巨大肉食魚アリゲーターガー 揖保川で確認 
2016/10/07 神戸新聞 

 アユ釣りの名所として知られる揖保川の下流域で、巨大肉食魚「アリゲーターガー」が生息しているのを、揖保川漁協(兵庫県宍粟市山崎町五十波)が確認した。同流域の一部は水産庁の補助を受けて事業を進めているウナギの保護区。この時期は産卵を控え、海に下るために集まりつつあり、同漁協は対応に頭を痛めている。(山崎 竜)

 アリゲーターガーは北米原産で、体長は最大約3メートルになる。細長い口が特徴で、ワニに間違われることもあるという。観賞用に販売され、飼いきれずに川や池に放すケースが全国で相次いでいる。

 同漁協は6月、川を泳ぐ1匹を初めて確認。見つかった場所は揖保川の支流の中川で、3年前からウナギの保護のため、生物の捕獲を禁止している。体長は既に1メートルを超えているとみられ、さらに成長が予想されるという。

 同漁協はこれまで5度、「はえ縄」などで捕獲しようとしたが、いずれも失敗。鋭く頑丈なうろこを持つため、網が使えない上、池のように水を干し上げることもできず、新たな方法を模索している。

 同漁協理事の横田辰夫さん(64)は「アユの産卵もそろそろ始まる。卵を抱えた親が食い荒らされるかもしれない。誰かが放したのだろうが大変困る」と憤っている。

 外来生物に詳しい姫路市立水族館の飼育係長清水邦一さん(46)は「アリゲーターガーは2年後、特定外来生物に指定され、許可を得ないと飼えなくなる。飼い主は責任を持って対応してほしい」と呼び掛けている。



【とんび岩のコメント】


 初めはペットとして飼っていたが、大きくなって水槽で飼えなくなり、川や池へ放す無責任な飼い主が多いのではないだろうか?。

 「たつの」の「まちBBS」への書き込み(No.260)によると、10月7日夕方、どこかのテレビ局がこの件の取材に来ていたらしい。王子橋ちょっと南下がったところ。250号線の橋あたりで巨大な魚を見たって近所の人の証言ありとか。

 



『新聞(西播磨)』に戻る