相生で「オープン・ガーデン」 56軒が自慢の庭公開 
2006/06/01 朝日新聞


 自宅の庭を一般に開放し、花や緑を通じて人々の交流の輪を広げる「オープン・ガーデン in AIOI」が3、4両日の午前10時から相生市内で開かれる。市内の女性2人が呼びかけて昨年5月に初めて開催した。2回目の今年は市の「あいおい元気アップ事業支援」の補助金を受けて、マイクロバス2台を巡回させる本格的なイベントになった。

 今年は、発起人だった旭2丁目の山下綾子さん、汐見台の田端敬子さんをはじめ、10人余りでつくるグループ「リトゥルグリーン」の主催。昨年は積極的に参加を呼びかけて78軒が協力したが、負担をかけるようでは長続きしないと、自主的に参加を希望する家だけを受け付けた。それでも56軒がエントリーし、「申し込まなかったお宅も、花はきれいに育てています」と田端さん。

 昨年は2日間で県外客も含めて1000人近くが訪れて大盛況だった。一方で、「地図が分かりにくい」「定期バスが少なく、1日に2、3軒回るのがやっと」という声もあり、今年は1冊100円の案内地図(A5判、30n)を作った。マイクロバスは20人乗り2台を午前10時発から午後3時15分発まで、それぞれ4回ずつ計8回巡回させる。乗車料金は、案内地図と、56軒の庭をモノクロ写真で紹介したマップ(100円)の代金200円。

 園芸雑誌に何度も紹介されるようなスケールの大きい「中西邸」「荒邸」もあれば、バラで埋まりそうな庭、かわいい置物や手作りのオブジェがある童話の世界のような庭も。那波野1丁目の「前田邸」では3日午後1時と2時の2回、琴の演奏「紫陽花(アジサイ)コンサート」がある。向陽台の奥田福泰さん方では陶芸品を庭に飾るほか、期間中の午前10時〜午後4時、自宅で陶芸作品約50点の個展も開く。

 巡回バスの発着所は旭1丁目の市役所。地図の取り扱いや巡回バス利用の申し込みは、市役所向かいの市民会館で。問い合わせはリトゥルグリーン代表の山下さん(090.8149.8698)へ。


 【とんび岩のコメント】

 巡回マイクロバス乗車料金の説明が分かりにくい。「案内地図付きで200円」という意味か?。市民会館でバス利用の申し込みを受け付けるということは、「先着順予約制」ということか?。それなら、事前に電話で予約することは可能なのか?。

 神戸新聞では、巡回バスは3台。申込場所や発車時刻、乗車料金などは全く書いていない。


『新聞(相生市)』に戻る