見たい項目をクリックして下さい
トップ
ページ
さいかちの会って何?  会員への
お知らせ
行事の
予 定
行事の
記 録
会員から
の投稿
入会案内 メール リンク

このホームページは
Internet Explorer 6.0
画面は800×600
文字サイズは中

で最適化されています
さ い か ち の 会
横浜市歴史博物館ガイドボランティアOB会
あなたは
番目の
お客様です
2003年 5月 5日開設
2004年 9月28日更新
 
 本会は、横浜市歴史博物館の遺跡公園ガイドボランティア(2期生)のOB会として発足しました。 現在は、会員相互の親睦を深めるとともに、遺跡・史跡の見学などを行い、歴史の学習をしています。
 
将来は、遺跡公園ガイドボランティア(2期生)のOBだけでなく、広く一般の会員を募り、社会活動の推進に努めたいと考えております。
下にスクロール
してご覧下さい

ニュース・フラッシュ
 
さいかちの会ホームページ作成塾
卒業生が作ったホームページを掲載しました
 
3回に及ぶ「さいかちの会のホームページ作成塾」が終了しました。
参加者は、新井さん、尾田さん、清水さん、竹内さん、の
4人。最終回に清水さんはご都合が悪く欠席されたので、右の写真に入っておられないのは残念です。

塾の卒業制作として、作って頂いたのが、今回更新されたページです。
神奈川県立金沢文庫企画展は新井さんと尾田さんの作品、八聖殿周辺巡りは竹内さんの作品です。清水さんの作品も追ってご紹介します。

講師を務めさせて頂いた西田にとっても嬉しい成果です。
詳細を見る
 
古文書研究会
 
神奈川県立金沢文庫企画展 「十五代執権 金沢貞顕の手紙」
 

1期OBの久世さんが、行事記録を投稿して下さいました。

神奈川県立金沢文庫企画展を、学芸員・永井晋氏の解説で見学しました。貞顕の手紙を題材にして、料紙(手紙・文書の素材としての紙)や手紙・文書の形式・作法などについて解説いただきました。

金沢貞顕といえば、政治への情熱を失った執権高時と得宗家を連署として支え、高時の出家後は15代執権となりながら僅か11日でそれを辞し、1333年、東勝寺で高時ら一門と共に最期を遂げた人です。

詳細を見る
足利尊氏御判御教書
 
  
八聖殿周辺巡り 横浜探訪の会
 
今回は、須藤さんが行事記録を投稿して下さいました。

ひっきりなしの雨の中、三渓園正門前10時集合。総勢10名は、いつものように須田ガイドに引率されての見学でした。三渓園大池に咲く花菖蒲を眺めながら、三渓記念館に行き、特別オールドノリタケ展を見学。園内を鑑賞して南門から出て、上海横浜友好園、本牧市民公園を通って、お目当ての八聖殿へ。ここで、曽根係官の詳しいご説明を拝聴し、例の八聖人の像を拝観(?)しました。

八聖殿を退出する頃には雨も止んでいました。いつも通り勉強になる1日でした。
詳細を見る
八聖殿は昭和8年(1933)に安達謙蔵氏によって建てられた