Physica Subterranea 『地下世界の自然学』
 

 
 
   

     

  アタナシウス・キルヒャーの『地下世界』 Mundus Subterraneus (Amsterdam, 1655) に代表される地球内部の地下世界に対する詩的とも言える科学的思想は、17世紀に大きく花開きます。しかし、このアンダーグラウンドな世界の自然を探求する学問である「地下世界の自然学」 Physica Subterranea (フィジカ・スブテラネア)の伝統は、まだまだしっかりと研究されているわけではありません。
      
    このコーナーでは、この17世紀の Physica subterranea の伝統を研究する足がかりを創ることを第一の目標においています。個人的には、 「種子の理論」、「パラケルスス」に続く第3の僕の関心事である訳です。

    ここでは広く「地下世界」一般に関心を持っている人々の交流を図りたいとも考えています。地学の先生、キルヒャー・カルトの人、宮沢賢治の地学文学やホフマンらのドイツ・ロマン派の鉱山文学好き、アタゴオル好き、鉱物収集家、アンダーグランド・マニア、火山や地震に関心のある人など誰でも歓迎です。そういう方まずこちらへどうぞ。
     

  
17世紀の Physica Subterranea の伝統の研究の
パースペクティヴと課題、登場人物、基本文献
   
 
その1
初期地学文献表(その1)
   
その2
ライプニッツの『プロトガイア』研究
  
その3
地下世界:ライプニッツ以前の地学史研究の課題
 
その4
地下世界好きの交流ラウンジ
 
その5
地下世界にまつわる独り言
   
その6
宮沢賢治と地学思想史
  
その7
地質学史懇話会HP
 

その8

最初の地学書:アグリコラの『地下の事物の起源と原因について』


   
 
bibliotheca hermetica のトップへ