねます。残念ながら、それ以上は、ここではコメントできません。個人的なメールのやり取りで対応するしか方法はないでしょう。ご期待に添えないことを謝罪いたします。
 なお、救世真教と救世神教は別の団体です。文脈から、熱海と和解した救世神教(三重県)のほうを意味しているのは分かりましたが。


[1608]明主様の御書「長生」
金色のROTAX
2005/9/22 5:08
明主様の御書「長生」
 今、ヤフーオークションで、明主様の直筆の「長生」が出ている。
 http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h32375083

 これは、長生教会の教会長所有のものであったと説明がある。長生教会は、明主様の箱根の住居である神山荘と近所だったため、明主様はしばしば(月一程度と聞いたことがある)、気分転換で、ご訪問されたと聞く。教会長所有であるということは、その教会に飾ってあったのであろう。明主様が一番訪問した教会にかざってあった御書ということで、興味のある人は閲覧されてはいかがでしょう。

 教会の名称を明主様がそのまま御書にするのも、めずらしい。私の知っている範囲では、箱根の建設教会が明主様から「建設」の扁額を拝受していることくらいだ。もっとも、「建設」の御書であれば、明主様はほかでも書いているが。

 明主様が教会の名前をお決めになると、側近の井上先生が、明主様の代理で、縦長の色紙に、教会名を書いて、下付していた。明主様に関係するものを破壊したり、隠すのを美徳としている秀明会は、もちろん、この色紙を隠している。どうぞ、永久に隠してください。

 明主様の書道の流儀は、完全な我流だ。絵を習ったことはあるが、書を学んだ経験はないのだ。
これについて、明主様のご印鑑を作っていた松林天上が、このよに発言している。
「師匠がなければ進まない人と、師匠なしでも立派に書ける人とあります。先生のような方は師匠はいらないと思います。どんな良書を積んでおいても、書かなければ上達しません。要するにお書きになることこそ最上の師匠です。」
 本件の書「長生」の「長」の文字も、実に大胆な筆遣いで、私は個人的に、とても気に入っている。

 明主様が御在世中に秀明教会に訪問された際、教会に飾られていた 明主様の御書は何なのか? 明主様を教祖として仰ぐ教会であれば、本来、そういった記録を大切に保存し、後世に語り継ぐべき事柄であろう。
 もちろん、秀明会では、そういう記録は一切ないし、当時、現場にいた信者たちも、徐々に、他界しつつある。秀明会は、明主様という存在とその教えをこの世から、消し去るために生まれた団体である以上、当然の結論だ。


[1607]1592 通りすがりさんへ
金色のROTAX
2005/9/22 1:18
 通りすがりさんへ。1592で、建設的なご意見をいただき、ありがとうございます。私も、貴殿の趣旨に賛成です。fujiyaさんには、記事の順番を変えていただくよう、メールしました。
 貴殿の日頃の書き込みを拝見させて頂いておりますと、冷静な分析力、文書作成力といい、書き込みをしている関係者の中では、実力において群を抜いていらっしゃると拝察しております。
 ただ、残念なことに、貴殿の紳士的な謙虚さから、書き込みにおいても、でしゃばるのを自戒的に控えていらっしゃるのではないかとお見受けします。確かに、一般社会においては、そういう謙譲の徳は、必要なのでしょうが、この掲示板は、犯罪組織Sと真剣に闘う戦場です。こういう緊急的な場所では、そういう控えめな態度は、むしろ、犯罪者の闊歩を放任する不作為による幇助的行為と捉えかねられません。
 貴殿の実力であれば、今回のような建設的意見を次から次へ、思いつくことが可能であると思います。また、過去の秀明会での経験から、秀明会の正体を暴露する記事も書けるのではないでしょうか。そういった意見のすべてが採用されるとは限りませんが、その意見がきっかけで、また別のプランが浮かびだすかもしれません。

 アンチの中にも、「Sはこのまま放っておいても、自然崩壊するよ。」と言い、Sの悪事をネット上で真剣に暴露する活動を冷ややかに論評する人たちもいます。しかし、犯罪組織Sによる、犯罪行為は現在も進行中なのであり、これによる被害も日々、増大しています。これを知っていながら放置することは、詐欺行為に協力する犯罪幇助行為であると私は断言します。将来、消滅するから放置しておけばいいのでなく、明らかに犯罪なのであるから、1分1秒でも早く、これをストップさせて、被害を最小限に食い止めるよう努力するのが、国民の義務です。
 通りすがりさんには、これからも、建設的な意見をどしどし出していただきたいと御願いします。よろしくお願いします。


[1606]牛乳談義2
fujiya
2005/9/21 23:53
 酪農関係者の代弁をする訳ではありませんが、牛乳は健康に良いという調査結果もあります。
 これはどこかの誰かさんの根拠のない思いつきの理論ではなく、実際に統計調査を行った結果の数値なので、私としてはこちらを信用したいですね・・・。

 その調査結果によると、

 「毎日牛乳を飲んでいる女性が一番長生きで、飲まない男性は短命」という結果になっています。
 70歳の人の15年間の追跡調査で、牛乳を飲んでいる人のほうが、飲まない人より身長の縮み方が少ないという結果もあります。これは、骨粗しょう症が予防されたことを示す結果なのだそうです。
 さらに、牛乳を飲んでいる人のほうが、飲まない人よりボケが少ないというデータもあるそうです。

 牛乳そのものではありませんが、ヨーグルト発祥の地ブルガリヤ地方の人たちはヨーグルトを飲んで長生きすることで有名ですね。

 日本人の平均寿命は現在は世界一ですが、昔(大正時代等)は世界の中では短命国に分類されていました。短命国であった時代の食事は植物性たんぱく質は多いが、動物性たんぱく質が極端に少なく、動物性脂肪分の摂取もほとんどない状態でした。
 しかし、徐々に食生活が改善され、牛乳・乳製品、肉の摂取量が増加するのに従い日本国民の平均寿命は延びてきました。昭和50年代にたんぱく質と脂肪の動物性と植物性の摂取の比がほぼ1対1になったと時を同じくして、世界一の長寿国になり、現在に至っています。

 もちろん動物性たんぱく質や動物性脂肪分の摂取もほとほどである必要があり、極端になればもちろん弊害も出てきます(すでに弊害の出ている方もいるかな?)。

 こうした歴史的事実をもってしても、牛乳は人間の体にとって良くないなどという説には今一つ根拠が欠けていると思われます。

 どちらにしても、自分で色々調べて、何が真実かを見抜く目を持つことが大切であり、誰かさんがそう言っているからと言ってそれを鵜呑みにするような思考回路だけは断ち切るべきでしょう。


[1605]牛乳談義等
あるくもり信者
2005/9/21 12:07
牛乳について、
この 教えを 酪農業者が知ったら
いったい どうなることでしょうね。


[1604]牛乳談義等
fujiya
2005/9/20 17:20
>ここで抜粋した岡田茂吉師の教えを絶対的に正しいものとして、鵜呑みにするのは、くれぐれも避けていただきたい。
>あくまでも、情報の一つとして、利用して頂きたいと考える。
>諸般の事情を吟味して、自分の頭で考えてほしい。

 秀明信者最大の弱点が、この「鵜呑み」にあるように思います。
 意図的に視野狭窄に陥れ、それをカルトに都合の良いように利用する奴が最も悪人なのですが・・。

>私個人は、グラタンが大好物であり、また、某メーカーの加工乳などを毎日飲んでいる。

 グラタンね・・。かなり涼しくなってきたので、熱いグラタンをフー、フーしながら食べるのはいいですね。想像していたら、お腹がすいてきた・・・!


[1603]岡田茂吉師の牛乳の教え
金色のROTAX
2005/9/20 1:40
 最近、某掲示板で、牛乳摂取の弊害に関する岡田茂吉師の教えが複数掲載されていた。その一部を下記に抜粋させていただく。

昭和10年「日本医術講義録」七、完全営養食
『牛乳に就て、是非、注意したいのである。小児ならイザ知らず、青年以上になっても、牛乳を飲用する人があるが、是等は、実に、謬れるも甚しきものである。』

昭和22年2月5日「天国の福音」栄養学
『然るに今日罹病するや、栄養と称し動物性食餌を推奨する為反って衰弱を増し治病に悪影響を及ぼす事になるのである。
 次に牛乳に就て注意しなくてはならない事は牛乳は歯の未だ生えない嬰児には適しているが歯が生えてからは不可である。』

昭和11年4月13日「新日本医術書」弱体児童の防止法
『それは、日本人と西洋人の体質を同一であるとする事の誤謬が抑々の原因である。それは、牛乳を多用する事と、妊婦の肉食及び妊婦と生児の薬剤服用である。』

昭和10年「日本医術講義録」七、完全営養食
『牛乳を飲むのは間違っているが、食物の味、例えば珈琲に入れるとか又は、菓子や料理に使用する位は差支えないのである。』

昭和11年4月13日「新日本医術書」弱体児童の防止法
『薬剤の余毒と牛乳と獣肉に含有する獣血の毒素分とが、知らず知らず血液を溷濁さしてしまう事である。それが人体の自然浄化作用によって残渣汚血となり、汚血の再浄化が膿汁であるから、
それ等毒素が頚部付近、即ち耳下腺、淋巴腺、扁桃腺及び肺尖付近に溜結するのである。吾人が幾千人に上る弱体児童を診査するに於て、其悉くが右の症状を呈するのである。
 読者よ、試みに夫等児童の頚部付近を指頭で探査するに於て、必ず大中小のグリグリを発見するであろう。そうして、指頭で圧すれば、可成りの痛みを訴えるのである。』

昭和11年7月「岡田先生療病術講義録」治療士の心構え
『困るのは薬であります。“薬は不可だ”というと、医師法に触れるからいけない。処が事実は薬は服むだけ治りがおくれるのでありますが、此点は特に注意して法規に触れないようされたいのであります。
 第二に食物ですが、之も実に困るのであります。肉食特に牛肉と牛乳がいけない。何故かというと、非常に血を濁すものだからであります。 然し、之等も強いてという訳にもゆかないので、或程度−−患者の任意にするより致し方ないのであります。 近来、医師により、肉食を不可とし、菜食を奨める人が相当多くなったのは、喜ぶべき傾向と思うのであります。』

昭和28年1月21日 名人の失くなった理由(三)
『体力が弱ったこと』『から書いてみるが、かの白人は先祖代々肉食人種であるからそれでよいとしても、日本人は異う。何しろ祖先から菜食の方が多い民族であったことは言うまでもないと共に、
明治から大正時代までは左程でもなかったが、昭和に入った頃から非常に肉食が多くなってきた。
殊に終戦後は国民の劣等感も手伝って肉食が増え、又、牛乳の飲用も旺んになったのは衆知の通りである。』

 玄米食の話と同様の注意書きをするが、ここで抜粋した岡田茂吉師の教えを絶対的に正しいものとして、鵜呑みにするのは、くれぐれも避けていただきたい。あくまでも、情報の一つとして、利用して頂きたいと考える。現代の肯定派、反対派の論戦の状況、諸外国の状況、論者の経歴、資格(医師の資格を有するか否か)といった諸般の事情を吟味して、自分の頭で考えてほしい。

 また、私がこれらの岡田茂吉師の教えをこの掲示板に書いたもう1つの目的は、秀明会の現役信者の人たちに、秀明会の聖教書以外の岡田茂吉師の教えに触れる機会を設けてあげたいと考えた点にある。秀明会が提示する明主様の御教えとは、明らかに雰囲気が異なるはずだ。秀明会の聖教書は、明主様の宗教的な教えを可及的に隠すために、日めくりのようなつまらない道徳論を中心に編纂されており、聖教書は明主様の本来の教えを歪め、隠蔽するために作られたものだからだ。岡田茂吉師の真実の教えを少しでも多く読むことにより、秀明会によるマインドコントロールが解けることを期待して、私は、上記の教えを抜粋した次第である。

 なお、世間の牛乳反対派の根拠の主たるものは次の通り。(私も専門用語は分かりません。)
・牛乳のタンパク質がカルシウムと結びつきやすいので、牛乳を飲めば飲むほど、体内のカルシウムが尿といっしょに体外に排出され、骨粗しょう症を促進する。
・牛乳のタンパク質がカゼイン蛋白であるため、消化不良を起こす。
・牛乳にはABBOSという蛋白が含まれるので、糖尿病になりやすくなる。
・牛乳のタンパク質は分子が小さく、直接血液に吸収されるので、アレルギーの元になる。

 ただ、私個人は、グラタンが大好物であり、また、某メーカーの加工乳などを毎日飲んでいる。


[1602]表の顔と裏の顔
金色のROTAX
2005/9/20 1:36
fujiyaさんへ。
神慈秀明会を崩壊させるためには、表の方法ばかりではなく、裏の方法も、必要であると私は考えます。
このサイトによる啓蒙活動は、いわば表の方法。
善良な市民を現界で地獄におとす悪魔のカルト教団 神慈秀明会を完全に世界から消し去るためには、今後、裏の方法も必要になると私は思うのです。
表の方法同様、裏の方法についても、柔軟な対応で、適宜、実施願います。


[1601]カルト・神慈秀明会を崩壊させるまで活動を続けます
fujiya
2005/9/20 0:18
 2003年8月3日に「家族を新興宗教から守ろう」のページを立ち上げ、2005年9月19日にアクセス数が10万カウントを超えました。
 このカウンターは連続してアクセスしたり、リロードしてもカウントしない仕組みにしてありますので、10万カウントはかなり正確なアクセス数になっていると思います。
 ここまでやってこれたのも、ひとえに皆様方の暖かいご支援があったからです。本当にありがとうございます。

 まだ神慈秀明会を崩壊させるには至りませんが、このサイトの存在が神慈秀明会にある程度のダメージを与えたことは間違いないと思っています。
 神慈秀明会のために多くの家族が涙を流し、多くの信者、元信者が辛い思いをしてきたことを思えば、今後も活動の手を緩めることはできません。
 「宗教法人・神慈秀明会」は表の顔であり、神慈秀明会の実態は人々を苦しめる悪魔の心を持った小山一族によって運営されている虚飾に満ちたカルト団体です。
 宗教団体を隠れ蓑にして私利私欲を肥やし、多くの人々を苦しめている小山一族は絶対に許すことはできません。


 最近の当ホームページの更新をご覧になり、「家族を新興宗教から守ろう」の編集方針が少し変化してきたのではないかと思われている方もあるのではないかと思っています。
 これは、現役信者の心を秀明会から引き離すためには、秀明会の教義や御神体など、彼らの心の拠り所となっているものにメスを入れなければ秀明思想に侵されている現役信者の心を変化させることが難しいため、敢えて秀明会の思想的部分に踏み込んだ展開をしているためです。
 私が書いている文章中に、「明主様」等の表現が出てくることを疑問に思われる方もあるかも知れませんが、現役信者に拒否感を抱かせないためにはこうした表現を採る必要もあることをご理解下さい。

 私の基本的な考え方は変わっていませんのでご安心下さい。
 これからも、皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

                        (2005年9月20日 fujiya)
[1600]fujiyaさん、おめでとう
金色のROTAX
2005/9/19 22:30
fujiyaさんのサイトのアクセス数が10万を突破しました。おめでとうございます。
これで、また、地上天国に一歩近づいたね。


[1599]秀明会と救世教の記事
金色のROTAX
2005/9/19 20:46
>神慈秀明会トップが本当に世界救世教を忌避しているならばこのような資金提供は絶対にあり得ない話である。

 小山家が忌避していたのは、
・離脱した当時の世界救世教執行部(KT氏)と
・世界救世教の一元化の2つです。
 小山会主は、明主様のご息女であられる三代教主やその夫君であり教主補佐でもあった藤枝正和教師とは、仲がよかったのです。秀研にも、そんなこと書いてありましたよね。小山会主は、二代様が全てであったそうですし。
 三代の写真はすごいパワー(?)を感じますよ。こういうのも宗教的カリスマというのでしょう。三代も若い頃は、明主様に顔がとても似ているかんじでしたが、最近の写真は、昔とは別の雰囲気を身につけていると思います。読者の皆さんは、この写真を見て、何をイメージされたでしょうか? 


[1598]秀明会と救世教
fujiya
2005/9/19 19:39
 「御神床改造」に関して、救世教信者の方?から投稿がありましたので、「御神床改造」の末尾に追加して紹介させて頂きました。

 新たに、「秀明会と救世教」という記事をアップしました。仲が悪いと思われていた両者の間に、実は意外な真実があったようです。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1597]大きいウソは・・・
fujiya
2005/9/19 17:04
 アドルフ・ヒトラーの語録にも、「大きい嘘は信じてもらえる一定要素がある。民衆は小さい嘘より大きい嘘の犠牲になり易い。」という言葉がありますね。

 秀明会には小さいウソもたくさん、大きいウソもたくさんあり、『ウソのデパート』のようなところです。

 これまでも多くのインチキ宗教は存在しましたが、これだけ多くのウソで信者をたぶらかし、信者を食い物にしてきた神慈秀明会という団体は『インチキ宗教界の横綱』と言えるのではないでしょうか。

 一時期は隆盛をきわめた神慈秀明会も、そろそろ終焉の時を迎えつつあるのではないでしょうか。
 こうした外部からの秀明会包囲網の活動の高まりによって信者数は大幅に減少し、組織は弱体化、秀明会の将来展望は「お先真っ暗」の状態となれば、どんなに鈍感な秀明幹部でも自分の将来を考えます。

 秀明会内部には色々と不穏な動きもあるようで、いつ、”反乱”が起きてもおかしくない状態とも聞いています。
 秀明会幹部の皆さんは、きたるべき”その日”のために、そろそろどちらの陣営につくかを決めておいた方がいいのではないでしょうか。


[1596]ウソは百度つけは・・・
元T支部信者
2005/9/19 14:45
一連の“改造”記事、読ませて頂きました。まさに

「ウソは百度つけは真実になる」
 By ナチス・ドイツ宣伝相:ヨゼフ・ゲッペルス

という言葉を思わず思い起こさせる内容でした。もっとも襲名における“真実”はネットの発達で化けの皮がはがれてきていますが・・・。


[1595]秀明主様信仰者は立ち入り禁止
金色のROTAX
2005/9/19 5:07
 現在、ヤフーオークションに、明主様(秀明主様ではありません)の作品の複製が複数出ています。秀明主様信仰者以外の明主様信仰者は、見学させて頂きましょう。
 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1582]次の次の特集記事は・・・
金色のROTAX
2005/9/18 6:09
fujiyaさんへ。
 次の次の特集記事は、「大黒様ねつ造」になる予感がします。
 fujiyaさんのネットを通じた啓蒙活動により、どんどん、真実の明主様の姿、教えが明らかにされていきます。結果的に、fujiyaさんが、真実の明主様のことを、世界で一番、何の装飾もなしに、広めていることになると思います。やはり、あなたは、明主様に使われています(笑)。
 よろしくお願いします。


[1581]次の特集記事は・・・
金色のROTAX
2005/9/18 6:01
fujiyaさんへ。
 次の特集記事は、「浄霊改造」になる予感がします。
 fujiyaさん、あなたは、水晶世界建設のリーダーです。よろしくお願いします。


[1580]笑わせて頂きました
fujiya
2005/9/18 5:30
 ワッ・ハ・ハ・ハー(笑)
 いやー、私も熱心に秀明会を研究する内に、明主様に導かれるようになっていたんですねー!
 「明主様、ありがとうございます」  ・・・(冗談です)

 そうですか、秀明紙九月号がそのような特集とは愉快ですね。こちらのサイトを見ている秀明信者の方は、両方をよく見比べて頂きたいですね。


[1579]九月号秀明紙の表題は?
金色のROTAX
2005/9/18 0:04
九月号秀明紙の表題は?
 九月号秀明紙一面の表題は「聖教書の尊さ」です。会主の昭和61年8月月次祭の講話が抜粋されています。
 九月になって、fujiyaさんが、「みおしえ改造」をアップしたことと対照的ですね。fujiyaさんも、そこまで計算されてはいらっしゃらないでしょうから、訳があるんですよ、訳が。fujiyaさんも、明主様に使われているんですよ。
 皆さん、笑ってください。

 ちなみに、この秀明紙の体験発表は、
・小学校に入学した子供がいじめから解放された話、
・雷の被害から救われた話(隣接する二軒の家は雷で家屋がかなり破損したが、その家は被害がほとんどなかった)、
・子供が瞬間接着剤を口に入れたが飲み込まなかった話という
3つのご守護発表が中心に構成されていました。
 アンチの期待通り、大した奇跡ではありませんでした。末期がんがたった1回の浄霊で治ったというような超奇跡もたまには掲載してほしいですね。たとえ、ウソでも・・・


[1578]1576の秀明会のサークル活動
金色のROTAX
2005/9/17 22:39
根絶さんへ。
 秀明会の現在、行っている変なサークル活動があれば、教えてください。


[1577]1576の続き
根絶
2005/9/17 22:23
秀明に かかわった 女性とは 絶対
結婚したらあきまへん。


[1576]サークル活動?
根絶
2005/9/17 21:18
秀明会は 現在 宗教団体から 
サークル活動の団体に 変貌を考えているですね。

しかも たちの悪いサークル活動ですね。

金ばかり集める・・。

オウムから アレフに 変貌した ときと 同じ・・


[1575] [1571][1570]はとても重要 です。
日曜日よりの使者ギルド
2005/9/17 18:54
すみません。
今の私の置かれている立ち位置では、すっきりしないのですが、こういう表現しか出来ません。

>秀明の主催神がみろくおおみかみとは異なる正体不明の 神霊だという意味だった。

この適切な文章が全ての答えだと思います。
今、私の会でのポジションからこれが精一杯です。
内部に入るには危険が伴います。
末端信者が信じられない世界が現実にあります。


[1574]fujiyaさんへ 秀明主様について
金色のROTAX
2005/9/17 10:42
 fujiyaさんへ。私の拙い(つたない)書き込みを独立のページにして頂けるとお伺いしました。本当に、ありがとうございます。朝早くから、迅速な対応に感謝いたします。牛乳屋さんも、びっくりの早さですよ、皆さん。

 「秀」作などとお褒めの言葉をいただき、恥ずかしいくらいです。玉石混交の「玉」と位置づけて頂けたのですから。自称秀明会研究家としては、この上ない光栄です。なにせ、「秀」と「玉」ですから。

 私としては、駄作のつもりだったのですが・・・
岡田茂吉師と交流のあったKY氏の「湖」みたいですね。


[1573]独立したページに
fujiya
2005/9/17 8:47
 [1570]に金色のROTAXさんが書かれた内容は、秀明会の真実の姿が大変良く描かれていると思います。
 これまでも秀明会の姿を色々な角度から検証し、表現した文章はありましたが、[1570]の文章は『秀作』であると私も思います。
 通りすがりさんがおっしゃるとおり、独立したページとして掲載させて頂きたいと思います。金色のROTAXさん、その際はよろしくお願い致します。

 それにしても、「秀明主様」とはよくできた名前ですね!


[1572]通りすがりさんへ
金色のROTAX
2005/9/17 7:00
 通りすがりさんへ。ずいぶんとマー、評価していただき、ありがとうございます。
 こんなに朝早いのに、さっき、牛乳屋さんの音がしましたよ。
 私としては、アクビの出そうな単調すぎる書き込みをしてしまい、反省していたのですが。以前にも同趣旨の書き込みをしていましたし。次は、本来のアンチ掲示板にふさわしい、面白く簡潔な書き込みをするよう配慮します。
 秀明会の狂信的な信者は、秀明会の御神体が偽造品であることを客観的証拠を突きつけて論証しても、一切、耳を貸さず、あいかわらず、秀明会だけが世界で唯一つの正当な明主様信仰団体であると言い張っています。私は、そういう典型的な秀明信者の醜い自己欺瞞の姿に常々、生理的嫌悪感を抱いており、そういう人が明主様信仰者ではないことを言いたかったのです。
 秀明会信者は、明主様信仰者ではなく、秀明会信仰者なのであると。

 秀明主様という言葉が、なんで、「秀勉」(しゅうべん)なんだ?と思ったら、「秀逸」(しゅういつ)ですね。よく似た漢字です。
 
 1570の私の書き込みでは、以前の通りすがりさんの記事を一部、拝借させて頂きました。ありがとうございます。通りすがりさんの筋の通った書き込みには、毎回、一人で頷いております。今後も、よろしくお願いします。

 1569のギルドさんの書き込みの表現の一部を捉えて、批判的な書き込みをしたことについては、ギルドさんにお詫びいたします。ただ、「慎重に。 」と 「本当は「触らぬ神にたたりなし」なんですが」の意味が分からなかったものですから。


[1571]1570はとても重要
通りすがり
2005/9/17 5:55
1570は、アンチな未信者の人にはどうでも良いことかも知れないが、何が本当の「明主様信仰」かをもとめさまよう信者にはとても重要な概念といえる。

秀明会の信者による「明主様」の概念には2種類あったということだ。しかも、それに秀明主様と名付けられたのは重要なことである。

昔、インターネット上では秀明の主催神はモシヤ様と呼ばれていたが、これは、秀明の主催神がみろくおおみかみとは異なる正体不明の神霊だという意味だった。

それに対し秀明主様という言葉は、信者側の明主様像が本来のものではないことを指す言葉として秀逸である。


fijiyaさん、未信者の立場では難しいのかも知れませんが、可能ならば、1570の概念を整理して「家族を守ろう」のページのコンテンツや「秀明改」にして頂けないでしょうか?


[1570]>純粋に明主様を信じている末端信者さんたちの為に
金色のROTAX
2005/9/17 3:14
>純粋に明主様を信じている末端信者さんたちの為に。

 秀明会に所属する信者で、「純粋に明主様を信じている末端信者さん」なんて、果たしているのか?
・秀明会信者は、明主様直筆の御神体を見たこともないし、礼拝したこともない。秀明会の御神体は、霊能者 竹内崇元の指示で作られた切り貼り拡大の偽造御神体だからだ。
・秀明会信者は、明主様直筆のおひかりから作られたおひかりを見たことも、首からかけたこともない。秀明会のおひかりは、明主様の文字を切り貼りして作られたものだからだ。
・秀明会信者は、明主様直筆のお屏風観音様を見たことがない。
・秀明会信者は、本物のみろく大黒天を見たことがない。秀明会の大黒様は、離脱後に秀明会がどこからか買ってきたものだ。
・秀明会信者は、明主様がたくさん書いた御書や観音画像をほとんど見たことがない。
・秀明会信者は、明主様の声をCDなどで聞いたことがほとんどない。本部祭典で、流されたことが数回ある程度にすぎない。
・秀明会信者は、明主様が建設された聖地 箱根、熱海、京都 平安郷を見学した経験がない。
・秀明会信者は、明主様の写真をほとんど見たことがない。
・秀明会信者は、明主様の歴史、御事をほとんど知らない。旧体制の頃のカレッジノートには、明主様の歴史が多少は書かれていたが、現在はない。
・秀明会信者は、明主様の真実の御教えを読んだことがない。明主様の全ての御教え網羅する岡田茂吉全集はページ数にして、17736ページある。聖教書の分量は、明主様の全ての御教えの実質、百分の一程度である。聖教書は中身が改ざんされているだけではなく、恣意的な編集方針により、実在の岡田茂吉師の教えを歪めるために作られたものにすぎない。
・秀明会信者は、明主様の御教え通りの真実の浄霊を受けたこともしたこともない。秀明会の祈りの浄霊は、昭和30年代中ごろに、救世教二代教主が考案したものにすぎない。
・秀明会信者は、明主様の真実の御教え通りに浄霊を受けると地獄に堕ちると信じている。
・秀明会は救世教などが奉斎している明主様直筆の御神体を礼拝すると邪気を浴びると信じている。
・秀明会は救世教が発行している明主様の真実の教えを読むと邪気を浴びると信じている。

 上記の箇条書きから導き出される結論は何か?
 秀明会信者は、実在の明主様のことを何も知らないということだ。むしろ、実在の明主様を拒否している。
 確かに、秀明会信者は、明主様のことを一切知らないわりに、「明主様、明主様」と阿弥陀経信者のように唱えているし、自分は明主様を信仰していると独りよがりではあるが、主張する。崇拝対象のことを何も知らないくせに、熱心に信仰していると言い張る、この不気味な齟齬(そご)をいかに分析すべきか? 事実を単純化すると次の通りになる。

・秀明会信者が、崇拝対象、礼拝対象を「明主様」と呼称しているのは事実である。
・一方、秀明会信者は、実在の明主様のことを全く知らない。
・さらに、秀明会信者は、実在の明主様を積極的に拒否する。

 この3つの事実から導かれる結論は、
 秀明会信者が、「明主様」と呼称している存在は、実在の明主様、実在の岡田茂吉師とは別物であるということである。(秀明会信者が、「明主様」と呼称する存在は、小山家を経由した明主様であると表現する論者もいますが、私は、小山家を経由した明主様は、実在の明主様とは全く別物に変容していると断言します。)
 では、秀明会信者が崇拝している「明主様」(以下「秀明主様」と書く)の実質的な内容は何なのか?
 「秀明主様」を礼拝させているにもかかわらず、秀明主様に関わる具体的な情報は一切、教えない。秀明主様の具体的な内容はないのであるから、秀明主様は秀明会の教祖、秀明会の礼拝対象という形式的な意味しか持たないのである。

 冒頭で書いた秀明会の中の「純粋に明主様を信じている末端信者さん」という言葉を、秀明会内部の特殊な用語ではなく、一般的意味に変換すると、
「純粋に秀明会の礼拝対象を信じている末端信者さん」ということになる。(形式的な意味しかない。)

 私は、秀明会の中には、「純粋に実在の明主様、実在の岡田茂吉師を信じている末端信者さん」は存在しておらず、「純粋に秀明会の礼拝対象を信じている末端信者さん」だけが存在していると確信している。
 この「純粋に秀明会の礼拝対象を信じている末端信者さん」とは、「何も考えることなく、秀明会の言いなりになっている末端信者さん」と表現したほうが手っ取り早いと思う。

 ただ、例外的ではあるが、秀明会信者であるにもかかわらず、秀明会の戒律を平気で無視して、救世教発行の明主様の真実の御教えを個人的に勉強し、明主様の教えの通り、体の急所にも浄霊し、箱根・熱海・嵯峨野の聖地に勝手に参拝し、秀明会を明主様と明確に切り離して、明主様信仰をしようとする人もいる。
 秀明会の現役役付信者とも相談したことがあるのだが、この割合は、100人から200人に1人程度であると経験から私は判断する。秀明会の信者数が4万人とすれば、400人から200人程度の数になる。

 以上の理由から、私は、冒頭で書いた「純粋に明主様を信じている末端信者さんたちの為に」という言葉の使用を避けるべきであると考える。あまりにも、意味が不明瞭であり、議論を錯綜化させてしまうきらいがあるからだ。


[1569]金色のROTAX さん慎重に。
日曜日よりの使者ギルド
2005/9/16 16:29
本当は「触らぬ神にたたりなし」なんですが、
ここまできたら全て明らかにする必要があると思います。
純粋に明主様を信じている末端信者さんたちの為に。


[1568]1566訂正 根絶さんへ
金色のROTAX
2005/9/16 1:10
1566訂正 根絶さんへ
 根絶さんの質問の趣旨を私は勘違いしていました。
「秀明会で・資格者だったお方では ないんですか? 」という根絶さんの質問ですが、私が回答したかったのは、NPO法人を設立した人が、「秀明会で・資格者だったお方」(つまり過去形。現在は退職した人) ということであり、私は最初から最後まで、秀明会の一般信者でした。

 これは、この掲示板の読者の皆さんにお知らせしたいことなのですが、秀明会の元教師、元職員、元奉仕者、元助教師といった経歴を持っている人の中に、岡田茂吉師の教えによって、困っている人を救おうとか、岡田茂吉師の全ての教えと歴史を本気で学び取ろうとする人は、絶対に存在しません。これは、私の今までの経験から、保証します。
 たしかに、岡田茂吉師の教え(秀明会にはないもの)を表面的に読んで、「明主様の本当の教えは、こうなんだよ。」と面白おかしく、知人に吹聴する程度の人は、上記の人種の中にも、結構います。しかし、それから一歩前に進んで、明主様信仰そのものとして、真剣に教えを学ぶ人は、上記の人種には一人たりともいません。絶対に。明主様の真実の教えを知ってしまった上記の人種の人たちは、秀明会が世界で唯一の正しい明主様信仰団体であると思っていたが、そうではないらしい、ならば、そんなに、真剣にやることもないな、というように、明主様の教えを、明主様信仰をサボるダシに使うのが関の山なのです。
 また、学生時代から自分がガリ勉であることのみをアイデンティティーとして生きてきた教学室のS先生や、社会経験を有することから常識人として知られる大阪のT支部のMS先生などは、秀明会の教義が明主様の真実の教えとかけ離れている事実を直視し、幹部の動向を冷静に観察しつつ、秀明会の教義の大改革(特に、浄霊法の変更)のタイミングを窺がっています。しかし、この真面目人間の2人の動機も、所詮、自分の今までの人生、秀明会に騙されてきた人生を正当化するために、秀明会の教義を変えようとしているのにすぎません。あくまで、自分中心にしか、物事を考えていません。秀明会が明主様とは一切関係ない団体であるという現在の事実のままでは、彼らの人生が大失敗ということになってしまうのです。明主様のためと思ってやってきたことが、実は、明主様とは一切関係なかったのだ。秀明会が明主様信仰をしている団体と思っていたら、実は、明主様とは一切関係なかったのだ。こういう彼らに都合の悪い事実を消し去るために、秀明会においても、明主様の教えを公開しようと裏で計画しているのです。

 私の普段の書き込みの内容から、事情通と見えるのかもしれませんが、岡田茂吉師の教えに対する姿勢は、秀明会の元教師といった恥ずかしい経歴を持った人たちとは、 明確に異なるはずです。 以上 


[1567]浅井敏雄氏の食物観に関する記事
金色のROTAX
2005/9/16 0:13
浅井敏雄氏の食物観に関する記事
 某掲示板において、浅井氏の食物観に関して次の趣旨の書き込みがありました。浅井氏が、秀明会の某拠点の信者さん達の前で講演したときも同趣旨の内容であったと聞いています。

・玄米もその強いアクと排泄作用でミネラル不足となり、寿命を縮めてしまう。
「玄米を長く続けて体がおかしくなった人や短命になった人をたくさん見てきました。
 フィチン酸の排出作用は強力なものです。だから病気の症状が消え、ガンさえ治るのです。
 玄米にミネラルが多いから病気が治るのではないのです。玄米のアクが毒素を引っ張って出すのです。」
「病気の時には短期間で効果がでますが、せいぜい数ヶ月から半年くらいで止めるのが理想です。」
「結論を申し上げますと,玄米より白米の方が人間の主食として適しているということです。
 5分搗き、8分搗き、胚芽米でもアク作用でミネラルを排出していきます。
 元禄時代より白米にし始めたというのはアクを処理する先人の知恵だったのだと思います。」
「この玄米や胚芽加工食品の害よりもはるかに寿命短命化に影響を与えるのは
 自然塩、海の塩のニガリの腎臓凝固作用の害です。」
「『にがり』や自然塩、玄米、
 健康食品類はその悪作用で晩年必ず病気で苦しむことになります。」

「アクとは、食品に苦みや渋みまたは一般にえぐみといっている味を与える物質をさします。」
「特にアクは大根や人参、牛蒡などの表皮付近にあり、虫などが食べないように
 表皮に虫の嫌がる微毒を持っているのです。だから昔から大根や人参、牛蒡などは
 皮を剥いてアクを処理する生活の知恵が伝えられてきました。」
「しかし、最近、自然食料理教室では牛蒡などのアクを抜かずに
 牛蒡の表皮に含むミネラルを利用しようとする料理法が教えられています。
 根菜類を姿煮という長時間料理で繊維質までも柔らかくして全て食べるというものです。
 これでは牛蒡の中の強いアクもそのまま食べてしまうことになり、
 アクの微毒によって寿命を縮める原因となります。」
「しかし、このアクを抜かないミネラル料理は病気を治す効果があります。
 ミネラルの毒素排泄作用で症状が消えていくのです。」
「効果があったものほど強いアクがあり、続けて食べると寿命を縮める原因になる
 という基本原則をよく理解しておいて下さい。
「果物類も野菜以上に強いアクを皮の部分に持っています。
 鳥や虫に食べ尽くされないようにしているのです。
 植物は子孫を残すために種を残そうとします。
 その種を内包している果実は植物が種を保存するために葉や茎以上にアクを持っているのです。
 果実の種に最もアクが多く、次に果実の表皮です。
 果物は必ず皮を剥いて食べるのが正しい食べ方です。
「皮の部分にミネラルや栄養がたくさんあるので皮ごと食べなさいと教えている人もいますが、
 野菜と同じようにアクの毒を体内に摂りいれないために皮を剥いて食べるようにして下さい。」

   http://glc.cocolog-nifty.com/blog/2005/03/index.html


[1566][1565],[1564]浅井敏雄氏と秀明会との関係
金色のROTAX
2005/9/15 21:58
根絶さんへ。そのような理解でよろしいと思います。


[1565][1564]浅井敏雄氏と秀明会との関係
根絶
2005/9/15 20:36
[1564]浅井敏雄氏と秀明会との関係
  金色のROTAX さま・・・。

もしかして・・・。

秀明会で・資格者だったお方では ないんですか?


[1564]浅井敏雄氏と秀明会との関係
金色のROTAX
2005/9/15 18:52
浅井敏雄氏と秀明会との関係
 某掲示板の玄米食の是非の書き込みで、浅井敏雄氏に関する記事が掲載されていた(972、979)。この浅井氏は、秀明会の某拠点の信徒たちの前で講演したことがある。
 秀明会の某男子教師が、新体制になって数年後、NPO法人を立ち上げたが、この設立当初には、色々な講師をよんで、秀明会の拠点で講演会をしていた。このNPO法人は、建前としては宗教の秀明会とは関係ないとされていたが、事実上、会員が秀明会信者とその家族だけだったので、講演会は秀明会の拠点またはその付近の施設で行われた。内容は、自然分娩、代替医療、幼児教育、自然農法といったことが主たるものであった。
 浅井氏も、このNPO法人からよばれて、某支部の信者の前で、玄米食や自然塩の問題点について、講演したのだが、当時、その支部では、秀明会の自然農法でできた大豆を使用した味噌を作っており、そこで自然塩を使用していたため、浅井氏の講演内容と自分達の実際の活動内容の齟齬(そご)から、この講演の啓蒙効果が減殺されてしまったと聞く。
 なお、浅井氏以外に玄米食の弊害について言及しているのは、鶴見隆史氏(「新・食物養生法 第三書館 P142〜P146)くらいではないかと思う。国民的歌手であった故Mの死期を早めた直接の原因が玄米食であることは有名な話だ。玄米食については、カルト的信奉者も多いので、言及するのは控えるのが得策であるが、もし、治療行為の一環として実行中、あるいは、実行を検討している方がいるようであれば、肯定説、否定説の両方の文献を自分で学び、かつ、正式の医師の免許をもっている者の指導の下に行うことが最低限必要であると考える。
  http://glc.cocolog-nifty.com/blog/2005/03/index.html

[1563]明主様の御書の贋作
金色のROTAX
2005/9/14 23:01
最近、ヤフーオークションで、連続して、明主様の御書の贋作が出ていたのは事実である。
 ただ、それらは偽物であることが一目瞭然のものだったので(明主様の字体とは全く異なっていた)、普段から、実在の明主様研究に余念のなかった人は損害を受けなかった。なお、それらの偽の作品群はすべて同一の作者の作品であり、文字も全く同一であった。印鑑も明主様のものと似たものを偽造して使用していた。
 以前、ある美術商に、明主様の書いた般若心経が持ち込まれたことがある。確かに、印鑑は明主様のもののように見えたが、明主様がそんなお経を書いた話はないので、贋作と判断された。

 今回の光明如来の真贋については、私の目では判断できない。
 明主様バブルの頃は(20年くらい前)、明主様の書かれた御神体「光明如来」「大光明如来」(文字)ですら、60万円くらいしていた。しかし、現在は売り手市場から買い手市場に意向したため、大幅に、値段が下降し、前記の2種類の御神体(文字)は多数あるため、20万円前後になっていると思われる。なお、2〜3年前にMOAで販売された明主様の観音画像の原寸大の複製品(雲上観音等)は、複製品なのに20万円前後した。

 真贋の判断であるが、箱書きがあれば、本物と断定しやすいといえよう。しかし、箱書きのあるものは少ない。明主様に箱書きを御願いする場合、別途、献金が必要だったのだ。
 ・字体、・雅号の字体、・落款印と雅号の時期的な整合性、・汚れぐらいといったことから判断するほかないと思う。なお、表具屋に洗いに出すこともあるので、きれいだから贋作とは限らない。


[1562]おそらく
まーちゃん
2005/9/14 10:31
今出品されているものは、贋作だと思いますよ。オークションには贋作がよく出ているのでご注意した方が良いですよ。もし本物でしたら40万はしますよ。


[1561]岡田茂吉【光明如来】
kaka
2005/9/14 9:42
yahooオークションの【岡田茂吉世界救世教教祖直筆保証「光明如来】に、10万以上の値が付いていますが。
そんなに、価値ある物 なんですかね? 秀明会で、桃買うよりはかなり、安いでしょうけど・・・


[1560]秀明会が隠したもう一つのもの
金色のROTAX
2005/9/14 5:29
秀明会が隠したもう一つのもの
 秀明会が、隠蔽したものとして、明主様直筆の御神体、観音様、おひかりと明主様が書いたみ教えといったものが、このサイトや秀研などで、指摘されている。
 しかし、この場をお借りしてもう一つ指摘させて頂きたい。それは、明主様のご印鑑だ。秀明会の御神体やおひかりや観音様からは、明主様の押印が削除されている。そのため、秀明会にいる限り、明主様がご使用されたご印鑑を見る機会が極端に少ないのだ。
 例外的に、秀明会でも見ることができるケースとして、次の場合がある。
・鬼島の「鶴亀」の御書
・一部の支部に飾られている明主様直筆の扁額(T支部の「大経綸」など)
・本部の研修棟などにある複製品の御書(「金龍」など)

 明主様のご印鑑を作っていたのは、「松林天上」という書家だ。非常に真面目な人物で、生涯、漢詩の勉強などに余念がなかったと聞く。彼は明主様の御書の字体を「唐の太宗の字によく似ている」と評しているが、こういった点からも、彼の博学ぶりが伺われる。彼が作成した明主様のご印鑑の文字なども、生真面目そのもので、遊び心が見当たらない。明主様の「萬象台主」のご印鑑では、「象」の文字を、動物の象さんの姿で表現しているが、このようなオリジナリティー溢れる作品ですら、品位がただよい、しかもバランスよくまとめられている。渋井先生は、彼のことを「一刻」(頑固者)と表現している。
 長野県に印鑑の店を構えていたが、東京に出張で書道を教えにきており、渋井先生が明主様のところに連れてきたのだ。渋井先生から、明主様信仰の専従布教師になることを薦められたが、従わなかった。当時の教師たちの雰囲気から、宗教家としての崇高さを感じなかったことが原因のようだ。
 彼が、明主様と初めて面会したのは、昭和16年4月、場所は、玉川郷の富士見亭であり、話がはずみ、3時間以上、明主様と話をされている。この時点においては、渋井先生ですら、富士見亭に入ったことが経験がなかった。なお、明主様の弟子で最初に、富士見亭に入る許可を頂いたのは、前沢徳芳先生である。
 それ以前は別の篆刻家の印鑑を明主様はご使用されていた。お屏風観音様の原版である十一面千手観音様は、昭和9年に揮毫されているので、別の作者の印鑑が使用されている。ここで使用されている印鑑の「霊主体従」と松林の「霊主体従」とでは明らかに作風が異なる。昭和9年に使用されたこの印鑑の文字は、遊び心があるのだが、軽さが目立つ。(秀研の観音様の記事参照)
 松林氏について、より学びたい人は、景仰(P227)、東方之光(P115)を参照してほしい。

 いま、ヤフーオークションに出ている明主様の富士図には、印鑑が使用されておらず、代わりに、明主様の右手の人差し指が押されている。明主様のこの指は、○にチョンの「ス」の形になっているのだ。初期の頃であり、経済的に困窮されていた明主様は、この絵にサイズ的に対応したご印鑑を購入されるお金がなかったことが原因ではないかと私は推理する。
  http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n24426636

 明主様のご印鑑で、「東山荘主」や「萬象台主」というものはあるが、「神山荘主」はない。明主様御在世中に、明主様にご面会できたら、この質問をしたいものだ。「主之印」や○にチョンの「ス之印」などの印鑑もあってもよさそうなものだが、明主様は作られていない。三文字なので、引首印になるのであろうが。明主様は、明主様が御揮毫される文字についても、信者から希望があれば、遠慮なく言いなさいと仰っていた。そうであれば、印鑑についても、希望を言ってよかったはずだ。

 アンチ掲示板の予定する本来の書き込みとは、性格の異なる投稿になったが、秀明会にいると、絶対に聞けない話であり、また、考えることができない内容の事柄だ。
 今でも、実在の明主様について、真剣に学びたいという志があるのであれば、岡田茂吉全集(明主様のすべてのみ教え)、明主様の御書の作品集、明主様のすべての印鑑、明主様のご講話CD、明主様の写真集、明主様の生け花集は、最低限、押さえたいものだ。


[1559]私の場合は
まーちゃん
2005/9/13 22:40
インターネットが盛んになる前でしたので、秀明では見させてもらえない明主様が御在世当時の出版物や御教えを探して秀明の教え等と比べてみました。明主様は御教えの中で宗教人は普通人以上の普通人でなくてはいけないと言っています。献金についても誠を尽くせと入っていますが、借金してまでしろとは言っていません。滋賀の本部にしても聖地だと言った発言はありません。明主様が聖地と設定した場所は、箱根と熱海と京都のみです。浄霊にしても秀明の言い分は間違っていますね。私に答えられることに対してはお答えしますのでその方が何か疑問があるようでしたらお答えします。


[1558]まー様
macchan
2005/9/13 22:03
ご返信ありがとうございます。
実は、私の下の質問にすべてイエスと答える知人がいるのですよ。
その人の目を覚まさせようと、私は現在思案中なのです。
「色々自分で勉強」されて離れていかれたということですが、具体的には、こちらのアンチカルトのサイトのことですか?それとも別の何かですか?
お時間ありましたら、またご投稿下さいませ。


[1557]こんにちは
まーちゃん
2005/9/13 21:01
私の入信は平成3年です。カレッジにも参加はしたのですが、今現在は活動はしていません。秀明に入った頃は勧誘方法は大分強引だったと思います。色々自分で勉強してみて、秀明はおかしいと思い始めて離れています。しかし、明主様信仰は辞めてはいないです。おひかりについてはまだ処分はしていませんが、そのまま仏壇にしまってあります。確かに秀明は間違っていますが、明主様は信じていますので今も勉強は続けています。


[1556]まーちゃん、こんにちは
macchan
2005/9/13 18:41
まっちゃんと申します。
秀明会はだいぶ長いのですか?
毎日、集会所へ参拝しているのですか?
一食100円で1日300円の献金しているのですか?
秀明会にひかれるのは、やっぱり奇跡ですかね?


[1555]お玉串について
まーちゃん
2005/9/13 15:18
納めたお玉串の袋が家に返されているのはおかしくありませんか?袋に関しては納めているのなら返却されないはずですよ。少なくとも私には返却されませんでしたよ。


[1554]御教え改造
まーちゃん
2005/9/13 15:14
「神慈秀明会とはなんぞや」については最初に書き換えたと教えてもらいませんでしたか?さすがに誰にも解ることに関しては教えていますよ。ただ誰もそのことに関しては考えてなかっただけなのではないでしょうか?


[1553]みおしえ改造
東日本匿名
2005/9/13 11:58
私も「神慈秀明会とは何ぞや」はおかしいと在籍時に思っていました。だって明主の死が昭和30年?で会の発足は45年ですから・・・。ここは書き換えたって誰だってわかるはずです。しかしそれは正当なことだと考えてしまう思考回路に問題があるのです。どんな変なこと、不当なこと、理不尽なことも上が言ってることが「神意」であるという教え。思い出せないが、まだまだ理論的に考えればおかしいことはたくさんあったと思いますね。


[1552]実在の明主様の研究 その2
金色のROTAX
2005/9/13 1:56
 実在の明主様が書かれた真実のみ教えが、ここにあります。実在の明主様に興味のある人は、訪問してください。秀明会の偽明主様にしか興味のない人には不要な情報です。
 http://homepage1.nifty.com/kuramoto/mokichi-index.html


[1551]実在の明主様の研究
金色のROTAX
2005/9/13 1:51
 今、ヤフーに、実在の明主様の御揮毫された御書の複製品がたくさん出ています。実在の明主様に興味のある人は、閲覧して、実在の明主様の勉強をしましょう。
 秀明会だけには、明主様がいないことを、私は保証します。

[1550]神慈秀明会とは
GENKI
2005/9/13 0:50
 離脱劇で信者にご神体、お屏風観音様、大黒様の廃止を世界救世教がしたと、吹き込んできたが実際不思議でした。たまたま縁あって会に入会したのに、なんでこうも毎年毎回、救世教への恨みを、聞かされるのか?
 秀明会事態が、これと同じことをやっていたので、感ずかれないためのものだったのですね。
 


[1549]秀明会のいう「明主様信仰」の意味 その2
金色のROTAX
2005/9/13 0:26
 昨日の秀明会のスローガンをもう一度書きます。
・明主様は神人合一の救世主です。
・秀明会だけが正しい明主様信仰をしています。
・だから、入信すると救われます。
・だから、献金すると救われます(献金の名目は色々)。
・だから、お導きをすると救われます。
・だから、信者が増えると地上天国が完成します。

 1つ目の「明主様は神人合一の救世主です」を単純化すると、「明主様は正しい」となる。
 2つ目の「秀明会だけが正しい明主様信仰をしています」ということは、それ以外の明主様信仰は正しくない明主様信仰ということになる。
 そして、最初に、明主様は正しいと言ったため、正しくない明主様信仰は論理的にありえないので、それ以外の明主様信仰はそもそも明主様信仰ではない、つまり、明主様の名前を騙った(かたった) 偽明主様信仰であることになる。
 これは何を意味するのか? 秀明会でいうところの「明主様信仰」という言葉が、秀明会の活動を意味することとなる。
 この2つ目のスローガンの論理的な意味あいは、「秀明会だけが正しい秀明会の活動をしています。」という程度のことになり、結局、「秀明会だけが正しい活動をしています。秀明会だけが正しいです。」ということになるのだ。
 秀明会は、秀明会の活動を「明主様信仰」という言葉で呼んでいるのであり、そして、その秀明会の活動とは、秀明会に人と金を集めることだけであるため、秀明会のいう「明主様信仰」とは、秀明会に人と金を集めることを意味することになる。
 
 結局、「秀明会は明主様信仰をしている団体です。」の意味は、「秀明会は秀明会の活動をしている団体です。」ということになる。
 「国会は唯一の立法機関である。」の意味を、「国会は国会の制定する法規範を制定する唯一の機関である。」と把握する解釈と同様の形式論である。


[1548]SAさんへ
通りすがり
2005/9/12 20:43
>話はそれますが、宗教やめたかったらこの家から出て行けといわれました・・・

ご家族の言っていることは、岡田茂吉の言っていることとも、とてもずれていますね。
秀明改以外に、これも印刷して、渡してあげたらいかがでしょうか。


http://izumo.cool.ne.jp/shuken/katsudou/hiten/07.html

決して無理に教修を受けさせちゃいけない、命令的に信仰させるのは絶対いけない。
いくら妻でも子供でも押しつけるのは絶対にいけません。
信仰ってものはその人自身の心に湧き起こったものであるべきなんです。
どうしても教修を受けたい、巳むに巳まれず御光を頂きたいっていうんでなけりゃ、
受けさせてはいけません。御義理や命令で教修を受けるのは、神様に対して大変な御無礼ですよ。


昭和25年4月23日


http://izumo.cool.ne.jp/shuken/tushin/non-cult2.html

転向者の悩みに応う

本教においては他信仰に触れることはいささかも尤めない。絶対自由である。
例えば本教信者であって他の宗教を研究しても何ら差し支えないのみならず、
万一本教よりも優れたる宗教があれば、それに転向することも自由である。
とともに、いったん他宗教に転向した者が、再び本教に戻ることあるも、
これまた差し支えないのである。

元来信仰というものは、人間の魂の底からおのずから湧き出で、
止むに止まれず信仰する態度こそ本当のものである。
しかるに転向そのものを罪悪のごとく教えられ、それに従わねばならぬことは、
まったく一種の脅迫によって信仰を持続させようとするのであるから、
自由意識を圧迫し、自己欺隔(ぎまん)である。このような信仰こそ
神の御旨に適うはずはないのである。真の信仰とは、あくまで自湧的で、
何ら拘束のないことを忘れてはならないので本教が大乗を主とする所以も
ここにあるのである

昭和24年10月20日


[1547]A4のコピー紙でOK
fujiya
2005/9/12 19:11
秀明改を印刷する用紙は普通のコピー紙でOKです。
一般的なA4のコピー紙1枚に印刷できるように作ってあります。
紙代とインク代は各自にご負担頂かねばなりませんが、よろしくご協力頂きたいと思います。

私も関係官庁などにかなりの部数を郵送しました。
全国の秀明支部、連絡所にも送ってあげようかと思っています。

「宗教やめたかったらこの家から出て行け」とは・・・。
なんか宗教の捉え方が違っているような・・・?


[1546]ss
SA
2005/9/12 18:54
秀明改PDFおもしろいですね。 さっそくばら撒いてみようと思います。しかし印刷用紙が分からないので、なんていう用紙を使っているか分かりますか?
話はそれますが、宗教やめてかったらこの家から出て行けといわれました・・・


[1545]秀明会のいう「明主様信仰」の意味 その1
金色のROTAX
2005/9/12 2:07
 秀明会の設立目的、存在理由は、小山家が会計、人事を完全に管理する秀明会という宗教法人に、人と金を集め、組織を恒常的に拡大することにある。そのために用意された秀明会の教義はつまるところ、次のようなものだ。

・明主様は神人合一の救世主です。
・秀明会だけが正しい明主様信仰をしています。
・だから、入信すると救われます。
・だから、献金すると救われます(献金の名目は色々)。
・だから、お導きをすると救われます。
・だから、信者が増えると地上天国が完成します。
 
 というスローガンを掲げて、秀明会は昭和45年から平成8年まで突っ走ってきた。こんな単純なお題目であれば、文盲の人でも簡単に理解できる。鎌倉時代、一般民衆の大半が文字を読めず、仏教の難しい教えやお経を理解できないことから、「南無阿弥陀仏」と唱えれば、極楽に行けると教えた新興仏教と似ている。秀明会の陳腐なモットーであれば、鎌倉時代の農民でもすぐに飲み込めるであろう。
 
 秀明会の目的は、秀明会に人と金を集めること。
 そのための手段としてのみ、明主様という名前の教祖は利用されている。
 したがって、手段性の認められない明主様は、秀明会では存在を許されない。そんな明主様は邪神となってしまうのだ。
 秀明会信者も、秀明会だけが正しい明主様信仰をしていると教わっているので、秀明会以外の明主様は正しくないとちゃんと理解している。秀明会の経営サイドの認識も、秀明会の信者サイドのそれも完全に一致する。
 秀明会以外の明主様直筆の御神体や、明主様の書いたとおりの教えを秀明会信者が忌避することの理由はここにある。

 一般大衆をターゲットにした布教活動をするのには、単純な教義のほうがいいのであろう。それは、国政選挙にも当てはまるのかもしれない。


[1544]小山美秀子経由の岡田茂吉
通りすがり
2005/9/12 1:35
>誤解?集会所には、岡田茂吉の写真が、飾られている
>ではないですか、 しかも 一礼させられる!!!

それは単なる写真(御尊影)ではなく、秀明会(小山家)から出た御尊影であることが重要な事です。

救世教から出た御尊影の前に秀明会信者を立たせてみると、きっと恐怖で震えだすでしょう。

なぜなら、秀明会では、小山美秀子を通してしか岡田茂吉にアクセスしてはいけないからです。他のルートからのアクセスは、邪神にやられて地獄に堕ちることになっています。

>でも、信者さんは買うかもしれないですよ。

そうですね。最近は、そういう洗脳から解放され、こういったものを購入する信者もほんの少しずつ増えてきたようですが、
そんな人でも、会にばれると邪神扱いされて村八分に
されたり、取り上げられて捨てられたりするので、教師や世話人などには隠しておくのが普通です。


[1543]岡田茂吉
商人
2005/9/11 17:52
誤解?集会所には、岡田茂吉の写真が、飾られている
ではないですか、 しかも 一礼させられる!!!
あ!でも小山家の皆様は買わないかもしれないですね。

でも、信者さんは買うかもしれないですよ。


[1542]誤解
通りすがり
2005/9/11 16:15
>これって 小山家が 泣いて 欲しがるもの
>ばかりと 違いますか??
>小山家が1億くらいで 買うかも??

おそらく買わないでしょう。

なぜなら、秀明会にとって価値があるものは、「岡田茂吉のもの」ではなくて、「小山美秀子が拝受した岡田茂吉の物」だけだからです。

神慈秀明会の中では、小山美秀子が拝受していない岡田茂吉のものは邪悪な存在となっています。

もし「小山美秀子が拝受していない岡田茂吉の物」に価値を認めてしまったら、秀明会という閉ざされた世界の中ですら、小山家の絶対的な権限を維持出来なくなります。

小山家は、岡田茂吉の信奉者ではありません。そのことは、「ご神体改造」「ご神床改造」「みおしえ改造」を読めば自ずからわかることです。

だから、小山家は岡田茂吉の品物や教えに興味を持たないのです。


[1541]みおしえ改造
fujiya
2005/9/11 13:32
 新たに、「みおしえ改造」をアップしました。

 しかし、秀明会という団体は御神体を改造し、おひかりを改造し、御神床を改造し、教祖の大切な教えである「みおしえ」まで改編し、「よくぞここまで!」と言えるほど教祖をないがしろにしてきた団体だと思います。

 このような団体が『明主様信仰』という看板を上げていることは不可解以外のなにものでもありません。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1540]商人さん
根絶
2005/9/11 12:29
茂吉グッズ5点

すごいですね。

これって 小山家が 泣いて 欲しがるもの
ばかりと 違いますか??

小山家が1億くらいで 買うかも??


[1539]yahooオークション
商人
2005/9/11 9:31
茂吉グッズ色々5点 信者さんどうですか?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1536]HT先生の現在
金色のROTAX
2005/9/9 17:33
 日曜祭に行った知人の話によると、T支部のHT先生は、一人では歩けず、付き人がいて、ヨロヨロしながら、死にそうな顔をして、日曜祭に参拝していたらしい。
 旧体制の青年部の活動に、恨みをもつ者が、こういう話を聞くと、大喜びするようだ。「バチがあたった。」とか言ったりして。確かに、秀明会の旧体制が原因で、離婚、勘当、退学、解雇、家庭崩壊等の回復不可能な損害を受けた者にとって、彼女は、いくら恨んでも足りないことであろう。
 ただ、私は、秀明会という組織を倒産させることしか考えていないので、HT先生には、あと5年から10年は、今まで通りにがんばってほしかった。ああいう内面も外面も完全なる悪の権化は、現在の秀明会にとって、獅子身中の虫なのだ。敵の敵は、味方であり、彼女は私の最大の協力者の一人だったのだ。OK先生も同様だ。
 HT先生やOK先生がいなくなれば、秀明会はよくなると思い込んでいる極楽トンボが、秀明会の男子教師にも、信者にも、アンチにもかなりいる。しかし、残念ながら、その後を引き継ぎ人たちは、内面が悪で、外面が善のニコニコ先生たちなのだ。信者の前では、善人の仮面をかぶっているので、ほとんどの単細胞な信者は、彼らが優しい人格者であると思い込んでいる。ところが、彼らは、信者のいないところでは、自分の保身と秀明会の組織維持のみに専心するカルト経営者の本性を現すのだ。彼らの変わり身の早さには、私も、私の知人も、その現場を目撃して、唖然とした経験がある。HT先生やOK先生は、彼らに比べれば、裏表がないので、はるかに正直者だ。
 複数の情報を元に判断して、秀明会の教師で、裏表のない本当の人格者は、大阪のTN支部のMS先生と兵庫のN支部のK先生とSSAのAI先生くらいであろう。もっとも、アンチ掲示板で褒められてもうれしくないであろうが。
 秀明会の真の祈りの浄霊と奇跡の水で、HT先生とOK先生が元気になられることをお祈りします。


[1535]いろいろな有名人が・・・
プーさん
2005/9/7 19:26
 とあるホームページを見たら、新興宗教に入っている芸能人一覧というものがありました。びっくりしました。有名人がたくさん、いろいろな新興宗教に入っているんですね。もちろん信教の自由もありますし、この「一覧表」が正しいかどうかわかりませんが。

 でも、こんなことを考えました。こうした新興宗教の団体はこれらの有名人を巧みに利用し、宣伝しているんだろうな・・・と。ちなみに、この一覧表の中にはかの有名な「秀明会」の名はありませんでした。

 結局は誰がどの宗教を信仰していようと、それに惑わされずに、自分自身で判断する(自分の身は自分で守る)しかないのでしょうか。「騙す」ということと「自らの行為で信仰する」という行為は紙一重。裁判になっても現状では「騙した」ということがなかなか立証困難なようです。

 しかし、以前「○の華」という足裏診断をしていた教団の教主は詐欺罪で逮捕されましたよね。

 みんなが声をあげて追及していくことで、怪しげな宗教団体を、解散に追い込みましょう!


[1534]ヤフーオークション
東日本匿名
2005/9/6 11:45
入札が入っていました。買う人もいるんですね。入札者はかなりの茂吉マニアのようで・・・・。

[1533]ペンダント・・・
ピヨコ
2005/9/6 5:12
「お光り」には必需品と思われる、あのペンダント。。。
信者だった友人が、中学生の時に持っていたのですが、
ある日、うかっりトイレに落としてしまった時は、びっくりするぐらい大騒ぎでした。。。

「こんな事を知られたら、生きていけない」とまで言い出して、泣いて収拾が付かないので、
結局、私が便器に手を突っ込んでまで!取ってやりましたよ。
(そんなに大事なら「お前が、自分で探して取れよ!」って感じでしたが 苦笑)

私は身内に「霊媒者」を仕事にしていた大叔母がいた事がありまして、、、
良くも悪くも色々な場面を見てしまい、今現在は「宗教」には、全く興味がありません。

大切なのは「宗教云々」よりも、彼岸・お盆などに、気持ちのこもった「お墓参り」をする事だと思っています。


[1532]建設について
GENKI
2005/9/6 0:09
離脱は小山家の財産を守るためになされたのが、最大の理由だ。教会返上に異を唱えたのは、周知のとおりだけれど、それに、信者の献金を秀明教会は、熱海に少なく報告、献納していたため、その額たるや・・・
当時教会長が、所有者だった土地、建物、信者の献金の収入を熱海本部が統括するとなれば、あの強欲小山家の
人たちは、たまったものでわなかったはず・・・
今、逆にその手法を用いて、全国の拠点は、小山家の名義になっているはず・・・
新建設をされているところの信者さんは、本部からお金を借りているんだからと、明主様に借金してると聞かされ、高額の献金の強要を受けたことがあると思います。
しかし、名義は土地、建物すべて小山弘子のはず・・・
おかしいとおもいませんか。こうしたところでも、着々と財産を、築こうとして。自分の土地を買って、建物を建て、それを信者の借金と称しての金の回収。
普通では考えられない構図が隠されているのです。
これから新建設をしようとしている信者さん。どうか土地建物の名義を確認してみてください。


[1531]日曜日よりの使者ギルド様
macchan
2005/9/5 18:35
そうですか・・
内部ではスパイごっこですか・・
身の危険?
そこまで暇ですかねえ。
いずれにしても、
私は新婚生活を、紙片ぶら下げて送りたくはないですよ。
よろしくお願いしますね。


[1530]オウムと同じ・・・
fujiya
2005/9/5 13:39
>自宅の電話は盗聴されてました。
>アンチの側にはこれから危険が伴うことも留意して下さい。
>秀明会はすごい所です。実感しました。

 ほとんどオウムと同じような感じになってきましたね・・・。
 私も身辺にはかなり神経を使っています。
 家の周囲には各種防犯センサーを付け、家を出る前には外に怪しげな人物がいないかを確かめてから出るようにしています。
 有線電話では秀明の話は絶対にしません。車のドアロックも必ずかけています。
 護身用に催涙スプレーやスタンガンも携帯した方がいいかも知れませんね。

 橋本は高齢のためか、いままで信者を痛めつけてきたツケがまわってきたのか、かなり痛々しい哀れな状態と聞いています。
 明主様が助けてくれるはずですから、このまま会主のような哀れな最後を迎えることはないでしょう(と本人は思っていることでしょう)。


[1529]これから明らかになります。
日曜日よりの使者ギルド
2005/9/5 11:39
自宅の電話は盗聴されてました。
私の動きが、ある一部の人たち(どこの所属かわかりませんが)に読まれていたので、予定通り動けませんでした。皮肉にも接触してきた助教師が電話が変だと気づいて教えてくれました。
秀明会の内部は今いろいろなグループ、派閥、後継者をめぐって腹の探り合いをやってます。そのうち表面に出てくるでしょう。どこがどんな動きをしているのか会長、本部もすべて把握できてない状態です。
だからアンチの側にはこれから危険が伴うことも留意して下さい。
私は慎重に行動しますので、まだ信者でいますが、真実を追っていけば正しい裁きを受ける日も近いと思います。本部での今の橋本の哀れな姿をごらんになった方はわかると思います。
この一ヶ月、私を守る為に動いてくれた信者、元信者さんに感謝します。
私は知りすぎているので、とにかく黙らせたいということでした。
秀明会はすごい所です。実感しました。
過去の事例からどんな攻めぎ合いがあったかお察し下さい。


[1528]聖教書等が売りに出ています
fujiya
2005/9/5 0:19
Yahooオークションに、聖教書、街頭布教で使用した「アンレス・シャツ」、聖水入れの容器の3点が出品されています。
以上3点の現在価格は50円。

誰か欲しい人はいるかな・・・?

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r17694362


[1527]うその固まり
東日本匿名
2005/9/4 21:06
最近地震番組が多くて思い出したが、阪神大震災で会主は芦屋の自宅に居たが、揺れなど何も感じず「何かあったの?」とお手伝いさんに言って出てきたという話がある。御霊が高いからだというがうそだ。
また、ある学生が秀明に入りたいと父親に相談したら父が秀明のHPを見て共感できる良い宗教と感じたから入信を許可したという話も聞いた。(いずれも月次祭)
信じてしまうなんて馬鹿みたいだった。


[1526]fujiyaさんへ おひかり改造を読んで
金色のROTAX
2005/9/4 6:13
 秀明会の自称おひかりと、明主様の直筆の本物のおひかりの違いが、形式面、実質面ともによく分かりました。教祖であるはずの明主様の書いたおひかりに、これだけ人為的な改造を施せば、効果が無くなるのも頷けます。今まで、秀明会のおひかりを腫れ物を触るかのように、大切にしていた自分が、虚しいです。そして、騙されたことに対する怒りも、再燃してきました。
 秀明会の信者さん、元信者さん、これは怒って当然ですよ。
 fujiyaさんがこれだけおひかりの変遷を研究されたのですから、fujiyaさんも、おひかりを製造されたらどうでしょう。秀明会の切り貼りよりは、効果があるでしょうから。


[1525]おひかり改造
fujiya
2005/9/4 4:37
 「おひかり改造」という新しいページを作りました。
 前回「御神体改造」を制作した際、秀明会の御神体に言及するには「おひかり」についても詳細を解説する必要を感じましたので、今回別ページとして「おひかり改造」を作りました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1524]新しい秀明批判サイト誕生
fujiya
2005/9/4 3:54
 新しい、秀明批判サイトができました。
 この掲示板の常連さんでもある方が、「百式」(読み方は、「ももしき」でも「ひゃくしき」でもいいそうです)というブログを作りました。

 秀明批判サイトも色々ありますが、この百式は、「秀明会を徹底的に批判するブログですので、自己責任でお読みください」、「秀明会に未練のある人や秀明会の思い出を大切にしたい人は絶対に読まないでほしい」と制作者は言っていますので、かなり辛口の秀明批判サイトになりそうです。

 更新は週に1、2回のペースになるそうですが、この掲示板に制作者が今まで書かれた内容も順次整理して掲載していくそうですので、制作者が誰かはその時までのお楽しみに・・・?

 百式のURLは下記ですが、こちらのリンク集からも行くことができます。
http://plaza.rakuten.co.jp/shumei/


[1523]第二の創価さんへ
金色のROTAX
2005/9/3 23:36
 第二の創価さんへ。勇気ある情報提供ありがとうございます。
 藤谷さんのサイトの存在により、秀明会からの精神的呪縛(じゅばく)から解放されて、本当に、良かったですね。
 しかし、この掲示板やサイトを閲覧している人の中には、まだ、人間関係のしがらみや、秀明会での過去を否定しきれないといった事情から、秀明会から抜け出せない人も多数います。そういう人たちに、知恵と勇気を与えるという崇高な役割をこの掲示板やサイトは果たしています。
 もし、精神的に負担にならないようでしたら、是非、今後も、書き込みをよろしくお願いいたします。ただ、正体がばれないように注意してください。ハンドルネームも、今後は、変えたほうが無難かもしれませんね。


[1522] [1518]選挙の修正
第二の創価
2005/9/3 23:01
この前の書き込みですがちょっと修正します。ちょっと誤解があるので、もっと詳しく報告します。
自民に協力っていってもまだ教団全体で協力するわけではないそうです。まだ親密まではなっていないと思います。
ちなみに信者っていうのは僕の母です。僕もかつては小ひかりも持っていてかなり洗脳されていたのですが、このようなサイトで目を覚ましました。
それでその母が今まではずっと民主党に投票していたのですが、突然自民党にいれるって言いました。それまでの主義主張をそんな簡単に変えられるとは。宗教の力、おそるべきです。それでいろいろ聞くと、先生とやらは「こんなこと言ったら怒られるけど、選挙では自民党にいれて」と言ったそうです。
あとで母に「秀明会は自主投票じゃないの?」って聞いたら自主投票だと言ってました。よく考えると、これはその先生が独断でこのようなことを言ったのかなと思います。
あくまでこれはその先生の暴走で、教団全体で自民党に協力するわけではない可能性が高いと思います。しかし秀明会と例の滋賀の国会議員との利害が一致することは事実ではないでしょうか?
プーさんのいうように秀明会にかかわらず、新興宗教と政治家の利害が一致するものなのでしょう。
誤解を招いたことはお詫びします。先の書き込みでは、よく考えてからもっと詳しく書いておくべきでした。


[1521]玉手山支部は明主様の設計ではない?
金色のROTAX
2005/9/3 17:27
 秀明会の玉手山支部は、明主様の御設計ではないことが、このページで証明されている。すでに増築されており、明主様がお越しになられたときとは、間取りが変更されているというのだ。
 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/katsudou/hiten/05.html


[1520]第二の創価さんへ
金色のROTAX
2005/9/3 17:22
 秀明会と政権政党との親密な関係という貴重な情報をありがとうございます。こういう秀明会批判サイトに投稿して頂くのには、それなりの勇気と決断が必要だったのではないでしょうか。藤谷さんのサイトの一滴の雫にもあるように、こういう細かい情報がきっかけで、大きなムーブメントにつながる可能性があると思います。今後も、細かい情報も含めて是非、投稿してください。よろしくお願いいたします。


[1519]結局は・・・
プーさん
2005/9/3 16:34
 私が以前信者であった時(半年ほどですが)は、秀明会は救世教と違って政治とは無関係です!なんて言ってましたっけ。でもその後(以前掲示板でも記しましたが)、ムーミンこと当時の新進党の○村何某を、何かの行事に呼んでましたっけ。

 美術館だって当時は一般の人には公開しないみたいなことを言ってましたが、結局は・・・。

 結局は政治家や有名人を呼ぶことで、教団の大きさを誇張するのです。政治家も票欲しさに呼ばれるのです。利害が一致するのです。施設の大きさを誇ることで、信頼できる教団であることをアピールするのです。どこの宗教でも一緒です。

 でも創価学会のようにはならないと思います。信者数が違うし。ただし今後、秀明会の信者数が増えていけば別ですが・・・。


[1518]選挙
第二の創価
2005/8/31 23:57
皆さん、今回の選挙で秀明会が自民党応援しているって知ってましたか?

信者の人から聞いたんだけど、このまえ教団の先生に「自民党に入れるように」って言われたそうだ。
自民党を応援する理由は次である。
現在の農林水産大臣である岩永みねいち前衆議院議員(ttp://www.iwanaga.gr.jp/)が「秀明文化財団」の理事をしているからである。MIHOミュージアムにも貢献しているそうだ。
しかもこの人の選挙区は滋賀4区(信楽も入っている)。そして農林水産大臣である。秀明会は自然農法に力を入れている。もしかしたらこの人を通して国政で自然農法を取り扱ってもらおうなんてことも考えているかもしれない。

秀明会も政治に目を向け始めた。
創価学会みたいにならなければいいが。


[1517] [1515][1514]秀明教会の横領
根絶
2005/8/31 21:32
腹が立ってしようが ありません。

小山ミホコって??

いったい 何者だったんでしょうか?

自分の 自己顕示欲を満たすため 
会主に なりたかったため
自作自演の 神意?の?離脱劇を 演じ・・

偽の 神体 お屏風観音 お守りを 偽造し、

 オウムに続く日本最悪の カルト 詐欺教団
 秀明会を 設立した。

自分の 自己顕示欲の 野望の達成の ためには
信者を 奴隷のごとく 働かす・・・。

あげくの 果ては 痴呆で 便垂れ流し・・。

いったい?

 どこが?

この 神慈秀明会って。

人の幸せを祈る宗教であろうか?


[1516]ミント様 りんこ様 あるくもり信者様 葉子様
macchan
2005/8/31 21:26
秀明会についての話は、つい先日、私からメールで聞き始めた所ですので、これから掘り下げて理解していきたいと思います。関心はこちらのanti秀明の観点からにはなりますが、彼女も喜んでくれるようで、話も進むと思います。なぜ私に秀明会のことを話そうとしなかったのかと尋ねますと、私が興味なさそうだったのと、おしつけるのもどうかなと思っていたのだそうで、普通の答えでした。
以前、自宅に遊びに来るように誘ったのがいけなかったのかも知れません。秀明会のことも聞かないで、と思っていたのかも知れません。純情なのでしょう。
ご丁寧なご助言、ありがとうございます。
何かありましたらあらためてご報告いたします。
そんなことより、秀明会を何とかしないと・・
消滅させる方法を考えないと・・


[1515][1514]秀明教会の横領
根絶
2005/8/31 20:53
金色のROTAXさま。

拝見いたしました。
いやあ・・。それにしても 小山一族って 
すごい お金への 執着心ですね。

しかた ないですね。
ミホコっていう人 自分を 芦屋の お嬢様って 
自ら 宣言してるんですものね。

日本の敗戦で 財産を 没収され・・
無くしてしまって・・

自称セレブ・・ミホコちゃん。
そのセレブ・・自称ですよ・・。
その プライドの塊は、ミホコちゃんを
詐欺行為に 走らせたんですね。

それから 離脱げき そう・自作自演の・・。

カルト教への 暴走が 始まったんですね。

どこまで・・
神経のずぶとい 小山一族でしょうね。

ちょっと こんな 神経の持ち主って・・・。
身近で みたことも あったことも ない・・。


[1514]秀明教会の横領
金色のROTAX
2005/8/31 19:35
離脱前、秀明教会は、救世教本部に上納するべき献金を不正に内部留保していた。
http://izumo.cool.ne.jp/shuken/katsudou/jounoukin.html

[1513]macchanさんへ
葉子
2005/8/31 18:46
あなたの彼女さんへの気持ちが聞けてよかったです。

それに対して彼女さんのあなたへの気持ち・・・
りんこさん、ミントさん、あるくもり信者さんが書いていらっしゃるのに私も同意見です。

夫婦はお互いに思い合う気持ちが大切だと思います。
あなたの文面を見ていると、彼女さんは秀明会で信仰を続けていくのに都合が良いようならあなたを選ぶ、と言っているようなものだと感じました。
その第1関門が入信、その後にはいくつもの関門が次々に待ち構えています。

今度はmacchanさんがかわいそうに思えてきました・・・。

どこまでも彼女を許容できるならいいですが、そうでないなら入信献金ももったいないですよ。

秀明会がつぶれる時がすぐに来るとは思えませんし。


[1512]高校の時
確かに僕も
2005/8/31 16:07
青春で悩んでいる高校の時に見た光景です。僕は信者に高校生の時に凄い勢いで激怒、こんな金ばかり支払わないと幸せになれない宗教はいんちき、カルト教で騙されてる信者が可愛そう。今は創価学会に入ってます。
奥さんに創価学会の方が幸せになれるとお伝え下さい


[1511]micchanさまへ
あるくもり信者
2005/8/31 13:42
入信して、結婚したまではいいですが、それから、先が大変です。
なにせ、奥さんの一番愛する人は、ご主人ではなく、明主さまなのですから、・・。

ご主人が、汗水たらして、働いて得た給料は、献金に湯水のごとく消えていくことでしょう。ご主人が、文句を言っても、奥さんはこう切り返すでしょう。
「何をいってるんですか。あなたが、健康で、働けるのも、明主さまのお陰なんですよ。
 献金くらい 安いものです。お徳を積ませていただいてるんですよ。」って・・。

さかんに家族入信を、勧められるでしょう。
子供さんが、できたら、小ひかりを、強制的にかけされられるでしょう。

家を建てたら、ご神体を、祭りなさい。って いわれるでしょう。
仏壇には、お屏風観音様を、入れなさいって いわれるでしょう。

ご主人は、ただ、お金を稼ぐだけの、存在になってしまうでしょう。
ストレスが、かなりたまった、人生をおくることになるでしょう。


[1510]micchanさまへ
りんこ
2005/8/31 11:50
   彼女との事でお悩みのご様子、苦しいだろうなと思います。が、世話焼きのおばさんの言葉と思いお聞きください。
   私が読んでいて気になったのは、彼女のほうが、あくまでも貴方の入信を前提として結婚しようとしている事、そして、貴方は、試しに入信しようとなさっているようですが、将来に対する視野に少しかけているな、と思った事です。具体的には、以下申し上げます。
    先ず彼女のほうが、入信を勧める事ですが、大人の女性ならば、相手の信条や気持ちを慮り、思いやりを持って尊重をすると思うのです。信仰を勧める事が、相手の人生を左右する、という感覚が全く欠けていることがとても気になるのです。彼女さんの方には、相手を無条件に受け入れ、愛する、という基本的な愛の姿勢を感じ取ることが出来ません。今は、貴方もぞっこんに惚れている、上手く行っているかも知れませんが、今後、問題が起こった時、お2人は、妥協点を見出して、解決していけるのでしょうか?それとも、その時初めて、重大な事を容易く決めてしまった事に気づき、修正するのでしょうか?私は、貴方様の気持ちもわかりますが(私も大恋愛で夫と結婚しました)、心はホットに頭はクールに考えてください。私のような、一般的な感覚の持ち主には、相手に自分の宗教を勧める、結婚するかという事をそれを軸に決める、というのは、全く理解できません。相手の信条や生い立ちに対して、敬意を払う姿勢が感じられません。夫婦は、意外とそれが大切なのですよ。長く結婚生活を続ける、というのは努力の賜物です。
   次に将来への視野、という事は、具体的には、お2人の間の子供の教育や養育といった問題です。結婚とは、家族を作る可能性を持っており、子供の養育は非常に大きな問題となります。今、macchanさんが入信されるという事は、将来子供も皆、秀明ファミリーとなる事を意味します。それは、貴方が育った環境や人格で許容できる事なのでしょうか?例えば、子供に予防接種を受けさせるかどうか、という時、医療を否定する秀明の信者は受けさせないことが多いです。実際、実家の家族もそうしています。私は、その子たちに対し、とても無責任だと思うのです。するとどうなるか?日本は、公衆衛生の整った国ですが、昨今、多種多様な形で、日本では撲滅されたはずの病気が、再流行の兆しを見せています(結核や脳炎など)。そして、その子供が大人になって、例えば海外へ仕事の為、渡航することとなったとき、予防接種を受けさせなかった病気になる可能性は、必ずあります。横浜の家族で、赴任先のインドネシアで、その夫婦の子供がポリオにかかって、14歳で亡くなられたケースがありました。多分、到底かかる病気ではないという判断で、幼いころ受けなかったのでしょう。また、子供を育てる上で、神様、この場合は明主様及び霊層界、くもり、浄霊の存在を子供に信じる教育をするのか、という事まで及びます。子供の頃に一度そういった概念を植え込まれると、そこから普通に戻るのは、とても大変であった経験を私は持っています。精神に異常をきたす場合もあるということを、認識してください。大体の信者二世は、そのまま一生を終えることでしょう。また、子供が明主さまを信じない場合、家庭には、不和が生じ、子は苦しみます。まともな結婚が出来なくなる可能性もあります。
  「好き」であることは、結婚にとって基本です。が、結婚は、家と家との結びつきでもあります。そして、家庭を運営する性質を伴っています。人により妥協できる点は、違っていますが、以上のことをよ〜っく考えて、もっとよい選択肢がないか、探ることをお勧めします。
   私が最も気になるのは、妥協する点が間違っているのではないだろうか、という事です。そして、相手の彼女さんから、貴方への敬意が感じられない事です。

老婆心ながら、でしゃばった事をお許し頂き、お読み下さい。


[1509]macchanさんへ2
ミント
2005/8/31 9:34
入信すると神様が上で、人間が下というのを徹底的に言われるのます。それに感謝、感謝と異常なくらい言われます。
それが、macchanさんより明主様に向けられると虚しく
なりますよ。

いつでも、神様ごとが優先されて人の事は後回し。
人の親切も神様の奇跡だとすり替えられたり。
こういうのでも構わないなら、macchanさんの好きにされたらよいと思います。

あとは、ミイラ取りがミイラになるとか。(言葉が悪くてすみません)こうなれば彼女との問題は特には信仰面ではなくなるかもしれませんね。


入信すると、自分は大丈夫だと思ってもすごい巧妙な手段で自分も気づかないうちに奇跡の体験だ。凄い!と思ってしまいますから。
それを全て明主様に結び付けて考えてしまうように
なります。それが秀明会の世界では常識で当たり前で日常的なことなので。その場所にいると一般の常識を口にするのが、おかしなこととされるしそういう雰囲気です。口にもできないような雰囲気。異常です。

錯覚されないように、自分できちんと切り離される自信があるのであれば、どうぞ。世界が全く逆転してしまってますから。

彼女と、信仰に入るか入らないかでつながっているのなら、厳しいようですがこの先macchanさんが彼女に合わせるか、それで去っていくような恋人ならそれまでだと思います。だって、macchanさんそのものを見ていないんですもん。


[1508]御神体改造の感想
金色のROTAX
2005/8/31 6:06
御神体改造の感想
 友人に御神体改造を見せたところ次の感想を述べた。
「御神体の偽造は、すでに、旧岡インが発表していたが、あのサイトはマニア向けに作られており、一般人はそれほど見ていない。しかし、藤谷さんのサイトは、マニアではない、一般人や現役信者もかなり見ているので、この御神体改造の記事の影響はかなり大きいはずだ。」
 私も同意見です。


[1507]o
金色のROTAX
2005/8/31 3:40
お屏風観音様を考案したのは明主様ではない?
 秀明会は、仏壇、神棚に、お屏風観音様をご奉斎するのが、明主様ご在世中通りの正しい先祖供養の方式であると主張していますが、はたして、そうなのでしょうか?
 そもそも、お屏風観音様を考案したのは、明主様ではなく、高頭信正先生です。明主様はご許可されただけです。昭和16年頃、信者家庭の仏壇のご本尊がまちまちであったところ、明主様ご揮毫の千手観音様を小さくしてご本尊とすれば、先祖も救われるのではないかと考え、高頭信正先生が、明主様の許しを得て作ったのが、お屏風観音様の始まりでした(「明主様と先達の人々」P159参照。、高頭先生は、僧侶(中僧都)の資格をもっていました。)。明主様がお屏風観音様のご下付を教団形成後も、継続した真意は次の点にあったと古くからの救世教の先生から伺っております。明主様は、メシヤ教の急速な発展に対して、日本古来の仏教から反発があるのを危惧し、そこで、メシヤ教は仏壇も尊重していますよというポーズをとることによって、かかる反発を回避しようと意図されていたそうです。さらに、明主様ご在世中は、お屏風観音様の入霊は行われていなかったと伺っております。
 皆さん、冷静に、お屏風観音様の入っている仏壇をよく見て下さい。これは、どう見ても、仏教の先祖供養にすぎません。江戸時代に亡くなったような古い先祖は、これでもいいのでしょうが、メシヤ教、救世教等の明主様団体に所属していた人間が死亡した場合、仏界に入るわけではないのですから、仏壇で先祖供養するというのは余りにも、的はずれです。さらに、明主様は、昭和28年11月1日のご垂示で「もう仏界はなくなったようなものだから、(戒名の付け方は)どっちでもよいです。…なにしろ仏界というものがもう無いのだから。」とご発言されています。明主様が、明確に、仏界がないと仰っているのに、仏壇による先祖供養が正しい明主様信仰であるとは、承服しかねます。
  http://izumo.cool.ne.jp/shuken/kannonsama/index.html


[1506]ミント様
macchan
2005/8/30 19:31
秀明会の話を彼女とするのは、これからになると思います。立場は違いますが、関心はあります。
これからですから、どうなるかわかりません。
どうも、ありがとうございます。


[1505]葉子様 金色のROTAX様 プーさん様
macchan
2005/8/30 19:03
私は彼女が好きなのですよ。
脱会させることは並大抵のことではないと感じています。
脱会を勧めることや入信を断ることは、別れることを意味します。
彼女は人の気持ちも知らずに、プレッシャーかけてすみませんと、気楽なものです。振り回されているのは、私の方では・・
勇気もなにも、付き合いで入信することは、よくあることだと思います。
スパイは大げさです。でも秀明会の消滅を期待しながら、参拝するのも悪くはないかもしれません。仲良くやって行けるのであれば。
45000円は覚悟しておきます。
皆様、ありがとうございます。


[1504]macchanさんへ
ミント
2005/8/30 18:12
私の旦那は未信者ですけど。私も熱心にやってた時も
入信させようとは全然思っていませんでした。
信仰はあくまで本人の自由だし、例えそれが家族だろうと彼女だろうと配偶者であろうと誰にも奪える権利じゃ
ないと思うからです。
同じ秀明会の人は私の旦那を入信させようとしてました
が、はっきり言って迷惑でした。

macchanさんの彼女さんがそういう宗教の話ばかりするのなら、この先入信して自分も同じ価値観にならないと
結構難しいかもしれませんね。


でも、彼女がそういうところちゃんと分かっている人
なら別に彼氏に無理に入信を勧めたり自分の信仰と同じ
事をやっていなくても大丈夫だと思います。
ただ、他の宗教に入信してそれをやるのは彼女にとっては信じられない事、あるいは裏切られたような気持ちに
なるかもしれませんけど。


彼女の軸がどこに置かれてるかが結構重要だと思いますよ。結婚してても配偶者が未信者の人もいますし、付き合っていても相手の恋人が未信者の人もいます。
未信者で参拝だけしてる人もいました。彼女と。


入信しないとどうしても付き合っていけないというもの
でもないと思いますけど。最終的に彼女とどういう部分で繋がっていたいかだと思います。


[1503]macchanさんへ
金色のROTAX
2005/8/30 17:34
 値段の話が出たので、参考までに、おひかりの相場を書き込んだだけです。だから、macchanさんへとは書かなかったのです。秀明会の入信費用の4万5千円という価格が適正なものかどうかという判断の材料として、一般の閲覧者対象の情報です。いづのめも、東方之光も、入信献金つまりおひかりの下付料は3万円です。秀明会はこれらと比較すると少々高いですね。もっとも、秀明会は入信した後が、お金の面だけではなく、精神的に苦労するのですが。
 なお、彼女にMOAでおひかりを買ったと言うことは、悪魔に魂を売ったと言うことと同じ意味になりますので、くれぐれもそんなことは冗談でも言わないでください。
 macchanさんは、当然、彼女が秀明会を辞めなければ結婚する気持ちはないのですよね。だから、これから、説得をして、秀明会をやめてもらおうという予定であると。そのプロセスで、macchanさんご自身が、秀明会にもぐりこむのが適切かどうか、今、悩んでいると。
 秀明会によるマインドコントロールを解除するのは、それはそれは大変な作業で、時間と忍耐と努力が必要となります。時間も金銭に換算できる以上、彼女を説得するために、秀明会に一旦入信する必要があると、macchanさんご自身が判断されたのであれば、4万5千円は当然の出費でしょう。今後、彼女との間で秀明会関係のことのみに、時間を費やすことも多々あるでしょう。そういう時間も当然、金銭評価すればあっという間に、数十万円になってしまいます。寿命というものは、限られているのですから。そういう点からも、4万5千円という嫌な出費の意味をもう一度ご検討されてはいかがでしょうか?
 秀明会に一旦形だけ入信することの是非については、個別性の強い論点なので、私は言及しかねます。以上


[1502]家族(恋人)を新興宗教から守るには・・・
プーさん
2005/8/30 13:07
 私はmacchanさんの気持ちも痛いほどよくわかりますし、葉子さんの純粋な気持ちもとてもわかります。おそらく、この掲示板を見ていらっしゃるほとんどの方も、同じ気持ちだと思います。

 まさに難しい問題です。家族(恋人)を新興宗教から守るためにはどうすればいいのか。

 一緒に入信してどのような宗教かをよく観察しながら、少しずつ脱会を促す方法もあるだろうし、強制的に脱会させる方法もあるだろうし。

 おそらく同じような立場におかれている、信者の家族(恋人)から見れば、非常に興味深い例だと思います。

 外野がどうのこうのと言う立場ではありませんが、macchanさんに一度入会していただき、内部情報を公開していただくというのも、一つの選択だと思います。しかし、macchanさんに危険があるかもしれませんし、結果として恋人を「もてあそぶ」ことになるかもしれません。非常に勇気がいることです。

 秀明会の幹部や信者もこのHPや掲示板をチェックしているでしょうからね。スパイとして乗り込んでいく場合は、かなり用心しないと・・・。

 最終的にはお二人が話し合って決めることではありますが、外野の人間としては、第二のfujiyaさんになっていただきたいと願う次第です。

 ところで、以前元オリンピック体操選手の山○浩子が統○協会の信者であった時に、本人を脱会させる方法として、周囲が本物の牧師に依頼して洗脳を解いてもらったという記事をたしか読んだことがありました。

 家族や恋人の洗脳を解く施設はないのでしょうか。あるいは専門家はいないのでしょうか。


[1501]macchanさんへ
葉子
2005/8/30 10:30
文面どおりにmacchanさんを見ていると、彼女さんがかわいそうに思えてきます。
私にはmacchanさんが彼女さんをもてあそんでいるようにしか思えません。
それだったら別れたらどうですか? そのほうが、彼女さんもmacchanさんも幸せだと思います。
秀明の信者に限らず、何か信仰をしている人なら家族みんなで同じ信仰したいと思うのではないでしょうか。
彼女さんが結婚を考えているのなら、macchanさんにも同じ信仰をして欲しいと思うのはごく普通のことと思います。
そして彼女さんが望んでいるのは秀明会への入信であって、決して東方の光MOAでおひかりをいただいて欲しいのではありません。
彼女さんをぬか喜びさせるのではなく、アンチならアンチとして、ちゃんと話し合ったらいかがですか。
感情的に書いてすみません。

[1500]金色のROTAX様
macchan
2005/8/30 7:00
秀明会信者の彼女に、東方之光moaを買う、と言えばよいのですか?
出来れば出費はゼロにしていきたいです。
よろしくご指導下さい。


[1499]世界で一番安いおひかり
金色のROTAX
2005/8/30 6:36
世界で一番安いおひかりはどこで売っているのか?
 効果が同じなら安いほうがいい。トイレットペーパーも皆さん、一番安いのを買うよね。
 東方之光(moa)の未信者用のおひかりなら、1万円です。しかも、防水タイプのペンダントで、鎖も自由に付け替えてよい。一辺が1cm強の正方形。未信者用なので、その後の献金強要も一切なし。いいことづくめですよね。


[1498]木彫りの明主様はおさむちゃん?
金色のROTAX
2005/8/30 6:30
秀明会本部教祖殿の木彫りの明主様は、漫才のぼんちのおさむちゃんによく似ている。いかりや長介に似ていると言う人もいる。一応礼拝するところなんでしょうから、飾るものはもうすこし慎重に検討したほうがいいのでは?
http://izumo.cool.ne.jp/shuken/tushin/gosonzou/index.html


[1497]教えてください
macchan
2005/8/30 6:15
入信の費用、45000円
神棚その他、10数万円
ただになる方法、ありませんか?


[1496]明主様のオモシロ予言
金色のROTAX
2005/8/30 5:19
教祖(明主様)のオモシロ予言
・明主様はある大幹部O先生のことを、「オー、クサー(臭い)」と冗談まじりに言いました。
この先生は、亡くなる直前、精神的におかしくなり、布団で巻かれて、縄でしばられ、排泄物を撒き散らしながら他界されました。

・明主様はある大幹部S先生のことを、「オー、シブー(渋柿のしぶい)」と冗談まじりに言いました。明主様は、この先生の腹の底を見透かして、そう言ったのでしょう。

・明主様はある教会長N先生があまりに明主様のみ教えを熱心に研究されている様子をご覧になられ(この先生は当時、編集の御用をしていました)、「あんなに、一日中、御神書を熱心に読んでいたら、邪神に狙われるから、Nを座敷牢にでも入れておきなさい。そうすれば、邪神も相手にしないでしょう」と冗談まじりに言いました。この先生は晩年、小さな小さなそれは小さな教会(教会の行事に参拝に来る信者15人弱)で、朝早くから夜遅くまで、ずっと、明主様のみ教えの編纂に取り組んでいました。最初は大きな教会だったのですが、積極的な布教や強制といったことを一切しなかったので、元々は1000人以上いたはずの信者が15人弱になってしまったのです。

・明主様は、秀明教会の小山美秀子先生のことを「あの人はいずれ、離れていくよ」と表現されました。教祖がなぜ、そんなことを言ったのかは、この掲示板の読者であれば、分かりますよね。


[1495]macchanさんへ
金色のROTAX
2005/8/30 4:30
聖教書はこちら。
http://www4.osk.3web.ne.jp/~umimoto/holymessage.htm


[1494]秀明会に興味が出てきました
macchan
2005/8/29 23:07
と彼女にメールを送りますと、良かったなぁ、すごく嬉しいです、との返事が返って来ました。
僕としても、喜んでもらえて嬉しいです。
今度、明主様のみ教えが書かれている「聖教書」を貸してくれるそうです。
この流れだと、私も入信するかもしれませんね。
彼女のメールを見ながら、ここの「信者は奴隷」を読ませていただいたのですが、なんだか、ごはん食べながらウンコしているような・・・
私の顔には、anti-cultの色は出ていないんでしょうかね。


[1493]そんな感じかもしれませんね
macchan
2005/8/29 18:23
出会った時から聞いてはいたのですが、
ここまで壁が厚いとは・・
秀明会がもちこたえるか、私一個人がもちこたえるか。
でもまあ、ケセラセラですわ。


[1492]macchanさんへ
あるくもり信者
2005/8/29 16:38
それは、つらい選択ですね。
彼女さんは、秀明の上の方から、たぶん、このような入れ知恵をされているはずです。

『彼氏を、入信させなさい。
入信しない彼氏とは、別れてしまいなさい。
そんな彼氏とつきあっても、いいことはありません。』

それにしても、つらい選択ですね。


[1491]今、彼女からメールが来ました
macchan
2005/8/28 22:09
「まぁ、ゆっくり考えて下さい」と。
どうやら私の入信を期待しているんでしょうね。
大変な課題を抱え込んでしまいました。
本当の神様に期待するしかないですな。


[1490]よくわかりました
macchan
2005/8/28 20:28
私が入信して、こちらの皆さんのお役に立てることがあれば、考えてみますがね・・・
長期戦になるようでしたらね・・・


[1489]とても参考になりました
ブーやん
2005/8/28 20:17
大学生の息子ですが、この夏木嶋?にいってからとても熱心に行くようになりました。高校生の時は野球のクラブに忙しく、信仰はしていなかったのですが。このページをみて参考にしていきたいと思います。


[1488]macchanさまへ
根絶
2005/8/28 19:42
小山・指導者が、助教師・世話人まで そのように
洗脳 しているのです。
自分の 給料を 得るために・・・
それは 必死ですね。

助教師・世話人までは いわば ボランティア 無報酬 
ですので、秀明の給料を 生活の糧にしている詐欺師とは、その 意気込みが 違いますね。

ですので、世話人、助教師を、いかに 洗脳の 呪縛から解放してやるか?

これが、今後の 小山教を 解体させるための、重要な、キーポイントになると思います。


[1487]そうですか・・・
macchan
2005/8/28 18:19
「家庭から」と言っていますか。
そういう世話人の熱心さやしつこさというものは、
どこから来ているんでしょうかね?
自分の懐にいくらか入ってくるとか、
自分の奇跡体験の感動からとか・・・

[1486]偽りの優しさ
根絶
2005/8/28 17:35
世話人が 秀勉に 行きなさい!
って しつこく 言ってきますね。

ミソノ会員 年間12万円 に 入りませんか?

自然農法に 一緒に いきませんか?

大秀明に 一緒に 行きましょう。

お光を いただきましょう。

みんなで 世界に 家庭から 光の 家つくりを・・
世界に 地上天国を つくるには・・
まず 平和な 家庭つくり です。
お光を いただいて・・・ 
まずは 家庭からです・・
それが 世界平和への 第一歩です。

こんな 偽善者の 言葉を みなさん
しょっちゅう 聞かされてるんでは ありませんか?  


[1485]葉子さんへ。優しさの種類
金色のROTAX
2005/8/28 12:44
優しさの種類
 私は秀明会と完全に縁を切っていますが、私の助教師だった人間は、今でも、電話で質問すると何でも教えてくれます。私が秀明会を攻撃、批判するために情報をあつめていると知っているのに、包み隠さず、教えてくれます。この人は、秀明会の現在の方針が、明主様の教えとも、会主様のご理想とも、食い違っており、これを是正するのは荒療治が必要であると考え、私の行動にも、理解を示し、協力してくれます。私が本気で秀明会を倒産させようと目論んでいるにもかかわらずです。
 私の世話人だった人間は、私の家のパソコンで、秀研の偽造の御神体の話などを私と一緒に見ていました。そして、私の意見を嫌な顔一つせず、きちんと聞き、また、私が秀明会をやめても普通に接してくれていました。文句も意見も何も言いませんでした。
 この掲示板上での、葉子さんの悩みを聞いた、りんこさんや、ミントさんは、自分の胸のうちをあけ、
親身な書き込み、葉子さんの今後の人生を心配した上での真剣な書き込みをされていました。
 人間の優しさの発露、優しい行為、優しそうな行為、優しそうにみえる行為、優しさを服従の交換条件に使う行為・・・そんな行為は色々ありますが、上記の優しさと葉子さんのまわりの秀明会の人たちの優しさを比較してください。


[1484]葉子さんへ。 優しさの意味
金色のROTAX
2005/8/28 12:16
葉子さんへ。
 こんにちは。りんこさんや、ミントさんからの心のこもったアドバイスで、物事を観察する角度の幅が広がったのではないでしょうか。
 人間は、進学、就職、転職、結婚、出産、離婚なのど、人生の大きなターニングポイントを機会に、考え方が変わることは多々あります。人間が考え方を変えるのは、珍しいことではありません。
 確かに、優しさというものを人間の社会共同生活を円滑に営む上で、必要なものですが、優しいという形容詞と
 ・優しそうに振舞うこと、見せること、
 ・自分の優しそうな態度に酔う欺瞞(ぎまん)、
 ・他人からの優しさを拒否できないという人間の弱さを積極的に悪用するカルトの経営といったことは全く別個に評価、検討すべきと考えます。
 優しさというような美辞麗句に踊らされるのではなく、自分が本当に望むことを主体的に見つけてください。


[1483]葉子様
macchan
2005/8/28 6:40
迷いの中の是非は、是非ともに非なり
という言葉があります。
夢の中の有無は有無ともに無なり
と同じ意味です。
ご質問の答えが出たとしても、上の非であり無ですよ。
応援しています。


[1482]ペンは剣より強く、インターネットは更に強し
fujiya
2005/8/27 16:42
 プーさん、こんにちは。

>私はそれぞれの考え方や体験や情報などをこのような掲示板で発表させていただくことも、一つの「活動」だと思いますが、いかがでしょうか。

 全く同感です。
 多くの方の貴重なご意見の積み重ねほど重みのあるものはありません。
 秀明の誤りを正し、新たな被害者の発生を予防するためにも、皆さんが声を上げることはとても貴重です。

 自分一人で考えている時は自信がなく、「こんなことを考えているのは自分だけではないだろうか?」と疑心暗鬼になってしまうこともありますが、他にも自分と同じ考えの方がいることを知ると、「なーんだ、自分だけじゃなかったんだ。皆同じことを考えていたんだ」と心強くなることがあります。
 一人の勇気ある発言が、それを見ている多くの方により多くの勇気を与えることになります。
 こうした輪がどんどん広がって行くと、やがてはそれが大きな力になって行くと思います。
 ぜひ、勇気を出して自分の思いを綴って頂きたいと思います。

 文章を書くのが苦手な方も気にすることはありません。体裁など気にせず、思ったままを書けば意外に心は伝わるものです。
 人間は心の中でぼんやり思っていることを文字として文章化する課程で考えが整理され、自分でも最初の内は気付かなかったことがだんだん見えてくることもあるものです。私は自分の経験からそうした思いをとても強く感じます。
 秀明会は聖教書に書かれた文字の力を悪用して多くの人を苦しめて来ました。
 今度は私たちの率直な意見と、秀明の悪行暴露を文字の力によって知らしめる番です。
 昔の人はこう言いました。「ペンは剣より強し」。
 現代はインターネットの時代です。「ペンは剣より強く、インターネットは更に強し」です。

 多くの皆さんの書き込みをよろしくお願いします。


[1481]目が覚めてみると・・・
プーさん
2005/8/27 15:18
 聖教書に「人を幸福にしなければ自分は幸福になり得ない」という文があったのですね。十数年前、目が覚めて秀明会を脱会したくなり、お光やら聖教書やら関連のグッズ類!をすべて宅急便で集会所へ送ってしまったので、もうとっくに忘れてしまいました(笑)。でもその文を別の言葉で言い換えれば「因果応報」「情けは人のためにならず」ということになるんでしょうか。別に聖教書だけの特別な教えではないと思います。むしろ秀明会はその文を巧みに利用して、「お導き」「ご献金」などと脅迫してくるところが大問題です。

 人に親切にすることはとても大事です。しかし、秀明会では「親切」=「信者集め」「献金」となるのです。しかもその親切を押し売りするのです。これではどこかの過激派と全く同じです。身体的な暴力こそ目立ってないものの、精神的な暴力を振るう構造は全く同じです。これぞまさしく「カルト」です。

 秀明会では、例えば高齢者の一人暮らしの信者が病床に伏したときに、日替わりでもいいから誰かがお世話に行ったりしてるのでしょうか。あるいは誰かが亡くなった時には、支部や本部でお祈りしているのでしょうか。葬式に手伝いに行ったりしているのでしょうか。おそらくほとんどは、「何もしない」のではないでしょうか。結局は形だけの「親切」だったのではないかと思います。

 目が覚めてみると結局は「親切」という名目で「脅迫」「押し売り」をしあっていただけでした。何も残りません。残ったのは心の傷と借金だけです。まあ、私の場合はそんなに深くはなく、被害は少なかったのですが。しかし、被害が大きかった方を思うと無念でなりません。

 
 ところで、私の祖母が以前○光らしき宗教団体が運営している無料のマッサージ施設へ行っていたことがありました。もちろん、祖母も「宗教団体」とは最初は知りませんでした、と言うより「宗教」とは無縁であるかのように装っていました。そこではどうやらマッサージをしながら手かざしをしていたようです。つまり、患部に直接手を当てて「浄霊(秀明会の言葉を遣うと)」をしていたようです。手かざし系の宗教団体でも、それぞれ解釈も実践方法も違うようですね。

 ちなみに祖母は数日通った後に「壷を買ってくれ」と言われたそうです。祖母も無料でマッサージをしてもらい「親切」にしてくれたから・・・という気持ちが起こったそうですが、家族が説得して壷は買わずに済みました。これが秀明会なら「ご献金を・・・」となるのでしょう。

 すべての「親切」という行為を疑ってしまっては、世知辛い世の中になってしまいますが、少なくとも「秀明会」だけは疑っていいと思います。

 本当に人に「親切」にすべきだと秀明会が考えているのなら、マザーテレサのような活動をすればいいのです。もっともっと世の中に出て、浄霊をすればいいのです。それをしない(できない)のは、本当の「親切」をしたいと考えているのではなく、「シタゴコロ」があるからです。

 私はそれぞれの考え方や体験や情報などをこのような掲示板で発表させていただくことも、一つの「活動」だと思いますが、いかがでしょうか。


[1480]人の良さ
葉子
2005/8/27 12:05
みなさんのお話を読んで考えさせられました。ご意見、ありがとうございました。

私自身、秀明会以外の知り合いの少なさに愕然としました。もともと人付き合いが苦手なのもあるかもしれませんが、それにしても少なすぎます。入信して10年になりますが、いかに秀明会に頼っていたか思い知らされました。秀明会から離れてもいいように、これから別の人間関係を築く努力をしなければいけないな、と思いました。

昔、家に御神体を御奉斎していた女性が突然秀明会をやめると言い出しました。その理由は「他の宗教の人(エホバだったと思うんですが)のほうがやさしくて親切だ」でした。人についている人いるんですよね。

聖教書の「私というもの」で「人を幸福にしなければ自分は幸福になり得ない」という一文があります。夏季布教では背中にこの英文をしょってました。この文により、人に親切を、と思ってしまうんだと思います。

とりとめなく書きました。まとまりなくてすみません。

ひとつお聞きしたいことがあるんですが、秀明会の集団浄霊は頭(脳天)だけですが、どうしてですか? 他のところはどうなんですか?


[1479]東日本匿名様へ
金色のROTAX
2005/8/27 4:51
東日本匿名様 情報ありがとうございます。
 世界救世教の四代教主が、新幹線に乗るときは自由席です。私の知人が、よく乗り合わせるのです。信者からの献金で生活している人間が贅沢な暮らしをしていると信用を無くしますよね。ボリバスについても、何かご存知でしたら、是非、細かいことも含めて教えてください。お時間のあるとき、よろしくお願いします。


[1478]macchanさんへ
金色のROTAX
2005/8/27 4:20
 macchanさんの仰るとおり、秀明会のために多くの善良な人たちが、借金地獄、家庭崩壊などの被害を受けており、一日も早く、秀明会のようなカルト教団が地球上から消滅することを私も強く願います。そして、今のペースで行けば、いずれ秀明会は信者数の減少、献金額の減少により、消滅することになるでしょう。ただ、今のままでは、それもかなり先のことになると私は考えます。
 しかし、macchanさんのように、今すぐに、秀明会に消滅してもらわないと困ってしまうという人も少なからずいると思います。藤谷さんのようなネットを通じての啓蒙活動は成果をあげており、これにより、秀明会の寿命がどんどん短くなっているのは、確かです。私もどうすれば、秀明会の正体を世間や秀明会の現役信者に分かってもらえるのか、毎日考えています。藤谷さんばかりに頼るばかりではなく、一人一人に積極的な具体案を考えてほしいです。


[1477]秀明会の将来 その3 信者数
金色のROTAX
2005/8/27 4:14
秀明会の将来 その3(信者数)
 秀明会に新規で入信する人は、現在、皆無である。新体制への移行により、熱心な布教を放棄したことが直接の原因であるが、ネット上の秀明会批判サイトの存在も大きな原因の1つだ。信仰二世の多くが、親に言われてしぶしぶ浄霊の真似事をしている程度であり、パソコンが身近にある青年にとって、親の言う「手をかざして病気が治る、幸福になる」というあまりにも非現実的な空論よりも、秀明会が原因で、離婚したというような現実的なネット上の話のほうを信じるのは、当然の結論だ。一部の拠点では、中高生が秀明会に参拝するときにも、おひかりをつけない。あのような時代錯誤のお守りを首からぶら下げるのが、恥ずかしいというのだ。自分の意見を堂々と主張できる若者が増えたことに私は喜びを感じる。
 
 このまま行くと、新規入信者のいない秀明会は、あと、30年から40年で、自然消滅するのは、確実であると私は考える。今いる信者が老齢になり、他界すれば、誰もいなくなるのだ。秀明会の月次祭で、教祖殿が、ガラガラになる光景が楽しみで仕方ない。ただ、この掲示板をのぞいている人たちも、その頃には、かなりの高齢であろうから、いわば相打ちか?

 とは言うものの、家族にそういう狂信的な秀明会信者が一人でもいる家庭は、この先数十年、秀明会という新興宗教に振り回されることとなる。こういう可哀そうな反秀明会家族のためにも、上記の自然消滅のシナリオに甘んじることなく、この掲示板の閲覧者が主体的に秀明会の悪事を社会に暴露し、秀明会信者のかかっているマインド・コントロールを解くための活動に寄与するべきと考える。 おしまい


[1476]秀明会の将来 その2 献金額
金色のROTAX
2005/8/27 4:04
秀明会の将来 その2(献金額)
 新体制になり、献金の目標制度が廃止されたことにより、秀明会への入金額はかなり激減した。

 しかし、現在でも、500人程度の中規模の支部で、1ヶ月の献金総計(御玉串含む)は、1000万円であると確かな筋から聞いた。今でも、平均すると、一人一ヶ月に2万円も献金している計算になる。
すると、記念大祭の参拝数が3万人であるから、秀明会の一年間の収益は、概算で、72億円程度といくことになる。実際には、もっと多いであろうが。大雑把ではあるが、職員が400人として、年間給与を平均400万円とすると、一年間の人件費は約16億円。神苑、MIHO、クレストンの維持費が年間3億円として、単純に、72億円から、16億円と3億円を引くと、53億円になる。もっと、正確な計算ができる人いたら、よろしくお願いします。

 秀明会の現在の信者数が維持される限り、秀明会のお財布を当面、安泰のようだ。


[1475]大きなお世話
macchan
2005/8/27 3:36
なにも秀明会に籍を置かなくても、生きる支えになる昔からの知恵は残っていると思います。

親切については、「菜根譚講話」大浦貫道著に、以下のように説かれています。
「他より受けた恩恵恩寵には、心から感謝してこれに報いるが人間の道である、同時に自分から人に与えたものには、断じてその報いや返礼を待ってはならぬ。・・・功徳を求むる心より出でた功徳は真の功徳ではない・・・」

秀明会という組織は、いわば、大きなお世話をしている組織であるような気がします。カルトであればなおさらです。
世の中の無用の長物。
私は、今か今かと、秀明会の最後の日を待っているのですが、案外早いかもしれません。
みんなが行かなくなったら、終わりにしようと言わなくても、終わっているのですから。
無理をしているのがひしひしと伝わって来る、あのMIHOMUSEUMも、廃墟としての方が無理がなく、相応しく思います。


[1474]誤った教え・・・
fujiya
2005/8/26 22:13
毎日新聞 2005年8月26日

業務妨害:寺院に3000回電話した男に懲役刑 札幌地裁

 札幌市内の寺院に3000回を超える電話をかけて業務を妨害したとして、偽計業務妨害の罪に問われた鳥取県倉吉市上灘町、パチンコ景品交換所従業員、T被告(53)に札幌地裁は26日、懲役1年(求刑・同1年6月)と電話機1台没収の判決を言い渡した。

 判決によると、T被告は04年6月1日〜同7月31日と同12月1日〜05年4月22日、自宅から札幌市中央区の○○○○系寺院に計3075回電話をかけ、宗教論争を持ちかけるなどして業務を妨害した。

 T被告は○○○○と対立する●●●●の会員で、判決は「○○○○の誤った教えを正すとの目的で社会的常識をはるかに逸脱する回数の電話をかけた」と動機を指摘した。

--------------------------------------------------

 「誤った教え」といえば、こちらにも立派な「誤った教え」が・・・。
 このような被害にあわないように秀明会も注意しましょう。


[1473]地獄への道は・・・
プーさん
2005/8/26 18:12
「地獄への道は善意で敷き詰められている」という古い昔の言葉がありましたっけ。「人の幸せを願う宗教」というお題目は、それだけを考えると非常にすばらしいと思ってしまいます。

 確かに「秀明会の親切な人、人のよさから離れられません」という純粋な気持ちは痛いほどよく分かります。

 そこでふと思ったのですが、「人の幸せを願う宗教」って岡田茂吉の教えなのでしょうか?私が信者時代に読んだ聖教書にはそんなこと書いてなかったような気がするのですが・・・。


[1472]りんこさんへ
ミント
2005/8/26 15:56
わたしの書けなかったことを書いてくれたような
感じがしました。
正直、わたしはそこまで言い切るそれを掲示板に書き込む勇気がありませんでした。


親切な人、秀明会に限らず本当に接するの難しい
んです。特に相手が親切にしてあげたのにと思っている
人ほど。逆に、見返りを求めていない人だとこっちも
接するのが楽です。でもこういうのはまれです。
何より自分が、こんなによくしてもらったのにな。
それを返さないと悪い。これも相手に薄情な人間だと
思われたくないという裏返しなんですけど。


ここのリンクを貼られているグリーンライトさんの
HPは今のわたしの様にまだ、距離を置いている途中の
人やすごく悩んでいる人にはとっても参考になる
所だと思いました。


わたしの場合本当に親切にしてくれる人、と恩着せがましい人がいました。
でも、結局みんな去っていきました。
その前に、みんながこんなに心配してるのにという
辛い言葉も言われました。


あぁ、私ってなんて薄情なんだろう。と思わされます。それも複数の人から言われると堪えます。
でも、辛いんです。

私は人のためにやってるんじゃなくて、自分のために
やってるのに。でもこれも自己愛だと思われるんです
よね。本当に人の幸せを願っている宗教なんだろうか?
と思います。

でも、秀明会やってる人はこんなにも私が苦しんでる
なんて夢にも思ってなくて、結局自己満足なだけなんじゃないかと思うのです。

こんなにも、人を思ってる私は偉いとか、親切にすることでいいことしてるんだとか。それで心が満たされる
んでしょうね。本人は自覚してないとは思いますけど。
まぁ、純粋にやってる人もいるんでしょうけど。


[1471]親切な人の親切な行為
りんこ
2005/8/26 15:02
「秀明会の親切な人、人のよさから離れられません」とは、まさに信者が求めており、また離れられない理由のひとつなのだと思います。また、だから脱会できないでいる人も多いと思います。
  私自身も、秀明会ではなくとも、身の回りの親切な人、の対処法には、苦しみ(だって、本当に冷たくするのは、悪いんですもの!自分の性格が悪いのかと思ってしまうのです)、その対処法、またその親切な人の裏にあるエゴに対し、ある思いを持ちました。
よく言う「親切な行為」は、基本的には、その行為をする者の、良い事をしたい自分に対する自己満足、そして、「親切にしたい」という欲望を満たすものであると思います。この場合、行為者は、本当に親切にしたいのです。だけど、それは、親切にしようと思って行動をしている自己判断であり、ある意味それを受ける側も、受けてあげる事によって、この行為は完成する。また善意から出ているので、抗いがたいものです。そこで、ミントさんが指摘されているように、その人のカテゴリから出る行動、または親切にしてもらったかわいそうな人からは、考えられない様な、全く違った反応や価値観で、その親切に応えるとどうなるか?ここで、本当に親切な、人類愛から出た行動をとった人は、相手がどう出ようと、恨もうと、元々相手に見返りを期待していないので、裏切った、とか逆上したり、冷たくなったりする事はないのです。けれど、自分の価値観を確かめたい、とか自分が素晴らしい人間である事を確認する為に、親切にしている人(勿論、本人はそんな事考えも及びません)は、裏切られた、自分はこんなにしてあげたのに、と思ってしまう。また、相手を非難し、悪口を言い始める事もある。結局は、自分の価値観や人格の素晴らしさを、親切行為の上に載せて、押し付けているだけにもかかわらず。
  また、親切にしてあげる、という行為には、悲しいかな、行為をする人の優越感も含まれています。誰しも、裕福さ、容姿、才能が、自分より数段、明らかに優れた人に対し、親切にしてあげたくないのは、本音であると思うのです。困った時には、そんな人にも、助けてあげるかも知れない、けど、自分から親切にするという事はあまりないと思うのです。どうしてでしょうか?
  親切、っていうけれども、実はとても奥深い、そして人間くさいものであると思います。私は、親切な女性ではありません。が、困っている人は、喜んで助けますし、心を砕いて世話をします。但し、自分がしたいから勝手にやっている、と自覚を持ってやっています。本当を言うと、私もたくさんの人に「裏切られた」ことがあるのです。そして、裏切られて、へこんでいる自分の心をよ〜っく見てみると「自分がいい人であることへの陶酔」「結局は、自分がしたかったんだ、その人から頼まれたわけじゃなかった、自分の自己満足だった」という部分が見えました。
  長くなりましたが、言いたかったのは、親切にする人は悪い人じゃない、けれども、ある意味、自分の判断で自ら親切な人になっている、だから親切にされたからって、後生恩義を感じて、自分の行動や生活に関することを決断する時には、影響を与えてはいけない、という事です。自分が人に慈悲をかけたり、親切にするときも然り。自分がやりたいから、「勝手に親切にしているだけなのであって、この人への義務感や頼まれたからじゃない」と言いつつするようにしています。こうすると、人間関係がシンプルで、風通しが良くなった事は、言うまでもありません。


[1470]シンプロシティ
fujiya
2005/8/26 12:11
 「秀明会はインチキ宗教、カルトだけれど、信者の人達はいい人ばかりだ」という意見はよく聞く意見です。
 私の妻も盛んにそう申しておりました。妻と秀明会とを繋ぐ役割をしていた世話人の方が非常にいい人であっただけに、そのようにいい人が信じている神慈秀明会がインチキ宗教だとは妻は思えなかったようです。

 下記は「カルトテクニック」に掲載したシンプロシティの項ですが、改めてここに掲載したいと思います。

------------------------------------------------------

シンプロシティ

 あなたの近所に住んでいる人が、「実家からこんなものを送ってきましたので、お裾分けに・・・」と言って果物を持ってきてくれた。それを受け取ったあなたは、どんな気持ちを持つだろう?
 人間には、他人に恩義を感じると、「お返しをしなくては」と感じる傾向が備わっている。心理学ではこれをシンプロシティ(親切の借金)という。最初の例でも、あなたの心の中には、「いつかはお返しをしなければ・・・」という気持ちがわき、あなたの家に実家からタマネギが送られてきたら、それを持って果物をくれた家へ届けに行くのではないだろうか。
 こうした感情は決して悪いことではなく、ごく自然の感情であり、人間関係を円滑にする上でも大切なことだ。
 しかし、カルトはこうした人間が持つ自然な感情をマインド・コントロールに利用する。
 神慈秀明会では、世話人という人が地域に居て、この世話人が数人の信者を受け持っている。登志子の世話人は、とても気さくな女性で、秀明紙を届けてくれたり、無農薬野菜を届けてくれたりするついでに、家庭のこと、子供のこと、教育のこと等なんでも相談に乗ってくれたり、世間話をしていた。電話でも随分長時間、話をしていることがあったようである。
 私はその当時は、その人が神慈秀明会の世話人とは知らず、無農薬野菜斡旋グループの人だと思っていたので、特に気にもとめていなかった。
 しかし、神慈秀明会のことが明らかになり、登志子と話をしていく過程で、この世話人との関係を登志子が非常に重要視していることに気づいた。「あんなにいい人が、私をだます筈がない」という言葉が、登志子から口癖のように出てくる。
 脱会の話を詰めて行くと、「私が脱会すると、あの人に迷惑がかかる」という気持ちが強く出てきて、なかなか脱会の決心がつかない。
 登志子は他の場面でも、人間関係には細かく気が付く人で、私もそれで助かっていることも多かったように思う。人間関係を大切にする登志子にとって、『世話になった』世話人を裏切ることになる脱会は、心理的抵抗が非常に強いようだ。神慈秀明会からは心が離れてきているが、世話人との関係が断ち切れないことが、大きなネックになっている。
 この世話人が意図的に「親切の借金」を行ってきたのか、本当に世話好きな人であるだけなのかは不明であるが、神慈秀明会との橋渡しは全てこの世話人を通じて行われており、結果としてシンプロシティ(親切の借金)も利用して神慈秀明会へ登志子を導いてきたといえる。
 「もし、あの人(世話人)が私を騙していたのだとしたら、私は人間不信になる」と登志子は言った。
 人が人を信ずるという、最も純粋な心まで感情コントロールの道具として利用するのが、カルトの卑劣な行為である。
 シンプロシティを利用したマインド・コントロールはオウム真理教等、他のカルトでも恒常的に行われており、オウムを脱会した元信者が、脱会後長期間にわたって人を信用することができなくなり、ペットの動物としか話ができなかった、という手記が他のサイトで紹介されていた。


[1469]金色のROTAX 様へ
東日本匿名
2005/8/26 12:06
私も出入りしていません。当時はH支部長でした。
そうですね、7−8年前だと思います、まだ旧体制でした。支部には高級車もありましたね。そういえばこの支部長は高齢であったことが原因かは知らないが、本部参拝は新幹線のグリーン車を利用していましたね。一般信者はたこ部屋ならぬあの窮屈なたこバスに押し込んでおきながら・・・。しかも途中下車を禁止する時期もあったし。帰りは草津などで降りて列車帰りが認められた時期もあったが・・・。かなり難行苦行の本部行き。徒労は何にもならないという教えがあるがまさにそれだ。中にはバスが禊(みそぎ)だなどと言って理解する信者もいたがアホらしい。


[1468]葉子さんへ
ミント
2005/8/26 10:35
初めまして。私も現役信者ですがもう参拝には行っていません。「私は秀明会の信者さんの人の良さから離れきれません。」という言葉はよく分かります。

私をお世話してくれた人もそうでしたから。
でも、結局「秀明会」を通してあくまで明主様を通して
しか付き合えませんでした。私の場合。
私は、秀明会抜きでも付き合って行きたかったけれど。

まだ、私も秀明会の事ではいろいろ悩まされます。
葉子さんも一度その人たちと、秀明会抜きでも
変わらずに、親切にしてくれるか確かめてみるのはどうでしょうか?


そうすれば、本当に自分に親切にしてくれているのか、
それともあくまで明主様を通してのみ親切にしてくれ
るのか分かりますから。

人の親切の呪縛は怖いです。
片方で自分を偽りながら疑問を持ちながら信仰することは。これは私の体験ですけど。
そして一番やっかいなのは、親切にしてくれる信者さんは悪気があってやっているのではないこと。
本当に自分の事を思ってやってくれてると思うと、
とても苦しくなります。

でも、それも明主様を通してのみだと知れば楽になる
のではないでしょうか?


[1467]葉子さんへ。本部に観音様を本物に変えろと言う馬鹿
金色のROTAX
2005/8/26 6:10
 葉子さんへ。私の知人で馬鹿真面目な奴がいるのですが、彼が、秀研の記事(秀明会の観音様は、未信者の手書きの模写である)を読み、これでは先祖が救われないと考え、明主様の書いたとおりの本物の観音様に変えるよう本部に意見をする運動を支部の中で始めたのです。彼は、気が狂ったと思われ、世話人から白い目で見られるようになり、結局、これがきっかけで彼は家族とともに秀明会を辞めることとなりました。そして、おひかりも、御神体も、観音様も、自分で燃やして処分しました。
彼の家族は今でも元気で、幸福にやっています。
 こんな一途な人間もいたことをお知らせします。
 参考  http://www.ex.comcarry.net/~net567/index.htm
 http://www.shogaya.com/html/okada/okada-mokichi.htm


[1464]NPO法人は世間を欺くための看板
fujiya
2005/8/26 2:55
 葉子さん、こんにちは。
 NPO法人に関する情報ありがとうございます。

 神慈秀明会とNPO法人秀明インターナショナルとは「表向き」は別組織なのです。
 しかし、構成要員は全て神慈秀明会のメンバーです。これは秀明本部に勤務する方から証言を得ています。

 NPO法人は宗教活動ができませんので、「たまたま」神慈秀明会がNPO法人秀明インターナショナルに場所を貸しているだけと装っていますが、内部の人間の間では、両者が全く同一の組織であることは周知の事実です。

 「神慈秀明会」という名前を出すと、これまで行ってきたカルト稼業のために拒否反応を示される恐れがあるのでそれを隠すためにNPO法人の看板が欲しかっただけです。
 NPO法人だからといって安易に警戒心を解いてはいけません。とんでもない連中がNPO法人の看板を上げている例はたくさんあります。
 NPO法人が何らかの事件を起こして実態が暴露され、マスコミをにぎわす事案が散見されています。

 このような二枚舌を使って世間を欺き続ける秀明の体質には、まじめな信者の方も心を痛めており、どうしてこんなにウソをつき続けるのかと嘆いています。
 秀明の虚言体質は昔も今も変わっていないようです。

 「嘘つきはドロボウの始まり」とは、よくいったものです。


[1463]金色のROTAXさんへ
葉子
2005/8/26 2:22
私は秀明会の信者さんの人の良さから離れきれません。

私の中で変わったことといえば、御神体・観音様・おひかりへの畏敬の念が薄れたことでしょうか。一番大事なところが抜けてしまって、もはや信仰をしているとは言えない状態でしょう。傍目からは分からないでしょうけど。

明主様の著作権が切れた今、御神体・観音様・おひかり、すべてを良く?して欲しいと願っています。ただし、それでまた儲けられるのも困りますけどね。

なにかお話できることがあれば、ご報告します。


[1462]NEWSLETTER No1
葉子
2005/8/26 1:56
いただいただけで読んでなかった冊子に今日初めて目を通しました。どうやらこれはNPO法人秀明インターナショナルの活動紹介だわ、と思って読んでいくと、
「この会議は、母体である神慈秀明会が国連NGOを取得して、初めて国連主催の会議をサポートすることとなり、秀明インターナショナルが実務を行いました。」
と書いてあります。(この会議とは、広島で行われた「パンアジアユースリーダーシップサミットのことです)
私はこの文章、秀明インターナショナルの母体が神慈秀明会だって言ってるように聞こえるんですが、みなさんはどのように思われますか?
また、この続きには
「また、現地のスタッフは、地元広島の秀明インターナショナルメンバーが勤め、スムースに会議が進行することに貢献しました。」
と書いてあります。確か秀明紙には秀明会の広島の青年が準備にあたった報告が載っていたと思うのですが・・・
Fujiyaさんへの回答とはまったく違ってますね。


[1461]東日本匿名さんへ。質問
金色のROTAX
2005/8/25 22:19
T支部の月次祭の言葉「献金を〜。何に〜」は、何時ごろの出来事でしょうか?それと、今のK支部長の発言なのでしょうか?その他の細かい話も含めて是非教えてください。私はもう秀明会に出入りしていないので、最近のT支部の活動状況を細かいことも含めて把握したいのです。それを元に今後の対策を練りたいと考えます。


[1460]献金について
東日本匿名
2005/8/25 18:54
T支部での月次祭での言葉。「献金をせっせとすればいい。何に使われるのかは考える事は無いから・・・」これはどういう意味だろうか?
また、ある資格者が桃の実献金で自宅を改修したという話は有名。その資格者は左遷させられたが、今度は赴任地の集会所が火事になった。こんなスキャンダルもあるんです。また自然農法を金儲けのためにしているという体的な欲の固まりの資格者もいたし、好き嫌いで不平等に信者に接したり、うその情報で他拠点に引き抜いたりと、まあ信仰者らしからぬ者はたくさんいたね。まるで自分が明主であるかのように、好きに振舞うことが神意とでも思っているのだろうか、とんでもない。
3枚複写の献金領収証が無かった頃は途中でねこばばしても分からなかっただろう。果たして欲望のために本部に届かなかった献金はどれくらいあるのかな?勇気ある告白者が出てくることを期待します。その件はもう時効でしょうし、個人の責任追及ではなくそうした風土を蔓延させた組織そのものを糾弾したいものです。
新体制になってから奉仕金はなくなった、経費は全部本部から出るということになったのに、形を変えて金品は集めるは矛盾だらけの集団でした。


[1459]いんちき・詐欺宗教
あるくもり信者
2005/8/25 16:31
御神体改造 拝見いたしました。
これで、秀明のご神体・おひかりは、切り貼り、拡大、縮小コピーだということが、明白になりましたね。
それで、悪いけど、信者さんの中に、幸せそうな信者が
いないんですね。
おひかりなんて、出ていないんですものね。

それでも、小山一族および、資格者たちは、開き直って、こういってるのかも知れませんね。
『拡大・縮小コピーでも、切り貼りでも明主さまの字には変わりありません。小山弘子会長が、ちゃんと、入霊してますから、ちゃあんとお光は出ています!』って・・。

でも、果たして?
小山弘子さんの入霊って?
本当に行われているんでしょうか?
たぶん、そんなことしてないって思いますけど・・。
こんないんちき詐欺教団が・・・。

みなさん?どう思われますか??


[1458]恋愛について−馬鹿な幹部
東日本匿名
2005/8/25 13:11
旧体制のときは恋愛は禁止され、信者どおしは隠れて交際していたものである。しかしあるとき(新体制後)に気がつけば30を過ぎた独身が多数居るから急遽信者どおしをくっつけて光の家を作りなさいという指令が出て、出会いの場を作るためにグループごとに「忘年会」などを強要させる場面もあった・・・。
180度の転換に驚くも、信者は良いこととして取ったのであろう。しかし次世代教育にもある通り、会員数の減少を生まれてくる子供で補うことが目的であるのは明白。秀明版生めよ増やせよか?
また、単身よりも家庭単位の方が脱会も少なくなるだろう。一種の規制強化か?縛りか・・・。
いずれにしても、単純な発想で大きな転化を挙行する幹部は大馬鹿である。


[1456]fujiyaさんへ。御神体改造を読んで
金色のROTAX
2005/8/25 3:30
御神体改造の新ページは、すばらしい出来ばえですね。写真という媒体の長所を最大限活用しており、初心者にも分かりやすい構成になっていると思います。リセットなどに書かれていることが、藤谷さんのこのページの内容で、より深く理解できました。

 内容的にも、岡田茂吉師の宗教足跡をよく研究されており、特に印鑑の使用についてまで、言及されている点には、感服いたしました。

 秀明会の教学室の教師にも、送りつけて、読ませたいです。「あんたらも、藤谷さんくらい、勉強しろ」と言ってやりたいな。


[1455]御神体改造
fujiya
2005/8/25 3:12
 神慈秀明会を信ずる者にとって、信仰の大切な部分を占める御神体。
 しかし、神慈秀明会の御神体については色々な疑惑がささやかれてきた。

 未信者の私がこのような問題に意見をはさむのは少々気が引けるが、一部の読者のかたから、この問題の解明を求める意見があったので私なりに調べてみた。
 同様の調査、意見はすでに秀研やリセットにも示されているが、私なりに調べてみた結果も参考にご覧頂きたい。

御神体改造
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1454]ご投稿のところを失礼します
macchan
2005/8/24 21:21
今、体験談「18年間の秀明会観察」を読ませていただきました。
私の彼女は、秀明会が神道の流れをくむ組織であることさえ知っていませんでした。
その純朴さとでも言うんでしょうか、悲しくも愛すべき人ではありませんか?
一日も早い秀明会の解散を願います。


[1453]弘子会長はお優しい?
金色のROTAX
2005/8/24 21:00
弘子会長先生はお優しい?
 数年前、弘子会長が外から神苑に電話をかけたところ、それを少し鈍い奉仕者が取り次いだため、会長からの電話であることに気づかずに、長時間、保留にして、会長をかなり待たせてしまったのです。弘子会長は激怒して、その奉仕者を即刻辞めさせたそうです。
 この会長の対応は、小乗的に見ると、冷血漢のようにみえますが、大乗的に見ると、奉仕者の給与等は、信者さん達からの献金で支払われている以上、役立たずの無能な奉仕者を神苑に配置することは、信者への背任行為になるとお考えになられての英断であると私は評価したい。


[1452]秀明会の将来 その1 小山家の個人財産
金色のROTAX
2005/8/24 20:46
秀明会の将来 その1(小山家の個人財産)
 秀明会自体がいかに財政破綻しようとも、小山家には、すでに、膨大な蓄財が完了しており、その豪奢(ごうしゃ)な生活は、半永久的に保障されている。小山会主の若い孫たちが、神苑にやってくるときは、今でも、派手な色の外車に乗ってくるのは、有名な話だ。たちの悪いの詐欺師であれば、そういう第三者から私生活を見られるときは、清貧を装うはずであるが、正直者の小山家の人々は、そういう面倒なことは一切しない。
 会主、会長には、旧体制の頃、お歳暮という名目で、一人一万円の上納金を信者に強制していた。それを28年近く継続していたのだから、それだけでも、かなりの額になる。税務署に果たしてこのお歳暮を申告していたのかどうか? 助教師、秀勉講師になると、御礼の支払いも強制されていた。もちろん、小山家の蓄財法はこれだけではないが、○○にかかわる・・・長くなるので、省く。
 
 秀明会が元信者から献金返還訴訟を提起されると、3人の有能な弁護士をつけて応訴する。このことからも、小山家は、かなり有能な税理士を雇っていると判断される。
 秀明会の離脱は、小山家が秀明教会を私物化し、信者からの献金を完全にコントロールするために行われた財テクの一環にすぎないことは、すでに、信者の多くにばれている。
 
 秀明会がたとえ倒産しようとも、小山家が個人的に保証人になっているわけでもなく、小山家の個人財産に抵当権が設定されているわけでもないのだから、小山家はいっこうに困らない。ただ、新規の入金が無くなるだけだ。秀明会の信者数の推移、献金額の推移くらい、小山家は把握しており、お付の財テク・プランナーによる、秀明会の将来を見越した上での周到な財産確保の計画は出来上がっていると考えるのが素直だ。ここで、小山家といっているのは、このような秀明会を財テクの手段にしている人物が、弘子会長一人ではないからである。信者ではない財テク・プランナーから、秀明会から小山家に流れてくる金銭の将来の推移を聞かされている小山家の人々は、この掲示板をのぞいている一般人よりも、はるかに、秀明会の末路を認識しているはずだ。


[1451]秀明会の祭事の方法は誤り 秀明会入門編
金色のROTAX
2005/8/24 20:44
秀明会の祭事、献せんの方法は誤り
 秀明会は、明主様が明確に禁止されていた大本教方式の祭事を行っています。明主様は、塩、水、洗米の献饌、灯明、松を生けた花瓶等をはっきりと禁止されていました。塩、水、洗米は龍神の食べ物であり、神様にこういうものを上げることはいけないと明主様は明言されています。

御垂示(教祖言)
「之は神道では、御神饌が塩や水や洗米という事になってるんですが、光明如来様にはそういうものは要りませんよ。光明如来様は人間の御姿なんですから、人間の食べるものを御供えするのがいいんです。生米に水なんていうのは龍神の食べるものです。今迄の「仏」の間は神様は龍神が多かった、神様は大抵龍神になって居られましたからね。それで御供えもそういうものだったんです。これからはこういうものを上げるのはいけないですよ。魚なんかもあっさり焼いたのが一番いいですね。牛豚だけはよした方がいい。野菜は煮たのがいいですよ。今に新しく御祀りの形式を作る積もりですが、まあそれまでは適当にやってればいいでしょう。」

 なお、秀明会の御讃歌集は、「御明集」といいますが、「みあかり」とは、灯明、みあかしのことです。明主様が夜の時代の方式であるとして明確に禁止していた大本教方式のみあかしを御讃歌集の名称にしている点にも、秀明会の霊的役割が如実に表れています。(リセットほか参照)

[1450]カルトとインチキ
通りすがり
2005/8/24 15:15
>特に@とBの問題が解決しない限り、「カルト教団」であることに変わりありません。
>「被害者」がいる限り、「加害者」たる秀明会を本物の宗教と呼ぶわけにはいかないのです。

@とBの問題が解決しない限り「カルト教団」である。
Aの問題が解決しない限り「インチキ宗教」である。

今の神慈秀明会は、カルト教団であり、インチキ宗教であるという
二つの大問題を同時に抱えた宗教であるといえる。


[1449]問題は山積み・・・
プーさん
2005/8/24 15:05
 確かに新体制となり、内部情報が筒抜けになって公開されてしまう状態で、旧体制のような脅迫まがいのことを表向き堂々とやっているとは考えられません。しかし、以下の問題は未だに存在します。

@これまでの被害者にはどう向き合うのかが不明。
A「ご神体が偽物」「離脱の神意がデタラメ」といった
信仰の根源・教団の存在意義に関わる点において、理論・理屈が通らない。
B新体制になったといっても、例え「一部」であるといっても、今でも「脅迫まがい」の勧誘や献金強要が行われている。

 特に@とBの問題が解決しない限り、「カルト教団」であることに変わりありません。「被害者」がいる限り、「加害者」たる秀明会を本物の宗教と呼ぶわけにはいかないのです。

 確かに「騙されたほうも心にスキがあったのだから悪い」という見方もあるでしょう。しかし、被害の度合いは大きく、家庭崩壊、自己破産、病死、怪我、精神的苦痛などを考えれば、このままでよいという訳はありません。今後このような被害に遭う人を出さない対策を立てる必要がやはりあります。


[1448]献金
ワッキー
2005/8/24 9:54
僕はルビー(死語)になりましたが、一度にした献金の最高額は1万円です。年間でも日々のお玉ぐしを除いて3万もいってないでしょう。いくらいくらしなさい!と脅されたことはもちろんありませんし、自分が導いた人にもそういうお勧めはしたことがありません。
こういう人もいるということで。

一部では脅迫まがいの献金の勧めもあったようですが、どこの拠点でも、どの指導者も、というわけではありません。


[1447]弘子会長はタイタニックがお気に入り
金色のROTAX
2005/8/24 6:58
アメリカ映画「タイタニック」がはやっていた頃、弘子会長は、本部資格者で、「この映画はすばらしいから、是非、見に行きなさい」と言っていました。
 さすが卓越した審美眼をお持ちの会長先生だけのことはありますね。
 タイタニックに感動した人は、弘子会長と感性が近いのかもしれないね。もしかしたら。


[1446]秀明会の御神体、御尊影の奉斎方法の誤り
金色のROTAX
2005/8/24 5:31
秀明会の御神体、御尊影の奉斎の誤り
 秀明会では、明主様のお写真を脇床(わきどこ)に入れています。
 しかし、明主様御在世中は、明主様のお写真も、御神床(ごしんしょう。床の間のほう)に奉斎されており、しかも、お軸の御神体よりも、明主様のお写真のほうが位が上であり、神様のほうから見て、左に奉斎されていました。
 現在の秀明会のように、明主様のお写真が脇床という外に追い出されたのは、明主様御帰天後に、明主様は神様ではない、神人合一でもない、という教えが確定したことに起因しており、現在の秀明会も、その流れを深く検討することなく、漫然と引き継いでいます。

教祖言
「重要な事とそうでない事との差別をよく知らなければならないのです。今の私の写真というのは、一番重要なのです。『光明如来様』と御掛軸を書きますが、あれは私が書くのですから、光明如来様より私が上なのです。ところが人によると光明如来様の方を上にして、写真の方を下にするのがありますが、これは大変な間違いです。ですからそういうように理屈を考えると直ぐ分かるのです。ところが昔からのいろいろな宗教はそれがなかったからなのです。」

 ほとんどの方はすでにご存知でしょうが、中には、初心者の方もいると思い、書き込みました。


[1445]葉子さんへ 1395の返事
金色のROTAX
2005/8/24 5:17
 葉子さんへ。1395で、丁寧な感想を頂き、ありがとうございます。
 葉子さんの書き込みの文脈から、会主様が自由学園で培ったキリスト教的な禁欲的宗教観、ストイックなまでに献身的ともとれる自己犠牲的信仰観、そういった潔癖さに、葉子さんは、心を惹かれて、秀明会の布教活動に専心されてきたと拝察させて頂きました。

 会主様ご自身の個人的な宗教理想論としては、上記の美しすぎるともとてる美辞麗句も、真実であったのかもしれません。しかし、残念ながら、秀明会の離脱してからの実際の活動は、一般社会の法律に明白に抵触するものであり、かつ、明主様の真実の教えとも、一致点を見出しがたいものでした。葉子さんの理想とする潔癖を貫く信仰姿勢の受け皿に、現在の秀明会はなることができません。

 厳しい現実を直視することは、誰でも、容易ではありません。しかし、今ここで、真実を見なければ、さらに将来、もっと悲劇的な人生の後悔となり、取り返しのつかない絶望が待ち構えていることとなるでしょう。

 新しい人生の道しるべをスムーズに選択するためには、この今、何をすべきか? 私は、まず、客観的な情報をたくさん身につけるのが適切であると考えます。北朝鮮や旧ソ連のような独裁国家、国民を奴隷のように管理している専制国家が最も恐れるものは、国民に真実の情報が伝わることです。真実の情報が伝わることにより、今まで、国民を支配するためについてきたウソ、虚偽のニュースの化けの皮がはがれてしまい、国民の支持を取り付けることができなくなり、支配体制が革命などにより、崩壊してしまうからです。1980年代当時のソ連が恐れていたのは、反体制活動家が、ワープロを入手することであったと聞きます。これにより、情報伝達媒体が増えてしまうからです。北朝鮮の国民の一部は、今でも、自分たちが世界で一番幸福であると心から信じています。果たして、この判断は正しいといえるのでしょうか?判断の基礎となる知識、情報なくして、正しい判断はできません。そして、そういった情報は、できるだけ客観的なものが望ましいでしょう。客観的な情報が増えれば増えるほど、その人が下す判断も正確さを増すでしょう。

 それでは、この掲示板を閲覧している人にとっての客観的な資料とは何か? これについては、各人様々な意見があるのでしょうが、写真を含む資料、(明主様の教えを前提とする限り)明主様のお書きになられたすべての教え、秀明会が現在提訴されている訴訟記録などを私は思いつきます。

 秀明会の真実の姿をありのままに認識するための基本知識として、下に、秀研等の中で重要と思われるポイントだけを抜き出しました。葉子さんは、すでにご存知のことかもしれませんが、この掲示板を最近見出したビギナーの方には、是非、読んでほしいと希望します。
 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/goshintai/ohikari.html
 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/goshintai/daicheck.html
 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/goshintai/index.html
 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/kannonsama/index.html
 http://izumo.cool.ne.jp/shuken/take/index.html

 葉子さんが、今も、秀明会に出入りしていらっしゃるようでしたら、最近の月次祭、秀勉の内容についてかいつまんで、書き込んでください。今後の対策に役立ちます。よろしくお願いいたします。以上


[1444]りんこさまへ
ロト
2005/8/24 0:26
 いえいえ大変恐縮です。まあ、ここの掲示板の特徴としてみなさん本当にアダルトで理知的ですよね。自分や家族、恋人が苦しんだ中から他人へのアドバイスや悩みを真剣に聞いてあげたりして。

 他の掲示板なら建前では、反対意見も歓迎とかいいながら、やはり結構袋だたき状態になってる掲示板はよくみます。
 しかし、この掲示板はfujiyaさんの人柄かほとんどそういう光景はみられません。そういうこともあり、信者や脱会希望者の方も相談にこられるんでしょうね。

 秀明が存在する限りこの掲示板は続いて欲しいです。


[1443]被害者の種類
金色のROTAX
2005/8/24 0:02
 秀明会による被害者(現在は脱会者)を大きく分けると、
@カレッジ生どまりで、献金も数百万円程度の人と
Aルビー、助教師くらいになり、本部奉仕にも長期間あがっていた人に分けられると思います。
 この区分は、脱会後、秀明会に対してネットを通じた抗議活動をするか否かの点から分けたものです。

 Aの人たちは、あまりの甚大な被害に、精神的にもずたずたになり、秀明会のことや、自分の過去を思い出すことすら拒否してしまい、ネット上の言論の行使による、秀明会による被害者を救済する活動に興味を示しません。思い出すのも嫌なのです。

 これに対して、@の人たちは、まだまだ、余力がり、秀明会に対する恨みを、ネット上の抗議活動に昇華させて、現在、さかんに、秀明会の正体を暴露する活動に没頭しています。

 本当は、Aの人たちのほうが、秀明会の正体を知っているのですから、いずれ、こういう人たちの中から、一人でもいいから協力者が現れてほしいと切望している今日この頃です。 


[1442]マスコミといえば・・・
葉子
2005/8/23 18:41
そういえば美術品を落札したときではなかったかしら、
そのときにも載りましたよね。
日本ではお金のことを大きく取り上げられるけど、
海外では「よくやった」とほめられると会長先生がおっしゃってました。
だけど、海外の方がほめるのって、日常的、そういう文化なんで、それを鵜呑みにするのもどうかと思った記憶があります。


[1441]そう言えば・・・
プーさん
2005/8/23 15:08
 sinjaさんがどういう方かはだいたい想像がつきました。かなり興奮されて書き込みをしていらっしゃるようです。そしてかなりこのHPに興味がおありになるようです。おそらく今日も仕事から帰った後、楽しみにこの掲示板を覗くことでしょう。現役信者かまだ信仰心がかなり残っている方のようにお見受けしますが。

 さて日刊ゲンダイで思い出しましたが、やはり10年くらい前、FRIDAYかFOCUSに写真つきの記事が掲載されてましたよね。会主と当時ムーミンとあだ名がついていた政治家武○が信者に手を振っている写真でした。また、別冊宝島にも勧誘手口が紹介されてましたよね。

 そう見るとよくこれでもマスコミに登場していますよね。ただ、確実な証拠やおもしろさがない限り、追及はできないのでしょうけど。まだ、席が残っている方で潜入ルポを書いてマスコミに発表してくれる方がいらっしゃでば、きっといい記事がかけるのでしょうけど。


[1440]日刊ゲンダイ
fujiya
2005/8/23 14:09
 東日本匿名さん、こんにちは。
 日刊ゲンダイの話は知りませんでした。ぜひ見てみたいものですね。日刊ゲンダイの縮刷版なんてあるのかな? これから調べて見ます。

 私もあちこちに「話題提供」はしていますが、日刊ゲンダイは抜けていました。
 さっそく、「最近はこんな状況ですよ」と教えてあげましょう。紙面を埋める記事が不足したときにまた載せてくれるかも知れませんので・・・。

 「紫色の場所」は、私もこの問題が浮上したとき、真っ先に読みました。秀明会のことを全く知らない私にとって、秀明会の様子を知るのにはとてもよい教材になりました。


[1439]ロトさんへ
りんこ
2005/8/23 14:07
いえいえ、お怒りの気持ちはわかります。本当にフラッシュバックが起こり、たまらなくなるのは、私も一緒です。ただ、このテの投稿は、まず何を言わんとしているか、全く不明です。このsinjaっていう方は、一体今も信者で、何か秀明に恨みを持っているのか、はたまた、こういったアンチ秀明掲示板に様子を見に来て、一見昔信者だったけど、今は反発しているふりを装って、実は秀明を正当化するという目的があるのか。。。。。投稿内容を見ますと、意味が不明、意図がわからないのです。ですから、こういった人の意見には、回答しない、反応しないという方法がベストだと思うのです。
YAHOOが運営している、他の掲示板なんかでも、投稿者の喧嘩になってしまい、一体何を議論する場であったか、全くそれてしまい、最後は、「AGE」終わっている場合も多いです。
ロトさまの意見は、素晴らしい体験談や意見が多く、参考にさせていただいています。貴重な意見と、アラシ君の意見とを同列にされたくはない、と私は強く感じます。ロトさまやPNYOONさん、その他脱会などをして、新しい人生を送られている方は、それなりの重い意見、経験談をお持ちです。それを、こういった喧嘩腰の、支離滅裂な、欲求不満のうっぷん晴らしの相手をすることで、同列に見られることが、私はたまらなくいやなのです。
私も、被害者です。ある時点で、秀明に対し、気持ちの整理をし、新しい人生で幸せにしています。しかし、そういった悟り、に至るまでの長い長い道のりは、相当苦しんで人生を送っていました。それを、ただのバカの集まり、とかバカバカと何度も中傷される、そりゃ、腹が立ちますよ。けど、この方は、そこに至っていない、そして、私のこの割り切り、悟りは、例え夫であっても、誰もわからないことで、またわかってもらおうとは思いません。多分、ロトさんもそういった感覚をお持ちであろうと思います。ですから、そういったある意味、人間的な苦しみを味わい、乗り越え、スタートを切った者同士として、冷静に秀明の崩壊の手伝いをしましょう。
  私の方こそ、失礼がありましたら、お許しください。


[1438]マスコミへ
東日本匿名
2005/8/23 12:52
マスコミは突っ込みたくなるようなある種の面白さがないと動かないですね。しかし以前から取り上げられたことはあります。今から10年くらい前でしょうか、「日刊ゲンダイ」という夕刊紙の「精神世界に踊るバブル」というコーナーの連載に神慈秀明会が出ました。配布用
秀明紙から浄霊の写真や教祖殿が転写され、とにかく献金の多いことや会長の死など信者はノルマの足かせにしかならないと書いてありました。そして林真理子氏が入信した体験を書いた小説「紫色の場所」でも全く光が見えなかったと書いてありますね。残念ながら記事は処分してしまいましたが、マスコミが取り上げた好例だと思います。ゲンダイに問い合わせるか、この小説を読んでみるのも良いでしょう。この小説はかなり前のものですが、多くのマスコミはちゃんと知っています。


[1437]りんこさんへ
ロト
2005/8/23 10:38
 おはようございます。あなたのおっしゃるとおりです。ひさしぶりに見たら反抗期の少年のような人がいたのでからかってしまいました。その点は反省しております。このサイトの趣旨からはずれるような書き込みがありましたことはお詫びしますが、やはり私の性格上、みんなが真剣に悩んでいるところに、罵声をあびせるような書き込みをする人は許せないので、これからもこのような人がでてくるとそれなりの対応はすると思います。

 掲示板というのは、反対意見がでてきて当然のものであり、それに対する大人の議論というのは、私は全然かまわないのですが、やはり、彼のような、頭から罵声をあびせるような態度というのは秀明で苦しんだ者として
当時の状況がフラッシュバックされるような感じで許せないのです。

 もし、私の書き込みが見苦しいのならその旨おっしゃてください。また、方法を変えて書き込みます。私もこの掲示板がより良くなるのは大賛成ですから。


[1436]掲示板の使い方
りんこ
2005/8/23 9:35
皆様のおっしゃるとおり、確かにsinjaさんって、支離滅裂で、言ってる事が全く矛盾していて、反抗期の少年(?)が、親に向かってたて突いているっていう感じのメッセージです。けれど、ここには、真剣に退会のこと、今後の事、また秀明を信じてよいのか迷っている方も沢山閲覧されていることと思います。ですから、こういった、ぼやきだとか、ただのアラシの発言は、無視して、もっと実のある、カルトを世の中からどうして駆除しようか、という議論に集中しませんか?
中には、閲覧していらっしゃる方が見て、このような支離滅裂、境界の見えない人の意見と、貴重な意見とを同等にみてしまう、という事も、可能性としてはあると思います。ばかばかしくって、かまいたくなる気持ち、また、反論したくなる気持ちはわかりますが、きっとレベルが違うのであろう、私達が言わんとすることが理解できないのであろうと思います。今までの、この方が歩んできた人生や、環境によっても、受け取り方が違うと思いますので、不愉快だとは思いますが、スルーして、自由闊達に、実のある意見を交換しましょう。だんだん、本筋から脱線していくのは、このサイトの本意ではないはずです。冷静に、応える価値のある投稿か、を判断して、掲示板を無駄なく使いましょう。

勿論、何を言うかは、言論の自由。しかし、それを読むか読まないかはまた、閲覧者の自由。一線を超えず、中傷をしない程度に、意見を今までどおり、交換したいと思います。

[1435]新しいページを作っていました
fujiya
2005/8/23 0:38
 ロトさん、こんばんは。お久しぶりです。
 ちょっと新しいページを作るのに忙しかったので、掲示板は見ていましたが、書き込みはしませんでした。
 暇があれば、わざと挑発に釣られて遊んであげてもよかったのですが、バタバタしていて暇がありませんでした。
 どうにか新しいページが形になったので、ちょっと一休みです。新しいページはもうすぐ公開できる予定です。

 アンケートというのは「神慈秀明会被害ネットワーク」から依頼のあったアンケートですね?
 私のところにはまだ届いていません。


[1434]sinjaへパート4
ロト
2005/8/23 0:25
 ごめんな、1432の題名文字化けしちゃった。正しくはsinjaへパート3だよ。これも文字化けしちゃうかも。君おもしろいもん。しばらくは退屈せずにすむわ。じゃあね。


[1433]fujiysさんへ
ロト
2005/8/23 0:22
 お久しぶりです。しばらく見ないうちに楽しげな人が加わりましたね。また、毎日みます。それと話は変わりますが、メールでいただいたアンケートなんですが、何故か開けないのですが・・・


[1432]sinja・ネ澎ト3
ロト
2005/8/23 0:19
>洗脳の意味、わかってんのか → お前がわかってんのか?
 >少なくともここに出てくるふじやとか言うやつとは雲泥の相違だ。→雲泥の差だろ、差!差!
 
 明日早いんでsinja君、また今度遊ぼうね。おやすみ。


[1431]sinjaへパート2
ロト
2005/8/23 0:04
 君さ〜、何か字が違うぜ〜。自身じゃなくて、自信だろ〜。ごめんな〜添削しちゃって。君さ〜偉そうに書き込んでるけど、ほんとはバカだろ。


[1430]sinjaへ
ロト
2005/8/22 23:56
 色々な人をこのサイトで見てきたけど、あなたが何を言いたいのかよくわからん。けんか売るなら売るでかまわんけど、あんたの言ってることは支離滅裂。

>自分だけが正しいと思い込み過ぎないよう注意しなさい。それこそがカルトなのだから
 ぷっ(笑)自分のことじゃんか。俺たちが正義の使者きどりの馬鹿者なら、>私のような神々しい人間の気持ちって、あんたは、誇大妄想狂???

 いやあ、久々ここ見たら楽しげな人がでてきてくれてうれしい。あんた、この支離滅裂さ、ひょっとして、結構前にこのサイトで遊んでいってくれたロベルトさん?

 >洗脳されない自身はある。騙されるようなふがいない自分ではない。物事を見抜く力には自身がある

 そんなに力説すんなよ。弱い犬ほどよく吠えるってな。自信がない裏返しだろ。あんた、そんなにさみしいの?家でかまってもらえないの?
 


[1429]馬鹿者どもへ
sinja
2005/8/22 23:19
いろいろもっともらしい意見をありがとう。
どれもまったく参考にならんが、ここにいる者どもがどういう人間かはよくわかった。
正義の救世主を気取っているfujiyaとその仲間たち、結局君たちも絶カルト気取りとして洗脳されていることに気づいていない愚か者か。
私は秀明会を肯定もしないし否定もしない。
なぜならすべては必要あってこの世に存在しているのだから。
まあここの馬鹿どもも存在理由はあるので、安心したまえ。
せいぜい正義の使者気取りで、自分だけが正しいと思い込み過ぎないよう注意しなさい。それこそがカルトなのだから。
君たちの検討を、傍観者として眺めているから。


[1428]秀明会は社会の'病気 'でしょう
macchan
2005/8/22 18:57
病気は一日でも早く治さなければなりません。
1.周辺から健康を取り戻して、ウィルスを死滅させる。
2.手術で病気を取り除く。
この辺が、思いつく所ですね。

周囲の者が、力になる(または、力を抜く)ことで、集会所は減り、美術館にはカビがはえる。
それか、fujiyaさん!たたけばいくらでもほこりは出るでしょう。法人資格を剥奪できませんか?


[1427]騙されたほうが悪い!信者が いった。
根絶
2005/8/22 17:48
秀明の 信者さんよ。
騙された方が 悪いって?

よう ゆうたのう・・。

お前は かなり 秀明に 洗脳されとるで・・。
お前って 奥さんも かなり 洗脳されとるみたいやな。奥さんを 脱会させたいけど 尻に しかれて 何にも言えんと かなり ストレスたまっとるんと ちゃうか?

プーさん りんこさんの おっしゃったこと よう目をさらにして 読んどきや。 

fujiyaさんの 男気を お前に 少しでも ・・。
爪の 垢 飲ましてやりたいは。。

俺 助教師やってる昔の 馬鹿妻と 離婚したけどな。
300万詐欺に あったけどな。
お前の ように ぐずぐず しとらへんぞ・・。
はよ 離婚せい。


[1426]騙されたほうが悪い!
りんこ
2005/8/22 15:47
私は、これを読んで、とても寒くなりました。
世の中で「騙されたほうが悪い」という結論で社会が運営されているとすれば、法律は意味がなくなります。また、この理論を伸ばして行って、極論を言うと「殺害されたものは、殺された方も責がある」となります。世の中は、素直なそして無防備な市民の為に、法律があり、警察が組織されています。「騙されたと認める潔さ」を自分が素晴らしいと思っているのは個人の自由ですし、結構だと思います。しかし、他者もそうすべきだ、とかバカだとかおっしゃるのは、このBBSの目的や社会的に許される公の場での発言の許容を超えていると思います。
私も、騙された方ではなく、家族が秀明の信者という立場です。けれど、騙された方が悪いとは思いません。騙すほうは騙すプロです。素人はコロっと騙されます。交通事故でも、示談で結局騙された人は多い事は、よく聞く話です。これは、騙すほうが、その筋の知識に深く、騙される方(弱者)の心理の弱点を突いて、そして、心を揺さぶるのです。誰だって幸せになりたい、家族ともに豊かになりたい、これは皆の願いですよね。そこに、プロが商品を持ってきて、騙す、利用するのです。そして、カモになった弱者は騙される。これを正す為に法律があり、処罰があります。
  暴力団が、暴行をして、人の意志を曲げようとすると、それは明らかに暴行、恐喝となり犯罪行為です。秀明のやっていることは、目に見えないけれども、暴力なのです。目に見えないから、巧みに実行され、思慮がそう深くない(可能性のある)人は、その話を信じてしまい、自分の家族が献金を、浄霊をしないと不幸になってしまう、と思ってしまう。暴力という犯罪は物理的であり、洗脳は心理的ですが、どちらも効果は一緒です。
  自分の非を認め、騙されたと公言し、やり直すのは、とてもよい事です。しかし、この管理人である、ふじや氏をののしるのは、思慮にかけていると思います。ふじやさんは、恨みでうじうじとは対極的な考えで、被害にあっている人を助けたい、心の暴力で暴利を得ているカルト教団を崩壊させる事が、純真な信者の為になる、と考えてこのサイトを運営されています。貴殿こそ、その主旨がわからず、暴言を吐く、そして、けちをつける、ということはなさらないほうがいいと思いますよ。ここは、被害者を助けるサイトで、脱会をすることを迷っている方の力になり、新しい人生を送る手助けをするものです。けっして、秀明の是非を議論するのでもないし、また被害者をバカだとののしる場所ではないのです。大人の議論を望みます。


[1425]sinjaさんへ
プーさん
2005/8/22 14:39
 人それぞれいろいろな考えがあるかと思います。確かに「騙される自分が悪いとはっきり認める潔さも勇気もある」とは思います。

 ただ、ここの掲示板に記している人たちは、みんなが騙された経験者ばかりではありません。騙されている人の家族や恋人もいるのです。騙された人の家族や恋人までもが「馬鹿」なのでしょうか。

 それとsinjaさんの言葉で気になった点があります。それは「ここは秀明会にだまされた馬鹿どもの集まりですか。はっきり言えば、だまされるほうが悪い」という点です。そんなことを言い出したら、悪質リフォーム業者に騙される年寄りも悪いし、振り込め詐欺の被害にあった人も悪いということになります。最近では葬式業者の商売も問題になっています。

 確かに「宗教に騙されて・・・」と軽蔑する人も世の中にはいるでしょうが、詐欺で許されないのは「人の弱みにつけこむ」という点です。宗教を信仰しようと思った人の中には、家族のことを思い、または自身の病気や悩み事があって入信したという人もいるはずです。
 
 そういう人たちに対して、「騙された事を逆恨みしてウジウジするような卑怯な人間」と言い切ってしまう世の中が果たしてほんとうにいい世の中でしょうか?ましてや、騙された人を思う家族や恋人も軽蔑の対象としていいのでしょうか?

 もっと大きなことを言えば、最近アメリカでは保守化の傾向が強く、ダーウィンの進化論を否定する人が増えていますが、こういう人たちも軽蔑の対象となるのでしょうか。

 先の大戦で「お国のために」と信じて命を自ら犠牲にした戦死者も「馬鹿」なのでしょうか。「私のような神々しい人間」であるならば、どうどうと靖国神社でもどこかの宗教施設にでも行って「こんな施設に祭られる馬鹿どもよ」と叫べばよろしい。「馬鹿ども」が集まる掲示板などで、遠吠えしてないで。

 きっとあなたのことを「神々しい」と思う人たちが、あなたのことをを拝むことでせう。

 そもそもこのHPの目的は、fujiyaさんがおっしゃる通り「出発点は信者ではない人を対象にしており、家族の新興宗教問題で悩んでいる人の参考になればと思って作り始めたページ」なのです。決して「騙された事を逆恨みしてウジウジ」しているわけではありませんよ。「物事を見抜く力」がおありになる割りには、わかっていらっしゃらないのでは?

 最後に1点。騙されないためには常に真実を見抜くしかないわけですが、では「真実」とは何でしょうか?
あなたもすでにもしかしたらさまざまな「情報」や「時代の思想」に洗脳されてませんか?

 人は死んだらどこへ行くのでしょうか?この世の中は現実だと言い切れますか?あなた自身は「洗脳されない自身(自信)」があるほど真実な存在なのでしょうか?
この世の中で何が真実なのでしょうか?真実とは何でしょうか?



 


[1424]sinjaへ
根絶
2005/8/22 10:19
>洗脳されない自身はある。騙されるようなふがいない自分ではない。物事を見抜く力には自身がある。少なくともここに出てくるふじやとか言うやつとは雲泥の相違だ。騙された事を逆恨みしてウジウジするような卑怯な人間ではない。騙される自分が悪いとはっきり認める潔さも勇気もある。  
      ↑
自身じゃなく自信ですよ。
で??いったい何をいいたいのよ??
じゃあ いいじゃん。あんたが 騙されて 悪かったって思っとけば・・。
レベルが 違いすぎるのよ。
あんたと fujiyaさんはね。

秀明の 第2の被害者を 出さないように 必死に
頑張ってるのよ。

場違いな 書き込みは 止めた方が 身のためですよ。


[1423]sinjaへ
根絶
2005/8/22 8:42
>ここに集まる人間どもよ、せいぜい何でも人のせいにしてつまらん人生を歩みたまえ。私のような神々しい人間の気持ちなど、到底理解できないのだからな。

          ↑

   何?いってるの?

    ほんま 理解できませんね。
   そうやって 詐欺の 片棒を かついで
   奥さんに文句も いえず、こんなところに
   憂さ晴らしするんですね。
   まあ、せいぜい奥さんの 尻に しかれた 人生   をおくってください。
    


[1422]sinjaへ
被害者
2005/8/22 5:36
sinjaへ あいかわらず 煮え切らない 人ですね。
あんた秀明 好きなの? 嫌いなのですか?
信者を 続けたいの?やるの?やめたいの?
どっちなの?
ここは あんたの ような 優柔不断の 人がきて
ぐだぐだ わけの わからないことを いう サイトでは ありません。
別の サイトにでも 行ったら いい。
あんたが やってることは 荒らしと おんなじです。


[1421]あのさー
Matsu
2005/8/22 0:15
「せいぜい」はやめようよ、「せいぜい」は。

「せいぜい皆さんがんばってください」
おれ、こういうの嫌いです。
でも、あれ? こういうの、ここのどこかでも感じたよな。。
あ、わかった。fujiyaさんの秀明改だ。
「浄霊ごっこをしたり水のかけ合いをしていたらお似合いだろう」

とにかくさ、人を自分より下に見るのはやめようね。
簡単に人を否定するのはよそうね。(fujiyaさんはそうではないけど。)

だって、アンタはそんなに優れた人間じゃないからさ。
そして私も、あなたも、誰も彼も。


[1420]被害者どもへ
sinja
2005/8/21 23:15
お察しのとおり現役の信者ではない。家内は熱心な信者だが。
家内と宗教の話はかれこれ3年はしていない。バスの車輌長をしていて、ちょっとしたことでつるし上げられたので、頭にきた。それからは行ってない。
しかしそれも自分にも非があるので、特に恨みもなく逆に清々しているので、今は何の感情もない。
表面上は、家族ともどもやめた事になっているが、家内がこっそり行っている事はわかっている。
子供たちはどうかは知らんが、本人の人生だから気にはしない。
特に今の関係をこれ以上悪化させてたくはないので、そのままにしている。
しかしこのページを見て、反吐が出るほどいやな思いをしたので、秀勉に行くことに決めた。
自分で事実を確かめてみようと思ったからだ。助教師に問いただしてみたい。
洗脳されない自身はある。騙されるようなふがいない自分ではない。物事を見抜く力には自身がある。少なくともここに出てくるふじやとか言うやつとは雲泥の相違だ。騙された事を逆恨みしてウジウジするような卑怯な人間ではない。騙される自分が悪いとはっきり認める潔さも勇気もある。
ここに集まる人間どもよ、せいぜい何でも人のせいにしてつまらん人生を歩みたまえ。私のような神々しい人間の気持ちなど、到底理解できないのだからな。
まあ、いいと思ったことをやればいいのだから、まあせいぜい皆さんがんばってください。


[1419]現役の信者じゃないと思う
九龍
2005/8/21 22:42
shinjaさん、秀明の信者ではないのでは?もし秀明の信者だとしても、現役ではないのではないですか。いわば、既に秀明に愛想をつかして離れたというような立場のようにお見受けしますが・・・。


[1418]sinja へ
被害者
2005/8/21 22:29
お〜 こわ!
さすが 邪神 に 洗脳されているだけあるね。
あいかわらず 支離滅裂・・・。

秀明の信者って こわい。
どんな 教えを 受けてるんでしょうね。
かわいそうに・・・。


[1417]被害者へ
sinja
2005/8/21 22:22
お前はこんな文章も理解できないのか!だから騙されるんだ〜
だから言ってるだろ、騙されるほうが悪いのだって!
こいつはきっと秀明の言ってることも同じように理解できず、言われるままに騙されたんだろうよ!
洗脳とか言う前に、まずテメエが無知なんじゃねえか!洗脳の意味、わかってんのか!
これが理解できるようになったら、騙されなくなるぜ。
まあ、せいぜい恨みの堂々めぐりでもやってな。


[1416]貴重なご意見ありがとう
macchan
2005/8/21 22:20
小さい子供たちがお母さんに連れられて、パンパンパンとやっている様子は一見健気に見えますが、馬鹿どもですかね?
君はどういう立場の人間かな?
力になってくれ。
あるいは、力を抜いてくれ。
美術館は、カビでおおわれる日が来てもいいんですよ。
よろしくな!

[1415]sinja へ
被害者
2005/8/21 22:09
↓ 意味不明・・・・。

  支離滅裂・・・・。

  邪神に 完全に 洗脳 された 文章ですね。


[1414]馬鹿ども
sinja
2005/8/21 21:10
ここは秀明会にだまされた馬鹿どもの集まりですか。
はっきり言えば、だまされるほうが悪いね。きっとそういう人はどこへ行ってもだまされてるはず。
たまたまそれが秀明会だっただけですな。被害者面していろいろいっているやつほどいろんなところでだまされているんだな、これが。
まぁとりあえずそれに気づくまでは、秀明会をうらんでいれば気が済むんでしょうね。
本当に恨むべきは、自分のふがいなさなんだけどね。
それに気づけば救われるんだろうけどね。
それまではせいぜい~慈秀明会に頼って(恨んで)生きていくしかないでしょうね。
それを知っていて何も文句を言わない秀明会は心の広いホントの救世主ですな。


[1413]終焉のニュースが
macchan
2005/8/21 8:16
楽しみですね。
見えない所でご活躍の皆様、良識ある範囲で、一気にやって下さい。
期待してます。


[1412]fujiya様 根絶様
macchan
2005/8/20 20:54
fujiyaさんは、ここを主催されている方ですね。大変なご苦労をされたようにお見受けしました。
私も昨日、この類の問題に直面しまして、分厚いブロックの壁が突然現れて、それをスプーンを使って穴をあけるかのような無力感を覚えております。その場を立ち去るのは、見て見ぬふりになるようでよくないように思います。
根絶さんのご意見に期待したいところです。本当に目の前、ですか?


[1411]小山一族を 叩き潰せ。
根絶
2005/8/20 19:57
小山一族の 陰謀(秀明のビジネス)を 叩き潰すには あたらな 信者を 
これ以上増やさないこと・・・。

迷っている信者を 早く退会させること・・。

これに 限りますね。

あの 豪華絢爛な インフラの 維持 管理費だけで
巨額の 費用が かかるのは 誰の目からしても 明らかです。

その維持費を 断ち切ってさえしまえば いいのです。

すなわち 献金額を 減らしてしまうんです。

残された 信者は 多額の 献金地獄に 陥る・・。
それで 退会する。

弘子 たまお 資格者たちは アルバイトでも して その穴埋めをすることに なります。
でも、人を騙しつづけた 人生の堕落者どもには 
社会生活は 無理・・アルバイトも すぐに 解雇される。

そうして 小山教は 終焉を 迎えるのです。

もう その未来が すぐ 目の前に来ています。
私には それが 見えています。

 


[1410]アンチカルトの戦い
fujiya
2005/8/20 16:36
>相手がすでに秀明会に嫌気をさしている場合は「家族を新興宗教から守ろう」
>にあるような情報を怒濤のごとくぶつけ、勢いで押し切るという方法も良いか
>も知れないが、そうではない場合はいろいろと見せ方を工夫する必要があるだ
>ろう。

 そうですね。通りすがりさんのおっしゃる通り、この「家族を新興宗教から守ろう」の目的はアンチカルトの旗を高く掲げることを主眼に置いています。
 私がこの問題に直面したとき、「神慈秀明会は間違っている!」と明確に言い切っているサイトは見あたりませんでした。
 私のように初めてカルト問題に直面した素人にとって、こうした問題は敷居が高く、当初はカルトと宗教の違いもよく分からず、困惑するばかりでした。
 カルトと宗教の違いを明確にし、カルトの誤りを徹底して糾弾するサイトが必要ではないかと思い、「家族を新興宗教から守ろう」というサイトを作りました。

 アンチカルトの戦い方も様々で、秀研やリセットのようなアプローチの方法が有効な方もありますし、この「家族を新興宗教から守ろう」のように、カルトとの対決姿勢を明確に示したサイトが有効に作用する場合もあると思います。
 この「家族を新興宗教から守ろう」というサイトは、その名前が示す通り、出発点は信者ではない人を対象にしており、家族の新興宗教問題で悩んでいる人の参考になればと思って作り始めたページです。

 サイトを運用していく中で、「現役信者を脱会させるにはどうすればいいか」という家族や恋人、お友達からの問い合わせが非常に多く寄せられるようになってきました。
 マインド・コントロールされた信者を脱会させるのは本当に難しいことです。
 一人一人その係わり方、信じ方の程度が違いますし、家族や友人との人間関係も皆違いますので、それぞれ相手の状態に応じた対応が必要になるのだと思います。
 ご主人を脱会させるために妻が秀明信者となり、数年間にわたって秀明会がどのような団体であるかを見極めた上でご夫婦で話し合いを行い、一緒に脱会された方もおられます。
 秀明助教師だった方が、自分とご主人、子供さんの全員を説得して秀明を脱会された方もおられます。
 理詰めで説得して上手く行く場合もありますが、逆に反発を強めてしまう場合もあります。
 私の妻のように、脱会はしたものの自分が秀明に騙されていたことに気づいたことにより、それまで自分が家族に迷惑をかけてきたことの責任の大きさに押し潰されてしまいそうになる者もいます。
 こうした信者や元信者をどうケアしていくかは非常に大事な問題であることに気づき、試行錯誤をしながらここまでやってきましたが、まだまだ先の長い戦いであると思っています。

 神慈秀明会というカルトを壊滅させることが問題解決の早道かと思いますが、秀明を拠り所として生きてきた人たちとその家族のことを考えると、秀明を別組織として再生させる方法の摸索も必要ではないかと思っています。


 東日本匿名さん、お久しぶりです。
 そうですね、随分掲示板もにぎやかになってきました。
 アマチュア無線機の不正使用は電波法違反で摘発できます。個人での不正使用も摘発されていますが、特に組織的に不正使用が行われている場合は厳しく取り締まりが行われます。もし現在もそのような不正使用がある場合は総務省総合通信基盤局(電波監理局)に通報してあげましょう。屋根にアンテナを付けた車がすぐに取り締まりに行きます。


[1409]東日本匿名
東日本匿名
2005/8/20 13:20
しばらく訪問していませんでしたが、すごいことになっていますね。やはりすべてのことは御用が優先する団体です。世間の常識は通用しない、神様ごとのためなら世間の常識をつぶしてでもというのが通る閉鎖世界です。
違法行為もあります。実害は無いかもしれませんが無線連絡に使っているのはアマチュア無線機です。免許なんかない一般信者が使っていました。今は禁止されましたが電車内浄霊というのもあり、車内検札のように乗客に声かけする信者もいたのです。
また個人間の借金も多く、踏み倒しも当たり前。結局献金したんだからいいんだで終わり・・・。
体験した小さな理不尽なことも皆さん書いてください。


[1408]通りすがり様
macchan
2005/8/20 13:03
アドバイスありがとうございます。
話をよく聞くということが、大事なのですね。集会所に付き合って手かざしを受けているだけでは、何もわからないですよね。


[1407]まずは話をよく聞く
通りすがり
2005/8/20 12:52
macchanさんはつきあっている彼女が秀明という方ですよね。

私の意見としては、まずは話を聞いてみることをすすめます。
秀明に対し反発的な感情を出さず、どうして信じることになったのか?または、
親がやっているから自分もやっているということなら、
親はどうしてやっているのか?そんな親を尊敬したから
あなたもやっているということなのか。

このサイトでいろいろと事実を知っていると、すぐに
相手の話の腰を折ってつっこみをいれたくなる気持ちに
なるでしょうが、それはじっと我慢して、ちゃんと相手の話を笑顔で
聞く。相手がぼろを出したり、話の中で不平不満をはさむ
かもしれないが、それはひろわず、最初はとにかく話を聞く。

たとえ信者の女性といえど、ひとりひとり、信じている
理由やその姿勢、信じる強さ、何を言われたら反発するのかという性格は違うものです。

相手の話をよく聞くことで、相手の特徴、手強さ、弱さ、などがみえてきて、その人にふさわしい対策が
読めてくるでしょう。

どんな信者にも効果がある脱会マニュアル、のようなものは
存在しません。存在するのは、「その人には何を
言ったらいいのか」という個別的な対策です。

その個別的対策を確立するためには、まずは相手の話を
よく聞くことが必要です。


[1406]私も強制入信
反信者
2005/8/20 12:40
macchanさん返答、有難う御座います。

私は初めの内は軽い気持ちで、入信をOKしました

しかし、インターネットの中での、様々な批判を

知りませんでした・・・ 様々な批判を知った時

このままでは、いけないと思いその家族の人達に

訴えましたが、通りすがりさんの言う様に相手に

されません。 家族の皆さんは、玉串料も、100円

程度しか収めてないので、金銭的なトラブルも無い

です。私自身も入信はしましたが、仕方なく・・・

入信料 3万円収めた時は、特に反論しましたが、長く

付き合って行けは、判る時が来と言ってましたが(笑


[1405]金色のR.様 通りすがり様
macchan
2005/8/20 12:29
早速のお返事有難うございます。
おっしゃる通りだと思います。でなかったら、あのような贅沢な胡散臭い美術館は建たなかったでしょう。美術館ごっこという気がしました。
その特徴はわかります。そうしないと、花子さんがおっしゃるように、ただ寄り付かなくなるだけのことでしょう。
しかし、どうしたものか・・・


[1404]対決姿勢の善し悪し2
通りすがり
2005/8/20 12:25
「秀研」や「リセット」というホームページは、信者によって書かれたものであるため、その対決姿勢を
出来るだけ見せないか、目立たせないように書かれており、
より、熱心な信者向けの内容になっている。

「秀研」は、冒頭に教祖の言葉を書き、次に会主の
心境を書くことで、信者の心の鍵をまずひとつ開ける
工夫がされている。

「リセット」は、対決姿勢の強い「手紙パート」と、
信者の心理を代弁する「感想パート」を交錯させる
ことで、秀明会に否定的な感情を持った人も肯定的な
感情を持った人も感情移入がしやすいように計算されている。

また、「家族を新興宗教から守ろう」の「秀明改」というA4のビラは、
無造作においておく、などをすることで、確かに内容は対決姿勢が強いのだが、
だれかに渡されたものではなく、自分が手に取った
という事実が、自分に対する敵意を薄め、
読んでもらえる可能性を高める。

相手がすでに秀明会に嫌気を挿している場合は
「家族を新興宗教から守ろう」にあるような情報を
怒濤のごとくぶつけ、勢いで押し切るという方法も
良いかも知れないが、そうではない場合はいろいろと
見せ方を工夫する必要があるだろう。

そのためには相手がどの程度の「信仰心」を持っているのか、
無難な話をしながら読み取ってみることが必要ではないだろうか。


[1403]対決姿勢の善し悪し
通りすがり
2005/8/20 12:10
熱心な秀明会信者には一つの特徴がある。

それは、「対決姿勢をもって挑んでくる者は邪神であり、
邪神の言うこと、書いた物は、一言、一文字たりとも
読んではいけない」という思考回路があることである。

この「家族を新興宗教から守ろう」というホームページは、
その対決姿勢が満々な内容である。

だから、すでに秀明会が嫌で嫌いになっている人には、
脱会や批判の後押しになってくれるのだが、そうでない普通の信者に
このホームページをそのまま見せると、前述の思考回路
により、一文字も読まれないばかりか、そんなものを
持ってくる人間も邪神の手先である、ということに
なってしまうことがある。

自分が、このホームページを読んで思った感想と同じ
ものを、信者の家族が同様に持つ、ということではないのだ。

だから、家族や友人などに真実を知らせようとする
場合、批判精神、対決姿勢、怒りの感情、そういったものを少しでも見せた
だけで、「邪神」と思われ話を聞いてもらえなくなるので、そういうものを見せずに、まるで仲間のようなフリを
しながら、しかし真実の情報だけ渡していくという、
そういう工夫が、相手によっては必要になってくると思う。

つまり、見せ方の問題が大事なのである。


[1402]macchanさんへ。秀明会は危険なカルト
金色のROTAX
2005/8/20 12:10
秀明会が信者に要求する献金額は、パチンコの浪費をはるかに凌ぐことが多々あると思います。そして、献金の回収を仕事としている助教師、世話人は、生命保険の勧誘員を数倍パワーアップした猛者ぞろい。秀明会は日本でも一、二を争う危険なカルトです。
 macchanさんご自身がまずこのサイトの体験談を読み、秀明会の正体を把握してから、対策をたてられてはいかがでしょうか。


[1401]反信者様
macchan
2005/8/20 11:32
あなただけが信者でないのですか。
信者の人は、相当なもので、脱会どころでない事情は、お察し出来ます。
まあパチンコで浪費することに比べると、玉串料その他しれているとは思います。
家族内の事情、さしつかえなければ、聞かせていただけませんか?

[1400]洗脳とはほんとう 
花子
2005/8/20 11:29
私の知人にもこのホームぺージをコピーして手紙を送りました。しかし寄り付かなくなりました。
脱会は難しいし悔しいです。

しかしオウムのような社会的大事件などを起こさなかっただけほっとしてます。
ただ彼女の人生をこんなことに費やさずもっと明るく幸せになってほしいと思っているのですが、余計なお世話でしょうか?
どうやって心に風穴を開けてやれるか、思案してます。
そしてそこに活動している学生時代から、全てをささげた人を一緒に救い出したいです。


[1399]家族を脱会させたい
反信者
2005/8/20 10:57
私の家族も、皆 入信しています。このホームぺージを
見せようとしても絶対!! 見ませんね。
10数年、信者をやってる人は完璧に洗脳されて何を言っても無駄な様です。社会的な大事件を起こしてくれれ
ば、目を覚ましてくれるのかもしれませんが、
※特に病気をしてて、入信後にタイミング良く治った方
は、脱会は無理に近い様です。私は悔しいです!早く家族に目を覚ましてもらいたいです。


[1398]岡田茂吉師の実際
金色のROTAX
2005/8/20 8:56
岡田茂吉師の実際
 霊層界が180段あるという説を最初に述べたのは、出口王仁三郎です。
 西洋医学の薬の危険性については、出口ナオがお筆先で少々言及しています。
 岡田茂吉師が、浄霊の方法を考案するにあたり、野口整体の研究もされています。また、各種病気の治療法も、すべて天啓で悟ったというものではなく、大森時代の岡田師自身の数万件の臨床例により確立されています。
 秀明会の信者の方々の認識が、実際と少々異なるようですので、念のため、書き込みいたします。


[1397]どなたかご意見下さい
macchan
2005/8/20 8:18
秀明会の教えは、荒唐無稽なものであることは、よくわかります。
熱心な信者(女性)と交際中なのですが、どうしたものでしょう。
くわしい方、ご意見下さい。


[1396]あるくもり信者さんへ。因果応報について
金色のROTAX
2005/8/20 7:18
因果応報の原理
 あるくもり信者さんへ。丁寧な感想をいただき、ありがとうございます。
 さて、秀明会経営者の末路についてのご意見を頂きましたが、こういう悲惨な人生の終焉を迎えているのは、彼らだけではありません。私の支部の助教師たちは、旧体制の頃の悪業の報い(一般信者を顎で使う、信者に借金を強要して献金させる、威張る、怒鳴るなどの人を不幸にする行為の報い)から、全員、今、不幸になっています。本人の病気、子供の病気、離婚、経済破綻等々、それは悲惨なものです。これには、例外がなく、助教師全員がこの有様なのです。(中規模の拠点ですが)
 これは、世間でいうところのバチが当たるということだと思います。悪いことをするとバチがあたる、地獄に落ちる、ウソをつくと舌を抜かれる、だから悪いことをしてはいけないといった、現在三十代後半以上の世代であれば、誰でも、家族や学校から教わった道徳の基本中の基本です。こういった因果応報の原理は、誰でも知っている社会通念のはずです。ところが、秀明会はもとより、明主様御在世中の岡田茂吉信仰者の多くが、こんな当たり前の道徳観念を忘れる傾向があるのです。
 岡田茂吉師の宗教理論の重要な概念の中に、霊主体従という考え方があります。これは、大にしては、現界の出来事は霊界で先に起きている、霊界がフィルムで、現界がスクリーンであるという考えであり、小にしては、人間の霊体に罪穢れが原因で曇りが生じ、それが体に移写して、病気などの不幸として具体化するといった考え方です。因果応報の原理も、この霊主体従の法則にからめとられ、悪いことをするとその罪で人間の霊体に曇りが生じ、それが体に移写して、病気などの不幸として具体化するといった説明になるのでしょう。確かに、霊主体従の法則のほうが、広義概念ですから、その宗教理論としての存在意義を因果応報の原理のみで代替することはできません。しかし、一般人が生活をしていく上において、霊主体従の法則は一体何の役に立つのでしょうか?たしかに、この極めて抽象的な霊主体従という奴は、岡田茂吉信仰の最大の売りである病気簡単治療
法の浄霊という宗教行為の説明にはなります。しかし、そんな曇りは目に見えないのですから、見えない曇りを議論の出発点にしている霊主体従の法則は、実際生活を送る上において、ほとんど役には立たないのです。むしろ、悪いことをするとバチがあたるという因果応報の原理のほうが、たとえ狭義の理論であっても、悪い行為という目に見える事象を議論の出発点にしている以上、日々の生活を送る上においては、役立つ考え方であると思います。
 岡田茂吉師の教えを信奉していらっしゃる方々の多くが、曇りとか、地上天国とか、霊層界とか、霊界とか、お徳とか、目には見えないことばかりに、追従しているがために、現実に存在する社会の常識、道徳、ルールを軽視しがちになっていると私は思います。因果応報も、本来、霊主体従の考えに包含されているはずなのですが、明主様信仰関係者は忘れがちです。
 明主様御在世中からのある教会長(妻帯者)は、明主様後昇天後、若い助師(救世教では助教師を助師という)と二人で楽しい天国的な性生活を送るため、二人で、本妻のいる教会から離れた地方に移り住み、そこにその教会の支部を作ってハッピーな毎日を送っていました。その不倫相手との関係は明主様御在世中から継続していたものです。しかし、その教会長もその息子も六十代前半で他界し、そのお孫さんは片足が腐り、膝から下を手術で切断しました。もちろん、因果応報でバチがあたったのです。私の知っている人で、1000万円以上、秀明会に献金した人(妻帯者)がいますが、この人も外国から日本に出稼ぎに来ていた女性とずっと不倫をしていました。この人の子供は、石が頭にあたり、脳に障害が生じ、現在、通常の社会生活を送れなくなっています。いくら毎日、浄霊を受けても、たくさん献金していても、陰で悪いことをしていたら、必ず、バチはあたります。当然ですよね。おひかりを首にかけて、浄霊さえしていれば、後は何をやっても、無罪放免されるというような不平等を神様が許されるはずはありません。そんな不平等がまかり通るようであれば、かえって、地上天国は完成しなくなるでしょう。
 私が明主様信仰者に言いたいのは、霊主体従もいいけど、因果応報というより身近な理論を忘れないでほしいということです。悪いことをしたり、人に迷惑をかけると、あなたにバチがあたるという宗教的にも道徳的にも、基本中の基本を忘れないでほしいということです。明主様信仰者の多くが、「浄霊」、「地上天国」、「曇り」、「霊主体従」、「夜昼転換」とかいう一般人の知らない思想を知っているがゆえに、知らず知らずのうち、間違った選民思想に取り憑かれていると思います。しかし、もし、岡田茂吉師の言っていることが真実であれば、浄霊というような神の光を取り次ぐという聖職行為を許されている人間は、いわば神の代理(明主様の代理という表現でもいいですが)となる資格を許されているのですから、一般人よりも、より重い道徳義務、道徳規範が課せられます。なぜなら、神様の代理となる人間が道徳に違背するならば、それは即、神様の顔に泥を塗るような行為となるのであり、こういった神を冒涜する行為は宗教上、最も罪が重いとされているからです。選民思想をもつことすら、慢心の罪になるでしょう。大きな力を与えられた者には、それだけの責任も課せられるということです。
 なお、因果応報というと仏教を連想されるかもしれませんが、明主様も聖教書P392,P393の「ご神意を覚れ」の中で同趣旨のことを述べられています。聖職者のほうが一般人よりも重い道徳規範を課せられることについては、聖教書P195の「死後の種々相」の最後で、同趣旨のことを述べられています。
 私は、秀明会の人たちが、御神体と観音様をご奉斎して、家族入信して、毎日浄霊を受けて、献金して、支部に参拝に来てさえいれば、必ず、幸福になるというような、短絡的な発想をしている光景を見るたびに、この因果応報のことを考えていたので、今回のあるくもり信者さんの秀明会経営者の末路についてのご意見をいい機会と考え、この掲示板に書き込ませていただきました。秀明会の悪事というよりは、秀明会思想の歪みについての書き込みになってしまいました。
 あるくもり信者さん、今後も、よろしくお願いします。


[1395]金色のROTAXさんへ
葉子
2005/8/19 23:01
ありがとうございました。

本当に目からウロコ、疑問が解けていきます。

純粋に神様にお仕えしたい、お役に立ちたいと思っていました。いいところにご縁をいただいたと感謝もしていました。
今は、ただただ呆然とするばかりです。


[1394]霊能者と秀明会との深い関係
金色のROTAX
2005/8/19 19:51
霊能者 竹内崇元と秀明会との深い関係
 上記のことについて、秀研とリセットから、ポイントだけを抜粋しました。(一部修正)これを読むだけでも、秀明会の正体が理解できると思います。初心者の方、是非、お読みください。

霊能者 竹内崇元と秀明会の御神体、観音様
本サイトが先日明確にした、謎のご神体と御屏風観音様が出来た所以は、やはり竹内氏にありました。これは、A教団に修行に行ったN氏(超○教という本の作者。修業時代のこともこの本に書かれています)が、A氏の日記をこっそり読んだとき、載っていたそうです。そこには小山荘吉氏とA氏が一緒にT・S氏の指導をうけており、そこで、

「ご神体は大光明としなさい。(秀明教会、A教会ともに「大光明は持っていません」と答えた所、)持っていないならば作ったらいい。」

「御屏風観音様は、白地に黒か、紫に金かのいずれかがいい(といい、「白地に黒」と「紫に金」のサンプルまで作ってみせた。)」

と指導されたことが書いてあったそうです。A教団では観音様は普通に白地に黒を採用し、ご神体も「大」と「光明」を合わせて制作しました(信者には周知済み)。しかし命様は派手好きだからか、紫に金を採用したところ、金の線で墨絵を再現する技術が存在せず、あのような模写(モシヤ)観音ができあがったのです。また、京都本部においてのご神床に対するご神体の大きさの比率についてもT・S氏の指示を参考にしたようです。
(証言者:N氏の側近だった元秀明信者の方。)
※N氏自身も随所でこの話を秀明信者にしていました。

 崇元の小山美秀子先生に対する指示で現在判明しているものとして、秀明会の現在の会長である弘子先生の結婚式の日取りを、明主様の命日である2月10日にしたこともあります。美秀子先生は、明主様の命日である教祖祭の参拝を捨てて、霊能者の指示した日を娘の結婚式としたのです。小山美秀子先生は、教会長であるにもかかわらず、当時所属していた世界救世教の本部参拝を蹴ったのです。その結果、結婚相手は、約1ヵ月後、飛行機事故で、焼死しました。美秀子先生は、これでも目が覚めず、さらに崇元から、「焼けちゃって、靴もない。このままじゃ、天国に行けないから、新しい靴を買って、お棺に入れて上げなさい」と指示を受け、東京の三越で4、5万円の靴を買って、お棺に入れてあげたそうです。美秀子先生は、「崇元さんのアドバイス通り、葬儀を行ってあげたから、弘子ちゃんのご主人も天国の階段を上がっていった」と言い精神的安定を得たそうです。
 なお、中部地区のK教会でも、崇元をたびたび教会に呼んでいましたが、教会長が崇元を教会から名古屋駅に自分の車で送った途中で、歩行者をはね、即死させてしまったことをきっかけに、縁を切ったそうです。

 なお、2chによれば、竹内氏は、昭和40年代後半に他界したそうです。


[1393]江戸前寿司さんへ
金色のROTAX
2005/8/19 17:13
江戸前寿司さんの素朴な質問から、話題が発展し、この掲示板を閲覧されている多くの方々に、秀明会では聞きづらい事項についての情報を提供できたのではないかと考えます。
秀明会の教師は何も教えてくれないが、秀明批判サイトは親切に対応してくれるという流れを作れればいいと思います。これによって、秀明会の正体が赤裸々になるからです。秀明会の教師に聞いても、なぜ、具体的な知識、情報を教えてくれないのか、なぜ、本部に問い合わせて聞いてくれないのか? 答えは、秀明会が「明主様信仰」と呼んでいるものは、実在の明主様や、明主様の本当の教えや真実の浄霊とは一切関係なく、ただ、言葉巧みに、金と人を集めることを称して、「明主様信仰」と言っているからなのです。
 江戸前寿司さんも、葉子さんも、きっと、実在の明主様や明主様の本当の教えに興味があるのでしょう。しかし、秀明会の教師は何も教えてくれない。
 これは、ある意味、当然なのかもしれません。なぜなら、彼らと私達で、「明主様信仰」という言葉の意味が異なるからです。
 江戸前寿司さん、今後も、よろしくお願いします。


[1392]金色のROTAX さまへ
あるくもり信者
2005/8/19 17:00
目から鱗の 貴重な 情報ありがとうございました。
信者は 霊能者 竹内崇元と 小山一族の 陰謀に 
まんまとひっかかったんですね。
明主様ありがとうございます。
では なくて崇元様ありがとうございます。
だったんですね。
それにしても 小山一族の お金への 執着心は すごいですね。
ここまで 信者を 騙して 愚弄した。
良心のかけらも 残っていないんですね。
宗教人ではなくて 悪魔ですね。

ミホコさんが 痴呆で 便垂れ流しになったって。
無理はないですね。これだけの 詐欺を はたらいたんですものね。
次は ひろこ さん か たまおさんの 番ですね。
どうなっていくのか ・・。
見ものですね。 

[1391]秀明会が離脱してから行ってきたこと一覧
金色のROTAX
2005/8/19 16:53
秀明会が離脱してから行ってきたこと(リセット一部修正)
・本部ご神体「大光明」…「光明」のお軸に、別の御書から 「大」だけもってきて、張り合わせた上で、拡大印刷をした。
・支部等のご神体「大光明」初期…上記本部ご神体と同じ物。ただし、拡大印刷を行わず、明主様のサインである落款と落款印は削除した(神戸総合、黄島等)。
・支部等のご神体「大光明」平成以降…明主様がお書きになられた教師用のおひかり(昭和26年以降のもの)をそのまま使用した。落款、落款印はもともとなかったが、右斜め上の明主様の「主」の印は削除されている(SSA、香港、宇都宮)。「明」の月がはねていないのが、特徴である。
・「光明」のご神体…明主様が戦争中にお書きになられていた爆弾よけの光明のお軸から、明主様のサインである落款と落款印を削除した。なお、お軸の「光明」と額の「光明」で「光」と「明」の間隔の比率や文字自体の大きさの比率が異なる。秀明会は、ご神体等の種類ごとに、文字の大きさの比率を人為的に操作している。クレストンの「光明」のご神体は、これを拡大印刷したものである。
・明主様ご尊影…救世教二代教主が変造した写真を使用している(手の疥癬の跡を消した等)。
・おひかり「光明」…明主様が戦争中にお書きになられていた爆弾よけの光明のお軸を縮小印刷した上で、明主様のサインである落款と落款印を削除したものを使用している。秀明会のご神体の「光明」と同じものを使用している。
・おひかり「光」…上記おひかりの「光明」を切断し、上半分の「光」を使用している。
・小ひかり…明主様の文字を完全に排除し、霊能者 竹内崇元の指示の入った秀明会のマークのみとした。
・お屏風観音様…明主様ご在世中は白地に黒線だったのを、紫地に金線とした上で、未信者の職人の手書きの模写で複製した。

 皆さんご存知でしょうが、中には、まだ初心者の方もいらっしゃるでしょうから、リセットの簡単な箇条書きを抜粋しました(一部修正)。リセットはこちらです。 
  http://reset2005suu.hp.infoseek.co.jp/page002.html


[1390]葉子さんへ。秀明会の小ひかり
金色のROTAX
2005/8/19 13:32
 こんにちは。葉子さんが、秀明会のことについて、疑問をもつ姿勢はとても重要だと思います。疑問をもつということは、自分の頭で考えているのですから、近い将来、カルトの問題点に気づき、新たな人生の道を切り開けるのではないでしょうか。

 さて、秀明会の小ひかりの中には、明主様の文字等の紙は一切入っていません。秀明会のマークと会主様(現在は会長)が入霊したという事実が、霊的力の根拠です。
 さらに、秀明会の渦巻きマークの決定過程には1379で書いたとおり、霊能者 竹内崇元の指示が入っています。この霊能者については、 http://www.green-light.jp/
です。
 グリーンライトのリンク集での「家族を新興宗教から守ろう」の紹介文は、
「神慈秀明会という一般には知られないが非常に問題性の高いカルトの告発サイト」と書かれていました。


[1373]いんちき宗教・秀明
根絶
2005/8/16 19:48
まさしく 明主さまを 小山教が ハイジャックしたようなものですね。

プライドの 塊だった ミホコが 明主さまの 力を利用して 宗教ビジネスの 社長に なりたかった。
それで 世界救世教への 年貢を 自分の ものに したいという 黒龍が ミホコに 宿ったのですね。

それで・・信者の 哀れみと 同情を 買うために
自作自演の 離脱劇を 演出したんですね・・。

よし・・いちお 離脱劇は 成功したでぇ。

でも 明主様直筆の ご神体は ない・・。
まあ・・しゃあない。
適当に 書いておこう・・。
それを 馬鹿な信者どもには 拝ませておこう・・。
金もない・・では どうしよか??
その コピーを 胸に つけさせて お守りに しよう。
まあ・・3万円くらいなら だせる金額でっせ。
これで ぼろ儲けやで。
ああ そやそや この コピーを 拡大して 家庭用のご神体にしよう・・じゃあ これ 10万円で・・。
ああ・・まだまだ あったわ。
お屏風観音様 これ 紫と金で コピーして・・
5万円で どうでっしゃろ?

これで ごっそり がっぽり 金 入るでぇ。
あほの 信者どもから 金むしりとるでぇ。

こんな 小山一族の 会話が 聞こえてきました。


[1372]世界救世教の書物
GENKI
2005/8/16 11:10
 一時、明主様の書物をインターネットでいろいろ読み一部分だけ読んでいても、秀明会の教えと明主様の御教えが、全然一致しないことが、わかります。一般の信者だった私でさえ、矛盾を覚えるのだから、秀明資格者は、どんどん本当の明主様の御教えを勉強され、自分たちの行いを、恥じて欲しいものです。
 秀研にありますが、聖教書の改ざんは、ひどいものです。秀明会の都合のいいようになっています。これは、
入信当時から、感じていましたが、そのころは、インターネットさえない時代ですから、疑問も疑問として検証の仕様がなかった。
来年、明主様の御教えが、世間出回るようになれば、
一般の信者さんも、秀明の矛盾に気付くと、思います。
楽しみにしています。
 秀明会では、来年著作権が切れたのを、いいことに
国連に、明主様の御教えを、フィロソフィーとして、全世界に発信しようという、目論見があります。
これは、どう考えてもおかしいことだと思います。
まともに、御教えがない、団体が、よくもいけしゃしゃと、このようなことができるものだなーと、思います。
このことからも、小山H子の、いい加減さがうかがえます。


[1371]世界救世教の書物を・・
fujiya
2005/8/16 3:16
 神慈秀明会信者が世界救世教の書物を読むなどということは、通常では考えられないことです。
 ところが、秀明会の教師達が競うようにして世界救世教の書物を隠れて読んでいることが判明しました。
 この件について下記URLに、「世界救世教の書物を・・」と題して新しいページを作成しました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html

[1370]何とかしなければ・・・
プーさん
2005/8/15 16:43
 fujiyaさんがおっしゃる通り、「宗教=虚構」であり「=ファンタジー」であると思います。既存の宗教も信仰宗教も、突き詰めて考えればいろいろ矛盾もあり、問題もあります。そもそも宗教間で争いがあり、人を殺しあう歴史が繰り返されていること自体、変な話ですよね。
 しかし秀明会の「ご神体は偽物」、「お金の強引な取りたて」なども大問題です。やはり、何とかしなければなりませんが、その「何とか」は秀明会の「解体」しかないと思います。だってご神体が「偽物」の宗教を、どうして拝むことができるのでしょうか。理論として成り立ちません。
 今私たちは、秀明会という宗教が成立する根本の一つである「ご神体」が実は「偽物」であるということ、さらに法に照らし合わせて見た場合、多くの不法行為を行ってということ、この2点に絞って多くの人に知ってもらう活動をしていくべきだと思います。
 ちなみに、私は脱会にあたって、聖教書とお光は宅急便で送り返してしまいました。その後は秀明会からはさすがに接触はありませんでした。


[1369]お浄めについて
わたし
2005/8/14 22:34
秀明さんはお光を落としたらお浄めしますか?
明主様がそう言ったんですね。確か・・・
お浄めしてもしなくとも関係ないですなー
お浄めしないと力が無くなるとかどうだとか関係ありませんなー
私、ちなみにお浄めしないで平気で浄霊してます。
相手は「あー楽になった」と言ってます。
これはプラシーボ効果ですな。プラシーボによって
免疫力や自然治癒力は高まりますな。
それから私は「御神体」に素手で触ってみましたが
バチは当たりませんな。これは「紙」ですな。ただの
これが高額なんて考えられませんな。
ちなみに私は無神論者ではありませんよ。新興宗教の
商業化を言ってるだけですな。


[1368]葉子さんへ
punyoon
2005/8/14 17:07
>ご神体を額に入れるのと、おひかりを入れ物に入れるのと、どう違うというのでしょうか?

おそらく、どうも、違いません。ただ、ご神体は額、おひかりは絹の袋、という違いが、存在すること、自体が、宗教にとっては、大切なのでしょう。根拠はなくても、世界を秩序づける、一定の体系の提供が、宗教というものの、機能なので、そこに、根拠となるものは、存在しません。また、いくらでも、その違いの根拠は、今までの「ご指導」のアレンジで、制作可能です。まさしく、宗教の宗教たる由縁は、ご神体を、神の現れの一形態である、と信じる、という行為にあるわけで、多少、信仰的に、もっともらしい言説を、くっつければ、なんでも、よくなるわけです。「神がいる」という「世界の見方」=「フォーマット」を、提供され、その「フォーマット」=「形式」=「認識」に沿って、自動的に、自分の想像力や、五感などを、駆使して、「外界」を感じる、身体性が、宗教というものなので、実際は、ご神体のかわりに、「聖なる人参」、おひかりのかわりに、「聖なるバナナ」を、ぶら下げることになっても、人を、その気にさせ、習慣化させることができ、根拠のない童話的なことでも、ある程度、神話的=民話的=物語的に「起承転結」を、つけられれば、問題はないようです。おそらく、一番の問題は、その「宗教的世界」が、「虚構」にしか、過ぎなかった場合でも、葉子さんが、その宗教を、続ける利益や、意味があるのか、になると思います。宗教問題は、世界的にも、難しい問題ですし、命をかけて、自爆テロをしている人もいますし、真剣なものですが、基本的に、宗教というものは「虚構」なのです。「虚構=物語=フィクション」です。それなのに、何故、世界には、たくさんの宗教があるのでしょう。人間は、「虚構」が、大好きな生き物だからです。または、なんの秩序もない、判断もくだしていな「混沌」よりは、童話や、民話や、神話のような「お話」ででもいいから、「世の中を見る際の秩序づけ」を行ったほうが、心が安定するものなのです。それが、宗教の唯一の利点です。ただ、軋轢を生むのは、その「虚構」を、「虚構」であるがゆに、日常生活や、経済的、身体的、精神的バランスを、崩して、「溺れて」しまうことだけです。


[1367]神慈秀明会信者の独り言2
根絶
2005/8/14 8:57
神慈秀明会信者の独り言」というホームページ
見ました。
ここまで 洗脳されれば もう 2の口がでません。
そうやって 洗脳されて・・・自己満足して・・・
その内 信者数が 減って 破格の献金額を 強要されて、やっと この 信者は 目覚めるんでしょうね。

まあ・そっと してやってたほうが 本人のためには
いいと思いますね。


[1366]黄島物語
fujiya
2005/8/14 1:19
神慈秀明会が黄島に拠点を設けた当時の話が載っています。

http://www3.pf-x.net/~ruusan/sub1/sub10/reki13.htm


[1365]神慈秀明会信者の独り言
fujiya
2005/8/14 0:39
「神慈秀明会信者の独り言」というホームページがありました。
これだけ神慈秀明会に対する批判が多いことを知りながらも、ここまで秀明会擁護の姿勢を貫けるは、ある意味で立派!?

この人は死ぬまで秀明会を信じ続けるのでしょう。

http://homepage2.nifty.com/GOTO-G/


[1364]300億円の亀
根絶
2005/8/13 22:24
なぜ 300億円の 亀を??

小山 美秀子の あだな は 亀さん だった。
息子の 惣吉が そうつけたらしい。

お金に いとめを つけない 小山美秀子は
それで 亀を 買ったのかもしれない。

そうであれば 公私混同も甚だしい。


[1363]葉子さんへ
fujiya
2005/8/13 16:40
 葉子さん、こんにちは。
 現役信者の方が、こうしたアンチ掲示板へ書き込みをするのは勇気が要ることと思います。勇気を出して書き込んでいただき、ありがとうございます。
 でも、私は一般的な秀明信者の方は批判対象とは全く思っていませんので、ご安心下さい。葉子さんのように、思ったことをそのまま書いて頂き、本当にうれしく思います。
 秀明会が本当に信者が安心して信心できる宗教になれば、一般信者の方が秀明の姿勢について色々心配などしなくても良くなるのにと思います。

 ご神体の真偽については秀研やリセットに詳しく書かれていますが、明主様が言われた、「私が書いた文字を粗末に扱う者は・・・」という言葉から考えると、ご神体の文字やお光りの文字を切り貼りしたり、拡大縮小したりする行為は、どう釈明しても秀明会の行為は明主様に対する冒涜としか思えません。
 床に置いてもダメ、他人が触ってもだめ、髪の毛が入ってもダメ、ハエがたかってもダメというほど神聖視してきた筈なのに、それを秀明本部で作る課程では平気で切断、張り合わせ等々の「加工」を施しているのは、実際には神聖なものではなく、単なる紙切れとしてしか扱っていない証拠です。
 本当に彼ら秀明幹部が明主様の文字を神聖視していたのならば、そのような不敬なことはできない筈です。
 彼らは信者に対してはご神体やお光りに対する過酷なまでの神聖視を求めながら、自分たちは好き勝手に文字の切り貼りを繰り返しており、信者向けの「神聖視」は信者から高額な金を巻き上げるためのポーズに過ぎなかったのです。

 いや、そんなことはない。秀明のご神体やお光りにはそれなりの力があるというのであれば、脱会した信者がお光りを破り捨てても全く何事も起きず、むしろお光りを破り捨て、そうしたしがらみから開放された後の方が、心身ともに幸せになっている現状をどう説明できるのでしょう?

 お光りの文字は、開いてみると文字部分が経年変化により溶着しているものがたまにあります。これは一般の乾式コピー機で複写した場合に起こる現象で、トナーに使われている粉末顔料独特の現象です。印刷インク等ではこうした溶着は起こりません。秀明のお光りは普通の乾式コピー機で複写したものです。

 小山弘子会長は、本当は会長を引き受けたくなかったのです。前会長が急死した時、玉男はまだ子供だったため、急遽自分のところへ会長の順番が回ってきてしまい、渋々、それも条件付で会長職を引き受けたのです。
 小山弘子がMIHO美術館関係や海外での活動には熱心なのに国内のことにはあまり関心を示さないのはそうした事情もあります。
 親の七光りで会長を引き受けたものの、元々人の上に立つような人物ではありませんので、随所でボロが出るのは当然なのです。
 小山一族が秀明会のトップを世襲していくのは貯め込んだ資産を他人に渡したくないからであり、北朝鮮に於ける世襲の構図と全く同じです。

 秀明会を本来の宗教団体としてあるべき姿に戻すためには、小山一族を廃して秀明会を再生するしかありません。


[1362]思うこと。
葉子
2005/8/13 12:49
私は現役信者です。
反秀明のホームページを見るたびに、このままでいいのか、どんどん不安になっていきます。

家のご神体(お額)をよく見ると、「光明」の「光」の字は墨たっぷりで書かれた感じなのに対して「明」の字はかすれています。どうも一気に書かれたものではないように感じます。これも切り貼り・・・そう思うと、ありがたみが薄れてきます。著作権が関係しているのなら聖教書はどうなのか、ききたいです。そして、どうして額入りなのでしょうか?ご神体を額に入れるのと、おひかりを入れ物に入れるのと、どう違うというのでしょうか?

入信した頃、支部のご神体はすべてコピー(ただし、特殊コピー)で、明主様ご真筆のご神体は本部にあるものだけと聞きました。しかし元が1つのはずなのに、支部によってご神体のお文字の感じが違うと聞き、実際にいろんな所へ行く度、ご神体をじっくり見てきました。確かに違います。どういうことなのか上の人に質問しましたが、その時の答えは「知らない。そんなことより、もっとキヨまれ」でした。

小山家には明主様ご真筆のものがたくさんあるそうですが、秀明会内の他のご真筆は全部処分して、小山家だけにある、とするやり方は「明主様を1番」に考えているとは思えません。

ある年の3月1日、初めて復活祭に行きました。毎年、復活祭では「御明集」の冠頭歌を読んでいるみたいですが、これに関して会長先生は「順繰りに読んで毎年復活祭にはこれになる」といいました。そんなことありえないと思っていたら、秀明紙にその言葉は載っていませんでした。会長になって少なくとも3回目以上になる復活祭にそんなお言葉。会長先生、秀明会の事わかってないのか、興味がないのか。

疑問に思うことが許される場所で、思ったことをつらつら書いてしまいました。長々すみません。


[1361]滋賀県教育委員会等へのメール 2
根絶
2005/8/13 11:49
fujiya様。
ありがとうございます。
fujiya様の 行動力・そして・ 利他愛の 心
感服いたします。

小山一族に 爪のあか 煎じて のましてやりたい。


私は 公安庁と TBS報道部に ここの HPを 紹介して 秀明の 悪行を 通告しています。
あと・近いうちに 秀明の悪行を 文化庁にも 
通告します。


[1360]滋賀県教育委員会等へのメール
fujiya
2005/8/12 16:46
滋賀県教育委員会事務局総務課 殿

 突然のメールをお許し下さい。
 私は、下記に示します、「家族を新興宗教から守ろう」というサイトをインターネット上で運営しております○○○○と申します。
 私の妻は滋賀県の信楽に本部を置く、「神慈秀明会」という宗教団体に数年前まで所属しておりました。
 ある時、妻の異常に高額な宗教団体への献金に気付き、神慈秀明会という団体がどのような団体かを調べていく内に、この団体はオウムに次ぐカルトであることを知りました。
 非常に多くの方がこの宗教団体が行ってきた恐怖信仰により数千万円、数百万円という献金を強要されたり、自己放棄という名の職場退職、学校退学を強いられ、高額献金等が元で夫婦離婚、家族離散に追い込まれるなど、数多くの悲劇が起きています。
 教団内での陰湿ないじめや、彼らが信ずる浄霊という儀式で病気を治そうとするため手遅れになり、死亡した人も出ています。
 この団体が信者に高額献金を強いてきた理由の一つにMIHO美術館の建設、運営があります。ご存じとは思いますが、MIHO美術館は神慈秀明会が運営している美術館です。
 
 神慈秀明会の詳細について、ぜひ下記URLをご参照頂きたいと思います。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/


 今回私が滋賀県教育委員会様にメールを差し上げたのは、滋賀県内の学校がMIHO美術館等が関係する学習活動に参加していることについて憂慮しているためです。
 教育委員会様としては、学校教育の一環として美術館を利用されているだけと認識されているのではないかと思いますが、神慈秀明会はこうした活動も宗教団体の宣伝材料として利用し、新たな信者拡大を図っています。
 神慈秀明会の会員制ウエブサイトである「秀明ファミリーウエブ」では、盛んにこうした活動を信者に対して広報しており、「地元の学校からも認められている宗教団体」という位置づけを強めようとしております。

 当然のこととして、学習の場には一切の宗教色を廃して学習活動がされていると思いますが、子供達が無邪気にMIHO美術館等の施設に出入りすることにより、神慈秀明会に対する警戒感が薄れ、将来的にカルト団体・神慈秀明会の犠牲になる可能性も捨て切れません。

 なお、一連のMIHO美術館での学習活動には、NPO団体『子供の美術教育をサポートする会』という組織が仲立ちをしていますが、この団体は神慈秀明会信者が会員になっている組織です。


 滋賀県教育委員会様として、神慈秀明会という組織がどのような組織かをよく見極められ、このような問題の多い新興宗教団体を利用した教育活動への子供達の参加については再考をお願いしたいと思う所存です。
 繰り返しますが、神慈秀明会は「普通の宗教団体」ではありません。オウムに次ぐ日本有数のカルトです。

 なお、これと同趣旨の申し入れを、滋賀県内の各学校、及び文部科学省にも送付させて頂いております。


[1359]MIHOの観覧価値を上げる亀型香炉
通りすがり
2005/8/12 6:10
亀型香炉の謎は、単に莫大な価格だということだけではない。

亀型香炉300億というが、ホルス神150億の2倍の人気があるわけではないということだ。

MIHOの美術品の目玉として、「仏陀立像」「アッシリアレリーフ」「ホルス神」「アルシノエ像」「青いフレスコ画」といったものが挙げられ、秀明紙でも紹介されたが、この中に亀型香炉は入っていない。MIHOのホームページでも満足な扱いになっていない。つまりMIHOの中では目玉の美術品ではないのだ。

なのになぜ300億で購入することになったのか。

この亀型香炉を購入しないと、購入出来ないもの。会えない人。進めることが出来ない契約があったからだということは、容易に想像出来る。

つまりカモにされたのだ。

個人的には、滋賀県で、わずか1000円を出すだけで、150億円で買ったもの、300億円で買わされた物。そんなものが見れるというのは、ある意味破格だと思う。


[1358]シルバーの亀 2
根絶
2005/8/12 0:49
拝見しました。
腹が 煮えくり返って 仕方ありません。

私の 詐欺の被害額は 300万円でしたが、
近所の 人で 800万円の 人がいます。
もう・退会していますが・・・。
その人は心が 純朴だから・・その800万円詐欺にあったことは もう・・あきらめてます。

この秀明は このように 純朴な信者には とことん金をむさぼりとり、金がもうないとわかると、さっと、手のひらをかわす、まさに、使い捨て宗教です。

小山一族の 自己顕示欲の誇示のための 奴隷にしかすぎません。

信者のみなさま どうか・・目覚めてください。

こんな ことしてても、世界に地上天国なんか できません。
地上天国 イコール 小山一族の天国 です。
一生を 小山一族の エゴのために 尽くすんですか?

今一度冷静になってください。


[1357]シルバーの亀
fujiya
2005/8/11 22:51
 MIHO美術館収蔵品の驚くべき金額が明らかにされました。
 信者の皆さんが苦労して献金した金が、とんでもない使われ方をしているのが分かります。
 「シルバーの亀」と題して、新たなページを作成するとともに、PDF版でも秀明改016としてアップしました。
 情報源は明らかにできませんが、「秀明会本部中枢」からもたらされた情報であり、信憑性は非常に高いと言えます。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1356]滋賀県教育委員会
fujiya
2005/8/11 19:15
 あるくもり信者さんのおっしゃる通りですね。
 MIHO美術館の陰に隠れて秀明への予備勧誘をしているようなものです。
 [1209]マスコミ等への対応、にも書いたとおり、滋賀県の担当者がNPOの実態を見抜いていないようです。
 特定の宗教団体が運営する美術館へ学校単位で出かけていって学習をさせる行為は信教の自由に反する行為です。私がその学校に子供を通わせていたら、厳重に学校に抗議し参加させないでしょう。

 秀明のホームページ(ファミリーウエブ)からもリンクが張られており、

>MIHO MUSEUMと学校の連携授業
>平成12年より、小・中学生に芸術作品に親しみ 、楽しみながら日本や世界の
>美術品を通して、本物のすばらしさに触れ、また伝統文化を理解することなど
>を目的として、 学校との連携授業を行っております。

とのコメントが書かれています。

 多くの方からの抗議が集中すれば滋賀県の担当者も考えを変えると思いますので、下記宛に抗議文を送っていただきたいと思います。


滋賀県教育委員会事務局総務課
〒 520-8577 滋賀県大津市京町四丁目1-1
TEL:077-528-4513/FAX:077-528-4950
E-mail: edu@pref.shiga.lg.jp


[1355]NPOKATUDOU
あるくもり信者
2005/8/11 16:26
今、滋賀県大津市で、秀明の信者が、NPO『子供の美術教育をサポートする会』なるものをつくり、さかんに、小学校の先生・生徒をMIHO MUSEUMに 招待し、地域貢献たるものをしているみたいですが、ゆくゆくは、地域の子供たちを、秀明の信者に引っ張り込もうという、あさはかな目論見は、みえみえです。これは、まさに、偽善行為そのものです。果たして、滋賀県の教育委員会は、バックにこの詐欺教団秀明がついていることは、知っているんでしょうか?
あとで、滋賀県教育委員会の関係者に、多大な迷惑が、かかることを承知のうえでやっていることでしょうか?
これは、のちのち、大問題になると思いますが、みなさまどう思われますか?


[1354]花子さんへ
fujiya
2005/8/10 17:48
 花子さん、こんにちは。

>くだらない講習を受け、月に1回の勉強会とかに出させられ、ほんとにくだらな秀明紙とやらを読んで、訳がわかりませんでした。

 そうですよねー。
 私も初めて秀明の機関紙や「聖教書」なる書物を読んだとき、あまりのばかばかしさに唖然としたのを覚えています。
 しかし、あれをそのまま信じてしまう人がいるのですから、分からないものです。

>3講とヤラに滋賀に行くようにさんざん薦められましたが、行きませんでした。

 三講に行かなかったのは正解でしたね。あんなものを受けに行っていれば、「その場の雰囲気」に飲まれてしまって秀明を信じてしまうことになっていたかも知れません。
 あんな山奥にあのような施設を作ったのには理由があり、信者を外界とは隔離して「別世界」的な雰囲気を作ることと、信者は集団バスに長時間揺られてあそこに行くまでに疲れてしまい、疲れてボーッとした頭で荒唐無稽な話を聞かされると催眠現象も働いてそれを信じてしまうことを計算の上で滋賀県の山奥に教祖殿を建てたようです。
 あの教祖殿を建築するときの写真を見ると分かりますが、教祖殿建築工事は多くの樹木を切り倒し、山を崩し、谷を埋め、自然破壊の見本のような工事でした。教祖殿建設というとんでもない自然破壊をしておきながら、もう片方では自然農法を推し薦めているのはマンガチックですらあります。
 一貫したポリシーを持たない秀明らしい姿であると言えるでしょう。

>(三講に)行かないと、歩いていて後ろから刺されるとか言ってました。

 絵に描いたような「恐怖信仰」そのままの言葉ですね。秀明はこうした脅しの言葉を平気で使う団体ですね。
 献金させるためにも数々の脅しの文句が飛び交い、「いま献金しないとあんたの子供は死ぬで!」などというものもありました。具体例を出したら切りがないほど秀明で使われてきた脅し文句はたくさんあります。
 こうした言動を録音したものがあれば立派な証拠として警察に提出できるんですけどね。これから秀明で教師や助教師から話しを聞くときはボイスレコーダーは必携ですね。

>しかし知人のやっていることを見ていると常軌を逸しています。
>どうして気が付かないのか、やはり何か目に見えない不思議があるのでしょうか?

 秀明のマインド・コントロールにかかってしまっているのでしょう。
 マインド・コントロールから抜けさせるには、長い時間をかけてねばり強い説得が必要になります。
 それと併せて、いかに秀明がウソで固めた団体であるかを本人に認めさせることが必要です。秀明のウソについてはホームページの方に多くの情報があります。普通に言うだけでは本人自らがこうしたホームぺージを見ようとはしないでしょうから、半強制的にでも見せて、次から次へと秀明のウソを突きつけ、本人に説明を求めるのも効果的です。
 一旦、本人の心の中に秀明に対する疑問が湧けば、このようにとんでもない団体ですから、脱会までは以外に早いものです。如何にして本人の心の中に秀明に対する疑問を持たせるかがポイントです。

>強引に辞めさせたら、今まで信じてきたものがうそとわかったら、鬱病にならないかと心配になります。

 これまで秀明を信じてきた心を180度反転させ、秀明を憎み反撃する心に転じることにより精神的ダメージを軽減することができます。
 ただ単に、「自分がこれまで秀明でやってきたことは間違いだった」で終わらせてしまうと精神的に立ち直れない場合もあります。秀明信仰を強制的に辞めさせるのではなく、秀明信仰を維持したままでその間違いを本人に確認させ、そのような間違った教えを植え込んできた秀明に対する憎悪の心を持たせることが大切です。
 恋人に裏切られて相手に復讐する、というのは普通の恋愛では御法度ですが、こうしたカルト問題解決の方法としては復讐は本人を救うために有効な方法です。
 ただし、復讐といっても過激な方法に走り、警察に捕まるようなことをしないように周囲が注意する必要もあります。そのようなことをしなくても、合法的方法でいくらでも復讐できます。
 カルトを潰すのに刃物は要りません。信者を減らしてしまえばカルトは消滅します。
 目下、色々な方法で信者を減らす活動に専念しているところですが、かなりの効果を上げているのではないかと思います。


[1353]憎い秀明
花子
2005/8/10 11:18
初めて書き込みます。

このようなホームページを作っていただいて、有難うございます。
読めば読むほど腹がたってきます。
今から17年ぐらい前知人に誘われて、ある集会場につれて無理矢理お光を買わされ、くだらない講習を受け
つきに1回の勉強会とかに出させられほんとにくだらな
秀明紙とやらを読んで、訳がわかりませんでした。

お光を戴いたのでこれからは明主さまとあなたの関係で私達には何もわかりません。沢山の人を入会させてくださいとか言ってました。
3講とヤラに滋賀に行くようにさんざん進められましたが、行きませんでした。
行かないと歩いていて後ろから刺されるとか言ってました。当初はいわれるときになりそれでも気が進まないので、行きませんでしたが、その後お光を返すまで気持ちが悪く、何か不安な気持ちななりましたが、自分の気持ちと戦ってとうとう脱会しました。
その後不思議なこともありました。手のひらに金粉や77色に光った粉が出てきました。
しかし知人のやっていることを見ていると常軌を逸しています。
どうして気が付かないのか、やはり何か目に見えない不思議があるのでしょうか?
それが何だとおもいますが、現に私も関わらなくなってからとても幸せで、目に見えない世界に対して何の恐れも要らない、人間全ての人が平等に死を迎えて終わるのに、くだらない宗教団体に献金してなんになるんでしょう。献金した永遠の命をもらえるわけでもないし。
病気にならないわけでもないし、こんなもに縛られて一生送っても、送らなくても最後は皆同じ形で終わるんです。

なんとか知人も呪縛から解いてやりたいと思うのですが
ネットのことも教えてありますが、だめです。
しかし社会的には会社に勤めきちんと生活してます。
強引に辞めさせたら、今まで信じてきたものがうそとわかったら鬱病にならないかと心配になりす。

皆さん一生懸命に呼びかけて下さっていますが。
私も知人をなんとか辞めさせたいと思っていますが、
どのような形で、目覚めさせるか考えあぐねています。今後の動きに期待してます。


[1352]アンケートのお申し出ありがとうございます
yamaguchi
2005/8/8 21:04
fujiya さん、皆さんこんばんは。被害ネットワークの yamaguchi です。
アンケートの詳細はメールでお知らせいたしますね。

ところで、「不作為の殺人」ということですが、元助教師の話しだと、秀明会ほど多くの死者が出た団体もないのではないかということです。
病気なのに「薬を飲んではいけない」「病院へ行ってはいけない」と言われたり、借金献金や布教三昧のため食事をするお金がないから栄養失調になったり、集団疥癬などが蔓延したことなどが原因だそうです。




[1351]お光
あるくもり信者
2005/8/8 15:24
水道水も、そうですが・・
あの 『光』 という誰が書いたかわからない文字も、誰かが入魂している?から、
明主さまの光が出ている?ということですが、これぞ、まさしく詐欺ですね。
明主さまを、宗教に利用しただけですね。
秀明のような、天下一品の詐欺集団の 『お光』
ただの 紙切れから 光が出るわけがない。

[1350]
葉子
2005/8/8 14:15
奇跡の水の元は水道水だってことは公表していると思います。私も知っていました。ただ、あそこでは奇跡の水に変身してしまう、と聞いていました。
命様の娘さんが幼い時、奇跡の水をつけてなかなか直らなかったものが、献金をして再び奇跡の水をつけたら直ったとか。「神様はゲンキンやなあ」と娘さんが言ったと命様のお話にありました。
秀明会では、まず献金しないと、おかげをいただけない、ということですね。


[1349]もう15年ほど前ですが...
元信者
2005/8/8 12:45
こんにちは。
もう15年ほど前になりますが信者のひとりでした。
頭の中に神慈秀明会って今どうなってるんやろ?って思ってインターネットでここにたどり着きました
入信した時はからだを壊して入院して退院後すぐで自分としては藁をも掴む想いでした。
暇があればって言うか仕事を休職しておりましたので神崎支部の方へ毎日のように日参して玉串を納めておりました。
なぜあそこから脱退したかと言いますと常に金、金、金...
本当にすばらしい事をやっているのなら信者の方からありがたいって思うんで献金すると思うんですが?
それとあの水ですが信楽の本部に何度か支部でバスをチャーターして訪れましたが只の水ちゃうんかなぁ?って思ってましたがやはり只の水だったようですね!
もう、私はお守りもゴミ箱に捨ててしまっておりますのでもう一切、神慈秀明会とは関わりはないのですが今だに不思議に思うことがひとつだけあります。
あの手かざしのパワー...
良く熱心な信者さんたちと無理矢理に新しい信者獲得のために歩き回っている時にたまたま足の悪い老夫婦を僕が手かざししてあげたら、向こうのほうから入信したいって言われたほどなんです。
今でもそうですがあのパワーだけは何だったのかなぁと思います...
元信者の意見として見てもらえればと思います。


[1348]不作為の殺人 2
根絶
2005/8/8 7:34
やはり ですね・・・。
この秀明なら このくらいのことはやるでしょうね。
 
氷山の 一角に すぎないと 思います。

悪は のさばらしたら あかん。
いっきに 叩き潰しましょう。


[1347]不作為の殺人
fujiya
2005/8/8 6:44
>会のトップシークレットである、殺された、桃8だった本部奉仕者N君の真実。
>短期間の助教師2名病死、世話人1名みそのでの突然死、青年の交通事故死、
>男性信者の自殺、の「桃8の悲劇」は橋本の指導がらみだった。
>これだけの内情を暴露されたら会はたまらないだろう。

 上記の一部について、詳細な内容が届いています。
 ことがことだけに、裏付けがとれてから公表する予定です。
 ホームページの方に、「不作為の殺人」と題して情報提供を呼びかけたのはそのためです。
 上記について具体的事実をご存じの方は、情報提供をよろしくお願いします。


[1346]yamaguchiさん、お久しぶりです
fujiya
2005/8/7 22:44
 「神慈秀明会被害者の会」のyamaguchiさん、お久しぶりです。
 そちらのホームぺージの更新が止まっておりましたので心配しておりました。
 お元気に活動されているようで安心しました。

 裁判所への元・現役信者アンケート提出には、たくさんの方が協力してあげて頂きたいと思います。
 私もできることがあればお手伝いをさせて頂きます。


[1345]ギルド君がんばれ!
匿名
2005/8/7 22:41
君の投稿からこのサイトが活発になってきたのは事実だ。君は内部の情報を知り過ぎているので、奴らは口封じしたいはずだ。
私は古株の爺信者だが、君と情報提供の仲間のことは少し聞いている。自然農法流通の不穏な金の動き。会のトップシークレットである、殺された、桃8だった本部奉仕者N君の真実。短期間の助教師2名病死、世話人1名みそのでの突然死、青年の交通事故死、男性信者の自殺、の「桃8の悲劇」は橋本の指導がらみだった。これだけの内情を暴露されたら会はたまらないだろう。
リセットでも暴露されていくと思うが、君の援護射撃になって、今は君の探索どころではないみたいだ。
龍神は冷酷非情なので、気を付けてほしい。
公安は確実な証拠が見つかればきっと動いてくれる。
醜名会は偽観音なのは明らかだ。
私は信じているふりをして様子をみているが、動きがあれば、今度こそ応援する。
これが清浄化の最後のチャンスと思うから。
一般信者の皆さん、真実を知って考えて下さい。
〜ギルド君に勇気をもらった老いぼれより。〜


[1344]裁判所に提出するアンケートの募集
yamaguchi
2005/8/7 22:10
fjjiyaさん、皆さん、こんばんは。
現在、秀明会に対して訴訟をしております yamaguchi です。
秀明会に対して敢然と立ち向かっている方が増えている現状は本当に心強く思います。
しかし、秀明会は、百の実献金(100万献金)は勿論のこと、入信献金の額さえも決まっていないとの嘘を平然と裁判で述べている状態です。
そこで、(元)信者の皆さんにアンケートをお願いし、裁判所に提出しようと思っております。
アンケートの内容は、信者であれば誰でも経験しているような事柄ですが、そのようなことさえも秀明会は否定しているのが現状です。
秀明会の実体を裁判官に分かっていただき、合法的に献金返還あるいは損害賠償の道を作りたいと思います。
ご協力いただける方はNo110syumei@aol.comまでご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。


[1343]裸の王様に裸といえる資格者は?
根絶
2005/8/7 12:43
今まで 裸の王様だった 小山一族に対して 
小山一族は裸だ。と いえる勇気のある資格者は 
果たして いるのでしょうか?

是非 そんな 勇気を もった資格者が いてくれる
ことを 望みます。

それさえも いえない 資格者が まだ いるのなら
もう、秀明の 解体 消滅への 道は 見えています。
すぐそこに・・・。

秀明は あと 何年もつのでしょう。


[1342]Yahooで1位になりました
fujiya
2005/8/6 22:35
 Yahooで「神慈秀明会」を検索しても、「家族を新興宗教から守ろう」のページがヒットしない、とのお申し出がありましたので、登録をやり直したところ、Yahooでは1位でヒットするようになりました。
 他の検索エンジンは元が同じデータを使っている関係で全て2位で表示されています。

Yahoo:1位
Google:2位
Infoseek:2位
goo:2位
BIGLOBE:2位

 このところ、「家族を新興宗教から守ろう」や、この掲示板へのアクセスが非常に増加しています。
 秀明問題への関心が高まっているようで、そうした関心の高まりが秀明を追いつめて行くことにつながります。
 今後とも、よろしくお願い致します。


[1341]秀明の未来
fujiya
2005/8/6 18:42
 りんこさんのおっしゃることは、正論なのです。
 資格者とその家族が路頭に迷うことになろうとも、それは身から出たさびであり、これまで多くの信者とその家族に多大な被害を与えてきたことを考えれば、彼らに温情など必要ないというのはしごく当然なお気持ちだと思います。

 私も基本的にはそうした考え方を支持しているのですが、現実に資格者の家族からその悩み、迷いをお聞きすると、どこまで資格者の責任を追及すべきか迷いも出てしまいます。
 秀明会という組織の責任、組織を代表する小山一族の責任、資格者個人の責任を同列に捉えて糾弾すべきかと言われると、それぞれの間には温度差があってもよいのではないかと思います。
 資格者と言っても色々あり、小山一族にごく近しい一部の資格者は小山一族と同等の責任が追及されてしかるべきと思いますが、資格者の中にも秀明会改革の必要性を感じている人もあり、こうした人たちが中心になって秀明会という組織を再生することができるならば、それが実現可能な秀明問題解決策なのではと思います。
 ここで言う秀明再生とは、小山一族とその傘下の古参幹部を排除し、全く新しい組織を作ることを言います。

 このような私の考え方は手ぬるい、甘いとお叱りを受けるかも知れませんが、あのオウム真理教ですらいまだに存続し、まだ多くの信者が存在している現状を考えたとき、ある程度の大きさに成長した組織を完全に壊滅させるのは、残された信者のケアやそこで働いていた者とその家族の生活を考えると、かえって無理があるようにも思うのです。
 感情としては秀明のような組織は完全に壊滅させたいという気持ちがある反面、組織が壊滅し、そこで働いていた者とその家族が路頭に迷うような悲劇を再び繰り返してもいいのかと問われると、少々判断がにぶってしまいます。

 もちろん、資格者である以上、責任追及を逃れられるものではありません。きちっとした過去の清算、謝罪が必要です。その上に立って新しい組織、嘘をついたり、信者を騙したり、家族に涙を流させることのない正直で質素な組織を作り、これが秀明の受け皿として機能するように育てていくことができればと思っています。


[1340]資格者のその後について
りんこ
2005/8/6 11:37
残された秀明幹部が路頭に迷い、その家族までがつらい思いをするのはできれば回避したいことです。まだ今なら秀明を本来あるべき姿に再生することも可能ではないかと思い、一部の心ある幹部に働きかけをしています。→との藤谷氏の言ですが、私は資格者連中も身から出たさびだと思います。仮に100歩譲って、信じきって一生懸命していたとしても、自らの無知が招いた自業自得ではないですか?資格者であれば、信者が困った時、病気になったときに、浄霊に出かけ、謝礼をもらっているわけだし、ご指導という名のもとに、信者の人生に関わることを指南してきたわけです。それが、騙されていた、ということで、救済を求めるというのは、ムシが良すぎると思います。今、民間企業が倒産したら、社員はどうなりますか?路頭に迷うでしょう。本人達は、至極まじめに、人を騙さずに生きてきても、そうなのです。ましてや、資格者連中など、今まで少なくとも甘い汁を吸って、特別待遇を受けてきたわけでしょう?救済する必要などありません。世の中の一般市民と同様、自助努力で仕事をすればいいと思います。
  大体、結果的に騙すことをしておきながら、「知らずにやっていた、私は信じていた」は通用しないと思います。仮に、信じてまじめに生きてきた、という資格者でも、資格者自身の家族はさておいて、その周りの信者や他人には、人生を変えるようなことを指南したはず。十分に迷惑をかけているのです、既に。甘い事を言わず、十分に責任を取るべきであると思います。老後の心配?それは、今までに世間の常識を無視し、生きてきたのですから、ツケが回ってくるのは、仕方ありません。人間の世界とは、そういった自由選択に対峙するものとして、責任をとる、ということがあるのですから。
もっとも、このような資格者が、生活保護などを受ける事となっても、その福祉から出るお金は、全て私達のような、まじめに働いて、税金を納めている一般市民がまかなっているのですよ。全くもって迷惑な話です。


[1339]秀明会について
fujiya
2005/8/5 23:19
 反信者さん、こんにちは。
 奥様を脱会させたいというお気持ちは私も同じ立場だったので、とてもよくわかります。
 世の中には色々な宗教があり、中にはまともな宗教もあるのですが、こと秀明会に関してはそのどこをとってみてもまともな宗教とはほど遠く、このようなものが社会に存在すること自体が許されないことです。

 信教の自由は尊重されなければなりません。しかし秀明会を宗教だと思ってはいけません。秀明会は宗教などではなく、「宗教のフリをした詐欺師団体」です。
 秀明を見て宗教全般を批判したりすると、それはとんでもない勘違いになってしまいます。ただ、世の中には秀明と同じように宗教のフリをした詐欺師達があまりにも多いので世間が宗教を見る目が歪んでしまっているのは悲しいことです。

 ただの詐欺師であれば金を騙し取るだけで、命まで奪ったりしませんが、秀明会の浄霊を信じたために手遅れになり、死亡した人も実際に出ていますので秀明がやってきたことは形を変えたテロとも言えます。
 そのような団体に世界平和や自然農法、芸術を語る資格など全くありません。自分たちがこれまで行ってきたことの責任が全くとれない無責任団体、それが秀明です。

 そして決定的なのは、彼ら秀明幹部は自分たちの過ちに気付いていない点です。人間は過ちに気が付けばそれを直そうとすることができますが、己の過ちに気付いていない秀明幹部達は過去から現在まで営々として同じ過ちを繰り返している点です。
 『馬鹿は死ななきゃ治らない』という諺がこれほどよくあてはまる団体もそうざらにはないでしょう。

 確かに一般信者の方は純朴な善良な方が多いと思います。それだけに騙されやすいとも言えます。またそのような純朴な人々を騙して金を巻き上げ、人生を踏みにじる行為は絶対に許されることではありません。
 私たちがどれだけ彼らの過ちを指摘しても、彼らはそれに気付こうともしません。言って分からない場合は実力で分からせるしかないのです。
 実力行使といっても銃や爆弾を使う必要はありません。
 カルトを倒すのは簡単なことなのです。信者を減らせばいいだけです。
 『兵糧責め』は戦いの最も基本的かつ有効な手段なのです。

 いま秀明を取り巻く環境は大幅に変わりつつあり、加速度的に秀明から信者が去っていっています。もう、彼らにはこの流れを止める力はありません。
 彼らの最大の誤算は、私たち反秀明勢力を過小評価したことです。一時期は秀明帝国を築いたような錯覚を抱いたため天狗になってしまい、冷静に己の周囲を見渡すことができなくなっていたのでしょう。

 哀れなことです。

 残された秀明幹部が路頭に迷い、その家族までがつらい思いをするのはできれば回避したいことです。まだ今なら秀明を本来あるべき姿に再生することも可能ではないかと思い、一部の心ある幹部に働きかけをしています。
 彼らの決心が今後の秀明の方向を決することになるでしょう。


[1338]ありがとうございます
三郎
2005/8/5 20:41
fujiya様「秀明改」へのアップ、ありがとうございました。また通りすがり様のご指摘もありがとうございます。盟主では無くて明主。あんまり偉くないってことですね!


[1337]家族を守るため!!!
反信者
2005/8/5 18:00
こんにちは、私は何とかして嫁を脱会させたいと、思ってます。でも嫁の家族は皆さん信者さんなのです↓
あのような、弱い者を、食い物にしてる。
宗教は、絶対に許せません!!! でも、長い事、信者に為ってる 嫁家族は、秀明さんを信じているため、どうにも為りません(T_T)  今!現在私を悩ましてる、秀明さんは、人を不幸にしてるだけだと思います。秀明会
が、無ければ、私達は普通に幸せだったと思う。
確かに今、下っ端の、信者さんは良い人が、多いのは確かのようです。幹部の方々に、騙されているだけではないでしょうか!!!


[1336]点検ミスでした
fujiya
2005/8/5 12:08
 通りすがりさん、ご指摘ありがとうございます。
 点検ミスでした。
 とりあえずファイルの閲覧を一時中止しました。
 
 現在、出先からのアクセスで原本がありませんので、夜に修正してから再度アップします。


[1335]明主様→盟主様は直した方が良い
通りすがり
2005/8/5 8:32
>三郎さんからお寄せ頂いた「器物破損」の情報を、PDF版「秀明改」のNo.017としてアップしました。

三郎さんが書いた文章をそのまま転載したため、明主様を「盟主様」と書いてあるところがあるが、これはすぐに治した方が良い。

こういう間違いがあるだけで、信者は「こういう基本中の基本の言葉を間違える人間のがいた文章など、何も分かっていない人間の感情的な悪口にすぎないのだから読む価値がない」などと言い出すからだ。

カルト宗教が脱会者の悪口を言うのもこの心理だ。
欠点を無限大に拡大解釈して、悪いのは脱会者のほうだと決め付け、自分の正当性を確保したいと考えるからだ。


[1334]「秀明改」更新しました
fujiya
2005/8/5 3:02
三郎さんからお寄せ頂いた「器物破損」の情報を、PDF版「秀明改」のNo.017としてアップしました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1333]東北の支部
たかたか
2005/8/5 0:21
先日は皆さんに御指導していただきありがとうございました!浄霊は信じていますが・・・と言うより信じていたい〜が正直な気持ちです!本当に浄霊が効くかどうかは私にはわかりません!まぁ実際に浄霊で直径5ミリもある口内炎が一回の浄霊で消えたのだから信じたくなりますよね?こんな私でも普段はお光首にかけていませんし、具合が悪い時には病院にもいきます!風邪がひどい時は薬飲んでます!参拝は月に3回程度、秀勉はいつ受けたか記憶がありません!くもり信者ですし宗教なんて私にとってたくさんある趣味の中のひとつなんです!これから秀明会がどうなるのか見守って行こうと思ってます!現在プライベートな事で助教師さんにお世話になっているので秀明会辞めるなんて言えないのが現状ですけどね!新しい支部の建設、私も確実な情報知っていますが内緒ということで失礼します!私の周りの先生、助教師、世話人、みんな良い人ばかりなので・・・


[1332]資格者どもへ。
根絶
2005/8/4 21:01
明主さまって もう 死んでもうとるしな。

光の文字の切り貼り拡大コピーに 入魂するんやて。
あほか??
誰が 入魂するんか??
その前に 誰が書いた文字やねん・・。
そもそも・・。

あの 胡散臭い 霊能者が 書いた へたくそな 
文字とちゃうんけ?

それで その 紙切れに 
入魂するんは 誰やねん。

弘子ちゃんか?
たまちゃんか??
あと おかまみたいな男子資格者か?
ヒステリー オバタリアン資格者か?

まあ・・入魂っていっても・・。
臭い息 吹きかけるだけやろけどな。

そんな いんちきに 3万円も 払う人の
気持ち 組んだことあるんか?

よお・・それで・・お前ら。
人に 誠の道 なんぞ 説教しやがるな。
自分に 降りかかってくるで。
今までの 罪けがれが・・。

まあ しゃあないな。
身から出た さびやな・・。

[1331]さっそく秀明改の題材にさせて頂きます
fujiya
2005/8/4 13:03
 三郎さん、こんにちは。
 いやー、まだいるんですね!そんな常識はずれの世話人が。
 というか、秀明の世界では世の中の常識が通用しない、世の中がどう変化しようが秀明は昔のまま変わっていないということなのでしょうね。
 これだけ秀明が批判されているのに、そうした批判には耳も貸そうとせず、自分の信ずる道だけを突き進もうとするのは、信仰的に見ると「すばらしい人」なのかも知れませんが、世間一般から見たらただのアホにしか見えないということすら分からない、ある意味かわいそうな人なのかも知れませんね。

 ただ、この世話人はそうした困った人なのでしょうが、このような世話人をそのまま放置しておく秀明会という組織の体質もすばらしいですね。
 このような非常識な世話人を放置しておくことは、ますます秀明会に対する批判が高まり、自分の首を絞めることになるということに組織としても気付かないというのは、秀明会という組織の行く末が見えているようです。

 この事例は、平成17年の現代においても秀明会という組織の体質は昔と何ら変わっていないことを示す「好例」かと思いますので、早速「秀明改」の題材とさせて頂くことにします。


[1330]器物破損
三郎
2005/8/4 10:52
 昨日、私の世話人と称する人間が、「お光の扱い方を教えます」なんて言って私の部屋に押しかけて来ました。
何をやり始めるのかと思ったら西の方角はどっちだ?と言って方角が分かったら、その方角に向けて拝み始めました・・・
で、その方角の壁にお光を引っ掛ける金具を穴を開けて付けろ!と指示しました。出張なんかで外出した時もホテルでも旅館でも西の方角の壁に「お光専用の金具」を穴を開けて付けて、お光を安置しろ!と指示して行きました。
ちなみに私は賃貸住まいです。常識の範囲で考えても、そんな穴を開けられませんしホテルや旅館でも同じことをしたら、立派な器物破損で罪になりますね!
その人間は、「お光は非常に大事な物だから、そのくらいやらなくては盟主様に失礼にあたる!」と言っていましたが、私は呆れ返ってただ聞いていました・・・(暑い上に、さらに暑苦しい連中が来たので・・・)
こんな例は全国にもあると思います。fujiya様、是非これも「秀明改」で発行してください。


[1329]おめでとうございます!
sakula
2005/8/4 8:47
GENKIさん、おめでとうございます。

私はやめてから約8ヵ月たちますが、何事もなく人並みに平和に暮らしています。

私も、やめてからしばらくは信者からの電話やメールがありましたが
「あなたが、やめる意志があればサポートしますがそうでないなら連絡をとるのは御遠慮下さい」と
言ってから連絡が来なくなりました。

GENKIさん、暑いですが行事などに縛られない自由な夏を満喫して下さいね。


[1328]ごみといっしょ・・・ですね
fujiya
2005/8/3 21:47
GENKIさん、こんにちは。

>お光、ご神体、観音様を処分しました。
>由緒正しい近所の神社にもっていったら、「こんなものは、ごみといっしょです。」といわれてしまい・・・

 その神社の人は、随分はっきりものを言う人ですね。
 でも、それくらい明確に言い切って上げたほうが、処分を依頼した人の心の踏ん切りが付くことを見越して神社の方はそうした明確な言い方をされたのかも知れませんね。

 でも、秀明のお光り、ご神体、観音様なんて、全部コピーや切り貼り、トレース職人が描いた観音さんなので、神物としての価値はゼロです。まさに「ごみといっしょ」は正しい表現です。

 今までそんなものを信じてきたかと思うと、本当に心中つらいものがあるとは思いますが、もうそうした過去を振り切って、秀明抜きの新しい生活を築いてください。

>まだ、秀明会の人が、度々来ます。ひつこいからいやになります。

 撃退するいい方法があります。
 PDF版「秀明改」を印刷して用意しておき、渡してやって下さい。
 きっと次からはやって来なくなるでしょう。ひょっとすると彼ら、彼女らもそれをきっかけに秀明会を辞めることになるかも知れません。


[1327]今日やっと
GENKI
2005/8/3 21:06
 今日、やっと踏ん切りをつけて、お光、ご神体、観
音様を処分しました。
 由緒正しい近所の神社にもっていったら、「こんなものは、ごみといっしょです。」といわれてしまい、なにを信仰していたのか、つくずく情けなくなりました。
 でも、これでさっぱりしました。
 早くふつうの生活にしたいものです。
まだ、秀明会の人が、度々来ます。
ひつこいからいやになります。


[1326]これからそんなもの造ってどうする?
fujiya
2005/8/1 23:51
 三郎さん、こんばんは。
 その件について、メールにて情報提供がありました。
 秀明会が東北地方で出張所を建設しようとしているのは、岩手県の盛岡出張所とのことです。

 「布教所献金」という名目で、建設のためのお金が信者から集められているそうです。
 来年の春に竣工予定なのに、まだ着工していないそうです。

 関東地方でも同じような動きがあるようです。
 これだけ信者数が減少しているのに新しい出張所を造ろうとする神経は、正常な判断能力が失せているとしか思えない所業です。

 ぜひ、PDF版「秀明改」を周辺にばらまいてやって下さい。


[1325]出張所か支部の建設?
三郎
2005/8/1 19:44
 先日、東北の方に出張所か支部を新しく作るって話を聞きました。どこなのかは分かりませんが・・・「まだ下っ端信者の君には、雲の上の方々が話して決めることだから関係ないよ。。。」なんて言われてしまいましたが、その建築費もやっぱり下っ端信者から巻上げて、搾取しまくった金で作るのは明白ですね!
そうなるとまた金集めが始まると思いますので、何とか阻止する方法を考えた方がいいと思いますね!洗脳されている人達は喜んで金を出しちゃいますからね!
 また礼拝に行くと、グループ名簿に名前を書かされますが、あのリーダー格の人物はどういう資格なんでしょう?聞いた話ですが、そのリーダーは自分のグループの人達にマルチ商法のローンを組ませているらしいです。そうすると儲かった金は献金に流れるという仕組みですね。私にもその話が来たら絶対に断りますが、その時は、「ローンを組まないと、先祖の祟りが・・・」とか言いそうですね(笑)この辺も、何かのきっかけで表沙汰にしたいですね!


[1324]秀明改メニュー改良
fujiya
2005/8/1 19:00
PDF版「秀明改」のメニューを改良しました。
縮小版の画像を見ながらファイル選択ができるようにしました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1323]資格者へ 2
あるくもり信者
2005/8/1 15:48
秀明の資格者なら、この私でも、出来る。
地獄に堕ちるから ジョウレイしなさい。 献金しなさい。
これさえ言っておけばいいのですから。とても 簡単。
これで、月50万円くらい もらえるんですもんね。
そりゃあもう やめられないでしょうね。
資格者さんたち・・


[1322]俊子でしたね!
プーさん
2005/8/1 14:51
 そうでした、そうでした。確かそんな名前でした。ご神体も偽物なら、会主の名前も偽名でした。

 私が一時、信者であった頃(14年くらい前)は、私も含め大学生もたくさんいました。私は友達の紹介で入信したのですが、同世代の人がかなり多くいました。その人たちは今何をやっているんでしょうか?

 そうそう、HTは確か12月が誕生日だったと思います。入信当時、HTの誕生会に行ったことがあるんですが、その時もお祝い金として、いくらか取られました。そして、HTはその金をもらう前にローレックスの時計をみんなに見せて「どうせ、みんなからプレゼントがあるのはわかってたから、事前に時計を買いました。私には家財道具も何もかもありません。だから、時計くらい買わせてください」だって。結構いい時計をしていました。 そして翌日が本部月次祭。献金が少ないと資格者を大勢の前で責めていました。

 まあ、自分も当時は世間知らずの大学生だったので、このような光景が異常とまでは思っていなかったのですが、「すごいところだな」と思っていました。しかし、宗教者としての言葉や態度ではなかったです。本物の宗教者であれば、未信者からも尊敬される(少なくとも表向きには)「何か」を秘めていますよね。資格者や幹部たちはそんなかけらもない人たちばかりでした。


[1321]資格者へ
あるくもり信者
2005/8/1 14:29
霊能者のお告げによる自作自演の神意の離脱劇
偽ご神体、偽お屏風観音様、偽おひかり、偽ゴールド、偽ダイア、
これだけの、詐欺をはたらいていながら、資格者たちは、良心が痛まないのか?

よくそれで、人に『誠』とか 利他愛とか いえますね。

悔しかったら、神慈秀明会を、いったん解散し、新たな道に進んだほうがいいです。


[1320]まさに霊感商法
根絶
2005/8/1 7:31
PDF版「秀明改」のNo.15として、「文字を粗末にしてるのは?」
        
fujiya様 さっそく 拝見いたしました。
光という字の 拡大 縮小コピー切り貼り これって
マジですね。

うっそー。があーん。呆然・・・・。

って このことを いうのでしょうね。

おひかりで 3万円 。家庭用の ご神体の額15万円
これ 完全に 霊感商法ですね。

それから、この字も、多分、明主さまの 書いた字じゃないと思う。
あまりにも 下手すぎる。特に 『明』の字・・。
 
こんな いんちき宗教に ひっかかり、家庭をめちゃくちゃに された 被害者の恨み 報復は これから うずを巻きだすと 思います。

今まで 世界救世教に ちかづくな!って いってた
わけが わかりました。
この 不正が 発覚するのを 恐れてのことだったんですね。

史上最大の 詐欺教団 神慈秀明会の 解体の日は
もう そこまで きていますね。


[1319]昔は信者さんへ
鏡張り
2005/8/1 6:32
 丁寧な回答を頂き、ありがとうございます。
 ただ、一番伏字にしたほうが無難なところをはっきり書いていただいたので、びっくりしました。その話しについては、私もコメントできません。
 なお、参考情報なのですが、その入院したI先生は、札幌に赴任する前、○N病の治療のために、マクロビオティクを中心とした食事指導をする病院に通院していました。正確には、その近くのホテルに宿泊しながら、奥さんと2人で、そこに通院し、料理の仕方を習っていました。ただ、その病院の先生は、秀明会が邪神と非難しているI教団の信者さんなんですよね。秀明会の教師がI
教団の信者に病気を治してもらうのって、秀明会の常識では、変ですよね。
 いずれにせよ、昔は信者さんは、秀明会を辞めることができて、本当によかったですね。おめでとうございます。


[1318]fujiyaさんへ
昔は信者
2005/8/1 5:43
先日は、私の書き込みに優しい温かいお返事をありがとうございました。
今は周りの知人や親戚を『逆布教』しています。
このHPをずっと応援しますね!


[1317]鏡張りさんへ
昔は信者
2005/8/1 5:39
こんにちは。私が知っている情報についてレスさせていただきます。

@は、今も継続してます。
最北の支部設立時からいたO支部長(関西出身の年配女性)の退任後、浜松から新しくI支部長(中年男性)が一家全員で来ました。奥さんは助教師だったと思います。
そのI氏が○尿病(噂では精神に異常をきたした説も)で地元に戻った後は、行事のときだけT教師(三谷幸喜似)が浜松から通ってきている状態です。

Aに関しては、初めて聞きました。お役に立てずすみません。


[1316]秀明改、更新しました
fujiya
2005/8/1 2:30
 PDF版「秀明改」のNo.15として、「文字を粗末にしてるのは?」をアップしました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


 ギルドさん、こんばんは。
 大丈夫ですか? 無理をしないで下さいね。
 秀明を取り巻く「空気」が変わってきたようです。


[1315]霊能者通い
金色のROTAX
2005/8/1 1:05
霊能者もタダじゃない。
 秀明会の会主様は、離脱前から、ずっと、霊能者 竹内崇元のところに、通っていました。これは、救世教では有名な話です。救世教の行事までサボるのですから。

 でも、カリスマ霊能者のご託宣をもらうのには、かなりの高額な謝礼がいるんでしょうね。会主様は、大きな教会のオーナーだから、信者からの献金で、いくらでも霊能者のところに行けたのですね。やっぱり、世の中、お金だ。

 会主様は、馬鹿な信者という世界で一番大きな財布を持っていたんだから、何でもできたんですね。僕も、そんなおおきな財布ほしいな。でも、僕は貧乏な生まれだから、お金の使い方すらよく知りません。男爵の家の生まれだと、いろんなお金の使い方を知っているんですね。

 秀明会の観音様頂いたら、来世で、金持ちになれるかな?


[1314]金色のROTAXの正体を知っている人たち
金色のROTAX
2005/8/1 0:52
金色のROTAXの正体を知っている人たち
 秀明会の観音様が、明主様の書いたものを部外者の業者が手書きで模写をしたという話しを秀明会幹部は知っているのか?
 はい、彼らは知っています。二年前に、この事実がネット上で暴露された際、秀明会本部の幹部会、部長会で、御神体の偽造と観音様の模写が議題にされたと私の所属する出張所の男子教師は教えてくれました。
 幹部会のOK先生とHT先生は、「そんな話は聞きたくもない。会主様がそんなことをするはずがない。」とヒステリックに絶叫し、会議にならなかったそうです。といっても、HT先生はいつもヒステリックですが。
 部長会では、話しがいい意味で盛り上がり、今後、対策室のようなものを設置して、前向きな対処をしたいという方向ではなしは終わったそうです。もっとも、こいった対策室はいまだ存在しませんが。
 幹部会で議題になっている以上、弘子会長もこの偽造、模写の話は知っています。知っていて、あいかわらず、模写のコピー品を生産しています。別にいいですけど。ネットを見ている人はみんな知っていますから。コピー商品として、信者は買っているのですから。知っていて買うのですから、詐欺にはなりません。
 ある支部で、秀明会の模写の観音様を秀明会本部にお願いして、取り替えようとした人がいました。しかし、それがきっかけで、その人は秀明会を辞めることとなりました。
 みんな、いい大人なんだから、非常識な行動はみっともないですよ。


[1313]金色のROTAX
金色のROTAX
2005/7/31 23:21
 金色のROTAX
秀明会の観音様の色が、おかしいということは(昔は白地に黒線だったのに、離脱後は紫色に金線)、離脱前からの信者は知っています。離脱前は、白地に黒だったのですから。離脱前からの信者は、世界救世教から下付を受けていた観音様を捨てて、秀明会のコピー品に買い換えた。
 離脱前からの信者は、この話を決してしない。自分でも、うすうす気づいているのでしょう。この話しが新しい信者にばれると、まずいのが。

 なお、秀明会の観音様が、明主様の書いた絵姿のコピーではなく、未信者の手書きの模写にすぎないことが判明したのは、つい2年間のことであり、これを発見したのは、岡インというサイトの管理者らしい。

 観音様の色の変更は、霊能者 竹内崇元の指示によることも、すでに、岡インに暴露されている。情報源は、秀明会といっしょに、竹内氏のところに行っていた教会長の日記である。

 秀明会という宗教法人は、霊能者 竹内崇元のお告げに従い、作られた団体であり、離脱の決定も、御神体の偽造も、観音様の変な紫色も、すべて竹内氏の指示によるものであることは、ネット界の常識になってしまった。

 でも、そんなこと、もう、どうでもいいじゃないですか。宗教とは、見えない世界を対象とするものであり、元々、いかがわしいジャンルなんですから。秀明会を作ったのが、明主様であろうが、会主様であろうが、霊能者 竹内崇元であろうが、そんなこと、もうどうでもいいじゃないですか。
 確かに、宗教が人の心の問題であるのだとしても、宗教団体が教えを利用してただお金をもうけるためだけに存在することくらい、世間の人はみな知っていますよ。団体が大きくなれば、職員が増え、施設も増え、団体の存在理由は、これを維持することのみに変貌します。つまり、どうやってお金を少しでも多く、信者から集めるのかが、宗教団体の第一目的になります。これは必然です。

 私はこの竹内という見たことも聞いたこともない霊能者が考案した秀明会の観音様をこれからも仏壇に入れておきます。もう、こんな話しどうでもいいですから。これが気に食わない先祖は、霊界で、本物の観音様を自分で買ってください。私はもうこれ以上宗教にお金を使う気はありません。


[1312]皆さんがんばって下さい。
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/31 22:15
今はこちら側の体制を整えていずれ反撃します。
掴んでいる事があります。
危険なのでしばらくじっとしています。

[1311]ROTAXで我慢します
鏡張り
2005/7/31 21:52
 秀明改「コピー品はどっちだ」を読みました。
 秀明会の観音様には、教祖の明主様のサイン(自観)もありませんね。これは、上の写真のヴィトンのバッグでいうと、会社のマークの金具の部分ですね。コピー品というより模写だから、商標に相当するサインも消したのであれば、販売店としては正直で、良心的といえるのかもしれませんね。
 「明主様のサインがないんだから、模写ということをわざわざ言わなくても気づいてね」という小山美秀子先生の目くばせに、宗教にも要求される阿吽の呼吸の必要性を感じます。
 秀明会は、世界救世教を離脱した以上、明主様がお書きになられたものはもう使えない。これは世間の常識に従えば、当然なのかも。ヴィトンの重役が、ヴィトンを辞めて、独立したとします。この人が辞めた後も、自分の新会社でヴィトンの商標を使用した商品を製造、販売するということは許されませんよね。秀明会も同じなのでしょう。
 所詮、たかが宗教なのですから、出家でもしていれば別ですが、こんな細かい話しどうでもいいじゃないですか。一般社会人にとっては、家庭があり、職場があり、学校があるのであり、宗教はその周辺に位置するホビーの世界にすぎません。私は、ROTAXでも、ROLEXでも、どっちでもかまいません。ROTAXが嫌なら、ROLEXを買えばいいし、お金がなけらば、セイコーを買えばいい。現実を見たくなければ、ROTAXに蓋をして、机の奥にしまえばいい。
 ただ、みじめなのは、金色のROTAXをROLEXと思い込んで、いつまでも、腕につけている人です。誰か教えてあげてくれ。


[1310]創造主の意図?
わたし
2005/7/31 19:43
世界救世教系教団の御教えの一つひとつ追求していくと数々の矛盾に突き当たる。私はこの御教えにメスを入れてみることをこの掲示板をとおして許されたい。

世界メシヤ教教義から入ってみたい。
世界の創造主たる主の大神がこの地上に天国を樹立するべく太初より経綸を行なわせている。という一神教的な
考察のもとに始まっているが、神とはなんぞや?

神とはエホバ(ヤハウェ)であろうが、これは旧約聖書の神である。砂漠宗教から生まれた天地創造主を指していると思えわれるが、ヤハウェの神はこの地方で生まれた神である。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の神である。彼等の経典は旧約聖書は共通であると聞いている。ただしイエス・キリストは救世主ではないとユダヤ教もイスラム教もイエスを認めてはいないのは周知。

このヤハウェの神なるものが、イラク戦争、テロを起こしているのだから大いなる矛盾であり、したがって救世教系教団の神「みろくおおみかみ」なる天の父は「戦争の神」ということになろう。

それにしても、別の御教えによれば「いづのめ大神」が観音となり、その本体が「主神」であるというのだから、まったく不可解極まりない。この神ヤハウェの神は観音ということになるのか?

そしてこの観音(千手観音)とヤハウェの神が地上に天国を造るというのである。それも岡田教祖ただひとりを使って。創業70年(大日本観音会より)という神の功績は地上天国はおろか戦争、戦争による飢餓、病巣をもたらしており、天の父のなせる業は破壊、闘争ではあるまいか。

したがってこれらを信じるとしたら、まさに闘争心旺盛な教団と化しているのは救世教系教団として合っているのかもしれない。


[1309]御教えは違ってますが・・・
わたし
2005/7/31 14:18
明主様の御教えは仏教を曲解して説いています。

観音様はお釈迦様に仏教を教えたのではないということ。華厳経にそう書いてあると言ってますが、善財童子をお釈迦さまとして明主様はおっしゃっていますが、善財童子とお釈迦様とは違います。しかも布咀落迦山はインドの南方の山で、当時お釈迦様は一生かかってもそこに行くことは不可能でした。従って観音様から教えをいただいて悟りを開いたというのはあり得ません。

お釈迦様はインドの北東に位置するブッダガヤで悟りを開かれました。禅定によって・・・

また、お釈迦様は末法の世を法滅尽経で説いているとのことですが、お釈迦様の教えは何世紀も立ってから当時の人の手によって書かれたものですから、比喩的表現として書かれたものです。

お釈迦様は「今を生きよ」とおっしゃったので、予言は好まれませんでした。

明主様はこの地上から病貧争のない恒久平和の理想世界を打ち立てると説いてますが、この世の生老病死は理想世界となっても消えないでしょう。
浄霊で一時病気が治ったとしても、老いて死すのが大自然の法則であり、栄枯盛衰、生者必滅の理であります。

また、仏教をミロクの世は仏滅であるから力がなくなると説いておられますが、仏教の教えは今、この殺伐とした世界の人々の癒しの教えとして受け入れられています。脳内のアルファー波を瞑想することで癒そうとしています。代替医療の1つとしてのインド医学そうでしょう。禅道場が盛んなのもそうでしょう。

明主様は仏教を批判し、力なき既成宗教としていますが
他宗を誹謗しないと説きながら自ら教えを破っています。

最後に仏教は宗派が救世教系教団よりはるかに多いですがこれは経文は複雑であるからと説いています。

しかしながらそういう世界救世教系教団は多いのは御教えの理解の違いよりも、その教団幹部のエゴの行きすぎによるものであり、経文の理解の違いによる分派のほうがよりレベルの高い分裂のあり方です。
これは諍いを好まぬお釈迦様であったからこそです。

21世紀になりました。ミロクの世は来ませんね。そうこないのです。ミロクの世は己の心にあって見えなくしているのですから・・・己の自派が正しいと今になっても言い合っているようでは教祖の力も察しが付きます。

私は一離脱団体を云々するのではなく、仏教を誹謗中傷した御教えに対して意見するものです。「真理は1つであって、登る坂道が違うことを世界救世教系教団は知るべきです。救世教系教団の教祖はナンバー1ではなく、あらゆる善意なる教えは「オンリー1」である。


[1308]秀明改、更新しました
fujiya
2005/7/31 14:06
PDF版「秀明改」のNo.14として、「コピー品はどっちだ?」をアップしました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1307]俊子です
fujiya
2005/7/30 21:29
 神慈秀明会会主・小山美秀子は明治43年5月51日、河崎孝造・ツネの二女として大阪府で出生しました。
 当時の名前は俊子。美秀子は後に改名した名前です。
 改名は明主の意見によると言われていますが、本当のところはよく分かっていません。何せ、霊能者のいうことを簡単に聞くような人なので、単なる姓名判断の結果を信じて変えただけかも知れません。
 何しろウソで固めたような人たちですから本人の言っていることは最も疑ってかかるべきかと思いますが・・・。


[1306]宗教って何?
プーさん
2005/7/30 19:50
宗教って、本当になんだろう?って思ってしまいます。キリスト教にしろイスラム教にしろ、行き着く先は殺し合い、奪い合いです。

 しかし、ある人がこんなことを言っていたのを思い出します。「仏教は生きている人を救わないけど、キリスト教は生きている人を救う」と。「神にすべてを任せよう。神が最善の時を選んでくださる」というキリスト教の教えが、病気などで死を目の前にした人や家族を救う、ということなのでしょう。
 
 既存の宗教にもいろいろ問題はあるけど、結局、今生きている人を救う、または今生きている人に何らかの安らぎや安心感を与えるのが、本物の宗教ではないかと思います。

 たとえ豪華な施設を建てようとも、有名人が来ようとも、その宗教の教えが人々の心に入っていかなければ、その教えが広まることはないと思います。ましてや、人を騙し(しかも幼稚な方法で)、脅迫し、監禁まがいのことをして。そんな宗教はこれ以上、大きくなりようがないと思います。

 ところで・・・故○山美秀子の「美秀子」は確か本名ではなかったですよね。それこそ明主様についてていただいた名前だって、言っていたような・・・?本名は何でしたっけ?


[1305]命様ご講話集・2
根絶
2005/7/30 19:07
1000円もしたんですか?
たかっ!。
さすが 金銭欲のかたまり。
あつかましい 奴らですねぇ。

この本って 惣吉が 40くらいのとき 書いたんでしょうが、完全にいかれてますね。

まさに 「分裂病性宗教妄想」
サイコパス・・オウムの麻原と同じですね。

でも、この本のおかげで、秀明の信者・特に若者への・洗脳の実態を 裁判などで、立証することが出来ますね。

あ〜よかった。惣吉よ。いい遺物を 残してくれた。
  よ〜く やった。褒めてつかわす。。


[1304]命様ご講話集
葉子
2005/7/30 18:13
配布って無料ってことですよね。
そんなわけありませんでしょう。
1冊1000円くらいで買わされたんですよ。

今でも売ってるのはきっと在庫があるから。
なくなるまで店頭に並び続けるでしょう。


[1303]かもめのジョンナサン
fujiya
2005/7/30 17:37
 「かもめのジョンナサン」ねー・・・・。
 私も初めてあの本を見たときは、目が点になりました。
 一緒に収録されている、「コルベ神父」、「世界人の条件」という話しも、「これぞカルトの極み」という内容で、よくぞここまでカルト精神を恥ずかしくもなくさらけ出してくれたと感心するほどの内容でした。

 でも、未だに秀明会としてあの本を絶版にしてはいませんから、いまでもどこかで使っているんでしょうねー。

[1302]約束2
根絶
2005/7/30 14:59
出ましたあ。
かもめのジョナサン。
若者の洗脳のためのハンドブックですね。
天下一品の詐欺師 小山 惣吉の 真骨頂です。

この ハンドブックが 当時の若者に 配布されました。
そして 純粋な若者は洗脳されましたね。

この ハンドブックを 胸のポケットに入れさせたんですね。で・もって 約20年前 穢れを知らない純粋な当時の 若者は 自己放棄 夏期布教 青年用サラ金に 身を投じ、滅ぼすこととに なったのです。

  小山 惣吉の罪は 重罪です。

  決して 許しません。

 警察にも 秀明会の これまでの悪行は 通告してあ りますし、 あと 何かの アクションさえあれば
 いいのですが・・・。すぐ 動けるんですがね。 
 


[1301]約束
葉子
2005/7/30 13:07
命様ご講和集1 かもめのジョナサン P16 より
「約束にもいろいろあります。正しい約束は明主様との約束です。これは絶対守らねばなりません。しかし明主様のご用を邪魔するような約束は「そんなたぐいの約束」になるので、守る必要はさらさらないのです。もっと大きな目的のためには・・・ということですね。」

明主様のみ教え「誠の有る無し」にある「約束の厳守」、この約束は「明主様との」だといわれ、他の約束を断るのによくウソつきました。
これで入信対象ではない未信者から遠ざかり、秀明会にしか居場所がなくなったんですよね・・・

[1300]世話人の方たちへ
根絶
2005/7/30 12:42
ここを 訪れた 世話人の方へ 
早く お世話をしている 信者さんたちに ここに
書かれてある事実を知らせてあげてください。
早く 脱会させてやってください。
そうしないと 後で きっと 後悔することとなりますよ。
もしくは 世話をしている信者さんから 一生恨まれることになりますよ。
これ ほんと まじめな 話です。
後で 裁判ざたに なったら 世話人も 訴えられるんですからね。

無報酬でやってるのに ・・・。
前科ものには なりたくないでしょ?

ですので 早く末端信者に 知らせてあげてください。
それが 本当の『誠』です。

お願いします。 

[1299]まめさんへ、5
fujiya
2005/7/30 11:58
 まめさんが、お父様に秀明会の話を切り出すきっかけとして、PDF版の「秀明改」を印刷しておいて、それをお父様にちらっと見せて、「こんなものがインターネットにあったんだけどー?」と言って話を切りだしてみてはいかがでしょうか?

 支部に行って、「リセットとか秀研とかの資料ありますか?」と聞くと、周囲の人々の顔色が変わりますので、そのような発言はされないほうがいいでしょう(冗談です)。
 「秀明改」を印刷しておいて、支部に忘れ物として置いてくるとおもしろい反応が起きるかも知れませんので、試してみる価値はあるかも知れません(握り潰される公算が大ですが・・)。


[1298]昔は信者さんへ
鏡張り
2005/7/30 7:07
昔は信者さんにお聞きします。
 最北の支部に関して、こんな噂を聞いたことがあります。
@ここの支部長がある特殊な病におかされ、浜松の先生が月次祭などの行事のときだけ代理の支部長としてやってきていた。
A世界救世教の信者が町中で、お花を配る活動をしていたところ、秀明会の教師の命令で、これを妨害した。
 この噂の真偽をお伺いします。病気に関してはプライベートなことなので、○の伏字でお願いします。
 その他の最北の支部所属の方も、参加してください。


[1297]まめさんへ2
通りすがり
2005/7/30 4:13
>通りすがりの言っている「リセット」や「秀研」、今度手に入れて一度読んでみます。支部にあるかな。

誤解されてしまったようですが、「リセット」「秀研」はホームページの名前です。

どちらも、「離脱の神意」という教義に、完全にとどめをさす内容です。

「リセット」
http://reset2005suu.hp.infoseek.co.jp/
「秀研」
http://izumo.cool.ne.jp/shuken/

まめさんが離脱の神意を勉強したことがあるのでしたら、 ここに書いてあることが、いかに神慈秀明会の
根本を崩壊させる物であるか、理解されるのではと思います。

神慈秀明会の信者は、活動が非常識であるという
攻撃には、比較的抵抗力があるのです。

なぜなら、信者が間違った活動をしても、
それはその信者の個別的な問題にすぎず、
それよりも、神慈秀明会には絶対的な正義があるので、
活動の非常識やちょっとした嘘などは、
些末な問題でしかないと信者は考えているからです。

そして、その「絶対的正義」の根本的な根拠は「離脱の真意」にあるのです。
(明主様(岡田茂吉)にあるのではないのです。)

ですから、離脱の神意を完全に論破している
これらのホームページの効果は絶大です。

まめさんの場合、お父さんに見てもらう前に、
お母さんと一緒に見てもらい、どのように
お父さんに言うべきかを相談した方がいいのかも
しれませんね。


[1296]fujiyaさん、通りすがりさんへ
まめ
2005/7/30 1:27
お返事遅くなってすいません。普通に返信しただけなんでそんな、真面目とかじゃないですよ!

私の母にちょっとだけここのHPに記されていた秀明会の嘘を話しました。母は多分父はこういった嘘関連のコトも知っているでしょうと言いました。私もそんな気がします。fujiyaさんがおっしゃった「見つめている」のだと思います。
今日父と二人きりになったとき、このHPのことを言おう言おうと心構えしてたんですが、どうしても言えませんでした。どう切り出したらいいかな・・・。また家庭内で秀明会の話が出てきたときに教えてみます。

>全てのウソは秀明会上層部が発信源です。

上層部をなんとか変えることはできないのでしょうか。
今まで秀明会によって悲しい思いをした、財産を失った、秀明会では嘘を公表しているということがこのHPにきて初めて知りました。
しかし以前、支部で何かの会か忘れましたが子供連れのおばさんがマイクでスピーチをはじめました(ウチの支部ではときどき浄霊による奇跡や自然農法に対する感想などをスピーチしたりするんです)。それで、そのおばさんの子供は病気がヒドイらしくて、結構危なかったみたいなんです。おばさんは涙を流しながら浄霊によって治ったと言っていました。

こうして秀明会に感謝しているおばさんがいるのに対し上層部が単なる詐欺集団ならばとてもじゃないが許せません。許せることではありません。どうしたら変わることができるでしょうか。

通りすがりの言っている「リセット」や「秀研」、今度手に入れて一度読んでみます。支部にあるかな。

fujiyaさん、通りすがりさん、お返事ありがとうございました。


[1295]葉子さまへ
根絶
2005/7/29 20:32
>もう新規入信がほとんど望めなくなってきた今、せめて今ぐらいの収入をこれからも確保しようと子どもを洗脳するのでしょう。その子どもが大きくなった時、未信者と結婚すれば万々歳。信者数も増え、収入も増えます。
会主様は未信者との結婚を奨励しています。命様の娘二人はその教えどおり未信者と結婚したそうです。


 聞いて 唖然としました。。まるで 戦国時代の
 政略結婚みたいですね。

 ここまでして 小山教の存続を 図っているんですね
 もう 怖くなって きました。


[1294]次世代教育
葉子
2005/7/29 17:56
もう新規入信がほとんど望めなくなってきた今、せめて今ぐらいの収入をこれからも確保しようと子どもを洗脳するのでしょう。その子どもが大きくなった時、未信者と結婚すれば万々歳。信者数も増え、収入も増えます。
会主様は未信者との結婚を奨励しています。命様の娘二人はその教えどおり未信者と結婚したそうです。


[1293]入信勧誘.2
あるくもり信者
2005/7/29 16:21
秀明もそうでしたが、この団体も、学生をターゲットに
してるようですね。
純粋で、すぐひっかかりやすいから。。

これに関連し、秀明の、次世代教育、これも、また、問題ですね。

秀明としては、将来のことを、考えて、一生懸命 延命策を 講じているのでしょうが・・・。


[1292]入信勧誘
fujiya
2005/7/29 12:40
[1290]の情報を検索してみました。

(神奈川新聞より)
2005/07/28 19:46:32
入信迫って知人を監禁/瀬谷署ほか
 入信を迫って知人を監禁したとして、県警公安1課と瀬谷署は28日、いずれも宗教法人顕正会(本部さいたま市)の会員で横浜市泉区和泉町、私立大3年石川秀樹(20)と同市鶴見区鶴見中央2丁目、派遣会社員行徳祐一(28)の両容疑者を監禁容疑で逮捕した。
 調べでは、2人は5月5日午後10時ごろ、東京都多摩市に住む国立大3年の男子学生(20)を横浜市瀬谷区五貫目町の住宅に監禁し「入信しないと地獄に落ちる」などと迫った疑い。大学生は2時間後に解放された。
 石川容疑者が3月、都内のゲームセンターで大学生に声を掛け、当日は行徳容疑者とともに渋谷で待ち合わせした後、大学生を横浜に連れて行ったという。調べに対し2人は「勧誘はしたが監禁した認識はない」と供述しているという。
 県警は強制的な勧誘行為が組織的に行われた疑いもあるとして、2人が出入りしていた横浜会館(横浜市港北区新横浜1丁目)など5カ所を家宅捜索。パソコンや文書類など約400点を押収して調べている。
 顕正会は仏教系の宗教団体で、県内には横浜のほか相模(藤沢市)、小田原(小田原市)の3拠点がある。会員の逮捕について本部は「会員が相手の幸せのために勧誘の話をしただけであり、強制はしていない。虚偽の告訴に基づく完全な不当逮捕だ」と話している。
 公安1課によると、顕正会の勧誘をめぐるトラブルは一昨年来、年100件のペースで寄せられており、今年3月には暴行などの容疑で会員1人が逮捕されている。
---------------------------------------------------

 ここの団体も色々問題を起こしていますね。
>相手の幸せのために勧誘の話をしただけであり・・・
 似たようなせりふを、どこかで聞いたことがあるような・・・


[1291]まめさんへ
通りすがり
2005/7/29 11:57
>「けどお父さんが家族を守れることといったらこれぐらいしかない」

まめさんへ、お父さんに「リセット」や「秀研」を読ませてあげてください。

「リセット」には、根拠となる教えの文章や写真が全然掲載されていませんが、それは「秀研」にあります。

それを読んでもらった後、「この宗教で、本当に家族が守れるのか?」と質問してください。


[1290]けさのニュース
あるくもり信者
2005/7/29 11:19
『宗教法人入会勧誘、大学生を監禁容疑で2人逮捕』

    けさの ニュース 見ましたか?

まだ世間にすれていない高校生・大学生をターゲットに入信しないと 地獄に堕ちるといって執拗に勧誘した。

秀明は これどころでは ありませんでした。
よく今まで もちこえられたものです。

しかし 包囲網は 確実に 目の前まで迫ってきています。秀明が マスコミを賑わす日は もうすぐそこまで来ています。







[1289]浄霊
チョコボール
2005/7/29 8:27
fujiya様、鏡張り様
信者でもない私に、わざわざ質問に答えていただきありがとうございます。参照されたホームページを読んでみます。ちょくちょく、このホームページを読ましていただきます。


[1288]まめさんへ、4
fujiya
2005/7/28 22:32
 まめさんはとても真面目な方ですね。
 こうして、ちゃんとまた返信を書いて頂けたことを、とても嬉しく思います。それも、長文の返信をきちんと書けているところにまめさんの人柄が表れているように思いました。

 そうですか、お母様も信者だったけれど、お母様は秀明会を辞めておられたんですねー。

>「けどお父さんが家族を守れることといったらこれぐらいしかない」

 この言葉、とてもつらい言葉ですね・・・。
 お父様の心中が察せられます。お父様も秀明会の矛盾に気付きながらも、その一方で家族を守るために秀明会に、まだかすかな期待を寄せておられるのでしょうか・・・。
 奇しくも、こちらのサイト名も「家族を新興宗教から守ろう」という名称です。私も家族を守るため、まめさんのお父様も家族を守るために秀明会を見つめています。

 秀明会が家族にとって幸せをもたらすものであったら、どんなに良いことでしょう。
 しかし現実には、秀明信仰を続けたために多くの家族が離散し、夫婦が離婚し、恋人同志が分かれ、親子の縁を泣く泣く切った方も多いのが実状です。
 秀明信仰によって数多くの被害者が発生しているのはなぜなのでしょう?

 それは秀明会が信者にウソをついてきたからなのではないでしょうか。
 秀明会のウソは一つや二つではありません。世界救世教から秀明会が離脱した過程にウソがあり、離脱して新たなご神体を作成した過程にウソがあり、教祖の教えを聖教書という書物にまとめる過程でウソがあり、奇跡とされたダイヤやゴールドもウソであり、医師に見放され失明寸前だった目が浄霊で治ったとするおかげ話もウソであり、イラクから来たモハマド君に浄霊したという話もウソであり、イラクの爆発事件で亡くなった子供に秀明信者が浄霊したという話もウソであり・・・・・・。

 どうして秀明会はこんなにたくさんのウソを信者につかなければならないのでしょう?
 『誠』という言葉は小山弘子会長のお気に入りの言葉であるようですが、『誠』を説く人が、信者に対してこのようにたくさんのウソをつかねばならない理由は何なのでしょう?
 昔から「うそつきは泥棒の始まり」と言います。人にウソをつくのは悪いことです。
 秀明会のウソを信じてしまっために、多額の献金を繰り返し、会社や大学も辞めてしまい、多くの信者が人生を棒に振り、多くの家族がたくさんの涙を流しています。

 世の中ではこうした犯罪を、「詐欺」と呼びます。
 宗教に名を借りた詐欺師集団が秀明会の上層部の本当の姿です。
 しかし、それに騙され、秀明会はいい宗教だと思っている一般信者さんは、皆さん純朴な良い人ばかりなのです。人がいいから騙されてしまうのです。
 秀明会に対する批判を見聞きしたとき、まめさんの近くにいる一般信者さんを思い出して考えると、批判は的はずれであり、単なる誹謗中傷にしか聞こえないでしょう。
 そうなのです。一般信者さんは批判される対象ではないのです。一般信者さんは被害者なのです。
 私たちが秀明会を批判しているのは、秀明会の上層部なのです。全てのウソは秀明会上層部が発信源です。

 このような団体に家族や友人を残しておいて良いのでしょうか?
 お父様、お母様と一緒に、もう一度秀明会について考えてみられてはいかがでしょう。


[1287]本を出そうかな。
根絶
2005/7/28 21:46
ここで、これまでの整理を・・。
故ミホコちゃんは 芦屋の財閥の娘だった。
しかし、戦後の財閥解体で その財産はすべて無くなってしまった。


しかたなく 一般庶民の 小山氏と 結婚し 3人の 子が 出来た。

ここで その3人のを 紹介しよう・・。
長男・・あの 布教キチガイ 惣吉  その過激な集金・信者獲得の手法で 周囲の 生霊をもらい48で若死に。
次男・・エイジ・・ようわからんが 今はちゃっかり 小山教の 関連の霊感商法会社 豊和商事の社長である。
長女・・弘子・・現在の会長 結婚後 間もなく 旦那さんと死別 飛行機事故だったそうだ。

まさに 神慈秀明会・・小山一族のための 宗教ビジネスである。

3人の子を もうけたが・・・し・か・し・・。
美秀子の お嬢様としての プライドは 一般の家庭内の主婦で いることを 許さなかった。

常に 周囲の 羨望の的でいたかった。
たまたま 入信した 明主様信仰で 明主様に出合った。そのとき 美秀子の潜在意欲がまた蘇った。
明主さまみたいに なりたい・。私は エリート・・そこらの 庶民とは ちがう。
大金もちの お嬢様なのよ。。
プライドが高く 勝気な 美秀子の ハートに 火がついたのだ・・。
それを機に 神慈秀明会は カルトの 道を 歩みだしたのである。

                                   続く・・。
 
本を 出したくなってきましたわ。


[1286]fujiyaさん、あるくもり信者さんへ
まめ
2005/7/28 21:12
fujiyaさん、あるくもり信者さん、お返事ありがとうございます。

fujiyaさんがおっしゃる通り、神慈秀明会は過去に相当きつい布教活動(今は特に見られませんが)や社会問題として取り上げられてたみたいです。私の母も昔は神慈秀明会の信者でした。しかしその矛盾したやり方や納得いかない行動に疑問を持ち、辞めたんです。
私が最初に神慈秀明会に疑問を持ち始めた頃、母にいろいろ辞めた理由などを聞きました。父も母の言い分を聞いてます。せっかくなので私の不満や疑問も暴露しました。父は「ん〜、確かにそうだなぁ」という感じで聞いてくれました。そして最後にこう言いました。「けどお父さんが家族を守れることといったらこれぐらいしかない」。何も言い返せませんでした・・・。
父にここのHPのこと、頑張って教えてみますね。説得まではいかないけど、神慈秀明会の裏はこんなんだよ、っていうことを教えてあげたいです。

あと、私的に一番ショックだった点がダイヤモンドが偽者だったということ。私もダイヤモンドを鑑定に出したらどんな結果が出てくるんだろうと考えていたんですが、ここのHPに書かれているのを見て唖然としました。これは言い分けしようの無いことですよね、かなりショックです。会主様が本部で嬉しそうに語ってた「家で金を見つけた」というのも、全て嘘だったと思うと・・・。
けどあるくもり信者さんが言うように私も末端信者さんは言い人が比較的多いと思います。私の神慈秀明会での周りの人はとても良い人ばかりですので。

あ、そういえばこの前私はもう思いきって支部にいるお偉いさん(幹部?先生?みたいな人)に私の話を聞いてもらえるように頼んだんです。世話人の人は困りながらも承知し、連絡をいれると私に確かに伝えたんです。しかし、いざ支部につくと大学生の人に聞いてねってことで数人の大学生のなかに・・・。結局応じてはくれませんでした。(でもこの大学生の人達はとてもいい人達でした!)私みたいな一般信者(仮)の悩みを幹部・先生方は聞いてはくれないのでしょうか?どうしても一度直接問いただしてハッキリした解答を聞きたいんです。

長文すいませんでした。fujiyaさん、あるくもり信者さん、お答えくださって本当にありがとうございました。


[1285]まめさんへ。3
あるくもり信者
2005/7/28 17:07
まめさんへ。きっとまめさんのお父様はやさしい素敵な方だとおもいます。
この神慈秀明会の末端信者はみんな心が純粋で、人を疑うことを好まないやさしい人ばかりなのです。

この神慈秀明会の問題点は、故会主小山美秀子 と その息子であり、前会長であった故小山 惣吉が、明主様を利用し、ご神体とお光の模造、変造、偽造で、明主様信仰とは名ばかりの神慈秀明会(小山教)をつくり、その小山教を広めたいという野望を実現させようと、数々の詐欺、恐喝、恐怖心をあおっての、お金あつめ、信者獲得を 行ったため、その被害者が日本全国にたくさんいる出たということなんです。
悪いのは、小山一族と、それで給料を得ている資格者たちなんです。

お父様は、ただ利用されているだけなんです。


[1284]まめさんへ、2
fujiya
2005/7/28 16:06
 [1283]の書き込みで、お父様を私が説得すると書きましたが、お父様を説得するのに最も適した人は、私などではなく、まめさんが最も適任であることも忘れないで頂きたいと思います。

 普通の親子関係が保たれている家庭であれば、親としては自分の子供が親のことを心配して色々言ってくれるのはとても貴重な意見なのです。
 親を見捨ててしまいたくなるような親子関係ならば、誰も真剣に親に対して意見を述べたりはしないでしょう。本当に親のことを心配すればこそ親に対して意見を言うわけであり、自分の子供が真剣に親の将来を心配して意見を言ってくれるのを無視したりうるさく感ずる親はごく少数だと思います。
 少なくても私は、自分の子供が真剣に私に対して意見を言ってくれる場合は、誰の意見よりも真剣に聞きます。それはやはり自分の子供がかわいいからです。
 他人に言われたら腹が立ったり反発したくなくような意見であっても、自分の子供が親のことを心配して言ってくれる意見であれば素直に聞き入れられるように思います。


[1283]まめさんへ
fujiya
2005/7/28 15:41
 まめさん、こんにちは。勇気を出してここに書き込んで頂き、ありがとうございます。

 秀明会が宗教として信ずるに値するものか?と聞かれると、私の答えは、「絶対信ずるには値しないものです」となります。
 なぜ私がそのような結論を出さねばならないかは「家族を新興宗教から守ろう」や、この掲示板でのやりとりを見ていただくとまめさんにもお分かり頂けるのではないかと思います。
 まめさんにはあまりにも厳しい言葉に聞こえるかも知れませんが、神慈秀明会は宗教的にも多くのウソで塗り固められており、また、実際の活動においてもオウムに匹敵する多くの事件、問題を起こしてきた団体です。秀明のために人生を狂わされた多くの被害者がいます。家族を秀明に奪われ、泣いている多くの家族もいます。秀明の実態を知っている人から見れば、秀明はまともな宗教といえるものでは決してないのです。

 まめさんお一人だけの問題であれば解決も比較的簡単なのですが、まめさんだけが秀明問題を解決してもお父様がそのまま秀明信仰を続けていたのでは何かと具合も悪く、まめさんとしてもお父様を引き続き秀明というとんでもない団体に残しておかれるのは大変心苦しいことだと思います。
 できましたら、まめさんのお父様にもこの掲示板においで頂くことはできないでしょうか?
 もしおいで頂けましたら、私が誠意を持ってお父様の説得に当たらせて頂きます。

 でも、まめさん。希望を失わないでください。
 まめさんと同じように悩み、迷い、苦しんできた秀明信者の方はたくさんおられます。 でも、多くの元秀明信者の方々は秀明を捨てて新しい人生を生きておられます。
 まめさんはまだお若いのですから、いくらでもやり直しは可能です。お父様の問題をどのように解決するかは今後の問題として考えて行きましょう。

 この掲示板に来ておられる多くの方々がまめさんを応援してくれると思いますので、一緒に頑張りましょう。


[1282]プラシーボ
fujiya
2005/7/28 14:34
 プーさん、お知らせありがとうございます。
 Yahoo以外の検索エンジンでは「家族を新興宗教から守ろう」のページが上位に表示されるのですが、確かに現在のYahooでの検索ではメインページがヒットしないようです。

 メインページを検索ロボットの検索にかかりやすいように書き直しましたので、数日以内には上位に入るのでは?と思います。

 私もプラシーボ効果についてのページを以前から作成中なのですが、途中でほったらかしになっていました。再度きちっと作成してアップしたいと思います。


[1281]わからない
まめ
2005/7/28 13:28
こんにちわ、はじめまして。
私は今現在高校生でして、神慈秀明会の(いちよう)信者です。今とっても悩んでいます。
私は中学生になり転校してから高校になるまで秀明会の行事に参加していませんでした(学生講座や秀勉他いろいろ)。中学のときに秀明会に対する疑問や不満がありましたので好都合なんでしたが。
そこで最近、世話人の方や信者さん、学生さんに来るように誘われるようになったわけですが、秀明会に対する疑問もありますし、何より神慈秀明会は信じても良い、救いをくださる宗教なのかいささか不安です。
私の父は私が生まれる以前から秀明会に入信しており、「家族の幸せのため」と、貢献しています。累積していくと今までに数百万は支払っていると思います。
もし、神慈秀明会がただの詐欺団体だったとしたら、私の父がかわいそうで仕方ありません。
このまま神慈秀明会の信者として、生活していくのはよいでしょうか?


[1280]プラシーボ効果
プーさん
2005/7/28 13:23
 根絶さん、やはり秀明会ってそんなところなんですよね。早く解体したいと思いますね。

 さて、プラシーボ効果については、以前日テレの「特命リサーチ」でこんな実験をやっていました。ご覧になった方もいらっしゃると思います。

 乗り物酔いをしやすい20人を集め、実験の趣旨は話さず、2つのチームに分けた。Aチームは何もしない、Bチームには「これは乗り物酔いに非常によく効く薬で、これを飲むと絶対に乗り物酔いをしない」といって薬を飲ませた。
 さて、実験開始!2つのチームをそれぞれバスに乗せた。2台のバスは駐車場で一番乗り物酔いをしやすい8の字走行を行った。バスの中では被験者に本を読んでもらった。5分ごとにバスを止め、気分が悪くなった被験者にはバスを降りてもらう。結果は・・・。
 30分後、何もしなかったAチームは10人中10人全員がバスから降りていた。薬を飲んだBチームは10人中7人がバスに残っていた。実験終了後、Bチームの被験者に「何故今回は乗り物酔いをしなかったのか?」と尋ねると7人とも「薬が効いた」と答えた。しかし、この薬は偽物であった。
 これは、「プラシーボ効果」によるもので、薬を飲んだという安心感により、人間が本来持っている自然治癒力が引き出された例である。

 この結果に対して、科学の世界では「プラシーボ効果」「イメージトレーニング」、気功の世界では「やる気」となり、宗教の世界では「神力」となるいのでしょう。どんな言葉の当てはめ方をしても、それは人それぞれ。そこまではそんなに問題はないと思います。

 しかし、秀明会ならどうするでしょうか?「この薬は奇跡の薬や。この薬を飲むと絶対に霊層階が上がり、ご先祖様も喜ぶわ。1粒10万やけど、絶対に買いなさい。買わないとあんた、死ぬで!」となるのです。信者は何としても買おうと思わされてしまうのです。

 秀明会の活動は宗教活動ではなく、商売なのです。だから、脅迫、騙し、不倫、何でもできちゃうのです。早く何とかしたいものです。

 fujiyaさんへ、本日は「神慈秀明会」で検索しても、このHPにはたどり着けませんでした。ぜひ、多くの方がこのHPを見られるようにしていただけませんでしょうか?

[1279]根絶さんへ。
葉子
2005/7/28 12:12
はじめまして。
私、根絶さんとこと同じ様な話、知ってます。
その女性は滋賀の人でした。
その女性は、多分もう秀明会にはいないので、根絶さんとこの話ではないと思います。
ということは、同じようなことはあちこちで起こっていたということ。
私のまわりでも、秀明会内の不倫はよくある話、でした。
トップがよくない、といっていることを平気でできる人間の集団、それがいい集団であるわけがない。
まさに、陰で息つきをしなければならない、とんでもない所です。


[1278]インチキ宗教
あるくもり信者
2005/7/28 9:03
神慈秀明会のご神体も お光も 模造 偽造 変造した にせもの・・
インチキ宗教という事実が判明しましたね。
こんな団体に いつまでも しがみついている信者さんは 早く 脱会したほうが
よいですね。
神慈秀明会って 建物とか すごく 豪華ですが 信者さんたちは あんまり幸せそうな人は いないみたいですね。
そりゃ そうでしょう。邪神にとりつかれた指導者の教え・邪神のご神体・邪神のジョウレイを 受けているんですものね。
私も お光を ゴミにしといて良かったです。


[1277]味噌煮込みさんへ
fujiya
2005/7/28 3:40
 味噌煮込みさん、こんにちは。
 あなたの態度は立派です。
 多くの秀明会役付者の中で、今一番光っているのは味噌煮込みさんです。
 なぜって?
 それはあなたが人間として、『誠』に正直に生きようとしているからです。
 日頃、秀明内でえらそうなことを言っている資格者等よりもはるかに味噌煮込みさんの方が人間的に立派です(決して大げさに言っているのではありません。本当に私はそう思います)。

 秀明会の真実を世の中に知らせ、秀明会を崩壊させることは世のため人のためになることです。ごく希なことですが、世の中には存在すること自体が許されないものがあります。その代表が神慈秀明会です。

 結社の自由は日本国憲法で保証された権利であり、国家権力が結社の自由を妨害するようなことを許してはなりません(諸刃の刃となる危険性があるからです)。
 では国民の生命財産を損なう秀明会のような団体の存在も私たちは是認しなければならないのでしょうか?
 このような危険な団体を排除し、国民が安心して暮らせる社会を作っていくのは私たち日本国民の責任なのです。
 オウムや秀明会のような危険な団体の存在を許さない世論形成を行い、日本社会にこのような団体が存続できない社会環境を作っていくのは私たちの仕事なのです。
 1995年にオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こしたとき、破壊活動防止法に基づく結社禁止措置が検討されましたが、結社の自由は最大限に尊重されなければならないという理由で見送られました。
 あの処置を巡っては賛否両論あり、「オウムのようなカルトは破防法を適用して解散させてしまえ」という強硬論も根強くあったのですが、その一方で国家権力による破防法適用は安易に行うべきではないという意見も多かったのです。
 なぜ破防法適用に慎重な意見が多かったのでしょう? それは国家権力に一度そのような強権発動をさせてしまうと、それがきっかけとなって民主的団体活動や政府に批判的な団体活動をも弾圧する道が開かれるのを危惧したからです。
 現在の平和な日本社会からはそのような国家による弾圧など想像できない方も多いと思いますが、少し歴史をさかのぼれば国家による不当な弾圧によってどれだけ多くの人々が苦しめられてきたかを容易に知ることができます。
 戦争に至る歴史をたどれば、それは民主的団体の弾圧、反政府的団体の弾圧の歴史でもあるのです。

 神慈秀明会のようなカルトは、国家権力によって解散させてほしいという意見もあるのですが、私は国家に頼るのではなく、私たちの地道な活動によりこれを解散させることが正論ではないかと思います。
 私たちの地道な活動が成果を上げるためには味噌煮込みさんのように真実を明らかにしようとする意志を強く持った方の存在は非常に大きいのです。ギルドさんも、三郎さんもおられます。現在の神慈秀明会の内部情報が得られる方の存在は非常に大きなものがありますので、今後ともよろしくお願いしたいと思います。

 私は直接秀明会内部に入ることはできませんが、それ以外の方法で最大限の支援をさせていただきます。

 いま、秀明会を取り巻く情勢は急速に変化しています。
 そして、この戦いは私たちが勝利します。なぜなら、正義は私たちにあるからです。


[1276]さらに補足意見
鏡張り
2005/7/28 2:53
 くどいのですが。さらに、補足意見。
 明主様が生きていた昭和20年代に、明主様に、「これから、私の教会では、明主様のお書きになられた文字を切り貼りして、明主様のサインもすべて消して、新しい御神体とお光と作ることにしますが、今までと同じように、浄霊は効きますよね」と質問したとしましょう?
 明主様はなんとお答えにになるのでしょうか?

 たぶん、明主様がそんな切り貼りをしたら駄目だと言うでしょう。明主様のこの答えに納得できない人は、明主様にこう言ってやりましょう。
 
「明主様はケツの穴が小さいですね。そんな細かいことどうでもいいじゃないですか。」


[1275]なるほど・・・
fujiya
2005/7/28 2:42
鏡張りさんの解説、すごく分かり易い!!!
ざぶとん10枚です!!


[1274]チョコボールさんへ
鏡張り
2005/7/28 2:28
 浄霊は信じていなくても効果があるのか?についての補足意見

 浄霊協会は、岡田茂吉師の教えに忠実に宗教行為を実践している団体です。そこの出版物に、教祖の教えとして、「浄霊は疑っていても効果がある」といった趣旨の記載が確かにあります。
 
 しかし、秀明会の場合、御神体もお光もすべて偽造、変造で作られたものであり、岡田茂吉師直筆のものは何一つありません。岡田師の教えに、「浄霊は疑っていても効く」というものがたとえあったとしても、岡田師は、岡田師自身が書いた御神体、お光を前提に、教えを説いていたのであり、秀明会の場合のように、偽造の御神体、おひかりを使用しているケースには、この教えをそのまま適用することはできません。もう、前提条件が変わっているのです。

 秀明会は、「明主様、明主様」と繰り返して言っていますが、秀明会のいう明主様とは、実際にいた明主様、岡田茂吉師とは別物です。秀明会が明主様といっているのは、秀明会の崇拝対象を明主様と言っているだけで、昭和初期に世界メシヤ教で宗教活動をしていた実在の明主様とは一切関係ありません。理由はもう皆さん、お分かりの通り、御神体、お屏風観音様、おひかりがすべて偽造のまがい物であり、浄霊法も世界救世教二代教主が考案した祈りの浄霊だからです。
 ためしに、秀明会の教師に、秀明会以外で発行している明主様の書物を読んでいいか聞いてみるといいでしょう。「邪神にやられるから駄目だ」という答えが返ってくることでしょう。秀明会では、実在の明主様の教えを読むことが禁止されており、秀明会が明主様の教えを書き換えたものしか、信者に読む許可を与えていません。
これが証拠です。

 分かりやすいたとえ話をしましょう。東京ディズニーランドや東京新国際空港は、千葉県にあるのに、東京といいます。ここでは、東京という言葉の本来の意味とは切り離して、イメージ優先で、東京と使用されています。秀明会がいう明主様も同じです。秀明会がいう明主様という言葉には、特別の意味はなく、ただ、自分たちの崇拝対象は立派なお方なのだくらいの意味でしかありません。

 こんなこと、今さら言わなくても、旧岡インを読んでいれば、みんな分かってますよね。


[1273]味噌煮込みさんへ
dora
2005/7/28 2:24
その勇気はすばらしいです。橋本や小山はじめとして、秀明は偽善のかたまりです。応援しますのでがんばってください。なんでもおかげ話にして、金巻き上げる悪徳集団です。あんたの命ないと脅すのは、日常茶飯事でしたから。


[1272]チョコボールさんへ
fujiya
2005/7/28 1:03
>浄霊は信じていなくても効果があると・・・

浄霊協会という団体のホームページには次のように書かれています。

 希望者は誰でも浄霊を受けることができます。神様を信じる信じないは関係ありません。逆に、最初から信じて浄霊を受ける人はほとんどいらっしゃいません。疑いながら受けるうちに、その効果に驚きと戸惑いを感じ、徐々に信じるようになる人が大半です。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/shinchi/
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/shinchi/j-mada/j-genri.html

(以下は、私の体験談です)
 私は浄霊を全く信じていませんが、妻から浄霊を受けたことがあります。
 当時、妻は本当に心の底から浄霊を信じていました。お光りの取り扱いにも秀明会から言われている通りにするため随分苦労していたようです。
 妻が「あなたは信じないだろうけど、浄霊にはすごい力がある。とてもたくさんの人たちが実際に浄霊によって病気が治ったり、一旦切断した指が、また生えてきたりという奇跡を体験している(人間の指はトカゲの尻尾と一緒か?)」というので、一方的に否定するだけでは妻に対する説得力もなくなってしまうので、妻から浄霊を受けてみることにした。

 私は数日前から扁桃腺が腫れてしまい、非常にのどが痛くて困っていた。
 妻はお光りを首からかけ、妻と私は向かいあって座った。
 私は正座した状態で妻に言われた通り、「明主様ありがとうございます」を3回唱え言われた通り深く礼をした。
 私は目を閉じて礼をしていたので妻が浄霊をしている姿を見ることはできなかったが、妻は私に向かって手をかざしていたのだろう。
 しばらくその状態が続いた後、妻から明主様への感謝の言葉を述べるように指示があったので、私は「「明主様ありがとうございます」を3回唱え頭を上げた。

 手をかざされている間、特に何かを感じたようには思わなかった。
 浄霊が終わった直後も特に変わった感じはなく、のどの痛みは前と変わってはいなかった。
 浄霊の効果が現れるには多少時間がかかるのかも知れないので、しばらく様子を見ることにしたが、一晩経ってものどの痛みは変わらなかった。のどは相変わらず痛かったが会社へ出勤しなければならないのでそのまま出社した。
 昼頃になってますますのどの痛みは強くなり、声も出して話すのも相当つらくなってきたので、手遅れになってはいけないので会社を少し早めに退社し耳鼻咽喉科の病院に行き治療を受けた。
 医者からもらった薬を服用すると痛みはかなり和らぎ、のどの腫れも徐々にひき、明くる日には普通に話ができるようになった。
 
 私はそれまでも1年に1回くらいの割合で扁桃腺を腫らせていたが、いつも同じような経過をたどって回復していた。
 今回は途中で秀明会の浄霊を受けた訳だが、それによって私の症状が軽くなったとは思えなかった。

 以上の結果から、浄霊なるものには当初私が思っていた通り、何の効果もないことを確認した。
 ただ、浄霊を受けたタイミングがあと1日遅かったら症状が自然治癒するタイミングと合い、「浄霊を受けたので痛みがひいた」と錯覚することもあるだろう。


[1271]おでんへ
根絶
2005/7/27 23:11
>光のコピーの紙切れから観音様のパワーが・・・
これは岡田茂吉氏がそれでも出ていると言っているので、それを信じる人にとっては出ているのでしょう。

            ↑
  茂吉ちゃんは そんなこと いってまへんで・
  かってに 小山ミホコちゃんが お光袋つくって
  誰かにかかせた 光という 字を 大量コピー
  して 秀明会の 全国展開を 夢見るばかりに
  信者に嘘を ついただけやん・・

  あっ そやそや・・
  たしか ご神体も 切り貼り コピーしたやつと
  聞いたで。
  


[1270]こんばんわ
味噌煮込みです
2005/7/27 21:37
こないだは秀明会を辞めると言いましたが世話人としての責任はとらないとと思いまして悪の教団に導いた人立ちに責任対して罪を賠いますその為にも秀明会を辞めずに真実を知らせないといけないと思います応援して下さい一人のか弱き女です橋本さんの首をさらし首にするまで頑張りましょう正しき方がかつならば


[1269]あ・・追伸。
根絶
2005/7/27 21:29
わたしの 元 悪妻は、今 秀明の 幹部として
バリバリ やってるみたいですよ。


[1268]ブーさんへ
根絶
2005/7/27 21:22
私は48歳になる 公務員の おじさんです。
この 神慈秀明会の ある被害者です。

私の妻は ある夏期布教の尖兵から 私の知らない間にこの秀明にいつの間にか入信させられていました。

私に内緒で桃の実献金3個(300万円)あげくの果ては 秀明の男性信者と不倫。

そうです。

妻は 秀明会(黒龍?)に ぴったりの その場しのぎの脳天気な女性だったんです。母親として、家庭に向かない まるで 男性みたいな・・・。
後先のことを考えない わがままな 橋本みたいなヒステリー女性資格者と同じです。
自分で 何かできるって 世界を平和にしよう考えたのでしょうね。

私に見る目がなかったということでしょうね。

そういうことで 3人の 子供は 私が 引き取り、3年前に 正式に離婚しました。せいせいしました。

これで ヒステリー悪女に 振り回されなくて済む。
って。

橋本をはじめ 今の女性資格者みたいな女性でした。

でも、やっと まともな 女性が あらわれてくれて
再婚し、今は 平穏な 幸せな 毎日をすごしています。

私は 私のような 第2の 不幸な家庭を出さないためにも・・・・ 

『家庭から 新興宗教の被害をなくそう』

fujiya様が やっておられる このHPの趣旨には 心から 賛同し、応援を続けていくつもりです。


[1267]信教の自由と政教分離と・・・
プーさん
2005/7/27 20:38
 fujiyaさん、さっそくのご返事ありがとうございました。fujiyaさんのやっていらっしゃることはとても大事でもあり、難しくもあると思います。

 霊能者に多額のお金を払って悪霊を取り除いてもらって本人は満足している、さて霊能者は騙したことになるのか?小泉首相が靖国神社に参拝するのは、「政教分離」の原則に違反するのか?信教の自由・政教分離って人によっていろいろ意見があるでしょう。時代によっても解釈が変わってくることでしょう。

 たとえオウムであったとしても、個人の信じたいという気持ちを誰も阻止することはできないでしょう。また「もし政教分離を厳密にすべきだとしたら、宗教系の私学には税金から一切私学助成金を払うべきではない」と言った学者がいました。この辺り、非常に難しい問題です。

 私たちも秀明会の教えをむやみやたらに否定してはいけないと思うのです。あまり、過激に批判してしまうと、むしろ私たちの方が「アンチ秀明会集団」というカルトになってしまうとも思うのです。

 宗教もしくは宗教団体と個人とがどのようにかかわっていくのか、いろいろ議論しながら考えていくことが大切だと思います。

 ただし、秀明会の活動は「信教の自由」だからといって野放しにしていてもよい団体なのでしょうか?これまでの多くの信者の証言から、私たちと同じ社会に共存してはいけない団体だと思います。可能性として第2のオウムになることはないと言い切れるでしょうか?秀明会は終末宗教です。いずれこの世が終わると考えています。まさか、追い込まれて自作自演をしたりしないでしょうね。一部の幹部や信者は上層部の命令を鵜呑みにし、テロをやりかねないような気がしますが・・・(考えすぎでしょうか?)

 そうした危険を完全になくすためにも、最終的には、証拠を集め、法律に照らして批判・告発していくべきだと思います。私は今は信者ではないので、証拠集めはできませんが、録音・録画など、より動かぬ証拠がたくさん集まれば、信者でなくとも告発はできます。力を合わせて、知恵を出し合い、それこそ「世界平和」を祈りたいものだと思います!


[1266]浄霊
チョコボール
2005/7/27 20:09
1つ尋ねたいことがあるのですが、浄霊は信じていなくても効果があると、どこかのホームページで読んだことがあるのですが、これはデマでしょうか?これが本当だったら、別に信者になる必要がありませんからね。本当のところどうなのでしょうか?ここでは不適当な質問かもしれませんので、答えられなければスルーしてもらってかまいません。


[1265]プーさん、同感です
fujiya
2005/7/27 18:36
 プーさんこんにちは。
 全く同感です。

 私も人が信仰心を持つことはむしろ良いことであり、精神的な世界を充実し、自分という人間のバックボーンとして神を信じ、それが人間性の向上につながる方向で作用するのであれば宗教を信心することは決して悪いことではないと思っています。

 ただ、そうした人々の純粋な心にとりつき、それを金儲けの手段に利用しようとする宗教ビジネスが問題なのだと思います。
 宗教団体の宗教ビジネスにもピンから切りまであると思いますが、秀明会ほど悪質な団体はそれほど多くはないでしょう。
 信者に金を出させるのはどこでもやっていることだと言われるかも知れませんが、学生やOLにサラ金から借金をさせてまで教団に貢がせたり、「いま献金しないとあんたの息子は死ぬで!」等と脅して献金させるなどということが日常的に行われてきたこの団体はどう釈明しようとも宗教とはほど遠い悪質な団体でしかありません。

 「いや、それは旧体制でのことであり、現在はそのような無理な献金はさせていない」と抗弁する秀明関係者がいるかも知れないが、今現在も同じようなことを言って信者に献金を迫っている秀明関係者がいる現実をどう説明するのか。
 旧体制下で人生を破壊された多くの秀明信者達に対する謝罪は未だに行われていない現実をどう説明するのか。
 こうした信者の被害が多数報告されている現実がありながら、それには一切目を向けず、国連だ、世界へ羽ばたくのだ、自然農法だ、次世代教育だ等と脳天気なことを言っているのは、よほどの馬鹿かとんでもない大うそつきのどちらかでしかない。


 あー、書いている内にだんだん腹が立ってきて秀明批判の論調が高まってしまいました・・・。
 プーさん、これからもよろしくお願いします。


[1264]問題の本質
プーさん
2005/7/27 17:31
 初めて書き込みをします。私も学生時代、信者であったことがありました。しかし、毎月、月次祭やらカレッジやらで、3、4万円はすぐに消えていきます。平均的な学生のアルバイト代なんてすべて無くなってしまいます。幸い私はすぐに変だと思い、やめてしまったので、大きな実害はありませんでしたが。

 さて、私も誰にも信仰の自由はあり、信仰心は大切だと思います。ただ、今問題なのは、秀明会の存在意義や活動そのものだと思います。偽ダイヤで人を騙し、金を巻き上げるなんてまともな宗教団体のすることじゃありません。「浄霊」に効き目があるかどうかなんて、fujiyaさんの言われるとおり「あまり問題ではない」と思います。だって、死後の世界なんて誰も見たこともないし、科学で説明できないことなんて、山ほどあるのですから。ここで論じても意味は無いと思います。結局は信じる・信じないという個人の信仰心の問題なのですから。ただ、まともな宗教団体ではない秀明会の言うことはすべて胡散臭く思えてしまいますが。「浄霊」や「観音様のパワー」などの話が出てくるのは、秀明会の活動をいろいろな面から分析し、批判していく課程の中で出てきたのだと思います。
 
 確かに科学の世界でも人の体に触れないで病気や怪我をある程度治す力があることは認められています。それを「気功」と呼ぶか、「浄霊」と呼ぶかは信仰の問題だと思うのです。植物にキズをつけると、僅かながら何らかの光を発するとのことです。不思議ですね。
  
 気が病むから「病気」、身の危険を感じるから「殺気」、邪気がないから「無邪気」、気が元に戻るから「元気」、昔から「気」に関する言葉がいろいろありますね。「病は気から」という言葉もありますよね。そうそう患部に手を当てるから「手当て」とも言いますね。

 公安当局も目をつけているカルト集団がオウム以外にも私たちの社会に存在して、活動していることにもっと注目すべきだと思います。そして、私たちもなぜ、あのような教団が未だに存在しているのか、いろいろな面から分析し、批判していく必要があると思います。その課程で、「浄霊」だとか「お光のパワー」だとかの話について、批判的意見が出てくることは分析・批判の課程で必要なことだと思います。問題の本質はあくまで秀明会の存在と活動、またそれらについての分析と批判だと思います。


[1263]おでんさんへ。
あるくもり信者
2005/7/27 16:52
そうですね。信仰の自由は、認めますよ。
鰯の頭も信心から。。。それで、救われる人がいるんでしたらね。
ただ、それを、利用して、恐喝、詐欺、恐怖心をあおって、金集めした、秀明会の悪行は、黙って見過ごすわけにはいきませんね。
日本全国にたくさんの 被害者が いるという事実。
小山一族は弾劾されるべきですね。


[1262]あるくもり信者さん
おでん
2005/7/27 16:16
マインドコントロールですかw
確かにマインドコントロールされてると見える人もいますね、沢山。

でも何年も来てなかった人が自らの意思でまた来てやってる人もいます。

なんでも十把一絡げにして考えないほうがいいと思いますよ。

>光のコピーの紙切れから観音様のパワーが・・・
これは岡田茂吉氏がそれでも出ていると言っているので、それを信じる人にとっては出ているのでしょう。
信じない人から見たら、出ていない、と。
“実感”してない大多数の人にはこれでいいんじゃないでしょうか?っていうか、そう考えるのが普通でしょう。


[1261]「実感」
punyoon
2005/7/27 16:01
「実感」は、大切ですね。

結局、言葉は、「実感」から、紡いでいくしかないですし。実感の言葉の、いろいろな立場のやりとりが、なんらかの通路や、可能性を、見出していくこともありますし。


[1260]おでんさん
あるくもり信者
2005/7/27 15:59
>霊や運命自体目に見えないものである以上、実験や断言等できるものではないことはよくおわかりでしょう。
これはそのような生活を体験していき、その結果実感することしかないでしょうね。

よくわかりました。
  単なる マインドコントロール
  というわけですね。

  どう考えても 光の コピーの 紙切れから
  観音様の パワーが 出てるとは 思えなかったも  んで・・・。


[1259]あるくもり信者さん
おでん
2005/7/27 15:47
霊や運命自体目に見えないものである以上、実験や断言等できるものではないことはよくおわかりでしょう。
これはそのような生活を体験していき、その結果実感することしかないでしょうね。

ある意味今真剣にやってる信者はみな”実感”しているのでしょう。
(と言うとそれは主観だからどうのこうのと言われるかも知れませんがw)

ただ、指導者が拙いためにろくな体験もできずに去っていく人がはるかに多いですね。


[1258]あるくもり信者”さん”へ
おでん
2005/7/27 15:37
あるくもり信者さんすみません、”さん”が抜けてました。

fujiyaさんへ
“「坊主憎けりゃ・・・」ではないのですが、秀明会が信者を騙す手段として浄霊を使ってきただけに、浄霊には効果があると言われるとつい反論したくなってしまいます。”
変に意地を張らずとても素直な本心の回答に好感を感じました。

ジョウレイがメジャーにならないのは傍から見ると胡散臭いからじゃないでしょうか?w
岡田茂吉氏が存命のころはそこそこメジャーだった(キワモノという意味で?)ようですが。


[1257]おでんさんへ
あるくもり信者
2005/7/27 15:30
>霊や曇りというものがあると仮定したうえで、その霊の曇りをとりその結果神霊の存在に気づき、さまざまな運命等が変わっていくようなものです。
その結果が必ずしも寿命が延びるうんぬんとは直結しません。

実験でも したんですか?
    どうしてそう断言できるんですか?


[1256]あるくもり信者へ
おでん
2005/7/27 15:23
実験などどうやってやるのでしょう?
“浄霊によってそのようにすばらしい治療効果が現れるのはなぜなのでしょう?”
という問いだったので教わったジョウレイの仕組みを書いたまでです。

ジョウレイの意味は寿命を延ばすことなんですか??
霊や曇りというものがあると仮定したうえで、その霊の曇りをとりその結果神霊の存在に気づき、さまざまな運命等が変わっていくようなものです。
その結果が必ずしも寿命が延びるうんぬんとは直結しません。

ちなみに自分はシュウメイ擁護派ではありませんよ。
でも、なんでもかんでも兎に角否定しようとする姿勢にはちょっと辟易しています。


[1255]浄霊専門病院
punyoon
2005/7/27 15:16
SFの世界ですね。


[1254]おでんさんへ
fujiya
2005/7/27 15:07
 おでんさん、こんにちは。
 最後の一項目だけは同意して頂き、ありがとうございます。
 まあ、私としてはそこさえ一致して頂けるのならば他はあまり問題ではないのですが・・・。
 「坊主憎けりゃ・・・」ではないのですが、秀明会が信者を騙す手段として浄霊を使ってきただけに、浄霊には効果があると言われるとつい反論したくなってしまいます。

 秀明会の浄霊だけでなく、他にも似たような手かざしやセラピー等もあり、それぞれ効能?があるようですので、それを信じていたい人はそれでいいのでしょう。ただ、それを他人に押しつけたりはしない方がいいと思いますが・・・。

 素朴な疑問なのですが、浄霊に効果があるとするならば、なぜもっと浄霊はメジャーにならないのでしょう?
 岡田茂吉の死後50年、彼の存命中からも数えれば浄霊の歴史は70年くらいは経っていると思いますが、浄霊はメジャーどころかポピュラーにもなっていません。
 50年以上かかっても世間に広まらなかったということは、その程度のものでしかなかったということではないのでしょうか?
 本当にすばらしいものであればもっとあちこちで研究され、街中にも浄霊専門病院が建っていてもおかしくないと思うのですが・・・?


[1253]おでんさんへ
あるくもり信者
2005/7/27 14:45
>原理としては霊が清まって結果として体に現れる
         
      実験でもしたのですか?
      どうして 断言できるんですか?

>それがその人の寿命だからでしょう

   なら ジョウレイの 意味がありませんね。
   何のために やってるんですか?


[1252]こんなことあんなこと
おでん
2005/7/27 13:28
では、その浄霊によってそのようにすばらしい治療効果が現れるのはなぜなのでしょう?
→原理としては霊が清まって結果として体に現れる

 浄霊をしたけれど治らなかったことはなかったのでしょうか?
→いくらでもあります。手品ではないので手をかざしたからその場で消えるってもんじゃないので・・

 思いこみ、偶然、自然治癒、プラシーボ、勘違い、見間違い・・、等々の可能性は全て排除できると断言できるのでしょうか?
→そんな可能性を全て排除するほうが到底無理ですw

 人間に元々備わっている心と体の密接な相互作用について十分な知識をお持ちの上で、浄霊の効果について断言されているのでしょうか?
→一般人で十分な知識を持っている人のほうが少ない気が・・・

 100歩譲って、浄霊には科学では解明できない未知のすばらしい力があるのだとしましょう。
 ではその力で小山美秀子会主の痴呆症をなぜ治すことができなかったのでしょう?
 神慈秀明会に於いて、当時最も大切であった筈の小山荘吉会長は48才で死んでしまいました。なぜ荘吉を浄霊の力で救うことができなかったのでしょう?
 他にも秀明会の熱心な指導者であった人が病気になり、若くして亡くなっている人がかなりの人数います。岡田三栄子が交通事故で亡くなるのをなぜ未然に防止できなかったのでしょう?
 神慈秀明会の浄霊にたかたかさんが言われるようなすばらしい力があるのならば、なぜこのような秀明会の中心的な人たちを救うことができないのでしょう?
→それがその人の寿命だからでしょうw 

 無批判に浄霊を信ずることは盲信につながります。盲信は人間の視野を狭くし、真実を見極める目を奪ってしまいます。
→また逆になんでも否定することも逆の意味の盲信です。盲信は人間の視野を狭くし、真実を見極める目を奪ってしまいます。

 浄霊がどんなに素晴らしくても、神慈秀明会が多くの信者を騙し、多くの秀明被害者を生んできた事実は消えません。
 秀明会の罪深さについても検討されることをお勧めします。
→これには全く同意ですw 


[1251]秀明の浄霊
あるくもり信者
2005/7/27 11:21
秀明の浄霊で 癌が 消えたとか。
聞いたことありませんね。
私の知りうる範囲では。。

それより 普段病院に 行かずに 自然農法などの過酷な御用にのめりこんでしまって、気づいたときは もう すでに遅し。
いくら 浄霊しようとも 変わりません。
病状は 悪化の 一方をたどり
50代 信者で亡くなる信者が多いですね。
先日も ひとり お亡くなりになりました。
かわいそうに・・・。

それで、資格者は 亡骸に 浄霊するんですね。
それから 資格者は 言うんです。
『優しい顔に 変わった。きっと 成仏します。
明主さまが 天国で 待ってくれてますって・・・。』

[1250]たかたかさんへ 2
根絶
2005/7/27 7:19
口内炎・腰痛・・ですか??

そんなもん ほっといても 若いときは 治るものは 治ると思います。

私も 若い頃バレーボールやってて 腰椎分離症に なったけど、自然と治りました。
また 私は 胃弱体質で しょっちゅう 口内炎が 出来たり 消えたりしています。

まあ・秀明式に いうと 浄化 ですかね?

私が いいたいのは
ダイヤとか ゴールド を 出すくらいの 超奇跡の
力を持つ 秀明の ジョウレイで・・
口内炎・腰痛が 治った。
たかだか この程度ですか??

そんなことくらいで 悪の教団の かたを持つんですか?代償としては あまりに 大きすぎると思います。

それなら 同じ明主さまの 主流である 世界救世教の ジョウレイを 受けたほうが まだいいと思います。


[1249]たかたかさんへ
fujiya
2005/7/27 4:54
 たかたかさん、こんにちは。
 そうですか、浄霊にはとてもすごい力があると信じておられるようですね。
 実際にご自分でいろいろ体験をされているので、浄霊を信ずる気持ちが強いのはよく分かりました。
 たかたかさんがそのように思われている気持ちは本当なのだと思います。

 では、その浄霊によってそのようにすばらしい治療効果が現れるのはなぜなのでしょう?
 なぜだか分からないけど、実際治ったのだからそれでいいのでしょうか?
 浄霊をしたけれど治らなかったことはなかったのでしょうか?
 思いこみ、偶然、自然治癒、プラシーボ、勘違い、見間違い・・、等々の可能性は全て排除できると断言できるのでしょうか?
 人間に元々備わっている心と体の密接な相互作用について十分な知識をお持ちの上で、浄霊の効果について断言されているのでしょうか?

 100歩譲って、浄霊には科学では解明できない未知のすばらしい力があるのだとしましょう。
 ではその力で小山美秀子会主の痴呆症をなぜ治すことができなかったのでしょう?
 神慈秀明会に於いて、当時最も大切であった筈の小山荘吉会長は48才で死んでしまいました。なぜ荘吉を浄霊の力で救うことができなかったのでしょう?
 他にも秀明会の熱心な指導者であった人が病気になり、若くして亡くなっている人がかなりの人数います。岡田三栄子が交通事故で亡くなるのをなぜ未然に防止できなかったのでしょう?
 神慈秀明会の浄霊にたかたかさんが言われるようなすばらしい力があるのならば、なぜこのような秀明会の中心的な人たちを救うことができないのでしょう?

 たかたかさんが浄霊を信じておられるのはよく分かるのですが、物事の真偽を見極めるにはもう少し幅広く検証してみることが必要なのではないでしょうか。
 無批判に浄霊を信ずることは盲信につながります。盲信は人間の視野を狭くし、真実を見極める目を奪ってしまいます。


 浄霊がどんなに素晴らしくても、神慈秀明会が多くの信者を騙し、多くの秀明被害者を生んできた事実は消えません。
 秀明会の罪深さについても検討されることをお勧めします。


[1248]浄霊体験
たかたか
2005/7/27 1:22
私はS63年に秀明会に入信した現役信者です。
入信後カレッジ、そしてエリート、駅デモ、夏季布教、桃の種、桃の実献金等ひと通り経験しました。現在は特修会に月に2回程参加しています。私の母、妻、妻の両親も入信しています。浄霊体験もしました!昔の彼女が胃の調子が悪くて喉の近くに口内炎みたいなのが出来ていたので試しに浄霊してみました。すると浄霊が終わると口内炎がみごとに消えていました。ほんとに驚きました。あと私のは腰痛がひどくて椅子に座っているのも辛い状態だったのですが集会所で参拝浄霊をしていると、いつの間にか腰痛が治ってしまいました!入信前に病院でレントゲンを撮って検査してみたら医者から腰椎分離症との診断で生まれつき腰の骨がずれてます。といわれました。それが浄霊で治りました!あれから16年、腰は全然痛くなりません!これは真面目な話、実際私自身が体験した事で嘘偽りは絶対にありません!マジですよ!浄霊ってすごいって言うか自分で体験したから余計にそう思うんですが!浄霊で病気が治った人とか実際に体験した人がいたら書き込みお願いします。私は現役信者ですが、はっきり言ってただのくもり信者です!秀明会って裁判沙汰になってたりで大変なんですね〜パソコン買って秀明会で検索したらすごい事がいっぱいで驚きです。秀明会は怪しいけど、浄霊の奇跡は信じてくださいね!またその内掲示版にお邪魔します! 


[1247]マルチ
三郎
2005/7/26 23:07
 そういえば、私を紹介した人も拝みに来る人達も、同じ浄水器だか使ってるっていってましたし、この前は、何かさえない感じの男性信者が宝石を見せて、これで1000万寄付するんだ!なんて言ってました・・・これがマルチでしょうか?だとしたら今後十分に気をつけます。
しかし「カルト」に「マルチ」!どうしようもない最悪な秀団ですね!悪の連鎖と言うか・・・マルチに引っかかった信者も「良い人」系が多いんで、自分が騙されているって気がついていないかもしれませんね? これは益々、問題を明るみにする活動をする必要がありそうですね!


[1246]教えと矛盾する秀明
根絶
2005/7/26 21:29
そうです。短命ですね。

大阪 T中支部 T郷支部長も 短命でしたね。
でも 人に 病院は いくな。って さとすだけあってさすがに 病院には 通わなかったんでしょう。
それはそれで 骨が あって 賞賛に値しますね。
やるんだったら 宗教人だったら 自分の 命を 縮めてでも やるのが その 道の プロですね。

ところが・・どうでしょう。。
最近の へなちょこ 資格者どもの やってること。 健康診断は こっそり 受けてるし・・しかも 信者から 巻き上げた お金で・・。

まさに 人間の カスですね。
口先だけの 偽善者 詐欺師ですね。
こんな タイプ 一番 嫌いな タイプですね。

ですので・・断じて 許せない。
日本男児の 恥さらし・・。
小山に へこへこ しまくって。

秀明の 男子資格者に 告ぐ!
もっと 男としての プライドを 持たんかい!。
この へなちょこ 男子資格者どもよ!。

それでな。秀明を 変えてみぃ。
しかし やっぱ できひんやろな。

[1245]小山一族は短命
fujiya
2005/7/26 19:55
 信者の妹さん、こんにちは。お姉さまはその後どうですか?
 浄霊で病気が治ると信じている人には何を言っても通じないのかも知れないという無力感も感じます。
 自分の肉親や子供が病気で苦しんでいるのに、どこまで「我慢させて」浄霊だけに頼って行けるものなのでしょうか・・・?
 家族が病人の場合には、いくら浄霊をしても治らず、どんどん症状が悪化して本人が苦しんでいる姿を目の当たりにすると、さすがにその苦しんでいる姿を見てやっと浄霊では治らないことを悟る人もいるようです(とことん気づかない人もいますが)。

 組織の体面を重んずるようなケースでは本当に死に追いやる結果となった事例もあるのではないでしょうか。
 小山家の人たちは皆短命です。たまに隠れて医者にかかっていた人もいたようですが、さすがに連日病院に通院したり、入院する訳には行かないので、結局早死にすることになったのでしょう。
 まあ、典型的な自業自得といえることですが・・・。


[1244]浄霊で健康に?
信者の妹
2005/7/26 16:10
前から妹と「浄霊で清まって健康になるはずが、秀明会の信者さんに具合の悪い人がやたら多いのは何故?」やや皮肉る感じで不思議がっていました。
信者のみなさん、具合が悪くてもほっておいて、手遅れになった頃やっと医者に行き、でももう現代医学では打つ手はなく、結局浄霊ぐらいしか出来ることがなかったために形として「信仰をまっとうして」亡くなっている人は多いのではないでしょうか・・・私は一人知っています。


[1243]不作為による殺人罪
fujiya
2005/7/26 10:24
 2005年7月4日、ある判決が確定した。
 罪名は殺人罪。ただしこの殺人は具体的に誰かの首を締めて殺したとか、刺し殺した等という「実行行為」を伴わない殺人であった。
 直接手を下さずに人を殺すって・・・?

 7月4日の最高裁判決では次のように述べられている。

 「患者の重篤な状態を認識し、自ら救命できる根拠はなかったのだから、直ちに必要な医療措置を受けさせる義務を負っていた。にもかかわらず未必的な殺意をもって患者を死亡させており、不作為による殺人罪が成立する」

 「不作為による殺人罪」。この言葉をよく覚えておいて頂きたい。今後、身近にこの事例、この言葉を見聞きすることになるかも知れないので・・・。
 「不作為による殺人罪が成立する」とした判決は旧憲法下の大審院時代に判例があるが、最高裁になってからは初めてである。この「画期的」判決を受けたのは、自己啓発セミナー「ライフスペース」元代表、高橋弘二被告(67)である。


 なぜ、私がこんなことをここに書いているかお分かりでしょうか?
 一刻も早く適切な医療を受けさせないと死に至る恐れがある人を「浄霊」で治そうとして死亡させてしまった例が皆さんの近くになかったでしょうか?
 もし、そのような事例をご存じの方がありましたら、メールでお知らせ頂きたいと思います。問題の性質上、掲示板に直接書かれるより、メールでお送り頂く方がベターと思います。


[1242]お幸せにお過ごし下さい
fujiya
2005/7/26 10:20
 昔は信者さん、こんにちは。お久しぶりです。
 お光りをご主人と二人で楽しそうに切り刻んでいる光景が目に浮かぶようです。

 お光りなんてただのコピーした紙切れですが、秀明会の「教育効果」により、人の心を呪縛する力は持っています。
 この呪縛を解くには、そうした「儀式」を行って心の切り替えを図るのがいいようです(別に気にしない方はそのままゴミ箱に捨てても何ら問題ありませんが)。

 昔は信者さんのご家庭では、今後秀明との関わりを完全にリセットして、ご家族仲良くお幸せにお過ごし下さい。
 おかげさまで、多くの方が秀明との関わりを断ち切って秀明抜きの新たな生活を楽しまれていますが、まだ脱却できずにいる方もおられますので、私は秀明問題が解決するまでもう少し頑張ります。

 最北の某支部では助教師や世話人がその立場を利用して信者をマルチやねずみ講に引きずり込んでいたとのことで、まことにけしからん話しですね。秀明被害だけでも大変なのに、マルチ等で更に追い打ちをかけて信者を苦しめるとは、なんという人たちなのでしょう。
 もともと彼ら(彼女ら)は人を救えるような人間ではなかったことがより一層明らかになっただけかも知れませんが・・・。


[1241]お久しぶりです。
昔は信者
2005/7/26 9:28
fujiyaさん、ご無沙汰してます。
以前書き込みさせていただいてた、昔は信者(最北の支部所属でした)です。

この掲示板をいつも拝見して、おかげで先日、一年近く放置していたおひかりを夫(妻のカルトを辞めさせたfujiyaさんと同じような立場になります。)と一緒にはさみでズタズタに切り刻んで捨てました。
いやー気持ちよかった♪呪縛が解け、すがすがしい気分になりました。

fujiyaさんはじめ皆さんのおかげです。ありがとうございました。これで夫と娘と、これから生まれてくる子供と4人で幸せに暮らせます。

信者の皆さん、おひかりをこんな風に扱ってもお気付けなんてきませんよ!爽快感を味わえます。
神様や仏様はいるかもしれないけれど、秀明の神様その他みたく人を苦しめたり脅したりしませんよ。

ps;最北の某支部では、マルチやねずみ講にはまる信者が続出してたみたいです。着物や宝石、それに浄水器等…いずれもン十万単位の高額な品です。自分の立場(助教師、世話人等)を利用して末端信者にいろいろ買わせようとする輩もいたようです。


[1240]遊行
あるくもり信者
2005/7/26 8:56
よく 小山惣吉さんが 夏季布教の 時 尖兵たちに
向けて 言っていた 言葉です。

『楽しくジョウレイしなさい!。遊行しなさい!。』

そうです。まさしく 遊行です。
遊行しながら 秀明改を 配布し続けまあす♪。
私は 楽しく遊行しながら 秀明会の 資格者への弾劾を求める活動をやっていきまあす♪。


[1239]宗教に入ってました
fujiya
2005/7/26 2:31
 新しいページ、「宗教に入ってました」をアップしました。
 これは”よれよれぱんだ”さんのブログに日記形式で数回にわたって記述されていたものです。
 お読み頂くと分かりますが、この方はとても常識的かつ冷静に状況を観察されており、秀明の異常性を的確に見抜いておられます。
 よれよれぱんださんの痛烈な秀明批判は読む者に「気持ちよさ」を与えるほどです。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1238]「秀明改」すごい!!
punyoon
2005/7/25 21:33
新聞の形になってるんですね。
面白いです。
笑えました。
説得力ありますね。
「アンチ秀明紙」ですね。


[1237]秀明改
あるくもり信者
2005/7/25 12:51
fujiya様 秀明改 素晴らしいできばえですね。

さっそく 私も行動を 起こします。

イイェイイイェイオーーー。


[1236]★★証拠保全のお願い★★
fujiya
2005/7/25 9:19
 神慈秀明会の日常的献金強要や先祖の霊を持ち出しての献金強要は、ぜひ音声として録音しておいて下さい。
 近い将来、これらの脅迫行為が捜査当局により立件される際に非常に大切な証拠となります。
 建設献金を呼びかける文書なども必ず保存しておいて下さい。
 支部内の掲示板や掲示物の中で証拠になりそうなものはカメラ付き携帯で撮影しておいて下さい。

 どんなに悪辣な犯罪行為も、証拠がないと立件できません。現在、秀明施設に出入りできる方は、今の内に証拠を集めておいて下さい。


[1235]「秀明改」No.012アップしました
fujiya
2005/7/25 9:02
 PDF版「秀明改」のNo.012として、「神苑で健康診断」をアップしました。
 秀明会の信者にとって、この事案はかなりショックだったようで、多数の現役信者の方からメールがありました。
 そりゃそうでしょうね・・・。どうして「奇跡の水」があるのに、「浄霊」があるのに健康診断などという現代医学の固まりのような検査を秀明本部で受けさせているのかを考えたら、今までやってきたことが馬鹿らしくなってしまいますよねー。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1234]日本は法治国家ですから
根絶
2005/7/25 4:31
日本は法治国家です。
悪は のさばらしては なりません。
悪には 処罰が必要です。
そうでないと 日本は無法地帯に なってしまいます。

悪の教団 神慈秀明会が 偽ダイア 偽ゴールドを
こっそりと 撒きちらし 洗脳し、信者の家庭を めちゃめちゃに したように 今度は われわれが 秀明改を 配布し 秀明会に 謝罪を させる 時がやってきました。

正義は 勝ちます。

さあ 秀明改を マスコミに 世論に 日本全国で 配布しましょう。一致団結して この悪の 宗教神慈秀明会に 謝罪を させましょう。 


[1233]「秀明改」No.011をアップしました
fujiya
2005/7/25 2:32
 下記[1225]の味噌煮込みさんの書き込みを受け、急遽この内容を「秀明改」No.011「騙して脅して8億円」としてアップしました。
 どちらかと言うと、このNo.011は秀明会以外の一般の人々に神慈秀明会がどのような団体であるかを知ってもらうのにいいかも知れません。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html

 秀明会は平成9年以降はいわゆる「新体制」に移行し、信者への献金強要などは行っていないとしてきましたが、それがウソであることがはっきりしました。
 神慈秀明会の体質は、基本的に変わっていません。


[1232]早速、行動します!
三郎
2005/7/24 23:59
fujiya様、「秀明改」本当に秀逸の出来栄えだと思います!熱心な信者の人達は確かにインターネットなどには疎い人達ばかりですので、私も早速使わせて頂きます。
来週も、礼拝だの参拝だのと誘われそうですので、玉串料と一緒に箱の中に入れたり、その辺に忘れて来たりとやってみます!
皆さんでの一致協力と地道な活動が必ず身を結ぶと確信しています。
これで、拝みに誘われた時の一応の目的が出来て助かりました!ありがとうございます。付き合いとは言え、正直言って「無駄な時間は過ごしたくない!」と少し悩んでいたところですから・・・まずは、慎重に動きます!


[1231]日本は法治国家ですから
根絶
2005/7/24 23:41
日本は法治国家です。
悪は のさばらしては なりません。
悪には 処罰が必要です。
そうでないと 日本は無法地帯に なってしまいます。

悪の教団 神慈秀明会が 偽ダイア 偽ゴールドを
こっそりと 撒きちらし 洗脳し、信者の家庭を めちゃめちゃに したように 今度は われわれが 秀明改を 配布し 秀明会に 謝罪を させる 時がやってきました。

正義は 勝ちます。

さあ 秀明改を マスコミに 世論に 日本全国で 配布しましょう。一致団結して この悪の 宗教神慈秀明会に 謝罪を させましょう。 


[1230]ちょっと マスコミに
根絶
2005/7/24 21:24
●●●緊急処置●●●
fujiya様 お心使いありがとうございました。

8億円の 引越し代の 強要の件・・。

顛末
マスコミに メールしておきました。


[1229]●●●緊急処置●●●
fujiya
2005/7/24 18:29
本人特定がされる恐れがありましたので、急遽、ログを一部修正させて頂きました。


[1228]先祖のお話
punyoon
2005/7/24 17:40
献金の強要の、
音声録音、画像録画、
秘密裏に、できないものでしょうか。
あの「内臓売れ」が、録音されて、
問題になってしまった業者のように、
「先祖に、金を出せ」の実際みたいな。。。
あ、でも、さっさと、離れるのが、一番ですね。


[1227]これはすぐに号外を出さなきゃ・・
fujiya
2005/7/24 17:38
 拠点の引っ越しで献金を集めまくっている話は、他の方からも届いています。
 「新体制」などと言って世間を欺いた積もりだったのが、これではバレバレですね。
 味噌煮込みさんは、ぜひ他の信者さんにも「秀明改」を配って一緒に退会するように誘ってあげて下さい。
 すぐにそれ用の新しい「秀明改」を作ります。
 [1225]の文章が少々読みにくいので、下記に校正して再掲します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
味噌煮込み

 初めまして、私は○○で世話人を現役でやってます。
 「お金を巻き上げる」、これについてお話をします。

 今、私の拠点では夏お決まりの喝挙げ、「みその会員」のほかに、拠点を引っ越しするのにまた金を巻き上げています。
 集める金額は8億円。
 この集め方が、もの凄い。
 参拝に来る人来る人に、「先祖が喜ぶ、先祖がすがってる」としつこく脅迫しています。
 それで落ちないと、「訳があるのよ、訳があるのよ」と、この言葉の繰り返しです。
 地獄絵図です。ひどい時は、「あなたの先祖が私に訴えてるわ」とまで言っています。 突然走って逃げ出す人もいます。

 私はこのサイトを知って目が覚めました。だからもう秀明を辞めます。


[1226]味噌煮込みさんへ
根絶
2005/7/24 15:59
>拠点を引っ越しをするのに 又金を巻き上げています 集める金額は8億円
>地獄絵図ですひどい時はあなたの先祖が私に訴えてるわとまで言っています突然走って逃げ出す人も居ます

絶対 お金を出したらいけません。その資格者は 信者のことなんか これっぽっちも 考えていません。
本部からの 出張所の 移転の ノルマ・8億円を厳しく言い渡されているだけですから・・。
8億円さえ 揃えば いいのです。
この資格者は 小山に 対して 自分の顔が たちさえすれば いいのです。
信者は 奴隷としか 考えていないのです。

県の 消費者センターに 今すぐ 直訴したほうがいいです。その担当者に この HPを 見せてあげてください。この HPには 嘘 いつわりは ありません。真実しか 書いてありません。

もしくは しばらくおよがせておいて ころあいを見てマスコミに 通報する 手もあります。

しかし 金銭欲の深い 悪の教団だ。
この神慈秀明会っていう ところは。

[1226]味噌煮込みさんへ
根絶
2005/7/24 15:59
>拠点を引っ越しをするのに 又金を巻き上げています 集める金額は8億円
>地獄絵図ですひどい時はあなたの先祖が私に訴えてるわとまで言っています突然走って逃げ出す人も居ます

絶対 お金を出したらいけません。その資格者は 信者のことなんか これっぽっちも 考えていません。
本部からの 出張所の 移転の ノルマ・8億円を厳しく言い渡されているだけですから・・。
8億円さえ 揃えば いいのです。
この資格者は 小山に 対して 自分の顔が たちさえすれば いいのです。
信者は 奴隷としか 考えていないのです。

県の 消費者センターに 今すぐ 直訴したほうがいいです。その担当者に この HPを 見せてあげてください。この HPには 嘘 いつわりは ありません。真実しか 書いてありません。

もしくは しばらくおよがせておいて ころあいを見てマスコミに 通報する 手もあります。

しかし 金銭欲の深い 悪の教団だ。
この神慈秀明会っていう ところは。


[1225]引っ越し騒動
味噌煮込み
2005/7/24 15:12
初めまして 私○○で世話人を現役でやつてます お金を巻き上げる これについてお話をします 今私の拠点でわ 夏お決まりの喝挙げ みその会員のほかに 拠点を引っ越しをするのに 又金を巻き上げています 集める金額は8億円この集め方がもの凄い参拝に来る人来る人に先祖が喜ぶ先祖がすがってるとしつこく脅迫していますそれで落ちないと訳があるのよ訳があるのよとこの言葉の繰り返しです地獄絵図ですひどい時はあなたの先祖が私に訴えてるわとまで言っています突然走って逃げ出す人も居ます私はこのサイトを知って目が覚めましただからもう秀明を辞めます


[1224]お疲れさまです
fujiya
2005/7/24 12:06
 ギルドさん、こんにちは。お疲れさまです。
 そうですか、やっぱり逃げましたか・・・・。
 彼らの体質は、そういう体質ですね。
 これまでも色々な場面で強く追及されると彼らは逃げてきました。
 自分たちの信念に基づいて徹底的に反論する、反撃するということを彼らはしません。 弱い者、簡単に言いくるめることが可能な者には高圧的な態度で無理難題でも平気で押しつけてきますが、ちょっとこちらが強そうな態度を見せると、ヘナヘナと引いてしまいます。

 なぜでしょう?
 彼らには確固たる信念がないからです。
 自分たちがやってきたことが後ろめたいことであることを十分認識しているから、とことん追及されたら勝ち目がないことを知っているから逃げるしか道はないのです。
 下手に反論してボロを出したり、騒ぎを大きくしてしまい、マスコミや警察沙汰になると上の者から厳しく責任追及されるので、逃げることが彼らの保身術なのです。

 「男らしくないことこの上もなし」という彼らですが、そろそろ彼らも次の人生設計を真剣に考えないと、秀明丸とともに彼らも沈没することになるでしょう。


[1223]日曜日よりの使者ギルドさんへ
根絶
2005/7/24 11:30
男気のある 行動 応援しています。
で、だいじょうぶですか?
黒龍の 邪神に やられないように。。
頑張ってください。

>資格者は面倒なことになると思って逃げたのだろう。
自分達の信じている神様をほって置いても、処分されても平気なのだ。

そうですね。秀明の資格者って 偽善者ばかりです。
心から 人のしあわせなんか 願ってるわけがありません。所詮 金集めが 目的です。この体質は 小山ミホコと 惣吉に 徹底的に たたきこまれていますから。

まさに 末端信者は 奴隷と同じ。


[1222]PDF版、「秀明改」
根絶
2005/7/24 11:01
fujiya様 拝見しました。
すごいですね。いいできばえです。
秀明かいを 秀明改だなんて・・。
エスプリが 効いていて。

さすがです。fujiya様は 相当 頭のきれる方ですね。
敬服しております。
それで、この秀明改10編の うちの 最初の第1弾の攻撃として 私はやはり カウンターパンチとして、偽ダイア、偽ゴールド・・これを もって行きたいと 思っています。

月次祭の 時 こっそり 置き忘れたいと 考えています。簡単ですね。
資格者たちが どんな反応を示すか?たのしみです。
あの連中って 一般常識に 欠けた連中ばかりで
臨機応変の効かない馬鹿ばかりですので、きっとパニックに なって 大騒ぎしだすと 思います。
 


[1221]資格者逃げた。
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/24 10:25
助教師さんから、「私の今の御用は秀明会をつぶすこと、
小山一族・橋本一派の謝罪と追放・財産没収です。」
と私の考えを資格者に伝えてもらった。

押し入れに御神体と観音様があるが、引越しの時、
助教師さんが立ち会うので絶対粗相のないようにと言っていたのに、ある信者さんを通して自由にやって下さいと
返事があった。

資格者は面倒なことになると思って逃げたのだろう。
自分達の信じている神様をほって置いても、処分されても平気なのだ。
もちろん脅しもあったが、私には効かないと判ると対応を変えた。
あくまで対決姿勢の人間には、かかわり合いにならない方が得策だということだろう。
宗教を金儲けの道具にしている連中らしい。


[1220]反論(想定)を追加
fujiya
2005/7/24 9:12
 「神苑で健康診断」の後半に、秀明会側の反論(想定)を追加しました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1219]PDF版、「秀明改」の発行
fujiya
2005/7/23 23:34
 インターネット上では神慈秀明会の悪行の多くが暴露され、皆さんは神慈秀明会の実態についてはよくご存じですが、秀明信者の多くを占めている中高年の女性はインターネットをしない方も多く、秀明会のウソにまだ気付いていない方も多くおられます。
 そこで、パソコンを操作することなくこうした人たちに正しい秀明情報を知らせる方法を考えました。

 神慈秀明会の機関紙「秀明」をもじった、「秀明改」の発行です。
 ご覧頂くと分かりますが、「秀明改」はA4用紙1枚の簡単な新聞になっています。
 写真や大見出しが紙面の大半を占めており、文字数を極力少なくしてあるので、ごく短時間に内容が読みとれます。

 「秀明改」の内容は、「家族を新興宗教から守ろう」のダイジェスト版になっており、新しい情報は掲載されていません。「秀明改」の目的は、『どこでも、手軽に、誰でも、どんな方法でも』情報発信ができることが最大のメリットなのです。
 秀明改はPDFファイルになっていますので、プリンターがあれば、どのような環境からでも同じ印刷物を得ることができます。
 これを皆さんのアイデアで、できるだけあちこちに「置き忘れて」きて頂きたいのです。
 駅のトイレにさりげなく1枚置き忘れるだけでも結構です。町内の掲示板付近に「置き忘れて」もらっても結構です。
 家族に秀明信者がいる場合はそれとなく目に触れる場所に「放置」しておくのも効果的かも知れません(「これは?」と聞かれたら、「新聞に折り込んであったみたいだよ」とでも答えたらいいでしょう)。
 秀明施設に出入りできる方は、集会所のどこかに「忘れてくる」のも面白いかも知れません。
 積極的に配布して頂ける方がありましたら遠慮なく(違法にならない範囲で)配布してもらったら結構です。少々切手代がかかりますが、誰かさんの家に郵送してあげると開けてビックリするかも知れません(弘子さんの家の住所は、どこだったかな・・・?)。

 とりあえず10種類作りましたが、全部を印刷する必要はなく、目的に応じて選択してもらったら結構です。また、「こんな紙面の秀明改を作ってほしい」という要望も大歓迎ですので、遠慮なくご意見をお聞かせ下さい。

 色々な展開を試みることにより、意外な活路が拓けるかも知れません。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1218]離脱はクレイジー。
小山クレイジー
2005/7/23 19:06
会主、そう吉自身、クレイジーだったということ。
霊能者竹内のお告げで離脱したのだから。

そう吉は死んでまた東京支部の信者に憑依して来た。
それがクレイジー事件だけど、
ほんとに小山一族はクレイジー。
地獄でもクレイジー。
橋本よ、クレイジーたちが地獄でおまえがくるのを
今か今かと今田と、待ってるぜ!


[1217]神苑で健康診断 4
根絶
2005/7/23 18:01
『世の人に幸あれかしと願ぐ人の幸こそ真の幸なりと知れ』(教祖御詠)

 「生命の芸術」である「浄霊」とは、比類のない絶大な神力・観音力によって人間の本質である霊を浄め、心身共に真の健康体となる方法です。

 「浄霊」は「おひかり」を首にかけ、人の幸福を祈る行為です。

 片手をあげて、相手の幸福を祈念する極く簡単な易しい祈りの姿勢の中に、掌から素晴らしい神様の光が相手の霊に放射され、霊体が浄められ病・苦が癒されるのです。

 そして人の幸せを祈るという体験によって目に見えない世界、神の実在を知ります。神の愛を実感し、利他愛の心を拡げ人として歩むべき道に目覚めていきます。

 優しさと奥床しさを身につけ、ご先祖を敬う心を育み、人の幸せを願う心が大きくなるにつれて、一人一人の心に天国が生まれ、自他ともに幸福な家庭を築いていきます。

 この幸福な家庭を社会に広げていくのが真の浄霊活動であります。
           ↑  

神慈秀明会のHPより抜粋

 これ読んでると へどが 出る。
 よくも まあ しゃあしゃあと こんな 口
 たたけるもんです。

 偽善者ども・・。


[1216]神苑で健康診断 3
根絶
2005/7/23 13:38
まだ 腹の虫がおさまりません。

しかも 健康診断費用は 本部から 出していただけます。と あります。
末端信者には 健康診断も 受けさせないで 一生懸命
働いて 差し出した 献金は こんな ところにまで
使われていたんだすね。

ほんま いい商売ですね。秀明会の 資格者って。
口先だけで 嘘ばっかり しゃべって 信者から 献金をまきあげて 生活しているんだもの。


[1215]神苑で健康診断 2
根絶
2005/7/23 10:27
fujiya様 神苑で健康診断 申し込み用紙 見ました。
無性に 腹が 立ちました。はらわたが 煮えくり返るって きっと このことをいうんでしょう。

末端信者には 浄霊 しなさい。浄霊しなさい。
どんな難病も 直ります。って いっておきながら・・。
上層部の 連中は ちゃっかり 健康診断受けてるんですね。
そうですね。とにかく この秀明会の 上層部ときたら
偽善者ばかりです。いうことと することが 全然ちがうんです。
そとづらと うちづら の 使い分けが 非常に上手
です。詐欺師の 典型といえるでしょうね。
この 悪の教団神慈秀明会 何が何でも 解体させる必要がある。


[1214]「神苑で健康診断」
fujiya
2005/7/23 2:59
表題のページを新たにアップしました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1213]暴露されればいい。
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/23 1:07
数年前に、東京支部に内緒でCNNのインタビューを受けました。
渋谷で、アメリカ人カメラマン2名と日系だと思いましたが女性キャスターに日本語で質問に答えました。
CNNは渋谷で勧誘する青年信者をしつこく追っていました。有力情報の裏を取る為です。
CNNにテープが残っていれば公開して欲しいですね。

私の方は秀明会からその後アプローチがありません。
資格者が私を利用して、拠点の近隣住民と
ふれあい活動をする計画を立てましたが、断ったので方向を変えたかも知れません。

一番悪いやつはカルト教団の幹部だという社会の意見に
まったく知らん顔の小山一族、資格者達。
明日引越しして、ことに備えます。


[1212]末端信者と上層部の違い
根絶
2005/7/23 0:25
神慈秀明会の 末端信者は ほんま 純粋な 人ばかりです。
しかしながら、これで 給料を 得て 生活の糧にしている小山一族および資格者は、どうしても許すことができません。
なぜなら・・それで 金を得るのなら れっきとした
宗教ビジネスだからです。
末端信者は、この 上層部の人たちのために、一生懸命働き、献金をしているのです。
なぜなら、上層部の、洗脳に負けてしまっているから、

偽ダイヤ 偽ゴールド 二重富士のおかげばなし ムハマド君のでっちあげ話 その他 阪神大震災での 嘘
故ミホコさんの おかかえ運転手の 死 自然農法での強制労働による信者の死これらの事実は すべて 信者には 封印してきました。

やくざみたいな 恐喝 怒号による 金・信者集め
そのおかげで 私のように 家庭を 崩壊させられた被害者は 数多く報告されております。

その反面、その隠れ蓑として、NPO法人を作ったり、外国にセンターを作ったり、ミホ美術館に、著名人を館長に仕立て上げたり、まあ なんとも、うわっつら ていさいばかり取り繕うのが すきな 外国かぶれの 身の程しらずな まあ・・ノウテンキな 宗教団体?です。

末端信者さんたち この上層部の 洗脳をまともに受けたらあきまへんで。

今に借金地獄に陥るはめに なりますで。
近いうちに 必ず 高額な 献金を 強要してくるはずです。
なぜなら・・信者数は 激減しているため、新たな信者獲得(いいかえれば献金の収入獲得)に 困っている現状があるからです。 そのため、仕方なく 信者の子供まで洗脳している状態です。

これは、次世代教育というものです。今、やっきになって、信者の子供たちまで 洗脳しはじめているのです。

 


[1211]NPOの 裏の 顔  続き
あるくもり信者
2005/7/22 17:55
そもそも 本心から ボランティア活動を したいのなら 神慈秀明会を 退会してからにしたほうが身のためです。

滋賀県の教育委員会にNPOの 裏の顔(悪の教団神慈秀明会)が ばれたりしたら、その方面にも、迷惑をかけることとなります。
滋賀のテレビ局にも 交渉して この活動をテレビ放映されていたようですが、テレビ局にも、迷惑をかけることになります。

悪の教団神慈秀明会の 片棒を 担いだと いうことで、。。

いくら 善の顔を 取り繕うと 努力しても 所詮
カルトは カルトです。
ぬぐい去れない過去が あるのです。

この信者は、いいことをやっていますが、やりたいことを やりたいのなら 神慈秀明会を正式に脱会し、それから、自分の道を突き進むべきでしたね。
今のままでは、必ず、まわりに、迷惑をかけることになってしまいます。

悪の教団 神慈秀明会が バックに ついている限り・・・。


[1210]NPOの 裏の 顔
あるくもり信者
2005/7/22 14:45
>NPOを隠れ蓑にした秀明の活動の実態を担当者が見抜けないようで、地元小学校や中学校の生徒が学校単位でMIHO美術館等が主催する催しに参加しています。


そうそう。この話 先日 本部からのビデオで 見ました。もと T支部の 信者が 滋賀に移りすみ、小学校の校長や PTAに 働きかけ、古民家で 自然の体験をさせたり、MIHO美術館を 使って 美術鑑賞をさせたりしているようですね。

本部で この信者が 体験発表を していました。
そうです。NPOという 肩書きを 隠れ蓑にした 
ゆくゆくは 秀明会に 引っ張りこもうという 
あさはかな考えが みえみえです。

秀明会の裏の 顔も 知らずに 滋賀の教育委員会は
大丈夫でしょうか?


[1209]マスコミ等への対応
fujiya
2005/7/22 11:23
 マスコミへの情報提供はすでに行っています。
 全国紙はもちろん、地方紙、赤旗編集局にも秀明会の悪行の実態を知らせてあります。 大手出版社だけでなく、こうした話題に比較的簡単に食いつきそうな週刊誌、写真週刊誌にも連絡済みです。
 テレビの報道番組担当者宛にも一通りは連絡をしてあります。

 数社から返信が来ていますが、決定的な話題・証拠がないと記事として扱うのは難しいというのがマスコミの共通した姿勢のようです。
 こうしたインチキ宗教は多すぎて、おかげ話に騙されて金を巻き上げられた程度の事件は日常的に起きているので、記事にはなりにくいようです(実際にはもっと深刻な被害実態があるのですが・・)。
 京都府宇治市のキリスト協会代表者が逮捕されたような、「話題」、「動き」が必要なようです。何らかのきっかけで1社が報道すると、それを待っていたかのように各社が報道を行い、それによって捜査当局も動くという構図はよく見られるパターンです。

 秀明会も旧体制でメチャメチャな布教活動を行っていたときは公安も動きかけたのですが、秀明はそれを察知して活動を急停止させたので、証拠不十分で立件するまでには至らなかったようです。
 ただ、その時からマークされていることは間違いないので、何か具体的な動きがあれば捜査対象になる可能性は高いと思われます。
 捜査当局もこちらのホームページは頻繁に閲覧しており、警察庁等からのアクセスも繰り返し行われています。

 地方自治体、特に秀明本部がある滋賀県への働きかけも行っておりますが、NPOを隠れ蓑にした秀明の活動の実態を担当者が見抜けないようで、地元小学校や中学校の生徒が学校単位でMIHO美術館等が主催する催しに参加しています。こうした動きに対しても、そうした活動を秀明は巧にカルトの宣伝材料として利用していることを教育委員会等に伝え、秀明に利用されないように警告を強める必要があります。

 皆さんの監視の目が強まり、活発な議論が盛り上がることは、秀明の動きを牽制するとともに、未だに秀明から逃れられずに迷っている人たちが秀明との決別を決断する上での大きな判断材料となっていますので、これからもよろしくお願いしたいと思います。


[1208]マスコミを使って・・・2
あるくもり信者
2005/7/22 10:32
そうです。一致団結です。
三郎さん、それから、ここに集まる皆さん。
末端信者を 悪の教団神慈秀明会から、守りましょう。

ここの管理者 fujiya様を 盛り上げていきましょう。
我々の 力で・・

それから・・男気のある ギルドさん。
資格者相手に ひとりで 戦うって 
おっしゃってましたが・・・

だいじょうぶでしょうか?
少し 気になっています。


[1207]マスコミを使って・・・
三郎
2005/7/22 9:47
マスコミやジャーナリストを使って、可笑しな教団を暴くのは非常に有効な手段だと思います。皆さんで協力して是非やってみたいです!皆さんで一致協力すればどうにでも可能だと思いますが・・・まずはカルト宗教系のジャーナリストにリークなどはどうでしょう?

fujiya様、URLを詳しく見ましたら、ありましたよ「金の亀」。あれその物です!まったく人をバカにしてますね!信者を見ても悪い感じの人は居ないようで、真面目で騙されやすい人が多い感じがしました。だからあまりにもひどいと感じましたね!マスコミにリークは大賛成です!

[1206]自然農法の災害補償
あるくもり信者
2005/7/22 9:28
いまだに おみくじのおまけに 大の大人が 踊らされているんですね。かわいそうに。。。秀明会の資格者たちは 早急に 偽ゴールドの おかげ・捏造話を認め、信者に謝罪しないと、とんでもないことになりますね。

根絶さんが おっしゃるように マスコミに リークするのも いい手段だと思います。
第二の被害者を 出さないためにも・・
今のうちに 手をうっておく 必要がありますね。
fujiya様は どう思われますか?

話は変わりますが、今、秀明会は、自然農法の真っ最中で、水田に、畑に、末端信者は(子供たちまで)強制労働させられているはずです。
数年前 ある拠点で 自然農法の強制労働中に 信者が死亡する事故がありましたが、この時の 保障は??
おそらく、この秀明会のことだから、
くさいものには 蓋・・

保障・賠償金 ゼロだったに 違いありません。

かわいそうに・・
炎天下のもと 熱中症などで 第二の被害者が出なければいいのですが・・。

それでも・・資格者たちは いうでしょうね。
明主さまに お使いいただいてるから、
きっと 天国で 成仏してますよ。。って。。

        う・うっそーーー。


[1205]マスコミを使って
根絶
2005/7/22 8:17
神慈秀明会の 上層部の 悪行の数々・・・
マスコミを 使って 暴露してやりたい。

江川詔子さんあたりに 連絡つけて・・とか・・。

それで・・
誰か マスコミに コネの ある人 いませんか??


[1204]まだそんな古くさい手口を!
fujiya
2005/7/22 0:59
 性懲りもなく、『奇跡パフォーマンス』での信者騙しをまだやっているんですね・・・・。あきれ返ってしまいます。
 「金の亀」などが出るという秀明の「奇跡」は、「ゴールドの奇瑞」というものです。詳しくは、http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/gold.htmlを見て下さい。

 とっくにネタばれしている「奇跡」を未だに繰り返して信者を騙すとは、とんでもない馬鹿連中です。ひょっとすると、それらの馬鹿どもは、こうしてインターネットで一連の「秀明奇跡」が暴露されていることすら知らないで繰り返しているのかも知れませんね。普通ならネタばれしたインチキは二度と使わないものです。

 もし、三郎さんが携帯電話のカメラ等でそうした場面を撮影できたらぜひ撮影して頂きたいですね(無理ならいいです)。
 秀勉などでの教師の言葉なども録音ができる方がありましたら、ぜひ証拠に録音しておいて下さい。将来それがとても役に立つときがくるかも知れませんので・・・。


[1203]呆れてしまいました・・・
三郎
2005/7/22 0:07
あるくもり信者さん、本当に消費者センターに相談したくなってきましたね・・・
今日は礼拝だかに付き合いましたが、そこに行ったら「金の亀」が出た!なんて大勢で騒いでいましたよ。。。熱心に礼拝している人は頂けるんだ、とか出てきた!なんて言ってましたが、一応、思慮分別のあるであろう大の大人が真顔で言っていたのにはソラ恐ろしく感じましたし、これがカルト集団なのかと身近で感じた体験でした。
現物をチラッと見ましたが、どうやっても胡散臭い限りでした・・・ 
知り合いは、お光代とかその他は援助するとは言ってましたんで、その点はひと安心ということで。
でも考えれば考えるほど笑ってしまいますし、無駄な時間は過ごすまいと心に誓いましたよ(笑)


[1202]秀明会は典型的カルト
fujiya
2005/7/21 14:43
 信者の妹さん、こんにちは。
 いえいえ、HP名を間違えたことぐらい全然ご心配なくです。

 そうですね、秀明会の末端信者の皆さんは本当に純朴ないい方ばかりなのです。
 それだけに騙されていることに気付かないようです。中には早期に秀明の異常さに気付き退会される方も多いのですが、そうした「勘のいい方」以外の「比較的おっとりした純朴な人」は異常さに気付かずにそのままずるずると秀明に縛り付けられてしまう方が多いようです。
 お姉さまもあまり人を疑ったりしない、人の良い方なのだと思います。

 それだけに、そうした純朴な人を騙して金を巻き上げる秀明会の存在は許せないのです。金を巻き上げるだけでなく、その人の人生そのものを破壊し、場合によっては命に係わる問題にも発展しています。
 秀明会はオウムに次ぐ日本有数の『宗教のフリをしたカルト』であることを忘れずに対応して頂きたいと思います。
 秀明会は宗教団体ではなく、秀明会上層部は犯罪者集団です。下部の末端信者はそれに気付かずに収奪され続けている被害者です。秀明問題に対応するときは、この二重構造を忘れずに対応することが大切です。


[1201]fujiyaさんへ
信者の妹
2005/7/21 13:23
昨日初めてこのHPを知り、興奮のあまり慌てて書き込みをしたおかげで、fujiyaさんのHPと書くべきところを三郎さんと書いてしまいました。大変失礼をいたしましたことお詫びいたします。

それから丁寧なお返事有難うございます。
こういってはなんですが、姉関係で私の見てきた信者さんは本当に末端の方達なので一途に信仰に励んでいる方ばかりでした。何から何まで神様に関連付けてしまう話っぷりには閉口しますが、悪い方達では決してありませんでした。上の人達のやっていることについては私は何も知りませんでした。姉も知らないと思います。まだまだ全部のページを見ていないのでまず私がしっかり勉強をしようと思います。
 ただ、宗教の人の癖といいますか、どんな批判も「神様から試されている」とか「他の人は神様に近くないから分からない」と言われてしまうと、どうにもらちが開かないですね。
 これだから宗教の人は無敵です。

[1200]霊感商法で摘発しましょう。
あるくもり信者
2005/7/21 11:06
三郎さん。おひかり代 30,000円ですか。
えーっと、あの中身は、光とコピーしてある 紙切れが 1枚入っているだけです。
袋代と併せて 原価にして50円くらいかしら?
29,950円は秀明会の丸儲けです。これって、霊感商法で、摘発できないものでしょうかね。消費者センターなんかに 通報して・・・。


[1199]おひかりの値段
三郎
2005/7/21 9:44
おひかりの値段ですが、4万5千円はこみこみで、おひかり単体は3万円でした。あとの1万5千円は、何だかんだの献金でした、たしか。。。しかし、自然農法・無農薬に興味があるだけなんですが、こんな団体がバックに居るとは認識が甘かったと反省しています。宗教法人も資本主義の仕組みの一部なんですね・・・ また、おひかりですが、相変わらず知り合いは崇め立てていますが、かなり乱雑に言われたことを全く無視して扱っている私には何も起こりません。逆に体の調子が良いです!(笑)これって、信者の前では一応同じ様に扱った方が良いんですよね?でないと「お詫び」なんてこと言われてまたまた金を巻き上げられることになるんですよね?そんなことになったら、たまったもんじゃないですからね! まぁ、いろいろと楽しんでみます(笑)


[1198]胡散臭い宗教
あるくもり信者
2005/7/21 9:28
今 話題の 
真光元・・・お光・・・なんか 雰囲気が・・似てます・・ね。


[1197]徳島の小林さんについて
江戸前寿司
2005/7/21 0:15
現役の信者です。記事 [1194] で、小林さんが救世教に戻ったのは本当でしょうか?ちなみに、小林さんは救世教から秀明会に移ってきたとH10年頃だったかに聞かされていましたので…。四国の信者さん、あるいは詳細を知っておられる方の情報提供を何卒お願い申します。

(PS)私の時代の入信献金は、確か2万7千円だったと思います。値上がりしたのですね。


[1196]今くもり信者さんへ
fujiya
2005/7/21 0:12
 今くもり信者さん、こんにちは。
 そうですか、スタッフとして参加されている方のなかにも、そのように幹部を批判的に見ていた方がおられたことを知り、ほっとしました。
 秀明の催しには多くの若者が喜々として参加しているようですが、なぜ彼らは秀明の異常さに気づかないのか不思議に思っていました。

 今くもり信者さんのこれまでの秀明での経験を生かして、秀明のために苦しんでいる多くの人々を救う活動にご参加頂ければ幸いです。
 今後とも、よろしくお願いします。


[1195] 今くもり信者 さんへ
根絶
2005/7/20 23:05
そうです。あの男子資格者ども 日本男児の恥さらしです。ヒステリーばばあたちに へこへこ しっぽ振って・・。見てて あわれですね。

それから あの にたにたした しまりのない 顔
不思議と皆同じ顔に見えてきますね。
あれを オタク って いうんでしょうかね。
よく わからへんけど・・。

もっと しゃきっと せんかい。
ヒステリーばばあの 尻にしかれて かっこわるう。


[1194]CSA祭りで観たものは・・・
今くもり信者
2005/7/20 22:08
昨年、CSA祭りに参加した時にやっと、はっきり秀明会の悪に気づいたんです。
僕はスタッフ側でしたが、会長とその取り巻き連中、資格者たちが自然農法の各拠点のブースを回っていました。
未信者、一般信者を立ち止めしてずっと待たしておいて
自分達だけ我が物顔の幹部どもでした。
一体誰の為の自然農法なのか、土井事務局長は最低だと思いました。橋本に可愛がられているからでしょうが。
もちろん今田もいました。
みんなとても悪い雰囲気を漂わせていました。
僕は霊的ではありませんが、「リセット」に書かれている
ように龍神に取り憑かれているんだと思います。
自然農法はみんなの為のものです。
腐れ幹部の延命の為のものではありません。
徳島の小林さんが救世教に行ったのも理解できます。
秀明会幹部は精神性がまったく理解出来てない証拠です。
はじめっから、元が狂っていたのです。


[1193]信者の妹さんへ
fujiya
2005/7/20 19:40
 信者の妹さん、こんにちは。
 お姉さまのこと、できれば秀明から救ってあげて頂きたいと思います。
 確かに信教の自由もあり、お姉さまも子供ではなく分別のある大人なのですから好きなようにさせておくというのも一つの方法だとは思います。
 秀明会が普通の宗教団体であるならそうしたスタンスは正しいと思いますが、秀明会は宗教ではなく、宗教の顔をした犯罪集団です。
 お姉さまをそのような犯罪集団に放置しておかれるのは、あまりにもつらすぎるように私には思えます(差し出がましいことを言ってすみません)。
 お姉さまの旦那様もよほど人がいいと見えて、あまり文句も言わずにお姉さまのすることを認めておられるようですが、その旦那様にもぜひ秀明会の実態を教えてあげて頂きたいと思います。旦那様は気付いていないだけで、秀明会がどのような団体かを知れば対応も変わるのではないかと思います。


[1192]おひかり4万5千円也。値上がりしたんすね。
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/20 18:52
三郎さん。始めまして。
「付かず離れず。」と古い信者はよく言ってましたが、
冷静に引いて観るのが良いでしょう。
まだ判らないことが多いでしょうから深入りせず、
何事も即答せず、落ち着いて常識に照らして行動されて下さい。
今は「おとなしいオウム」ですが、カルト日本一ですから
油断しないことです。

おひかり4万5千円、玉串千円とは驚きました。

たまごっち限定版の方がいいな。


[1191]信者の妹さん。はじめまして。
あるくもり信者
2005/7/20 16:24
おもちゃの ダイヤ 神社のおみくじのおまけの ゴールド ↓で根絶さんが紹介されている2重富士の写真のおかげ話  私も 笑ってしまいました。
でも いい大人なのに 信じるんですね。
洗脳って ほんと 恐いですね。

信者さんの妹さん はじめまして。
そうですね。秀明会の中の常識は、一般社会では、非常識になってしまいますね。
一般常識が、秀明会の中では非常識になってしまいますね。

それから、男子資格者さんの あのにやけ顔 見るだけで 気持ち悪くなるのは、私だけ?


[1190]はじめまして
信者の妹
2005/7/20 16:03
私の姉も10年ほど前から秀明会の熱心な信者です。
個人の宗教の自由もあるし・・・と私達家族は心配しながら見守っていましたが、今日三郎さんのHPを発見しいろいろなことがわかりました。やっぱりか!といったところです。ダイヤと奇瑞には笑えました。姉も同じものを持っています。

私個人的には、もうお互いいい大人ですし、姉が秀明会を信じてその信じるものにいくらお金を使おうが私がとやかく言うべきではないとも思うのですが、ただ一点、書き込みにもあったと思いますが、良いこと悪いことすべてが神様の「お仕組み」ということになってしまい、そこに至る原因を考えたり自己を反省したりということがまるで無くなってしまっています。仲間の信者さんと接するだけで社会にも出ていかないので常識的にもちょっとズレた人になりつつあります。 
 パートでもいいから仕事をするよう勧めても「せっかく御用に使って頂けるのに、なにもわざわざ仕事なんて・・」と仲間の信者さんに言われるようです。おかげで姉の旦那はフラフラになって稼いだお金をお玉串に自然食品にと次々使われています。まあ旦那さんがそれでいいならいいのですが・・・
 先日ついに「神様の御用をして魂の向上も結構だけど、現世に人間として生まれたのだから、社会に出て人間としての修行(仕事・人間関係で苦労したり悩んだり喜んだり悲しんだりという意味で)も大事なんじゃないかと思うよ」と話をして見ました。姉は神妙に聞いていましたが・・・どこまで届いたか。
 毎日毎日ぬくぬくと仲良し信者さん仲間で神様をほめ讃えていても魂の向上は有り得ないですよね!宗教と信仰心は別物です。

[1189]三郎さんへ。
あるくもり信者
2005/7/20 12:22
三郎さん。はじめまして、わたしは、もうすでにお光は、捨てています。燃えるゴミで・・。
そのうち、資格者から聞かされますよ。この神慈秀明会が、この地球上に、天国をつくるんです。他人の幸せを祈るんです。一生懸命 手かざしをやるんです。

天国ができるのは、あと、何百年先でしょうか?
少なくとも、我々の生きている間は、どだい無理な話です。
そのために、信者は、資格者たちの給料を毎月、死ぬまで、納めるはめになってしまいます。

考えてみたら、神慈秀明会の資格者って、いい商売ですね。そりゃあ、やめられないでしょうね。


[1188]素晴らしい実況中継です
fujiya
2005/7/20 5:46
 三郎さん、こちらこそ貴重な情報を提供して頂き、ありがとうございます。
 秀明会が現在、新しい信者に対してどのような活動を強いているかが大変よくわかり、参考になります。

 玉串1000円、お光り45000円ですか・・・。
 この値段はその時々、集会所(支部)によっても違いがあるのですが、1000円と45000円という金額はかなり高いですね。信者数が減少しているので、取れるところから取るという状態なのかも知れませんね。

 三郎さんの秀明会に接するスタンス、とても素晴らしいですね。
 しっかりと見るべき所を見抜いておられるので、そうしたスタンスで接していればこの団体のアホ教義に丸め込まれることはないと思います(しかし、油断はしないで下さい。相手は日本有数のカルトですから)。
 
>お光とかいう物ももらいましたが(4万5千円!)その辺に置いてあります。言われた通りの扱いは馬鹿馬鹿しくて出来ません!

 このフレーズには感動しました!
 その姿勢を崩さないでください。彼らの言うとおりに行動することがマインド・コントロールにはまる入口になりますので、三郎さんの信念に基づいて行動することはとても大切なことです。

>これは要するに信者を縛りつける道具でしかありませんよね!

 まったくその通りです。最初からそこまで見抜いてしまうとは恐れ入りました。

>「迷信深い人間は、さかりのついた動物よりも下等だ」っていう諺を身にしみて分かりました。

 周囲の秀明信者はそのようなレベルの人が多いので、そのペースに巻き込まれないことが大切です。

>まぁあんまり深入りはせずに、そのつどスパイのように報告しますのでよろしくお願いします!

 私も秀明会に潜入してスパイ活動したいと思ったことがあるのですが、まだ実現していません。三郎さんの報告はとても新鮮な実況中継となります。三郎さんとしては、時間とお金がかかることなので大変と思いますが、ぜひぜひよろしくお願いします。


[1187]fujiya様、ありがとうございます。
三郎
2005/7/20 2:34
fujiya様、アドバイスありがとうございます。匿名を改めまして三郎にしました、特に意味はありませんが・・・今日は、集会所だかで青年勉強会だかの名目で話を聞かされました、また御玉串の名目でで1000円も盗られました!浄霊とかやりましたが、足がしびれて、それどころではありませんでしたが。。。それから会長先生の従兄弟だか親戚だかが関西から来ているってことで話を聞かされましたが右から左で全然分かりませんでした。初詣でもせいぜい100円しかお賽銭したことがないのに1000円とは・・・本当に馬鹿馬鹿しい限りです!で、周りにいる連中の異様さが目に付きました。養老猛さんが、「本当の教育者は宗教団体の教祖だ!」って言っていたのを思い出しましたが、これは本当ですね!素晴らしい洗脳というか。。。お光とかいう物ももらいましたが(4万5千円!)その辺に置いてあります。言われた通りの扱いは馬鹿馬鹿しくて出来ません!これは要するに信者を縛りつける道具でしかありませんよね!「迷信深い人間は、さかりのついた動物よりも下等だ」っていう諺を身にしみて分かりました。まぁあんまり深入りはせずに、そのつどスパイのように報告しますのでよろしくお願いします!


[1186]「奴隷」を印刷して資格者んとこ行きますけど。4 〜因縁の二重富士
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/20 1:54
今、二重富士の話が書き込みされたことに驚いてます。
ことの発端は一信者が新聞記事を見つけたことから
始まります。 うまく利用されました。
やはり、組織と対決の方向に向かうのでしょう。
内情を知るもの同士の初戦となります。


[1185]二重富士
fujiya
2005/7/19 21:45
 下記の根絶さん情報の「二重富士」
 おお!、富士山の影が教祖殿型に・・・!!

 小山弘子さんがこの場に居あわせたら感激で失神するでしょうね。いっそそのままお母様の所へ言ってもらっても結構ですが・・・。

 ブロッケン現象の少し規模が大きいもののようですね。


[1184]あほくさい。
根絶
2005/7/19 20:58
http://www.yomiuri.co.jp/photogp/grandprix/26th/g-houdo.htm
ティーポット=富士山型教祖殿で 思い出しました。

先日まで この写真を 教祖殿 だとか。
いって 単なる 二重富士で・・
光の 屈折率とか 雲底の位置で たまたま・・
教祖殿の 形に似てるからって・・。

それを 明主さまの 奇跡や。って
あほくさいなあ。もう あいた口が ふさがらんわ。

信者のこと 考えんと・・。
こんな ことまで 明主さまの 奇跡や!
明主さまは われわれに 頑張れって言ってくださってる。
などと 資格者の 連中 また 信者を
洗脳しましたね。

ほかに いうこと ないんでしょうか?

これは 専門家に 検証させると・・。

第2の 偽ダイヤ ゴールド事件になるかも??
ですね。

信者のみなさん。
この手の 詐欺には 要注意ですよ。

経験者は 語る。 


[1183]ティーポット=富士山型教祖殿?
fujiya
2005/7/19 17:08
世界びっくりニュースから

謎の武装集団がティーポット信仰カルト教団を攻撃
[ 2005年07月19日 04時48分 ][クアラルンプール 17日 ロイター]

 巨大なティーポットを中心に据えたマレーシアの奇妙なカルト教団本部が、武装集団の攻撃を受けた。この教団は2週間前に州の宗教担当局から批判を受けていた。
 月曜早朝、火炎瓶で武装した30人から35人の暴徒が教団本部を攻撃し、車、建物の屋根、そして巨大なティーポットに火をつけた。

 教団「スカイ・キングダム(空の王国)」の教祖はアヤ・ピンという老人で、自分がこの世の全てを統べる神であると主張している。最近行われた新聞のインタビューでは、自分はあらゆる宗教の王だと発言した。信者たちはティーポットには癒しの効能があると信じている。
 消防隊員のアーマッド・ファカルディンさんは、教団コミューン近くの街ジャルティーからロイターの電話インタビューに答えて語った。「ティーポットのてっぺんも少し焦げつきましたが、コンクリート製だったので損傷はそれほどでもありませんでした」。
負傷者は報告されていないそうだ。

>自分はあらゆる宗教の王だ
日本にも、同じようなことを言っていた人がいたなー


[1182]金儲け秀明会
あるくもり信者
2005/7/19 16:43
>神奈川県、戸塚に新しい集会所が作られるらしいのですが・・・・

そうですか。なかなか 懲りない 連中ですね。
そこの信者さんたち たいへんですね。
かわいそうに・・。

神慈秀明会のやりかたで、腹が立つことは、このお金は、明主さまにお使いいただくといいながら、ちゃっかり、資格者たちの、給料に消えてしまうこと。

不幸ごとがあると、そのくもりを とるために 献金、
いいことがあると、感謝の 献金。

そして、その お金は 資格者の ふところへと・・。
まさに 詐欺行為・・そのものですね。

この神慈秀明会にいると、死ぬまでとことんお金をむしり取られますね。


[1181]新しい集会所
家族を守ろう
2005/7/19 13:34
神奈川県、戸塚に新しい集会所が作られるらしいのですが、誰のお金?


[1180]秀明会・金まみれ
あるくもり信者
2005/7/19 12:16
最近は、学生部にも、献金を強要しているようですね。
それから、クレストンに いけいけって。
学生部たちは また 借金をして、旅費を 作って
行かされてるみたいですね。

信者数の激減で 分母が 減った分 ひとりあたりの
負担金が これからどんどん増えていくことでしょう。

高額所得の資格者らを 養っていくのは、至難の業になるでしょうね。


[1179]あらら・・・地獄の1丁目
閻魔大王
2005/7/19 11:53
匿名殿の苦悩が手に取るように解りまする。
次予想されるのは第3講。つまり、カルトの本山に誘われるのじゃ。これはお玉串、御礼、バス代等、住んでおられる地域にもよるが、3万円は覚悟されたい。ここの特徴は、バス代が異様に高額であること。弁当代が1000円とかとられても、内容は300円クラスであること、これは何を意味するかというと、教師のお小遣いに消えていることが多いのである。
 銭ゲバのカルトは、この後、いろいろな名目の関門をもうけて貴殿の財産を食いつぶすべく迫ってくるのは必定である。
観音様、御神体等の勧誘、唾棄すべき駄作の飽和商事監修の糞仏壇、箱もの建設名目による献金、自然農法振興のための奉仕金等々である。
匿名様の前途は多難、お先真っ暗である。合掌・・・。
まあ、会社の関係の人間が自分のことを100%守ってくれ、この先の面倒を全部見てくれるのなら別だが、所詮人間の言うことはタダである。早期の脱出成功を祈るのみである。


[1178]慎重に、慎重におつきあい下さい
fujiya
2005/7/19 11:51
 匿名さん、こんにちは。
 正直に言って、ビックリしました。
 秀明会は今でも新たな信者拡大をしていたんですねー!。

 上の、<<Back To Home からメインページへ戻って頂き、各ページをご覧頂くと神慈秀明会の実態がお分かり頂けると思いますが、とにかくとんでもない所だということだけは肝に銘じておいて下さい。
 しかし、匿名さんにとって幸いだったのは、こうして早期にこちらにおいで頂くことができましたので、十分秀明会の情報を仕入れた上で対応の方法を考えることができますので、会社での人間関係にひびが入らないようにしながらも慎重に対応してください。

 最初は小額のお金しか要求されませんが、徐々に色々な名目でお金が出ていくようになります。それにつれて秀明のために匿名さんの時間が費やされていくことにもなります。 できれば、頃合いを見計らって、こちらの情報をその会社関係の人に伝えてあげて一緒に退会することができれば一番いいのですが、どの程度のおつきあいなのか分かりませんので、もう少しそうした事情もお知らせ頂ければと思います。

 今後どのような方法で秀明会は匿名さんをカルトに引きずり込もうとするのか、こちらとしても是非知りたいところですので、今後ともよろしくお願いします。
 匿名さんは他にもおられますので、できれば違うハンドルネームにしていただけるとありがたいのですが・・・。


[1177]幾らお金が掛かるんでしょうか?
匿名
2005/7/19 10:29
先日、入会(入信とは思いたくないので・・・)の手続きをした物です。会社関係の人なので断れずに付き合い程度の考えですが、やはり何だかんだとお金が掛かりそうな感じですね・・・で、結局幾らくらい掛かるのかこちらで教えていただけるとありがたいです。私は単純に自然農業に興味があるだけでこのような団体には違和感があります。何かにすがりたい気持ちは解りますが、結局は自分の心の置き所の問題だと最初から思っているので、あまり深入りはしないつもりです。(会社の人間関係があるので・・)宜しくお願い致します。


[1176]ギルドさんへ。追伸
根絶
2005/7/18 22:46
資格者の 給料の 出どころは 一般信者の ふところからです。

いわば、資格者たちは、信者に食わせてもらってるんです。果たして どのくらい 給料もらっているのか?

ですので、とうぜん 信者は 知る権利があります。

すくなくとも 資格者は 最低でも50万円は もらってるって 小耳に はさみましたけど・・。

そう・・思いますけど・・。


[1175]「奴隷」を印刷して資格者んとこ行きますけど。 3
根絶
2005/7/18 22:25
ギルドさん 頑張ってください。

そうですね。
突っ込んでほしいのは・・・。

資格者たちの 給料明細額ですね。
これを 明らかにしてほしいです。
これは 公に する必要がありますね。

できれば 裏づけとして 
その資格者たちの 給料明細の 
コピーなどが あれば なお いいと思います。 


[1174]「奴隷」を印刷して資格者んとこ行きますけど。 2
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/18 21:53
fujiyaさん。ありがとうございます。

皆さんで、他に何かありますか?
ここんとこ突っ込んでくれ。とか、これを聞いてくれ。とか。


[1173]ギルドさんへ
fujiya
2005/7/18 20:58
 資格者と直接会って話をするのが、最もてっとり早いかも知れませんね。
 相手の器の大きさにもよるでしょうが・・・。

 秀明会に生活の基盤を置いている資格者に、面と向かって「秀明会をつぶす」と宣告すると、少々刺激が強すぎるので、多少アジャストした方がいいかも知れませんね。
 新たにアップした、「資格者への手紙」には、そうした配慮もしながら資格者へ呼びかけています。


[1172]「奴隷」を印刷して資格者んとこ行きますけど。
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/18 18:44
助教師から、資格者に挨拶に行くように言われた。

当初、御用のお願いを電話してきたのだが、
私の今の御用は秀明会をつぶすこと、小山一族・橋本一派の謝罪と追放・財産没収ですとお断りした。
この助教師さんはまじめな人で、いつか明主様が秀明会の悪を正されると信じきっている。
私、ギルドが新体制に必要であると本気で思っている。

間違いに気づいた私は、「新生秀明会」より、
早く会自体を消滅させ、一度清算して残された信者さん達の心身のケア方法を考えた方が良いと思っている。
何度もここで呼びかけているが、資格者は誰も立ち上がろうとしないので仕方が無い。

それでは挨拶に行ったほうが良いと言われたが、宣戦布告になるだけだと思う。
先生が私の軌道修正をして下さると考えているようだ。
逆ギレされて追放宣告されるか、一定の理解を示して放し飼い状態となるか、鉄砲玉としてとっておくのか・・・
まあ、
流れに乗って突き進むだけ行ってみよう、言ってみよう。


[1171]「奴隷」をアップしました
fujiya
2005/7/18 1:44
 秀明会は、なぜカルトになったのか?
 その謎を解くカギは、小山美秀子が育った環境にあった・・・。

 下記に、「奴隷」と題して新しいページをアップしました。
 秀明問題を解明する上で参考になると思いますので、ぜひご覧下さい。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1170]正体は琵琶湖の黒龍。もちろん「たたり神」
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/18 1:13
聖教書とまったく反対のことを言うようですが、
本当の神様は、「俺の言うことを聞かないとお気づけ(ばちを当てる)するぞ。」と人間を脅したりしません。

日本は古来から多神教、八百万の神の国です。
昔の人はタタリを恐れて、いろいろなモノノケを
神として祭ることで身を守ってきたのです。
(ここらへんの話は梅原猛さんの得意分野ですね。)

それに味を占めた金・銀・財宝大好きの龍神が小山一族を操っているだけのことです。
冷酷非道の裏の顔もその証拠です。

助教師以上は霊の世界を認めないとやっていけませんから
この説は理解できるでしょう。
まあ認めるかどうかはわかりませんが。

[1169]資格者の方へ・9
根絶
2005/7/16 16:52
>神慈秀明会を再生できるのは、資格者の皆さんです。自分の子供達に胸を張って、「お父さんは神慈秀明会の資格者だ。秀明会は嘘偽りのないすばらしい宗教なんだ。」と言えるものにする為には行動を起こすことが必要です。
 今のままの秀明会では、「信仰2世の覚醒」のように、あなたの子供さんも遠からず秀明会の真実に気付き、あなたの不甲斐なさに失望することでしょう。

神慈秀明会を再生できるのは、資格者の皆さんです。自分の子供達に胸を張って、「お父さんは神慈秀明会の資格者だ。秀明会は嘘偽りのないすばらしい宗教なんだ。」と言えるものにする為には行動を起こすことが必要です。
 今のままの秀明会では、「信仰2世の覚醒」のように、あなたの子供さんも遠からず秀明会の真実に気付き、あなたの不甲斐なさに失望することでしょう。

神慈秀明会を再生できるのは、資格者の皆さんです。自分の子供達に胸を張って、「お父さんは神慈秀明会の資格者だ。秀明会は嘘偽りのないすばらしい宗教なんだ。」と言えるものにする為には行動を起こすことが必要です。
 今のままの秀明会では、「信仰2世の覚醒」のように、あなたの子供さんも遠からず秀明会の真実に気付き、あなたの不甲斐なさに失望することでしょう。

fujiya様の 言われるとおりです。
私も 一家の 大黒柱です。
子どもは 親の背中を 見て育つといわれますが・・
秀明会の男子資格者は そうでは ないのかも 知れませんね。
俺の背中は 見なくても よい。明主さまだけを 見て育ってくれたらいい。って・・。

ん??ん??ん??

ほんまに そう思っていますか??
やはり 現実問題として 子供から 尊敬される父親に
なった方がいいですよ。
これ 老婆心でも なんでも ありません。
一家の長として 同じ中年男性としての 社会一般常識
を 言ってるだけですよ。 

秀明会の常識は 世間では 非常識です。


[1168]資格者の方へ・8
fujiya
2005/7/16 15:40
 ひょっとして資格者の皆さんは、「自分には秀明会の現状を変える力などない」と思っているのではないでしょうか?
 一資格者から見た秀明会という組織はとても巨大であり、自分一人の力で改革などできる筈もないとあきらめてしまっているのではないでしょうか。

 三菱自動車のリコール隠しが発覚したのは一社員の運輸省への内部告発でした。
 東京電力の原発トラブル隠蔽も一社員の内部告発によって発覚しました。
 雪印の国産牛肉偽装事件も、日本ハムの国産牛肉偽装事件も社員の内部告発によって発覚しました。

 彼らの行為は自分が属する組織への裏切りだったのでしょうか? そうではありません。彼らの勇気ある行動によって問題企業の隠蔽体質が改善され、安全性が向上し、その結果が国民に還元されることとなったのですから彼らの行動は組織を救い、国民をも救った、真に人間として『誠』にかなった行動だったのです。

 こうした内部告発者が不利益な取扱を受けることのないように公益通報者保護法(公布:平成16年6月18日法律第122号、施行:平成18年4月1日)も制定されています。


 神慈秀明会を真の明主様信仰に戻し、本当に世界の人々を救える宗教にするためには、これまで信者を平気で欺いてきた悪しき幹部達を排除することが絶対に必要です。
 それ抜きに秀明会が生まれ変わることはありません。組織が生まれ変わるには、『生みの苦しみ』が必要なのです。
 「攻撃は最大の防御なり」といいます。いま秀明会を守るためには、私たちのようなアンチ派から組織を守るよりも、組織内部の『悪』から秀明会を守ることの方がより必要なのです。秀明会から『悪』の部分がなくなれば、私たちアンチ派も自然に消滅することでしょう。
 組織の中核をなしている資格者が結束して組織改革に立ち上がることは、決して組織に刃向かうことではなく、真の意味で組織を守ることにつながります。

 神慈秀明会を再生できるのは、資格者の皆さんです。自分の子供達に胸を張って、「お父さんは神慈秀明会の資格者だ。秀明会は嘘偽りのないすばらしい宗教なんだ。」と言えるものにする為には行動を起こすことが必要です。
 今のままの秀明会では、「信仰2世の覚醒」のように、あなたの子供さんも遠からず秀明会の真実に気付き、あなたの不甲斐なさに失望することでしょう。

 まだ迷っている方は、「リセット」をもう一度見てください。今の秀明会には、あなたの一生を賭けるだけの値打ちはありません。明主様に泥を塗るような行為を数限りなく行ってきた団体をあなたは許すことができるのですか?
 あなたが本当に秀明会が好きならば、秀明会を多くの人から支持される団体にしたいならば立ち上がるべきです。

 あなたの残された人生を無駄にしないためには、今立ち上がらねばなりません。心ある資格者が力を合わせて立ち上がれば、勝算は十分にあります。



[1167]根絶さんへ。
punyoon
2005/7/16 9:00
>間もなく まともな 女性と 再婚します。

根絶さん、ご再婚、おめでとうございます。
よかったですね。

>マザコン集団

おばさんたちの「ヒステリー」を、振り切って、
男子資格者には、立ち上がって、もらいたいものです。


[1166]資格者の方へ・7
根絶
2005/7/16 8:47
ギルドさん 応援しています。

それにしても・・
この 小山教の
男性幹部らって 
ほんま めめしい男ばっかりですね。
Mのけが あるんではないか?
洗脳おばさまたちから 痛みつけられて
それを 快感に してるんでは??

>男子資格者のマザコン集団疑惑を、
晴らすことはできません。

punyoonさん うまいこと いいますね。
そうですね。ほんま マザコン集団ですね。

男子幹部・・
それでも 男ですか?
立ち上がってください。
 


[1165]資格者の方へ・6
punyoon
2005/7/16 4:02
ギルドさんの

>男子資格者が一人でも立ち上がってくれると、何人かの助教師、世話人も同調し、行動を共にするはずです。
橋本一派は私が討ちます。
会長に決断を迫り、一気に決着を付けることが出来ます。
体制が動くのは、男子資格者次第です。

男子資格者の方々、この動きに、乗り遅れると、
一生だけでなく、未来永劫、無限に、永久に、
「チキン(弱虫)」呼わばりされてしまいます。
そして、近いうち、会の軸は、確実に、
転換してしまいますので、
ここで、心に、火を、つけないと、
「逆賊」として、冷や飯、
食わされることになる可能性大です。
ここで、動けないと、
男子資格者のマザコン集団疑惑を、
晴らすことはできません。
しっかり、男気、みせてください。


[1164]いますぐ 脱会すべきです。
根絶
2005/7/15 20:49
信慈秀明会の 現会長 小山弘子 次期会長 たまおちゃん・・その他・・信者をくいものにして 給料をもらい 生活している 幹部(特に 男子幹部)へ。

ここまで 嘘が あからさまになっては もう あなたたちの 未来は 見えてきましたね。
縮小して 金集めは どんどん減少の 一途。
あの 巨大な3大インフラ(身分不相応な)の
維持費 管理費は 底を つくでしょう。

しかたありませんね。
身から出たさびです。
今まで あなたたちが 行ってきた 罪けがれの
清算が もう 始まっています。

明主さまを 小山教の エゴに 利用した
罰が その明主さまから 与えられるでしょう。

そう・・おきづけですね。

小山教の信者は あなたたちが 考えているほど
馬鹿で お人好しでは ありません。

このサイトは 私の 友人(国の関係)も よく見ているって いってました。誰でも みてます。

いつでも・・動き出せる状態ですよ。

現役 信者のみなさん。
今すぐ 脱会すべきです。
この信慈秀明会に いたら きっと・・
おおやけどを 負う はめに なります。
これだけは 経験者の 私が 言っておきます。


[1163]嘘・でっちあげだらけの神慈秀明会
あるくもり信者
2005/7/15 16:08
嘘・でっちあげだらけの神慈秀明会・・。

その1・自作自演に よる 世界救世教からの 神意の離脱劇。
その2・ご神体の 捏造 ・偽造 事件。
その3.・偽ゴールドによる 詐欺事件
その4・偽ダイアによる 詐欺事件
その5・モハマド君 でっちあげ おかげ話事件。


[1162]秀明会に明日はあるか
fujiya
2005/7/15 3:35
 「リセット」の内容がかなり更新が進んできた。
 リセットに書かれている内容を見ると、私のような宗教音痴でも、「ご神体」等に対する秀明会のメチャメチャな取り扱いには驚かされる。

 秀明会では「お光り」の取り扱いには細心の注意を払わせ、髪の毛1本が入っても、他人がうっかり触っても、床に落としても、「お詫び」と称して献金させるなど、ご神体に対する異常なまでの「神格化」を信者には要求してきた。
 しかし、最も肝心である筈の秀明会のご神体に対する「切ったり、貼ったり」、「改ざんしたり」、「勝手に編集したり」を見ていると、信者に対して課してきた異常なまでの厳しさからは想像もできない「いい加減さ」が分かる。

 あのような「神をも恐れぬご神体への冒涜」を繰り返してきた作られた秀明会の「ご神体」には宗教的な意味は全くないことになる。これでは今まで秀明会を信じて「信仰」をしてきた信者はたまったものではないだろう。

 あのリセットに書かれた内容を、秀明会の秀勉や月次祭の席上で公表したらどのようなことになるだろうか?
 あの内容を「秀明紙」臨時特集として全信者に配布したら、どれだけの者が秀明会に残るだろうか?

 信者が秀明会の教えを信じて秀明信仰を続けていけるだけの「宗教的裏付け」は完全に破綻しており、宗教団体として信者を引きつけておけるだけの求心力は秀明会にはない。
 どんなに隠そうとしても、この事実は信者に必ず伝わる。一旦信者の間に噂が広まり出したら、それを抑えることはもはやできない。

 秀明会の外部からの情報として信者が知るのと、秀明会幹部自らが事実を信者に伝えるのとでは、信者の心情も違ってくる。
 残された道はただ一つ。秀明会が生き残るには、秀明会自らがこれまでの非道を信者に詫び、秀明会の再生を誓い、信者の許しを請うしかない。

 この秀明会に迫った危機を、危機として捉えられない愚かな幹部ばかりであるなら、秀明会に明日はない。


[1161]資格者の方へ・5
根絶
2005/7/14 22:36
>6.15にいっしょに動いて欲しかったです。
次の機会を待ちます。
男子資格者が一人でも立ち上がってくれると、何人かの助教師、世話人も同調し、行動を共にするはずです。
橋本一派は私が討ちます。
会長に決断を迫り、一気に決着を付けることが出来ます。
体制が動くのは、男子資格者次第です。


ギルドさんの 男気のある 言葉・・。
スカーっと 爽快です。
そうですね。日本男児って こうでないといけません。

私も 秀明に犯された 妻との 離婚という 英断をくだしました。

おかげで 間もなく まともな 女性と 再婚します。

秀明会の 男性資格者って 果たして 日本男児でしょうか??

自分に 誇りなんか もってないんでしょうか??
私に言わせると・・日本男児の 恥さらしですね。
私が もし 資格者だったら 自分の生き方に 疑問を
もって とうの 昔に 退会しています。
そこまで 偽善者の 顔を かぶってまで 金もうけしたくありません。
男として 大黒柱としての プライドが 許しません。

しかし、現男子資格者 馬耳東風でしょうね。


[1160]電話代まで・・・。
東日本匿名
2005/7/14 20:04
秀明の拠点にはよく公衆電話がありますね。またはピンク電話になっていると思います。これはどういうことか?10円を入れないと通話できない。つまり世話人などが秀勉の約束をとるためにかける電話は個人負担ということだ。普通会社組織なら業務電話は会社もちである。ここまで秀明は個人から金を出させているのか!
話はここでは終らない。公衆電話の金庫に入った金は通話料金を引いた残りは利益が生まれる。純粋な公衆電話はNTTから委託料がもらえるしピンク電話の場合も請求が来る料金ペースよりも10円が落ちるペースが速いのだ。何とひどい話ではないか?資格者がこうした電話からかけているのは見たことが無い。
T支部の月次祭で聞いた。警察など官公署は秀明を目の上のたんこぶ的な存在に見ているが、NTTだけは喜んで来ると言う。これはどういうことか?公衆電話がどんどん撤去される時勢なのにここだけは大黒字なのかな?


[1159]資格者の方へ・4
fujiya
2005/7/14 19:32
>橋本一派は私が討ちます。

 すごい言葉ですね!ギルドさんの決意の程がうかがわれる言葉です。
 そうですね。秀明は女性が多い組織ですが、最終的には男性資格者と会長が方針を決定しています。男性資格者が、人間として本当の『誠』を示す決意をしたとき、秀明会は動くのでしょうね。

>資格者の方達は、それで、給料をもらっていて、その給料で、生活し、家族を養っているのでしょうから、なかなか、難しい面もあるんでしょうね。

 それは私も十分分かっています。でも、人間一生に一度くらいは本当に自分が正しいと思う方向へ『自分に正直に』行動すべき時があるのではないかと思います。
 秀明に生活の基盤を置いているのなら、なおさらのことその基盤を大切にしなければなりません。妻や子供を養い、自分の精神生活もより一層充実させたいはずです。
 本当に自分の生活基盤を失いたくなかったら決断をすべきです。このままずるずると今のままにしていても秀明が存続できるのなら、「何もしないでそのまま」という選択肢もあるでしょうが、こままで秀明が存続できるでしょうか?
 このままでは秀明は遠からず崩壊します。その時になってあわてても遅いのです。いま立ち上がり、心ある人たちと力を合わせて秀明会を本来あるべき方向に立て直すことができるのは男性資格者の皆さんです。

 誰かが戦わねば、橋本一派に牛耳られた現体制を打破することはできません。ギルドさんという一信者にだけそれを押しつけていいのでしょうか?
 ぜひ、男性資格者の皆さんが一生に一度の大英断をされることを期待します。


[1158]資格者の方へ・3
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/14 17:33
中松先生は自分から資格者を降りたことになっていますが、本当は少し違うようです。
数日前、ある助教師さんから話しを聞きましたが、
いろいろあったのは確かでしょう。

6.15にいっしょに動いて欲しかったです。
次の機会を待ちます。
男子資格者が一人でも立ち上がってくれると、何人かの助教師、世話人も同調し、行動を共にするはずです。
橋本一派は私が討ちます。
会長に決断を迫り、一気に決着を付けることが出来ます。
体制が動くのは、男子資格者次第です。

新体制のきっかけを作ったのはT屋先生だったでしょう。橋本が潰しにかかりましたが、会長が離して守りました。会長と一対一で話せば何か前進があるかも知れません。


[1157]資格者の方へ・2
あるくもり信者
2005/7/14 16:15
>秀明資格者という立場の方が本音を語ることにより、末端の信者やその家族の苦しみを少しでも小さくできるとしたら、それが本当の『誠』であり、『利他愛』なのではないでしょうか。

正に fujiyaさまの おっしゃるとおりです。
でも、資格者の方達は、それで、給料をもらっていて、その給料で、生活し、家族を養っているのでしょうから、なかなか、難しい面もあるんでしょうね。
いまさら、転職したとしても、一般社会では、通用しない人ばかりでしょうから。
 現役資格者の方達は、矛盾を感じながらも、自己嫌悪になりながらも、生活のために、仕方なくやっている資格者が、ほとんどではないでしょうか? 



[1156]資格者の方へ
fujiya
2005/7/14 12:36
 私は仲松氏のことは全く存じませんが、皆さんのお話からすると仲松氏は秀明会の中でも秀明の問題点に気付き、改革を図ろうとしていた方だったようですね。

 秀明会の中にあっても、秀明という組織の問題点に気付いている資格者は他にもおられることと思います。
 過去に資格者であった方、また現役資格者の方も、秀明の問題点について率直な意見を公表して頂きたいと思います。
 秀明資格者という立場の方が本音を語ることにより、末端の信者やその家族の苦しみを少しでも小さくできるとしたら、それが本当の『誠』であり、『利他愛』なのではないでしょうか。

 勇気を持って意見を公表して頂きたいと思います。


[1155]仲松先生
あるくもり信者
2005/7/14 11:46
九龍さん 玉乃助さんが おっしゃるように 退会したのであれば、(どんな理由であれ・・)仲松先生は、まだ人間の心を持っておられたということでしょうね。

普通の常識ある人間でしたら、自分のやっているとこに対して、自己嫌悪に陥るのが、当たり前だと思います。

現資格者さんたちの 気がしれませんね。


[1154]仲松先生
九龍
2005/7/14 1:45
 確か、私が秀明に在籍していた数年前は、名古屋支部の支部長をしていたような記憶が・・・。もし間違っていたら訂正してください。
 その頃、仲松先生はどちらかというと若手の男子の先生で、上に反抗しない程度に、当時の秀明の中では革新的な方であったような印象です。
 とにかく、秀明では、上に逆らう者はどんどんやめさせられますね。陰の実力者(旧大幹部の面々・・・既にかなりのご高齢の方たちですが)の影響がまだまだ大きいということなのかな。
 あるいは、仲松先生が、いつまでも変わらない秀明に嫌気がさして、自分から辞めたということも考えられないではないです。


[1153]仲松氏の件続き
玉乃助
2005/7/13 23:25
いいえ始めまして、仲松氏とは以前私が信者時代東京支部で講義を受けた事が有り気になった物で、何処の拠点か忘れましたが資格者でした。
秀明会の事ですから、とても自分から辞めたとは思えませんので、資格者の中では比較的常識の有る方でした。


[1152]仲松氏?
根絶
2005/7/13 23:08
玉乃助さん。初めまして。

仲松氏って 誰ですか?

資格者ですか?


[1151]仲松氏の件
玉乃助
2005/7/13 22:46
少し前になりますが、仲松氏が資格者を降りられたそうですが、ご存知の方情報提供お願いします。
辞めさせられたのではないでしょうか?

[1150]そーなんすか。
punyoon
2005/7/13 2:32
河合隼雄氏も、その連なりに、いるんすね。うーん、そーかぁ。

>そうやって、表面ばかり取り繕っていても、いずれは
化けの皮は、剥がれます。
その前に、被害者への、詫びを入れるのが、すじです。

これは、いっそのこと、「化けの皮は、剥が」しに、力を入れていった方がいいのかもしれない。

楽しいかも。

「みにくい裏の顔」も、高額な資金の前では、社会的なバランスを、とってしまう気がします。

その「みにくい裏の顔」が、どんな「みにくい裏の顔」なのか、一般の人の興味関心を、引ける形で、うまいこと、提供できないかと、考えます。また、その効果で、飛び火的に、オセロゲームが、どんどん、逆転してゆくように、追い詰めていけるような形で。


[1149]MIHO美術館館長
あるくもり信者
2005/7/12 15:57
新館長辻惟雄氏は、神慈秀明会の、みにくい裏の顔を知っているんでしょうか?

それとも、神慈秀明会からの、高額な報酬の魅力に負けたのでしょうか?

それにしても、神慈秀明会は、身の程しらずといいますか、著名人には、しっぽふってちかずいていく。新館長に対して、おそらく、高額な報酬を提示したのでしょうね。自分が稼いだお金でもないのに。
信者の汗の結晶の献金なのに。

その反面、末端信者は、奴隷みたいに扱うくせに。
その ギャップたるや すごいのひとことですね。

そうやって、表面ばかり取り繕っていても、いずれは
化けの皮は、剥がれます。
その前に、被害者への、詫びを入れるのが、すじです。


[1148]館長の系譜
fujiya
2005/7/12 11:50
 MIHO美術館の館長は、前館長の井上裕雄氏が2002年12月7日に死去した以後、空席になっていたが、新館長として辻惟雄(つじのぶお)氏が2005年7月1日付けで就任したとMIHO美術館が7月11日に発表した。

 辻氏は名古屋市出身で日本の美術界では比較的よく知られた人で、東京大文学部教授、国際日本文化研究センター教授、千葉市美術館長などを歴任し、1999年から2003年まで多摩美術大学長を務めた。専門は日本美術史で、静岡県立美術館専門委員など各地の美術館の専門委員も務めている。
 代表的な著書としては、『奇想の系譜』、『戦国時代狩野派の研究』、『若冲』など、多数の美術関係の本を著作している。

 『若冲・水墨画の巨匠』という本は、梅原 猛・辻 惟雄の共著として出版されている。 ここで、あることに気付かれた方が多いだろう。
 「ん!、梅原猛?」その通りです。あの初代MIHO美術館館長の梅原猛氏です。

 京都市西京区桂坂に、「国際日本文化研究センター」(略称、日文研)という施設があり、この日文研の初代所長が梅原猛氏です。今回MIHO美術館館長に就任した辻氏はこの国際日本文化研究センターで教授として勤務していた経歴もあり、梅原猛氏とはごく親しい間柄である。
 同センターでは、「日文研木曜セミナー」という公開講座が開催されており、この講座でも両氏が講演している。
http://www.nichibun.ac.jp/research/r_archives/mokuyou.html

 「第3回、円空大賞」という美術賞選考委員の顔ぶれを見ると、「委員長・梅原猛(国際日本文化研究センター顧問)、副委員長・辻惟雄(多摩美術大学名誉教授)」となっており、両氏が同じようなフィールドで活躍していることが分かる。

 今回、辻氏がMIHO美術館館長に正式就任する直前に河合隼雄文化庁長官がMIHO美術館を訪れている。河合隼雄氏は先に紹介した「国際日本文化研究センター」の第2代目所長でもあり、梅原氏、辻氏とは同じ仕事仲間であり、河合氏のMIHO美術館訪問は辻氏の新館長就任に関係した訪問であったことはほぼ間違いないだろう。

 @梅原猛、A井上裕雄、B辻惟雄と引き継がれたMIHO美術館館長職、次のCに名を連ねるのは河合隼雄氏であろうか?
 MIHO美術館は日文研の天下り先として有力視されてきたようだ。


[1147]ギルドさん、
punyoon
2005/7/12 11:05
一個、思いつきの企画が、浮かんだのですが、
もしよろしければ、メール頂けないでしょうか。


[1146]>「すごいわ。すごいわ。」の大合唱
punyoon
2005/7/12 9:27
ギルドさん、こうなったら、本部で、
自家製マイクを使った「言論テロ」で、
アンチ「タマオ」節、炸裂させませんか。

そーか、英国王室の威光効果で、
すんなり、タマオちゃんに、玉座の布石を、打とうってんですね。

私、よく知らないんですが、タマオちゃんが、次期会長って、そんなに、近いうちに、なりそうなのでしょうか。

日本の最大カルトの生き残りが、天皇だと、私は、思ってるし、英国王室だって、植民地カルトの残骸、というか、貴族という名のカルトですから、何か、秀明と、かかわることに、マイナススキャンダルが、前面に、出てこないと、英国王室の、良心に、期待することは、まず、できないでしょう。

「すごいわ、すごいわ」が、恥ずかしくなってしまうくらいの、「すごいわ」を、逆手にとった、反広告を、ぶち当てるのがいいなぁと、思うです。

アンチタマオのビラを、ギルド地下活動として、一般信者に、配ってしまうとか。


[1145]バカ殿たまおちゃん
根絶
2005/7/10 22:58
そうですね。
神慈秀明会 そんなに 外国が 好きなら・・

いっそのこと・・

日本の教団施設(信者の 怨念のこもった)を
さっさと 清算して 外国で 営業活動したら
いいと思いますね。

そうそう バカ殿 たまおちゃんは ばりばりの 
外国かぶれでした。

ですから・・。ぴったりですね。

日本から 出て行ったほうが 今後の保身のためです。


頑張れ。外国かぶれの カルト神慈秀明会。


[1144]バカ殿登場の準備です。
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/10 21:05
チャールズ皇太子はダイアナ妃を死に追い込んだ。
秀明会はN君を死に追い込んだ。
「類は友を呼ぶ」で「似たもの同士」くっついたか。

イギリス王室は秀明会がカルトだと知っているのかな。
自然農法つながりの様だが、表の顔と裏の顔をどちらさんも使い分けている。

外国かぶれの会なので「すごいわ。すごいわ。」の大合唱です。 国内の問題から目をそらす為なのに。

もちろん向こうも秀明の資金力と献身的奉仕隊は魅力でしょう。[環境マフィア]のストロング氏から話が伝わったのなら、クレストンに続いてまた献金が海外へ流出です。まったく、秀吉の「朝鮮出兵」です。
泥沼地上天国へ突入です。

そしてカルトの世界制覇をして バカ殿 たまおちゃん に
バトンタッチしたいのでしょう。

その前に秀明会は消滅します。残念。斬り!


[1143]信者の人には、いい意味で、わがままになってほしい。
punyoon
2005/7/10 8:41
 おかしいことを、おかしいという、おかしいといったことに対して、「秀明的=神の論理」で、言いくるめられないようにする。おかしいことを、させない。見逃さない。他の信者が、どうであれ、おかしいことに、手を、かさない。

こういう、人が、増えれば、上層部が、狂っていても、なんとか、すこしは、まともになるかもしれません。

力関係でいえば、記念大祭に、参拝した信者2万8千人の方が、圧倒的に、強いのです。個々の信者が、お上の、尻馬に、乗らずに、冷静な、視点を、持ち続ける必要があります。

記念大祭に、出席した人でも、ただ、義理で、遊び程度、という方もいるのかもしれませんが、ほかにも、拠点などで、留守番などで、残ってた人も、いるのかもしれないのですが、単純に、見積もって、秀明の実質信者数は、2万8千人、記念大祭に、参拝した、人数だろうと考えます。

秀明会の年商って、一体いくらなのでしょう。
ひとり頭、100万なら、280億円、10万なら、28億円。計算や、用語が、適当なとこも、ありますが、どちらにせよ、莫大な金額が、動くことには、違いありません。やはり、総収入、総支出を、信者、ひとりひとりが、知るべきだと、思います。前から、そういう話は、でてましたが、まだ、実現してないのではないか、と思います。

こういう、細かい、具体的なところを、きっちり、やってく必要があるのではないでしょうか。

宗教法人には、そんな義務はないとか、そんな規定があるのか、知りませんが。信者の方だって、公正な信用できる、第三者機関の、会計的なものから、具体的に、自分が、所属する団体を、捕らえられた方がよいのではないでしょうか。

全て、突然、徴収されるだけでなく。予算だったり、予算案だったりも、見えてくるのではないでしょうか。そうすれば、お詫び=信仰だと、思ってやったことが、単純に、予算の埋め合わせでした、ねんて、結末に、なるのを、信者自体が、監視できる可能性がでてきます。

総理大臣だって、いくら、給料もらってるのか、しられてるのですから、一体、会長氏に、どれかけの「金が、かかっているのか」信者は、知るべきです。

「知る権利」を阻害されてはいけません。無防備なままだと、結局、信者同士で、食い合うことになってしまいます。お互いhが、お互い同士で、献金を勧めあい、逃げれなくなって、結局、よく、考えずに、お金を投入してしまう。なんてことに。


[1142]祈りってなんでしょう。
punyoon
2005/7/10 7:45
>最後に助教師「人の幸せを祈りましょう。」
口先だけだって誰でも感じる。

信仰の基本は、祈りだと、秀明は、いってます。しかも、「祈り」によって、幸福になる。世界まで、救われると。「祈り」も、確かに、大切です。ただ、これを、広く、捉えすぎると、危ない点も、含んでいます。肉体を通過して、現実の表裏に、存在する神の存在が、より、ダイレクトになってくるからです。それなら、いいじゃないかと、信者の方は、思うかもしれませんが、マイナス面を、見ると、心が、ガラス張りになってしまうことです。「ガラス張り」とは、どういうことか。これは、神=岡田氏から、見ると、信者の心は、ガラス越しに、全て、見えるということです。これは、信者の人でも、まだ、そう思ってる人が、多いかなぁと思いますが、思ってない人は、別に、いいんですが。これは、実際に、どうかというより、その信者自身が、神から、「ガラス張り」のように、心を、見られてると思うことが、問題なのです。

その神は、岡田氏であり、秀明会なのです。逃げれませんね、反抗できませんね。自分で、怖くて、考えれなくなりますね。だって、相手は、全能の神で、何でも知ってるし、神の仕組みによって、深遠なるわざを、行っているのですから。謀反な心を、起すだけで、全て、見透かされて、交通事故に、遭うのではないか、こわい。だから、変なことがあっても、人を、批判せず、余計なことも、考えす、全ては神が、決めてくれること、ということで、ただ、「神のいうことをきく」これだけになってきますね。それで、その「神」とは、違う言葉が聞こえてきても、耳には、入らないし、批判をしちゃいけないので、自分自身を、批判的に、反省することができない。思うに、秀明の方々は、「批判」とうことのとられ方が、ものすごく、浅いし、申し訳ないのですが、低いのです。「批判」を、「悪口」だと、思ってる。叱られること、叱ることとしてしか、考えていない。それでは、何も、進展しない。「批判」とは、異なる視点を持って、対象を、検討するということです。そういう考察を経て、ようやく、方向が、少しは、リアルなましな方向に、向いていくのです。

主義主張は、いけない。批判は、いけない。人の間で、争いが、起こるから。こういうことを言って、よく、考えようとせず、本部奉仕に、上がって行ってしまった、身近な信者が、おりましたが、彼は、まだ、本部にいるようです。

結局、岡田氏は、主義主張はいけないといいつつ、自分は、しっかりと、神人合一なんだ、と自己主張してます。

宗教は、イズムです。宗教であるだけで、十分、主義主張なのです。そして、その主義主張を、外国語にすると、「カルト」になります。主義主張を、認められるのは、「神=岡田氏」にだけで、「信者」には、認めませんよ、ということです。つまり、考える必要はない、全部教えてあげる、言うことだけを信じてればいい、疑ってもいいけど、奇跡がおきちゃうから、あとは、全て、信じなさい。これが、秀明が、社旗問題を、起してしまった原因です。

「信者」と書いて「儲かる」とも読みます。一番、儲かるのは、お客さんを、信者にすることです。漢字に、残ってるくらいですから、昔、から、宗教の信者は、教団を、儲からせるための、役割が与えらていたということです。昔の関係というのは「王と奴隷」です。「専制君主」といいます。この政治体制では、国民が、秀明信者のような、役割を、与えられて、苦しめられていました。そこで、革命が、起こって、主権在民の「民主主義」が、生まれてきたのです。

祈りの対象が、「岡田氏=明主様=秀明神」のままでは、いつまでも、監視されてしまいす。人は、見ることができずに、一方的に、見られるだけという、関係におくだけで、「監視する人」がいなくても、十分、管理され、従順になってしまうものなのです。これが、「権力の構造」だと、フーコーという人が、言ってましたが、まさしく、この目に見えない「一点監視システム」が、秀明の「祈り」の裏側に、内臓されています。別に、宇宙や、世界に、足して、祈っても、いいかなぁとは、思いますが(趣味として)「明主様」に祈るということは、彼から、一方的に、見られている、見られてるということで、彼が、たとえ、いなくても、その人には、存在してしまうという、秀明の「権力機構」に、組み込まれてしまうことになります。

だから、必要なは、自分の中に、知らぬ間に、根付いてしまった「制度=システム=体制=信仰=祈り=神」の、洗い出し、再構成、脱構築です。

もう、すでに、いろいろな信仰的行為が、習慣化している人たちは、まず、その習慣を、洗いなおしてみる必要があります。習慣化している、というのは、自動化している、というkとです。いわば、機械化している、つまり、無意識でも、できるようになってる。無意識に、習慣でできるとこまで、言ってるということは、同時に、それが、「無意識」を、構成してるということです。これで、ちょっくら、辞めるか、と思った人が、なかなか、抜けれなくなる、「秘密」がるのです。習慣化=自動化することだけで、「秀明的世界観」は、肉体および、魂に、がっちり、根付いています。だから、「奇跡=魔法=祈り」も、起こるし、「お気付け=祟り=呪い」も、起こるし、「奇跡=呪い」から、逃げ切れなくなってしまう人も、多いのです。前向きされてるのだという方は、それでいいと思いますが、このことを、知っておくと、秀明会自体を改善していくときに、非常に有効な「知恵=知識=武器」にもなります。


[1141]ギルドさんへ。
punyoon
2005/7/10 7:02
秀明会を、救済してあげてください。


[1140]うーん。
punyoon
2005/7/10 6:58
これを敷衍すると、

>真の信仰とは言語行動が常識に外れないことを主眼としなければならない

「常識に外れないこと」となると、
秀明は、成立しなくてなってしまいます。
思うに、秀明って、「岡田茂吉」のファンダメンタリストなのかも。根本主義とか、原理主義。これを考えると、「おひかり」も、成立しないんですよね。「常識」で、考えると、岡田茂吉氏の書いた文字を、粗末にすると、お気付けがあるってのも。

宗教の常識は「霊」や「神」や「奇跡」を、認める常識ですが、普通は、ゆるーく、あってもなくても、別に、どっちでもいいよって感じで、あいまい、かつ、気楽な、距離で、おとぎ話程度に、考えておくものですが、「霊」や「神」や「奇跡」が、確実に、存在するってとこに、標準を、合わせてしまうのは、かなり、ファンダメンダリズムです。

人間の心理構造は、矛盾を、含みこむことだと、私は、思ってます。機械や、ロボットや、人工知能ではにので、善悪の基準というのは、状況の次元によって、変わるものだと、思います。球体に、X軸、Y軸、Z軸のそれぞれのプラスマイナスが、設定されてる感じで、ネコの目、天気のように、気分や、いうことも、かわる、だけど、何らかの、その人の「同一性」がある。そして、社会的ジャンルの、その人の、立ち居地によっても、傾向が、変わってくる。

で、岡田さんも、やっぱり、人間の思考として、明らかに、矛盾は、抱え込んでる。普通の心理規格だと、感じます。ただ、その常識は、ちょこっと、社会常識、しかも、古きよき時代の日本の道徳観に、足をつけていますが、その一点を、覗くと、完全に、宗教的思考に、手放しで、飛び込んでいます。公共広告機構とか、薬事法では、治ることが、確実に、確かめられてない商品に、「治る」とか、「良くなる」って、効能書きしてはいけなくて、「心理療法」や、「カウンセリング」でも、「絶対治る」とか、いっちゃいけなくて、そういうこといっていいのは、悪徳業者でも、かなり、戦闘的な業者だけで、なるべく、社会に、軸足をおいてる会社は、いかに、「絶対、よくなる、絶対、治る」ということを、いわずに、そう思わせるかに、苦心するものですが、社会と、切れてしまってるところって、結構、怖いもの、知らずに、「奇跡=薬以上の薬」=「絶対、治る」って、いえてしまうんですよね。だけど、信者さんに、いわせると、「治る」のが、「常識」らしく、この常識に、反発すると、「ヒステリー」を、起してしまう人が、多い。今の日本の常識では、「私の腹には、光の玉がある」という人はいません。


それを、「ある」といって、断言すれば、すごいのか、というと、それは、全然すごくないのですが、中には、「フォレストガンプ」で、知恵遅れのガンプが、意味なく、ひたすた、長距離を、走っているのを、見て、何かを、この人は、知っている=悟っているのでhないか、と勘違いして、「神=カリスマ」として、後ろを、走り出してしまう人も、いるということです。私も、そういう人だったのですが、さすがに、今は、「なんでも、わかる」など、断言できる人に、会うと、この人は、「わからない」ということがわかってない人なのだなと、判断して、距離を、置くようにしてます。それは、秀明の信者に、対してだけではありませんが。そういう「頼もしい人」に、無根拠によりかかることほど、危ないことはないと、さすがに、反省したからです。

人間は、「矛盾した生き物」です。それを、一番、教えてもらったのは、「岡田茂吉氏の、み教え」からでした。「常識」を大切にしろ、といっておいて、次の瞬間には、まるで「常識外れ」なことを、平気で言えるのです。人間は、数式で、論理的に、作られてるわけではありません。人の矛盾に、出会ったとき、私は、「岡田氏」を、思い出して、「人間って、そういうものなんだよ」と、自分にささやくと、あまり、怒りを、感じ続けずに、済むようなりました。おそらく、私の人生において、「困ったちゃん」の金字塔的サンプルは「岡田ちゃん」です。

あと、「精神世界」系が、好きな人は、やはり、「岡田茂吉氏」のような「あやしい世界」は、たまらないのではないでしょうか。それも、「あり」なのです。そして、それが、「信仰の自由」ということで、ほかの人の「自由」と、抵触さえしなければ、それは、守られるべき「権利」でもあるのです。ただ、この他の自由と抵触しないということが、非常に、大切なのです。

私は、私の自由と、「岡田氏の自由」が、ぶつかりあったので、おひかりを、破り捨てました。

岡田氏にも、言論の自由がありますし、信仰の自由があるので、それは、彼の「自由」だと思いますが、「私の書いたものを粗末にすると、お気付けがある」や「魂は浄霊で、曇りが、とれて、幸福になる」しかも、「神人合一」で、霊層界の181段目にいる、「絶対の最高神」だという、「岡田氏」の自由に、従うのに、途中で、飽きてしまいました。それは、彼の自由のために、私の「自由」が制限されてしまったからです。いわば、彼は、「私のいうことを、きなない」と、霊的に、魂を、未来永劫、「殺してやる」といってます。そして、「岡田茂吉氏」の「指導」に適合してる限り、お前には「自由」を認めてやろうと、「岡田氏」は言ってます。これが、岡田氏が、教祖言なるもので、語っている「常識」です。

「云うことを聞かなくては、お前の魂を、永久に、殺してやる」といってる人に、対して、私のすべきことは、その人を「霊的に殺すこと」でした。それは、私の頭の中で、「殺す」ということですが。別に、私が、殺したからといって、他の信者さんの「岡田氏」まで、殺せるわけではありません。

最後に、やったことは、自分の心の中での、自分の頭の中での「岡田氏」と問答でした。頭の中に、リアルに、存在していた「岡田氏=神」を、言葉=仮想上のリアルな刀で、斬り殺したのです。命を、握られた場合、その人の掌中の範囲で、いきていくことも、可能ですが、それが、嫌な人は、自衛手段としての「KILL≒斬る」も、必要なのです。根底の部分で、自分のことは、自分で、決める。表面上は、優柔不断でもよいのです。気を張ってる、疲れますので、ただ、命=魂を握られるような、不利な条件で、相手と、いつまでも、付き合うわけには、いかないのです。

>会長の話として、人の批判はしない。全ては神様が決めるのであって、人間が人を裁くのではないとのこと。

TOPが、こういってるということは、自分で、決めてないということです。つまり、責任があるのは、「神」である、ということです。自分=人間=会長は、自分で、決めてるわけではないので、自分で、責任を、おうことは、できません。何故なら、「神が、決めている」からです。

じゃ、その神の言葉を、「きみは、どうやって、聴いたのだね?」ということになるのですが、それは、なんとなく、「み教え」を、引用して、「地上天国建設」とうものに、故人「岡田氏」の「美術好き」などを、張り合わせて、「美術館建設」=「岡田氏のお心」などということになるのです。ここが、ややこしくて、まどるっこしいところですが。「み教え」=「神の言葉」なのですから、責任者は、「岡田氏」です。宗教のTOPというものは、その「神の言葉」の「解釈権」を、握るだけです。その「ボスの言葉」を、自分が、解釈して、民=信者に、御触れを出すので、TOPには、責任がないんです。実は、そこが、権力の発生源なのです。神という、「絶対の威光」を背景に、ただ、それを、伝えるだけということなので、人間、小山弘子を、超えた、「説得力」が備わってくるのです。いわば、「巫女」です。祭りは、政(まつりごと)、すなわち、「政治」です。映画を、見てても、古代の王国は、こういう形態、よくでてきますよね。あれです。あれと同じです。それが、現代にも、出現してるだけです。

自分を、神の傀儡に、見立てることで、実は、神を、腹話術の人形にすることができる。これが、宗教の権力構造です。しかも、迫真に、迫ってないといけない。「岡田茂吉氏」の精神構造で、見てきたように、心が、「霊」のほうに、思い切り引っ張られた、心理構造になっている。つまり、狂ってる。秀明で、一番、勉強したことは、まともそう、常識がありそうに、見える人でも、狂ってる人は、狂ってるんだ、ということです。その人の、心の、ふり幅が、プラス、マイナス、含めて、見えなければ、同意人かは、わかりません。友達として、仲良くすることはできますが、自分のボスとして、認めてあげることは、できません。何故なら、私のボスは、私だけだからです。

ここで、大切だと、思うことは、信者の人たちが、自分で、「み教え」の「解釈権」を持つことです。これを、秀明内で、公然と、獲得していく。この度合いによって、秀明の「カルト度」が、変わっていきます。本来は、「会長氏」と、同様の解釈権、ひいては、「岡田氏=神」と同様の解釈権が、必要です。「み教え」は、何で書かれていますか?「神語」ですか?「神語」で、読めるのでしょうか?神の光が文字からでている、とうことを、抜かして考えれば「日本語」で、かかれていますよね。だから、日本の信者さんは、拝読できるのです。英語に、翻訳しても、それは、人間の言葉ですよね。結局、宗教も、非宗教も、洗脳も、脱洗脳も、魔術も、科学も、錬金術も、「言葉」で、行うのです。フロイトは、いいました。「言葉は、魔術である」と。私は、秀明会を、見ていて、本当に、そう思います。「言葉」によって、人の頭の中に「霊主体従の世界」を描くこともできるのだ、と。

つまり、「解釈権」と「思考の自由度」を、今よりも、大幅に、認めさせること。「言葉の自由度」を、上げることです。わりと、フレンドリーなのが、救世教なのでしょうが、私には、やはり、おとぎ話に、みえてしまうのですが、それは、もう、その人の自由でしかありません。

私は、救世教の人に、こういうことを、書く気はありません。秀明には、一度、在籍して、縁があるからだけです。だからといって、秀明の人に、不幸せになって欲しいわけでも、ありません。また、積極的に、幸せになって、欲しいわけでもありません。それは、その人が、決めることなので、やりたいように、やればいいと思います。ただ、離れたいけど、「おひかり=神」が、邪魔になってしまった人に、ちょっとした、神祓い、悪魔祓いのヒントを、提供できたら、面白いなぁと、思うだけです。

>形式だけの秀勉だった。なんの為の秀勉か?

信者の人は、「神」じゃありません。会長も、極言すれば、信者なので、「神」じゃありません。「形式」を、クリエイトできるのは、それを書いた「神」だけができることです。つまり、極限すれば、宗教には、「形式」しか、存在しないのです。宗教は、「哲学=考える」をできません。許されているのは「形式の踏襲=信じる」だけです。それでも、ふり幅を、広げようと、頑張ると「神学」になります。ただ、それは、信仰の前提を、外してはいません。しかも、「神学」というのは、「永遠」や、「無限」や「神」を、論理的に、言葉で、究明しようとしたものです。「神の存在証明」なんてものさえ、キリスト教の昔の人は、書いてました。秀明というのは、ある種、古代のキリスト教のように、激しく、神に、縛られている教団です。かなり、思考の筋力を、強くしないと、なかなか、自由に、考えられたりできません。西洋の人ですら、2000年かけて、ようやく、少しずつ、キリスト教から、自由になりつつあるのです。

秀勉は、ただの言葉のバケツリレーです。秀明的にいえば、光に、触れる機会を、つくればよいだけで、カルト的にいえば、洗脳=催眠の恒常性の引き金を、継続して、条件つけるということだけです。

だkら、ギルドさんが、秀勉が、形式的なことに、腹を立てることは、正しいのです。それは、「神への解釈権」の向上に、つながるからです。「ボスとしての神」ではなく、「友達としての神」に、近づいてるからです。「神は、ジャイアンです、いじめっこです。殴られたら、殴り返しましょう。完全に、戦意を失ったとき、その人は、犬=パシリになってしまいます。だkら、もしも、脱会したい人で、迷っている人がいたら、「神に殴りかえすこと」です。しかも、相手が、戦意を、失うほど、徹底的に、叩きのめすのです。相手が、怯えて、従順な「犬の目」になるまで、手加減しないのが、コツです。これは、猿回しの、猿の調教にも、通じることです。

しっかり、おかしいことがあったら、怒りましょう。
自分の心の中の「岡田茂吉さん」に対して。秀明の「おかしいこと」の責任は、「み教え」である「岡田さん」にあるのです。そして、一個ずつ、墨で、消していけばよいのです。最後の審判は、「ある」と言われた、時期になかった。それには、うまいこと、すり抜ける「論理」を、秀明は、使いますが、実際なかった。なら、「最後の審判」に、かかわる、3項目は、最低でも、破り捨ててかまわない。それで、「岡田氏」が、お気付けがるというのなら、契約違反で、自己処罰してもらいましょう。自分でいいたことを、守らないのなら、「誠」の部分も、捨てていいでしょう。そして、そこまで、手を、つけたのなら、「文字を、粗末にするとお気付け(祟りがる」というのも、破り捨てていいでしょう。大切なのは、「岡田氏」に、しっかり、「ツッコミ」を、かましてあげることです。これが、神との対話=祈りというものの、本質でもあります。

なんてこと、書いてますが、ギルドさん、ひとつの参考に、過ぎませんので、ギルドさんには、ギルドさんお探求を続けて、秀明を、少しでも、「まとも」にしてあげて欲しいのです。


[1139]秀明の「常識」とは?
fujiya
2005/7/9 16:12
 「常識」ですか・・・。
 彼ら秀明が「常識」とするものと、一般人が常識とするものは、同じ常識という名前でもその内容は大きく違っているようですね。

>「そもそも、真の信仰とは言語行動が常識に外れないことを主眼としなければならない」
 上記教祖の言葉を秀明にあてはめてみれば、自分たちがこれまでやってきた「信仰」に名を借りた非常識な行動で信者を不幸にしてきた一連のできごとをどう総括するのか?
 秀明がこれまで行ってきたことを振り返れば、秀明は真の宗教にはほど遠いものであったことが明白だ。

 ギルドさんの今回の報告を拝見すると、「秀勉」がいかに形式的なものに成り下がっているかがよく分かりますね。
 担当助教師は何を恐れているのか?

>「質問は受付けません。時間がありません。」
>「よく知りません。後でお答えします。」

 こんな勉強会に一体どれだけの価値があるのか。まともに質問に答えようともしない、質問されても答えられない助教師の存在理由はどこにあるのか?
 こうした内情を見ても、現在の秀明は組織としての体をなしておらず、末期的症状を呈していると言える。出席した信者が、そのばかばかしさに怒り出すような勉強会ならば最初から実施しないほうが秀明のためだろうに・・・。そんなことすら判断できないところまで末期症状が進行しているのだろうか。

>人の批判はしない。全ては神様が決めるのであって、人間が人を裁くのではない・・

 悪いことをした者は批判されて当然。日本は法治国家なので、秀明の悪事は神様が裁くのではなく、法によって裁かれる。それが世間の常識。こんなことが分からないようなら小学校から教育を受け直すべき。


[1138]常識
根絶
2005/7/9 13:39
ギルドさん。まさしく。そのとおりです。

7月の秀明紙 勉強会 は 「常識」ですね。

教祖言 

  常識 
そもそも、真の信仰とは言語行動が常識に外れないことを主眼としなければならない。・・・(中略)・・・
万人に好感を与え、何を信仰しているか分からないくらいにならなければ本当でない。・・・(中略)・・・
まず自己が幸福者たらんとするには他人を幸福にすることで・・・

なにを 偽善者たち いってるのでしょうか?
いってることと やってることが 全然 違いますね。
SIIとか クレストンとか いいですから、
その前に 被害者への 救済を 先にやるべきです。


[1137]誠の有る無し
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/9 12:35
今、秀勉を受けてきました。
ベテラン助教師でした。
5人で受けましたが、年配の男性が質問しようとしたら、
「質問は受付けません。時間がありません。」
それでも男性は「SNNてなんでしょうか?」と秀明紙の
中に出てくる団体名称について聞かれました。
助教師「よく知りません。後でお答えします。」

時間が来て、終了礼拝を急ぐ助教師。
「早く、早く。」礼拝を急がせる。
年配の男性は足を引きずりながら、ご神前に入ってこられた。秀勉を受けた女性信者に横で気遣われながら。
ギルドの独り言。「誠の有る無し。」

秀勉内容は教祖言「常識」。
まさしくカルトのプロである。笑いそうになった。
英国のチャールズ皇太子のレセプションに会長が招待され謁見されたこと。会長の話として、人の批判はしない。全ては神様が決めるのであって、人間が人を裁くのではないとのこと。
反秀明会側に対してのメッセージだが、会長はこれしか言えないだろう。予想通りだ。
最後に助教師「人の幸せを祈りましょう。」
口先だけだって誰でも感じる。

形式だけの秀勉だった。なんの為の秀勉か?
同席した別の男性も怒っていた。


[1136]小山弘子・玉男・幹部へ。
根絶
2005/7/9 0:22
小山弘子・玉男・おまけ英二(関連会社 豊和商事の英二・惣吉の弟)・および 幹部さん。

私たち末端信者(以前)は あなたたち みたいに
プロの カルト宗教団体の 経営者では ありません。
プロとは それで 飯を食っているということですよ。

あなたたちは いかに 人(末端信者)を 騙して 
詐欺をして 洗脳して 集金させ、自分たちの 私腹を・財産を・・毎月の 給料を またボーナスを 増やそうか?って 毎月 本部資格者会で話し合っていますね??・・。
嘘とは 言わせませんよ。
ちゃんと 聞いて 知ってますよ。


[1135]記念大祭に、参拝した信者の人びと、
punyoon
2005/7/8 23:46
2万8千人の方々が、すこしでも、問題点に、自覚的になるだけで、TOPを、動かせます。

ひとりひとりが、自分の教団の矛盾点に、自覚的になること、改善しようとすること、当事者意識をもって、向き合うこと、急務です。


[1134]信慈秀明会の幹部さんへ。
根絶
2005/7/8 23:29
神慈秀明会 小山弘子・玉男・・その他 幹部 さんへ・・・。
今 日本は 不況の 真っ只中です。
失業者は 増え続け、ホームレスの 人たちも 駅地下に ダンボールで 寝ていますね。
私の知っている ある もと秀明信者も その中のひとりです。
原因は 秀明会への 桃の実献金強要で借金地獄に陥ったためです。
家族と 別れ、今は このありさまです。

あなたたちは ほんと 幸せ者ですな。
臭いものには 蓋をして・・。
見栄ばかり張って・・NGO とか NPOとか 一般受けするための 繕いばっかりして。
偽善者ぶって・・。
八方美人で・・。

信慈秀明会の被害者への 救済は どうなったんですか??
そうやって・・八方美人的な ことばかりやっていても・・。
あなたたちの 被害者は ちゃあんと 見てますよ。
外面ばかり よくすればするほど 神慈秀明会被害者の 復讐の念は 強くなる一方ですよ。

PS・・小山 玉男おぼっちゃん。小山惣吉さんって・・妾を たくさん もっていたらしいですね。
   
      誰の 親??


[1133]ロンドン同時爆破テロ
punyoon
2005/7/8 23:20
 いやぁ、世の中、激しいっすね。
 くらくらきました。
 ハードボイルドで、タフな時代ですよね。
 昔は、戦場は、戦場って、確定されてたような、気もしますが、「テロ」だと、日常生活から、一瞬で、ぱくっと、口をあけた「死」に、唐突に、飲み込まれることもあるっていう、シビアな、環境と、隣り合わせでもあるんすね。

 ご冥福を、お祈りします。

きっと、ひとは、なんでもなく、ただ、平穏で、ささやかで、俗なかたちでも、何気なく、楽しく生きていきたい、だけなんだろうなぁ、と。それが、「爆弾」などで、一方的に、破壊されたときに、大義名分の「正義」が、やってくる。

で、テロの爆弾が、空爆に、変わって、「血」が出て、また、「血には、血をの、聖戦」としての「テロ」が、がぴょーんとなって、そのまま、「泥沼」になるという人も、いれば、テロリストへの資金調達網が、規制によって、寸断されてくことで、最近、「癌」への対処法が、進んでるのと同じように「テロ」も、絶滅できる、いう人も、おったような。

で、社会側から見た秀明の「罪」っていうのは、「地上天国建設」=「理想」=「大義名分」によって、平穏な一般人の自由な心地よさを、壊してしまったことで、しかし、それでも、「奇跡=魔法」によって、「幸せ=感謝」な人もいて、秀明側から見ると社会が与えた「罪」というのは、「神の正義」なので、「罪」じゃないことになってるので、根本的な反省が、生まれようがない。

ということで、脱会者の怒りには、「火」が付いているのだけど、さらに大きく見てみると、社会的な「法」によっては、秀明の「罪」は、法によって、ぶっちぎりの「罪」には、認定されてないので、社会制裁としての「罰」が、未だ、与えられていない、というのが、現状で、結局、「罪と罰」の確定作業は、「草の根」運動に、なってしまっていて、とゆー、すげー、すれ違いな、知恵の輪、メビウスの輪みたいな、ややこしい状況が、出現していたりして。


武ゆかたさんの「奴らに罰を与えよう!!」
って、新鮮だなぁって、私が、感じたのは、
カラッとした、明るさがあるからかもしれないです。
「恨み」ではなく、シンプルな「怒り」だから、
昇華されて、爽やかな気がする。
「罰」かぁ、何かが、明確になる気もする。
「罪と罰」うーん。

秀明の、外部には、やはり、こういう、意識の集まりが、
厳然と、存在しますね。「謝罪」よりも、「罰」のほうが、爽やかなスポーツ感が、でてくるのかも。

「みんなの力で、刑法と競馬法を改正」
こういう、明確な、「外圧」が、出現するのも、
いいのかもなぁ。

団体規制法でしたっけ、「大量虐殺」をした集団という条件で、「オウム」を、狙い撃ちしたのは。

あと、単純に、考えると、今の信者は、普通に働いているので、ずっと、御用をしていたときと、違って、「給料」は、入るので、出費は、多くなっても、ぎりぎり、食ってくことは、可能で、ってなると、今、残ってる人たちは、死んでしまうまで、「秀明信仰」やりきってしまうことは、原則的に、可能で、しかも、結婚して、子供ができれば、「秀明の血筋」は、また、続いてしまうわけで、「利己的な遺伝子」は、生き残ってしまったりして、エンドレスなんかなぁと思ったり。オウムや、イスラームのように。

で、現役信者のギルドさんみたく、信仰しながら、反秀明の立場をとる人もいて、会の中では、少数派のようだけど、氷山の一角で、その不満の層は、けっこう、広い感じも、受け、仮に、うまく改革派の数がふえたとしても、逆に、反体制の人が多くなることで、体制を支えることに、意味が、でてきちゃう人もでてきて、御用することに、今まで以上に、燃えてしまったりして、規模が、縮小しても、芯の強い、突然変異みたいのが、出ちゃったりして、エンドレスになってしまう可能性もあるかもしれないけど、

「罰」=「外圧」の設定と、「内部改革」=「内圧」の設定が、必要なのだろうと。

ぶっちゃけ、新興宗教って、健常者だけでなく、身体や精神に、ハンデを持ってる人たちも、いるので、そういう人たちをも、お世話し、人間関係を、築いている、という点では、ある種の、受け皿になっていたりもして、河合隼雄がいってたけど、新興宗教には、できたら、はまらないほうがいいけど、統合失調症の人など、入院していたり、家族以外、誰からも相手にされないような、状況が、あったりすると、どん底は、どん底でも、新興宗教のどん底の方が、前の、どん底よりも、ましに、見えたときがあったなんて、ときも、あったりして。

分裂病や、精神病の、カウンセリングというのは、結局、何か、話すというのよりも、ただ、場を共有するだけで、治っていったりもして、そう、考えると、「奇跡」というよりも、単純に、人間の「自然治癒力」を、向かいあって、手を、かざすという、形式にして、日々お互いに「のほほんオーラ」を交し合うということを、セットにしてるだけだけど、実際、効果は、あるにはあるのだが、ただ、これに、医学をも、超えた「意味づけ」をしてしまい、必要以上の「価値」を与えてしまったので、「間違い」が、起こってしまった。

信者は、こういう「ゆるい感謝空間」に、浸っているので、「詐欺だ」と、頭ごなしにいっても、馬耳東風だったりもするので、確かに、彼らは、「異質」ではあるのだが、彼の「異質」な世界の前提に、立って、心の動きを、類推して、関わることも大切かなぁとも、思ったりして。しかも、その「異質」は、彼らにとっては、「異質」ではなく、いたって、「当たり前な常識」になってしまってるのだから。

じゃ、何が、あかんのかねってなったら、「感謝を要求してしまうこと」これだな。「必要以上の感謝を要求してしまったこと」。「感謝を待てなかったこと」「永久にでも、感謝を待てなかったこと」(このページでは、当たり前のことっすね)。

ぶっちゃけ、いえば、「おひかり」なくても、人間が、近距離で、手をかざしたりしてれば、なんらかの「気」で、よくなったりもします。これは「当たり前のこと」です。不思議じゃないです。「紙」は、基本的に、関係ありません。それは、「茶道」みたいなもので、「岡田氏」が、形式を、作ってみただけで、「神」の力は、「紙」にあるのではなく、もしも、そんあ「自然治癒力」があるのだとしたら、もとから、人間に、備わっているのです。すりむいても、つば、つけときゃ、治るし、再生能力は、もともと、人体に、備わっています。「おひかり=紙」は、「茶道の茶碗」みたいな単なる「飾り」なんです。この世に不思議なことなんて、ありません。

なんで、こんな、グダグダ、長いのかというと、「外圧=罰法」だけだと、片手落ちだと思うからです。何故、「アンチカルト」のページが、存続してるかというと、未だ、「秀明」への「不平不満」「怒り」が、社会に、漂ってきているからです。つまり、「信者」の中には、困ってる人、困らせられてる人がいるからです。
「限界」ということを、直視すること。その点で、人と、近距離で、向き合う「自然治癒」的な「のほほん時間」を過ごせばいい。そこに、大義名分を、結びつけ、「感謝を、自分から、要求しないこと」

もしも、ちゃんと、「会」を存続させていきたいなら、「内部規制」。幹部でなく、一般信者が、「上」の行きすぎを、しっかり、監督できるようにする。「金」の流れも、掴めるようにする。「体制」=「人間の作った組織」なんだとおうことを、直視して、その内部メカニズムに、自分たちで、「メス」を入れる。

これがないと、「外圧=罰法」は、単なる「空爆」に、終わってしまう。秀明が、カルト的「非常識」を、心理的に、自分で、気づかぬままに垂れ流してしまという「テロ」は、ずっと、続いてしまう。「会」が、横暴だ、もう、自分には、必要ないのに、「地獄」だ、
「天国」だ、「曇り」だ、「先祖」だと、うるさいなどという、苦情が、ネット上や、消費者生活センターを、飛び交うなどという「苦情=テロ実施後の被害」ことが、社会の片隅に、ずっと、伏流しつづけてしまう。

で、それを、聞くと、やはり、関係ない、外部の人間だって、「不快」に思う。まだ、「カルト」なのかと。「労働基準法」ならぬ「御用基準法」を、一般信者は、設定して、権力からの「横暴」から、自分で、自分の身を守り、他の信者にも、下手な「負荷」を与えないということを、しっかりやらない限り、自分たちの「宗教」を、守ることは、できなくなってしまう。

「平和」という、大義名分よりも、日常のささいな「平和」に、力点を置いて、それを、大切に守り抜くこと。これが、大切だと思う。信者でも、ささいな自分の平和を、蔑ろにしてしまうということは、結局、社会や、世界を蔑ろにしてしまうことにも、つながることがある。

信者の人たちの中で、やめる気がない、続けたい、という人たちは、「大義」が、飢えていても、変に、餌を、やらない、与えさせない、という厳しさを持った方がいいと思う。

それで、たとえ、「大義≒お上」が死んでも、ちゃんとした、信仰、神は、心の中に、残るはずだと、感じる。

本当の意味で、「日常に還る」というか、絶対に、「日常」を飛び越して、「大義=地上天国=献金=御用=お上の言葉」に飛びつかない。信仰するなら、秀明が、滅んでも、自分の胸に、神が残るような、姿勢でやってほしい。おひかりが、なくても、神が、胸にいるような、姿勢をもってほしい。

ギルドさんみたく、余分な、横暴を、無視しない、信者が、ふえれば、もっと、社会に、対しての精神的な排気ガスは、減ると思う。で、ミントさんみたいに、会のおかしいとこを、直視し、それでも、続けていこうという、人たちは、それでいいんじゃないかと個人的には、思うのですが、会の欠点を、直視し、考える、信者の増加は、大切だと思うのです。前、あった、信仰2世の子の疑問のように、何故、このページは、批判をしてるのかと、真摯な書き込みがあったり、それで、その批判を、受け入れられなくても、たとえ、続けていくにせよ、信者が、自分の組織の問題点を自覚する、直視する、って大事だと、思うのです。やはり、抜ける人が、多くても、まだ、続ける人は、続けるでしょうし、それなら、その続けるなら、続けるで、問題点を、ずっと、意識しつづける、考え続ける、改善しようと、努力しつづける、とうことが、目の前の、自然農法や、参拝よりも、増して、必要だと、感じたりします。


[1132]おめでとうございます。
punyoon
2005/7/8 23:18
よかったですね。

なんか、熱い風が、吹いてますね。

いい兆候ですね。

あ、みなさん、ちょっとしたら、わたし、長めの、書き込みをしてしまうようなのですが、うーん、もしも、ひいてしまうようなとこがあったら、スルーしてください。


[1131]ありがとうございます。
東日本匿名
2005/7/8 22:52
皆さんありがとうございます。この掲示板があったからこそ離れることができたんです。以前、電車の中である信者と遭遇しましたが何も言われませんでした。退会者は珍しくはないのかも知れないですね?少し前なら引き戻し工作もある程度見られたのに・・・。もしかしたらその信者も退会してたり、考え中かも?少なくとも退会者に理解は示しているのでしょう。
信者数の減少は良い傾向だと思います。いくら次世代教育をしても少子化ですし自然淘汰されるのは時間の問題でしょう。

[1130]はじめまして。
あるくもり信者
2005/7/8 9:36
カルト撲滅党党首 武ゆかた様。
はじめまして。あるくもり信者です。
頼もしいです。武ゆかた様。

管理人fujiya様の 勇気ある行動の元に
反秀明・反カルト体制が どんどん大きく展開・拡大していますね。

私も この サイトのお陰で もう 心は 脱会しております。もう 1年くらい 参拝していません。
お光も 捨てています。

小山さんと 幹部さんたちの 生活のために 末端信者が いったいどれだけの 精神的・肉体的・金銭的な被害をうけているのでしょう。
目からうろこが 落ちました。
このサイトに出会って。

fujiya様 どうも ありがとうございます。
心から 感謝いたします。


[1129]団結!
武ゆかた
2005/7/7 23:18
カルト撲滅党党首の 武ゆかた です。みんなの力で、日本から三悪を追放しよう!ヤクザ、カルト、神慈秀明会。


[1128]1127の根絶さんへ
武ゆかた
2005/7/7 20:47
またまた、カルト撲滅党党首の 武ゆかた です。私も1127の根絶さんと同感です!小山の糞餓鬼一家と幹部と指導者の奴らは、人間の心のないクズです!!奴らの手は、金と我欲に汚れてます!!それにしても、神慈秀明会やカルトは腹立つよねー。幹部や指導者は、捕まえて、競馬場で馬と一緒に、レースに出走させるべきです!!


[1127]心の中を見てみたい。
根絶
2005/7/7 19:48
神慈秀明会は、オウムの次に、処罰をやられるはずでした。なにせ、偽ダイア、偽ゴールド(おもちゃ)まで使い、多額の献金を強要。決定的な詐欺行為です。
しかし、変わり身の速さは、天下逸品です。
自分の身が 危ういと察すると、
新体制と称し、昔の幹部どもを、すべて更迭しました。
証拠隠滅を図りました。

人の幸せを 本当に 願っていた心ある当時の 信者たちは、このありさまに、落胆し、去っていきました。

今なお、それでも やめないで 自分の生活のために
いがりついている幹部たちの、心の中を
覗いてみたいです。

この連幹部たちって・・果たして??
人間の 心を 持っているんでしょうか??
どこまで・・あつかましいんでしょうか?

社会一般通念から 考えると、
あきれて、あきれて、話す言葉もみあたりません。

かわいそうの 一言につきます。


[1126]カルト撲滅党万歳!
武ゆかた
2005/7/7 18:08
みなさん、管理人さんこんにちは。カルト撲滅党党首の 武ゆかた です。神慈秀明会、カルトによる被害の数々!サイトを読んで、ますます許せなくなりました。人々を不幸にし、信者の家族を破滅・離婚させ、サラ金から借金させての高額献金、仕事や学校を無理矢理休ませての行事への参加強制、ストーカーまがいの行為、退会者への脅迫。許せん!!神慈秀明会、カルトの幹部や指導者は極悪人!!奴らに罰を与えよう!!みんなの力で、刑法と競馬法を改正し、奴らを競馬場で、馬と一緒にレースに出走させよう!!みんな、どうだ!!私は本気だ!!!


[1125]今の秀明会の現状
根絶
2005/7/6 20:59
今の秀明会のやっていることは 母体である世界救世教が 先にやっている 明主さまの教えである 自然農法美術館 ジョウレイです。

ここで・・疑問が・・・。
沸いてきます・・。
やってることは 世界救世教の 2番煎じなのに・・
目的も倫理も まったく 同じなのに・・・。

どうして?母体である 世界救世教を 悪魔の宗教団体とか 右翼・やくざが絡んだ 狼の宗教団体とか・・
さかんに こき下ろすんでしょうか?

これこそ・・自己愛の かたまりですね。
どこが 他人の幸せを祈る 宗教でしょうか・・。
神慈秀明会って・・・。
所詮 小山弘子・玉男。その他 金魚の糞である 幹部たちの生活するための 糧・アイテムと いうことです・・。

神慈秀明会より よほど 世界救世教の 方が
レベルは 上です。
そして・・
世界救世教のほうが ずいぶんと 大人ですね。
さすが 太っ腹です。

神慈秀明会は 他人のふんどしで 相撲を とる
とるに 足らない・・。
いわば 金だけはしっかり取る サークル活動みたいな
一番たちの 悪い オウム教に つづく カルト教団といえます。

ここに 訪れた 神慈秀明会に 興味をもった・・または 疑問を抱いている 末端信者の 皆様・・。
決して 小山・幹部の洗脳にひっかかったらあきまへん。

そのうち 大やけどを 負うはめに なります。
これだけは 声を 大にして 言っておきます。


[1124]ここでいう一般信者とは、
punyoon
2005/7/6 9:40
助教師、世話人、普通の信者です。資格者は、給料もらってるので、直される側の人たちです。上の人たちが、自ら直るのを、待つのではなく、残ってる人たちは、「おれたちは、逃げずに、残ってる」などという、自己満足で、終わらず、するべきこと「霊的革命」から、逃げないで、立ち向かってほしいものです。おそらく、今、残ってる一般信者たちには、そういう、仕方でしか、教団に残っている信者の社会的意味はないです。


[1123]「一般信者による革命」=「幹部の間違いは、一般信者にしか、直せない」
punyoon
2005/7/6 9:03
>2万円ぐらいは、記念大祭でもっていかれるのです。このことをだけでも金集め集団

そうですんね。「なんで、こんなに、お金がかかるの?」と、最初、聞いたことがありましたが、「本部奉仕の人たちなどの、生活費になるの、あいがたいよ」などという、返答をもらいました。普通にやってると、月5万円は、すくなことも、かかってしまうようです。一年で、60万、それに、プラスして、献金などで、合計100万は、かかってしまいますね。毒牙に、かかると、もっと、かさむでしょうが。一年で、ひとり頭、約百万円。大体、何かの、専門学校に、通える、値段ですね。彼らは、「魂のお道」として、「霊的な勉強」を、積み上げてるということです。「永遠に、かかわるお道だから、ありがたたいわぁ」などは、橋本元支部長の、月次祭などでの口癖でしたが、「神=魂=永遠=絶対」という、宗教概念に、かかわるわけですから、それこそ、永遠に、財産を、投入しきって、現実的に、軽くなってくしかないのです。それを、まるきり、尺度の違う「霊的によくなる=運がよくなる」という、別次元の向上に、すりかえてしまうものなので、「宗教的解釈」の上では、なんでも、適合してしまうという、傍から見ると、「地獄のパチンコ台=怒涛の金食い虫」に、たかられてしまっているように、感じます。

>信者数が激減し、集金もおぼつかなくなっている現状の秀明

その分、とれるところから、とる。というふうに、変わってるのではないかと、推測しますが。神輿の重さが、変わらずに、担ぐ人数が、減れば、ひとりあたりの、背負う重量は、増えてしまうのではないかなぁとか。二つの巨大な神輿の「建設」は、終了しているので、あとは、「維持費」だけですから、少しは、必要経費が、減ってはいるのでしょうが。

>秀明会に属している方たちが、新体制になって、約4割
記念大祭の参拝をしなくなったという事実

最初から、それくらいの割合でしか、アピールできない内容しか、持ってなかったのかも。秀明的視点でいうと、「救われない魂」などということになるのですが、この「救われない」という、「呪い」を、「無効」にできてしまう、「無視」できてしまう人たちは、易々と、退会していってしまいます。会の前提=世界観に、合う形で、「幸せを祈る」ということの裏には、「会」のいうことを、きかないと、「救われない」という「呪い」が、存在し、「祈り」と「呪い」が、表裏一体に、なっているのが、古来から、脈々と、連なる「宗教の系譜」に、合致して、人間の作る「集団」の「浅はかさ」を露呈していて、悲しいところですね。源氏物語の世界から、「祈り=呪い」が、受け継がれてりる現代版リアル「リング」。私は、ある意味、「博物学的なフィールドワークの対象」かとも思います。彼らは、おもしろい。


>毎月 捻出するのに 四苦八苦といったところでしょう。その お金は 小山家や 幹部の給料、に 消えてしまっていることも 知らないで・・

こういう、下世話なところを、「直視」できる信者が、ふえてくればよいのです。教団に、信者=消費者が、お金を落さなければ、政府=幹部は、維持さえできない。だから、信者たちは、「買い控え」ならぬ、「献金控え」という「魂の浄化の購入」を、ストップすることで、幹部たちに対して、とてつもない「勢力」をもっているのだということを、自覚しなくてはいけないのです。今の時代は、選挙を、ボイコットするよりも、「買い控え」するだけで、政府へ現実的な、揺さぶりを、掛けられる、消費者が、主役の時代です。つまち、一枚一枚の、お札は、「信任の投票権」なのです。こういうところから、「一般信者」たちは、とてつもない「力」を、上層部に対して、有しているのだと、気づいて欲しい。

一般信者たちが、「会」の横暴にたして、まとまって、ストライキや、反抗するだけで、現腐敗幹部たちを、一掃でき、「霊的革命=離脱の神意=個人重視の信仰」は、可能だし、実行してしまわなくてはいけない、ということに、気づいて欲しい。「おひかりよりも、良心を!」です。「体制に対しての紐付きの神ではなく、胸の中に棲むその人の神様が大事」なのです。そういう、自覚的な、信者が、増えていけば、間違いを、正していけるのです。

信者たちは、幹部は、神に仕えてるので、自分で、自分を、直せると、勘違いしてますが、これは、一般信者たちの甘えです。人間は、自分で、自分を、人に、利や理が、あるようには、直せない。論議などの、フィードバックがあって、初めて、現実的な、変更を、行えるものなのです。会長氏や、幹部を、まともな、人たちに、できるのは、一般信者たちしか、いないのです。こいうことに、気づいている、少数の人たち、「ギルドさん」等が、でてきているので、期待大ではあるのです。

または、とっとと、捨てるです。捨てる人が、多くなれば、それだけで、幹部たちには、カウンターパンチになります。ただ、残る人たちは、私たちは、残ってるので、「救われる可能性がある」などと、安住するのではなく、秀明会のおかしいところ=幹部の腐敗は、一般信者=末端信者にしか、直せないのだと、責任と、自覚を、しっかりと、持ち、自分の教団に対しての「批判=批評」を、自分の目、自分の頭で、しっかり、作り上げるということは、してほしい。新体制とは、「霊的な革命」を、ひとりひとりが、自分に、対して、行わなければいけないのです。

「新体制=霊的革命=離脱の神意」とは、「おひかりよりも、自分の胸の中の良心(神)を、主にする、幹部や、明主様よりも、自分を、主にする、自主的な信仰」です。

各自、自分の中に、根付いてる「霊性=仏性=神性」が、「おひかり」とりも、尊い「良心=光=神」であることに、気づいて、「霊的価値観」を転覆しなくてはいけないのです。これが、「神のシナリオ」です。現実や、教団の状況や、み教えを、しかり、読めば、シナリオとして、しっかり、書いてあります。また、不整合や、余白は、自分で、書いてしまうこと、これすなわち、読む、なのです。


[1122]毎月の日曜祭
根絶
2005/7/6 7:55
GENKIさんが いわれるように 秀明会は金集めに苦慮しているみたいです。

そこで 毎月 第一日曜日を 日曜祭と称し、全国から信者を 本部参拝 させているようです。
毎月記念大祭の ミニ版という感じです。

それでも、毎月10000人くらい 参拝するんですから、その 毎月本部に集まるお玉串代も 相当な 額になると思われます。

末端信者さんは、バス代、お玉串代を 毎月 捻出するのに 四苦八苦といったところでしょう。

その お金は 小山家や 幹部の給料、に 消えてしまっていることも 知らないで・・・

かわいそうです。


[1121]記念大祭
GENKI
2005/7/6 2:20
記念大祭で28000人の参拝とありましたが、平成元年〜7,8年ごろ新体制になる前までは、1日12000人が4日間の大祭でした。今は3日間ですから、一日平均9300人の信者の参拝になるわけですから、相当数の信者の退会が、考えられるわけです。当時はお年寄りだろうが、病人だろうがおかまいなしの参拝の強要であり、また、おみやげと称しての人集め、金集めの強要もなされていました。入信者を連れてこないひとには、献金として1〜100万円ぐらいのお金を集めていたように記憶しています。それは、お玉串とはべつにです。お玉串は、大体1万円が相場でした。また、そのほかにも、大黒様5千円、聖水千円等なんやかんやで、2万円ぐらいは、記念大祭でもっていかれるのです。このことをだけでも金集め集団としか、いいようのない気がします。
ただ、いいたっかったのは、記念大祭ひとつとっても、信者数が激減し、集金もおぼつかなくなっている現状の秀明会を考えるとき、また、昔のように、暴挙にでて人集め、金集めにでるか、解散するかのふたつにひとつの選択しかないように思います。
ただ、結局は解散の方向へ向かっていると考えます。
秀明会に属している方たちが、新体制になって、約4割
記念大祭の参拝をしなくなったという事実を会長、幹部たちは、重く考える必要があると思います。


[1120]とりあえず、秀明とは距離をおいて下さい。
punyoon
2005/7/5 23:49
ギルドさんの、このスタンスに、大賛成です。


[1119]東日本匿名さんへ。
punyoon
2005/7/5 23:48
>悪いことなんか何も起きなかったですね。やはりあの世界は異常だったし常識も通用しませんね。

そうですね。民話の神隠しの里みたいな感じですね。普通に、目に見える、一般社会に、まぎれてるのに、心だけが、幽鬼の世界に、とらわれてしまったっていう、民間伝承な感じでした。エアポケットでしたね。

>個人への恩義よりも組織護持や明主への忠誠のほうが重要視されます。

大事なのは、組織よりも、個人です。ここが、転倒してしまっては、宗教の意味なんてありません。

>本当は本部参拝とか苦痛で負担だったんです。しかしお詫びや御気付け、浄霊できなくなることが怖かったんです。

そうですね。ここから、「批判の勇気」を持って、離脱の自由を、得るには、重力を、断ち切る、ロケットなみの起爆力が、必要でした。

>行かなくなってもう時間が大分経ちましたが運は逆に良くなりました

秀明の重力圏を、抜けると、本当に、何でもないことになりますね。余分な重りを、捨てれたというか、鎧を脱ぎ捨てたとうか、曇りというカテゴリー自体を、きれい、さっぱり、脱ぎきれるので、本当に、すきいりしますね。


[1118]「批判の勇気」=「離脱の神意」
punyoon
2005/7/5 23:38
>資格者クラスはこの問題に決して触れません。
話し合いが出来るのは助教師までです。

触れないんですね。完全に、中間管理職ですね。養われてしまってるから、身動きできないんですかね。給料もらって、生活の基盤を、握られてしまったら、霊魂だけでなく、経済までですから、完全に、「良心」の入る隙間もなく、上からの、指示の敷衍しか、できないのでしょうね。呼吸する、生身の身体をもった「体制」の権化というか、アンドロイドや、マネキンみたいなものかもですね。「触れない」=「反論しない」=「内部でだけで、反論が、屈折する」=「洗脳」っていう、この悪循環に、ヒビや、メスを、どこかで、入れられれば、いいんですけどね。


>(私にはもう、マイクは回してくれませんが。)

ここが、おかしいんですよね。内部で、そういう、反対意見に、しっかり、向き合ってくという、姿勢が、ないから、宗教としても、成長できないんですよね。ほかの、一般信者も、そういう状況を見て、「おかしい」と、おもわなければ、いけないし、いわなくてはいけない。宗教は、幹部や、会長や、神様のものではないんです。「一般信者のもの」なんです。「一般信者」が、体制ひっくるめて、心地よい状況にならなくてはいけないのに、幹部や、体制の「維持」だけのために、反対意見を封殺するなんてことは、あってはいけないのです。

>おかしいと気づいて離れる人、距離を置く人、まちがいを正そうとする人は邪神扱いです。今もなにも変わりません。

ここが、直らないと、いつまで経っても、同じですね。ここを、「一般信者」でさえも、個人のレベルから、直していかないと、結局、自分に、帰ってくるんです。ひとりひとりが、「会」の建前を、大事にしたり、「霊的」な建前を、大事にしたりするのではなく、「良心」を、大切にしていかなくてはいけないんです。幹部や、体制側が、「霊的自由」を、信者に与えるのではなく、一般信者側が、幹部や、体制側から、「霊的自由」を、獲得、または、奪還するのが、「新体制」なはずです。そのような「霊的革命」が、「離脱の神意」なのです。一般信者が、自分で、自分を、主役にしていかなくてはいけないのです。そのために、献金しちゃってるのではないでしょうか。資格者以上は、いわば「公僕」です。一般信者は、資格者以上の幹部たちを、使いこなさなければいけない。一般信者が、幹部を、使うのです。それには、「おひかり」よりも、「良心=自分の心=自分の胸の中の神様」を大切にする、「本当の信仰」を、一般信者のひとりひとりが、身につけなくてはいけません。「批判する勇気」を、一般信者のひとりひとりが、持たなくては、いけないのです。

>表の顔とは別の一面を見た男の助教師を殴り飛ばしています。

これがあるのだから、お祭りのときに、みんなで、かっこつけたり、きれいごとで、すまして、お茶をにごしてちゃ、だめなんです。「批判する勇気」を、持てない、一般信者の集まりで、「地上天国」の建設などできるわけがないのです。「批判」がないということは、「頭」がないということです。「頭」を、幹部や、「明主様」に、預けっぱなしでは、ダメに、決まってます。まず、「頭」と「神」を、自分の「頭」と「胸」に取り返すのが、基本です。

>新体制は梅原さんへのごますりです。マスコミを抑えるためにも梅原さんに協力してほしかった。カルトのイメージを消したかったのです。

梅原さんは、今でも、秀明に、協力されてるんでしょうか。「真善美」とか、ギリシア的な、理想的価値基準に、共感したような講話を、してたような気がしましたが、この内実を、どれだけ、知ってるのでしょうか。旧制高校生的な、いい意味での、無邪気さを持った方なのかなぁとは思いましたが、「隠された十字架」という著作では、法隆寺は、聖徳太子の血塗られた怨恨を、封じ込めるための「荒魂信仰」だ、という、形のエッセイ的なものでした。秀明の内実は、ドロドロの悪霊封じを、根底にする、泥臭いものです。その上に、氷山の一角として、ちょこんと、真善美や、地上天国が、浮いてる形です。オウムの事件から、ある種、文化人は、オウム的なものに対して、一度は、必ず、言及しています。梅原氏でも、現状や、内実が、わかれば、ご自分の、加担した、教団が、どのようなものかは、さすがに、わかるはずなのですが。


>オウムの次は秀明会だと言われてましたが、特捜部は動きませんでした。 巧妙にくぐり抜けています。

そうですね。公安からも、目をつけられてましたからね。くぐりぬけたのは、いいんですが、そのまま、問題が、密室化してしまった。

やはり、今、必要なのは、一般信者の人たちが、一人でも多く、「批判の勇気=霊的革命=離脱の神意=本当の新体制」を、行うことで、「おひかり=体制への服従」よりも、「良心=自分の胸中の神様」を、大切にする、宗教団体からみても、社会から見ても、「当たり前の常識」に、回帰することでしょう。そして、これは、ひとり、ひとりの信者が、そういう空気を、つくらなければダメでしょう。「方針」が、かわるまで、何もしないとか、「方針」が、かわってから、実は、私も、そう思ってたとか、尻馬に、乗る姿勢を、ひとり、ひとりが、改めない限り、秀明は、社会へと、対話可能な地平を、開いていけないでしょう。ギルドさんに、マイクを、回さない状況があるなら、無理にでも、まわさないといけない空気を、ひとりひとりの信者が、つくっていかなくてはいけないし、自分で、かえていかなくてはいけないのです。

>フラッシュバックして、ためらい、心のゆらぎが出ることがあります。

そうでしょうね。離れることによって、回路が、不快な記憶、不快な肉体感覚に、接続するように、習慣化=自動化されてます。意味や、言葉や、通路が、固定されてる状況です。それには、少しずつ、ご自分の必要とされるところまで、意味、言葉、記憶、身体を、ほぐすというか、自由にしていかれるのがいいでしょう。雲を掴むような話ですが。「詩的言語」用法といいますか、秀明での確定して、単純化している意味を、ほぐして、ありのままに、出会うみたいなことが、効くかもしれません。

>とりあえず、秀明とは距離をおいて下さい。

これは、大切ですね。距離を、置くことで、余白が、生まれます。そこで、固定された意味が、ゆるゆるほどけて、自分の意味が、ゆっくり、浮上してきます。そこで、ようやく、批評が、生まれ、自分の考えや、自由が、生まれてきます。そうすれば、ギルドさんのように、

>黒龍の秀明会から私を救ってくれた本当の神様。
ありがとう。 

というふうに、「本当の神様」って、なんだろう、とう、問いや、その問いに対しての、自分なりの、答えに近づいていかれるのです。やはり、ギルドさんは、新体制に即して、自分の目で見、自分の耳で聞き、自分の頭で考え、自分の胸で感じ、信仰を検証し、「批判の勇気」を持ち、行動に移し、自分の正しいと思うことをすることによって、「離脱の神意=幹部の不正問題の解決」に着手し、「本当の神様=自分の良心=自分の胸に棲む神様=自分の心の声」に、かなう、信仰状況を、獲得されてきたのだと思います。


[1117]本当にそうですね
fujiya
2005/7/5 14:05
 東日本匿名さん、お久しぶりです。1年振り?くらいでしょうか・・。
 そうですか、秀明を止めてからの方が万事好調とのことで、そのお言葉は秀明を止めたいけれど怖くて止められない方にとってはとても強い力となるお言葉です。

>やはりあの世界は異常だったし常識も通用しませんね。

 みなさん、そう言われます。秀明の常識は世間の非常識。でも彼ら秀明信者は、「世間とは判断基準が違うのだからそれでいいのだ」と思っているからどうしようもないのでしょうね・・・。

>個人への恩義よりも組織護持や明主への忠誠のほうが重要視されます。

 誰のための宗教なのでしょうね・・・。末端の信者を大切にしない宗教なんて、どこに存在価値があるというのでしょうね。小山弘子さん、小山玉男さん、お答え頂きたいと思います。

>本当は本部参拝とか苦痛で負担だったんです。

2005/5/3〜5に行われた第34回記念大祭には、約28,000人(大本営発表)が参拝したそうですが、この内、何%の人が本心から参拝したんでしょうね・・・。『動員されて、無理矢理に・・・』という人が大半?

>何度、休憩の浜名湖サービスエリアからこのまま逃げてしまおうと思ったことか・・・。

 多くの信者が胸中では、そう思っていたんでしょうね・・・。

>しかし前記の恐怖心がそれをさせませんでした。

 恐怖信仰はカルトが最も得意とする常套手段ですからね・・・。

>自分をいじめて修行したい人はいいが、それ以外の人は早く逃げてください。

 そうですね。敢えて自虐的に辛苦を味わいたい人にはお勧めの団体です。Mの趣味がある方にはぜひ神慈秀明会の存在を教えてあげましょう。
 幸せになりたい人は、一日も早く逃げ出しましょう。後を振り返らずに、一気に走りましょう。その先にはきっと本当の希望の光を見つけることができます。


[1116]辞めてからも元気です。
東日本匿名
2005/7/5 12:43
お久しぶりです。行かなくなってもう時間が大分経ちましたが運は逆に良くなりました。楽しいことも増えたし頭の回転も良くなったし、金もたくさん入るようになったし(献金しない分増えたという意味ではありません。)悪いことなんか何も起きなかったですね。やはりあの世界は異常だったし常識も通用しませんね。個人的に金を貸したりしても踏み倒されて当たり前だし、個人への恩義よりも組織護持や明主への忠誠のほうが重要視されます。
本当は本部参拝とか苦痛で負担だったんです。しかしお詫びや御気付け、浄霊できなくなることが怖かったんです。何度、休憩の浜名湖サービスエリアからこのまま逃げてしまおうと思ったことか・・・。しかし前記の恐怖心がそれをさせませんでした。
本当に間抜けです。良いことはありません。自分をいじめて修行したい人はいいが、それ以外の人は早く逃げてください。


[1115]とりあえず、秀明とは距離をおいて下さい。
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/5 11:24
fujiyaさん。punyoonさん。ありがとうございます。

>批判に対して確固たる信念を持って反論できるだけの人間がいないのが現在の秀明会です。
>秀明会本部からも批判に対する反論の方法を組織として指導していない

その通りだと思います。
資格者クラスはこの問題に決して触れません。
話し合いが出来るのは助教師までです。

手っ取り早いのは、東京支部の先生秀勉で直接質問するのがよいのですが、お世話になった人もいて、情が絡んでためらいが出てしまいます。
でも、橋本が出てきたら、橋本に心の怒りをぶつけたい衝動から、過激な行動に出てしまいそうです。 
(私にはもう、マイクは回してくれませんが。)

私は以前、ある参拝所で、表の顔とは別の一面を見た男の助教師を殴り飛ばしています。
「貴様それでも、助教師か!」
「やめとけ!こんなやつ、殴る価値も無い。」
とある人に言われ、止められました。
当時青年部だった私は、感情を抑えることが出来ませんでした。
結局、てっぺんが腐ってたら、上を見本にするのですから
下も素直に腐るんだと言うことです。
私も青年部当時は過ちを犯しました。
おかしいと気づいて離れる人、距離を置く人、まちがいを正そうとする人は邪神扱いです。
今もなにも変わりません。

新体制は梅原さんへのごますりです。
マスコミを抑えるためにも梅原さんに協力してほしかった。カルトのイメージを消したかったのです。
警察の介入も避けたかったのです。
オウムの次は秀明会だと言われてましたが、特捜部は動きませんでした。
巧妙にくぐり抜けています。

「信仰二世の覚醒」から
>秀明のマインド・コントロールは巧妙で、恐怖信仰によって彼女の心の奥深くに植え付けられた秀明思想が完全に消え去るにはまだ多くの時間を要するかも知れません。

私ギルドもまだ完全にマインドコントロールが抜けていません。
フラッシュバックして、ためらい、心のゆらぎが出ることがあります。
現役信者さんにはとりあえず、

>『私はまだ 「おひかり」を処分する勇気はありませんが、自分なりに秀明とは距離をおいて生きていくのが賢明なのだと思うようになりました。

のように生きて欲しいです。

>「おひかり」よりも、「良心」が、信仰の基本。
 「良心=胸の中にいる神様」を、大事にして

黒龍の秀明会から私を救ってくれた本当の神様。
ありがとう。 


[1114]「おひかり」よりも、「良心」が、信仰の基本。
punyoon
2005/7/5 9:31
 ギルドさんの場合、「おひかり」よりも、「良心=胸の中にいる神様」を、大事にしてるんだと、思います。ここが、新体制=不正問題解決の、ものすごい、起爆力になってくのだと、感じます。


[1113]エフェクト
punyoon
2005/7/5 9:16
「責任」について
>今までの間違いを認め、全ての汚い膿み(某幹部連中)を出しきらないといけない。

これを、どうしても、構造上、人のせいにしてしまってるんですよね。TOPをはじめ、幹部も、信者も。だから、対話不能感を、第三者に、与えてしまう。

問題が、浮上してきたら、ふつうは、ギルドさんのように、その問題が、上から、提示された問題で、なくても、吟味しなくては、まずいし。ギルドさんのように、自分を斬ったうえでないと、この問題は、斬りこんでいけないです。自分に、問題をひきつけたスタンスを持つことで、外部との対話可能なスタンスが、生まれてきますし、ギルドさんにおいては、実際、そうなってます。

「問題設定」について
>自分はどうして行きたいのか、自分で考えて自分から意思を持って御用していく人間でないと許されなくなる

 これは、本当に、そうです。つまり、白紙です。まっさらな紙です。この白紙の原稿用紙に、なんらかの内容を記述していくには、問題設定能力が、必要なのです。

 いわば、白紙というのは、「遠慮しないで、なんでも好きなことをやりなさい」といわれて、「これが、やりたい」といえることです。用意された、選択肢から、選ぶ「選択能力」ではなく、もとめられているのは、白紙の状態で、「これがやりたい」「これが欲しい」といえる「問題設定能力」です。

ここで、大事なのが、今までの「秀明会」のルールを、「白紙=遠慮しない」に、できるか、どうか、なのです。今までの「ルール」を、ちゃんと、消せないと、ギルドさんが、会の中で、異端だということなどになってしまうのです。

「自分はどうして行きたいのか、自分で考えて自分から意思を持って御用していく人間でないと許されなくなる」

 これは、つまり、許される許されないかも、自分で決めろってことです。救われる、救われないを、「上」の判断や、神様の判断に、求めてはいけない。この許す許さないも、すでに、幹部や、「秀明会」自体も、持ってないということです。これを、しっかり、根付かせなくてはいけない。「許されなくなる」この言葉が、問題です。

「許さない」のは誰でしょう。そもそも、その「許さない人」に、その「許可、不許可の権限」を、与えたままでいいのでしょうか。これが、新体制の一番の問題で、今のところ、こページで、取り組んでる信者は、ギルドさん、ひとりです。

今までの古くなった、ルールを捨てて、新しい白紙ベース=ゼロベースで、「自分はどうして行きたいのか」を考えぬかれたから、ギルドさんは、「幹部の不正問題」に、着手できたのだと、考えます。


「対話可能性」について

>秀明会本部からも批判に対する反論の方法を組織として指導していないので、個人レベルでは到底反論などできない

「反論できない」つまり、「不正問題」に対して、「謝罪」できない。「対話」できない。社会側から、見れば、秀明は「異質」だし、秀明側から、見れば、社会が、「異質」だしで、「秀明信仰」を、介して接した場合、対話が不能な状況にある。

信者でも、もちろん、社会で働いているので、日常的なことに関しては、もちろん、話はできるが、「秀明信仰」を仲立ちにした場合、深くて長い溝ができてしまい、「幹部の不正問題」や「謝罪問題」が、まるで、進まない状況に陥ってしまう。

信者の人は、社会では、「相対性」、宗教では、「絶対性」という、二重性、二面性を、持った精神構造で、生きています。でなければ、紙に、宿った神様を「おひかり」として、大事にしたりは、できません。

社会に、反論できなくても、「秀明会」の中では、内側に閉じた「反論」だけが、しっかり、根付いている。これを、洗脳ともいえるし、「幹部の不正」ともいえる。沈黙している=反論できない、または、ギルドさんのように、会の不正を、正そうとしない、ということは、やはり、本当の意味で、新体制=白紙を、できてないということなのでしょう。ギルドさんの書き込み、見て思ったのですが、この「許す、許される」「救われる、救われない」「御心に、かなう、かなわない」のアンテナを、会の常識ではなく、外部の自由空間=セカイ=ウチュウに、伸ばして、そこから、キャッチできた「良心=神様的なもの」を、基盤に、信仰されていくのが、「対話可能な信仰者」を生んでいくのだと、感じました。

「反論」がかえってこない、「反省」がかえってこない、「対話不能」だ、という、やばい状況を、クリアするには、信者の人々が、少しでも、新体制を実地に、「信仰」することが、必要になるのでしょう。

ギルドさんは、多くの点で、「新体制」に、合致されている。自分で考え、旧弊のルールに、気づき、それを、乗り越え、白紙状態に、戻し、何に従い、何をすべきかと、考えたときに、幹部の不正問題へ着手し、しかも、「許される許されない」という、信仰の根本を、秀明の閉じた共同体でなく、「良心=自分の胸の中にいる観音様」に照らし合わせて、「御用=行動」する、という「離脱=自主独立」的な、領域まで、達しておられる。つまり、「対話可能」な人。問題が、あれば、話し合いの結果、問題解決に、向けて、軌道を修正、または、軌道の意味自体を、考えることのできる人として、「社会=第三者側」から、「信用」されるようになってます。

「信用」されることで、必要なのは、「対話可能」であることなんです。「信用」されないのは、「対話不能=反論ができないこと」なのです。

「社会側=第三者側」は、「論議」を通して、問題点を、詰めていくとともに、「対話不能」だけど、一点で、「対話可能」なのもだと、認めて、「グレーゾーン」を、広げていくことも、大切かと思いました。対話可能な「グレーゾーン」の代表が、ギルドさんだと思います。「秀明」の信者も、可能なかぎり、この「グレーゾーン」で、「新体制の自主的信仰」をすることで、「会」は、まともになってくかな?と思います。

「言語闘争」は、不毛だ、とのことで、沈黙してしまう。反論しなくなってしまう。ということでは、社会への負債は、どんどん、累積していきますし、「曇り」は、どんどん、増えていきますし、挙句の果てに、「秀明会」が、財政困難に、陥ってしまうと、「審判=神は、許さないよ」が、発令してしまうかもしれません。

だから、一般信者の人が、ギルドさんみたく、この「不毛」な「みたまの闘い」に、参加してくれれば、早めに、不毛の土地を開墾できる可能性が、出てくるかなぁとは、感じます。

まるきり、異質なエフェクト効果が、頭の中で、渦巻いてる、2者間で、一体、どのような一致=対話可能性を、導いていけるか、というと、やはり、ひとりでも多くの人が、古いエフェクトから、抜け出して、新しいエフェクトに、切り替えていくとことだと、思います。


[1112]子供たちへの洗脳
根絶
2005/7/5 1:23
子供たちへの 洗脳だけは やめてほしいです。

子供たちがもっている 大きな 夢を 奪い去るのは
やめてほしいです。

小山さん 幹部さん よろしくお願いします。


[1111]秀明会の現状
fujiya
2005/7/4 21:17
 ギルドさん、こんにちは。
 「秀明二世の覚醒」に使用した写真は、秀明紙の中から適当に選んだ1枚であり、本文とは全く関係のない写真です。
 写真に写っている本人への配慮のためぼかしを入れましたが、同じ秀明紙を持っている人であれば写真の彼女が誰であるかはすぐに分かるでしょう。しかし、彼女は慶子さんとは全く関係のない人です。
 ちなみに、慶子さんは東京支部の人ではありません。

 秀明会に対する批判が相次いでおり、現役信者の脱会も相次いでいるため、秀明会として個々への対応ができない状態です。
 批判に対して確固たる信念を持って反論できるだけの人間がいないのが現在の秀明会です。助教師や資格者と呼ばれる人たちも単なる肩書きとしてそう呼ばれているだけであり、それほど深く理論武装している訳ではなく、秀明会本部からも批判に対する反論の方法を組織として指導していないので、個人レベルでは到底反論などできないのが彼らの現状です。

 万一、慶子さんの個人特定がされたとしても秀明会として何ら手を打つことはできないでしょう。
 ギルドさんの問いかけに対してもさっぱり反応がないのは無視しているのではなく、反論できないだけです。実際、彼らがやってきたことを振り返れば、反論などできる筈もありません。
 正義は我にありです。

[1110]信者の覚醒の為に。 
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/4 19:40
「信仰二世の覚醒」拝見しました。

たぶんあの方だと思います。
秀明会が特定して攻撃しないことを願います。
(私はほぼ特定されたようですが、さっぱり攻めてきてくれません。ギルドなんて痛くも、かゆくもないといった所でしょうか。)

秀明紙は本文とは関係ないとありますが、すぐに誰か判りますが、問題ないですか?
(ご本人はとてもまじめで本当に優しい人です。
秀明会のおかしい所は気づかれていると思います。私はやがて洗脳が解けると信じています。)

私もfujiyaさんと同じ思いです。
これからの世代の為にも、ここでカルトをつぶさないといけない。新体制として次世代教育を掲げていますが,とにかく子供達の洗脳を解かないとどうにもなりません。

今では、自分はどうして行きたいのか、自分で考えて自分から意思を持って御用していく人間でないと許されなくなると言い出しました。
まったく180度転換して、今まで自分を殺して従ってきた信者は、わけがわかりません状態です。

今までの間違いを認め、全ての汚い膿み(某幹部連中)を出しきらないといけない。
会長の「涙のお話」で巻引きさせてはいけない。
始めっから腐っていたなら、潰さなければいけない。

以上の意思を持って神様の御用をして行きたいです。


[1109]信仰二世の覚醒
fujiya
2005/7/4 7:52
子供の頃から秀明信者で、熱心に秀明での活動を行い、秀明紙にも登場したことのある秀明信者の方からのメールを基に「信仰二世の覚醒」というページを作成しました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/index2.html


[1108]H本T子
根絶
2005/7/3 13:00
T京支部の H本T子 って
そんなに ひどかったんですか??

今度 実際 1対1で あってみたいです。

おもしろそう・・。


[1107]そうですか・・・。
九龍
2005/7/3 1:02
 私が実質的に秀明の活動から遠のいたこの数年間に、いろいろあったのかもしれないですね。私がいたころは、D井さんは、本当に一生懸命に自然農法の流通に携わっているという印象でした。お金が関わってくると、人は変わってしまうのでしょうか。
 H本女史の指導がからんでいる・・・というのは驚きです。いまだに陰でそれほどの力を持っているなんて。もう八十代も後半でしょう、あの方は。いい加減に、おとなしくご隠居すればいいのに・・・。でも、ココまで長生きして、今だ影響力の高い陰の幹部には、会長先生も現役幹部も口が出せないのでしょうかね。ご高齢の女史にあまりひどい処分をして体でも壊されたら大変、だけど、やんわり言ってもわかってはくれない・・・きっと目の上のタンコブでしょう、実際は。


[1106]勘違いでした。
日曜日よりの使者ギルド
2005/7/2 2:49
九龍さん、すいません。
私の早とちりです。
でも、D井のことを投稿するきっかけになり、これはこれでよかったのかなと思えます。
九龍さんがお世話になった人のことを書くのも、気が引けるのですが。
自然農法流通で不信なお金の流れがあります。
自然農法だけはまともであってほしいと願ってましたが、
残念です。
昨年のCSA祭りの失敗、無理やりな会費システムの変更で自然農法流通の事務局は、かなり苦情を受けました。
今年になって更にまた、システムを変更したみたいです。
内部事情は中に入り込まないと調べられませんが、H本の指導も絡んでいて、叩けばボロが出てきそうです。


[1105]T井さんのこと
九龍
2005/7/2 1:41
 日曜日よりの使者ギルドさん、お返事遅くなってすみません。
 現在のT井さんの正確な立場については、正直いってわかりません。確かに、H本先生にかわいがられていた助教師のひとりですが、現在自然農法の流通の事務局長なのかどうか・・・。
 もしかして、D井さんと勘違いしてらっしゃるかも。私がT支部に在籍中は、D井さんも助教師で自然農法の流通に大きく関わっており、私自身も大変お世話になりました。彼は、T井氏のような頭はすごくいいけど何を考えているのかわからない人とは違うと思っています。
 T井氏は、旧体制時代からとても理屈っぽく、頭がいいことをひけらかしていたという印象があります。かつて、Kンさんと一緒にバスの件をやっていたこともあります。御明集の後ろのほうの「神苑大建設の歌」の作詞担当として、I田氏と連名で名前が載っていたような気がするなあ。私はもう御明集を処分してしまい確かめるすべがないので、もしかしたら違っているかもしれませんが・・・。


[1104]性格にも偏りが・・
fujiya
2005/7/2 0:12
 路上ソリストさん、こんにちは。お久しぶりです。
 そうですか、秀明を離れてからの方が適性検査結果が良くなったそうで、何となく分かるような気がします。
 秀明の教えに束縛されている状態というのは一種の視野狭窄状態ですから、性格的にも偏った状態に陥りやすいのでしょうね。

 私の方は、しばらくの間本業が超多忙だったのですが、最近になって少し落ち着いてきました。秀明問題解決に向かって引き続き頑張って行きます。


[1103]どこに書き込んだログあるの?
路上ソリスト
2005/7/1 21:12
先ほどの過去ログ書き込み番号、759と812など、時々書き込んでいますこと、ここにお知らせ申しあげます。


[1102]心理適正診断を受けて
路上ソリスト
2005/7/1 20:42
私からの発言、お邪魔かと思われますが、秀明信者の方やこちらをご覧になっていらっしゃる方に、参考の意味合いをと、お邪魔を承知の上にて書き込ませていただきます。ご容赦のほどを願います。 
私はおととしまで秀明を信仰していた、外回りをメインとする職の会社員です。私の職は仕事に社用車を使って仕事する事が多いので、それに見合った「適正診断」を受けることが社則で決まっており、今日私も受けて来ました。
そうすると、秀明信仰しているときの診断結果と今日の診断結果を比べてみると、今日の診断結果のほうが遥かに?いいではありませんか。自慢ではありませんが特に、「気持ちのおおらかさ」では4ランクもアップしました。
秀明など、特定のものに信念貫くと、ランクもさがるものですかね。
自分の信念貫いた結果、退職せざるを得なくなった同僚もいるのですから。いくら、秀明が立派であっても、娑婆で起こっている不祥事やJR尼崎線の事故などの衝撃さには勝てませんね。
私がどんな経緯で秀明と距離おくような心になったのか、詳しく知りたい方は過去ログの私が書いた書き込みを読んでください。
最後にfujiyaさん。本業が大変になったとのことで。いつもお疲れ様です。これからも共に頑張るとしますか。


[1101]秘密のアッコちゃん
fujiya
2005/7/1 14:13
>聖教書に載ってない、秀明信者の知らない御教えの秘密、離脱の秘密、「ボリバス」の秘密、御神体の秘密、・・・秘密のアッコちゃんもびっくりです。

 いやー!、「秘密のアッコちゃん」が登場するとは!!
 当時は「魔法使いサリー」や、「魔法のマコちゃん」、「ふしぎなメルモ」など魔法が使える少女ものアニメが全盛でしたねー。

 こうした魔法の力を持ったキャラクターが登場するアニメが人の心を惹きつける背景には、人間の心理にはそうした「神秘」に対する「あこがれ」のようなものがあるのでしょうね。
 そうした心理がカルトの荒唐無稽な教えも信じてしまうところへつながっていくのでしょうか・・?

 秘密のアッコちゃんは人々を苦しめたりはしないから秘密があっても許されますが、秀明は多くの人々を苦しめてきました。その責任を追及され、糾弾されるのは当然です。

[1100]「荒魂信仰(あらたましんこう)」と「憑依」
punyoon
2005/6/30 4:16
 これも、ひとつの参考です。

 ギルドさんには、離脱的位相に、立ち続ける「フリー信仰者」として、秀明の「試金石」として、今後も、活躍していただければ、と思っているので、以下は、参考まで、何かの弾みに、一般信者が、読んでしまった場合用に、記入します。

 私は、学生のころ、思想や、宗教や、哲学を、ちょこっとだけ、かじる場所に、在籍しており、あまりにも、難しく、頭の中が、ごちゃごちゃしてしまったため、「岡田氏」の単純な、世界に、惹かれてしまった、という点もあるのです。

 そして、どっぷり、はまりました。奇跡も、感じました。浄霊の実践中に、感謝ノートを、付けると、ボールペンの筆跡に従って、頭の脳みそに、筆跡をなぞるように、快感まで、走るのです。

 浄霊では、温熱を、感じました。受けても、するときでも、感じるのです。身体の、悪い?ところに、エナジーが、入っていくのを感じます。また、相手の身体の、どこに、エナジーが、入っていくかも、感じます。

 そういえば、浄霊を、1日100人、約1年間つづけたときがあったので、短期間で、3万人から、その前も、含めると、5万人の「浄霊」を行いました。一日やっていると、数が、増えるほど、パワーが、増していきます。10、20、30、100、回数ごとに、変わっていく。また、気のせいか、切りのいい、数に、達すると、天気さえも、変わっていくのを、感じるのです。(シンクロニシティ的感受性)第3の目に、手をかざすと、エナジーの波動のような棒みたいなものが、さくっと、入るのです。「びにゅーん」なんて、電気的エナジー、分子の振動のようなものさえ、感じてしまいます。そして、1日が、終わり、翌朝になると、全身が、よれよれになっているのです。マッサージしすぎて、揉み返しが、きたような感じです。浄霊が、足りなくなると、悪気のようなものが、頭を、膜や、煙幕のようなものが取り巻いて、重くなります。拝読すれな、光が、ぎんぎんに、注入される感じがあります。電池が、充電されるように、身体さえ、軽くなります。

 ただ、もともと、この信仰は、なんなのだろうと、いう、疑問は、持っており、日本思想や、日本の土着信仰の講義を、受けていたときに、「荒魂信仰」というものに、この信仰は、分類されるなぁとは、ずっと、思っていたのです。

仏教、儒教、キリスト教、神学、イスラーム、西洋哲学、東洋哲学、神仙思想、井上円了、右翼思想、左翼思想、シャーマニズム=巫女=イタコ=ユタ、神道、ちょっと、かじっただけでは、わかりませんでしたが、「会」の基本が、「鎮魂」にあることは、間違いなかったのです。

「先祖」「血縁」「霊線」の「生死」問わずの「鎮魂=魂の浄め」が、基本になっているからです。これは、日本国の中に、脈々と息づく、土着思想なのです。死んだ人間が、「荒ぶる魂」として、生きてる人間に、悪さをする。それを、祭る。「菅原道真」「平将門」「戦没した英霊」みな、怨恨を抱えて、死んでいった、ある意味での悪霊。つまり、神社の中に、眠っているのは、わけのわからない「妖怪=化けもの」を、「神」として、祭っていたのです。

「岡田茂吉氏」が、日本各地を廻り、神社の神々に、挨拶して、廻る、箇所も、出てきますが、発想としては、日本の伝統に、基づいています。日本は、「霊信仰」の国なのです。土壌として。「霊」を見たり、感じたり、話の仲介をしたり、ある種の霊的媒体=霊媒の伝統が、底辺では、続いてきました。これは、世界各地に、散見できる、「シャーマニズム」と呼ばれるものです。

仏教や、キリスト教を、輸入しても、本場オリジナルは、この国には、根付きませんでした。仏教は、霊を、認めません。「色即是空」です。「現実」と「空」が、表裏一体なのです。そこには、「霊」が、介在する余地は、ありません。

日本仏教は、そこを、改変して、霊を、仏教に、接木しました。そして、生きとし、生けるものに、輪廻する、死生観が、日本の深層心理には、根付いています。だからこそ、秀明信者は、霊層界を、気にかけるのです。動物に、生まれ変わりたくない。現時点で、魂が、動物レベルに、落ちたくない。日本国の土着的深層心理が、働くから、ある程度、受け入れられてしまったのです。

ただし、この人間と、動物に、階級差を設ける思考は、西洋の、キリスト教のものです。日本に根付いていたものには、生物に対して、階層的な上下を設定していません。

話の流れは、ごちゃごちゃですが、資格者、助教師、世話人の一般信者レベルでも、霊的な人は、わりと、います。「霊を、見えてしまう、感じてしまう人」が、結構いて、それに、み教えや、信仰体験、浄霊体験を、加味して、感謝として、語っている方も、多いです。さすがに、笑顔で、語られると、ちょっと、引きますが。ただ、それは、それで、いいんじゃないかとも、思うのです。個性です。面白いです。ただ、それで、秀明が、正しいことにはなりません。何故なら、彼ら、彼女らは、日本文化の末裔だからです。それは、イタコや、ユタなど、霊媒の歴史を、持つ、文化的遺伝子を、受け継ぐ子孫たちだからです。だから、その「霊」を、感じるのは、正しいかということにはならないのです。

根源的レベルで、文化的な、マインドコントロールが、行われているに、等しいからです。(語弊が、ありますが)自分の血となり、肉となっているものでさえ、「憑依」されるのではなく、「猿まわし」の役割りに、なれるのが、文化を受け継ぐ際に、大切な心構えではないでしょうか。

「洗脳」とは、「憑依体質=トランス体質」への変換や強化でもあるのです。物の怪とは、物に憑かれること、古来、日本人は、生物だけでなく、物にさえ、魂を、認める、「アニミズ(精霊信仰)」民族だったのです。これはこれで、趣味としては、面白いですが、だからといって、本当に、物に憑かれるのが、面白いわけありません。勿体無いオバケとか、カラカサオバケとか、イッタンモメンとか、そんな輩に、いちいち、憑かれて、指図を、受けたくありません。ただ、信者は、憑かれてしまっています。「紙」に。紙という物に、です。

世界に、溢れる怨恨を抱えた悪霊=荒ぶる魂の浄化によって、浄い、「地上天国」を、建設するというのが、趣旨のようですが、この「荒魂信仰」と「憑依」のレベルの信仰を、世の中に、広めていいわけがないと、私は、感じるのです。その2つは、「こっくりさん」と、同レベルのものです。

世の中に、悪魔崇拝や、黒ミサなどとという、カウンターカルチャーも、存在しますが、衝撃による、常識の破壊による、酩酊感、トランス感覚を、基本にしています。そこで、「霊的約束事=マイナールール」を、吹き込むのです。縛られます。身動きとれません。危ない話なのです。

結局、話が、どういう、方向に、進んだのか、わからなくなりましたが、「霊」「奇跡」「浄霊」というものは、太古から、伝わる、土俗的なもので、別に、珍しくはなく、どちらかというと、過去の遺物であるということです。


70〜90年代、入信者の特徴としては、「空虚感」というものが、動機をしめていた傾向を、感じました。感謝のデモンストレーションや、前会長の「講話集」などからです。「規範」の「喪失」ということからくる「不安」、漠然とした「不安」などです。

昔ながら、古きよき、道徳規範が、単純には、機能しなくなってきた、時代の特徴です。敗戦によって、日本的道徳は、打ち崩れ、世界的にも、ベトナム戦争、学生運動、浅間山荘事件、ニューエイジ、新興宗教ブーム、オウムサリン事件など、新しいシステムや、魂など、よりどころを、求める、動きが、強まりましたが、無規範=アノミーという、ココロの枠、よりどころを、喪失して、漠然とした不安を抱えた人たちの動きでした。

地縁共同体の喪失が、拍車をかけています。これの受け皿となったのが、新興宗教です。単純かつ、シンプルな規範によって、精神の座りがよくなる。よい、わるいが、はっきりしている、社会に、合致するするかいなかを問わず、共同体の中では、規範が、機能し、ある程度の心地よい関係を形成できる。その代わり、自己犠牲も、要求される。

ついでに、霊的なことも、くわわり、独自な共同体となって、社会と、根源的なところで、対話不能となる。

閉じた共同体(たとえ、外で、働いている人がいても、根本的な信念のレベルでの対話不能、相互了解不能)の中で、信仰を、実践していくのは、心理学的には、行動療法にあたります。行動に、価値をおくのです。これは、ある程度、人を、点数制で、動かすのです、明るくなったりする人もでてきますが、一般的には、心理的軋轢や、負荷が、増えていくので、あまり、勧められた立場(方法)とはいえません。

と同時に、一番の問題点としては、行為の意味を考える。行為の枠自体の是非を、考えるということが、なおざりにされて、ブレーキも、きかなくなってしまう、危険な点も、あるのです。

「紙=神」に、憑依されつづけるのは、危ないと、感じます。その紙には、誰かが、恣意的な物語を、簡単に、記入できてしまう「霊的(不可視)なツール」なのです。私は、「霊的」=「情報の組み方」と考えています。自分のOS(オペレーティングシステム)を、どう、作るか、これが、大切だし、「信仰」なるものに、従事して、変に間違ったことをしない、基盤になると、思うのです。

だんだん、ごちゃごちゃ、意味不明になりましたが、意味不明なことに対しての、耐久力をつけることも、大切だと、感じます。手品に、感動したからといって、マジックに、簡単に、飛びついてはいけない。

「わからない」状態での、自分のオリジナルな、感性を信頼する。「神」に、侵食されてない気持ちも、大切にする。意味づけというのは、ある程度、いくらでも、つけれます。

ただ、「岡田氏」の書かれてるものは、そうレベルの高いものではありません。「霊的国のアリス」として、宗教参加者=信者を、おとぎ話体感ゲームに、没入する上では、役立っていますが、思想のレベルでは、正直、世界的に、残っていけるレベルではありません。

他の、新興宗教を見れば、類似の構造が、透けて見え、そうそう、オリジナルなものでないことが、わかります。

などと、ひどいこと、書いてますが、ギルドさんには、信者が、まずは、理解できる、目に入れることのできる、み教えレベルからの、「会」の洗脳解きと、体制の革新に、力を入れて頂きたいと、思っています。


[1099]ログを修正させて頂きました
fujiya
2005/6/29 23:59
 punyoonさんの、[1098]の書き込みと、[1096][1094]の書き込みは、極端に改行が少なく、内容を読みとるのに苦労する状態でしたので、こちらで勝手に改行を入れたり段落を付けさせていただきました。
 文章の内容を改編したりは一切していませんが、明らかにタイプミスと思われる2、3の部分だけは修正させて頂きました。


[1098]参考までに、ということで、気にしないでください。
punyoon
2005/6/29 21:48
>正しい信仰とは大乗的で、自由主義的であるから、信仰の持続も離脱も自由

離脱も自由ですし、「正しい信仰」とは、果たして「岡田氏」の提言する「信仰」が正しいのか、または「信仰」と認定してよいものか、どうか、との視点も許すということです。

>処が邪神はこの隙を常に狙いつめているので、得たり賢しとその隙に入り込みその人を占領し、肉体を自由自在に操るようになるので、実に危い哉というべきである。

これは、要チェックです。隙を見せると邪神が入り込み、「肉体を自由自在」に操る、ということを書き残せる人が、果たして、まともな人間、または、神といえるのでしょうか。
実はこの状況は、秀明信者は皮膚感覚で知っているのではないでしょうか。この皮膚感覚を、第3者から見た場合「マインドコントロール」といいます。
ここまで感じてくれれば、かなり完成です。
そして、この皮膚感覚の対極にあるのが、「奇跡=心地よい体感」です。この部分を、信者の深層に、植え込むこと、これがポイントになっているのです。

あと、「私の書いた文字を粗末にすると神の命が宿っているからお気付けがある」という「み教え」について、聖教書に載ってる言葉も、「トリガー」です。
まず、この点、この部分を一般人は、ありえないということで却下します。
ただ、信者になると、「おひかり」を首にかけるなど、「会」に対して自分の立場を譲歩することで、自分の「前提」が変わってしまったことに気づかない。
どんどん、肉体から魂がフライトして、「奇跡」と「恐怖」の両義性を持った「スピリチュアルワールド」に、フライトしてしまう。
肉体の制約を受けない「精神」には、情報を与えさえすれば、それは、「本当のこと」として、「リアル」に感じられるようになってしまう。
この肉体から離れて天井から自分をながめてるような、現実感の希薄化した状態を「離人症」といいます。
そして、霊があるとする人たちには、感じたり、見たりもしてしまう「ホラーチャンネル」さえ、出現してしまいます。
岡田氏のいう「正しい信仰」というものが、彼の言葉から見れば「黒魔術」と「白魔術」の合わさったものであるのは、傍から見るとよくわかるのです。「黒=恐怖」を設定するから「白=奇跡」も出現してくる。強力な「催眠」です。
しかも、「信仰」として、「催眠」のスイッチが、「おひかり」や「拝読」や「浄霊」や「信仰のレンズ=偶然を必然として生活の些細な機微に神の動きを吉凶ともに、感知する精神的姿勢=シンクロニシティ)」によって、再度、「催眠」が、起動するように、恒常性をもたせてあります。
心と体を、わしづかみにして、自分の箱「世界」の中にいれてしまう魔術=鎮魂帰神法、こういう心霊研究が盛んだったのが大正時代です。
人間のココロは自在に組み立てられるリナックスのOSのようなものなので、大正時代の代物が、単純であるが故に、今、平成の時代でも、有効であるのです。

岡田氏のいう正しい信仰というのは、岡田さんの掌握している箱の中での信仰で、その箱は、とても小さい、そして小さいがゆえに、霊的物語が大きく見えてしまう。
箱ってのは、魔術=マジックです。その見えない箱を設定するために使ったのが、「光」という墨書き文字を紙のお守りとした「おひかり」であることは、「岡田氏」の身振りを見れば明らかです。

たしかに、まともなことも言ってる箇所もありますよ。ただ、本当(まともなこと)を3割、嘘(変なこと、オカルト)を7割、または、本当(まともなこと)を7割、嘘(変なこと、オカルト)を3割にして話すのは、カルト=この世に存在しない怪しげな主義主張を保持する立場は、薬に毒を混ぜるような形で頻繁に使います。
知らぬ間に自分の思考の前提になってしまい、自分の立つ地面になってしまったため、掘り返す、考えることができなくなってしまいます。
そもそも、岡田氏にこのような「教え」を人に垂れるだけの資格があるのでしょうか。
相手を対象化、まな板の上の鯉にできる視点を持つのが、私は離脱の神意だと考えています。(しかし、ギルドさんには、今のご自分の立場で、ご自分の信仰で、秀明を少しでもまともにしてあげて欲しいのです。
さすがにこの領域までいくと、ギルドさんも承服できないのではないかと、感じるのです)

>自己愛の有無である。神様の為、人類の為のみを第一義とし、自己の利害など考えず驀地に進めばいいので、こういう人こそ邪神はどうする事も出来ないのである。処が少しうまくゆくと自惚が出る、自分が偉いと思う、この時が危いのである

結局これが、秀明信仰者以外から見ると、どう映るかというと、「自己愛」、「自分が偉い」、「自分の利害」の禁止です。そして、偉いのは誰か。勿論、この標準を提供している「岡田氏」その人です。
結局は、自分より偉い人がでてはいけない。「驀地(まっしぐら)に進めばいい」こういう兵士がいれば、親分としては安心です。身を挺して親分を守ってくれる、お金ももってくる。「使いやすい人材」をつくるための「神」を使った「教え」だと感じます。
正直、考えると、離脱とは、「岡田氏」に変わって、「霊的祭儀、霊界の法則」さえも、でっち上げてしまえることです。
「岡田霊界」からの影響を払拭し、人への影響も、自分の趣味以外としては、決して、影響を与えない。

>自分のいう事を聞かないと罰が当るとか、自分のグループ又は信仰から抜ければ滅びるとか、生命がないとかいって脅し、離反を食止めようとする所謂脅迫信仰である。こういう点が聊かでもあれば、それは邪神と断定して間違いないのである。

これは、つまり、離脱時の秀明に対する救世教。そして、現在の秀明にあてはまるのですが、「邪神と断定して間違いない」と、「邪神」の判定を、下しているのは、「岡田氏」その人です。
結局、遠まわしに組織体の中での「異端者」の判定をしている。「小」、「大」問わずに「岡田氏」の「精神的傘下」であらねばならない、というお話になっています。

>自由主義的

というのは、「自己の利害」と「他者の利害」の一致点を探る主義です。「神様の為、人類の為のみを第一義とし」ということで、「自己の利害」を取り上げてしまい、「美しい心」を、注入して、私有財産、生命権なども、「神」が掌中に握ってしまう状況に、背中を押す。ソ連のスターリンに、とてもよく似ている。
「神様の為、人類の為」以前に「自己の利害」を、手放してはいけないのです。

スローガンにのりやすい人たちほど、操りやすいものはない。

かなり、きつい視点かもしれませんが、まず、参考までということで、ギルドさんには、今の反活動を、頑張って欲しいです。


[1097]御教えです。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/29 12:37
「神は正なり」

 今更神は正なりなどというのは可笑しな話であるが、一般人は勿論、宗教に携わる教師も一般信者も兎角忘れ勝ちであるからここに書くのである。というのは、本教などは特に正義と善行に力を入れているに拘わらず、稀には本道から逸脱し、あらぬ方面へ彷徨うものもない事はないからである。

そのような場合必ず神からお気づけを戴くが、それを無視する場合神の大鉄槌を蒙るのである。

 先ず普通信仰者の最初の内は至極真面目にご神徳や奇蹟に感激し、熱心な信仰を続けつつあるのであるが、正しい信仰である以上おかげは著しく、自然多数の人から尊敬される事になり、生活境遇も大いに恵まれるので、本来なれば愈々神恩に感謝し、一層身を慎しみ、報恩に尽すべきに拘わらず、凡人の悲しさ、不知不識恩に馴れ、慢心が生じ、心に隙が出来るのである。

処が邪神はこの隙を常に狙いつめているので、得たり賢しとその隙に入り込みその人を占領し、肉体を自由自在に操るようになるので、実に危い哉というべきである。然も覇気あり、役に立つ人ほど邪神は狙うのである。併し本当に正しい信仰者であるとしたら、邪神は手が出ないので諦めてしまうから安全であるが、中には引掛る人もあるので、この点中々難かしいのである。

併し、これも標準に照らしてみればよく分る。つまり自己愛の有無である。神様の為、人類の為のみを第一義とし、自己の利害など考えず驀地に進めばいいので、こういう人こそ邪神はどうする事も出来ないのである。処が少しうまくゆくと自惚が出る、自分が偉いと思う、この時が危いのである。

ついに野心をもつようになる。それが為自己を偉くみせようとし、勢力を得ようとする。実に恐ろしい事である。一度こうなると、邪神は益々魂深く入り込みついに占有してしまう。然も大きい邪神になると相当の霊力を発揮する。

勿論一時的霊力ではあるが、病気を治したり奇蹟なども現わすから、慢心はいよいよ増長し、ついには何々神の身魂とさえ思わせられ、生神様となってしまうのである。こういう生神様は世間に沢山ある。併し本当の神様ではないから、或る時期までで没落してしまうのである。

ここで注意すべきは、そういう宗教の教祖とか生神様とか
いうものの態度を厳正なる眼を以てみればよく分る。

その著しい点は、愛の薄い事と、信仰は小乗的戒律的で厳しいと共に、自分のいう事を聞かないと罰が当るとか、自分のグループ又は信仰から抜ければ滅びるとか、生命がないとかいって脅し、離反を食止めようとする所謂脅迫信仰である。

こういう点が聊かでもあれば、それは邪神と断定して間違いないのである。
 
私が常にいう通り、正しい信仰とは大乗的で、自由主義的であるから、信仰の持続も離脱も自由であると共に、天国的で明朗快活である。処が反対に秋霜烈日の如き厳しい戒律信仰は邪教であり、信仰地獄である。

特に注意すべきは、これは人に言ってはいけないなどというような、聊かでも秘密があれば邪神と思っていい。正しい信仰は何等秘密がなく明朗そのものである。
                         (昭和二十五年三月十八日)

聖教書に載ってない、秀明信者の知らない御教えの秘密、
離脱の秘密、「ボリバス」の秘密、御神体の秘密、・・・秘密のアッコちゃんもびっくりです。  


[1096]番外・梁塵秘抄
punyoon
2005/6/29 8:23
「人格(ココロとカラダと世界の結節点を中心にした、その人の全的システム)=信仰」の脱構築は、クリエイティブなのです。創造なのです。これこそ、離脱の神意=信仰の極意=北斗神拳の奥義といっても、過言ではありません。

トリイヘイデン「幽霊のような子」、「タイガーと呼ばれた子」、エンデ「はてしない物語」、「橋本治の行き方」、「貧乏は正しい」、「宗教なんかこわくない」、宮台真治「日常を生きろ」、鈴木コウジ「リング」、村上龍「半島を出よ」、映画「マトリックス1,2,3」、「カンパニーマン」、「時計仕掛けのオレンジ」、「フルメタルジャケット」、「アイズワイドシャット」、「エルトポ」、「ホーリーマウンテン」、日本アニメ「マインドゲーム」

言葉や、イメージに対しての免疫をつけることも大切ですし、役者のように、相手の頭に「ありありと、イメージが浮かぶ」ように、台詞をつかうことも必要ですし、相手や場の空気を飲んでしまうことも必要です。以上のような、娯楽による「イメージ力」の増強が、変な神さまを、祓い、憑いてしまった物の怪を、退治する必殺力にもなります。


[1095]続・梁塵秘抄
punyoon
2005/6/29 8:07
 下の「解離性」についてですが、これを、ある程度の統合をもった、ゆるやかな自己システムに自分でオーダメードかつ、オリジナルに一元化するのが、ディプログラム=脱構築です。
自分にとってのリアルを分析し、宗教体系すら、神すら、主神の仕組みすら、健康状態、精神状態、心体の免疫機構すら、聖俗あわせて作り変えるのが、ディプログラム=離脱の神意=信仰です。
「遊びをせんとやうまれけむ」宗教も遊びです。信者がどんな遊びをして人生を送ろうが、当人以外は気にやむ必然すらありません。ただ、本当に自分はこの遊びでいいのか、ほかに違う遊びをしたくはないのかだけは、おひかりが刺さって、明主様=紙に、憑かれてしまった自分と闘って、しっかりと見極めなくてはいけないところです。
(一般信者さんが、何かの弾みで、見てしまった場合に、書いてます。会のシステムごと、革新するには、ギルドさんの存在が、必要なのです。ギルドさんには、そのまま、突き進んでいただきたいです)


[1094]梁塵秘抄
punyoon
2005/6/29 7:54
>「洗脳」という宗教の怖さを感じます。本当に恐ろしい。

実際、怖いものですが、仕組みをしれば面白いものです。つまり、仕組みがわかれば、自分で洗脳をとくこともできるし、ちょっとした仕掛けを自分にほどこすこともできます。
私はしませんが(燃費がわるいし、反動も強いから)自分で解くことができるということは、自分で自分に「奇跡」を起せるとうことです。身体、体調さえも変容させることがある程度(秀明程度)はできます(自分的な、主観においてのみ、だってそれは、秀明をやってる上で、みなさん信者の方は、個人的に体感してるはずです)。
どんなプログラムをもったデッキ(ハードディスク)に、どんなソフト(コンテンツ)を入れるかだけです。
そして、その人間のハード&ソフトを、存在せしめている「人間存在」=「存在」に、触れる人なんて誰もいません。たとえ、「神」でもです。どんな大霊能力者でもです。「主神」がいたとしても、触れません。それを、触ったという人がいても、それだけは絶対に無理ですし、ありえないのです。それを、信じてしまうということは、最初の睨み合い=気合で負けてしまったのです。

洗脳は言葉ではなく、最終的には相手の気を飲めるか否かで決まります。相手の気を呑んだあとに、自由に頭の中のイメージを、こちらの思うとおりに書き換えて(プログラミング)すればよいのです。
目に見えないものが、見えたり感じたりするのは、別に珍しいことじゃありません。「解離性同一障害」=「多重人格症」=「離人症」の人たちは、みんな自分にとっての奇跡体験の世界で、生きています。心理学的病名がついたからといって、怖れることはありません。精神医学では、カルト信者にはこのような病名が冠せられています。だからといって、社会でもしっかり働き、御用もしている信者の方々が、果たして病人でしょうか。違いますよね。
たとえ病気でも、普通に生きてられます。つまりそれは、「信仰=奇跡=リアルな幻想=現実よりも、現実度高いフィクション=信者な自己」と、「一般人な自己=エゴ=煩悩=欲望=自由な自己」とに、引き裂かれているだけです。ぶっちゃけ、分裂病なんです。
だからって、別に気を病む必要なんてないんです。人には、自分の好きな番組を見るために、チャンネルを変える権利(思想信仰言論表現の自由)があります。

人間は、認識回路を何かひとつ選択しておかねば、外界とかかわりをもてないのです。そのひとつとは、なんらかの形で自分オリジナルのオーダメードになってます。その自分の基盤の枠組みを、どこに持っていくかです。霊があるからあるではなく、霊があるチャンネルに合わせた人には、霊が実在します。
UFOや、神や、悪魔や、邪神も然りです。だから考えるべきは、体感して、奇跡が存在するから、それは本物で、本物だから信仰するのではなく、もしも、そんなものがなくても、病気がなく、人間関係も経済面も問題がなかったら、または地獄や審判、天国や死後のハーレム、天狗、竜神などなかったら、果たして、「信仰」なるものを選択して、続けていったり自分はするのかということです。

信者の人々は、人格が二つに分裂しています。「信仰」と「非信仰」な自分にです。
現代人はなんらかの形で多重人格的な生を送らねばなりません。ひとつの回路では間に合わないのです。
仕事の自分、家庭の自分、不倫の自分、遊びの自分、なんでもない自分などです。ただ、このように、恣意的かつ、比喩的な多重と違って、明確な、分裂が見られるのが、宗教=カルトの特徴です。
<「信仰=神=秀明=おひかり」な自分>vs<「非信仰=自主独立=善悪の彼岸=オリジナル=自由闊達」な自分>なのです。
信者は、自分と戦うのです。「信仰」をやるためでも、「信仰」をやめるためでも。
なんたって「人格」です。奇跡だって、感じます。
これほど完璧なマインドコントロールはありません。dvdデッキなしで、「スタウォーズ・エピソード3」を見るようなものです。見えます。感じます。起こります。当然です人間はそれだけ柔軟なのです。
ただ、「会」から離れると、「魔法=奇跡」が減ります。苦しいです。自律神経のバランスや、恒常性が崩れるからです。目に見えない麻薬です。モルヒネや、麻酔を打てば、右足がもげていても何もかんじません。心臓を取り出しても大丈夫なのです。
痛みを感じる回路を麻痺させているからです。

LSDは神が見えます。天狗が見えます。亡霊や、先祖や、自分の中に眠っている、イメージ群や、魑魅魍魎、はたまたアニメキャラさえはっきりと実在するがごとく、見て、感じることができるでしょう。
「自分のリアルは、果たしてどんなリアルなのか」、これが問題です。龍や、お姫様のいる、現実の「おとぎ話」は、いつか終わらせなければいけません。

宗教=思想はおもちゃです。おとぎ話です。ただし、リアルです。マンガです。飽きても、捨ててもいいのです。
問題は、選択肢を自分で持てないこと。まずは、選択肢を自分で作りましょう。もぎとりましょう。
もちろん、信仰をせずに身体も魂も、精神も、何の問題もなく、生きていける自分という選択肢、あとは信仰を会にまかせきりにせず自分のスタンスで会長にさえ反抗し嫌なことは神の名においても決してやらない離脱な自主独立した信仰を持つ自分、この2つです。
(これは、一般信者さんへの独り言です、ギルドさんには、今の、ペースで、邁進していただきたいです)


[1093]そーすね。
punyoon
2005/6/29 6:58
>万が一でも、上層部との話し合いが持てたとしても、平行線のまま、決裂するように思えます。

話し合いまで、まず、もっていければいい、と思います。そして、話し合いの結果は、おそらく、決裂には、向こうは、できないはずなのです。どう考えても、秀明会の信者的に、考えても、ギルドさんには、一理ありますし、「アンチカルト」的には、応援状況なのですから。だから、おそらく、論点を、ずらして、ぬるい、講話を、なんなく、かまして、今までの、方針や、教義に、無理なく、吸収できる、譲歩したかにみえる、何も、変わらない、答えが返ってくる気がするのですが、それでも、やはり、ギルドさんには、万全の特攻を、ぶちかましていただきたいのです。それは、必ず、揺さぶりとなり、振動は、「会」の全体に、伝わるはずなのです。思い切り、フルスイングしていただきたいです。

>「秀明会には悪の部分もある。」これを認めた上で助教師以上は秀明会をやっています。

正直、いいますと、これは、一般社会的にいうと、善なのです。これは、資本主義や、企業存在にも、通じるのではないでしょうか。だから、しっかりと、「利潤追求」を、行っていることを、明記すればよいのです。というより、「利潤追求」が、目的です。と、言い切ったら、問題が、わかりやすくなる。企業の目的は「利潤の追求」です。それを、目的は、「地上天国建設(社会、人類の幸福のため)などと言い換え、手段としての、「利潤追求」を、設定し、軋轢を、全て、「主神の深奥なる御仕組み」に、還元して、省みないから、とんでもない、顰蹙と、人道的な負債が、累積されていくのです。「秀明会には悪の部分もある。」ならば、その「悪をやめる」ことが、大切でしょう。目的が、「善」だから、手段の「悪」が、許されるなら、「信仰」やめたほうがいいし、「会」は、解散したほうがいい(これは、ギルドさんにではなく、一般信者へのアジテーションです)。「悪の部分もある」ではなく、「悪の部分」があったら、全て、存在自体が、「悪」だと、みなされるのが、世間や社会や世界なのです。「秀明会」は、マイノリティです。「少数派」です。世界にむかって、行動している会長氏の、きらびやかな報告は、ホストたちに、お金を使っているおばさんが、ウキウキしている、おべっかに、酔っているのと、かわりありません。口先だけ、引き出しさえすれば、それをM、さも、もっともらしく、吹聴すれば、topの威信は、保ててしまうのです。何故なら、金をとるべき、対象者=顧客は、信者たちなのですから、とにかく、心のうちが、どうであれ、「おばさん」が、「世界の名のある人や団体」から、お金を使って、お世辞を拾ってきさえすれば、信者は、盛り上がるのです。その裏、行く末、未来には、「地上天国」かなんか、あるのかも、と、幻影を追ってしまうのです。今、地上天国なのは、信者によって、楽や、利益を、得ていられる方のも、または、信者をやってて、1%の不満もなく、満足できてる人だけです。そして、信者というのは、しっかり、教育されているので、不満は、微塵もないという心持ちに、自分で自分を、追い込まなくてはいけないのです。だって、「不満」があったら、「主神の深奥なる御仕組み」によって、病気の悪化、金銭的破綻、人間関係の崩壊などの、「不幸」が、目に見えない霊的な仕組みによって、厳然として、やってくることになっているのですから。

などと、ごちゃごちゃ、書いてますが、ギルドさんには、頑張って欲しいのです。


だから、古い幹部連中の悪行も「明主様は邪神も使う。」として許容しています。
どんな悪事を行っても、で許されてしまいます。

人にはもちろん、信仰の自由があります。
なにを信じるも個人の自由です。(悪魔でも、天使でも、魔人でも、いわしの頭でも)
だからといって他人の一生を台無しにする信心の宗教は
絶対だめです。


[1092]もしそうだったら・・・更なる腐敗の泥沼へ?・・・。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/29 4:26
私が昨年、もしかしてと思ったことが やっぱり!になってしまう。末端信者さんには信じられない事実がありますね。


[1091]どこまで腐っているんだろう?
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/29 4:17
九龍さんの投稿に出ているT井氏とは、駒沢ブロック元リーダーで、現在助教師でH本にかわいがられていて、自然農法の流通の事務局長をやっている人ですか?


[1090]カルトが国連を目指す大仰天。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/29 4:02
punyoonさん。ありがとうございます。

私もまだ洗脳状態かもしれませんが、信者さんには理解しやすい方法(切り口)で、段階を追って秀明会の間違いをわかってほしいと思います。

再三言ってますが、「秀明会には悪の部分もある。」これを認めた上で助教師以上は秀明会をやっています。
だから、古い幹部連中の悪行も「明主様は邪神も使う。」として許容しています。
どんな悪事を行っても、主神の「深奥なる御仕組み」で許されてしまいます。
だから、秀明会は間違った。カルトの道を突っ走った。
「オウム」のたどった道に入っていった。
地上天国の為にはどんな行為も正当化される。
まったく狂ってる。

私はこれを指摘しているのです。
「洗脳」という宗教の怖さを感じます。本当に恐ろしい。

オウムの次は秀明会だとうわさされて、いよいよかと言う時に、新体制宣言をして逃げましたが、これも明主様のお計らいと信者に話す教団。あくまでも会の正当性を主張する教団。
万が一でも、上層部との話し合いが持てたとしても、
平行線のまま、決裂するように思えます。

人にはもちろん、信仰の自由があります。
なにを信じるも個人の自由です。(悪魔でも、天使でも、魔人でも、いわしの頭でも)
だからといって他人の一生を台無しにする信心の宗教は
絶対だめです。

秀明会本部は、まったく私たちと話し合う気持ちはないのですか?
考えの違う者同士が、なんとか歩み寄って対話を実現し、
和解していくのが、あなたがたが今めざしている「国連」の仕事です。
今のスタンスでは「資金力」で入り込んだとしても、
国連の理念とは正反対なので、良い働きが出来るのか疑問です。

「くさいものにふた」の方法でやっていくつもりですか?
国内の問題を無視して、世界的な役割は出来ないと思いますが。


[1089]IMADA氏の会社から、
punyoon
2005/6/29 3:39
現役信者の書きこみ、
ひとつにつき、
一個8千円の報償金つけさせたいものです。
文字数に、関係なく。。


[1088]GAAAAAAN!!!!!!!!!
punyoon
2005/6/29 3:35
>私は、T支部のバス代の件で一番利益を得ていたのは、I田氏とT井氏だと解釈していました。2人が経営していた会社は、このバス代から流れたものから運営されていたと・・・。でも、そんな事、一般信者さんは何も知らないはず。私も知ったとき、とてもショックでした。


[1087]訂正
九龍
2005/6/29 2:38
四行目、『上前をはねていた』の誤りです。失礼しました。


[1086]バス代について
九龍
2005/6/29 2:37
私は、T支部のバス代の件で一番利益を得ていたのは、I田氏とT井氏だと解釈していました。2人が経営していた会社は、このバス代から流れたものから運営されていたと・・・。でも、そんな事、一般信者さんは何も知らないはず。私も知ったとき、とてもショックでした。
確かに、H本先生もコンさんも上前もはねていた可能性は否定できませんが。


[1085]これは、気にしないでください。
punyoon
2005/6/29 0:46
「奇跡=魔法」

「小山一族の洗脳を解く鍵」=「離脱とは何だったか」の洗い出しは、秀明会の「洗脳」を解き、ちゃんと、距離を置いて、付き合える、状況を、生むでしょう。もしかすると、根本は、「目に見えないもの」を、どうするか、にもなるかなぁと。

<感謝が、感謝を生み、不平が、不平を生む、
 「不平」は、瞬間移動によって、霊層界を下げ、
 悪しき、現実を、呼び込む>

 これに、対応した、精神的経済構造を、どう、ゆるめるか。目に見えない存在が、「悪」に対しては、「悪」で、答える。その目に見えない存在は、「神」や「秀明」や「明主様」という、ある種の「カリスマ」や、「真理=自然の摂理」であるという、世界観の中で、「霊的自主性」を、どれだけ、取り戻せるか。「霊的=目に見えないもの」これは、目にみえない以上、手でも触れない。「不可触な聖域」いわば、「おひかり」という、「紙」に書かれた、目に見えないプログラム言語(「不立文字」)。これを、どう書き換えて、「離脱=自主独立=信仰(宇宙に存在する権利)」を、外部や他者やカリスマにもとめるのでなく、自分自身に求める。または、求められるように、書き換えるかが、最終的な、ディプログラム(解く)になるのかなぁとは、思います。ここまで、行けば、どんな、「会」や、「カリスマ」や「正当性」にも、左右されない、「新体制信仰者」が、生まれ、まともになっていけるのでは、と。できることなら、「救世教」と「秀明」の比較から、第3の立ち位置を、導き出せる、展開を、入れていただけると、さらによいのかなぁとも、思います。ただ、段階を追って、進むことも、必要かと思いますので、「秀明信者」に、効く、方法(切り口)を、模索されてるのは、よいことだと思います。


[1084]あ、そーか。フト、思い付きました。
punyoon
2005/6/29 0:25
 感謝が、感謝を生み、
 不平が、不平を生む、
 というモノサシで、
 想念による、「神=会」への、
 好悪により、霊が、プラスマイナスを、
 上下移動する「想念次第」な「仮想体温計」を、
 日々、内蔵し、習慣化しているので、
 信者の方は、思っても、そんなとこには、
 なかなか、つっこみかませないのかもしれない。
 「不平」は、瞬間移動によって、霊層界を下げ、
 悪しき、現実を、
 呼び込むことになってるんですものね。


[1083]どこが芦屋の奥様ややねん。
根絶
2005/6/28 23:14
どこが芦屋の奥様ややねん。
小山ミホコって えらぁ 自分のこと 神戸の 高級
マダムって えらそうに 自慢してたけど・・・。

どこが ??? 
は??
はああ???

貧乏人やね。 まるで・・。小山家って。

末端信者の バス代まで 首つっこむ
 って・・。

あきれてまうわ・・。
ド・ド・ドケチやね。。
さっすが・・。


他の お光系宗教団体から いわれてるのわかるわ。
小山家のこと・・。

小山家って 金に汚い ・・。
しかも・・どけちで かなり 貧しい 人生送って 
いたらしい。

あきれて・・ものもいえへんわ・・。


[1082]バス代
punyoon
2005/6/28 21:19
fujiya さん、
>バス会社から秀明会が貸し切りバスとして多数のバスを借り上げての運行なので1台当たりの金額は相当安く抑えることが可能であるにも係わらず、信者から上記金額を徴収しているのはどう見ても高すぎ、不自然な金額だ。

そうなんですよ。バスの取り締まりのコンちゃんは、新体制になってから、2ヶ月前から、の予約制みたいにしてて、そんなに、本部にいかなくても、いいことになってるはずなのに、バスに対しての、締め付けを強化してたし、
コンちゃん、見てると、金もらってなきゃ、こんなに、バスだけに、関われるわけないのが、一一目瞭然だし、本部よりも、バスに、乗せるのを、重視してるのが、ありありと、わかるので、コンちゃんや支部に、お金を、もうけさせるために、バスに、乗る気なんて、さらさらないなぁって、感じで、かなり、しらけました。
 上は、勝手に申し込んで、あとから、徴収するなんて、ありえないことするし、承諾や、商法の基本を、まるきり無視してるし。

>最初の内は信者から集めた金を秀明会でピンハネし、必要な額だけをバス会社に支払っていたが、
>途中からは全額をバス会社に一旦納め、その後に適当な方法で資金を秀明会に環流させる方式とした。
 こうして蓄えた「ボリバス代」を、ある支部の職員が調べたところ、約1億円になっていた。

東京から、滋賀への、「人の移動」が、支部の「商売」になってるのは、感じてました。このバス代が、きついし、時間の無駄は、めちゃめちゃ、いやでしたし、「きよまる」だの「お心いただく」だの、会の「キャッチコピー」も、だんだん、聞くのが、あほくさくなってしまいました。「本部観光=教祖殿観光」は、秀明の財力源になっているのは、信者生活を、想起してみれば、疑いようもありません。あそこに、何度いっても、飽きるだけです。「奇跡度=魔法度=洗脳度」は、高まりますが。


[1081]ギルドさん、
punyoon
2005/6/28 21:02
ギルドさん、
>離脱の真意を問うことは、秀明会の存在意味を問うことです。

たしかに、そうですね。

>こちらのサイトはいろいろな方が見てらっしゃるのがよくわかりました。今や反秀明会側の主力です。

たのもしいですね。どんどん、進展してそうですね。

>私は現在、自主退会宣言したけれど、まだ信者扱いで、参拝・秀勉の誘いに応じて、話し合いをしてますが。
おひかりはくぎにかけっぱなしです。たまにかけます。

いいスタンスだと思います。

[1080]「リセット」拝見しました。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/28 2:12
今後の展開に注目します。
私の考えと通じるものがあると思います。

私は現在、自主退会宣言したけれど、まだ信者扱いで、参拝・秀勉の誘いに応じて、話し合いをしてますが。
おひかりはくぎにかけっぱなしです。たまにかけます。
秀明会流にいえば「後は明主様にお任せ」です。


[1079]今、明らかに。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/28 1:57
fujiyaさん。ありがとうございます。

1・竹内崇元は離脱当時を知らない私たちにとって謎の人物です。今明らかにすることによって、離脱の正当性を検証し、小山一族の洗脳を解く鍵となると考えます。
古い信者さん、他教会の方で真相を知る方、真実を公にしましょう。投稿をお願いします。

2・秀明会の主神は明主様でなく、「乙姫」こと「黒龍」ではないか。その根拠ですが、これほど立派な建物「教祖殿」「MIHO美術館」や高価な美術品、財宝をどんな手を使っても手に入れようとする執念と、独占欲。
信者の苦しみをまったく感じない冷酷・残忍な集金手口。
とても観音信仰とは思えません。かけ離れすぎてる。
かつて創価学会を黒龍といって邪神呼ばわりしていたけれど秀明会自身をカモフラージュしていたのかと思えます。

秀明会には、物事を科学的に考える人と、霊的方面に興味があり、浄霊の奇跡=明主様=金龍神=主神と信じている
人がいます。聖教書に書いてある黒龍=浄霊の奇跡だったとしたら、信者はどう思うでしょうか。
私は「秀研」や他のサイトを拝見し、今までの自分の体験を通して、こう考えます。
「明主様は悪も使う。」信者の物知り顔の人はよく言います。秀明会が救世教を離脱したのではなくて、明主様から追い出されたのではないでしょうか。
小山一族の資質をわかってこのようなお仕組みをされたのでは。今救世教は更生しようとしていて、浄霊の奇跡もすごいそうです。かたや秀明会はジリ貧です。
闇に隠れていたことが時期がきて明らかになっている。
秀明会信者には、最後に大どんでん返しが待っているように思えます。
霊的方面から秀明会を信じている方。
あなたは、この説をどう思いますか。

3・「ボリバス」の件は4千円は支部長の懐行きだと言う情報があります。青年部当時に世話人から「ピンハネは当たり前じゃん。」と言われショックをうけた思い出があります。
物事を理論的に、冷静に検証し考える信者さん。
この事実をどうとらえますか。

離脱の真意を問うことは、秀明会の存在意味を問うことです。会主様、命様は胸に秘めたまま、墓場まで持っていかれましたが。


[1078]新しい秀明批判サイト誕生
fujiya
2005/6/28 0:58
 神慈秀明会の元信者の方が、「リセット」という名前のホームページを立ち上げました。
http://reset2005suu.hp.infoseek.co.jp/page002.html

 制作者からのメールによると、「秀明会に今でも騙されている人たちに一日も早く、正気に返ってもらって人生のリセットをしてもらいたい。そして、あたりまえの幸福な家庭を築いてほしい。そんな思いで『リセット』にしました」とのことです。
 秀明会信徒全員に一日も早く秀明会の正体を知ってほしいと思っているとのことです。
 まだ作り始めたばかりのようで、内容はまだわずかしかありませんが、今後の展開が楽しみです。こちらのリンクのページからもリンクを張ってあります。


[1077]竹内崇元など
fujiya
2005/6/27 16:54
 ギルドさん、こんにちは。

>1・離脱のキーマン霊能者「竹内崇元」について知ってる方教えて下さい。(秀研でも詳しくは出てなかったので。)

 竹内崇元については、私もネット上でその名前を知りました。神慈秀明会が世界救世教から離脱したときの『首謀者』であるようですね。
 ギルドさんも秀研を見られたようですが、竹内崇元について詳細が書かれているページがありますので、再度そちらをご覧頂くのが竹内崇元について、そして『離脱の神意』がいかに信者を愚弄したものであったかがよくお分かり頂けると思います。
http://izumo.cool.ne.jp/shuken/take/index.html


>2・少し霊的な質問もありますが、問題解決に避けて通れない部分と思いますので・・

 そうですね。この2番目の質問については、私は全く答えることができません。
 しかし、「金龍神」、「乙姫」、「黒龍」等の関係?を明らかにすることが秀明問題解決の糸口となるならば、それを解明するのも一つの方法かも知れませんね。私には縁遠い世界ですが、お答え頂ける方がありましたらよろしくお願いします。

>3・T京支部へのバス会社からの賄賂の真偽と詳細を知ってる方、教えて下さい。

 「ボリバス」と言われている本部参拝バスのバス代ピンハネ疑惑ですね。
 ネット上の情報ですが、以下のような情報があります。

 神慈秀明会東京支部では、旧体制時は本部参拝バス代として約14000円を信者から徴収していた。新体制になってからは約12000円となった。
 高速バスとして定期運行されているバスを利用するのではなく、バス会社から秀明会が貸し切りバスとして多数のバスを借り上げての運行なので1台当たりの金額は相当安く抑えることが可能であるにも係わらず、信者から上記金額を徴収しているのはどう見ても高すぎ、不自然な金額だ。
 最初の内は信者から集めた金を秀明会でピンハネし、必要な額だけをバス会社に支払っていたが、さすがにこれでは税務署からかぎつけられると思ったのか、途中からは全額をバス会社に一旦納め、その後に適当な方法で資金を秀明会に環流させる方式とした。
 こうして蓄えた「ボリバス代」を、ある支部の職員が調べたところ、約1億円になっていた。
 その金の使い道としては二説あり、一つは「資金はある信者の会社へと流れていた」とするもの、もう一つは「資金は新支部道場建設に充てられた」とする説がある。


 いずれにしても、信者を愚弄し、食い物にしてきた神慈秀明会の醜い姿が浮かび上がってきます。


[1076]根底にあるものは?
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/27 13:42
こんにちは。
少し霊的な質問もありますが、問題解決に避けて通れない部分と思いますので。皆さんに聞いてみたいのですが。

1・離脱のキーマン霊能者「竹内崇元」について知って
る方教えて下さい。(秀研でも詳しくは出てなかった  ので。)
2・秀明会の神の正体は明主様、金龍神ではなく、乙姫こ  と黒龍だと思うのですが、確信できる資料、情報をお  持ちの方、教えて下さい。
  (霊的なことは否定される方、しばしの我慢を。)
3・T京支部へのバス会社からの賄賂の真偽と詳細を知っ  てる方、教えて下さい。

こちらのサイトはいろいろな方が見てらっしゃるのがよくわかりました。今や反秀明会側の主力です。
この3点は秀明会資格者も知りたいでしょう。
もちろん会長先生も。


[1075]小山玉男 次期会長
根絶
2005/6/26 8:27
玉男おぼっちゃま。

次期会長 候補 最有力ですね。
小山ミホコの 初孫。
故小山 惣吉前会長の 長男。
現小山 弘子会長の 甥。
小山 弘子会長は ご主人とは 死別。
子供は 無し。
いわば 弘子会長にとっては 自分の 息子と同様。

現在 35歳 独身。
信者から まきあげた お金で 海外生活を 満喫して
いますね。
聞くところによると 玉ちゃんって 小山教を 継ぐ気持ちは 全然なかったらしいですね。
自分は 弁護士に なりたかったそうですね。

それで・・弁護士 司法試験に 受かるために ジョウレイ受けてたんですってね。
頭が よくなりますようにって・・。

でも・・その試験に 失敗。
挫折・・まぁ しゃぁない。
どうすべか??これから・・・。

玉ちゃんは 考えた・・・。

では 秀明のあとがま 狙おうか・・って。
まぁ・・そんな 感じでしょうね。

でも いいね。
うらやましいです。
将来を 保障されてるんですもの。
玉ちゃんって。


[1074]自作自演の 離脱劇
根絶
2005/6/26 7:55
そういわれてみれば・・そうですね。

あの世界救世教から 離脱した教団は 秀明(小山教)以外に20近くも あったのに・・・。
世界救世教が 秀明だけに 対して 執拗な いやがらせ(離脱の妨害)を 行ったとは 考えにくいですね。
それから 小山家は 異常に 世界救世教を 悪者 邪神 まがかみの 宗教と 言い続けていますね。

人の幸せを祈るといいながら 反面 他方では 世界救世教の悪口を さんざん 言ってますね。
とても 宗教人の 話す内容では ありませんね。

他の お光系 宗教団体で 母体の 世界救世教を これほどまでに こき落としている 人は
小山家以外に ないですね。

これって まさしく 末端信者をひきつけるための シナリオだったんでしょうね。
こちらは 加害者では ない。被害者なんですって。。ね。
信者の同情を誘うための シナリオだったんですね。
 
自作自演ですね。
小山教が 世界救世教より ずっと 素晴らしい・・
と いうことを 末端信者に 洗脳させるための・・・

そういえば かの オウムも 自作自演が 得意でしたね。
ほんとに 小山家って たちの 悪い 人間ですね。
どこまで 腐っているんでしょうね。
小山家って。


[1073]紐なしの信仰=離脱の神意
punyoon
2005/6/26 3:15
>小山弘子としても、世界救世教に大見得を切って離脱した母親(小山美秀子)のことを思えば到底和解に応ずることはできなかったのであろう。(fujiyaさん)

「離脱」が、「秀明会」の「正当性=正統性」の基盤ですし。実は、「救世教」からの「妨害」という、要因を、つけなければ、「宗教法人」の取得は、めちゃめちゃ、簡単で、誰にもできますし。お役所の、お偉方が、「救世教」が、妨害のため、賄賂を、渡そうとしたき、「こんな紐付きの金もらえるか(記憶曖昧」と、突っ返して、「認証=離脱」が、成立した。ということで、「紐付き」ではない「神との直接関係」が、「離脱の神意」なのですが、現在は、まさしく、「紐付き」になっていおり、体制=制度に縛られる、という悲しい状況になっているようです。ここが、ギルドさんたちが、「世直し」されようとしている、焦点なのかなぁと思ってます。


[1072]なかまつ氏、えらい。
punyoon
2005/6/26 3:02

>なかまつ先生だったと思いましたが、資格者を降りられたそうですよ。(ギルドさん)

きみは、ぼくの見込んだとおり、まともな男だった。


[1071]「秀明被害ネットワーク」
punyoon
2005/6/26 3:00
きいたところで、「秀明」のことで、時間を、使うよりも、別のことに、使おう、てことになったような感じを、ききました。


[1070]fujiyaさんへ。
punyoon
2005/6/26 0:44
申し訳ございません。


[1069]世界救世教と秀明会
fujiya
2005/6/25 23:30
 ギルドさん、こんにちは。
 そうですね、「秀明被害ネットワーク」は一向に更新がされませんね。私も一時期は「秀明被害ネットワーク」の方と連絡を取り合っていたのですが、現在は連絡が途絶えたままです。
 何らかの事情があるのかと思いますが、よく分かりません。

 神慈秀明会が世界救世教との関係を回復するのは不可能でしょう。
 「国連と神慈秀明会」にも書きましたが、岡田茂吉のみ教えを国連に提供して点数かせぎをしたかった秀明会は、自分たちがそれまで散々悪口雑言を浴びせてきた世界救世教に恥ずかしくもなくみ教えの提供を申し入れました。
 これに対し世界救世教側は、「和解」に応じるならばみ教えの提供を認める旨の回答をしたが、小山弘子は『和解はできない』とこれを拒否した。

 秀明会からあれだけメチャメチャに批判・非難をされながら和解を申し入れた救世教の態度は「太っ腹」と評価できるように思うが、和解に応ずればこれまで世界救世教を悪の巣窟のように非難してきた秀明会幹部は総辞職をせねばならない立場に立たされるため、こぞって大反対した。
 小山弘子としても、世界救世教に大見得を切って離脱した母親(小山美秀子)のことを思えば到底和解に応ずることはできなかったのであろう。世界救世教との和解に応ずることは神慈秀明会を失う危惧も懸念されたため、絶対に和解に応ずることはできないと判断した。

 『離脱の神意』なる勝手な筋書きを創作し信者に吹聴してきた手前、『離脱の神意』で悪役イメージをしっかりと作り上げた相手と和解することなど、さすがの小山弘子もできなかった。
 こうした背景は今でも何ら変化しておらず、今後も神慈秀明会が世界救世教と和解することはない。
 秀明会にとって、世界救世教は今でも近づいてはならない相手なのであり、MOAとの接触が明らかになった資格者は処分の対象となる。

 神慈秀明会がこのまま衰退し、組織の維持が困難になったときには世界救世教に吸収される形で秀明会は終焉を迎えることになるだろう。
 その日はそれほど遠い先ではないだろう。


[1068]気になること。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/25 21:56
少し気になることがあります。
「秀明被害ネットワーク」の情報の更新が無いことです。
少しお休みされているのでしょうか?

それと、なかまつ先生だったと思いましたが、資格者を降りられたそうですよ。自分の意志でということですが?
多分そうだと思います。
「MOAに見学に行った資格者3名降ろされたぞ。」
A君からの情報は去年から来てました。(すばやい情報をありがとう。)
この辺のことを知ってる方がいれば投稿して下さい。

国連がらみで、秀明会の方から救世教と接近しておきながら、この処分は理解できません。
救世教の管理下にある御教えを、なんとか持ち出したかったのでしょう。
救世教は過去のトラブルを公に反省し、更生の道を歩もうとしています。この時、秀明会にも和解を呼びかけましたが、秀明会の古い幹部連中が猛反対して潰しました。
自分達の悪行がばれて甘い汁をすえなくなるのが怖かったのかな。


[1067]秀明の幹部に言いたい。
根絶
2005/6/25 21:30
人は 職につき その報酬で 生活しています。
私も 一生懸命 仕事を して 家族を 養っています。


でも 人を末端信者を 騙して 献金させて その報酬で 生活してる秀明の 男性幹部さんみたいな 真似だけは
死んでもしたくありません。まるで ハイエナと 同じ
・・・。
しかも 今は 学生部からも 献金を 強要しているらしいですね。

一般人から 見たら まさしく そうです。秀明の男性幹部って・まさに 人生の堕落者 です。
ドロップアウトした 人の 集団ですね。
今更 社会に出ても 通用しないって 思いますけどね。

私は 秀明の このような 男性幹部たちを見ていると・・
かわいそうになってしまいます。

と 同時に 気分が悪くなります。
自分の男としての プライドが 許せません。
同じ日本人として・・。


[1066]下記のログを修正しました
fujiya
2005/6/25 21:16
 [1063]にpunyoonさんが書き込まれた内容に一部不適切な表現がありましたので、その部分を削除させて頂きました。

 [1061]に根絶さんが書き込まれた内容は、同じ文面が二重に書き込まれていたので、重複部分を削除させて頂きました。

 活発な意見の書き込みは、大いに歓迎ですが、熱が入りすぎて品位を落とすことのないようにもご注意下さい。


[1065]誠。
punyoon
2005/6/25 19:43
人として、人への、「仁義」を通すこと。
その人、の中に、全て、最高神が、鎮座しており、「社会」というもの、形成しています。そして、その人たちは、未来永劫、「会」の方針には、見向きもせず、しかも、すでに、「救われている」のです。


[1064]今、信仰の最先端は、
punyoon
2005/6/25 19:31
 「秀明会」と「社会」の間に、
山積みとなった、諸問題の解決に、向けて、手をつけていくことです。

 資格は、いりません。「おひかり」つけてる信者の方がたは、この御用を、遂行することによって、今までにない、強力な「みひかり」に、包まれることになるでしょう。


[1063]神のこどもたちは、みな、あわおどり。
punyoon
2005/6/25 19:21
 今現在、会にとっての「誠度NO.1」は、
 何を隠そう、「アンチカルト」との「会話」であること、そして、「アンチカルト」から、提起された「問題の解決」に、着手すること、であることに、間違いありません。

 今、「神意」は、「ボーダレス」です。「秀明会」から、「問題」を、付与される時代は、とうに、終わりを、告げました。自分の感受性という、最強無比のアンテナで、「神意」を、受信してください。

 地上天国を、建設したい方。神から、愛されたい方。人の幸せを、祈りたい方。人の幸せを祈ることによって、自分も、幸せになりたい方。信仰を、磨きたい方。名刀になりたい方。死後、天国に、行きたい方。曇りを、とりたい方。浄まりたい方。神意にそって、病気を、奇跡で治したい方。ふるって、ご参加ください。

 いくら、神の子供でも、実際、もう、大人なのです。(一部不適切な表現がありましたので削除させて頂きました。fujiya)しっかり、大人になりましょう。それは、そう、「会長氏」のおっしゃられた、「誠」が、不可欠です。すなわち、人として、人への、「仁義」を通すことです。「仁義」を通さないからこそ、今、「アンチカルト」の文面には、「仁義なき戦い」のカラーに、みちみちているのです。新体制の「みたま」の戦いは、「上」からの「指示」で、動く、「集団戦」ではありません。「個人」の考えで、「霊的な戦い」を、繰り広げる、「ゲリラ戦」いわば、「テロ」なのです。しかも、この際の、信者にとっての「テロ」とは、「アンチカルト」に対して、「仁義」を通すことなのです。


[1062]
punyoon
2005/6/25 19:05
「言を成す」だそうです。
これは、言ったことを守る。
すなわち、「約束を守る」ことだと、
解釈され、「会」は、指導していました。
これは、「社会の基本」でもあります。
「社会契約」=「法治国家」は、これが、前提として、初めて、機能するのです。ただ、「会」は、この約束を「社会との約束」ではなく、「神との約束」「会との約束」という方向でしか、考えてません。ここが、「社会」との「軋轢」を生む原因となっているのです。

何で、こうなるのだろう。考えました。生き物は、「利己的なもの」だからです。「上と下」この階層構造が、「会の基本」です。「上」とは、「会」が「食い扶持」になっている人のことです。「会」以外に、生活を、成り立たせる基盤を、持たない人です。それを、「新体制」に、あてはめた場合、「やっぱ、ぼくだって、遊びたいもん」「たまには、息抜きしたいもん」ということになります。「信者」は、「信者」で、「やっぱ、ぼくだって、遊びたいもん」「たまには、息抜きしたいもん」と、やはり、なります。「信者」は、余計な、金銭や労働で、「会」に、縛られたくないと、考え、「幹部」だって、「仕事」だけになってしまうと、悲しいし、「遊ぶ金」も、欲しいので、やはり、信者には、あまりにも、しっかりと、「新体制」を、謳歌されては、困る。このように「利害の対立」が、生まれてしまっている。そして、中には、橋本&今田ちゃんらのように、祭りを、捨て、コンサートにいくことで、「新体制」してしまう人も出てくる。結論「みんな、新体制が、したいんだ」

 しかし、「会」は、2匹の「巨大な象」を飼っている。その「巨大な象」とは、「教祖殿」と「美術館」、生かしておくだけで、とても、「餌代」が、かかる。これが、「みんな、新体制がしたいのさ」に、重く、のしかかる。大きい、インフラ、抱え込みすぎて、今さら、後戻りできない。「あっぱらぱー」と、「宗教」するしかなくなる。しかも、いっぱい、道連れにして、「ハーメルンの笛吹き男」のように。

 「金の使い道」だけは、「第三者機関」から、公正な「会計」を、入れて、「幹部」が、操作できないように、信者が、監視できるようにする。そして、「文句」をしっかり、いえるようにする。これが、大切です。

 だからといって、ギルドさんには、追求の手を、ゆるめてほしくは、ありませんが。


「根絶さん」
>私は、秀明の 信者だった妻と離婚した、40代の公務員です。子供は私が引き取りました。
 原因は 妻の 献金のための借金、と男性信者との不倫によるものです。

 こういう経緯を、お持ちの方の場合、個人的には、法が許さなくても、「テロ」が、、許すと、思います。私は、「殺人すら、可」であると、思います。そのようなことは、おそらくされないでしょうが。「自警=復讐」は、人間にとって、欠かせない、「仁義の戦い」だと、思います。「西部劇」のように。

>人間じゃないのかも知れません。あの幹部ども。

確かにそうですね。ご事情が、事情だけに、これは、なんとか、ご自分の納得のいく形で、「復讐」を遂行されるのも、よろしいかと。

もしかして、逆に、「人間以外のなにものでもないから、幹部は、非人」なのかもしれない。

正直、私は、今まで、「幹部」は、本当は、「いいやつら」なんだと、思っていたのですが、「一般信者」の延長としてしか、捉えていなかったのですが、さすがに、ここまで、「問題」を、放置されていては、「大問題」です。

問題解決の鍵は、「誠」です。まず、「言うこと」です。つまり、「言葉」です。それに、行為が、ついてくるなら、さらに、よろしいです。これだけ、問題が、顕在化しているというのは、「神」が、この「問題」を解決せよ、とのたまっているのです。この「問題」を、感知できないということは、「信仰センサー」が、「曇っている」証拠です。さー、第3の目を、かっぽじいて、しっかり、「問題」を、直視しましょう。今、現在、「会長」小山弘子氏でさえ、感知できていない、この「最上級」の「問題」に。

幹部陣は、いろいろな諸般の事情を抱えているかもしれない。しかし、それは、「会の都合」いわば、「あなたたちだけが、信じる神の都合」つまり、「自分の都合」以外の何物でもない。「自己愛」です。「あなたたちの信じる神を、信じているのは、あなたたち、だけなのです」いわば「マイノリティ」です。「少数派」なのです。人は、自分の器、状況を、自覚することからしか、「成長」できません。まず「誠」に、成長するためにも、しっかりと、「挨拶」をしましょう。

世界は、秀明の信者だけが、生活している場所ではないのです。世界は、世界です。それを、地上天国と、呼びたいのなら、それでも、構いませんが、それは、秋葉原の「オタク用語」と、対して、変わりません。さぁ、外に、出てください。外というのは、外界のことではありません。自分たちだけの常識、神の常識から、出て欲しいのです。自分の頭の中だけの、仮想天国から、一歩でも、でてみてほしいのです。


[1061]そのままお返しします。誠。
根絶
2005/6/25 18:12
       誠

世界も、国家も、個人も、あらゆる問題を解決する鍵は「誠」の一字である。
政治の貧困は誠が貧困だからである。物資の不足は誠が不足しているからである。
道義の頽廃も誠のないためである。秩序の紊乱も、誠のないところに発生する。
あらゆる忌まわしき問題は誠の不足が原因である。宗教も学問も芸術も、中心に誠がなければそれは形骸でしかない。嗚呼、誠なるかな、誠なる哉。人類よ、問題解決の鍵は、ただ誠あるのみである。

            ↑

 これ聖教書の第1ページに 載っている 誠という みおしえです。
 拝読会と いうものが あって、末端信者は、これを、丸暗記するまで、叩き込まれます。
 先の5月の記念大祭でも、5000人で、強制的に 斉唱させられました。
           小山弘子の先達で・・・。

 しかし よく いえるものですね。秀明の どこが誠なのでしょうか?
小山一族および 幹部ども どれだけ つらの顔が厚いのでしょう?
偽善者の集まりですね。
 自分たちは 詐欺・恐喝ばかりやってきて。そして それが、、裁判ざたにも なっているにも拘わらず・・、
 やはり、考えるに 小山およびその 幹部連中(助教師まで)は、人としての、基本の常識をもっていない。

 人間じゃないのかも知れません。あの幹部ども。

 この 誠 そのまま ノシをつけて 小山・幹部(助教師までにそっくりそのまま、お返しいたします。

 純粋な末端信者を、偽善者の仮面をつけて、洗脳し、金をまきあげるのは、もう止めてほしい。
 心から そう願わずにはおれません。

 私は、秀明の 信者だった妻と離婚した、40代の公務員です。子供は私が引き取りました。
 原因は 妻の 献金のための借金、と男性信者との不倫によるものです。

(同じ内容が二重に投稿されていましたので、重複部分は削除させて頂きました。fujiya)

[1060]根絶 さん
punyoon
2005/6/25 14:26
水戸黄門っすね。
あは。
印籠かぁ。
この大光明が、
目に入らぬかぁ。
ぴかかぁ!て、感じかも。


[1059]HP
punyoon
2005/6/25 14:23
http://www.sapphire-ark.com/top.html
きれいHP発見。


[1058]そりゃ そうでしょう。
根絶
2005/6/25 8:31
punyoon さん。

玉ちゃん って。
なんつううたって。。
ミホちゃんの お孫さまで あらせられるお方ですよ。
次の 会長に 間違いないでしょう。

控えおろう・。この 印籠が 目にはいらぬかあ・・
ってな 感じですね。


[1057]だんだん、
punyoon
2005/6/25 2:51
話が、みえてきたのですが、
よく、かんがえれば、
信仰と、食い扶持、どっち、とる?
ってなったら、普通、食い扶持、とりますよね。
これは、幹部の利権が、絡んでるので、
かなり、幹部の「信仰」試されるかも?
時空わけめの決戦。


[1056]え!? まじっすか?
punyoon
2005/6/25 2:40
根絶さん、
>今度は 秀明の 会長になるんだって・・・。
いいねぇ。。自分の好き放題やれて・・・。
せいぜい 35歳の 玉男 おぼっちゃま・・・。

玉男氏、次期会長ですか?


[1055]か、かっちょえええ!
punyoon
2005/6/25 2:28
>正確な情報をくれる信者さん達は、かなりクールに会を見ています。

まさしく、ギルドですね。

>タイガー、タイガー、じれっタイガー!です。

ん?これって、やはり、タイガー&ドラゴン、見ねば、なのですね。一回しか見てないので、(ちがってたら、あほですが)レンタルで、見ないと。

>「相手は竜神だ。勝ち目ないよ。」

竜神は、所詮、三下です。
観音様は、ユニバース オブ ゴッドなのです。
ギルドさんは、霊的に、無敵です。

>右翼の動き に気をつけろ。

岡田茂吉氏の時から、右翼の上層部とは、かなり、親密な関係があったようですが、やはり、神道ですから、ただし、仁義を、通す男に、無用な手出しを、するような、野暮な右翼は、おりますまい。

>南無観世音菩薩。流れるままにいっちゃいます。

きゃー、爆涙!

>もちろん正攻法でいきます。

男ですね。信仰者ですね。

>だめなら隠し球も考えます。

頼もしい!

>秀明会の役職の人間の心の中は今、葛藤のうずが巻いている状態に感じます。皆さん声に出して言いませんが。

遂に、飽和状態!
神意を、体現するのは、ギルドさん、あなたです!


[1054]「本丸」に突撃するには。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/25 2:15
心情を素直に表現してみました。
会を良くしたいと考える人たちの中でも、私などは急進的で、時期を待つよう説得されます。各拠点の私に友好的に正確な情報をくれる信者さん達は、かなりクールに会を見ています。
私の動きを知ったら、「〜ちゃん もう やべえぜ。」となるでしょう。
私のことも、もう特定されているような感じですが、所属の資格者から接触はありません。救世教との和解派だと思っているのですが。
タイガー、タイガー、じれっタイガー!です。
「一信者と会長が話し合いをすることは至難の技だぜ〜。
本気でいくのかよ。」
「相手は竜神だ。勝ち目ないよ。」
「関西の拠点と本部に気をつけろ。未確認だが右翼の動き に気をつけろ。」
「これ以上はマジでやべえぞ。」
「何で警察・マスコミは動かないのかな。」
南無観世音菩薩。流れるままにいっちゃいます。
せっかく信者さん、元信者さんたちの投稿が出てきているので、みんなの心のもやもやを一刻も早く取り払いたいのです。
もちろん正攻法でいきます。
だめなら隠し球も考えます。
秀明会の役職の人間の心の中は今、葛藤のうずが巻いている状態に感じます。皆さん声に出して言いませんが。


[1053]月一信者さんへ。
punyoon
2005/6/25 2:08
>実は私は パラグライダーをやってます。

実は、私の、おやじも、地元で、やっております。かなり、長いこと、やってるようで、たまに、あうと、その話を、目をかがやかせてします。楽しそうだなぁ。いいなぁ。かなり、上もまで、いけるどうですね。


[1052]小山一族
根絶
2005/6/25 1:38
小山家って あそこほど 罪けがれの多い家庭はない・。
一般人以下です。
現小山弘子会長は 死別・・・。
子供なし・・・・。

前小山惣吉会長は 40代で早死に・・

次は その息子 玉男おぼっちゃま・・。
これも 自己愛の かたまり・・。
とてもとても 35歳とは 思えない・・・。
まさしく おぼっちゃま・・。

まぁ・・・・。
それは いいことですね。
秀明滅亡の 日が 近づきつつあって・・・。


[1051]小山玉男
根絶
2005/6/25 1:21
小山玉男おぼっちゃまって・・。
実は 明主さまなんか 信じてなかったんだって・・。
そりゃあ そうだよね。。
子供から 見たら・・。
自分の父 小山は あほじゃない??
って 思うのが 一般の日本人として・・ 長男としての 考えだと 思う。

おぼっちゃまはね。自分は 弁護士に なりたかったんだってさ。
その試験に受かりたくて・・ね。
ジョウレイ受ければ 頭が よくなるから・・
って・・・。
それで ジョウレイ受けてみたんだって・・。
馬鹿らしいけど・・。

秀明の 効きもしない ジョウレイ・・・。
自分でも これ おかしいってわかってるはずだよ。

すがって 見たけど・・。
おぼっちゃまには 効き目なかったね。
だって・・世界救世教の 本家本元が・・。
あの明主さまの 真髄だもの・・・。
秀明って 小山の 欲求を満たす
いわば 小山教だもの。
やってることは しょせん 救世教の 
2番煎じ・・・。
あわれですね。

でも・・その 試験に 落っこちたんだってさ。
笑っちゃうね。。

で・・やること なくなってしまったから・・。
今度は 秀明の 会長になるんだって・・・。
いいねぇ。。自分の好き放題やれて・・・。
せいぜい 35歳の 玉男 おぼっちゃま・・・。
だっさ・・。わらっちまうや・・。
頑張ってね。

[1050]空の芸術
月一信者
2005/6/25 0:42
実は私は パラグライダーをやってます。
毎週エリアにかよい飛んでます。
先月はコンデションもよくエリアを飛び出して16kmも飛びました。
上昇気流だけで何kmも飛べるパラグライダーは最高です。
パラグライダーを始めてから風邪ひとつひかなくなりました。
いろんなことがあるけれど毎週飛べているだけで幸せです。
青い空 輝く雲 緑の大地 風の中自由に飛びまわる仲間達
こんな光景の中にいると これが地上天国だと思ったりします。
世界中の人々が自由に空を飛べたなら戦争もなくなるのではと思ったりします。
パラグライダーは大空に描く芸術だと思います。
たまに天気が悪くて2、3週間飛べないと胃が痛くなったりします。チョットやばいのかな?
ということで私はパラグライダーの信者ですこんな素晴らしい世界をみんなに伝えたいです。


[1049]さぁ、ハンドルネームを、
punyoon
2005/6/24 22:12
もちましょう。

(実名でも、かまいませんが)


[1048]★★★
punyoon
2005/6/24 22:04
「十年以上、秀勉講師・助教師をやっていた」
「九龍さん」は、こう、おっしゃられてます。

>でも、なかなか本質はかわりませんでしたね。

何故でしょう。
役付者の方々は、やはり、個としての「感覚」を、持って、「世間」に向けての「自分の言葉」を、作り始めるときなのではないでしょうか。

風あたりの強さでは、おそらく、地球上でも、「極北」に位置する、このページで、どう転ぶか、わからない、「白紙の恐怖」に、怯えながらも、可能性を投機していく。

 「自分の言葉」というものは、何かを、伝えようとして、はじきかえされながらも、はじきかえされた、要因を、フィードバックしながら、泥臭く、作っていくしか、道は、ありません。それなら、少しでも、早く、手をつけるのに、越したことは、ないはずです。もしかしたら、こういう、「スタンス」なら、許せる、という、発言が、ひねり出される可能性も、あるかもしれないのです。

 そうやって、作った「自分の言葉」(信仰レベルにおいて)を、持つことが、増えることによって、秀明の新体制は、絵に描いた餅に、おわらず、リアルに、息づく可能性を、持ち始めるかもしれません。

 これは、「会」から、指令を受けてやることでもなく、「明主様」が、枕元に、立つのを待つまでもなく、「アンチカルト」なんて、無視しておけばいいのよ、という、「会」の「風潮」に、まどわされることもなく、ネットの批判を、見ると、曇るなどという、禁止事項に、惑わされることもなく、「自発的」に、「自分勝手に」行っていくべきなのです。



「sakulaさん」

>私は、いい人を演じすぎた為、結局こころが疲れてしまいました。(でもそうしないと、いけない様な気がして無理してました。)でも会を離れ、一人前の人間に近付けたかな?とは思います。

「sakulaさん」は、この前、脱会された方ですが、
信者のときも、脱会後も、この、ある意味「やさしい」、
ある意味「ゆるーい(すいません)」スタンスを、保持されていた方でした。信者だからって、役職者だからって、別に、肩に、力を、入れる必要なんてないんです。「ゆるく」てもいいのです。

 ただ、問題に、
 向き合うことが、
 すごーく、必要なのです。

布教ではありません。自分の軸に、軽く、体重をかけた「肉声」で、よいのです。


[1047]「トライ&エラー」
punyoon
2005/6/24 21:31
そーですね。
 
 ミントさんは、体調や、精神状態まで、ボロボロに、
なられてしまったようですが、その「姿勢」の真摯さには、やはり、「共感」を、覚えるのです。変えられないところと、変えたいところを、しっかり、個人として、把握されており、それに、対しての「批判」を、かわすでもなく、逃げるでもなく、謙虚に、受け止めてしまったから、言葉の刃をざっくりと、受け、体調を、崩されるところまでになったのかと、思いますが、だからといって、完全に、自分の立ち位置を、変えるでもなく、徒手空拳で、立っている感じが、「相互了解」までに、いたらなくとも、人としての「共感」というものに、たどりつけるのではないでしょうか。

 まずは、役職のある人も、自分の役職を、脇においておいて、主語を、「私」にして、考えてみる。コトバを、繰り出してみる。信者に、語るのではなく、「世間」に、向かって、語ってみる。自分の形にならない、感触や、まだ、ぼんやりした想いでも、どこからか、単語を、ひっぱてきて、言葉を、繰り出してみる、ということも、大事なのではないでしょうか。

 こういうのは、数を、こなしつづけ、粘土のように、こねつづけないと、なかなか、お互いに、一致できる領域まで、たどりつけません。

 秀明の理想「地上天国」が、現実的に、どう考えても不可能で、普段の日常生活の中で、楽しいな、うれしいな、しあわせかも、とも思えるときが、「地上天国」だ、ということにしてしまわないかぎり、「教義」に、無理が、でてしまうように、「アンチカルト」側が、「秀明」を、殲滅するのも、不可能だと、思っています。アメリカ空軍による、「記念大祭」の「空爆」くらい、無理かと、最近、思います。

 そこで、現実的なところで、考えていくと、信者ひとり、ひとりが、「組織」の思惑に、縛られることなく、「主役」になることです。信仰と、世間の狭間に、身をおいて、「世間の極北」=「アンチカルト」と、「対話」してみることです。

 対面の対話も、優れた点は、ありますが、ネット上での、書き言葉での、コミュニケーションの、優れたところは、話すときよりも、かなり、論理的になるところ、また、自分で、自分の考えも、同時に、整理され、未だ、思考の流れていない水路をも、発見してゆけるところだと、思います。


[1046]ワトソン氏の発言
fujiya
2005/6/24 19:36
 秀明会では、『次世代教育勉強会』という催しが日曜祭の朝に行われている。
 秀明内部の指導者だけでなく、外部講師を招いて話を聞いたりもしているが、6月度の勉強会(6/5)ではアメリカ人のワトソン氏を招いての勉強会だった。

 その中でワトソン氏は、『秀明会がそれぞれの拠点の町や市で、来てくれてよかったと思っていただいていますか?それとも、秀明会が来て困ったと思われていますか?』発言したことが印象的だったと参加した秀明信者が述べている。

 以前、松本で起こった秀明会の集会所建設反対運動や、インターネット上で飛び交っている秀明会に対する数え切れない程多くの批判的意見を見れば、『来てくれてよかった』などとは到底誰も思っていないことは明白である。
 なぜなのか?なぜ秀明会にはこれほど多くの批判が向けられるのか?その理由を秀明会の指導的立場にある者はどのように考えているのか?

 世間のこうした批判には耳を塞ぎ、ひたすら自分たちが目指す理想世界建設を目指すのは秀明会の勝手かも知れないが、そのように世間に背を向けた行動によって一体何が変化するのか?
 秀明を取り巻く現実があまりにも厳しいので、その厳しさから逃避するために敢えて耳を塞ぎ、目を覆い、我が世界に没頭しているふりをしているのか?

 ワトソン氏は、『今のあらゆる忌まわしい問題は、周りの人への思いやり、尊敬、感謝の心が欠けているところからきている』とも述べたが、秀明会は周りの人への思いやりを本当に実践しているのか?
 もし、実践していると言うのならば、ミントさんの叫びに答えることがミントさんへの思いやりではないのか?

 地上天国という遠大な目標を目指すのは勝手だが、自分の周囲にいる数多くの信者の心を救えない者にどうして遠大な目標達成が可能なのか?
 本当に地上天国を目指したいのであれば、まずあなたの近くにいる傷ついた秀明信者を救うことが先決なのではないのか?

 私のように秀明を批判している者が、秀明存続の方策を考えたり、地上天国への道を示すのもどうかとは思うが、秀明会のあまりにもずさんな運営を見ていると組織運営について知恵を貸そうかとまで思ってしまう。

 5月の勉強会では小山弘子が『誠』について述べたようであるが、組織として信者に対する『誠』とは一体どのようなことなのかを真剣に考えたことがあるのか?
 信者の心を置き去りにして世界へ目を向けるのは『誠』の道にかなった行為なのか?


[1045]秀明の役職者の方へ
fujiya
2005/6/24 16:18
 九龍さん、sakulaさん、こんにちは。お久しぶりです。

 九龍さんのご指摘通り、秀明の本質は変わっていないようです。
 資格者や助教師段階での『反省の言葉』があっても、それはその人たちの『個人的見解』でしかなく、会としての公式な反省には結びつかないのが現状です。
 会として正式に『反省』、『謝罪』し、会の体質を改善するためにはトップの決断がなければ無理です。小山弘子が『その気』になるか否かが秀明会の今後を決定づける重要な要素です。
 組織の危機管理がきちっとできていればここまで秀明会が衰退することはなかったと思います。秀明会がここまで衰退した最大の理由は、現在の秀明会が組織としての体をなしていないことの表れとみるべきでしょう。
 小山弘子個人の資質の問題もありますが、それだけが全てではなく会長を取り巻く側近に優秀な人材がいないことも大きな問題とみるべきでしょう。組織のトップに十分な能力がなくても、その側近がしっかりしていれば組織の立て直しや維持はできるものですが、ここまで秀明会が衰退の一途をたどっているのは、秀明会の人材不足の表れなのでしょう。

 連日秀明会本部や関連施設からアクセスがありますが、一向に反論も意見も述べることなく、ただ眺めているだけの秀明幹部は、自分の能力のなさ、ふがいなさを恥ずかしく思うことはないのでしょうか?
 ミントさんやギルドさんのような現役秀明信者だけでなく、エリさんのような高校生の現役秀明信者までが秀明問題の疑問をはらすために勇気を出して投稿しているのに、秀明幹部は何の発言もできないのですか?

 そうした傍観者としての態度に徹する姿勢は、まさに九龍さんが、「十年以上、秀勉講師・助教師をやっていた私の体験上、本当に秀明幹部が問題意識を持ち、自浄しようとするかどうかは?です。秀明の体質とはそういうものです」と言われている通りです。
 秀明という組織に身を置き、秀明会のためによかれと思って活動しているのであれば、秀明会が本来あるべき方向とは違った方向に向かっている現状をなぜ変えようとしないのですか?
 自分一人の力では秀明を正しい方向に変えるだけの力がないと思うのであれば、なぜ同じような考え方の人同士で集まって秀明を変えようとしないのですか?
 何もせずに現状維持ができるのであればそれも一つの道かも知れませんが、このまま何もしないことは秀明解体の道を進むだけです。

 もう一度言います。一般信者が声を上げているのに、上の者が何も言わないのは卑怯です。あなた達秀明幹部は卑怯者なのですか?
 あなた達秀明幹部にはミントさんの苦しみが理解できないのですか?
 一般信者の苦しみが理解できずに、秀明幹部が務まるのですか?


[1044]離脱劇
あるくもり信者
2005/6/24 13:11
http://park8.wakwak.com/~kasa/Religion/shinji-shumei.html

   ↑

 離脱劇に 関する いい資料が ありました。


[1043]井の中の蛙
あるくもり信者
2005/6/24 13:02
あそこ 秀明は 洗脳が 非常に うまい。
世界救世教から 離脱したのは 単なる小山教を 作りたかっただけ・・・。

それを あたかも 救世教は 狼の宗教だった とか
やくざが からんでいたとか でっちあげて・・
いかにも 秀明は 正しい宗教だと いうことを
末端信者に 洗脳した。

今では これを 離脱劇と 称して 末端信者を
洗脳している。

これこそ 自作自演 ・・自画自賛・・。

世界救世教のほうが 秀明よりも ずっと 
ずっと まともな 宗教です。


[1042]いい人
sakula
2005/6/24 12:46
エリさんの「信者さんはいいひとが多い〜」と言うような書き込みを読んで、
自分もそうだったなぁと懐かしく(?)思いました。

というのは、私は「いい人を演じていた」からです。
私は、いい人を演じすぎた為、結局こころが疲れてしまいました。
(でもそうしないと、いけない様な気がして無理してました。)

エリさんのまわりの方が純粋に「いいひと」である事を願います。。。

今は演じないでもいいひとになった。と、言いたいところですが、こればっかりは
自分では評価出来ませんので。

でも会を離れ、一人前の人間に近付けたかな?とは思います。
会にいる頃は結局、自分の人生を半分とられてしまっていた様に思います。

気が弱い人間(私みたいな)は、なんでも信仰をからめて考えてしまうので、信者時代の10年間の時間と、お金はもったいなかったなぁ〜と思います。

でも考え方によっては、10年で目が覚めて良かったかなぁ〜とも。。。

ところで、やめてもなんにも悪い事は起こっていませんよ。(人並みに幸せです)
と、いうか日々の心がけや行いが自分に帰ってくるだけ…。と思ってます。


[1041]秀明会の困った体質
九龍
2005/6/24 11:22
 ご無沙汰しております。でも、この掲示板は度々のぞいて、皆様の活発な議論を読ませていただいております。

 ちょっと前の書き込みで、資格者が「秀明の中にも悪はある」と発言しているということが書かれていましたが、そういう発言は私が現役でばりばりやっていた時にもありました。でも、なかなか本質はかわりませんでしたね。
 
 もし、その資格者がそのことを公の場、例えば本部助教師会とか秀勉講師勉強会でその発言をしているのだとしたら、助教師・秀勉講師を通してきっと信者さんに吹聴されていることでしょう。そして、それを伝えた側も、聞いた側もこう思うのです。『ああ、やっぱり秀明はちゃんと今の体制にまだ問題があることをわかってくれていたんだ。お上もちゃんと考えてくれているんだ。やっばり秀明は変な団体ではないのだ。良くなろうとしているじゃないか。すばらしいじゃないか。』と・・・。でも、そこまで。

 十年以上、秀勉講師・助教師をやっていた私の体験上、本当に秀明幹部が問題意識を持ち、自浄しようとするかどうかは?です。秀明の体質とはそういうものです。私が秀明を離れたこの1年で、もしかしたらその体制が変わっているかな、という希望的観測もないではないですが。

 最近、現役信者さんの書き込みが多いですが、よいことですね。もっと最近の上層部よりの情報もうかがいたいところです。
 私は、秀明が本当に自浄しようとしているのであれば、それはそれでよいことだと思うので、自分が秀明をやめたからといって、現役で一生懸命やっている方をやりこめるつもりはありません。
 これからも現役の方の書き込みをお待ちしています。


[1040]最近、おもったこと。
punyoon
2005/6/24 4:54
現役信者の方には、やはり、場所柄が、「アンチ」ということもあり、「逆風」も、強く、
「高地」でもあり、「酸素」も、薄く、なんだか「不利」な面も、ありますが、ぶっちゃけ、いうと、「アンチ巨人」のように、「巨人」がなければ、「アンチ」が、存在しないように、「秀明」が、存在しなければ、そもそも、「アンチ秀明」は、存在しないのです。
 そして、2000年の歴史を、持つ、キリスト教、仏教、イスラム教、ユダヤ教などが、今日、まかりなりにも、世界宗教として、認められているのは、対「社会」と、摩擦や、血のにじむような、議論の積み重ねがあって、「ソフィスティケート=洗練」されてきた面は、見逃せません。
 私、個人の見解で、限っていうと、いくら、部外者が、ぎゃーぎゃー、言ったところで、現役信者の方に、参加していただかないことには、実効力が、薄くなるのです。やめたいけど、いろんな霊的な観念が、邪魔で苦しいという方には、ささいな、解毒剤になるような、ヒントを、提供できるかもしれないのですが、もしも、気楽に、信仰を続けたいのだけど、どうしても、「会」の方針的に、負担が、大きくなりすぎる、などという場合は、多少の覚悟も、いるのかしれませんが、このページを、使っていただきたいとも、思います。 
 一般信者が、主役である、教団に、なるべく、自由に、気楽な、変な、拘束性を、なるべく、ほどいた状態に、更新していくためには、外部である、このようなページは、多少、毒が、強くても、有効に、機能するはずなのです。下手すると、ちょっとした、弾みに、主権在神(=幹部)になってしまう可能性が、信者の方々には、多少なりともあるのではないかと思いますが、どうでしょう。安定した、暮らしと、安定した信仰のバランスを、保証していくには、不安を、解消していくには、主権在民(=一般信者)で、神の間に、なるべく、余計な、お世話の、入らない、状況を、つくっていかれたら、よいのではないかとも、思いますが、どうでしょう。
こういう、向かい風の中での、相互の了解事項を、積み重ねていく、多少、泥臭いような、やりとりも、なんだかんだと、「会」にとって、練磨ということで、プラスになるはずです。このまま、世界や、一流など、遠いことばかりに、目を向けていると、一番、大事な、「地」が、弱くなります。そして、本当に、信仰を、考えるなら、「社会=世間」からの、「応答の要請」には、応えていく形を、とらないと、事態は、どんどん、こじれるばかりです。まるきり、違う前提と、立場の人間が、相互了解に、至るというのは、大変なことですが、同じ、日本語を、喋っていても、信者と、それ以外のちまたの一般人とは、お互いに、根本のところで、「異邦人」なのです。世界布教、海外布教などで、語学を、勉強され、異国の地に、飛んでる方も、いるのかもしれませんが、それ以上に、同じ母国語を、喋っている人間と、根本のところで、相互了解に、至る、これがないと、いくら、外国語、一流のものへの参加を、果たしても、それは、「偽もの」だと、いわれてしまっても、仕方ないのではないでしょうか。母国語で、わかりあえなければ、いくら、異国語に、翻訳しても、コミュニケートできる、範囲が、限られてしまうはずです。
そして、最近は、前よりも、多くの、現役信者の参加が、増えはじめました。衝突もありますが、何かが、前進しているのではないでしょうか。気のせいかもしれませんが。そして、これは、おそらく、「会」にとっては、「海外布教」よりも、骨の折れる、しかも、意義あることだと、感じます。結局、他者=価値体系の異なるもの、との、コミュニケーションが、果たせなくては、どんなに、外国へいっても、一方通行で、終わってしまう。だからこそ、この「アンチ」のページのような「他者」と、接触していくことは、「新体制」という「自主性」や、「個人」を、重んじた、「自由」が、テーマの、体制では、非常に重要な、課題に、なっているはずなのです。


[1039]末端信者がかわいそう
dora
2005/6/24 0:25
本部に電話してやろうか?邪神どもがどんな反応するかな。会長なんて名前だけだよ。小山T、これ見てなんとも思わないのか?お前は、地上天国に残れると思っているのか?お前、相当恨まれてるぞ。本当に強いんなら、一人でも立ち向かってこなかったらおかしいぞ。


[1038]ミントさんへ、
punyoon
2005/6/23 20:34
>本当に、現役信者がここに書きこむことはとっても、とっても勇気のいることなのです。分かってください。

本当に、ありがとうございました。

[1037]京有さん、改行
punyoon
2005/6/23 20:33
了解です。
これから、そうします。


[1036]ミントさんへ。
punyoon
2005/6/23 20:30
>私は今体調がたがたで精神的にボロボロになっています。punyoonさんの言う、検証=死ねにまさに等しいのです。きのうも一睡もできずに泣き通しでした。

そうなんですよね。信者のときって、心と身体が、直結してて、シンクロ率が、99%に、近いので、心への影響が、モロに、出てしまいますよね。すこし、シンクロ率を、下げれれば、楽になるかとも思うのですが。女性の方は、やはり、泣いてしまわれるのですね。うーん。苛酷だ。精神の免疫機構を、強化すれば、いろいろな、刃から、守れるように、なるのですが、信者さんは、魂というか、神経が、いわば、表面に、むき出しになってるようなものかと、自分の昔の状況を、考えると、思ってしまうので、本音を、語ったときの、刃は、実際に、ダメージを、受ける、近未来の、シュミレーションゲームのように、なってしまうので、かなり、負担を、かけてしまったのではないかと、心配です。それでも、強風に、あおられながらも、立ちつづけていただいて、個人的に、とてもうれしかったです。

>一人でも多くの現役信者
の方に書きこんで貰いたいからなのです。

これは、ほんとに、大切なことです。


>精神がもちそうにないです。そして体の方の病気も
酷くなってきています。

秀明会に、キズがあっても、ミントさんが、そのキズを、負う必要はないのです。自分は、自分なのです。集団の一員である前に、個人のミントさんなのです。そして、いろいろ、ぐしゃぐしゃになっても、巨大観音を、ギルドさんのように、心の中に打ち立てるのもあり、なのです。厳しい契約の神でなく、自分にとって、都合のよい、距離も、いい加減な、しかも、こっちからのツッコミが、可能な、やさしいダチ、または、舎弟のような、「神」を、ゆるーく、心に、抱くこともありなのです。人間、どかで、自分を、肯定していかないと、身体にきます。ましてや、信者の方は、「奇跡」を、感じやすい状況なので、それが、著しいのです。まず、寝て、休んでください。そして、すべて、吹き飛ばす「明るいパンクロック」なノリを、少しでも、想起できると、「悪霊=不安」を、吹き飛ばせる可能性も、出てくるはずです。ゆっくり、お休みください。

自己イメージが、体調にも、心理にも、もろ、影響するのが、「人間は、想念次第」「瞬間移動」の状況なのです。どこかで、「悪い人」になっていいのです。今の自分の状況を、100mくらい、うしろから、見る感じで、タバコを、くゆらせながら、あえて、笑って、大丈夫だよ!と、自分で、自分に、叫んでみたら、苦しみが、ぴたっと、止まるかもです。ただ、心が、変容し始めているのかもしれないのです。グレーゾーンのトンネルを、自我が、通り抜けはじめているのかしれない。

>恐怖心から自分を偽り続けてそして先祖がすがってきているという秀明会の教えにがんじがらめにされて、ここまでやってきました。

これを、ほどいて、ゆるませていくとき、正直、気持ちは、わるくなりますが、確実に、ちゃんと、「教え」から、距離を、取れるようになっていきます。

それにつけても、精神的に、苛酷な状況で、
立ち向かっていただき、ありがとうございました。

>ただ言える事は恐怖心から自分を偽り続けてそして先祖がすがってきているという秀明会の教えにがんじがらめにされて、ここまでやってきました。
それ以上に入信前にすさまじかったからです。
だから怖いのです。

この「恐怖心」が、どういう形で、自分の恐怖のイメージや、記憶と、「教え」とが、リンクしているかを、紙に、書き出して、果たして、そのような、「サイキック」なことが、あるかということを、ゆっくり、考えていってみてください。「新体制」である以上、「教え」が、心の中で、そのように、結びついているのは、必要ないはずです。信仰にも、違反していないはずです。

「奇跡=身体が気持ちよくなる=+」に、対して、「恐怖=身体も、心も、気持ち悪くなる=−」が、設定されてるから、困るのですが。この0に、位置するところに、「教え」があって、浄霊や、参拝によって、自律的神経機構が、やることによって、+、やらないことによって、−に、いくように、習慣を通して、「暮らし」を通して、肉体および、精神、そして、両者を、繋ぐ、または、包括する、「魂」というものが、上下移動するように設定されてます。ただし、個体に、備わってる以上の、治癒力は、発揮できないので、医者に、かかることは、必要なのです。本当の神の力なら、「曇り」などいう、魂の汚れという、概念を、設定せずに、一発で、治るはずです。人間の自然治癒力は、人間の体力という、限界が、生物システムとして、やはり、存在します。本来、秀明は、奇跡を、教えるとき、医療技術との兼ね合いや、中庸なスタンスも、持たねば、とても、危ないのです。

ミントさん、恐怖心や、イメージは、確実に、ほどいて、いくことができます。ただ、それは、人から、いわれると、キズになってしまいます。信者さんの心の中には、明確に、2つに、分かれた、自己像(自分自身)が、二人、いるはずなのです。その二人を、見る、第3の視点で、自分を、見てあげる。自分の心の、無菌状態の中で。外的な、危険のない、精神的に、安定した状況の中で。

自分の中にいる、二人のうち、ひとりは、秀明の教えの自分(感謝の部分と、それに対して、恐怖により、義務になり、おかしいなとも、感じていても、それを、押し殺してしまところも、ある秀明信者の部分)、もうひとりは、入信前の、わがままな自分(これは、病気や、苦痛などでなく、そのときの自分のいいところ、自由なとこの自分が、どういう発想をしていたかを、肯定的に、見てあげる)、
この二人を、明主様の代りに、神の台座に、ご自分が、座って、やさしく、調停してあげてください。そして、この際、大切なのは、「わがままでいい、しかも、通俗的なら、なおいい、エゴや、煩悩や、欲というものを、肯定しているなら、なお、いい」という、枠組み=ルールで、自分の中の二人を、自分が、神=裁判官として、調停してあげるのです。そして、自分には、やさしくしてあげましょう。この際の、目的は、「恐怖心」を、解除することです。そして、それに、反して「奇跡=+=光」を、自分のものとして、咀嚼し、消化してしまうことです。これが、前に、ミントさんが、お聞きになられた、「自分の中に、エナジー、光」を、取り込んでしまうという方法です。あとは、精神のさじ加減で、浄霊を、うけなくても、受けたときのような、または、心よさを、呼吸法のように、精神のバランスとりだけで、行えるようになります。そして、問題がない程度に、医療技術も、平行したほうが、よい、と思います。くわしいことを、知らないので、あれですが。

とにかく、お疲れ様です。まずは、ゆっくり、、ねむってください。精神のスレスレを、飛行とゆーか、歩行とゆーか、思考するのは、とても、体力を、使うものです。よく寝て、疲れをとってください。そして、良く、たべてください。そして、何か、娯楽に、ふれてください。そしてまた、気分が、回復して、気がむいたときは、復帰してみてください。どうも、ありがとうございます。


[1035]どうも
京有
2005/6/23 20:26
ミントさんへ。

解かりました。
詐欺だと自覚されておられるとのことで。
もひとつ言うと幹部の悪事は関係なく明主様を信じておられるのかということも聞きたかったのですが、まぁ、よいです。

僕もそこら辺が大変知りたかったのですが、不器用なため最大のポイントを聞く機会を逃してしまい強い口調になったことをお許しください。

秀明の信仰は偽善や矛盾を正当化しているようなところがあり、都合の良い部分だけしか話を聞いてもらえない部分があると、特に信者にも敏感に反応してしまうので言い方が強くなってしまいます。
その辺もご理解いただければと思います。

ぼくも幹部がここにこない限りはしばらく書き込みは控えるつもりですので。(今度は本当に?)
僕はたとえ神に対してでも怒ることは大切だと思っていますがそれが常になるとストレスも溜まりますので休み休みにします。

>それでもどうして続けているのかは詳しくはここでは
書けません。

ひょっとしたらですが僕自身にも思い当たる節があります。
理由は違うかもしれませんが。
「ん?」と思いました。

それからスポーツクラブでもトレーナーによってかなりやり方が違うので機会があればまたトライしてみてください。
ひょっとしたら次は本当の喜びを感じるかもです。
指導者選びって凄く重要です。


[1034]punyoonさんへ
京有
2005/6/23 19:39
関係ない話ですいません。

出来ればフォントサイズも小さいので非常に読みにくいかと思われます。
細目に改行や行を一段空けていただければありがたく思います。
ひとつの行を読み終わった時に次はどの行なのか解からなくなるんです。

その方がみなさんも読みやすいかと思います。
できればよろしくおねがいします。

なお、この書き込みは読んでいただいた後、削除してもらって結構です。
削除キーは「1234」です。


[1033]追伸
ミント
2005/6/23 19:32
私はここの「家族を新興宗教から守ろう」開設の頃から
ずっとたずねて来て、ロムしてました。
そして、最近やっと掲示板に書きこむ事ができるように
なったのです。
本当に、現役信者がここに書きこむことはとっても、とっても勇気のいることなのです。分かってください。


[1032]眠れない夜を過ごす
ミント
2005/6/23 19:25
>京有さん
私は今体調がたがたで精神的にボロボロになっています。punyoonさんの言う、検証=死ねにまさに等しいのです。
きのうも一睡もできずに泣き通しでした。


詐欺だと分かっています。分かっていてどうにかしたいからここに勇気を持って書き込んでいるのです。
それでもどうして続けているのかは詳しくはここでは
書けません。


ただ言える事は恐怖心から自分を偽り続けてそして先祖がすがってきているという秀明会の教えにがんじがらめにされて、ここまでやってきました。
それ以上に入信前にすさまじかったからです。
だから怖いのです。


ただ、私はここでfujiyaさんにあえてメールではなく
掲示板に書き込んでいるのは一人でも多くの現役信者
の方に書きこんで貰いたいからなのです。
ギルドさんが幹部の方と直接話すのなら、末端信者は
せめてここからでも輪を広げてどんどんそういう信者
さんの苦しい思いや矛盾を公に公開していけば、少しは
変わっていくのではないかと思って。


スポーツクラブではトレナーの方にプログラムを組んで
やって貰ってました。


これから現役信者さんに検証を試みる場合はあまり
過酷につっこまないであげてください。
精神錯乱に陥る事が大半で大げさではなく死を選ぶ
人まで出てきかねませんので。


>ギルドさん
同じ信者で立場は違いますが、直接幹部の方と話を
できる方ほど心強いものはありません。
孤立していてもそれでも立ち向かって行く姿には本当に
勇気を貰っています。
幹部でなければ分からない[1029]エリさんへ。の書き込みのような幹部の本当の実態をバンバンここの掲示板で
書いていってもらえませんか?
私も知りたいし、多分末端の方は知らない方がほとんどです。


>punyoonさん
いつもpunyoonさんの書き込みで涙が出てしまいます。
助けられています。ありがとうございます。
本当に私も苦しいです。苦しくて苦しくてもうフラフラ
です。


しばらくはここでの書き込みを控えようと思っています。精神がもちそうにないです。そして体の方の病気も
酷くなってきています。


[1031]エリさんへ。
punyoon
2005/6/23 19:00
>秀明会の信者サンはイイ人が沢山いるし、私を含めて私の回りの人達も数多くの奇跡を頂きました。

ですよね。エリさんは、純真に、「信仰」されてるのだと、思います。あそこは、「地上の天国」なんです。ただ、白鳥も、水面下では、必死に、水を掻いてるように、「天国」にも、維持するための、諸行為は、必要なのです。私は、個人的には、その「天国」から、出たくなった人が、「困ってる」場合にのみ、孫悟空の頭にはまってしまった「ワッカ(悪いことすると、三蔵さんが、念仏で、ギリギリする)」を、お手伝いできる可能性は、ないかなぁとか、「信者さん」の中で、「また、幹部が、暴走して、献金とか、ひどいよ、ついていけないよ」という場合は、「秀明会の方針」に対する、「牽制≒テロ」が、できたら、楽しいなぁと、思ってる、「悪人」です。ただ、そのような、秀明会から見た「悪」は、大好きなのですが、できれば、純真に、信仰に、まい進されてる方は、放っておいてあげたいなどとも、考えてます。「人は人、自分は自分」で、結局「人が、何をしてようが、問題ないから」です。だから、エリさんご自身を、批判や否定をする気は、さらさらありません。


>癌や盲腸など手術をしなければ治らないような病気が治った人もいます。私も、その一人です。何故、批判をするのか私には分かりません。批判する理由を知りたいです。

ただ、「病気を治してもらった」「奇跡が起こる」「神様が、リアルに、存在している」「感謝している」という状況で、それは、それで、いいのですが、信者の中には、そのように、「完璧に天国」な状況の中で、「困ってしまう方々」も、存在しているのです。それは、「完璧な天国」の中には「批判=批評」が、成り立たないからです。
「批判=批評」は、ただ、けなすこと、悪口をいうことではありません。その対象物=秀明が、「何を目指そうとして、何を行い、実際、どのような、結果を、現実に、導き出したのか」を、「+−」両方、含めて、分析し、「相対化」することなのです。
「批判=批評」は、「相対化」のために、必要なことなのです。「相対化」の反対は「絶対化」ということです。「絶対化」されたものは、「不動」です。誰も、動かせません。自由に、意見をいうこと、考えることが、一切、許されません。奇跡を、いただけて、ありがたいなぁと思っていても、それ以外で、困ったこと(天国維持のための水面下の水掻き)があっても、反対は、許されない世界が、「絶対化」の状況です。
それだと、困るし、やはり、みんな、生活もあるし、病気がたっら、自分の好きなことをして、自由に生活だってしたいし、あまり、束縛されるのも、困るよねぇとなった場合に、必要になってくるのが、「相対化」です。そして、「相対化」するのに、必要になるのが、「批判=批評」です。それは、自分なりに、自由に、ものごとを、考える、感じることを、するために、大切な、「ツール=道具」のひとつでもあるのです。
そして、このページが、「批判」というもを、掲載している意義としては、第3者からの、「監察」です。秀明会は、「神の集団」なのです。「神の集団」は、この世の中で、圧倒的に、「正しい」のです。その「正しさ」は、「完璧=パーフェクト」なのです。
ということは、社会や、世間や、秀明会以外の人のいうことを、聞く必要なんか、さらさら必要なかったのです。つまり、秀明会は、秀明会自身でいるだけで、「完全に、正しい」ので、「社会」や「よそさま」と、ぶつかったときに、「自分で、自分が、どういう状況なのかを、見ることが、できなかった、または、省察できなかった」のです。それは、奇跡も、起こる、病気も治る、人柄も、いい人ばかり、やさしい人ばからの、「すばらしい教団」だったからです。
「すばらしい教団」なのだから、「すばらしい教団」以外の人が、「すばらしい教団」を、「すばらしくない」といっても、それは、「すばらしい教団」にとって、関係のないことだったのです。ただ、「社会」というものは、いろいろな考え方、立場の人が、います。そして、その人たちの「すばらいい」は、また、全然、「教団」とは、別物である可能性すら、多々あるのです。そして、今までは、その「社会=第3者」と、ぶつかってしまった場合、または、何か、損害を与えてしまった場合、「教団」は、すべて、「無視」することにしてきたのです。
なぜなら、教団は、奇跡も、起こる、神に選ばれた「すばらしい教団」だからです。ただ、それで、今まで、無視してきてしまった「損害」や「非礼」「無礼」に対して、「負債=借金」として、蓄積されてしまっていたのです。
それで、今、「批判」という形を、通して、「教団」は、「教団」の名に羞じない状況に、もしかしたら、ちょっとだけ」なれるかもしれない、というところなのです。

やはり、エリさんも、ご自分が、大切にされてる信仰を、知らない人から、「誹謗中傷」されたり、するのは、嫌なはずなのです。できれば、エリさんだって、ご自分の「信仰」に対して、他の関係のない人も、褒めないまでも、「認める」という状況であってほしいはずです。それには、「悪いところを治す」ことが、大切です。何故なら、この地球や、日本という、人間が、生きる場所は、「みんな=おおやけ」でいきている場所だからです。自分でいいと思っても、他の人にとって、迷惑をかけてしまった場合は、「態度(教団の)」を、反省して、直さなくてはいけないのです。それには、どこが、間違ってるかを、知らなくてはいけません。鏡を、見て、自分の顔のどこに、泥や汚れが、ついてしまったのかを、確認しなければ、拭うことはできません。つまり、批判とは、自分(教団)を、映す鏡なのです。それが、「批判」というものの、理由です。
その批判の根底にあるのは、「間違ってるところがあるから、直してほしい」という、気持ちが、流れているのです。言い換えれば「良くなってほしい」ということです。きっと、エリさんも、ご自分の愛されている「信仰=教団」が、他の人から、悪口を、いわれないで、認められる状況になったら、「奇跡」や「病気」を治してもらえる「良さ」とともに、もっと、うれしくなれるのではないでしょうか。

と、そーゆー、感じなのですが、いかがでしょう。


[1030]エリさんどうも
京有
2005/6/23 15:27
過去に青年部で10年以上信者をしていた京有といいます。

学生さんだということですが、まだ秀明の綺麗な面しか見てられてないんでしょうね。
そのうちに少なくとも幹部や大人の世界がどういう人たちなのかが見えてくると思います。
今はエリさんには秀明は綺麗に写っているかもしれません。

エリさんはいつごろの入信でしょうか?
今は秀明は新体制でかなり平和的にさえ見えます。
旧体制の頃は信者の金銭と時間を強制的に奪い、僕も先祖のお気付けだとか神に逆らうと地獄に落ちるとか言ってご用させられました。
そのくせ入信時だけは未信者に「秀明は他の宗教と違って戒律もないし。献金も自由」など入信しやすいように接していましたが、入信すると少しずつカルト的な面を表していくのです。
現在の新体制でも裏の方はかなり汚いですよ。
エリさんの見られているのは秀明の表の顔なのです。

そうしてちょっとしたことでお詫びだ!桃の実だと!いって何でもお金に結び付けていき信者から未承諾のお金を巻き上げていきました。
布教も先祖などのお気付けなどの話をされ半強制的に。
カレッジという勉強会では夏季布教を決意させるまでは一人残らず帰すな!とこの会に自由なんてどこにもないと思うようになりました。
僕の友人も幹部と討論した時「おまえなんか政治を使っていつでも潰せる」と言われました。

浄霊でなくとも奇跡はあり得ます。
まず、ここのBBSだけを読むと批判的に聞こえるかもしれませんが、トップページなどをできるだけ読んでみてください。
僕も一時秀明にあちこちで見つかったダイヤを宝石店にもっていって鑑定を受けました。
裏の金箔は反射鏡でこの石自体何の価値も持たないと鼻で笑われ返されました。

浄霊を受けた安心感で実際の話、人間の脳は病気を治すこともあるんです。
そればかりでなく、偽造された奇跡体験談もいっぱい浮き上がってきています。

正直言うと全部読んで欲しいのですが多分、参拝したときに阻止されると思います。
彼らには秀明に都合の悪い者は全て邪神扱いで被害者などの声や批判的な声は通さないシステムになっていますんで。


[1029]エリさんへ。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/23 9:22
神慈秀明会被害ネットワークを見てください。
ほとんど真実です。
橋本元東京支部長の悪行は助教師以上はほとんど認識しています。明主様信仰ではなくて、実態は小山一族と古参幹部の欲望を満たす為のの小山教です。
橋本が月次祭をすっぽかして今田といっしょにマイケル・ジャクソンのコンサートに行ったりしています。
東京支部は本部のバス代を信者からピンはねしたり、バス会社からリベートをもらっています。
更に聞くに堪えないドロドロがあり、実態は宗教団体とはかけ離れています。
私のこれまでの投稿を見て下さい。
どうしても納得できなければ,質問して下さい。
答えられることは全て答えます。
新体制になったいきさつを知っていますか?
信者は真実を知る権利があります。
世話人、助教師、資格者に聞いて見てください。
真摯に答えてくれますか?
頭ごなしに否定するだけだと思います。
上の方にこちらのサイトを見るように話してみて下さい。
意見を聞きたいです。


[1028]エリさんこんにちは
fujiya
2005/6/23 8:45
 エリさんこんにちは。先ほどメールをお送り頂いた方ですね。
 そうですね、こちらの掲示板の方がオープンに論議できるので、引き続きこちらへ投稿をお願いします。

 最近は秀明会の現役信者の方からの投稿が続いています。色々な立場の人が幅広く論議することによってアンチ・賛同派に偏らない論議が期待できますので良いことだと思います。
 エリさんは他の現役信者の方とは少々違い、現在は秀明に何ら疑問を感じてはおられないようですので、アンチ秀明の方からすると批判的に受け留められるかも知れませんが、頭ごなしに批判するのではなく、穏やかに論議して行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

 エリさんの疑問に一言でお答えすることは難しいのですが、まずは『家族を新興宗教から守ろう』の各ページをご覧頂くのが一番いいのではないかと思います。
 その中に書いてある、秀明会が信者にどれだけ多くのウソをついてきたかを知って頂けば、エリさんの秀明会に対する考え方も変化するのではないかと思います。
 批判的意見など見る気もしないかも知れませんが、これを読んでいただくことがエリさんの人生に大きな影響を与えるかも知れない大切なことですので、ぜひお読み頂きたいと思います。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/


[1027]私も信者ですが…
エリ
2005/6/23 5:55

私は、現在学生で秀明会の信者です。
でも、秀明会の信者サンはイイ人が沢山いるし、私を含めて私の回りの人達も数多くの奇跡を頂きました。
癌や盲腸など手術をしなければ治らないような病気が治った人もいます。
私も、その一人です。何故、批判をするのか私には分かりません。
批判する理由を知りたいです。


[1026]・・・
京有
2005/6/23 2:41
玉男くん、俺もいるよ。
顔を見たらわかるんでねーかい。
機会があればまた名乗るよ。
いつでもおいで。ベロベロ・・・

>検証=自分で、自分の肉を刃を入れるということは、構造上できないように、作られてます。

僕も信者であったのでそれはよく解かるんですが信者の頃から神とかの問題に疑問が出来ると悩んだもんなんですね。
しかし、周りの信者は全く悩んでいるそぶりもない。
また「どこの宗教も自分の団体が正しいと思っているんだから秀明が絶対なんて言い切れる?」という冷静な自分もおり、聖書を取り上げられても神への疑問に悩んだものです。
しかし周りは何の疑問もなくです。
「信者の頃から周りの人間が自分と違う」とはよく感じたものでした。

僕はそれが客観だと思っているんですが周りは考えているそぶりもみせない。
僕は神が善だなんて思っていませんでした。
聖書なども興味を持って読んだりしましたが神は悪ではないか!
人間は神の奴隷か?
と常に思って絶対主である神に喧嘩を吹っかけていたと言う感じです。

アンチカルトで信者時代から仲の良い友人がいて、彼にもそう言われました。
「彼らはいくら言っても無駄や。それが洗脳だ」と。
punyoonさんも絶対に理屈では対抗出来ないと・・・

僕はかなり人とは物の感じ方が違うようです。
その友人からもそう言われました。
だから僕は秀明だけではなく回りの人の気持ちもどうしても理解出来ない部分があるんですね。
「なぜ理論が通じない」と言ったような。
punyoonさんと友人に言われた今でも「何故正論が通じない?」といった疑問でいっぱいですね。

僕の中では正論が通じないという世界が信じられないのです。
ダイヤの話をしても何の興味も持たない理由は、ほんとうに恐怖感だけなのか?
利他愛であるはずが結局は自分の身を守りたいだけの「お光」に?
新体制になって浄霊活動を止めた。一番の向上の方法は未信者に浄霊することじゃないの?
み教えが絶対と言いながら向上心も持たない。
中には拝読さえしない者もいます。

口では奇麗事。結局は自分を守りたいだけ。自己満足。
そういった偽善的矛盾を持ったものに質問を無視されたりすると許すことが出来ないのですね。

僕は信者をしていた理由は「真理・真実」が知りたかったからです。
疑問があると苦しかったんです。
だから信者の頃から秀明が真実でないのであれば止めるべきだという気持ちはありました。
結局は大した奇跡もなくズルズルいってしまったんですけどね。
ただダイヤは不思議だとも思ってましたが「偽者だから検証してみな!」と言われたらスグに検証していたと思います。

本部でのデモンストレーションを聞いても小さな自然現象的なものまで誇大表現で大奇跡みたいにしていたり、離脱劇はまるで下手糞。
そんなストーリーでなぜみんな感動しているのかさえ理解出来なかった。

子供の頃から宇宙の果てがないという理論が信じられず、果てたあったとしてもその果ての向こうは?というように眠れないほど悩んだりもしていました。
「神を知ろうとしても知ることは出来ない」と上に言われても知りたかった人間なので常に疑問を持っていました。
常にそんな疑問をもち、知りたいという気持ちがあったので真理を求めていたのです。
だから、秀明が真理ではないと知れば何の恐怖感もなかった。

それだけに理屈の通じない人の気持ちがわかりません。
ミントさんに関しては脱会されない気持ちも未だなぞになっているのでもう話しても無駄だと思ってます。
検証もしてくれないと思いますから。
でも矛盾があれば僕は突っ込む気持ちは相変わらず押さえられないと思います。


>ギルドさんの身に何か?

そいつは聞き捨てなりませんね。
関西代表としてはアンチカルトの身に何かあればまず容疑者はだいたい検討が・・・。
僕は幹部に脅された友人も知っているもので・・・。
ヒッヒッヒ!!


[1025]ここは会長、玉男さんも見てますよね。
punyoon
2005/6/23 2:26
>会長、今度お会いできた時は私がギルドですと言いますので、私の問いにとぼけないで答えてください。

もしも、ギルドさんの身に何かあったら、もしも、ギルドさんを、拉致監禁などということで、お山に、幽閉などということがあったら、東京支部の資格者1名を、鋭利な金属によって、強制的に、霊界へと、瞬間移動していただきます。(冗談ですけど、まず、そんなことはないと思いますが、一応、どこに、いくか、いつまでに、かえらなければ、どこどこへ、連絡してくれ、ということで、一応の身の安全は、確保していったほうが、よいかなぁとかは、思います、山間など、隔離された場所に、行く場合、単身なら、用心も、必要かも、ただ、もおちろん、ギルドさんに、お任せしますが。)


[1024]ギルドさん、
punyoon
2005/6/23 1:35
いい感じです。


[1023]ここは会長、玉男さんも見てますよね。
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/23 1:22
役職の方が言ってました。
チェックしてるって。
三代会長の玉男さんでは、古だぬき幹部の操り人形で腐るばかりです。教団崩壊が早まるだけ良いですが。
会長、今度お会いできた時は私がギルドですと言いますので、私の問いにとぼけないで答えてください。


[1021]おお!ギルドさん、お願いします。
punyoon
2005/6/23 0:55
突っ込んでください。


[1020]もう会長に突っ込むしかないでしょう
日曜日よりの使者ギルド
2005/6/23 0:54
だいぶ熱い議論が続いているようですが、問題解決の一番早いやり方として直接直訴しかないでしょう。
今まで何回か近くでお会いする機会がありましたが、次の機会は会長に突っ込みます。信者の人生、元信者のトラウマ、次世代の子供たちの為にも,偽善団体なら潰す。巻き上げたお金を返す。信者に公に謝罪する。腐った橋本、今田、その他の古だぬき腐った幹部連中の追放。
会長は反省の念があるなら、やるべきです。
まったく無視されるなら、自己愛の最低な人です。
はっきりします。
もう反秀明会側になるしかありません。
秀明会の助教師以上は秀明会は悪もあると判って認めています。いつもここで信者と激論になるのですが
じゃあ明主様は悪魔じゃないか、いやそうじゃない、じゃあ強欲な竜神か、いや善も悪も使われる主神だ、やっぱり人間をもて遊ぶ、腐れ神じゃないか。こんな感じで。
やっぱり役職の方は秀明会だけが正しいといいます。
邪神が秀明会を潰そうと働いているそうです。
やはり信者の洗脳を解くには直接、会長と話すしかありません。会長に清算してもらうしかないです。
ミントさんのような末端の信者さんが大勢います。
秀明会解散後は
他の離脱教団、救世教にお世話になる方向を心ある資格者は探り、道をつける責任があります。
これが私の出来る最後の、信者としての仕事、責任のとり方と思ってます。


[1019]あ、どうも、
punyoon
2005/6/23 0:53
確かに、検証できれば、問題もおこらないんですが。
それは、一理ありますし。
京有さんは、それでいいと思います。

ただ、信仰や、宗教、カルトというものは、前提条件が、疑わないことを、基本にして、無限や、神というフィクションを、血肉化するものなので、「検証=自分で、自分の肉を刃を入れるということは、構造上できないように、作られてます。おそらく、三島由紀夫くらい、変態根性が、ないかぎり、彼らに検証はできません。
こういうと、語弊が、あるかもしれませんが、私は、正直、基本的に、信者は、検証することは、できないと思ってます。いわば、後頭部の裏側に、人手が、くっついて、離れない状況です。自分では、そこに、手が届かないのです。
しかし、自分でしか、結局は、はずせない、人からの検証には、防御回路が、できてしまってるので、府にはいるところまで3は、絶対に、のめません。なぜなら、検証した途端、精神構造の器として、機能している、枠が、急に消失するので、下手すと「発狂」や「統合失調」に、陥る可能性も、あるからです。「自我」が、消失する可能性と、恐怖を、信者は、感じるものなんです。
だから、別の精神の入れ物に、徐々に、切り替えていくのが、安全なんです。(切り替えたい場合は)てっきり、洗脳というのは、ICチップを、頭に、埋め込むことなのか、と、知らないときは、思ってましたが、単に、「紙」を下に置いては、いけない、「神」として、扱いなさい、これだけを、しっかり、守らせ、違反した場合の「恐怖のイメージ」を、自分の病気体験や、不幸の感覚に、結びつけるだけで、ICチップを、埋め込む以上の、働きをしてしまうのが、洗脳の怖さです。
やめるまで、そこまで、込み入ったものだと、おもってませんでしたが。やめるまえ、いろりお、周りの人と話しましたが、「神と対等に話す」この観念が、わかる人はいませんでした。先輩格の信者は、「おれと、おまえは対等か」など、儒教的、敬意の構造に、あぐらを、かいてしまうので、全然、わからないようでした。検証=自分の中に根付いた制度と対等に話す、これが、できる人は、京有さんのように、自分から、すでに、会から、離れているはずです。まず、信者の中に、それが、できる人は、いないと、私は、考えてます。
そして、これは、普通の人に、とっても、難しいことです。自分の立ち位置を、掘り起こし、自分を、斬って、検証するのは、自分で、自分を、殴るようなものです。防御本能が、ある一定の範囲で、ストップをかけてしまいます。いわば、検証しろ、「死ね」に等しくて、信者にとっては、割腹自殺に、等しい、崖っぷちを強いることになります。
それで、「おひかり」が、邪魔だという方は、外す方向に、話を進められても、自分が、続けたいという方には、そこまで、やる意味がなくなってしまう。なぜなら、「魔法」が、きれてしまうから。ぶっちゃけ、私は、信者の人が、それでいいなら、それでいいと、思います。ただ、変えるべき点は、変える。私は、人は、利害の一致で、物事を、動かしていける生き物だ、という一面を、そなえているものだと、思います。
それで、今のところ、感じているのは、未だに、「会」は、末端信者に対して、横暴なところがある、そして、信者の中には、謝罪および、賠償ということに、意識が、向いている人びと、も出現し始めている。それなら、まず、そこを、やったほうがいいと思うし、現実的だと思います。
「洗脳=催眠」は、おひかりや、参拝、御用、献金、祭り、拝読、などによって、催眠」が、薄れ掛けると、再度「スイッチ」が、入るように、設定されているので、まず、この「ブラックホール=宇宙」からは、なかなか、でてこれません。それで、ある程度、仕事と、両立し、バランスが、とれて、ちゃんと、廻ってるという人については、私は、「やってれば、いいじゃん」としか、思いません。それだけ、検証=脱洗脳は、大変なものだと思います。だから、「外郭=会」が、不正に対しての、落とし前を、つけること、これに、焦点を、絞っていくのが、経済的かと、思います。それには、信者の中で、それを、考える人、自覚してる人、何かの折に、そいう態度が、とれる人が、必要です。

そして、秀明信仰は、「まず、バカになって、感じる」ことが、基本になってます。だから、頭ではなく、肉体の感受性が基本になって、頭も、受容体が、普通よりは、ほどけてる状況になってmす。それでも、普通に、生活できますが、中には、その現実と幻影に、ひきさかれて、注意力が、低下し、何度も、瀕死の交通事故に遭ってしまっている人もいます。わたしなどから、見ると、洗脳回路が、薄れてきたときの、精神的認識回路の、剥離だとしか、思いませんが、信者にとっては、お気付けであり、病院にいって、命を取りとめたのに、後ろから、手術の間、扉越しに、浄霊してれば、それが、ご守護になるのです。そういう状況の人たちに、検証しろといっても、無駄だと思います。
沛リの仕方が、わからないのですから。だから、検証するという意識がなくても、検証の仕方、そうのような、思考回路を、無意識にでも、しってもらうことが、大切だと思うのです。
そして、それは、脱会社を、増やすということには、直接、むすびつかないかもしれませんが、上層部の暴走防止や、末端信者の、自己防衛にも、つながっていくはずなのです。
そうしたら、すこしは、ましになるかも。というか、まず、ちゃんと、土下座する、誤る、謝罪する。これが、「会」の第一歩だと、思います。そして、問題は、役付者たちは、すでに、謝罪は、すんでるなどと、思ってるようだというところです。ここを、もう一回、「会」に自覚させる。「神」に対しての「お詫び」でなく、「人=社会」に対しての「お詫び」が、存在することを、認識させる、そして、それを、具体化していくのが、大切か、と思ってます。


[1018]doraさん
京有
2005/6/23 0:51
そうですね、「憤激」でみ教えを思い出したけど信者ってみ教えを正当化する割りには悪に対する憤激が殆どありませんね。そのくせ僕らが信者に突っ込むと邪神だとかお前らには神は解からないとか・・・。
憤激する相手はコッチじゃないっつ〜の。もう!
上に媚びて下に偉そうにする主義は僕は絶対に許せなかった。

実は玉男ちんは一定期間京都青年部にいたことがあるから話したり討論したことあるんだよ。
始めは玉男くんに「命様の親族だって凄いねぇ。」と言ったら「そんな意識しないでください」とか言ってたけど、日を経るに従って態度がデカくなってきた。
だんだん、こんな奴に偉そうにされたくないと思うようになってきた。

僕は神自体に疑問を持っていたので討論をよく吹っかけました。その時は僕も確信が無かったから突っ込み切れなかったけど、今会う機会があれば徹底的に突っ込んでやると思う。
ここに来れば一番良いけど彼にとってはまったく利点がない、むしろ立場が悪くなるので来ないだろうと思います。(なんて言っておびきよせる手も使ってみたり・・・)

もし来たらその根性だけでも認めてあげるけど肝心な悪事は骨の髄まで追求するつもりです(笑)。
口が上手いとか下手とかは問題ではなくって真実が勝つべきなのです。


[1017]偽善のかたまり
dora
2005/6/23 0:07
京有さん、こんにちは。秀明の悪に憤激してますね。信者同士で結婚した奴は、秀明で優越感に浸ってるだろうね。だまされてるだけだよ。
資格者は、どんな神経してるんだろう?ひとを不幸にしてるだけだし。君はえらいよ、秀明の悪を暴くのに熱心だから。今、書いてることを小山Tにぶつけたら、KO勝ち間違いないよ。同族意識でつながってる、自己満連中はつまらない生き方してるよ。

[1016]ご無沙汰してました。
京有
2005/6/22 23:24
>doraさん

その友人は見た目は結構よい男だったですね。
信者同士で結婚しちゃいましたので多分ですが脱会してないでしょう。
信者同士の結婚での脱会は難しいでしょうね。


[1015]幹部には愚問?
京有
2005/6/22 23:06
>議論の資格をあたえないのは、まず、なんらかの、「責任」をもってる人間、にならいいとは、思いますが、末端の人には、ある意味、「暴力」になってしまうし、それによって、上の「責任者」を、ひっぱりだせるのなら、意味もありますが

やはり僕に何らかの返答があった時は「検証してみな!」しかいえませんからねぇ。
世の中検証する人ばかりであれば秀明なんて時期に潰れるんでしょうが「思い込み」の常識が世の中になっていますんで。

結局は毎回同じことなのですが、検証しろといっているだけですね。
検証です。検証。
末端との議論はそれからだということです。
でないとラチが空かないでしょう。
もちろん立場がどうのこうのもありますが、結局は検証しないと秀明の詐欺性なんて暴けませんから。

検証されないまま主張しようとされるから頭にくるだけです。
これは何度も言っているのですがどうも理解されないみたいで。
決して暴力ではないでしょう。
検証しないならゴタゴタ言うな!
それで完結です。

しかし、信者のコメントを見ると矛盾がそのまま正当化されているので放っておけないから突っ込まなければ気が収まらなくなるんですね。

ただ、責任者や幹部達は自分達が詐欺をしていることは承知の上だから対決の方法は変えなければならないのではないかと思います。
これこそ「検証してみな!」は愚問だと思います。

相手が暴力をふるって来たら暴力で対抗しないと殺られてしまうし、「いくら欲しいんだ?」と言われたら心を揺らがせながらも「そんなもんいるかい!・・・????」ってな感じで(笑)。

話を戻しますが、もし仮の話、ミントさんが秀明がただの詐欺だと自覚されたらどうなんでしょう。
まさか信仰を続けると言われるでしょうか?
もしそうだとしたら僕はショックですねぇ。
単なる共謀者になってしまいます。

そういうことはないと思いますが、それなら「検証してください」としかいえないでしょう。
秀明議論は検証しないから平行線なわけです。
検証する人が増えれば信者は確実に減って行くのですから。
秀明は詐欺なのは確実なのですから。

僕はこれから先も信者に対しては「検証してください。」だけしか言えないですね。
でないと話をしてもこれ以上前には進みませんよと言いたいだけなのです。

僕は過去にもダイヤの件など何度も書いている。
ひつこいほど書いているのはそれが秀明を暴く重要な手がかりになるからです。

普通であれば「それどういうこと?」と聞き返したりするはずですが都合の悪いことは聞き流しながらも検証しないで今まで通り信仰を続けると言い張る。
興味くらいもってもらえればそこから話が発展するのですが。

僕は信仰は必要だとは思いませんが仮に必要だとしたら、それにより進歩向上する意欲は必要だと思います。
もし進歩しないのであればただのサークルに終わってしまいます。
いや。サークルの方が競技の訓練などによって進歩しています。

もしミントさんが体調が悪いのであれば未信者浄霊をもっとされては。と思うのです。
新体制であろうが秀明で一番清まる方法は未信者浄霊だと少なくとも僕は教わりました。

秀明で何かを得たいのであれば街頭へ出て浄霊すればいいのではないでしょうか。
あれだけ布教しても確かな奇跡はありませんでした。
友人知人にちょこちょこ浄霊しただけでは、また参拝するだけではこれから先も明主様のご守護もないでしょう。

同じ信者を続けられるのであれば利他愛の信仰だということを示して欲しいと思います。
教祖がそうなるように望まれているのですから。
これも検証方法のひとつだと思います。

検証によって立派な人間が増えたら秀明だって世の中に受け入れられます。
しかし、悲しいかな明主様は神ではなくただの宗教妄想という精神病を抱いた、もしくはタダの大詐欺師に過ぎません。

しかし秀明は詐欺なのは事実であり。その詐欺に1円でもお玉ぐしが渡る以上、団体が絶えることはありません。
だからそれを自由と認めるわけにはいきませんので検証されず秀明を明主様を正当化されている限りは突っ込みます。


[1014]そーいえば、
punyoon
2005/6/22 20:36
思い出しました。

前に、委員長?少しやってた「仲松さん」は、今どうしてるのでしょうか。

昔、「仲松さん」に、公衆(信者の面前)で、「秀明批判」を伝えたんですが、結局、会長先生には、「混乱」で、片付けられてしまい、別の拠点に、移れば、未だに、資格者は、ひかりが、失すれば、地獄へおちるなどということを、遠まわしに、講和していたので、捨てましたけど、「秀明」は、いわば、「公的な人格」なのでしょうね。

京有さんの立場としては、「秀明信者」は、上でも、下でも、「秀明」という「公的人格」の「全体を含んだ部分」であり、「信者」である以上、「秀明」そのものとしての、対応は、崩さないという、立場を、貫くということなのでしょう。

それに、対して、ミントさんの立場としては、自分の「信仰」は、自分の「信仰」であり、自分で、納得のいく、ことにだけ「参与=コミット」する「自覚的なスタンス」で、対応しているし、「会の方針」や、「幹部」は、おかしいし、「問題」は、解決せねばいけない、という立場。


正直、わたしは、ミントさんに、頑張って欲しいとも、思い、京有さんとしては、ミントさんには、そういう「秀明」の「罪」というものを、立場の大小に、かかわらず、かかわる以上、全面的に、おわなくてはいけないという、スタンスで、ある意味、思い切り、「社会からの風あたりの極限状況」を、体現=シュミレートしてくれてるのだと、感じ、それにつけても、この激しい「風あたり」に対し、聞き入れることが、できなくとも、たとえ、ネット上とは、いえ、ご登場くださり、ご自分の「信仰的」立場で、書き込みをつづけていかれる姿は、敬意に値すると思うのです。本来なら、上の人間が、こういう形にならなきゃ、おかしいし、今までは、どちらかというと、そういう「アンチ」に、対しての「誹謗」はあっても、まともに、受ける、(聞き入れられるか、否か、は別として、風に、ぶち当たる)という態度を、もてる人は、いなかったということと、また、別の、危険性、「秀明の幹部」も、実は、みんな、加害者意識などなく、幹部から、頂点まで、含めて、ミントさんと、同じスタンスの可能性もあるには、あるのです。「仲松さん」と、お話したとき、それを、すごく、感じましたし、その後に、出した、会長先生のお話も、実は、御用のため、仕方なく、というスタンスがあるのは、あったのです。

しかも、信者たちは、意外と、クールだったりして、ある程度、距離を、おいて、「会」とつきあってはいるようです。

わたしは、「マスコミ」というものは、一度、「悪」として、「やり玉」にあげられると、実は、「カルト」的様相を、呈されてしまい、「情報操作」ばんばんの、「危ない」ものだという、認識もあるのですが、また、自分が、一度、入っていた、団体が、「カルト」とか、「おかしい」感じで、テレビで、紹介されるのは、かっこわるいとも、思ってるのですが、もし、あれなら、京有さんなど、絶対に、「秀明」を、許せないという方々がいらっしゃるのであれば、メジャーから、潰していく方がよいかもsれないです。ただ、そのかわり、脱会者も、含めて、世間の見る目は、煎じ詰めると、騙されてしまった「かわいそうな人(同情)」ということになってしまいますが。

ただ、裁判にしても、「詐欺マニュアル」の文書が、見つからない限り、たとえ、洗脳によってもそのとき、自発的な形をとって、「同意」してしまっていると、「洗脳」ということで、裁判に、かつことは、ぶっちゃけ、難しいそうです。ただ、実際、裁判で、数百万円から、1000万弱、勝ち取った人は、いるそうです。自分のことを、「被害者」とすれば、その人は、「被害者」にもなりますが、その実、法的な「被害者」になることは、難しい。ただし、「おひかり」が、余分だ、「会から、脱会したい」などという方には、洗脳を、自分で、解く際、「被害者」という、概念を、くぐり抜ける必要も、でてきます。

また、信者の一般的な、反応としては、「アンチカルト派」に対して、「自分の選択したことにも、責任をもてない、または、人のせいだとする、情けない人」などという、あきれてしまう「反応」なども、実際、あります。

ぶっちゃけ、「宗教問題」は、ねじれてますし、いわば「精神的政治問題」のようなものでもあり、カルトとは、そもそも、「主義」ということで、個人は、結局、自分自身の「カルト」でもあります。

ただ、その中で、結局、人の立場を、認め、違いと、同じを見て、コミュニケーションを、図っていける、状況を、つくっていくことも大切かなとは、思います。たとえ、「アンチカルト」でも、人に、対する際は、どこかで、
「アンチ」を、絶対化しては、どうなのかなぁとも、思う点もあります。ディベートでは、極論と極論で、ぶつかりあうのが、基本ですが、結局、言葉の喧嘩になってしまうと、あるのは、「すれ違い」だけかとも、思いますし、絶対の矛と、絶対の盾で、「矛盾」、下手すると、アンチ対秀明というのは、ある意味、宗教戦争の様相を呈して」しまう可能性もあるのです。「宗教=神=その人が、正しいと思う価値の総体および、体系」、人は、宗教にはいってなくても、なんらかの、「宗教または、≒哲学」をもってるものですし。それで、あとに、残されるのは、どれだけ、話し合って、「理解しあえないか」または、「違い」を認め合うということ、なのかもしれません。

日本社会を見てみても、実際、権力の実体は、雲を掴むようで、制度という目にみえない仕組みは、雲を掴むようでもありますし、触れないけど、それは、確実に、駆動したりしてる状況ではあって、ある意味、「会」は、その「共産的バージョン」のシュミラークルでもあると思うのです。

だからといって、秀明信者を、殺戮および、皆殺しにしていいかというと、やはり、いけないのであって、「ジェノサイド」というか、ナチスの「ユダヤ人」撲滅などにも、つながってしまう。

それから、個人的に、思うのですが、秀明に、恨みを持つレベルにまでなる人は、みんな、社会の方から、何を、言われても、頑なに、信仰を選択しつづけた時期があるから、許せないという状況にまでなるのだとは、思います。そして、おそらく、そのときは、いくら、真っ向から、「詐欺なんだよ」「バカなんだよ」「やめろよ」といわれても、結局、つづけていたという状況は、あったのではないでしょうか。そのときのことに、思いを、馳せて、何故、自分が、許せないと思うまでに、信仰にのめりこんだのか、という、ポイントに、焦点をあてて、信者の方には、言葉をだしたほぷが、いいのかなぁとは、個人的には、思ってます。自分だったら、信仰が、ノリにのってるときに、真っ向から、「詐欺だ」といわれて、「はい、そうですか」となれたか、そして、そうなれなかったのは、何故かということに、思いを、馳せるのは、大切かなぁとは、思います。

うーん、議論の資格をあたえないのは、まず、なんらかの、「責任」をもってる人間、にならいいとは、思いますが、末端の人には、ある意味、「暴力」になってしまうし、それによって、上の「責任者」を、ひっぱりだせるのなら、意味もありますが、8ヶ月くらい、このページを、見てきて、秀明のほうから、話の通じる、通じないに関わらず、続けていこうとしている人が、まともに、対話を、試みようとした、スタンスのカキコミというのは、やめようとしている人は、別として、皆無だったのですから、正直、何か、別のスタンスも、あると思うのです。

ただ、これで、上の連中に、あぐらを、かかれるのは、いやなのですが、ただ、何は、ともあれ、この「アンチ」という敵陣で、普通に、所見を、述べている方を、個人的には、ないがしろにはできませんし。

ということで、思い出したのですが、「ボトムアップ」。
結局、秀明は、体制が、「共産系」なので、どうしても、「トップダウン」になってしまいます。今の、日本も、結局、内閣の方針や利益に沿った、政策を勝手に、決めたりしていますが、新聞や、テレビ、マスコミは、それを、ゆるしません。もちろん、かたよっては、いるところも、あるでしょうけれど、どちらかというと、わたしは、秀明の信者が、そういう、今、困ってることを、このページに、かくことによって、「会」への何らかの、革新や更新を、促す要素を、持つようにできたら、いいと思うのです。ぶっちゃけ、脱会者が、「怨念」を、ばりばり、もうしたてても、どうなんだろうとういう疑念があるには、ありますが、といっても、わたしも、そういうときは、あるのですが、何は、ともあれ、秀明の改善点を、秀明の現役信者が、ここで、語ってくれるとういうのは、批判としても、より、力を持つと思うのではあります。


[1013]誤解のないように追伸。
京有
2005/6/22 17:49
確かに信者は被害者でもあります。
無理に強要されている段階では被害者になります。
しかし、自分の意思で少しでもお玉串すらを捧げているのであれば共犯者です。

そういった意味でも秀明の詐欺性については客観的に検証せねばならないのです。
僕は検証しない者に対して議論する資格は与えない。


[1012]詐欺
京有
2005/6/22 16:34
同じことを何度も繰り返さないと解からないのが信者の特徴ですね。

>私の基本的なコンセプトは本人がそれがいいと思っていて

その理は正しいですが秀明には当てはまりません。
なぜなら詐欺だからです。
詐欺団体に参拝している。
その自由を認めるわけにはいきません。
少なくとも僕は許しません。
詐欺に加担することは止めるべきです。

>私の基本的なコンセプトは本人がそれがいいと思っていて、相手に押し付けなければなんだっていいと思ってます。犯罪は駄目ですけどね。

何度か書いていますが秀明にお玉ぐしを払っている間は犯罪に手を貸していることになります。
ミントさんが参拝を続けられているのか家で勝手に信仰されているのかはしりませんが、少しでも参拝されているのであれば共犯者です。

>お玉串は神社に参拝する
時と同じくらいの金銭で同じような感覚でお賽銭してます。だから、金銭に関しての被害者意識はほとんどないです。

自分自身はそう思い込んでおられるかもしれませんが、そういった小さなお玉ぐしの集まりが多くの信者によって集まり詐欺集団が生き続けているのです。

>幸せの価値基準なんて人それぞれだし、ある人がその人のことを不幸だなと思っていても本人は幸せだったり
逆もしかりです。

少なくとも秀明の人間にはわからないレベルの幸せがあります。
それは信者であるうちは絶対に体験できない。
本来の幸せというのは人の指示を仰いでつかめるものではない。
そういった幸せに秀明は制限を掛けています。
大きな幸せを味わうことは誰にも制限できるものではないが秀明はそれをしてきたから言っているのです。

多くの被害者がいることになぜ注目しないのか、ミントさんの信仰されている団体は確実に詐欺です。
参拝なんて何の意味もない。
被害者が出ていると何度でもいっているのです。

たとえミントさん自信が自由だと思っていてもその団体から多くの被害が出ている限りはミントさんも経済的共犯者であるうちは僕は絶対に許しません。

いくら言っても理解できないでしょうが。

なぜならば秀明は詐欺だからです。もう一度言います。秀明はただの詐欺です。
もう一度いいましょうか?
何度でもいいます。秀明はただの詐欺なのです。

たとえ小さなお玉ぐしでも多数の信者の上納によって詐欺は行き続けます。それによって新たな被害者が出ます。
信者は共犯者なのです。

僕の言っていることが真実かどうかは検証してください。
検証しないのであれば議論する資格は与えられません。

ミントさんに質問します。

秀明が詐欺だという自覚はありますか?
もしないのであれば検証してくださいといっているのです。
それとも詐欺だと自覚しながら参拝しているのであればそれは確実なる共犯者です。

必ず質問に答えてください。

何度もいいます。
僕は秀明が詐欺であるという証拠も掴んでいます。
悪に手を貸すということは「自由」を選択できる権利は与えてはなりません。
少なくともミントさんの信仰されている団体は詐欺です。

まずミントさんが秀明を客観的に見られない、また検証を行わないのであればここでの議論は無駄です。
でも僕は秀明の矛盾には突っ込ませていただきますので。

秀明の思想は詐欺にもとずいて行われています。
それを自覚されているのかどうなのかということです。

もし議論される場合はこれからする以降の僕の質問には全て答えてください。
答えるまではずっと問い詰めます。
秀明信者には問いたいことがいっぱいあります。

僕はきのうの書き込みでお光なんてただの紙だと証明しています。
だから詐欺なんですよ。
それをもう一度読んでください。
何の意味もない紙を神と思い込んで支配されている。

詐欺団体に少しでも加担している時点で共犯者なのです。
脱会を前向きに考えておられている人には僕もアドバイスします。

しかし詐欺を支持される方には僕は厳しく接させてただきます。
例え、ほかの人が許されても。


[1011]マイペースで
ミント
2005/6/22 15:12
私の基本的なコンセプトは本人がそれがいいと思っていて、相手に押し付けなければなんだっていいと思ってます。犯罪は駄目ですけどね。


幸せの価値基準なんて人それぞれだし、ある人がその人のことを不幸だなと思っていても本人は幸せだったり
逆もしかりです。


勝ち組負け組という言葉がありますが、結局勝ち組に
ハタからみえても、本人が幸せなのかどうかは別問題です。逆に負け組という部類に一見見えても本人は
ささやかな幸せに喜びを感じてる場合だってあるのです。


そもそも勝ち組、負け組という言葉自体わたしは好きに
なれませんが。結局コレもマスコミの情報操作が大きく
影響していると思います。雑誌や啓蒙書やテレビや
時代や。


人それぞれ、線引きが違うしその価値基準が大きく違えばお互いわかりあおうとすること自体が難しいです。


人は選べるものと選べないものがあります。
国や時代、親、性別なんかは選びようがありません。
でも選んでいける事もあります。


宗教に入るという選択も、入らないという選択も。
一歩一歩何かに向かって達成できた喜びを感じる人も
いれば、惰性的に生きてそれでも今がよければそれで
いいじゃんみたいな人も。


私はそれはそれでいろんな人がいるなぁと思うだけです。

献金も私はしたことないです。お玉串は神社に参拝する
時と同じくらいの金銭で同じような感覚でお賽銭してます。だから、金銭に関しての被害者意識はほとんどないです。

でも、強烈に強要されていた方はその恨みも尋常じゃ
ないでしょう。

私はなんでもそのことにこだわりを持ち続けるとすごく
自分が苦しくなるから、適当に流してます。
一時宗教のことですごく悩んで本当に辞めようか悩んで
いた時がありますが、それも通り過ぎてしまったみたいです。

なんにでもこだわりすぎると疲れるので付かれはなれず
くらいに、自分のペースでやってます。


[1010]カルト
京有
2005/6/22 13:55
僕自身のカルトとしての概念は、

・まず何よりも思想団体もしくは宗教団体であることであることが前提。とも思ったが、著書などを通じてマインドコントロールを行う方法もある。少なくとも個人の脳を使わせず、外的権威だけに従わせる思想はカルトとしての素質は十分ある。

・何かにつけてお金がかかる。

・外の考えは邪神だとか言って情報を遮断する。または視野の狭い中で判断をさせる。

・そして、その団体が真実かどうか客観的検証をさせ難いような思想に持っていく。「宇宙を知ろうとすることや実験は神のへの冒涜」「宝石店に持っていこうとするとダイヤが消えた」「神を知ろうなんて人間のおごりである」など。

・個人の頭で考えさせない。常に外的命令に従うようにマインドコントロールする。

・言っていることとやっていることが違う。矛盾がある。しかも、やたらと綺麗なことを言いたがる。


秀明は全て当てはまります。


まず自分の頭で考えず外的権威や命令に従う思想はカルトの素質があると思います。
僕の見解の中では常に「検証」や「研究」「情報収集」「既にある概念や一般常識の除去」という言葉を常に用いますが、これがない限りは「思い込み」「仮説に過ぎない」ということになるのでとても大事なことだと思います。

また、信者でなくとも僕は「一般常識」や「法律」という過去からのルールにマインドコントロールされていると思っています。
もちろん犯罪を防止するためにはある程度必要ですが所詮は人間の造ったルールに過ぎず政治家に都合の良いルールも多いです。

権威主義は僕から見れば全てカルトです。
「敬語」も綺麗な言葉ではありますが下の者が上に意見し難くなるという欠点があります。
特に議論をする場合は上下関係は出来るだけなくしていただきたいとそう思っております。

人間は本来、誰かに頼んで生まれてきたのではない。
人間は自由であり、平等でなければならない。
例外としては確かに自分は「M」だと言って自ら虐待を好む方もおられます。

人間には知性があります。
その知性に制限をつけてしまう規制は未来の発展には好ましくありません。
秀明は反対派に対して全て動物霊扱いにしていましたが、動物的なのはむしろ個人の知性を取り去ろうとした秀明的人間なのではないかと思います。

動物はダーウィンの進化論的には進化し続けますが、自分自身の脳で発展をしようとはしません。
人間にある特権なのです。
秀明思想は、そういった人間の持つ「発展意欲(向上心)」「工夫」「検証意欲」可能性を信者から奪っていきます。

早く言えば秀明は人間の発展を奪っていく。
それを拡大しようとしている以上、文化の発展を奪おうとしていることにも繋がるので絶対に阻止しなければならない。
芸術を取り入れて、綺麗には見えるが信者の心とは何の関連性もない。

京都支部のコーラス僕も飛び入りで指導したことがある。
講師を未信者から読んでいたけどレベルも低い。審美眼があるはずの弘子ちゃんにしては講師の選択は失敗だな。
会主もあんなプラスティックのダイヤを本部に展示していたのだから審美眼はどうかんがえても神的とはならないはずだ。
僕でさえプラスティックみたいだなぁと思っていたのに。
少なくともあの目は節穴ですよ。
離脱劇も僕はひとりよがりな感じを受けていました。


[1009]意味不明な、思いつき
punyoon
2005/6/22 9:43
ミントさん
>現役信者がここに書きこむのはとても勇気のいること
です。そのことを前提に聞いてください。

ほんとに、これは、すごい、勇気いることだ、とあらためて、思いました。秀明は、秀明で、外の人から、言わせると、カルトだと、いわれるし、そして、外に、信仰を、表明する場合は、カルトだという、レッテルが、カルト的に、蔓延してるし。そうなると、一体、どっちが、カルトなんだって、いう視点もでてきて、合わせ鏡みたいに、カルトが、無限連鎖してく。カルト的なものは、実は、秀明の中だけでなく、秀明でない、場所にも、存在する。人間は、なんらかの、前提のうでいきていかなくてはいけないし、結局、それに対しての、省察が、なければ、秀明でなくても、人間という生き物は、すぐに、カルトにだってなる。

人間という生き物は、あほな生き物だと思う。テレビで、少女に、性的虐待おこなってた、京都のキリスト教の状況を、映した、テレビ番組を、見ても、信者が、牧師に、手をかざされただけで、聖霊に、飛ばされたといって、壁まで、とんでいくのをみても、いきながらにして、真剣な「おわらい」になってしまっているのは、すごいことだと思って、朝、目をさましてから、昨日のその映像で、われってしまう。あれは、あれで、ふきとばされないと、信仰が、たりないということで、はげしい状況になってるというらしい。そして、その性犯罪は、関係のない、人からすれば、うまくやったなとか、いう状況で、フェードアウトしてしまうかも。

世の中には、ライオンや豹や、象や、トンボや、牛や、豚や、ミミズや、アメンボや、いろんな生き物がいるなぁと。そして、人間の中にも、いろんな人種が、いるなぁと、なんだか、あらためて、思った。結局、もしかすると、みんな、自分で、自分のカルトなのかもしれない。きっと、みんな、何かの種類ではあるのかもと思った。


[1008]カルトの男は弱い
dora
2005/6/22 1:20
神にすがってばかりいる男に魅力ないし。もてなさそうな男が多かったよ。人を色情よばわりして見苦しかったよ。秀明の男は弱いと言いながら、実践に出るなんてよけいに弱くなるよ。京都支部は、秀明ではメジャーな支部だったから、冗談の通じないような堅物が多かったのかな?たぶん、秀明の女にいいとこ見せるために実践頑張ってたんだよ。一般人には迷惑だね〜。


[1007]ミントさんへパートU
京有
2005/6/22 0:55
控えると言っておいてまた追伸ですが。

フィットネスもやっておられたのであれば「漸増性(漢字忘れました)」という言葉をご存知ですか?
ボディビルでは頻繁に使われる専門用語なのですが英語ではオーバーロードとも言います。
その人の成長に合わせて少しずつ負荷を加えていき向上することです。
例えばベンチプレス。
始めは30kgを10回から始め、一定の回数がこなせるようになったら2.5kgで8回。そして数日後10回出来るようになれば更に2.5kg増やします。
そうしていって100kgあるいはそれ以上を長期的、中期的、小期的な目標を立てて目標を制覇していくんです。
ただし前述のようにオーバートレーニングや栄養学にも厳密な計画を練ってゆきます。
そして目標に少しずつでも近付いて来た時、人間はこの上ない喜びに浸ります。

僕も恋愛に興味があり変な話ですがエッチな人間です。
しかし、このように目標を少しでも満たせた時、恋愛や性的な快感にも勝る幸福感に満ちる時があります。
そして何よりも好きなことをやっているという実感。
向上心が達成した時はプライドが生まれます。
そして自信をもっているジャンルに関して自分は誰にも負けたくない、そのためまたそれが次ぎの向上心の栄養になります。

この再の我は単なる頑固とは違います。
こういった我とプライドは人間の向上心には必要なのです。
秀明を見てください。
「プライドや我は捨てろ」といわれます。
京都支部でも「秀明の男は弱い」とか言われていました。

中には「秀明に入ってから弱くなった」と自分自身でも主張しながらひたすら駅デモなどをしていた奴もいました。
秀明に入ると人間は弱くなるということも回りを見れば解かると思います。
特に男性が弱くなるのは大問題です。
秀明信者に向上はないのです。

まず地獄というイメージを散々み教えによって叩き込まれ、神に逆らうとそこに落ちる。
その際、神は可哀想だとは思うが保障出来ない。
無責任だとは思いませんか。
不幸の手紙といっしょです。
不幸の手紙も勇気のある人がいれば阻止できるのです。

僕の家にも数通来たことがあります。
はじめは言いなりになって数通コピーして他人に送ったことがあります。
しかし、人を不幸にしてまで自分が幸福になるべきではないと勇気を持って次からは破り捨てました。
それからも違うルートで何通も来ましたが全部破りすてました。
しかし、何の災害もありません。

「お光」も「光明」も「家庭用のご神体」も破りすてました。
聖教書もみ明かり集も、10年以上分にも及ぶ秀明紙も全て細切れに破り破り捨てました。

絶対のみ教え「聖教書」には何と書いていますか?
「私の書いた文字を粗末にすると必ずお気付けがあるから注意してもらいたい。」
僕達は神の言葉は一言一句真理だと教わりました。

お気付けは必ず起こる?
お気付けってどういう意味ですか?
必ずってどういう意味?
み教えは完全に崩壊していますよ。

それほどの神の著書を僕は粗末どころかビリビリに迫害し上に乗って踏みつけた後、ゴミ箱にポイ!しました。
これは真実です。
僕は今は神なんか一切怖くありません。
ちょっと過激な例えですが、夜中に支部に乗り込むことが出来ればご神体をビリビリに切り裂ける自信だってありますよ。
あれは神ではなく紙なんですから。
信者に言えば「怖いこと言うな」といわれるでしょうが、それも信者の単なる思い込みなんです。

秀明でいきり立っていた頃を馬鹿馬鹿しく思えるようになればそれはミントさんの向上です。

>「秀明をやめるつもりはありません」

これは下の章でも書いた如く「頑固」であり「停滞」なのです。
今すぐでなくてもいいのですが、少しずつでも真実を求めようと検証すること。
それが向上なのです。

言い切ります、秀明がこれから何百年たとうとも立派な宗教にはなりません。
秀明が戦争断絶のキッカケになることもありません。
ほんとうに何度も言いますがただの詐欺集団に過ぎないのですから参拝なんてなんの意味もないしただの暇つぶしなのです。

自己満足なのです。
いや!!
利他愛だと言い切れるのであれば立派かもしれませんが、それも結局は自己満足ですね。
誰が見ても秀明信者の行動が利他愛だなんて思っていませんから。
・・・と信者に言ってやると大概の人は「そうや俺は自己満足や」と開き直るんですよ。
偽善者丸出しですね。

断言します。
僕を信じないでください。信じる必要はありません。
しかし、もう少し客観的になって検証をしてください。
冤罪などの問題も検証不足が関係しています。
検証した人だけが真実に近づけるのですから。

なんらかの形で感謝を訴えるひともいますが不幸な人がそれの何倍も上回っていると思いませんか?
事実から目をそむけないで欲しいですね。

まさに停滞です。


[1006]ドロップアウト連中
根絶
2005/6/21 23:19
秀明の 小山やその他 幹部連中やけどね。
末端信者を だまして 献金させないとやね・・ 
自分の給料が 出ないもんね。
すべては 自分の生活のため・・。

どこが 利他愛やねん。
自己愛 詐欺集団や。
まるで ハイエナ みたいなもんや。


[1005]ミントさんへ
dora
2005/6/21 22:29
だいぶストレスたまってそうですね。スポクラはストレス発散できるけど、秀明はストレスたまる根暗なサークルだよね。ストレスは病気の元だよ。秀明はきれいごとばかり言うわりには、不健康な連中が多かったよ。日ごろの食生活や、運動、サプリなどで回復可能だよ。栄養調べりゃ何が良いかすぐわかる。
本部のくそまずい食事で、栄養失調になったのがいっぱいいたよ。じょうれいもくそもないよ。世間に認知されないとこにいたら、ドロップアウトするよ。
参拝なんて、ひまだから行くんだよ。利他愛なんてあるわけないじゃん。


[1004]どもです。
京有
2005/6/21 22:03
>胸が痛い。未だに、わたし、断固として、ぽいすてしている、極悪人なのです。

僕のいいたいのは・・・

ポイ捨て自体も決して良いことなのではないのですが、それよりも普段から神を語っている者がそういう行為にでるという偽善行為なんです。
そのくせ街頭では人の幸せを願うというその矛盾。
み教え絶対と言っているものがそういった行為に出る矛盾。
それを見た時にある種のショックを受けました。
神だ善だと語っている者がポイ捨てという基本的なことを犯している。
丹波哲郎曰く「地獄人と天国人の違いは、前者はゴミを捨てる人、後者はゴミを拾う人」というのがあります。
彼の地獄がどうのとか言う言動が真実かどうかは問題にしませんが、はっきり忘れましたがみ教え自体に似たような理があったように思います。


>ミントさん

ただオーバートレーニングというものにも気をつけなくてはなりません。
また人により合う運動、合わない運動もあるかもしれません。
運動というものはやり始めの頃は著しい成長を見せるものなのですが、ワンパターンなトレーニングや現在の自分以上の負荷や時間をかけてトレーニングすると逆に吐き気、頭痛、苛立ち、筋力の減少、など生理的に逆効果になる場合もあります。
トレーニングにも客観というものがすごく必要になってきます。
それによって正しいプログラムを組まないと逆効果になります。

そういう意味でも中途半端でなく科学も少し突っ込んだところまで入り混まないと思わぬ障害が発生することもあるんですよ。
日本では科学という言葉を毛嫌い、軽視される傾向にありますがアメリカなどではこれによって大きな成果を上げている事柄も結構あります。
これは日本の比ではありません。もちろん薬物乱用の人もいますがドラッグフリーでかなり科学的に分析して成果をあげている人も多くいます。

なんでもそうですが間違ったやり方をすると10年たっても全然効果がなくまたスタート地点以下になることもあります。
僕は音楽も勉強していましたが、恐ろしい程それを実感しました。

秀明でいうところの浄化。
もちろんどんなジャンルでも向上するには、ここというところでどうしようもない苦痛に出くわすターニングポイントというものがあります。
しかし、楽をしたいという発想によって科学や改革的な理論を取り入れて今までに体験したことのない大きな効果が得られることもあるのです。
非科学な世の中は必要以上に人間は苦しんでいると思います。

ほんの一例ですが、昔は部活などでは水を飲んではいけないといってバタバタ人が倒れました。
しかし、ミントさんもフィットネスをしてご存知だと思いますが、運動に水は欠かせませんね。
車で言えばラジエターのようなものです。

昔は科学や検証よりも先輩達による権力を押し付けられてきましたからラジエターを空にして車を走らせていた状態なのです。
これでエンジンが焼きつかないはずはありません。

科学は絶対とも言い切れませんがあらゆるジャンルでの発展には欠かせないということを僕は言いたいのです。
明主様も言っています。「例え完璧にならなくともそれに向かって常に一歩一歩向上しようとするその心構え」
少なくとも秀明の人にはこれはまったく感じられません。
み教えが絶対?
10年前も今も秀明の人間性が向上したとはとても思えません。
これは幹部だけではなく末端信者も含めです。
中には忠実にみ教えを実行しようとしている人もいるかもしれませんが。

信者であるならばみ教えに書かれている人間に少しでも近付こうという意気込みが少しも感じられない。
即ち自己満足で偽善的な部分が僕は許せないのです。

浄化の後は良くなると信じて良くなる人よりも良くならない人の方が多いということです。