最終更新日 2005.6.4
Copyright(C)2000-2005 by Dbox




固定資産税・都市計画税


アパートを保有していると毎年固定資産税と都市計画税がかかってきます。
固定資産税は日本中どこに固定資産を持っていてもかかりますが、都市計画税は都市計画事業を行っていない市町村などでは課税されないようです。
私の場合は、下欄に記しますように九州の地方都市にあるアパート(4)〜(7)については課税されていません。
固定資産税・都市計画税はアパート経営上かなり大きな金額になりますが、固定資産税は土地をもっているだけのときに比べれば、アパートを建てると軽減され節税になるといわれています。

税務の詳細についてはネットで容易に検索できますのでそちらをご参照ください。
ここではアパートにかかっている実際の金額を示します。


固定資産税と都市計画税の実際(H17年)
土地+建物価格 固定資産税 都市計画税
大分新築アパート1号君 3800万円 9.1万円 2.0万円
札幌新築マンション2号君 1295万円 2.9万円 0.6万円
旭川中古アパート3号君 3150万円 10.7万円 2.7万円
国東新築アパート4号君 1810万円 6.8万円 0万円
国東新古アパート5号君 1397万円 5.9万円 0万円
杵築中古アパート6号君 1378万円 5.3万円 0万円
杵築新築アパート7号君 2650万円 12.0万円 0万円
杵築新築アパート8号君 1738万円 9.8万円 0万円
旭川中古アパート9号君 1100万円 11.8万円 2.8万円
1億8318万円 74.3万円 8.1万円

  

ホーム | アパート投資ってなに? いい点心配な点 | 10年間の履歴 | プロフィール
 アパート投資のワンポイント知識  リンク