明治憲法発布以前(年号は全て「明治」です)

  1 大日本政規                青木周蔵            6年3月以前
  2 帝号大日本国政典          同                  7年5、6月頃以前
  3 明治八年の一私擬憲法案    不明                8年4月14日以前
  4 日本国憲按第一次案        元老院               9年10月
  5 日本国憲按第二次案        同                11年7月9日
  6 日本国憲按第三次案        同                13年7月上旬
  7 鴎鳴社案                  鴎鳴社            12年頃
  8 私擬憲法意見              共存同衆          12年3月頃
  9 大日本国会法草案          桜井静            12年12月頃
 10 大日本国国会権限          山際七司          13年1月頃
 11 大日本国憲法大略見込書    筑前共愛会        13年2月
 12 大日本帝国憲法概略見込書  同                13年2月頃
 13 国憲大綱                  元田永実          13年9月30日頃
 14 大日本国憲法草案          中立正党政談記者  13年10月
 15 大日本国憲法              沢辺正修(推定)    14年1月30日以前
 16 大隈参議国会開設奏議      矢野文雄          14年3月
 17 国憲意見                  福地源一郎        14年3、4月
 18 私擬憲法案                交旬社            14年4月25日
 19 私考憲法草案              同                14年5、6月
 20 私擬憲法案別案            交旬社(?)         15年8月15日
 21 私擬憲法意見              不明              14年5月
 22 岩倉具視憲法綱領          井上毅            14年7月5日
 23 憲法草案                  矢野駿男(推定)     14年7月5、9日
 24 相愛社員私擬憲法案        相愛社            14年10月3日
 25 国憲私考                  兵庫国憲法講習会  14年7月
 26 私草憲法                  永田一二(推定)     14年7月〜9月
 27 日本憲法見込案            内藤魯一          14年8月18、19日
 28 日本国憲法                植木枝盛          14年8月28、29日
 29 東洋大日本国国憲案        同                14年8月28日以降
 30 日本憲法見込案            立志社            14年9月19日(?)
 31 憲法草案                  村松愛蔵          14年9月29、30日
 32 憲法草案                  山田顕義          14年9月
 33 大日本帝国憲法            菊地・黒崎・伊藤     14年10月25日
 34 各国対照私考国憲案        東海暁鐘新報記者  14年10月〜11月
 35 立憲帝政党議綱領          立憲帝政党        15年3月18日
 36 憲法草案                  井上毅            15年4、5月頃
 37 憲法草案                  西周              15年秋頃
 38 私草憲法                  北陸自由新聞記者  16年1月30日
 39 憲法ノ事                   小柳津親雄        16年3月27日
 40 憲法私案                  小野梓            16年5月29日〜6月1日
 41 日本帝国国憲ノ草案         不明              16年7月以前
 42 私草大日本帝国憲法案      田村寛一郎        20年7月1日 

 出典:福村出版「明治前期の憲法構想」家永三郎、松永昌三、江村栄一共著

戻る