折紙の折り方を日記(週記)形式で綴る。

今度のシリーズは サイモン・ライト博士 です。

連絡事項: つづき は別で

全然更新していませんでした。その後別に書き始めました。 こことは趣が異なり、まだまだ Ruby とプログラミング中心ですが、 おいおい SF系の話しにもなるでしょう。

2008年03月23日 16時00分00秒

G-con 2004年の日本SF大会

第43回日本SF大会 G-con (2004/8/21,22) にて「折り紙キングギドラ普及教室」あります。

ここでは途中までしか書けていないキングギドラの折り紙の実演・教室です。(21日土 16:30-18:00 ラウンジ (予定) )

「G-con ( http://www.gcon.fromc.jp/)」

キングギドラの折り方」は途中です

2004年08月12日 23時18分29秒

名前付き展開図(PDF)

なんか展開図の小さい字がはっきりしませんね。画像ではなくてPDFにしたものを用意しました。

simon_named.04625.pdf

2004年06月27日 15時09分38秒

名前付き展開図を折る

それを折るとこんな感じ。後ろや底、左の写真は撮っていないけれど、なんとなく想像して下さい。

2004年05月25日 00時06分15秒

名前付き展開図

その展開図に、折ったらどこになるのか書き込んでみました。

An unfolded diagram of Dr. Simon Wright with parts names

2004年05月23日 17時16分05秒

展開図

その折り紙の展開図です。山折り谷折りの区別をつけるのは、ちょっと大変なのでまだです、ご免なさい。

An unfolded diagram of Dr. Simon Wright

2004年05月09日 22時19分48秒

ハーモニー折り紙

折り紙の写真をもう一度見てみます。

これは下記の色変わりしている折り紙で折りました。 色の変わり目がちょうど眼柄の所に来ていて、その色が変わっているのが分かるでしょうか。

クリーン ハーモニー おりがみ (ショウワグリム株式会社)
「クリーン ハーモニー おりがみ」
No.23-1503 PAT.387533.PAT.P.
ショウワグリム株式会社 (埼玉県越谷市蒲生3867番地)

2004年05月09日 16時30分31秒

フューチャーメン

サイモン・ライト博士の姿形を引用します。

ハヤカワ文庫SF<SF143>
キャプテン・フューチャー  「恐怖の宇宙帝王」
エドモンド・ハミルトン   野田 昌宏 訳
CAPTAIN FUTURE AND THE SPACE EMPEROR  by Edmond Hamilton, 1940
カバー/口絵/挿絵 水野 良太郎
昭和49年5月31日発行   昭和50年4月20日二刷   株式会社早川書房

フューチャーメンと準レギュラーたち
p.10 サイモン・ライト

フューチャーメンの一員。もとは高名な科 学者だったが、死に瀕したとき同僚だった カーティスの父の手でその脳を特殊なケー スに収められ、 <生きている脳> となる。 キャプテン・フューチャーの参謀役。

p.25 l.-2

そしてそのロボットは左手に透明な四角い箱をかかえていた。そのなかには生きている脳(、、、、、、)がお さめられているのである。箱の正面にはレンズの眼が二個ついている。そしていまその眼は、フ レキシブル・シャフトでつくられた支持部を伸ばしながらじっと主席のほうを見つめていた。

p.29 l.-8

サイモン・ライトは人間ではないのだ。もちろんかつては人間だった。かつてかれは高名な科 学者としてあまねくその名を知られていたのだが、老年になって不治の病いに冒された。そこで そのすぐれた脳を死から救うために、ニュートンは老科学者の願いをいれてその脳をそっくり体 からとりだし、特製の漿液入りケースに移植し、今日にいたるまで脳だけが生きつづけているの である。


いまそのケースはロジャー・ニュートンとその妻が向かいあうテーブルの上に置かれていた。 それは約一フィート角、透明金属でつくられている。その金属はごく特殊な合金であるため、衝 撃、熱、体温などにまったく影響されることはなく、内部には漿液を循環させ浄化するためのポ ンプもとりつけられていて、一年やそこらは電源の電池ともども漿液を補充してやる必要はまっ たくない。

ケースの側面にはサイモン・ライトのにあたるマイクがとりつけられている。そして正面に は()にあたる振動板、そして意のままに操れるフレキシブルパイプの先端にレンズ眼がとりつけ られていた。その箱のなかに、この偉大な科学者の()()んでいるのである。

いつもひと(?)に運んでもらっていたサイモン・ライト博士ですが、その後自由に飛べるようになりました。

ハヤカワ文庫SF<SF59>
キャプテン・フューチャー  「謎の宇宙船強奪団」
エドモンド・ハミルトン   野田 昌宏 訳
STAR TRAIL TO GLORY  by Edmond Hamilton, 1941
カバー/口絵/挿絵 水野 良太郎
昭和47年5月31日発行   昭和51年7月15日四刷   株式会社早川書房

p.37 l.-1

かすれ声を出す四角の箱、サイモン・ライトはかつて太陽系内でも有数の科学者であった。死 の直前にとり出されたその脳は透明金属のケースにおさめられ、小型ポンプや浄化機によって循 環される漿液によってそのまま生きているのだ。ケースの正面にはフレキシブル・パイプの先に ついたレンズの犂祗瓩筏ヽEな共振を応用した犖瓩とりつけられている。

キャプテン・フューチャーはそのケースの中に、もうひとつあたらしい機構を取りつけ終わっ たところなのである。それはケースの各面から磁力ビームを放射できる機構であった。もちろん その制御機構は脳髄の中心部に直結されている。

「移動用の推進ビームをテストしよう」サイモンがつぶやいた。

p.38 l.9

かすかに青い色を帯びたビームが四角のケースの底から下に向けて放射されると、サイモンは そのまましずかにテーブルの上を離れて中空に浮かび上がった。そしてそのまま釣合いをとって ぴたりと静止した。次にケースのうしろから青いビームが吹き出すと、その反撥力によってサイ モンはそのまま水平に壁のほうへと移動した。カーティスの見守る中でサイモンは、研究室の中 をいともなめらかに、しかもしずかに、自由自在にとびまわって見せた。

長く手に入りにくかったキャプテン・フューチャーシリーズですが、今夏(2004年夏) 東京創元社から復刊されるそうです。

復刊ドットコム

キャプテン・フューチャー全20巻

復刊リクエスト投票 http://www.fukkan.com/vote.php3?no=1354

復刊決定 http://www.fukkan.com/bookhist.php3?no=1354

伝説の奇想SF作家エドモンド・ハミルトンを代表する、傑作スペース・オペラ・シリーズ《キャプテン・フューチャー》全20作+短編集1冊が
2004年夏、創元SF文庫から甦る!

《合本版・火星シリーズ》《完全新訳版・レンズマン・シリーズ》を成功させてきた東京創元社が贈る、スペース・オペラ復活企画、第3弾。70年代にファンから絶大な支持をうけた《キャプテン・フューチャー》シリーズが、短編集まで含めて全作復活します。『恐怖の宇宙帝王』に始まるシリーズ全作を、時系列順に2作ずつ1巻におさめて全10巻+最終巻1巻は短編集としてお届けします。
翻訳はもちろん第一人者・野田昌宏宇宙軍大元帥。そして今回新たなフューチャーメンを描くイラストレーターは、永年キャプテン・フューチャーのファンだった鶴田謙二氏。

鶴田謙二さんの手になるサイモン・ライト博士のイラストにも興味津々です。

2004年04月29日 12時49分52秒

サイモン・ライト博士

<生きている脳>ともいわれるサイモン・ライト博士は、キャプテン・フューチャー シリーズ(エドモンド・ハミルトン)[早川書房][東京創元社]の登場人物です。

2004年04月29日 10時10分42秒

ハロと風船の折り紙
ガンダム といえば ハロ です。 ガンダムSEED では、ピンクの ハロ ががんばっていました。 そのへんを風船の折り紙で折ってみました。
2003年10月13日 17時34分26秒

Ruby で Illustrator
ちょっと機会があって、Illustrator を使うひつようがあって、そのメモ(備忘録)をおいておく。 まだメモがきなんで大して意味はないけど。
2003年01月03日 17時09分08秒

コミケ63 (2002/冬/)

コミックマーケット63(2002/12/28-30) 2日目 日曜日 西地区(西1ホール) "に" ブロック - 02b

2002年12月11日 01時07分40秒

ちよ父 折紙
お久しぶりです。
過日、DASACON6 に参加した際、ちよ父の実物大ぬいぐるみと目が合ってしまいました。そういうわけで、そのときその場でちよ父の折紙を考えて、折りました。そのちよ父折紙の解説を挙げます。
2002年10月30日 00時59分52秒

2001年モノリス折り紙

しばらくお休みしていました。2001年という事でその間にまとめていたモノリスの折り方を挙げます。

これは、今夏 第40回日本SF大会: SF20011 (01/8/18,/19)コミックマーケット60 (01/8/12) に合わせて作ったものを、Web用に整形し直したものです。

折図の画像が多いので、少し重いかも知れません、ご注意下さい。

2001年09月30日 20時53分06秒

バトルフィールド・アース

すぐれたB級SFアクション映画である。

「原作読んでなくて背景分かるか?」とか、 「宇宙人が人間そっくり」とか、 「わけてもトラボルタひとり何故あんな顔」とか 振り返ればいろいろ言うべき点はあるが、 B級SFアクション映画なので流れにまかせて楽しめば良。

別にわざわざひとに勧めるような映画ではないが、 見に行くという人を止めるようなものでもない。

宗教的メッセージは、 「金(Au)は喰えない」とか 「友達は大事にしよう」とか 「自由で(?)なければ我々は本当には生きていない」とか 「特攻(おまえ(主人公)は残れ、俺が行く(‥…ドーン!))」とか いうレベル。 アクション映画としては正当に健全な範囲。

原作のおバカな感じもよく再現していた。 (サンリオ文庫版6冊を読んでいた—自慢できるか?) 原作後半、その後のあと始末の話がまったくなかったのは少し残念。 まあ、映画化しにくそうなはなしだから無理ないか。

バトルフィールド・アース

折紙一回休み、次回折紙更新時この項はどこか余所にやります
2000年10月31日 21時49分08秒

キングギドラの折り方は途中です


私のホームページへ | Technopolisのページへ | メイン | 今すぐ登録