RINKとは

「すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク」(RIGHTS OF IMMIGRANTS NETWORK IN KANSAI)

外国人の人権に関心を持つ市民団体や弁護士、労働組合、通訳者、宗教関係者、部落開放同盟、在日民族団体などが手を取り合って、協力のネットワークを作ろうと、1991年12月、RINKは結成されました。
私たちの理念は、「差別のない、共生社会の実現」です。
現在、200万人以上の外国人市民が生活している日本社会は、多文化・多国籍社会と言えます。しかし、私たちの社会には、社会保障や入管などの制度の差別、多発する労働問題、無視される民族の教育や文化など、問題が山積みになっており、外国人の人権が保障されているとは言えません。また、戦後50年以上がたつ今日でも、在日韓国・朝鮮人などの旧植民地出身者への社会的、制度的な差別が解決されていません。
外国人の人権は、この日本社会が「人権尊重」と「国際化」を語れるかどうかの試金石です。
私たちRINKは、国際人権規約などの国際的な人権基準にのっとり、すべての人に基本的人権が保障され、差別なくともに生きる社会をきずくために、みなさんとともに力をあわせて、大きな市民のネットワークを創っていきたいと考えています。

目的

1.外国人(労働者)問題に取り組む個人と諸団体の経験交流、情報交換と研究活動
2.RINKを構成する個人、諸団体が行っている具体的な人権活動への共同支援
3.行政機関や企業団体への、外国人の人権保障に向けた各種制度の改革要求や提言

主な活動

●行政交渉
大阪府、大阪市、大阪府・市教育委員会、大阪労働局、大阪入国管理局など

●各国の在大阪領事館との懇談会
フィリピン共和国、タイ王国総領事館など

●年間キャンペーン
94年 「外国人の家族と子どもの権利」キャンペーン
96年 「人種差別撤廃条約の完全実施を求める」市民キャンペーン
03年 「移住労働者の権利条約早期批准を!」キャンペーン

●異文化交流活動
マイマイフェスティバルの呼びかけ

●連続学習講座の開催
98年 「外国人の人権を考える」連続講座
02年 「多民族・多文化共生社会の現状と移住労働者と家族の人権問題」連続講座
03年 「移住労働者の権利条約早期批准を!」キャンペーン連続講座
04年 RINK連続学習講座 計5回

●具体的な人権活動への支援
連合大阪主催「外国人労働者なんでも無料電話相談」コーディネイト(毎年年1回実施)
外国人の人権に関わる裁判の支援
結婚や子どもの人権に関わる在留特別許可取得の支援
福井県武生市の中国人技能実習生支援(99-00年)
難民の支援

●日常的な人権相談活動
電話の受付は月、火−スペイン語、水−中国語、金−タイ語 14:00−17:00(火は20:00まで)
*その他の言語による相談は前もってお知らせください

●外国人関連ネットワーク参加
「移住労働者と連帯する全国ネットワーク」
関西国際交流団体協議会

RINKへの参加

●例会、総会にご参加ください。
 例会年3回、総会を12月に開催しています。どなたでも参加できます。日時はお気軽にお問い合わせください。また、この HPでもお知らせします。
●通訳・翻訳者、または電話相談ボランティアとしてお手伝いください。
 RINKの活動、主に移住労働者の人権問題に関心があり、できれば必要に応じて事務所に来て手伝っていただける方
●会員になってください。
 RINKは主に会費と寄付金で運営 されています。会員には会報と活動案内をお送りします。
 お申し込みは、氏名(団体の場合、団体名と担当者名)、住所、電話番号、(お持ちなら)ファックス番号、メールアドレス、  会費口数をファックス(06-6942-0278)かメール(rink@a.email.ne.jp)でお知らせください。
 年会費(12月より翌年11月まで) 個人会員 一口 3,000円/団体会員 一口 5,000円
 振込先  みずほ銀行四ツ橋支店 普通1336816 RINK
       近畿労働金庫本町支店 普通4181753 RINK
       郵便振替口座 00930−9−322041 RINK

RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)
〒540-0026大阪市中央区内本町1-2-13ばんらいビル602 Tel: 06-6910-7103 Fax: 06-6942-0278
e-mail: rink@a.email.ne.jp http://www.geocities.co.jp/kansai_immigrant_rights/