神武天皇即位建都の大詔

 三月の辛酉の朔丁卯に、令を下して曰はく、「我東を征ちしより、茲に六年になりにたり。頼るに皇天の威を以てして、凶徒就戮されぬ。辺の土末だ清らず、余の妖尚梗れたりと雖も、中洲之地、復風塵無し。誠に皇都を恢き廓めて、大壯を規り慕るべし。而るを今運屯蒙に属ひて、民の心素朴なり。巣に棲み穴に住みて、習俗惟常となりたり。夫れ大人制を立てて、義必ず時に随ふ。苟くも民に利有らば、何ぞ聖の造に妨はむ。且当に山林を披き払ひ、宮室を経営りて、恭みて宝位に臨みて、元元を鎮むベし。上は乾霊の国を授けたまひし徳に答へ、下は皇孫の正を養ひたまひし心を弘めむ。然して後に、六合を兼ねて都を開き、八紘を掩ひて宇に為むこと、亦可からずや。観れば、夫の畝傍山の東南の橿原の地は、蓋し国の墺区か。治るべし」とのたまふ

日本書紀巻三 神武天皇 即位前紀己未年

神武天皇即位建都の大詔(現代語訳)

 三月七日、令を下して言はれた。「東征についてから六年になつた。天神の勢威のお蔭で凶徒は殺された。だが周辺の地はまだ治まらない。残りのわざはひはなほ根強いが、内州の地は騒ぐものもない。皇都をひらきひろめて御殿を造らう。しかしいま世の中はまだ開けてゐないが、民の心は素直である。人々は巣に棲んだり穴に住んだりして、未開のならはしが変はらずにある。そもそも大人(聖人)が制を立てて、道理が正しく行はれる。人民の利益となるならば、どんなことでも聖の行ふわざとして間違ひはない。まさに山林を開き払ひ、宮室を造つて謹んで尊い位につき、人民を安んずべきである。上は天神の国をお授け下さつた御徳に答へ、下は皇孫の正義を育てられた心を弘めよう。その後、国中を一つにして都を開き、天の下を掩ひて一つの家とすることは、また良いことではないか。見れば、かの畝傍山の東南の橿原の地は、思ふに国の真中である。ここに都を造るべきである」と。

神武天皇の建国

 神武天皇が橿原宮で即位されたのは紀元元年二月十一日で、この日を建国記念の日として、国民の祝日とされてゐるのです。(中略)
 神武天皇の建てられたわが日本国が、天皇のご子孫の一系の天子を仰いで、二千六百四十一年(注・本年は二千六百六十三年)の歴史をつづけてゐるといふことは、世界の歴史の不思議と申すほかはないものでありますが、実にこれが日本の信実の姿です。
 自然の恩恵とともに、そのきびしい試練をうけ、一つの民族として一億を超える人口が共通した一つの国語で語り合ひ、数千年の先祖の無数の文物を、風景明眉の国土のいたるところに保存してきたことは、まことに比類のない世界史の驚異であります。そしてこの淵源は、実に神武天皇の建国にあります。(中略)
 国家に一大事といふ時、国の存亡の危機を国民が意識した時、建国の日の苦しみを回想することは、東西古今に見るところです。危機再建の日に、建国の大事業を回想するといふことは、興隆の原動力です。(中略)
 人麻呂は壬申の乱(約千三百年前)といはれる、わが国未曾有の危機の日に、神武天皇建国の史実を歌ひあげることによつて、自他の心に、永遠の信実を強調しました。万葉集を作られた大伴家持は、一族の若者を教へる時は、神武天皇の橿原宮の回想からせよと言ひました。
 江戸幕府の末期、国際情勢からも日本国を強固にせねばならぬと考へた時、学者や有識人は神武天皇建国のご事蹟を思ひ出して、復古の思想をとなへたのです。そのころでは民衆までも西洋諸国のアジア侵略の実態を知り、生活の経済の困窮などから、漠然と世の中の建て直しの時代がきたと感じました。かうして時勢に不安を感じた民衆は、全国から伊勢の皇大神宮へ大挙して参拝したのです。いはゆるお蔭まゐりで、これは類のない歴史上の大事件でしたが、このお蔭まゐりと同じやうに畝傍山の神武天皇の御陵へ群衆が押しかけました。この民間信仰には熱狂的なものもあつて、その証拠の石碑石灯籠などが残つてゐます。この神武天皇信仰は維新後もつづき、橿原神宮の創建は、この民間信仰から、民間で私社を作らうとしました。私社はまづいと考へた人びとが、代はりに官幣大社橿原神宮を建てる運動をしたのです。かうして今の神宮が建つたのです。
 天保八年(一八三七年)に大坂の陽明学者の大塩平八郎は、諸民の困窮に心をいため、世直しを実行しようと、兵をあげました。この時大塩平八郎が、近畿地方にまいた檄文の中に、今困つてゐる人びとのくらしを、天照大神の時代までもどすといふのはおそれ多く、できないことだが、せめて神武天皇の大御代のごとくに今の世の人びとを安堵させたいのが自分の願ひだと書いてゐます。これは当時の国民が、すでに、世直しといふことと、神武天皇の大御代といふこととに、あひ通ふ理想を感じてゐた証拠であります。大塩平八郎の世直しといふことは、江戸幕府を滅ぼして、朝廷のまつりごとをうちたてることだつたのです。

『神武天皇』保田與重郎

紀元節の歌

高崎正風・詞
伊沢修二・曲

一、雲に聳ゆる高千穂の
高根おろしに草も木も
靡き伏しけん大御代を
仰ぐ今日こそ楽しけれ

二、海原なせる埴安の
池の面より猶ひろき
恵の波に浴みし世を
仰ぐ今日こそ楽しけれ

三、天津日嗣の高みくら
千代万代に動きなき
基定めしそのかみを
仰ぐ今日こそ楽しけれ

四、空にかがやく日の本の
万の国にたぐひなき
国のみはしらたてし世を
仰ぐ今日こそ楽しけれ