★おのれ、SOFTBANKめ! 仲間の会メールアドレス、強制閉鎖へ
On Sun, 5 Oct 2003 13:10:59 +0900, *Association of Poor people in Nagai park wrote:
> 各位

 いよいよ夜空などに冬の足音が聞え始める昨今、我々には一足早い別の冬が強制さ > れたようです。 9月末に、長らく長居公園仲間の会のメールアドレスとして活躍し > てきたGEOCITIESから取得していたアドレス nojuku_nagai@geocities.co.jp が、ゲ > オシティーズ側の全く一方的な勝手な通告により、同サービス提供の膨大な取得者の > 全メールアドレス同様に10月末までに強制閉鎖されることになりました。 こういっ > た不本意に我々持たざる個々人はいつも踏みつけにされ、蔑ろにされるわけですが、 > 現実的な選択として、発足以来、常に闘いの中で権力機構及びそれに追随する者たち > からの攻撃からの備えを経済的な制限の中で可能な限り最小限に食い止めるために > 行ってきた試みが、ここでも役に立ちました。 さて、今後のことですが、昨年来、 > サブアドレスとして使用し、現公式アドレスとしてHPにも公開している > nagaipark_tentvilla@yahoo.co.jp を長居公園仲間の会のアドレスとして改めてお知 > らせし、お手数ですが、MLなどの登録を変更していただきますよう、お願いいたしま > す。 なお、GEOアドレスでも「10月末までは受け取れる」とのことですが、あてに > なりませんので、可能な限り早くの変更をお願いいたします。 最後に、今後もこれ > まで同様に下しものに警戒を怠らず、あらゆる妨害や暴力に対峙して頑張っていくつ > もりですので、御支援、ご注目のほど、重ね重ねお願いいたします。 季節柄、身体 > には十分気をつけて健闘を。
(暫定連絡員・旅浪人)

2003年10月05日 13時51分55秒

★大阪市が、長居シェルターを解体撤去
★8月末日、長居シェルター撤去  建設計画時より野宿者排斥の政治的色彩を伴っていた「長居仮設一時避難所」(通称長居シェルター)が、2002年夏頃から「閉所する」などと入所中の元野宿者に言い 含めるなどして圧力をかけて危機感をあおり、期間限定の居宅保護に向かわせるなど して「人減らし」を行った上で今年3月末に勝手に閉所された事はご存知だろうか?  2000年秋に長居公園内のテント小屋に住まう仲間たちへの個別説得で「食事もつく で」、「入ったら3年は安泰や、いつ撤去されるか気に病まんでもええしな」などと 詐欺役人どもに言いくるめられた野宿の仲間たちが、その後辿った道は安泰などでは なく、苦難であった。 「シェルターだ、屋根だ」と、政財民を巻き込みオリンピッ ク・都市再生の一環としての野宿者一掃にまい進する大阪市に一定の理解を示し、 我々を誹謗中傷してきた一群は一体、どこへ行ったのか? そしてそれら一群は、行 政機構に一定の理解を示し、何を排除を担った行政機構と共同で創り上げ、それが何 を生んでいるのか? 少しは自らを省みてほしいものだ。 それはともかく、8月末 日、長居公園内南東側の長居シェルターは管理棟や門脇の警衛など、残された数棟の プレハブを解体し、2年9ヵ月の実に政治的な存在をひそかに閉じた。 リースであっ たという数棟のプレハブは本年3月末日で住人を追い出した後は使途不明なまま5カ 月も維持されていたという謎も残したままで封印された。 私は、歴史が抹殺され、消し去られる戦場を、日常と非日常が常に同居した奇妙な戦 場を長居公園という場で少なくない野宿の仲間たちと喜怒哀楽も共にして見てきた が、ここでの野宿者排斥・収容政策は、その後の各地の野宿者排斥政策のモデルと なったことからも、「一公園の出来事」と矮小される種類のものではなかったと再考 されるべきだと考える。 下しものからは古来、「これは」と思わせる何ものも生ま れなかったということも。 現在の長居公園テント村などに興味を示す方は以下のア ドレスを一見されたし。  http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/8932/ (★旅浪人)
2003年09月12日 14時28分28秒

★長居公園便りを発信します!
 皆さんへ  こんにちは。 長居公園より、この通信を仲間たち、友たち、そして未知の個々人にお送りします。 まずは、今回はこんなところで。  巷ではきんもくせいの香りの便りがどこからとも無く、流れてくる時節です。  ここ、長居公園内でも、郷土の森付近のミカンの木に青い果実がぶら下がり、やがて来る実りの季節(一方で、それは仲間たち個々人にとっては厳しい冬を意味するのですが)に向けて日毎に成長しています。 野宿の仲間たち個々人を包む状況も、こういった希望のあるものであればいいのですが。  今日(12日)までのところ、未だ、市側は次回説明会の予定について回答してきていません。 あくまでも私たち「仲間の会」は公開の場で大衆団交を行わせるつもりですので、ご支援・ご注目のほど、よろしくお願いします。  末行ながら、身体には十分気をつけて健闘を!
2000年10月12日 12時26分26秒

私のホームページへ | HeartLand-Oakのページへ | メイン | 今すぐ登録