各ページの一番上に広告が載っていますが、この広告と当サイトとは何の関係もありません。

ホームページ ニュース 専門紙概説 専門紙の労働運動 会員専用 掲示板 図書室 労働相談 意見・感想・質問 リンク

タイトル「専門紙の広場」

お知らせ
2008/01/03 当サイトのマイナーチェンジを実施しました。構造は変えずに、目に付く古いもののみ改修を実施しました。
専門紙団体・傘下労組のページ

全国専門紙共闘会議
全都専門紙共闘会議
全印総連専門紙部会

傘下労組のページ↓


専門紙労組リンク

金融経済新聞労組
東京交通新聞社労組
おわびと訂正
特にありません。
ご あ い さ つ

2000年11月30日、ついに、我々のWebサイトが運用を開始しました。私たちは専門紙誌(業界紙誌)を発行する企業で活動している労働組合同士の横断的な連絡・共闘組織です。業界紙と言っても「総会屋」の類とはまったく違う、まじめな「特定の産業、業種についての専門紙」ばかりです、念のため。

1976年の結成以来、労働条件に関する情報を交換したり、いろいろな学習会を催したり、場合によっては経営者と共同して社会的な活動をしたりしています。

労働組合というのは思想・信条の理由から、あるいは単に交渉力を強めるために、特定の上部団体に所属することが多いのですが、それらの上部団体の枠を超越した広範な連絡・共闘組織を標榜して活動を続けています。というと、何やら高邁なカンジですが、実のところ、極めて1社1社の規模が小さく、それぞれの組合設立時の事情により様々な上部団体に属している実態があり(どこの団体でも当然少数派です)、といって自分たちだけでひとつの団体(専門的には産別組織という)をつくるだけの力量もないので、このような「共闘会議」という形態で連帯し合っているわけです。

具体的な業種としては、鉄鋼、非鉄金属、自動車、化学工業、半導体、ゴム、食品、酒、農業、建設、繊維、衣料、タクシー、海運、金融、証券、保険、商品相場、地方自治体など多くの産業界の専門紙の労組と何らかの形でアクセスがあり、それらの労組の属する上部団体は、全印総連、出版労連、新聞労連、全国一般など多岐にわたっています。

共闘会議に正式加盟している労組は上記のうちでも全印総連(全国印刷出版産業労働組合総連合会)加盟の労組が多く、このホームページも全印総連専門紙部会の全面的な協力で開設されました。

開設主体の紹介――掲載基準について――プライバシーの保護に関して――ご連絡・ご質問

なお、当サイトは基本的にはリンクフリーです。ただし、リンクを貼る場合は必ずその旨をご一報下さいますようお願い申し上げます。リンクのご連絡及びお問い合わせはrugxarmeano@yahoo.co.jpで受け付けております。

著作権情報 : このサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は全国専門紙誌労働組合共闘会議またはその情報提供者に属します。

Counter
最終更新日 : 2008/01/03