車正面衝突 女性が死亡 相生の国道
2006/09/14 神戸新聞


 13日正午ごろ、相生市若狭野町上松の国道2号で、太子町老原のパート従業員上田京子さん(45)の軽乗用車と、京都府相楽郡和束町、運送会社「相和」のトラック=朴正樹運転手(39)=が正面衝突。上田さんが胸などを強打し死亡した。朴運転手は両ひざなどに軽いけが。

 相生署によると、現場は片側一車線のほぼ直線道路。


【とんび岩のコメント】

 昔から事故の多い場所。しばらく通っていないが、未だ片側一車線か。

 国道2号で「正面衝突」するためには、無理な追い越しや居眠り、脇見などでどちらかがセンターラインを越える必要がある。どちらが越えたのだろう。


『新聞(相生市)』に戻る