海からの風が心地良い・天下台山 相生市那波野
2006/09/03 朝日新聞(
SunSunあさひ)


 相生の中心部から近く、手軽なハイキングコースとして人気の天下台山です。今回は少し健脚向きの東尾根コースを通ってみました。  (岸本)

 住宅街の奥にある岩屋谷公園が登り口。公園内の広い道を真っすぐ進むと公園コースで、東尾根コースはトイレの裏から山に入る。

 高い木に囲まれた道を少し行くと、細くて急な登山道に変わる。坂がきついためすぐに息が荒くなるが、気が付くとけっこう高い所まで登っている。少し先の山の上に電波反射板が見えていて、そこがめざす天下台山。しかし何度上り下りを繰り返しても反射板はなかなか近づいてこない。220mと286mの2カ所のピークを過ぎ、鉄塔の下でひと休み。きれいな花が咲いている六花園で公園コースと合流し、最後の階段道を登れば頂上。所要時間は約2時間半、公園コースなら1時間ほどで登れるらしい。

 山頂は広く、相生湾や相生の町を見下ろす展望が爽快(そうかい)。そこから展望所や長命水を回る山頂周回路は約40分。取材時はかなり暑かったので、長命水がまさに命の水に思えた。帰りは公園コースを戻ると約4時間半のコース。他にも登山道がいくつもあり、トンビ岩や三段岩などを通る北尾根コースもおもしろそう。

 【SUNスタッフのレベル感】 距離4、難易度3(いずれも5段階評価)

 【公共交通案内】 相生駅から相生港行きのバスに乗り平芝下車。南東に約5分で岩屋谷公園。


【とんび岩のコメント】

 天下台山は当サイトのホームグラウンド。この記事で、同山の知名度が向上することを期待する。一般に低山は、気温が平地と大差ないので、真夏のハイキングには適していない。私としては11月〜翌年5月の山行をお薦めする。

 北尾根よりも東尾根を選ぶとはマニアック。ひょっとしたら北尾根情報が乏しかったのかな。しかし東尾根を上りに使った選択は正解。下るよりもルートが分かりやすく急斜面も安全に通行できる。六花園は地元の人が作った人工的な花壇で、野草の群落ではない。「とんび岩」のカタカナ表記は内心おもしろくない。

 天下台山の詳細情報はこちら。 →天下台山


『新聞(相生市)』に戻る