カルダーノ研究の基礎
 
Platform for Cardano Study
  

 
 

    カルダーノ (1501-1576)は、パヴィアで生まれ、3次方程式の解法を見つけたりギャンブルに関しての確率論に取り組んだりした数学者であり、熱心にヒポクラテスを註釈した医学者、教皇にも意見を聞かれたプトレマイオス主義占星術師にして自然哲学者です。大判の全集で全10巻にものぼる大量の著作を残しています。自伝というジャンルを確立した事でも知られています。
 

カルダーノの主な著作
 
* 数学、『大いなる技』 Ars magna, Nuremberg, 1545.
*
自然哲学、『精妙さについて』 De subtilitate, Nuremberg, 1550.
*
自然哲学、『事物の多様性について』 De  varietate rerum, Basel, 1557.
*
自伝、『我が人生の書』 De propria vita (執筆、1575-1576)、Paris, 1643.
  
 
0.邦語で読めるカルダーノ入門編 (ここは皆さんのほうが詳しいでしょう)
 
---
『カルダーノ自伝』、海鳴社、1980年 = 平凡社ライブラリー、1995
 
---
『わが人生の書』、社会思想社、<1980 & 1989年。
 
---
オア、『カルダーノの生涯−悪徳瑞矧w者の栄光と悲惨』、東京図書、1978年。
 
---
安藤洋美、「カルダノの De Ludo Aleae」(1)−(6)、『現代数学』、19772‐6810月号。
 
---
榎本恵美子、「カルダーノと夢解試゚」、佐藤三夫編 『ルネサンスの知の饗宴−ヒューマニズムとプラトン主義』、東信堂、1994年、185-199頁。
 
---
榎本恵美子、「カルダーノ『わが瑞l生の書』をめぐって−占星術の枠組みと作品の構成」、伊藤博明編 『ルネサンスにおける異教的伝統の再検討』、平成6年度科研費 (総合研究(A))研究成果報告書、1995年、146-167頁。
 
---
榎本恵美子、「カルダーノ『わが瑞l生の書』第二部分の考察−ガレノスの影響を中心に−」、『ルネサンス研究』、第4巻、1997年、30-69頁。

--- G.カルダーノ、榎本恵美子訳、「<一>について」、『ルネサンス研究』、第2巻、1995年、168-頁。
  
 
1.カルダーノのテクスト

その1.ラテン語原典

全集
‐‐‐ Opera Lyon, 1603, 10vols. 復刻、New York, 1980.
随分前から全集の復刻版が出ています。
 
 

  

その2.翻訳
 
De subtilitate

 

--- Les livres de Hierome Cardanus medecin milannois, intitulez de la subtilite, & subtiles inuentions, ensemble les causes occultes & raison d'icelles, traduits de Latin en Francois, par Richard le Blanc, Chez Pierre Cavellat, Paris, 1584.
主著の仏語全訳。
  
--- M. M. Cass, The First Book of Jerome Cardan's De subtilitate, Williamsport, 1943.
第1書だけの翻訳。

--- --- B. Accordi et al., "Traduczione e commento del De lapidibus di Gerolamo Cardano (Dal libro VII del De subtilitate, edizione del 1560)", Geologia romana, 20 (1981), pp. 125-169.

7書だけの翻訳。

 
  
De propria vita
 
--- >The Book of My Life, New York, 1930.

--- L'autobiografia di Gerolamo Cardano, Milano, 1932.
  
--- >Ma vie, ed. J.Dyre, Paris, 1936/1991.

--- Della mia vita, ed. A. Ingegno, Milano, 1982.
 
 
 
2.参考学術文献

・文献表

--- Ingo Schuetze, "Bibliografia degli studi su Girolamo Cardano dal 1850 al 1995", Bruniana & Campanelliana, 4, (1998), pp.445-467.
現在では、この文献表からスタートするのが良いでしょう。しかし、これも完璧なものでは決してありません。
 

・その人生と仕事

‐‐‐ Dictionary of Scientific Bibliography, 3 (1971), pp. 64-67.

‐‐‐ L. Thorndike, A History of MAgic and Experimental Science, New York, 1941, v. 5, pp. 563-579.
案外これをちゃんと使えない歴史家が多いのが問題です。

--- H. Morley, The Life of Jerome Cardan of Milan, Physician, 2vols, London, 1854.
 
‐‐‐ J.-R. Charbonnel, La pensee italienne au XVIe siecle et le courant libertin, Paris, 1917, pp. 274-299.
イタリアから移入された自由思想主義のなかでカルダーノは重要な位置を占めています。
 
--- M. M. Cass, The First Book of Jerome Cardan's De subtilitate, Williamsport, 1943.
De subtilitate
の第1の書の翻訳と註釈、イントロダクションからなっています。
 
‐‐‐ J. Eckman, Jerome Cardan, Baltimore, 1946.
カルダーノの医学。レアですが、なかなか良い出来です。
 
--- Jerome Lucas-Dubretton, Le monde enchante de la Renaissance: Jerome Cardan, Paris, Fayard, 1954.
これの使い方には要注意です。

--- M. Fierz, Girolamo Cardano, 1501-1576 (orig. German ed. Basel, 1977), Boston, 1983.
コンパクトにまとまった良い入門編です。
  
--- A. Ingegno, Saggio sulla filosofia di Cardano, Florence, 1980.
カルダーノの哲学を最も良く扱ったもの。ポンポナッツィとの関係に重点を置いています。
   
--- E. Kessler (ed. ), >Girolamo Cardano : Philosoph, Natur-forscher, Arzt, Wiesbaden, Harassowits, 1994.
カルダーノの国際的な批判的研究の第一歩は、このHABでの国際会議の論集から始まりました。
 

A.Buch, "Krisenbewusstsein und Fortschrittsglaeubigkeit in Cardanos De vita propria."
G.Canziani, "Sapentia e Prudentia nella filosofia morale di Cardano."
E.di Rienzo, "La religione di Cardano."
A.Ingegno, "Cardano e Bruno."
E.Kessler, "Cardanos Naturbegriff."
M.L.Bianchi, "Scholastische Motive."
N.G.Siraisi, "Cardano, Hippocrates, and Criticism of Galen,"
G.Ernst, "Aspetti dell'astrologia in Cardano."
J.Le Brun, "Cardan et l'interpretation des songes."
T.Krischer, "Liber de ludo aleae"
J.V.Field, "The Relation between Geometry and Algebra: Cardano and Kepler."
G.C.Cifoletti, "Cardano's Algebra."
K.Jensen, "Cardano and his Readers in the16th c."
I.Maclean, "Cardano and his Publishers 1543-1663."
C.W.T.Blackwell, "The Creation of the Myth of the Renaissance Eccentric Genius."

 
--- M.Baldi et aal. (eds. ), Girolamo Cardano: Le opere, le fonti la vita, Milano, FrancoAngeli, 1999. 
学術的なカルダーノ研究の最新決定版。内容紹介は、こちらです。
  
   
・補足的な論文

 

--- Antonio Corsano, "Per la storia del pensiero del tardo rinascimento V : Il Liber de ludo aleae di G. Cardano, ragione e fortuna", Giornale critico della filosofia italiana, 40 (1961), pp.87-91.
 
--- Jerzy Ochman, "Les horoscopes des religions etablis par Jerome Cardan (1501-1576)", Revue de synthèse, 96, 3e série, 77, (1975), pp. 35-51.
カルダーノと占星術 

 

--- J.-C. Margolin, "Analogie et causalité chez Jérôme Cardan", in J. Roger (ed. ), Sciences de la Renaissance, Paris, 1973. pp. 67-81.
アナロジーと因果関係 
 
--- J.-C. Margolin, "Cardan interprète d’Aristote", in J.-C. Margolin (ed. ), Platon et Aristote à la Renaissance, Paris, 1976. pp. 307-333.
カルダーノにとってのアリストテレス
 
--- M. L. Bianchi, "Motivi scolastici nel primo e secondo libro del De subtilitate di Girolamo Cardano", Lexicon philosophicum, 6 (1993), pp. 7-20 = "Scholastische Motive im ersten und zweiten Buch des De subtilitate Girolamo Cardanos", in Kessler (1994). pp. 115-130.
カルダーノにおけるスコラ哲学的基礎  
 
--- G. Zanier, "Caardano e la critica delle religioni", Giornale critico della filosofia italiana, 54 (1975), pp. 89-98.
カルダーノによる宗教批判 
  
 
J.-C.スカリジェとの論争
 
--- Jules-Cesar Scaligeer, Exotericarum exercitationum liber XV. de subtilitate, ad Hieronymum Cardanum, Paris, 1557.
 
--- V. Hall, Jr. , "The Life of Juliuus Caesar Scaliger (1484-1558)", Transactions of the American Philosophical Society, n. s. , 40 (1950), pp. 85-170.

 

--- I. Maclean, "The Interpretation of Natural Signs: Cardano's De subtilitate versus Scaliger's Exercitationes", in B. Vickers (ed. ), Occult and Scientific Mentalities in the Renaissance, Cambridge, Cambridge UP, 1984, pp.231-252.
 
--- Georges Kouskoff, "La querelle entre Jerome Cardan et Jules-Cesar Scaliger : Le De subtilitate ad Hieronymum Cardanum", in J. Cubelier de Beynac & M. Magien (eds), Acta Scaligeriana, Agen, 1986, pp. 207-220.

 

--- A. Michel, "Scaliger, Cardan et la subtilité", in Du à la Garonne : Recherches sur les échanges culturels entre l'Italie et la France à la Renaissance, Agen, 1990, pp. 49-66.
 

 

・数学・確率
 
--- O. Ore, Cardano the Gambling Scholar, New York, 1965.
邦訳あり、上記 O. を参照
 
 
 
・魔術と医術、そして占星術

 

--- J. Pigeaud, "L'Hippocratisme de Cardan : étude sur le Commentaire d'AEL par Cardan", Res publica litterarum, 8 (1985), pp. 219-229.
カルダーノのヒポクラテス主義を扱った第一歩。 ナンシーさんの書誌データは間違っているので注意!
   
--- N. G. Siraisi, "Girolamo Cardano and the Art of Medical Narrative", Journal of the History of Ideas, 52 (1991), pp. 581-602.
これは、本当に良い論文です、ナンシーさん。  
 
--- N. G. Siraisi, "Cardano, Hippocrates, and Criticism of Galen", in Kessler (1994), pp. 131-155.
上の発展。
  
--- Nancy G. Siraisi, The Clock and the Mirror : Girolamo Cardano and Renaissance Medicine, Princeton, Princeton UP, 1997.

『時計と鏡:ジロラーモ・カルダーノとルネサンス医学』  詳細はこちら。上の2本をさらに発展させたもの。
    
--- Anthony Grafton Cardano's Cosmos : The Worlds and Works of a Renaissance Astrologer. Harvard Univ. Press, Cambridge (MA), 1999. 
『カルダーノの宇宙:ルネサンスの占星術師の世界と仕事』カルダーノの占星術研究の決定版。 
   
‐‐‐ H. Hirai, Le concept de semence dans les theories de la matiere a la Renaissance : de Marsile Ficin a Pierre Gassendi, Brepols, 2005.
僕もカルダーノについて霊魂と鉱物という点について論じています。

 
2部 鉱物の科学のアリストテレス主義的伝統
Deuxieème partie  :   La tradition aristotélicienne de la science minérale

2章 ジェロラーモ・カルダーノ
Chapitre 2 :  Jérôme Cardan        
1節 イントロダクション
1. Introduction          
2節 「星辰の熱」と「世界霊魂」(アニマ・ムンディ)
2. La chaleur céleste et l’âme du monde  
3節 鉱物の生理学と心理学
3. La physiologie et la psychologie minérale  
4節 粘性湿
4. L’humeur grasse        
5節 植物学的アナロジー
5. L’analogie végétale 
6節 石類
6. Les pierres 
7節 終りに
7. La dernière évaluation 

   
 
・鉱物学・地学
カルダーノは、レオナルドの手稿を用いたことで、地質水理学および化石の有機体起源論の歴史でも良く登場します。イタリア哲学関係の人には全く無視されているものですけれど、その研究の伝統はかなり長いものとなっています。
  
--- P. Duhem, Etudes sur Leonard de Vinci, Paris, 1906/1984, v. 1, pp. 223-253.
 
--- G. Bachelard>, La terre et les révêries de la volonté, Paris, 1948. pp. 244-245.

--- M. Eliade, Forgerons et alchimistes, Paris, 1956, pp. 45-56 & 191, n. G.
 
--- M.J.S. Rudwick, The Meaning of Fossils. London, 1972, pp. 20-21 & 25-26.
 
--- B. Accordi eet al., "Traduczione e commento del De lapidibus di Gerolamo Cardano (Dal libro VII del De subtilitate, edizione del 1560)", Geologia romana, 20 (1981), pp. 125-169.
 
--- F. Ellenberger, Histoire de la geologie, Paris, 1988, v. 1, pp. 138-139.
  
 
3.ウェブ上の資料

--- ミラノ大学のカルダーノ・プロジェクト Projetto Cardano  著作リスト出版者リスト
 
--- University of Virginia

--- Galileo Project, Rice University, USA
 
--- MacTutor History of Mathematics archive

 

 フィチーノアグリッパカルダーノパラケルススフェルネル