過去ログのページ

ここでは、過去のゲストブックの内容を掲示させて頂いております。皆様、いつもたくさんの書き込み、誠にありがとうございます。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

tanashin - 01/04/28 14:34:52
コメント:
なぞのいきものこたつのこっちーさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。
さて、自衛隊ですが、国際状況を鑑みると、残念ながらその存在意義を認めざるを得ないと思います。しかしながら、私が自衛隊を積極的に認めることはありません。一番の原因は憲法です。憲法第9条には一切の戦力を保持しないとあります。ところが、自衛隊は他国で軍隊と呼ばれている組織と同等の武器を配備しています。正に憲法違反です。憲法学者でも自衛隊を合憲的存在だと主張する方はまずいらっしゃいません。
最近、政府は自衛隊を憲法上認めさせようとする方向に向かいつつあります。ですが、これは本末転倒です。本来は憲法に合わせて現状を正すべきなのに、現状が憲法にあっていないから憲法を改正しようというのでは、折角の憲法が有名無実化してしまいます。それが一番の問題であるとtanashinは常日頃考えています。震災や海難等には他の組織であたれるように消防や海上保安庁の救難活動のための装備を充実させればそれで良いはずです。また、確かに日本では護身用のピストル等をもつことは許されていません。今はローカルな常識ではありますが、いずれ、世界標準になる常識であると確信しています。


tanashin - 01/04/28 14:30:29
コメント:
みみずくさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。
さて、「極端な話、観光旅行で日本に滞在している外国人も、日本にいる間は日本国の統治権に服するのですから、こういった外国人にも国政レベルの参政権を与えるべきということになってしまうのではないか」とのことですが、まさにこれは極端といえるでしょう。浦部先生は、ともすれば差別されがちな在日朝鮮・韓国人に配慮すべきだとのお考えから、単純に日本国籍を有する者を憲法や法律でいうところの国民と考えるのは妥当ではないとおっしゃっていると思います。ということですから、観光客に参政権を与えるべきだと主張されている先生はいらっしゃらないと思って頂いて結構です。

なぞのいきものこたつのこっちー - 01/04/25 17:53:03
電子メールアドレス:f-yamane@tvt.ne.jp
コメント:
 憲法9条と自衛隊のことが、いつもよくわかりません。自衛隊は必要だと思っています。 震災・海難・山での遭難などいつも自衛隊の人が働いています。もし他の国からミサイルが飛んできたりしたら、自衛隊以外の誰が助けにきてくれるでしょう。 必要な装備もちゃんとそろえてあげないときのどくだと思います。  ただ不必要な高額な武器を買ってしまうのは、私たちが武器について(種類や適正な価格について)知らなすぎるのも一因なのかな。決定権を持った人は、パンピーの知らないうちに何でもきめて買っちゃうんでしょうね。  私も含めて、フツーの人たちって自分の身を守るための武器ですら持っちゃいけない、使っちゃいけないと教えられてそだっているけど、そんなの日本ローカルな常識にすぎないと、最近思っています。

みみずく - 01/04/21 23:28:44
コメント:
初めまして。
前に友人達と外国人の参政権でいろいろ話したことがあって、未だに気になっているところがあります。

『ただし最近では、法律用語としての「国民」は、日本国籍保持者を意味する場合もあれば、広く日本の統治権に服する者、日本に住む者を意味する場合もあるのであって、憲法でも法律でも「国民」と書いてあるからそれは日本国籍を有する者のことであって外国人は含まない、と簡単にいってしまうわけにはいかない、との浦部法穂先生の主張により、国政レベルにおいても外国人の選挙権を認めようとの見解が出されてきています』

この見解についてですが、日本国の統治権に服するもの全てを国民主権に言う国民だとした場合、極端な話、観光旅行で日本に滞在している外国人も、日本にいる間は日本国の統治権に服するのですから、こういった外国人にも国政レベルの参政権を与えるべきということになってしまうのではないかと思うのです。
先祖代々1000年以上も日本に住み着いている天皇には参政権はないのに、たった数日観光で日本に来た外国人には参政権を与えるべし、というのは非常に変な気がするのです。
日本国の統治権に服する者全てを国民という、だから全ての外国人に対しても国政レベルの参政権を与えるべきだという見解があるのでしょうか?そして、このような見解からすれば、観光客にも参政権をということになると思うのですが、それは間違いなのでしょうか?

tanashin - 01/04/07 14:43:56
コメント:
HIROさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。そうですね、公共の福祉という言葉は難しいですよね。ま、私は「社会にとっての最善の利益」という感じで捉えています。でも、そうすると何が社会にとって最善なのか、ということになってきます。難しいですよね、そのあたりの判断基準は。それでも、そこを考えることが進歩につながっていくのではないかと私は思います。

HIRO - 01/04/05 14:12:08
電子メールアドレス:mabuchi@isis.ocn.ne.jp
コメント:
僕は今15の今年から高校生の男なのですがここ1年ほど、公共の福祉とは何か。という疑問を抱きつづけています。きっと永遠に答えなど見つからないでしょうがとても参考になる考え方が掲載されていて勉強になりました。また、ちょくちょく足を運ぼうと思いますので宜しくお願いいたします。

tanashin - 01/03/31 10:35:45
コメント:
これはこれは小針さん。ようこそいらっしゃいました。また寄ってくださいね。

masato.kobari - 01/03/27 17:59:55
コメント:
お疲れ様です。小針です。先ほどは連絡頂きありがとうございました。初めてアクセスしました。また、寄らせていただきます。

nanomi - 01/03/04 17:29:33
コメント:
コメントを頂きまして有難うございます。ネットの法律相談については、tanashinさんのホームページで教えていただき、(ひろしま)にもアクセスしましたが、三月からは相談を受け付けていないようです。訳の分からない質問にお答え下さいまして、ご親切に心より感謝しております。一審では、契約の不適法を指摘されて原告全面勝訴となりましたが、私自信が決心して行動しないと、解決には進まないということですね。有難うございました。尚、、適当な時期に私の書き込みを削除していただけますか。レベルの低い書き込みでお邪魔をしているようにも、かんじますので。

tanashin - 01/03/04 12:46:17
コメント:
nanomiさん、ご記帳、ご訪問ありがとうございます。
さて、「同一の相手に対して同一内容の賠償を請求して訴訟を起こした人がいて、一審勝訴して、現在控訴審に持ち込まれています。その人の勇気と弁護士の努力に感動しています。二審でも勝利することを願うばかりですが、相手が和解の方向で動くかも知れません。和解した場合に、同様の被害を受けている他の人達(私や他の人達ですが)にも救済の道は開かれるのでしょうか」とのことですが、民事訴訟においては、判決の効力は当事者間にのみ及び、第三者には及ばないのが原則です(相対効の原則 民事訴訟法115条1項1号)。和解の場合、当事者の意思による訴訟の終了とされており、調書に記載されると「確定判決と同一の効力」(同法267条)を生じます。ですので、この場合でも効力が第三者に及ばないのが原則です。
というわけで、基本的には救済の道は自ら開かなくてはなりません。現在訴訟が係属中なら自らも当事者として参加することが可能な場合があります。共同訴訟参加(同法52条)と呼ばれるのがそれです。共同訴訟参加とは、第三者についても、判決を「合一にのみ確定すべき場合」、すなわち他人間の判決の効力が第三者に拡張される場合には、その第三者が当事者適格(参加するのにふさわしい立場)を有するのであれば、「共同訴訟人」として他人間に係属中の訴訟に参加し、自らの利益を守るための手続保障を与える制度のことです。
そうですね、私のリンク集からひろしま法務ページというサイトがありますが、そこでは無料の法律相談を受け付けている掲示板があります。よかったら一度訪れてみてください。

nanomi - 01/03/03 14:31:44
電子メールアドレス:nanomi@zdnetmail.ne.jp
コメント:
法律を良く知らない一般人の私が書き込みなどさせていただいて、良いものかどうかと思いましたが、tanashin さんの人柄を感じられるように思いまして書き込みさせていただきます。民事訴訟の事で気がかりな事があり、質問させていただきたいのです。ある団体に対して代金の賠償請求をしたいのですが、私には決心と費用の問題で、訴訟を起こす勇気が有りません。相手からの隠れた報復も怖いのです。同一の相手に対して同一内容の賠償を請求して訴訟を起こした人がいて、一審勝訴して、現在控訴審に持ち込まれています。その人の勇気と弁護士の努力に感動しています。二審でも勝利することを願うばかりですが、相手が和解の方向で動くかも知れません。和解した場合に、同様の被害を受けている他の人達(私や他の人達ですが)にも救済の道は開かれるのでしょうか。勇気もなく情けない質問で恐縮ですが、お答えいただけるものでしょうか。

Jun Yamano - 01/02/28 13:12:08
ホームページアドレス:http://www21.freeweb.ne.jp/diary/junspoli/
電子メールアドレス:sm@jun.email.ne.jp
コメント:
わたしのHPの宣伝です。 「主権在民党宣言」なる文章を、書き始めました。掲示板も用意しています。よろしければ、ぜひお寄りください。

tanashin - 01/02/24 14:22:50
コメント:
皆様、ありがとうございます。アクセスカウンタが遂に10000を超えました。アクセスカウンタはTOPページの一番下にあります。まさか知らなかったなんて人は・・・、いるらしいです(^^) 私の友人は今まで知らなかったそうです。ま、あれはおまけですし、管理者が自分のために置いていたものですからそれで全然構わないのですが。皆様、これからもよろしくお願いいたします。

tanashin - 01/01/24 19:42:25
コメント:
きょうこさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。ところで、本サイトは残念ながら大学の試験対策向きではありません。参考にはなるかもしれませんが・・・(^^; 少なくともレポートでこの程度しか書いていなかったらまずいんじゃない?(^^; 経済専攻の学生さん、ファイト!!

きょうこ - 01/01/23 19:04:14
コメント:
経済学部なのに日本国憲法の授業を登録してしまって、試験がかなりピンチって思って、調べたらこんなにすばらしいサイトが!きゃ〜☆ほんとにわかりやすいしありがとうございます♪ではでは 今からこれを使って勉強します〜!感謝感謝★

LAPIS - 01/01/13 20:54:48
ホームページアドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/
電子メールアドレス:kraft@d1.dion.ne.jp
コメント:
司法試験受験生のホームページを見て心配になるというのは、別に特定の人のホームページのことを指しているのではありません。時間があると、あちらこちらのサイトに飛び回りますから。でも、情報交換は大事ですから、まあ、ホームページにのめりこみすぎないようにすればいいのでは?

tanashin - 01/01/13 19:52:36
コメント:
試験問題の難易度については担当教員の考え次第でよろしいと思います、当たり前のことですが・・・。私としては、学生さんたちが頑張って勉強してきたことが分かるような答案を書き、教員がそれに対して評価することができれば良いと思います、・・・これも当たり前のことですが。ところで、司法試験受験生って某ち??さんのことですか?(^^; 私には何ともいえません(^^;


LAPIS - 01/01/13 17:30:49
ホームページアドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/
電子メールアドレス:kraft@d1.dion.ne.jp
コメント:
もう少し試験をやさしくしないとだめかな。まあ、法学部ではないから、それほど厳密な解答を要求する訳ではないのですがね。一つの判例さえ覚えておけば、書ける問題ですから。前は、試験問題を、演習の問題にも使っていたのです。何のことはない、ぼくのゼミにいる学生に問題用紙を渡して、そして考えて来いと言い、ゼミの時間に討論するのです。なお、採点基準や模範解答は、敢えて載せていません。今後も、多分、載せないと思います。閑話休題。時々、仕事の合間に司法試験受験生のホームページを見ていますが、心配になってきます。「本当に合格できるの?」と。

tanashin - 01/01/13 13:00:37
コメント:
LAPISさん、今試験問題見てきましたよ。あれって、教養の日本国憲法・試験問題ですよね? 難しいです、本気で(^^; あれだったら法学部の学生向けの問題としてもおかしくないことでしょう。学生サンたちの冷や汗をかいた姿が目に浮かびます(^^; できれば模範解答なんかも添えていただけるとうれしいです。

tanashin - 01/01/13 12:48:46
コメント:
LAPISさん、こんにちは。そうですね、統治機構について語るのは難しいですよね。LAPISさんの場合、お立場を公開されていらっしゃるのでますます難しいことでしょう。その点私なんか気楽なもんです(^^; とってもいい加減なプロフィールしか公開していませんからね(^^) そうそう、今度酒のネタ頂いておきます。うーん、昨日新年会だったんですよね。使いそびれました(^^) 

LAPIS - 01/01/12 11:58:20
ホームページアドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/
電子メールアドレス:kraft@d1.dion.ne.jp
コメント:
21世紀になったというけど、実感が湧きませんね。昭和から平成に変わったときのほうが、「ああ、時代は変わったなあ」と思いました。私のホームページでも憲法の講義ノートを公開していますが、統治機構の部分はまだ作成してません。難しいのですね。政治学になってもいけないし、判例が多い訳でもないし、地方自治の部分に至っては行政法として扱うほうが早いし、という訳です。今年になってから、大分大学での試験問題を公開しています。今回は、私が大分大学に就職した1997年から1999年までです。もしよろしければ、演習の教材、あるいは酒のネタ(なる訳ないかな?)に使ってみてください。

shin- - 01/01/02 03:59:35
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1995/
電子メールアドレス:shin-@tc4.so-net.ne.jp
コメント:
あけましておめでとうございます。相互リンクをして頂いているshin-研究室の管理人shin-です。昨年はこちらのHPに大変お世話になりました。私はもともと経済学部に在籍していましたが、国際法を勉強したいと思うようになり、法学部に編入することになりました。その際にこちらの憲法に関する解説は大変参考になりました。私も今後法律学の道に進むことになるかもしれませんが、その際はまたよろしくお願いします。

てつ - 01/01/02 00:16:12
コメント:
お久しぶりです&明けましておめでとうございます。
お元気ですか?
今年もよろしくおねがいしま〜す。

LAPIS - 00/12/26 20:28:07
ホームページアドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/
電子メールアドレス:kraft@d1.dion.ne.jp
コメント:
永世中立国について、憲法第9条との関連でちょっと気になることが書かれていたので、私の意見を記したいと思います。 憲法第9条の平和主義と永世中立とを結びつける考え方は多いですし、実際、そう見えてしまうかもしれませんが、この二つは全く観点が違います。 実際、スイスやオーストリアは永世中立国ですが、常備軍が禁止されているとしても予備軍はある訳です。スイスでは、たしか、18歳以上の成年男子は武器を携行する義務(これがアメリカと違います)を課せられていたはずです。スイスなどの場合、永世中立条約があり、これに従っている訳です。 一方、憲法第9条は、たしかに戦争の放棄を規定していますが、中立を宣言していません。仮に中立を宣言しようとするのであれば、スイスのように国際連合にも加盟しないのが筋でしょう。戦争の放棄は、国内の最高法規として宣言しているのであって、中立ということであれば、国内だけの問題では済まされません。 また、憲法第9条については、かの「芦田修正」があり、これは再軍備を予定した規定であるとも言われております(芦田均氏はそのように明言しております)。この点については、私のHPの「『日本国憲法』講義ノート」第05回目も参照して下さい。

LAPIS - 00/12/25 12:19:50
ホームページアドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/
電子メールアドレス:kraft@d1.dion.ne.jp
コメント:
ちっち♪さん、司法試験のほうは大丈夫? ホームページを見て心配になっちゃった。まあ、頑張って下さい。早く合格しないと、どんどん可能性が低くなるから。そう言えば、ぼくの同級生、まだ誰も合格していないようだしなあ……。

ちっち♪ - 00/12/24 23:24:42
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/1199/
コメント:
私は行為無価値論説をとってます。結果無価値論説と対立してるけど、故意犯や過失犯のときに、考え方が違いますし、結果だけを重視してるとこの世の犯罪が全て成り立ってしまう(要するに何しても犯罪になってしまう可能性がある)。そんな訳で私は法規範違反説(行為無価値論)を刑法において1番に考えてる次第であります。刑法ってある意味、もっとも厳格が大事な法律と思うんです。だって、人に裁きを与えるんですよ。数ある法律の中でも難しいと思いますから、もっと勉強したいと思いました。

LAPIS - 00/12/24 20:58:19
ホームページアドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/
電子メールアドレス:kraft@d1.dion.ne.jp
コメント:
ぼくも法学部の学生時代は、行為無価値説でした。ドイツ系の法律学をやっていると、団藤・大塚説のほうが飲み込みやすいのですね。大学で憲法を講義していると、時々、現実とのあまりのズレで戸惑うことがあるのです。第14条のあたりを考えていると、まさに思考の迷路!ところで、ぼくのHPでは触れているのですが、憲法学者の皆さんは、日本の所得格差などについてあまり取り上げられておりません。どうしてかな、と思うのです。これほど、或る意味では重要な課題もないのですが。

tanashin - 00/12/24 16:33:45
コメント:
ちっち♪さん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。そうですか、憲法という言葉につられちゃいましたか。ようこそお越しいただきました(^^; これを機会に今後ともよろしくお願いいたします。ところで刑法総論ですか?私も苦手です(^^; やっぱり最近の学説の主流は前田説なんでしょうか。それともまだまだ行為無価値の先生方も頑張っていらっしゃる? 司法試験受験生としてはどの説を採るべきか悩みますよね。もし、ちっち♪さんがまだどちらで行くか決めていなければ、私的には行為無価値論を薦めます。なぜなら、そっちの方が論証が簡単な場合が多いからです(^^) 勉強、頑張ってくださいね。 

tanashin - 00/12/24 16:24:31
コメント:
LAPISさん、こんにちは。そうですか、法学部以外の学生に教えていらっしゃるのですか。ますますもって難しいですね。一応法学部の学生なら「憲法くらい頑張って勉強しなきゃ」とか思うのでしょうが、教養として選択した場合は「単位さえ取れれば・・・」といった感じで講義を受けにくることもあるのでしょうから、実に厄介ですね。そうですね。私的には憲法の存在意義が理解できるような講義を望みます。そして、学生たちを感動させてあげてください。もちろん、研究活動も頑張ってくださいませ。

ちっち♪ - 00/12/24 02:53:41
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/1199/
コメント:
こんばんは。初めまして。司法試験合格を目指してる大学生です。憲法という言葉にひかれてきました。今、刑法総論でとても戸惑ってる私です。よかったら、私のHPにも来てください。司法試験のことは何もありませんが。ではでは、お体には気をつけて。

LAPIS - 00/12/23 14:30:20
ホームページアドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/
電子メールアドレス:kraft@d1.dion.ne.jp
コメント:
実際、講義のレヴェルを決めるのは難しいですね。とくに、私の勤める大学には法学部がなく、教員免状取得のための教養科目として憲法があり、しかも半年間(実質的に4ヶ月くらい)しかないので、非常に厳しいものがあります。そのため、講義ノートを詳細に作っておいて、話すときはその中から瞬間的に選び、場合によっては編集してプリントとして配る、ということをしています。非常勤講師としていく先も医学部と文学部ですから、かなり難しいのです。多分、私の講義ノートを御覧になられた方は……と思います(HPに、人権39回分、財政3回分などを載せました)。

tanashin - 00/12/23 12:36:18
コメント:
LAPISさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。LAPISさんは大学の先生でいらっしゃるのですね。講義内容のレベルを決めるのって難しいと思われるのですが、いかがですか? 私もこのページをつくるときにどの程度踏み込んでいけばいいか悩みました。で、結局はご覧の通りの内容です。某判事様には内容が浅いと言われてしまいましたが、でも、一般的にはこれでも十分に難しいのではと思っています。そうですね、今後も精神的自由関連を中心にページを充実させていこうと思っていますので、よろしくお願い致します。

LAPIS - 00/12/21 18:08:14
ホームページアドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~kraft/
電子メールアドレス:kraft@d1.dion.ne.jp
コメント:
はじめてやってまいりました。私も憲法講義ノートを公開していますが、判例から何から入れているし、読みにくいかな、と反省。統治機構についても講義ノートを作って公開しなきゃ。最近ジオシティーズに登録されましたが、本来が行政法専攻であるためか、地方自治のほうに分類されています。来年の1月、憲法の試験問題(大学のです)を公開する予定です(理由は簡単で、これ以上うちでネットをしていると料金が……という事態になるので)。


oruka - 00/12/21 10:35:55
コメント:
懇切丁寧なるコメント、謝謝.ありがとうございました.

tanashin - 00/12/20 19:48:37
コメント:
オルカさん、こんにちは。そうですねぇ、私も特に・・・ができるといったところを気にしないで裁量権といいましたが、例えば法務大臣には死刑執行を認めるか否か決定できる権限がありますよね。これって、ものすごい裁量を任されていることになると思いませんか? 基本的に各行政の長はこのように非常に強力な権限を任されている(決して権力をもつわけではありません)と思うのです。という訳で、新年会等に出席するか否かの裁量もあると考えたわけです。この前の回答ではちょっと言葉足らずだったのですが、要するに人権を守ろうとするのが憲法ですから、それに反しない限り行政の長はそれぞれの管轄内で裁量権を認められていると考えてよいと私は思います。

oruka - 00/12/18 05:27:15
電子メールアドレス:oruka@naxnet.or.jp
コメント:
tanashinさん、お答えどうもありがとうございました。「そもそも憲法とは、国家権力を制限し一定の権能を各国家機関に授権する法であり、制限し、授権することによって人権を保障する法ですよね。ですから、制限された一定の権能の中で行政の長はかなりの裁量権を有していると考えて構わないと思います」かなりの裁量権とおっしゃいますが、たとえばどのようなことなのでしょうか。不確定概念の範囲内でということなのでしょうか。 気が向いたら教えてください。

tanashin - 00/12/17 19:43:16
コメント:
オルカさん、お久しぶりです。さて、各種団体の新年会等に行政の長を呼ぶ事は問題なのでは、ということでしょうか。
そうですねぇ。そもそも憲法とは、国家権力を制限し一定の権能を各国家機関に授権する法であり、制限し、授権することによって人権を保障する法ですよね。ですから、制限された一定の権能の中で行政の長はかなりの裁量権を有していると考えて構わないと思います。行政の長が、その管轄内の組織とある程度の交流を持つのは不思議ではなく、むしろそうあるべきである点も否めないことから、挨拶程度の会に行政の長を呼び、それに行政の長が応えることは、憲法的には問題がないように思います。おそらく問題になるのは、この交流が行き過ぎた時だと思います。どの程度で行き過ぎと考えるかということについては、その時代ごとの社会一般の人々の常識が基準になると思われます。
費用が強制納入される会費で賄われている場合(あまりにも盛大なものは問題が残りますが…)も、私としては同様に考えます。

oruka - 00/12/16 05:49:00
電子メールアドレス:oruka@naxnet.or.jp
コメント:
久しぶりにアップします.芸名をイルカからオルカに変えました.変えた理由は大したことではなく勧誘メールが多くなったので、これを排除するためだけです. さて、タナシンさんにちょっと質問があります.答えられる範囲内でけっこうです.よく各種団体で総会やら新年会等盛大な催しものがあるとき貴賓をよんで挨拶をしてもらうことが多いです.そのとき、町長、知事など行政の長もその団体の執行部の判断で呼ぶようです.私は選挙で選ばれた行政の長を呼ぶことは売名行為もあるかも知れないが、まあ人々が選んだ方だから「まあいいか」と一人で納得しています.しかし、人々から選ばれたのではない行政の長をただ「えらいから」「権力をもっているから」とおぼしき理由で呼ぶのはどうもなっとくできません.これは私ひとりだけでしょうか.日本国憲法の建前から言うとどうなんでしょうか.一般的にはこの種の行政の長は、その組織のナンバーワンかもしれないが、単なるパブリックサーバントのひとりにすぎないから必要ないんじゃないでしょうか. さらに、質問しますが、法律で強制加入を義務付けられている団体、例えば行政書士会、社会保険労務士会、税理士会、司法書士会等がその催し会に管理者たる行政の長をよぶのはどうなんでしょうか.その費用は強制納入される会費でまかなわれるわけですが、憲法からこれは当然と考えていいのでしょうか.以上、よろしく御願い申し上げます. 

tanashin - 00/12/09 17:11:53
コメント:
えりかさん、こんにちは。
さて、「子供は楽しく学習できる権利を保障されています」ですか。正にその通りですね。楽しく学んでこそ身につくものです。もし、教育現場でそれが実践できていないようなら、当然改善すべきです。
そうですね、またのカキコお待ち申しております。

えりか - 00/12/04 16:41:42
コメント:
こんにちわ。そうですね、tanashinさんの言うとおり、自分の権利を主張するときは、人の権利を侵害する可能性ありますね。だから、権利はすごく難しいですね。あと、前書き込みしたときに、子供の心のケアと言いましたが、失言ですすいません。言い直しますね。子供の権利条約にあるように子供は楽しく学習できる権利を保障されています。そこのあたりを教師や周りの大人が理解しなくてはならないと言うことです。言い方まちがえました。どうもすいません。それではまた書き込みさせていただきます。ペコリ(o_ _)o))

tanashin - 00/12/02 18:52:28
コメント:
きよさん、ご記帳、ご訪問ありがとうございます。
そうですか。きよさんは中学校の先生をしていらっしゃるのですか。当ホームページには教職の方のご来訪もありますので、皆様の情報交換の場となれれば幸いです。
さて、中学生に戦争と平和について考えさせることは確かに難しいですね。ただ、なんでも私の聞くところによると、やはり広島や長崎では戦争と平和について自分の意見を持つ子どもが多いそうです。彼らは小学生の頃から被爆者の写真や、後遺症を引きずりながら懸命に生きてきた人を見る機会が多いから自分の意見をしっかりと持っているのではないかと私は推測していますが、そうだとすれば、被爆後の広島や長崎の写真を見せたり、被爆された方々の切実なお話を聞かせることができれば子供たちも戦争について切実な思いを抱いてくれるのではないかなと思います。
そうですね、9条の解釈問題は実際かなり難しいです。ですので、先生も大変でしょうが、是非生徒さんが自分の意見をもてるよう頑張ってください。私も陰ながら応援させていただきます。

tanashin - 00/12/02 18:01:00
コメント:
えりかさん、こんにちは。
さて、私は思うにえりかさんは「自分」というものをしっかりとおもちのようですね。自分らしさを忘れた人が多い中、貴重な存在です。私も中学生の頃はよく先生とやり合ったものです。でも、先生が理論的に不利になると、「お前の考えはへ理屈だ」等と言われたものです。そんな私も歳をとって協調というものを重視しすぎているのかもしれませんね。えりかさんはそのままでいいと思います。今後も日本の悪しき慣習を打ち破るべく頑張ってください。そうですね。一つ私に言えることは、「自分の権利を主張したときには、他人の権利を侵害してしまう可能性があるので、そのことだけは心に止めておいてください」ということでしょうか。ご意見、いつもありがとうございます。

きよ - 00/11/27 18:38:35
コメント:
 中学の国語教師をしています。戦争と平和について考える単元を扱っているのですが、中学生にとってこういう話題は切迫感のないもののようなので何とか、考えるきっかけを見つけられたら、と思ってここへやってきました。 9条の解釈の問題点がわかりやすくまとめてあって、すごく役に立ちそうです。 生徒が自分で何か考えをもてるよう、がんばってやってみますね!

えりか - 00/11/26 17:56:48
コメント:
こんにちわペコリ(o_ _)o)) ご返答どうもありがとうございます。日本国憲法は、格好の自由を保障されていますが、現実には保障されていないと思います。 tanashinさんの言う通り、会社などで派手な格好やロン毛茶パツなどでは、おそらく面接で落とされたり話すら聞いてくれないでしょう。私は今の日本社会が本当に矛盾していて腹立たしくなるときがあります。「見た目で人を決め付けてはいけない」などとよく聞きますが、そういっている人だって見た目で決めたりしているのではないでしょうか?もし見た目で決めたりしていないのなら、日本国中自由な格好を楽しんでいるでしょうね。染髪のことですが、確かに私の言っていることは先生達の仕事に支障をきたすでしょう。先生達の仕事は決まりを守らせることも仕事ですからね。それでは、いまの日本社会が変わらなければ何一つ認めてもらえないということです。ということは、日本国憲法は何のためにあるんでしょうね。それが常識なのかもしれませんが、常識常識などといいながら法律も守れないのにどこが常識なのでしょうか?法のもとに保障され守られているはずなのに何一つ守られいないような気持ちになります。教師も校則を守らせなければ指導力を疑われるでしょう。でも、本当に指導しなければならないことが他にあるはずです。もっと真剣に取り組まなければいけないことが他に必ずあるはずなのに、なぜ校則の事等だけ一生懸命になるのかが不思議でなりません。校則を守らせて外見だけ良くしても意味のないことです。教師は子供の心をケアしていただきたいです。靴などまでも、決め付けられるのはたいへん不快感を覚えます。校則で買うものまで決められなければいけませんか?おかしいです。買うのは私自身です。高いもの買えない子の差別されなくて済むおっしゃいますが、それだけで差別はされないと思います。もし仮にされたとしてもそれはその子が悪いわけでなく、差別している方が悪いということをお忘れにならないでいただきたいです。結局、イジメや差別、常識などを考えた大人の決めたルールがただ単に子供と縛っているだけです。外見や校則を考えるより他にやることがあるはずです。もっと、子供と向き合っていただきたいです。そうですね、校長に聞いてみるのもおもしろいかもしれません。教育委員会や文部省に聞くのも面白くていいと思います。個性のことですが、もし、学校などで一人だけ違う考えだったとします、先生とも違う考えだったとします先生はどういう行動をとるのかお解りですか?違う考えをもつことは立派な個性だと私は思います。先生は、おかしいとか変だとか言うでしょう。私はその体験者です。私は先生と違う考えでした。私はその先生に普通じゃないとか、変だとか言われました。これは差別です。大人が差別のないように一生懸命考えてやっていることでも差別につながるのです。先生自身生徒を差別しているのですから。皆一くくりに考えないで欲しいです。一万人人間がいたら一万個以上の考え方があることを認めて欲しいのです。それを認めずに「今の子は個性がない」などと言っている大人に不快感を感じます。そうですね、個性が発揮できる教育ですか。生徒自身が自分で教科を選べる教育ではないかと思います。私はそう思いますね。それではまた


tanashin - 00/11/26 13:25:36
コメント:
えりかさん、こんにちは。
さて、「私はただ髪を染めたりとか見た目が不良に見えるだけですし、そのことで先輩に呼び出されることもありますが、でもだからといって好きな格好を辞めれば先輩に呼び出されるわけではないと思うのです」とのことですが、それはその通りでしょう。私は思うに、日本という国では皆と同じであることがしばしば求められています。例えば、皆会社に勤めるようになるとスーツなんかを着ますよね。もちろん着なければならないという法律なんてありません。でも皆同じように着て通勤します。しかも、色は大抵紺やグレーです。紫のスーツなんかを着ておられる方も中にはいますが、tanashinのように企業に赴いて活動するような仕事をしている場合はまず派手なものは着ることができません。もし着ていくと相手は仕事の内容云々より先に一緒に仕事をすることを断ってくるでしょう。郷に入りては郷に従えといいます。皆が当たり前と思っていることに協調していくことも個性を主張することと同様に重要であるというのが現実であるということも頭の隅にでも入れておいていただけるとよいと思います。
そうですね、「校則のことですが染髪禁止というのは私には理解に苦しみます。髪は自分自身のものです。自分自身で管理していいと思います」とのことですが、確かにそれはその通りです。しかし、それをそのまま認めると困る人たちがいる可能性もあるということも恐らくは確かなことです。例えば、あなたが毎日のように茶髪で登校したとします。まず、学校の先生は生徒に校則を守らせる意義を分からせていないとして指導力不足を疑われます。そして、周辺住民は生徒に好き勝手させている様な学校に安心して子どもを通わせることができないという評価を下すことも有り得ます。窮地に立たされる学校側としてはあなたに校則を守ることの意義なんかより、髪の毛を元に戻させることばかりに躍起になることが想像されます。それであなたが変わればすべてが解決するというような発言が飛び出してくるわけです。靴なども規律したがるのはその辺の事情に関わってのことだと私は思います。ただ、靴についてはもっと現実的なことを言うならば、公立学校では、親御さんの負担を軽くする等のためにそのような措置が採られているものと推測できます。靴って、高いもの、安いもの、色々です。そこで、安いもので統一してしまえば、高い靴を買ってもらえないような子も差別されないで済みます。校則の背景にはいろいろな事情があるものです。学校の先生になぜそのような校則が必要になったのか聞くというのもおもしろいかもしれませんね。
最後に、「個性がないというならば個性を認める努力をして頂きたいと思います」とのことですが、まず、一律に日本全国同じような教育がなされているのは、住んでいる場所によって教育レベルが異なることを防ぐためです。それは分かってもらえると思います。問題はそこからなのです。個性を発揮させるためには皆を同じように教育していてはダメなことは明らかです。そこで、最近の議論では個人の能力に応じて教育すべきだということがしばしば聞かれます。確かに、日本国憲法も「その能力に応じて」教育を受ける自由がある旨明記しています。しかしながら、人間の能力の差はそれほど明確にあるわけではないと私は思っています。ゆえに、子どもの頃にたまたま見え隠れする才能に応じて特別な教育を施すようなことには反対しています。えりかさんはどんな教育なら個性を発揮できると思われますか?もし、よろしければお聞かせ下さい。

えりか - 00/11/23 19:07:48
コメント:
tanashinさんご返答ありがとうございます。よくわかりました!本当にありがとうございました。服装などのことですが、確かにパンツとかではヤバイと思いますが、私はただ髪を染めたりとか見た目が不良に見えるだけですし、そのことで先輩に呼び出されることもありますが、でもだからといって好きな格好を辞めれば先輩に呼び出されるわけではないと思うのです。この前大人の方に「あなたさえ変わればすべて済む問題」などと言われたいへん不快に思っています。もっと大人の方にはしっかりしていただきたいものです。 それから、校則のことですが染髪禁止というのは私には理解に苦しみます。髪は自分自身のものです。自分自身で管理していいと思います。それから、靴などまで自由にはけないのはおかしいと思います。それから一番言いたいのは、大人の方で「今の子供は個性がない」などと言う方がいますよね?それは大変矛盾していて、失言だと思います。個性が出てきたらそれを潰すのは誰ですか?おかしい校則などで縛っている大人ではないですか?個性がないというならば個性を認める努力をして頂きたいと思います。それでは、またっペコリ(o_ _)o))

tanashin - 00/11/23 11:13:03
コメント:
7д7さん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。
さて、永世中立宣言と日本国憲法第9条との違いですが、これは日本国憲法9条の法的な性格をどう捉えるかによって全然異なった回答をしなければならないことになります。
学者様達の間では、9条は理想主義的性格と規範的性格の両方面から考察するのが妥当であると考えられていまして、tanashinとしては、憲法として定められた以上、当然にこれに従うべきだと考えています(つまり、規範的性格を重視しているわけです)が、その一方で9条は理想的すぎるとして、これをあくまでも目標のように捉える(つまり、9条を平和国家としての理想を宣言しているものとして考えるわけです)先生方もいらっしゃいます。ということで、tanashinのように規範的性格を重視すればするほど9条と永世中立宣言との違いは少なくなりますが、理想主義的性格を重視すればするほど違いは大きくなるといえるでしょう。現在、9条は防衛のための戦力まで放棄するものではないと考えるのが一般ですので、一般的なところでは理想主義的性格をやや重視しているといえるようにtanashinには感じられます。
確かに、今すぐに自衛隊を解散するというのは現実的ではありませんが、将来的には防衛のための戦力をも否定する方向に向かうべきと感じています。

tanashin - 00/11/23 11:10:05
コメント:
えりかさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。返事が遅くなってすみません。
さて、まずは教育に関わるご質問についてですが、順番的には、まず子どもの教育を受ける権利があって、それを確かにするために、憲法は親に子を教育する義務を負わせていると考えることになると思います。というわけですから、学校へどうしても行きたくないという場合は自らの教育を受ける権利を放棄することになるので、多少は親の子に教育を受けさせる義務が弱まるといえるかもしれません。ただ、私としては、そもそも教育とは単に親子の問題ではなく、国民主権の担い手(国家の在りようを決めていく人々、という感じ)としてふさわしいものを身につけていただくために重要であると考えています。そうですね。今から中学校には行きにくいでしょうから、是非高等学校には進学していただき(もちろん、義務ではありません)、英語や数学のような科目ばかりではなく、様々なことを学んでほしいと思います。
次に校則についてですが、確かに日本国憲法に反するような信じられない校則を平気で掲げている学校も中にはあったりします。ただ、恐らく、校則の内容は、学生たちが社会に出たときに当然身につけているべき常識も多く含まれていると推測されます。ですので、校則というだけで一括して憲法に反しているのではないかと疑うのではなく、これは難しいですけれども、校則一つ一つを検討して判断していくことが良いと私は思います。何か絶対おかしいと思われる校則がありましたら、また掲示板・メール等でお知らせください。
さて、服装の自由についてですが、これについては表現の自由の一つとして当然に憲法上保障されていると私は思います。ただ、時、所等常識的にふさわしいものにする必要はあると思います。極端ですが、電車の中でパンツしかはいてなかったら、それはいくら服装の自由だと主張しても受け入れられませんよね。私が言いたいのは、確かに権利として憲法上保障されていることでも、他者の同等の権利とぶつかってしまうこともあり(この場合は、パンツ姿の人と一緒に電車に乗りたくないという権利、とでもいいましょうか。もちろん明確にそのような権利が憲法に定められているわけではありませんが、いわゆる幸福追求権に含まれると考えていいと思っています。幸福追求権についてはちょっと調べてみて下さい)、そういう時は、互いに譲り合っていかなければならない、ということです。半ズボンをはいてもらうことで妥協するとかね(^^; ただ、えりかさんの場合は妥協しなければならない、というほどのこともなさそうですが。偉そうにカキコしているtanashinも、中学生の頃は2タックのズボンをはいていて先生に目をつけられていました(^^;
さて、最後に基本的人権の主張についてです。基本的人権とは人権と同じ意味ですので、人権の主張として考えていいです。つまり、人としての権利を主張するということになりますね。人としての権利として、憲法は重要なものをいくつか挙げています。先ほどお話した表現の自由、信教の自由や学問の自由等いろいろあります。詳しくは私のホームページの「人権規定」というところをご覧ください。少々難しい記述があると思いますので、何か質問等ありましたらお知らせください。
とりあえず以上です。そうですね。また当ホームページへおこしくださいませ。

7д7 - 00/11/22 10:58:06
コメント:
はじめまして。突然の質問お許しください。永世中立宣言と日本国憲法第9条の違いとは何なのですか。私は法律に関してはさっぱりなのですがよろしければ教えてくださいませ

えりか - 00/11/21 16:27:55
コメント:
こんにちわ、初めまして。私は中3のえりかといいます。今すごく日本国憲法に興味があります。実は私は小学3,4年のころから「いじめ」が原因で登校拒否をおこし、今は不登校です。不登校なので、色々な大人の方々から厳しいご意見を言われることもしばしばあります。ですので、教えて欲しいのです。私は母から「義務教育は親の義務であり、子供には権利」だと聞きました。これは、なにかまちがっているのですか?それから、基本的人権の主張とか、子供の権利条約などがありますが、私は、学校の校則などがこの、子供の権利条約や基本的人権の主張、日本国憲法に矛盾しているのではないかと思うんですが・・・ちがいますか?あと、私は見た目が不良みたいなので、いろいろ先輩に目をつけられたりするのですが・・・この前ある大人の方に「そんな格好しているから目をつけられたりするのよ中身も外見も変えればそのようなことはないのに」などと言われタイヘン不快感を覚えました。私が変われというのはとてもおかしいことだと感じたからです。基本的人権の主張ってなんですか?ぜひ教えていただきたいです。それでは、またこのHPにきますねペコリ(o_ _)o))

tanashin - 00/11/20 20:01:25
コメント:
フォートレスさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。そうですね、本質的な所をクローズアップすると問題があるといえるとの見解も有り得ましょうが、一応公明党は創価学会そのものではないので形式的に見る限りでは問題はないといえます。まあ、tanashin個人としては、公明党と創価学会の有様には問題があると常々思っております。


フォートレス - 00/11/20 01:01:15
コメント:
tanashin さんに一つだけ御意見をうかがいたい事があります。日本国憲法第20条に「 政教分離とは、国家の非宗教性ないし宗教に関する中立性を意味します。要するに、国家は、宗教に関わらないということをいっています。」という事が書かれていると言われていますが、では、公明党のように宗教が政治(国家)に関わると言う事は憲法に違反する事になるのですか?教えて下さい

tanashin - 00/11/11 14:21:20
コメント:
 半 革命さん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。さて、「日本国憲法第九条と実質上同じ条文をふくむ憲法を持つ主権国家はありますか?あった場合、それは何という国の憲法ですか?」とのことですが、tanashinの記憶が正しければ、ニュージーランドが日本国憲法第9条と同様の条文をもっていたと思います。スイスは永久軍事力放棄の国家として有名ですね。ということで、日本国憲法第9条のような条文は、日本独特のものではないと言えそうです。はやく全世界の憲法で、同様の内容を持った憲法典が制定されるといいですね。

半 革命 - 00/11/11 00:58:41
電子メールアドレス:zvezda@excite.co.jp
コメント:
 初めまして。福島県在住33歳男性、半 革命と申します。  ご存知でしたら教えていただきたいことがあります。すなわち、「日本国憲法第九条と実質上同じ条文をふくむ憲法を持つ主権国家はありますか?あった場合、それは何という国の憲法ですか?」ということなのですが。誠に不躾ではありますが、御知恵をお貸し願います。                   2000.11.10

tanashin - 00/10/24 19:50:51
コメント:
行政 正さん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。さて、確かにここは場違いかもしれませんね。まあ、折角ですから一応発言させていただきますと、友人さんが、直接又は、弁護士協会を通じて法律見解を問うと「直接手で握らなければならない」との返答が帰ってきたとのことですが、何法の何条にそのようなことの根拠があるのでしょうか?「風適法第20条に抵触するおそれがある」ということは、抵触させない方法があるということでしょうか?「パチンコ店に販売した場合、共犯,教唆になる可能性がある」ということは、基本的には(何の共犯・教唆か知りませんが)犯罪にはならないということでしょうか?と、いろいろ聞きたくなってしまうほどいい加減な返答です。もっとこと細かく説明してもらいたいものですよね。私としてはパチンコを手を使わずにしても何ら問題無いものと考えます。禁止する合理的な理由が見当たりませんもんね。友人さんには頑張ってもらいたいものです。誰もが納得できる明確な回答を引き出してもらいたいと思います。

行政  正 - 00/10/23 20:18:19
電子メールアドレス:kokusai8@f5.dion.ne.jp
コメント:
特許を取得した友人が、只今、警察庁を相手取り孤軍奮闘時下談判の真っ最中.二日間座り込みをしたとの事.内容は、友人が、特許証  :特許第2807872号    発明の名称:パチンコにおける発射装置用補助具    俗称   :こゆびちゃんを取得。パチンコの発射装置を手でにぎらなくてもパチンコが出来る補助具.身体障害者団体の推薦と二名の弁護士の法律鑑定書をひっさげてパチンコ屋でデモンストレーション。 その後,所轄の警察から遊技場組合へ使用指し止め通達.パチンコ店は、天の声に服従せざるを得ないとの事.友人が、直接又は、弁護士協会を通じて法律見解を問うと「直接手で握らなければならない」「風適法第20条に抵触するおそれがある」「パチンコ店に販売した場合、共犯,教唆になる可能性がある」と、曖昧な回答であった.頑固一徹なる友人は,パチンコ店で販売させる為に、法律の見解を求め、ありとあらゆる所へ出向いたのです. あれ!ここは場違いかな?

真 - 00/10/16 10:23:55
コメント:
今、大学の授業で第9条について勉強しているのですが、参考書なんかを見るよりも全然、理解しやすく学べました。ありがとう!

tanashin - 00/10/11 19:56:00
コメント:
はじめまして。tanashinと申します。
さて、既に判決が出ているようですね。思うに、判決理由中に挙げられたことが事実なら、やはり離婚請求は認められることになるのでしょう。いろいろと判決理由にご不満がおありのようですが、判決が出る前にそのことを強く訴えるべきでした。私は訴訟法に詳しい訳ではないのではっきりとは言いきれませんが、今回の裁判で認定された事実を覆すことは難しいはずです。養育費等の支払も命じられているのではないかとは思いますが、子どもさんのために頑張られることを望みます。
ところで、子どもの権利について言及が無いとのことですが、具体的にはどのような権利について言及すべきだと思われたのですか?権利といいましてもいろいろありますもので。まあ、一般的には養育費さえ確保できれば子どもの権利に関する問題はほとんど解決してしまうように思えるのですがいかがでしょうか。
なお、基本的人権は公の利益のためや他の人権により制約を受けます。今回の場合は、判決にそって考えると、婚姻関係を破綻させたことに責任があると認められている被告の幸福追求権(憲法第13条)等が制約されて、原告並びにお子さん達の幸福追求権等が守られたということになるでしょうか。
今回の回答にご不満もおありかと思いますが、私としてはお子さんの精神的苦痛が和らぐような対応をなされていくことをまず第一に望みます。

野原 - 00/10/10 23:41:49
電子メールアドレス:cch96400@nyc.odn.ne.jp
コメント:
はじめまして私は離婚を拒否して子供を苦しめ、離婚を望んでも子供を苦しめる立場です。できれば 下記質問に ご回答お願い致します。 妻が離婚を訴え告訴(夫の不倫を理由に)個人としての考え― 離婚を望む父親として   ― 離婚は望まない。子供たちは   ― 離婚は望まない。子供たちは妻と暮らしております。判決 原告が被告の不倫を疑い、その後被告に対する不信感をつのらせ、家出をするまでになったのに、被告は適切な対応をしなかったばかりか、原告に生活費を渡さなくなったり、家に入れないようにしたり、理由も無く暴力を振るうなど原告につらくあたったことから、原告は子供を連れて家を出て別居するに至った事が認められる。 以上によれば、原・被告の婚姻は破綻しており、継続しがたい重大な事由があり、原告の離婚請求は理由がある。 生活費の殆どは被告が支払っていました。原告の負担が多くあった訳ではありません。被告も原告からの嫌がらせを受け 説教した事も、家出した事もありましたが、原告はなんの対応もしませんでした。 暴力と言っても、子供を叱る程度のもので、辛抱の範囲内と思いましたし、怪我は一度もさせてません。 朝4時になっても 原告が帰ってこないので 一度だけ仕置きのつもりで 鍵を開き難くしたことがありました。 被告として、勿論 非も認めますが 原告にもそれ以前に、同様に非があります。 原・被告共に一人で親権者としての資格は無いと 訴えました。裁判では全く無意味な事だと知りました。親権放棄の意図は全くありません。今でも週に2・3回子供たちと母親の目を盗んで会っております。子思いは人一倍強い方です。その子供たちの面前でありもせぬ不倫を追求されたが為にこの様な結果となりました。 子供たちの気持ちは訴えましたが 判決には 子供の権利について何も記されておりませんでした。配慮も見受けられませんでした。 児童の権利に関する条約『子供の権利条約』第3条(児童の最善の利益の考慮)は全く無視されたように感じられました。 親として 子供の不利になるような訴えはできません。(離婚請求)すべきではないと思います。すれば、親権者としての資格は無いと、個人的には思います。 親権者として子供の立場で離婚の否定、 被告本人として離婚請求、この二つの相反する訴えを同一人物がこの裁判で控訴できるのでしょうか? 憲法はこの様な場合 誰の基本的人権を制約し 誰の基本的人権を守るのでしょうか?是非 ご回答 宜しくお願い致します。  

編入生 - 00/09/14 20:42:43
コメント:
。。そう。こんなHPにきてみたかったんです。自国の憲法に無知な私に気さくに,わかりやすく語ってくれるHP。tanashinさんステキです。これからも頑張って下さい。

てつ - 00/09/11 01:30:30
コメント:
おひさしぶりです。真面目なお話のところすみません。今度渋谷のラーメン屋の詳しい場所おしえてください。急いでないのでいつでもいいです。【笑】

tanashin - 00/09/06 18:26:49
コメント:
shizune先生、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。それにしても先生の雑感は正に現場の人間のものですね。教育基本法に関しましては現在改正を検討中のようですが、今こそ日本に住む皆さんに現場の意見を広く知ってもらうべき時といえるでしょう。法律家や教育評論家のような人たちがいくら集まって教育について討論したところで机上の空論になりかねず、そのような場には必ず現場の意見を反映させる必要があるといえます。国民が教育にどのような要望をもっているのかということを調査するのも重要です。この点マスコミ関係者には頑張ってもらいたいと思います。いじめや学級崩壊等がクローズアップされていますが、それ以外にも検討すべき点はあるはずです。考えうるだけ問題点を浮き彫りにし、国民に提示、そして国民が積極的に議論していく雰囲気を盛り上げ、議論する場を設け、そして熟成した見解を重視しながら教育基本法の有るべき姿を専門家の皆さんに検討してもらう必要があると私は思います。当たり前のことなんですが、現時点では、恐らくは一般の人の意見は反映されにくいでしょう。しかし、個人的にはインターネットの掲示板にはかなり期待しております。いろんな環境の人の意見がダイレクトに聞けるというのは大きな長所です。法改正に携わる方には是非参考にしてほしいと思います。
そうですね、手っ取り早く現場の意見を反映させるためには文部省のお役人に現場研修を厚く行うことが良いでしょうね。若い人に限らず、30代・40代になってからも充実した現場研修というのは必要と思います。特にキャリアの皆さんにはうんと現場でキャリアを積んでほしいと思います・・・。うーん、これも実現は難しいといえるでしょうか?(^^)
余談ですが、私が学生の時、寝るのが一番の幸せでした(^^) 競争にも疲れていましたね。ま、競争に関しましては歳をとっても基本的には不可避なものと言える?ので、将来の練習にはなっているのでしょうか。
なお、今のゆとり教育とかで理科系科目が減らされていることには強い憤りと不安を感じます。なぜなら、戦後の日本の経済成長を支えたのは、正に「科学技術に他ならない」と思っているからです。21世紀も科学技術が重要なことは分かりきっています。日本は資源が無く、万が一科学技術で多くの国々に後れを取ることになると今の経済力の維持は難しくなるでしょう。ただでさえ少子化に伴う経済力のダウンが不可避なのに、政治家の皆様はどうお考えなのでしょうね。
余談が長くなってしまいました。中途半端ですが、この辺で切り上げたいと思います。shizune先生、ご批評ありがとうございました。


shizune - 00/09/05 21:04:15
ホームページアドレス:http://03.u-page.so-net.ne.jp/sc4/shizune/
コメント:
 はじめまして!地方自治について調べ物学習している生徒に代わって、わたしが検索。このHPに来ました。で、憲法に関する雑感を拝見し、そうですね、と同感しています。  >日本の場合、戦争に負けるという形で今の憲法が成立しました。 その中では「自由」という概念が強くあらわれて…世界的に画期的な内容…    宮沢俊義先生は…「今の若い人たちはあんなにすばらしいものを創れるんですね。   私にはとても創れません」と言って、近衛氏のGHQ草案批判をたしなめた…    本当によくできていると私は思います。…    基本的には世界に誇るべき憲法であると… 特に9条は世界平和を願う人々には絶賛…    ハーグ国際会議でも世界の憲法に日本国憲法の9条のような規定を設けるように活動していこう、   と宣言されました。 今現在、憲法改憲のための議論が行われているようですが、今一つどのような改正をしたいのか   見えてきません。…    そうです!おとなも子どもに劣らずに、憲法の精神を実行するような社会にしなければいけませんね! また、来ます!とりあえず、資料ありがとうございます。次回は憲法もしっかり読ませていただきます。教育基本法についても書いていただけませんか? わたしは、行政と現場と当事者がもっと対等のテーブルにつく場がなければ、今の日本の教育界の混乱はどうにもならないと考えています。で、とりあえずは、文部行政に携わる役人には最低1年以上の現場研修を義務つけるべきと思っています。しかし、現実には現場の教員は「保母からデパートの店員」までのサービス業としか見られていないようです。行政からなにか提案がある度に、現場はあきらめと退廃ムードになりつつあります。 生徒は競争に疲れ果て、1番の幸せは「眠ること」といっています。 では、こんどこそ。

みさ - 00/09/03 20:23:12
ホームページアドレス:http://www2.inforyoma.or.jp/~misachan/homepage/
電子メールアドレス:misachan@ps.inforyoma.or.jp
コメント:
ごぶさたしてますー。このたびホームページの引っ越しをすることになりました。(中身はほとんど変わんないんですけどねー・・・。)URLが変わりますので、リンク先の変更をお願いしまーす。新ホムペのlinksのページに、テキストで申し訳ないのですが、相互リンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします♪

あぱし - 00/08/24 00:00:08
電子メールアドレス:apashi@pop16.odn.ne.jp
コメント:
こんばんは。あぱしです。っていってもわかりませんよね。面接御苦労さまでした。のあぱしです。本日は長期戦の末のちょい勝ちでした。 ロゴとかなかなかこってていい感じですね。今日は疲れたので又今度ゆっくりと遊びに来ます。では。では。

tanashin - 00/08/23 10:04:34
コメント:
BENさん、こんにちは。伯方は相変わらずのどかで・・・、と言いたいところですが、かなり賑やかなことになっています。昔は叶浦を歩いていても車なんかそうそう走ってこなかったのに、今じゃばんばん走ってますし、自転車で島巡りしている人も沢山見かけましたし、なんとこの暑い中ジョギングしている人が私以外にも沢山いまして、伯方も随分と様子が変わりつつあるなぁ、と感じている次第です。MPVは白いのを1台見かけました。でも、BENさんのは白ではないのを知っていましたので、「ちがうなぁ」とは思っていました。そうですか、BENさんは9月に行かれるのですか。その頃には観光客も一段落付いて多少は静かな伯方になっていることでしょう。
なお、BENさんのHPの掲示板はとても賑やかで、私がカキコすると邪魔になると思い、控えさせていただいております。また何かありましたらカキコさせていただきます。

BEN - 00/08/22 13:18:32
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~hinoben/
電子メールアドレス:tutomuh@mocha.ocn.ne.jp
コメント:
おかえりなさい!!どうでした??伯方島。実は、私も行く予定でしたが、友人知人の訪問や、兄の帰省で、帰る事ができませんでした。 MPV探してくれていたのでしたら…スミマセン。 ブレーメン、みなとや、とこや…行きましたか??私も、9月に入ったら、伯方島行く予定です!!

tanashin - 00/08/12 09:11:10
コメント:
皆様こんにちは。tanashinです。さて、私は本日夜の寝台列車に乗って伯方へ向かいます。パソコンは持参しないことにしているので、今日から約1週間は掲示板・メールを見ることができません。仮にご意見・ご感想等を頂いても、お返事は21日以降となります。以上、ご理解いただければ幸いです。それでは皆様、良いお盆をお過ごしください。

BEN - 00/08/01 21:55:20
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~hinoben/
電子メールアドレス:tutomuh@mocha.ocn.ne.jp
コメント:
ほんと、ご無沙汰してすみません!!伯方帰るんですね!!いつ頃ですか?私は、おそらく15、16日くらいになると思います!島で、MPV見かけたら…それが私です!!(爆)

nosuit - 00/07/28 23:37:03
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Stylish/5643
コメント:
ス−ツ・ネクタイなんて要らない!この現代社会において、ごく一般に会社勤めしている方々は、スーツにネクタイという仕事着だと思います。しかし!この国における四季によって差がある気温や、梅雨・夏日の耐え難い湿度になる気候においては、その格好では機能的ではないし、体調にも良くないと思います。そんな不条理な格好をさせられている社会に向けて、不満と問題をぶつけていこうと思います!

てつ - 00/07/24 02:28:15
コメント:
おひさしぶりです。お元気ですか?毎日毎日暑いですが、ラーメンはうまいです。真面目なお話の中、変な書きこみですみません。

iruka - 00/07/21 18:14:39
コメント:
さっそくのコメントありがとうございました。「なお、新聞自体が会の著作物であることを確認不用の理由に挙げるのは適切ではないように思います。なぜなら、投稿記事の著作権は、あくまで投稿者に存すると考え、会としてはその使用権を得ているだけと考えるからです。」 なるほど、そうですね。参考にさせていただきます。

tanashin - 00/07/21 12:06:22
コメント:
irukaさん、こんにちは。そうですね、結論から言えば、私もirukaさんと同じように確認の必要はないと考えます。
確かに著作権法63条1項は「著作権者は、他人に対し、その著作物の利用を許諾することができる」としており、投稿を記載する際にHP掲載の可否を投稿者に確認すべきようにも思われます。
しかしながら、そもそも投稿とは、自己の見解を発表してもらうために行うものであり、投稿と同時に著作物の使用を許諾したものと考えるのが普通と思われます。
ゆえに、○○会は著作権法63条2項にいう「許諾を得た者」にあたり、「許諾に係る著作物を利用することができる」と考えます。
なお、新聞自体が会の著作物であることを確認不用の理由に挙げるのは適切ではないように思います。なぜなら、投稿記事の著作権は、あくまで投稿者に存すると考え、会としてはその使用権を得ているだけと考えるからです。
最後に、一応確認はいらないと考えましたが、再度確認を取ることも悪いことではありませんよね。もし、考えが変わっていたりしたら投稿を拒否したいですもんね。投稿者の意思の尊重も大切ですから、確認できるのなら確認した方が良いかなとは思います。

iruka - 00/07/21 09:46:59
コメント:
久しぶりに投稿させて下さい。「表現の自由」に関わる質問ですがよろしくお願いいたします。私の考えるさいの参考程度にタナシンさんの意見をおしえてください。私の所属する○○会内のことです。 @会員及び当会の関係団体に配布している機関誌があり、多数の記事を会員が投稿しています。紙に印刷して会員全員に配布しています。このたび、新しくできた当会のホームページ内の会員専用ページ(要パスワード)にもこの新聞を載せようと言うことになりました。そこで(1)投稿者は執筆の段階でHPに乗せることを知らしていないから、HP掲載の可否を投稿者に確認するべきだ。(2)いや、新聞自体が会の著作物であるし、当該記事をそのまま載せるのだからその必要はまったくない。 私は(2)のほうで、新聞紙面を写真でとったような形でHPに掲載するし、しかも会員のみのページだから、ことさら確認の必要はないと思いますがいかがでしょうか。


tanashin - 00/07/09 08:37:08
コメント:
皆様、おはようございます。そして、ありがとうございます。tanashinのHPは本日5000カウントを達成致しました。皆様のおかげです。感謝しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

tanashin - 00/07/08 08:27:41
コメント:
原先生、おはようございます。ええ、私はしょっちゅうつるし上げられています(^^; 今現在はYAHOO掲示板のプリンタのカテゴリでつるし上げられ中です。本人は結構楽しんでつるし上げられているので、ご心配には及びませんが(^^; なお、私は問題のHPには行っておりませんが、一般的に中傷的な発言は無視するのが一番といわれているので、そのことを先生のHPで発言させていただいた次第です。最近多いですよね、そのような類の話は。なお、ここのHPの掲示板は完全に私が把握しておりますので、皆様も安心して書き込みして頂きたいと思います。誹謗中傷の類は(表現の自由尊重の観点から基本的に部分ごとにですが)削除しております。

原 伸太郎 - 00/07/07 10:37:40
ホームページアドレス:http://homepage1.nifty.com/akilaw/
電子メールアドレス:s-hara@lawyers.or.jp
コメント:
tanashinさん、お早う。久しぶりですね。かきこみありがとう。君もあちこちでつるし上げられているのですか?それにしてもあのレスの中傷、誹謗というのは当該サイトを覗いてもよく分からないですが・・・お元気で!

tanashin - 00/07/06 11:27:58
コメント:
camphorさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。法律は専門家のものではなく、国民みんなが理解し、運用していかなければならないものです。ところが、法律というだけで結構敷居が高く、それを学ぶことを避けがちです。そうした現状を少しでも打破しようと思い、つくったのがこのHPです。まだまだ難しい表現を使っている部分もありますが、できるだけ簡単かつ正確に法律についてお話できればいいなと思っています。今後ともよろしくお願い申し上げます。

camphor - 00/07/05 13:01:56
ホームページアドレス:http://orientis.room.ne.jp/~camphor/
電子メールアドレス:camphor@room.ne.jp
コメント:
憲法関係で何かいいリンク先を探しておりました。一番わかりやすく見やすかったと思います。まだ充実していないのですが、近代の民権関係で憲法私案を中心としたサイトを作りまして、そこにリンクさせて頂きました。是非ご一瞥ください。

tanashin - 00/07/05 10:14:00
コメント:
くつげんさん、こんにちは。さて、「世界の警察を自称しているくせに兵器を作りまくっては世界にばらまくという政策は矛盾していないか」とのことですが、その通りだと私も思います。結局、米国の真意はともかくとして、兵器を作り、売ることによって世界の紛争を生じさせ、そして、その紛争を兵器をもって鎮圧する。それを繰り返すことにより大量の兵器需要を生み出しているわけです。つまり、軍事大国が儲かるわけですね。日本の自衛隊に配備されている飛行機などはほとんどが米国製です。日本も平和主義を掲げながら、米国から兵器を買うことによってそれを事実上破っているといえるかもしれませんね。ただ、近時中国海軍の動きが活発で、それを押さえるにはある程度の抑止力が必要なのも事実なので、自衛隊の完全廃止を主張することはちょっと行き過ぎなのかもしれません。

くつげん - 00/07/04 10:29:52
コメント:
こんにちは!おひさしぶりです。日本がアメリカから兵器を購入しているということを始めて知りました。何故それほど高価な兵器を憲法違反を犯してまでかっているのでしょうか。それに日本国憲法を作ったアメリカは何故日本に兵器を売るのでしょうか。貿易摩擦の緩和でしょうかねぇ。農作物とかを購入すると農家などから大いにブーイングがくることを予想して・・・。なんか兵器の購入は国民の盲点を突いているという感じがするのですが・・・。そもそも貿易摩擦のことにしたって日本はアメリカに遠慮しすぎであるのではないか。商品が優れていればいうるほどそれが高く大量に売れるのは当然のことなのに・・・。それに世界の警察を自称しているくせに兵器を作りまくっては世界にばらまくという政策は矛盾していないか。

tanashin - 00/07/01 08:10:08
コメント:
てつさんこんにちは。そうですか、五反田の山頭火はおいしいんですね? 今度機会があれば行ってみたいと思います。

tanashin - 00/07/01 08:08:23
コメント:
門馬さん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。そうですか、私のHPがネタを提供できているとは思いませんでした。ただ、当然といえば当然なのですが、私個人のみが主張している見解なんかもさりげなく入っているので、気をつけないと教授に「何だこの見解は?」とお叱りを受けてしまうかもしれませんよ(^^; 注意してくださいね。 

てつ - 00/06/30 23:56:24
コメント:
お久しぶりです。
うちの車はもう3万キロ走りました。【笑】

恵比寿の山頭火は昔、おいしかったです。
有名になり始めたころは・・・
その頃作っていた人たちが五反田店に移ったんです。
そうしたら・・・味がうすいうすい・・・
今は名前だけで人が寄ってくるんじゃないですか?
渋谷もあまり美味しくないし・・・
やっぱり五反田が一番美味しいです。

門馬くん - 00/06/30 20:21:33
コメント:
僕のレポートのネタを提供してくれてありがとう。一部に入れさせて頂きました。

くつげん - 00/06/29 14:43:06
コメント:
こんにちは!いつも丁寧に回答してくださって本当にありがとうございます。私のほうこそ本当に感謝しております。前の私の発言何か勘違いしていたようです。勉強不足でした。すいませんです。それでは!

yura - 00/06/25 23:03:20
ホームページアドレス:http://www.arcus.ne.jp/all_a
電子メールアドレス:yura@rexjapan.co.jp
コメント:
政治のカテゴリを開いたら、ここのリンクが・・・つられやってきました。(^^ゞ

tanashin - 00/06/21 10:57:57
コメント:
shin-さん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。このホームページはまだまだ発展途上でして、いろいろと改善しなければならない部分がありますが、少しずつでもよくしようと思っていますので今後ともよろしくお願い申しあげます。
shin-さんは経済学部に在籍しているとのことですが、今後私の方から経済に関して質問することもあろうかと思います。その時はよろしくお願いしますね。

tanashin - 00/06/21 10:37:16
コメント:
くつげんさん、こんにちは。そうですねぇ、ここ百年のアメリカの態度って、確かに「自国の軍事力で紛争を鎮め」ることによって「軍事力を見せ付け」、結果として「その地域ではもちろん、世界においても発言力を大きく」しているという感じで一貫してますね。でも、その一方で日本もご存知の通り国際的な発言力をあげました。清やロシアと互角以上に戦ってアジアでの軍事大国としての地位を確立。その後、連合国に敗戦するものの、経済発展に成功することで世界の中心国として認められるまでになりました。仮に、このような国際的な発言力の増加がなくても時代が変われば理想とされる理念も変わり得るので、そういう意味では日本国憲法の改正があってもいいと思います。一応、私的には積極的に改正すべき部分はないと思っていますが、国民の大多数が天皇制を廃止したいというのであれば、それはそれで結構だと思います。ただ、現時点で天皇制廃止を望む声は少数のように推測されます。
ところで、我が国は立憲民主主義の国のはずですが、そのことについてはもう一度確認なさってみてください。あと、間接民主主義についての記述を憲法の本で読んでいただければ今回のくつげんさんの疑問は晴れるのではないかと思います。
いつもいつもご意見していただき、感謝しております。

shin- - 00/06/21 01:43:00
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1995/
電子メールアドレス:shin-@tc4.so-net.ne.jp
コメント:
はじめまして、shin-と申します。私は大学の経済学部に在籍しているのですが、最近憲法に興味を持ち始め、勉強しています。憲法の勉強を独学で行ない、くじけそうになっている時にこのようなページを偶然見つけ、まだ全ての箇所を読んだわけではないですが、大変参考になりました。これからもちょくちょくこちらにお邪魔して、勉強させていただきたいと思います。また、私の個人ページでは主に国際関係に関わる自筆の論文を掲載しており、会議室と称する掲示板では政治や経済などの広く社会問題全般に関する議論を行なう目的で設置してあります。もしよろしければ私のページにおいでくださり、対話に加わって頂ければ幸いです。それでは失礼します。

くつげん - 00/06/20 12:22:36
コメント:
こんにちは!日本国憲法の影にアメリカの経済発展の目論見が隠れてるとしたらちょっと恐いですね。私としてはアメリカの自国の発展のためには他国がどうなってもかまわない、という政策は許しかねます(と、いってもどうすることもできないけど・・・)。今や世界の警察を自称し、国連より力を持ったアメリカは、その政策で今も力をつけつづけているのでしょうか?今思えばユーゴの空爆もその政策の一つだったのかもしれませんね。自国の軍事力で紛争を鎮めてやることは、恩を売ることになり、軍事力を見せ付ける事によりその地域ではもちろん、世界においても発言力を大きくするだろうから。しかし今日本は経済においては、世界の中で大きな力を持っている。だからいまこそ、アメリカの経済発展のために作られた日本国憲法を日本人の手で作り直すべきではないでしょうか。たとえば天皇制、民主主義でありながら立憲君主制だというのは、どこか矛盾を感じるし、実質的には国の最高権力者である首相を決めるのは国会で、任命するのは天皇であるというのも民主主義に反すると思う。もしかしたら投票権の低下はそこにあるのではないかと思ってます。あと首相を始め国会は国民にもっとオープンであるように法で定めるべきだ。アメリカにおいては大統領の女性問題でさえあんなにもんだいになるのに・・・。あと天皇をどれだけのひとが必要と思ってるのでしょうか?皇后が死んでなんか追悼の記帳が行われたみたいですけど、最初の日に記帳した人の数は35000にんだったそうです。150000000の国民の数からしてこの数字は少なすぎるのではないか?それは、天皇が必要ないという証拠になるのではないでしょうか。


tanashin - 00/06/15 11:51:42
コメント:
Mさん、こんにちは。さて、ちょっとこの「日本国憲法改正規定に従う必要はない」というお題の意味が分からないのですが、これは、今後憲法が改正されても従う必要はない、といったことを指すのでしょうか?あと、Mさんはこれから討論があるのですよね?私としては、Mさんにまずゼミで議論していただき、その結果どういう結論に達したかお聞きしたいです。議論の前に私のような部外者が最初に意見するのはお門違いのように思われます(ただし、他の方のご意見を聞くべきではないということではありません。皆様、どうですか?)。ゼミ、がんばってくださいね。

M - 00/06/14 19:41:17
電子メールアドレス:ZAN17566@nifty.ne.jp
コメント:
ゼミで「日本国憲法改正規定に従う必要はない」という題でディベートを行うことになりました。そのことについてどう思うか、意見を聞きたいです。批判的意見大歓迎です。そこで、その資料をメールにて送りたいのですが、どうでしょうか。

tanashin - 00/06/14 18:09:17
コメント:
くつげんさん、こんにちは。米国って好戦的ですよね。銃も大好きな人が多いらしく、マシンガンや大砲を合法的に撃てる大会があるそうです。でも PEACE AND LOVE みたいな標語が好きだったりして。不思議です。
米国の歴史は浅いですが、その始まりの頃、英国からの経済的な独立を目指す意思が強く働いたそうです。また、米国の独立当時、フランス革命(1789年)は大いに米国の思想に影響を与えました。自由を勝ち取るには黙っているだけではだめなんだ、というような現実が誰に教わるでもなく人々の間に根づいていったのかもしれません。そんな米国は北アメリカ大陸を開拓し終わり、19世紀には新しい市場を求め始めていました。1853年、日本市場に目をつけた米国は軍事力をもって港を開けさせました。しかし、南北戦争が始まり日本への進出に他の列強から後れを取ると、20世紀には日本がロシアから得た南満州鉄道の権益を狙います。このころには、経済権益のためには躊躇することなく軍事力を使うといった米国の姿勢が如実に表れてきたといえましょう。もし、くつげんさんのおっしゃるように「アメリカの作った法律は日本の国民の意思に近かったといわれましたが、私はむしろ日本の国民がアメリカの作った法律にそうように作り変えられた」ということがあるとすれば、それは洗脳するためという目的ではなくて、自分たちがスムーズに経済活動できるようにするためだったと思われます。
米国とは、自分たちが平和に経済活動をすることが第一で、その障害となる思想や法律をもつ国にはそれを改めさせ、うまくいかないと軍事力を使う。そういうときの軍事力は、彼らにとっては正義であるということになるのでしょう。そんな国に思えます。
今日はちょっと米国に批判的なことを述べてみましたが、このような批判も甘んじて受けるだけの器量が米国、ならびにその国民にはあると思っています。いずれにしても、日本国憲法が戦後五十年以上にわたって日本の平和を守ったという事実があります。私個人としては、そのような日本国憲法を大切に思っています。

くつげん - 00/06/14 15:30:13
コメント:
こんにちは!丁寧な回答ホントにありがとうございます。えーとアメリカの作った法律は日本の国民の意思に近かったといわれましたが、私はむしろ日本の国民がアメリカの作った法律にそうように作り変えられたんではないかと思います。例えば、負けが確実だった日本に原爆くを落としたのは日本人を洗脳するための準備だったんではないか。それは、神に守られた国、であることを信じその国や文化を守るために戦ってきた日本人の思想を覆したとおもう。そして、アメリカによって、見るのさえ恐れ多かった天皇の横でポケットに手を突っ込んでたっているマッカーサーの写真がたくさんまかれたり、食料困難に苦しんでいた日本に豊富な食料、物資を見せ付け、チョコレートをばらまき、などなど。これではアメリカについていったほうが楽だ!と思うのも無理はないが。確かに民主主義や平和主義など今の法律は優れており、またその法律によってたしかに今の日本は平和である。しかし、いま日本人は黒髪、黒い瞳を捨て、文化の基本である言語まで失いつつある。(と、いう日本人をよくみる。)そして街には横文字があふれ・・・植民地政策出でよく植民地が言語、風習、物資を強要されるということをよく聞くが、今、日本は進んでそれをやってるように見える。アメリカのつった法律によって、得たものは多いが、失ったものも多いと思う。そしてそれを失ったことは日本人の本意だったのか・・・あ、ちなみに民主主義や戦争放棄には大賛成です、そして軍国主義には反対です。あと、天皇も必要ないと思ってます。

tanashin - 00/06/09 11:51:34
コメント:
くつげんさん、こんにちは。さて、「天皇が犯罪を犯した場合は、法によって裁かれるのですか?」とのことですが、天皇の刑事責任については、皇室典範21条の類推解釈からして、結果において無責任であるとされています。つまり、天皇が犯罪を犯しても法では裁けないということです。なお、平成元年11月20日の最高裁判例は天皇の民事の裁判権を否定しています。ただ、これは天皇の民事責任までも否定したものではありません。
「天皇は日本の象徴となってるけど一応国民になるのですか?」とのことですが、天皇も日本国民の一人です。ただし、象徴という立場を全うするために人権に多少の制約がなされています。
「なぜアメリカは天皇制だけは残したんでしょうか?」とのことですが、日本国憲法成立当時、まだまだ天皇に対する日本国民の思いというものが馬鹿にならず、無理に天皇制を廃止すれば日本国民の新憲法に対する賛同が得られないと考えたのではないか、と私としては推測しています。
「アメリカの作った法は日本国家の意志と一致したという事でしょうか?」そう考えてもらっていいと思います。日本国憲法の成立についてはいろいろと議論のあるところですが、実際に成立した憲法は、日本国民の意思に近いものだったと思われます。ところで、民主主義的見地から言えば、法は国家の意思であるというよりは、むしろ、国民の意思であると考えることになると思います。
「tanashinさんのホームページは読みやすいっす。」 そうですか。お褒めに預かり恐縮です。

くつげん - 00/06/08 14:13:32
コメント:
こんにちわ!勉強もネットも始めたばかりです。間違ったことや失礼な事があったらすいません。いわれてみれば確かに日本は、単一民族国家じゃないですね。ところで、質問なんですけど天皇が犯罪を犯した場合は、法によって裁かれるのですか?天皇は日本の象徴となってるけど一応国民になるのですか?なぜアメリカは天皇制だけは残したんでしょうか?あと、法は国家の意思である(という感じの)言葉を聞いた事があるのですがアメリカの作った法は日本国家の意志と一致したという事でしょうか?あ、質問しまくってすいません。あと、tanashinさんのホームページは読みやすいっす。それでは失礼いたす。

tanashin - 00/06/08 12:20:49
コメント:
くつげんさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。
さて、戦前の日本の法はドイツを参考にした部分が多いですが、くつげんさんのおっしゃるとおり、日本国憲法はGHQにより非常に短期間でつくられました。にもかかわらず、緻密な構成をもち、米国における最新の考え方も盛り込まれた完成度の高いものでした。だからこそ、今まで改正せずに済んだのかもしれません。平和主義については、恐らくは日本の再軍備によって軍事的驚異が生じないようにと連合国の強い要望によって盛り込まれたのだとは思います。しかしながら、皮肉なもので戦勝国たる米国とロシアはその後多くの人と予算を犠牲にして軍事大国になり、ロシアにいたっては結局政策が破綻し、今現在その付けが回っているという感があります。一方で、日本は経済成長に専念できたわけです。何がいいかなんてなかなか分からないものですね。今後の日本経済のゆくえについては私としてもはかりかねますが、人口低下による経済力のダウンは避けられないでしょう。資源の少ない我が国としては、常に最先端の技術を開発し、それを用いて経済力の維持を図っていくことが必要なのではないかと考えます。
ところで、日本は単一民族国家ではないと私は思っています。日本の歴史を思い起こせばその辺りは納得していただけるとは思いますが、初の征夷大将軍が東北地方の攻略を開始したのは確か800年頃ですよね。その後、次第に近畿の文化とその他の地方の文化が融合したわけですが、北海道にいたっては明治以前はほとんどアイヌの土地だったわけで、少なくとも日本には日本人とアイヌ人といった異なる民族が住んでいるという事実があると私は思います。琉球についても同じようなことがいえると思います。単一民族であると考えることにより、差別がなくなるという利点はあるようにも思えますが、アイヌ人の方などは、まだまだ自分たちの文化を大切にしたいと思っておられる方が多くいると聞き及んでいますので、私としては、日本単一民族説に反対しています。

くつげん - 00/06/07 11:51:04
コメント:
はじめまして!さっそくですが今の憲法はアメリカがつくったものですよね?日本の憲法は平和主義が強調されてる気がするのですが、それは武士道精神を恐れたアメリカが日本を弱体化させようという目論見があったのでは?いま、日本は舶来物至上主義で白人に大いにあこがれ、訳の分からない国になってるようなアメリカの憲法のおかげで日本は平和になったが単一民族国家である日本のこんていをささえていた(と思う)武士道は消滅し、日本人同士のつながりが崩壊し日本は多いに弱体化した。やがて経済でも独自の文化を守りつつ発展してきたアジア諸国においぬかれていくんではないか?

tanashin - 00/06/07 09:22:23
コメント:
政治家も問題ですが、やはり日本国民の政治に対する無関心が一番の問題だと私は常々考えています。うーん、選挙権を簡単に手に入れた影響なんでしょうか。ついこないだまで選挙で投票したくてもその権利が与えられていなかった人が大勢いたにもかかわらず、昨今の投票率の低さは誠に遺憾です。ところで、今度の選挙では、いわゆる二世議員の立候補が多く登場するそうです。彼らは真に日本国民のために政治家になりたいのか、それとも後援会の従前の権益維持のために立候補させられるのか、外からみているだけでは図りかねるので厄介です。とにかく、公約だけは守ってほしいですよね。それを破るときは全国民の利益を優先するときだけにしてほしいと思います。


しんちゃん - 00/06/06 21:36:38
コメント:
いや〜、最近森総理の件で熱くなっちゃいましたが、今度の総選挙自体が私は腹立たしいです。野党は与党の揚げ足取りで与党は内部分裂でしょう?確かに政治家が言葉を間違える事自体がおかしいんです。だって公約違反も当たり前ですしね、本当に国とか国民を考えてくれる人はいないんですかね?

tanashin - 00/06/06 11:13:09
コメント:
「天皇を主体に崇めて国民を国の力でねじ伏せてみせましょうと遠まわしに言ってるんじゃないですか?」とのことですが、少なくとも森首相がそのように考えているということだけはバレバレですね。
「なんで今更のように苦しんだ時代の言葉を持ち出したんでしょうか?」とのことですが、私的には持ち出したというより心の奥底(でもないか・・・)の本音が自然に出たという感じに受け止めています。あれくらいのお年の方は、あんな感じの方が多いのではないかと思ったりしています。しょうがないといえばしょうがないですけどね、天皇陛下万歳、将来は軍人さんになりたい、と答えるのが普通の時代に育っていますから。でも、首相としては失格です。国民主権の何たるかが分かっていないのですから。これでは民主主義的な国家の運営なんて夢のまた夢です。
「国体は軍事国家の象徴ですから絶対に許せない言葉ですよ」とのことですが、そうなんですよね、一番問題なのは国体という言葉を発言することによって戦争を肯定している節があることなんですよね。我が国の憲法には戦争放棄の条項が掲げられています。ゆえに、憲法の理念をないがしろにしたような森首相の発言は非常に不適切であり、もはや謝罪で済まないようなところまできています。当の本人は結構のんきにみえますが。彼の選挙区、どこでしたっけ?住民の皆さんには、きっちり審判を下してほしいと思います。でないと、森首相が反省しないでしょうから。

しんちゃん - 00/06/05 19:22:33
コメント:
今日も森総理の発言の件を考えていましたが、どういう理由付けをしても彼の発言はおかしいですよ、だって共産党が勝ったら国体は守れるのかとかでしたけど、どだいいくらガンバッテも共産党が主導権を取れる訳無いのに今更のように引き出して国体発言した訳ですよね、ってことは天皇を主体に崇めて国民を国の力でねじ伏せてみせましょうと遠まわしに言ってるんじゃないですか?なんで国体なんでしょう?治安維持とか国家の保安とか、アホな私でも出てくるのになんで今更のように苦しんだ時代の言葉を持ち出したんでしょうか?いくら右翼の人でも多分、好きではないと思うんですが?どう何でしょう、神の国は日本人の根底のポリシーに植え付けられている言葉でいまだに神風などは使いますよね、確かに、天皇が象徴ですからそれは仕方ないと思いますし、街宣行動も言論の自由ですから理解できますが、国体は軍事国家の象徴ですから絶対に許せない言葉ですよ、あの戦争で何人死んだか、何人苦しんだか、いまだに傷の癒えない人が現にいるのに、ひどい総理大臣です。私は絶対に森総理はちゃんと謝罪すべきだと思います。

tanashin - 00/06/05 12:01:03
コメント:
しんちゃんさん、どうもです。そうですねぇ、森総理の一連の発言は本当にひどいですね。私が思うに、戦前の教育勅語の教育を受けた人たちってみんな森総理のように心の底では考えていて、一応の理性が働くと現代的に妥当な考えを示す、なんて感じなのではないかな、と思ったりもします。つい最近まで最高裁判事も戦前の教育を受けた人(つまり、憲法で言えば明治憲法を勉強した人)ばかりで、今は、はじめから日本国憲法を勉強した人にシフトしていくといった時期でして、司法の場も静かに次の時代へと移行しつつあります。ある意味森総理のような正直な?人がいてもおかしくないですが、「天皇中心の神の国」につづいて「国体」はまずいですよね、いくらなんでも。今度の衆議院議員選挙、森総理にどんな結果が待っているのか、注目しています。

しんちゃん - 00/06/05 00:11:22
コメント:
tanashinさん、本当にご無沙汰です!ところで、最近の森総理の発言は何を言いたいのか解らないんですが、私がストレートに解釈するともう一度戦争でもおっぱじめようぜ!って言ってるようでならないんですが?ところで、なんで今更のように古い言葉を持ち出してわざわざ波風たてるんでしょうか?本当に理解できないです。我々国民をぜったいに侮辱してるとしか思えないんですけど?どうなんでしょう?

tanashin - 00/06/02 08:22:10
コメント:
BENさん、こんにちは。何ともうらやましい話です。tanashinも行きたいのですが、なかなか日程の調整がつきません。遠いですからね、しかも私の場合寝台列車に乗ろうとするものですからますます日程的にきつくなるんですよね。残念(^^;

BEN - 00/06/01 23:35:35
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~hinoben/
電子メールアドレス:tutomuh@mocha.ocn.ne.jp
コメント:
お久しぶりです!この週末、またまた伯方島に、行こうかと思ってます!ちょうど、新車(MPV)も来たことですし…。お披露目に行ってきます!

iruka - 00/05/23 16:10:39
コメント:
tanashinn様迅速なるご回答ありがとうございました。割と行政よりのご見解、ちょっぴり寂しい感じでした。

tanashin - 00/05/22 13:51:47
コメント:
irukaさん、お久しぶりです。さて、税金の問題ですか。これについては先生の方がよくご存知かと思いますので、ごく簡単にお話したいと思います。まず、「兄はとりあえず割り勘でも何でもいいから弟の分も一つの納付書で払って下さいと言うわけです。地方税法総則第3節連帯納税義務−−共有物は・・・連帯して納付する義務がある(10条の2)だそうな。これっておかしくないですか?」とのことですが、確かにそうですね。ただ、この条文は地方税法が制定された後に付け加えられた条文だと思いますが、おそらく、実務上この規定がないときに今回のケースのような場合に納税が滞ってしまったのでしょう。遺産の分割は個人的な問題なので、とにかく税金は払ってもらわないと困る、というわけですね。では、このような規定が許されるかどうかですが、仮にこの問題が一方当事者に著しく不平等な税負担を課すものとして14条違反でないか問われたケースだとしますと、立法目的が正当で、一方の相続人に納税を要求することが目的との関連で著しく不合理であることが明らかでない限り、合理的といえ、14条違反にはならないと解釈し、地方税法10条の2の課税規定も合憲であると考えることになるかと思います。いわゆる「サラリーマン税金訴訟」判決はこのような理論だったと思います。まあ、一方当事者が税金を払っても、後に他の当事者に余計に払った分を請求できることを鑑みれば、著しく不合理な規定とはいえないと私は思います。とはいえ、国の法律は国に都合の良いようにつくられているなぁ、とは感じますが(^^;

iruka - 00/05/21 12:14:02
ホームページアドレス:http://www.naxnet.or.jp/~iruka/
電子メールアドレス:iruka@naxnet.or.jp
コメント:
久しぶりにお邪魔します。下記について憲法から見てどうなのか教えて下さい。 ◎共有の土地に係る固定資産税の納付方法について被相続人から相続で引き継いだ土地を兄弟で1:1の共有として登記しました。分筆するには線引きが大変だ。へたすると兄弟喧嘩になるかも知れない。 で、先日市役所から納税通知書が代表者兄におくられてきました。兄はとりあえず割り勘でも何でもいいから弟の分も一つの納付書で払って下さいと言うわけです。地方税法総則第3節連帯納税義務−−共有物は・・・連帯して納付する義務がある(10条の2)だそうな。 ○これっておかしくないですか?いくら兄弟でも嫁さんもらえばたにんみたいなもの。他人同士でも二人でお金を出し合って払いなさいと言うことです。どうして他人の分まで税金を払わなくちゃいけないんでしょうか? 区分所有に係る不動産についての固定資産税は、要するに持分に応じた負担でいいといっているに(352条、352条の2)。 よろしくお願い申しあげます。立法論でも結構です。

tanashin - 00/05/15 19:03:18
コメント:
菅原さん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。先ほど菅原さんのHPへ行ってきました。なかなか充実した内容ですね。私も頑張らないと(^^) 今後ともよろしくお願い申し上げます。

菅原秀宣 - 00/05/15 02:25:58
ホームページアドレス:http://k3.system.to/ivote/
電子メールアドレス:RPA00116@inforepublic.com
コメント:
 ページ拝見いたしました。丁度今年あたりから、憲法を巡っては護憲改憲論憲3つ巴でかまびすしくなる模様。このページの一層の充実と活躍を心からご期待申し上げます。  さて、衆院選も6/25にどうやら決定の今日この頃。 あまり堅苦しくなく、かつしかし個人が政治を考えたり発信したりできる仕掛けのサイトは出来ないかと思って「i-VOTE」というサイトを立ち上げました。 落選運動、あなたの意見の政党政策との一致度チェック、勝手に首相公選、絶対削除無し掲示板など、コンテンツ多数のつもり。 是非ご一見&ご意見をお願いします!

tanashin - 00/05/11 11:28:20
コメント:
Mさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。さて、女子大の合憲性ですか? なるほど、確かに14条の法の下の平等を形式的なものに捉えると、特にお茶の水女子大学等の国立の女子大の合憲性が問題になるようにも思えますね。ただ、Mさんもご存知のように実際にはそのような問題はあまり議論されてはいません。なぜなら、14条が否定しているのは「合理性を欠き、社会通念からみて正義に反する差別」であるからです。女子大創設の歴史については私も知らないのですが、おそらくは時代背景から家政科を中心に学ぶ場所として生まれてきたのだろうと私は思っています。今も家政科だけだと何かと問題になるのでしょうが、そんなことないですよね。女子大も文学等の他の学問も学べるいわゆる総合大学として社会に確固たる地位を築いています。そんな実情もふまえて、男女平等において女子大が違憲であるとはいえないと私は思います。

M - 00/05/10 23:11:58
コメント:
はじめて書き込みさせていただきます。最近男女平等について考えることが多いのですが、女子大学の存在についてどう思われますか。僕は決して違憲ではないと思うのですが、どうでしょうか。

tanashin - 00/05/09 10:19:08
コメント:
デカプリオさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。さて、確かに最近は何かにつけて人権擁護が叫ばれてはいます。しかしながら、実際の人権に対する扱いはひどいものがあり、だからこそ、一見過剰とも思えるほどに人権尊重が叫ばれているのではないかなと私は思っています。日本における人権問題については解決しなければならないことがたくさんあります。まずは個々人が権利と義務について真剣に考えることが必要ではないかと思います。


デカプリオ - 00/05/08 14:37:27
コメント:
突然の訪問、やや批判的意見の失礼をお許しください。私は右翼でも左翼でもありません。ただ、日本人の平和ボケは深刻だと言いたいんです。弱者を名乗り、差別差別と騒ぎ立て、恐喝に近いことをする者。少年法と人権を盾に、ナイフで人を刺す少年。これって左翼とは違う新興左翼というか、静かなる過激派じゃないですかね?江戸時代のほうが、よっぽど平和なんじゃないですか?何のための法治国家なんですかね?法のプロフェッショナルの方々は、どう思われますか?

tanashin - 00/05/08 13:32:54
コメント:
反町さん、まさはるさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。さてさて、人権がどこまで認められるかという問題は決して簡単ではありませんが、私としては基本的にできるだけ認めていくべきだと思っています。そうすると、人権相互に衝突が生じますが、それを解決する原理として「公共の福祉」や「私人間効力」といった概念を用いて解決を図るべきだと考えています。ここでは人権が他の人権に抑制されることになりますから、それをもって義務とすれば足りると考えるのが今のところはベストかなと思います。2週間ほど前に「表現の自由とプライバシー」についてゼミで発表するとの書き込みをしていただいていますが、これなどは「私人間効力」が中心論点となる課題でした。私が以前この事に触れなかったのはちゅうじろうさんに頑張って調べてもらいたかったからで、決して意地悪をしたわけではないのでそのようにご理解ください(^^; 皆様、今後もご記帳お待ちしております。

まさはる - 00/05/07 20:51:54
コメント:
個人の権利が保証される範囲内では、その引き換えに義務があり、保証される範囲外では義務がないが、その権利は国家が保証しない。最小限度の権利は誰にでもあるが、それ以上の権利は法の規制を受けるのが当たり前で、その責任も個人にある。 

反町 拓哉 - 00/05/07 14:31:53
コメント:
 今までは豊かさを追うばかりだった。これからは締めるところは締めないとだめだ。憲法自体を改正しながら進むべきだった。自由とか権利とか言う前に秩序を守れ。   公共の福祉に反する者は刑務所にブチ込める憲法、ブチ込める法律をつくっていただきたい。この声を国会に届けていただきたい。

tanashin - 00/05/07 09:49:54
コメント:
BENさん、こんにちは。そうですか、伯方へ行ってこられましたか。うらやましいです。ところで、「とこや」というお店、知りませんでした。いとこに場所を聞いて今度行ってみたいと思います。でも、お好み焼き屋さんで「とこや」? はは、おもしろいです。

BEN - 00/05/06 23:33:39
コメント:
行ってきましたよ!伯方島!どうも、尾道から今治の方が混んでたみたいで、今治からは、混んでなくスムーズに行けました。ところで、質問です。伯方島の「とこや」のお好み焼き知ってますか?おいしいですね!

tanashin - 00/05/05 10:13:57
コメント:
しんちゃんさん、こんにちは。うーん、少年犯罪ですか。頭が痛いですね。確かに最近の犯罪を見ていると、ちょっとした連鎖を引き起こしているようにもみえますね。実際のところは分かりませんが、少年犯罪防止のための早急な対策が迫られていることは確かなようです。私は少年犯罪に関する法律をよく知らないのでコメントできる立場にはありませんが、ごく一般的な感想としては、18歳以上の少年は大人と変わらない扱いをしてもいいのではないかなと思っています。今の子供たちは、刑法がつくられた当時の子供たちよりも多くの情報に接することができ、何が妥当な行いか18歳くらいには理解していると思われますし、また、私としてはそうであるべきだと思っています。私の場合、以前に中学生くらいの子供たちと話す機会が結構あったのですが、彼らは憲法は何も知らないのに14歳になると悪い事できないんだよね、などという知識だけはもっていたりして、びっくりしたことがありました。学校の先生は、生徒に言うことを聞かせるためにこんな知識を教えているのかなと疑問に思った次第です。いずれにせよ、この問題に対して国民も真剣に考えなければならなくなっていると思います。選挙も近いことですし、マスコミにもちょっと頑張ってもらって、様々な見解に対する議論の場を提供してもらいたいと思います。

しんちゃん - 00/05/05 02:43:56
コメント:
おひさしぶりです!(^_^)/ tanashinさん、いきなりですが最近、少年犯罪が多すぎると思いませんか?あれって少年法に守られるという前提の確信犯が多くなったって事なんですかね?だとしたら少年法を見直すべき何でしょうけど、でも更正する機会も必要でしょうし?まっ、マスコミが騒ぎすぎて少年法の本道自体が揺らいでますけど?tanashinさんはどのようにお考えですか?

tanashin - 00/05/01 09:03:52
コメント:
マユゴンさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。tanashinのホームページはまだまだ発展途上ですが、これからも内容を充実させていきたいと思いますので、ご意見等ありましたらお知らせください。今後もよろしくお願い申し上げます。

マユゴン - 00/04/30 22:37:58
コメント:
あしたの憲法記念日の授業のために開きました。解かりやすくてたのしいホームページでした。

tanashin - 00/04/29 09:05:10
コメント:
すいません、質問の方を見落としていました。なぜ第13条が一番大切かということについては、「すべての価値の根源は個人にあり、その個人を尊重するために憲法に人権規範が定められ、これに奉仕するために、統治機構があると考えるからです」と、一応の理由を明記しているはずですが、それが納得いかないということでしょうか? 一応この理由を検討していただきたいと思います。なお、もし13条以外に大切な条文があるとお考えでしたら、その条文と、それを挙げる理由をお知らせいただけると幸いです。

tanashin - 00/04/29 08:58:27
コメント:
まつさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。ふむふむ、tanashinが伊藤真派ですと? その通りです(^^) まあ、リンク集で伊藤塾にしかリンクを貼っていないので、簡単に分かることでしょう。そういうまつさんも司法試験にお詳しいですよね? じゃないと、普通こんなこと気になりません(^^; もし、tanashinのHPを見てここはこういう表現の方が良いという部分が有りましたらメールでお知らせいただけるとうれしいです。今後もよろしくお願いします。

まつ - 00/04/28 10:51:59
コメント:
貴方は、司法修習生か受験生でしょう?    当たりでしょう。   友人にもいましたよ。  カリスマ伊藤の影響を強く受けた人。

まつ - 00/04/28 10:29:21
コメント:
tanashinsさん、初めまして。まつといいます。質問させてください。何故、13条が1番重要なのですか?自分で選んだのですか?受け売りですか? それと13条が大切といっても「個人」「尊厳」が日本に根付いたでしょうか?特に、日常生活で「尊厳」なんて言葉、使用したことがありません。ありますか?日常。要するに、日常で使用されてない言葉は「reality」がありません。 それなのに13条が1番大切などというのはいかがなものでしょうか?単なる1人よがりの「イデオロギー」では?????

tanashin - 00/04/25 08:31:17
コメント:
BENさん、ご訪問、ご記帳ありがとうございます。さて、BENさんはお嫁さんが伯方島出身者とのことですが、tanashinの場合、母親が伯方島出身です。伯方では、今現在祖母が独りで暮らしています。気楽なのがいいとかで、子どもの世話になりたがらないのです。ちなみに、叶浦に母の実家があります。子どもの頃は私も叶浦海岸によく泳ぎに行きました。いやあ、世の中って広いようで狭かったりするんですよね。案外、BENさんのお嫁さんと私は親戚だったりするかもしれませんね(^^) 今後もよろしくお願いします。

BEN - 00/04/24 23:24:25
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~hinoben/
電子メールアドレス:tutomuh@mocha.ocn.ne.jp
コメント:
tanashinさん。はじめまして!みんなの掲示板では、お友達の隣にいるBENです。 HP見ました。凄いですね。(私も見習いたいのですが、なにせ、趣味、話題に乏しいので…)ところで、心のふるさと伯方島って書いてありましたが、実を言うと、私の嫁さん伯方島出身ですよ。今も、月に1回は行ってますよ。ほんと、景色はいいし、のんびりとしたいい島ですね。

しんちゃん - 00/04/23 10:50:53
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:snin0001@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
おはようございます!二日酔いのしんちゃんです(i_i)久々にゲストブックにカキコします。うちの方は最近、オフ会をしようじゃないかと盛り上がってます。場所は神戸のポートアイランド、日時はまだ未定です、なにせ皆さん地域がバラバラですので頭がいたいですよ。 tanashinさんも良かったら是非どうですか?って遠いですよね(^^A

ちゅうじろう - 00/04/18 13:55:30
コメント:
 お返事ありがとうございました。早速これから図書館へ行って文献を調べてみようと思います。やはり、発表するにあたってあの二つの判例は取り上げた方がいいですよね。判例もきちんと調べて来週の発表に挑むつもりです。始めての書き込みなのにこんなに丁寧なお返事くださってありがとうございました。教えてくださったHPにも行ってみようと思います。これからもちょくちょく書き込みしようと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。それでは・・・。ちゅうじろうでした。

tanashin - 00/04/18 09:08:47
コメント:
ちゅうじろうさん、こんにちは。書き込みありがとうございます。参考文献についてですが、憲法では、芦部信喜先生と佐藤幸治先生の本をお勧めします。論文の書き方については伊藤真先生(伊藤塾塾長)の本で学ぶことをお勧めします。また、お勧めできるサイトとして法律家ゴマさんのホームページ・ひろしま法務ページを挙げておきたいと思います。ここのHPのリンク集からいくことができます。特にひろしま法務ページの法律相談専用の掲示板では、学生がなかなか知り得ない具体的な法的問題について真剣な話し合いが行われているので、法がいかにして使われているかということのヒントを得ることができるでしょう。最後にプライバシー権についてヒントを少々。プライバシー権が問題になった判例に宴のあと事件・京都府学連事件等があります。違憲審査基準については大学1年生ならばふれなくても構わないでしょう。でも、自分でプライバシー権にはどのような審査基準が良いか考えてみることも良いかもしれませんね。


ちゅうじろう - 00/04/17 12:21:02
コメント:
 はじめまして。ちょくちょくここのページを見ていたのですが、ここにカキコするのは初めてです。実は相談があってカキコしました。 私は大学生なのですが今年入ったゼミで来週発表することになりました。表現の自由とプライバシー権について発表することになったのですが、もし良かったら私におすすめの参考文献やサイトを教えていただけませんか?どのように発表していこうか現在考え中です。 初めてのカキコなのにいきなりわがままなカキコしてしまってごめんなさい。

tanashin - 00/04/10 14:32:58
コメント:
クラークさん、こんにちは。そうですねぇ、tanashinが通説や判例をすすめているのは、ある程度インターネットという場を考慮しているからで、本心から「この説が良い」と言っていない部分も、わずかながらあります。ただし、絶対に自分としては認められない考え方(例えば25条の生存権をプログラム規定と考える説など)については、明確に反対して自らのカラーもにじませるようにしています。ところで、tanashinは法律の先生ではないんですね。先生になってもおかしくない実力を身につけたいとは常々思っていますけれども(^^;

クラーク - 00/04/10 08:39:00
コメント:
Tanashinさん、小渕さんがこんなことになって、国会・内閣がこれからどうなるのか、小生も今ごろになって、若い頃のようにまた憲法に興味が出て来ました。Tanashinさんの統治機構を読ませていただき、本当にいい勉強になります。本当にありがとうございます。 それから、Tanashinさんのご正体は、小生にも依然不明ですが、数々の学説を丁寧にあげられ、しかもご自身は比較的穏当な説を採られているところから推測しますと、Tanashinさんは、ずばり大学か専門学校の先生ではありませんか?

しんちゃん - 00/04/09 21:22:26
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:snin0001@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
tanashinさん、ほんのちょっと見に来ない間にトップページのデザイン変えたんですね!結構春らしくて良いですね!

てつ - 00/04/09 18:46:00
コメント:
お久しぶりです。
プロフィールを見たのですが、いまだにどんな人かわかりません。
より謎が増えました【笑】

tanashin - 00/04/05 11:55:01
コメント:
クラークさん、ご訪問ありがとうございます。そうですか、野田にいらしたことがあるのですか。野田市も市役所が移転・新築されたりして多少の変化はあると思いますが、他の地域から見ればそれほど開発が進んでいるわけではないようです。まあ、昔ながらの雰囲気があるといえばあるような気もしますが。愛宕の神社はそのままですよ。その名もずばり、「愛宕神社」ですね。それから、tanashinの正体についてのヒントはHPの中のあちらこちらに落ちていますので(^^)、それらから推測して遊んでください(^^) 今後ともよろしくお願い申し上げます。

クラーク - 00/04/04 15:53:43
電子メールアドレス:clarkkent@mail/goo/ne/jp
コメント:
原先生の「ひろしま法務ページ」で拝見し、早速訪問させていただきました。 とてもおもしろくて、ためになるページですね。 憲法などもう何十年もまともに読んでいませんでしたので、本当に勉強になります。野田市には、昔、取引先の工場が2軒あり、10年ぐらい前までは、よく行きました。 電車で行くときは、確か「愛宕」という駅で乗降りたと思いますが、駅のすぐ近くに、すごく小さいけど美味いお蕎麦屋さんと、かなり古い大きな神社があったのを思い出します。 今は変わっているでしょうね。 tanashinさんは、憲法ご専攻の学者さんかお役人さんですか。 あるいは、弁護士さんですか。これからも、ときどき訪問させていただき、勉強させていただきたいと思いますので、どうか、よろしくお願いします。

tanashin - 00/04/04 13:16:10
コメント:
ゲーム好きですよ。tanashinがプレーするのは専らパソコンゲームですけどね。コーエーという会社のゲームばっかりやっています。この会社さえなければ私はもっと時間を有効に使えていたはずなのにねー(^^;

しんちゃん - 00/04/03 22:13:53
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:snin0001@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
アハハハハ(爆)ゲーム好きなんですね?もしかしてプレイステーション2だったりしますか?うちの長男はクラッシュバンディクーカートにはまりまくっています(^^A

tanashin - 00/04/03 10:20:27
コメント:
しんちゃんさん、お仕事うまくいくといいですね。tanashinも最近忙しくてHPの更新をできないでいます。ゲームとか、ゲームとか、それからゲームとかで忙しいです。なぁんだ、全部ゲームでした(^^)

しんちゃん - 00/04/02 13:44:57
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:snin0001@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
tanashinさん、おはようございます(^_^)V先週は仕事に追われてなかなかネット出来ませんでした。今週は、ちょこちょこ寄らせて頂きますねm(_ _)m

tanashin - 00/03/23 08:57:32
コメント:
しんちゃんさん、お仕事頑張ってくださいね。開業のことはてつさんのHPを見ていて知っていました。陰ながら、応援させていただきます。それと、チャットに参加したいのですが、なにせ午後11時という時間はプロバイダーに特別料金を取られてしまうので(^^;残念ながら参加しにくいのですが、何かおもしろい話があったら是非教えてくださいませ。

しんちゃん - 00/03/22 19:52:01
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:snin0001@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
こんばんわです!お元気ですか?私は、独立開業を目指し日夜大忙しです。昨夜はてつさんが私のチャットルームに来て頂きたわいも無い話に花が咲きましたよーー。もし、tanashinさんも気が向いたら一度お越しくださいませ。私の友人、3バカトリオがお待ちしてますので・・・・それでは、また来ますm(_ _)m

tanashin - 00/03/19 09:01:21
コメント:
しんちゃんさん、いつもご訪問ありがとうございます。さて、私の記憶が確かなら、日本国憲法は全世界で15番目くらいに古い(つまり改正されていない)ので、これからすればもうそろそろ時代に合わなくなっている部分を改正してもおかしくはないとも言えます。しかしながら、時代にマッチしていない部分は、それほど見当たらないともいえましょう。プライバシーや環境権などの新しい人権は第13条により認められるようになっていますし、生活上必要な権利についても第25条の解釈次第でなんとでもなります。自民党が一番改正したがっている第9条などは、特に改正する必要はないと私としては考えています。まだまだ国民の真剣な討論が少ない中、国会だけが改憲論に夢中になっても、国民主権の観点からはあまり意味が無いと思います。まずは国民としての見解を熟成させることが先決ではないかと私は思います。

しんちゃん - 00/03/19 00:25:02
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:snin0001@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
tanashinさんお久しぶりです。m(_ _)m ページは見に来てたんですが掲示板カキコしてませんでした(^^A ところで、憲法9条でかなり議論されているみたいですね。やはり、各個人が憲法の捉え方をその人の言語力、知識環境などで違うんですからこれは、この時代遅れな憲法の表現方法が土台おかしいと言う事だと思いますね。話は飛躍するのですが私たちのような一般市民が議論しても、所詮、役人はつまらない事件ばかりを起こしているんですから・・・しかし、議論して疑問をぶつけないと改革は有り得ないからtanashinさんみたいに真剣に考える人も必要だと思います。偉そうな事を書きましたが私の率直な意見ですので聞き流してくださいねm(_ _)m

tanashin - 00/03/18 14:05:02
コメント:
おお、批判的なご意見ですね。社会問題に関する私の意見を読んでいただき、ありがたく思います。さて、以下ささやかな意見を付したいと思います。>そのための第一の前提として、憲法9条の維持は欠かせないとtanashinは考えます。 「諸外国を信用しようじゃありませんか」とか書いているけど、その前に「テポドン降ってきたらやだな」みたいな事書いてるしょ?そりゃ矛盾ですぜ。・・・・・・・・そうですかね。tanashinとしては矛盾はないと思いますよ。「テポドンが落ちてきたらいやだな」とは、当然に「そのようなことを北朝鮮はしないだろう」という前提に立っています。したがって諸外国を信用してみようと訴えるtanashinの考えとは矛盾しません。                        >冷戦時代にモロソ連の驚異があったから、北海道に自衛隊がばんばんあるわけでしょ?・・・・・・・・それはそうですね。                          >いまだって、武器を持った海自や海保があるからロシアの武器密輸が抑制されているんでしょ?無かったらあいつらぼんぼん日本に武器密輸して日本のどっかでAK47の撃ち合いが起こってるちゅうの。・・・・・・・・論理に飛躍がありますね。必ずしもそういう事態にはならないでしょう。ちなみに、AK47とは機関銃でしょうか。ちょっと武器には詳しくないので分かりませんが、そのように想像してみました。                         >中国だって「武力統一」をいつ放棄したの?いっとくけど日本の周りの「諸外国」は信用できる相手じゃない。にこにこ笑って39%の利子付けて、「目ん玉売れや」ってやってる方を全面信用しろってことよ、あんたのいってることは。・・・・・・・・確かに、tanashinの意見は性善説に近いものがありますが、あなたの言うほど日本の周辺国は信用がおけない国ばかりということはないと思います。中国は近時海軍力を増強させており、台湾を完全に手中に収めようとしていることは事実のようですが。それと信用問題とは別の話だと私は思います。ところで、tanashinを批判するのは構いませんが、丁寧語でお願いします。他の方が読む時に不快に思わないような表現を心がけてください。これを守っていただけませんと削除させていただくこともあります。


hokkaido - 00/03/16 23:34:01
電子メールアドレス:m080@yahoo.co.jp
コメント:
以下「言いたい放題」より引用  1999.9.14  憲法9条について  最近、9条を改正すべきだとの意見をよく聞くようになりました。そこで、tanashinの考えを述べてみたいと思います。 まず、tanashinは9条の改正には反対です。なぜか。それは、あれだけ軍備しにくい条文を憲法がもっているのにもかかわらず、日本が自衛隊のような強力な部隊を持つようになったからです。 もし、仮に自衛のための戦力を持つことを放棄しない旨の条文を入れたとしたら、今より確実に軍備が拡張されることはあっても縮小されることは無いように思えてしまうのです。 恐ろしいことです。わが国は、憲法の前文で「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意し」ているのです。諸外国を信頼してみようではありませんか。世界各国が国際紛争の解決のために武力を行使しないことを期待してみようではありませんか。 今後まだまだ世界では紛争が絶えないでしょう。しかし、少なくとも私達日本人は「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去」するために努力しようではありませんか。 そのための第一の前提として、憲法9条の維持は欠かせないとtanashinは考えます。 「諸外国を信用しようじゃありませんか」とか書いているけど、その前に「テポドン降ってきたらやだな」みたいな事書いてるしょ?そりゃ矛盾ですぜ。冷戦時代にモロソ連の驚異があったから、北海道に自衛隊がばんばんあるわけでしょ?いまだって、武器を持った海自や海保があるからロシアの武器密輸が抑制されているんでしょ?無かったらあいつらぼんぼん日本に武器密輸して日本のどっかでAK47の撃ち合いが起こってるちゅうの。中国だって「武力統一」をいつ放棄したの?いっとくけど日本の周りの「諸外国」は信用できる相手じゃない。にこにこ笑って39%の利子付けて、「目ん玉売れや」ってやってる方を全面信用しろってことよ。

てつ - 00/03/16 21:34:38
コメント:
こんばんわ。お久しぶりです。今年の確定申告も無事終わり一安心です。【笑】少しお金が返ってくるのでうれしいです。今年から青色申告になります。

tanashin - 00/03/04 10:56:56
コメント:
てつさん、こんにちは。昨日辺りから暖かいですね。このくらいの気候が一番すごしやすいですね。ところで、うぐいすさんのパソコンはまだ直ってこないのでしょうね。tanashinも修理するのに1ヶ月かかりましたから、そんなものなのでしょう(ハードディスク取り替えるのにそんなに時間かかるかー?とは思いましたが、メーカーのアフターサービスなんてそんなものですよね)。

てつ - 00/03/04 07:43:48
コメント:
おはようございます。外仕事も最近は楽になってきました【笑】暖かくなってくると眠くて眠くてしょうがありません。  うぐいすさんまだ帰って来ませんね・・・?

tanashin - 00/02/25 08:56:44
コメント:
てつさん、こんにちは。ほんと、最近寒いですねー。てつさんは主に外で働いているのでしょうか。特に辛い立場にいますよね。頑張ってください。

てつ - 00/02/25 05:25:12
コメント:
お久しぶりです。さむい毎日が続きますね。そしてフトコロもさむくなってきました【爆】

tanashin - 00/02/21 09:16:57
コメント:
しんちゃんさん、そうですか、名古屋は雪が降って大変だったのですね。そう言えば新幹線も運行に支障が出ていましたね。千葉は最近寒いものの雪はそれほど降っていません。今年の冬は特に晴れの日が多いように感じています。

しんちゃん - 00/02/20 22:54:01
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:sninooo1@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
こんばんわ、お元気ですか?名古屋は先週、雪・雪・雪の日々最悪でした。そちらはいかがでしたか?景気も悪いしへんてこな事件ばかりだし、最近本当に身も心もさぶーいしんちゃんでした。~(^^ )~

真田幸村 - 00/02/20 03:44:13
ホームページアドレス:http://www4.plala.or.jp/sanadayukimura/index.htm
電子メールアドレス:akadansyaku@hotmail.com
コメント:
ご訪問ありがとうございました。m(__)m たびたびのかきこみで恐縮ですが、ホームページのアドレスを変えました。おついでのときは、どうぞよろしく(^^ 映画関係のホームページのつもりですので、よろしければ「12人の怒れる男たち」とか裁判や法律にまつわる映画の話とかしていただけるとうれしいな、・・。 どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

tanashin - 00/02/16 09:01:53
コメント:
真田さん、ようこそおいでくださいました。今後もよろしくお願いします。さて、どうも私のプロフィールの書き方がなっていないせいで真田さんに誤解をさせてしまったようですね。tanashinはジャーナリスト関係の人間ではありません(^^; どうもすみません、変なプロフィールで(^^; 一応法律が専門のつもりです。他人から見れば・・・、単なる遊び人に見えることでしょう(^^) ところで、真田さんってジャーナリストの経験があるんですね。なんだかかっこいいです。なるほどねー。真田さんの投稿っていつも理路整然としてますもんね。今後もマイクロキャビンの掲示板での楽しい投稿を期待しています。  

真田幸村 - 00/02/15 22:47:19
ホームページアドレス:http://www.hi-net.zaq.ne.jp/buacm900/index.htm
電子メールアドレス:akadansyaku@hotmail.com
コメント:
いつもすがすがしい思いやりをどこか感じる投稿をなさるかただなと、思っていました。マイクロキャビンの掲示板でお世話になっております。 プロフィールを拝見しました。ジャーナリストでいらしゃるんですか?小生も昔、雑誌の記者をしておりました。これも何かの縁ですね。どうぞこれからもよろしくお願いします。

tanashin - 00/02/15 08:35:44
コメント:
しんちゃんさん、うぐいすさん見つかりましたね。なにはともあれ、よかったよかった。ところで、懸賞金は誰が出してくれるんですか?もしかして太っ腹なしんちゃんさんが出してくれるのでしょうか(^^) 一体誰が懸賞金をかけたんでしょうね(^^)

しんちゃん - 00/02/15 00:27:02
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:sninooo1@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
こんばんわ、うぐいすさん見つかりましたね(^_^)V じゃ、地球寄って無人くんしないと懸賞金が出せない(T.T )( T.T) そうだ!夜逃屋に頼もう!!

tanashin - 00/02/13 15:31:39
コメント:
うぐいすさんみつけた(^^) そうですか、PC壊れましたか。さぞ不自由なさっていることでしょう。心中お察しします。tanashinも昨年実にくだらない理由で壊してしまって1ヶ月くらいパソコンできませんでしたのでお気持ちはよく分かります。はやく直るといいですね。

うぐいす - 00/02/12 19:48:13
コメント:
懸賞金が掛かっているうぐいすです(笑)。というわけで、おひさしぶりです。PCが壊れていまして、ネットが出来ませんでした。来週には、直ってくるので、またお相手お願いしますね。

tanashin - 00/02/09 08:11:44
コメント:
日本語入力システムの調子が悪かったのですか?tanashinはいつも自分の思い通りに変換できなくて苦労しています。一太郎5を長いこと使っていまして、マイクロソフトの入力システムになじめないのです。新しいATOKを買う気にもなれず、ちまちまと変換しています(^^;

しんちゃん - 00/02/09 00:29:00
ホームページアドレス:http://www1.ocn.ne.jp/~shinmori/index.html
電子メールアドレス:snin0001@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
こんばんわtanashinさん元気ですか? 私は、パソコンの調子が悪く四苦八苦しておりましたよ。今は、IME98をあっさり捨ててATOK9で入力するようにしてカキコしています。無茶苦茶書きにくいですよ・・それはともあれリンクどうもですm(_ _)m また遊びに来て下さいね(^_^)V

てつ - 00/02/06 00:13:14
コメント:
おひさしぶりです。お元気ですか?うぐいすさんが行方不明で見つけると賞金が出るって本当ですか?【爆】

tanashin - 00/02/04 08:09:31
コメント:
なんと! うぐいすさんに賞金が懸けられるとは(^^) tanashinも早速うぐいすさんを探さねば(^^) ところで、このページへリンクを張っていただけるようで。感謝感激です。tanashinも数日中にリンクを張らせていただきます。しんちゃんさん、今後もよろしくお願いしますね(ちょっとうぐいすさん風)。  

しんちゃん - 00/02/03 22:32:18
電子メールアドレス:snin0001@aqua.ocn.ne.jp
コメント:
すごいページですねtanashinさんって何者なんですか?是非、是非リンクさせて頂きます(^^A あなたが嫌でもリンクしますm(_ _)m また来ますんでよろしくです。(^_^)V PS うぐいすさん探しに賞金が懸かったらしですぞ?

てつ - 00/01/22 23:12:40
コメント:
そうです。もう行く事はないかも・・・【爆】

tanashin - 00/01/21 11:05:33
コメント:
てつさん、いいですねー(^^) tanashinもフェラーリのディーラーに行ってみたいです。フェラーリへ足を踏み入れることはわが人生の終局的目標でもあります(^^) ちなみに、ディーラーってコーンズのことでしょうか。行ってみたいです(^^)


tanashin - 00/01/21 11:01:34
コメント:
よーすけさん、こんにちは。そもそも自由権とは、ですか? 確かに先日の質問と多少かぶりますね。この前質問のあった基本的人権とは、憲法の規定によって保障を受けている自由とか人間の諸権利の総称ともいえるものでしたよね。自由権とはこの中から社会権的な性格をもつ権利を除いたものだと考えることができるかもしれません。社会権は、ご存知かと思いますが、国家が積極的に国民に保障して成り立つ権利です。自由権は、国家の成立以前に人間であるというただそれだけで生まれながらにしてもつ権利です。そもそも自由権とは何か、と聞かれたらここを答えればよいということになると思います。自由権は前国家的性格を有する、なんて教科書でいっていますが、つまるところ自由権は生来不可侵で不可譲な権利ということになります。もちろんこのように自由権が捉えられるようになるまでには随分時間がかかったということはご存知でしょう。憲法97条にはそのあたりの苦労をふまえて人権を大切にしなければならない旨規定されています。私を含めて日本人はろくに苦労せずに自由権を手に入れました。日本人は特に人権の歴史を勉強してその大切さを学ぶ必要があると私は思います。

てつ - 00/01/21 00:24:45
コメント:
実は・・・この前フェラーリのディーラーから仕事が入り360見れるかと思ったらアルファロメオばっかりでした・・・あったら乗せてもらおうと思ったのですが・・・残念です【笑】

よーすけ - 00/01/20 23:44:48
ホームページアドレス:http://www2.ocn.ne.jp/~atn/yosuke.html
電子メールアドレス:atn@mocha.ocn.ne.jp
コメント:
こんにちは。質問の回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。ちなみにもう1つ質問ですが(前と少し類似しますかね) そもそも自由権とは? です。お願いします

tanashin - 00/01/20 12:14:19
コメント:
よーすけさん、ご訪問ありがとうございます。さて、基本的人権の存在意義ですか? それを考えるには、基本的人権が存在しない場合を仮定してみればよく分かるかもしれませんね。近代憲法は人権規範を実現するために統治規範を規定していますよね。ということは、そもそも人権規範がなければ統治機構は目的を失い、国家権力は暴走し、無政府状態に等しい状態になるといえましょう。今の日本で人権規定がないことなどtanashinには想像すらできません。日本が日本であるために(もちろん、諸外国においても)、人権は絶対必要だと思います。憲法の教科書を見ると、よく人権の性質を4つなり6つなりに分類しようとしていますが、今日では自由権的な性格と社会権的な性格をあわせもった人権が数多く存在するようになりました。人権は既存の観念を越えて更に発展しています。今後ますます発展することでしょう。憲法の統治機構もその発展に遅れずについていく必要があるとtanashinは考えます。

てつ - 00/01/20 00:26:33
電子メールアドレス:○┼< バタッ
コメント:
お久しぶりです。スキャナー自分もほしいです。【笑】

よーすけ - 00/01/19 22:27:57
ホームページアドレス:http://www2.ocn.ne.jp/~atn/yosuke.html
電子メールアドレス:atn@mocha.ocn.ne.jp
コメント:
tanashinさんこんにちは。一つ質問です。 基本的人権の存在意義についてtanashinさんの 意見を聞かせてもらえませんか?おねがいします。

tanashin - 00/01/12 09:08:14
コメント:
 美佐ちゃんさんのお友達ってみんなお金持ちなんですね。tanashinの友人には外車に乗れるような方はおりませんです(^^; tanashinも同様です。友人DさんはおそらくAクラスにお乗りなのでしょう。うらやましいです。 ところで相互リンクを張っていただけるということですが、とてもうれしいです。今後もよろしくお願いします。

美佐ちゃん - 00/01/11 21:10:11
コメント:
今日は車について読ませてもらいました。 私のお友達がたは、外車好きが多くてですね。 友人A、ボルボのワゴン。 友人B、真っ赤なアウディ。 友人C、真っ赤なBMWセダン。 友人D、ベンツの何だっけ、最近発売した小さいやつ。 友人D、フォルクスワーゲンのなんだか日産マーチみたいなやつ。 と、いろいろな車に乗せてもらえることが多いです。 ・・・でも、私はトヨタRAV4なんだけどね・・・。
そうそう、リンクありがとうございました。 さっそく私の方も相互リンクさせて下さいね。

tanashin - 00/01/08 09:07:24
コメント:
momoさん、K.Otomoさん、うぐいすさん、いらっしゃいませー。ご訪問・ご記帳ありがとうございます。こんなにいっぺんに記帳頂いたのははじめてです。うれしいです。感謝しています。今後もよろしくお願い致します。 

うぐいす - 00/01/08 06:42:32
コメント:
おはようございます。ヤフー覗いてみました(o^O^o)。
言われる通り、賛成派が多いのは意外でしたねぇ。
さて、ゴハチさんは見ているのかな・・・(笑)。
もう少し様子を見て、トピの方にもお邪魔しますね。ではまた。

K.Otomo - 00/01/08 01:28:57
ホームページアドレス:http://www5a.biglobe.ne.jp/~k-otomo/
電子メールアドレス:k-otomo@mtg.biglobe.ne.jp
コメント:
tanashinさん、はじめまして♪ メールを頂いて、さっそくこちらのページも見に来ました。かなりアカデミックなページですね!(うちが非アカデミックすぎるという話もありますが・・・) また寄せていただきますー。

momo - 00/01/07 23:03:09
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/2404
電子メールアドレス:momo2@geocities.co.jp
コメント:
あけましておめでとうございます。本年もよろしく。ハリアーは、れっきとしたRVです。でも、私には積載能力がたりません。RVは不滅です。

うぐいす - 00/01/04 01:09:42
コメント:
あけましておめでとうございます!!。昨年は沢山のカキコありがとうございました。今年もよろしくおねがいしますね。

てつ - 00/01/02 00:36:55
コメント:
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 さっそくアトレーをUPしました。お暇なときに見にきてください。

てつ - 99/12/31 03:21:27
コメント:
今日大阪にお好み焼き食べに行ったので、アトレーは慣らし終了です【爆】

tanashin - 99/12/27 08:15:00
コメント:
納車おめでとうございます(てつさんはアトレーという車を買いました。くわしくはte2のホームページをご覧ください)。写真楽しみにしています。

てつ - 99/12/26 23:55:32
コメント:
納車完了です。近いうちに写真出します。くまは出てないです。【爆】

てつ - 99/12/23 12:29:36
コメント:
プレステとGT2を買いました。しかし・・・先輩の子供にクリスマスプレゼントです。どなたか包装紙をきれいに破いてまた包装できるかたいますか? GT2やりたくて・・・

tanashin - 99/12/21 08:30:20
コメント:
今のところPS2もGT2も購入予定はありません。なぜなら、お金がないからです(;_;) 残念。宝くじが当たったら即効で買います(^^;

うぐいす - 99/12/21 06:00:39
コメント:
おはようございます。今、帰ってきたところなんです(TOT)。知り合いの人が借金を踏み倒されて、取立てに付き合っていました。はっきり分ったことは、私は日栄の社員になれません(笑)。子供なんかもいたりして・・・も〜胃が痛いです。。。マジで。
さて、たなしんさんはGT2を買うのは、PS2が出てからなんですか?。私は買おうかどうか迷ってます。なんか、徹夜が増えそうですもんね。

うぐいす - 99/12/15 01:11:31
コメント:
あはは、なんか書いてみようかな・・・批判(+.+;)。


tanashin - 99/12/14 13:59:08
コメント:
いやあ、うぐいすさん、批判的なメールは確かにいただいております(^^; でも、tanashinとしてはむしろこれらをありがたく頂戴しております。一応、反論はさせていただいておりますが・・・。再反論は今のところありませんです。これからもいろいろなメールをお待ちしております。なお、tanashinに対するものである限り、ゲストブックでの批判もお受け致します。たぶん、反論しますが(^^;

うぐいす - 99/12/13 23:11:47
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/5600/
コメント:
こんばんは〜。
さてさて、たなしんのカキコをみて
はじめて気がつきました(汗)。<カウンター
一番したにあったんですね。今度からは注意します。

それから、批判的なメールなんてくるんですか〜。
やはり、憲法はイデオロギー的な部分と重なりやすい
からなんですかね〜?。右○系から、来てたりして・・・。

tanashin - 99/12/08 12:18:28
コメント:
 美佐ちゃんさん、いらっしゃいませ。そうですか、うろたえましたか(^^; tanashinは車が好きで車に関するHPへ行ってはふらふらしていますので車好きの人との交流が中心なのです。もしかしたら車関係のHPと思われたのかな、と推測しています。 ところで社会問題のページをみていただき、ありがとうございました。あのページではtanashinが言いたい放題にいろいろ書いているので、結構批判的なメールも頂いております(^^; 美佐ちゃんさんにもしかして不快な思いをさせてはいないかと心配ですが、何か問題のある表現があれば是非教えてください。ご訪問、ありがとうございました。

美佐ちゃん - 99/12/07 19:20:05
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/7651/
コメント:
こんにちわー。 遊びに来ました。 
最初、「法律」という言葉が目に飛び込んできて、何の間違いかとうろたえましたが(笑)、
読んでみるととってもわかりやすくて、大学の時の法律の授業とは大違いでした。(笑)
社会問題については読ませていただきましたが、またこれからじっくり読んでみまーす。
まったくだ!!と思うことが多かったです。

tanashin - 99/12/05 10:12:43
コメント:
皆様ありがとうございます。本日1000カウントを達成しました。tanashinの予想をはるかに上回るスピードでの達成でした。これからも皆様に見ていただけるように頑張りたいと思います。ちなみに、tanashinで1006カウント目でした。どちら様が1000カウントぴったりだったのでしょう?

tanashin - 99/12/04 09:25:00
コメント:
てつさん、リンクのページできたみたいですね。早速寄らせてもらいます。うぐいすさん、おっしゃるとおりミーシャとはデジカメのことです。25万画素しかないのが難点ですが・・・。

うぐいす - 99/12/04 00:36:10
コメント:
tanashinさん、いつもカキコありがとうございますね。感謝しています。ところで、ミーシャってのはデジカメなんですか?。そんなに安いなら買ってみようかな〜。

てつ - 99/12/03 21:10:33
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8776/
コメント:
ついにリンクのページが完成しました。お暇な時に確認してください。

tanashin - 99/11/27 09:16:12
コメント:
てつさん、リンクの件もちろんO.K.です。というか、こちらからお願いしようと思っていました。tanashinも早速リンクをはりたいと思います。今後ともよろしくね。

てつ - 99/11/27 02:21:18
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8776/
コメント:
そろそろリンクのページを作ろうかと思ってます。その時はリンクはらしてもらっていいですか?でも・・・いつになることやら・・・【笑】

うぐいす - 99/11/26 23:16:46
コメント:
こんばんは。。私が住んでいるところは今話題の(?)東京の文京区なのですが、25日の朝はこちらも霧が凄かったです。ここ数ヶ月の間に近所で殺人事件が2件、そして今回となんか物騒でいやな感じです。

tanashin - 99/11/25 09:27:51
コメント:
今日はとても霧が濃いです。tanashinの家の側には川がたくさんあるので特に濃い霧が出ているようです。車を運転する皆様、お気をつけてください。

てつ - 99/11/18 23:58:33
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8776/
コメント:
はやくも・・・9999キロ走りました。明日から5桁です。【爆】

うぐいす、です。 - 99/11/17 23:12:25
コメント:
tanashinさんこんばんは。
お勧めはニューセドグロとのことですが、
カーオブザイヤー(でしたっけ?)を受賞したみたいですね。

さてさて、ミイラの件ですが、次ぎから次ぎにいろんなのが出てくるものです。
まったく理解できませんです。

tanashin - 99/11/17 15:37:58
コメント:
 だんだん秋も深まってきましたね。もうそろそろ車業界はボーナス商戦に向けてお客さん獲得競争を本格化させる時期です。車の買い時は年に3回。3月の年度末決算時と6・12月のボーナス商戦の3回。いやー、車欲しい人、これから忙しくなりますね。頑張ってください。ちなみにこの秋のお勧め車種は、セドリック・グロリアでしょうか。アルテッツアは待ちかなと思います。新型の発売も予定していることですしね。

tanashin - 99/11/15 09:03:41
コメント:
PC−8001についてはほとんどの人が知らないと思いますので多少ご説明したいと思います。PC−8001は1978年秋発売のNEC製のパソコンです。N−BASICという言語で動きます。CPUは286よりも2世代以上旧式のものを使っていて、メモリは32kバイト(増設しての値。元は16kバイト)、プログラムはカセットテープに記録していました。日本で初めてヒットしたパソコンといえるかもしれません。高級機種としてPC−9801がありましたが、完全に業務用でした。そんな時代もあったんですねー。ちなみに表示可能カラーは8色のみでした。

うぐいす - 99/11/15 02:27:50
コメント:
コロナの評本当にありがとうございました。
ありがたく頂戴いたします。

8001でしたか・・・88と見間違えました。
そう言えば8001なんてのもありましたね。
98シリーズは高くて高くて手が出なかったものです。
確かVXとかなんとかは100万円ぐらいのありましたよね。。。

tanashin - 99/11/14 13:53:04
コメント:
うぐいすさん、88ってPC−8801のことですか?tanashinの初めての愛機はPC−8001ですが、これで大体の年齢層はつかめますね(^^) あの頃はパソコンを持っていたのは、私の周りではtanashinとPC−6001を持っていたH君だけでした。珍しかったですね、パソコン持っている人は。ゲームするには自分でプログラム組まなきゃできなくて・・・。苦労しました、ほんと。いやー、なつかしいですね、あの頃が。

うぐいす - 99/11/14 03:12:20
コメント:
気になります(笑)。

さてさて、リンク完了です。遅くなってすいません。
お暇な時にご確認を・・・。

それと、私も88持ってましたよ。確かMAかな。
しかも、光栄系で無駄に時間失いました(笑)。
ここ数年はPSのサッカーゲームしかしていません。
と言っても最近はぜんぜんしてないのですが・・・。
でも、グランツーリスモ2は買おうと思っています。
買ったら感想教えて下さいね。

tanashin - 99/11/13 08:57:55
コメント:
 いやあ、tanashinの正体、気になります?別にたいしたものじゃないのであえて書いていないだけです。最近、同じような質問を他の方からもいただきましたが、どうしても知りたい場合は個別にお答えしますです。でも、なぜだか教えてなんて言われると黙っておきたい気分になっちゃうなあ。どうしてだろ?ホームページ中にいろいろヒントはあると思うので、それを頼りに想像してみるのもおもしろいかも?しれませんね。 

うぐいす - 99/11/12 23:54:09
コメント:
ジオからのメールに書いてあったんですか・・・。
ぜんぜん読んだ事ないので知りませんでした。

話は変わりますが、たなしんさんってどんな人なんですか?。
いろんな人のカキコ見ますが、たなしんさんが一番
想像つかないです(笑)。
確かなことは、カキコになんかいい味あります。
意味不明なカキコでしたね(笑)。
ではまた。

tanashin - 99/11/12 10:10:09
コメント:
うぐいすさん、投票ありがとうございます。今回の日経のコンテスト、ジオシティーズのメールで是非ノミネートしましょうなんて書いてあるものですから、参加することに意義がある、なんて思って登録しました。そしたら周りはすごい凝ったHPばかり・・・。まぬけにも登録してから気づいてしまいました。でも、うぐいすさんのおかげで少なくとも誰も投票していない、という状況は回避できました。ありがとうございました。ところで、tanashinも2年後のモーターショー楽しみにしています。今後ともよろしくね。

うぐいす - 99/11/11 23:16:59
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/5600/
コメント:
こんばんは!!。
絶対に行きましょうね。
2年後はよろしくです。

さてさて、日経の投票しましたよ。
システムや概要なんかがよく分りませんが
上位に行けるといいですね。ではまた。

てつ - 99/11/09 23:54:11
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8776/
コメント:
ご意見、アドバイスありがとうございます。怪我もなく修理代も1500円と工賃で済みそうなんで自分で直すことにしました。証拠不十分なため相手を追い込めない悔しさがありますが、いつまでも考えてると悪いことしちゃいそうなので、もうやめます。【爆】本当にご心配おかけしました。ありがとうございます。

tanashin - 99/11/05 08:53:55
コメント:
 皆様、おはようございます。 ちんさん、ご記帳ありがとうございます。そうなんです、ゲストブックつけてみたんです。1ヶ月や2ヶ月、あるいは1年程度は誰も書いてくれないかも、とおそるおそるでしたが、皆様のおかげをもちましてこんなにもご記帳いただいております。めちゃうれしいです。 ところで、tanashinは下戸というほどではありませんが、コップに1杯も飲めば余裕で酔っちゃいます。よわいんですねー。でも安あがりです。

ちん - 99/11/05 01:19:40
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1129/
電子メールアドレス:tinn1091@geoities.co.jp
コメント:
ゲストブックが付いたのですね。
それになにやらHPのメニューも増えていますね。
あぁ、わたしもHP更新しないとなぁー・・・
ところで、tanashinさんは下戸なのですかね?
妙に親近感を覚えるちんでした(笑)
ではでは

うぐいす - 99/11/03 02:46:44
コメント:
いつもカキコ本当にありがとうございます。
感謝していますです。
さてさて、76枚もお撮りになったのですか・・・。
そこらへんの、小さな出版社より凄いですよ。・・・現像代大変そう。
それから、私は好きです、コンパニオン(笑)。
確かにコンパニオンだけが目当てというのは???ですよね。
でも、いないと、いないでかなり地味なショーになりそう。
因みに私もコンパニオンの写真は撮りませんよ。
ほんとは撮りたいけど・・・(笑)。
では、またきます。
PS
2年後のショーはOFFがてら、よかったら一緒にいきましょう!!。

tanashin - 99/10/31 15:23:50
コメント:
 そうですか、てつさんも26日に行ったのですか。結構混んでましたよね。それでも平日ですから順調に見ることができましたが、すいているからでしょうか、一番前の人がなかなかのいてくれないんです。というわけで、写真をうまく撮れませんでした。変にどアップだったり、小さかったり・・・。 スキャナーがあれば写真もアップできるのですが、お金が無くてスキャナーを買えないのです。 ああー、写真展開きたいなあー。 ちなみに、tanashinはモーターショーで72枚の写真を撮りましたです。


てつ - 99/10/31 04:08:53
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8776/
コメント:
こんばんわ。 26日は自分もモーターショー行ってました。(笑)もしかするとすれ違ってたかも・・・でもわからないですね。あの人ごみじゃぁ・・・・

うぐいす - 99/10/25 01:35:32
コメント:
いつもご来場ありがとうございます。
掲示板が設置されたようなので、早速カキコさせてもらいます。
さてさて、憲法のHPということですが、随分とがんばってまとめられましたね。
憲法って純粋に理論的に考えるのって難しいと思います。
一歩間違うと政策論だし、説の妥当性を考える時は多分にこうあるべきだ!!みたいな価値判断が先行しそうになりますもんね。
これからも頑張ってください。
又来ます。

てつ - 99/10/19 00:27:47
コメント:
はじめまして。てつです。某HPからきました。ご意見ありがとうございます。ディーラーにはしっかり直してもらいます。(笑)

tanashin - 99/10/17 18:17:27
コメント:
1999年10月17日、ゲストブックを開設致しました。皆様のメッセージをお待ちしています。 なお、ここでこのホームページの拡張予定を書いておきます。 1.地方自治等の統治規定のページの拡張2.違憲審査に関するページの創設3.憲法上の具体的な問題の解決案4.写真展 以上が現在考えている拡張予定です。今後もよろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。